寺原早人

April 08, 2010

◆T5−8G◆
初回、坂本の三塁打,松本のタイムリーであっと言う間に先制した巨人は更に、ガッツが歩いた後、寿司職人ラミレスが4号3ランと打者4人で早くも4得点。阪神先発・小嶋は2回で降板を余儀なくされた。阪神は4回にも阿部のタイムリーで1点を追加され、ワンサイドゲームの様相を呈してきたが、その裏、3連打で1点を返すと、二死後、マット・マートンが2号3ランをぶち込んで、一気に1点差と詰め寄った。突き放したい巨人は5回、二死一塁からファーストとしてスタメン復帰の亀井が15打席ぶりのヒットでチャンスを広げた所でルーキー・長野が2号3ランを放ち、点差は4と拡大。6回から登板の久保は3回を無失点と阪神の勢いを止める好リリーフを展開。最後は小林が失点したものの、大事には至らず、この3連戦勝ち越し。先発・内海は5回で降板となったものの、無傷の3勝目を手にした。

◆YB2−1D◆
新助っ人・バルデスに対し、横浜は3回、四球の石川を下園が送った所で内川がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には二死三塁から投手のはーちゅんが自らを援護するタイムリー二塁打を放ち、2点目。4回まで1安打と沈黙していた中日は5回に野本の犠飛で1点を返し、更に小山も二塁打で続いたが、バルデスの代打・小池が打ち上げて、同点ならず。6回以降、横浜の継投の前に2四球を選んだだけのノーヒットに抑え込まれ、連勝はついに6でストップ。横浜先発・はーちゅんは7回1失点で今季初勝利

4/8前田健◆S0−4C◆
前田健,石川の両先発が毎回の様に走者を出しながらも、あと1本を許さない粘りの投球で両軍先制点が奪えない。0−0で迎えた5回、広島は野手陣がアテにならないならばと前田健が自ら二塁打を放って、口火を切ると、一死後、梵の犠飛で先制のホームイン。前田健は7回にも自らのヒットでチャンスを作ると、東出,栗原のタイムリーで貴重な3点を追加。9回から高橋−シュルツと繋いで、完封リレーを達成した広島は今季初の3連戦勝ち越し。前田健は完封も完投も逃したものの、8回無失点で2勝目。一方、ヤクルト先発・石川は開幕3連敗となった。

 

◆H9−1M◆
初回に井口の二塁打で先制を許したソフトバンクだが、2回に長谷川の犠飛で追い付くと、一気に流れを引き寄せる。続く3回には本多の1号2ラン等で3点を勝ち越し。更に、4回にはオーティズ,小久保の連続アーチ等で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。先発・和田は2回以降は散発2安打と二塁すら踏ませず、計15三振を奪う会心の投球で完投勝利を収めた。

◆F8−4E◆
日本ハムの先発は来日初登板で1回投げただけで故障を発生させ、リタイアしていたケッペル。稲葉をスタメンから外した新オーダーで1,2回と1点ずつ援護を貰ったものの、3回、四死球を連発した上、暴投でピンチを広げる独り相撲を演じた挙げ句に、聖沢に2点タイムリーを浴びて追い付かれる始末。しかし、4回、日本ハムは二死満塁から糸井,飯山,田中と3連打で一気に4点を勝ち越し、楽天先発・ラズナーをKO。楽天は6回に山崎の史上46人目の通算3000塁打となる2戦連続2号2ランで応戦するも、日本ハムは7回に高橋,小谷野の連続タイムリーでダメ押し。連敗を3でストップさせた。ケッペルは6回4失点ながら来日初白星

◆L4−5Bs◆
今月に入ってから未だに白星のない偽バファローズはこの日も先発・近藤が奮わず、2回までに5安打を浴びて、3点のビハインド。久々に好投を見せるオツの前に4回二死まで1安打と沈黙していた偽バファローズだが、ここからカブレラ,ラロッカが連続アーチ。続く5回には坂口,赤田と連続タイムリーで逆転に成功し、オツをKO。しかし、7回に後藤のタイムリーエラーで同点とされ、試合は延長に突入。迎えた10回、偽バファローズは2イニング目となるシコースキーに対し、一死三塁から後藤が汚名返上のタイムリーを浴びせて、勝ち越し。最後はレスターが三者三振斬りで締め括り、ようやく4月初勝利を掴んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:56コメント(0)トラックバック(23) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ