大竹寛

October 10, 2009

10/10 ゴンザレス◆C1−0G◆
落合監督の姑息な吉見援護に不満を爆発させ、最多勝に執念を燃やすゴンザレス。しかし、いきなり先頭の東出にレフト前へ弾き返されると、赤松に犠打で一気に三進を許してしまう。ここで天谷にライトへの打ち上げられた上、松田記者が落球し、先制点を献上。この間に二塁を陥れた天谷は三盗を仕掛けて憤死。栗原はセカンドフライに倒れて、チェンジ…と思いきや、今度は古城が落球。相次ぐ拙守に足を引っ張られながらも、ゴンザレスはキレる事なく、ルパン廣瀬を打ち取り、1点で切り抜ける。この後、ゴンザレスは7回まで死球を1つ出しただけのノーヒットと素晴らしい投球を展開するも、肝心の味方打線が緒方の引退試合に花を添えようと意気込む広島先発・大竹の前に8回まで散発2安打と完全に沈黙。1−0の儘、迎えた8回、広島は守備から試合に出ていた緒方が右中間突破の三塁打で現役最後の打席を飾ったが、続く大竹の打席でのゴンザレスの暴投で本塁を狙って憤死し、この回も無得点。9回も続投となった大竹は3人でピシャリて締めて、無四球完封で4年ぶりの10勝目をマーク。ゴンザレスは2安打1失点完投ながら、打線の見殺しに遭い、今季セ・リーグ相手に初黒星を喫して最多勝を逃し、勝率9割台も夢と消えた。両軍合わせて4安打1得点、両投手共に100球に満たずにスピーディに進んだ試合は今季両リーグ最短の1時間52分。セ・リーグの1時間台の試合は10年ぶりの珍事となった。

◆F7−1E◆
2位確定で気が抜けてしまったのか、楽天は初回無死二塁,2回一死一、二塁のチャンスを淡泊な攻めで逸してしまう。その裏、日本ハムは一死から小谷野が11号ソロを叩き込み、先制。続く3回には金子誠の内野安打,糸井の四球で二死一、二塁とした所でスレッジが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う楽天は5回、一死から二塁打で出た内村がすかさず三盗を決めると、中島のショートゴロの間に生還。しかし、その裏、日本ハムは一死三塁から内村のタイムリーで再び3点差と突き放すと、7回には一死満塁から長谷部の暴投,鶴岡の走者一掃のタイムリー二塁打で3点を加え、試合を決定付けた。先発の武田勝は7回2/3を1失点で初の2桁勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:22コメント(0)トラックバック(12) 

September 16, 2009

9/16 鳥谷◆G6−7T◆
初回、浅井の3号先頭打者アーチで先制した阪神は更に、この後、一死三塁からキュラソ星人の犠飛で2点目を追加。しかし、その裏、巨人は一死一、二塁から寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、松田記者が歩いて満塁となった所で阿部が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。巨人は3回には2死球で貰ったチャンスに中井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う阪神は5回、中井のエラー,平野のヒットで一、二塁とすると、鳥谷の17号3ランで一気に同点。巨人はその裏、すかさず松田記者の7号ソロで勝ち越すが、直後の6回、阪神は浅井の右中間突破のタイムリー三塁打であっさり追い付くと、続く7回には鳥谷が2打席連続の18号ソロを叩き込み、勝ち越し。6回以降、筒井−江草−アッチソン−藤川と1回ずつ繋いで9三振を奪うパーフェクトリレーを展開し、1点差を守りきった。2番手の筒井は5年ぶりの白星をマーク。尚、中日が敗れた為、巨人のマジックは1つ減って10となり、いよいよ3連覇へカウントダウンに入ったが、対阪神5カード連続負け越しで今季の対阪神の勝ち越しがなくなり、完全優勝が消滅した。

◆C5−2D◆
中日先発・あちゃくらさんに対し、広島は初回、ヒットの東出が二盗を決めると、二死後、栗原のタイムリーで先制のホームイン。3回には二死走者なしからフィリップスがレフトスタンドへ12号ソロを放り込み、1点を追加。更に、5回には3四球で二死満塁と言う拾い物のチャンスに天谷,石井タクローの連続タイムリーで3点を追加。一方、中日は広島先発・大竹に対し、塁上を賑わせるものの、7回まで3併殺を食らうなど、川相不在の弊害を露呈し、ゼロ行進。1番から始まる好打順となった8回には先頭の井端が内野安打で出るも、後続3人があえなく凡退し、またも無得点。土壇場9回、この回から代わった広島5番手・小松はベンちゃんの二塁打,小池のタイムリーで1点を返され、英智が東出のエラーで出た所であえなくKO。たまらず守護神・永川を投入するも、二死後、連続四球を許して押し出しで2点目を献上。一発が出れば一気に形勢逆転と言うピンチで打点リーグトップの森野を迎えたが、セカンドゴロに仕留め、辛くも逃げ切った。大竹は7回無失点の好投で9勝目

◆YB2−6S◆
泥沼の連敗地獄に喘ぐヤクルトは今日も大苦戦。先発・高木が初回から二死二塁のピンチを背負うとジョンソン,メカゴジラと連続タイムリー二塁打を浴び、早くも2点を献上。打線も4回まで僅か1安打と沈黙していたが、5回一死から川本がヒットで出ると、高木が送った後、福地,川島慶と連続タイムリーを浴びせて、ようやく同点。続く6回には一死一、三塁から代打・デントナが勝ち越し犠飛を打ち上げると、更に、7回には一死一、二塁から青木が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、5点目を追加。9回にも青木がタイムリーを放って、ダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながら、林が一軍復帰後初のマウンドに上がると、ピシャリと3人で締め括り、連敗は9でストップ。高木は5回2/3を2点に抑え、プロ初勝利を飾った

◆Bs11−1H◆
復帰初勝利を狙うソフトバンク先発・和田だったが、初回からローズに21号2ランを被弾すると、3回には先頭の岡田に7号ソロを被弾。更に、無死満塁のピンチでまたもローズにタイムリーを浴びると、続く下山には12号グランドスラムをぶち込まれ、あえなくKO。勢いの止まらない偽バファローズは4回には北川のタイムリー二塁打,5回には後藤の3号ソロ,6回には下山のタイムリーと着々と加点するなど、計11安打で11得点の猛攻。投げては先発・近藤が5安打1失点に抑え込み、完投で8勝目をマークした

◆F3−7E◆
初回に山崎武の犠飛,稲葉のタイムリーで1点ずつ取り合って迎えた4回、日本ハムは一死から小谷野が三塁打を浴びせると、永井の暴投で労せずして勝ち越しのホームイン。しかし、直後の5回、楽天は中村真のタイムリーで追い付くと、続く6回には憲史の犠飛で勝ち越しに成功。更に、この後、草野,リンデン,代打・高須と3連打を浴びせて、この回、一挙4点を獲得。続く7回にも憲史のタイムリーで7点目。その裏、日本ハムは無死満塁と絶好のチャンスを作るが、高橋の犠飛で1点を奪うのがやっと。8回無死一塁,9回一死一、三塁のチャンスも逸して、3連勝ならず。永井は6回1/3を投げ、10安打を浴びながらも、3失点で踏ん張り、11勝目。敗れた日本ハムだが、ソフトバンクも試合を落とし、マジックは16となった。

◆M3−2L◆
0−0で迎えた3回、ロッテは四球の塀内を角中が送った所で西岡がセンター前へ先制タイムリー。追いかける西武は5回、一死から赤田の四球,片岡のヒットで一、二塁とすると、栗山のセカンドゴロで二、三塁とした所で中島がライト前へ2点タイムリーを浴びせ、一気に逆転。2回以降1安打とすっかり当たりが泊まっていたロッテは7回、井口,大松,里崎の3連打で同点とし、西武先発・ミャオをKO。なおも一、三塁のチャンスだったが、代打・ベニー松山は最悪のサードゴロゲッツー。続く代打・田中雅もレフトフライに終わり、勝ち越しならず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、西武は一死から代打・上本が二塁打を浴びせるも、ここで代わったシコースキーの前に代打・後藤,片岡と倒れて、無得点。その裏、ロッテはこの回から代わった4番手・大沼から連続四死球で一、二塁とすると、大松が送って一塁が空いた事で里崎が敬遠され、一死満塁。ここで先の打席でチャンスを潰したベニー松山が汚名を返上すべく打席に入るが、初球から大沼が暴投を犯し、ボールが転々とする間に三塁走者・早川が本塁を陥れ、タナボタのサヨナラ勝ちを収めた。9回のピンチを凌いだシコースキーは8勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(22) 

August 08, 2009

8/8 亀井◆G2−1S◆
0−0で迎えた4回、巨人は先頭のガッツが四球を選ぶと、二死後、古城,鶴岡と連打を浴びせて、先制点をゲット。この後も5回に二死一、二塁,6回には二死満塁と相次ぐチャンスを掴みながら、追加点を奪えない。6回まで散発2安打無失点と踏ん張っていた先発・グライシンガーだったが、7回、先頭のガイエルに死球を与えると、二死三塁となった所で川島慶にセンター前へ同点タイムリーを浴び、その儘、延長戦に突入。10回、ヤクルトは上位打線6人がノーヒットと不甲斐ない中、一人気を吐く川島慶がこの日3本目のヒットを放つが、後続がアテにならないとばかりに二盗を仕掛けて憤死し、この回、結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、巨人はこの回から代わった5番手・押本に対し、先頭の亀井がバックスクリーンへ16号ソロを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。これで亀井のサヨナラ弾は今季3本目となり、39年前の王さんに並ぶ球団タイ記録。2回を無失点に抑えた2番手・山口に8勝目が転がり込んだ。敗れたヤクルトはこれで4連敗。

◆YB4−3D◆
0−0で迎えた3回、横浜は二死走者なしからガッツな貴公子・仁志が四球を選ぶと、ここから内川,ジョンソン,メカゴジラ,吉村と4連打を浴びせて、3点を先制。相変わらず、タイムリー欠乏症に苛まれている中日は5回、二死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを叩き込み、ようやく1点。3番手・寝損が3回を無失点に抑えるロングリリーフを見せ、2点差を保った儘、迎えた8回には荒木のタイムリー内野安打で1点差。続く森野が歩いて、満塁となったものの、ブランコはショートゴロゲッツーに倒れて、同点ならず。しかし、土壇場9回には一死一塁から立浪がタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。続く谷繁が歩いて、一、二塁とするも、藤井,井端と倒れる詰めの甘さをまたも露呈し、試合は延長に突入。迎えた11回、横浜は四球の森笠を藤田が送ると、金城が敬遠された後、代打・下園が内野安打で繋ぎ、一死満塁。ここで内川がタイムリー内野安打を放ち、サヨナラ勝ち。2回をノーヒットに抑えた5番手・真田は5勝目。中日は守護神・岩瀬を使いそびれたまま、痛い黒星を喫した。

◆C−T◆
今季初先発となる筒井は3回まで1安打無失点とまずまずの投球を展開していたが、4回に突如、変調。一死から栗原,マクレーンと連続二塁打を浴び、先制を許すと、更に、末永にヒット,石井タクローに四球を許して、満塁のピンチを作り、無念のKO。2番手・伊集院光の弟子・金村も代わりばな石原にタイムリーを浴びると、二死後、東出,赤松,天谷と3連続タイムリーを浴び、この回悪夢の7失点。広島は7回にもマクレーンの犠飛で1点を加え、ダメ押し。広島の連敗は3でストップ。先発の大竹は確変中を彷彿とさせる投球で阪神打線を翻弄し、今季2度目の完封で7月3日以来の7勝目を飾った。

◆L12−3H◆
西武が初回から猛攻。ヒットで出た片岡がすかさず二盗を決めると、栗山のタイムリーであっと言う間に先制。続く中島が死球を食らうと、一死後、後藤がレフトスタンドへ3号3ランを叩き込み、この回4点。5回には中島のタイムリー二塁打,中村の34号2ランで3点を追加。西武は以降も毎回着々と加点し、計15安打12得点で圧勝。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は7回を1失点に抑え、11勝目

◆E6−8F◆
初回に糸井,高橋の連続二塁打で先制された楽天はその裏、二死から鉄平が24試合連続となるヒットを放つと、山崎武が23号2ランを放ち、逆転に成功。1点を追う日本ハムは4回、ショートのエラー等で貰ったチャンスで内野ゴロの間に同点に追い付くと、ミスタースナイパー・坪井の犠飛で勝ち越し。楽天先発・永井はこの回限りで降板となった。続く5回には2番手・川井から無死満塁とすると、一死後、高橋,スレッジ,小谷野,ミスタースナイパー・坪井と4連続タイムリーで大量5点を追加。6点を追う楽天は7回に山崎武に2打席連続24号3ランが飛び出すと、8回には鉄平のタイムリーで2点差とし、なおも一、二塁と一発逆転の場面で打席にはこの2発放っている山崎武。しかし、山崎武が打ち上げた打球はセンターの守備範囲に収まり、逆転ならず。9回は守護神・武田久の前に3人で片付けられ、連勝は4でストップ。日本ハム先発の藤井は6回を2失点で6勝目

◆Bs2−6M◆
i偽バファローズ先発・金子は3回までパーフェクトと最高の滑り出しを見せたが、4回一死からフクーラ,サブロー,大松と3連打を浴び、先制点を献上。二死後、橋本将を歩かせ満塁としたものの、竹原を三振に斬って取り、追加点は阻止。しかし、6回には一死からまたもサブロー,大松と連打を浴びて、2点目を献上。6回までゼロ行進を続けてきた偽バファローズは7回、先頭のカブレラが歩くと、ローズが12号2ランを叩き込み、一気に同点。更に、フェルナンデスもヒットで続きねロッテ先発・小野をKOするが、代わった内の前に濱中はセンターフライ,フェニックス一輝はセカンドゴロゲッツーに倒れて、同点止まり。2−2の儘、迎えた土壇場9回、ロッテはこの回から代わった2番手・香月に対し、二死走者なしから塀内が二塁打,西岡がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、3番手・レスターからフクーラが歩いた後、サブロー,大松と連続二塁打を浴びせて、この回一挙4点。その裏、シコースキーが無難に締めて、逃げ切り。2回をパーフェクトに抑える好リリーフを見せた内に2勝目がついた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:40コメント(0)トラックバック(23) 

July 03, 2009

◆D3−4G◆
優勝戦線へ食い込む為には何としても3タテしたい中日だが、名手・川相の今季中の現役復帰が消滅と言う絶望的な事態に動揺を隠せない先発・ウッチャンは初回、二死満塁から松田記者に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、いきなりの3失点。一方、中日は巨人先発・ゴンザレスに対し、1,4回とゲッツーでチャンスを潰すなど、相変わらず、詰めの甘い攻撃でゼロ行進を続けていたが、5回、先頭のベンちゃんが二塁打で出ると、2つのセカンドゴロの間に生還し、ようやく1点。続く6回には二死三塁からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに23号2ランをぶち込んで、ついに同点。追い付かれた巨人は8回、3番手・小林正から先頭のガッツがライトスタンドへ17号ソロを放り込み、勝ち越し。その裏から越智−山口が3人ずつで片付け、1点差を守りきった。ゴンザレスは7回3失点でハーラートップタイとなる8勝目。中日はまたも一発依存症,タイムリー欠乏症を露呈。リリーフ陣にも疲れが見え始めており、名手・川相の一刻も早い現役復帰が待たれる所だ

◆YB1−8C◆
4月22日以来の登板となるはーちゅんに対し、広島は初回、一死二塁から謎の新助っ人・フィリップスがセンター前へ先制タイムリー。5回には四球の石原を大竹が送った所で末永がタイムリーを放ち、1点を追加。続く6回には二死走者なしからマクレーンがレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、3点目。7回にまたも末永がタイムリーを放つと、8回には石井タクローのタイムリー二塁打等で一気に4点を奪い、試合を決定付けた。確変が終わってから不本意な内容が続いていた大竹だったが、この日は7回を3安打1失点と好投し、5月31日以来となる6勝目を飾った。

◆T7−2S◆
ヤクルト先発・館山は破竹の連勝がストップし、神通力が切れてしまったのか、2回、ブラゼルに7号先制2ランを被弾すると、葛城イクロー,鳥谷の連続二塁打,デントナのタイムリーエラーで大量4失点。4回にも平野にタイムリー二塁打を浴び、無念の5失点KO。阪神は5回にも鳥谷のタイムリーで1点を追加。ヤクルトは6回に八王子Bのタイムリー二塁打でようやく1点を返すが、阪神は7回にまたもブラゼルがタイムリーを浴びせて、ダメ押し。先発の安藤は8回を2失点に抑え、6勝目。ヤクルトは投打に精彩を欠き、4連敗となった。

7/3 田中◆E2−11L◆
楽天は2回、西武先発・涌井に対し、憲史のタイムリー二塁打で先制。更に、中村真のヒット,渡辺直の四球で満塁とチャンスを広げるも、嶋がゲッツーを食らう最悪の展開で1点止まり。一方、西武は楽天先発・田中に対し、3回二死満塁のチャンスを逃すなど、5回まで毎回安打を放ちながら、一向に得点を奪えない拙攻続き。そうこうしているうちに楽天は5回、一死から渡辺直,嶋の連打で一、三塁とすると、平石の打席で嶋が意図的に一、二塁間に挟まれている隙に渡辺直が本塁を陥れ、2点目を追加。尻上がりに調子を上げ、完封も見えてきた田中だったが、8回一死から中島に痛打されると、続く中村に26号2ランをぶち込まれ、同点。更に、勢いづく西武は礒のヒットの後、G.G.佐藤のタイムリー,代打・佐藤のタイムリー内野安打で2点を勝ち越し。9回には2番手・青山から8長短打を集中し、一挙7点のビッグイニングでダメ押し。涌井は2失点完投で9勝目をマークした。

◆M2−6Bs◆
2回に大村,日高の連続二塁打で先制されたロッテだが、3回、一死二塁から堀の2号2ランで逆転に成功。しかし、直後の4回、偽バファローズはロッテ内野陣の連続エラーで満塁のチャンスを貰うと、小瀬の犠飛,山崎浩のタイムリーで再逆転。この後も5回にフェルナンデスが7号ソロ,6回には坂口がタイムリー,7回には北川がタイムリー二塁打と着々と加点。その裏から、大久保−菊地原と繋いで、最後は守護神・加藤が3人で締め括った。先発の山本は6回で9安打を浴びながらも、2点で食い止める粘りの投球で5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:49コメント(0)トラックバック(14) 

May 31, 2009

◆L3−2G◆
いきなり4連続三振を奪うなど、素晴らしい立ち上がりを見せた東野だったが、4回、先頭の中島に痛打されると、二盗を許して、一死二塁となった所で平尾にタイムリーを浴び、先制点を献上。一方、WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物の岸は5回まで無失点に抑えていたが、6回二死から、ガッツに二塁打を浴びると、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴びて、試合は振り出しに。巨人は続く7回、二死走者なしから工藤が三塁打,古城が二塁打と元日本ハムコンビの活躍で勝ち越しに成功。その裏から越智−山口と繋いで、9回からは満を持して守護神・クルーンを投入。しかし、いきなり先頭の野田を歩かせたクルーンは大崎に犠打を許すと、二死後、栗山に痛恨の同点タイムリーを浴び、試合は連日の延長にもつれ込んだ。10回、巨人は二死満塁と絶好のチャンスを掴むが、阿部がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。その裏、引き続きマウンドに上がったクルーンだが、一死から上本,代打・黒瀬と連打を浴びると、二死後、大崎にタイムリーを浴び、悪夢のサヨナラ負けとなった。

5/31 川崎◆H5−4D◆
連日、攻守に渡る川相不在の弊害を併発し、名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だと言うのに、落合監督はまたもや川井を先発に起用する事により川相待望論を抑え込もうと言う稚拙な手に打って出る。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、初回からオーティズに先制タイムリー二塁打を浴びると、2回には田上に6号2ランを被弾。3点を追う中日は4回、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込むと、二死後、平田の三塁打,藤井の二塁打で2点目。更に、谷繁もヒットで続いたが、三塁を蹴った藤井が本塁憤死し、2点止まり。すると、その裏、川井が川崎にタイムリーを浴びて、この回限りでKO。5回に杉内の暴投でタナボタの1点をあげた中日は7回、森野のタイムリー二塁打でついに同点。なおも二、三塁のチャンスだったが、ブランコは三振に倒れて、勝ち越しならず。4−4で迎えた土壇場9回裏、中日5番手・高橋に対し、ソフトバンクは一死から森本,本多と連打を浴びせると、川崎がレフト前へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。ソフトバンク3番手・ファルケンボーグは2回を投げて5三振を奪うパーフェクトリリーフを見せ、無傷の3勝目。

◆E4−5C◆
0−0で迎えた3回、楽天先発・岩隈は一死から石原の四球,石井タクローの内野安打で一、二塁とされると、梵にタイムリーを浴び、先制点を献上。なおも一、三塁のピンチで一塁への牽制が悪送球となり、やらずもがなの2点目の与えてしまう。続く4回には連打と四球で無死満塁のピンチ。何とか二死まで持ち込んだものの、石井タクローに押し出し四球を許すと、続く梵には2点タイムリー二塁打を浴び、5失点で今季最短の4回KO。一方、連続無失点記録を続行中の大竹はこの日も5回まで無失点の好投。6回も簡単に二死を取ったが、ここで山崎武に8号ソロを被弾し、連続無失点は43イニングでストップ。更に、この後、藤井にもタイムリーを浴び、この回限りで降板となった。この後、楽天は7,8回といずれも草野がタイムリーを放ち、1点差まで詰め寄ったが、最後は守護神・永川に三者凡退に抑え込まれて、あと1点が届かなかった。広島はこれで5連勝。連続無失点こそ止まったものの、6回2失点と先発としての責任を果たした大竹は5勝目をマーク。

◆F4−4T
初回、阪神は二死二、三塁から新井のタイムリーで2点を先制。その裏、日本ハムは連続四球で貰ったチャンスに高橋がタイムリーを浴びせて、1点差。1−2の儘、迎えた5回、阪神は鳥谷のタイムリー二塁打で突き放すが、その裏、日本バムは稲葉,高橋の連続タイムリーで同点。続く6回には鶴岡の犠飛で勝ち越しに成功。追いかける立場となった阪神は8回、先頭のキュラソ星人がライトスタンドへ12号ソロを叩き込み、同点。試合はその儘、延長に突入した。ラストイニングとなった12回、阪神は二死一、二塁のチャンスを作るが、途中出場の大和が三振に倒れて、この試合の勝ちが消滅。その裏、日本ハムはエラーと2四球で二死満塁とサヨナラの場面を作ったものの、最後は小谷野がセカンドへのポップフライに倒れ、12回規定により引き分けとなった。

◆M1−7S◆
ヤクルトは初回、ロッテ先発・大嶺の立ち上がりを捉え、無死満塁からデントナのタイムリー,畠山の犠飛で2点を先制。4回に大松のタイムリーで1点を返されるも、直後の5回、川島慶,福地の連打の後、青木が走者一掃のタイムリー三塁打。一死後、ガイエルが犠飛を打ち上げ、この回3点。続く6回には一死一、二塁のチャンスを作って、大嶺をKOすると、二死後、またも青木が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの7点目。先発の川島亮は7回を無四球1失点の好投で4勝目

◆Bs3−0YB◆
横浜先発・小林は立ち上がりから制球が定まらず、2四死球で一死一、二塁のピンチを背負うと、二ロッカ,大村と連打を浴びて、先制点を献上。一方、偽バファローズ先発・平野は4回まで1安打と付け入る隙を許さない好投を展開。偽バファローズは4回、ヒットの大村を北川が送ると、二死後、山崎浩がタイムリーを浴びせ、1点を追加。6回にはヒットのラロッカを一塁に置いて、またも大村がタイムリー二塁打を放ち、3点目。8回まで二塁すら踏めずにいた横浜は9回、2本のヒットで一死一、二塁とこの日初めてのチャンスを作るが、村田,メカゴジラの4,5番があえなく凡退し、万事休す。平野は散発6安打完封で2勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:12コメント(0)トラックバック(30) 

May 25, 2009

◆G6−2Bs◆
初回、大引の4号ソロで先制された巨人は2回、阿部が7号同点ソロを叩き込むと、続く2回にはガッツのタイムリー,亀井の犠飛で2点を勝ち越し。4回に下山の8号ソロで1点差と詰め寄られるが、5回にガッツの12号ソロ,6回に阿部のこの日2本目となる8号ソロと一発攻勢でジリジリと突き放す。7回には途中出場の松本がダメ押しのタイムリー。7回以降は山口−越智−クルーンと自慢のリリーフ陣がパーフェクトに抑え込み、偽バファローズの反撃を許さなかった。先発の春風亭半ケツは6回を3安打2失点の好投で3勝目

◆S2−3H◆
交流戦無敗を続けるソフトバンクはこの日も初回からオーティズの7号ソロで先手を取ると、続く2回には二死一、三塁から投手の杉内がタイムリーを放ち、2点目。自らを助けるタイムリーで気を良くした杉内は6回まで散発3安打無失点の好投を展開。しかし、7回、代打・デントナにタイムリーを浴び、ついに1点を献上。3回以降攻めあぐねていたソフトバンクだったが、8回、一死一、三塁から松中の犠飛で待望の追加点。その裏、ヤクルトは2番手・攝津アッパーからガイエルがタイムリー二塁打を放ち、再び1点差。なおも一死二塁と一打同点のチャンスで福地,川端と代打攻勢を仕掛けるも、連続三振に倒れて、同点ならず。ピンチを切り抜けたソフトバンクは最後は守護神・馬原を投入して逃げ切り、5連勝。7回1失点の杉内は5勝目をマークした。

◆D10−4F◆
中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに藤井が7号ソロを放ち、1点を先制。日本ハムは3回、ヒットの田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉,高橋,小谷野と3連打を浴びせて、逆転に成功。1点を追う中日は5回、一死二、三塁から井端のタイムリーで同点。なおも一、三塁のチャンスを荒木がゲッツーで潰してしまったが、続く6回、ベンちゃんのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、7回にはエラーで貰ったチャンスに6長短打を集中し、一気に7点を奪って、試合を決定付けた。先発のあちゃくらさんは7回途中まで2失点で5勝目をおさめた。

◆C3−0L
31イニング無失点中の大竹は立ち上がり、制球に苦しみ、いきなり二死満塁の大ピンチ。しかし、G.G.佐藤を三振に斬って取り、辛くもこの場を切り抜ける。一方、WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物と開幕6連勝中の岸は初回こそ無難に抑えたが、続く2回、二死二塁から石原にタイムリーを浴び、先制点を献上。続く3回には二死から赤松に二塁打を浴びると、続く栗原に6号2ランを被弾。初回のピンチを切り抜けてから、尻上がりに調子を上げていった大竹はこの日も7回まで無失点投球を見せ、連続無失点を38イニングにまで伸ばすと、8回からはシュルツ−永川と繋いで完封リレーを達成。岸は6回3失点で今季初黒星となり、昨年以来の連勝は12でストップした。

◆T4−3M◆
阪神先発・ソニックが古巣相手に5回まで1安打無失点の快投を展開。しかし、ロッテ先発・小林宏も負けじと5回を無失点に抑え込む。均衡が破れたのは6回。ロッテは一死からサブローのヒット,井口の四球で一、二塁とした所で大松が先制タイムリーを浴びせると、続く里崎が犠飛を打ち上げ、この回2点。先制を許した阪神だが、その裏、連打と四球で無死満塁とすると、まずキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、1点差。続く新井はライトスタンドへ40打席ぶりとなる6号3ランをぶち込んで、一気に逆転。逆に2点を追いかける立場となったロッテは7回、2番手・アッチソンに対して、一死からランビンが3号ソロを浴びせて、1点差。続く8回には3番手・ウィリアムスから二死一、二塁のチャンス。ここで代打・堀がライト前ヒット。一気に三塁を蹴った二塁走者・井口だったが、本塁憤死で同点ならず。土壇場9回には守護神・藤川の前に簡単に二死を取られるも、ここから2四球1安打で満塁とし、井口に回す絶好の場面を築くが、井口はライトフライに倒れて、万事休す。ソニックは古巣相手に待望の移籍初勝利を飾った。それにしても、大事に至っていないとは言え、一昨日と言い、今日と言い、ヒヤヒヤものの藤川の投球は気がかりだ。果たして、悪いなりにもリリーフに失敗してはいないのは流石と見るべきなのか…?

カリメロ勝◆YB6−5E◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。まず初回に楽天が中村真の先頭打者アーチで先制すると、その裏、横浜は村田,ジョンソンのタイムリーで逆転。しかし、直後の2回、楽天は小坂の移籍初アーチとなる2ランで再び逆転に成功。4回には吉見の暴投で労せずして4点目を追加。2点を追う横浜はその裏、吉見が汚名返上のタイムリーを浴びせると、更に、連打で満塁とした所で内川が犠飛を打ち上げ、同点。4−4で迎えた7回、楽天は一死から草野,山崎武が連打を浴びせると、ジョンソンのタイムリーエラーでまたもタナボタの勝ち越し点。先発のラズナーが4回途中でKOとなってから小刻みな継投で横浜の追加点を阻んできた楽天だが、土壇場9回、5番手・青山が捕まり、一死満塁の大ピンチ。ここでマウンドに上がったミチルだったが、内川に初球をライト前へ運ばれ、逆転サヨナラ負け。9回表を抑えたカリメロに一昨年9月以来となる白星が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:31コメント(0)トラックバック(24) 

May 05, 2009

カリメロ勝◆G4−6YB◆
1点を追う横浜は5回、二死三塁から主砲・村田の2号2ランで逆転。続く6回にはジョンソンの2打席連続アーチで突き放すと、8回にもダメ押しの2点を追加し、試合を決定付けた。この日、46歳の誕生日を迎えたカリメロは7回から登板し、3人でピシャリと抑え、自己初のホールドをマーク

◆D0−2C◆
初回から森野のエラーでピンチを作った中日は栗原のタイムリーで先制されると、2回には投手の大竹にタイムリーを浴び、2点目を献上。打線も6回まで散発2安打と沈黙。7回に二死一、二塁から藤井がヒットを放つが、ブランコが本塁憤死。結局、対広島3戦連続完封負けの体たらくで好投のあちゃくらさんを見殺してしまい、名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ。大竹は7回無失点の好投で2勝目を飾った。

◆S−T◆
降雨中止。

◆Bs2−1H
田上の一発で追い付かれた偽バファローズは5回二死一塁から大村のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。ソフトバンク打線を散発4安打1失点と封じ込めた金子は2年ぶりの完投を初の無四球で飾り、3勝目をマークした。

◆L3−7E◆
初回に山崎武の2点二塁打で先制した楽天は5回には高須の今季初アーチ,青波の長瀬の3号2ラン等、一発攻勢で4点を加え、大きく突き放した。二軍で結果が出ない上、投球を直に見た訳でもないのに、ただ長身だと言うだけで松井二軍監督の反対を押し切ったノムさんに引っ張り出され、プロ初登板初先発となったルーキー・井坂は6回を投げ、3失点と最低限の仕事を果たし、打線の援護にも恵まれて、プロ初勝利を飾った。

◆M0−2F◆
日本ハムは2回、スレッジの8号ソロ,金子誠のタイムリーで2点を先制。0−2の儘、5回を終えた所で試合は降雨コールドとなり、日本ハムが勝ち逃げ。八木はコールドとは言え、5回無失点で3年ぶりの完封を果たし、2勝目。小林宏は粘りの投球を見せたが、援護なく、またも白星を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(6) 

April 28, 2009

4/28 大竹◆C5−0G◆
依然として、WBC干され症候群から抜け出せない内海だが、この日は5回まで無失点の好投を展開。しかし、肝心の味方打線が大竹の前に4回までパーフェクトに抑え込まれ、5回に二死満塁と初めて掴んだチャンスも内海に打順が回ってしまい、結局、無得点。6回には一死二塁からガッツがレフト前に弾き返すが、レフトが前進守備を敷いていたにも拘わらず、二塁走者・鈴木が無謀にも本塁へ突入し、憤死。続く寿司職人ラミレスもヒットでチャンスを繋いだが、亀井はライトフライに倒れて、二者残塁。一向に得られない援護についに心が折れてしまった内海はその裏、無死一、三塁からシーボルに先制犠飛を許すと、そこから石原,小窪,梵と3連打を浴びるなど、悪夢の5失点で、失意のKO。大竹は7回以降も巨人打線を翻弄し、今季初勝利を完封で飾った。軽度のヘルニアである事が分かった栗原はこの日も欠場となった広島だが、大竹の力投と、ワンチャンスを生かし、これで今季対巨人4戦負けなしだ。巨人は9年ぶりの2戦連続完封負け。貯金独り占め状態は続いているが、その勢いは下降線を辿っている気配だ。

◆D2−4S◆
2回、相川のタイムリーで先制された中日はその裏、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号ソロを叩き込み、同点。しかし、5回、森野のエラー,井端の野選と守乱でピンチを作り、川相不在の弊害を露呈すると、宮本に犠飛を許して、勝ち越し点を献上。6回に井端のタイムリーで再び追い付いたものの、8回、ここまで踏ん張っていた先発・あちゃくらさんがデントナに5号2ランを被弾し、無念の降板。走者を出しては盗塁死,走塁死と8回まで悪い意味で残塁ゼロの中日は土壇場9回、ヤクルト守護神・林から一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、ブランコは三振。今日、一発を放っているベンちゃんもセカンドゴロに終わり、結局、三者残塁と最後まで川相不在の弊害を露呈して、ゲームセット。攻守に渡って、川相不在の重さを痛感させる展開に、一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ。ヤクルトは先発・川島亮が6回もたずに降板となったが、先発降格となってしまった木田画伯が3番手として1回を無失点に抑え、今季2勝目を手にした。

◆T8−4YB◆
阪神は3回、二死一、二塁から新井の走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。下柳の前に5回まで0点に抑え込まれていた横浜だったが、6回、ジョンソンのタイムリーで1点差と詰め寄ると、二死満塁からルーキー・細山田が走者一掃の3点二塁打を放ち、一気に逆転に成功。しかし、その裏、阪神は4連打を浴びせて、あっさり追い付くと、続く7回には一死満塁からまたも新井が2点二塁打を浴びせて、再び勝ち越し。更に、浅井のタイムリー,桜井の犠飛で2点を加えて、ダメ押し。8回からは4点差ありながら、ウィリアムス−藤川と繋ぐ必勝リレーを展開し、逃げ切った。キュラソ星人が内野安打1本とイマイチ、元気がなかったが、新井は4安打4打点の大活躍で万全のフォロー。打者一人抑えただけの3番手・江草が2勝目をゲット。5日ぶりの登板となった藤川はまたもセーブがつかず、これでもう12日間セーブがつかない状態だ。

◆L5−4H
貧打解消の為、緊急獲得した出戻り助っ人・オーティズが早速スタメン出場すると、2回の第1打席でいきなり先制2ラン。しかし、オーティズはその先制弾を自ら帳消しにしてしまうエラーをかましてしまい、この後、ローもエラーを犯すなどして、あっさり試合は振り出しに。追い付かれたソフトバンクは3回、一死一、三塁から岸のボークでタナボタの勝ち越し点をゲットすると、一死満塁となった所で長谷川がタイムリーを放ち、4点目。その裏、栗山の内野安打で1点差とした西武は6回、一死一、二塁からボカチカが同点タイムリー。更に、代打・清水のセカンドゴロを本多が後逸し、労せずして、勝ち越しに成功。7回からは土肥−大沼−小野寺と1回ずつ繋いで、1点のリードを守りきった。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物の岸は2年越しの10連勝となった。

◆E2−4F◆
日本ハム先発・八木は初回から2死球でピンチを作り、中村紀にタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、3年ぶりの先発となった川井は3回、ショートのエラー等でピンチを背負うと、小谷野にタイムリーを浴び、同点。更に、二死満塁とピンチを広げると、糸井に2点二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。その裏、山崎武の犠飛で1点差として貰った川井だが、5回、今度は中村紀のエラーで足を引っ張られた末、またも糸井にタイムリー二塁打を許して、自責点ゼロながら、無念の4失点KO。6回以降は菊地ー建山−武田久が万全のリレーを見せて、逃げ切り。ルーキー時代の12勝から、4勝→1勝と年々、勝ち星が減っており、この儘では今季は未勝利か…と囁かれていた八木は5回2失点で早くも1勝目をマークした。

◆M3−4Bs◆
初回、ラロッカのタイムリーで先制した偽バファローズだが、その裏、先発・近藤が連続四球の後、橋本将に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、形勢逆転。3回にも橋本将にタイムリーを許し、3点目を献上。2点を追う偽バファローズは4回、北川の犠飛で1点差とすると、6回にはまたもラロッカに同点タイムリーが飛び出し、ロッテ先発・小林宏はこの回限りで降板とまたも白星ならず。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、偽バファローズは一死から大引がレフトスタンドへ今季初アーチをぶち込んで、ついに勝ち越し。9回からマウンドに上がっていた守護神・加藤はその裏も三者凡退に斬って取り、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(28) 

October 02, 2008

◆S0−1C◆
Aクラスへ最後の望みを繋ぎたい広島は先発・大竹が8回まで散発4安打無失点の好投を展開。しかし、この期に及んで、求道者・前田をシメ倒す事しか考えていないブラウン暗黒采配により、ルーキー・由規の前に2,4回と先頭打者を出しながらゲッツーで潰すわ、7回には三者三振を食らうわで、一向に均衡を破れない。0−0の儘、迎えた土壇場9回、代打を出された由規に代わってマウンドに上がった五十嵐に対して、広島は先頭の東出がレフト前に弾き返すと、川本の捕逸の間に二進。ここで赤松はスリーバントに失敗するが、オチョアのサードゴロを処理した畠山が一塁へ送球する間に三塁を狙った東出がこれを刺そうとしたユウイチの悪送球を誘い、ボールが転々とする間についに先制のホームイン。最後は守護神・永川がきっちり締めて、完封リレーを達成した。

相変わらず、1点を争うゲームになればなる程、求道者・前田を幽閉しようとするブラウン暗黒采配が大炸裂。危うく大竹を見殺しにして、5割復帰のチャンスを逃す所だったが、勝手にドタバタやってくれたヤクルト内野陣の自滅で辛くも白星を拾った。一方、由規はプロ入り最高の投球を展開しながら、最後まで援護を貰えなかった。

◆YB4−6D
連敗地獄に喘ぐ横浜は初回、四球の下園を藤田が送った所で、内川が先制のタイムリーを放つと、続く村田が寿司職人ラミレスに並ぶ42号2ランを叩き込み、3点目。更に、二死後、金城,相川と連打を浴びせると、石川もレフト前へ弾き返すが、本塁を狙った金城が憤死し、3点止まり。横浜は2回二死一、二塁,4回には無死三塁のチャンスを逃すなど、追加点を奪えない。一方、ハマのチンピラの前に4回まで0点と沈黙していた中日は5回、先頭のT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに34号ソロをぶち込んで、ようやく1点。8回には二死から代打・中村紀がヒットで出ると、続く李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号2ランを放ち、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた10回、この回からマウンドに上がったはーちゅんに対して、中日は井端,中村紀のヒットで一死一、二塁とすると、李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の16号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。その裏、10年連続50試合登板を樹立した岩瀬が石川にタイムリーを浴び、なおも一発が出ればサヨナラと言うピンチを背負いながらも、何とか凌ぎきった。

またまた川相不在の弊害を露呈し、タイムリー欠乏症に苛まれた中日がやぶれかぶれの一発依存野球で逆転の5連勝。横浜は久々に飛び出した村田の一発等で初回から3点を先制する幸先のいいスタートとなったが、以降は拙攻続きでゼロ行進。ハマのチンピラも堪えきれずに追い付かれ、地獄の連敗ロードで全く出番が回ってこずに登板間隔の空き過ぎてしまったはーちゅんが炎上する形で6年ぶりの13連敗を喫し、90敗目となった。

◆M2−1E◆
楽天先発・青山に対して、ロッテは3回、一死から根元が二塁打で出ると、続く早川が先制タイムリー三塁打。更に、フクーラがセンターへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。初回に先頭の中村がヒットで出て以来、6回までノーヒットに抑え込まれていた楽天だが、7回、先頭の鉄平が二塁打を浴びせると、代打・平石のファーストゴロの間に三進,代打・フェルナンデスのセカンドゴロの間に生還し、1点差。しかし、8回からは川崎−荻野のリレーの前に3人ずつで打ち取られ、ゲームセット。

最下位回避と言う目標がある楽天に対して、4位が確定して目標を失ったロッテが辛くも逃げ切り。久保は制球に苦しみながらも7回を1失点で切り抜け、4勝目。楽天は散発2安打と打線沈黙で好投の青山を見殺し。試合のなかったソフトバンクと入れ替わりで最下位に転落した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(0)トラックバック(20) 

August 14, 2008

◆C−D
名手・川相を現役復帰させなかった大失態に中日首脳陣への風当たりは強くなる一方。そんな逆風を少しでも和らげようと、川井を先発に起用。川井は5回まで散発2安打無失点の好投を見せていたが、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの士気を高める事が出来ず、中日打線は相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈するばかり。迎えた6回、川井は一死から東出をセカンド横へのゴロに打ち取るも、打球から目を切ったデラロサがイレギュラーに対応出来ずにヒットとしてしまうと、川相不在の弊害を痛感した川井は続く赤松に7号2ランを叩き込まれて、先制点を献上。更に、オチョア,栗原と連打を許すも、嶋をセカンドゴロゲッツーに仕留めてチェンジ…と思いきや、またもデラロサがエラーを犯し、川井は失意のKO。代わった金剛もシーボルに犠飛を打ち上げられて、この回3失点。広島は続く7回にも赤松のタイムリー三塁打で1点を追加。広島先発・大竹は5回以降ノーヒットと完璧な投球を展開し、今季初完封で6勝目を飾った。

川相の代わりに川井でお茶を濁そうと言う姑息な手段に打って出た中日だが、折角、好投していた川井の足を拙攻拙守で引っ張っての完敗。散発3安打で三塁も踏めない有様ではどうしようもないだろう。中村紀を2番に入れると言う訳の分からないオーダーもいつまで続けるつもりなのか? 精彩を欠く中日が相手とは言え、大竹の投球は素晴らしかった。あまりにも付け入る隙がないもんだから、終盤に求道者・前田の出番を作れなかったが、そこで文句を言う訳にもいくまい。

◆YB1−6S◆
ヤクルト先発・石川に対して、横浜は5回まで毎回安打を浴びせながら、一向に先制点を奪えない。横浜先発・小林も援護を待ちながら、7回を無失点の好投を展開。その裏、横浜は死球で出た石井タクローを相川が送った所で好投の小林に代打・呉本を投入するが、あえなく三振。続く石川もファーストゴロに倒れて、結局、無得点。8回、代打を送られた小林に代わって石井裕がマウンドに上がるが、代わりばな福地に三塁打を浴びると、代打・川島慶を歩かせて一、三塁となった所で飯原に犠飛を許して、先制点を献上。しかし、その裏、横浜はガッツな貴公子・仁志がヒットで出ると、内川の犠打が石川のエラーを誘い、一、二塁となった所で吉村が同点タイムリーを放って、石川をKO。なおも一、二塁のチャンスだったが、ビグビーは最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れると、大西もセカンドゴロに倒れて、勝ち越しならず。1−1で迎えた土壇場9回、ヤクルトはノーヒットで一死満塁とタナボタのチャンスを拾うと、福地が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を勝ち越し。更に、続く川島慶が3号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。

逆転新人王を狙う小林が7回3安打無失点と申し分のない投球を見せたが、打線が10残塁の拙攻で見殺し。また、9回同点の場面で牛田−山北と繋ぐ辺りが意味不明だ。はーちゅん投入は早いにしても、他にいなかったのか? ヤクルトも石川を見殺しにしてしまったものの、横浜が勝手に動いて小林を下げてくれた事に救われ、辛くも白星を拾った。

◆M12−6H◆
王さんが食事を腹部に詰まらせた影響で休養を余儀なくされると言う衝撃的な事態に見舞われ、秋山コーチが代行監督を務める事となったソフトバンクは3回に明石のタイムリーで1点を先制。しかし、3回までパーフェクトの好投を見せていた新垣が4回、自らのエラーで初の走者を出してからおかしくなり、続く根元に逆転3号2ランを被弾。更に、一死満塁から橋本にタイムリー,ベニー松山に押し出し四球を許すと、二死後、早川には4号グランドスラムを叩き込まれて、この回、悪夢の8失点。大量7点を追うソフトバンクは6回、一死から4連打で3点を返し、なおも二塁に走者を送ったが、荒金,高谷と連続三振に倒れて、3点止まり。楽天は7回、サブローのタイムリー,大松の19号3ランで一気に4点を追加し、ダメ押し。ソフトバンクは9回、2点を返して粘りを見せたものの、反撃もそこまでだった。

王さんの欠場で少なからず動揺もあったであろうソフトバンクだが、だからと言って、いや、だからこそこの試合はきっちり勝っておきたかった。未だに白星のない新垣は素晴らしい立ち上がりで今度こそ初勝利…と期待させたが、自らのエラーをきっかけに大崩れし、終わってみれば8失点KOの背信投球。打線もロッテを4本も上回る14安打を放っておきながら、11残塁の拙攻で逆に6点もの差を付けられる有様だった。

◆F0−2Bs
近藤,藤井の両先発がいずれも走者を出しながら、あと一本を許さない粘りの投球で先制点を許さない。近藤は7回,藤井は8回限りで降板となったが、リリーフ陣も踏ん張って、0−0の儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、この回から代わった武田久に対して、偽バファローズは1安打2四球で二死満塁とすると、ここまで4タコだった坂口がレフト前へタイムリーを放って、ついに2点を先制。その裏、日本ハムは二死走者なしから四球とヒットで一、二塁と粘りを見せたものの、最後は代打の代打・高口がレフトへ打ち上げ、完封負けとなった。

10回までゼロ行進と言っても、両軍11残塁の拙攻戦。一昨日、MICHEALを使いそびれて、敗れた事を反省したのか、この日の日本ハムは9回同点の場面で武田久を使う前にいきなりMICHEALを投入し、MICHEALは期待に応えて、2回をパーフェクト。しかし、援護がなくては如何ともしがたく、結局、またもや武田久が打たれて負けてしまうと言う歯痒い展開で5連敗。とうとう貯金が消滅してしまった。陽だの、ボッツだの1割打者を代打に使いまくるくらいなら、小田を使い続ければいいのに…。左対左に拘ると、まったくロクな事がない…。

◆E2−8L◆
0−0で迎えた4回、西武は一死から後藤が二塁打で出ると、続く中村が30号2ランを叩き込み、先制。二死後、細川にも11号ソロが飛び出し、この回3点。その裏、楽天はフェルナンデスの11号2ランで2点を返すが、直後の5回、西武は江藤,礒?のタイムリーで2点を追加し、再び3点差。更に、7回にはボカチカの17号2ランでダメ押しの2点を追加。8回には細川にこの日2本目となる12号ソロが飛び出し、ダメ押し。投げては先発・オツが8回2失点の好投で5勝目をマークした。

昨日は敗れたとは言え、打線は当たっていた西武がまたも打線爆発で快勝。もう1ヶ月近く連敗をしていない事が、下位の追随を許さずに独走体勢を固めつつある何よりの要因だろう。ここ4試合白星が遠ざかっていたオツが今季最長の8回を投げて白星を掴んだのも大きい。楽天は背信投球が続いていた長谷部がついに敗戦処理に降格。細川にダメ押し弾を浴びるなど、依然として心許ない投球が続いているが、ノムさんは二軍に落とす気はないのだろうか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(0)トラックバック(26) 

July 15, 2008

◆G4−7D◆
6試合白星から遠ざかっている山本昌を何とか援護したい中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した荒木の先頭打者アーチで先制すると、更に、一死満塁から中村紀の犠飛で1点を追加。巨人もその裏、マッスル千代の富士が先頭打者アーチを放って、1点差。2回二死一、二塁,3回二死満塁とチャンスを悉く逃してきた中日だが、4回、荒木,井端,森野,T.ウッズの4連打で3点を追加。しかし、その裏、巨人も連打で一、二塁とした所で阿部が9号3ランを叩き込み、再び1点差と詰め寄った。突き放したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が8号ソロ,9回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が15号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は岩瀬が締めて、逃げ切った。中日はこれで史上4球団目となる通算4500勝を達成。

山本昌が6回4失点と苦しみながらも、上位打線の爆発にも助けられ、7試合ぶりの白星で200勝まであと3つと迫った。今季中の200勝も十分に現実的なものになってきたが、それをフォローする為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。巨人は一発が効率良く飛び出したものの、マルチ安打を放ったのは猛打賞の坂本のみ。その坂本を全く得点に絡められなかったのは痛かった。4回二死二塁で山口を打席に立たせてしまったのも解せなかった。

◆YB2−4C
横浜先発・真田は初回、東出,天谷と簡単に打ち取ったものの、ここからオチョアに9号ソロを被弾し、先制点を献上。2回以降、立ち直りつつあった真田だが、5回、シーボルに内野安打を許した後、石原に5号2ランを放り込まれると、投手の大竹にまで二塁打を浴びて、無念のKO。2番手・山北はこのピンチを凌いだものの、3番手・横山が7回に栗原に11号ソロを叩き込まれてしまう。4点を追う横浜は7回、先頭の村田が23号ソロを叩き込み、ようやく1点を返すと、更に、二死一、三塁から代打・メカゴジラがタイムリー二塁打を放ち、2点差。更に、大西が歩いて満塁と一打同点の場面を作ったが、ガッツな貴公子・仁志が三振に倒れて、三者残塁。最後は永川に反撃を断たれ、4連敗となった。

やはりと言うか、求道者・前田の2試合連続スタメンは無惨に夢と散った。しかも、スタメンどころかフル欠場かよ! まるで求道者・前田不在では一発に賭けるしかない…かの様なやけっぱち一発攻勢でまたまた5割へリーチをかけた広島だが、果たして、これは喜んでいいものか…。一方、求道者・前田不在の広島にすら力負けしてしまう横浜は4連敗。入団前から川相を信奉していたナイスガイ・真田はストライクを揃え過ぎて、2発のアーチに泣いた。

◆T0−6S◆
いきなり先頭の福地を三振に斬って取る幸先のいい立ち上がりを見せた岩田だったが、ここから3連打で満塁とされると、仁志後、飯原に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、あっと言う間の3失点。更に、自らのエラーで4点目を献上。2回には青木にタイムリー三塁打を浴びるなど、2点を献上。3回以降も攻め立てるヤクルトに対して、阪神は必死の防戦で追加点を阻止するも、打線の方は川島亮の前にチャンスらしいチャンスも作れず、ゼロ行進を続けるばかり。8回には一死満塁と絶好のチャンスで3,4番に繋いだものの、新井は三振,キュラソ星人もライトへ打ち上げ、三者残塁。最後は五十嵐の前に3人で打ち取られ、完封負けとなった。

デーゲームで巨人が負けた瞬間、マジック52が点灯した阪神だが、ナイターで敗れて、僅か5時間程度でマジック消滅となった。岩田は自己ワーストの6失点KOで防御率1位から大陥落。折角、落合監督の乱心采配で吉見が大炎上となり、新人王レースを巻き返すチャンスが巡ってきたと言うのに、何でこのタイミングで吉見に付き合っちゃうかな…。打っては散発6安打のシャットアウト。シャア少佐が猛打賞でチャンスメイクしまくっているのだが、後続が全く役立たずだった。ヤクルトは4併殺10残塁の大拙攻だったが、序盤の集中打が奏功し、引き分けを挟んで3連勝。

◆H13−4L◆
初回に併殺の間に先制されたソフトバンクだが、2回、小久保の15号ソロで同点とすると、更に、二死二塁から高谷,本多,川崎の3連打で3点を勝ち越し。続く3回には松中が18号2ランを叩き込み、西鉄先発・石井一をKO。更に、代わった山岸から荒金,高谷のタイムリーで2点を追加。4回にも松中の2打席連続アーチで1点を加えたソフトバンクは5回に一死満塁から本多の押し出し四球,川崎の犠飛,松田のタイムリーで3点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンク先発・杉内は7回4失点ながら、打線の援護に恵まれ、8勝目を飾った。

ソフトバンクが15安打13点の猛攻で対西鉄3連勝。スタメン直訴で強行出場の小久保が実に34日ぶりとなる一発を放てば、松中も2打席連発。両主砲がアベックアーチを放てば、脇役陣も活躍。好調・荒金がまたまた3安打の猛打賞をマークすれば、スタメンマスクの高谷も3安打と火を噴いた。

◆F4−4
泥沼の連敗ロードで久しく離れていた指定席・最下位へ逆戻りの危機に瀕している楽天は初回、二死一、三塁からショートの6号3ランで3点を先制。先発のルーキー・長谷部はその裏、三者凡退に斬って取ると、2回も簡単に二死を取ったが、ここで呪われた新助っ人・ボッツに来日初アーチを被弾。楽天は4回に横川のタイムリーで突き放すも、粘る日本ハムは5回に金子誠のタイムリーで1点を返すと、6回には一死二、三塁のチャンスを作って長谷部をKO。更に、代わった朝井から小谷野が犠飛を打ち上げ、なおも二死三塁と一打同点のチャンスが続いたが、ここまで2安打のボッツが三振に倒れて、同点ならず。3−4の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板の5番手・川岸が二死まで追い込みながら、稲葉,小田と代打攻勢に連打を浴びると、劇団ひちょりにはタイムリー二塁打を許して、ついに同点。試合は延長にもつれ込んだが、両軍共に決め手を欠き、延長12回規定でドローに終わった。

長谷部は今度こそ待望のプロ初勝利と思われたが、あと一人と言う所で粉砕されてしまった。まぁ、リリーフ陣に消された白星とは言え、この日も微妙〜な内容ではあった訳で、次回以降の登板で胸のすく様な投球で自ら勝ち星を掴み取って貰いたいものだ。ところで、呪われた男として、スタメンを外される所まで墜ちた筈のボッツがスタメン復帰するや否や来日初アーチを含む2安打。どうせなら6回や10回のチャンスでも打って欲しかった所だが、果たして、この調子を持続させて、呪いの影響を打破する事が出来るだろうか?

◆M3−2Bs◆
5連勝と勢いに乗るロッテは初回、2四球とエラーで一死満塁とすると、大松が犠飛を打ち上げ、ノーヒットで1点を先制。3回には先頭の西岡がチーム初安打となる三塁打を浴びせると、一死後、フクーラの犠飛で2点目のホームイン。背信投球が続いている小林宏は再三ピンチを背負いながらも、あと一本を許さず、7回まで無失点。しかし、8回、二死からカブレラ,ローズ,北川のクリーンアップに3連打で同点とされ、無念のKO。土壇場9回、偽バファローズは先頭のフェニックス一輝が二塁打で出ると、森山の犠打で三進。しかし、後続を断たれて、勝ち越しならず。すると、その裏、ロッテは二死一、二塁のチャンスにフクーラがタイムリーを放ち、サヨナラで連勝を6に伸ばした。

小林宏が久々の好投を展開したが、肝心な所で粘りきれずにまたも白星はお預け。しかし、チームはサヨナラ勝ちで2年ぶりの6連勝となった。偽バファローズは好投していた小松の降板が早過ぎた感が…。今はなきコリンズ監督じゃあるまいし、100球降板にこだわる必要はなかろうに…。明るい材料と言えば、プロ初スタメンに起用されたルーキー・小瀬が早速2安打と期待に応えた事だろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(61) 

March 16, 2008

◆G0−0T◆
巨人十八番の安直中古助っ人補強戦略の先兵・グライシンガーが制球力の高さを存分に振るって6回を無四球無失点。三塁も踏ませぬ安定した投球で万全の仕上がりを見せた。左膝手術からのリハビリモードを終え、ようやくオープン戦初出場となったガッツは四球にセカンドゴロと言った内容で退いた。一方、阪神先発・岩田も5安打2四球と走者を溜めながらも、5回を無失点。オープン戦4試合で自責点0と言う安定感で開幕ローテ入りへ大きく前進。また、不振に喘いでいた杉山も4回をノーヒットと完璧な投球で巻き返し、開幕ローテ入りの可能性を残した。

◆F5−2D◆
川相不在で必然的なタイムリー欠乏症に見舞われ続けている中日はこの日も大拙攻を繰り返し、タイムリーは川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振したT.ウッズのホームランのなり損ないの二塁打1本のみと言った有様で川相の現役復帰待望論は強まる一方だ。投げては先発の中田が6回4失点と不本意な内容。山本昌も1回を投げて、2安打1失点と釈然としない結果に終わった。一方、ヤクルトから移籍の坂元は先発で3回を無安打無失点の好投で一躍、開幕ローテ入りの可能性が出てきた。

◆L8−1H◆
暴投王子・新垣が怒濤の本領発揮。初回から暴投を犯すと、3回には2つ、更に、5回にも1つで計4つもの暴投を量産。しかも、いずれも失点に結びつき、6回8失点と言う惨憺たる内容で開幕へ不安を残した。一方、前回の登板で炎上し、開幕ローテ入りへ黄信号が灯っていた岸はキレ,制球共に良く、8回を1失点(自責0)と申し分のない投球で開幕ローテに踏み留まった。打っては売り出し中のまつかが二塁打含む2安打で開幕スタメンへ猛チャージをかけた。

◆S3−5E◆
アテにしていた先発陣が次々に打ち込まれ始めたヤクルトだが、この日の先発・館山も乱調。いきなり初回に礒部に3ランを浴びると、3回には鉄平に被弾するなど、4回5失点と打ち込まれた。リリーフ陣は安定しているだけに先発陣の立て直しが急務だろう。楽天先発の朝井は7回を投げて7安打3四死球と苦しみながらも、3失点で踏み留まる粘りの投球。ノムさんは「ローテーションに入るでしょう。いい調整をしたと思いますよ」と、一応の合格点を出した。

◆M4−5YB◆
高校BIG3のトンガ,由規がいずれもプロの壁,水島の呪いにぶち当たって、二軍落ちとなった中、これまで二軍でじっくり調整してきたBIG3最後の一角・唐川が満を持してオープン戦最終戦で初登板。いきなりガッツな貴公子・仁志,石井タクローと連続三振を奪うと、吉村もセカンドフライに打ち取る上々のスタート。しかし、ここで右手中指の皮が剥けてしまい、大事を取って、1イニングのみでの降板となった。一方、横浜のルーキー・小林は2番手で登場するも、4安打を集中されて、1回を3失点。ただし、先発のはーちゅんは6回を1失点(自責0)と好投を展開した。

◆C3−0Bs◆
開幕投手を狙う大竹が先発登板。低めに球を集めて、内野ゴロを量産し、3回までパーフェクト。4回に連打を浴びるも、カブレラをゲッツー。5回のピンチも切り抜けて無失点で予定の5回を投げきった。リリーフの4人もそれぞれ1回を抑えて完封リレー。打っては新助っ人・シーボルが2安打1四球と全打席出塁。一方、開幕ローテ入りへ急浮上中の偽バファローズ先発・近藤は制球に苦しみながらも、5回を2失点でまとめ、開幕ローテ入りに当確ランプを灯した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:58コメント(0)トラックバック(17) 

October 06, 2007

◆S1−8D◆
中日は初回、二死三塁からT.ウッズのライト前タイムリーで先制すると、李が二塁打で続いた後、平田のどん詰まりの打球がプロ初安打となり、2点を追加。3点を追うヤクルトはその裏、二死満塁のチャンスに宮本がファーストへのファールフライに倒れて、三者残塁。その後も3回一死一、二塁,4回二死一、三塁のチャンスを悉く逃す川相不在の中日顔負けの拙攻を展開。一方、2回以降沈黙していた中日打線だが、6回一死一、二塁から李がタイムリーを放つと、二死後、代打・立浪が歩いて満塁となった所で中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに代打満塁ホームランをぶち込んで、試合を決定付けた。ヤクルトは9回に途中出場の中井美穂の旦那が2打席連続となるヒットを放ったのをきっかけに森野のタイムリーエラーで完封を免れるのが精一杯。これで広島と同率の5位に並ばれてしまった

◆C10−1YB◆
佐々岡の引退試合となるこの日、広島打線が大爆発。初回一死二塁から、栗原,新井,求道者・前田とクリーンアップが3連打を浴びせて、2点を奪うと、更に、二死後、嶋が史上252人目の通算100号となる14号3ランを叩き込み、この回、いきなり5点を先制。続く2回には栗原,新井が連続タイムリー。5回には無死満塁のチャンスを作って、横浜先発・吉見をKO。ここで梵のゲッツーの間に1点を加えると、またも嶋がタイムリー二塁打。7回には4番・新井に27号ソロが飛び出して、10点目。投げては先発・大竹が7回を2安打無失点と素晴らしい投球を展開。8回には偽ハンカチ王子・斉藤がきっちり抑えると、9回からは横山が相川,金城と打ち取って、いよいよ佐々岡が最後のマウンドへ登場。金村弟の引退試合ではファールフライをあえて見送った村田だが、10点ビハインドとは言え、本塁打王のタイトルが懸かっているだけに温情の三振は出来ない真剣勝負となった。佐々岡は力が入り過ぎているのか、ボール先行でカウントは1−3。ここで投じられた5球目は外角高めに外れるボール球でフォアボールと思われたが、これをあえてフルスイングに行った村田の打球は左中間スタンドに飛び込むリーグ単独トップに躍り出る36号ソロ。ある意味、メモリアルとも言える被弾でもう一人投げられる事となった佐々岡は何も懸かっていない代打・鈴木なおのりを空振り三振に斬って取り、18年の現役生活に幕を閉じた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:57コメント(0)トラックバック(34) 

September 23, 2007

◆G3−2YB◆
ハマのチンピラ,久保の両先発が立ち上がりから安定した投球を展開し、序盤は両軍ゼロ行進。先に大きなチャンスを掴んだのは巨人。5回、二死満塁とするも、ここで打席が回ってきてしまった久保は三振に倒れて三者残塁。依然として無失点投球を続ける久保は7回も簡単に二死を取りながら、吉村,内川と連続アーチを叩き込まれて、ついに先制点を献上。2点を追う巨人は8回、キムタク,マッスル千代の富士の連打で無死二、三塁のチャンス。ここで松田記者が右中間へ大飛球を放つも、ライト・内川がダイビングキャッチで抑える超ファインプレー。しかも、三塁走者の代走・古城がタッチアップでも余裕でホームイン出来た所を抜けたと思い込んでスタートを切ってしまい、逆戻りする大チョンボ。ここで横浜はガッツを敬遠し、前日4三振,この日も2三振を含む3タコと不振の李との勝負を選択。しかし、怒りに燃える李は右中間を深々と破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。ハマのチンピラはここで無念の降板となった。この後、巨人はニックンが死球で出るも、マットホワイトが一塁へ牽制した際に、何を血迷ったか李が本塁へスタートを切り、余裕でアウトとなる大チョンボ。代走・鈴木が二盗と悪送球で三塁へ進んだものの、阿部はファーストゴロに倒れて、追加点ならず…と嫌なムードが漂ったが、9回、守護神・上原が3人でピシャリと締めて、球団タイ記録の30セーブ目。4連勝の巨人は中日は入れ替わりで首位に返り咲いた

◆D0−5C◆
マジック点灯を狙う中日だが、またまた持病のタイムリー欠乏症が発症。初回一死一、三塁のチャンスをT.ウッズがゲッツーで潰すと、2回も一死一、二塁のチャンスをものに出来ない体たらく。先発・小笠原は2回まで3人ずつで抑える好投を見せていたが、味方打線の不甲斐なさにがっくりきた矢先の3回、先頭の嶋に11号ソロを被弾し、先制点を献上。その裏、中日は一死から荒木がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。この直後の中村紀にヒットが出る何ともチグハグな攻撃でまたも無得点。一方、広島は4回に求道者・前田が14号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う中日は6回、ヒットと四球で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、T.ウッズ,森野,李があえなく凡退し、二者残塁。更に、続く7回は二死から3人の走者を出して満塁とするも、中村紀がショートゴロに倒れて、三者残塁とまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。広島は8回にも求道者・前田がこの日2本目となる15号ソロをぶち混むと、9回には新井のタイムリーでダメ押しの5点目。広島先発・大竹は川相不在の中日の大拙攻に助けられながら、9回を投げきり、プロ初完封で8勝目をマークした。昨日はたまたま格下の投手相手に打線が爆発したものの、投手ランクが上がっただけで無様な攻撃を展開した中日の連勝は3でストップ。あまりの不甲斐なさに来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆S3−0T◆
この大事な時期に連敗ロードに突入しつつある阪神はこの日も初回から先発・上園がユウイチのタイムリー二塁打で先制される苦しい展開。一方、ヤクルト先発・石井一は絶好調で5回まで死球1つ与えただけのノーヒットピッチング。阪神は6回、先頭の藤本がチーム初安打で出ると、代打・藤原のバントが川本のエラーを誘い、無死一、二塁のチャンス。続く鳥谷がきっちり送って、二、三塁としたものの、代打・浜中,野口と連続三振に倒れて、二者残塁。その裏、岡田監督は負けている場面ながらも早くも久保田を投入。久保田は2回をきっちり抑えると、8回からはウィリアムスが登場。今季ここまで僅かに自責点2のウィリアムスだったが、一死からユウイチ,飯原と連打を浴びると、続く宮本には走者一掃のタイムリー三塁打を許して、痛恨の2失点。これで一気に楽になった石井一は9回も簡単に3人で切り抜けて、今季初完封で8勝目。阪神はこれで4連敗となった。

◆F2−3H◆
松中のリタイアに合わせるかの様な4連敗でV奪回が遠のきつつあるソフトバンクはエース・斉藤和を立てての必勝態勢。一方、マジック点灯で余裕の日本ハムはルーキー・山本をプロ初の先発起用。焦るソフトバンクを嘲笑う様に3回まで0点に封じてきた山本だが、4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーがヒットで出ると、小久保が25号2ランを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。7回には伏兵・井手に2号ソロが飛び出して、3点目。中盤から走者を溜める苦しい投球を続けながらも、無失点で凌いできた斉藤和だったが、その裏、工藤,小谷野と連打を浴びた所で無念の降板。ここで代わったニコースキーが一死満塁から劇団ひちょりに2点タイムリーを浴び、1点差と詰め寄られたものの、辛くも後続を断ち切ると、8回からは水田−馬原と繋いで、逃げ切りに成功。マジック消滅とはいかないものの、首位・日本ハムとの差を2.5と戻した

◆M8−0Bs◆
ロッテは初回一死一、三塁の場面でズレータ,TSUYOSHIがダブルスチールを仕掛けて、1点を先制。続く2回にはオーティズが7号2ランを叩き込み、3点目。5回には早川のタイムリー二塁打で1点を加えた後、ズレータが歩いた所で偽バファローズ先発・川越をKO。更に、代わった香月からサブローのタイムリー二塁打,里崎の犠飛,ベニー松山,大松の連続タイムリーと畳み掛ける攻撃でこの回、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。この所、そこそこの内容ながら、勝敗が全くつかない登板が続いていたロッテ先発・渡辺俊だが、大量リードをバックに余裕の投球で8回まで散発2安打。土壇場9回に2安打を浴びて、二死一、二塁のピンチを迎えたものの、最後は後藤をサードへのファールフライに打ち取り、今季2度目の完封で8月16日以来となる8勝目をマークした。

◆E5−4L◆
突然の連勝モードで最下位争いから逃げのびつつある西武に対して、最下位回避よりも4位浮上に燃える悪の温床・楽天は3回、高須のタイムリー二塁打で先制。1点を追う西武は5回に銀仁朗の2点タイムリー三塁打で一気に逆転すると、6回にはカブレラの25号ソロ,7回には栗山のタイムリーで着々と突き放す。しかし、粘る悪の温床・楽天はその裏、草野のタイムリー,ショートの押し出し四球等で3点を返し、同点とすると、続く8回には二死一塁からまたも草野がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は小山がきっちり締めて、1点差を守りきり、西武の連勝を6でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:50コメント(1)トラックバック(83) 

April 26, 2007

◆G5−3YB◆
開幕から未だに連敗のない横浜だが、この日も初回からガッツの2ランで先制される苦しい展開。しかし、完全復活を遂げつつある巨人先発・木佐貫に対して、2回に古木のセカンドゴロの間に1点を返すと、3回には鈴木なおのりの犠飛で同点。更に、5回には村田にタイムリーが飛び出して、ついに勝ち越しに成功。横浜先発・ハマのチンピラは2回以降、再三再四ピンチを背負いながらも、粘りの投球であと一本を許さない。しかし、横浜は8回から那須野にスイッチすると、これが大誤算。那須野は代わりばなガッツ,李に連打を浴びると、ニックン,阿部と連続タイムリー二塁打で3点を奪われ、あえなくKO。土壇場9回、林が登板するかと思いきや、ストッパー失格の烙印を押されたかに見えた豊田が登場。何とか抑えの地位を確保したい豊田は3人で無難に抑えて、辛くも踏みとどまった。4番手・会田は自ら作った満塁のピンチを切り抜けて、プロ初勝利を飾り、史上初となる親子揃っての白星を記録した巨人はこれで中日と入れ替わりで首位再浮上。横浜は今季初の連敗となった。

◆D0−3C◆
連続サヨナラ負けの呪縛からは逃れたものの、依然として連敗モードの広島は中日先発・朝倉の立ち上がりを捉え、初回、新井のタイムリーで1点を先制。1点を追う中日は1,2回とゲッツーで走者を潰し、3,4回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず。5回には中村紀が暴走をかまし、7回も一、二塁のチャンスを逃すなど、怒濤の拙攻三昧で川相不在の弊害を大露呈。あまりの拙攻ぶりに耐えられなくなってきた朝倉の動揺をつき、広島は8回に栗原,新井の連続タイムリーでダメ押しの2点を追加。最後は永川が締める4投手での完封リレーを決め、5連敗を免れた。拙攻拙守で川相不在を痛感させられるばかりだった中日は首位陥落。

◆T3−1S◆
脱腸で離脱したと思われていたリグスだが、太腿付け根の痛みに加え、右手首も骨折していた事が判明。2週間は固定の必要があり、再来日までは3週間はかかる見込みとの事。開幕から壊滅的な不振が続いていたとは言え、クリーンアップの一角の長期離脱に暗い影を落とすヤクルトは、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーを先発マウンドに送り出すも、阪神は初回からキュラソ星人のタイムリー二塁打で先制。更に、3回にはシーツのタイムリーで1点を追加。壊滅的不振のガイエルを1番に起用する奇襲オーダーで初回,4回と満塁のチャンスを逃すなど、残塁を量産していたヤクルトだが、5回、一死から寿司職人ラミレス,畠山の連打でチャンスを作ると度会のショートゴロの間にようやく1点。しかし、阪神は6回、鳥谷のタイムリー内野安打で貴重な3点目を追加。6回からJFKを投入する必勝リレーで逃げ切り、3連勝。藤川は実に2週間ぶりのセーブとなった。14残塁の拙攻が大きく響いたヤクルトは3連敗

◆H3−2L◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われたエース・斉藤和が右肩痛で登録抹消となる緊急事態が発生。エース復帰まで何とか凌がなくてはならないソフトバンクは初回、大村,本多,ハマのスペランカーの3連打で早々と1点を先取。しかし、この後、無死満塁のチャンスに1点も追加出来なかったソフトバンクは2回には三者三振を喫するなど、すっかり打線が沈黙。先発・新垣はスミ1が続く状況にもめげず、6回まで無失点で踏ん張っていたが、細川のタイムリーで同点とされると、自らの暴投でやらずもがなの勝ち越し点を献上し、無念の降板。1点を追う展開となったソフトバンクは8回、代打・アダムが値千金の同点ホームラン。2−2で迎えた土壇場9回裏、同点ながら投入された西武守護神・小野寺を攻め立て、一死満塁のチャンスを作ると、ブキャナンがショートへのタイムリー内野安打を放ち、サヨナラで辛くも白星を拾っての5連勝となった。

◆F1−0M◆
泥沼の連敗地獄から何とか抜け出したい日本ハムは初回、先頭の劇団ひちょりが右中間突破の三塁打を浴びせると、稲葉のショートゴロの間に先制のホームイン。ロッテ先発・清水は1点を失ったものの、それ以降は全く付け入る隙を許さず、8回を2安打と抑え込む素晴らしい投球を展開。しかし、日本ハム先発・ダルビッシュの快投は更にその上を行き、散発2安打の今季初完封でスミ1を守りきった。日本ハムの連敗はようやく6でストップ。一方、敗れたロッテの連勝は5で止まった。清水は今季最高の投球を見せたが、開幕4連敗

◆Bs2−2E◆
初回、礒部のタイムリー二塁打,ショートのタイムリーで2点を先制した悪の温床・楽天は6回には憲史の今季初安打となるタイムリーで3点目。5回まで3安打無失点の好投を続けてきた先発・林だが、その裏、ラロッカに8号2ランを浴びて、1点差。土壇場9回には抑えの福盛に対して、一死二、三塁とチャンスを作り、大引が価値ある同点タイムリー。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手を欠き、結局、延長12回規定でドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(2)トラックバック(51) 

April 20, 2007

◆T5−4G◆
鬼門・ナゴヤドームでの悪夢の逆転負けによる悪いムードを何とか地元・甲子園で断ち切りたい阪神だったが、右脇腹を痛めたマッスル千代の富士のスタメン落ちにより、チャンスが回ってきた鈴木尚の三塁打の後、投手の内海にタイムリーを許して先制点を献上。自らの先制打で気を良くした内海は6回までノーヒットと素晴らしい投球を展開。好投の内海に何とか追加点の欲しい巨人だが、6回一死一、二塁のチャンスには恐怖の残塁量産マシン・ニックンがショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮すると、7回も無死一、二塁のチャンスを逃す拙攻三昧。すると、その裏、シーツのどん詰まりのフライがチーム初安打となるツキに恵まれた阪神はここまで2三振だった浜中のタイムリーでついに同点。試合は延長に突入した。1−1の儘、迎えたラストイニング12回、既に、JFKを使い果たし、江草を投入してきた阪神に対して、巨人は無死一、二塁のチャンスにで鈴木尚がヘッポコバントをかまして、三塁で封殺…と思いきや、江草の送球が大きく右へ逸れ、ゼブラ今岡が後逸。ボールが転々とする間に二塁走者・阿部が生還し、労せずして勝ち越し点をゲット。更に、この後、代打・加藤の犠飛,小坂の今季初安打となるタイムリーでこの回3点。。最後は守護神・豊田が締めて逃げ切り…と思いきや、鳥谷,シャア少佐に連続タイムリーで追いつかれるよもやの展開。なおも満塁のピンチに今季初打席となる代打・狩野にレフトへ弾き返されて、悪夢のサヨナラ負け。狩野はこの劇的な一打がプロ初安打だった。打線に見殺されながらも9回を投げきった内海の好投,会田−林の必死の継投で粘り、やっと掴んだ3点ものリードが豊田の炎上により、全て台無し。11回まで僅か4安打に抑えてきたってのに、12回だけで6安打って何やねん! 開幕戦に三者三振で守護神復活か…と思わせたら次の試合で3失点…に続いて、今度は三者三振で守護神復活か!?と言う次の試合で4失点…。この凄まじいムラっ気は何とかならないものか。次に三者三振締めをやったら、次の試合は敗戦処理だな。阪神はJFKを投入しながらの敗北寸前から、3点差を跳ね返しての逆転サヨナラ勝ちでナゴヤドームの悪夢を完全に払拭した形となった。

◆S1−0D◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいで名前が凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが6回を2安打無失点に抑えれば、負けじと中日先発・朝倉も5回を1安打無失点の好投を展開。しかし、6回、T.ウッズのエラーで一死二塁のピンチを作ると、続く寿司職人ラミレスのライト前ヒットを福留が弾く相次ぐ拙守でついに先制点を献上。虎の子の1点を貰ったグライシンガーは最後まで投げきり、散発4安打の来日初完封で3勝目をマークした。中日は拙攻拙守と川相不在の弊害を露呈しまくっての今季初の完封負け。人斬り抜刀斎が右脛打撲で登録抹消となる緊急事態も発生しており、一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆YB7−1C◆
中東をスタメン起用するテコ入れが空転し、嶋をスタメンに戻した広島だが、2回に二死満塁と絶好の先制チャンスを潰してしまうなど、序盤は相変わらずの噛み合わない攻撃を展開。しかし、4回、栗原に2ラン,好調・倉に今季初ホーマーとなるソロと2本のアーチで3点を先制すると、5,6,7回と小刻みに1点ずつ加点し、突き放す。9回には三橋の4連続四死球による押し出しでダメ押しの7点目。なおも無死満塁のチャンスに1点も取れない詰めの甘さは気になるものの、試合の焦点は広島先発・大竹が完封なるかに絞られた。しかし、その裏、いきなり3連打で1点を返され、あえなく完封が消滅。それでも後続をきっちり打ち取り、今季初完投で2勝目をマーク。求道者・前田は栗原の先制弾を呼び込むヒットを含む猛打賞で3得点とこの日はチャンスメーカーに徹し、ついに打率3割を突破したが、スタメン復帰の嶋は4タコと依然としてトンネルを抜け出せない状態だ。

◆F2−4H◆
5試合連続2桁三振の体たらくで悪の温床・楽天に悪夢の3タテを食らい、とうとう借金生活に突入したソフトバンク。留まる所を知らない水島の呪いにより、和田が背中を痛めて登録抹消となるなど、踏んだり蹴ったりの状態だが、この日は初回からダルビッシュの暴投で1点を先取すると、小久保に3ランが飛び出して、いきなり4点の先制パンチ。しかし、2回以降は立ち直ったダルビッシュの前に完璧に抑え込まれてしまう。このうちに追い上げたい日本ハムは5回に金子誠のタイムリー,7回に劇団ひちょりの犠飛で1点ずつ返し、2点差と迫ったが、あと一歩及ばず。ダルビッシュの2年越しのレギュラーシーズン連勝は12でストップした。

◆E2−4M◆
極度の水島の呪いに苛まれていたとは言え、ソフトバンク相手に奇跡の3タテを成し遂げ、勢い付く悪の温床・楽天。この日も初回から一死一、二塁と絶好のチャンスを作ったものの、フェルナンデスがゲッツーを食らってケチをつけてしまう。3回に早川の犠飛で奪われた1点をなかなか追いつけずにいたが、7回、山崎武の一発でついに振り出しに。しかし、直後の8回、草野のエラーを皮切りに、一死一、二塁のピンチを迎えた所で青野に被弾し、一気に3点差。その裏、フェルナンデスのタイムリーで追い上げたものの、最後は小林雅に反撃を断たれて、連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(87) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ