多部未華子

October 04, 2010

君に届け

アニメ版の方を先に見て気に入った作品。漫画の実写化には、あまり信頼感を抱いていないので見ようか否か、かなり迷った末、映画の日に鑑賞する事に…。 まぁ、多部未華子主演じゃなかったら、テレビ放映待ちだったかなぁと言う所だったのだが、 結論から言ってしまうと、見に行って良かった!に尽きる内容だった。

ストーリーは基本的には原作準拠で、ほぼアニメでやった辺りまで。多少の設定変更(特に終盤)はあったけれど 、原作の雰囲気を壊しておらず、むしろ、こっちの方がいいかもしれない… と言う演出もあったりするし、脇役陣が丁寧に描かれている辺りにも好感が持てたし、時間に制約がある以上、端折られたエピソードが幾つもあるのは当然仕方のない事であって、2時間強でここまで綺麗にまとめたのは上出来だと思う。風早の告白シーンがちょっと唐突な印象だったのと、胡桃沢の名前バレがなかったのが残念かな(胡桃沢は比較的、描写不足な役どころだったしね)。 いかんせん、爽子と風早はアニメでCVを務めた能登麻美子と浪川大輔の印象が思いっきり擦り込まれている所為で多部未華子と三浦春馬には、多少のギャップを感じてしまったのだが、他の面々については、アニメ鑑賞後でも殆ど違和感を覚えないナイスキャスティングだった様に思う(爽子の父・喜多夫役の勝沼政信なんかは元のイメージとは全然違うのだが、全く気にならなかった)。アニメとのギャップを感じたとは言っても、多部未華子と三浦春馬は申し分なく好演で満足。特に、爽子は最初に感じたギャップなど見ているうちに殆ど気にならなくなった。以前にも何度か触れている様に、私は多部未華子ファンな訳だが、爽子役が決まった当初、正直、ここまでの期待は抱いていなかったのだなぁ。しかし、結果としては、個人的には堀田イト(「鹿男あをによし」)に次ぐ当たり役かも…と思った次第…。これはもう多部未華子ファンは四の五の言わずに見ろ!と言いたくなる多部未華子堪能ムービーなのである。爽子と言えば、デフォルトで三白眼キャラ。多部未華子版は要所要所で無理矢理、三白眼演技をする訳だが、これが文字通り「貞子」が降臨していて怖い(笑)。デフォルトで三白眼なのではなく、特定の心境時になってしまう表情の一端と言う感じなのが、実写でやる分にはリアルで良いかもしれない。それにしても、多部未華子版爽子は重たくない髪型にするだけで普通に可愛くなってしまうもんだから、原作以上に「普段からその髪型を何とかすればいいのに…」とツッコミたくなってしまうやね。桜の下であんな笑顔見ちまったら、そりゃ、風早も惚れるがな!

ともあれ、原作ファン,多部未華子ファン的には恐らく満足出来ると思われる出来なので、該当する人は一見の価値あり。ただし、原作をいじられるのが許せない人には微妙かな…。端折られたシーンを鑑みて、自力で登場人物の機微を補填出来ると言う意味で原作ファンの方がより理解しやすい筈なのだけど、まぁ、それは本来の見方とは違うので…。そもそも、あそこまでのエピソードをたった2時間強で全て忠実にこなすと言うのは無理に決まってる訳で、その辺りに理解を持てないと、どうしても釈然としない部分は出てくるでせう。となれば、映画よりは遙かにじっくり描く事の出来るであろうTVドラマ化に期待せよ!と言うしかないだろう。原作未見の人は、いわゆる少女漫画的照れ臭さ,甘酸っぱさに悶えそうになるけれど、好意的に受け入れる事は出来る…くらいに耐性があるなら、オススメしたい一作。その上で原作なりアニメなりを見てみると、より深い発見があるのではないかと…。こんなヤツら、今時、絶滅危惧種だよ…とか、こんな純愛ありえない…とか、リアリティばかり追求して冷めた目で見てしまう人は止めた方がいいですな(^^;)。

劇場版公式サイト
アニメ版公式サイト

君に届け オフィシャルブック
君に届け オフィシャルブック
「君に届け」 オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック
「君に届け」 オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック
君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))
君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))
君に届け VOL.1 [DVD]
君に届け VOL.1 [DVD]

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(14) 

March 31, 2009

 NHK朝の連ドラ「つばさ」が昨日から始まった。朝ドラをやっている時間帯は土曜・祝日を除けば、家にいる事など殆どないながら、長年、わざわざ予約録画してまで観続けている私なのだが、これほど放送前から待ち遠しかった作品は今回が初めてだ。前作「だんだん」も「ふたりっ子」が好きだったクチとしては、それなりに気にはなっていた作品だったが、「つばさ」程ではない。それはひとえに多部未華子の存在に尽きる訳なのである。
 朝ドラのヒロインと言えば、オーディションで選ばれるのが基本で殆ど無名に近かったり、新人だったりして、朝ドラで名を上げて、活躍の場を広める様なケースが多い。今回のヒロイン・多部未華子の場合、既に、ドラマで何本も主役をこなしていたり、映画での活躍も目立っていたりで、朝ドラ開始以前での知名度は近年のヒロインの中ではかなり高い部類に入る訳で、「純情きらり」の宮崎あおいの時みたいにオーディションはなかったのかと思ったら、一応、オーディションはやったんだそうな…。実績と実力を考えると、何だか出来レースっぽい気がしないでもないが…。とりあえず、「鹿男あをによし」のDVD−BOXを買ってしまったり、「イチガツニジュウゴニチ」を買おうか迷ったり(買ってないけど)する程度には多部未華子ファンな私としては、週に6日も多部未華子の演技を堪能出来るこれからの半年間にはかなりワクワクしているのである。
 多部未華子は感情の起伏が小さい役の方が好きだったりするのだが、「二十歳のオカン」のキャッチフレーズからして、結構、はっちゃけた役かな…と予想しつつ、第1話を観てみると、「山田太郎ものがたり」や「ヤスコとケンジ」程にはぶっ飛んでおらず、いい塩梅に明るい役で好印象。基本能力値と言うか、初期レベルが例年の朝ドラヒロインと比べると、かなり高い気がするので、これは逆に周りがだらしないパターンなのかもしれない。まだ登場していないが、母親はかなりダメキャラな空気が漂っているし…。流石に、ヒロインだけ良くても、シナリオがダメなドラマだと、トータルでの満足度は大いに下がってしまう訳だが、朝ドラはコメディタッチな方が当たりな作品が多いし、今作のファーストコンタクトは朝ドラ初の全話録画を試みてみてもいいかなと言う気にさせてくれるだけの好感触を得たので、いける所まで頑張ってみようと思う次第…。

つばさ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)つばさ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
著者:戸田山 雅司
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-03
クチコミを見る
1/25(イチガツニジュウゴニチ) (ダ・ヴィンチブックス)
1/25(イチガツニジュウゴニチ) (ダ・ヴィンチブックス)
著者:多部未華子/恩田陸
販売元:メディアファクトリー
発売日:2009-01-21
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版
出演:玉木 宏
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008-07-16
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
ヤスコとケンジ DVD-BOXヤスコとケンジ DVD-BOX
出演:松岡昌宏
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009-01-16
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
山田太郎ものがたり [DVD]山田太郎ものがたり [DVD]
出演:二宮和也
販売元:TCエンタテインメント
発売日:2008-01-09
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
すみれの花咲く頃 [DVD]すみれの花咲く頃 [DVD]
出演:多部未華子.濱田岳.柄本時生.宇梶剛士.笑福亭松之助.秋野暢子
販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2007-07-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:32コメント(0)トラックバック(0) 

March 16, 2008

 1〜3月期のドラマでは図抜けて面白いと思うのだが、視聴率はイマイチ奮わないらしい。あまり悪い評判は聞こえて来ないので、見た上で面白くないと言うよりは、見ていないから面白い事にも気付かない…と言う印象で、何だか勿体ない感じ。どうにもメディアでの扱いが地味で注目度が低過ぎる気が…。 もう来週で最終回なので、今更、勧めるのもどうかとも思う…(^^;)。伏線の張り方と消化の仕方が凄くきっちりしており、消化された時にかなりすっきりした気分になるドラマなので(消化する事を前提にしてない伏線を無駄に張りまくる作品なんてクソであるの事よ。打ち切りなら仕方ないが)、最終回だけ見た所で楽しみづらいであろう事は否めない。と言う事で気になる人は再放送なり、DVDなりで、最初っから見る事を是非ともお勧めしたい。多部未華子萌えな人は最終回だけでも見る価値はある…と思わんでもないが、そんな人はとっくに見てるよな。今回の「マイ鹿です、先生」のくだりは、かなりツボ。これも第一話での「マイ鹿」発言が生きてるなぁとグッと来る所。まぁ、多部未華子的には終始不機嫌そうな第一部と、協力的で色々な表情を見せる第二部とのギャップを堪能するのがいい感じなので、やはり、最初から見た方が絶対美味しいだろうと思う。それにしても、あんなに見苦しい児玉清が見られるとは衝撃的だ。あの児玉清が激しくガッツポーズをしたり、地団駄を踏んだり 、「嫌だ嫌だ!」なんて駄々こねた上に、猛ダッシュで逃げ出したり、妙に新鮮で何だか可愛いぞ…。実は児玉清萌えドラマなのか? 原作は未読なのだが、設定を聞く限り、藤原君を女性にしたドラマ版の変更はクリーンヒットだったかもね。

鹿男あをによし オリジナルサウンドトラック
鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版
鹿男あをによし

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 00:34コメント(0)トラックバック(0) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ