多村仁志

November 20, 2010

では、続いてパ・リーグ編。

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
和田 H 76 62 19 585
杉内 H 59 54 23 480
西岡 M 44 25 36 331
ハマのスペランカー H 14 20 37 167
ダルビッシュ F 4 9 19 66
金子千 Bs 6 8 11 65
ファルケンボーグ H 3 11 11 59
摂津 H 5 7 11 57
小久保 H 3 2 3 24
川崎 H 1 3 9 23
馬原 H 0 6 3 21
T−岡田 Bs 1 0 6 11
成瀬 M 1 0 1 6
本多 H 0 1 2 5
中島 L 0 1 2 5
稲葉 F 0 1 0 3
片岡 L 0 0 2 2
岩隈 E 0 0 2 2
小谷野 F 0 0 1 1
(白票)   0 7 19 40

相変わらず、最優秀選手ではなく、最高殊勲選手の印象が濃いMVPだけに、一番気がかりだったのは、日韓クラブチャンピオンシップごときエキシビジョンマッチに進出した事で浮かれ果てているロッテに食われ、すっかり優勝チームの印象が消え失せてしまっているソフトバンクが果たして、正当に優勝チーム扱いして貰えているのかと言う点だったが、とりあえず、ソフトバンクから和田が選ばれて、一安心。と言っても、ロッテは突出したヒーローがおらず、200安打越えで首位打者の西岡ですら大活躍のイメージが薄かったのが奏功しているだけの事かもしれないが…。パ・リーグは打点・本塁打の数字が物足りず、投手陣もダルビッシュや金子千が4,5位チームとあって、普通に考えれば、和田,杉内の争いになるのは、目に見えていたか。ダントツ最下位とは言え、10勝しかしていない岩隈に3位票が2票入っているのは、釈然としない。投手だけ3人選んでも、岩隈は入って来ないだろ…

【新人王】

選手名 球団 得票数
榊原 F 84
甲藤 H 50
森福 H 15
荻野貴 M 10
トンガ F 6
清田 M 4
(該当者なし)   48

独走体勢と思われた荻野貴の戦線離脱により、混沌となってしまったパ・リーグ新人王レース。序盤の貯金だけで荻野貴が取ってしまいやしないかと警戒していたが、流石に、離脱期間が長過ぎた。該当者なしの可能性も予想に入れていたが、結局、中盤戦に驚異の勝ち運を発揮した榊原が混戦を制して、栄冠をゲット。本当の意味での「ルーキー」が殆ど活躍していないだけに、2年目以降の有資格者の争いになるのは分かっていたが、、上位3人が中継ぎ投手なんて珍しい事もあるもんだ。ポストシーズンで大ブレイクした清田だが、いかんせん台頭が遅過ぎた。トンガもアーチ量産時はもしや…と思わせたが、長続きしなかったのが残念。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
和田 H 59
金子千 Bs 56
ダルビッシュ F 50
杉内 H 36
ファルケンボーグ H 1
成瀬 M 1

最多勝を分け合った和田&金子千と、二冠のダルビッシュの三つ巴は和田が僅差で逃げきり、初受賞。僅かに遅れを取った杉内も十分、圏内ではあった。ホールド王のファルケンボーグは単純に先発投手陣と比較出来ない部分があるとしても、成瀬をトップ評価すると言うのは、イカレ投票と言わないまでも、少々疑問符が…。

【捕手】

選手名 球団 得票数
E 191
細川 L 3
里崎 M 3
鶴岡 F 3
田上 H 1
上本 L 1
的場 M 1

突如、打撃開眼した嶋が満票近い数字で初受賞。ゴールデングラブの受賞はかな〜り微妙だったが、こちらは文句なしだろう。満票取っても不思議ではないくらい、打撃成績では図抜けていた。下位の面々の成績を見ていくと惨憺たるもので(辛うじて里崎がマシな程度か)、よくもまぁ、こいつらに票を入れる気になったもんだと…。特に、的場とかに入れてる奴、誰だよ!

【一塁手】

選手名 球団 得票数
カブレラ Bs 128
小久保  H 50
M 15
T−岡田 Bs 8
フクーラ M 1
小谷野 F 1

すっかり中距離ヒッターっぽくなってしまったカブレラが2年ぶり4度目(他DHで1度)の受賞。カブレラとしては、大人しい数字ではあるのだが、他にめぼしい候補がいなかった。金は水島の呪いにさえかからなければ、打点王もベストナインもゲットしていたかもしれなかっただけに気の毒である。「ドカパロ」に置いて、存在を抹殺される事より、むしろ引っ張り出される事の方が恐ろしいのだと、まざまざと見せつけられた。小久保の50票は優勝チーム補正か?

【二塁手】

選手名 球団 得票数
田中 F 125
本多 H 42
井口 M 21
片岡 L 13
後藤 Bs 2

打率2位の田中が2年連続4度目の受賞。盗塁王の本多が追いすがったが、何だかんだで田中も34盗塁しているし、やはり、盗塁と言う要素はベストナインにおいて、あまり強みにはならない様だ。盗塁王を分け合い、ほぼ同じ打率の片岡に大差をつけている辺り、一応、本多に優勝チーム補正は付いていたのだろうか? それにしても、細川と言い、後藤と言い、こういう形で検証すると、FA戦線の目玉扱いされているのが何だか不思議に思えてくる。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
小谷野 F 146
今江 M 56
中村 L 1

日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦のMVPなど、微塵も評価される筈がなく、今江を抑えて、打点王の小谷野が余裕の初受賞。長期離脱が響いた中村はフル出場していれば、本塁打王だったかもしれないと思わせる底力は見せたものの、今季に限って言えば、1票貰えたのが不思議なくらいである。だから、どうせ大局に影響しないだろ…的な投票はやめろっつーの!

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
西岡 M 191
川崎 H 6
中島 L 6

200安打越えの首位打者・西岡が圧倒的大差をつけて3年ぶり3度目の受賞。昨年の大不振から巻き返した川崎だが、ここまでの差をつけられるとは思わなかった。打率に盗塁と、西岡とアピール出来る点が同じとは言え、この差は大き過ぎる気が…。中島もあの成績でこれ程の惨敗は予想外。もしや、西岡には亡命補正でも付いてるんじゃないか?

【外野手】

選手名 球団 得票数
ハマのスペランカー H 195
T−岡田 Bs 157
栗山 L 111
糸井 F 52
鉄平 E 50
坂口 Bs 15
稲葉 F 9
オーティズ H 8
サブロー M 6
聖沢 E 2
松中 H 1
高山 L 1
荻野貴 M 1
劇団ひちょり F 1

膝の高さから飛び降りただけで命を落としかねない貧弱な体で何と140試合も出ると言う奇跡を見せてくれた事に感動した記者の投票が殺到したのか、ハマのスペランカーがトップ当選で悲願の初受賞。開幕前からの多大な期待に応えて、見事、本塁打王に輝いたT−岡田も堂々の初受賞。3人目は僅差の戦いが予想されたが、結果は栗山が2年ぶり2度目の受賞となった。個人的には、糸井を推していたので、ちょっと残念。他にも鉄平,坂口など、似通った数字の選手が並んでおり、誰が獲っても理解は出来る状況ではあったが、その中で、栗山が4位以下にこれだけの差を付ける事が出来た決定的なポイントは一体何だったのか、イマイチ分からない。

【指名打者】

選手名 球団 得票数
フクーラ M 75
山崎 E 59
カブレラ Bs 36
ブラウン L 15
オーティズ H 4
中村 L 4
T−岡田 Bs 4
稲葉 F 2
小久保 H 1
ペタジーニ H 1
あの男 F 1
北川 Bs 1

フクーラが17年目にして、ついに初受賞。打撃専業のDHとしては、イマイチ、パッとしない数字で規定打席にも到達していない訳だが、他の面々がそれ以上にパッとせず、DHが本業でなかったりしているのだから、仕方ない。該当者なしじゃダメなの? やはり、DHにはもう少し長打力を求めたい所なのだが、山崎は長打力が及第点でも、打率が低過ぎたのが、頂けなかったと言う所だろう。それにしても、あの男に1票入れる暇があったら、他に幾らでも入れる奴がいるだろ! .262 7本 47打点なんて数字でリーグ随一のDHにあてがうくらいなら、いっそ白票にしろよ!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 15:29コメント(0)トラックバック(7) 

September 08, 2010

◆YB−G◆
降雨中止。

◆T1−10D◆
昨夜は拙攻に泣いた中日打線だが、この日は初回から繋がりを見せる。いきなり荒木,大島と連打を浴びせると、一死後、ベンちゃんが歩いて満塁となった所でブランコがレフト前へ先制の2点タイムリー。続く藤井もタイムリー二塁打を放つと、J.マッケンジーのタイムリーエラーで2点を加え、この回大量5点を獲得。2回にブラゼルの42号ソロで1点を返されるが、4回、一死二塁から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを叩き込み、2点を追加。更に、7回には山井,荒木の連続タイムリー,森野の犠飛でダメ押しの10点目。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は8回を1失点の好投で7勝目を挙げた。

◆S−C◆
降雨中止。

9/8多村◆H5−0E◆
楽天先発・永井に対し、初回二死一、三塁,2回二死満塁のチャンスを悉く潰してしまったソフトバンクだったが、3回、一死から小久保が歩いた所でハマのスペランカーがレフトスタンドへ24号2ランを叩き込み、2点を先制。5回にも四球のオーティズを一塁に置いて、ハマのスペランカーが2打席連続となる25号2ランを放り込み、4点目。楽天は7回、一死満塁と一発が出れば、一気に同点の場面を作るが、草野,牧田と打ち取られ、三者残塁。すると、その裏、ソフトバンクは先頭の本多が二塁打で出ると、一死後、小久保がタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。最後はファルケンボーグが3人でピシャリと締めて、完封リレーを達成。先発・和田は8回を散発5安打無失点に抑え、ハーラートップタイに並ぶ15勝目を挙げた

◆L8−3F◆
2回にトンガの犠飛で先制された西武だが、その裏、一死一塁から坂田がレフトスタンドへ逆転の8号2ラン。4回に大野のタイムリーで追い付かれるが、その裏、先頭のフェルナンデスが7号ソロを放り込み、再び勝ち越し。二死一塁から、原のセンター前にポトリと落ちる打球で、一塁走者・坂田が一気に本塁を陥れる好走塁。続く細川が歩いた後、片岡が走者一掃のタイムリー三塁打を放つと、続く栗山にもタイムリーが飛び出し、この回大量5点をゲット。7回には無死二塁から中島のタイムリーで1点を加え、試合を決定付けた。先発の石井一は6回を2失点で切り抜け、9勝目をマークした

◆Bs6−2M◆
ロッテは初回、西岡,清田と連打を浴びせると、一死後、フクーラのセカンドゴロの間に先制。続く今江もタイムリーを放ち、1点を追加。2点を追う偽バファローズは3回、二死走者なしから、坂口,森山の連打で一、二塁とすると、後藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、続くカブレラがレフトスタンドへ23号2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。続く4回には二死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。ロッテは2回以降、すっかり当たりが止まり、7回まで僅かに1安打。8,9回には1本ずつヒットが出るも、いずれもゲッツーで殺してしまい、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は2失点完投で3年ぶりの2桁勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:36コメント(0)トラックバック(13) 

September 07, 2010

◆YB4−6G◆
自力V消滅で4連覇へ赤信号が灯っている巨人はこの日も大苦戦。先発・朝井が3回、一死三塁から古城のタイムリーエラーで先制点を献上。続いて内川,石川と連打を浴び、満塁となった所で、また古城がエラー。更に、村田にも2点タイムリー二塁打を浴びて、この回4失点。しかし、直後の4回、巨人は寿司職人ラミレス,阿部の連打の後、脇谷,古城と連続タイムリーで2点を獲得。続く5回にはガッツが6年連続の30号ソロを叩き込むと、6回には古城が汚名返上の2号ソロを放ち、ついに同点。押せ押せムードの巨人は8回、二死走者なしから代打・江戸川が二塁打で出ると、坂本がヒットで続き、すかさず二盗。ここで松本が粘った末の7球目をライト前へ弾き返し、2点を勝ち越し。8回からは越智−クルーンが1回ずつを3人で斬って取り、連敗を脱出。3番手・山口は2回を無失点の好リリーフで6勝目をマークした

9/7鳥谷◆T1−0D◆
0.5差で迎えた首位攻防3連戦。中日は毎回の様に走者を出しながら、あとが続かない相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈。一方、阪神も4回までに2度の満塁のチャンスを潰すなど、2併殺6残塁と中日以上に拙攻を繰り広げていたが、5回、二塁打のマット・マートンを藤川俊が送った所で鳥谷がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに1点を先制。中日は8回、早くもマウンドに上がった守護神・藤川球に対し、一死から荒木がヒット,大島が四球で出ると、二死後、ベンちゃんも歩いて、満塁のチャンス。しかし、ここでブランコが三振に倒れて、三者残塁。9回にも2四死球で二死一、二塁と一打同点の場面を作ったが、この日2安打の荒木がセンターへ打ち上げて、完封負けで連勝は6でストップ。阪神先発・スタンリッジは7回を無失点に抑え、10勝目を飾った

◆S6−5C◆
広島は初回、一死から木村が二塁打を浴びせると、連続四球で満塁とした所でルパン広瀬がレフト前へタイムリーを放ち、2点を先制。3回には先頭の梵がライトスタンドへ10号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追うヤクルトは4回、飯原が栗原のエラーで出ると、ホワイトセルの欠場により、4番に返り咲いたデントナが期待に応える13号2ランを叩き込み、1点差。しかし、直後の5回、広島は二死から梵が歩いた所で木村がタイムリー二塁打を放ち、4点目。ヤクルトは7回、二死から青木,田中が連続二塁打で再び1点差と詰め寄るが、直後の8回、広島は一死から栗原が9号ソロを放り込み、突き放す。しかし、その裏、広島は一死二、三塁のチャンスに川端,代打・ホワイトセルと連続タイムリーを浴びせて、一気に同点。土壇場9回には5番手・今井に対し、先頭の飯原がバックスクリーンへ14号ソロをぶち込んで、劇的なサヨナラ勝ち。4番手の林に今季初勝利が転がり込んだ。

◆H3−0E◆
ラズナー,陽の両先発が序盤は譲らず、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、ソフトバンクは一死からオーティズがレフト前に弾き返すと、小久保が四球を選んで、一、二塁と、この日初めてのチャンス。ここでハマのスペランカーがレフトスタンドへ先制23号3ランを叩き込み、一気に3点のリード。楽天は5回、二死一、二塁のチャンスを掴むも、聖沢が三振。7回の一死満塁のチャンスには内村が最悪のファーストゴロゲッツーに倒れて、またも得点ならず。ソフトバンクは8回から摂津−馬原と繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成。陽は6回0/3を無失点の好投で2勝目を飾った

◆L6−5F◆
西武先発・ミャオに対し、日本ハムは3回、二死から劇団ひちょりが左中間へ二塁打を浴びせると、稲葉がセンター前へ先制のタイムリー。更に、小谷野が歩いた後、糸井が右中間突破の走者一掃タイムリー二塁打。インケツパワーを溜め込んでいたあの男にもよもやのタイムリーが飛び出し、この回4点。日本ハム先発・ケッペルの前に6回までゼロ行進を続けていた西武だが、7回から榊原にスイッチするや猛反撃を開始。先頭の中村が二塁打を放つと、二死後、上本がレフト前に弾き返して、榊原をKO。ここで代わった宮西に対し、代打・平尾,片岡と連続タイムリーを浴びせると、栗山が歩いて、宮西をKO。更に、4番手・館山から中島が同点2点タイムリーを放つと、フェルナンデスもタイムリーを浴びせて、一気に勝ち越しに成功。しかし、直後の8回、日本ハムは糸井がレフトスタンドへ15号ソロを叩き込み、同点。土壇場9回、西武は先頭の平尾が四球を選ぶと、片岡の犠打が田中のエラーを誘い、二、三塁。一塁が空いた事で栗山が敬遠され、満塁となった所で、守護神・武田久を引っ張り出すが、これに対し、中島がライトへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。1回を3人でピシャリと抑えたシコースキーに2勝目がついた。

◆Bs5−4M◆
10連勝中の偽バファローズ先発・金子千だが、この日は立ち上がりから乱調で、初回、いきなり西岡,清田と連打を浴びると、井口を歩かせて、無死満塁の大ピンチ。ここで水島の呪いをなかなか払拭出来ずにいる金をゲッツーに仕留めたものの、フクーラにライトスタンドへ11号3ランを放り込まれて、早くも3失点。しかし、その裏、偽バファローズは内野ゴロの間に1点を返すと、2回には一死満塁から大引が犠飛を打ち上げ、1点差。3回から膠着状態となり、2−3の儘、終盤に突入。迎えた7回、偽バファローズは一死から坂口が内野安打で出ると、すかさず二盗。ここで代打・ハイツ田口がレフトスタンドへ3号逆転2ランを叩き込み、ロッテ先発・マーフィーをKO。8回にはバルディリスが11号ソロを放ち、5点目。土壇場9回、この回から登板の平野はフクーラ,今江と連打を浴びると、塀内のバントを処理して、三塁へ悪送球。ボールが転々とする間にフクーラの生還を許して、1点差。更に、根元に犠打を決められた後、代打・サブローを歩かせ、満塁とピンチを広げたが、ここから西岡,清田と打ち取って、辛くも逃げ切った。金子千は2回から8回まで無失点で切り抜ける粘りの投球を見せ、11連勝でハーラートップタイの15勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:44コメント(0)トラックバック(11) 

August 29, 2010

◆C11−12G◆
巨人は初回、二死走者なしからガッツ,寿司職人ラミレスと連続二塁打を浴びせて、1点を先制。その裏、広島は一死から木村の三塁打,天谷のタイムリーであっさり追い付くが、直後の2回、巨人は一死から長野がヒットで出た所で脇谷がライトスタンドへ6号2ランを叩き込み、勝ち越し。4回には長野,脇谷の連打の後、朝井が送って、二、三塁となった所で坂本がセンター前へ2点タイムリー。4点を追う広島はその裏、一死から栗原,嶋の連打で二、三塁となった所でルパン広瀬がレフトスタンドへ10号3ランをぶち込んで、1点差に詰め寄ると、続く5回には二死二塁から天谷が同点タイムリーを浴びせて、巨人先発・朝井をKO。更に、代わった久保から栗原がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。逆転された巨人は直後の6回、先頭の古城が四球で出ると、二死後、ガッツ,寿司職人ラミレス,阿部と3連続四球で押し出しと労せずして同点。なおも満塁の場面で代打・矢野がレフト前へ勝ち越しのタイムリー。更に、長野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回一挙5点。しかし、粘る広島はこの裏、一死満塁のチャンスに梵がセンター前へ2点タイムリー。続いて代打で登場した求道者・前田が歩くと、天谷もタイムリーを放ち、1点差。突き放したい巨人は7回、ヒットの古城を坂本が送ると、二死後、ガッツがレフトスタンドへ29号2ラン。久保,山口,越智と勝ちゲームで起用するリリーフを使い果たした事で8回から早くも引っ張り出された守護神・クルーンは8回は無難に抑えたものの、土壇場9回、二死一塁から岩本に13号2ランを被弾し、1点差に詰め寄られる。更に、代打・倉に痛打された所で無念のKO。代わったMICHEALも石原を歩かせ、一、二塁とワンヒットで同点の大ピンチを背負うが、続く梵をライトフライに打ち取り、辛くも逃げ切った。勝ち越しタイムリーを許した直後に逆転して貰った2番手の久保に7勝目が転がり込んだ

◆YB2−1D◆
初回、中日はいきなり先頭の荒木が二塁打を放つも、セサル,ベンちゃんと連続三振。森野もサードゴロに終わり、荒木は二塁に釘付け。すると、その裏、横浜も同じく先頭の内川が二塁打。石川の犠打で三塁へ進めると、二死後、村田がタイムリー二塁打を放ち、先制。3回には大家,内川の連打の後、またも石川が犠打を決めた所でハーパーが犠飛を打ち上げ、1点を追加。2点を追う中日は4回、二死から森野が二塁打を浴びせると、ブランコがレフト前へタイムリーを放ち、1点差。その後、中日は5回二死二塁,6回一死二、三塁,7回一死二塁と再三のチャンスを悉くつぶし、8回も一死からベンちゃんがヒット出た後、森野がセカンドゴロゲッツー。土壇場9回にも無死一、二塁と絶好のチャンスを掴みながら、谷繁がファーストゴロゲッツー。それでも二死三塁と一打同点のチャンスは続いたが、堂上直がセンターフライと最後の最後までタイムリー欠乏症に喘ぎ、ゲームセット。横浜先発の大家は7回を無四球1失点の好投で5勝目

◆S5−12T◆
今季初登板となるヤクルト先発・山本斉に対し、阪神は初回、ヒットのマット・マートンを平野が送ると、鳥谷がレフト前へ先制のタイムリー。その裏、青木の11号先頭打者アーチで同点とされるが、直後の2回、キュラソ星人の13号,J.マッケンジーの23号と連続アーチで2点を勝ち越し。更に、二死後、マット・マートン,平野,鳥谷の3連打で1点を追加。ヤクルトは4回、四球の田中を一塁に置いて、ホワイトセルが10号2ランを放ち、1点差。突き放しておきたい阪神は直後の5回、二死からキュラソ星人がヒットで出ると、続くJ.マッケンジーがこの日2本目となる24号2ラン。続く6回には一死一塁から鳥谷が16号2ランを叩き込み、8点目。8回には鳥谷のタイムリー,ブラゼルの38号3ランでダメ押しの4点を奪い、首位の座を死守した。先発のソニックは6回を3失点でハーラートップタイに並ぶ12勝目

◆H2−1M◆
ロッテは初回、先頭の西岡が四球を選ぶと、一死後、二盗に成功。井口が倒れて、二死となるも、金が右中間突破のタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。4回には井口の二塁打,金の四球で無死一、二塁とするも、フクーラ,今江,大松と打ち取られ、追加点ならず。ピンチを切り抜けたソフトバンクはその裏、先頭の本多が左中間を破る三塁打を放つと、松田のショートへの内野安打で一、三塁となった所で小久保がセンター前へ同点のタイムリー。更に、続くハマのスペランカーが三塁ベースを直撃するタイムリー内野安打を放ち、勝ち越しに成功。5回には二死満塁のチャンスを作るが、小久保が打ち上げて、三者残塁。一方、ロッテは6回、先頭の清田が二塁打を浴びせて、ソフトバンク先発・大隣をKO。代わった森福から井口もライト前へ弾き返して、一、三塁とするが、金,フクーラと連続三振。今江もセカンドゴロに終わり、同点ならず。ソフトバンクは7回から摂津−ファルケンボーグと繋ぎ、9回から守護神・馬原を投入する必勝リレー。一死二塁と一打同点のピンチを背負ったものの、後続を断って、逃げ切った。大隣は5回0/3を1失点で3勝目。同率での首位攻防戦に勝ち越したソフトバンクは再びロッテを突き放して単独首位に立った。

8/29上本◆L5−3E◆
0−0で迎えた4回、楽天は一死から四球で歩いた鉄平が二盗を仕掛けて憤死するが、山崎がレフトスタンドへ24号先制アーチ。しかし、その裏、西武はすかさず先頭の中島がライトスタンドへ15号ソロを放り込み、あっと言う間に同点。続く5回にはヒットの阿部を片岡が送った所で栗山がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。2−1の儘、迎えた8回、楽天は先頭の代打・嶋がヒットで出ると、二死後、連続四死球で満塁とした所でルイーズがレフト前に2点タイムリーを放ち、逆転に成功。土壇場9回、西武は先頭のフェルナンデスがヒットで出ると、佐藤の犠打がエラーを誘い、一、二塁。代打・原はバントをまともに転がしてしまい、三塁で封殺されるが、続く上本がライトスタンドへ4号3ランを放り込み、劇的な逆転サヨナラ勝ち。連敗をようやく7でストップさせた西武は2位に浮上。一時は逆転打を許した4番手・藤田に4勝目が転がり込んだ。

◆Bs9−6F◆
初回、日本ハムはヒットの田中を劇団ひちょりが送ると、二死後、小谷野が先制のタイムリー内野安打。一気に畳み掛けたい所だったが、恐怖の残塁量産マシンの名を欲しい儘にするあの男が打ち上げて、1点止まり。3回には一死満塁からまたも小谷野がレフト前へ2点タイムリー。なおも一、二塁とチャンスが続いたが、怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しい儘にするあの男が打ち上げると、トンガも三振に倒れて、二者残塁。4回には一死三塁から飯山がスクイズを決めて、1点を追加。4点を追う偽バファローズはその裏、北川,日高のタイムリーで2点を返すと、続く5回にはカブレラ,ティー岡田の連続タイムリー二塁打で一気に同点。6回に1点ずつ取り合って迎えた7回、日本ハムは一死三塁から稲葉がタイムリーで三たび勝ち越しに成功。しかし、この後、小谷野が三振に倒れると、6回に走者のいない場面でヒットを放ってしまった事だけで第1,2打席で溜め込んだインケツパワーを放出しきってしまったあの男が三振に倒れて、追加点ならず。その裏、偽バファローズはバルディリスのタイムリーがまたまた同点とすると、続く8回には一死から坂口の三塁打の後、森山のタイムリーでついに勝ち越し。更に、後藤,カブレラ,ティー岡田と続く怒濤の5連打でこの回3点。最後は岸田が締め括った。5番手の平野は1回を無失点に抑えて、6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:54コメント(0)トラックバック(9) 

August 27, 2010

◆C9−7G◆
初回にガッツの2試合連続28号ソロ,2回には当ブログ推奨助っ人・江戸川の12号ソロと一発攻勢で2点をリードした巨人だが、3回、二死満塁のチャンスを逸すると、その裏、梵,赤松,栗原のタイムリーで3点を返され、形勢逆転。1点を追う巨人は5回、一死からガッツが歩くと、寿司職人ラミレスが2試合連続42号2ランをぶち込んで、逆転に成功。続く6回には二死二塁から坂本がタイムリー二塁打を放ち、5点目を追加。その裏から山口−久保−越智と繋いで、9回から守護神・クルーンを投入する必勝リレーを展開するが、先頭の嶋に痛打されたクルーンは一死後、岩本にライトスタンドへ11号同点2ランを被弾し、延長に持ち込まれた。迎えた11回、巨人は一死から長野が内野安打で出ると、二死後、伏兵・古城がライトスタンドへ今季初アーチとなる2ランを放り込み、勝ち越しに成功。これで決まったかと思いきや、その裏から登板の野間口が乱調。代わりばな、いきなり岩本に2打席連続の12号ソロを被弾。一死後、連続四球で一、二塁のピンチを背負うと、二死後、天谷にライトスタンドへ6号3ランを叩き込まれて、悪夢の逆転サヨナラ負け。一時は勝ち越し弾を浴びた広島5番手・横山に3勝目が転がり込んだ。

◆YB3−2D◆
横浜は初回、先頭の内川がヒットで出ると、石川が送った所でハーパーがセンター前へ弾き返し、1点を先制。直後の2回、中日は一死から3連打で満塁とするも、堂上直,寝損と連続三振にたおれて、三者残塁。5回には二死二塁から荒木がレフト前ヒットを放つが、本塁を狙った二塁走者・谷繁がタッチアウト。しかし、6回、二死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ17号ソロを叩き込み、ついに同点。2回以降、再三のチャンスを潰してきた横浜はその裏、先頭のスレッジが26号ソロを放り込み、すかさず勝ち越しに成功。1点を追う中日は8回、二死二塁からベンちゃんがタイムリーを放ち、再び同点。試合はその儘、延長に突入した。10回一死満塁,11回一死一、二塁と相次ぐサヨナラのチャンスを逃した横浜だったが、負けがなくなった12回裏、この回から登板の守護神・岩瀬に対し、一死から山崎の二塁打,カスティーヨの敬遠で一、二塁のチャンス。ここで新沼がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。6番手・弥太郎は1回を3人で打ち取り、移籍初白星。

◆S6−0T◆
阪神先発・メッセンジャーは3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。4回も簡単に二死を取るが、ここで飯原を歩かせ、初の走者を許すと、続くホワイトセルにライトスタンドへ13号2ランを叩き込まれて、先制点を献上。6回には一死二塁から飯原に13号2ランを浴び、この回限りで無念のKO。ヤクルトは8回にも死球の青木を田中が送った所で飯原がタイムリー三塁打,ホワイトセルがタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。投げては先発・館山が二塁も踏ませぬ好投で2試合連続無四球完封を飾り、8勝目をマークした

8/27多村◆H4−2M◆
同率首位で迎えた3連戦、先手を取ったのはソフトバンク。初回、川崎のヒット,小久保の四球で二死一、二塁とすると、ハマのスペランカーがレフトスタンドへ21号3ランを叩き込み、3点を先制。3回までパーフェクトの快投を展開したいたソフトバンク先発・山田は4回、突如制球を乱し、内野安打と2四死球で無死満塁のピンチを背負うと、金には押し出し四球。なおも満塁の場面でフクーラをゲッツーに仕留めるも、この間に三塁走者・清田の生還を許して、1点差。続く今江も歩かせ、一、三塁とピンチを広げたが、大松をセカンドライナーに打ち取り、同点を阻止。その裏、ソフトバンクは一死から川崎,本多と連打を浴びせると、二死後、小久保がライト前へタイムリーを放ち、4点目。直後の5回、山田は一死満塁のピンチを迎え、勝利投手の権利まであと2人と迫りながら、無念の降板。ここで代わった森福は井口,金の3,4番を退けて、ピンチ脱出。7回からは摂津−ファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、単独首位に躍り出た。5回のピンチを切り抜けた森福はプロ初勝利

◆L3−11E◆
楽天は初回、二塁打の聖沢が暴投で三進すると、鉄平に犠飛で先制のホームイン。続く2回にはルイーズが歩いた後、中村紀がレフトスタンドへ13号2ラン。4回には嶋のタイムリーで1点を追加すると、5回には一死一、三塁から山崎の犠飛,ルイーズのタイムリーで2点を加え、西武先発・平野をKO。更に、中村紀が歩いた後、草野,嶋と連続タイムリーを放ち、この回一挙5点。その裏、西武はフェルナンデスの6号ソロ等で3点を返すが、直後の6回、楽天は二死満塁から草野が2点タイムリーを浴びせて、試合を決定付けた。先発・永井は5回3失点で降板したが、4人のリリーフを仰いで、8勝目を挙げた。西武は最下位・楽天にまで完敗を喫し、7連敗。

◆Bs3−3F◆
2回にソロアーチを打ち合って迎えた3回、日本ハムは一死から田中,劇団ひちょりの連打で一、三塁とした所で稲葉のサードゴロの間に勝ち越しに成功。1点を追う偽バファローズは4回、一死から二塁打のカブレラをティー岡田のセカンドゴロで三塁へ進めると、北川がセンター前へ同点タイムリー。直後の5回、日本ハムは二死二塁から小谷野のタイムリーで三たび勝ち越すが、粘る偽バファローズは6回、一死三塁からバルディリスの犠飛でまたまた同点。日本ハムは8回一死満塁のチャンスに代打・今浪,飯山と連続三振。9回にも一死二塁のチャンスをモノに出来ず、延長もつれ込んだ。両軍共に満塁のチャンスを潰すなど、決め手を欠き、結局、12回規定でドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(16) 

August 24, 2010

8/24小笠原◆G6−4D◆
グライシンガー,ウッチャンが互いに譲らぬ投げ合いを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、巨人は先頭のガッツが四球で歩くと、一死後、阿部のヒット,江戸川の四球で満塁のチャンス。ここで長野,脇谷と連続タイムリーを浴びせて、2点を先制。更に、二死後、坂本もレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回4点。今度こそ今季初白星かと思われたグライシンガーだったが、直後の5回、先頭のブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに26号ソロを被弾。一死後、連打と犠打で二死二、三塁となった所で荒木,藤井の連続タイムリーで追い付かれ、あえなくKO。4−4の儘、迎えた8回、巨人は中日2番手・清水に対し、先頭のガッツがライトスタンドへ26号ソロわ叩き込み、ついに勝ち越し更に、一死後、阿部が四球を選ぶと、江戸川のバントがエラーを誘い、一、二塁となった所で長野がタイムリーを放ち、6点目。最後は守護神・クルーンが3人でピシャリと締め括った。巨人は4連勝で首位返り咲き。3番手の越智は1回を無失点に抑え、3勝目を挙げた

◆T4−5C◆
首位転落の危機に瀕している阪神は初回、一死から平野が内野安打で出ると、鳥谷が14号先制2ラン。更に、新井が二塁打で続くと、二死後、キュラソ星人にもタイムリー二塁打が飛び出し、この回3点。直後の2回、広島は一死一塁から岩本の9号2ランで1点差と詰め寄るが、その裏、阪神は藤川俊,ソニックの連打で一、三塁とした所でマット・マートンが犠飛を打ち上げ、4点目。2点を追う広島は4回、二死から倉がヒットで出ると、投手の篠田がタイムリー二塁打。6回には一死二塁から梵が同点タイムリー二塁打を放ち、阪神先発・ソニックをKO。4−4で迎えた土壇場9回、阪神は同点の場面ながら守護神・藤川球を投入。しかし、一死から嶋にライトスタンドへ10号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、阪神は二死から四球とヒットで一、二塁と一打同点のチャンスを作るが、最後はブラゼルが打ち上げて、4連敗となり、首位転落となった。広島3番手のチュークは1回を3人で打ち取り、来日初白星

◆S13−5YB◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは青木,田中と連続内野安打を浴びせると、飯原の犠打で二、三塁のチャンス。ここでホワイトセルがセンター前へ先制の2点タイムリーを放つと、続く畠山がタイムリー二塁打。更に、相川が死球を食らった後、宮本のタイムリー内野安打、カスティーヨ,川端の相次ぐタイムリーエラーで一挙6点を獲得。直後の4回、ハーパーの12号ソロで1点を返されるが、その裏、ホワイトセルが11号ソロをぶち込んで、再び6点差に拡大。7−1の儘、迎えた7回、横浜は二死二塁から内川のタイムリーで応戦するも、その裏、ヤクルトは4安打3四球の集中攻撃でまたも6点を奪い、試合を決定付けた。ヤクルト先発・村中は7回1/3を投げて5失点ながら、打線の援護に恵まれ、9勝目を飾った

◆H5−4Bs◆
初回、ソフトバンクは先頭の川崎がレフト前に弾き返すと、一死後、連続四死球で満塁のチャンス。ここでハマのスペランカーがレフトスタンドへ20号グランドスラムを叩き込み、一気に4点を先制。更に、この後、二死満塁としたものの、川崎が倒れて、追加点ならず。4回には二死から内野安打で出た本多が二盗を決めると、続く森本がライト前へタイムリー。偽バファローズ先発・近藤はこの回限りで降板となった。4回まで毎回走者を出しながら、攻めあぐねていた偽バファローズは5回、坂口の4号ソロでようやく1点を返すと、続く6回には一死二塁からティー岡田が31号2ランを叩き込み、2点差。土壇場9回には守護神・馬原から先頭のティー岡田が右中間突破の三塁打を浴びせると、一死後、暴投で生還し、1点差。二死後、カラバイヨがヒットで繋ぐと、代走・金子圭が二盗を決めて、一打同点のチャンス。しかし、最後は下山が見逃し三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。ソフトバンク先発のホールトンは5回1/3を投げて3失点で約1ヶ月ぶりの7勝目

◆E4−1F◆
日本ハム先発・ケッペルに対し、楽天は初回、聖沢の内野安打,鶴岡のエラーでチャンスを作ると、鉄平,山崎と連続タイムリーを浴びせて、3点を先制。更に、二死後、草野がヒットで繋ぐと、スタメン復帰の嶋がライト前へタイムリーを放ち、4点目。ケッペルは2回以降は完全に立ち直り、6回までノーヒットに抑える完璧な投球を展開。6回まで僅か1安打と沈黙していた日本ハムは7回、一死から糸井が二塁打を浴びせると、二死後、トンガがタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点を返すが、反撃もここまでだった。楽天先発の岩隈は8回を投げて、1失点に抑え、8勝目

◆M9−2L◆
西武は初回、ヒットの片岡が二盗を決めた後、栗山のセカンドゴロの間に三進すると、中島のセンターフライで先制のホームイン。その裏、ロッテは西岡のヒット,金の四球で二死一、三塁とした所でフクーラがライト前へ同点タイムリー。追い付かれた西武は直後の2回、ブラウン,高山のヒットで二死一、二塁とした所で佐藤がタイムリーを浴びせて、再び勝ち越し。その後も、3回二死満塁,4回一死満塁,5回一死二塁と再三チャンスを掴みながら、追加点を奪えない。一方、ロッテは5回、連打と四球で無死満塁のチャンス。ここから井口,金と連続三振に倒れるも、フクーラが2点タイムリー内野安打を放ち、逆転に成功。更に、ミャオの暴投で1点を加えると、サブローが16号2ランを放り込み、この回大量5点のビッグイニングを形成。これで一気に流れを引き寄せたロッテは続く6回には西岡,井口のタイムリーで2点を追加。8回には今江のタイムリーでダメ押しの9点目。先発のマーフィーは6回を2失点で切り抜け、11勝目をマークした。敗れた西武はこれで4連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(0)トラックバック(14) 

September 15, 2009

◆G3−5T◆
0−0で迎えた3回、巨人はガッツのタイムリー二塁打で先制。直後の4回、新井のタイムリー内野安打で追い付かれるが、その裏、阿部の犠飛で再び勝ち越し。1点を追う阪神は6回、一死から鳥谷がレフトスタンドへ16号同点ソロを叩き込むと、更に、キュラソ星人,新井が連打を浴びせると、二死後、関本がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。しかし、その裏、巨人はまたも阿部が27号ソロをぶち込んで同点。試合はその儘、延長に突入した。10回、両軍共に、クルーン,藤川と早くも守護神を投入。いずれも1イニング目はきっちり抑えたが、続く11回、クルーンは坂本のエラーで二死二塁のピンチを背負うと、矢野にライトスタンドへ2号2ランを被弾し、勝ち越し点を献上。粘る巨人はその裏、亀井,松田記者と連打を浴びせ、無死一、二塁のチャンス。ここで好調・阿部が会心の打球を放つも、これがセカンド正面への痛烈なライナーとなり、飛び出した亀井も戻れず、最悪のゲッツー。最後は代打・古城が三振に倒れ、ゲームセット。2回を無失点に抑えた藤川に5勝目がついた

◆C3−5D◆
2回、中日は四球にエラーと拾い物のチャンスに英智が先制タイムリー。5回には一死一塁から井端,荒木の連打で満塁とした所で森野がレフト前へ2点タイムリーを放ち、3点のリード。しかし、6回まで散発3安打無失点の好投を見せていた先発・ウッチャンが7回、いきなり井端のエラーで足を引っ張られると、川相不在の重さを思い出してしまったのか、続くマクレーンに痛打されると、一死後、天谷に5号3ランを放り込まれて、試合は振り出しに。動揺を隠せないウッチャンはここから3連続四球を与えて、失意のKO。しかし、ここで代わった浅尾が後続を断ち切り、辛くもピンチ脱出。試合はその儘、延長に突入した。迎えた10回、二死走者なしと言う中途半端な場面から、何故か引っ張り出された守護神・永川だったが、代わりばなブランコに痛打されると、続くベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに27号2ランを叩き込まれて、勝ち越し点を献上。その裏からマウンドに上がった守護神・岩瀬は一死から東出に二塁打を浴びたものの、落ち着いて後続を抑え、2年ぶりの40セーブ目。1回を三者凡退に打ち取った3番手の河原が3勝目をマークした

9/15 高田監督◆YB6−5S◆
ガッツな貴公子・仁志に続き、カリメロも戦力外通告されるなど、人員整理が始まり、士気が下がる一方の横浜は8連敗と泥沼のチーム状態に苦しんでいるヤクルト相手に、初回から青木のタイムリーで先制されると、2回には福地,川島慶と連続タイムリーを許し、早くも3点のビハインド。その裏、内野ゴロの間に1点を返したものの、5回、山崎のエラーで作ったピンチに宮本,田中と連続二塁打で2点を失い、先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。4点を追う横浜は6回、金城が7号ソロを叩き込むと、7回には斉藤俊,金城の連続タイムリーで1点差。更に、山崎が内野安打で繋ぎ、ヤクルト先発・石川をKOすると、代わった吉川から内川がタイムリーを放ち、ついに同点。土壇場9回、ヤクルトはこの所、投げては決勝打を打たれまくっている松岡を投入。すっかり負け癖がついている松岡は2本の内野安打を許してピンチを作ると、内川を敬遠し、満塁とした所で、ジョンソンにライト前タイムリーを浴び、サヨナラ負け。4点差を引っ繰り返されたヤクルトは17年ぶりの9連敗となった。

◆Bs4−12H◆
2年連続2桁勝利へリーチをかけている山本は初回、簡単に二死を取りながら、松中を歩かせると、小久保に内野安打を許した所でハマのスペランカーに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、2点を献上。4回には本多にタイムリーを浴びると、続く5回にはまたもハマのスペランカーに16号2ランを被弾し、この回限りで無念のKO。5点を追う偽バファローズはその裏、岡田の6号ソロでようやく1点を返すと、坂口のヒット,カブレラの四球で一、二塁とチャンスを広げるが、ローズがファーストゴロに倒れて、1点止まり。8回には連打と四球で無死満塁とするも、岡田のセカンドゴロゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。2点差と追い上げられたソフトバンクだが、土壇場9回、松中の23号ソロを皮切りに、6長短打を集中して、大量7点を奪い、試合を決定付けた。先発の高橋秀は5回2/3を1失点に抑え、3勝目

◆F5−2E◆
楽天は初回、四球出歩いた渡辺直が盗塁と内野ゴロで三進すると、鉄平の犠飛で先制のホームイン。その裏、二死満塁のピンチを切り抜けると、直後の2回には青波の長瀬,憲史,中島の3連打で無死満塁とした所で、草野のゲッツー崩れの間に2点目を追加。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続が倒れて、1点止まり。2点を追う日本ハムは4回、糸井の13号ソロで1点を返すと、6回には一死からスレッジが21号ソロを叩き込み、同点。更に、この後、連打と四球で満塁とすると、金子誠,田中の連続タイムリーで3点を勝ち越し、楽天先発・岩隈はこの回限りでKO。楽天は4回以降、一人の走者も出す事が出来ず、完敗。日本ハムのマジックは1つ減って17となった。先発の武田勝は7回2失点で8勝目

◆M2−3L◆
初回、ロッテはエラーで貰ったチャンスに井口が先制タイムリー。しかし、直後の2回、西武は二死からG.G.佐藤の四球,原のヒットで一、二塁とした所で銀仁朗がセンター前へ弾き返し、G.G.佐藤が同点のホームイン。1−1で迎えた5回、ロッテは今季初スタメンの角中が右中間突破の三塁打。この後、西岡,早坂と倒れたものの、またも井口がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。西武は7回、先頭の礒?が二塁打で出ると、二死後、代打・上本がタイムリーを浴びせて、再び同点。2−2で迎えた土壇場9回、西武は先頭の中村が二塁打で出ると、代打・佐藤が送った後、G.G.佐藤が敬遠され、ここでロッテ先発・渡辺俊をKO。代わった荻野から原が死球を食らって満塁となった所で上本が犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。その裏、ベイリス−星野と繋いで、逃げ切った。1回を無失点で切り抜けた2番手の大沼に4勝目が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(22) 

September 08, 2009

9/8 ゴンザレス◆YB1−6G◆
巨人相手に4年間白星のない横浜先発・ハマのチンピラは2回まで3人ずつで片付ける上々の滑り出しを見せるも、3回、今季8打数6三振とカモにしていた阿部に3戦連発となる22号先制アーチを被弾。その裏、ゲッツー崩れの間に追い付いて貰ったのも束の間、直後の4回、ラミレスに23号勝ち越しソロ、5回には阿部に2打席連続23号ソロと3イニング連続被弾。7回にはジョンソンのエラーでリズムを崩し、阿部,脇谷,ゴンザレスと3連打で3点を失ってKOと、またも対巨人の白星はお預けとなった。横浜は5回以降、ノーヒットと精彩を欠く攻撃で完敗を喫した。巨人先発・ゴンザレスは8回を3安打1失点に抑え込み、13勝目。打っても2安打2打点の活躍だった。巨人は引き分け1つを挟んで5連勝。マジックは1つ減って15となった。

 



◆T0−7D◆
0−0で迎えた4回、中日は先頭の荒木がヒットで出ると、一死後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに36号2ランを叩き込み、2点を先制。更に、この後、三者連続出塁で満塁とした所で谷繁が犠飛を打ち上げ、この回3点。7回には一死一、三塁からブランコがタイムリーを放ち、阪神先発・安藤をKO。これで完全に流れを引き寄せた中日は8回には小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号ソロ。9回には森野,ブランコの連続タイムリー二塁打が飛び出し、ダメ押しの2点を追加。中日先発・ウッチャンは2回に矢野に痛打された以降、打者22人をパーフェクトに抑える完璧な投球を見せ、今季4度目の完封で8勝目をマークした。

◆S3−6C◆
ヤクルトは初回に青木のタイムリー,2回に森岡の今季初アーチ,3回にはデントナのタイムリーで1点ずつ加え、3点のリード。。4回まで毎回得点圏に走者を送りながら、攻めあぐねていた広島だが、5回、四球のフィリップスを一塁に置いて、栗原が20号2ランを叩き込み、1点差。6,7回と3人ずつで打ち取られたが、8回、二死二塁から代打・石井タクローがタイムリーを放ち、ついに同点。更に、代打・末永が内野安打を放ち、ヤクルト先発・館山をKOするも、代わった李の前に東出がセカンドゴロに打ち取られ、勝ち越しならず。同点で迎えた土壇場9回、ヤクルト3番手・松岡は先頭の小窪に痛打されるも、続くフィリップスをゲッツーに仕留め、事なきを得た…と思いきや、栗原を歩かせると、木村には内野安打を許して、一、二塁となった所で守備から入っていて、この日初打席となる石原に9号3ランを放り込まれて、一気に3点を勝ち越される有様。その裏、広島は守護神・永川がきっちり抑えて、逃げ切りに成功。3番手のシュルツに3勝目が転がり込んだ

◆M4−8H◆
ソフトバンク先発・高橋秀に対し、ロッテは初回、先頭の早坂が四球を選ぶと、続く井口がライトスタンドへ17号先制2ラン。3回には二死走者なしから、またも井口が2打席連続となる18号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追うソフトバンクは小久保,松中,ハマのスペランカーの3連打でようやく1点。なおも無死二、三塁のチャンスだったが、後続3人があえなく凡退し、1点止まり。5回無死二塁のチャンスも逃したソフトバンクだが、続く6回、無死満塁から田上が犠飛を打ち上げると、二死後、本多がタイムリー内野安打を放ち、ついに同点。しかし、その裏、ロッテは一死から連打で一、三塁とすると、ベニー松山の犠飛で勝ち越しに成功。再び追いかける展開となったソフトバンクは直後の7回、オーティズのヒット,小久保の死球の後、代打・吉川が送ると、ハマのスペランカーが2点タイムリーを浴びせ、一気に逆転。更に、二死後、田上が敬遠されると、代打・荒金が今季初アーチとなる3ランをぶち込んで、この回大量5点のビッグイニングを形成。1回を3人で切り抜けた5番手の攝津アッパーに5勝目がついた

◆L5−0F◆
スウィーニー,涌井の両先発がいずれも毎回走者を背負いながら、あと一本を許さない粘りの投球を展開。均衡が破れたのは5回。西武は片岡の二塁打,栗山の四球で二死一、二塁とすると、後藤のタイムリーで待望の先制点。更に、続く礒?が歩いて満塁となった所でG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、この回一挙4点。スウィーニーはこの回限りで無念の降板となった。西武は7回にもG.G.佐藤がこの日4安打目となるタイムリーを放ち、ダメ押しの5点目。序盤は苦しんだ涌井だが、尻上がりに調子を上げていき、6安打完封でハーラートップタイに並ぶ14勝目を飾った。

◆Bs5−8E◆
岩隈,山本の両先発がいずれも3回まで1安打無失点の好投を見せ、0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた4回、楽天はヒットの渡辺直が盗塁,高須の犠打,鉄平の犠飛で先制のホームイン。その裏、日高のタイムリー二塁打で追い付かれるが、直後の5回、二死一塁から宮出が3号勝ち越し2ラン。2点を追う偽バファローズは6回、カブレラの11号ソロで1点差と詰め寄ると、続く7回には二死二、三塁から阿部が同点タイムリー。直後の8回、楽天は嶋の二塁打,鉄平の四球で二死一、三塁とし、山本をKOすると、代わった香月から山崎武がタイムリーを浴びせ、再び勝ち越し。9回には4長短打で4点を奪い、試合を決定付けた。その裏、偽バファローズは2点を返す粘りを見せたものの、及ばなかった。岩隈は8回を3失点で切り抜け、6連勝で12勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:03コメント(0)トラックバック(20) 

July 21, 2009

◆YB2−4G◆(6回降雨コールド)
巨人は初回、寿司職人ラミレス,亀井,松田記者の3連続タイムリーでいきなり4点を先制。その裏、メカゴジラのタイムリーで1点を返した横浜だが、2回二死満塁,3回二死一、二塁のチャンスをモノに出来ない。しかし、6回、一死一、二塁のチャンスを作り、春風亭半ケツをKO。代わった越智から、二死満塁とした所で亀井のエラーで2点差と詰め寄るが、藤田が凡退し、三者残塁。7回に入った所で雨が強くなり、その儘、コールドゲームが成立。巨人が勝ち逃げで連敗を阻止。5回1/3を2失点の春風亭半ケツは5勝目をマークした。

◆D7−4C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,小笠原の両先発がいずれも5回まで無失点の好投を展開。均衡が破れたのは6回。東出,フィリップスの連続二塁打で先制した広島は更に、栗原が歩いた後、マクレーンに10号3ランが飛び出し、この回4点。しかし、その裏、中日は井端,荒木の連打の後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号3ランを叩き込むと、続くブランコにも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに28号ソロが飛び出し、一気に同点。更に、2四球で貰ったチャンスに代打・立浪が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回にも森野のタイムリーでダメを押した中日は8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、対広島10連勝。2番手の寝損に来日初勝利がついた

◆T−S◆
降雨中止。

◆H6−4E◆
初回、ソフトバンクは二死一、二塁からハマのスペランカーに11号先制3ランが飛び出すと、3回には松中が16号ソロを放り込み、4点のリード。4回に1点を返されるが、5回、3四球で二死満塁とした所で長谷川がセンター前へタイムリーを放ち、2点を追加。楽天は8回に山崎武が20号2ランを叩き込無と、9回には守護神・馬原を攻め立て、二死一、二塁から宮出のタイムリーで4点目。なおも一、二塁と長打が出れば同点と言うチャンスだったが、最後は鉄平がセカンドゴロに倒れて、万事休す。馬原は球団新記録となる通算118セーブ目。先発の藤岡は7回2/3を3失点で4勝目をマークした。

◆F7−3M◆
2回に竹原のタイムリーで先制された日本ハムは4回、一死一、三塁から金子誠のタイムリーで追い付くと、更に、二死満塁となった所で稲葉にタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。ロッテは6回に大松の12号ソロ,7回にはバーナムJr.のタイムリー二塁打で同点とするが、その裏、日本ハムは無死一、二塁からスレッジの走者一掃タイムリー二塁打で再び2点を勝ち越し。更に、二死後、金子誠もタイムリーを放ち、この回3点。8回にも内野ゴロの間に1点を追加し、試合を決定付けた。先発のスーパーさぶ・多田野は7回を投げ3失点、10三振を奪う力投で4勝目。これで日本ハムは4連勝となり、前半戦首位ターンが確定した。

7/21 涌井◆L4−2Bs◆
西武先発・涌井に対し、偽バファローズは初回、一死から連続四死球で一、二塁とすると、カブレラのタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死から小瀬が二塁打を浴びせると、前田のタイムリーで2点目のホームイン。前回の登板でようやく今季初勝利を果たし、WBC干され症候群からの完全脱却が期待された偽バファローズ先発・小松だが、その裏、G.G.佐藤に14号ソロを被弾。3,4回と走者を出しながらも、踏ん張っていたが、5回、一死二、三塁のピンチで中島に逆転2点タイムリーを浴びると、続く中村にもタイムリーを浴び、4失点KO。西武は8回から登板の2番手・岩崎が三者三振の快投を見せると、最後は小野寺が締め括った。涌井は7回2失点でハーラー単独トップに立つ12勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(9) 

June 27, 2009

6/27 由規◆G1−6S◆
昨年から7連敗とカモにされているグライシンガーに対し、ヤクルトは2回、ボークでタナボタの先制点をあげると、続く3回にはデントナのタイムリー二塁打,4回には川島慶のタイムリーでジワジワと突き放す。ヤクルト先発・由規の前に4回まで坂本のヒット1本のみに抑え込まれていた巨人は5回、先頭の李がライトスタンドへ14号ソロを叩き込み、ようやく1点を返すが、後が続かない。すると、直後の6回、相川が3号ソロを放ち、再び3点差。グライシンガーはこの回限りで降板となった。続く7回には今季初登板となる2番手・金刃を攻め、デントナ,ガイエルの連続二塁打で2点を追加し、ダメ押し。最後は5点差あるにも拘わらず、守護神・林を投入し、巨人の反撃を退けた。由規は8回を2安打1失点とほぼ完璧な投球を見せて、4勝目をあげた。

◆C3−5D◆
広島は初回、中日先発・吉見の制球難に付け込み、一死満塁とすると、マクレーンがタイムリーを放ち、2点を先制。3回には依然として制球の定まらない吉見から一死一、三塁のチャンスを掴むと、喜田のセカンドゴロの間に3点目を追加。一方、確変が終わってから白星から遠ざかっている大竹に対して、3回まで沈黙していた中日は4回、一死から荒木が内野安打で出ると、続く森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2試合連続9号2ラン。更に、二死後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを叩き込み、同点。続く5回には二死走者なしから井端が死球を食らうと、荒木がヒットで繋いだ所で、またも森野がタイムリーを放ち、勝ち越し。7回には内野安打で出た代打・中川が犠打とボークで三進すると、荒木のショートゴロの間に5点目のホームイン。その裏から4人の投手を注ぎ込む小刻みな継投で広島の反撃をかわし、辛くも逃げ切った。吉見は6回3失点で7勝目。

◆T3−5YB◆
何とか連敗を止めたい横浜は初回、四球の吉村をガッツな貴公子・仁志が送ると、内川が先制タイムリー。更に、続く村田が13号2ランをぶち込んで、この回3点。立ち直った能見の前に2回から5回まで一人の走者も出せずにいたが、6回一死満塁と久々のチャンスを作ると、メカゴジラが押し出し四球を選んで、4点目。一方、ハマのチンピラに対し、阪神は再三再四塁上を賑わせながら、7回までゼロ行進の拙攻三昧。しかし、8回から横浜が継投モードに入ると、ようやく反撃を開始。一死からマウンドに上がった3番手・カリメロの代わりばな、キュラソ星人が13号ソロを叩き込むと、ブラゼルのヒットの後、代打・高橋光が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、1点差。しかし、追い上げムードに水を差すかの様に9回、3番手・ウィリアムスが新沼に今季初アーチを被弾し、痛恨の5点目を献上。その裏は抑えの山口がきっちり締めて、連敗を3でストップ。横浜はようやく今月3つ目の白星となった。ハマのチンピラは7回無失点の好投で7勝目

◆L3−10H◆
初回の一、二塁のチャンスを逃したソフトバンクだが、続く2回、先頭のハマのスペランカーが5号先制ソロを叩き込むと、一死三塁から田上の犠飛でこの回2点。続く3回には小久保がタイムリーを浴びせて、3点目。一方、交流戦MVPの杉内に対し、西武は4回、中村が23号2ランを叩き込み、1点差。6回に1点ずつ取り合って迎えた7回、ソフトバンクは二死から連続四死球で一、二塁とすると、またもハマのスペランカーが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。9回には松田の3点三塁打,本多のタイムリーで10点目を奪い、試合を決定付けた。杉内は6回3失点で8勝目をマークした。敗れた西武は4位転落。

◆M4−5F◆
6月6日以来の登板となる唐川に対し、日本ハムは2回、二死二塁からあの男がタイムリー二塁打を浴びせ、1点を先制。4回には一死一塁から糸井が7号2ラン,あの男が2号ソロと連続アーチで3点を追加。その裏、ロッテは大松の9号ソロで1点を返すが、直後の5回、一死満塁のピンチを作った所で唐川は無念のKO。代わった高木も糸井にタイムリーを浴び、5点目を失うが、なおも満塁のピンチで3番手・中郷がインケツパワーを使い果たしたあの男を三振に斬って取ると、鶴岡も打ち取って、ピンチ脱出。すると、その裏、ロッテは堀に今季初アーチとなる2ランが飛び出して、2点差。7回には代打・バーナムJr.が2号ソロを放り込み、1点差まで追い詰めるが、最後は武田久に締められ、あと1点が届かなかった。ロッテは僅か4安打。うち3発が一発だった事で4点を奪えたが、一度として得点圏に走者を進める事が出来なかった。日本ハム先発・八木は6回3失点で無傷の6連勝を飾った。

◆Bs5−11E◆
初回のラロッカのタイムリー,2回に日高の5号2ランで3点を先制された楽天だが、3回、鉄平の今季初アーチ,草野のタイムリーで1点差。その裏、北川のタイムリー二塁打で突き放されるが、6回、代打・憲史の犠飛,大村のタイムリーエラーで2点を返し、ついに同点。4−4で迎えた7回、楽天は二死一、三塁から山崎武の2点タイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、中村紀がヒットで繋ぐと、代打・藤井が今季初アーチとなる3ランをぶち込んで、この回、一挙5点。更に、8回には平石の今季初アーチとなる2ランが飛び出して、ダメ押し。5回途中から登板した3番手の青山は2回1/3を無失点で切り抜ける好リリーフを見せ、今季初勝利を飾った。偽バファローズはこれで今季の自力優勝が消滅

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(16) 

June 02, 2009

◆M0−0G◆
春風亭半ケツ,渡辺俊の両先発が息詰まる投手戦を展開。渡辺俊が7回まで僅か1安打に抑え込む快投を演じれば、春風亭半ケツも負けじと7回まで4安打無失点。巨人は8回、二死満塁と絶好の先制チャンスを掴むが、ガッツがショートゴロに倒れて、三者残塁。土壇場9回、バレンタインは突如、渡辺俊からシコースキーにスイッチ。これ幸いと、一死一、二塁のチャンスを掴んだ巨人だったが、ここから阿部,工藤と倒れて、またも先制ならず。その裏、ロッテは先頭の堀が二塁打を放ち、一打サヨナラのチャンス。ここで春風亭半ケツはサブローを敬遠して、一塁を埋めると、続く井口をキャッチャーゴロゲッツーに仕留める。なおも二死二塁のピンチだったが、里崎をセカンドゴロに打ち取り、0−0の儘、延長に突入。10回、この回から代わった越智に対して、ロッテは一死から竹原が四球,代打・大松がヒットで出て、一、二塁のチャンス。しかし、ここから今江,代打・西岡と連続三振に斬って取られて、サヨナラならず。結局、両軍共に決め手に欠き、1点も取れぬ儘、延長12回規定で引き分けに終わった

◆Bs5−7D◆
中日は2回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込むなど、2点を先制。中日先発・あちゃくらさんは毎回ピンチを背負いながら、しぶとく踏ん張っていたが、4回、無死一塁から北川のサードゴロに仕留めて、ゲッツー…と思いきや、森野が二塁へヘッポコ悪送球をかまして、オールセーフ。川相不在の重さを改めて痛感し、落胆の色を隠せないあちゃくらさんは二死二、三塁から大引に走者一掃の同点二塁打を浴びると、更に、内野安打と四球で満塁とピンチを広げた所でフェルナンデスに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回、悪夢の5失点。3点を追う中日は7回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが14号ソロをぶち込んで2点差とすると、続く8回には森野が汚名返上の2点タイムリーを放ち、同点。更に、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目の14号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。その裏から浅尾−岩瀬と繋いで、逃げ切った。逆転勝ちしたものの、相変わらずの一発依存症による結果オーライの展開とあっては手放しに喜べる筈もなく、名手・川相の現役復帰を待望する声はますます強まる一方だ

◆H7−3YB◆
ホールトン,マストニーと助っ人同士の先発対決となったこの試合、横浜が2回にメカゴジラの史上101人目の通算1500安打となる3号ソロで先制。1点を追うソフトバンクは4回、無死一、二塁から松中が同点タイムリーを浴びせると、小久保のセカンドゴロの間に勝ち越し。更に、ハマのスペランカーが2号2ランを叩き込み、この回一挙4点。続く5回には川崎がタイムリー二塁打を放って、5点目を追加。横浜は7回、先頭の村田がヒットで出ると、続くメカゴジラがこの日2本目となる4号2ランを放ち、ホールトンをKO。ここで代わった攝津アッパーが後続をピシャリと断ち切ると、その裏、ソフトバンクは松中のタイムリー二塁打で2点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンクはこれで3連勝。ホールトンは7回途中まで3失点で4勝目。敗れた横浜は4連敗となった。

6/2 前田健◆F1−2C
破竹の連勝街道を驀進中の広島だが、この日は日本ハム先発・糸数の前に4回までパーフェクトに抑え込まれてしまう。しかし、広島先発・前田健も4回まで無失点と譲らない。0−0で迎えた5回、広島は四球の嶋を一塁に置いて、ルーキー・岩本がプロ初打点となるタイムリー二塁打を放ち、均衡を破る先制点をゲット。更に、続く石原もタイムリーを浴びせて、この回2点。8回までゼロ行進を続けていた日本ハムは9回、この回から代わった守護神・永川から先頭の田中がヒットで出ると、すかさず二盗。一死二塁となった所で稲葉がタイムリーを浴びせて、1点差と詰め寄ったが、ここから高橋,小谷野が連続三振に倒れて、あと一歩及ばず。辛くも逃げ切った広島はこれで8年ぶりの7連勝となり、ついに借金を完済。前田健は8回3安打無失点の好投で4勝目を飾った。

◆E3−2T◆
楽天は初回、二死一、二塁から鉄平のタイムリー二塁打で先制。更に、中島が死球を食らって、満塁とチャンスを広げたが、中村紀が三振に倒れて三者残塁。1点を追う阪神は3回まで毎回得点圏に走者を進めながら、6残塁の大拙攻を続けていたが、4回、関本の2点二塁打でようやく逆転に成功。しかし、その裏、楽天は一死一塁から中村紀,憲史,嶋,中村真と4連打を浴びせて、再び逆転。阪神は5回以降、散発2安打と三塁も踏めず、1点のビハインドが最後まで重くのしかかって、3連敗。逆に3連敗でストップさせた楽天の先発・ラズナーは7回を2失点で踏ん張り、3勝目。ところで、5回、キュラソ星人のサードへのファールフライをカメラマン席に飛び込みながら掴んだ中村紀のプレーは、「楽天のサードはファールフライを全てキャッチャーに任せる不要な存在」と断言されたも同然な「ドカパロSS 超絶無間地獄変」に対するあてつけとしか思えず、爽快感を覚えた。

◆L7−3S◆
1,2回と1点ずつ奪われ、2点のビハインドとなった西武は3回、ヤクルト先発・石川に対して、片岡のタイムリー二塁打で1点を返すと、続く栗山の4号2ランで逆転。5回には一死満塁から中村が18号グランドスラムをぶち込んで、大きくリードを広げた。ヤクルトは7回無死満塁のチャンスを作るも、代打・武内がショートフライ,川島慶はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。8回に青木の4号ソロが飛び出すも、後が続かず、9回も一死一、二塁としながら、後続を断たれた。西武先発・ワズディンは7回途中まで2失点で切り抜け、日本では7年ぶりとなる白星を掴んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:19コメント(0)トラックバック(30) 

May 30, 2009

◆L2−2G◆
初回一死一、二塁のチャンスは逃した巨人だが、続く2回、先頭の松田記者が二塁打を放つと、亀井の犠打,阿部の犠飛で生還。先制点を貰った内海だが、4回に中島に7号ソロを被弾。5回に坂本のタイムリーで勝ち越して貰ったのも束の間、その裏、今度は平尾に5号ソロを被弾し、またも同点。巨人は7,8,9回と二死一、二塁の3イニング続けて逃し、一向に勝ち越せず、試合は延長に突入。西武は10回二死一、二塁のチャンスに片岡がライト前ヒット。一気にサヨナラを狙った二塁走者・松坂だったが、本塁憤死。以降、両軍共に走者を出す事なく、延長12回規定でドローとなった。

◆H9−5D◆
相変わらず、好投の先発投手を見殺しにする気満々の中日はこの日も3回まで拙攻三昧でゼロ行進。2回までパーフェクトに抑えていたウッチャンだったが、味方打線の不甲斐なさにいい加減、やる気がなくなったのか、3回、先頭の長谷川に痛打されると、続く田上の犠打を二塁へ転送すれば、これを荒木が落球。攻守に渡って、川相不在の重さを痛感し、ますます戦意喪失のウッチャンは森本に簡単に犠打を許すと、本多に2点タイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。更に、川崎に内野安打を許すと、オーティズには犠飛を打ち上げられ、この回3失点。続く4回には二死走者なしからハマのスペランカーに痛打された所で失意のKO。代わった長峰も長谷川,田上と連続二塁打を浴び、この回2失点。交流戦無敗を誇る大隣は4回まで無失点の好投を展開していたが、5回、突如、リズムを崩して、4連打で2点を失うと、谷繁には死球を食らわせ、この回一死も取れずにKO。2番手・水田も井端に犠飛,荒木にタイムリー,ブランコには押し出し四球を与えてしまう乱調ぶりで試合は一気に振り出しに。しかし、その裏、ソフトバンクは無死満塁のピンチを作ると、松中のセカンドゴロの間にすかさず勝ち越し。更に、一死満塁からハマのスペへランカーが犠飛を打ち上げ、7点目。8回にはハマのスペランカーの今季初アーチ,森本のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。最後はセーブのつかない場面ながらも登場した守護神・馬原がきっちり抑えて、逃げ切った。

◆E−C◆
降雨中止。

5/30 ダルビッシュ◆F8−2T
日本ハムは初回、四球とエラーで貰ったチャンスに小谷野,ミスタースナイパー・坪井の連続タイムリーで2点を先制。続く2回にもエラーと四球等で一死満塁とすると、稲葉の犠飛で3点目。更に、高橋が歩いて満塁となった後、小谷野が押し出し死球を食らって、労せずして1点を追加。5回には糸井が4号ソロを叩き込み、5点目。ダルビッシュの前に4回までノーヒットと沈黙していた阪神は5回、連打でチャンスを作ると、平野のセカンドゴロの間にようやく1点。なおも追加点のチャンスで上位に繋いだが、シャア少佐,関本と倒れて、1点止まり、すると、その裏、日本ハムは金子誠がタイムリーを放ち、再び点差は5点に拡大。8回には稲葉のタイムリー等でダメ押しの2点を追加。ダルビッシュは7回を1失点10三振を奪う力投で7連勝となった。

◆M6−3S◆
初回、二死一、二塁のピンチを切り抜けたロッテはその裏、ヤクルト先発・ユウキに対し、二死からサブローが四球で歩くと、続く井口が10号2ランを叩き込み、先制。3回には二死一、二塁から大松,里崎の連続タイムリーで3点を追加。5点を追うヤクルトは4回、ガイエル,畠山,宮本の3連打で2点を返し、なおも無死二塁のチャンスだったが、田中,相川,川島慶とあえなく凡退し、2点止まり。5−2の儘、迎えた7回、ロッテは一死三塁からサブローの犠飛で貴重な1点を追加。土壇場9回、ヤクルトは一死から3連打で1点を返し、一発が出れば同点と言うチャンスを作ったたものの、代打・川端が最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れて、ゲームセット。ロッテ先発・成瀬は7回2失点の好投で3勝目

◆Bs6−4YB◆
2回、偽バファローズは先頭のラロッカが9号先制ソロを叩き込むと、更に、一死一、三塁から小瀬の犠飛で2点目を追加。3回にはフェルナンデスの5号2ラン、4回には大引のタイムリーで着々と加点。8回にはフェルナンデスがこの日2本目となる6号ソロを叩き込み、6点目。8回まで0点に抑え込まれていた横浜だが、9回、3四球で貰った一死満塁のチャンスに吉村が3号グランドスラムをぶち込んで、一気に2点差。しかし、守護神・加藤を引っ張り出してしまった事で後続を断たれて、あと一歩及ばなかった。先発の金子は7回を2安打無失点の好投で5勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(0)トラックバック(15) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ