増渕竜義

March 18, 2008

◆G0−4D◆
川相を無為に放出した巨人と、川相がいるにも拘わらずコーチ業を強いる中日。いずれも川相不在の影響で打線が繋がらず、サッカー紛いのロースコアゲームを続けている両軍が激突。一向に当たりの出ない打線に業を煮やし、高まる一方の川相現役復帰待望論を軟化させるべく、落合監督はまたも懲りずに川井を先発起用。3回を1安打無失点で切り抜ける好投を展開したものの、カワイであっても川相ではない川井が川相現役復帰待望論を和らげる事など土台無理のある話で、落合監督の姑息な作戦はまたも失敗に終わった。2番手の吉見は3回を内野安打1本に抑える好投でこれでオープン戦の連続無失点を15イニングにまで伸ばした。打線は李,T.ウッズの助っ人コンビが5安打3打点と気を吐いたが、日本人選手は僅かに2安打と沈黙。実に12日ぶりに4点以上取ったものの、まだまだ課題を残す状況だ。巨人はこの日から北京五輪予選に出ていた李が復帰したが、2タコ。李復帰の煽りを受けて、チーム首位打者であるにも拘わらずスタメンを外されてしまったゴンザレスはここで一発かました所で開幕二軍は免れないとがっくりきたのか、代打で登場もセカンドゴロと凡退。またオーストラリア代表の座を蹴ってまで開幕一軍を目指して頑張ってきたと言うのに、韓国代表でチームを離れていた李がただ戻ってきただけで助っ人枠が埋まってしまい、開幕二軍が確定的となった事に落胆の色を隠せないバーンサイドも押し出し四球を与えるなど不本意な内容。また、開幕ローテ入りへ当落線上のアゴくらは5回を3失点と微妙な内容に終わり、合否は次回へ持ち越しとなった。

◆S6−0YB◆
新人王を狙う2年目の増淵が2度目の登板。6回を投げて、2安打無失点と安定した投球を見せ、開幕ローテ入りへ当確ランプを灯した。前回、大炎上だったルーキー・加藤も2回を無失点と持ち直すと、新ストッパー候補の林も3人でピシャリと抑えて、完封リレー。打っては初回に3つの盗塁を仕掛けて掻き回し、2点を奪うなど、高田監督の掲げる機動力野球を展開。売り出し中の川島慶も盗塁に加え、オープン戦初アーチと活躍した。横浜先発の高崎は4回5失点と期待を裏切る投球で開幕ローテ入りは微妙になってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(2)トラックバック(2) 

March 02, 2008

◆E3−2M◆
アマチュアで唯一、北京五輪アジア予選代表メンバーに選ばれた逸材ながら、話題性で群を抜くトンガの陰に隠れる事となり、水島氏に目をつけられずに済んだと言う僥倖に恵まれているルーキー・長谷部がオープン戦初登板。ロッテ打線相手に全く付け入る隙を許さず、5回を投げ1安打無失点の快投を見せた。しかし、前日4失点のストッパー・小山がこの日も2失点と不甲斐ない内容で抑え不在の危機にノムさんもボヤかずにはいられない。

◆G3−4H◆
悩める主砲・松中が先制弾を叩き込むなど、3安打の大当たり。その先制弾を浴びたグライシンガーは落ち着いた投球で後続を断ち切り、3回1失点とオープン戦初登板はまずまずの仕上がり。一方、ソフトバンク先発の大隣は制球に苦しみながらも、6回2失点で踏ん張り、王さんを満足させた。

◆D3−4F◆
アジアシリーズ出場権争奪戦での8回パーフェクトは照明の光をゴーグルで反射させ、打者の目眩ましをすると言う姑息で卑劣な技を使っていたから出来たに過ぎない…などと、何も知らない全国の無垢な野球少年達から軽蔑の目で見られる様な誤解を招きかねない名誉毀損漫画を描かれてしまい、失意のどん底に叩き落とされた山井が心に傷を負いながらも先発登板。初回のピンチは何とか切り抜けたが、2回に鶴岡に先制二塁打を許し、傷が広がらないうちに2回限りで降板となった。水島の呪いを恐れて、密かに漢字表記定着を目指す新助っ人「寝損」はトンガ相手に決勝点に繋がる四球を許してしま不本意な内容。そのトンガは第2打席でセンター前に弾き返し、3打数1安打。「走れるデブ」を目指すトンガはオープン戦初盗塁も決め、足もある所をアピールした。昨年、2桁勝利へのラストチャンスでヒルマン監督の嫌がらせに遭い、無念の9勝止まりとなった武田勝は水島の呪いに祟られ、元気のない中日打線を相手に5回1安打無失点と完璧な投球。今季こそ2桁勝利を果たしたい所だ。

◆YB5−4S◆
グライシンガー,石井一,藤井とチームの白星上位3人が一気に消え失せると言う異常事態の結果、今季は新人王候補の宝庫と化しそうなヤクルトの先発ローテ。前日の村中に続き、これまた新人王候補の増渕が4回を投げ、再三ピンチを迎えながらも、1失点でしのぐ粘りの投球で開幕ローテ入りをアピール。対する横浜の先発となったルーキー・小林は5回7安打3失点と課題を残す内容。ストッパー候補と目される両球団の新助っ人も明暗。林は2安打2四球で勝ち越し点を許したが、ヒューズは僅か4球で三者凡退に斬って取る好投で期待に応えた。

◆T3−0Bs◆
FA移籍の新井が第1打席でライト前に弾き返すと、第2打席でも二塁打を浴びせて、先制のホームを踏んだ。好調とも不調とも言えない状態が続いていたが、オープン戦初のマルチ安打に「まあまあです」と淡々とした口調ながらも手応えを感じた模様。投げては先発・杉山が3回を1安打無失点の好投を展開。右膝の故障が心配されたローズが復帰し、ラロッカ,ローズ,カブレラの助っ人クリーンアップによるビッグボーイズ打線(コリンズ監督命名)を初披露した偽バファローズだったが、昨年までの同僚・アポリー中尉に最後を締められるなど、5投手の前に散発4安打の完封リレーと完全に沈黙。しかも、濱中が守備で平下と激突し、左脇腹を痛めて途中交代となるなど、踏んだり蹴ったりだった。

◆C5−6L◆
昨年、終盤にも登板機会を与えずに、あえて二軍でのローテを守らせるなど、今季の大躍進を期待されている前田健が初回から連続被弾を浴びると、2回にも5人の走者を許す乱調で6失点KOとなる背信投球。しかし、2番手以降の5人の投手が残り7回をノーヒットと抑え込む好投を見せたのが救い。昨年の新人王・岸は2回まで無難な投球を見せていたが、3回に石原に被弾するなど、3点を失い、不本意な結果に終わった。新助っ人はブラゼルが先制2ラン含む2安打を放ったのに対し、ボカチカは3三振含む5タコと大きく明暗を分けた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(0)トラックバック(9) 

October 04, 2007

◆D3−2C◆
中日先発の人斬り抜刀斎は4回まで1安打無失点の好投を見せるも、肝心の味方打線が残塁を量産するわ,ゲッツーを食らうわと相も変わらずの拙攻三昧。これだけ現場が不甲斐ない状況で名手・川相がその場にいながら、試合に出られないと言う理不尽な事態に絶望感に打ちひしがれた人斬り抜刀斎は5回、嶋,倉と連打を浴びて、無死一、三塁のピンチを迎えると、一死後、東出のサードゴロの間に先制点を失い、この回限りで失意の降板となった。1点を追う中日は7回、一死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号ソロを叩き込み、ようやく同点。土壇場9回には一死一、二塁と一打サヨナラのチャンスを掴むも、平田,清水将と倒れて、二者残塁とまたも川相不在の弊害を露呈し、試合は延長に突入。迎えた11回、中日8番手・久本が暴投で勝ち越し点を献上する大チョンボ。10回からマウンドに上がっていた永川だが、その裏、無死一、二塁のピンチを作ってKO。この後、一死満塁となった所で8番手・林が平田を2−0と追い込みながら、すっぽ抜けた球で痛恨の押し出し死球を食らわせてしまい、再び振り出しに。平田はこれがプロ初打点。なおも一死満塁と一打サヨナラの場面だったが、清水将がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。ラストイニングとなった12回、今季初登板となる偽ハンカチ王子・斉藤に対して、一死からヒットで出た荒木を小田が送って二死二塁。ここで井端はライト線へファールフライを打ち上げてしまうも、スライディングキャッチにいった嶋がこれを落球。命拾いした井端はセンター前へタイムリーを放ち、辛くもサヨナラ勝ちを収めた。尚、この日、両軍合わせて19人の投手が登場。これは従来の16人を3人も上回るプロ野球新記録となった。

◆S3−1YB◆
金村弟の引退試合とあって、何とか花を添えたいヤクルトは初回、一死一、三塁からリグスのタイムリー内野安打で先取点をゲット。2,3回と2人の走者を残してしまう拙攻を展開するも、5回、一死から寿司職人ラミレスが右打者及び外国人では初の200安打となる内野安打で出塁。ここでガイエルがライトスタンドへ33号2ランを放り込み、3点目。先発のルーキー・増渕はヒットを浴びながらも、要所を締める粘りの投球で7回まで無失点に抑える好投を展開。しかし、8回、先頭の石井タクローを歩かせると、内川にはライト前へ痛打され、KO。ここで代わったシコースキーが代打・鈴木なおのりをピッチャーゴロゲッツーに仕留めると、続く藤田もピッチャーゴロに打ち取って、ピンチ脱出。その裏、一死から宮本の代打としてようやく金村弟が登場。楽々キャッチ出来るサードへのファールフライをあえて見送ると言う村田の粋な計らいにも助けられながら、執拗にファールで粘り続けた金村弟はついに15球目をセンター前へ弾き返し、有終の美を飾った。土壇場9回、ヤクルト3番手・高津は相川,金城と連続三振。完封リレーまであと一歩と言う所で村田がリーグトップタイとなる35号ソロを叩き込み、ようやく一矢を報いたが、最後はメカゴジラが凡退し、増渕は5度目の先発で悲願のプロ初白星を手にした。

◆E0−3M◆
4月13日以来白星のない悪の温床・楽天先発・林に対して、ロッテは初回、いきなりTSUYSHIが二塁打を浴びせると、早川が歩いた所で、フクーラがライト前へ先制タイムリー。更に、ワトソン博士がゲッツーに倒れる間に早川が生還し、2点目を追加。4回には竹原の犠飛で3点目をあげ、林はまたも勝てずに降板。一方、ロッテ先発・清水は4回無死一、二塁,5回二死一、三塁のピンチを凌ぎ切ると、6回以降は1本のヒットも許さず、今季初完封で6勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:27コメント(1)トラックバック(41) 

April 07, 2007

◆G3−4T◆
打率0割台に喘ぐ浜中,関本に代わり、林,藤本を初スタメンに起用した阪神。ニックン,キムタクのタイムリーで2点を先制されるも、スタメン起用に燃える林の一発で1点を返すと、3回にはキュラソ星人の犠飛で同点。更に、またもや林が勝ち越し2点タイムリーを放って、巨人先発・アゴくらをKO。2点を追う巨人は何と野口にタイムリーが飛び出し、1点差と詰め寄ると、以降も再三チャンス掴みながら、あと一本が出ない。一方、阪神も5,6回と悉くゲッツーでチャンスを潰し、7回も無死一、二塁でクリーンアップトリオが凡退する拙攻続きで1点差が動かない。8回に一死三塁と絶好の場面を作った巨人だったが、阪神は9回を待たずして藤川を投入すると、これが的中。藤川の前に反撃を断たれた巨人はあと一歩及ばなかった。先発ローテに漏れ、中継ぎで活路を見出すしかなくなった2番手・野口が3回1/3を抑えたのは救いか。

◆D5−8YB◆
横浜の先発は巨人に強い…と言うか、巨人にしか強くない土肥。この日も初回から4安打を集中されて3点を失い、相変わらず、巨人以外にはからっきしな所を見せつける。しかし、横浜は3回、プロ初先発打と言うのに川相不在のマウンドを強いられて不安感一杯の佐藤亮に対して、6連打を浴びせるなど一気に5点を奪い、逆転に成功。6回には中継ぎ降格させられた4番手・朝倉を攻め立てて、石井タクローのタイムリー等で3点を追加。2回以降立ち直ったかに見えた土肥はその裏、福留に被弾した後、連打を浴びてKOされるも、中継ぎ陣が1イニングずつをきっちり抑えると、守護神・クルーンが三者三振で締めくくりね逃げ切りに成功。横浜は先発全員の2桁安打で5割復帰。一方、中日は3つのヘッポコエラーがいずれも失点に繋がるなど、川相不在の弊害を露呈。今季最多の8失点で連勝は3でストップした。

◆S1−6C◆
ヤクルト期待の高卒ルーキー・増渕がついに初先発。今日も相変わらずの貧打に苛まれる広島相手に2回の新井のソロアーチを打たれただけの7回1失点と言う上々のデビューを果たした。しかし、肝心の味方打線は寿司職人ラミレスのタイムリー三塁打で先制した以降は残塁の山を築く拙攻地獄で勝ち越せず、増渕のプロ初勝利はお預けとなり、試合は1−1の儘、延長へ突入。延長に入ってからも一向に快音が聞かれる気配が見えない広島だったが、11回に突如、爆発。求道者・前田の内野安打を皮切りに満塁のチャンスを掴むと、栗原が実にチーム31イニングぶりとなる走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。更に、倉にも2点二塁打が飛び出して、この回5点と、今季最多得点をこのイニングだけで達成。連敗を止めた広島はヤクルトと入れ替わりで最下位を脱出した。

◆H2−3F◆
開幕から、らしからぬ投球が続いている斉藤和。この日も初回に簡単に二死を取ったのも束の間、ミスタースナイパー・坪井に三塁打を浴びた後、、青波の長瀬,稲葉,高橋と3連続タイムリーを浴びて、早々と3点を献上。2回以降は立ち直りを見せたものの、この日は相手が悪かった。日本ハム先発・ダルビッシュは初回こそ内野ゴロの間に1点を失ったものの、以降はソフトバンク打線をなで斬る奪三振ショーを展開。一向に点差を縮められない儘、斉藤和は3戦続けて7回もたずに降板。先発として最低限の仕事は果たしてもエースとしては物足りない内容で今季初黒星。8回にも内野ゴロの間に1点を許し、1点差に詰め寄られたダルビッシュだが、全く危機感を感じさせない投球で自己最多タイの14三振完投で今季初白星。9回投げての2戦連続14Kは野茂以来史上2人目と言う快記録。大村の6戦ぶりの復帰も報われず、今季初の連敗を喫したソフトバンクは首位陥落となった。

◆Bs1−4L◆
西武は初回、カブレラの内野安打で先制すると、2回には礒?が犠飛を打ち上げ、1点を追加。2点のリードを貰った先発・オツは初回のピンチを切り抜けてからは安定した投球で偽バファローズ打線を翻弄し、6回まで散発2安打無失点の好投。7回にローズに被弾し、リリーフ陣に後を託したが、長田−小野寺ときっちり繋いで逃げ切りに成功。オツは意外にもプロ初の開幕3連勝となり、西武は首位に浮上した。一方、偽バファローズ先発・吉井はこれで開幕3連敗。3月は好スタートをきった偽バファローズだったが、4月に入ってからは1勝5敗と低迷し、いつの間にやら最下位へ転落してしまった。

◆M3−7E◆
前回の登板で今季の完全復活を予感させた渡辺俊だったが、この日は3回に高須の二塁打で先制点を許すと、青野の2点二塁打で逆転して貰ったにも拘わらず、6回にはまたも高須にタイムリーを浴びて同点。更に、山崎武に犠飛を許して、勝ち越しを許すと、7回には鉄平に2ランを浴びて、5失点KO。悪の温床・楽天は8回には山崎武,ウィットに連続アーチが飛び出して、ダメ押し。オープン戦での不振で開幕一軍を外され、ようやく今季初登板となった悪の温床・楽天先発の一場は4回途中でKOとなったが、2番手・山村が好リリーフで試合を作った。悪の温床・楽天はこれで3位となり、10試合以上消化後では球団初のAクラスに浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(0)トラックバック(55) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ