坪井智哉

October 12, 2008

◆T4−1D◆
新人王への望みを繋ぐべく、2桁勝利を狙いたい岩田は3回まで毎回走者を出しながら、無失点で凌いできたが、4回、先頭のベンちゃんを歩かせると、森野に犠打を許した後、T.ウッズにタイムリーを浴び、先制点を献上。中日は先発のウッチャンが2回をパーフェクトに抑えると、何と3回からは人斬り抜刀斎がマウンドに上がり、2回を四球1つ出しただけのノーヒットピッチング。更に、5回からは山本昌が登場。これに対して、阪神は6回、一死から岩田が自ら執念のチーム初安打を放つと、シャア少佐,関本も連打で続き、満塁のチャンス。新井は三振に倒れたものの、キュラソ星人,鳥谷と連続押し出し四球を選んで、逆転を果たし、山本昌をKO。更に、4番手・斉藤からも代打・悠久の若虎・桧山が押し出し四球を選び、3点目。8回には平野のタイムリーでダメ押し。最後は守護神・藤川が3人でピシャリと締めて、岩田は10勝目をマークした。

岩田が執念の一打で反撃の狼煙を上げて、3連続押し出しと言う寒い形ながらも逆転劇を呼び込み、10勝目を掴んだ。セーフティリードとは言えない状況で、この所、不振のアッチソンへのスイッチと言うのは冷や汗をかかされたが、無難に抑えてくれて何よりだ。同じく新人王候補で2桁勝利をマークしている山口(巨人…11勝),吉見(中日…10勝)と比べ、既定投球回数に到達していると言う点は大きな強みだろう。中日はアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦の為の調整登板なのか、ウッチャン−人斬り抜刀斎−山本昌と豪華リレーを展開するが、山本昌が突如の乱調で不安を残した。打線も相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈する始末だった。

◆S4−3YB◆
2回、ヤクルトは飯原の四球,武内,田中の連打で無死満塁とすると、川本のセカンドゴロゲッツーの間に飯原が先制のホームイン。更に、高市が歩いた後、福地がタイムリーを放ち、この回2点。5回には二死走者なしから飯原に9号ソロが飛び出して、3点目。6回まで1安打と沈黙していた横浜だが、7回、藤田,吉村の連打で一、二塁とすると、村田が単独本塁打王を確定させる46号3ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれたヤクルトは8回、二死走者なしから代打・小野が現役最後の打席で今季初アーチを叩き込み、勝ち越し。9回は守護神・林が三者凡退に斬って取り、1点差を守りきった。

今季初登板初先発の高市が5回を1安打6三振の無失点と好投。しかし、6回、この日が引退試合となる河端にスイッチさせられたのが運の尽き。河端が接待で斉藤俊を三振に斬って取った後、3番手・押本の乱調で高市のプロ初勝利は脆くも粉砕されてしまった。粉砕したのは村田。最後の4戦で3発の固め打ちで追いすがる寿司職人ラミレスを突き放して、2年連続の本塁打を獲得した。ヤクルト4番手には石川が登板し、横浜の石川に初球で簡単に犠打を許すと言うショボい形でルイスを抜き、防御率1位のタイトルを強奪。また、河端,小野同様、今季限りでの引退が決まっている真中と度会も代打で登場。一方、自ら引退の時期を決める事を許されず、戦力外通告を受けた鈴木なおのり,石井タクローもそれぞれ代打で起用され、横浜での現役生活に別れを告げた。

◆Bs2−7F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
既に、今季の日本一の資格は失ったと言うのに、偽りのアジア一の称号は欲しいらしい両チーム。初戦を落とし、後がない偽バファローズは新人王獲得は確実と見られる小松を先発マウンドに送り込んだ。小松は初回を三者凡退に仕留めると、続く2回も簡単に二死を取るが、ここから小谷野,ミスタースナイパー・坪井と連打を浴びると、呪われた助っ人・ボッツを歩かせて満塁のピンチ。ここで金子誠にタイムリー内野安打を許して、先制の2点を献上。一方、日本ハム先発・藤井は3回までパーフェクトの好投。しかし、4回、先頭のフェニックス一輝を歩かせると、二死二塁となった所でローズにタイムリーを浴び、1点差。直後の5回、日本ハムは一死から1安打2四球で満塁のチャンス。ここで高橋は最悪のショートゴロゲッツー…と思いきや、後藤がタイムリーエラーを犯して、再び2点差。偽バファローズは7回から小松を下げて、継投モードに入るが、これが裏目。2番手・菊地原が先頭の田中に二塁打を浴びると、二死後、3番手・岸田が小谷野,ミスタースナイパー・坪井と連続タイムリーを許し、2失点。更に、4番手・川越は呪われた助っ人・ボッツに致命的な2ランを叩き込まれて、この回4失点。8回にカブレラの犠飛で1点を返した偽バファローズは9回、MICHEALから連続四球を選び、無死一、二塁と粘りを見せたが、反撃もここまで。後続3人があえなく凡退して、アジアシリーズ進出の道は断たれた。

ダルビッシュとの直接対決を回避して登板した小松だったが、日本ハムの勢いは止められず、リリーフ陣の完全崩壊で試合を決定付けられ、今季の偽バファローズは終戦…って、もうとっくに終戦してるんだから、今更、エキシビジョンマッチに出られるかどうかなどで一喜一憂しても仕方あるまい。日本ハムは藤井が最高の立ち上がりを見せ、7回途中まで1失点の好投。スタメンに抜擢されたミスタースナイパー・坪井は4打数4安打の大爆発でベンチの期待に応えた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:15コメント(2)トラックバック(58) 

September 26, 2007

◆G8−4D◆
最多勝へ僅かな希望を残す春風亭半ケツだったが、初回、自らのエラーで無死一、二塁のピンチを作ると、中村紀に通算1500安打となるタイムリーを浴びて、先制点を献上。更に、一死後、ミスター3ラン・森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号3ランを放り込まれて、いきなりの4失点。更に、二死一、二塁のチャンスを作った中日は一気に突き放したい所だったが、朝倉がショートゴロに倒れて二者残塁。続く2回には荒木の通算200盗塁で作った一死二塁のチャンスに中村紀,T.ウッズが凡退。3回には二死一、三塁の場面でまたも朝倉に回ってしまい、二者残塁。一方、2回までパーフェクトと上々の滑り出しを見せる朝倉だったが、その裏、清水,脇谷と連打を浴びる。しかし、ここで早くも春風亭半ケツを引っ込めて、投入された代打・キムタクを三振に斬って取ると、続くマッスル千代の富士をセカンドゴロに打ち取ったかと思いきや、荒木が痛恨のエラーをかまして、一死満塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない朝倉は続く松田記者にライト前へ弾き返され、2点を献上。更に、続く4回にはニックン,清水と痛打された所で、脇谷にタイムリーを許して、1点差。直後の5回、中日は森野,李の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、ピンキー井上は三振,谷繁はキャッチャーへのファールフライと前に飛ばす事も出来ず仕舞い。そして、またまたチャンスに回ってきてしまった朝倉がセカンドゴロに倒れて、二人の走者は釘付けとまたまたまたまた川相不在の弊害を露呈川相不在で一発が出なければ如何ともしがたい中日を嘲笑うかの様にその裏、巨人は李の29号ソロでついに追いつくと、続く6回には一死三塁からこの日ラッキーボーイとなっている脇谷に今季初アーチとなる2ランが飛び出して、勝ち越しに成功。7回にも二死満塁のチャンスを掴みながら、矢野が三振に倒れて、ダメ押しに失敗した巨人は8回から早くも守護神・上原を投入。イマイチ球の走らない上原に対して、中日は谷繁,荒木のヒットで二死一、二塁と一発逆転のチャンスを作ったが、中村紀は空振り三振に倒れて二者残塁とまたまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を露呈。すると、その裏、巨人は川相不在で一発が出なければ如何ともしがたい中日を嘲笑うかの様にマッスル千代の富士が2試合連続の35号2ランをぶち込んで、ダメ押し。その裏、T.ウッズのライトへのファールフライを猛然と追ってスライディングキャッチの体勢に入ったマッスル千代の富士だが、血迷ったファンが腕を伸ばしてキャッチする大暴挙。折角、難敵・T.ウッズを打ち取ったにも拘わらず、妨害工作をかます偽巨人ファンの嫌がらせに怒り心頭の上原は下手に打たせると妨害工作に遭うとばかりにT.ウッズをフォークで空振り三振。後続2人も妨害工作を図りようもないグラウンドの中心付近へ打たせて、逃げ切りに成功。よりにもよって巨人相手に一発依存野球で対抗しようとする無謀な戦いを挑み、残塁ばかり量産して痛い星を落とした中日は依然として、マジック7は点灯しているものの、巨人に2ゲーム差を付けられる苦しい展開で連覇へ黄信号。開幕前から分かりきっていた事だが、昨年、名手・川相を無為に引退に追い込んでしまった事がより一層悔やまれる状況になってきた

カリメロ勝◆YB6−1T◆
藤川が連夜の敗戦投手となる悪夢の様な展開で連敗ロードが止まらず、重苦しいムードの阪神。この日も横浜先発・カリメロの前に4回までゼロ行進。先発・ボーグルソンは3回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回、一死満塁からメカゴジラに痛恨のグランドスラムを被弾し、この回限りで無念のKO。6回には2番手・橋本健が村田に被弾した後、石井タクローにタイムリーを浴びて、2失点。キュラソ星人の一発で完封を免れるのが精一杯と投打に精彩を欠いた阪神は悪夢の7連敗でついに優勝の可能性が消滅。カリメロは8回1失点の好投で7勝目をマークした。

◆C3−8S◆
中井美穂の旦那に続き、金村弟が今季限りの引退を表明したこの日、約5ヶ月ぶりの登板となる高卒ルーキー・増渕を何とか援護したいヤクルトは初回、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点を先制。先制点を貰った増渕は3回まで無失点に抑えていたが、4回、先頭の新井を歩かせると、続く嶋に13号2ランを叩き込まれて、形勢逆転。7回には梵に18号ソロを被弾し、3点目を献上。直後の8回、ヤクルトは先頭の増渕に代わり、今季限りでの引退を決めている中井美穂の旦那・古田が代打で登場するも、1ヶ月半も実戦から遠ざかっているとあって、あえなくショートゴロと凡退。しかし、続く青木が20号ソロを叩き込むと、田中浩がヒットを浴びせて、広島先発・高橋をKO。更に、代わった青木勇から寿司職人ラミレスが同点タイムリー二塁打を放ち、増渕の黒星は消滅。3−3で迎えた土壇場9回、ヤクルトは二死満塁のチャンスに田中浩が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。更に、続く寿司職人ラミレスが27号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。広島はリリーフ陣が踏ん張りきれず、5位・ヤクルトとの差は3にまで拡大してしまった。

◆H3−1Bs◆
ソフトバンク先発・スタンドリッジに対して、3回まで残塁の山を築くばかりの偽バファローズだったが、4回、一死二、三塁から小久保のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。なおも一、三塁のチャンスだったが、続く日高はセカンドゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。すると、その裏、今季初登板となる偽バファローズ先発・加藤康に対して、ソフトバンクは一死一、二塁から小久保がエラーの汚名を返上する同点タイムリー。続く5回には二死二、三塁から川崎がセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。日曜に4イニングを投げてしまった馬原を使いたくない状況で8回から代わった三瀬は一死二塁のピンチを迎えるも、ここで代わった3番手・柳瀬が北川,ラロッカと打ち取り、ピンチ脱出。柳瀬は9回も三者凡退に斬って取り、逃げ切りに成功。投手陣の頑張りにより、ソフトバンクは辛くもV奪回へ望みを繋いだ。

◆F2−1E◆
序盤はダルビッシュ,田中の両先発が一歩も譲らず、試合は中盤へ突入。迎えた4回、悪の温床・楽天はフェルナンデスの内野安打,金子誠の野選で一、二塁とすると、礒部のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。更に、山崎武もヒットで続き、無死満塁とチャンスを拡大させたが、高須,嶋と連続三振。渡辺直はサードゴロに倒れて、1点止まり。田中は4回以降ノーヒットと、日本ハムに付け入る隙を許さぬ好投を展開。完封を懸けた9回、先頭の劇団ひちょりを三振に斬って取るも、続く田中賢を歩かせると、稲葉に痛恨のタイムリー二塁打を浴びて、ついに同点。更に、続く青波の長瀬を歩かせ、一塁を埋めると、代打のミスタースナイパー・坪井にライト前へタイムリーを浴び、完封目前から一転、悪夢のサヨナラ負け。土壇場で引っ繰り返した日本ハムの優勝マジックは1つ減って5となった。

◆L4−6M◆
初回、ベンちゃんの走者一掃タイムリー三塁打で2点を先制されたロッテだが、直後の2回、無死一、三塁のチャンスで、バックスクリーンへ飛び込むズレータの15号3ランで、一気に逆転に成功。1点を追う西武は4回、一死一、三塁から小林宏の暴投で労せずして追いつくと、6回には二死一塁から中島のレフト線タイムリー二塁打で勝ち越し。最多勝を決定付けたい西武先発・涌井は7回まで投げきると、ミッチーを挟んで、9回は抑えのグラマンに全てを託したが、二死二塁とあと一人の所まで追い詰めながら、早川,フクーラと連打を浴びて、同点を許し、涌井の白星は消滅。更に、サブローもヒットを放ち、早川が一気に勝ち越しのホームを狙ったが憤死し、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは西武4番手・山岸に対して、一死満塁から今江,TSUYOSHIの連続タイムリーで2点を勝ち越し。最後は薮田が締めて、ゲームセット。これで西武は26年ぶりのBクラスが確定。入団以来、14年目で初のBクラスを経験する事となったハンニバルは今季限りの現役引退を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(1)トラックバック(86) 

August 29, 2007

◆G4−2S◆
ヤクルトの先発は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー。春風亭半ケツ,内海らのタイトル争いを援護する為にも叩いておきたい巨人は初回一死一、三塁からガッツの犠飛で先制すると、3回には3番でスタメン復帰となったマッスル千代の富士がタイムリー二塁打を放ち、2点目を追加。4回には二塁打の李を阿部が送って一死三塁。ここで若大将・原監督の指示はスクイズ。完全にヤクルトバッテリーの意表をついたが、ニックンが得意のヘッポコバントでこれをファールにしてしまうインケツぶりを発揮。しかし、これでインケツパワーが充電されたニックンはバットを折りながらも、しぶとくセンター前に落として、3点目。ニックンは6回にもタイムリーを放ち、4点目。先発・木佐貫は7回まで2安打無失点と二塁すら踏ませない素晴らしい投球を展開。しかし、完封も見えてきた8回、先頭の田中浩に内野安打を許した後、続く宮本に5号2ランを叩き込まれると、一死後、代打・宮出に痛打された所で無念のKO。二死後、3番手・西村が連続四球を許し、満塁となったが、ここで登場した守護神・上原がガイエルを打ち取り、ピンチ脱出。上原は9回もきっちり締めて、木佐貫はルーキー時代以来となる4年ぶりの2桁勝利をマークした。

◆YB−D◆
降雨中止。

◆T2−3C◆
広島は2回、求道者・前田の2000安打へ4と迫るヒットを皮切りにチャンスを作り、シーツのエラーと梵の犠飛で2点を先制。その裏、先発・青木高が浜中に被弾し、1点差となるが、4回、またも求道者・前田が12号ソロを叩き込み、2000安打で3と接近。しかし、阪神も負けじと、その裏、右肩痛で登録抹消となった林に代わり、スタメンに起用された高橋光の移籍初打点となるタイムリーで再び1点差。なおも、一、二塁のチャンスだったが、ジュビロ野口がゲッツーを食らい、同点ならず。続く5回には二死から関本が三塁打を放ったものの、シーツが打ち上げ、無得点。8回には一死から関本,シーツが連打を浴びせるも、キュラソ星人,桜井と倒れて、二者残塁。最後は守護神・永川の前に反撃を断たれて、あと1点が届かなかった。広島先発・青木高か5回2失点で退いたが、リリーフ陣の援護を仰ぎ、3勝目を飾った。

◆Bs1−5H◆
偽バファローズ先発・平野佳の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、本多がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、川崎のセカンドゴロの間に三進。ここでハマのスペランカーが犠飛を打ち上げ、1点を先制。6回には二死一、二塁から柴原のタイムリーの後、松田に4号3ランが飛び出して、一気に4点を追加。投げては先発・斉藤和が6回を散発2安打無失点の好投を展開。偽バファローズは土壇場9回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評された上、山崎武に批判されて怒り心頭中のローズがストレスを解消する38号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。王さんはこれで別当薫を抜いて歴代単独8位となる1238勝目。

◆L3−6M◆
初回にサブローのタイムリーで先制された西武だが、4回、礒?のタイムリーで追いつくと、続く5回には二死から片岡がヒットで出た後、中島が11号2ランを叩き込み、2点を勝ち越し。粘るロッテは8回にズレータの11号ソロ,9回には抑えのグラマンから早川の4号ソロと一発攻勢で同点に追いつき、試合は延長に突入。流れを引き寄せたロッテは10回、内野安打と2四球で一死満塁とすると、ここでサブローが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。最後は守護神・小林雅が3人できっちり締めて、3連勝。

◆E4−5F◆
6連勝中のダルビッシュに対して、悪の温床・楽天は初回、草野のタイムリー二塁打で先制。3回には一死二、三塁からまたも草野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う日本ハムは5回、稲葉のタイムリー内野安打でようやく1点を返すと、続く6回には二死一、二塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に同点。更に、劇団ひちょりがショートへの内野安打を放ち、勝ち越しに成功。しかし、8回二死二塁から飯山が痛恨のタイムリーエラーを犯し、試合は振り出しに。同点で迎えた土壇場9回、日本ハムはいきなり工藤,稲葉,ミスタースナイパー・坪井と3連打を浴びせて、勝ち越しに成功。その裏、悪の温床・楽天は依然として続投のダルビッシュから先頭の礒部が内野安打で出るも、代走・高波がいきなり二盗を仕掛けて憤死すると、ここで憲史が内野安打を放つチグハグな展開。結局、この後、鉄平,代打・関川と倒れて、あと一歩及ばなかった。ダルビッシュは調子が悪いながらも粘りの完投で13勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(55) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ