土肥義弘

March 19, 2008

◆S3−0G◆
相変わらず、貧打に喘いでいる巨人だが、この日も明らかに李,寿司職人ラミレスより好調なゴンザレスが外され、売り出し中の坂本ものうのうとリハビリをやっていたニックンの復帰により、セカンドに回された挙げ句、途中で脇谷と交代させられて、出番が半減。実績至上主義による尊い犠牲の下、出場したにも拘わらず、李,寿司職人ラミレス,ニックンは揃って無安打に終わる体たらく。ただし、不甲斐ないのはこの3人だけではなく、チーム全体で放ったヒットはガッツによる僅か1本のみであわやノーヒットノーランと言う醜態を晒してしまったのだ。2試合連続の完封負けで20イニング無得点。ここ4試合で僅かに1点しか取れない貧打ぶりは深刻を極めており、使う気がないなら、川相を返してくれと中日に打診した方が賢明なのではないか?と言う声が徐々に高まっている。そんな貧打線が相手とは言え、新人王候補の村中は6回を1安打1四球と完璧な投球を展開。打っては福川が2打席連続アーチを叩き込み、開幕マスクへ猛アピールを見せた。

◆YB1−6D◆
対巨人限定好投手のレッテルがなかなか剥がれない土肥が先発登板。巨人が相手ではない為、ピリッとしない土肥は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁,中村紀に被弾し、5回3失点。ボークも犯してしまうなど、課題を残す内容となった。2番手のルーキー・桑原謙も制球が定まらない上、エラーで足を引っ張られて2回3失点と開幕一軍は微妙な状況。一方、中日のルーキー・山内はオープン戦初先発。3回2/3を1失点だったが、4四死球を与えるなど制球に苦しみ、複雑な表情でマウンドを降りた。

◆T−C◆
降雨中止

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(1)トラックバック(6) 

May 12, 2007

◆G5−9D◆
昨日は序盤から巨人が圧倒したが、この日は全く逆の展開。巨人先発・久保に対して、中日は初回、井端,荒木の連打でいきなり一、三塁と絶好の先制チャンス。ここで福留,T.ウッズが連続三振を喫したものの、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号3ランを叩き込み、先制。2回には井端,3回には中村紀のタイムリーで1点ずつ加えて、久保をKOすると、4回には2番手・野口を攻め立て、井端の一発などで一気に4点を追加し、早くも試合を決定付けた。巨人は久々のスタメンとなったキムタクが移籍初アーチを含む3打点と気を吐くなど、4点差まで追い上げたが、序盤の大量失点が大きく響いた格好。好調のガッツも4打席快音が聞かれず、連続試合安打は23でストップ。中日先発・中田は6回5失点ながら、打線の援護に恵まれ、チームトップの4勝目を飾った。一見、快勝に見える中日だが、5回以降は拙攻三昧で計13残塁と川相不在を痛感させるばかりで、名手・川相の現役復帰を望む声は日に日に強まっている

◆S2−3T◆
連敗を脱してから息を吹き返しつつある阪神はこの日も2回、狩野のタイムリー二塁打で先制。4回には鳥谷のタイムリーで2点を追加。先発の杉山は5回まで無失点の好投を見せていたが、6回、寿司職人ラミレス,宮出とタイムリーを許し、1点差に詰め寄られた所でKO。阪神は7回からウィリアムス,8回から久保田と繋ぎ、最後は守護神・藤川と、4夜連続のJFKリレーを展開し、1点差を守りきって3連勝。またも貧打に泣いたヤクルトは3連敗となった。

◆YB8−3C◆
ここ2試合無失点投球で連勝中の佐々岡だったが、この日は序盤から大炎上。初回こそ3人でピシャリと抑えたが、2回、村田に特大アーチで先制されてからおかしくなり、鶴岡にも2点タイムリーを浴びて、この回3失点。更に、続く3回にはまたも村田,鶴岡にタイムリーを許すなど、6連打を浴びて、5点を失い、失意のKO。一方、この所、巨人以外の相手にもまともな投球を見せ始めている横浜先発・土肥は大量リードにホッとしたか、直後の4回、新井に2ラン、5回には石原にソロアーチを被弾。その後も再三ピンチを背負ったが、あと一本を許さず、7回途中まで投げきると、リリーフ陣の援護を仰いで逃げ切った。これで土肥は開幕5連勝でハーラートップタイに並んだ。連敗を喫した広島だが、二軍から再び這い上がってきたルーキー・宮崎が2回を無失点と、昨日に続いて好投。開幕から投げる度に失点してきた事を考えれば、大分安定感が増してきた感じ。いずれも負け試合ではあるが、僅差の展開でこの投球が出来るかどうかが気になる所だ。

◆M1−1H◆
ソフトバンク先発・ガトームソンの立ち上がりをついて、ロッテは初回、先頭のTSUYOSHIがいきなり二塁打を浴びせると、早川のセカンドゴロで三進。ここでフクーラがきっちりセンターへ打ち上げ、あっと言う間に1点を先制。しかし、ガトームソンはここから立ち直り、2回以降は付け入る隙を許さない好投を展開。一方、ロッテ先発・小林宏の前に6回まで散発3安打と沈黙していたソフトバンク打線だが、7回、小久保が12号ソロを放り込み、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだが、両軍共にリリーフ陣が踏ん張り、チャンスらしいチャンスも掴めず、結局、12回規定でドローとなった。

◆Bs4−5E◆
ウィット,山崎武の一発等で4回までに3点のビハインドとなった偽バファローズだが、4回裏にラロッカの13号ソロ,後藤の犠飛で1点差。5回に高須のタイムリーで突き放されるも、6回、草野のタイリーエラー,大引のタイムリーでついに同点。終盤は両軍決め手に欠き、試合はその儘、延長へ突入した。迎えた10回、悪の温床・楽天は偽バファローズ抑えのカーターに対して、四球とエラーで一、三塁と言うタナボタのチャンスに高須がこの日2本目のタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、福盛が二死満塁の大ピンチを背負ったものの、何とか凌いで3連勝。尚、先発の岩隈は6回途中で右ふくらはぎに違和感を訴え、降板を余儀なくされた

◆L2−3F◆
日本ハムは2000安打へ足踏みが続いている田中幸をスタメンから外し、代わりにここまで打率.053と壊滅的な不振に喘いでいる小田を起用したが、これが見事に的中。2回、スタメン起用に燃える小田は二死一、二塁の場面でセンター前へ先制タイムリー。その裏、無死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰した西武だが、続く3回、佐藤のタイムリー二塁打で同点。日本ハムは直後の4回にまたも小田のタイムリーで勝ち越し。小田は第3打席でもヒットを放ち、3の3の大当たりだった。6回に江尻の暴投で再び追いつかれた日本ハムだが、7回、2本のヒットで一死一、三塁とした所で稲葉がライト前に弾き返し、三たび勝ち越し。その裏から登板の武田久が2イニングを無難に抑えると、最後は守護神・MICHEALが3人で締めて、実に41日ぶりとなる3セーブ目をマーク。日本ハムは11残塁の拙攻三昧だったが、西武も10残塁と付き合ってしまい、2試合連続の1点差負けとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(79) 

May 06, 2007

◆G1−2S◆
開幕5連勝で月間MVPを獲得した春風亭半ケツはこの日も初回から三者三振と素晴らしい立ち上がり。一方、ヤクルト先発・石井一も先頭のマッスル千代の富士を歩かせたものの、そこから三者三振の快投を見せ、試合は両投手の息詰まる投手戦へ発展。0−0で迎えた6回表、一死から飯原の右中間への打球をこの回からホリンズに代わってセンターに入っていた鈴木尚が強引に取りに行って、痛恨の後逸。ボールが転々とする間に飯原は俊足を飛ばして、一気に三塁を陥れると続くガイエルのどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちて、ついにヤクルトが1点を先制。7回には不振に喘ぐ宮出がライトスタンドギリギリに飛び込む今季初アーチを放ち、貴重な2点目を追加。8回裏、巨人は春風亭半ケツの代打・矢野がヒットで出ると、マッスル千代の富士のピッチャーゴロの間に二進。ここで松田記者が8球粘ってレフト線へタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点。続いてこの日2安打と石井一に合っているガッツが9球粘ったものの、ピッチャーゴロに倒れると、李もサードへのファールフライに終わり、同点ならず。このピンチを切り抜けたヤクルトは9回から守護神・高津をマウンドに送り、3人で抑えて逃げ切り。ヤクルトは連敗を4でストップさせた。春風亭半ケツは打線に見殺され、ついに今季初黒星。それにしても、致命的な後逸をしたから言う訳ではないが、あのタイミングでホリンズを下げて、鈴木尚を投入した意図が納得出来ない。2安打に抑え込まれている中盤で攻撃力を落として(打率は鈴木尚の方が上だが)守備固めなどと、リードもしていないのに6回で守りに入ってしまうと言うのは少々弱気な姿勢だったのではなかろうか。

◆D3−7YB◆
中日先発・山本昌に対して、横浜は2回、先頭の村田がレフトスタンドへ5号ソロを放り込み、1点を先制。更に、一死一塁から吉村にも3号2ランが飛び出し、この回、3点。前日、死球を食らった森野を欠く中日は巨人戦限定好投手・土肥の前に3回まで僅かに1安打と沈黙していたが、4回、二死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ5号2ランを放り込み、1点差。しかし、5回以降は快音が聞かれず、あと1点が届かない。山本昌は3回以降、追加点を許さない好投を見せたが、打線の援護に恵まれず、7回限りで降板とまたも白星ならず。8回、山本昌に代わってマウンドに上がった2番手・平井に対して、横浜は鈴木なおのりのタイムリーで貴重な1点を追加。更に、9回には無死満塁から相川の走者一掃タイムリー三塁打でダメ押し。中日はその裏、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロをぶち込んだが、焼け石に水で連勝は3でストップした。

◆T−C◆
降雨中止。

◆H4−6L◆
西武は2回、ヒットのカブレラが田之上のボークで二塁へ進んだ所で栗山がセンター前へ先制タイムリー。3回には礒?が2号2ラン,4回にはG.G.佐藤が8号ソロ、更に、5回には中島の2号ソロ,ベンちゃんの5号ソロと一発攻勢で着々と加点。大量6点を追うソフトバンクは7回、代打・本間の2号2ランと本多の2点タイムリー二塁打が飛び出して、2点差まで詰め寄ったが、8回はミッチー,9回は小野寺と繋ぐ西武のリレーの前に反撃を断ち切られた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムが初回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰せば、直後の2回、偽バファローズも同じく一死一、二塁のチャンスにゲッツー。序盤のピンチを逃れ、伊集院光の弟子・金村,セラフィニの両先発は徐々にペースを上げ、いずれも5回まで無失点。0−0の儘、迎えた6回、日本ハムは飯山,劇団ひちょりの連続二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。土壇場9回、守護神・MICHEAL投入で逃げ切りを図った日本ハムだが、よもやの3連続四死球で無死満塁のピンチを背負う大乱調であえなく降板。しかし、急遽、マウンドに上がった武田久がラロッカ,ローズと連続三振に斬って取ると、下山をショートゴロに打ち取る完璧なリリーフを見せ、完封リレーを達成。日本ハムはこれで4連勝。また、2000安打へ3本と迫る田中幸は5番スタメンで起用されたが、3タコに終わった。尚、敗れた偽バファローズはゴールデンウィーク全敗の9連敗

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:01コメント(2)トラックバック(25) 

March 31, 2007

◆YB2−0G◆
巨人の先発は横浜からFAで移籍したアゴくら。キャンプ中にはアゴくらの人的補償で横浜へ移ったカリメロとの因縁対決が約束されていた様だが、あくまでリップサービスだったらしく、横浜の先発は巨人キラー…と言うより、巨人にしか強くない土肥であった。巨人以外の相手にはからっきしでも、巨人にだけは無類の強さを発揮する土肥は松田記者,ガッツ,ゴンザレスと言った新戦力がいた所で、所詮、巨人所属の選手である以上、全く問題ないらしく、8回を散発6安打無失点と相変わらずのキラーぶりを見せる。対するアゴくらも7回を2安打無失点と土肥を上回る快投を見せていたが、8回、代打・古木に痛恨の先制被弾。更に、巨人に恨み骨髄のガッツな貴公子・仁志にダメ押しとなるタイムリー二塁打を許して、無念のKO。クルーン相手に連打で4,5番に繋ぐ絶好のチャンスを作った巨人だが、李がセカンドゴロ,ゴンザレスはショートゴロゲッツーに仕留められ、完封負け。これで巨人は2戦連続タイムリーなし。どれだけ血を入れ替えてもタイムリー欠乏症は不治の病なのか!?

◆D6−0S◆
ヤクルトの先発は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいで名前が凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー。伊集院の期待に応えるべく3回をパーフェクトと好投していたグライシンガーだが、4回、井端に初安打を浴びてからおかしくなった。続く荒木に先制タイムリーを浴びた後、新助っ人・李にも痛打され、2失点。更に、5回には投手の朝倉に2点二塁打を許してしまい、5回4失点KO。打で活躍の朝倉だが、本業の投げる方でも7回を2安打無失点と申し分のない内容。中日は8回からは4人の投手を注ぎ込む小刻みな継投で完封リレーを達成した。ヤクルトは中井美穂の旦那が早くもスタメン落ち。育成選手から開幕一軍を勝ち取った事で伊藤が3番手としてプロ初登板したが、いきなり連打でピンチを作ると、代打・立浪にタイムリーを浴びて、2失点とほろ苦いデビュー戦となった。

◆T3−2C◆
開幕戦で左太腿を痛めたルパン広瀬が早くも登録抹消。代わりに尾形が出るのか…と思いきや、何と右太腿痛で離脱していた求道者・前田が出場登録され即スタメン。無理はさせないと言っていたブラウン監督だが、昨日2安打の尾形がいるにも拘わらず、あえて求道者・前田を使う辺り、早くも無理をさせているのではあるまいな?と少々心配だ。試合の方は新井が先制弾,キュラソ星人が逆転弾と両4番が一発を打ち合うと、求道者・前田の今季の2000本安打へ第一歩となるヒットで作ったチャンスにまたも新井がタイムリーを放ち、試合は振り出しに。広島は先発の青木高に続いて、7回からは宮崎とルーキー継投を展開。簡単に二死を取った宮崎だが、ここから二人の走者を出して降板。ここで代わった佐竹があろう事か連続四球で押し出し。これが決勝点となり、宮崎はプロ初登板初黒星となってしまった。6回から早くも継投モードの阪神はJFK揃い踏みで今季初勝利。走者は盛んに出していた広島だが、再三のチャンスに回ってきた緒方が2併殺を喫するなど、大ブレーキ。9回も長打が出れば逆転と言う場面を作ったが、あと一歩及ばなかった。

◆M2−8H◆
開幕から好調の大村が左太腿裏に違和感を訴え、急遽、城所を1番に起用したソフトバンク。その城所があえなく空振り三振を喫するなど、初回、簡単に二死を取られたものの、ここから連続四球の後、小久保が先制タイムリー。更に、満塁となった所でブキャナンが来日初アーチを叩き込み、この回、一挙5点で早くも試合を決めた。ブキャナンは4回にも2打席連続アーチで6打点の大爆発。今週は水島の呪いを回避した先発・斉藤和は6回2失点で今季初勝利をマークした。ロッテは先発・久保が大誤算。四球で走者を溜めて、一発で返されると言う最悪のパターンだった。ところで、フクーラが一打席で退いたのは何故? ホント、見てない試合でこういう事やられるとケガなんだか、バレンタインの病気なんだか分からないよ…。尚、この日、先制ホームを踏んだものの、4タコに終わったハマのスペランカーはまだ無事である。

◆F3−9L◆
霊感投手・松坂人身売買資金で獲得した糖尿病大物助っ人・ジョンソンが右肘痛で登録抹消。開幕早々、ローテの柱を1本失い、ますます重責のかかるこの日の先発・オツだったが、6回一死までパーフェクトと言う素晴らしい投球を展開。序盤はグリンに対して、攻めあぐねていた西武だが、5回にリーファーの二塁打等で2点を先制すると、7回にはカブレラにようやく今季初アーチが飛び出すなど、6長短打で一挙6点を追加。これで気が緩んだか、オツはその裏、3点を失い、降板となったものの、開幕2連勝。背信投球が続いていた小野寺も大量点差に安心して投げられたか、1回を無難に抑えた。またも好投・グリンを見殺してしまった日本ハム打線だが、今季2度目のスタメンとなった田中幸は第2打席で二塁打を放ち、2000安打へあと16本と近付いた

◆E3−11Bs◆
先発予定の岩隈が試合前のブルペンで背中に違和感を訴え、登板回避。林に続いて、6試合目で早くも2人目の登板回避かよ! 緊急登板となった川岸は準備不足がたたって、初回から3連打で先制を許した挙げ句、北川に被弾し、4失点。3回にもつるべ打ちで計7失点KOと何とも気の毒な事に…。偽バファローズは終盤にも加点し、17安打11点の猛攻で快勝。北川,下山の5,6番は合わせて7安打9打点の大爆発。ラロッカも4安打とチャンスメイクに貢献した。悪の温床・楽天はエースが緊急登板回避すれば、4番・フェルナンデスも軽い胃腸炎で欠場。投打の主軸がこんなザマで4連敗となり、単独最下位を驀進中だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:55コメント(0)トラックバック(85) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ