和田毅

May 03, 2011

5/3能見◆G3−7T◆
空気を読まずに予定通りの開幕をゴリ押しし、世論から反感を買ったツケが来て、被災地の楽天よりも遅い本拠地開幕をようやく迎えた巨人。しかし、先発・東野が乱調。2回にキュラソ星人に今季初アーチを被弾すると、3回には鳥谷,新井貴,ブラゼルのクリーンアップに3連続被弾し、4失点。あまりの体たらくに怒りを爆発させた東野はその裏、自らライトスタンドへプロ初アーチを叩き込むが、後が続かない。阪神はこの後も小刻みに加点。先発・能見は9回に坂本に被弾するなど、2点を失ったものの完投で、梶岡忠義,小林繁に並ぶ球団タイの対巨人8連勝を飾った。

 

◆S5−3D◆
2回に内野ゴロの間に先制されたヤクルトだが、その裏、好調・バレンティンが同点9号ソロ。4回には畠山のタイムリー二塁打,宮本のタイムリーで2点を勝ち越し。中日は6回に野本の2号ソロ,7回には井端の犠飛で同点に追い付くが、その裏、ヤクルトは代打・飯原,青木の連続タイムリーで再び2点を勝ち越し。8回からはマツ・オカ−林と繋ぐ必勝リレーで逃げきった。

◆C3−2YB◆
初回からトレーシーの二塁打で先制した広島。2回二死満塁,3回二死一、二塁と立て続けにチャンスを潰したが、4回、再び掴んだ満塁のチャンスにルパン広瀬の犠飛,トレーシーのタイムリーで2点を追加。。5回まで1安打と沈黙していた横浜は6回にはスレッジの犠飛でようやく1点。7回には二死二塁から代打・内藤がライト前へ弾き返すが、本塁を狙った吉村がルパン広瀬の返球の前に憤死。8回にまたもスレッジのタイムリーで1点差まで詰め寄ったが、最後は守護神・サファテの前に三者凡退に打ち取られ、3連敗。広島先発のルーキー・福井は7回途中まで1失点の好投で開幕2連勝。

◆H3−0E◆
開幕から3度に渡る好投も打線の援護がなく未だに白星のない和田。何とか和田を援護したいソフトバンクは難敵・岩隈相手に初回、一死満塁から小久保のタイムリーで2点を先制。2回以降、攻めあぐねたものの、6回、松田のタイムリー内野安打で貴重な3点目を追加。和田は散発3安打無四球と三塁も踏ませぬ投球で付け入る隙を与えず、今季初完封初勝利を飾った。

◆L5−10M◆
今季2度目となる成瀬,涌井の横浜高校先輩後輩対決。前回は完封で先輩の面目を保った成瀬だが、この日は3回に栗山の先制2点タイムリー二塁打,中島の3号2ランで一気に4失点。しかし、1点ずつ取って迎えた6回、涌井は二死走者なしから連打とエラーで1点を失い、KO。更に、2番手・藤田が満塁とピンチを広げた所で、井口に2号グランドスラムをぶち込まれ、一気に形勢逆転。勢い付くロッテは7回にも里崎,井口の一発攻勢で4点を奪い、試合を決定付けた。成瀬は6回5失点で降板する不本意な内容ながらも、またも後輩・涌井を下して、3勝目。

◆Bs3−6F◆
ダルビッシュ,木佐貫の投げ合いで0−0の中盤へ突入。迎えた4回、偽バファローズは二塁打の後藤が暴投で三進すると、ティー岡田のショートゴロの間に先制のホームイン。1点を追う日本ハムは7回、先頭の稲葉が2号同点アーチ。更に、二死後、2番手・平野から飯山,田中の連続タイムリーで2点を勝ち越し。しかし、土壇場9回、粘る偽バファローズは二死から代打・へスマン,バルディリスの連続タイムリーで追い付き、延長に突入。10回、日本ハムは二死満塁からトンガの走者一掃タイムリー三塁打で一気に3点を勝ち越し、これが決勝点となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:01コメント(0)トラックバック(13) 

November 20, 2010

では、続いてパ・リーグ編。

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
和田 H 76 62 19 585
杉内 H 59 54 23 480
西岡 M 44 25 36 331
ハマのスペランカー H 14 20 37 167
ダルビッシュ F 4 9 19 66
金子千 Bs 6 8 11 65
ファルケンボーグ H 3 11 11 59
摂津 H 5 7 11 57
小久保 H 3 2 3 24
川崎 H 1 3 9 23
馬原 H 0 6 3 21
T−岡田 Bs 1 0 6 11
成瀬 M 1 0 1 6
本多 H 0 1 2 5
中島 L 0 1 2 5
稲葉 F 0 1 0 3
片岡 L 0 0 2 2
岩隈 E 0 0 2 2
小谷野 F 0 0 1 1
(白票)   0 7 19 40

相変わらず、最優秀選手ではなく、最高殊勲選手の印象が濃いMVPだけに、一番気がかりだったのは、日韓クラブチャンピオンシップごときエキシビジョンマッチに進出した事で浮かれ果てているロッテに食われ、すっかり優勝チームの印象が消え失せてしまっているソフトバンクが果たして、正当に優勝チーム扱いして貰えているのかと言う点だったが、とりあえず、ソフトバンクから和田が選ばれて、一安心。と言っても、ロッテは突出したヒーローがおらず、200安打越えで首位打者の西岡ですら大活躍のイメージが薄かったのが奏功しているだけの事かもしれないが…。パ・リーグは打点・本塁打の数字が物足りず、投手陣もダルビッシュや金子千が4,5位チームとあって、普通に考えれば、和田,杉内の争いになるのは、目に見えていたか。ダントツ最下位とは言え、10勝しかしていない岩隈に3位票が2票入っているのは、釈然としない。投手だけ3人選んでも、岩隈は入って来ないだろ…

【新人王】

選手名 球団 得票数
榊原 F 84
甲藤 H 50
森福 H 15
荻野貴 M 10
トンガ F 6
清田 M 4
(該当者なし)   48

独走体勢と思われた荻野貴の戦線離脱により、混沌となってしまったパ・リーグ新人王レース。序盤の貯金だけで荻野貴が取ってしまいやしないかと警戒していたが、流石に、離脱期間が長過ぎた。該当者なしの可能性も予想に入れていたが、結局、中盤戦に驚異の勝ち運を発揮した榊原が混戦を制して、栄冠をゲット。本当の意味での「ルーキー」が殆ど活躍していないだけに、2年目以降の有資格者の争いになるのは分かっていたが、、上位3人が中継ぎ投手なんて珍しい事もあるもんだ。ポストシーズンで大ブレイクした清田だが、いかんせん台頭が遅過ぎた。トンガもアーチ量産時はもしや…と思わせたが、長続きしなかったのが残念。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
和田 H 59
金子千 Bs 56
ダルビッシュ F 50
杉内 H 36
ファルケンボーグ H 1
成瀬 M 1

最多勝を分け合った和田&金子千と、二冠のダルビッシュの三つ巴は和田が僅差で逃げきり、初受賞。僅かに遅れを取った杉内も十分、圏内ではあった。ホールド王のファルケンボーグは単純に先発投手陣と比較出来ない部分があるとしても、成瀬をトップ評価すると言うのは、イカレ投票と言わないまでも、少々疑問符が…。

【捕手】

選手名 球団 得票数
E 191
細川 L 3
里崎 M 3
鶴岡 F 3
田上 H 1
上本 L 1
的場 M 1

突如、打撃開眼した嶋が満票近い数字で初受賞。ゴールデングラブの受賞はかな〜り微妙だったが、こちらは文句なしだろう。満票取っても不思議ではないくらい、打撃成績では図抜けていた。下位の面々の成績を見ていくと惨憺たるもので(辛うじて里崎がマシな程度か)、よくもまぁ、こいつらに票を入れる気になったもんだと…。特に、的場とかに入れてる奴、誰だよ!

【一塁手】

選手名 球団 得票数
カブレラ Bs 128
小久保  H 50
M 15
T−岡田 Bs 8
フクーラ M 1
小谷野 F 1

すっかり中距離ヒッターっぽくなってしまったカブレラが2年ぶり4度目(他DHで1度)の受賞。カブレラとしては、大人しい数字ではあるのだが、他にめぼしい候補がいなかった。金は水島の呪いにさえかからなければ、打点王もベストナインもゲットしていたかもしれなかっただけに気の毒である。「ドカパロ」に置いて、存在を抹殺される事より、むしろ引っ張り出される事の方が恐ろしいのだと、まざまざと見せつけられた。小久保の50票は優勝チーム補正か?

【二塁手】

選手名 球団 得票数
田中 F 125
本多 H 42
井口 M 21
片岡 L 13
後藤 Bs 2

打率2位の田中が2年連続4度目の受賞。盗塁王の本多が追いすがったが、何だかんだで田中も34盗塁しているし、やはり、盗塁と言う要素はベストナインにおいて、あまり強みにはならない様だ。盗塁王を分け合い、ほぼ同じ打率の片岡に大差をつけている辺り、一応、本多に優勝チーム補正は付いていたのだろうか? それにしても、細川と言い、後藤と言い、こういう形で検証すると、FA戦線の目玉扱いされているのが何だか不思議に思えてくる。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
小谷野 F 146
今江 M 56
中村 L 1

日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦のMVPなど、微塵も評価される筈がなく、今江を抑えて、打点王の小谷野が余裕の初受賞。長期離脱が響いた中村はフル出場していれば、本塁打王だったかもしれないと思わせる底力は見せたものの、今季に限って言えば、1票貰えたのが不思議なくらいである。だから、どうせ大局に影響しないだろ…的な投票はやめろっつーの!

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
西岡 M 191
川崎 H 6
中島 L 6

200安打越えの首位打者・西岡が圧倒的大差をつけて3年ぶり3度目の受賞。昨年の大不振から巻き返した川崎だが、ここまでの差をつけられるとは思わなかった。打率に盗塁と、西岡とアピール出来る点が同じとは言え、この差は大き過ぎる気が…。中島もあの成績でこれ程の惨敗は予想外。もしや、西岡には亡命補正でも付いてるんじゃないか?

【外野手】

選手名 球団 得票数
ハマのスペランカー H 195
T−岡田 Bs 157
栗山 L 111
糸井 F 52
鉄平 E 50
坂口 Bs 15
稲葉 F 9
オーティズ H 8
サブロー M 6
聖沢 E 2
松中 H 1
高山 L 1
荻野貴 M 1
劇団ひちょり F 1

膝の高さから飛び降りただけで命を落としかねない貧弱な体で何と140試合も出ると言う奇跡を見せてくれた事に感動した記者の投票が殺到したのか、ハマのスペランカーがトップ当選で悲願の初受賞。開幕前からの多大な期待に応えて、見事、本塁打王に輝いたT−岡田も堂々の初受賞。3人目は僅差の戦いが予想されたが、結果は栗山が2年ぶり2度目の受賞となった。個人的には、糸井を推していたので、ちょっと残念。他にも鉄平,坂口など、似通った数字の選手が並んでおり、誰が獲っても理解は出来る状況ではあったが、その中で、栗山が4位以下にこれだけの差を付ける事が出来た決定的なポイントは一体何だったのか、イマイチ分からない。

【指名打者】

選手名 球団 得票数
フクーラ M 75
山崎 E 59
カブレラ Bs 36
ブラウン L 15
オーティズ H 4
中村 L 4
T−岡田 Bs 4
稲葉 F 2
小久保 H 1
ペタジーニ H 1
あの男 F 1
北川 Bs 1

フクーラが17年目にして、ついに初受賞。打撃専業のDHとしては、イマイチ、パッとしない数字で規定打席にも到達していない訳だが、他の面々がそれ以上にパッとせず、DHが本業でなかったりしているのだから、仕方ない。該当者なしじゃダメなの? やはり、DHにはもう少し長打力を求めたい所なのだが、山崎は長打力が及第点でも、打率が低過ぎたのが、頂けなかったと言う所だろう。それにしても、あの男に1票入れる暇があったら、他に幾らでも入れる奴がいるだろ! .262 7本 47打点なんて数字でリーグ随一のDHにあてがうくらいなら、いっそ白票にしろよ!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 15:29コメント(0)トラックバック(7) 

October 15, 2010

10/15和田◆H3−1M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
日本シリーズ開催を阻止してでも、韓国のトップと戦いたくて仕方ないらしいロッテは初回、ソフトバンク先発・和田に対し、一死から清田が左中間スタンドへ放り込み、昨日に続いて、一発で先制点をゲット。1点を追うソフトバンクは2回、先頭のハマのスペランカーが二遊間の深い所へ内野安打。一死後、松田はサードゴロに倒れるも、今江の悪送球でオールセーフとなると、江川が歩いて、満塁となった所で山崎がライト前へ2点タイムリーを放ち、一気に逆転に成功。続く3回にはセカンドゴロに倒れた本多が井口の悪送球で出塁。すかさず二盗を敢行すると、的場の悪送球を誘って、一気に三塁を陥れる。松中はサードへのファールフライに倒れるが、続く小久保はフェンス手前まで運ぶ犠飛としては十二分のセンターフライを放ち、本多がタッチアップで3点目のホームイン。ロッテ先発・ペンはこの回限りで降板となった。ロッテは4回から小野−薮田−内と繋ぐ必死の継投で4回以降、僅かに1安打とソフトバンク打線を抑え込むが、肝心の打線が和田の前に手も足も出ず。結局、和田は2回一死から一人の走者も許さず、散発2安打13三振と素晴らしい投球で完投勝利。ロッテの相次ぐ拙守につけ込み、逆転勝利を飾ったソフトバンクはアドバンテージ込みで2勝1敗とし、日本シリーズ開催へ一歩近付いた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:26コメント(0)トラックバック(19) 

September 15, 2010

9/15エドガー◆S2−5G◆
ヤクルト先発・由規は立ち上がり制球が定まらず、いきなり坂本,松本と歩かせ、ピンチを作るが、ここからガッツ,寿司職人ラミレスを連続三振に斬って取ると、阿部をレフトフライに打ち取り、ピンチ脱出。4回にも二死一、二塁のピンチを背負うが、江戸川をピッチャーゴロに仕留め、無失点で切り抜ける。一方、巨人先発・内海は5回まで4度も先頭打者を出しながら、後続を断ち切る粘りの投球で先制点を許さない。0−0で迎えた6回、巨人は松本,寿司職人ラミレスのヒットで一死一、三塁とすると、阿部がセンターオーバーのタイムリーを放ち、ついに1点を先制。更に、マッスル千代の富士が歩かされて、満塁となった所で当ブログ推奨助っ人・江戸川がレフトフェンス直撃の走者一掃タイムリー二塁打を放ち、この回4点。その裏、ヤクルトは先頭の宮本が二塁打で出ると、続く畠山がレフトスタンドへ13号2ランを叩き込み、2点差。2−4で迎えた土壇場9回、巨人は先頭の代打・矢野が2号ソロをぶち込んで、貴重な1点を追加。その裏からマウンドに上ったのは、不安の残る守護神・クルーンではなく越智。越智は一死から相川に痛打されるも、続く田中をゲッツーに仕留めて逃げ切り、5連勝で2位浮上。通算1000投球回を達成した内海は5回1/3で降板となったが、リリーフを仰いで9勝目を飾った

◆C5−6D◆
いきなり広島先発・今井の連続四球でチャンスを貰った中日は二死後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ29号3ランを叩き込み、3点を先制。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井はその裏、三者凡退に斬って取ると、2回も先頭の栗原をサードゴロに仕留め、上々の滑り出し…と思いきや、ここから連続四球でピンチを作り、石井タクロー,石原と連続タイムリーを許して、2点を献上。中日は3回、ブランコのタイムリーで突き放すが、その裏、広島も天谷のタイムリーで応戦。中日は5回、谷繁のタイムリーで再び突き放すが、その裏、広島は一死一塁からまたも天谷がタイムリー三塁打を放つと、二死後、嶋がタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。5−5で迎えた8回、中日は2四球で二死一、二塁とした所で代打・小池がレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。最後は岩瀬が一死二塁のピンチを凌いで、6連勝。3番手の浅尾は1回1/3を無失点で11勝目が転がり込んだ

◆YB7−5T◆
初回、横浜は先頭の内川がヒットで出ると、二死後、村田が歩いて、一、二塁となった所でスレッジが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。直後の2回、阪神は先頭のブラゼルがライトスタンドへリーグ単独トップに躍り出る44号ソロを叩き込み、1点差と詰め寄るが、その裏、横浜は一死満塁から石川が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、続くハーパーがセンターへ犠飛を打ち上げ、阪神先発・下柳をKO。更に、代わった渡辺から連続四球で作ったチャンスにカスティーヨがタイムリーを浴びせて、この回一挙5点。大量6点のビハインドとなった阪神は3回以降も打線が沈黙していたが、7回に突如、猛反撃を開始。ブラゼル,J.マッケンジーの連打で二、三塁とすると、一死後、林が2点タイムリー二塁打。二死後、マット・マートン,平野と連続二塁打を浴びせて、2点を追加。更に、鳥谷が歩いて、一、二塁と長打が出れば、一気に同点と言う場面を作ったが、新井はショートゴロに倒れて、二者残塁。8回には2四球で二死一、二塁とし、代打で悠久の若虎・桧山を送り込んだが、ピッチャーゴロに倒れて、無得点。最後は守護神・山口の前に三者凡退に仕留められ、ゲームセット。プロ初先発となった田中は6回0/3を3失点で凌ぎ、プロ初勝利を飾った

◆M0−9H◆
これ以上、西武に離される訳にはいかないソフトバンクは初回、川崎の四球,本多のヒットで無死一、三塁とすると、オーティズがセンターへ先制犠飛。二死後、ハマのスペランカーが歩いて、一、二塁となった所でペタジーニがレフト前へ弾き返して、2点目。更に、長谷川が死球を食らって、満塁とチャンスを広げると、松田のサード前への詰まったゴロがタイムリー内野安打となった上、今江の悪送球を誘って、満塁の走者が一気に生還し、この回大量5点を獲得。続く2回にはハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点を追加し、ロッテ先発・渡辺俊はこの回限りでKO。4回には二死二塁からまたもハマのスペランカーがタイムリーを放ち、7点目。6回にも小久保のタイムリー二塁打で2点を加え、試合を決定付けた。8回からは金沢−大場と繋いで完封リレーを達成。先発の和田は7回を無失点の好投でハーラートップタイの16勝目をマークした

◆Bs5−6L◆
西武は初回、一死から栗山がレフト前に弾き返すと、中島が三塁線を破って、二、三塁のチャンス。ここでフェルナンデスがセンター前へ先制の2点タイムリー。その裏、偽バファローズは坂口の二塁打,カブレラの四球で二死一、二塁とするも、北川がショートゴロに倒れて、二者残塁。西武は3回、エラーで出た栗山を一塁に置いて、中島が17号2ラン。更に、一死二、三塁から大島がタイムリーを放つと、カラバイヨのエラーを誘って、この回4点。偽バファローズは4回、カラバイヨが名誉挽回の5号ソロを放って、ようやく1点。西武は4〜8回までノーヒットと完全に沈黙。一方、偽バファローズは走者を出しながら、残塁を量産するばかりだったが、8回、バルディリスの14号ソロ,カラバイヨのこの日2本目となる6号ソロと連続アーチで3点差。土壇場9回には一死一、二塁からカブレラ,北川と連続タイムリーを浴びせて、1点差。なおも一、二塁のチャンスで前の打席で一発を放っているバルディリスを迎えたが、サードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開であと一歩及ばなかった。西武のマジックは1つ減って5。先発・平野は6回1/3を1失点に抑え、4勝目を挙げた

◆F7−5E◆
日本ハムは2回、先頭の糸井がライト前に弾き返すと、一死後、二盗に成功。二死後、大野がレフト前へタイムリーを放ち、糸井が先制のホームイン。4回には先頭の鵜久森がレフト前ヒットで出ると、一死後、またも大野がタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。日本ハム先発・高橋由伸の前に4回まで内野安打1本と沈黙していた楽天は5回、草野,枡田のヒットで二死一、三塁とすると、中村真がライト前へタイムリーを浴びせて、1点差。しかし、その裏、日本ハムは一死から稲葉,小谷野が連続二塁打を浴びせると、続く糸井にもタイムリーが飛び出し、楽天先発・松崎をKO。6回に1点ずつ取り合って迎えた8回、日本ハムは二死一、二塁から陽の走者一掃タイムリー三塁打で2点を追加。これで決まったかと思いきや、9回、セーブのつかない場面ながら、マウンドに上がった守護神・武田久が乱調で4安打を集中されて3失点。なおも二死一、三塁の大ピンチだったが、最後は草野をショートフライに打ち取り、辛くも逃げきった。高橋由伸は6回を投げて、自責点1の好投で4勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:34コメント(0)トラックバック(10) 

September 08, 2010

◆YB−G◆
降雨中止。

◆T1−10D◆
昨夜は拙攻に泣いた中日打線だが、この日は初回から繋がりを見せる。いきなり荒木,大島と連打を浴びせると、一死後、ベンちゃんが歩いて満塁となった所でブランコがレフト前へ先制の2点タイムリー。続く藤井もタイムリー二塁打を放つと、J.マッケンジーのタイムリーエラーで2点を加え、この回大量5点を獲得。2回にブラゼルの42号ソロで1点を返されるが、4回、一死二塁から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを叩き込み、2点を追加。更に、7回には山井,荒木の連続タイムリー,森野の犠飛でダメ押しの10点目。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は8回を1失点の好投で7勝目を挙げた。

◆S−C◆
降雨中止。

9/8多村◆H5−0E◆
楽天先発・永井に対し、初回二死一、三塁,2回二死満塁のチャンスを悉く潰してしまったソフトバンクだったが、3回、一死から小久保が歩いた所でハマのスペランカーがレフトスタンドへ24号2ランを叩き込み、2点を先制。5回にも四球のオーティズを一塁に置いて、ハマのスペランカーが2打席連続となる25号2ランを放り込み、4点目。楽天は7回、一死満塁と一発が出れば、一気に同点の場面を作るが、草野,牧田と打ち取られ、三者残塁。すると、その裏、ソフトバンクは先頭の本多が二塁打で出ると、一死後、小久保がタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。最後はファルケンボーグが3人でピシャリと締めて、完封リレーを達成。先発・和田は8回を散発5安打無失点に抑え、ハーラートップタイに並ぶ15勝目を挙げた

◆L8−3F◆
2回にトンガの犠飛で先制された西武だが、その裏、一死一塁から坂田がレフトスタンドへ逆転の8号2ラン。4回に大野のタイムリーで追い付かれるが、その裏、先頭のフェルナンデスが7号ソロを放り込み、再び勝ち越し。二死一塁から、原のセンター前にポトリと落ちる打球で、一塁走者・坂田が一気に本塁を陥れる好走塁。続く細川が歩いた後、片岡が走者一掃のタイムリー三塁打を放つと、続く栗山にもタイムリーが飛び出し、この回大量5点をゲット。7回には無死二塁から中島のタイムリーで1点を加え、試合を決定付けた。先発の石井一は6回を2失点で切り抜け、9勝目をマークした

◆Bs6−2M◆
ロッテは初回、西岡,清田と連打を浴びせると、一死後、フクーラのセカンドゴロの間に先制。続く今江もタイムリーを放ち、1点を追加。2点を追う偽バファローズは3回、二死走者なしから、坂口,森山の連打で一、二塁とすると、後藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、続くカブレラがレフトスタンドへ23号2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。続く4回には二死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。ロッテは2回以降、すっかり当たりが止まり、7回まで僅かに1安打。8,9回には1本ずつヒットが出るも、いずれもゲッツーで殺してしまい、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は2失点完投で3年ぶりの2桁勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:36コメント(0)トラックバック(13) 

August 11, 2010

◆S7−5G◆
6月24日以来、白星から遠ざかっている巨人先発・内海だが、この日も精彩を欠き、初回から飯原に9号先制2ランを被弾。不振の坂本を8番に下げるなど打線のテコ入れを図った巨人は直後の2回、阿部の34号ソロ,新1番・松本の2点タイムリーで逆転に成功。3回には阿部が2打席連続34号2ランを叩き込み、5点目。3点のリードを貰った内海だが、依然としてピリッとせず、その裏、4安打を集中されて2点を失い、あえなくKO。試合後、中継ぎ降格を通告される事となった。続く4回には2番手・野間口が田中に同点二塁打を浴びると、飯原にこの日2本目となる10号2ランを放り込まれて、勝ち越し点を献上。直後の5回、巨人は寿司職人ラミレスのヒット,江戸川の二塁打で二死二、三塁と一打同点のチャンスを作るが、長野がセカンドゴロに倒れて、二者残塁。6,7,8回と3人ずつで打ち取られるが、土壇場9回、守護神・林に対して、坂本,代打・マッスル千代の富士と連打を浴びせると、松本が送って、一死二、三塁のチャンス。しかし、脇谷はレフトへの浅いフライに倒れると、ガッツは三振に斬って取られて、万事休す。ヤクルトはこれで8連勝。先発の石川は7回5失点ながら、打線の援護に恵まれ、8勝目をマークした

◆YB9−6D◆
初回一死一、二塁,2回二死一、二塁のチャンスを悉く潰すなど、相変わらず、川相不在を痛感させるタイムリー欠乏症に苛まれる中日。すると、3回、二死二塁から堂上剛が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ2号2ランを叩き込み、先制。しかし、その裏、横浜は無死一塁から武山がタイムリー二塁打を浴びせると、小杉が送った後、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井が暴投をかますタナボタで同点。直後の4回、中日は一死満塁としながら、大島がショートゴロゲッツーとまたも川相不在の弊害を露呈したが、5回、2四球で貰ったチャンスに堂上直が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー二塁打となり、2点を勝ち越し。その裏、横浜は先頭の カスティーヨがレフトスタンドへ12号ソロを放り込むと、ヒットの下園を三塁へ進めた所で内川がセンター前へ同点タイムリー。更に、石川の二塁打で二、三塁となった所でハーパーが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。山井はこの回限りでKOとなった。続く6回にはカスティーヨが2打席連続の13号2ランを叩き込むと、7回にはハーパーにも11号ソロが飛び出して、ダメ押しの9点目。中日は9回に3連打で2点を返したが、反撃が遅過ぎた。横浜先発の小杉は5回4失点と不本意な内容ながらも、リリーフの援護を仰いで、プロ初白星

◆C−T◆
降雨中止。

8/11和田◆H7−2Bs◆
初回、一死一、二塁のピンチを凌いだソフトバンクはその裏、一死から内野安打の本多が二盗を決めると、二死後、小久保がライト前へ先制のタイムリー。4回には松田,小久保の連打で無死一、二塁とした所でハマのスペランカー,ペタジーニと連続タイムリー二塁打を浴びせて、苦手の偽バファローズ先発・近藤をKO。続く5回には先頭の本多が内野安打で出ると、二死後、ハマのスペランカーが2打席連続のタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。更に、6回には二死一、二塁から本多,松田と連続タイムリーを浴びせて、7点目。偽バファローズは8回に2番手・ファルケンボーグが2点を返し、完封を免れるのが精一杯だった。ソフトバンクの連敗は6でようやくストップ。先発の和田は7回を無失点10三振を奪う力投でハーラー単独トップに躍り出る14勝目を挙げた

◆E−L◆
降雨中止。

◆M3−4F◆
今季の高卒ルーキー一番乗りとなる先発マウンドに立った中村は1,2回と走者を出しながらも無失点で切り抜ける。3回、日本ハムは二死から連打と四球で満塁とするも、小谷野がショートゴロに倒れて、三者残塁。これでガックリ来たか、その裏、中村は一死から西岡に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で井口にタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。更に、連続四球で満塁とピンチを広げたが、サブローをセカンドフライに仕留めて、追加点を阻止。直後の4回、日本ハムは一死から紺田の二塁打,トンガの四球で一、二塁とすると、鶴岡がライト前へ同点のタイムリー。更に、金子誠がヒットで繋いだ所で田中が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。続く5回にはヒットの稲葉を一塁に置いて、3回のチャンスを潰した小谷野が汚名返上のタイムリー二塁打。更に、二死一塁となった所でトンガがタイムリー三塁打を放ち、4点目。3点を追うロッテは7回、一死から代打・根元がヒットで出ると、一死二塁から今江がセンター前へタイムリー,井口がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差。土壇場9回、日本ハムは守護神・武田久を投入。斉藤,今江と痛打され、二死一、三塁と一打同点のピンチを背負ったが、最後は井口をレフトフライに打ち取り、辛くも逃げ切った。中村は5回を1失点で切り抜け、プロ初登板初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(11) 

July 03, 2010

◆G2−8T◆
0−0で迎えた3回、巨人は先頭の江戸川が4号先制アーチ。更に、藤井の二塁打,ガッツの四球で二死一、三塁とチャンスを広げるが、寿司職人ラミレスがサードゴロに終わり、1点止まり。直後の4回、阪神は先頭の新井がヒットで出ると、ブラゼルがライトスタンドへ2試合連続の28号逆転2ラン。更に、一死後、浅井の二塁打,桜井の死球で一、二塁とすると、二死後、鳥谷も2戦連発となる9号3ランをぶち込んで、この回大量5点のビッグイニングを形成。これで流れを一気に引き寄せた阪神は6回には投手の鶴がタイムリー内野安打。8回にはJ.マッケンジーが14号ソロ,9回にもJ.マッケンジーがタイムリー二塁打と着々と加点し、巨人を突き放した。先発・鶴は6回途中でKOとなったものの、打線の援護にも恵まれ、2勝目をマークした。巨人はこれで3連敗。

◆S4−2D◆
地元秋田での凱旋登板となったヤクルト先発・石川は1,2回と三者凡退に斬って取る上々の滑り出し。更に、その裏、二死一、三塁の場面で打席に入った石川は自らセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。一方、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は立ち上がりからピリッとせず、先制点を許した直後の3回にも四球を連発して、満塁のピンチ。ここは何とか切り抜けたものの、続く4回にも一死一塁から2四球で二死満塁とピンチを広げた挙げ句、ガイエルに押し出し四球を許して、2点目を献上。追いかける中日は6回、堂上直,代打・松井佑と連打を浴びせると、荒木が送って二、三塁。二死後、暴投で1点を返すと、森野がタイムリーを放って、ついに同点。7回には一死一、二塁,8回にも一死二塁のチャンスを掴みながら、勝ち越せなかった中日はその裏、4番手・浅尾が二死一、二塁からホワイトセルに走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、中日の反撃を断ちきった。3番手のマツ・オカは1回を無失点に抑えて、2勝目

◆C−YB◆
降雨中止。

◆H3−1Bs◆
初回、ソフトバンクは先頭の川崎がヒットで出るも、本多のバントが小フライとなって、最悪のゲッツー。この後、オーティズが二塁打を放つと言うチグハグな展開で結局、無得点。すると、直後の2回、偽バファローズはカブレラ,ティー岡田の連打で二、三塁とした所で北川がレフトへ先制犠飛。1点を追うソフトバンクは3回、先頭の田上がレフトスタンドへ3号ソロを放ち、同点。1−1の儘、迎えた7回、ソフトバンクは一死から松田の四球,長谷川のヒットで一、三塁とすると、田上のショートゴロの間に松田が勝ち越しのホームイン。続く8回には一死からオーティズが19号ソロわ叩き込み、ダメ押し。9回は守護神・馬原が締め括った。先発の和田は7回1失点でハーラー単独トップの11勝目を飾った

7/3ダルビッシュ◆E1−2F◆
日本ハムは初回、ヒットの田中が犠打と内野ゴロで三塁へ進むと、小谷野が歩いて、一、三塁となった所で糸井,ミスタースナイパー・坪井と連続タイムリーが飛び出し、2点を先制。日本ハム先発・ダルビッシュは立ち上がり、制球に苦しみながらも、無失点で凌いでいたが、4回、一死からルイーズに痛打されると、二死二塁となった所でリンデンにタイムリーを許し、1点差。一方、楽天先発・永井は2回以降は付け入る隙を許さぬ好投で追加点を与えない。1−2の儘、迎えた土壇場9回、楽天は二死から山崎が二塁打を放ち、一打同点のチャンスで、この日タイムリーを放っているリンデンに期待が懸かったが、三振に倒れて、万事休す。ダルビッシュは10三振を奪っての1失点完投で8勝目をマークした

 

◆M2−7L◆
開幕からの連勝が止まり、勢いも止まってしまったロッテ先発・マーフィーに対し、西武は2回、高山の四球,平尾のヒットで一死一、三塁とすると、佐藤がライトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。続く3回にも一死一、三塁とすると、今季初の4番に入った中島がセンターへ犠飛を放ち、2点目。5回には二死走者なしから中島がレフトスタンドへ12号ソロをぶち込むと、高山の二塁打の後、ブラウン,平尾と連続アーチを叩き込み、マーフィーはこの回限りでKO。ロッテは3回を除いて、毎回ヒットを浴びせながら、3併殺10残塁の大拙攻で2点しか奪えなかった。西武の連敗は4でストップ。先発・帆足は7回1/3を2失点で切り抜け、8勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:42コメント(0)トラックバック(10) 

June 26, 2010

◆G11−2YB◆
横浜は初回から二死満塁と先制のチャンスを掴むが、大西がセンターフライに倒れて、三者残塁。2回には先頭の武山がヒットで出るも、カスティーヨがゲッツーを食らい、無得点。しかし、3回、四球の下園を一塁に置いて、石川が先制のタイムリー三塁打。更に、一死一、三塁となった所でスレッジのセカンドゴロの間に2点目を追加。その裏、巨人は投手の藤井がセンター前へ弾き返し、自ら反撃の口火を切ると、坂本もヒットで続き、一死後、カスティーヨのエラーでまず1点。続く寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、同点とした所で阿部がライトスタンドへ23号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレス,阿部,長野の3連打で1点をあげ、横浜先発・清水をKOすると、代わった小林太から脇谷がタイムリー,江戸川が2号3ランを浴びせて、10点目。6回にも阿部がこの日2本目となる24号ソロをぶち込んで、ダメ押し。先発・藤井は5回2失点で6勝目をマークした

◆D1−0C◆
広島先発・ジ・oに対し、中日は先頭の荒木が二塁打で出ると、藤井のセカンドゴロで三進。ここで森野がレフトへ犠飛を打ち上げ、荒木が先制のホームイン。1点を追う広島は4回、嶋,ルパン広瀬のヒット,天谷の四球で二死満塁とワンヒットで逆転のチャンスを作るも、小窪がレフトフライに倒れて、三者残塁。8回には二死から嶋が振り逃げで出ると、ヒューバーが歩いて、一、二塁として、中日先発・中田賢をKOするが、代わった浅尾の前に、ここまで2安打のルパン広瀬が三振に倒れて、無得点。9回には岩瀬投入ではなく、何故か続投を強いられた浅尾から天谷のヒット,浅尾のエラーで無死一、二塁と絶好の場面を作るが、石原はピッチャーゴロに倒れると、ここに来てようやく登場した守護神・岩瀬の前に後続を断たれて、完封負け。2回以降、散発2安打無失点と完璧な投球を見せたジ・oをむざむざ見殺しにしてしまった。中田賢は7回2/3を無失点に抑えて、2勝目

◆S4−2T◆
バーネットの大炎上により、デントナもガイエルも一軍に残した上で昇格となった謎の新助っ人・ホワイトセルが5番スタメンで初登場。初回から二死一、二塁のチャンスに回ってきたホワイトセルだったが、初打席はセカンドゴロに倒れてしまう。0−0で迎えた5回、阪神はヒットのブラゼルが暴投で二進すると、浅井のタイムリーで1点を先制。その裏、ヤクルトは二死走者なしから青木の二塁打,田中の四球で一、二塁とすると、飯原がタイムリー二塁打を放ち、同点。なおも二、三塁の場面だったが、デントナはセンターへ打ち上げ、勝ち越しならず。阪神は7回、一死満塁のチャンスに増渕の暴投で労せずして勝ち越し。1点を追うヤクルトは8回、先頭の田中がヒットで出ると、飯原が4号2ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、二死後、ここまで内野ゴロ2つに三振といい所のなかったホワイトセルがライトスタンドへ来日初安打初本塁打を叩き込み、ダメ押し。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。3番手のマツ・オカは1回無失点で今季初勝利

◆E1−2H◆
2回、ソフトバンクは一死からペタジーニの四球、長谷川の二塁打で二、三塁とした所でオーティズ,柴原と連続タイムリーを浴びせて、2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、田上はサードゴロゲッツーを食らい、2点止まり。楽天は3回、四球の牧田を一塁に置いて、渡辺が左中間突破のタイムリー二塁打を放って、1点差。しかし、続く聖沢が小フライを上げるヘッポコバントをかまして、最悪のゲッツー。この後、嶋,鉄平と連打を浴びせるも、中村紀が打ち上げるチグハグな攻撃で同点ならず。楽天は4回以降、僅か1安打と沈黙。8回以降は6者連続三振に喫する有様で、最後まであと1点が届かず、8回2失点と好投の先発・永井を見殺して、最下位に転落。ソフトバンク先発・和田は6回1失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、3年ぶりの2桁勝利に到達した

6/26稲葉◆F10−4M◆
開幕6連勝中のロッテ先発・マーフィーだったが、この日は大乱調。初回、稲葉のタイムリーで先制を許すと、2回には二死満塁のピンチにまたも稲葉に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3失点。更に、3回には制球を乱して、無死満塁のピンチを作ると、鶴岡に犠飛,田中にタイムリーを浴びるなど、3点を許し、早くも7失点。4回まで毎回得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ないなど、拙攻続きのロッテは7回、今江のタイムリーでようやく1点を返すと、8回にはフクーラ,南,西岡のタイムリーで3点を追加し、3点差まで詰め寄った。その裏、4回以降立ち直り、追加点を阻止してきたマーフィーから内にスイッチするが、これが裏目。内は一死から内野安打と連続四球で満塁とし、あえなくKO。代わった古谷も二死後、小谷野に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、致命的な3点を失い、試合を決定付けられた。日本ハムは3カード連続の勝ち越しで最下位を脱出。先発のダルビッシュは7回を1失点で7勝目。マーフィーは立ち上がりの失敗が大きく響き、来日初黒星。

◆L5−7Bs◆
偽バファローズは初回、先頭の坂口のレフト前ヒットを皮切りに、荒金,後藤,カブレラ,ティー岡田と5連打を浴びせて、2点を先制。更に、一死後、バルディリスが犠飛を打ち上げ、3点目。2回以降は立ち直ったかに見えた西武先発・帆足だが、5回、二死一、二塁のピンチを背負うと、ティー岡田に15号3ラン,北川に6号ソロと連続被弾でKO。5回まで6安打を浴びせながら、無得点が続いていた西武は6回、G.G.佐藤の5号ソロでようやく1点を返すと、原の三塁打,代打・上本のタイムリー二塁打でこの回2点。7回にはG.G.佐藤のタイムリーの後、二死満塁から原が押し出し死球を食らって、4点目。なおも一発が出れば一気に逆転と言う所だったが、上本はセンターフライに倒れて、三者残塁。続く8回には先頭の片岡が5号ソロを放って、2点差。更に、栗山もヒットで続いたが、中島がサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。9回にも二死から連打で一、二塁と一発で逆転サヨナラと言うチャンスを作るが、上本が三振に斬って取られて、万事休す。偽バファローズ先発の小松は6回を2失点で4勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(14) 

June 12, 2010

6/12和田◆H4−1G◆
東野,和田と両リーグのハーラーダービートップを走る投手同士の対決となったこの試合は初回の攻防で明暗を分けた。巨人は坂本,寿司職人ラミレスのヒットで二死一、二塁のチャンスに阿部がサードファールフライに倒れて、二者残塁。一方、ソフトバンクはその裏、二死二塁から松中が先制タイムリーを浴びせると、連続四球で満塁とした所で長谷川が2点タイムリーを放ち、この回3点。東野は2回以降、ムラのある投球ながらも、要所を締め、7回まで追加点を許さずにいたが、8回、一死からハマのスペランカーに11号ソロを叩き込まれて、無念のKO。土壇場9回、セーブのつかない場面ながら、マウンドに上がった守護神・馬原に対し、巨人は一死から日本一高価な代打要員・李の内野安打寝亀井の二塁打で二、三塁のチャンス。ここで代打・工藤がタイムリー内野安打を放つと、代打・松田記者がタイムリー二塁打で続き、2点差。なおも二、三塁と一打同点のチャンスだったが、坂本は浅いセンターフライ,マッスル千代の富士はショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。和田は7回無失点でハーラー単独トップの9勝目。東野の連勝は8でストップ。イースタン二冠王の好成績を引っ提げて、大田が8番ファーストでプロ初スタメンに起用されたが、ショートゴロ2つに三振と3タコに終わり、第4打席目では代打を送られる有様だった。

◆F9−0D◆
中日先発・中田賢に対し、日本ハムは初回、一死二塁から稲葉の9号2ラン,糸井の5号ソロと一発攻勢で3点を先制。4回には無死三塁からあの男が犠飛を打ち上げると、二死後、鶴岡に3号ソロが飛び出し、中田賢はこの回限りでKO。5回には弾丸所持による出場停止処分がようやく解けて、今季初登板となった寝損に対し、いきなり連打を浴びせると、稲葉がこの日2本目の10号3ラン。更に、一死満塁とした所で鶴岡が犠飛を放ち、ダメ押しの9点目。8回からは高橋由伸−加藤武と繋いで、完封リレーを達成。先発のダルビッシュは7回を散発3安打無失点に抑え、5勝目を飾った

◆L2−6C◆
主砲・栗原が骨折で戦線離脱する非常事態にも拘わらず、野村監督は求道者・前田をDHですらスタメンに起用しない大暴挙を敢行。落胆の色を隠せない広島先発・大竹に対し、西武はいきなり無死一、二塁のチャンスを作ると、中島が先制タイムリー。更に、栗山が送った後、ブラウンが犠飛を打ち上げ、2点目。しかし、2,3回と立て続けに二死満塁のチャンスを逃すと、徐々に流れは広島へ。5回、広島は赤松,天谷,小窪の3連打で1点を返すと、石原が送って、二、三塁となった所で東出がレフト前へ逆転の2点タイムリー。7回には一死から石原が7号ソロを放り込むと、二死後、梵がヒットで出た所で嶋が3号2ランを放ち、ダメ押しの3点を追加。中11日で登板した大竹は西武の拙攻に助けられながら、6回を2失点で切り抜け、ようやく今季初白星となった

◆M2−4T◆
2回一死からブラゼルの18号ソロで先制した阪神は4回には二死走者なしからJ.マッケンジーがレフトスタンドへ10号ソロ。続く5回には二死からマット・マートンが二塁打を浴びせると、キュラソ星人がライト前へタイムリーを放ち、3点目。ロッテ先発・吉見はこの回限りで降板となった。更に、阪神は7回、3番手・古谷がキュラソ星人が6号ソロを放り込み、1点を追加。4点を追うロッテは8回二死から今江の4号ソロでようやく1点。9回には守護神・藤川から代打・竹原のタイムリー二塁打で1点をあげ、一発が出れば同点と言う見せ場を作ったものの、最後は代打・ムニスが三振に斬って取られた。阪神先発・ソニックは8回を1失点の好投で5勝目をマークした

◆E1−4S◆
初回の一死二塁に始まり、2回二死一、三塁,3回一死一、二塁,4回二死一塁と再三再四のピンチを潜り抜けたヤクルトは5回、相川のヒット,鬼崎のインターフェアー,青木の内野安打で二死満塁のチャンスを掴むと、田中,ガイエルの連続タイムリーで3点を先制。拙攻続きの楽天はその裏、聖沢,高須の連打で無死一、三塁とまたも絶好のチャンスを作るが、一死後、鉄平が最悪のセカンドゴロゲッツーを食らい、またも無得点。6回先頭の中村紀の10号ソロでようやく1点をあげるが、後が続かない。ヤクルトは7回に田中のタイムリーでダメ押し。その裏から、増渕−マツ・オカ−林と1回ずつ繋いで逃げ切った。先発・石川は6回で10安打を浴びながらも、無四球と安定した制球を見せ、1失点で凌ぎきっての2勝目。楽天は毎回走者を出し、ヤクルトを上回る12安打で1点の拙攻が響き、交流戦初優勝の可能性が消滅した。

◆Bs7−1YB◆
初回にスレッジのタイムリーで先制された偽バファローズだが、3回、二死走者なしから下山,後藤と連打を浴びせた所でカブレラがレフトスタンドへ10号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。5回には村田のエラー,後藤のヒットの後、またもカブレラにタイムリーが飛び出すと、更に、ティー岡田が13号3ランをぶち込んで、大きく突き放した。偽バファローズ先発の山本は2回以降は追加点を許さず、6回1失点で6勝目。西武が敗れた為、偽バファローズは交流戦初優勝へ王手をかけた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:10コメント(0)トラックバック(12) 

April 15, 2010

4/15坂本・内海◆G5−2T◆
宿敵巨人相手に敵地での3連勝を目論む阪神はマット・マートンの先頭打者本塁打で電光石火の先制点を獲得。更に、この後、エラーと内野安打で二死一、二塁と地味にチャンスを広げたが、J.マッケンジーがサードライナーに倒れて、1点止まり。存命ならば、キムタクの38歳の誕生日となる筈だったこの日、気迫の籠もった投球を見せる内海は2回以降は阪神に付け入る隙を許さずに7回まで無失点。一方、来日初登板初先発となる謎の新助っ人・フォッサムは6回まで散発3安打無失点の快投を展開していたが、追加点を欲しがって7回の攻撃で代打を出してしまったのが運の尽き。その裏から登板の西村に対して、巨人は先頭の阿部が二塁打。一死後、3番手・筒井に対し、亀井が四球で歩くと、二死後、4番手・メッセンジャーから代打・脇谷が粘って四球を選び、満塁のチャンス。ここで坂本は初球を激振すると、これが左中間スタンドに飛び込む4号グランドスラムとなり、一気に逆転に成功。8回、昨日に続いてのリリーフ登板となった山口が内野ゴロの間に1点を失うも、その裏、寿司職人ラミレスに7号ソロが飛び出し、決定的な1点を追加。最後は越智がピシャリと締め括り、3連敗を阻止。代打を出された回に逆転して貰った内海は球団史上5人目となる開幕4連勝。特別な日にキムタクへウイニングボールを捧げる事が出来た内海はお立ち台で感極まって涙を流した。

◆D7−4YB◆
3度目の正直でプロ初勝利を掴みたいルーキー・加賀。先頭の荒木を三振に斬って取ったまでは良かったが、続く藤井にヒットを浴びると、森野にはタイムリー二塁打を浴び、先制を献上。2,3回と3人ずつで抑え、立ち直ったかに思われた矢先の4回、またも森野に痛打されると、ブランコに内野安打,ベンちゃんに四球を許して、無死満塁の大ピンチ。ここで井端をショートゴロゲッツーに仕留めるも、この間に森野の生還を許すと、続く野本にはセンター前へタイムリーを浴びて、2失点。6回にも一死二、三塁のピンチを作った所で無念の降板となり、またも初白星はお預け。このピンチは2番手・真田が何とか切り抜けたが、8回、4番手・木塚が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに5号ソロを被弾。これで一気に士気が落ちた横浜相手に中日は4連打と畳み掛けて、ダメ押しの3点を追加。完封目前となった中日先発・吉見だが、9回一死二塁からスレッジの打球直撃を食らい、無念の降板。ここで代わった鈴木に対し、横浜はは二死後、吉村のタイムリー内野安打で完封を免れると、更に、連続四球を選んで、押し出しの2点目を追加。ここでついに守護神・岩瀬を引っ張り出すと、代打・武山が2点タイムリーを放ち、なおも一、二塁と一発が出れば、一気に同点のチャンス。しかし、反撃もここまで最後は代打・金城がショートゴロに倒れ、万事休す。9回途中まで2失点の力投を見せた吉見は2勝目を飾った。

◆C1−2S◆
来日3連勝を狙うバーネットに対し、広島は初回、先頭の東出がレフト前に弾き返すと、梵の犠打で二進。ここで末永がセンター前へタイムリーを放ち、先取点をゲット。早々と援護を貰った広島先発・前田健は6回まで僅かに1安打に抑え込む素晴らしい投球を展開。しかし、7回、先頭の飯原に痛打されると、一死後、宮本,デントナと連打を許し、満塁のピンチ。ここで藤本をセカンドゴロに打ち取るが、この間に飯原が返って、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わった篠田に対し、ヤクルトは二死から宮本が四球を選ぶと、続くデントナがタイムリー二塁打を浴びせて、ついに勝ち越し。その裏、守護神・林が3人で締めて、1点差を守りきった。2番手の押本は今季初白星広島はまたもや求道者・前田を使いそびれる大失態を犯し、痛恨の1点差負けとなった。

◆Bs1−5H◆
ペタジーニを緊急獲得すると言う仰天補強を披露し、合流が待たれるソフトバンクは3回、先頭の松田がライト前へ弾き返すと、これを下山が後逸。ボールが転々とする間に一気に三塁を陥れた松田は続く山崎の犠飛で先制のホームイン。一方、ソフトバンク先発・和田の前に3回までパーフェクトと沈黙していた偽バファローズは4回、先頭のハイツ田口がチーム初安打となる二塁打。続く下山が送った所で後藤がセンターオーバーのタイムリー二塁打を浴びせて、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた土壇場9回、3回の松田のヒット以降、5者連続三振を含む18人連続凡退と完璧に抑えていた偽バファローズ先発・近藤だが、先頭の代打・柴原の高く跳ね上がったピッチャーゴロを処理して、一塁へ痛恨の悪送球。これで動揺したのか、続く川崎のバントを処理した際、今度は三塁へ悪送球を犯して、やらずもがなの勝ち越し点を献上。更に、本多に犠打を許した後、オーティズにフェンス直撃のタイムリー二塁打を浴び、ついにKO。ソフトバンクはこの後、二死一、二塁からハマのスペランカーの走者一掃タイムリー二塁打でダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながらも登板した守護神・馬原が2安打を浴びながらも、無失点に抑えて、逃げ切った。和田は8回を3安打1失点の好投で3勝目

◆F3−6M◆
3タテを狙うロッテは3回、一死二塁から西岡のタイムリーで先制すると、続く4回にはサブロー,的場のタイムリーで2点を追加。その裏、8日ぶりのスタメン復帰となった稲葉の今季初アーチとなる2ランで1点差と詰め寄られるが、直後の5回、一死二塁から井口がタイムリー二塁打を放つと、更に、二死満塁とチャンスを広げた所で代打・ゼブラ今岡が2点タイムリーを浴びせて、点差を4点と拡大。その裏、ここまで今季1安打しか打てていない鶴岡のタイムリーで1点を返した日本ハムは8回、二死満塁のチャンスでこの日一発を放っている稲葉に繋いだが、サードゴロに終わり、三者残塁。9回も抑えの小林宏相手に一発が出れば同点と言うチャンスを作る粘りを見せたものの、最後は糸井が打ち取られ、屈辱の3連戦3連敗。勝ったロッテはこれで早くも貯金10。先発・川越は5回3失点でマウンドを降りたが、打線の援護に恵まれ、2勝目をあげた

◆L7−3E◆
西武は初回、いきなりの3連打で1点を先制。3回に先発・オツが3連続四球で押し出しをかまし、同点とされるも、4回、無死満塁のチャンスに高山が勝ち越しの2点タイムリー二塁打。更に、続く上本にも2点タイムリーが飛び出し、この回、一挙4点。6回にはエラーで貰ったチャンスに片岡が犠飛を打ち上げると、続く7回には中村が3号ソロを叩き込み、ダメ押し。楽天は終盤、2点を返したが、及ばず、3連戦3連敗。先発・ラズナーも開幕3連敗となった。オツは6回1失点でようやく今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:12コメント(0)トラックバック(26) 

April 08, 2010

◆T5−8G◆
初回、坂本の三塁打,松本のタイムリーであっと言う間に先制した巨人は更に、ガッツが歩いた後、寿司職人ラミレスが4号3ランと打者4人で早くも4得点。阪神先発・小嶋は2回で降板を余儀なくされた。阪神は4回にも阿部のタイムリーで1点を追加され、ワンサイドゲームの様相を呈してきたが、その裏、3連打で1点を返すと、二死後、マット・マートンが2号3ランをぶち込んで、一気に1点差と詰め寄った。突き放したい巨人は5回、二死一塁からファーストとしてスタメン復帰の亀井が15打席ぶりのヒットでチャンスを広げた所でルーキー・長野が2号3ランを放ち、点差は4と拡大。6回から登板の久保は3回を無失点と阪神の勢いを止める好リリーフを展開。最後は小林が失点したものの、大事には至らず、この3連戦勝ち越し。先発・内海は5回で降板となったものの、無傷の3勝目を手にした。

◆YB2−1D◆
新助っ人・バルデスに対し、横浜は3回、四球の石川を下園が送った所で内川がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には二死三塁から投手のはーちゅんが自らを援護するタイムリー二塁打を放ち、2点目。4回まで1安打と沈黙していた中日は5回に野本の犠飛で1点を返し、更に小山も二塁打で続いたが、バルデスの代打・小池が打ち上げて、同点ならず。6回以降、横浜の継投の前に2四球を選んだだけのノーヒットに抑え込まれ、連勝はついに6でストップ。横浜先発・はーちゅんは7回1失点で今季初勝利

4/8前田健◆S0−4C◆
前田健,石川の両先発が毎回の様に走者を出しながらも、あと1本を許さない粘りの投球で両軍先制点が奪えない。0−0で迎えた5回、広島は野手陣がアテにならないならばと前田健が自ら二塁打を放って、口火を切ると、一死後、梵の犠飛で先制のホームイン。前田健は7回にも自らのヒットでチャンスを作ると、東出,栗原のタイムリーで貴重な3点を追加。9回から高橋−シュルツと繋いで、完封リレーを達成した広島は今季初の3連戦勝ち越し。前田健は完封も完投も逃したものの、8回無失点で2勝目。一方、ヤクルト先発・石川は開幕3連敗となった。

 

◆H9−1M◆
初回に井口の二塁打で先制を許したソフトバンクだが、2回に長谷川の犠飛で追い付くと、一気に流れを引き寄せる。続く3回には本多の1号2ラン等で3点を勝ち越し。更に、4回にはオーティズ,小久保の連続アーチ等で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。先発・和田は2回以降は散発2安打と二塁すら踏ませず、計15三振を奪う会心の投球で完投勝利を収めた。

◆F8−4E◆
日本ハムの先発は来日初登板で1回投げただけで故障を発生させ、リタイアしていたケッペル。稲葉をスタメンから外した新オーダーで1,2回と1点ずつ援護を貰ったものの、3回、四死球を連発した上、暴投でピンチを広げる独り相撲を演じた挙げ句に、聖沢に2点タイムリーを浴びて追い付かれる始末。しかし、4回、日本ハムは二死満塁から糸井,飯山,田中と3連打で一気に4点を勝ち越し、楽天先発・ラズナーをKO。楽天は6回に山崎の史上46人目の通算3000塁打となる2戦連続2号2ランで応戦するも、日本ハムは7回に高橋,小谷野の連続タイムリーでダメ押し。連敗を3でストップさせた。ケッペルは6回4失点ながら来日初白星

◆L4−5Bs◆
今月に入ってから未だに白星のない偽バファローズはこの日も先発・近藤が奮わず、2回までに5安打を浴びて、3点のビハインド。久々に好投を見せるオツの前に4回二死まで1安打と沈黙していた偽バファローズだが、ここからカブレラ,ラロッカが連続アーチ。続く5回には坂口,赤田と連続タイムリーで逆転に成功し、オツをKO。しかし、7回に後藤のタイムリーエラーで同点とされ、試合は延長に突入。迎えた10回、偽バファローズは2イニング目となるシコースキーに対し、一死三塁から後藤が汚名返上のタイムリーを浴びせて、勝ち越し。最後はレスターが三者三振斬りで締め括り、ようやく4月初勝利を掴んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:56コメント(0)トラックバック(23) 

October 11, 2009

◆S4−3D◆
プロ初登板となるヤクルト先発・山本の前に5回まで僅かに2安打と沈黙していた中日だが、6回、先頭の井端が二塁打を浴びせると、荒木が送って、一死三塁。ここで打点王を狙う森野がライト前へ先制タイムリーを放ち、打点単独トップに躍り出る。しかし、続くブランコは川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ39号2ランを叩き込み、あっと言う間に森野を抜い抜き、打点単独トップに浮上。3回を1安打7三振と言う快投を展開していたにも拘わらず、またもや炸裂した姑息な最多勝援護の為、早々にマウンドを引きずり下ろされたウッチャンに代わり、4回から登板していた吉見はその裏、志田,川本と連打を浴びると、森岡に犠打を許した後、鬼崎にタイムリーを浴び、この回限りで降板。続く7回にはゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ますと言う卑劣極まりない方法でも使わない限り、とてもプロでは通用しない投手として描かれると言う水島の呪いを受けて以来、2年近く白星をあげられないでいる3番手・山井が福地にヒット,野口に四球を許して、無死一、三塁のピンチを背負うと、畠山に犠飛を打ち上げられ、1点差。更に、ここでデントナにレフトポール際へ逆転21号2ランを被弾し、吉見の単独最多勝は消滅。ビデオで見てもフェアである事が明らかなこの打球に対し、ファールと異議を唱え、ネチネチと17分も無駄に抗議をかました落合監督は遅延行為により退場となった。リードを奪ったヤクルトは松岡−押本と繋いで、逃げ切りに成功。2回をパーフェクトの好リリーフを見せた松岡に6勝目がついた。

10/11 野村監督◆E0−5H◆
創設以来初のAクラス、しかも2位を確定させたにも拘わらず、ノムさんを事実上の解任としておきながら、いけしゃあしゃあと名誉監督(仮)などと名前だけでっち上げたポストへの就任を要請して、ご機嫌取りと他球団への流出阻止を兼ねた飼い殺し政策を図った上、殆ど内定していた雀士東尾案を白紙に戻してまで、求道者・前田を長期に渡ってシメ倒し続ける愚行を犯した挙げ句、結果を出せずに斬首されたばかりのブラウンを次期監督筆頭候補に立てると言う訳の分からない人事で発足初期の悪の温床ぶりが甦りつつある球団のやり口に加え、リンデンが監督批判でノムさんの逆鱗に触れて登録抹消されるなど、相次ぐお家騒動に意気消沈の楽天ナイン。これに対して、ソフトバンクは初回、一死から川崎,松田の連打で二、三塁のチャンス。ここで小久保はショートゴロに倒れるも、この間に川崎が先制のホームイン。更に、続くオーティズがライト前へタイムリーを放ち、この回2点。5回には一死から本多がセンター前に弾き返すと、続く川崎が4号2ランを放り込み、4点のリード。更に、5回には先頭の田上が26号ソロを叩き込み、5点目を追加。楽天は7人の投手を注ぎ込むソフトバンクの小刻みなリレーの前に散発6安打完封負けを喫した。ソフトバンク先発・和田は5回無失点で5月22日以来となる4勝目を飾った。これでパ・リーグは全日程を終了した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(15) 

April 03, 2009

◆G3−6C◆
昨年、投手三冠を争ったグライシンガー,ルイスの助っ人同士の投げ合いとなれば、1点を争う投手戦が期待されたが、序盤から点の取り合い。初回に先制された巨人がガッツ,寿司職人ラミレスの連続アーチで3回に逆転したのも束の間、広島は4回にブラウンの理不尽な続投により辛くも残留となったシーボルが同点2ランを浴びせると、更に、4本の単打を集中して、一気に3点を勝ち越し。グライシンガーを早々とKOし、その儘、逃げ切った。反攻勢力の牽制の為、使う気もない求道者・前田の開幕スタメンを示唆したブラウン監督だが、腰痛が発覚するや、これ幸いと大喜びの本音を内に秘めつつ、まるで気遣っているかの様にスロー調整を指示して、体よく三軍に追いやる事に成功。開幕前からケチがついてしまったブラウン暗黒政権だが、V3を狙う巨人相手に白星スタート。順調に調整に勤しんでいたら、突然、国外出張を命じられ、調子が狂わないかと心配された栗原は開幕早々猛打賞の大爆発で杞憂に終わりそうな気配。当ブログの今季一押し助っ人・アルフォンゾは1度として走者のいる場面では回って来なかったが、とりあえず、第2打席にうまくおっつけてセンター前に弾き返して、来日初安打を放った。

◆D4−1YB◆
WBCに一人も選手を派遣せず、優勝したら派遣しなかったおかげ…、優勝逃したら派遣しなかったくせに…と、どう転んでも、嫌味を言われる運命となった今季の中日。T.ウッズ,中村紀の両大砲が抜けても、展開する野球の質に変わりはない様で、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに新助っ人・ブランコが先制アーチ,川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が勝ち越しアーチ,川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが中押しアーチ,川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが2打席連続のダメ押しアーチと、全打点をソロアーチで稼ぐ極度の一発異存症を開幕早々に見せつけた。よもやの開幕投手に指名された浅尾は8回を無四球自責点0の好投を飾ったのが、明るい材料か。オープン戦で大爆発だった藤井は3タコに終わったが、オープン戦で今季のヒットを打ち尽くしてしまった…なんて事にならない様、祈るしかない。開幕戦6連敗のハマのチンピラは懲りずに開幕投手となったが、4発被弾でプロ野球新記録の開幕戦7連敗。村田不在で期待の懸かる夢の100敗へ好スタートとなった横浜は松本,山崎と両ルーキーがスタメン出場したが、松本が4タコに対し、山崎は3打数3安打と大きく明暗が分かれた。

◆T5−2S◆
この日、41歳の誕生日を迎えたキュラソ星人が今季も健在ぶりを見せつけた。初回のチャンスに先制タイムリー二塁打を浴びせると、3回にはライトスタンドへ豪快な1号アーチ。2回は関本の3ランもあり、序盤から楽になった安藤が悠々自適に7回2失点の好投。8回からはウィリアムス−藤川の必勝リレーで逃げ切った。WBCで打たれた訳でもないのに先発要員のダルビッシュに抑えの座を奪われると言うケチがついただけに心配された藤川はエラー絡みとは言え、一死一、三塁のピンチを背負うなどヒヤリとさせる内容だったが、果たして、今季無事に乗り切れるか!?

◆H8−0Bs
WBCに選ばれたはいいが、全く出番がなく、実戦調整を殆ど出来なかった小松と、WBCから漏れたおかげで万全の調整が出来た和田が、文字通り、明暗分かれる結果となった。初回から松中の犠飛で先制を許した小松は3回には森本,松中の連続二塁打で3失点。5回にも松中,小久保に連続タイムリーを浴びて、悪夢の7失点KO。一方、和田は通算アーチ1000発を越える助っ人4人が居並ぶ偽バファローズ打線に付け入る隙を全く許さず、3安打14三振の快投で完投勝利。3安打5打点と大活躍の松中は史上24人目の1000打点を達成。秋山新政権は投打噛み合う快勝で最高のスタートを飾った。小松は実質2年目のジンクスとか言う以前にやはり、WBCによる調整不足を今後も引きずらないか心配だ。

4/3 岩隈◆F1−3E◆
岩隈,ダルビッシュの絶対的エースが開幕早々に激突。WBCでは岩隈の後塵を拝したダルビッシュが巻き返しを図りたい所だったが、初回から青波の長瀬に被弾するなど、3失点。以降、追加点を許さぬ儘、完投したが、打線の援護がなく、無念の黒星スタートとなった。岩隈は相変わらず、制球主体の丁寧な投球で6回を1失点。「短期間で使い込むとすぐ壊れるガラスのエース」と評するノムさんは僅か59球ながら、WBC疲れを考慮して早々と降板を命じるも、後を継いだリリーフ陣が踏ん張った。巨人から島流しに遭ったあの男は相変わらず、故障の回復が遅く、DHでのスタメン出場となったが、4タコと新天地でも怒濤のインケツぶりを遺憾なく発揮しそうな気配だ

◆M2−5L◆
亡命先から帰ってきた井口のタイムリー二塁打で先制したロッテだが、連覇を狙う西武はボカチカ,細川と一発攻勢であっさり逆転勝利。WBCで自信をつけた…かどうかは分からないが、片岡は4安打の大当たり…とは言え、1度として得点に絡む事はなかった。個人的に西武最大の注目株は干されていた巨人から移籍の清水な訳だが、開幕スタメンを勝ち取ると、3打数3安打の大活躍。まだ1試合だけでは何とも言えないが、かつての安打製造機の完全復活を祈るばかりである。とりあえず、交流戦で巨人と当たるまでは、好調をキープして欲しいものだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(49) 

June 15, 2008

◆E3−0G◆
立ち上がりから制球が定まらない巨人先発・グライシンガー。2回までは何とか踏ん張っていたものの、3回、一死から連続四死球でピンチを作ると、草野,山崎武と連続タイムリーで3点を失い、あえなくKO。直後の4回、巨人はガッツ,松田記者のヒットで一死一、二塁のチャンスを作るも、阿部,古城と倒れて二者残塁。8回には一死一、三塁のチャンスにガッツがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも無得点。9回も二死から阿部がヒットで出たが、古城がレフトへ打ち上げ、完封負け。連敗を3で止めた岩隈はリーグ一番乗りの10勝目を飾った。

母国で体験した事のない昨日の大地震でベッドにしがみついて震えていたと言う後遺症か、グライシンガーがよもやの3回KO。リリーフ陣はよく粘ったが、岩隈の前にあえなく完封負け。戦線離脱していたマッスル千代の富士が1番スタメンで復帰したが、4タコと沈黙。これでまたまた借金完済の道は遠のいてしまった。

◆Bs2−4
中日は偽バファローズ先発・近藤の前に5回まで散発2安打と沈黙。しかし、偽バファローズ打線はの毎回の様にヒットを放ちながら、2併殺を食らうなど、中日を彷彿とさせる拙攻三昧で先制点を奪えない。0−0で迎えた6回、中日は先頭の荒木が内野安打で出ると、すかさず二盗。続く藤井の犠打がカブレラのエラーを誘うと、ここから中村紀,T.ウッズ,ベンちゃんと3連続タイムリーで4点を先制し、近藤をKO。無死二塁と追加点のチャンスだったが、後続を断たれて、4点止まり。8回に後藤の5号ソロでようやく1点を返した偽バファローズは更に、ヒットの森山を三塁へ進めた所で村松が犠飛を打ち上げ、2点差。土壇場9回、守護神・岩瀬に対して、昨日の再現と行きたい所だったが、この日は三者凡退と返り討ちに遭い、連勝は3でストップした。

エラーに乗じたワンチャンスにたまたまヒットが集中したおかげで辛くも白星を拾った中日。結局の所、先発・中田が踏ん張ってくれたのが大きい。背信投球が続いていた中田だが、4月29日以来の白星。岩瀬も昨日の悪夢を引きずらず、5年連続の20セーブ目を飾った。それにしても、6番に下げられて2試合目の井端だが、この日は開幕から不振の続く立浪に代打を送られてしまった。井端に一体何が起こっているのか気になる。

◆H6−1YB◆
初回、ビグビーのタイムリーで先制されたソフトバンクだが、その裏、すかさず松中が12号同点ソロ。続く2回には二死二塁から中西が2号2ランを叩き込み、勝ち越すと、3回には小久保のタイムリーで1点を追加。更に、5回には二死一、二塁から柴原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、6点目。横浜は6回以降、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ず、和田に今季完投を許して、4連敗。

クリーンアップが揃って2安打ずつ放ちながら、1点しか取れず、またも逆転負けの横浜。水島の呪いの所為なのか、元々、壊滅的に弱いだけなのか分からんが、この儘では、マジで100敗してしまうぞ(現在104敗ペース)。一方、ソフトバンクは投打噛み合っての4連勝。クリーンアップはそれぞれ1安打ながら、全て打点付きな辺りが横浜との大きな違いだ。

◆L2−4C◆
求道者・前田の長期幽閉体制を着々と整えつつあるブラウン監督は案の定、この日も求道者・前田をベンチに軟禁。重苦しい空気に包まれながらも、広島は初回、二死三塁から栗原のタイムリーで先制。3回には四球の赤松を東出が送った後、オチョアのタイムリーで1点を追加。2点を追う西武はその裏、二死二塁から片岡のタイムリー三塁打で1点を返すと、続く4回にはG.G.佐藤に17号ソロが飛び出し、同点。追い付かれた広島は6回、先頭の石原がレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。8回には二死からヒットで出た木村が二盗を決めると、赤松がタイムリーを放って、4点目。その裏から横山−永川と繋いで逃げ切り、3連勝。先発・ルイスは7回2失点でリーグ10勝一番乗りとなった。西武先発・帆足は今季初黒星。

一時は追い付かれた広島だが、再び突き放して、3連勝。投げてはルイスが10勝一番乗り,永川が史上19人目の通算100セーブ。一見、文句はつけられない展開なのだが、この日も求道者・前田を使わずして勝ってしまい、ブラウン監督暗黒采配がよりエスカレートするかと思うだに気が気でない。最近の広島戦レビューはこんなんばっかりで気が重くなる一方だな。こんな調子で求道者・前田が引退やら移籍やら考え出したら、どうしてくれるんだよ。求道者・前田の起用を主張し、ブラウン監督に無言の抗議をしていた(と思われる)高橋も反乱分子扱いされて(?)、首の違和感を建て前に登録抹消だってさ…。

◆F1−3S
0−0で迎えた3回、ヤクルトは先頭の川島慶が二塁打で出ると、福地の犠打で三進。ここで宮本のファーストゴロが野選を誘い、川島慶が先制のホームイン。5回には一死から宮本がヒットで出ると、青木がタイムリー二塁打。更に、二死後、ユウイチにもタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。6回には一死満塁とダメ押しのチャンスを掴むが、宮本,青木と倒れて、三者残塁。背信投球が続いていた先発の村中は7回まで無失点に抑える好投を展開。8回に押本を挟み、9回から守護神・林が登場。昨日は悪夢のサヨナラ負けを喫した林だが、この日は稲葉,スレッジと簡単に打ち取り、あっと言う間に二死。ここから代打・小田に被弾し、続く三木にも痛打され、嫌な空気が漂ったが、最後は代打・工藤をレフトファールフライに退け、辛くも逃げ切った。

4連敗含む5戦白星なしと完全に新人王争いから脱落していた村中が久々の好投。泥沼モードに陥ってからこの上なくスローペースで投球回数を伸ばしていたが、今回は一気に7回まで投げ抜いた。課題の制球難もクリアし、四球は僅かに1つで5月9日以来の白星。中日・吉見や阪神・岩田とは大分水を空けられてしまったが、ここから巻き返しを見せて欲しいものだ。

◆M10−9T◆
阪神の先発はプロ初登板となる3年目の鶴。しかし、いきなり西岡,根元,フクーラの3連打で先制点を許すと、大松を歩かせた後、里崎,オーティズにも連続タイムリーを浴びて、一死も取れずに無念のKO。代わった江草もベニー松山にタイムリーを浴び、この回6失点。ロッテは続く2回にもオーティズの犠飛で1点を追加。大量7点を追う阪神は3回に二死満塁と絶好のチャンスでキュラソ星人がファーストゴロに倒れて三者残塁。5回にも先頭打者を出しながらゲッツーで潰してしまう。6回、4長短打を集中してようやく3点を返したものの、その裏、大松の2点タイムリー三塁打で再び突き放される始末。これがダメ押しになったかと思いきや、粘る阪神は8回にキュラソ星人の11号2ラン,代打・葛城イクローの1号2ランで一気に2点差と詰め寄ると、土壇場9回には鳥谷のタイムリー,矢野の犠飛でついに同点。しかし、その裏から登板の渡辺が二死からオーティズを歩かせると、続く代打・ズレータにタイムリー二塁打を浴び、惜しくもサヨナラ負けとなった。

初回の大量6失点が最後まで響くと言う昨日とまるっきり同じ展開。それでも9回に追い付いたのは凄かったが、そこまで行っても…、いや、そこまで行ったからこそ負けてしまっては仕方がない。何で今日の先発はよりにもよって鶴だったんだろう。4回1失点の江草を最初から使ってりゃ良かったよな…と言う結果論になってしまった。谷間だとしても他にいなかったのか? それにしても、6点差つけて降板したのに、白星を消されてしまった小林宏は可哀想だ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(3)トラックバック(77) 

April 20, 2008

◆C5−4G◆
最近当たりの出てきた横浜打線より、貧打の広島打線相手に何とか今季初白星をあげさせてやろうと言う親心なのか、6人目の先発候補にメドが立たない為の苦肉の策なのか、はたまた、どうせ来年はいないので幾ら使い潰した所で問題ないと言う非情な起用なのか、上原が今季初の中4日登板。初回からガッツの4号2ランで援護を貰った上原だが、中4日が故に回復が間に合っていないのか、全く球が走らず、2回に石原の二塁打で1点を返されてしまう。その後ものらりくらりとした投球を続ける上原に対して、広島は5回、一死二塁から天谷,東出,オチョアの3連打で逆転に成功。更に、栗原が歩いて満塁となった所で求道者・前田のセンター後方への痛烈なライナーで東出が生還し、この回3点。上原はこの回限りで降板となり、またも白星ならず。6回には2番手・栂野から石原が2号ソロを放り込み、5点目。3点を追う巨人は8回、ゴンザレスがヒットで出ると、続く古城が2号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄り、なおも無死一、二塁のチャンスを作るが、反撃もここまで。亀井のヘッポコバントの後、ガッツ,マッスル千代の富士と打ち取られると、最後は梅津の前に三者凡退に倒れ、連敗となった。

上原の中4日起用は完全に裏目。栂野や野間口辺りの先発起用ではダメだったのだろうか…。流石に実績が素晴らしいので、今季低迷したからと言って、亡命先が見つからなくなる事はなかろうが、亡命するならば、もう少し覇気のある投球を見せて貰いたいものである。一方、広島の継投だが、横山−コズロースキーと来れば、最後は永川…と思いきや、出てきたのは梅津。まだまだ永川は信頼されていない様で何だか哀れである。この日、密かにキーポイントになったのは、5回の天谷,東出の好守ではなかろうか。よりにもよって、ゴンザレスの会心の打球を捕るとは、おにょれ、天谷…。バックが盛り立ててくれると、投手のモチベーションも上がっていくもの。レフトに大穴を抱えると言うそれだけで初回から常にピンチの巨人はなかなかそうもいかないのである。

◆YB1−3D◆
依然として一発頼みの大味野球を続けざるをえない中日は2回、ハマのチンピラに対して、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が6号ソロを放ち、1点を先制。開幕から20イニング無失点の快投を続けている中日先発・吉見はこの日も再三のピンチを切り抜けながら、4回まで無失点。しかし、5回、ヒットの相川を三塁に置いて、ガッツな貴公子・仁志にライト前へ弾き返され、25イニング目にして、ついに今季初失点。直後の6回、中日は井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。更に、7回には谷繁のタイムリー二塁打で3点目を追加。横浜は土壇場9回、守護神・岩瀬相手に二死から代打・内川,ガッツな貴公子・仁志が連打を浴びせて、一発逆転のチャンスを作ったものの、最後は金城が倒れて、あと一歩及ばずなかった。

横浜はこの日も10安打で1点と拙攻に泣いた。折角、中日がクリーンアップ11タコでも、一発依存野球を展開するなど攻めあぐねていると言うのに、お付き合いで拙攻かましてどうするんだか…。ハマのチンピラは早くも3敗目。白星を争っているはーちゅんがなかなか白星をあげられずにいる為、余裕ぶっこいているのか、元々公約を破る気満々なのでモチベーションに繋がらないのか…。

◆S2−4T◆
新人王を争うライバル・村中に続きたい増渕だったが、初回からキュラソ星人に4号2ランを被弾し、先制点を献上。ヤクルトはその裏、田中,青木の連打で二、三塁となった所でガイエルが犠飛を打ち上げ、1点差。直後の2回、増渕は二死満塁の大ピンチを迎えるも、平野を打ち取り、難を逃れると、以降も走者を出しながらあと一本を許さず、味方の援護を待ち続ける。しかし、ヤクルト打線は3回一死一、二塁,6回二死一、二塁のチャンスを生かせず、あと1点がどうしても届かない。1−2の儘、迎えた7回、増渕が簡単に二死を取った所で高田監督は何故か、佐藤にスイッチするも、これが裏目。佐藤は連続四球であえなく降板すると、3番手・花田も新井,キュラソ星人と連続タイムリーを浴びて、2失点。阪神はその裏から久保田を投入。代わりばな代打・福地に被弾するも、以降は8回までノーヒットに抑えると、最後は藤川が三者三振締めで球団タイの10連続セーブ。先発・杉山は5回降板ながら、今季初勝利を飾った。

新井,キュラソ星人が揃って打点をあげると勝つジンクスがまたも炸裂。杉山に待望の白星をもたらした。1週間ぶりのマウンドとなった藤川も見事な投球。間隔が空いた事で調子を狂わす事もなく、いい休養となった様だ。それにしても、何故、高田監督はあそこで増渕を代えてしまったのか? 実際に見ていなかったので真相が謎なのだが、もし故障でないならば不可解極まりない。

◆F2−4H◆
ソフトバンクは初回、仲沢,柴原の連打で一、三塁とした所で松中が先制犠飛。4回には荒金のタイムリー二塁打で1点を加えると、続く5回には二死走者なしから仲沢,柴原,松中の3連打で3点目。ソフトバンク先発・和田は7回まで散発4安打無失点と完封ペースの好投を見せていたが、8回一死から田中,稲葉に連続被弾し、KO。しかし、代わった小椋が後続を断ち切ると、9回には松中が犠飛を打ち上げ、ダメ押し。最後はホールトンが3人で締め括り、3タテを回避。和田はようやく今季初白星。

和田の復帰初勝利は何よりだが、結局、この日はホールトンが最後を締めており、ガトームソンの起用法はますます混沌としてきた印象。状況に拘わらず、起用する便利屋中継ぎ要員としてしまうのは勿体ないと思うのだが、今季の杉内や新垣より安定感は上とは言え、この二人をローテから外す訳にもいかんしなぁ…。打つ方では仲沢,柴原が3安打とチャンスメーカーとして活躍。松中は2犠飛含む3打点としぶといバッティングで4番の仕事を果たした。日本ハムはスレッジが4戦連発ならず。一方、スレッジが本数を伸ばしてきた事で、対抗心が芽生えたのか、田中が10試合ぶりの一発。チーム本塁打王の座を密かに狙っているのか?

◆Bs0−6M◆
ロッテが2,3回と一死二塁のチャンスを逃せば、偽バファローズも3回一死一、三塁,4回一死二塁のチャンスを生かせない。0−0の儘、迎えた5回、ロッテは二死から今江の二塁打,根元の三塁打と連打を浴びせて、ついに先制点をゲット。6回には大松,橋本の一発等で4点を奪い、偽バファローズ先発・近藤をKO。更に、代わったヤングから今江も今季初アーチを放り込み、ダメ押し。ロッテ先発・成瀬は5回以降一人の走者も許さず、8回まで投げきると、最後は荻野が締めて、完封リレーを達成。成瀬は3勝目をマークした。

今季初の3連勝を狙った偽バファローズだが、近藤が一発攻勢で粉砕されて、連勝ならず。投げる度に徐々に内容が悪くなっていっている近藤が少々心配だ。一方、成瀬は貫禄の8回無失点。完封を狙わせても、今季初完封も狙えそうだったが、荻野の調整登板の為に引っ込められてしまったのは残念だ。

◆E3−4L◆
本拠地無敗の内弁慶ぶりを見せ続ける楽天に対して、西武はブラゼルの両リーグ1番乗りとなる10号2ランで先制。その裏、山崎武の2点二塁打で追いつかれたのも束の間、2回には一死満塁から片岡の併殺崩れの間に勝ち越しに成功。1点を追う楽天は6回に一死満塁と一打逆転の場面を築くが、鉄平,代打・憲史と倒れて、三者残塁。いよいよ本拠地で今季初黒星か!?と言う空気が漂ってきた8回、一死から山崎武が6号ソロをぶち込んで、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。楽天は10回から先発の田中を下げ、青山にスイッチするが、これが裏目。一死から片岡に三塁打を浴びると、痛恨の暴投を犯して、やらずもがなの勝ち越し点を献上。その裏、抑えのグラマンの前に三者凡退に倒れ、開幕から続いていた楽天の本拠地連勝は8で潰えた。

山崎武の一発が出た時には、やはり連勝を伸ばすのかと言う期待もしたのだが、暴投で決まってしまうとは…。本拠地であっても、接戦での弱さは変わらなかった訳だ。田中は悪いなりにもよく粘っていたのだが、3安打と一人気を吐いていた山崎武以外の野手が打てなさ過ぎた。敵地での連敗が止まり、本拠地での連勝も止まり、これからはランダムに白黒がつく、つまらない星勘定になってしまうのかねぇ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(71) 

September 05, 2007

◆D1−3G◆
負ければ、首位陥落となる巨人は中日先発・山本昌に対して、2回一死一、三塁からホリンズのタイムリー二塁打で先制すると、更に、松田記者のタイムリーで2点を追加。中日相手に3年間白星のない巨人先発・木佐貫は5回までパーフェクトと完璧な投球を展開。6回に英智に初安打を許し、一死二塁のピンチを迎えるも、崩れる事なく後続を断ち切った。7回二死走者なしから、またも天敵・T.ウッズに33号ソロをバックスクリーンへ叩き込まれて、完封の夢は断たれたが、9回からは守護神・上原がきっちり締めて、首位の座を守った。木佐貫は8回1失点で11勝目。敗れた中日はついに3位転落。

◆S5−3C◆
初回、オチョアに先制弾を許したヤクルトだが、3回一死一、三塁から田中浩が同点タイムリー。更に、ラミレスのサードゴロの間に1点を加え、勝ち越しに成功。5回には宮出が9号2ランを叩き込み、2点を追加。直後の6回、1点を返されるも、その裏、川本が4号ソロを放り込んで、再び点差は3点。土壇場9回、広島は一死二、三塁のチャンスを作り、館山を引っ張り出すと、求道者・前田のセカンドゴロの間に1点。更に、代打・森笠が歩いて、一発で逆転のチャンスを作ったが、最後は代打・嶋が三振に倒れて、万事休す。これで広島はヤクルトと入れ替わりでまたも最下位へ逆戻りとなった。

◆T3−2YB◆
横浜は3回二死二塁から村田のタイムリーで1点を先制。横浜先発・三橋の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた阪神だが、4回、鳥谷の一発で同点とすると、続く5回には二死二塁の場面で早くも先発・上園を引っ込めてまで起用された代打・高橋光がタイムリーを放ち、勝ち越し。更に、連続四球で満塁とチャンスを拡大させたものの、シーツはセンターフライに倒れて、三者残塁。続く6回にはメカゴジラのタイムリーエラーで3点目。6回から久保田−ダーウィン−ウィリアムスと繋いだ阪神は9回から満を持して藤川を投入。藤川は一死から内川に三塁打を浴び、続く相川のファーストゴロの間に生還を許したものの、最後は代打・マイケルを三振に仕留めて、1点差で逃げ切った。これで阪神は6連勝となり、中日を抜いて2位に浮上。上園は5回降板ながらも、金刃に1差と迫る6勝目で逆転新人王の可能性も見えてきた。

◆H5−1E◆
初回を無難に抑えたソフトバンク先発・和田は2回も連続三振で簡単に二死。しかし、ここから牧田に痛打されると、暴投で二進を許した後、鉄平にタイムリーを浴びて、先制点を献上。しかし、その裏、ソフトバンクは連打で無死一、三塁とすると、松田がセンターへ同点犠飛。4回には二死からまたも松田が三塁打を浴びせると、一軍復帰となった大村がタイムリーを放ち、勝ち越し。続く5回にはハマのスペランカー,松中に連続タイムリーが飛び出して、4点目。8回には川崎がダメ押しのタイムリー。最後はセーブのつかない場面ながらもマウンドに上がった守護神・馬原が2人の走者を出しながらも、何とか後続を断ち切った。先発・和田は8回途中まで1点に抑え、12勝目

◆Bs0−2F◆
8月の月間MVPに輝いたダルビッシュが5回まで6三振のパーフェクトに抑え込む快投を展開。一方、偽バファローズ先発・平野佳も全投球で6三振。オリックス平野佳も2回を除いて毎回安打を浴びながらも、粘りの投球で無失点を続けていたが、7回、先頭の高橋にレフトスタンドへ8号ソロを叩き込まれて、0−0の均衡が破れた。その裏、偽バファローズは二死一、二塁と初のチャンスを掴んだが、後藤がショートフライに倒れて、二者残塁。すると、8回、日本ハムは青波の永瀬の犠飛で貴重な2点目を追加。最後は守護神・MICHEALが締めて完封リレーを達成。ダルビッシュは8回無失点10個の三振を奪う力投で14勝目を飾った。平野佳は8回途中まで2失点の好投も虚しく、両リーグトップの12敗目。

◆M2−1L◆
西武は4回まで7安打を浴びせながら、一向に点を奪えない拙攻三昧。西武先発・オツはなかなか貰えない援護を待ちながら、6回まで2安打無失点の力投を展開。何とかオツを援護したい西武は7回、二死三塁から福地のタイムリーでついに待望の先制点をゲット。しかし、それも束の間、その裏、ロッテはオーティズのタイムリー二塁打であっさり追いつくと、更に、早川のタイムリーで勝ち越し。8回からは薮田−小林雅がパーフェクトリレーを見せて、逃げ切りに成功。先発・小野は7回1失点で5勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:41コメント(0)トラックバック(57) 

August 21, 2007

◆G1−3D◆
ゲーム差なしで迎えた首位攻防第1戦。立ち上がり、全く制球の定まらない中日先発・山井は3連続四死球でいきなり無死満塁の大ピンチを迎えると、ガッツにタイムリーを浴びて、あっと言う間に先制点を献上。しかし、なおも満塁の場面で怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがサードゴロに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮した事で立ち直り、続く阿部をゲッツーに仕留めて、追加点を阻止。1点を追う中日は直後の2回、巨人先発・春風亭半ケツに対して、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が同点2号を叩き込むと、4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズがレフトスタンドの看板を直撃する勝ち越し31号ソロ。更に、6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀がレフトスタンドギリギリに飛び込む14号ソロを放ち、3点目。2点を追う巨人は7回、二死一、二塁のチャンスを掴むも、代打・清水がセンターフライに倒れて、二者残塁。8回には先頭の松田記者がヒットで出るも、後続3人があえなく凡退。そして、9回には守護神・岩瀬の前に3人で斬って取られ、万事休す。春風亭半ケツは7回を3安打に抑えながら、その全てがホームランと、川相不在が故のやけくそ一発攻勢に泣く事となった。山井は6回を2安打1失点の好投で2年ぶりの白星。

◆S7−9T◆
ボーク日本新記録を目指す太陽の子エステバン・ジャンが大乱調。初回、いきなり先頭の飯原に死球を食らわせた後、3連打で2点を失い、武内にも犠飛を許して、3失点。続く2回には簡単に二死を取ったかと思えば、青木に痛打された後、寿司職人ラミレスに2ランを被弾。更に、ガイエルを歩かせた後、日本新記録となるシーズン12個目のボークをかまし、イライラは最高潮に達したのか、武内に頭部死球を食らわせてしまい、危険球退場となる散々な展開。しかも、代わった桟原が田中浩に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回4失点。早くも7点のビハインドとなった阪神だが、ここから猛反撃を開始。まず、3回に鳥谷の一発で2点を返すと、続く4回には連打と死球で無死満塁とした所で代打に起用された悠久の若虎・桧山が会心のグランドスラムを叩き込み、ヤクルト先発・松岡をKO。更に、代わった田中充の連続四球でタナボタのチャンスを貰うと、一死後、3番手・鎌田からシーツがタイムリー二塁打を浴びせて、ついに同点。そして、5回には先頭の矢野が6号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。阪神は8回にもシャア少佐のタイムリーで貴重な1点を追加。投げては4回から登板の3番手・桟原が3回を6三振無失点の好リリーフを展開。7回からはウィリアムス−久保田−藤川と繋ぐ必勝リレーが決まり、見事に大逆転勝利を飾った。

◆C4−9YB◆
2年ぶりの先発となる小山田は3回二死までパーフェクトに抑えていたが、投手のはーちゅんを歩かせてからリズムを崩したか、ガッツな貴公子・仁志に痛打されると、石井タクローも歩かせて、満塁のピンチ。ここは金城を打ち取って、切り抜けたものの、続く4回、梵のエラーでピンチを作り、吉村のタイムリーで先制点を献上。この後、連続四死球で満塁とした所ではーちゅん,ガッツな貴公子・仁志と連続タイムリーを浴び、4失点。更に、二死後、金城にタイムリーを許すと、村田には20号3ランを叩き込まれて、悪夢の8失点KO。大量点を追いかける広島は6回、3連打でようやく1点を返し、なおも一、二塁のチャンスに新井が最悪のゲッツー。続く栗原のタイムリーで2点目をあげたものの、求道者・前田が三振に倒れて、二者残塁。続く7回にも代打・井生,東出のタイムリーで2点を返し、なおも一、二塁のチャンスにオチョア,新井が連続三振と今一歩攻めきれない。8回にも無死一、二塁のチャンスを掴みながら、後続3人があえなく凡退。一方、5回から4イニング連続ゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていた横浜だが、9回に村田の犠飛で9点目をあげ、ダメ押し。広島は横浜を4本も上回る13安打を放ちながら、5点差をつけられる拙攻が大きく響いた。主砲・新井は5打席4三振1併殺の大ブレーキだった。

◆H6−0L◆
西武は初回二死一、二塁かG.G.佐藤がレフト前に弾き返すも、本塁を狙った中島がタッチアウト。続く2回にも一死一、二塁としながら、後続が断たれて、二者残塁。一方、ソフトバンクはその裏、松中の15号ソロで1点を先制。更に、連続四死球の後、中村のタイムリーエラー,細川のパスボール,井手の犠飛とノーヒットで3点を追加。6回にはブキャナンのタイムリーで西武先発・岸をKOすると、更に、井手のピッチャーゴロの間にダメ押しの6点目。先発・和田は3回以降立ち直り、8回まで無失点投球。9回は2番手・水田が抑えて、完封リレーで連敗をストップさせた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムは初回、ヒットの劇団ひちょりを田中賢が送ると、稲葉が四球を選んで一、二塁。しかし、青波の長瀬がレフトフライに倒れ、高橋もファーストゴロに倒れて、二者残塁…と思いきや、これを北川がエラーし、タナボタの先制点をゲット。この後、武田勝,平野佳が7回まで相譲らぬ好投を展開。迎えた8回、武田勝は一死から前田を歩かせるも、続く下山をサードフライに打ち取り、二死。ここでヒルマン監督は何故か、武田久にスイッチ。武田久は代わりばな代打・アレンに痛打され、不穏な空気が漂ったが、続くラロッカをサードゴロに仕留めて、ピンチ脱出。一方、コリンズ監督も平野佳が先頭打者を打ち取った所で高木にスイッチする謎の継投を展開。高木は田中賢,稲葉と連打を浴び、あえなくKO。3番手・大久保も二死後、高橋を歩かせ、満塁としたものの、小谷野をセカンドゴロに打ち取り、ピンチ脱出。1−0の儘、迎えた土壇場9回、満を持して登場の守護神・MICHEALは3人で無難に打ち取り、完封リレーで初回の1点を守りきった。平野佳は自責点0ながら、打線に見殺しに遭い、10敗目

◆M8−3E◆
悪の温床・楽天は初回、無死一、二塁からの重盗を仕掛けると、これで里崎の悪送球を誘い、労せずして1点を先制。更に、山崎武が犠飛を打ち上げ、この回、2点。しかし、その裏、ロッテは無死一、三塁からフクーラの内野ゴロの間に1点を返すと、5回には牽制悪送球等で掴んだ一死二、三塁ノチャンスにフクーラが今度は犠飛を打ち上げ、同点。続く6回には二死一、二塁から今江のセンター前タイムリーで勝ち越しに成功。直後の7回、草野の6号ソロで追いつかれるも、その裏、サブロー,フェルナンデスの連続タイムリー二塁打で2点を勝ち越し。ロッテは8回にも3連続タイムリーでダメ押しの3点を加え、3連勝。先発・小野は7回を自責点1で切り抜け、4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:55コメント(1)トラックバック(95) 

July 31, 2007

カリメロ勝◆YB5−1G◆
ルーキー・金刃と大ベテラン・カリメロが先週に続いての激突。横浜が初回、村田のタイムリーで先制すれば、巨人も2回にキムタクのタイムリー三塁打ですかさず同点。続く3回には先頭のマッスル千代の富士がヒットで出るも、松田さんが打ち上げた後、恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがセカンドゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。これでがっくり来たか、金刃はその裏、メカゴジラにタイムリー二塁打を浴び、勝ち越しの2点を献上。巨人は4回にも一死一、二塁のチャンスをホリンズのゲッツーで潰すと、5回には無死一塁から、早くも金刃を引っ込めてまで投入した代打・大道がゲッツーを食らう有様。6回には二死満塁のチャンスにホリンズが打ち上げ、三者残塁。一方、横浜は7回にガッツな貴公子・仁志の犠飛,8回には相川のタイムリーで1点ずつ加え、ダメ押し。巨人は7回以降、一人の走者も出せず、またもカリメロに白星を献上し、首位陥落となった。

◆C3−4D◆
広島先発・黒田はいきなり先頭の井端の打球を右脛外側に食らう手負いの状態と化し、この回は凌いだものの、続く2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズの27号ソロを被弾。しかし、その裏、広島は無死満塁から森笠が同点タイムリー。この後、荒木がタイムリーエラーでタナボタの勝ち越し点をゲットすると、川相不在の内野陣に不安を抱いた中日先発・山井の動揺をついて、負傷退場を余儀なくされた黒田に代わる代打・喜田がタイムリーを浴びせて、この回、3点。2点を追う中日は5回に李の犠飛で1点差。その後、再三のチャンスを逃したものの、土壇場9回、広島守護神・永川に対して、一死三塁から李のタイムリーでついに追いつき、延長に持ち込んだ。迎えた10回、中日は二死一、二塁から代打・新井のタイムリーで勝ち越しに成功。その裏は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った中日は3連勝で首位に返り咲いた。

◆T4−3S◆
ヤクルト先発・石井一に対して、阪神は2回に桜井,関本のタイムリー等で3点を先制。阪神先発・杉山は4回まで死球を1つ出しただけのノーヒットピッチングを展開していたが、5回、リグスに初安打となる二塁打を許してからおかしくなり、一死満塁から代打・真中のタイムリー内野安打で1点を返されると、二死後、田中浩には同点2点タイムリーを浴びて、この回限りでKO。追いつかれた阪神は6回、先頭のシーツが四球で歩くも、キュラソ星人が最悪のゲッツー。チャンスは潰えたかと思いきや、ここで林が三塁打を浴びせると、桜井が歩いた後、矢野がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。既に、6回からマウンドに上がっていた久保田が7回もきっちり抑えると、8回からはウィリアムス,9回からは藤川と繋ぐ2週間ぶりのJFK揃い踏みで1点のリードを守りきった。ヤクルトは3試合連続の1点差負け。

◆H5−3Bs◆
水島の呪いがセ・リーグに傾いている間にすっかり調子を取り戻したソフトバンク打線はこの日も初回から松中のタイムリーで早々と先取点をゲットすると、二死満塁となった所で好調・ブキャナンが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、4点。続く2回にはハマのスペランカーがタイムリー二塁打を浴びせて、5点目を追加。しかし、3回は二死満塁のチャンスを潰し、4回は二死からヒットで出た小久保が盗塁死とまずい攻めで追加点を奪えない。そうこうしているうちに偽バファローズはソフトバンク先発・和田を捉え始め、5回に大西,6回にはアレンのタイムリーで1点ずつ返すと、8回にはラロッカが22号ソロを叩き込み、2点差。更に、二死後、北川がヒットを放ち、和田をKO。しかし、満を持して登場の守護神・馬原がアレンを打ち取り、ここを切り抜けると、9回は3人でピシャリと締めた。これでソフトバンクは7連勝で日本ハムと並ぶ首位タイに浮上。和田は入団以来5年連続の2桁勝利となった。敗れた偽バファローズはまたも最下位へ逆戻り。

◆L2−0F◆
グリン,岸の投げ合いで序盤は両軍ゼロ行進。0−0で迎えた4回、西武は一死からベンちゃんが二塁打で出ると、続く栗山のレフト前ヒットで先制のホームイン。岸は4回までパーフェクトの快投。5回に初安打を浴びても、リズムを崩す事なく、日本ハム打線を手玉に取り、1点のリードを守り抜く。何とか岸を楽にしたい西武は8回、この回から代わった2番手・江尻から先頭の礒?がセンター前ヒットで出塁すると、二死後、中島にタイムリー二塁打が飛び出し、貴重な2点目を追加。岸は9回も無難に締め、2度目の完封で7勝目をマークした。グリンは7回1失点10三振を奪う力投を見せたが、打線に見殺しに遭い、3連敗となった。

◆M7−11E◆
先発に固執して、偽バファローズを飛び出し、ロッテに来たはいいものの、一向に先発として通用する気配の見えない吉井がこの日も序盤から乱調。初回にショートのタイムリーで早々と先制点を献上すると、3回には一死満塁から礒部に2点タイムリーを許し、続く4回も草野,嶋,渡辺直と3連打で1点を失った所であえなくKO。2番手・ゴーグルも悪の温床・楽天打線を止められず、鉄平,山崎武と連続タイムリー二塁打を浴び、この回、4失点。5回にも高須にタイムリーを許し、8点目を献上。ロッテは中盤、反撃を見せ、3点差まで追い上げたが、8回にショートのタイムリー等で突き放され、試合を決定付けられた。悪の温床・楽天は16安打11点の猛攻で最下位脱出に成功。先発・岩隈は6回3失点で5月4日以来となる2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(72) 

July 16, 2007

◆T2−4G◆
恐らくニックンがゲッツー量産マシンぶりを発揮すると確信したと思われる若大将・原監督の「一般的には」理解に苦しむ采配が炸裂し、それが直接の原因かどうかはともかく結果的に敗れての首位陥落と言う嫌な流れの儘、甲子園に乗り込むと言う展開に大いに心配された巨人だが、2回、話題の張本人・ニックンがいきなり死球を食らわされると、続くホリンズが二塁打。そして、久々にスタメン起用された清水が今季初打点となる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回にはまたもホリンズがタイムリー二塁打を浴びせると、続く4回には古城にタイムリーと、着々と加点。序盤からリードを貰った巨人先発・内海は立ち上がりから安定した投球で8回まで散発3安打と阪神打線に付け入る隙を許さない好投を展開。土壇場9回、二死一、二塁から林のタイムリーでついに1点を返された所で無念の降板。更に、代わった上原の桜井にタイムリーを浴び、2点差と詰め寄られたが、最後は矢野を三球三振に斬ってとり、辛くも逃げ切った。今季初完封まであと一人と迫りながら、完投すら逃してしまった内海だが、6月9日以来となる8勝目をマーク。ズルズルと連敗地獄に陥りかねない危機を救った。中日が敗れた為、巨人は一夜で首位に返り咲き。それにしても気になるのは、半月板損傷の重傷を負いながら、強行出場を続けているキュラソ星人だ。この日は3三振含む4タコと精彩を欠くバッティング。ケガの影響が皆無とは言えないだろう。キュラソ星人が出続けようとするのは、あくまで記録ではなくチームの為なのだろうが、この儘、無理して出る事が果たして吉となるか凶となるか…。とりあえず、オールスターまでのあと2試合を何とか無事に乗りきって欲しいものだ。

◆D5−7S◆
巨人が勝手に転げ落ちて、久々に首位に返り咲いた中日だが、この日は先発・山井が初回から無死満塁の大ピンチを作ると、ガイエルの犠飛で先制点を献上。今季初登板となるヤクルト先発・川島から2回に中村紀のタイムリーで同点に追いついたのも束の間、直後の3回、飯原のタイムリーで再び勝ち越し点を献上。追いかける中日は4回、一死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号2ランを叩き込み、逆転に成功。山井が3回で降板となったが、以降、小刻みに繋いで1点のリードを守り抜く中日は何とか9回に守護神・岩瀬に繋ぐ必勝体勢に持ち込んだ。しかし、この岩瀬がよもやの大炎上。一死から寿司職人ラミレス,ガイエルの連打で一、三塁とされた所で宮出の併殺崩れの間にまず同点。続く福川にセンター前へ弾き返されると、飯原にはレフトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、代打・川本にもタイムリー内野安打を許した岩瀬は失意のKO。畳み掛けるヤクルトは更に、代わった小林から青木,田中浩と連打を浴びせ、この回、大量5点。その裏、中日は2点を返す粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。絶対的守護神・岩瀬がプロ入り初めて5点を失うと言う信じられない惨劇に見舞われた中日は一夜にして、首位から陥落した。

◆YB8−2C◆
広島先発・佐々岡に対し、ガッツな貴公子・仁志の8号先頭打者アーチで先制した横浜は更に、吉村のタイムリーでこの回、2点。3回に6号ソロを叩き込んだメカゴジラは4回にもタイムリーを放ち、4点目。横浜先発・はーちゅんの前に4回まで1安打と抑え込まれていた広島は5回、嶋のタイムリーで1点を返し、なおも二死満塁のチャンスを作ったが、松本がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、今季初登板となる広島2番手・小島を攻め立て横浜は古木の4号ソロ等、4長短打で4点を奪い、試合を決定付けた。これで横浜は3連勝。先発・はーちゅんは7回2失点で7勝目

◆F1−4H◆
ソフトバンクは初回、大村,ハマのスペランカーのヒットで一死一、二塁とすると、松中がライト前に弾き返して、1点を先制。しかし、その裏、日本ハムも一死から四球で歩いた田中賢を稲葉のタイムリ二塁打で返し、試合は振り出しに。2回以降はグリン,和田の好投で膠着状態となり、1−1の儘、試合は終盤へ突入。迎えた6回、ソフトバンクは二死二、三塁のチャンスを掴むと、ブキャナンのタイムリーで2点を勝ち越し。続く7回にはハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点を追加。和田は走者を出しながらも落ち着いた投球で要所を締め、今季2度目の完投で8勝目。グリンの連勝は7でストップした。

◆M5−1Bs◆
偽バファローズは初回、四球の村松を阿部真が送った所でラロッカが鈴木一朗の球団記録を80試合目にして打ち破るシーズン19個目の死球を食らい、一、二塁。ここでローズがレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。一方、ロッテは2回にオーティズがバックスクリーンを直撃する2号ソロをぶち込んで、同点。その後、小林宏,川越の両先発の投げ合いが続いたが、1−1で迎えた7回、ロッテはいきなり先頭のサブローが6号ソロを放ち、勝ち越しに成功。更に、この後、里崎の内野安打,オーティズの四球で川越をKOすると、二死満塁となった所でTSUYOSHIが2点タイムリーを浴びせて、この回4点。小林宏は8,9回とピンチを迎えながらも、後続を断ち切り、完投で9勝目をマーク。偽バファローズはロッテを上回る9安打を放ちながら、12残塁の拙攻が響いた。

◆E2−4L◆
岸の新人王争いを援護すべく田中を攻略したい西武は初回から、G.G.佐藤のタイムリー内野安打で1点を先制。しかし、その裏、通算150勝へ3度目の挑戦となる西武先発・オツが二死から礒部を歩かせると、続くフェルナンデスに11号2ランを叩き込まれて、あっさり形勢逆転。オツは2回以降無失点に抑えたが、何故か5回限りで降板し、またも150勝はお預け。2−1の儘、迎えた7回、西武は二死走者なしから中村が4号ソロを放ち、ようやく同点。続く8回には二死二塁からベンちゃん,栗山,中村の3連打で2点を勝ち越し。その裏からミッチー,グラマンと繋いで、逃げ切りに成功。田中を援護出来なかった悪の温床・楽天は逆転負けで3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(2)トラックバック(76) 

July 08, 2007

◆S14−7G◆
何としても3タテは免れたい巨人は初回、マッスル千代の富士のプレイボールホームランで先制。しかし、この所、調子の上がって来ない春風亭半ケツは3回に飯原に7号ソロ,寿司職人ラミレスに9号2ランと立て続けに被弾し、あっさり形勢逆転。更に、4回にも飯原に2打席連続の8号3ランを叩き込まれて、この回限りで失意のKO。完全に主導権を握ったヤクルトは5回にも2番手・野間口を攻め、川本,飯原の連続タイムリーで2点を追加。巨人は6回に5長短打で3点,7回にもマッスル千代の富士のこの日2本目となる20号2ラン等で3点と必死の応戦を見せるも、出す投手出す投手、悉く火だるまに遭い、李が立て続けに拙守をかますなど、ヤクルトの猛攻を止められず、今季ワーストの17安打14失点で今季初の3連敗となった。

◆D3−6T◆
1戦,2戦と完封をし合って迎えた第3戦、先手を取ったのは中日。3回、死球の小田を二塁へ進めて、井端,福留の連続タイムリーで2点を先制。しかし、直後の4回、阪神は無死一塁から林の13号2ランで一気に同点。5回に1点ずつ取り合って迎えた6回、阪神は先頭の矢野が今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功すると、更に、鳥谷のタイムリー内野安打でこの回2点。7回にはシャア少佐の犠飛でダメ押しの6点目。6回から久保田−ウィリアムスと繋ぎ、最後は藤川が締める必勝リレーで逃げ切った阪神はこの3連戦の勝ち越しを決めた。

◆C4−8YB◆
連敗地獄が止まらない広島は初回に求道者・前田のタイムリーで先制すると言う最高の立ち上がりを見せたものの、3回、先発・長谷川が村田に逆転13号2ランを被弾。4回には梵のエラーをきっかけにピンチを作ると、ガッツな貴公子・仁志にタイムリーを浴びて、3点目を献上。7回、新井の20号2ランで一気に同点としたのも束の間、直後の8回、相川にタイムリーを許して、再び勝ち越し点を献上。しかし、粘る広島はその裏、二死二塁から栗原のタイムリーで同点。更に、この後、エラーと四球で満塁としたものの、オチョアは空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。すると土壇場9回、暫定ストッパー・大竹が暴投を連発して勝ち越し点を献上しただけに留まらず、吉村には致命的な12号3ランを被弾し、試合を決定付けられた。攻撃陣は粘りを見せたものの、15残塁の大拙攻。連日の投壊も止められなかった広島はこれで5連敗となった。

◆L0−7H◆
呪われた連敗ロードから何とか抜け出したいソフトバンクは初回、一死から二塁打で出た川崎を松中のタイムリーで返して、1点を先制。しかし、水島の呪いの影響か2回以降は完全に沈黙し、ゼロ行進。不甲斐ない打線はアテには出来ないと先発・和田は気迫の投球で西武打線を抑え込み、7回まで5安打無失点の好投。8回には、飛ばしに飛ばしてきた事で疲れの色が見え始めた和田を下げ、早くも守護神・馬原を投入する必死の継投を展開。1−0の儘、迎えた土壇場9回、ソフトバンクは無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、ここから代打・明石のタイムリー,本多の押し出し四球、更に、川崎,松中にもタイムリーが飛び出して、一挙6点を獲得。7点差がついても、続投となった馬原は9回もピシャリと3人で締めて、完封リレーを達成。ソフトバンクは連敗を4でストップさせた。

◆F4−1M◆
日本ハム先発・グリン相手にロッテは3回までに5本の安打を連ねながら、一向に得点に結びつけられない拙攻三昧。そうこうしているうちに日本ハムが3回裏に劇団ひちょりのタイムリーで先制すると、更に、二死満塁から小谷野,工藤と連続タイムリーを浴びせて、4点をゲット。4回も一死一、三塁のチャンスを逃したロッテは5回、先頭のTSUYOSHIが三塁打で出ると、早川のタイムリーでようやく1点。ここで畳み掛けたい所だったが、続くフクーラが最悪のゲッツーに倒れた後、サブローにヒットが出ると言うチグハグな攻撃で追加点ならず。6回以降はピタリと当たりが止まったロッテ打線に対し、日本ハムは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、この首位攻防3連戦3連勝。ロッテは日本ハムを上回る12安打を放ちながら、2併殺9残塁の拙攻が大きく響いた。

◆E2−9Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは日高の2号ソロで先制すると、更に、二死一、二塁からアレンのタイムリーで1点を追加。2点を追う悪の温床・楽天は4回、一死一塁から山崎武のタイムリー二塁打で1点差。7回には一死三塁から高須にタイムリー二塁打が飛び出して、ついに同点。追いつかれた偽バファローズは直後の8回、二死満塁のチャンスを掴むと、ここで大引が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。9回にも6長短打を浴びせて、ダメ押しの4点を追加。最後はセーブのつかない場面だと好投する守護神・加藤大が3人で締め、3連勝。4番手・大久保は今季初白星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:55コメント(2)トラックバック(80) 

June 11, 2007

◆G1−0F◆
阿部が左足首の捻挫でスタメンを外れ、李が4番に復帰した巨人は初回、日本ハム先発・武田勝の立ち上がりを捉え、初回から一死満塁の大チャンス。しかし、ここで怒濤のチャンスブレイカー・ニックンは空振り三振に倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。続くホリンズも三振に倒れて、三者残塁。巨人は3回にも二死一、二塁と先制のチャンスを掴みながら、恐怖の残塁量産マシン・ニックンがセンターへの凡フライに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。ニックンがチャンスを潰しまくっているうちに武田勝はすっかり立ち直り、7回まで無失点。一方、巨人先発・金刃も負けじと7回を散発3安打の無失点に抑える好投を展開していたが、8回、二死から田中賢に二塁打を浴びると、続く稲葉を歩かせた所で無念の降板。ここで代わった林の甘い球を青波の長瀬が痛打するも、これがサードの真正面に飛び、二者残塁。すると、その裏、巨人は前夜、謎のセーフティスクイズで悔しい思いをした代打・矢野がレフトスタンドへ値千金の4号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。こうなれば、最終回は上原が3人で締め括り、完封リレーを達成。今季の対日本ハム全敗を辛くも免れた。

◆D7−2M◆
初回、サブローのタイムリー等で2点を先制された中日だが、2回、谷繁の2点タイムリー二塁打で同点とすると、更に、井端にタイムリー内野安打,T,ウッズに2点タイムリーが飛び出し、この回、大量5点。3回には投手の浅尾が自らを楽にするタイムリーを放ち、ロッテ先発・渡辺俊をKOすると、4回には福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込み、7点目。中日先発・浅尾は走者を出しながらも大崩れせずに5回まで凌ぐと、6回からはS.ラミレス−久本−鈴木−グラセスキと1回ずつ繋いでいく継投で逃げ切り、4連勝。敗れたロッテは3連敗となった。

◆T0−1H◆
虚弱投手・里中にパーフェクトに抑え込まれた呪いから依然として解放されず、打線が効果的に機能しないソフトバンク。初回から走者を出しまくりながら、あと1本が出ない詰めの甘い攻撃でスコアボードにはゼロを連ねるばかり。不甲斐ない打線に辟易としながらも、先発・和田は粘り強い投球で阪神に先制点を与えない。阪神は7回から久保田−ウィリアムスと繋ぎ、9回には同点の場面ながらも藤川を投入。これに対して、ソフトバンクは先頭の田上がヒットで出ると、犠打と内野ゴロで三進。ここで川崎がセンター前へタイムリーを放ち、ついに1点を先制。その裏、守護神・馬原に対して、阪神は鳥谷,藤本がヒットを浴びせ、追い詰めたものの、最後はシャア少佐が空振り三振に倒れて、完封負け。8回無失点の和田は5勝目、馬原は両リーグ一番乗りの20セーブ目をマークした。

◆C7−6Bs◆
初回、栗原の12号3ラン,嶋の5号ソロと電光石火の一発攻勢で4点を先制した広島だったが、先発・大竹がピリッとせず、直後の2回、後藤の一発等で2失点。3,4回と三者凡退に抑えて、立ち直ったかと思いきや、5回一死満塁からローズ,アレンの連続タイムリーで逆転を許し、あえなくKO。更に、代わった長谷川も日高にタイムリーを浴びて、6点目を献上。しかし、偽バファローズは5,6回と立て続けにエラー絡みで1点ずつ失い、試合は振り出しに。6−6で迎えた土壇場9回、偽バファローズ5番手・岸田に対して、広島は二死一、三塁のチャンスを掴むと、ここで喜田がレフト前へタイムリーを浴びせて、サヨナラ勝ち。これで広島の連敗は5でストップ。9回途中からリリーフし、打者一人を抑えただけの魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスに3勝目が転がり込んだ。

◆S7−5E◆
0−0で迎えた5回裏、ヤクルトは一死満塁からガイエルの犠飛で先制すると、更に、宮出に走者一掃のタイムリー三塁打が飛び出し、2点を追加。3点を追う悪の温床・楽天は直後の6回、山崎武,フェルナンデスの連続タイムリー,礒部の犠飛で一気に同点とすると、続く7回には高須のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。しかし、その裏、ヤクルトは一死二塁から寿司職人ラミレスの三塁打で追いつくと、またもガイエルの犠飛で再び勝ち越し。直後の8回、代打・草野のタイムリー二塁打で同点となったのも束の間、その裏、ヤクルトは二死満塁から田中浩がセンター前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。最後は高津が締めて、逃げ切り、3連勝。一方、敗れた悪の温床・楽天は4連敗。つい先日まで夢の貯金生活などと期待されていたのが、今や借金5。水島の呪いの影響か、単なる地力の弱さか…?

◆YB5−2L◆
何とか地獄の連敗ロードを抜け出したい西武はエース・涌井に全てを託すが、2回にベンちゃんの一発で先制して貰いながら、その裏、制球を乱して満塁のピンチを作った挙げ句、ガッツな貴公子・仁志,藤田と連続タイムリーで3点を失い、あっさり逆転を許すと、3回には吉村に7号2ランを浴び、5点目を献上。4点を追う西武は5回に細川の一発で1点を返すも、あとが続かない。7回以降、小刻みにリリーフを注ぎ込む継投の前に反撃を断たれ、結局、ソロ2発による2点のみの10残塁と言う拙攻でゲームを落とし、これでとうとう10連敗

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:58コメント(1)トラックバック(56) 

May 10, 2007

◆T3−2G◆
連敗ロードをひた走る阪神相手に巨人は余裕ぶっこいているのか、ゴンザレス,ホリンズの当ブログ推奨助っ人コンビを共にスタメンから外すオーダーを展開。怒りに燃える阪神が初回にキュラソ星人の17試合ぶりとなる8号2ランで先制すれば、すかさず、2回に巨人が阿部の6号ソロで応戦。5回に阪神が鳥谷の2号ソロで突き放せば、直後の6回、巨人は阿部のこの日2本目となる7号ソロで追いすがる。阪神は昨日に6回途中から久保田、7回からウィリアムス、そして、9回には藤川と連夜のJFKリレーを展開。昨夜は苦渋を舐めた藤川だが、この日は鈴木尚,代打・矢野といきなり連続三振に斬ってとると、最後はマッスル千代の富士をピッチャーゴロに仕留めて、逃げ切りに成功。阪神は2週間ぶりの白星となり、ようやく連敗が9でストップした。阿部のソロ2発でしか点を奪えなかった巨人は1回一死一、二塁、4回一死満塁,6回二死一、二塁と再三のチャンスを逃した事が大きく響いた格好となった。

◆C2−1D◆
0−0で迎えた2回、広島は一死一、二塁のチャンスで石原にタイムリーが飛び出し、1点を先制。今季初先発となる高橋は2戦連続2桁得点と当たっている中日打線を相手に4回までノーヒットに抑える好投を展開。5回に森野に内野安打を許すと、続く中村紀を歩かせ、この日初めてのピンチを迎えたものの、崩れる事なく後続を断ち切り、6回を無失点。林−梅津と繋いで、最後は永川を投入しての完封リレー…と思いきや、制球が定まらない永川は2四球で一死一、二塁のピンチを作り、T.ウッズにタイムリーを浴びて、高橋の今季初白星を粉砕。一気に畳み掛けたい中日だったが、森野が痛恨のゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。追いつかれた広島はその裏、一死から石原が四球を選ぶと、ここで途中出場の森笠がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。立て続けの大惨敗で迎えた第3戦で何とか一矢報いた。

◆S1−3YB◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木が飯原の犠打で二進すると、ガイエルのセンター前タイムリーで先制のホームイン。先発・藤井は4回まで四球を2つ与えただけと言う好投を展開していたが、5回二死から相川に初安打となる二塁打を浴びると、続く投手のはーちゅんに痛恨のタイムリーを許し、試合は振り出しに。その裏、ヤクルトは二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、宮出が空振り三振に倒れて、三者残塁。1−1で迎えた8回、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が二塁打で出ると、石井タクローの犠打で三進。ここで金城がレフト前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。更に、9回にもガッツな貴公子・仁志のタイムリーでダメ押し。はーちゅんは上位打線には手こずりながらも、下位打線は完璧に抑え込み、完投で4勝目をマークした。ヤクルトの連勝は3でストップ。

◆F2−8H◆
5試合連続完投中と抜群の安定感を誇るダルビッシュに対して、大村を急性胃腸炎で欠き、苦しい展開のソフトバンクだったが、初回、大村の代わりに1番に入った本多が四球で出ると、ハマのスペランカーが先制タイムリー二塁打。更に、この後、小久保のタイムリー二塁打、柴原の犠飛で2点を追加。3点を追う日本ハムはその裏、稲葉のタイムリーで1点を返すと、続く2回には田中賢がタイムリーを放ち、1点差。追い上げて貰いながら、依然としてピリッとしない投球が続くダルビッシュは3回に満塁のピンチを作ると、4回には先頭打者から連続四球を与え、3回0/3と言う今季最短のKO。2番手・押本がこのピンチは切り抜けたものの、続く5回、アダムに被弾。3番手・伊藤も松中に被弾し、試合を決定付けられた。ソフトバンクは投打が噛み合い、3連戦3連勝。先発・和田は完投で4勝目をマークした。2000安打へ3本と迫る田中幸は今季初めてDHでのスタメン出場となったが、3タコ。これで札幌ドームでの初アーチ以降、15打席足踏みが続いている。

◆Bs2−6M◆
ようやく大連敗を脱出して気が抜けた訳ではなかろうが、偽バファローズは初回からサブローの先制タイムリー、ズレータの10号2ランでいきなり3点を献上。その裏、外国人史上最多出場の通算1354試合出場を達成したローズのタイムリー二塁打で1点を返したのも束の間、直後の2回に青野に犠飛を許して、再び3点差。更に、4回にはTSUYOSHIの犠飛,フクーラのタイムリーで2点を失い、先発・光原はあえなくKO。2番手・本柳,3番手・ユウキは味方の反撃を待ち、残り5回1/3を1安打に抑える完璧なリリーフを展開したが、ロッテ先発・渡辺俊の前に偽バファローズ打線は2回以降、1安打無四球と手も足も出ない。土壇場9回、一死から連打と四球で満塁のチャンスを作り、ようやく渡辺俊をマウンドから引きずり下ろしたものの、代わった小林雅の前に北川の犠飛で1点を返すのが精一杯だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(83) 

April 08, 2007

◆G2−0T◆
昨夜、初スタメンで大活躍を見せた林(と藤本)を左対左は不利と言う至極安直な理由で外して、何ら復調の気配も見えていない浜中,関本を再びスタメンに戻してしまう岡田ヘッポコ采配が炸裂。0割打者が2人に投手と、警戒すべき打者が6人しかいないオーダーを相手に巨人先発・春風亭半ケツは悠々自適の投球で付け入る隙を許さない。ルーキー・小嶋も全く頼りにならない味方打線に辟易としながらも序盤は粘っていたが、4回、阿部にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。更に、6回にはガッツにライトスタンドへ持って行かれ、無念の降板。2点を追う阪神は7回、二死一、二塁のチャンスを掴むと、ここでようやく林が代打で登場。結局、左対左の状況で使うなら、スタメンで使えよ!と言う不満が鬱積していたであろう林の痛烈なライナーは無情にも小坂の守備範囲で得点ならず。最後のピンチを脱した春風亭半ケツは8,9回も0点で切り抜けて、2年ぶりの完封で2勝目をマーク。巨人は阪神と入れ替わりで2位浮上となった。

◆D6−2YB◆
カリメロ移籍初登板で古巣相手に火だるまに遭ったカリメロが2度目の登板。これに対して、中日は福留の犠飛で3戦連続の初回先制点をゲット。3回にはT.ウッズが2点タイムリー二塁打を浴びせて、3点のリード。カリメロは毎回の様にヒットを浴びながら、先発として最低限の仕事は果たしたが、打線の援護を貰えず、6回で降板。すると、カリメロの後を継いだ木塚,吉見が連打を浴びて、致命的な3失点。この後、2本の犠飛で2点を返すのが精一杯だった。中日はこれで3カード連続の勝ち越し。先発・中田は8回を投げて自責点0の好投で2勝目をマークした。

◆S15−5C◆
魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスがついに来日初登板。新井の2試合連続アーチで先制点を貰った直後の2回裏、制球を乱しての3四死球で押し出し。更に、得意のナックルを投手の藤井に痛打され、これが2点タイムリー二塁打となって、勝ち越し点を献上。6回には青木に3ランを浴びるなど、つるべ打ちに遭い、10失点KOと言う惨憺たるデビュー。この後、宮崎,上野のルーキーコンビも炎上し、計18安打15失点で大惨敗。昨日、ようやく目覚めた打線が13安打5点とそれなりに機能すれば、今度は投手陣が壊滅と噛み合わず、再び最下位転落となった。尚、フェルナンデスは「これ以上やられることはないだろうから、気持ちを切り替えたい」と、プラス志向なんだか、マイナス志向なんだかよく分からないコメントで次回の登板へ意欲を見せている。

◆H7−4F◆
3連敗は避けたいソフトバンクは初回から小久保に3ランが飛び出す幸先のいいスタート。しかし、先発・和田が立ち上がりピリッとせず、2回にグリーン,田中幸に連続タイムリーを浴びると、3回には青波の長瀬に逆転2ランを被弾。MICHEALが右肩痛で登録抹消となっただけに、なるべく長いイニング投げておきたい日本ハム先発・グリンだったが、6回に主砲・松中に同点弾を浴びると、更に、柴原には2ランを放り込まれて、勝ち越し点を献上。柴原は8回にも犠飛を放って、ダメ押し。和田は3回から8回までパーフェクトと立ち直りを見せると、最後は守護神・馬原が締めて、連敗脱出。和田は開幕3連勝となった。尚、この日、5試合ぶりのスタメンとなった田中幸はタイムリーとなるヒットを放ち、2000安打まであと15本

◆Bs1−4L◆
自軍の残りカス戦力な筈の悪の温床・楽天より729日ぶりに順位で下回り、一刻も早くこの状態から脱したい偽バファローズは初回のチャンスこそ逃したものの、続く2回に阿部真のタイムリー内野安打で先制。先発・デイビーは6回まで散発3安打無失点と1点のリードを守り抜いていたが、7回、一死一、三塁のピンチに痛恨のボークを犯して、やらずもがなの同点のホームを献上。これで動揺したか、再び一、三塁のピンチを迎えた所で片岡の内野ゴロの間に勝ち越し点を許してしまう。9回にはリードされている場面ながらも投入されたカーターが二死から3連打でダメ押しの2失点。打っては10残塁と拙攻が響いた偽バファローズは3連敗。一方、西武は今季初の4連勝で首位をがっちりキープ。当初、11日にも再来日予定だったジョンソンが右肘のリハビリに長ければ6週間を要する事となり、今季初先発のチャンスが回ってきたギッセルは毎回の様にピンチを迎えながらも、粘りの投球を見せ、6回1失点で今季初勝利。

◆M7−5E◆
弱小球団にあって、開幕2連勝と活躍を見せている青山だったが、この日は不振。初回、いきなり連打で走者を溜めた挙げ句、青野に一発を浴びて、3失点。更に、続く2回には鉄平にタイムリーを許すなど、またも3点を失い、あえなくKO。一方、ロッテ先発・久保も草野,山崎武に被弾するなど、7回途中までに4点を失い降板。更に、藤田,神田が連続二塁打を浴びて、1点差まで詰め寄られたが、このピンチに4番手・高木が踏ん張りを見せると、その裏、青野にこの日2本目となる一発が飛び出し、貴重な1点を追加。8回からは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーが決まり、連敗ストップで5割復帰となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:46コメント(3)トラックバック(92) 

March 25, 2007

◆H2−0Bs◆
水島の呪いに苛まれ、不覚の黒星スタートとなったソフトバンク。昨日の二の舞は御免とばかりに、ここしばらくは「ドカパロ」で放置されている和田を先発起用すると、この和田が5回までノーヒットと期待に応える好投。打っては昨日2発のハマのスペランカーが今度は先制タイムリーと、またも活躍。8回途中からは昨日、大炎上の藤岡が打者2人をきっちり抑えて、汚名を返上すれば、最後は守護神・馬原が締めての4安打完封リレーで王さんに266日ぶりとなる白星をプレゼント。偽バファローズ先発・吉井は7回途中まで2失点と好投したが、打線に見殺しにされてしまった。

◆L2−9E◆
裏金問題発覚後、不敗で意地を見せてきた西武だが、この日は糖尿病助っ人・ジョンソンが3点を失い、苦しい展開。打っても2回に無死満塁、4回に二死満塁と悉くチャンスを逃す拙攻ぶり。G.G.佐藤の一発で1点差に詰め寄るも、9回に3番手・岩崎の大炎上で一気に6失点と突き放されて、万事休す。悪の温床・楽天は、前半は粘るが後半に持ち堪えられないと言う恒例のパターンとは逆の展開で今季初白星。先発・青山は粘りの投球で約10ヶ月ぶりの白星。横浜時代はダメ外国人ぶりを見せつけた出戻り助っ人・ウィットがよもやの2ホーマー。青波の長瀬のごとく、日本での対応力を確かに身につけて帰ってきたのだとすれば、今後、悪の温床・楽天が台風の目になる可能性も見えてくる………かもしれない。

◆M0−0F◆
最下位・悪の温床・楽天で途中入団ながら7勝となれば、日本一(と言っても、もうガッツ,SHINJO,岡島はいないが)の日本ハムでは一体何勝出来るやら…と大いに期待されているグリンが9回を散発4安打零封と素晴らしい投球。しかし、肝心の味方打線は小林宏の前に11三振を喫しての9回無失点に抑え込まれ、延長に入ると同時に両先発は降板。ロッテは10回に二死一、二塁と絶好のチャンスを掴んだが、3番手・武田勝の前にTSUYOSHIが倒れ、サヨナラならず。結局、両軍相譲らぬまま、延長12回既定でドロー。サブロー,高橋がそれぞれ3安打と気を吐いたが、得点には結びつかず、遺恨対決は2戦連続の引き分けとなった。これだけ打てないのにベニー松山を10回までベンチに置いておくなど、相変わらず、バレンタインの采配はよく分からないのぅ。ケガでもしたの?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:22コメント(1)トラックバック(39) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ