和田一浩

April 30, 2011

◆YB2−8G◆
負ければ、横浜と入れ替えで最下位転落の危機に立たされた巨人はこの大事な一戦でプロ初登板初先発となるドラフト4位ルーキー・小山を抜擢。坂本の先頭打者弾で2点の援護を貰った小山だが、4回までに2点を失って降板となった。同点で迎えた6回、寿司職人ラミレスの4号2ランでようやく勝ち越した巨人は8回には3四死球で貰った満塁のチャンスに代打・亀井が2点二塁打。9回には長野がダメ押しの2ラン。連敗を3で止め、最下位転落を免れた。2番手として2回を無失点に抑えた謎の新助っ人・アルバラデホは来日初勝利。

◆D5−4C◆
名手・川相を退団させると言う球団史に残る愚行を犯し、開幕ダッシュに失敗している中日だが、既に、巨人のスタッフと化してしまった川相に頼る事は不可能な状況とあって、川井を先発起用。初回に1点、2回にも今季初スタメンの小山の一発で3点と早くも4点のリードを貰ったもののの、カワイであって、川相ではない川井ではチームの悪い空気を変える事は出来ず、5回に四球を連発して、満塁のピンチ。四球で野手のリズムを崩してしまったか、森野のエラーで2点を失うと、代打・小窪にタイムリーを浴びた後、自らの暴投で同点としてしまい、この限りでKO。しかし、同点で迎えた8回、中日はベンちゃんのタイムリー二塁打で勝ち越し。最後は岩瀬が締めて、辛くも逃げきった。

◆T6−2S◆
ホワイトセルのタイムリーで初回から先制された阪神だが、その裏、同点に追い付き、なおも満塁のチャンスにJ.マッケンジーが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。3回には新井貴の2号ソロが飛び出すと、7回にも1点を加えて、試合を決定付けた。ヤクルトは10残塁3併殺と言う拙攻が大きく響き、15日ぶりの連敗を喫した。

4/30杉内◆M1−0H◆
和田同様好投報われずに今季白星のない杉内。この日は立ち上がりからピリッとせず、6回まで毎回安打を浴びながらも、再三再四のピンチであと1本を許さない粘りの投球を展開。何とか杉内を援護したいソフトバンク打線だったが、マーフィーの前に7回まで散発4安打と沈黙。いつまでも貰えない援護についに根負けしたか、杉内はその裏、清田,岡田と連続二塁打を浴びて、ついに先制点を献上。8回二死一、二塁のチャンスを潰したソフトバンクは9回にも一死満塁と絶好のチャンスを掴み、マーフィーをKOするが、代わった薮田の前に後続を断たれて、完封負け。杉内は11安打4四球を許しながら1点で凌いだものの、またも打線に見殺しにされる形で今季初黒星。

◆F9−6L◆
元気のない西武打線がこの日は序盤から繋がりを見せる。初回にフェルナンデスのタイムリーで先制したのを皮切りに、2回にも1点、3回には4長短打を集中して3点を加えると、5回にもエラー絡みで1点を追加し、5点のリード。しかし、その裏から平野が突然崩れ、稲葉の今季初アーチとなる3ラン等で一気に追い付かれて、KO。これで流れを引き寄せた日本ハムは6回には大野の今季アーチで勝ち越すと、7回には鵜久森,トンガの連続タイムリーでダメ押しの2点を追加した。西武は5点のリードを守れず、4連敗となった。

◆E3−1Bs◆
開幕から4番の座を守っていたティー岡田だが、前日の3三振に岡田監督がぶち切れてスタメン落ち。代わって後藤が4番に入るなどテコ入れが奏功したか、初回から北川のタイムリーで先制。しかし、先発・中山が2回に山崎に被弾。嶋にもタイムリー二塁打をあび、あっさり勝ち越しを許してしまう。テコ入れ効果があったのは初回だけで2回以降は走者を出しても残塁の山を築くばかり。6回一死一、二塁のチャンスではスタメン落ちのティー岡田が代打で起用されるも三振に倒れて、汚名返上ならず。その裏、聖沢のタイムリー二塁打でダメ押し点を献上。9回にティー岡田が名誉挽回の二塁打を放つなど、一発逆転のチャンスを掴んだものの、後続を断たれた。楽天は今季初の3連勝。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:14コメント(0)トラックバック(3) 

April 28, 2011

4/28館山◆S4−0G◆
沢村栄治がベーブ・ルースを撫でぎった草薙球場でその快投の再現を期待などと言う幻想以外の何物でもないプレッシャーをかけられた澤村は2回に四球にボークと自らの失態でピンチを作った末、バレンティンに犠飛とノーヒットで先制点を献上。5回にも自らのエラーで釣ったピンチで青木に痛打されると、6回にはバレンティンに被弾。8回には四球を連発して、無念のKOとなった。この後、ヤクルトは宮本のタイムリーでダメ押し。投げては館山が10三振を奪っての散発2安打、三塁も踏ませない快投で完封勝ち。ヤクルトはこれで9連勝。澤村はプロ初黒星となった。

◆D4−0YB◆
ついに指定席の最下位に落ちてしまった横浜。何とかこの座から抜け出したいと、初回から二死満塁のチャンスを掴むが、金城が凡退し、三者残塁。中日は4回にベンちゃんの今季初アーチとなめ2ランで先制すると、5回には井端のタイムリー、6回にもエラーで1点を追加。7回からは5人の投手を繋いで完封リレー。先発・吉見は6回無失点で今季初白星。

◆C5−1T◆
トレーシーが腰の張りを訴えたとは言え、依然としてノーアーチで打率も2割そこそこと、好調どころかどちらかと言えば不振にも拘わらず、何故か栗原を差し置いて4番に起用された岩本。だが、初回に回ってきた4番初打席で先制のタイムリーと期待に応える。広島は更に、3回には小窪,6回にはルパン広瀬のタイムリーで1点ずつ追加。8回には梵,東出の連続犠飛でダメを押した。篠田は7回を投げ、J.マッケンジーの一発による1点のみの好投で2勝目。一方、岩田はまたも3点以内に抑える最低限の投球を見せたものの、相変わらず、援護が貰えず、開幕3連敗。

◆M1−2Bs◆
ロッテは初回、一死満塁からサブローが押し出し四球を選んで労せずして先制。しかし、2回以降は立ち直ったフィガロの前に追加点を奪えず、スミ1状態。一方、偽バファローズは渡辺俊の前にに6回まで8残塁2併殺の大拙攻を繰り広げていたが、7回から内にスイッチすると、ティー岡田が同点タイムリー。9回には北川にタイムリーが飛び出し、ついに勝ち越し。最後は岸田がピンチを凌いで辛くも逃げきった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:53コメント(0)トラックバック(3) 

April 17, 2011

4/17福井◆C4−3G◆
早大の同期・斎藤の初先発と時を同じくして、福井もプロ初登板初先発。初回から先制点を貰いながら、3回に同い年の坂本に同点タイムリー,4回にはマッスル千代の富士に勝ち越しアーチを被弾。しかし、広島は5回に梵の1号3ランが飛び出して、一気に逆転に成功。福井は7回を2失点の好投を見せると、リリーフを仰いで、プロ初勝利

◆D1−0T◆
昨日同様、両軍共にホームが遠く、点の入らない展開。阪神は寝損の前に7回まで散発3安打と沈黙。中日は6回までに4度得点圏に走者を送り、7回には満塁のチャンスを掴みながら、1点を奪えない大拙攻。0−0の儘、2日続けての延長に突入した。試合時間が3時間半手前で迎えた10回裏、既に中日が浅尾,岩瀬を使用済と言う事で引き分けではなく11回突入を狙った阪神は守護神・藤川を出し惜しみして、福原を投入するが、これが裏目。結局、ベンちゃんにタイムリー二塁打を浴び、サヨナラ負けを喫した。

◆S4−0YB◆
不振のホワイトセルがスタメンから外された事により、今季初スタメンにいきなり4番で抜擢された畠山が大爆発。2回の第1打席で先制アーチを放り込むと、3回には中押しタイムリー,6回にはこの日2本目となる2号ソロを放ち、3安打3打点。投げては今季から先発復帰となった増渕が6回までノーヒットの快投を展開。7回に好調・スレッジに痛打され、快挙は逃したが、8回を1安打無失点。最後は守護神・林が締めて、完封リレーを達成した。

◆H10−8L◆
小久保離脱の影響か、元気のない状態が続くソフトバンク打線だったが、この日は松中が先制打,初アーチを含む3安打を放つなど、7回までに8得点。しかし、8回にファルケンボーグが3失点。9回には守護神・馬原が佐藤に同点アーチを被弾と、自慢のリリーフ陣が悉く炎上。最後は松田がこの日2本目となる2号2ランを放ち、辛くもサヨナラ勝ち

4/17斎藤◆F8−4M◆
注目度No.1ルーキー・斎藤がついにプロ初登板初先発。オープン戦ではパッとしない内容ながらも、5試合はローテで回される事が内定している事でそれまでに結果を出したい所だが、いきなり田中のエラーで足を引っぱられた後、井口に先制被弾。D.ハッセルホフの逆転3号グランドスラム等で4点のリードを貰い、勝利投手の権利がかかった5回、簡単に二死を取った後、今度は小谷野がエラー。ここから3連打で2点を失い、この回限りで降板となったが、6回以降、5人のリリーフ陣がノーヒットリレーでリードを守りきり、斎藤は5回4失点(自責点1)と不本意な内容ながらもプロ初白星を飾った

◆E1−4Bs◆
大広,枡田,井野と3人も今季初スタメンに起用するなど下位打線のテコ入れを図った楽天だが、その3人はいずれもノーヒット。山崎の犠飛のみと言うスミ1状態を先発・戸村がしぶとく守ってきたが、8回に2イニング目に入った2番手のルーキー・美馬が3連打で同点とされ、KO。3番手・片山もティー岡田に痛打されるなど、3点を勝ち越され、逆転負け。今季ブレイクを期待される偽バファローズ先発・西は7回を3安打1失点の好投でプロ初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:28コメント(0)トラックバック(9) 

November 18, 2010

この日、プロ野球のコンベンションが行われ、ようやくMVP・新人王・ベストナイン受賞者が発表されたと言う事で、投票結果を追っていこうと思う。まずはセ・リーグから…

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
ベンちゃん D 131 75 16 896
浅尾 D 66 82 24 600
マット・マートン T 22 29 73 270
前田健 C 18 20 31 181
寿司職人ラミレス G 6 15 22 97
森野 D 5 11 30 88
岩瀬 D 4 5 13 48
ウッチャン D 3 7 9 45
青木 S 0 4 7 19
阿部 G 0 2 0 6
高橋聡 D 0 0 4 4
吉見 D 0 0 1 1
ソニック T 0 0 1 1
J.マッケンジー T 0 0 1 1
ブラゼル T 0 0 1 1
久保 G 0 0 1 1
(白票)   0 5 21 36

ベンちゃんは最高出塁率をマークしたとは言え、いわゆる打撃三冠は無冠。後述のベストナイン外野手部門でもあわや4位と言う僅差での3位ながら、MVP(=セ・リーグ最年長記録)をゲットしてしまう辺り、本来「最優秀選手」である筈のMVPが、相変わらず優勝チーム優先の「最高殊勲選手」として扱われている印象を受けた。そういう意味では、個人的には密かに浅尾の受賞を期待していた。優勝チームから選ぶならば、あれだけ僅差で優勝した中日にとって、紙一重の試合を何度も勝利に導いた浅尾の貢献度は計り知れないだろうと思っていたのだが、やはり、MVP扱いして貰えるまでには中継ぎ投手の地位は高まっていないのかもしれない。MVPに関しては、意外とイカレ投票が少なく、そこそこ妥当な名前が続き、ツッコミづらいのだが、あえて言うなら、久保に3位票が1票入っている事に疑問符が付くくらいだろうか…。

【新人王】

選手名 球団 得票数
長野 G 233
堂上直 D 5
秋山 T 5
加賀 YB 3
中沢 S 2
西村 T 1
岩本 C 1
(該当者なし)   5

長野がぶっちぎりトップで受賞。唯一の規定打席到達で19ホーマーじゃ、他の追随を許さないのも仕方ない…と言うか、満票でも不思議ではないくらいなのだが、単純に比較出来ない投手はまだしも、明らかに数字で見劣りする堂上直や岩本と言った野手に票を入れてしまう記者の神経はいかがなものか? 一時期2割台前半まで落ち込み、ファーム落ちも経験した長野だが、ここまで盛り返したのは見事だった。これで巨人からは山口,松本に続いて3年連続の新人王輩出(1986年の広島以来)。ドラ1の沢村がこれに続けるか、注目である。開幕前の段階では中沢が本命かなと思っていて、実際、序盤はそういう気配だったし、このペースなら10勝もいけるかも…と期待していたら、夏場に入って失速し、防御率も急降下。後半戦の印象が悪過ぎるのか、新人最多の7勝をマークしてるのに、僅か2票しか貰えない有様とは、何ともガッカリだ。3勝12敗の加賀にすら負けるとは…。まぁ、加賀が負けまくってるのは、明らかに横浜が弱過ぎる所為ではあるのだが…。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
前田健 C 238
浅尾 D 6
ソニック T 1
館山 S 1

投手三冠に加え、沢村賞もゲットした前田健が文句なしの初受賞。浅尾やソニックは辛うじて分かるとしても、館山を最優秀投手などと考えてる記者はどういうつもりなのか? 好成績ではあるけれど、リーグトップとまで評価するその根拠を是非とも聞かせて貰いたい。プロの記者なんだから、納得のいく理由くらい当然説明出来る筈だ。

 【捕手】

選手名 球団 得票数
阿部 G 148
J.マッケンジー T 83
谷繁  D 14
相川 S 1

ゴールデングラブはJ.マッケンジーに持って行かれた阿部だが、打撃優先のベストナインはしっかり確保し、4年連続5度目の受賞。J.マッケンジーも十分、ベストナイン級の成績だが、流石に、44発も打たれては仕方ない。規定打席にすら達してない谷繁に14票も入ってるのは、やはり優勝チーム補正か?

【一塁手】

選手名 球団 得票数
ブラゼル T 212
ガッツ G 21
内川 YB 5
ブランコ D 4
栗原 C 2
森野 D 1
ホワイトセル S 1

ゴールデングラブはリーグ史上初となる該当者なしの惨状だった一塁手部門だが、ベストナインはギリギリまでホームランキングを争ったブラゼルが大差で初受賞。 他に流れてる票がガッツ,内川,栗原,森野と「ファーストを守る事もあったけどさ…」的な連中ばかりなのには苦笑するばかりである。

【二塁手】

選手名 球団 得票数
平野 T 221
田中 S 19
堂上直 D 3
井端 D 1
東出 C 1
カスティーヨ YB 1

ゴールデングラブは田中を僅か3票差で上回っての受賞だった平野だが、あわや首位打者と言う巧打が評価され、ベストナインでは田中に圧倒的な差をつけた。平野や田中を差し置いて、堂上直に票を入れている記者は一体何を考えているのか。優勝チーム補正が入っても追い付きようのない差があるだろう。井端に至っては、もう頭がおかしいとしか思えない。こんな形で大事な1票を使うのは、職権濫用以外の何物でもないだろう。こういう馬鹿げた票をなくす為にも投票者の実名を公開して貰いたいものだ…。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
森野 D 171
ガッツ G 54
新井 T 19
宮本 S 2

数字で言うと、打点,本塁打で上を行くガッツが、森野にこれだけの大差をつけられたと言うのは、優勝チーム補正以外の何物でもないだろう。しかし、2位どころか3位とすらたった1ゲーム差での優勝なのに、こんなに補正が付いていいものか? 初受賞となった森野だが、昨年と比べると、数字程、パッとした印象がないので、これ程の圧勝はちょっと意外であった。更に、112打点も挙げているのに、殆ど票が入らなかった新井は何だか不憫だな…。とにかもかくにも、宮本のベストナインはどう考えてもありえない。

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
鳥谷 T 139
坂本 G 50
C 47
荒木 D 8
石川 YB 2

100打点突破の鳥谷,30発越えの坂本,盗塁王の梵の三つ巴の戦いは、予想以上に下位に差をつけて鳥谷が制し、2年連続2度目の受賞。坂本はエラーが多過ぎる点に関しては、ここでは目を瞑って貰えてると思うが、やはり、終盤の大不振が大きく響いてしまった感じだ。

【外野手】

選手名 球団 得票数
マット・マートン T 212
青木 S 187
ベンちゃん D 170
寿司職人ラミレス G 158
ルパン広瀬 C 9
赤松 C 1
内川 YB 1

鈴木一朗越えの214安打をマークしたマット・マートン(初受賞),首位打者の青木(6年連続6度目),MVPのベンちゃん(パでは外野手で4度,DHで1度だが、セでは初)と上位3名は蒼々たる顔ぶれではあるものの、49本129打点と言う堂々たる数字で二冠王に輝いた寿司職人ラミレスが落選すると言うのは衝撃的な展開だ。本塁打・打点の二冠でベストナイン落ちしたのは、1960年の藤本勝巳(阪神)以来、50年ぶりの珍事。この4人の争いで落ちるとすればマット・マートンか青木だろうと予想していたのだが…。個人的には、青木は閉幕ギリギリで平野に打率で抜かれる可能性にビビって、打席に入らなかったくせに、全試合出場を続ける為にちゃっかり守備には出てきた件が大減点モノなのだが…。それにしても、ルパン広瀬,内川は百歩譲るとしても、赤松に入れた記者は何を考えているのか分からない。ゴールデングラブはともかく、ベストナインはありえないだろう。大局に影響がなければ、何をやっても構わないとか思ってないか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(1)トラックバック(11) 

November 03, 2010

11/3大島◆M3−4D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙っているロッテは8月26日以来、実戦から遠のいている病み上がりの唐川を先発起用。これに対し、ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、既に、日本一を決めている中日は初回、先頭の荒木がいきなりセンター前ヒットで出るも、続く井端はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。この後、森野がライト線へ二塁打を放つも、ベンちゃんが打ち上げるチグハグな攻撃で結局、無得点。続く2回には一死から野本が四球を選ぶも、英智,小田と連続三振。3回には先頭の大島がヒットで出るも、荒木が送りバントを仕掛けるでもなく、無策の儘、簡単に追い込まれると、ここで大島が牽制で刺される大チョンボ。結局、荒木は三振に倒れると、井端も打ち上げて、3人で攻撃終了。川相をむざむざ手放してしまったツケが回ってきている無様な攻撃に落胆の色を隠せない中日先発・山本昌に対し、その裏、ロッテは一死から岡田がセンター前に弾き返すと、西岡が三塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。更に、二死後、井口がライトポール際へ2号2ランを叩き込み、この回3点。直後の4回、中日は先頭の森野が左中間へ大飛球。これに対し、レフト・清田が決死のダイビングを仕掛けるも、グラブに当てるのが精一杯で、この間に森野は一気に三塁へ。ここでベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトフェンス直撃のタイムリー二塁打となり、森野がホームイン。続くブランコのライトフライでベンちゃんが三塁へ進むと、何と西村監督は早くも唐川を引っ込め、古谷をワンポイントで投入。これに対し、野本がセンターへきっちりと犠飛を打ち上げ、1点差。その裏、落合監督も早くも山本昌を下ろし、寝損を投入。これに対し、ロッテは先頭の今江がセーフティバントを決めると、代打・根元が送って、一死二塁とするが、金,里崎と連続三振を喫して、追加点ならず。直後の5回、中日は小野のエラー,大島の死球で一、二塁とすると、荒木の三塁線のバントでロッテが一塁をガラ空きとしてしまうチョンボに助けられ、クリーンヒットなしで無死満塁の大チャンス。ここで井端はこの日2本目となるセカンドゴロゲッツーを食らうも、この間に三塁走者・谷繁が返って、ついに同点。一気に畳み掛けたい中日は続く6回、先頭のベンちゃんがライト前ヒットを放つも、またも牽制死。この後、ブランコ,野本が内野ゴロに終わり、結局、3人で攻撃終了。その裏、ロッテは二死から今江が左中間突破の三塁打を浴びせると、4番手・三瀬から代打・フクーラが四球を選んで、一、三塁。しかし、ここで代わった5番手・河原に対し、金の痛烈なライナーはライト・英智の守備範囲で二者残塁。8回も両軍共に、二死一、二塁のチャンスを潰し、3−3の儘、土壇場9回へ突入。中日は一死から英智がライト前へシリーズ初安打を放つと、谷繁の犠打で二死二塁と勝ち越しのチャンスを作るも、大島はどん詰まりのセカンドゴロに終わり、無得点。その裏、ロッテは8回途中からマウンドに上がっている5番手・浅尾から先頭の金がセンター前ヒット。続く里崎が送って、一死二塁と一打サヨナラの場面を築くが、岡田は空振り三振。続く西岡はレフトフェンス直撃の大飛球を放ち、サヨナラ勝ちを確信してガッツポーズをかました直後にファールをコールされて赤っ恥をかいた末、結局、空振り三振に倒れて、試合は延長に突入。迎えた10回、5番手・伊藤に対し、中日は二死から森野の四球,ベンちゃんのセンター前ヒットで一、三塁とするも、ブランコが空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。その裏、ロッテは先頭の清田が四球。続く井口はライト前に凡フライを打ち上げるも、英智が一旦、後ろへ下がってしまう判断ミスを犯して捕球出来ないばかりかバウンドで頭上を越されて、ボールが転々とする間に走者はそれぞれ進んで、無死二、三塁。サブローが浅いレフトフライに倒れると、今江が歩かされて、満塁となるも、ここで代わった6番手・高橋に対して、フクーラがフルカウントからサードへのハーフライナーに倒れ、飛び出した三塁走者・清田が戻れずに最悪のゲッツー。絶体絶命のピンチを切り抜けた中日は直後の11回、一死からヒットの英智を谷繁が送ると言う9回とまるっきり同じ展開で二死二塁のチャンス。ここで9回には凡退した大島が今度はセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち、ついに勝ち越し。その裏、引き続きマウンドに上がった高橋が里崎,岡田と簡単に打ち取って二死を取ると、何故か、このタイミングで守護神・岩瀬を投入する落合監督の相変わらずの不思議継投が炸裂。代わりばな、代打・南に粘られて、四球を許してしまった岩瀬だが、続く西岡を打ち取って、何とか逃げ切りに成功。7回以外全てのイニングで走者を出しながら、1併殺2牽制死を食らうなど、一発が出ないと如何ともし難い無様な攻撃を繰り返す川相不在の弊害を大露呈したものの、相次ぐピンチを凌ぎきった6人のリリーフ陣の粘り強い投球に救われた中日はこれで2勝2敗の五分に戻し、ナゴヤドームへ戻れる事が確定した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(1)トラックバック(16) 

October 31, 2010

10/31和田◆D12−1M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないロッテだが、ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、既に、日本一を決めている中日は、パ・リーグ3位チームごときにいけしゃあしゃあと日本代表に名乗らせる訳にはいかないとばかりに、昨日とは打って変わって打線が大爆発。ロッテ先発・マーフィーに対し、初回、先頭の荒木がレフト前に弾き返すと、一死後、森野,ベンちゃんと立て続けにセンター前に弾き返して、1点を先制。ブランコが三振に倒れると、続く野本もセカンドゴロに倒れて、チェンジ…と思いきや、井口が悪送球をかまして、満塁とチャンス拡大。ここで谷繁が押し出し四球を選ぶと、続く大島はカウント0−3から三塁線を破る2点タイムリーを浴びせて、4点のリード。続く2回には、またも先頭の荒木がヒットで出ると、連続四球で無死満塁となった所でベンちゃんが右中間突破の2点タイムリー二塁打を浴びせて、マーフィーをKO。森野の本塁憤死とブランコの三振で二死二塁と場面が代わった所で、野本がレフト前へタイムリーを放ち、この回3点。勢いが止まらない中日は続く3回には一死から投手のウッチャンがレフト線へ二塁打を浴びせると、荒木が早くも猛打賞となるライト前ヒットで一、三塁。続く井端はセカンドゴロゲッツーでチェンジ…と思いきや、またも井口がお手玉し、二塁を封殺するのが精一杯で、この間にウッチャンが生還。更に、森野,ベンちゃんと連続四球で満塁となった所で2打席連続三振のブランコにまで2点タイムリーが飛び出し、早くも10点目。ロッテは4回に今江のタイムリーでようやく1点を返すが、中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが2ランを叩き込み、ダメ押し。8回からは高橋−浅尾−岩瀬が余裕の調整登板で締め括り、1勝1敗の五分に戻した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:54コメント(0)トラックバック(12) 

October 23, 2010

10/23和田◆D4−3G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、戦わずして日本一の座を手に入れた中日の先発は大ベテラン・山本昌。これに対し、巨人は初回、スタメン復帰した坂本,好調・脇谷と打ち取られ、二死となるが、ここから不振のガッツ,寿司職人ラミレスが連打を浴びせて、二、三塁のチャンス。ここで昨日、決勝弾を放った阿部の打席を迎えたが、空振り三振に倒れて、先制ならず。その裏、中日は巨人先発・グライシンガーから先頭の荒木がいきなりライト線へ三塁打を放ち、絶好の先制チャンス。しかし、大島はセカンドゴロ,森野はサードファールフライに倒れると、ベンちゃんも三振を喫して、荒木は三塁に釘付け。続く2回にはブランコ,小田のヒットで二死一、二塁とするも、山本昌が三振に倒れて、二者残塁。巨人は4回、先頭のガッツが2打席連続ヒットで出るも、寿司職人ラミレスがサードゴロゲッツー。阿部は覚醒の気配が見えず、2打席連続三振で結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、中日は一死からブランコが四球で歩くと、二死後、スタメン復帰の井端がライト前ヒットで繋ぎ、一、二塁とした所で小田が左中間を深々と破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。直後の5回、巨人はマッスル千代の富士,矢野と連打を浴びせると、松田記者がきっちり送って、山本昌をKO。しかし、ここで代わった河原の前に代打・長野が見逃し三振に倒れると、坂本もカウント0−2から難しいボールを引っかけて、セカンドゴロに終わり、またも得点ならず。6回も続投となった河原に対し、脇谷,ガッツ,寿司職人ラミレスがあえなく三者凡退。中日は7回から3番手・高橋を投入。これに対し、巨人は先頭の阿部がレフト前に弾き返すと、二死後、松田記者がレフト線へヒットを放ち、一、三塁のチャンス。しかし、代打・亀井がショートへの凡フライに終わり、またも二者残塁。その裏、巨人は4番手として、すっかり負けゲームの中継ぎ要員に格下げされてしまったクルーンを投入。いきなり谷繁を歩かせ、不安を覗かせたクルーンだったが、後続3人を無難に打ち取り、無失点で切り抜ける。直後の8回、1番から好打順となる巨人は先頭の坂本がセンター前に弾き返すと、続く脇谷が粘った末に一、二塁間を破って、一、三塁。更に、ガッツの打席で高橋が暴投を犯した隙に脇谷が二塁を陥れ、二、三塁となった所でガッツがライトフェンス手前まで運ぶ犠飛を打ち上げ、ようやく1点をゲット。なおも、一死三塁のチャンスだったが、4番手・浅尾の前に寿司職人ラミレスがどん詰まりのショートゴロに倒れると、浅尾キラーの阿部もレフトへの浅いフライに打ち取られ、同点ならず。その裏、早くも登場した山口だが、この日は制球が定まらず、2四球を許すなど、二死満塁のピンチを迎えると、ここで谷繁に痛恨の押し出し四球を与えて、3点目を献上。土壇場9回、昨日の投球で不信感を抱いたのか、落合監督は守護神・岩瀬を投入せずに、浅尾を引き続きマウンドへ送り込むが、これが裏目。巨人は先頭のマッスル千代の富士がレフト前に弾き返すと、続く矢野がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。松田記者がきっちり送って、一死三塁となった所で代打・松本のセカンドゴロの間に代走・鈴木が生還し、ついに同点。その裏から中日は6番手・久保から一死から連続四球で二塁とすると、ベンちゃんの打球はレフト正面へ。レフトライナーかと思われた打球は物凄い勢いで伸び上がり、寿司職人ラミレスのジャンプもかいくぐって、頭上を越えると、二塁走者のブーちゃんが一気に返って、劇的なサヨナラ勝ち。これで中日はアドバンデージ込みの4勝1敗となり、日本シリーズとは何の関係もない日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦に進出を決めた。反撃が遅過ぎたとは言え、粘りを見せた巨人だが、山口,久保で5四球も許してしまったのが、致命的だった。小田,河原と元巨人勢にしてやられたのも皮肉なものである。最後のベンちゃんの打球は確かに鋭かったのだが、程々に守備の上手い外野手だったら、迂闊に前進して頭を越される事はなかったかも…。一方、勝った中日も浅尾がピンチを背負ってなお岩瀬が出てこなかったのが少々気がかり。既に、日本一を決めているとは言え、3位チームのロッテにいけしゃあしゃあと日本代表を名乗らせる訳にはいかない訳で、守護神・岩瀬の復調が待たれる所である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(32) 

September 19, 2010

◆T6−4G◆
昨日は完全に沈黙した巨人打線がこの日は初回から爆発。いきなり坂本,松本と連打を浴びせると、二死後、阿部が走者一掃の先制タイムリー二塁打。矢野もタイムリーで続くと、江戸川がヒットで繋いだ所で脇谷も走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、大量5得点。続く2回には一死二塁からガッツがタイムリーを浴びせ、6点目。1,2回のチャンスを潰した阪神だが、3回、マット・マートンの18試合ぶりとなる16号ソロでようやく1点。一死後、連続四死球で一、二塁とするも、ブラゼル,J.マッケンジーと打ち取られ、1点止まり。4回にも二死一、二塁のチャンスに平野が凡退し、二者残塁。ここまで1失点とはピンチの連続に不安を感じたのか、若大将・原監督は5回表、勝利投手の権利獲得目前の藤井に5点差あるにも拘わらず、非情にも代打を送り、その裏から山口を投入。その裏、クリーンアップを退けた山口だが、続く6回、一死二、三塁のピンチで代打・関本のファーストゴロの間に1点を献上。8回には3番手・久保がブラゼルに45号ソロを被弾し、3点差。土壇場9回、マウンドに上がったのは守護神失格の烙印を押されたと思われたクルーン。いきなり代打・悠久の若虎・桧山に痛打されると、二死二塁となった所で鳥谷にタイムリーを許し、2点差。一発で同点と言う場面で4番・新井を迎えたが、何とかサードゴロに退け、辛くも逃げきった。2番手・山口は2回2/3を1失点で7勝目

◆S2−6D◆
ヤクルト先発・村中に対し、中日は初回一死一、二塁,2回二死満塁のチャンスを悉く逃し、早くも5残塁。すると、3回、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに35号先制アーチ。5回にはヒットの荒木を大島が送った所で森野がタイムリー二塁打を浴びせると、続くベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる36号2ランをぶち込み、4点目。6回二死一、三塁のチャンスはまたも逸してしまうが、7回、二死一、二塁の場面で小田が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー二塁打となり、6点目。7回まで無得点に抑え込まれていたヤクルトは8回、一死から川本が四球を選ぶと、青木がライトスタンドへ12号2ランを放ち、ようやく2点を獲得したが、反撃もここまで。中日先発・中田賢は8回を投げて2失点で7勝目を飾った

◆YB2−3C◆
広島は初回、一死から木村が二塁打を浴びせると、続く天谷のタイムリーで1点を先制。一方、横浜は2回、先頭の村田が二塁打で出ると、スレッジのファーストゴロで三進。下園が歩いて、一、三塁となった所でカスティーヨが犠飛を打ち上げ、同点。1−1の儘、迎えた6回、広島は一死から梵の二塁打,木村のタイムリー三塁打で勝ち越すと、二死後、栗原もセンター前へタイムリーを放ち、3点目。7回、カスティーヨの18号ソロで1点差と詰め寄られるが、8回から大島−横山がパーフェクトリレーを見せ、逃げきった。先発のジ・oは7回を投げて2失点に抑え、8勝目をマーク

◆H11−4L◆
西武は片岡の13号先頭打者アーチで先制すると、更に、二死後、フェルナンデスも9号ソロをぶち込んで、2点目。しかし、その裏、ソフトバンクは一死から本多の内野安打,松中の四球で一、二塁とすると、二死後、ハマのスペランカーがレフトスタンドへ27号3ランを叩き込み、一気に逆転。1点を追う西武は3回、一死から栗山が内野安打で出ると、中島が18号2ランを放り込み、逆転に成功。その裏、小久保のタイムリーで同点としたソフトバンクは5回、松中の11号ソロで再び勝ち越し。更に、一死一、二塁からペタジーニにもタイムリーが飛び出して、6点目。7回には6長短打を集中して、5点を奪い、試合を決定付けた。直接対決では幾ら連破してもマジックは消せないが、西武と1.5差に接近。3番手の森福は2回を無失点の好リリーフで2勝目を挙げた

◆F0−4Bs◆
初回、偽バファローズは坂口の四球,森山のヒットで一死一、二塁のチャンスを作ると、カブレラがレフト前へ先制のタイムリー。続く2回には二死二塁から坂口,森山と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。4回にはカラバイヨが7号ソロを叩き込み、4点目。その裏、日本ハムは稲葉,小谷野の連打で一、二塁とするも、糸井が三振。ここで恐怖のゲッツー量産マシンの名を欲しい儘にするあの男が本領発揮のショートゴロゲッツーを食らい、無得点。ゼロ行進が続く日本ハムは8回、先頭の陽がヒットで出ると、二死後、田中が歩いて、一、二塁とし、偽バファローズ先発・金子千をKOするが、代わった平野の前に代打・ミスタースナイパー・坪井が三振を喫し、二者残塁。9回はあえなく三者凡退に終わり、完封負け。金子千は初の中4日登板ながら、7回2/3を無失点で切り抜け、13連勝でハーラー独走の17勝目を挙げた

9/19高須◆E8−6M◆
楽天先発・ラズナーは立ち上がりから制球が定まらず、3四球で二死満塁のピンチを背負うと、サブローにセンター前に弾き返され、2点を献上。その裏、楽天は聖沢に4号先頭打者アーチが飛び出し、1点差。続く2回、一死一、三塁から牧田が同点犠飛を打ち上げると、3回には宮出のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。しかし、直後の4回、ロッテは二死一、二塁から清田の2号3ランで一気に逆転。その裏、牧田の3号ソロで1点差とされるが、5回、代打・フクーラの犠飛で突き放す。粘る楽天は7回、一死一、二塁から高須のタイムリーで1点差とすると、土壇場9回には守護神・小林宏に対して、内村,渡辺のヒットで一死一、三塁のチャンス。ここでまたも高須がレフトスタンドへ5号3ランを叩き込み、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。5番手・小山は1回を無失点に抑え、5勝目をマーク。しかし、偽バファローズが勝った事により、楽天はノムさんの予言通り、4年ぶりの最下位転落が確定。これについて、ノムさんは「敗因(自分を解任し、広島でロクに結果も残していないブラウンとすげ替えると言う愚行)をよく反省して、来年は何としてもね」とコメントを残した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:47コメント(2)トラックバック(9) 

July 20, 2010

◆G4−3S◆
巨人は初回、先頭の坂本が四球を選ぶと、一死後、ガッツがレフト線へ先制のタイムリー二塁打。追いかけるヤクルトは3回、宮本がライト前ヒットで出ると、一死後、村中の犠打が野選を誘い、一、三塁。二死二、三塁と場面が変わった所で東野が暴投を犯し、労せずして同点。1−1の儘、迎えた6回、巨人は一死から坂本が四球で歩くと、松本が送った所で、またもガッツが左中間スタンドへ19号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。直後の7回、ヤクルトは先頭の飯原が6号ソロを叩き込み、1点差とすると、8回には二死走者なしから青木が8号ソロを放ち、ついに同点。巨人は9回から守護神・クルーンを投入。前回、悪夢のサヨナラ満塁弾を浴びたクルーンだが、この日は無難に切り抜けると、延長に入った10回も無失点の好投を展開。すると、その裏、巨人は先頭の脇谷が二塁打で出塁。一塁が空いた事で代打・マッスル千代の富士は敬遠されて、無死一、二塁。ここで送りバントを仕掛けた坂本はピッチャー前にまともに転がしてしまうも、増渕が三塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間に脇谷が一気に生還し、サヨナラ勝ちで首位を堅守。2回無失点で前回の汚名を返上したクルーンは3勝目をあげた。

7/20平井◆D1−0YB◆
4戦連続完封勝利中と投手陣に余裕がある様に見えるが、ローテの谷間が続く中日は寝損を今季初先発に起用。寝損は毎回走者を出す苦しい内容ながらも、5回を無失点と試合を作る及第点の投球を展開。6回からは継投モードに切り替え、清水−高橋−浅尾−河原と繋いで、9回まで横浜打線を無失点に封じ込めるが、肝心の味方打線が川相不在が故に一発が出ないと如何ともしがたい拙攻三昧で一向に先取点を奪えず、0−0の儘、延長戦へ突入。我慢比べとなった状況で中日は岩瀬−平井と層の厚いリリーフ陣を次々に繰り出し、横浜に先手を取らせない。迎えた11回、この回から登板した横浜守護神・山口に対し、中日は先頭の大島が内野安打で出ると、森野が送った後、ブランコが敬遠されて一、二塁のチャンス。ここでベンちゃんがセンター前へ弾き返して、大島がサヨナラのホームイン中日は7人の投手で完封リレーを達成し、これでプロ野球新記録となる5戦連続の完封勝利。7番手の平井は1回無失点で2勝目。

◆T5−4C◆
0−0で迎えた4回、阪神は先頭の平野がライト前に弾き返すと、一死後、新井のヒットで一、二塁のチャンス。ここでブラゼル,キュラソ星人と連続タイムリーを浴びせて、2点を先制。4戦連続完封負け中の広島はこの日4回までゼロ行進で球団ワースト記録を41年ぶりに更新する40イニング連続無得点を樹立するが、5回一死からヒットの倉が浅井のエラーで一気に三塁を陥れると、鶴の暴投で生還するタナボタで5試合ぶりの得点を獲得。7回には先頭の岩本がレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、広島は代打・ヒューバーがヒットで出ると、東出が送った後、梵もヒットを浴びせて、一、三塁のチャンス。ここで赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に2点を勝ち越し。しかし、粘る阪神はその裏からマウンドに上がった上野に対し、先頭の代打・林が今季初アーチを放り込み、1点差。更に、関本がセンター前に弾き返すと、鳥谷がレフトスタンドへ11号2ランをぶち込んで、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。延長での逆転サヨナラ弾は球団史上初。10回のピンチを凌いだ5番手のルーキー・藤原はプロ初勝利となった。広島は4点と言う「大量点」を奪ったにも拘わらず、投手陣が踏ん張り切れず、5連敗。

カリメロ勝◆H2−0L◆
ソフトバンク先発・杉内は5回まで散発2安打、二塁も踏ませぬ好投を展開。一方、西武先発・野上も4回まで無失点と踏ん張っていたが、5回、先頭の松田を片岡のエラーで出してしまうと、長谷川に犠打を許した所で田上にレフト前へのタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。7回には先頭の松田に10号ソロを被弾。一死後、田上にこの日3本目のヒットを浴びた所で無念のKO。ここで西武はついに今季初登板となるカリメロを投入。これで実働29年となるカリメロは代わりばな川崎を歩かせるも、本多,オーティズと打ち取り、ソフトバンクの勢いを断ち切る事に成功。しかし、追加点などなくとも、この2点目で十二分の援護となった杉内は8,9回も無難に切り抜け、10三振を奪っての無四球完封でハーラートップタイの12勝目をマーク。ソフトバンクはこれで6連勝となった。

◆F12−6M◆
2回にフクーラの6号ソロで先制された日本ハムはその裏、連続四球にエラーとノーヒットで同点とすると、金子誠のショートゴロの間に勝ち越しに成功。更に、連打で満塁とした所で稲葉が2点タイムリー,小谷野が7号3ランを叩き込み、一挙7点のビッグイニングを結成。6点を追うロッテは5回、サブローの12号ソロ,西岡のタイムリー,井口の8号3ランで5点を返し、1点差と肉迫。しかし、その裏、日本ハムは一軍復帰2試合目のトンガが待望のプロ初アーチをぶち込むと、続く6回には金子誠が5号ソロと一発攻勢で突き放す。7回には糸井のタイムリーで10点目を追加。更に、8回にも稲葉の2点タイムリー二塁打でダメ押し。先発の木田画伯は5回で6点を失ったものの、大量援護に恵まれて、無傷の4勝目をあげた

◆Bs11−7E◆
初回、後藤,カブレラの連続タイムリーで2点を先制した偽バファローズは続く2回にはバルディリスの6号ソロ,ティー岡田の21号3ラン等で一気に5点を追加。更に、3回には後藤の2点タイムリー,ティー岡田の2打席連続22号ソロで3点を加え、早くも10点のリード。4戦連続完封を狙う先発・金子千だったが、あまりの大量リードに緊張感が削がれてしまったか、4回、鉄平に二塁打,山崎にタイムリーを浴びて、連続イニング無失点は31でストップ。更に、この後、草野にヒット,中村紀に四球を許すと、リンデンに犠飛を打ち上げられ、2点目を献上。二死後、嶋を内野安打で出して満塁となった所で聖沢をキャッチャーゴロに仕留めるも、鈴木が一塁へとんでもない悪送球をかまし、ボールが転々とする間に3人の走者が一気に生還し、この回、大量5失点。しかし、その裏、偽バファローズはバルディリスのタイムリーで11点目。楽天は終盤2点を返し、4点差まで詰め寄ったものの、序盤の失点があまりにも大き過ぎた。連続完封が途絶えた金子千は5回5失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで8勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:53コメント(0)トラックバック(20) 

July 09, 2010

◆D6−3G◆
中日は初回、先頭の荒木がヒットで出ると、すかさず二盗。大島のファーストゴロで三塁へ進んだ所で森野がライト前へ先制のタイムリー。1点を追う巨人は3回、鶴岡が内野安打で出ると、一死後、坂本が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、同点。5回には江戸川の四球,鶴岡のヒットの後、ゴンザレスが送って、二、三塁と勝ち越しのチャンスを作るが、坂本,松本と内野ゴロに打ち取られ、二者残塁。1−1の儘、迎えた7回、中日は先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ23号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。更に、ブランコ,谷繁のヒットで一死一、二塁として、ゴンザレスをKOすると、二死後、四球1つを挟んでの4連打を浴びせて、この回一挙5点。直後の8回、巨人はガッツの17号2ランで応戦したものの、最後は守護神・岩瀬に息の根を止められた。中日先発・吉見は7回を1失点の好投で8勝目

◆S−C◆
降雨中止。

◆T6−5YB◆
初回、阪神は四球の鳥谷を二塁へ送った所でマット・マートン,新井と連続タイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。直後の2回、横浜は一死からスレッジが二塁打を浴びせると、ハーパーが2号同点2ラン。続く3回には一死から石川,内川の連打で一、二塁とすると、二死後、スレッジが17号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。その裏、阪神は平野,マット・マートン,新井の3連打で2点を返し、1点差。4回以降、膠着状態となった試合は4−5の儘、8回へ突入。阪神は先頭のブラゼルが二塁打を浴びせると、一死三塁となった所で代打・キュラソ星人のファーストゴロが野選を誘い、ついに同点。ここで代走に起用された上本がすかさず二盗を敢行。橋本の送球が上本の足に当たって、ボールが外野を転々とする間に上本は一気に本塁を陥れ、勝ち越しに成功。最後は守護神・藤川球がピシャリと締めて逃げ切り。3番手の西村は1回を3人で抑えて、6勝目がついた

7/9木田◆F4−2Bs◆
偽バファローズ先発・山本に対し、日本ハムは初回、先頭の田中が内野安打で出ると、劇団ひちょの犠打,稲葉のファーストゴロで三進。こで小谷野がレフトスタンドへ先制6号2ラン。更に、糸井,鵜久森,陽,大野と4連打を浴びせて、この回4点。3回まで1安打と抑え込まれていた偽バファローズは4回、荒金,後藤と連打を浴びせると、一死後、ティー岡田の犠飛でようやく1点。その裏、日本ハムは二死走者なしから田中のヒットと連続四死球で山本をKOし、先制アーチの小谷野の打席となったが、代わった香月の前にライトフライに倒れて、三者残塁。6回から石井−建山−宮西と小刻みに繋いだ日本ハムは9回から武田久を投入。武田久は二死からティー岡田に18号ソロを被弾し、続く北川にも痛打されて、ヒヤリとさせるが、最後はバルディリスをセカンドゴロに打ち取り、辛くも逃げ切った。ローテの谷間と言う事で先発に起用された木田画伯は5回を1失点で切り抜け、3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(0)トラックバック(9) 

June 30, 2010

◆C4−5G◆
巨人は4回、先頭のガッツがヒットで出ると、一死後、阿部がライトスタンドへ26号2ランを叩き込み、先制。更に、長野,脇谷と連打を浴びせるが、江戸川,西村健と倒れて、2点止まり。その裏、西村健の暴投で1点を返した広島は続く5回、倉,東出のヒットで一死一、三塁とした所で梵がライト線へ同点タイムリー二塁打を放ち、西村健をKO。更に、2番手・星野に対し、代打・赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。追いかける巨人は7回、連続四球で無死一、二塁とした所で坂本はゲッツーを食らうも、マッスル千代の富士がライト前へ弾き返して、1点差。突き放したい広島は8回、二死二塁から満を持して登場した求道者・前田がショートへの内野安打を放ち、チャンスを広げるが、東出がセンターへ打ち上げ、二者残塁。ピンチを脱した巨人は土壇場9回、先頭の江戸川が二塁打を浴びせると、亀井の犠打がエラーを誘って、一、三塁とした所で坂本が犠飛を打ち上げ、同点。更に、マッスル千代の富士のピッチャー強襲安打をカバーした東出が悪送球をかました間に亀井が勝ち越しのホームイン。その裏から登板した守護神・クルーンはいきなり先頭の梵を歩かせ、不安を抱かせたが、後続3人を打ち取って、辛くも逃げ切った。8回のピンチを凌いだ5番手・豊田は今季初勝利。これで巨人は開幕から対広島8連勝となった。

6/30和田◆T1−2D◆
0−0で迎えた4回、中日は二死走者なしからベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとはがりにライトスタンドへ21号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、その裏、阪神はマット・マートン,新井のヒットで二死一、二塁とした所でJ.マッケンジーがレフト前へ弾き返して、マット・マートンが同点のホームイン。5回無死二塁に続き、7回にも二死満塁のチャンスを逃す拙攻三昧の中日だったが、8回、一死一、二塁からベンちゃんのタイムリーでようやく勝ち越し。あとは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切った。先発のウッチャンは7回2/3を1失点で5勝目。尚、この日、中日の堂上兄弟の他、阪神の新井浩,中日の新井良と組の兄弟選手が同時出場。リー兄弟&松沼兄弟以来となる29年ぶりの珍事だった。

◆YB2−3S◆
加賀,中沢のルーキー対決となったこの試合。3回までパーフェクトと上々の滑り出しを見せた中沢に対し、加賀は序盤は苦しみながらも、尻上がりに調子を上げていく。しかし、5回、相川,宮本と連打を浴びると、藤本に犠打を許すと、暴投を犯して、やらずもがなの先制点を献上。更に、二死後、青木,田中と連続タイムリーを浴びて、3点を失い、この回限りで降板となった。一方、中沢も6回、簡単に二死を取りながら、内川,村田と連続二塁打を浴びると、スレッジにもタイムリーを許して、KO。勢い付く横浜は続く7回、二死から下園,石川と連打を浴びせるも、内川がピッチャーゴロに倒れて同点ならず。ヤクルトは8回からマツ・オカ−林と繋ぐ必勝パターンで1点のリードを守りきった。中沢は5回2/3を2失点で5勝目

◆M7−3H◆
ロッテは初回、二死から3者連続出塁で満塁とすると、オーティズがレフト前へ先制の2点タイムリー。その裏、ロッテは今江が5号ソロを叩き込み、1点差。続く2回にはソフトバンクが川崎のタイムリー三塁打で1点を追加すれば、ロッテも2四球にエラーとノーヒットで1点を返して応戦。1点差の儘、迎えた5回、ロッテは的場,今江のヒットで二死二、三塁とすると、金が左中間突破のタイムリ二塁打を放ち、逆転に成功。更に、大松が歩いた後、サブローが2点タイムリー三塁打,竹原がタイムリー二塁打を浴びせて、この回一挙5点。ロッテは7回から伊藤−薮田−小林宏と繋いで、ソフトバンクの反撃を断ち切った。先発の大嶺は6回を3失点で2ヶ月半ぶりの3勝目をマーク

◆Bs3−2E◆
移籍初登板となる偽バファローズ先発・長谷川に対し、3回まで無得点に抑え込まれていた楽天だが、4回、先頭の嶋がヒットで出ると、一死後、中村紀が先制のタイムリー二塁打。1点を追う偽バファローズは5回、バルディリスの四球,坂口のヒットで二死一、二塁とした所で赤田がセンター前へタイムリーを放ち、同点。続く6回にはカブレラ,ティー岡田の連打で無死一、二塁とするも、北川が最悪のショートゴロゲッツー。バルディリスもファーストゴロに終わり、結局、無得点。1−1の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わった4番手・岸田に対し、楽天は鉄平,中村紀のヒットで二死一、三塁とすると、山崎のサードゴロの間に鉄平が勝ち越しのホームイン。更に、草野のヒット,渡辺の四球で満塁とチャンスを広げるが、内村は三振に倒れて、1点止まり。すると、その裏、抑えの川岸に対し、偽バファローズは先頭のバルディリスがレフト前へ弾き返すと、日高がライトスタンドへ5号2ランをぶち込んで、劇的な逆転サヨナラ勝ち。一時は勝ち越し点を献上した岸田に5勝目が転がり込んだ。

◆L4−7F◆
2回、日本ハムは先頭の糸井が9号先制ソロ。更に、この後、二死満塁とチャンスを広げるが、劇団ひちょりがサードライナーに倒れて、三者残塁。1点を追う西武は4回、ヒットの栗山を一塁に置いて、中島が11号逆転2ラン。直後の5回、日本ハムは一死から小谷野,糸井の連打で一、三塁とすると、陽がライトへ同点犠飛。更に、高橋が二塁打で繋いだ所で野上が暴投を犯して、労せずして勝ち越し。しかし、その裏、西武は片岡の7号ソロであっさり同点とすると、続く6回には二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、代打・上本が三振に倒れて、三者残塁。7,8回もゲッツーを食らうなど、勝ち越しの機会を逃し、試合は延長に突入。迎えた11回、日本ハムは一死から田中のヒットに連続四球で満塁とした所で小谷野がレフト前へ2点タイムリーを浴びせて、ついに勝ち越し。二死後、陽,高橋にも連続タイムリーが飛び出し、ダメ押し。その裏、西武は礒?に3号ソロが飛び出したものの、及ばなかった。5番手・宮西は1回2/3を無失点に抑えて、2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(12) 

June 05, 2010

6/5高橋◆G6−5F◆
2回、巨人は一死から阿部の2試合連続15号ソロで先制。8連勝中の巨人先発・東野だが、この日は立ち上がりからピリッとせず、2回までは何とか無失点で凌いだものの、3回、二死走者なしから劇団ひちょり,稲葉,小谷野と3連打を浴びて、逆転を許してしまう。更に、4回には一死一塁から鶴岡に今季初アーチとなる2ランを被弾し、今季最短のKO。3点を追う巨人は5回、先頭の脇谷が小谷野のエラーで出ると、二死後、マッスル千代の富士が2試合連続の6号2ランを放り込み、1点差。しかし、直後の6回、日本ハムは糸井,高橋の連打の後、金子誠の犠打が野選を誘って、無死満塁とすると、鶴岡のショートゴロの間に糸井が生還。日本ハムは7回から先発・糸数を下げ、林を投入する継投モードに切り替えるが、これが裏目。代わりばな、代打・松田記者を歩かせると、坂本に痛打された所でマッスル千代の富士に2打席連続となる7号3ランを被弾し、一気に形勢逆転。8回からは越智−クルーンと繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切った。4番手の久保は1回を無失点に抑え、3勝目がついた

◆C3−9H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーが均衡を破る10号先制アーチ。この後、松中,ペタジーニの連打で一、三塁とした所で江川が犠飛を打ち上げ、2点目。更に、山崎のヒットの後、和田が送って二、三塁となった所で川崎,本多,オーティズと3連打を浴びせて、この回、大量5点。続く5回には二死二、三塁から岸本の暴投,川崎のタイムリー内野安打で2点を加えると、更に、満塁となった所で岸本がこの回2度目のボークをかまし、この回3点。5回まで散発2安打と沈黙していた広島は6回、二死一、三塁からルパン広瀬が3号3ランで応戦。しかし、ソフトバンクは8回、江川のタイムリー二塁打でダメ押しの9点目。先発・和田は8回を3失点で切り抜け、ハーラートップタイの8勝目をあげた

◆D7−4M◆
初回、先発・中田賢が暴投を連発し、ノーヒットでやらずもがなの先制点を献上した中日は2回、内野安打のベンちゃんを一塁に置いて、井端が同点のタイムリー二塁打。なおも無死二塁と勝ち越しのチャンスだったが、後続3人があえなく凡退し、井端は二塁へ釘付け。追い付かれたロッテは3回、先頭の岡田がヒットで出ると、一死後、ブランコのエラー,井口の四球で満塁のチャンス。ここで金がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越し。続く4回には連打の後、吉見の犠打で一死二、三塁となった所で岡田のボテボテのファーストゴロをまたもやブランコがエラーし、3点目。その裏、中日は先頭のベンちゃんが二塁打を浴びせると、一死後、今季初スタメンに起用された中川が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7年目のプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、一気に同点。続く5回にはヒットの荒木が二盗と犠打で三塁へ進むと、森野のファーストゴロの間に勝ち越しのホームイン。更に、ブランコが歩いた後、ベンちゃん,井端と連続タイムリーを放ち、2点を追加。ロッテは7回、この回から代わった2番手・浅尾に対し、二死走者なしから井口が二塁打を浴びせると、金がタイムリーを放ち、2点差。しかし、中日は8回 二死から代打・新井のヒットの後、荒木のタイムリー二塁打で貴重名1点を追加。最後は守護神・岩瀬が無難に締めて、ゲームセット。中田賢は3点を失ったものの、6回を3安打に抑える好投で今季初勝利

◆T4−9Bs◆
鶴,山本の両先発がいずれも3回までノーヒットに抑える上々の滑り出しを見せるが、4回に揃って変調を来す。鶴は先頭の後藤に初安打を許すと、ティー岡田を歩かせ、一、二塁のピンチ。北川は三振に取ったものの、日高に先制3号3ランを被弾し、一気に3失点。一方、山本もそ脳ら、一死から平野に二塁打を浴びると、二死後、新井に7号2ラン,ブラゼルに17号ソロと連続被弾で、これまた3失点。3−3で迎えた7回、偽バファローズは一死から大引の四球、坂口のヒットで一、二塁とすると、二死後、後藤のタイムリーで勝ち越し。更に、ティー岡田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う阪神はその裏、一死からブラゼルが二塁打を浴びせると、二死後、桜井がタイムリーを放ち、2点差。しかし、偽バファローズは8回に赤田のタイムリーで1点、9回には代打・喜田,日高の連続タイムリーで2点を加え、試合を決定付けた。山本は6回3失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、5勝目

◆S4−5L◆
10度目の登板でようやく初白星を掴んだヤクルト先発・石川。ここから一気に白星街道に乗りたい所だったが、いきなり片岡に4号先頭打者アーチを被弾。2回に相川の3号ソロで追い付いて貰うも、5回、平尾に今季初アーチをぶち込まれ、再び勝ち越し点を献上。西武は続く6回にも阿部,中島,栗山の3連打で1点をあげると、二死一、三塁となった所でG.G.佐藤もタイムリーを放ち、4点目。3点を追うヤクルトは7回、一死二、三塁から代打・上田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。更に、青木が歩いて、一、二塁とチャンスを広げるが、田中,ガイエルと倒れて、二者残塁。追い上げられた西武は直後の8回、二死一塁から細川に3号2ランが飛び出し、点差は再び3点と拡大。土壇場9回、ヤクルトは守護神・シコースキーから先頭の福地が四球を選ぶと、二死後、ガイエルが15号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄るが、最後はデントナが三振に斬って取られ、あと一歩及ばなかった。先発のミャオは6回1/3を3失点で4勝目をあげた

◆YB4−5E◆
0−0で迎えた3回、横浜は二塁打の石川「を下園が送った所で内川がショートへ先制の内野安打。直後の4回、楽天は二死走者なしから3者連続出塁で満塁とすると、渡辺直が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。しかし、その裏、横浜はスレッジ,カスティーヨの助っ人コンビが連打を浴びせると、金城が送った所で代打・藤田のタイムリー二塁打が飛び出し、一気に同点。続く5回には一死二塁から村田がライト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。4−3の儘、迎えた土壇場9回、満を持して登場の守護神・山口に対し、楽天は先頭の渡辺直がセンター前に弾き返すと、代打で登場した謎の新助っ人・ルイーズがレフトスタンドへ来日初アーチとなる起死回生の逆転2ラン。その裏は川岸が無難に抑えて、楽天が逃げ切った。2番手の小山は1回を3人で抑えて、3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(14) 

May 21, 2010

◆E5−4G◆
2回に一死満塁のチャンスを潰した楽天は3回に内村,4回に中村紀といずれも先頭打者がヒットを放ちながら、悉く二盗に失敗。5回には一死一、二塁から内村がゲッツーと怒濤の拙攻三昧。5回まで1安打と好投していた先発・永井だが、味方打線のあまりの不甲斐なさに根負けしたか、6回、一死二塁のピンチで脇谷に先制タイムリーを許すと、二死後、寿司職人ラミレスを歩かせた所で阿部に10号3ランを被弾し、4失点KO。しかし、8回、キャンプから先発として体を作ってきたにも拘わらず、先発として失敗した訳でもないのに、早々と中継ぎに回された挙げ句、いつ二軍に落とされても仕方ない程、炎上を繰り返しても、一向に先発には戻して貰えない3番手・山口に対して、中村紀の4号2ランで2点差。土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入するが、一死後、連続四球を許すいつもの病気を発症し、KO。ここで代わった福田に対し、嶋が歩いて満塁となった所で代打・憲史は11球粘った末にレフト前へ2点タイムリーを放ち、一気に同点。更に、高須のショートへのゴロが幸運なイレギュラーヒットとなり、再び満塁とした所で鉄平がレフト前へ弾き返して、劇的なサヨナラ勝ち。1回を無失点に抑えた楽天3番手・片山に今季初白星が転がり込んだ。クルーン劇場の開演により、悪夢の逆転負けとなった巨人は3連敗。

5/21前田智◆H1−7C◆
この日も求道者・前田がスタメン起用され、意気上がる広島は初回から一死一、三塁のチャンスを掴むと、栗原がセンター前へ先制タイムリー。4回には一死満塁から小窪が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、3点を追加。6回には一死から求道者・前田がセンター前へ会心のヒットを浴びせると、続くルパン広瀬のヒットで激走を見せて、三塁を陥れる。赤松は三振に倒れたものの、またも小窪がタイムリーを放ち、5点目。更に、8回にはエラーで出た栗原を一塁に置いて、求道者・前田がライトスタンドへ豪快な2号2ランを叩き込み、ダメ押し。大量援護を貰った先発の前田健は9回に高谷のタイムリーで完封こそ逃したものの、散発6安打1失点完投でハーラートップタイの7勝目を飾った。

◆L1−3D◆
西武先発・涌井に対し、中日は初回、いきなり先頭の荒木が三塁打を浴びせ、絶好の先制チャンスを掴みながら、後続3人が内野ゴロすら打てずに荒木は三塁へ釘付け。これで立ち直った涌井の前に2,3回と3人ずつで打ち取られるが、4回、二死一塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランを叩き込み、2点を先制。その裏、西武は二死二塁から阿部のタイムリーで1点差とすると、更に、G.G.佐藤の二塁打,細川の四球で満塁のチャンス。しかし、片山はショートゴロに終わり、三者残塁。すると、直後の5回、中日は大島の四球,野本のヒットの後、小山が送って、二、三塁となった所で荒木が犠飛を打ち上げ、3点目。西武は7回、一死から栗山のヒットの後、ウッチャンのエラーで一、二塁とし、ウッチャンをKO。しかし、ここで代わった浅尾の前に中村がショートゴロゲッツーに倒れて、無得点。浅尾は8回も無失点で切り抜けると、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った。ウッチャンは6回1/3を1失点で3勝目

◆Bs10−6T◆
序盤から偽バファローズ打線が猛攻を展開。初回、後藤の3号2ランで先制すると、続く2回には5四死球を稼いで3点を奪い、阪神先発・フォッサムをKO。3回には坂口,後藤のタイムリー等で3点を追加。大量8点のリードを貰った先発・金子千は4回までパーフェクトの快投で4勝目を手にするのは確実と思われたが、5回、先頭の新井をバルディリスのエラーで生かしてから、突如として、変調。ここからキュラソ星人,J.マッケンジーと連続二塁打を浴びると、一死後、桜井,葛城イクローと連続被弾し、勝利投手の権利まであと二人と迫りながら、無念のKO。更に、2番手・香月も連打を浴びるなどして、1点を追加され、この回、悪夢の6失点。勢い付く阪神は続く6回には新井の二塁打,キュラソ星人の四球の後、J.マッケンジーが送って、一死二、三塁と一打同点のチャンス。しかし、ブラゼル,桜井と倒れて、無得点に終わると、以降は一人の走者も出せず仕舞い。偽バファローズは7回に4連打で2点を加えて、ダメ押しの10点目。4番手の平野に無傷の3勝目がついた

◆M6−3S◆
最初の快投はどこへやら、すっかりダメ助っ人臭が漂っているヤクルト先発・バーネットはまたも初回から大炎上。いきなり四球連発で押し出しで先制点を許すと、サブロー,フクーラと連続タイムリー二塁打を浴びた後、里崎に早くもこの日4個目の四球を許した所で今江にもタイムリーを浴びて、大量5失点。バーネットは以降、6回までに1失点と立ち直りを見せたが、貧打に喘ぐヤクルトにとっては、初回の5失点はあまりにも痛過ぎた。ヤクルトは6回に宮本の1号2ラン,8回に青木の5号ソロと一発攻勢で3点を返したが、及ばなかった。ロッテ先発・成瀬は7回を2失点に抑え、6勝目をあげた

◆F1−4YB◆
ようやく調子を上げてきた日本ハムは初回、エラーで貰ったチャンスに糸井が先制タイムリー。先発のダルビッシュは3回まで得点を許さず、連続イニング無失点記録を31まで伸ばしたが、4回、一死から昨年までの同僚・スレッジに同点11号ソロを被弾し、記録はストップ。6回の満塁のピンチは凌いだが、続く7回には村田のタイムリー等で勝ち越しの2点を失い、無念の降板。横浜は9回にも二死満塁からスレッジが押し出し四球を選んで、貴重な1点を追加。その裏から守護神・山口がきっち日本ハムの反撃を断ちきった。先発のハマのチンピラは8回を自責点0の好投で3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(14) 

May 08, 2010

◆YB3−4G◆
巨人先発・西村健に対し、横浜は初回、ヒットの石川を早川がきっちり送ると、内川がライト前へ先制タイムリー。3回には石川,早川の連打で無死一、二塁として、クリーンアップに繋ぐが、内川の送りバントがピッチャー前にまともに転がり、三塁封殺。村田,カスティーヨも凡退し、結局、無得点。一方、横浜先発・ハマのチンピラの前に3回までパーフェクトと沈黙していた巨人は4回、先頭の坂本がチーム初安打を浴びせると、脇谷の犠打の後、ガッツがセンターオーバーのタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。続く5回には一死から李が歩いた所で長野がライトスタンドへ勝ち越し3号2ラン。更に、二死後、坂本がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く脇谷がレフト前へタイムリーを放ち、4点目。3点を追う横浜は6回、内川の三塁打の後、村田のレフト前タイムリーで1点を返すと、愉快には4番手・越智に対し、下園のタイムリーで1点差。土壇場9回、巨人は二死満塁と絶好の追加点のチャンスを掴むも、代打・矢野がショートゴロに終わり、三者残塁。その裏、守護神・クルーンは二死を簡単に取ったものの、内川に四球。またクルーン劇場が開演されるのか…と思った矢先、代走・野中が二盗に失敗し、呆気なく試合終了。横浜の自滅でサヨナラ負けの危機を免れた巨人は4連勝。西村健は6回1/3を2失点で2勝目をあげた。一方、ハマのチンピラは対巨人6年越しの10連敗。

5/8和田◆D1−0S◆
泥沼の連敗モードが止まらないヤクルトはこの連敗に絡んでいないルーキー・中沢に連敗ストッパーを託す。中沢は立ち上がりこそ制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、8回まで無失点の好投。しかし、肝心の味方打線が中日先発・山内の前に6回まで1安打と相変わらずの貧打で一向に先制点を奪えない。7回に二死、二、三塁と初のチャンスを作ったが、藤本がセカンドゴロと凡退。8回にも一死一、二塁としたが、田中が最悪のセカンドゴロゲッツー。山内は8回に代打を出され、9回からは高橋が登板。これで流れを変えたいヤクルトだったが、あえなく三者凡退に終わる体たらく。その裏、中沢は森野,ブランコと打ち取り、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーンに12号サヨナラアーチを被弾し、プロ初黒星。被安打は僅かに2本と言う快投を展開した中沢を見殺し、2戦連続サヨナラ負けを喫したヤクルトは今季ワーストの6連敗。

◆T8−11C◆
初回にフィオの2点二塁打で先制した広島は2,3回にも加点し、3点のリード。しかし、その裏、阪神は1点を返し、なおも二死満塁のチャンスで桜井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。1点を追う広島は直後の4回、二死二塁から天谷,フィオとタイムリーを浴びせて、逆転に成功。7回には栗原の5号ソロ,代打・ルパン広瀬のタイムリーで2点、8回にも栗原のタイムリー等で2点を追加し、ダメ押し。9回、6点差もあると言うのに引っ張り出された守護神・シュルツが3点を失う波乱はあったものの、大事には至らなかった。先発・今井は3回KOされたが、3回を無失点の好リリリーフを見せた篠田が今季初勝利

◆H3−1L◆
西武先発・ミャオに対し、ソフトバンクは初回、二死走者なしからオーティズがレフトスタンドへ13号先制アーチ。更に、小久保がヒットで続くと、ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放って、この回2点。2回に一死一、三塁,3回に一死満塁のピンチを作ったかと思えば、4回には三者三振とムラのある投球ながら、無失点を続けていた杉内は5回、先頭の佐藤を歩かせるが、二盗に失敗。これで気が緩んだか、片岡に二塁打を浴びると、続く栗山にタイムリーを許し、1点差。更に、中島に二塁打,中村に四球を許して、満塁の大ピンチを迎えたが、ここからブラウン,高山と打ち取り、辛くもピンチ脱出。西武は6回にも一死から細川の三塁打で一打同点の場面を作るも、佐藤,片岡と倒れて、細川は三塁に釘付け。すると、その裏、ソフトバンクは一死からハマのスペランカーが6号ソロを放ち、3点目。7回からはファルケンボーグ−摂津−馬原と繋ぐ必勝リレーで西武の反撃を断ち切った。杉内は6回降板も1失点で食い止め、ハーラー単独トップの7勝目。敗れた西武は1日で首位陥落となった。

◆F1−0E◆
今季2度目の直接対決となった岩隈とダルビッシュの両エースが互いに譲らぬ投手戦を展開。ダルビッシュは3回二死一、二塁,5回一死一、二塁のピンチを乗り切ると、以降は二塁も踏ませず、9回までに11三振の無失点投球。一方、岩隈は制球重視の丁寧な投球で内野ゴロの山を築き、疲れが見え始めた終盤は走者を出しても落ち着いて後続を締めて、9回まで無四球無失点。試合は0−0の儘、延長にもつれ込み、両先発は先取点を許さずにお役御免となった。両軍共に継投モードに入った10回、日本ハム2番手・宮西は三振2つを奪うなど、三者凡退の好投。これに対し、楽天2番手・小山は一死から田中に痛打されると、二死三塁となった所で稲葉にタイムリーを浴び、サヨナラ負け。

◆Bs3−9M◆
3回、ロッテは先頭の里崎の5号ソロで先制すると、更に、二塁打の今江を三塁へ送った所で荻野貴がタイムリー。その裏、山崎浩の今季初アーチで1点差とされるが、5回、一死満塁から井口の犠飛,金の9号3ランで一気に4点を追加。偽バファローズは7回にT−岡田の8号ソロ,バルディリスの今季初アーチと一発攻勢で食い下がるが、直後の8回、ロッテは2四球で作ったチャンスに里崎がこの日2本目となる6号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。ロッテは西武と入れ替わりで首位に返り咲き。先発の成瀬は7回途中でKOされたが、リリーフの援護を仰いで、5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(16) 

May 01, 2010

◆T9−4G◆
出戻り初勝利を目指すスタンリッジが初回に併殺崩れの間に先制を許すが、阪神は2回、一死一、二塁から桜井,葛城イクローの連続タイムリーで逆転に成功。1点を追う巨人は直後の3回、一死満塁と一打逆転のチャンスを作るが、寿司職人ラミレス,阿部と倒れて、三者残塁。すると、その裏、阪神はヒットの平野が二盗を決めた所で鳥谷がセンター前へタイムリー。更に、二死後、ブラゼルがレフトスタンドへ9号2ランをぶち込んで、巨人先発・オビスポをKO。4回に長野のタイムリー二塁打で1点を返されるが、その裏、マット・マートンが5号2ランを叩き込み、更に突き放した。巨人は6回、4連打で2点を返し、スタンリッジをKO。ここで阪神は2番手に西村を投入。代わりばな、代打・矢野を歩かせ、無死満塁とピンチを広げた西村だったが、ここから坂本をセカンドフライに打ち取ると、脇谷,ガッツと連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。西村の力投で傾きかけた流れを引き戻した阪神はその裏、内野ゴロの間に1点をあげると、続く7回にはブラゼルがタイムリーを放ち、試合を決定付けた。阪神はこれで3連勝となり、首位巨人に1差と肉迫。スタンリッジは6回途中で降板となったが、出戻り初勝利を掴んだ

◆C6−12D◆
中日は初回、荒木の二塁打,井端の死球でいきなり無死一、二塁とすると、森野がレフト前に弾き返すも、先制のホームを狙った荒木が憤死。なおも続くチャンスにブランコ,ベンちゃんと連続三振で二者残塁。続く2回には二死から小山,バルデスと連打を浴びせるも、荒木が打ち上げて、またも二者残塁の体たらく。自らのヒットも報われず落胆したバルデスに対し、広島はその裏、二死一、三塁から投手の梅津が先制タイムリー。更に、東出,梵と連続タイムリーを浴びせて、この回4点。しかし、直後の3回、中日は二死二塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが8号2ラン。4回にはエラーで貰ったチャンスに岩崎達,森野の連続タイムリーで逆転し、小松をKO。更に、ブランコがヒットで続いた後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の9号3ランをぶち込んで、一挙6点を獲得。これで完全に主導権を握った中日は終盤にも加点し、計18安打12得点で快勝。先発・バルデスは5回もたずにKOとなったが、バルデスの作ったピンチを凌いだ2番手の鈴木に3年ぶりの白星がついた。敗れた広島はこれで最下位転落。

◆S5−3YB◆
加賀,中沢のルーキー対決となったこの試合。連敗地獄で最下位転落となったヤクルトはこの日も初回から村田のタイムリーで先制される苦しい立ち上がり。しかし、その裏、上田のヒット,青木の死球で二死二、三塁とすると、飯原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。3回には二死一、二塁から藤本,相川と連続タイムリー二塁打を浴びせて、一気に3点を追加。毎回の様にヒットを浴びせながら、あと一本が出ずにいた横浜だが、7回、一死から代打・下園がヒットで出ると、井手が移籍初打点となるタイムリー二塁打。なおもチャンスは続いたが、石川,内川と倒れて、1点止まり。5−2の儘、迎えた土壇場9回、10日ぶりの登板となる守護神・林は久々のマウンドに制球が定まらず、2四死球と内川のヒットで一死満塁のピンチ。続く村田は三振に斬って取るも、続くスレッジを歩かせて、押し出し。これでワンヒットで同点と言う場面になったが、最後はカスティーヨを三振に仕留めて、連敗は5でストップ。中沢は7回2失点で開幕3連勝となった

5/1オーティズ◆H7−4M◆
ロッテは3回に里崎の3号ソロ、4回に金の4号ソロと一発攻勢で2点のリード。追いかけるソフトバンクは5回、先頭のハマのスペランカーの5号ソロで1点を返すと、松田の二塁打,森本の四球で一死一、三塁とした所で川崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。6回、金の2打席連続5号ソロで追い付かれるも、その裏、オーティズ,小久保の連続アーチで再び勝ち越し、成瀬をKO。ロッテは7回、西岡の犠飛で1点差に詰め寄る粘りを見せるが、ソフトバンクはその裏、川崎が2打席連続のタイムリー,8回にも古谷の暴投で1点を追加し、突き放した。9回は守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、5連勝で単独首位に浮上。先発の小椋は6回まで3被弾もいずれもソロで食い止め、2勝目をマークした

◆F5−0L◆
西武先発・ミャオに対し、2回、日本ハムは先頭の小谷野がヒットで出ると、二死二塁となった所で陽がセンター前にタイムリーを放ち、1点を先制。5回には陽,飯山のヒットで一、三塁とすると、田中がタイムリーを浴びせて、2点目。続く6回、ヒットの糸井を小谷野が送り、ミャオをKO。変わった星野に対し、稲葉がタイムリーを浴びせると、更に、3番手・長田からヒットと四球で満塁とチャンスを広げた所で鶴岡がライトへ犠飛を打ち上げ、4点目。7回にも二死三塁から小谷野がタイムリーを放ち、ダメ押し。先発のダルビッシュは4四球を許し、三振も僅かに4個といつものキレはなかったが、巧さで西武打線を翻弄し、今季初完封で4勝目

◆E2−1Bs◆
楽天は初回、四球の聖沢が二盗を決めると、二死後、山崎のタイムリーで先制のホームイン。1点を追う偽バファローズは4回、二死から北川がチーム初安打を浴びせると、続く後藤がタイムリー二塁打を浴びせて、ようやく同点。6回に三者三振の快投を見せるなど、3回以降ノーヒットと尻上がりに調子を上げてきたかに思われた偽バファローズ先発・木佐貫だが、7回、先頭の嶋に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で聖沢にタイムリー内野安打を許し、勝ち越し点を献上。9回からマウンドに上がった川岸は制球に苦しみ、二死満塁と一打逆転のピンチを背負ったが、最後は代打・塩崎をファーストファールフライに仕留めて、辛くも逃げ切り。先発の岩隈は8回を4安打1失点の好投で4勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:54コメント(0)トラックバック(32) 

April 03, 2010

◆C5−6G◆
昨日倒れたキムタクが未だに意識不明で予断を許さない状態が続いている。そんな状態でもペナントレースが止まる訳もなく、試合が行われる以上、キムタクが目を覚ました際、自分の事が気がかりで負けたなどと報告出来る筈もなく、必勝体勢で臨む巨人は開幕から不振が続く亀井をついに5番の座から外して、8番へ降格させ、マッスル千代の富士を昇格させるテコ入れを断行。そのテコ入れに効果があった…訳ではないが、初回から広島先発のジ・oを捉えて寿司職人ラミレスのタイムリー等で2点、2回には坂本の3号ソロで3点目。しかし、公式戦ではいよいよプロ初先発となる山口は今までと勝手が違う先発マウンドに未だ馴染めず、初回から栗原にタイムリーを浴びると、4回には石原に逆転3ランを浴び、失意のKO。3回以降、ゼロ行進が続いていた巨人は7回、広島3番手・横山に対し、代打・長野の二塁打でチャンスを掴むと、二死後、ガッツが同点タイムリー。広島は8回、二死二塁の場面で幽閉状態が続いていた求道者・前田をようやく代打に起用。しかし、あまりの鋭い眼光に気圧された金刃に一塁が空いていた事もあって、四球で歩かされてしまい、続く代打・小窪は三振に斬って取られて、勝ち越しならず。土壇場9回、巨人はまたも長野のヒットを皮切りに無死二、三塁のチャンスを作り、シュルツの暴投と内野ゴロで2点を勝ち越し。その裏から登板の守護神・クルーンは先頭の東出が初球に仕掛けたセーフティバントを処理した際に転倒し、右手親指をついて痛めてしまい、たった1球で降板となるアクシデント。緊急登板となった小林は内野ゴロの間に1点を返されたものの、大事には至らず、3年ぶりのセーブをマーク。5番手の金刃に今季初勝利がついた。マッスル千代の富士も亀井ノーヒットに終わり、テコ入れの効果は全くなかったものの、巨人は今季初の3連勝。一方、広島は泥沼の連敗が6と伸びてしまい、求道者・前田の使い方にまたもや課題を残す事となった。

◆D3−2T◆
中日は2回、小山の犠飛で先制。好投すればする程、今オフの亡命説が強まる一方のウッチャンは3回までノーヒットに抑えていたが、4回、鳥谷に同点タイムリー二塁打を浴びると、7回にはJ.マッケンジーに勝ち越し2号ソロを被弾し、この回限りで降板となった。ようやくリードを奪った阪神はその裏から先発・上園を下げ、継投モードに切り替えるが、これが裏目。2番手・江草がその裏、ベンちゃんにタイムリーを許し、試合は振り出しに。これで再び流れを引き戻した中日は8回から浅尾が走者を出しては悉く併殺に仕留める好投で9回まで抑えきると、最後は無死満塁からまたもベンちゃんがセンターへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。阪神4番手・メッセンジャーは来日初黒星。

4/3川本◆S13−12YB◆
前回の快投で今年こそ本格的なブレイクを予感させた由規だが、この日は初回一死から5連打を浴びて、いきなりの3失点。その裏、青木,相川の一発等で大量7得点と逆転して貰ったにも拘わらず、2回に2失点、3回にも連打の後、橋本に同点3ランを叩き込まれて、悪夢の8失点KO。この後、5回に再び2点を勝ち越された横浜は7回、カスティーヨの3号ソロを皮切りに5連打で3点を奪い、逆転。1点ずつ取り合って迎えた土壇場9回、8回からマウンドに上がっていた山口は先頭の相川を歩かせるも、荒木,福地と打ち取り、二死。しかし、ここで代打・川本がレフトスタンドへ逆転サヨナラ2ランを叩き込み、両軍合わせて38安打25得点の大乱打戦に終止符を打った。ヤクルト5番手・橋本は5年ぶりの白星。

◆E6−10H◆
初回から点の取り合いとなったこの試合、ソフトバンクがオーティズ,小久保の連続タイムリーで先制すれば、その裏、楽天は併殺の間に1点を返し、1点差。2回に1点ずつ取り合って、迎えた4回、楽天は宮出,藤井の連続タイムリーで逆転するが、ソフトバンクは5回に小久保,松中の連続タイムリーですかさず逆転。しかし、その裏、楽天は鉄平が同点タイムリー。6−6で迎えた7回、ソフトバンクはオーティズのタイムリー,小久保の2ランで三たびリード。9回にもダメ押しの2点を加えて、試合を決定付けた。今季初先発の藤岡は6回5失点ながら初勝利。一方、楽天先発・岩隈は8失点KOでまたも白星を逃した。

◆F2−1L◆
5連敗に喘ぐ日本ハムだが、この日は2回にミスタースナイパー・坪井のタイムリー二塁打で先制すると、3回には田中が今季初アーチを叩き込み、2点目。ここまで2度の登板で未だに白星のないダルビッシュに5回まで無失点と抑え込まれていた西武は6回、一死から栗山,中島と連打。不振の中村は三振に倒れたが、ブラウンがレフト前に弾き返して、1点差。なおも一、二塁のチャンスが続いたが、G.G.佐藤はショートゴロに倒れて、同点ならず。8回にも内野安打とエラーで一死一、二塁と再び一打同点のチャンスを作るが、またもや中村が三振と大ブレーキ。前の打席でタイムリーを放ったブラウンも打ち取られ、二者残塁。日本ハムは9回からダルビッシュを下げ、果敢にも前回リリーフに失敗している暫定ストッパー・高橋由伸を起用。高橋由伸は今回は期待に応え、3人を全て内野ゴロに仕留めて1点のリードを守りきり、来日初セーブ。ダルヒッシュは8回1失点の好投でようやく今季初白星

◆Bs4−10M◆
2回に不振の北川のタイムリー二塁打等で2点のリードを貰った金子。3回までは無難に抑えていたが、4回、金のタイムリー二塁打の後、大松に逆転2ランを被弾。更に、この後、3安打3四球と荒れに荒れて、7失点KO。この回の猛攻でモノを言い、逃げ切ったロッテは同率で並んでいた偽バファローズを追い落として、3年ぶりの単独首位に。先発・渡辺俊は打線の援護に恵まれて、4失点ながら完投で2勝目。4連続三振デビューを喫するなど、開幕当初は苦しんでいた金だが、この日は一発を含む4安打の大当たりでいつの間にか打率を3割にまで乗せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(4)トラックバック(17) 

October 19, 2009

10/19 和田◆D7−4S◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
勝率5割にすら達しないチームに、日本の代表として韓国と戦う資格などないと言う天の配剤か(と言っても、首位に12ゲームの大差をつけられる様なチームとて、その資格を有しているとは思えないが)、突如、チームを襲ったインフルエンザ禍で川本,野口、そして、先発候補のユウキと高木までが戦線離脱し、先発5番手扱いの由規に託さざるを得ない苦境に追い込まれたヤクルト。少しでも由規を楽にしてやろうと、初回から中日先発・中田を攻め立て、宮本,青木の連続二塁打で先制。これに対し、中日は制球に苦しむ由規から初回二死一、二塁,2回二死二、三塁とチャンスを作りながら、悉く逸する相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈。3回には先頭の荒木がヒットで出るも、一死後、二盗を仕掛けて憤死。この回も無得点と思いきや、ブランコがライト前に弾き返した所でベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに右中間スタンドへ2ランを叩き込み、一気に逆転に成功。更に、この後、連打と敬遠で満塁とするも、中田は三振に倒れて、三者残塁。1点を追うヤクルトは5回、ヒットの畠山を相川が送ると、二死後、福地が歩いて、一、二塁。ここで田中がライト前に弾き返すが、三塁を蹴った畠山は野本の好返球の前に憤死し、同点ならず。その裏、表の攻撃で代打を出された由規に代わり、登板となった松井に対し、中日はベンちゃん,野本と連打を浴びせると、一死後、谷繁がライト前へタイムリー。更に、代打・立浪が左中間突破の走者一掃タイムリー二塁打を放ち、この回3点。6回にはブランコ,ベンちゃんの連打で無死一、二塁とするも、後続3人があえなく凡退し、二者残塁。7回には立浪同様、今季限りでの引退が決まっているピンキー井上が代打で登場すると、右中間突破の二塁打。続く井端が送って一死三塁となるも、荒木,森野と倒れて、またも無得点。中日が拙攻を繰り広げているうちに、何とか追いすがりたいヤクルトは8回、この回から登板の5番手・浅尾に対し、福地の内野安打,田中のライト前ヒットで一、二塁とすると、一死後、青木,デントナと連続タイムリーで2点差。更に、ガイエルが歩いて満塁と、ワンヒットで同点,長打が出れば、一気に逆転のチャンスを作ったが、代打・志田が痛恨のショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。すると、その裏、中日は一死一塁から代打・平田のタイムリー三塁打,藤井のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。ヤクルトは9回、守護神・岩瀬に対し、二死走者なしから、福地,田中,宮本の3連打で1点を返し、なおも一、二塁と一発で同点の場面を作る粘りを見せたものの、この日タイムリー2本と当たっている青木が三振に倒れて、万事休す。14残塁と言う怒濤の拙攻三昧ながらも、辛くも勝ちを拾った中日は日韓クラブチャンピオンシップ出場へ一歩近付いた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(28) 

September 15, 2009

◆G3−5T◆
0−0で迎えた3回、巨人はガッツのタイムリー二塁打で先制。直後の4回、新井のタイムリー内野安打で追い付かれるが、その裏、阿部の犠飛で再び勝ち越し。1点を追う阪神は6回、一死から鳥谷がレフトスタンドへ16号同点ソロを叩き込むと、更に、キュラソ星人,新井が連打を浴びせると、二死後、関本がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。しかし、その裏、巨人はまたも阿部が27号ソロをぶち込んで同点。試合はその儘、延長に突入した。10回、両軍共に、クルーン,藤川と早くも守護神を投入。いずれも1イニング目はきっちり抑えたが、続く11回、クルーンは坂本のエラーで二死二塁のピンチを背負うと、矢野にライトスタンドへ2号2ランを被弾し、勝ち越し点を献上。粘る巨人はその裏、亀井,松田記者と連打を浴びせ、無死一、二塁のチャンス。ここで好調・阿部が会心の打球を放つも、これがセカンド正面への痛烈なライナーとなり、飛び出した亀井も戻れず、最悪のゲッツー。最後は代打・古城が三振に倒れ、ゲームセット。2回を無失点に抑えた藤川に5勝目がついた

◆C3−5D◆
2回、中日は四球にエラーと拾い物のチャンスに英智が先制タイムリー。5回には一死一塁から井端,荒木の連打で満塁とした所で森野がレフト前へ2点タイムリーを放ち、3点のリード。しかし、6回まで散発3安打無失点の好投を見せていた先発・ウッチャンが7回、いきなり井端のエラーで足を引っ張られると、川相不在の重さを思い出してしまったのか、続くマクレーンに痛打されると、一死後、天谷に5号3ランを放り込まれて、試合は振り出しに。動揺を隠せないウッチャンはここから3連続四球を与えて、失意のKO。しかし、ここで代わった浅尾が後続を断ち切り、辛くもピンチ脱出。試合はその儘、延長に突入した。迎えた10回、二死走者なしと言う中途半端な場面から、何故か引っ張り出された守護神・永川だったが、代わりばなブランコに痛打されると、続くベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに27号2ランを叩き込まれて、勝ち越し点を献上。その裏からマウンドに上がった守護神・岩瀬は一死から東出に二塁打を浴びたものの、落ち着いて後続を抑え、2年ぶりの40セーブ目。1回を三者凡退に打ち取った3番手の河原が3勝目をマークした

9/15 高田監督◆YB6−5S◆
ガッツな貴公子・仁志に続き、カリメロも戦力外通告されるなど、人員整理が始まり、士気が下がる一方の横浜は8連敗と泥沼のチーム状態に苦しんでいるヤクルト相手に、初回から青木のタイムリーで先制されると、2回には福地,川島慶と連続タイムリーを許し、早くも3点のビハインド。その裏、内野ゴロの間に1点を返したものの、5回、山崎のエラーで作ったピンチに宮本,田中と連続二塁打で2点を失い、先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。4点を追う横浜は6回、金城が7号ソロを叩き込むと、7回には斉藤俊,金城の連続タイムリーで1点差。更に、山崎が内野安打で繋ぎ、ヤクルト先発・石川をKOすると、代わった吉川から内川がタイムリーを放ち、ついに同点。土壇場9回、ヤクルトはこの所、投げては決勝打を打たれまくっている松岡を投入。すっかり負け癖がついている松岡は2本の内野安打を許してピンチを作ると、内川を敬遠し、満塁とした所で、ジョンソンにライト前タイムリーを浴び、サヨナラ負け。4点差を引っ繰り返されたヤクルトは17年ぶりの9連敗となった。

◆Bs4−12H◆
2年連続2桁勝利へリーチをかけている山本は初回、簡単に二死を取りながら、松中を歩かせると、小久保に内野安打を許した所でハマのスペランカーに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、2点を献上。4回には本多にタイムリーを浴びると、続く5回にはまたもハマのスペランカーに16号2ランを被弾し、この回限りで無念のKO。5点を追う偽バファローズはその裏、岡田の6号ソロでようやく1点を返すと、坂口のヒット,カブレラの四球で一、二塁とチャンスを広げるが、ローズがファーストゴロに倒れて、1点止まり。8回には連打と四球で無死満塁とするも、岡田のセカンドゴロゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。2点差と追い上げられたソフトバンクだが、土壇場9回、松中の23号ソロを皮切りに、6長短打を集中して、大量7点を奪い、試合を決定付けた。先発の高橋秀は5回2/3を1失点に抑え、3勝目

◆F5−2E◆
楽天は初回、四球出歩いた渡辺直が盗塁と内野ゴロで三進すると、鉄平の犠飛で先制のホームイン。その裏、二死満塁のピンチを切り抜けると、直後の2回には青波の長瀬,憲史,中島の3連打で無死満塁とした所で、草野のゲッツー崩れの間に2点目を追加。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続が倒れて、1点止まり。2点を追う日本ハムは4回、糸井の13号ソロで1点を返すと、6回には一死からスレッジが21号ソロを叩き込み、同点。更に、この後、連打と四球で満塁とすると、金子誠,田中の連続タイムリーで3点を勝ち越し、楽天先発・岩隈はこの回限りでKO。楽天は4回以降、一人の走者も出す事が出来ず、完敗。日本ハムのマジックは1つ減って17となった。先発の武田勝は7回2失点で8勝目

◆M2−3L◆
初回、ロッテはエラーで貰ったチャンスに井口が先制タイムリー。しかし、直後の2回、西武は二死からG.G.佐藤の四球,原のヒットで一、二塁とした所で銀仁朗がセンター前へ弾き返し、G.G.佐藤が同点のホームイン。1−1で迎えた5回、ロッテは今季初スタメンの角中が右中間突破の三塁打。この後、西岡,早坂と倒れたものの、またも井口がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。西武は7回、先頭の礒?が二塁打で出ると、二死後、代打・上本がタイムリーを浴びせて、再び同点。2−2で迎えた土壇場9回、西武は先頭の中村が二塁打で出ると、代打・佐藤が送った後、G.G.佐藤が敬遠され、ここでロッテ先発・渡辺俊をKO。代わった荻野から原が死球を食らって満塁となった所で上本が犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。その裏、ベイリス−星野と繋いで、逃げ切った。1回を無失点で切り抜けた2番手の大沼に4勝目が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(22) 

May 28, 2009

5/28 ゴンザレス◆G8−2H◆
交流戦無敗ロードを突き進むソフトバンクだが、この日は大苦戦。先発・和田が初回からガッツに13号2ランを被弾し、先制を許すと、3回には自らの暴投等で2失点。4回には阿部に9号2ランを叩き込まれると、5回には寿司職人ラミレスに犠飛を許して、今季ワーストの7失点KO。一方、巨人先発・ゴンザレスは相変わらず、四球を全く出さない安定した制球力を武器に、ヒットを打たれても、傷口を広げない丁寧な投球でソフトバンク打線を7回途中まで2点に抑える好投を展開。巨人は7回に寿司職人ラミレスの8号ソロでダメ押しの8点目。ゴンザレスは巨人助っ人史上初となる開幕5連勝を飾った。

 

◆D2−1E◆
今日も今日とて好投の投手を見殺しにする気満々の中日だが、2回に藤井のタイムリーで先制。しかし、この後、二死一、二塁のチャンスを逃すと、4回二死満塁、7回一死三塁,8回一死三塁のチャンスを悉く逃す相変わらずの拙攻三昧。毎度の事ながら、ロクな援護を貰えない事を最早、観念しているのか、先発・吉見は8回二死まで3安打無四球無失点の好投。高橋,平井を挟んで、満を持して登板した守護神・岩瀬だったが、一死から連打と死球で満塁のピンチを背負うと、中村紀のショートゴロの間に同点とされてしまう。延長10回、中日はベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ12号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちを収めたが、拙攻により好投の吉見の白星を粉砕してしまう有様。先発投手陣のモチベーションを下げる一方の打線を何とかする為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である

◆C4−3M◆
広島先発・ルイスに対して、ロッテは初回、サブローの7号2ランで先制。その裏、赤松のタイムリーで1点を返されるも、直後の2回、一死満塁からフクーラがタイムリーを放ち、再び2点差と突き放す。1−3の儘、迎えた5回、広島は一死から代打・喜田,梵,東出の3連打で1点を返すと、二死後、早坂のタイムリーエラーで同点。更に、嶋がタイムリー内野安打を浴びせて、勝ち越しに成功。広島は6回以降、5人の投手を注ぎ込む小刻みな好投でロッテの反撃を辛くも食い止め、4連勝。代打を出された回に逆転して貰ったルイスに3勝目が転がり込んだ。ロッテ先発・小林は5回4失点とリードを守れず、開幕4連敗。

◆S4−0Bs
ヤクルトは2回、先頭のデントナがヒットで出ると、一死後、田中がレフトスタンドへ2号2ランを叩き込み、2点を先制。6回には無死満塁のチャンスに宮本のタイムリーで2点を追加。一方、偽バファローズはヤクルト先発・館山相手に再三再四得点圏へ走者を進めながら、どうしてもあと一本が出ず、スコアボードに0を並べるばかり。結局、13個の残塁を量産しての屈辱の完封負け。館山は7回無失点で開幕6連勝となった。

◆T4−6L◆
初回、キュラソ星人の11号2ランで先制された西武だが、直後の2回、G.G.佐藤の8号2ランであっさり追い付くと、更に、二死二塁から投手の涌井がタイムリー二塁打を放って、勝ち越し。自らの一打でリードを奪った涌井だが、3回、突如、制球を乱して、二死満塁のピンチを迎えると、葛城イクローに痛恨の押し出し死球を食らわせ、試合は振り出しに。同点で迎えた6回、西武は一死満塁から代打・佐藤がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。その裏、阪神は一死一、三塁から狩野のセカンドゴロの間に1点を返し、涌井をKOするが、代わったミッチーの前に代打・悠久の若虎・桧山は三振に倒れて、1点止まり。西武は9回に栗山のタイムリー三塁打で貴重な1点を追加。最後は小野寺が3人で締めて、連敗を3で阻止。涌井は6回途中4失点で降板ながらも、5勝目をマークした。

◆YB−F◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:14コメント(0)トラックバック(15) 

August 19, 2008

◆S4−7G◆
2回に寿司職人ラミレスの33号ソロで先制した巨人は3回に飯原のタイムリー内野安打で追い着かれるも、直後の4回、マッスル千代の富士の13号ソロで勝ち越し。続く5回にはガッツが23号2ランを叩き込むと、6回には坂本が4号ソロ,7回には亀井が5号2ランと怒濤の一発攻勢で加点。ヤクルトは8回に畠山の6号ソロで1点を返すと、9回には川本,福地の連続タイムリー二塁打で3点差。なおも一、二塁と一発で同点のチャンスを作って、クルーンを引きずり出したものの、最後は飯原が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

巨人が5発のアーチを叩き込む得意の空中戦で快勝。守備でも好プレーが次々に飛び出し、ピリッとしない先発・内海を盛り立てた。特に、3回の鈴木尚のダイビングキャッチは圧巻。しかし、9回のキムタクのヘッポコ落球はいただけなかった。てっきりゲームセットかと思い込んだ林が連続二塁打でKOされたのは何とも気の毒な話である。

◆YB2−4D
いきなり井端,ピンキー井上の連打で二、三塁のチャンスを作った中日は中村紀のタイムリーで先制。ピンキー井上も一気に本塁を狙ったが憤死。二死後、ベンちゃんが歩いて、一、二塁とチャンスを拡大させるも、李が三振に倒れて1点止まり。2回にも一死二塁のチャンスを逃した中日は3回も先頭のピンキー井上が四球で出ながら、牽制で刺される大チョンボ。その裏、藤田に今季初アーチを被弾し、追い着かれた中日は5回、二死一、二塁からベンちゃん,李の連続タイムリーで2点を勝ち越し。その裏、横浜は一死一、三塁から代打・鈴木なおのりのファーストゴロが野選を誘って、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、石川は最悪のサードゴロゲッツーに倒れ、同点ならず。何とか突き放したい中日はベンちゃんのタイムリーで貴重な1点を追加。土壇場9回、横浜は一死から連打で一、二塁とし、一発が出ればサヨナラのチャンスを掴むが、ここで代わった小林の前に代打・武山,石川と打ち取られ、万事休す。小林はプロ初セーブをマークした。

中日は1併殺11残塁と相変わらずの拙攻三昧ながら、3連敗中の先発・中田が7回2失点と踏ん張ると、小刻みに繋いだリリーフ陣も何とか凌ぎ、辛勝。中田は先発としては約2ヶ月ぶりの白星となった。開幕からローテを守っているが、守っているだけのウッドはとうとう10敗目。横浜の連勝は3でストップした。

◆C5−14T◆
初回に鳥谷のタイムリーで先制した阪神は続く2回、林の今季初アーチなど、5長短打を集中し、一気に5点を追加。大量6点を追う広島は4回、一死一、二塁から嶋が7号3ランを叩き込むと、続く5回には天谷がタイムリーを放って、2点差。しかし、直後の6回、阪神は一死から3連続四球満塁とすると、林,葛城イクローと連続タイムリーを浴びせた後、関本には6号グランドスラム。更に、二死一塁から平野にタイムリー二塁打を浴びて、この回一挙7点を奪い、試合を決定付けた。

実母の葬儀参列の為、ブラウン監督が一時帰国。5割到達を目前にした広島はこの隙に求道者・前田のスタメン起用で一気に連勝街道を驀進したい所だったが、監督代行に指名されたのはブラウン監督の同胞・リブジーコーチ。その為、求道者・前田を軟禁してシメ倒すと言う暗黒采配も継承されてしまっていた。おかげで求道者・前田はフル欠場に追い込まれ、失意のどん底に叩き落とされた宮崎が2回途中KO。リリーフ陣も炎上する投壊ぶりで惨敗を喫し、5割が遠のいてしまった。

◆L12−3H◆
3タテしない限り、自力Vが消滅してしまうソフトバンクは先発・ホールトンが3回まで無失点と上々の立ち上がり。しかし、4回、いきなり栗山,ボカチカ,ブラゼルと3連打を浴び、先制を許すと、一死後、中村に犠飛を打ち上げられて、2点目を献上。更に、礒?,細川,黒瀬と3連打を浴びるなど、5点を失い、あえなくKO。これで主導権を握った西鉄は続く5回にブラゼルの26号ソロで1点を追加すると、6回にはボカチカのタイムリー二塁打,後藤の9号2ランで3点を追加。更に、7回には一死満塁から栗山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、12点目。ソフトバンクは9回に松田の13号2ラン等で3点を返し、完封を免れるも、焼け石に水だった。

崖っ淵に立たされながら、巻き返しを図るどころか、昨日に続いての大惨敗を喫してしまったソフトバンクはとうとう自力Vが消滅。西鉄との差は7.5差まで拡大。ここ3試合安定した投球を見せていたホールトンが4回もたずに5失点KOとは大誤算だった。3タテどころか、いきなり第1戦でこのザマとはガックリである。これで西鉄に優勝マジック28が点灯した。

◆F4−0M
日本ハムは初回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、工藤が送った後、田中,小谷野と連続四球を選んで満塁のチャンス。ここで水島の呪いが薄れつつあるボッツがセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。4回には工藤のタイムリー内野安打で1点を追加すると、続く5回にはまたもボッツが3号ソロを叩き込み、3点目。更に、7回には一死一、二塁から糸井のタイムリーでダメ押し。8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成した。

パ・リーグ逆ハーラーダービーを争うグリンと小林宏が直接対決となったが、大きく明暗を分ける事に。グリンは7回を散発5安打無失点、3つの併殺を奪うなど三塁も踏ませぬ安定した投球を見せたが、小林宏は制球に苦しみ、5回3失点KOで11敗目を喫した。徐々に水島の呪いを克服しつつあるボッツは先制犠飛,中押し弾に2四球と4打席全てに結果を残し、打率もようやく2割台へと乗せた。

◆Bs5−12E◆
楽天は初回、ショートの10号ソロで先制すると、2回には二死満塁から鉄平が押し出し四球を選んで2点目。初回に満塁のチャンスを逃した偽バファローズだが、続く2回、小瀬のタイムリー二塁打で1点を返すと、坂口が死球を食らった後、阿部,ローズのタイムリーで逆転に成功。3回にはまたも阿部がタイムリーを放って、4点目。2点を追う楽天は直後の4回、内野ゴロの間に1点を返すと、続く5回には無死一、二塁からフェルナンデスが12号3ランを叩き込んで、一気に逆転。更に、この後、一死満塁から内村,鉄平と連続タイムリーを放ち、大量7点のビッグイニングを形成。楽天は終盤にも加点し、ダメ押し。2回途中から登板した長谷部は最後まで投げきり、プロ初勝利を飾った。

先発で背信投球を続けていた長谷部がリリーフで自己最長の7回1/3を2失点で切り抜け、待望のプロ初白星。打線も17安打12点の猛攻で偽バファローズを圧倒した。偽バファローズ先発・コロンカは折角、逆転して貰いながら、4回もたず、前回に続いての早期KO。2番手・本柳も6失点の大乱調で試合をぶち壊してしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(22) 

July 20, 2008

モナ王◆YB4−1G◆
選手会長を任された矢先、開幕早々にリタイアしたと言う自らの立場と、チームが首位に大差をつけられ苦しんでいる状況をわきまえもせず、呑気に酒をかっくらって泥酔し、妻子がある身でありながら、キスを迫りまくった女性に断られるや、モナに乗り換えて安いラブホテルに連れ込んだ挙げ句の果てに何も覚えていないと言う紳士球団にあるまじき醜態を晒したあの男がたかだか10日足らずの一軍昇格延期と丸刈り程度で禊ぎを果たした事になったらしく、一軍に昇格。そのとばっちりで頑張っていた岩舘が二軍に落とされるなど、チームの空気がこの上なく重苦しくなった巨人は初回、キムタクのタイムリーで先制するも、2回に吉村の18号ソロであっさり追い着かれると、3回には内川の犠飛,金城のタイムリー二塁打で2点を勝ち越し点を献上。更に、バーンサイドが連続四死球で満塁のピンチを作り、あえなくKO。代わった東野も押し出し四球を与えて4点目を献上。3点を追う巨人は直後の4回、2四死球で二死一、二塁のチャンスを作るも、ここで回ってきたのがよりにもよって怒濤のチャンスブレイカーであるあの男。恐怖の残塁量産マシンぶりは二軍暮らしを経ても健在の様で、あえなくライトフライに倒れて、二者残塁。6回にはガッツ,寿司職人ラミレス,松田記者の3連打で無死満塁のチャンス。続く阿部がサードゴロに倒れた所で、横浜がウィリアムスから小山田にスイッチするや、恐怖のゲッツー量産マシンであるあの男のゲッツーを危惧した若大将・原監督はマッスル千代の富士を代打で投入。しかし、マッスル千代の富士は空振り三振に倒れると、坂本を空振り三振を喫して、三者残塁。以降、巨人は一人の走者も出せず、対横浜の連勝は6でストップした。横浜先発・ウィリアムスは来日初勝利。

エラーにチャンスブレイクとあの男が早速、攻守に渡るインケツぶりを遺憾なく発揮。6回一死満塁でその儘、打たせていれば、九分九厘ゲッツーとあって、マッスル千代の富士を投入したのは至極、妥当な策だったのだが、結局、1点も入らなかったので、まるで采配ミスであるかの様な嫌な空気が漂ってしまった。要するに、最初から古城か岩舘を使っておけば良かったと言う事だ。上原と言い、あの男と言い、こうも腫れ物に触る様な起用をしなければならない選手ばかりでは若大将も気の毒と言うものである。その上原の方は7回から登板。3点負けていると言う気楽さからか、2回を1安打無失点と無難な内容だった。それにしても、モナが全ての仕事をキャンセルされた事を考えると、あの男の処分は軽過ぎるよなぁ…。

◆D7−6T
負ければ貯金消滅の中日は初回から一死三塁のチャンスを逃すなど、いきなり拙攻モード。これで川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたベンちゃんが続く2回に先制11号ソロ。更に、この後、無死満塁のチャンスに吉見はセカンドゴロに倒れ、ホームゲッツーと思いきや、ジュビロ野口の痛恨の落球に救われて、タナボタの2点目ををゲット。なおも満塁のチャンスだったが、荒木はサードゴロ,井端は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。続く3回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が16号3ランを叩き込み、5点のリード。しかし、直後の4回、先発・吉見が突如崩れて、一死満塁のピンチを迎えると、葛城イクローに2点タイムリーを浴びた所で無念のKO。ここで何と先発要員の中田が2番手として登場すると、フォード,ジュビロ野口と打ち取って、ピンチ脱出。何とか突き放したい中日は5回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズ,ベンちゃんと連続アーチをぶち込んで、2点を追加。中田は以降も投げ続け、8回まで追加点を許さず、ラストイニングの9回にもマウンドへ。しかし、ここから阪神が怒濤の猛反撃を開始。3本のヒットで一死満塁とし、守護神・岩瀬を引っ張り出すと、代打・高橋光,鳥谷,キュラソ星人と3連続タイムリーで1点差。関本は浅いレフトフライに倒れるも、続く矢野がレフト前へ痛打。しかし、ベンちゃんが極端に浅く守っていた事で二塁走者・鳥谷は三塁ストップ。それでも二死満塁と一打逆転の場面が続いていたが、フォードはサードゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。

デーゲームで巨人が敗れて点灯した暫定マジックを正式に灯したい阪神だったが、猛追及ばず、またもマジックは幻と消えてしまった。しかし、事実上、この試合を制したのは阪神と言っても過言ではないだろう。試合終了後の中日ナインの表情はげっそりしており、とてもじゃないが勝ったチームのそれではなかった。3タテに失敗しても、相手に恐怖心を残す阪神の強さたるや恐るべし。それにしても、中日は相変わらずの一発依存症,タイムリー欠乏症を大露呈。前回、訳の分からない起用で大炎上の吉見はこの日も4回もたずにKO。一昨年の佐藤充のごとく、新人王レースからズルズルと脱落してしまう危険性も出てきた。7点取って勝っても全く明るい材料がない中日のこの重苦しい空気を一掃する為にも、名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方である。

◆S4−3C◆
連敗を止める気が皆無なのか、ブラウン監督はまたもや求道者・前田をベンチに軟禁。失意のどん底に叩き落とされながらも、初回に嶋,栗原の連続タイムリーで2点,3回に天谷のタイムリー三塁打で3点目を追加。しかし、求道者・前田がスタメンから外されるとブラウン監督に謀反を起こすのが先発の高橋。1,2回と2安打ずつ打たせたにも拘わらず、ヤクルトの拙攻で失点出来ずにいたが、3回、二死一、二塁から飯原,川島慶と連続タイムリーを許して、試合を振り出しに戻す事に成功。3−3の儘、迎えた8回、ヤクルトは先頭の福地がヒットで出ると、すかさず二盗。続く宮本のタイムリーで勝ち越しのホームイン。土壇場9回、ヤクルト守護神・林の前に広島は簡単に二死と追い込まれるが、ここで代打・オチョアがヒットで出ると、ようやく起用された求道者・前田が怒りのセンター前ヒットで一、二塁と一打同点のチャンス。しかし、最後は東出がショートゴロに倒れて、5連敗となった。

求道者・前田をスタメンで使わないブラウン監督の仕打ちに、またも高橋が造反。部下に敵ばかり生み出して、ブラウン監督は一体何がしたいのか。求道者・前田は執拗な嫌がらせでコンディション,モチベーション共にどん底状態に叩き落とされた上、不向きな代打起用を強いられながらも、執念のヒットを放ったものの、あまりにも起用が遅過ぎた。連敗を止める気があるなら、いい加減、スタメン起用しろと! 逆転勝ちのヤクルトは中日が勝った為に3位浮上こそならなかったが、ついに借金を完済した。

◆E4−1H◆
ソフトバンク先発・和田に対して、楽天は2回、先頭のフェルナンデスがヒツトで出ると、一死後、山崎武,中島の連続二塁打で2点を先制。更に、二死後、藤井にもタイムリーが飛び出して、3点目。楽天はこの後も4回一死二、三塁,5回一死二、三塁,6回一死一塁,7回一死二塁と再三再四チャンスを掴みながら、悉く逸する拙攻三昧。しかし、先発・岩隈が7回まで3安打無失点とソフトバンク打線に付け入る隙を許さない快投を展開。8回に中島の犠飛で4点目を失ったソフトバンクは土壇場9回、3番手・川岸から連打で一、三塁とするも、長谷川がゲッツーに倒れる間に1点を返すのが精一杯だった。

ソフトバンク打線が沈黙し、連勝は4でストップ。楽天が8回から岩隈を引っ込める継投モードに入った事で、連夜の逆転劇を期待されたが、完封を免れるのが精一杯だった。西武も日本ハムもデーゲームで敗れていたのが救いと言えば救いか。一方、負ければ、最下位転落の危機だった楽天は岩隈の快投で何とか踏み留まった。岩隈はハーラーダービー独走の13勝目。

◆M16−0L
水島の呪いに苛まれているロッテだが、この日は序盤から西武を圧倒。2回に今江の犠飛,オーティズのタイムリーで2点を先制すると、3回には大松の17号2ラン、4回にはオーティズの7号ソロと一発攻勢で加点。更に、5回には4長短打で4点,6回には8連打の猛攻で一挙6点。止まらぬロッテ打線は7回にもフクーラの犠飛で1点を加え、ダメを押し、連敗を脱出した。

呪いに苦しめられた鬱憤を一気に吐き出すかの様にロッテが圧勝。打ってはフクーラは4打数4安打,大松が2安打4打点をマークするなど、先発全員の20安打16点の猛攻。投げては渡辺俊が散発3安打の無四球完封。三塁を踏ませる事なく、4回以降は一人の走者も出さない素晴らしい投球だった。ただし、「ドカパロ」のロッテ戦はまだまだ始まったばかりであり、たった一度の圧勝で呪いから逃れたとは言いきれる筈もなく、今後も予断を許さない状況である事に変わりはないだろう。

◆Bs4−1F◆
偽バファローズは初回、一死から下山,カブレラ,ローズ,北川と怒濤の4連続二塁打で3点をあげると、更に、二死後、稲田のタイムリーエラーで4点目。走者を出しながらも、あと1本が出ずにいた日本ハムは5回に金子誠,稲田の連続二塁打でようやく1点。なおも無死二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。偽バファローズ先発・金子は6回まで1失点で凌ぎ切ると、7回からは川越−清水−加藤が1回ずつをきっちり抑えて、逃げ切った。

2回以降はゼロ行進に終わった偽バファローズだが、初回の猛攻で試合を決定付けていた。パ・リーグタイ記録の4連続二塁打は圧巻だった。投げては金子が6回1失点とまずまずの内容を見せて、4連勝。これでようやく白星が黒星に追い着いた。最下位・偽バファローズに計算外の2タテを食らった日本ハムだが、呪われた男・ボッツが2三振含む3タコとブレーキだったのが痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(0)トラックバック(58) 

June 05, 2008

◆M1−4D
ロッテ先発のルーキー・唐川に対して、中日は初回から四球で出た荒木が牽制死するなど、いきなりの拙攻。2回には先頭の中村紀が二塁打で出るも後続3人があえなく凡退。しかし、3回、連打と四球で一死満塁とすると、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十二分のライトフライとなり、1点を先制。更に、続く中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ10号3ランを叩き込み、この回、一挙4点を獲得。一方、ロッテは中日先発・小笠原に対して、毎回の様に走者を出しながら、9年目・南のプロ初アーチによる1点のみしか奪えないなど、中日に優るとも劣らない拙攻三昧。7回一死から連打で一、三塁とし、小笠原をKOするも、代わったウッチャンの前に西岡が浅いセンターフライに倒れて、二死。続く堀は四球を選んで満塁と一発が出れば逆転と言う場面を作ったものの、里崎はレフトへフライを打ち上げて、三者残塁。8回には二死から連打を浴びせるも、代打・フクーラの打球はセンター正面のライナーとなって、二者残塁。中日は中日で4回以降散発2安打と完全に沈黙し、一向に追加点が奪えず、1−4の儘、土壇場9回へ突入。守護神・岩瀬を投入した中日に対して、ロッテは一死から西岡がヒットで出塁。しかし、堀,里崎と内野ゴロに打ち取られ、ゲームセット。

初登板から3連勝と言う鮮烈デビューを飾りながら、交流戦に入った途端にKO続きの唐川。それでも黒星だけは回避してきたが、とうとうプロ初黒星を喫してしまった。失点したのは3回のみだっただけに痛いイニングとなった。4回以降立て直したのは明るい材料で次の登板への期待を抱かせる内容ではあった。序盤は拙攻,終盤は沈黙の中日は唯一繋がった3回の攻撃だけで白星をゲット。と言っても、結局、タイムリーはゼロで一発依存症は相変わらず。先発の小笠原がコケなかった…と言うより、ロッテが中日以上の拙攻を繰り広げた事に救われた格好だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(1)トラックバック(22) 

May 18, 2008

◆G6−3C◆
求道者・前田がまたまたスタメンから外されると言う恐れていた事態が発生し、落胆の色を隠せないルイスは初回、先頭の亀井に痛打されると、坂本の犠打を処理して、一塁へ悪送球し、一、三塁のピンチ。ここからガッツに先制タイムリーを浴びると、続く寿司職人ラミレスには右中間スタンドへ3ランを放り込まれて、悪夢の4失点。しかし、直後の2回、小窪のタイムリー二塁打で1点を返すと、3回にはルイスが自ら一発を叩き込み、2点目。更に、5回には二死一、二塁からオチョアにタイムリーが飛び出し、木佐貫をKO。なおも一、三塁のチャンスだったが、代わった西村健の前に栗原がショートライナーに倒れて、同点ならず。2回以降立て直したルイスと,西村健の好投で試合は膠着状態となったが、100球越えるとやたらと代えたがるブラウン暗黒采配により、ルイスは7回で降板。すると、8回から代わった岸本が代打・松田記者にタイムリーを浴び、致命的な2点を献上。土壇場9回、マウンドに上がったクルーンは昨日の雪辱を晴らす三者三振の快投を展開し、巨人が辛くも逃げ切った。

1点を争うタイトな展開だったにも拘わらず、求道者・前田は悪夢のフル欠場。幾らでも代打で起用する機会はあった筈だが…。余力十分のルイスを8回に下ろすくらいなら、7回にルイスを打たせずに代打を送れと! あれでは何の為にルイスを引っ張ったんだか分からない。しかも、何故あの状況で2番手が岸本なのか? 4回には昨日成功したからと調子ぶっこいてダブルスチールを仕掛けて失敗するなど、ブラウン暗黒采配に歯止めがかからない。大体、昨日と違い、二塁走者がシーボルって段階が無茶ってモンだ。一方、巨人は初回に4点も貰いながら、木佐貫が勝利投手の権利まであと一人と言う所でKOとなる体たらく。リベンジを果たしたクルーンを初め、西村健,豊田とリリーフ陣の好投に救われた。

◆D6−5YB◆
川相不在の上、守護神・岩瀬が5失点の大炎上となるショックから癒えない中日に対して、横浜は2回、鶴岡のタイムリーで先制すると、3回には二死一、二塁からビグビーのタイムリー二塁打で2点目を追加。横浜先発・ウッドの前に6回まで散発2安打と沈黙していた中日だが、7回、李,T.ウッズ,ベンちゃんの3連打で一気に同点とし、ウッドをKO。代わった吉見に対して、一死一、二塁となった所で谷繁がタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越し。更に、代打・立浪が歩いた所で荒木が2点タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙5点。しかし、直後の8回、横浜は二死二、三塁から吉村に10号3ランが飛び出して、一気に同点。土壇場9回、中日は同点ながら岩瀬を投入。昨日の悪夢を振り払う様に岩瀬は3人でピシャリと抑えると、その裏、ヒットの荒木が犠打と内野ゴロで三進。ここで横浜はT.ウッズを敬遠し、一塁を埋めるも、何故か、満塁策を取らずに、この日2安打のベンちゃんとの勝負を選択。しかし、これが裏目に出て、ベンちゃんのセンター前ヒットでサヨナラ負けを喫した。

背信投球が続いていた中田が久々に好投。珍しく集中打で逆転といい形で試合を進めていたが、中継ぎ陣が崩壊。あわやと言う危機を救ったのは、やはり守護神・岩瀬だった。同点の場面であえて岩瀬を起用した辺り、落合監督にも期する所があったのだろう。そもそも、川相を復帰させていれば、こんな無駄に苦しむ必要はないのだが…。横浜は吉村の起死回生の一発も空砲に。リリーフ陣の層の薄さに泣いた。岩瀬が出て来ている以上も、横浜もはーちゅんを投入するべきだったか…。

◆T2−3S◆
ついに4番からガイエルを外し、畠山を大抜擢するテコ入れを図ったヤクルトは初回、ヒットの福地を田中が送って、二死二塁。早速チャンスで回ってきた畠山だが死球を食らって一、二塁となると、5番降格となったガイエルがセンター前へ先制のタイムリー。更に、宮本が歩いて満塁となったが、武内がレフトへ打ち上げて、三者残塁。続く2回にも二死満塁のチャンスを作って畠山に回したが、ショートゴロに倒れて、またも三者残塁。拙攻続きで嫌なムードになりかけたが、続く3回、一死一、二塁から衣川にタイムリーが飛び出し、2点目を追加。増渕の前に再三走者を出しながら、攻めあぐねていた阪神だが、6回、新井,キュラソ星人の連打で二、三塁とすると、悠久の若虎・桧山の犠飛でまず1点。更に、続く鳥谷がレフト前へタイムリーを放ち、同点。なおも追加点のチャンスだったが、矢野はショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。阪神は7回一死二塁,8回二死一、二塁と勝ち越しのチャンスを悉く逃し、2−2の儘、土壇場9回へ突入。阪神は5番手としてウィリアムスを投入するが、先頭の伏兵・福地によもやの一発を被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、守護神・林に対して、先頭の関本がこの日3本目となるヒットで出るも、代打・葛城イクローはセンターフライ。続くシャア少佐は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、ゲームセット。阪神の連勝は4でストップした。

5連勝で交流戦を迎えたかった阪神だが、ウィリアムスが福地によもやの被弾。今季無失点のウィリアムスを責めるより、再三のチャンスを生かせなかった打線の方が問題だろう。一方、ヤクルトは4番を外されたガイエルが意地の先制タイムリー…後、4打席凡退。これでは即4番復帰とはいかないか? それにしても、いきなりの畠山大抜擢は驚いた。しかし、最終打席で二塁打を放ったものの、走者がいる場面で回ってきた4打席で3タコ(1死球)と、4番としての活躍は出来なかった。

◆H3−4F◆
2回、無死満塁のピンチを切り抜けたソフトバンクはその裏、二死から松田が二塁打で出ると、長谷川が3号2ランを放って、2点を先制。しかし、直後の3回、日本ハムは田中のタイムリーと大場の暴投であっさり同点。追いつかれたソフトバンクは3回二死一、三塁,4回一死三塁と勝ち越しのチャンスを悉く逃してしまう。すると、日本ハムは5回、ヒットの稲田を一塁に置いて、またも田中が勝ち越しタイムリー二塁打を浴びせて、大場をKO。更に、一死三塁となった所でスレッジが犠飛を打ち上げ、4点目。2点を追うソフトバンクは6回に3四死球で一死満塁とすると、長谷川のショートゴロの間に1点を返し、1点差。続く7回には一死から川崎がヒットで出ると、松中がセンターオーバーの二塁打。一気に本塁を狙った川崎だが、惜しくも本塁憤死。続く小久保が2打席連続の死球で繋いだが、柴原はショートゴロに倒れて、同点ならず。3−4の儘、迎えた土壇場9回、戦線離脱中のMICHEALに代わり、抑えを任された武田久に対し、ソフトバンクはヒットの本多を川崎が送って、一死二塁と一打同点のチャンス。しかし、松中,小久保の3,4番が倒れて、あと一歩及ばなかった。

持病の一発病は出なかったものの、制球に安定を欠き、5回もたずに4失点KOとなった大場は4敗目。開幕当初の鉄腕ぶりはすっかり陰を潜め、クオリティスタートをクリアする事すらままならなくなっている。1回だけ登板を飛ばして、二軍で再調整した方がいいんじゃないかとも思うのだが、そんな余裕もないチーム事情だけに何とか持ち直して貰いたい所だ…とか書いてたら、本当に二軍落ちらしい。入れ替わりで来るのは新垣か?

◆E3−7L◆
今季初先発となるミャオは立ち上がりから無死満塁の大ピンチを迎えると、山崎武には押し出し四球を与えて、先制点を献上。続くショートには犠飛を許して、この回2失点。3回には山崎武にタイムリー二塁打を浴び、3点目を献上。一方、3回まで1安打無失点と好投していた田中だったが、4回、中島,ブラゼル,G.G.佐藤と3連打を浴びて、1点を許すと、一死満塁となった所で銀仁朗には走者一掃の逆転タイムリー二塁打。更に、礒?,片岡にも連打を浴びて、ついにKO。西武は更に、栗山,中島も続いての5連打で、この回、一気に7点を奪うビッグイニングを形成。楽天は8回に二死一、三塁のチャンスを作り、ミャオをKOしたものの、代わった星野の前に中島が三振に倒れて、二者残塁。9回はあえなく三者凡退に終わり、3タテを逃した。

先発投手が田中とミャオとあっては、楽天の勝利は堅いと思われたが、3点のリードを貰った田中が突如の火だるま。田中は簡単に降板させられない存在ではあるとは言え、引っ張った分だけ失点を増やす事に…。5回以降、青山,松本が無失点リリーフを展開しただけに勿体ないイニングだった。ミャオは6四球の荒れ球が逆に奏功。三振ゼロの打たせて取る粘り強い投球が光った。

◆M3−11Bs◆
暴言を吐いた訳でもないのに、振り返って睨んだだけで退場させられた上、1試合出場停止処分を食らったローズを欠く偽バファローズは、初回にズレータのタイムリーで先制されるも、3回、大引がレフトスタンドへ3号ソロを放り込み、同点。続く坂口も三塁打を放って、勝ち越しのチャンスを作ったが、後続3人があえなく凡退し、坂口は三塁に釘付け。1−1の儘、迎えた7回、偽バファローズは一死から後藤,日高の連続二塁打で勝ち越しに成功。更に、大引がタイムリーを放つと、坂口が歩いた後、村松が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、清水をKO。代わった相原からカブレラも犠飛を打ち上げ、この回、一挙5点を獲得。完全に流れを引き寄せた偽バファローズは続く8回にも濱中の一発等、5長短打を集中し、4点を追加し、試合を決定付けた。

偽バファローズがローズを欠きながらも、昨日の鬱憤を晴らす打線爆発で快勝。交流戦前の最下位脱出はならなかったが、いい形で臨む事が出来そうだ。一方、心配なのはロッテ。6回まで好投していた清水も終わってみれば、6失点。渡辺俊,小野に続いての無惨なKO劇となった。先発投手陣の安定感で大崩れせずに上位をキープするチームだけに、ここに来ての先発陣の相次ぐ乱調は頭の痛い所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:46コメント(0)トラックバック(68) 

May 09, 2008

◆G4−7D◆
相も変わらず、残塁を量産し続ける川相不在を象徴付ける試合ばかり繰り返していると言う事態を重く見た落合監督はついに川相の現役復帰に踏み切る…事はせずに、川井の先発起用でお茶を濁した。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井では空気を変える事は出来ず、2回にキムタク,加藤と連続タイムリー二塁打を浴び、2点を失い、3回で早々と降板。2点を追う中日は4回、ベンちゃん,中村紀の連続タイムリーで追いつくが、その裏、2番手・小笠原がキムタクに今季初アーチを浴び、勝ち越し点を献上。しかし、直後の5回、二死二、三塁からまたもベンちゃんが2点タイムリーを放ち、逆転すると、続く中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号2ランを叩き込み、巨人先発・内海はこの回限りでKO。6回にガッツの7号ソロで応戦する巨人だが、8回に井端にタイムリーを浴び、再び3点差。土壇場9回、中日は満を持して守護神・岩瀬を投入するが、粘る巨人は寿司職人ラミレス,ゴンザレスと連打を浴びせると、代走・小坂が二盗を決めて、無死二、三塁のチャンス。しかし、ここで松田記者はフルカウントからボール球に手を出し、ピッチャーゴロに倒れると、キムタクもどん詰まりのショートフライ。ここでこの日スタメンを外れていた阿部が代打で登場するも、敬遠されると、最後は代打・鈴木の痛烈なライナーはセカンド正面に飛んで、万事休す。

巨人ファンは最後、阿部と勝負してくれる事を祈ったであろうが、パーフェクト続行中の山井を平気で引っ込める落合監督がそんなファンの喜ぶ様な都合のいい展開を演出してくれる筈はなかった。と言っても、あそこで阿部を出した所で敬遠されるのは分かり切っているのだから、若大将も加藤が繋いでくれる事を期待して、あと一人阿部の投入を待つ事は出来なかったか? 今季1度も打席に入ってない鈴木よりは、この日タイムリー二塁打を打っている加藤の方が期待度は高かったと思うが…。中日は最近、すっかりベンちゃん,中村紀(または李)頼みだが、それ以外は要所で打てず、この日も10個の残塁を量産。川井でお茶を濁している暇があったら、サッサと川相を現役復帰させて欲しいものだ。

◆S1−0C◆
求道者・前田はまたもスタメンに起用されたが、信じられない展開にブラウン監督が何か企んでいるのでは?と疑心暗鬼に陥った広島ナインは頭の中が混乱しているうちに3回までパーフェクトに抑え込まれてしまう。4回一死から小窪,オチョアと連打を浴びせるも、ここで栗原が最悪のゲッツー。一方、覚醒した先発・高橋はこの日も3回まで無失点といい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭のガイエルに9号ソロを叩き込まれて、ついに先制点を献上し、これが致命的な失点となった。広島は8回に2つの四球を選んで、ようやく村中をKOするも、代わった松岡にオチョアが抑え込まれ、二者残塁。最後は林に3人で打ち取られ、2試合連続の完封負けとなった。

29回無失点を続けていた高橋が17打席ノーヒットのガイエルに被弾し、その唯一の失点が黒星に繋がってしまうと言う何とも皮肉な展開。出して貰えるのかどうか試合直前まで予想すら出来ない起用法で集中力を乱され続けている求道者・前田も4タコと、ブラウン監督の術中にハマっており、また幽閉モードに入りやしないかと戦々恐々。一方、ノーヒットノーラン寸前から一気に地獄を見た村中は前回の投球を引きずった様子など見せない好投。1−0と言う前回同様タイトな試合展開だったが、8回のピンチに松岡が抑えてくれて本当に良かった。

◆T2−6YB◆
1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰した横浜だが、3回、二死一、二塁から村田が9号3ランを叩き込み、3点を先制。6回には一死から内川が3安打目となる二塁打で出ると、続く吉村のタイムリーで4点目。ハマのチンピラの前に5回まで1安打と沈黙していた阪神はその裏、シャア少佐のヒット,村田のエラーで一死一、三塁のチャンスを作ると、キュラソ星人の犠飛でまず1点。8回には無死満塁からまたもキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、2点目。なおも一、二塁のチャンスだったが、葛城イクロー,鳥谷と倒れて、二者残塁。ピンチを逃れた横浜は9回、代打・ビグビーが2号2ランをぶち込んで、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらもマウンドに上がったはーちゅんが3人で締めた。阪神は今季初の連敗。

ハマのチンピラが6回を8三振自責点0の好投で2勝目。これでようやくはーちゅんの白星を上回った。はーちゅんはこの儘、抑え一本で行きそうな気配なので、流石に追い抜かれる事はないだろうが、はーちゅんが悉く同点に追いつかれた挙げ句に白星をかっさらいまくり、追い抜かれる様な事があっても、公約を守る気などさらさらないのだろうから、何の心配もしていないだろう。阪神はキュラソ星人が2犠飛を放ったとは言え、4番以降がノーヒットでは流石に攻め手がなかった。

◆M4−11E◆
初回にフェルナンデスの先制2点タイムリー二塁打で主導権を握った楽天は4回には4長短打を集中して、一気に4点を追加。続く5回には連打とエラーで1点を加え、ロッテ先発・小野をKOすると、代わったゴーグルから鉄平もタイムリー。6回にはショートの犠飛,山崎武のタイムリーで2点を加えて10点目。5回まで無失点に抑えていた先発・岩隈は6回も簡単に二死を取りながら、ここから5連打を浴びて3失点。しかし、何とかここを踏み堪えると8回まで投げきって、5勝目をマークした。

得意の地元3連戦で初の負け越しを喫した楽天だが、今度は苦手の敵地で先発全員17安打と打線が爆発しての圧勝。そろそろ極端な内弁慶ぶりにも終止符を打つ頃だろうか。と言うか、ロッテに元気がなさ過ぎる。これで5連敗だ。打線は復調の兆しを見せつつはあるが、投手陣が先発もリリーフも精彩を欠いている。中継ぎに不安があるからと、無理に先発を引っ張って、ますます点差を広げられる様では如何ともしがたいだろう。

◆Bs2−3L◆
再三のチャンスを逃してきた西武だが、4回無死二塁からG.G.佐藤のタイムリーでようやく先制。6回にはブラゼルが12号ソロを放り込み、1点を追加。先発・岸は6回を終わってノーヒットの快投を展開。7回一死から後藤のどん詰まりの打球をレフト前に落とされ、ノーヒットノーランを断たれると、この回限りでお役御免となった。西武は8回にはエラー絡みで3点目を追加。その裏、カブレラの7号2ランで1点差と詰め寄られたが、最後はグラマンを投入して、1点差を守りきった。

偽バファローズの先発は新助っ人・オルティズ。前回は因縁のソフトバンク打線を目覚めさせてしまう失態を演じたが、今回は7回2失点とまずまずの内容…と言っても負け投手だが…。西武は球数が多かったとは言え、記録が断たれた途端にあっさり岸を下げ、あわや追いつかれる所だったが、それでもサラリとかわした感があるのは首位チームならではか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(1)トラックバック(43) 

April 11, 2008

◆G2−1S◆
未だに3連戦の初戦を取れずにいる巨人は背信投球が続いている春風亭半ケツを飛ばして、グライシンガーを投入。そのグライシンガーを援護すべく初回からいきなりマッスル千代の富士,亀井の連続アーチが飛び出して、巨人が2点を先制。ヤクルトは初回のチャンスをゲッツーで逃したのに続き、2回も二死満塁のチャンスを潰してしまう。3回にリグスのタイムリーでようやく1点を返すが、なおも一、二塁のチャンスにガイエルがゲッツーを食らい、崩れかけていたグライシンガーに立ち直る隙を許してしまった。一方、いきなり連続被弾と言う最悪の立ち上がりだったヤクルト先発・村中だが、以降は完全に立ち直り、15者連続凡退させるなど、付け入る隙を与えない。巨人は8回から豊田,9回からクルーンと繋ぐ必勝リレーを決め、1点差を守りきって、今季初の3連勝。グライシンガーは待望の移籍初勝利。敗れたヤクルトは4連敗。

3連敗と下降中のヤクルトが怨敵・グライシンガー投入で敵愾心を煽られ、再び覚醒するかと思いきや、逆に拙攻でグライシンガーを覚醒させてしまった。とりあえず、ここまでグライシンガーの勝敗結果をトレースしているリオスが次は勝ってくれるかもしれない事を祈るばかりか。村中はいきなりの連続アーチ以降は完璧な投球だっただけに、あの2発が悔やまれる結果となった。巨人も攻撃面ではとても手放しで喜べる結果ではないが、豊田−クルーンの継投も板についてきており、これから巻き返していけそうな手応えは出てきた。しかし、開幕投手でありながら、早くも登板を飛ばされてしまった春風亭半ケツには奮起を期待したい。そういえば、加藤が何か中継ぎで出てんたんだが、先発ローテ降格?

◆C3−7D◆
中日は初回、広島先発・大竹の制球難をついて、一死満塁とすると、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号先制グランドスラム。大量4点を追う広島は4回、不振に喘ぐシーボルに来日初アーチとなる2ランが飛び出すと、更に、天谷もタイムリーを放ち、1点差。折角、ここまで追い上げて貰った大竹だが、またも四球2つでピンチを作った挙げ句、またまた川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんにこの日2本目となる4号3ランを被弾。これで試合を決定付けられた広島の連勝は3でストップした。

広島が12安打で3点しか取れなかったのに対して、中日は7安打で7点。と言っても、別に中日が効率のいい攻撃を展開した訳ではなく、たまたま四球で走者が溜まった時にベンちゃんが2発はなっただけの事。全得点となる7打点をあげたベンちゃんを責める理由はないが、相変わらず、大雑把な一発依存野球を展開するしか手のない中日打線には辟易とさせられるばかりだ。広島はシーボルに初アーチが飛び出し、栗原も3戦連続マルチ安打と調子を上げて来ているが、求道者・前田がよもやの3三振含む4タコと大ブレーキだったのが痛かった。

◆YB2−1T◆
阪神は2回ゼブラ今岡,鳥谷の連打の後、フォードの犠飛で1点を先制。1点を追う横浜は3回、前日、ダメ助っ人・ファーマニアックと入れ替えられる屈辱を受けたガッツな貴公子・仁志のタイムリー内野安打で追いつくと、6回は相川のタイムリーで勝ち越しに成功。横浜先発のハマのチンピラは8回1失点で切りぬけると、最後はマットホワイトが締めて、連敗を3でストップさせた。

2000本安打への足踏みが続いているキュラソ星人。この日は通算対戦打率.350超とカモにしているハマのチンピラ相手とあって、大いに期待されたが、2三振を喫するなど、3タコ。マットホワイトに代わった4打席目も三振に終わり、これで15打席ノーヒットと深刻な難産になってきた。

◆H3−8L◆
松中の一発で連敗を脱出し、波に乗りたいソフトバンクだが、先発・杉内がいきなりブラゼルにタイムリーを許し、先制点を献上。すかさず、その裏、松中の犠飛で追いつき、2回には川崎,仲沢の連続イムリーで2点を勝ち越すが、依然として杉内がピリッとしない。3回に片岡の二塁打で1点差と迫られると、4回には二死一、三塁から片岡,栗山,中島と3連続タイムリーを浴びて、4失点。それでも何故か、続投の杉内は結局、7回に2点を失った所でKO。ソフトバンクは4回以降、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ず、9回も満塁のチャンスを潰して、連勝を逃した。

毎度、期待を裏切ってる印象があるのだが、意外にも初黒星の杉内。7回まで引っ張る必要もなかったと思うが、どのみち、3回以降追加点を奪えていないのだから、如何ともしがたい。西武より5本も多い15安打で僅か3点。13残塁の大拙攻とは、何ともお粗末である。松中は昨日の一発で目覚めたか、3安打を放ったが、いずれも無走者時。また、折角、塁に出ても、一度も返ってこられなかった。

◆M2−3F◆
2回にベニー松山の犠飛で先制を許した日本ハムだが、4回に鶴岡の走者一掃2点タイムリー二塁打で逆転に成功。しかし、その裏、ロッテは今江が同点タイムリー二塁打。2−2で迎えた6回、日本ハムは二死二塁からオーティズのタイムリーエラーでタナボタの勝ち越し点をゲット。先発スウィーニーは6回2失点で切りぬけると、7回からは建山−武田久と繋いで、最後はMICHEALが締めて、5連勝。千葉マリンでは2006年9月以来続いていた小林宏の連勝記録は8でストップした。

少ない得点を必死に守って、日本ハムが5連勝。連覇を達成した事でこういう試合を拾える強さを身につけた様な印象だ。武田久,MICHEALの後ろ2人が実に安定していて、必勝パターンを構築出来ているのも有難い。また、ダメ助っ人扱いされていたジョーンズが昇格早々2安打と活躍したのも嬉しい材料。トンガのライバル扱いはあんまりだと奮起したか?

◆E5−4Bs◆
連敗地獄が止まらない楽天はこの日も初回からローズの二塁打で先制される苦しい立ち上がり。しかし、その裏、フェルナンデスが5号3ランを叩き込んで逆転に成功。3回には山崎武にも一発が飛び出して、4点目。僅か1試合でストッパー失格の烙印を押され、ノムさんにも散々嫌味を言われ続けるなど無体な扱いを受けていたグスマンは待望の今季初先発で2回以降、追加点を許さず、6回まで投げきり、お役御免。しかし、2番手・小山が7,8と1点ずつ返され、9回には抑えの青山がローズに同点タイムリーを浴びて、試合は延長に突入。迎えた10回、楽天はヒットの渡辺直を高須が送った所で代打・山下がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちで6連敗をストップさせた。敗れた偽バファローズは最下位転落。

散々シメられまくってきたグスマンが先発で結果を残した。だから、グスマンの適性はどう考えても先発だろうと、散々言ってきたろうに…。しかも、そのグスマンを下げた途端にリリーフ陣が3失点でグスマンの白星を粉砕する有様で、ノムさんとグスマンの立場は完全に逆転したかに思われるが、結局、サヨナラ勝ちしてしまったので、グスマンの白星を潰してしまった申し訳なさを忘れてしまっているやも…。偽バファローズは香月を突然先発させる博打起用がまたも失敗。鴨志田と言い、コリンズ監督は本当に先発で使える根拠があってやっているのだろうか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(0)トラックバック(20) 

June 16, 2007

◆H2−3G◆
春風亭半ケツと杉内、両リーグの最多勝同士の対決は下馬評通りの息詰まる投手戦となった。杉内が7回まで散発2安打無失点と言う完璧な投球を展開するのに対し、春風亭半ケツは走者を出しながらも粘って抑える持ち味を発揮し、同じく7回まで無失点。0−0の儘、迎えた8回、杉内はこの回も簡単に二死を取るも、ここで矢野に死球を食らわせてからおかしくなり、続くキムタクにセンター前へ弾き返されると、マッスル千代の富士にはライトスタンドへ放り込まれて、一気に3点を献上。しかし、その裏、ソフトバンクは二死二塁から代打・柴原のタイムリー二塁打で春風亭半ケツをKO。ここで代わった上原も「期間限定ストッパー」の「期間」が大凡の予想通り「今季一杯」であった事が明らかになり、指揮官に騙された事でモチベーションが上がらないのか、続く大村にタイムリーを浴びて、1点差。しかし、水島の呪いに苛まれ続けているソフトバンクの反撃はこれが精一杯。続く田上はライトフライに倒れると、9回も3人で攻撃終了し、連勝は3でストップ。杉内は前回に続いて好投しながら、打線に見殺しにされる形でまたも10勝目はお預け。一方、春風亭半ケツは2位に2差をつける9勝目を飾った

◆F2−3D◆
中日は初回、制球に苦しむダルビッシュから一死一、二塁のチャンスを掴むと、福留のタイムリー二塁打で先制。更に、四球で二死満塁となった所で谷繁も四球を選んで、押し出しの2点目をゲット。徐々に制球が定まりだしたダルビッシュだが、4回に二死一、二塁から井端にタイムリー内野安打を許し、3点目を献上。一方、中日先発・人斬り抜刀斎は初回のピンチを切り抜けてからは立ち直りを見せ、6回まで無失点投球を展開していたが、7回、先頭の小谷野に痛打されると、続く高橋に3号2ランを叩き込まれて、1点差。更に、一死一、三塁のピンチを作った所でついにKO。しかし、代わった平井が辛くも後続を断ち切ると、8回からは岡本,9回からは岩瀬と繋ぐ必勝リレーを展開し、何とか逃げ切った。日本ハムは引き分け1つを挟んで3連敗。

◆L12−2C◆
3回に梵の犠飛で先制した広島だが、4回、先発・黒田が突如の大乱調。いきなりの4連打で3点を奪われると、更に、細川にタイムリーを浴び、この回、4失点。続く5回にはベンちゃんにバックスクリーンへ7号3ランを叩き込まれて、悪夢の7失点KO。西武は6回にも中島の6号3ランの後、ベンちゃんに2打席連続アーチが飛び出して、4点を追加し、試合を決定付けた。西武は17安打12点の猛攻で3連勝。先発・オツは8回2失点の好投で、自らの連敗を5でストップさせた。2試合連続の2桁失点の広島は3連敗で借金10となり、西武と入れ替わりで交流戦最下位に転落した。

◆M7−11T◆ 
初回、林の10号ソロで先制を許したロッテだが、3回に早川の2点タイムリー二塁打で逆転すると、その後も着々と加点。7回にはサブロー,里崎の連続アーチが飛び出して、これがダメ押しとなったと思われた。しかし、土壇場9回、阪神が怒濤の猛反撃を開始。8回からマウンドに上がっていた4番手・藤田を3連打でKO。無死満塁の場面でマウンドに上がった守護神・小林雅に対して、桜井がライトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を浴びせると、続く浅井のショートゴロを渡辺正がタイムリーエラー。続く関本が送った所で狩野,シャア少佐の連続タイムリーで一気に同点。なおも二、三塁の場面で林が敬遠されて満塁となった所で小林雅をKO。代わった薮田に対して、打者一巡で回ってきたキュラソ星人がライト前へ2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功すると、更に、二死後、鳥谷,桜井の連続タイムリーで2点を加え、この回、大量9点のビッグイニングを形成。その裏、藤川が3人でピシャリと締めて、連敗を3でストップ。敗戦処理で登板した筈の4番手・桟原に今季初白星が転がり込んだ。

◆Bs1−7S◆
偽バファローズ先発は無傷の3連勝中のユウキ。2回まで無難に抑えたが、3回、一死二、三塁のピンチを迎えると、寿司職人ラミレスにセンター前へ弾き返され、2点を献上。5回には青木に9号ソロを被弾し、この回限りで降板。一方、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーの前に6回まで僅かに3安打と沈黙していた偽バファローズ打線は7回に二死満塁から代打・水口のタイムリーでようやく1点。なおも満塁と一打同点のチャンスだったが、村松がファーストゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを逃れたヤクルトは直後の8回、代打・度会のタイムリーで2点をあげると、9回にも寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。グライシンガー7回1失点の好投で7勝目をマークした。

◆E0−9YB◆
横浜は2回、一死一、二塁から下窪,相川の連続タイムリーで2点を先制すると、更に、石井タクローが送った所で悪の温床・楽天先発・松崎をKO。代わった青山からガッツな貴公子・仁志も2点タイムリーを浴びせて、この回、4点。青山は6回まで無失点に抑える好リリーフを見せたものの、7回に3番手・吉崎に代わると、二死二、三塁のピンチを作ってKO。更に、4番手・戸部は連続四球で押し出しの1点を与えると、続く吉村には走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、8点目を献上。横浜は8回にも小池のタイムリー二塁打でダメ押し。悪の温床・楽天打線はアウトカウントを稼ぐ事しか能のない扱いを受けた水島の呪いの影響か、ハマのチンピラ相手に8回まで無得点に抑え込まれる戸、9回もホセロに3人で捻られ、完封負け。横浜は今季2度目の5連勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:34コメント(1)トラックバック(84) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ