吉見一起

October 21, 2010

10/21吉見◆D2−0G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、戦わずして日本一の座を手に入れた中日に対し、日韓クラブチャンピオンシップなどさておき、散々叩きのめされたナゴヤドームで一矢報いたい巨人はこの日も坂本が欠場する苦しい展開。その坂本に代わって1番に入った脇谷が中日先発・吉見の初球をいきなりレフト前に弾き返すも、亀井,ガッツ,寿司職人ラミレスがあえなく凡退し、無得点。続く2回には二死から三遊間を破った長野が二盗を決めるが、一塁が空いた事で古城が敬遠された後、投手の内海が空振り三振に倒れて、二者残塁。その裏、中日は一死から藤井の四球、谷繁のライト前ヒットで出塁。堂上直が三振に倒れて、こちらも二死一、二塁の場面で投手の吉見に打席が回ったが、今季僅かに1安打で打率.023の吉見がセンター前に見事に弾き返し、藤井が先制のホームイン。1点を追う巨人は直後の3回、またも脇谷がヒットで出るが、亀井がバントの気配すら見せずにあっさり追い込まれた挙げ句、セカンドフライに倒れると、ガッツ,寿司職人ラミレスも悉く打ち上げる無策なバッティングを繰り返し、脇谷は一塁に釘付け。その裏、中日は英智,森野の連打とベンちゃんの死球で無死満塁の大チャンス。ここでブランコがレフトへ犠飛を打ち上げ、英智が生還するも、続く藤井はサードゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。尻上がりに調子を上げる吉見は4,5,6回と3人ずつでピシャリと抑える快投を展開。一方、内海も4回以降は立ち直りを見せ、6回まで追加点を許さない。2−0の儘、迎えた7回、巨人は一死からマッスル千代の富士が二塁打を浴びせると、続く長野が死球を食らって、一、二塁。古城のピッチャーゴロで一、三塁と場面が代わった所で内海に代わり、代打・矢野を投入するも、サードゴロに終わり、またも得点ならず。続く8回には先頭の脇谷がこの日3安打目となる二塁打を放つ、ブレーキが続く亀井が空振り三振。ここで代わった高橋の前にガッツ,寿司職人ラミレスも倒れ、またも脇谷は釘付け状態。9回は先頭の阿部が凡退すると、ここで代わった浅尾の前にマッスル千代の富士,長野と打ち取られ、2試合連続の完封負け。脇谷が先頭打者として3安打と坂本に代わるリードオフマンの役目を十二分に果たしたが、亀井,ガッツ,寿司職人ラミレスが脇谷の活躍を悉く無駄にする体たらくだったのが大きく響いた格好だ。いい加減、松本をスタメンで起用して欲しいものである。干されまくっていた内海は先発として最低限の働きを見せたものの、空中戦に持ち込めず、ロースコア必至の状況で序盤から失点してしまった事で、士気を低下させてしまったのが悔やまれる所だろう。これで中日はアドバンテージ込みで3勝0敗と日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦進出へ早くも王手。ナゴヤドームで絶対的な強さを誇る上、既に、日本一を確定させている事で余裕たっぷりの戦い方を見せており、これから4連敗する気配は微塵も感じられないが、果たして、巨人はここから奇跡を起こせるのか? 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(0)トラックバック(23) 

September 03, 2010

◆D3−2G◆
中日は初回二死満塁のチャンスを逃すと、2回には無死一塁から堂上直がゲッツー。3回一死二塁,4回二死一、二塁のチャンスも潰す壊滅的なタイムリー欠乏症を露呈し、残塁を量産。しかし、5回、一死一塁から森野のタイムリー二塁打でようやく1点を先制すると、続くベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに通算1500安打となる32号2ランを叩き込み、巨人先発・内海はこの回限りでKO。3点を追う巨人は6回、一死から坂本が28号ソロを叩き込み、中日先発・吉見をKOすると、代わった高橋から松本,ガッツと連打を浴びせるが、ここで頼みの寿司職人ラミレスが最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。3−1の儘、迎えた8回、巨人は二塁打の脇谷を三塁へ進めると、松本のタイムリーで1点差。続くガッツが歩いて、二死一、二塁とワンヒットで同点の場面を作ったが、ここでも寿司職人ラミレスがライトフライとブレーキになり、同点ならず。土壇場9回には守護神・岩瀬に対し、一死から好調の代打・矢野がセンター前に弾き返すが、続く長野がショートゴロゲッツーを食らって、ゲームセット。これで巨人はナゴヤドーム7連敗となり、3位転落。吉見は5回1/3を1失点で降板となったが、リリーフを仰いで、ハーラートップタイの12勝目

9/3矢野◆C5−4T◆
矢野が今季限りでの引退を表明したこの日、首位固めの準備が整いつつある阪神は相変わらず、打線が好調で2回に藤川俊のタイムリーで2点を先制すると、3回には鳥谷が17号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追う広島はその裏、二死から梵の二塁打,木村の三塁打で1点を返すと、6回には二死満塁のチャンスで代打・石井タクローがレフト前へ2点タイムリーを放ち、一気に同点。しかし、直後の7回、阪神はこの回から代わったチュークに対し、2四球で二死一、二塁とした所でブラゼルがタイムリーを放ち、再び勝ち越し。その裏、広島は2番手・西村に対し、一死から天谷,栗原と連打を浴びせると、二死後、3番手・久保田からルパン広瀬が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。8回からは岸本−横山と繋いで逃げ切り。一時は勝ち越し点を許した3番手・チュークに2勝目が転がり込んだ。阪神の連勝は5でストップ。

◆YB2−3S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは先頭の畠山が二塁打を浴びせると、相川の犠打で三進。続く宮本が歩いて、一、三塁となった所で川端がレフト前へ先制タイムリー。6回にはまたも先頭の畠山がヒットで出ると、相川のセカンドゴロの間に二塁へ進んだ所で宮本がタイムリー内野安打を浴びせて、1点を追加。8回には相川,川端のヒットで作ったチャンスに青木がタイムリー二塁打を放ち、3点目。8回まで散発3安打で三塁も踏めずにいた横浜だが、9回、二死走者なしからハーパー,村田の連打にスレッジの四球で満塁とすると、下園が2点タイムリーを浴びせて、ヤクルト先発・由規をKO。なおも一、二塁のチャンスだったが、代わった守護神・林の前にカスティーヨが三振に斬って取られ、あと一歩及ばなかった。由規は完封まであと一人と迫りながら、完投も逃してしまったが、11三振を奪う力投で初の2桁勝利に到達した

◆Bs11−2H◆
首位を奪回したいソフトバンクだが、先発・小椋が立ち上がりから苦しい投球。初回、二死から後藤を歩かせると、カブレラに先制20号2ランを被弾。続く2回には二死二塁から坂口にタイムリーを浴び、3点目を献上。3回一死から5回一死まで6連続三振を奪い、立ち直ったかに見えたが、二死後、連続四死球でピンチを作った所でカブレラにタイムリー,ティー岡田に32号3ランを浴びて、4失点。6回にも一死から3連打で1点を失い、KO。代わった吉川輝も森山に痛打された後、暴投で9点目を献上し、試合を決定付けられた。偽バファローズ先発の中山はプロ初完投勝利で2勝目を飾った

◆M1−4F◆
1,2回と一、二塁のチャンスを悉く潰してしまった日本ハムだが、3回、先頭の劇団ひちょりが歩いた所で稲葉がライトスタンドへ15号2ランを叩き込み、先制点をゲット。6回にはトンガのヒット,飯山の四球で一死一、二塁とした所で田中がライト前へ弾き返して、1点を追加。その裏、ロッテは西岡のヒット,清田の四球で一、二塁とすると、二死後、フクーラのタイムリーでようやく1点。なおもチャンスは続いたが、今江がファーストへのファールフライに倒れて、1点止まり。1−3で迎えた8回、日本ハムは一死一塁から田中がタイムリー二塁打を放ち、貴重な1点を追加。9回は宮西−武田久と繋いで、ロッテの反撃を断ち切った。来日初先発となった高橋由伸は制球に苦しみながらも、5回2/3を1失点で切り抜け、2勝目をマーク

◆E4−14L◆
楽天先発・長谷部は立ち上がり、全くストライクが入らず、いきなりの4連続四球で先制点を許した上、続く中村に15号グラントスラムを被弾。ここから三者三振に斬って取り、ようやくエンジンが懸かってきたかに思われたが、続く2回、一死一塁から栗山,中島と連打を浴びて、1点を失うと、二死後、中村を歩かせた所であえなくKO。代わった松崎も佐藤に2点タイムリーを浴びた上、中村紀のエラーにも足を引っ張られ、早くも10点差をつけられる始末。2,3,5回と何とか1点ずつ返して追い上げるも、6回、高山の2点タイムリー,細川の8号2ランで致命的な4点を奪われ、試合を決定付けられた。西武は楽天を安打数で下回りながら、大量10点差をつける効率のいい攻撃で首位を堅守。先発・平野は6回を無四球3失点に抑え、3勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(17) 

August 19, 2010

8/19吉見◆D3−0G◆
負ければ、3位転落の危機に苛まれている巨人。連続KOで中継ぎ降格となっていた内海が中日との相性を買われて先発に復帰したが、2回、2四球にエラーとノーヒットで二死満塁のピンチを背負うと、荒木に2点タイムリーを許し、先制点を献上。阿部の戦線離脱以降、深刻な貧打に見舞われている巨人打線はこの日も精彩を欠き、中日先発・吉見の前に4回までパーフェクトに抑え込まれる体たらく。6回、一死から連打で一、二塁と初のチャンスを作るが、松本,ガッツと打ち取られ、二者残塁。7回にもヒットと四球で一死一、二塁とするも、江戸川,代打・亀井と打ち上げて、またも無得点。3回以降は立ち直りを見せていた内海だが、相次ぐ拙攻に気持ちが折れてしまったか、二死二塁から小田にタイムリー二塁打を浴び、痛恨の3点目を献上。吉見は8,9回も無難に抑えて、今季初完封で11勝目。これで中日は巨人相手に3タテを食らわせて、7連勝を飾り、巨人と入れ替わりで2位に浮上した。

◆YB4−10T◆
初回、ハーパーの犠飛で先制された阪神だが、3回、。二死からマット・マートンのヒットに連続四死球で満塁とすると、黒羽根の捕逸でタナボタで同点とすると、新井がライト前へ勝ち越しの2点タイムリー。これで流れを引き寄せた阪神は5回には新井,ブラゼル,林のタイムリーで一気に4点を追加すると、続く6回には一死一、三塁から新井のショートゴロの間に8点目を追加。その裏、横浜は藤田,村田のタイムリー二塁打で2点を返し、応戦するも、阪神は8回、新井のこの日6打点目となる15号2ランで10点目を挙げ、試合を決定付けた。阪神はこれで5連勝。先発・安藤は5回1/3を3失点で2勝目を飾った

◆C2−7S◆
広島先発・スタルツは立ち上がりから全く制球が定まらず、一死から3連続四球で満塁とすると、畠山に2点タイムリー,宮本に2号3ランを許して、いきなりの5失点。2回には3連打でまたも満塁のピンチを背負うと、ホワイトセルに犠飛を打ち上げられ、6点目を献上。一方、ヤクルト先発・由規は3回までノーヒットと上々の滑り出し。しかし、4回、二死一、二塁から石原に続き、6月30日以来音なしだった代打・求道者・前田にもタイムリーを浴び、2失点。2−6で迎えた7回、ヤクルトは一死一、三塁から川本の犠飛で7点目を挙げ、ダメを押した。由規は8回を2失点に抑えて9勝目と初の2桁勝利へリーチをかけた

◆L5−1H◆
首位戦線に留まる為にも何としても勝ち越したいソフトバンクは2回にハマのスペランカーの19号ソロで先制。しかし、西武は3回、エラーで貰ったチャンスに栗山が同点タイムリーを浴びせると、4回には先頭のフェルナンデスがライトスタンドへ5号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。更に、5回には一死から上本がヒットで出ると、二死後、連続四球で満塁のチャンス。ここでフェルナンデス,ブラウンと連続タイムリーが飛び出し、3点を追加。8回からはカリメロ−長田と繋いで逃げ切った。先発の野上は7回を1失点の好投で2勝目をマークした。首位攻防戦に負け越したソフトバンクは自力優勝が消滅となった。

◆F0−7M◆
初登板初勝利の鮮烈デビューを飾った高卒ルーキー・中村が2度目の登板。3回まで毎回走者を許しながらも、あと一本を許さない粘りの投球を見せると、4,5回は三者凡退に斬って取り、尻上がりに調子を上げてきたかに思われたが、6回、二死満塁の大ピンチでサブローにライトスタンドへ14号先制グランドスラムをぶち込まれ、この回限りで無念の降板。ロッテは7回に井口のタイムリー二塁打で2点、8回には清田のタイムリーで1点を追加。先発の唐川は散発4安打と日本ハム打線を封じ込め、完封で5勝目を飾った。中村はプロ初黒星。敗れた日本ハムは自力優勝が消滅した。

◆Bs6−5E◆
2回、内野ゴロの間に先制した楽天は続く3回にも山崎の23号ソロ等で2点を追加。しかし、その裏、偽バファローズは一死二、三塁から後藤が2点タイムリーを浴びせると、続く4回には一死一、二塁から坂口のタイムリー二塁打,森山の犠飛で逆転に成功。直後の5回、楽天は一死満塁から中村紀が押し出し四球を選ぶと、香月の暴投で労せずして勝ち越しに成功。1点を追う偽バファローズは6回、連打と犠打で一死二、三塁とした所で坂口が2打席連続のタイムリーを放ち、同点。続く代打・下山が歩いて満塁としたが、後藤,ティー岡田と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。5−5の儘、迎えた土壇場9回、偽バファローズは先頭の下山がレフトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。1回を無失点に抑えた4番手・岸田に6勝目が転がり込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(12) 

August 06, 2010

◆G1−4C◆
巨人先発・オビスポに対し、広島は2回、一死からルパン広瀬がセンターオーバーの三塁打を浴びせると、二死後、石井タクローのセンター前ヒットで先制のホームイン。その裏、巨人は寿司職人ラミレスの二塁打,江戸川の四球で一死一、二塁とするも、長野,脇谷と打ち上げて、二者残塁。しかし、続く3回、一死から坂本がレフト線へ二塁打を放つと、松本がライト前へ同点のタイムリー。1−1で迎えた6回、広島は一死から梵が四球を選ぶと、天谷がライトスタンドへ5号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、続く嶋もライトスタンドへ9号ソロを放り込み、4点目。追いかける巨人は7回、一死から江戸川が二塁打を浴びせるも、またも長野,脇谷が凡退し、無得点。8回には代打め亀井,坂本の連打で無死一、二塁とするも、松本が最悪のショートゴロゲッツー。ガッツもレフトへ打ち上げて、結局、無得点。最後は2番手・大島の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。ただし、阪神が敗れた為、辛くも首位陥落は免れた。脇谷は3タコに終わり、連続試合得点は15でついにストップ。前回は巨人相手に8失点KOだった広島先発・前田健は8回を1失点で切り抜けて、雪辱を果たし、ハーラートップタイの12勝目

◆D4−1T◆
首位戦線に踏み留まる為にも最悪でもこの3連戦を勝ち越したい中日はこの所、チャンスブレイカーとなっている主砲・ブランコをついに5番に落とし、ベンちゃんを3番,森野を4番に入れるテコ入れを敢行。すると2回、新4番・森野がセンター前へ弾き返すと、相変わらず不振のブランコが倒れた後、堂上剛が先制のタイムリー二塁打。先発・吉見は4回までパーフェクトと素晴らしい投球を見せていたが、5回、一死からブラゼルに34号同点ソロを被弾。その裏、中日は一死から荒木がヒットで出ると、英智のショートゴロで走者が入れ替わった所でベンちゃんが勝ち越しのタイムリー二塁打。続く森野は敬遠されて、一、二塁となるが、ブランコはショートフライとまたもチャンスブレイク。8回にはベンちゃんのヒット,森野の四球で無死一、二塁のチャンスで、完全に信頼を失ったブランコは岩崎達を代打に送られてしまう始末。岩崎達はきっちり犠打を決めると、大島が歩かされて満塁となった所で、堂上直が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。9回、守護神・岩瀬がいきなり連打で無死一、二塁のピンチを背負うも、後続3人を打ち取って、逃げ切った。中日の連敗は5でストップ。吉見は7回1/3を1失点の好投で9勝目を挙げた

◆YB4−16S◆
ヤクルト打線が初回から大爆発。先頭の青木がライト前に弾き返すと、一死後、武内が先制のタイムリー二塁打を放ち、まず1点。続くホワイトセルが歩いた後、畠山がレフトスタンドへ7号2ランを浴びせると、相川,宮本の連打で一、二塁。二死後、投手の館山にまさかのプロ初アーチとなる3ランを叩き込むと、更に、青木のヒット,田中のタイムリー二塁打でこの回大量8点のビッグイニングを形成。横浜先発・大家はこの回限りで早くもKO。完全に主導権を握ったヤクルトは3回には武内が6号3ラン,7回には5安打を集中して、4点を追加。9回には代打・ユウイチに今季初アーチが飛び出して、22安打16点の猛攻で4連勝。バットも火を噴いた先発・館山は大量点をバックに7回を3失点で5勝目

◆L10−4H◆
ソフトバンク先発・山田は初回、いきなり連続四死球で一、二塁のピンチを作った挙げ句、中島に13号3ランを被弾し、あっと言う間の3失点。続く2回にも。二死三塁から栗山,中島と連続タイムリーで2点を許し、この回限りであえなくKO。ソフトバンクは4回、ハマのスペランカーの18号2ランで応戦するが、その裏、西武は一死満塁からまたも中島が2点タイムリーを浴びせて、点差は再び5点に拡大。8回には栗山に4号3ランが飛び出し、ダメ押しの10点目を挙げた。先発・涌井は8回を投げて、3失点で12勝目をマーク。オーティズが戦線離脱となったソフトバンクは約1ヶ月ぶりの3連敗となった。

8/6中田◆F10−4E◆
楽天は初回、二死一、二塁からルイーズの走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。その裏、稲葉のタイムリー二塁打で1点を返されるが、4回、二死二、三塁から聖沢のタイムリーで2点を追加。3点を追う日本ハムは5回、二死から田中が四球を選ぶと、劇団ひちょり,稲葉,小谷野の3連打で2点を返し、1点差。続く6回にはトンガがレフトスタンドへ6号同点アーチ。7回には先頭の田中が振り逃げで出たのを皮切りに無死満塁とした所で小谷野がレフトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越し。更に、糸井がタイムリーを浴びせると、二死後、トンガがプロ入り初となる2打席連続6号3ランをぶち込んで、この回、一挙5点。8回にも小谷野がタイムリーを放ち、ダメ押しの10点目。先発・ダルビッシュは8回4失点と不本意な内容ながら、打線の援護にも恵まれ、5年連続の10勝目を飾った

◆B2−3M◆
連敗阻止を託されたエース・成瀬は4回まで二塁も踏ませぬ好投を展開。5回にはいきなりティー岡田に二塁打を浴びると、一死後、バルディリスにも痛打され、一、三塁と言うピンチを背負うが、続く山崎浩をショートゴロゲッツーに仕留めて、ピンチ脱出すると、8回まで無失点に抑える。しかし、肝心の打線が偽バファローズ先発・木佐貫の前に8回まで散発2安打で三塁も踏めない有様で、0−0の儘、土壇場9回へ突入。ロッテは簡単に二死を取られるが、木佐貫が突如、制球を乱し、3連続四球と暴投で労せずして、均衡を破る先制点をゲット。更に、ルーキー・清田が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、この回3点。その裏、二死一塁からカブレラに15号2ランを被弾し、1点差と詰め寄られた成瀬だが、最後はティー岡田を三振に斬って取り、完投で9勝目。ロッテの連敗は7でストップし、偽バファローズと入れ替わりで3位に再浮上。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:51コメント(0)トラックバック(16) 

July 09, 2010

◆D6−3G◆
中日は初回、先頭の荒木がヒットで出ると、すかさず二盗。大島のファーストゴロで三塁へ進んだ所で森野がライト前へ先制のタイムリー。1点を追う巨人は3回、鶴岡が内野安打で出ると、一死後、坂本が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、同点。5回には江戸川の四球,鶴岡のヒットの後、ゴンザレスが送って、二、三塁と勝ち越しのチャンスを作るが、坂本,松本と内野ゴロに打ち取られ、二者残塁。1−1の儘、迎えた7回、中日は先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ23号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。更に、ブランコ,谷繁のヒットで一死一、二塁として、ゴンザレスをKOすると、二死後、四球1つを挟んでの4連打を浴びせて、この回一挙5点。直後の8回、巨人はガッツの17号2ランで応戦したものの、最後は守護神・岩瀬に息の根を止められた。中日先発・吉見は7回を1失点の好投で8勝目

◆S−C◆
降雨中止。

◆T6−5YB◆
初回、阪神は四球の鳥谷を二塁へ送った所でマット・マートン,新井と連続タイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。直後の2回、横浜は一死からスレッジが二塁打を浴びせると、ハーパーが2号同点2ラン。続く3回には一死から石川,内川の連打で一、二塁とすると、二死後、スレッジが17号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。その裏、阪神は平野,マット・マートン,新井の3連打で2点を返し、1点差。4回以降、膠着状態となった試合は4−5の儘、8回へ突入。阪神は先頭のブラゼルが二塁打を浴びせると、一死三塁となった所で代打・キュラソ星人のファーストゴロが野選を誘い、ついに同点。ここで代走に起用された上本がすかさず二盗を敢行。橋本の送球が上本の足に当たって、ボールが外野を転々とする間に上本は一気に本塁を陥れ、勝ち越しに成功。最後は守護神・藤川球がピシャリと締めて逃げ切り。3番手の西村は1回を3人で抑えて、6勝目がついた

7/9木田◆F4−2Bs◆
偽バファローズ先発・山本に対し、日本ハムは初回、先頭の田中が内野安打で出ると、劇団ひちょの犠打,稲葉のファーストゴロで三進。こで小谷野がレフトスタンドへ先制6号2ラン。更に、糸井,鵜久森,陽,大野と4連打を浴びせて、この回4点。3回まで1安打と抑え込まれていた偽バファローズは4回、荒金,後藤と連打を浴びせると、一死後、ティー岡田の犠飛でようやく1点。その裏、日本ハムは二死走者なしから田中のヒットと連続四死球で山本をKOし、先制アーチの小谷野の打席となったが、代わった香月の前にライトフライに倒れて、三者残塁。6回から石井−建山−宮西と小刻みに繋いだ日本ハムは9回から武田久を投入。武田久は二死からティー岡田に18号ソロを被弾し、続く北川にも痛打されて、ヒヤリとさせるが、最後はバルディリスをセカンドゴロに打ち取り、辛くも逃げ切った。ローテの谷間と言う事で先発に起用された木田画伯は5回を1失点で切り抜け、3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(0)トラックバック(9) 

April 22, 2010

◆G−YB◆
降雨中止。

◆D3−1S◆
初回一死二塁,2回二死一、二塁,3回一死二塁と立て続けに得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ずにいたヤクルトは4回一死から飯原に今季初アーチが飛び出し、ようやく先制。しかし、その裏、中日は森野,ブランコの連続二塁打であっさり追い付くと、相川の捕逸で労せずして勝ち越しに成功。1点を追うヤクルトは5回、青木,ガイエルの連打の後、飯原が送って、一死二、三塁と一打逆転の場面を作るが、デントナ,相川と連続三振に倒れて、二者残塁。突き放しておきたい中日は8回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが6号ソロを叩き込み、3点目を追加。最後は守護神・岩瀬が締めて逃げ切った。先発・吉見は調子が悪いながらも7回を1失点で切り抜ける粘りの投球で3勝目。ヤクルト先発・バーネットは6回を自責点1と好投したが、打線の援護に恵まれず、来日初黒星となった。

◆T−C◆
降雨中止。

◆H6−11L◆
初回、西武は栗山のタイムリー,中村のタイムリー二塁打,高山のタイムリー三塁打で早々と3点を先制。その裏、小久保の3号2ランで1点差とされるが、4回、一死満塁から細川が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、3点を追加。西武先発・オツは5回二死一、二塁と勝利投手の権利獲得まであと一人と迫りながら、ハマのスペランカーに走者一掃のタイムリー二塁打を浴びた所で無念のKO。更に、2番手・野上が代わりばな李に2号2ランを被弾し、試合は振り出しに。追い付かれた西武は7回、ブラウンのタイムリーで勝ち越すと、更に、代打・大崎が押し出し死球を食らって、2点差。9回にはブラウン,大崎,原とタイムリーを浴びせて、3点を奪い、試合を決定付けた。一時は同点となるアーチを浴びた野上は今季初勝利

4/22小谷野◆Bs1−11F◆
日本ハムは2回、一死二塁から小谷野がレフトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、2点を先制。その裏、偽バファローズも日高のタイムリー内野安打で1点を返し、1点差。1−2の儘、迎えた5回、日本ハムは一死一、三塁から紺田が犠飛を打ち上げると、続く稲葉が2号2ランを叩き込み、偽バファローズ先発・近藤はこの回限りでKO。6回にも鶴岡のタイムリーで1点を加えた日本ハムは続く6回には高橋のタイムリー,小谷野の2点タイムリーで3点を追加。小谷野は9回にも2点タイムリー二塁打を放ち、この日3安打6打点の大当たり。先発・ケッペルは8回まで7安打5四球と苦しみながらも偽バファローズ打線を1点に抑え、2勝目をマークした。投打に精彩を欠いた偽バファローズは3連勝でストップ。

 

◆E−M◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(0)トラックバック(11) 

April 15, 2010

4/15坂本・内海◆G5−2T◆
宿敵巨人相手に敵地での3連勝を目論む阪神はマット・マートンの先頭打者本塁打で電光石火の先制点を獲得。更に、この後、エラーと内野安打で二死一、二塁と地味にチャンスを広げたが、J.マッケンジーがサードライナーに倒れて、1点止まり。存命ならば、キムタクの38歳の誕生日となる筈だったこの日、気迫の籠もった投球を見せる内海は2回以降は阪神に付け入る隙を許さずに7回まで無失点。一方、来日初登板初先発となる謎の新助っ人・フォッサムは6回まで散発3安打無失点の快投を展開していたが、追加点を欲しがって7回の攻撃で代打を出してしまったのが運の尽き。その裏から登板の西村に対して、巨人は先頭の阿部が二塁打。一死後、3番手・筒井に対し、亀井が四球で歩くと、二死後、4番手・メッセンジャーから代打・脇谷が粘って四球を選び、満塁のチャンス。ここで坂本は初球を激振すると、これが左中間スタンドに飛び込む4号グランドスラムとなり、一気に逆転に成功。8回、昨日に続いてのリリーフ登板となった山口が内野ゴロの間に1点を失うも、その裏、寿司職人ラミレスに7号ソロが飛び出し、決定的な1点を追加。最後は越智がピシャリと締め括り、3連敗を阻止。代打を出された回に逆転して貰った内海は球団史上5人目となる開幕4連勝。特別な日にキムタクへウイニングボールを捧げる事が出来た内海はお立ち台で感極まって涙を流した。

◆D7−4YB◆
3度目の正直でプロ初勝利を掴みたいルーキー・加賀。先頭の荒木を三振に斬って取ったまでは良かったが、続く藤井にヒットを浴びると、森野にはタイムリー二塁打を浴び、先制を献上。2,3回と3人ずつで抑え、立ち直ったかに思われた矢先の4回、またも森野に痛打されると、ブランコに内野安打,ベンちゃんに四球を許して、無死満塁の大ピンチ。ここで井端をショートゴロゲッツーに仕留めるも、この間に森野の生還を許すと、続く野本にはセンター前へタイムリーを浴びて、2失点。6回にも一死二、三塁のピンチを作った所で無念の降板となり、またも初白星はお預け。このピンチは2番手・真田が何とか切り抜けたが、8回、4番手・木塚が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに5号ソロを被弾。これで一気に士気が落ちた横浜相手に中日は4連打と畳み掛けて、ダメ押しの3点を追加。完封目前となった中日先発・吉見だが、9回一死二塁からスレッジの打球直撃を食らい、無念の降板。ここで代わった鈴木に対し、横浜はは二死後、吉村のタイムリー内野安打で完封を免れると、更に、連続四球を選んで、押し出しの2点目を追加。ここでついに守護神・岩瀬を引っ張り出すと、代打・武山が2点タイムリーを放ち、なおも一、二塁と一発が出れば、一気に同点のチャンス。しかし、反撃もここまで最後は代打・金城がショートゴロに倒れ、万事休す。9回途中まで2失点の力投を見せた吉見は2勝目を飾った。

◆C1−2S◆
来日3連勝を狙うバーネットに対し、広島は初回、先頭の東出がレフト前に弾き返すと、梵の犠打で二進。ここで末永がセンター前へタイムリーを放ち、先取点をゲット。早々と援護を貰った広島先発・前田健は6回まで僅かに1安打に抑え込む素晴らしい投球を展開。しかし、7回、先頭の飯原に痛打されると、一死後、宮本,デントナと連打を許し、満塁のピンチ。ここで藤本をセカンドゴロに打ち取るが、この間に飯原が返って、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わった篠田に対し、ヤクルトは二死から宮本が四球を選ぶと、続くデントナがタイムリー二塁打を浴びせて、ついに勝ち越し。その裏、守護神・林が3人で締めて、1点差を守りきった。2番手の押本は今季初白星広島はまたもや求道者・前田を使いそびれる大失態を犯し、痛恨の1点差負けとなった。

◆Bs1−5H◆
ペタジーニを緊急獲得すると言う仰天補強を披露し、合流が待たれるソフトバンクは3回、先頭の松田がライト前へ弾き返すと、これを下山が後逸。ボールが転々とする間に一気に三塁を陥れた松田は続く山崎の犠飛で先制のホームイン。一方、ソフトバンク先発・和田の前に3回までパーフェクトと沈黙していた偽バファローズは4回、先頭のハイツ田口がチーム初安打となる二塁打。続く下山が送った所で後藤がセンターオーバーのタイムリー二塁打を浴びせて、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた土壇場9回、3回の松田のヒット以降、5者連続三振を含む18人連続凡退と完璧に抑えていた偽バファローズ先発・近藤だが、先頭の代打・柴原の高く跳ね上がったピッチャーゴロを処理して、一塁へ痛恨の悪送球。これで動揺したのか、続く川崎のバントを処理した際、今度は三塁へ悪送球を犯して、やらずもがなの勝ち越し点を献上。更に、本多に犠打を許した後、オーティズにフェンス直撃のタイムリー二塁打を浴び、ついにKO。ソフトバンクはこの後、二死一、二塁からハマのスペランカーの走者一掃タイムリー二塁打でダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながらも登板した守護神・馬原が2安打を浴びながらも、無失点に抑えて、逃げ切った。和田は8回を3安打1失点の好投で3勝目

◆F3−6M◆
3タテを狙うロッテは3回、一死二塁から西岡のタイムリーで先制すると、続く4回にはサブロー,的場のタイムリーで2点を追加。その裏、8日ぶりのスタメン復帰となった稲葉の今季初アーチとなる2ランで1点差と詰め寄られるが、直後の5回、一死二塁から井口がタイムリー二塁打を放つと、更に、二死満塁とチャンスを広げた所で代打・ゼブラ今岡が2点タイムリーを浴びせて、点差を4点と拡大。その裏、ここまで今季1安打しか打てていない鶴岡のタイムリーで1点を返した日本ハムは8回、二死満塁のチャンスでこの日一発を放っている稲葉に繋いだが、サードゴロに終わり、三者残塁。9回も抑えの小林宏相手に一発が出れば同点と言うチャンスを作る粘りを見せたものの、最後は糸井が打ち取られ、屈辱の3連戦3連敗。勝ったロッテはこれで早くも貯金10。先発・川越は5回3失点でマウンドを降りたが、打線の援護に恵まれ、2勝目をあげた

◆L7−3E◆
西武は初回、いきなりの3連打で1点を先制。3回に先発・オツが3連続四球で押し出しをかまし、同点とされるも、4回、無死満塁のチャンスに高山が勝ち越しの2点タイムリー二塁打。更に、続く上本にも2点タイムリーが飛び出し、この回、一挙4点。6回にはエラーで貰ったチャンスに片岡が犠飛を打ち上げると、続く7回には中村が3号ソロを叩き込み、ダメ押し。楽天は終盤、2点を返したが、及ばず、3連戦3連敗。先発・ラズナーも開幕3連敗となった。オツは6回1失点でようやく今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:12コメント(0)トラックバック(26) 

October 18, 2009

10/18 荒木◆D3−2S◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
吉見,館山と最多勝のタイトルを分け合った二人の投げ合いとなったこの試合。負ければ、日韓クラブチャンピオンシップへの道が断たれる中日は初回、先頭の井端がライト線へ二塁打。しかし、荒木はヘッポコバントをかました挙げ句、中途半端なスイングで三振に倒れる体たらくで川相不在の弊害を露呈。続く森野が歩いて、一、二塁となった所でブランコは最悪のショートゴロゲッツー…と思いきや、これを鬼崎がお手玉するツキに恵まれ、満塁とチャンス拡大。ここでベンちゃんはショートゴロに倒れるも、辛くもゲッツーは免れ、この間に井端が先制のホームイン。先手を取られたヤクルトは直後の2回、二死走者なしから、先制のきっかけとなったエラーをかました鬼崎が汚名返上のレフト前ヒットを放つと、続く川本が左中間スタンドへ2ランを放り込み、一気に逆転。しかし、その裏、中日は一死から、昨日は大ブレーキだった谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、試合は振り出しに。2−2で迎えた4回、ヤクルトは一死からデントナのヒット,ガイエルの四球で一、二塁とするも、鬼崎がセカンドゴロゲッツーに倒れて、無得点。ピンチを切り抜けた中日はその裏、先頭のベンちゃんが左中間フェンス直撃の二塁打を浴びせると、一死後、藤井のファーストゴロをデントナが弾いて、オールセーフの一、三塁。しかし、谷繁,吉見と連続三振に斬って取られて、二者残塁。続く5回にはまたも先頭の井端が内野安打で出ると、荒木が今度はきっちり送って、一死二塁。しかし、森野,ブランコの3,4番があえなく凡退し、またも無得点。一方、ヤクルトも6,7回と先頭打者が出塁し、犠打で二塁へ進めながら、悉く後続を断たれて、一向に勝ち越し点を奪えない。その裏、中日は先頭の谷繁がセンター前にポトリと落ちる幸運なヒットで出ると、代打を送られる事なく打席に入った吉見が送って、一死二塁。井端が倒れて、二死となったものの、ここで荒木がセンター前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。館山はここでKOとなった。1点を追うヤクルトは8回、二死からサードゴロに打ち取られた宮本が森野の悪送球で出塁。改めて川相不在の重さを痛感し、動揺を隠せない吉見は続く青木に対し、ボールを3つ続けて、カウント0−3。しかし、ここで青木は何を血迷ったか、4球目に簡単に手を出した挙げ句、ピッチャーゴロに倒れ、崩れかけていた吉見を助けてしまう有様。土壇場9回、吉見に代わって、まずは登場した浅尾がデントナを空振り三振に斬って取ると、ここでようやく守護神・岩瀬が登場。これに対し、ガイエルが四球を選んだものの、代打・畠山がセカンドゴロでこの日チーム3個目のゲッツーを食らい、ゲームセット。これで1勝1敗の五分となり、決着は明日の第3戦に持ち越された。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(23) 

September 17, 2009

9/17 オビスポ◆G4−2T◆
対阪神の勝ち越しがなくなり、完全優勝を断たれたとは言え、何とか負け越しだけは阻止したい巨人は初回、死球の坂本を松本が送ると、ガッツがライト前へ先制タイムリー。二死後、亀井,松田記者と連打を浴びせて、この回、2点。グライシンガーの離脱により、外国人枠に空きが出来、51日ぶりの登板となったオビスポだったが、3回、一死からソニック,浅井と連打を浴びると、平野,鳥谷と連続四球を許して、押し出しで1点を献上。なおも満塁のピンチにキュラソ星人に犠飛を打ち上げられ、試合は振り出しに。しかし、その裏、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがライトスタンドへ27号ソロを叩き込み、すかさず勝ち越し。中盤から立ち直ったオビスポは6回、振り逃げを含んで1イニング4者連続三振と言う史上13人目の離れ業を見せると、その裏、松田記者が8号ソロを放り込み、点差は2点と拡大。8回からは山口−クルーンと繋ぐ万全のリレーで逃げ切り、阪神との対戦成績を五分に戻した。これで巨人のマジックは1つ減って9。オビスポは7回2失点で4勝目

◆C1−4D◆
広島は初回、四球で歩いた末永が暴投で二進すると、栗原のタイムリーで先制のホームイン。以降も毎回安打を浴びながら、あと一本を許さない粘りの投球を続ける吉見を何とか援護したい中日だが、3,4回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰す体たらく。しかし、5回、一死満塁のチャンスに森野がセンター前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。二死後、ベンちゃんにも走者一掃のタイムリー三塁打が飛び出し、この回4点。1−4の儘、迎えた土壇場9回、中日は何故か守護神・岩瀬でなく浅尾がマウンドに上がったが、無難に3人で退け、3セーブ目。吉見は本来の調子ではないながらも、8回を1失点で切り抜け、ハーラー単独トップに躍り出る15勝目

◆YB3−7S◆
ようやく地獄の連敗を抜け出し、嫌な緊張感から解放されたヤクルトは初回、川島慶,青木,畠山の3連打で先制すると、更に、宮本の犠飛,石川の悪送球でこの回3点。一方、横浜はその裏、一死一、二塁のチャンスにジョンソン,メカゴジラと連続三振。続く2回には二死から連打を浴びせるも下園が凡退。3回には一死から内川が二塁打を浴びせるも、後続が倒れて、またも無得点。再三のピンチを切り抜けたヤクルトは4回、一死一塁から3連続四球で押し出しの4点目。7回には川島慶が12号ソロを叩き込み、ダメ押しの5点目。中盤以降も、次々と得点圏に走者を送り込みながら、悉く逸する拙攻三昧で残塁を量産し続けていた横浜は8回、連打で作ったチャンスに代打・内藤が5号3ランをぶち込んで、一気に2点差。しかし、土壇場9回、ヤクルトは一死満塁から代打・デントナのタイムリーでダメ押しの2点を追加。最後は昨日に続いてセーブのつかない状況で登板した林が3人でピシャリと締めて、3位阪神に0.5差と詰め寄った。先発のユウキは6回無失点の好投で4勝目

◆Bs3−2H◆
先発初白星を目指す大場は4回まで散発2安打無失点と上々の滑り出し。しかし、偽バファローズ先発・伊原は4回を四球1つ出しただけのノーヒットピッチングと大場を上回る好投。5回も先頭の小久保を歩かせたが、ハマのスペランカー,長谷川と打ち取り、二死。しかし、ここでオーティズに17号2ランを被弾し、2点を献上。7回、偽バファローズは先頭の下山が二塁打を浴びせると、二死後、代打・日高にタイムリーが飛び出し、1点差。何とか逃げ切りたいソフトバンクは9回から守護神・馬原を投入するが、代わりばな後藤に同点4号ソロを被弾し、延長に突入。勢い付く偽バファローズは続く10回、一死満塁のチャンスを作った所でまたも後藤が犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。10回からマウンドに上がり、三者三振の快投を見せた金子に11勝目がついた

◆F5−4E◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。まず初回に日本ハムが稲葉,糸井のタイムリーで2点を先制。2回に楽天が中島の今季初アーチで1点を返すも、その裏、日本ハムも高橋のタイムリーで1点を追加。しかし、直後の3回、楽天は無死満塁から内野ゴロとエラーで2点を返し、同点。3−3の儘、迎えた6回、日本ハムは劇団ひちょりのタイムリー二塁打で再び勝ち越すが、直後の7回、楽天は二死満塁から草野が押し出し四球を選び、再び同点。それも束の間、日本ハムはその裏、先頭の小谷野がレフトスタンドへ10号ソロを叩き込み、またまた勝ち越しに成功。土壇場9回、満を持して登板の守護神・武田久は一死から高須,青波の長瀬と連打を浴びて、一打同点のピンチを背負うも、ここで代打・憲史をセカンドゴロゲッツーに仕留めて、辛くも逃げ切り。日本ハムのマジックは2つ減って、14となった。一時は同点を許した3番手・建山に4勝目が転がり込んだ

◆M6−3L◆
0−0で迎えた3回、ロッテは西岡のヒット,フクーラの四球で一死一、二塁とすると、大松のタイムリーで1点を先制。更に、里崎が内野安打で繋いで満塁となった所で橋本将が犠飛を打ち上げ、この回2点。ロッテ先発・成瀬の前に4回まで0点に抑え込まれていた西武だが、5回、一死一、二塁のチャンスに片岡が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に同点。続く6回には一死からG.G.佐藤が21号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。しかし、その裏、ロッテは一死から連続四球で一、二塁とした所で早川が同点タイムリー二塁打を放つと、続くフクーラもタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。8回にはまたもフクーラがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの6点目。最後はシコースキーが締めて、逃げ切った。成瀬は6回1/3を3失点で2年ぶりの10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:28コメント(0)トラックバック(25) 

September 10, 2009

◆YB3−14G◆
初回、無死三塁と言う絶好の先制チャンスを逃した巨人だが、続く2回、鶴岡が5号2ランを叩き込み、先制点をゲット。続く3回には無死二、三塁からガッツが2点タイムリーを浴びせると、一死後、亀井が二塁打で繋いだ所で阿部が5試合連発となる25号3ランを叩き込み、この回、一挙5点。4回に連続二塁打と暴投で2点を返されるが、直後の5回、ガッツ,寿司職人ラミレスの連打の後、亀井が21号3ラン。更に、続く阿部が2打席連続26号ソロを叩き込むと、二死二塁から坂本にもタイムリーが飛び出し、またも一挙5点のビッグイニングを形成し、試合を決定付けた。巨人は20安打14点の猛攻で圧勝し、マジックを13と減らした。大量援護を貰った先発のグライシンガーは5回3失点でお役御免となり、13勝目をあげた

◆T2−4D◆
阪神先発・ソニックに対し、中日は初回、一死から荒木,森野,ブランコの3連打で1点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、ベンちゃん,ピンキー井上と倒れて1点止まり。続く2回にも二死二、三塁のチャンスを作りながら、荒木がセカンドゴロに終わり、またも二者残塁。すると、その裏、阪神はキュラソ星人,新井の連打で一、三塁とすると、葛城イクローのゲッツーの間にキュラソ星人が同点のホームイン。1−1で迎えた4回、中日は二死走者なしから谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。1点を追う阪神は5回、一死から四球とエラーで拾ったチャンスにキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、再び同点。追い付かれた中日は7回、ヒットの英智を谷繁が送ると、二死後、井端がタイムリーを放ち、三たび勝ち越し。9回には荒木のタイムリーでダメ押しの4点目。8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切った。先発・吉見が7回を2失点でハーラートップタイに並ぶ14勝目

9/10 高田監督◆S2−3C◆
今季初先発となる高木は6回まで広島打線を無失点に封じ込める好投を展開。一方、広島先発・大竹も負けじと5回を2安打に抑える無失点投球を続けていたが、6回、先頭の青木に13号先制ソロを被弾。更に、デントナに痛打されると、二死二塁となった所で田中にセンター前へ弾き返され、2点目を献上。ヤクルトは8回から李−吉川と繋ぎ、9回からは松岡を投入して、逃げ切りを図るがこれが裏目。松岡はいきなり栗原に痛打されると、マクレーンを歩かせ、一、二塁のピンチ。続く天谷は三振に斬って取ったものの、末永にライトスタンドへ2号3ランを叩き込まれ、一気に逆転を許す体たらく。その裏、守護神・永川がきっちり抑えて、30セーブ目。2番手の横山に3勝目が転がり込んだ。これでヤクルトは5連敗。一方、広島は阪神と並んで4位タイに浮上。3位ヤクルトとも1.5差にまで詰め寄った。

◆M8−3H◆
初回、オーティズのタイムリー,2回には田上の23号2ランで3点のリードを奪ったソフトバンク。しかし、制球に苦しみながらも3回まで無失点と踏ん張っていた先発・大場が4回、フクーラ,今江と連続二塁打で1点を返されると、続く早川にもタイムリーを浴び、この回限りでKO。5回からマウンドに上がった大隣も一死から大松,里崎,フクーラと3連打で1点を失い、試合は振り出しに。勢い付くロッテは続く6回に代打・橋本将のタイムリーでついに勝ち越し。更に、7回には早川のタイムリー二塁打,西岡の12号2ランで3点を奪うと、8回にはフクーラの押し出し死球で1点を加え、試合を決定付けた。先発の成瀬は3回以降追加点を許さず、12三振を奪っての3失点完投で9勝目をマークした

◆L5−4F◆
日本ハムは初回二死二塁,2回一死満塁,3回一死二塁,4回二死一塁と再三再四のチャンスを悉く逸する拙攻三昧。一方、西武は3回までノーヒットと沈黙していたが、4回、先頭の栗山がチーム初安打を浴びせると、一死後、一軍復帰したての中村が37号2ランを叩き込み、2点を先制。しかし、直後の5回、日本ハムは一死一、三塁から高橋のタイムリー二塁打,スレッジの犠飛で同点とすると、7回には一死一、三塁から暴投で勝ち越し。更に、スレッジが犠飛を打ち上げ、1点を追加。2点を追う西武はその裏、一死満塁から赤田が犠飛を打ち上げ、1点差。なおも一、二塁の場面だったが、片岡が三振に倒れて、同点ならず。しかし、続く8回、一死から中島,中村と連打を浴びせると、後藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。最後は5番手・松永が3人で締め括り、プロ初セーブ。4番手の藤田に2勝目がついた。

◆Bs3−5E◆
偽バファローズは2回、一死からフェルナンデスが15号先制ソロを叩き込むと、続く3回にはヒットの日高を山崎浩が送った所で坂口がタイムリー二塁打を放ち、1点を追加。2点を追う楽天は直後の4回、一死一、三塁から阿部のタイムリーエラーで1点を返すと、続く草野が同点タイムリー。5回には一死二、三塁から山崎武のショートゴロの間に1点を追加すると、続く青波の長瀬もタイムリーを放ち、4点目。9回には一死から4連打を浴びせて、1点を追加。その裏、偽バファローズは一死から日高が歩くと、二死二塁となった所で坂口がタイムリー。坂口はすかさず二盗を決めるも、最後は阿部がセカンドゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。楽天先発のルーキー・藤原は6回2失点で3勝目を飾った。偽バファローズはこれで5連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:49コメント(0)トラックバック(27) 

August 21, 2009

◆S9−6G◆
ヤクルトは初回、ヒットの福地を川島慶が送ると、青木のタイムリーで先制のホームイン。更に、畠山が内野安打で続いたが、飯原がゲッツーに倒れて、1点止まり。2回も一死二塁のチャンスを逃したが、3回、二死一、二塁から飯原が汚名返上のタイムリーを放ち、1点を追加。2点を追う巨人は6回、一死から松本の二塁打,阿部のタイムリーで1点を返すと、更に、寿司職人ラミレスがヒットで繋ぎ、ヤクルト先発・ユウキをKO。二死後、松田記者がタイムリーを放ち、ついに同点。折角、黒星を消して貰った巨人先発・内海だが、その裏、二死二塁から代打・志田に5年ぶりのアーチとなる2ランを被弾し、KO。これで勢いづいたヤクルトは7回には田中のタイムリー三塁打,吉本の今季初アーチとなる2ラン等で一気に4点を追加。巨人は8回に亀井の20号2ランで応戦。その裏、押し出し四球で1点を失うが、土壇場9回、5点差にも拘わらず登板してきたヤクルト守護神・林を攻め立て、一死一塁から代打・大道,坂本の連打で満塁とすると、代打・ガッツが2点タイムリーを放ち、3点差。一発が出れば同点と言う場面で3,4番に回す絶好の展開を作ったが、阿部は三振,寿司職人ラミレスはショートゴロに終わり、連勝は4でストップ。ヤクルト4番手の松岡は1回を三者凡退に打ち取り、無傷の5勝目

◆D8−2YB◆
3度目の吉見対決となったこの試合。ここまで2度の対決で苦渋を舐めて、今度こそ同姓対決を制したい横浜・吉見は2回に武山のタイムリーで先制点を貰うも、その裏、中日は李のタイムリー二塁打,藤井の犠飛であっさり逆転を許してしまう。更に、4回には一死一、二塁からまたも李にタイムリー二塁打を浴びると、続く藤井には2点タイムリー。更に、谷繁の死球,吉見の犠打で二死二、三塁となった所で暴投と井端のタイムリーを2点を許し、この回5失点であえなくKOと、またもや雪辱を果たせず仕舞い。一方、中日・吉見は6回を2失点で切り抜け、ハーラーダービートップタイに並ぶ13勝目をマークした

◆T0−9C◆
対中日地獄の連敗ロードからようやく抜け出した広島は2回、一死満塁から石原の押し出し死球で先制すると、負傷した先発・青木高の代打で起用された嶋が犠飛を打ち上げ、2点目。更に、平野のエラーの後、赤松,フィリップス,栗原と3連続タイムリーが飛び出し、大量7点のビッグイニングを形成。中盤は膠着状態となったが、7回、マクレーンの14号2ランでダメ押し。阪神は5回に先頭の葛城イクローがヒットを放った以降、15人連続凡退と全く活路を見出せずに散発4安打完封負けで広島と入れ替わりで5位転落。2回から緊急登板となった広島2番手・長谷川は5回を無失点に抑える好リリーフを見せ、3勝目

8/21 ダルビッシュ◆H6−2F◆
インフルエンザによる相次ぐレギュラー陣の離脱に苦しむ日本ハムだが、この日は初回から一死満塁のチャンスを掴むと、発熱で隔離されている間にインケツパワーを溜め込んだあの男が先制2点タイムリー。なおも一、二塁のチャンスだったが、金子誠,トンガと連続三振を喫し、追加点ならず。防御率1点台の先発・ダルビッシュには2点でも十分か…と思いきや、インフルエンザの検査では陰性反応だったとは言え、一昨日38度6分の高熱を出していたと言うダルビッシュにキレはなく、2回、オーティズに15号ソロを叩き込まれると、6回には二死走者なしから小久保に痛打された後、またもオーティズにこの日2本目となる16号逆転2ランを被弾。ソフトバンクは8回にも4本の単打を集中して、一気に3点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンク先発・大隣は6回を2失点で6勝目をマーク。日本ハムはこれで3連敗となった。

◆E5−3Bs◆
初回、青波の長瀬のタイムリーエラーで先制を許した楽天だが、その裏、プロ初先発となるルーキー・伊原に対し、山崎武が同点タイムリー。続く2回には草野の死球,宮出の二塁打で二、三塁とすると、一死後、内村がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。更に、3回には四球の渡辺直を一塁に置いて、またも山崎武が28号2ランを叩き込み、4点目。2回以降、立ち直り、一人の走者も許さずにいた楽天先発・田中だが、6回、一死から坂口に4号ソロを被弾。7回には二死三塁から暴投を犯して、3点目を献上。8回には2四球で一死一、二塁のピンチを作り、KOとなったが、後を継いだ有銘,川岸が一人ずつ打ち取り、ピンチ脱出。その裏、草野のタイムリー二塁打で貴重名1点を追加すると、最後は福盛が締めて、今季初の6連勝。田中は7回1/3を2失点で自己最多タイとなる11勝目をあげた

◆L7−12M◆
ロッテは初回、連続四球と内野安打で無死満塁とすると、大松のタイムリーで先制。続いて里崎の押し出し四球,ベニー松山の犠飛,堀のタイムリーで3点を加えると、二死後、早坂に走者一掃のタイムリー二塁打が飛び出し、いきなり大量6点をゲット。2回にG.G.佐藤のタイムリー二塁打で1点を返されるが、3回、堀の3号2ランで突き放す。8点リードを貰い、この日は久々に楽勝と思われた先発・渡辺俊だが、4回に3連打で2点を失うと、5回にも一死から4連打で2点を失うと、無念のKO。一気に畳み掛けたい西武だったが、上本,G.G.佐藤と倒れて、2点止まり。ピンチを脱したロッテは6,7,8,9回と1点ずつ加え、追いすがる西武を振り切った。勝利投手の権利目前で降板となった渡辺俊の後を継いだ2番手のルーキー・上野は1回2/3を無失点に抑え、プロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(1)トラックバック(17) 

August 14, 2009

◆G4−7T◆
阪神は初回、ヒットのシャア少佐を大和が送ると、鳥谷が11号先制2ラン。更に、二死後、新井にも12号ソロが飛び出し、この回3点。巨人は二死走者なしから松田記者が4号ソロを放ち、1点を返すが、阪神は一死一塁から桜井の6号2ランで点差を4点に拡大。6回にはエラーと四球で一死一、二塁とし、巨人先発・内海をKO。更に、代わった野間口から四球で満塁とチャンスを広げたが、狩野がセカンドゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。その裏、巨人は先頭のキムタクが四球で歩くも、続く坂本がゲッツー。この後、松本,ガッツと連打を浴びせるも、寿司職人ラミレスがショートゴロに倒れて、二者残塁とチグハグな攻撃を展開。直後の7回、阪神は鳥谷のタイムリー三塁打,キュラソ星人のタイムリーで貴重な2点を追加。その裏、巨人は無死二塁から松田記者にこの日2本目の5号2ランを叩き込むと、続く阿部が右中間突破の二塁打。一気に畳み掛けたい所だったが、代打・鈴木が空振り三振。キムタクのセカンドライナーが阿部が飛び出して、ゲッツーを食らい、2点止まり。阪神はセーブのつかない場面ながら9回から守護神・藤川を投入。いきなり代わりばな寿司職人ラミレスに被弾したものの、後続を打ち取り、逃げ切った。阪神先発・能見は6回0/3を3失点で切り抜け、7勝目

◆D12−1S◆
ヤクルト先発・村中に対し、中日打線が初回から大爆発。森野のタイムリー二塁打で先制した後、二死満塁とすると、ここから藤井,谷繁,吉見と3連続タイムリーでいきなり5点をゲット。2回に畠山の2号ソロで1点を返されるが、その裏、またも藤井がタイムリーを放ち、村中はこの回限りで降板。更に、3回には森野がタイムリーを浴びせると、5回にも森野のタイムリーで2点を追加。6回にはベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに24号ソロを叩き込むと、谷繁もタイムリーを放って、10点差。7回には李のタイムリーでダメ押しの12点目。先発・吉見は8回を1失点でハーラートップタイに並ぶ12勝目を飾った

◆YB3−12C◆
初回、広島は東出,赤松と連打を浴びせると、フィリップスが8号3ランを放り込み、あっと言う間に3点を先制。その裏、内野ゴロの間に1点を返されるが、2回にまたも一死満塁からフィリップスが犠飛を打ち上げると、3回には倉のタイムリー二塁打で1点を加え、横浜先発・ウォーランドはこの回限りでKO。勢いが止まらない広島打線は続く4回には5長短打を集中し、一挙6点を追加し、早くも試合を決定付けた。大量援護を貰った先発・ルイスは余裕の6回1失点で8勝目

◆Bs1−7H◆
初回、松中のタイムリーで先制された偽バファローズだが、その裏、一死二塁からカブレラが同点タイムリー。続く2回には一死満塁から坂口が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。二死一、二塁からフェルナンデスがタイムリーを放つと、続く岡田が今季初アーチとなる3ランを放ち、ソフトバンク先発・ジャマーノをKO。更に、6回には阿部にタイムリーが飛び出し、7点目。ソフトバンクは終盤、再三チャンスを作りながら、あと一本が出ず、終わってみればスミ1で完敗。偽バファローズ先発・山本は7回1/3を1失点で8勝目をあげた

◆F3−2L◆
初回二死二塁,2回二死二塁のチャンスを潰した日本ハムだが、3回、金子誠,田中と連打を浴びせると、一死後、稲葉のタイムリーでようやく先制。しかし、この後、高橋がゲッツーを食らうと、4回も一死一、二塁のチャンスに鶴岡がゲッツー。5回二死一、二塁,6回一死一、三塁のチャンスも悉く潰し、一向に追加点を奪えない。ここまで西武打線を1安打と完璧に抑え込んで来た日本ハム先発・ダルビッシュだったが、7回、中島,中村,礒?,G.G.佐藤と4連打を浴び、形勢逆転。なおも無死一、二塁のピンチだったが、清水の送りバントを素早く処理して三塁で刺すと、代打・上本,赤田と連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。すると、その裏、日本ハムは死球で出た田中が星野の牽制悪送球で一気に三塁を陥れると、一死後、稲葉の犠飛で同点のホームインる続く8回には二死一、二塁から金子誠がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。9回は武田久が3人できっちり締め括った。ダルビッシュは8回を2失点、12三振を奪って14勝目をあげ、ハーラーダービー単独トップに躍り出た

8/14 田中◆E4−3M◆
ロッテは初回、先頭の西岡がヒットで出るも、早坂がセカンドゴロゲッツー。しかし、ここからサブローが15号ソロ,大松が16号ソロと連続アーチで2点を先制。その裏、根元のタイムリーエラーで1点を返した楽天は4回、鉄平,山崎武,青波の長瀬の3連打で同点。さらに、中村真もヒットで続き、無死満塁とするも、後続3人があえなく凡退し、三者残塁。2−2で迎えた6回、楽天は二死走者なしから嶋が今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功。8回には二死一、二塁からまたも嶋がタイムリーを放ち、4点目を追加。土壇場9回、抑えの福盛に対し、ロッテは井口,里崎と連打を浴びせると、代打・堀が送って一死二、三塁と一打同点のチャンス。続く代打・橋本将は三振に倒れるも、代打・フクーラのタイムリーで1点差。なおも一、三塁のチャンスだったが、西岡がセカンドゴロに倒れ、あと1点が届かなかった。2回以降立ち直った楽天先発・田中は8回2失点で2年ぶりの10勝目。一方、ロッテ先発・渡辺俊は8回途中でKOとなり、10敗目を喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(17) 

July 18, 2009

◆G11−4T◆
初回、亀井のタイムリーで2点を先制された阪神は3回、平野,関本と連続タイムリーを浴びせて、同点。しかし、その裏、巨人は二死三塁から松田記者のタイムリー二塁打で勝ち越すと、続く脇谷もタイムリーを放ち、4点目。5回にまたも平野にタイムリーが飛び出し、1点差とされるが、その裏、巨人は寿司職人ラミレスが12号2ラン。7回にも捕逸で1点を返されるが、その裏、寿司職人ラミレスが2打席連続の13号2ラン,続く亀井も10号ソロを叩き込み、更に突き放す。8回には坂本,ガッツとタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの11点目。最後は7点差がありながら、守護神・クルーンが6月7日となる調整登板で1回を無難に抑えた。先発のグライシンガーは7回4失点ながら、打線の援護に恵まれ、8勝目

7/18 横浜◆YB0−7D◆
横浜も中日も吉見同士の先発となったこの試合。横浜・吉見は2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに被弾したものの、6回までこの1失点のみの3安打と好投を展開。一方、中日・吉見は序盤は苦しんだものの、あと一本を許さず、尻上がりに調子を上げて、6回まで無失点。0−1の儘、迎えた7回、中日は無死一、三塁から藤井のショートゴロで石川からのバックホームを新沼が落として、2点目。続く中村一が歩いた所で吉見はKO。代わった真田に対し、谷繁が2点タイムリーを浴びせると、更に、真田のボークで1点を加え、この回4点。完全に試合の流れは中日に移り、8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が12号ソロを叩き込むと、9回にも小山田の暴投でダメ押しの7点目。中日・吉見は今季4度目の完封で2年連続の10勝目をマークした。

◆C8−4S◆
2回にデントナの17号ソロ,会沢のタイムリー二塁打で1点ずつ取り合って迎えた4回、ヤクルトは田中,福地と連打を浴びせると、またもデントナが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。2点を追う広島は7回、二死走者なしから会沢,代打・嶋の連打でチャンスを作ると、代打・末永,東出と連続タイムリーを浴びせて、再び試合は振り出しに。直後の8回、ヤクルトはまたまたデントナにタイムリーが飛び出し、勝ち越すが、その裏から登板の五十嵐が大乱調。一死からヒットと四球で一、二塁とすると、梵にタイムリー二塁打を浴びて、同点。更に、会沢を敬遠して、満塁とすると、二死後、末永にタイムリー二塁打,東出にタイムリー三塁打を浴び、この回悪夢の5失点。広島は連敗を7で止め、最後を締めた永川に2勝目がついた

◆M6−8H◆
ロッテ先発・唐川に対し、ソフトパンクは初回、一死三塁からオーティズのタイムリー二塁打で先制。更に、連続四死球で満塁とするが、ハマのスペランカー,長谷川と打ち上げて、三者残塁。しかし、続く2回に本多のタイムリーで1点を加えると、3回には長谷川のタイムリー等で2点を追加。中盤は立ち直った唐川の前に沈黙していたが、7回から代わった2番手・橋本健に対し、小久保が9号ソロを叩き込み、5点目。7回まで2安打無失点と完封ペースの好投を見せていたソフトバンク先発・大場だったが、8回、一死から井口を歩かせると、大松に11号2ランを被弾し、KO。更に、代わったファルケンボーグが二死後、里崎に6号ソロを被弾すると、フクーラ,ベニー松山と連打を浴びた後、バーナムJr.に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、一気に同点とされる有様。土壇場9回、ソフトバンクは一死から松中が15号ソロを叩き込み、勝ち越し。更に、小久保の二塁打,村松の三塁打の後、長谷川がスクイズを決め、この回3点。その裏、満を持して登板の守護神・馬原はいきなり今江,井口と連打を浴び、1点を返されるが、ここから井口,大松,サブローのクリーンアップを三者連続三振に斬って取り、逃げ切った。3失点と乱調だったファルケンボーグだが無傷の5勝目が転がり込んだ

◆F−L◆(降雨ノーゲーム)
西武は初回、一死からヒットで出た栗山がすかさず二盗を決めると、続く中島のタイムリーで先制のホームイン。続く中村が死球を食らってチャンスを広げたが、G.G.佐藤がショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり、その裏、日本ハムが三者凡退に終わった所で雨が強くなり、試合中断。結局、その儘、降雨コールドでノーゲームとなった。

◆E−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(0)トラックバック(10) 

July 11, 2009

◆T2−2G◆
ピリッとしない立ち上がりの安藤に対し、巨人は初回にゲッツーでチャンスを潰すと、2回にも寿司職人ラミレスのヒットの後、亀井がゲッツー。この後、三者連続出塁で満塁とするが、グライシンガーに回ってしまい、三者残塁。5回にも一死一、三塁のチャンスに松本,ガッツと倒れて、一向に先制点を奪えない。なかなか得られない援護にイライラが募るグライシンガーはその裏、一死一、二塁の場面で安藤の犠打を自らエラーを犯して、ピンチを広げると、二死後、関本にタイムリーを浴び、2点を献上。安藤を攻めあぐねていた巨人だが、8回、この回からアッチソンに代わるや、無死一、二塁のチャンスを作ると、一死後、亀井にタイムリーが飛び出し、ようやく1点。しかし、ここで早くも登場した守護神・藤川の前に李,脇谷と倒れて、同点ならず。土壇場9回、2イニング目となった藤川は阿部に痛打されると、二死三塁となった所で松本に同点タイムリーを許し、リリーフ失敗。試合は連夜の延長戦となった。巨人は10回二死一、二塁に続き、11回一死一、三塁のチャンスも逃すと、阪神も10回一死一、二塁,11回二死一、二塁のチャンスをモノに出来ず、ついにラストイニングへ。巨人は12回、二死走者なしから脇谷の四球,鈴木のヒット,松田記者の四球で満塁とするが、坂本がピッチャーゴロに打ち取られ、三者残塁。負けがなくなった阪神はその裏、一死からキュラソ星人がヒットで出るも、代打・清水がショートゴロゲッツーに仕留められ、結局、12回規定でドロー。巨人は3併殺17残塁の拙攻が大きく響いた。

◆D2−1C◆
中日先発・吉見は1,2回とヒットを浴びながらも、無失点で切り抜けていたが、3回、一死から森野のエラーで足を引っ張られると、川相不在を痛感し、落胆したのか、二死後、フィリップスを歩かせた所で栗原にタイムリーを浴び、先制点を献上。打線の方も広島先発・前田健の前に3回までパーフェクトに抑え込まれると、4回には荒木が初安打を放った直後にまたも森野がゲッツーで足を引っ張る始末。しかし、続く5回、先頭のブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに25号ソロを叩き込み、同点とすると、6回には井端,荒木の連打で一、三塁とした所で森野が汚名返上のタイムリーを放ち、勝ち越し。更に、一死満塁とチャンスを拡大させたが、藤井,代打・立浪と倒れて、三者残塁とまたも川相不在が故の詰めの甘さを露呈。吉見は中盤から立ち直りを見せ、5,6,7回と3人ずつで斬って取ると、8回からは浅尾を注ぎ込む必勝パターン。浅尾は二死二塁のピンチで栗原に痛打されるが、一気に本塁を蹴った二塁走者・梵をベンちゃんが刺して、同点を阻止。最後は守護神・岩瀬が締めて、辛くも1点差を守りきった。吉見は7回1失点でハーラートップタイの9勝目。広島は対中日7連敗となった。

◆S2−4YB◆
新人王候補大本命と言う下馬評通りの活躍を見せ始めつつある由規は2回まで無難に抑えていたが、3回二死から吉村を歩かせると、藤田,内川と連打を浴びて、先制点を献上。1点を追うヤクルトは4回、連打と死球で一死満塁のチャンスを噛むが、宮本,相川と倒れて、三者残塁。ピンチを脱した横浜は直後の5回、一死から藤田,内川,村田の3連打等で2点を追加。その裏、ヤクルトは二死から青木,田中,福地の3連打でようやく1点。なおも一、二塁のチャンスだったが、デントナはレフトへ打ち上げ、1点止まり。突き放したい横浜は8回、この回から代わった李に対して、一死からジョンソンが11号ソロを叩き込み、ダメ押し。その裏、ヤクルトはデントナの14号ソロで応援するが、最後は山口に反撃を断たれた。横浜の連敗は3でストップ。横浜先発・マストニーは5回を1失点で来日初勝利

◆H2−8E◆
ソフトバンク先発・神内に対し、楽天は初回、先頭の草野がヒットに出た直後に渡辺直がゲッツーを食らうも、続く鉄平がライトスタンドへ4号ソロを放り込み、1点を先制。更に、ヒットと四球でチャンスを作ると、中村紀がタイムリーを浴びせて、この回2点。その裏、ソフトバンクは楽天先発・永井に対し、二死走者なしからオーティズが13号ソロを叩き込むと、二塁打と四球で一、二塁とした所でハマのスペランカーがタイムリーを放つと言う表の攻撃とそっきりのパターンで試合を振り出しに戻した。2−2の儘、迎えた5回、楽天は四球の草野が犠打で二進すると、鉄平のタイムリーで勝ち越し。これで流れを引き寄せた楽天は続く6回に中村紀の2号ソロ,中谷の2号2ランで3点を加えると、7回にはリンデンの2点二塁打でダメ押し。先発の永井は8回2失点、10三振を奪う力投で6勝目。ソフトバンクの連勝は3でストップした。

◆F6−5M◆
3回にベニー松山の4号ソロで先制点を貰ったロッテ先発・唐川だが、その裏、一死から4連打を浴び、逆転を許すと、二死後、糸井に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、この回4失点。しかし、直後の4回、ロッテは2四球で貰ったチャンスに里崎が5号3ランをぶち込んで、一気に同点。その裏は3人で仕留めて、立ち直りかけたかに見えた唐川だったが、5回に稲葉に11号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。続く高橋にも痛打された所で無念のKOとなった。代わった川崎がスレッジをゲッツーに仕留め、この場を切り抜けると、直後の6回、またも里崎にタイムリーが飛び出し、再び試合は振り出しに。しかし、7回、日本ハムは先頭の金子誠が二塁打を浴びせると、田中の犠打で三進した所で小谷野がタイムリーを放ち、三たび勝ち越し。8回からは建山−武田久と繋いで、逃げ切り、2番手の江尻に今季初勝利がついた。ロッテはこれで3連敗。

7/11 水田◆L5−4Bs◆
初回、内野ゴロの間に先制した西武は2回にもG.G.佐藤の13号ソロで1点を追加。2点を追う偽バファローズは4回、先頭のラロッカがヒットで出ると、カブレラ,北川の連続二塁打で一気に同点。更に、大村が内野安打で繋ぎ、一、三塁とチャンスを広げるが、下山はピッチャーゴロ、山崎浩は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。しかし、続く5回に大引のタイムリー二塁打で勝ち越すと、7回にはまたも大引がタイムリーを放ち、4点目。その裏、西武は二死満塁のチャンスに中島が2点タイムリーを浴びせて同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、偽バファローズは2四球で二死一、二塁のチャンスを掴むも、坂口が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、守護神・加藤に対し、西武は二死走者なしから片岡がレフトスタンドへ7号ソロを放り込み、サヨナラ勝ち。試合後、阪神へのトレードが決まった水田に対して、異例とも言える胴上げが行われた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:46コメント(0)トラックバック(22) 

July 04, 2009

◆D4−2G◆
タイムリー欠乏症は深刻を極めるばかりの中日はグライシンガーの前に5回まで1安打と沈黙。しかも、唯一の安打は投手の吉見の内野安打とあって、野手陣はノーヒット。4回に連続四死球とボークで貰ったチャンスもむざむざ潰す有様で、6回まで無失点の好投を続ける吉見はまたもや見殺しにされてしまうのか…と思われたが、6回裏、井端,ブランコのヒットでようやくまともなチャンスを作った中日はベンちゃんのタイムリーでついに先制。1点を追う巨人は直後の7回、一死二塁から李の16号2ランで逆転するも、その裏、グライシンガーが一死二塁のピンチを作り、KOとなると、代わった山口が乱調で連続四球で満塁とした挙げ句、荒木,森野と連続タイムリーで3点を失い、失意のKO。リードを奪った中日は浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、1勝1敗のタイに戻した。吉見は7回2失点で8勝目

◆YB13−7C◆
広島は2回、石井タクロー,ルパン廣瀬が連続内野安打で出ると、一死後、前田健の犠打でエラーを誘い、満塁とした所で末永がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。3回にはマクレーンが5号ソロを叩き込むと、5回にもマクレーンが2打席連続の6号ソロ。更に、続く石井タクローが移籍初アーチをぶち込んで、5点目。4回までパーフェクトの快投を見せていた前田健だったが、5回、一死からメカゴジラに痛打されてからおかしくなり、下園にも連打されると、二死後、石川に走者一掃のタイムリー二塁打,代打・ジョンソンに10号2ランを浴び、あっと言う間に1点差。6回に謎の新助っ人・フィリップスのタイムリーで突き放すも、その裏、二死満塁のピンチからまたも石川に同点2点タイムリーを浴びて、KO。代わった林も代打・金城,吉村と連続タイムリーを浴びて、3点を勝ち越される始末。完全に勢いに乗った横浜は続く7回にも村田の14号2ラン等で4点を追加し、ダメ押し。16安打を放ちながら、残塁は僅かに3と言う効率いい攻撃で13点を奪い、圧勝。2番手の高崎に今季初勝利が転がり込んだ

◆T3−6S◆
初回にキュラソ星人の犠飛で先制されたヤクルトは直後の2回、一死一、二塁から相川が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転すると、続く3回には青木が7号ソロ。その裏、阪神は一死から平野が三塁打を浴びせると、二死後、連続四球で満塁のチャンス。しかし、ブラゼルが三振に倒れて、三者残塁。ヤクルトは5回には小田切勉のタイムリーで4点目を追加。3点を追う阪神は6回、先頭の新井が川島慶のエラーで出塁すると、続くキュラソ星人が14号2ランをぶち込んで、1点差。突き放したいヤクルトは8回、関本のエラーの後、小田切勉のタイムリー二塁打,相川のタイムリーで2点を追加。その裏から、五十嵐−林と繋いで、阪神の反撃を断ちきり、連敗を4でストップさせた。先発の由規は7回を3点に抑え、5勝目をあげた

7/4 杉内・多村◆F3−7H◆
日本ハム先発・八木に対し、3回まで毎回安打を浴びせながら、先制点を奪えないソフトバンクに対し、ソフトバンク先発・杉内の前に2回まで3人ずつで抑えられていた日本ハムは3回、二死二塁から田中のタイムリーで先制。4回に松中の11号2ランで逆転されるも、その裏、二死から小谷野,糸井,鶴岡の3連打で再逆転。1点を追うソフトバンクは7回、先頭の小久保がヒットで出ると、続くハマのスペランカーが8号2ランを放ち、逆転に成功。9回には2四球で貰ったチャンスで田上が12号3ランをぶち込んで、試合を決定付けた。杉内は終盤は安定した投球を見せ、今季3度目の完投で9勝目をマーク。ソフトバンクは首位・日本ハムに0.5差に詰め寄った。八木の開幕からの連勝は6でストップ。

◆E1−3L◆
初回に中島の13号ソロ,草野の5号ソロで1点ずつ取り合い、1−1で迎えた4回、西武は先頭の礒?が3号ソロを放ち、勝ち越しに成功。8回には一死一塁から礒?,G.G.佐藤が連続二塁打を浴びせて、貴重な3点目を追加。先発の石井一は2回以降、さしたるピンチも作らず、8回まで投げきると、最後は小野寺が無難に締めて、逃げ切った。石井一は8回を散発4安打1失点の好投で4勝目。楽天は5連敗で今季最多の借金4となった。

◆M1−4Bs◆
5月3日以来の登板となる岸田に対し、ロッテは3回、バーナムJr.の四球,今江のヒットで一、二塁とすると、西岡が先制タイムリー。更に、フクーラが送って、二、三塁とチャンスを広げたが、大松,井口の3,4番があえなく凡退し、1点止まり。1点を追う偽バファローズは6回、先頭の坂口が二塁打で出ると、大引が送った所でフェルナンデスが同点タイムリー。更に、ラロッカが二塁打で繋いだ所で北川にもタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。9回には山崎浩,鈴木のタイムリーでダメ押しの2点を加えると、最後は守護神・加藤が3人で締めて11セーブ目。岸田が7回1失点の好投で4勝目となり、復帰登板を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:57コメント(0)トラックバック(15) 

June 20, 2009

◆G5−2M◆
ロッテは初回、いきなり早坂,フクーラの連打で一、二塁と絶好の先制チャンスを掴みながら、クリーンアップが悉く打ち上げて、結局、無得点。すると、その裏、巨人はロッテ先発・渡辺俊を捉え、連打と死球で無死満塁とすると、寿司職人ラミレスのタイムリー,亀井のタイムリー二塁打で3点を先制。更に、一死満塁となった所で古城が犠飛を打ち上げ、この回4点。3回には渡辺俊との相性の良さから伊原コーチに打つと予言されていた李が12号ソロを叩き込み、5点目。2回までに4安打と立ち上がりに苦しんでいたグライシンガーだが、3〜6回までパーフェクトと尻上がりに調子を上げ、7回に今江にタイムリーを浴びると、この回限りで降板となった。8回から18試合連続無失点の球団記録が懸かる山口がマウンドに上がったが、代わりばなフクーラ,代打・竹原,代打・西岡が3連打を浴びて1点を失い、連続無失点記録はあっさり消滅し、失意のKO。なおも一発が出れば同点のピンチで代わった越智は井口をサードゴロゲッツーに仕留めると、続くサブローもサードゴロに打ち取り、僅か2球で大ピンチを脱出。9回も続投となった越智は無難に抑えて、逃げ切りに成功。グライシンガーは7回を無四球1失点の好投で7勝目

◆D4−0Bs◆
中日は2回、一死から内野安打で出た藤井がすかさず二盗を決めると、続く平田のタイムリー二塁打で先制のホームイン。6回には一死三塁からベンちゃんが犠飛を打ち上げると、更に、藤井の二塁打,平田の三塁打でこの回2点。8回には一死満塁から谷繁の犠飛で4点目。偽バファローズは3回までに5安打を浴びせながら、あと一本が出ない拙攻を展開。4回以降、すっかり立ち直った中日先発・吉見は今季3度目の完封で6勝目をあげ、リーグ防御率1位に躍り出た

6/20 長谷川◆YB7−11H◆
本多の今季初アーチとなる先頭打者弾で先制された横浜だが、その裏、吉村も9号先頭打者弾を放ち、あっさり同点。更に、村田も11号2ランを放ち、勝ち越しに成功。しかし、直後の2回、ソフトバンクは長谷川の4号2ランであっと言う間に追い付くと、田上が11号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。続く3回には川崎の三塁打,オーティズの二塁打で1点を加え、横浜先発・グリンをKO。更に、5回にはオーティズの10号ソロ,6回には松田の3号ソロ、そして、7回には長谷川の3ランが飛び出すなど、一発攻勢で着々と加点し、試合を決定付けた。その裏、8点差もあると言うのに引っ張り出された攝津アッパーが緊張感のない場面の所為か、2四球の後、村田に被弾し、よもやの3失点となったが、大事には至らなかった。先発・ジャマーノは5回3失点ながら、味方の援護に恵まれ、助っ人では球団史上初となる開幕3連勝をマークソフトバンクは横浜との勝ち越しを決め、交流戦史上初となる完全優勝を達成した。

◆C1−5F◆
広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤に対し、日本ハムは初回、二死一、三塁からスレッジのタイムリー内野安打で先制。3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せたダルビッシュに対し、広島は4回、先頭の梵がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で栗原がタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。しかし、そりも束の間、日本ハムは5回に高橋のタイムリーですかさず勝ち越し。高橋は7回にも2点タイムリーを浴びせると、9回には3本目のヒットを放ち、チャンスメイク。この後、小谷野がタイムリーを放ち、ダメ押しの5点目。ダルビッシュは5回以降、二塁を踏ませない投球で広島の反撃を断ちきり、完投でハーラー単独トップの9勝目を飾った。

◆S5−4L◆
初回に1点を先制されたヤクルトは2回、デントナの10号ソロが飛び出し、同点。しかし、4回、西武は中村の2試合連続21号ソロで勝ち越し。8回にはG.G.佐藤,大崎の連続タイムリーで2点を追加。これで決まったかと思いきや、その裏、二死一、二塁からデントナがこの日2本目となる11号3ランを叩き込み、一気に同点。試合はその儘、延長に突入した。西武は10回、二死から大崎の二塁打,代打・平尾の四球で一、二塁としたものの、上本がセンターフライに倒れて、二者残塁。すると、その裏、ヤクルトは6番手のルーキー・上本を攻め立て、一死満塁のチャンス。ここでまたまたデントナがレフト前へタイムリーを放ち、2試合連続のサヨナラ勝ちで6連勝。5番手の五十嵐に今季初白星が転がり込んだ。

◆T2−5E◆
0−0で迎えた3回、楽天は一死から平石,中村真と連打を浴びせると、草野が4号先制3ラン。続く山崎武も12号ソロを放り込むと、更に、鉄平,丈武と連続二塁打を放ち、この回大量5点のビッグイニングを形成。阪神先発っ・安藤はこの回限りで降板し、今季最短KOとなった。一方、阪神は6回、一死から新井,キュラソ星人,ブラゼルとクリーンアップの3連打でようやく2点を返すが、後が続かない。楽天はこの後、有銘−ミチルと繋いで、逃げ切りに成功。先発の永井は5回2/3を2失点で5勝目。敗れた阪神は8年ぶりの借金10にまで落ち込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(18) 

June 05, 2009

◆G5−2F◆
巨人は日本ハム先発・藤井に対して、初回、いきなり坂本,寺内,ガッツの3連打で1点を先制。寿司職人ラミレスのセカンドゴロの間に2点目をあげると、松田記者,亀井の連打で満塁となった所で阿部の犠飛,大道のタイムリーが飛び出し、早くも4点のリード。日本ハムは稲葉が3回にタイムリー,5回に7号ソロを放ち、2点差まで詰め寄るが、7回、巨人は二死から亀井が歩いた所でまたも阿部がタイムリー二塁打を放ち、5点目。7回途中から山口−越智−クルーンと繋ぐ必勝リレーを展開し、逃げ切りに成功。ゴンザレスは7回途中まで2失点で球団助っ人新記録の開幕6連勝。また、出戻り以来、続けている無四球記録を41回1/3まで伸ばした。5回に稲葉に対して、フルカウントから4球ファールで粘られた際には、いよいよ四球を出してしまうのでは?と思わせたが、結局、被弾したのは良かったのか悪かったのか…。

◆D2−1M◆
中日は2回、先頭のブランコがヒットで出るも、続くベンちゃんが最悪のゲッツー。3回には2四球で一、二塁とするも、後が続かず、4回には二死二塁から野本がレフト前へ弾き返すも、二塁走者・ベンちゃんが本塁憤死。5回も無死二塁のチャンスを潰すなど、怒濤の拙攻三昧。またも好投報われず、見殺しにされるのでは?と落胆の色を隠せない先発・吉見は6回、井口にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。更に、大松に二塁打を浴び、二、三塁とピンチを広げたが、ベニー松山,里崎と内野ゴロに打ち取り、辛くも1点で食い止める。すると、その裏、中日は無死一塁からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号2ランを叩き込み、逆転に成功。最後は守護神・岩瀬が三者三振の快投でロッテの追撃を断ちきった。先発・吉見は7回1失点で5勝目。結果的に勝ちを拾ったものの、相変わらずのタイムリー欠乏症,一発依存症は深刻極まりなく、またも好投の投手陣を見殺しにしかねなかった試合展開に中日ナインの表情は暗く、名手・川相の現役復帰を待望する声がより一層強まった

◆C4−1H◆
初回。ソフトバンクは先頭の本多が二塁打で出ると、川崎の犠打,オーティズの犠飛で先制のホームイン。この後、ソフトバンクは2回一死一、二塁,4回二死満塁とチャンスを作りながら、後続を断たれて、スミ1状態が続いてしまう。5月14日以来の登板となる先発・大場は5回まで散発2安打無四球無失点と安定した投球を見せて居たが、6回、一死から代打・嶋に二塁打を浴びてから、突如、リズムを崩し、梵に同点タイムリーを許すと、東出にも痛打され、二死後、栗原に2点タイムリー二塁打を浴びた所で無念のKO。広島は更に、喜田にもタイムリー二塁打が飛び出し、この回一挙4点。直後の7回、ソフトバンクは二死一、二塁と一発で同点の場面を作るが、川崎がショートゴロに倒れて、二者残塁。ここで雨が強くなり、その儘、降雨コールドで広島が逃げ切った。結果的に最後を締め括ったシュルツは来日初セーブ。6回に2番手として登板し、無難に3人で抑えた森に5年目のプロ初勝利が転がり込んだ

◆S9−3E
ヤクルトは3回、二死走者なしから川島慶が四球を選ぶと、福地のタイムリー三塁打,青木のタイムリー二塁打で2点を先制。3回までパーフェクトと沈黙していた楽天は4回二死から草野がチーム初安打となる3号ソロを叩き込み、1点差。しかし、その裏、ヤクルトは宮本の3号ソロで再び2点差とすると、更に、館山のタイムリー,川島慶の6号2ランでこの回4点。続く5回には畠山のタイムリー二塁打,相川の犠飛で2点を追加し、大きく突き放した。先発・館山は7回を3安打2失点に抑え込み、無傷の7勝目。自己の持つ連勝の球団記録を13と伸ばした

6/5 ブラゼル◆T4−0Bs◆
貧打を解消すべく獲得した出戻り助っ人・ブラゼルが移籍初のスタメン出場となった阪神。偽バファローズの相次ぐエラーで再三チャンスを貰いながら、ゼロ行進を続けていたが、6回一死二塁からブラゼルが移籍初アーチとなる2ランを叩き込み、先制。偽バファローズも毎回の様に走者を出しながら、あと一本が出ない拙攻続き。7回には大引のヒット,関本のエラーで一死一、二塁とするも、代打・フェルナンデスが三振。大村はファーストゴロに倒れて、二者残塁。そろそろ突き放しておきたい阪神は8回、二死走者なしからブラゼル,代打・高橋光が連打を浴びせると、狩野が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、貴重な2点を追加。最後はセーブのつかない場面ながら登板した藤川が2三振を含む三者凡退と久々に安心して見られる投球で完封リレーを達成。先発・下柳は7回無失点の好投で5勝目

◆YB−L◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(29) 

May 22, 2009

◆E2−12G◆
巨人打線が序盤から爆発。坂本の先頭打者アーチで先制したのを皮切りに、連打でチャンスを作ってから李が9号3ランを放ち、いきなりの4得点。3回には李が2打席連続の10号ソロを浴びせると、4回には2四球の後、寿司職人ラミレスが犠飛と、ノーヒットで1点を追加し、楽天先発・永井をKO。更に、5回には5長短打を集中して、大量5点を奪うと、7回には坂本のタイムリー二塁打でダメ押しの12点目。先発のゴンザレスは8回2失点の好投で4連勝を飾った。

◆H6−3C◆
年中行事の故障リタイアに見舞われていたハマのスペランカーが、よりによもよって二軍落ちで今季限りの引退を囁かれているガッツな貴公子・仁志にあやかって、登録名を「多村仁志」に変更すると言う訳の分からない行動をかましながら、ようやく一軍に復帰。偽バファローズから出戻りの村松共々、今季初出場を果たし、一気に巻き返しを図りたいソフトバンクは初回、一死から川崎が二塁打で出ると、続くオーティズがレフトスタンドへ5号先制2ラン。3回には一死からオーティズの三塁打,松中のタイムリー,小久保の4号2ランとクリーンアップの3連打で3点を奪い、広島先発・ルイスはこの回限りでKO。ソフトバンクは7回にも長谷川のタイムリー内野安打でダメ押しの1点を追加。終盤、リリーフ陣がバタついて、3点差まで詰め寄られたが、最後は守護神・馬原が反撃を断ちきった。先発・和田は7回まで無四球2安打無失点と完璧な投球を展開し、21日ぶりの3勝目

◆M1−4D◆
初回、二死二塁のチャンスを逃した中日は続く2回にもベンちゃん,平田のヒットで一死一、二塁のチャンス。しかし、藤井が空振り三振に倒れると、谷繁はファーストへの内野安打を放つも、オーバーランした平田が二、三塁間に挟まれ、弾き出されたベンちゃんがやむなく本塁に突入して憤死するお粗末な攻撃でまたも先制ならず。これで川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くした森野は3回、6号2ランを叩き込み、ようやく先制。先発・吉見はロクに援護が貰えないのは日常茶飯事とばかりに、毎回の様にヒットを浴びながらも6回まで無失点の粘りの投球。7回に制球を乱して3四球を与え、押し出しで1点差と迫られるが、なおも満塁のピンチを辛くも切り抜けると、8回、中日は一死三塁からデラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十分なライトフライとなり、3点目。9回には井端のタイムリーでダメ押し。最後は岩瀬が3人で締めて、辛くも逃げ切った。吉見は7回1失点で4勝目

◆Bs8−3T
初回に関本,鳥谷の連続二塁打で先制された偽バファローズだが、2回、一死二、三塁のチャンスに山崎浩が2点タイムリーを放ち、一気に逆転。5回には大引,6回には山崎浩のタイムリーで着々と加点。阪神は7回、キュラソ星人の10号ソロ等で1点差と詰め寄るが、その裏から登板した渡辺が3連打で1点を失い、あえなくKOされると、3番手・江草も岡田に2点二塁打を浴びる始末。偽バファローズは8回にも塩崎の犠飛でダメ押しの1点を加え、逃げ切った。先発・金子は7回途中3失点で3勝目。阪神は今季ワーストの5連敗となった。

◆F2−3S◆
巨人との首位決戦を制し、勢いづく日本ハムだが、この日は館山の前に3回までパーフェクトと沈黙。しかし、4回、四球の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉のチーム初安打が6号2ランとなって、先制。古巣相手に5回まで無失点の好投を演じてきた藤井だったが、6回一死満塁のピンチで青木に犠飛を許すと、畠山を歩かせて満塁となった所で飯原に逆転2点タイムリーを浴びて、無念のKO。その裏、日本ハムは二死満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、高橋がショートゴロに倒れて、三者残塁。ヤクルトは8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで1点のリードを守りきった。館山は7回3安打2失点の好投で無傷の5連勝

5/22 田代◆L5−15YB◆
大矢監督の失脚により、図らずも、オバQ vs  ナベQ決戦となったこのカード。2−2で迎えた4回、横浜は細山田のスクイズ,石川のタイムリー二塁打等で3点を勝ち越し。西武はG.G.佐藤,中島の一発で1点差まで追い上げるが、横浜は6回、内川がタイムリーを浴びせて、涌井をKO。更に、代打・金城がタイムリー,ジョンソンが8号3ランを叩き込んで、この回、一挙5点を奪い、10点目。9回にも5点を追加し、試合を決定付けた。ハマのチンピラは6回5失点と不本意な内容だったが、打線の援護に助けられ、5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(15) 

April 04, 2009

◆G3−5C◆
2回に李,阿部が連続アーチと、昨日同様に一発攻勢でリードを奪った巨人。WBCで干された影響が心配された内海も6回まで赤松のソロによる1失点と好投を展開。7回にピンチを作るが、代わった豊田が踏ん張り、いい流れを作っていたが、8回から登板した新加入のM・中村が大誤算。一死から連続四死球の後、栗原,シーボルと連続被弾で4点を失い、一気に形勢逆転。その裏、1点を返し、なおも満塁のチャンスを作りながら、坂本が凡退したのが響き、開幕2連敗。とにもかくにも許せないのが、当ブログ一押し助っ人・アルフォンゾのフル欠場だ。まさか早くも腰痛が再発したとか言うんじゃなかろうな? とりあえず、二軍落ちはしてないので、ドーピングで引っかかった訳ではなさそうだが…。昨日、ヒットを打っているのに、開幕2戦目から外される理由が分からない。代わって入った脇谷が2安打を放ってはいるが、それは結果論。昨日も今日も相手投手は右な訳で、どういう時にアルフォンゾが外されるのかに関しては何とも不明瞭である。脇谷を成長させたいならば、ハナからアルフォンゾなんか獲らないでくれと言いたい所だ。さて、話を広島に移すと、前田健は序盤で失点しながら、気落ちする事なく、しっかり試合を作ったのが、逆転を呼び込んだ。あそこで一発が出る辺り、今季の栗原は4番としての貫禄がついてきた印象だ。

◆D6−0YB◆
開幕投手を本命視されながら、落合監督の博打に付き合わされての第2戦登板となった吉見。昨年も訳の分からない起用法により、掴みかけた新人王を逃した経験から、指揮官に振り回されるのはもう慣れっこになったのか、黙々と投げ続けて、あっと言う間の散発3安打完投勝利。打線は初スタメンとなったルーキー・野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初安打となる先制アーチを放てば、オープン戦の大爆発がフロックでない事を早いうちに証明しておきたい藤井も川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初安打を一発で飾るなど、序盤から主導権を握った。横浜は2試合終わって、1〜3番が全員ノーヒットと言う壊滅的な状況で、夢の100敗まであと98敗と前進。ルーキー・松本はしばらく我慢して使い続けて欲しいものだが、果たして、ジョンソンはいつまで3番を任せるつもりか気になる所だ。

4/4 由規◆T1−5S◆
昨年の高校BIG3の中で唯一、水島の呪いを回避したおかげで着実に成長し、今季、セ・リーグ新人王レースぶっちぎり大本命の呼び声高い由規が今季初登板。6回を投げて、5四死球と制球に苦しみながらも要所を締める粘りの投球で1失点で切り抜けた。打線も初回から川島慶に先制アーチが飛び出すなど、小刻みに得点を奪って、阪神を突き放し、由規は嬉しい白星スタートとなった。福地,青木が未だにノーヒットなのは少々気がかりか。阪神はキュラソ星人がこの日も2安打1打点と気を吐いたが、若い選手に元気がない。新助っ人・メンチはこまたもノーヒットに終わった。


◆H2−5Bs

期待の松田が開幕戦早々に骨折で長期離脱確定と言うアクシデントに見舞われ、森本をサードでスタメン,川崎を3番に上げる新オーダーで臨んだソフトバンクだが、近藤の前に翻弄されてしまう。序盤は踏ん張っていた大場も4回に集中打を浴びて、3点を失い、あえなくKO。代わった三瀬もローズに被弾し、試合を決められた。早いトコ、攝津アッパーが見たいのだが、今日も出番なし。偽バファローズもラロッカ,塩崎を外して、大村,大引をスタメン起用するなど、早くもテコ入れを敢行し、完封負けの雪辱を果たした。と言っても、テコ入れ効果と言うよりは、カブレラ,ローズの主軸が5安打2打点3得点と活躍した影響が大か。

◆F5−6E◆
オープン戦では好調だった藤井だが、序盤から制球に苦しみ、四球で溜まった走者を中村紀,高須らのタイムリーで返されると言う最悪の内容で3回5失点KO。昨年僅か2ホーマーの金子誠が早くも一発を放ったり、新助っ人の姫ちゃんが来日初安打を一発で飾ったりと、一発攻勢で1点差まで詰め寄ったが、序盤の5点が大きく響いて、日本ハムは連敗スタート。楽天は球団創立初の開幕2連勝。先発・長谷部が3回もたずにKOされ、昨日は有銘、今日は川岸がセーブをマークするなど、継投も迷走している様子だが、そんな状態でも連勝を飾れたのは大きいだろう。

◆M10−5L◆
小林宏の乱調で初回から3点のビハインドとなったロッテだが、ジワジワと点差を詰めると、5回に西岡,井口のタイムリーなど怒濤の5連打で一気に逆転。リリーフ陣が踏ん張っている間に、8回の今江の3ランで突き放し、1勝1敗の五分に戻した。それにしても、開幕2戦目にして、早くも大松をスタメン落ちさせるバレンタイン采配は相変わらず、萎える。大松は4番ないし、5番でフル出場させれば、相当な数字を残す気がするのだが…。このイラつく采配に付き合わされるのもあと1年の辛抱か…。昨日、3安打と爆発した清水だが、今日は残念ながら2タコと音無しと勢いは持続せず。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:17コメント(0)トラックバック(34) 

October 20, 2008

◆T0−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
新人王レースを争う岩田と吉見が直接対決となったこの試合。中日は初回、死球の李を荒木が送るも、森野,T.ウッズが連続三振。2回には先頭のベンちゃんがエラーで出るも、続く中村紀がゲッッーを食らい、その後に井端がヒットを放つチグハグな攻撃でまたも無得点。3回には吉見が新井のエラーで出るも、続く小池がゲッツーを食らう始末。そうこうしているうちに岩田を立ち直らせてしまい、3回から8回までノーヒットに抑え込まれる有様。一方、吉見も序盤のピンチを切り抜けると、尻上がりに調子を上げていき、7回まで無失点。0−0で迎えた8回、阪神は一死から好投の岩田に代えて、代打・悠久の若虎・桧山を送るが、あえなく三振。ここでシャア少佐が二塁打を放つも、関本はショートに打ち上げ、結局、無得点。土壇場9回、阪神は同点の場面ながら、いきなり守護神・藤川を投入。これに対して、中日は先頭の代打・立浪がセンター前に弾き返すと、荒木が送って、一死二塁。森野はセカンドフライに倒れるが、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ2ランを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。最後は守護神・岩瀬が阪神のクリーンアップをピシャリと締めて、完封リレーを達成し、第2ステージ進出を決めた。

中盤で完全にV争いから脱落し、貯金3でギリギリ3位に滑り込んだ中日が、シーズン終了ギリギリまで首位の座を守り通してきた阪神にたかだか3試合で勝ち越しただけで阪神の息の根を止めてしまう理不尽極まりない展開と化し、今季限りで辞任を表明している岡田監督はこれがラストゲームとなってしまった。岩田は8回を1安打無失点と素晴らしい投球だったが、全く援護出来なかった打線には猛省して欲しい。それにしても、明暗を分ける結果に繋がったのが、藤川へのスイッチになろうとは…。結果論になってしまうが、果たして、8回一死走者なしであえて岩田に代打を送る必要があったのか。登板過多の藤川を安易に使う前に、投球数は101球とまだまだ余力十分の岩田でもう少し行けたのではないかと思わずにはいられない。なまじ強力なリリーフ陣に頼り切ってきた為に、リリーフ陣を過信し、先発を信じ切れなかった部分があったのかもしれない。中日は昨日同様、タイムリー欠乏症を露呈し、ゲッツーを量産する無様な攻撃を繰り広げ、川相不在の弊害を大露呈するばかりだったが、吉見の踏ん張りと、川相不在では一発に賭けるしかないと言うやぶれかぶれ野球で辛くも白星を掠め取った。この儘、偽りの日本一の座を2年連続で掠め取ってしまわない事を祈るばかり。セ・リーグを制覇した巨人には最後の最後までデッドヒートを演じた阪神の為にも、滑り込み3位の中日をねじ伏せて貰いたい。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:07コメント(2)トラックバック(41) 

October 03, 2008

◆YB2−7D◆
地獄の連敗ロードが止まらない横浜はこの日も序盤から大苦戦。先発・真田が2回に中村紀のタイムリーで先制を許すと、3回にはベンちゃんのタイムリーで2点目を献上。4回に村田のタイムリーで1点差として貰ったのも束の間、直後の5回、一死一、三塁のピンチを作ってあえなくKO。更に、2番手・高宮が森野にタイムリーを浴びると、3番手・牛田はT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに35号3ランを被弾し、この回4失点。続く6回には4番手・横山が谷繁に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込まれて、試合を決定付けられた。

横浜が投打に精彩を欠き、53年ぶりとなる球団ワーストタイの14連敗。そのどん底状態の横浜にこのタイミングで当たると言う僥倖に恵まれた中日は余裕の3タテで6連勝を飾り、Aクラス確保へ王手をかけた。先発・吉見は2失点完投で10勝目をマーク。大混戦の新人王レースで大きく前進した。

◆S7−5T
3回二死満塁のピンチを切り抜けた阪神は直後の4回、鳥谷のタイムリーで先制すると、続く5回には二死満塁からゴンザレスの暴投,ゼブラ今岡の2点タイムリーで3点を追加。更に、6回にはシャア少佐にタイムリーが飛び出して、5点目。岡田監督は6回まで3安打無失点の好投を展開していた安藤を下げ、7回から万全を期して継投モードに入るが、これが裏目に出る。まず、2番手・久保田がいきなり3連打で満塁のピンチを作ると、一死後、3番手・ウィリアムスが代打・志田の併殺崩れの間にまず1点。さらに、青木にタイムリー,川島慶には走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、あっと言う間に1点差。8回には4番手・アッチソンが一死満塁のピンチを作ると、たまらず登板した守護神・藤川もいきなりの暴投で同点とされた上、川本に2点タイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上する始末。土壇場9回、先頭の新井がヒットで出たものの、続くキュラソ星人は最悪のセカンドゴロゲッツー。代打・葛城イクローもあえなく凡退し、痛恨の逆転負けを喫した。

完封ペースの安藤を中4日で巨人戦に投げさせたいが為に引っ込めた岡田監督の余計な手出しで5点差を引っ繰り返された阪神は7度目のマジック消滅で再び巨人と同率で並ばれてしまった。余計な手出しであった事は間違いないにしても、完全に勝ちパターンのリリーフ4枚がここまで揃いも揃って炎上する事を予想しろと言うのは無理と言うものだろう。

◆M7−3E◆
小野,片山の両先発がいずれも序盤を無失点で切り抜ける上々の立ち上がり。0−0の均衡が崩れたのは5回。楽天は先頭の鉄平がヒットで出ると、渡辺直が送った所で2年5ヶ月ぶりのスタメンとなった平石が先制のタイムリー二塁打。更に、嶋が歩くと、二死後、内村が2点タイムリーを放ち、この回3点。しかし、その裏、突然、制球を乱した片山相手にロッテが猛反撃。一死満塁から連続押し出し四球で1点差とすると、竹原の2点タイムリー二塁打で逆転。続く堀も2点タイムリーを放って、この回、一挙6点のビッグイニングを形成。更に、6回には代打・神戸の2号ソロでダメを押した。

片山の突如の大乱調で逆転負けを喫した楽天は3連敗。最下位脱出は5日からの対ソフトバンク3連戦で勝ち越せば済む話とは言え、この日の黒星により、リードした状態でソフトバンクにプレッシャーをかける事は出来なくなった。ロッテは3つの貯金を稼ぎながらも、日本ハムに0.5差及ばない4位で今季の全日程を終了した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:54コメント(0)トラックバック(13) 

September 21, 2008

◆G9−5T◆
巨人の2連勝で迎えた天王山第3戦。何としても3タテは回避したい阪神は2回、キュラソ星人がライトスタンドへ先制23号ソロを叩き込むと、4回にも2打席連続となる24号ソロを放つ獅子奮迅の活躍。先発・岩田は好調巨人打線を相手に4回まで内野安打1本と好投を展開していたが、5回、李に二塁打を浴びてから突如、変調。続く松田記者に三遊間を破られ、1点を返されると、一死後、坂本にライト前へ落とされ、一、三塁のピンチ。ここで若大将・原監督は早くも上原に代えて、代打・大道を起用。大道は死球を食らって満塁となると、鈴木尚が逆転2点タイムリー二塁打を浴びせて、岩田をKO。2番手・渡辺の前に代打・マッスル千代の富士は三振に倒れるが、3番手・江草からガッツが四球を選んで再び満塁となった所でリリーフ転向後、27回1/3無失点を続けていた4番手・アッチソンから寿司職人ラミレスが2点タイムリーを浴びせると、続く李がライトスタンドへ2試合連続の7号3ランをぶち込んで、この回大量8点のビッグイニングを形成。続く6回には阿部が2試合連続の21号ソロを叩き込み、9点目。7点ビハインドとなった阪神は8回、無死満塁とするも、シャア少佐の犠飛で1点を返すのが精一杯。しかし、粘る阪神は土壇場9回、キュラソ星人のヒット,鳥谷の四球の後、関本のタイムリーで1点を返すと、越智の暴投で更に、1点を加え、4点差まで詰めたものの、反撃もここまで。5番手・越智の前に代打・高橋光,代打・悠久の若虎・桧山,矢野と3連続三振に倒れて、万事休す。これで巨人はついに首位タイに浮上した。

キュラソ星人の2打席連続アーチでリードを奪ったまではこの日の阪神は違う…と思わせたのだが、気付いてみれば、上原の前に阪神は5回までにこの2発以外完璧に抑えられていたのが問題だった。キュラソ星人が2発打ってすら勢いが生まれない。対する巨人は対戦防御1点台と苦手にしていた岩田に4回まで抑え込まれながらも、5回に大爆発。好投の上原に5回にして早くも代打を送ると言う勝負を賭けた若大将の執念の采配が見事に報われた格好だ。これで巨人は16年ぶりの10連勝でついに首位阪神に捉える事に成功。勿論、これは通過点に過ぎない訳で喜ぶのはまだ早過ぎる。明日から巨人は広島との4連戦。今季8勝11敗と分が悪い上、3位が懸かっている広島のモチベーションは下手すると阪神以上。そんな中、ルイスが今日投げたばかりと言うのは僥倖だろう。一方、阪神は最下位とは言え、後半戦に入ってから苦しめ続けられている横浜との4連戦。現在、6連敗中とチーム状態がどん底の横浜だが、果たして、阪神との相性の良さで勢いを取り戻してしまうのか? それにしても、鬱陶しいのがアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦出場権の存在だ。阪神と巨人のみで行われる分には百歩譲って妥協出来るとしても、5割前後をさ迷う中日や広島が絡んでくる様では、この首位決戦の価値も一気に希薄になって白けるばかりだ。

◆C2−4D
Bクラス定着の危機に瀕している中日は初回、ヒットの李を荒木が送ると、森野,T.ウッズと連続タイムリー二塁打で2点を先制。更に、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランを叩き込み、この回4点。4点を追う広島は4回、オチョアのヒットが李のエラーを誘うと、一死後、嶋のヒットがベンちゃんのエラーを誘い、オチョアが生還。更に、シーボルもヒットを放ち、一、二塁とするが、石原,梵と倒れて、1点止まり。5,6回のチャンスを悉くゲッツーで潰してしまった広島だが、続く7回、一死から梵がヒットで出ると、ここで登場した求道者・前田が怒りのライト前ヒットを放ち、一、三塁。求道者・前田の一打を無駄には出来ないと続く東出が犠飛を打ち上げて、梵が返って、2点差。9回には守護神・岩瀬相手に一死一、二塁と攻め立てたが、赤松,東出と内野ゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。

初回こそ打線が繋がった中日だが、2〜8回までは四球の走者を1人出しただけで、9回に久々に出たヒットもゲッツーで潰す体たらくだったが、吉見ら投手陣の好投に救われた。吉見は6月22日以来となる9勝目。先発としては5月16日以来の白星で新人王に望みを繋いだ。一方、12安打で2点しか取れずに敗れた広島はあくまで求道者・前田に肩書き付きタイムリーを打たせない様に起用するブラウン暗黒采配がまたも炸裂。追撃の狼煙を上げる怒りの一打を浴びせた求道者・前田だったが、すかさず代走・赤松を送られてしまった為に、9回一死一、二塁のチャンスでその赤松に回ってしまうと言う皮肉な展開に…。あの儘、求道者・前田を残しておけば、逆転サヨナラの可能性も十分に考えられただけに、正に、ブラウン暗黒采配の影響で敗れた試合と言えよう。無論、ブラウン監督的には大勝利なのだろうが…。これで中日との差は1ゲームとなり、3位争いはまた分からなくなってきた。

◆S−YB◆
降雨中止。

◆H5−10L◆
西武は2回、先頭の中村がヒットで出ると、続く江藤が7号先制2ラン。更に、佐藤がヒットで続くと、細川が送った所で赤田がタイムリーを浴びせて、この回、3点。3回まで1安打と沈黙していたソフトバンクは4回二死から松中が中村のエラーで出ると、続く松田がタイムリー三塁打を放ち、1点を返すと、7回には一死一、三塁から柴原のタイムリーで1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、小斉,高谷と倒れて、同点ならず。直後の8回、西武は二塁打の片岡を栗山の犠打,代打・平尾のショートゴロで迎え入れると、9回にはソフトバンクの拙守に乗じて、栗山,平尾と連続タイムリ。更に、満塁とチャンスを広げた所で中村が43号グランドスラムをぶち込んで試合を決定付けた。ソフトバンクはその裏、3点を返し、グラマンを引っ張り出したものの、反撃が遅過ぎた。

リーグ優勝を目前にする西武と、優勝が完全消滅し、目標を失ってしまったソフトバンクの差が出てしまった。ソフトバンクの目標はあくまでリーグ優勝であって、アジアリーグ出場権争奪戦出場権争奪戦などではないとは言え、幾ら何でも5位で終わる訳にはいかないと言う意地くらいは見せて貰いたいものである。西武はこれでマジックを2とし、明日にも優勝の可能性が出てきた。

◆M0−0E◆(4回降雨ノーゲーム)
第1戦に続いて、いつ雨で中断となるとも分からない状態で始まったこの試合。何とか早めに先制して、逃げ切りたい楽天は2回、青波の長瀬,鉄平のヒットで二死一、二塁とするも、中島はファーストファールフライに倒れて、先制ならず。その裏、ロッテも一死から大松の四球,ズレータのヒットで一、二塁とするが、フクーラ,渡辺正と倒れて、二者残塁。試合は4回裏、二死から大松が四球を選んだ所で雨が強まり、中断。結局、その儘、ノーゲームに終わった。

◆Bs5−10F◆
日本ハムは1,2回と二死から連打を浴びせるも、あと1本が出ない。3回も二死から連打で一、二塁とまるで同じ展開となったが、今度は糸井がタイムリー二塁打を放ち、ようやく先制。しかし、その裏、偽バファローズは一死満塁からローズの2点タイムリー二塁打で逆転すると、続く後藤が12号3ランを叩き込み、この回大量5点。4点を追う日本ハムは直後の4回、二死満塁から高橋が押し出し四球を選んで、金子をKO。なおも満塁と一発逆転の場面だったが、2番手・吉野の前にスレッジはショートフライに倒れて、三者残塁。6回には無死満塁のチャンスに高橋が2点タイムリーを浴びせて、1点差。一死後、代打・ボッツのタイムリーで同点とすると、二死後、代打・小谷野のタイムリー二塁打で2点を勝ち越し。8回には小谷野が5号ソロを叩き込むと、9回にも2点を追加し、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながら登板したMICHEALが締めて、逃げ切った。

スーパーさぶ・多田野が3回KOとなった日本ハムだが、先発全員毎回の22安打を浴びせる猛攻で、逆転勝ちを果たし、連敗を4でストップさせ、借金完済へリーチ。偽バファローズは先発・金子が大量点を貰いながら、4回途中で降板する背信投球。その後、小刻みに繰り出した中継ぎ陣が悉く崩壊する有様で連勝はストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(2)トラックバック(57) 

May 16, 2008

本日は時間がないので簡潔に…。

◆G1−7C◆
一体ブラウン監督に何が起きたのか、同胞・シーボルをスタメンから外し、求道者・前田を2日続けてスタメンに起用すると言う驚愕の事態が発生。このチャンスを無駄には出来ないと奮起した広島ナインは4回までに5点を奪うと、6回には求道者・前田が会心の一発を叩き込み、試合を決定付けた。会心の一打を放ったかに見えても納得せずに難しい表情を浮かべる事の多い求道者・前田がああも嬉しそうな顔を見せたのは、それだけブラウン暗黒采配に苦しめられ続けてきた事を物語っていると言っていいだろう。確変中の高橋はこの日も好投し、8回1失点でハーラートップタイの5勝目。

◆D7−2YB◆
川相不在が故の問題点を一向に改善しようとしない中日の一発依存野球は健在。7点を奪ったものの、うち5点は中村紀のソロと李のグランドスラムによるものだった。そんな中日が上位をキープ出来ているのは投手陣のおかげな訳だが、この日も先発・吉見が7回2失点と好投。これで開幕5連勝となった。横浜はビグビーがついにスタメン復帰。不振のどん底に陥っている金城が外れてくれたおかげで、スタメン落ちを免れた吉村は一発含む3安打と復調をアピールした。

◆T8−5S◆
関本,バルディリスをスタメン起用するなど、テコ入れを図った阪神打線に村中が10安打7失点の大炎上で4回もたずにKO。大量援護を貰った安藤は7回まで無四球無失点の完封ペースだったが、8,9回で5点を失う体たらくで江草のリリーフを仰ぎながら、やっとこさの5勝目。阪神は先発全員の15安打。特に、新井,キュラソ星人の3.4番は二人で5安打5打点の大当たりだった。

◆H3−10F◆
来週ないしは再来週には確実に水島の呪いにかかると思われ、今のうちに貯金を稼いでおきたい日本ハムは稲葉がスタメンから外れたものの、初回二死走者なしから怒濤の6連打で4点を奪い、主導権を握ると、中盤以降も着々と加点し、計16安打10得点。稲葉の代わりに4番に入った高橋も先制タイムリーを含む2安打2打点と活躍。投げては先発のスーパーさぶ・多田野が5回まで無失点の好投。6回に2点を失い降板となったが、大量リードに守られ、2勝目をあげた。

◆E8−2L◆
打線沈黙で3連敗と嫌な流れになりつつあった楽天だが、この日は西武先発・岸を攻略し、2回までに6点を奪って早々とKO。投げては好調西武打線を岩隈が8安打を浴びながら、7回2失点で切り抜けて、連敗を脱出。ショートが4安打1四球で4打点,フェルナンデスが3安打2四球と全打席出塁した両助っ人の活躍も光った。

◆M3−10Bs◆
連夜のサヨナラ負けのショックを引きずるロッテは先発・渡辺俊が2回もたずに8失点KOと火だるまに遭い、あっと言う間に試合を決められた。偽バファローズ先発・山本は8回途中まで2失点の好投で無傷の4連勝。戦列復帰後、パッとしないバッティングが続いていた北川は2打席連発を含む3安打6打点とようやくエンジンがかかってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(26) 

April 20, 2008

◆C5−4G◆
最近当たりの出てきた横浜打線より、貧打の広島打線相手に何とか今季初白星をあげさせてやろうと言う親心なのか、6人目の先発候補にメドが立たない為の苦肉の策なのか、はたまた、どうせ来年はいないので幾ら使い潰した所で問題ないと言う非情な起用なのか、上原が今季初の中4日登板。初回からガッツの4号2ランで援護を貰った上原だが、中4日が故に回復が間に合っていないのか、全く球が走らず、2回に石原の二塁打で1点を返されてしまう。その後ものらりくらりとした投球を続ける上原に対して、広島は5回、一死二塁から天谷,東出,オチョアの3連打で逆転に成功。更に、栗原が歩いて満塁となった所で求道者・前田のセンター後方への痛烈なライナーで東出が生還し、この回3点。上原はこの回限りで降板となり、またも白星ならず。6回には2番手・栂野から石原が2号ソロを放り込み、5点目。3点を追う巨人は8回、ゴンザレスがヒットで出ると、続く古城が2号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄り、なおも無死一、二塁のチャンスを作るが、反撃もここまで。亀井のヘッポコバントの後、ガッツ,マッスル千代の富士と打ち取られると、最後は梅津の前に三者凡退に倒れ、連敗となった。

上原の中4日起用は完全に裏目。栂野や野間口辺りの先発起用ではダメだったのだろうか…。流石に実績が素晴らしいので、今季低迷したからと言って、亡命先が見つからなくなる事はなかろうが、亡命するならば、もう少し覇気のある投球を見せて貰いたいものである。一方、広島の継投だが、横山−コズロースキーと来れば、最後は永川…と思いきや、出てきたのは梅津。まだまだ永川は信頼されていない様で何だか哀れである。この日、密かにキーポイントになったのは、5回の天谷,東出の好守ではなかろうか。よりにもよって、ゴンザレスの会心の打球を捕るとは、おにょれ、天谷…。バックが盛り立ててくれると、投手のモチベーションも上がっていくもの。レフトに大穴を抱えると言うそれだけで初回から常にピンチの巨人はなかなかそうもいかないのである。

◆YB1−3D◆
依然として一発頼みの大味野球を続けざるをえない中日は2回、ハマのチンピラに対して、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が6号ソロを放ち、1点を先制。開幕から20イニング無失点の快投を続けている中日先発・吉見はこの日も再三のピンチを切り抜けながら、4回まで無失点。しかし、5回、ヒットの相川を三塁に置いて、ガッツな貴公子・仁志にライト前へ弾き返され、25イニング目にして、ついに今季初失点。直後の6回、中日は井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。更に、7回には谷繁のタイムリー二塁打で3点目を追加。横浜は土壇場9回、守護神・岩瀬相手に二死から代打・内川,ガッツな貴公子・仁志が連打を浴びせて、一発逆転のチャンスを作ったものの、最後は金城が倒れて、あと一歩及ばずなかった。

横浜はこの日も10安打で1点と拙攻に泣いた。折角、中日がクリーンアップ11タコでも、一発依存野球を展開するなど攻めあぐねていると言うのに、お付き合いで拙攻かましてどうするんだか…。ハマのチンピラは早くも3敗目。白星を争っているはーちゅんがなかなか白星をあげられずにいる為、余裕ぶっこいているのか、元々公約を破る気満々なのでモチベーションに繋がらないのか…。

◆S2−4T◆
新人王を争うライバル・村中に続きたい増渕だったが、初回からキュラソ星人に4号2ランを被弾し、先制点を献上。ヤクルトはその裏、田中,青木の連打で二、三塁となった所でガイエルが犠飛を打ち上げ、1点差。直後の2回、増渕は二死満塁の大ピンチを迎えるも、平野を打ち取り、難を逃れると、以降も走者を出しながらあと一本を許さず、味方の援護を待ち続ける。しかし、ヤクルト打線は3回一死一、二塁,6回二死一、二塁のチャンスを生かせず、あと1点がどうしても届かない。1−2の儘、迎えた7回、増渕が簡単に二死を取った所で高田監督は何故か、佐藤にスイッチするも、これが裏目。佐藤は連続四球であえなく降板すると、3番手・花田も新井,キュラソ星人と連続タイムリーを浴びて、2失点。阪神はその裏から久保田を投入。代わりばな代打・福地に被弾するも、以降は8回までノーヒットに抑えると、最後は藤川が三者三振締めで球団タイの10連続セーブ。先発・杉山は5回降板ながら、今季初勝利を飾った。

新井,キュラソ星人が揃って打点をあげると勝つジンクスがまたも炸裂。杉山に待望の白星をもたらした。1週間ぶりのマウンドとなった藤川も見事な投球。間隔が空いた事で調子を狂わす事もなく、いい休養となった様だ。それにしても、何故、高田監督はあそこで増渕を代えてしまったのか? 実際に見ていなかったので真相が謎なのだが、もし故障でないならば不可解極まりない。

◆F2−4H◆
ソフトバンクは初回、仲沢,柴原の連打で一、三塁とした所で松中が先制犠飛。4回には荒金のタイムリー二塁打で1点を加えると、続く5回には二死走者なしから仲沢,柴原,松中の3連打で3点目。ソフトバンク先発・和田は7回まで散発4安打無失点と完封ペースの好投を見せていたが、8回一死から田中,稲葉に連続被弾し、KO。しかし、代わった小椋が後続を断ち切ると、9回には松中が犠飛を打ち上げ、ダメ押し。最後はホールトンが3人で締め括り、3タテを回避。和田はようやく今季初白星。

和田の復帰初勝利は何よりだが、結局、この日はホールトンが最後を締めており、ガトームソンの起用法はますます混沌としてきた印象。状況に拘わらず、起用する便利屋中継ぎ要員としてしまうのは勿体ないと思うのだが、今季の杉内や新垣より安定感は上とは言え、この二人をローテから外す訳にもいかんしなぁ…。打つ方では仲沢,柴原が3安打とチャンスメーカーとして活躍。松中は2犠飛含む3打点としぶといバッティングで4番の仕事を果たした。日本ハムはスレッジが4戦連発ならず。一方、スレッジが本数を伸ばしてきた事で、対抗心が芽生えたのか、田中が10試合ぶりの一発。チーム本塁打王の座を密かに狙っているのか?

◆Bs0−6M◆
ロッテが2,3回と一死二塁のチャンスを逃せば、偽バファローズも3回一死一、三塁,4回一死二塁のチャンスを生かせない。0−0の儘、迎えた5回、ロッテは二死から今江の二塁打,根元の三塁打と連打を浴びせて、ついに先制点をゲット。6回には大松,橋本の一発等で4点を奪い、偽バファローズ先発・近藤をKO。更に、代わったヤングから今江も今季初アーチを放り込み、ダメ押し。ロッテ先発・成瀬は5回以降一人の走者も許さず、8回まで投げきると、最後は荻野が締めて、完封リレーを達成。成瀬は3勝目をマークした。

今季初の3連勝を狙った偽バファローズだが、近藤が一発攻勢で粉砕されて、連勝ならず。投げる度に徐々に内容が悪くなっていっている近藤が少々心配だ。一方、成瀬は貫禄の8回無失点。完封を狙わせても、今季初完封も狙えそうだったが、荻野の調整登板の為に引っ込められてしまったのは残念だ。

◆E3−4L◆
本拠地無敗の内弁慶ぶりを見せ続ける楽天に対して、西武はブラゼルの両リーグ1番乗りとなる10号2ランで先制。その裏、山崎武の2点二塁打で追いつかれたのも束の間、2回には一死満塁から片岡の併殺崩れの間に勝ち越しに成功。1点を追う楽天は6回に一死満塁と一打逆転の場面を築くが、鉄平,代打・憲史と倒れて、三者残塁。いよいよ本拠地で今季初黒星か!?と言う空気が漂ってきた8回、一死から山崎武が6号ソロをぶち込んで、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。楽天は10回から先発の田中を下げ、青山にスイッチするが、これが裏目。一死から片岡に三塁打を浴びると、痛恨の暴投を犯して、やらずもがなの勝ち越し点を献上。その裏、抑えのグラマンの前に三者凡退に倒れ、開幕から続いていた楽天の本拠地連勝は8で潰えた。

山崎武の一発が出た時には、やはり連勝を伸ばすのかと言う期待もしたのだが、暴投で決まってしまうとは…。本拠地であっても、接戦での弱さは変わらなかった訳だ。田中は悪いなりにもよく粘っていたのだが、3安打と一人気を吐いていた山崎武以外の野手が打てなさ過ぎた。敵地での連敗が止まり、本拠地での連勝も止まり、これからはランダムに白黒がつく、つまらない星勘定になってしまうのかねぇ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(71) 

April 13, 2008

◆G6−4S◆
ヤクルトが初回から一、二塁のチャンスをリグスのゲッツーで潰したのに対し、その裏、巨人は一死一塁からガッツ,寿司職人ラミレスが連続アーチを叩き込み、一気に3点を先制。直後の2回、ヤクルトはガイエルの2試合連続5号ソロで応戦するが、3回、先発・増渕が寿司職人ラミレスに2打席連続の5号2ランを被弾。4回にガイエルが2打席連続アーチ,7回には飯原が2号ソロを放つが、いかんせんソロ単発ではなかなか点差が縮まらない。その裏、巨人は何と古城に4年ぶりの一発が飛び出して、6点目。8回から豊田投入で逃げ切りモードに入った巨人に対し、粘るヤクルトは宮本のタイムリーで再び2点差と詰め寄るが、代走・福地が二盗を仕掛けて憤死。最後はクルーンが3人でピシャリと締めて巨人は今季初の3連戦勝ち越しとなった

相変わらず、空中戦になれば強い巨人。寿司職人ラミレスが4戦4発と完全に復調してきたが、李は3タコと依然として大不振。だから、早くゴンザレスと入れ替えてくれと! 高年俸助っ人を無理矢理使い続けて足を引っ張られるのと、全く使わずに金をドブに捨てる事になっても、無害…なのでは明らかに後者の方が損害が少ないと言うものだ。イースタンで健気にヒットを連発しているゴンザレスが実に可哀想。一方、ワッチーごときに5回までに5失点を予言されてしまい、その予言を的中させてしまった増渕が気がかり。ローテ降格中の加藤が中継ぎで好投し、ローテ復帰へ意欲満々なだけに、増渕にも気を吐いて貰いたいものである。

◆C0−7D◆
連日、川相不在の弊害を露呈する一発依存野球を展開してきた中日だが、この日は珍しく打線が繋がり、初回、四球を挟んだ4連打で2点を先制。3回には内野ゴロの間に1点を加えると、5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したT.ウッズの3号ソロと谷繁のタイムリーで5点目。更に、7回にもT.ウッズのタイムリー,森野の犠飛で2点を追加。投げては先発・吉見が11安打を浴びながらも、あと1本を許さない粘りの投球を見せ、2試合連続完封を達成した。

一見、一発依存症,タイムリー欠乏症を払拭したかに見える中日だが、17安打で7点は少々物足りない。1併殺11残塁と相変わらず、詰めは甘いと言えるだろう。そんな中、吉見が20イニング連続無失点の快投。今日はどこで1点取られても不思議ではない内容だったが、広島打線の拙攻にも助けられ、よく粘った。辛うじて新人王資格を残しているだけに、一躍筆頭候補に躍り出てきた感じだ。ところで、スタメン復帰した求道者・前田は4タコ。上昇カーブに乗っているタイミングでブラウン監督の気まぐれで下手に外されたりして、調子を崩されやしないか心配だ。

◆YB1−3T◆
阪神は初回一死一、二塁,2回一死満塁のチャンスを悉くゲッツーで潰すと、5回一死二、三塁のチャンスも逃すなど、横浜先発・ウッドを捉えきれない。阪神先発・福原はなかなか得られない援護を待ちながら、5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回、二死一、三塁から金城にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。1点を追う阪神は8回、シャア少佐,代打・悠久の若虎・桧山と連打を浴びせて、ウッドをKO。ここから新井,キュラソ星人が連続タイムリーを放ち、逆転に成功。更に、鳥谷の内野ゴロの間にも1点を加えて、3点目。その裏からは久保田−藤川と繋ぐ必勝パターンで逃げ切った。

不振とは言え、チーム本塁打王の吉村がドーピング新助っ人・ビグビーと入れ替えられてフル欠場に終わる衝撃的展開。そのビグビーと4打数1安打と微妙な結果に終わったが、次の3連戦では果たして、どちらが起用されるのか。メカゴジラもパッとしない状態なので、吉村の一塁再転向の可能性もなくはないが…。そんな景気の悪い打線が粘投のウッドを見殺し、これで5カード連続の負け越しとなった。キュラソ星人は昨日の2000本安打達成で楽になったか、この日も決勝タイムリー。藤川は9試合連続セーブ。開幕14試合で9セーブとは、神懸かり的なハイペースだが、北京に拉致される前に使い潰されやしないか心配だ。

◆H5−4L◆
西武先発・キニーに対して、ソフトバンクは初回、ヒットの川崎を仲沢が送ると、二死後、松中が先制タイムリー。3回にも二死満塁と絶好のチャンスを作るが、小久保がショートフライに倒れて三者残塁。ピンチを逃れた西武は直後の4回、中島の振り逃げを皮切りに、G.G.佐藤の2点タイムリー二塁打,中村の犠飛で3点を返し、逆転に成功。2点を追うソフトバンクは5回、ハマのスペランカーの3号ソロと小久保のタイムリー二塁打で同点。続く6回には一死三塁から田上の犠飛で勝ち越し、キニーをKO。しかし、直後の7回、四球の走者を内野ゴロ2つで三塁へ進めた所で片岡が同点タイムリーを放ち、ソフトバンク先発・和田をKO。同点で迎えた土壇場9回、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを掴むと、ここで仲沢がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。3番手のルーキー・久米に早くも3勝目が転がり込んだ。

和田がまたもやあと一歩踏ん張りきれず、復帰初白星ならず。しかし、小椋が昨日に続いての好投。ヒットは打たれても、決して失点しないルーキー・久米はまたまたサヨナラ勝ちを呼び込む驚異の勝ち運ぶりを見せつけた。これで昨日のホールトンの好投が本物ならば、リリーフ陣にも安定感が出てくるのだが、果たして…。西武も最近、失点が増えてきているの気がかりだ。打線が好調をキープしているので、何とか釣り合いを取っているが、水物の打線よりも、投手陣に安定感を求めたい所だろう。

◆M2−1F◆
日本ハムは初回、先頭の劇団ひちょりがヒットで出ると田中の犠打で二進。ここで稲葉がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。2回にも先頭のジョーンズがヒットで出るも、続く小田がゲッツー。その後も3回二死二塁,6回二死一、二塁と言ったチャンスを掴みきれず、追加点を奪えない。一方、日本ハム先発・グリンの前に6回まで散発3安打と沈黙していたロッテは7回、二死二塁からプロ初スタメンとなる細谷にプロ初安打初打点となるタイムリーが飛び出し、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。依然として続投の渡辺俊は10回、一死二塁のピンチを迎えるも、後続を断ち切ると、その裏、ロッテは先頭の今江がヒットで出塁。ここから細谷,田中雅の連続犠打を日本ハムが連続野選で生かしてしまう失態を犯し、無死満塁となると、ここで根元がレフト前へ弾き返し、2試合連続のサヨナラ勝ち。長らく援護を待ち続けた渡辺俊は完投で2勝目をマークした。

バレンタインの余計な手出しでいつ代えられるかとヒヤヒヤものだったが、渡辺俊に白星がついて本当に良かった。一方、同レベルで好投していたグリンは打線に見殺しに遭い、気の毒。しかも、グリンを代えてまで投入した武田久がよもやの今季初失点。日本ハムは5連勝後の2試合連続サヨナラ負けですっかり勢いを止められてしまった格好だ。

◆E12−6Bs◆
極端な内弁慶ぶりを見せている楽天はこの日もホームゲームでの強さを遺憾なく発揮。初回にカブレラのタイムリーで先制されるも、その裏、4長短打で一気に4点を奪い、逆転。2回には下山の一発で1点を返されるが、その裏、礒部が2点タイムリー,4回には日高に2ランを浴びたその裏にショート,鉄平の連続タイムリーで3点と、取られてはそれ以上に取り返して、ジワジワと突き放す。5回にも3点を追加し、試合を決定付けた楽天は3連勝で5割に復帰した。

先発・朝井はまるでダメだったが、強引に打ち勝った楽天。ロードで2勝10敗,ホームで8戦全勝とは何と言う内弁慶ぶり。次のロッテ3連戦は千葉マリンだから、ここからまた3連敗か? 一方、4連敗で最下位独走体勢に入りつつある偽バファローズ。コリンズ監督はクリーンアップに置いているくせに、ビッグボーイズの信頼感はなきに等しいらしく、6点ビハインドで早々とローズ,カブレラを引っ込める有様。比較的頼りになる部類に入っていた先発・川越も2回6失点KOとそろそろ下降線か?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:22コメント(0)トラックバック(80) 

April 06, 2008

◆G8−1T◆
左脇腹痛で出遅れていた木佐貫が今季初の先発登板。木佐貫は初回こそ一、二塁のピンチを背負ったが、ここを切り抜けると、2,3回と3人ずつで仕留める順調な立ち上がり。一方、福原の前に2回まで無得点に抑え込まれていた巨人は3回、一死一塁からマッスル千代の富士に通算250号となる3号2ランが飛び出して、2点を先制。この後、二死一、二塁のチャンスを逃すと、4回の無死一、二塁のチャンスも逃す重苦しい展開が続いたが、5回、寿司職人ラミレスのタイムリーの後、無死満塁から阿部の止めたバットに当たった打球がセンター前へ抜ける幸運なタイムリーとなり、4点目。更に、坂本がプロ初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、この回、大量6点のビッグイニングを形成。木佐貫は8回に代打・葛城イクローのタイムリーで完封は逃したものの、8回1失点で復帰登板を飾った。尚、キュラソ星人は第1打席でヒットを放ち、ついに2000本安打へリーチをかけた。

ローテを1回飛ばされた木佐貫だが、見事に復帰登板で結果を出した。マッスル千代の富士が2ホーマー,坂本がグランドスラム,寿司職人ラミレスが3安打など、打線も爆発し、今季初めて投打が噛み合っての快勝。特に、不振に喘ぐ寿司職人ラミレスが結果を出したのは大きいだろう。あとは存在が空気と化している李に当たりが出るのを待つばかりか…。

◆D6−0S◆
ヤクルトの先発は経歴が似ているからと言うだけでグライシンガー級の活躍を期待されているるリオス。前回の登板では直前のグライシンガーに合わせるかの様に6回KOとなったリオスだが、今回も昨日、グライシンガーが黒星をつけられた事に合わせなければいけないと思ったのか、初回から連打を浴びて先制を許すと、2回には暴投とボークでやらずがなの1点を与えると、続く3回にも李にタイムリー二塁打を浴びて、3点目を献上。更に、4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀に3号ソロを被弾し、4点目。5回にはT.ウッズにタイムリー二塁打,6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀に2打席連続アーチを浴びて、6イニング連続失点でついに降板。一方、今季初先発となる吉見は散発4安打でプロ初完投初完封を飾った。

初戦勝敗つかず,2戦目黒星…勝敗結果だけ今季のグライシンガーを追いかけているリオスだが、その投球内容は確実にグライシンガーより1ランク下なので、余計にタチが悪い。あの儘、続投させていたら、中日は毎回得点を達成したかもしれないな…。大体、リオスが追いかけるべきは今年ではなく昨年のグライシンガーなんだが…。オープン戦の好投はフロックだったのかねぇ。一方、オープン戦がフロックではなかったのが、吉見。好調ヤクルト打線相手に三塁も踏ませぬ投球は見事だった。

◆C17−3YB◆
サヨナラ勝ちで波に乗りたい広島は2回、無死満塁からメカゴジラのエラー,東出のタイムリーで3点を先制。4回には天谷に今季初アーチとなる3ランが飛び出して、6点目。大量ビハインドとなった横浜は直後の5回、代打・内川が1号2ラン。更に、続く石井タクローもヒットで繋いだが、ガッツな貴公子・仁志が最悪のゲッツーに倒れて、2点止まり。流れを引き寄せきれなかった横浜に対して、広島はその裏、梵が1号3ラン,6回にはオチョアが2号グランドスラムと一発攻勢で一気に突き放し、計18安打17点の猛攻で今季初の連勝を飾った。先発の長谷川は7回3失点で今季初勝利。

求道者・前田のスタメンでのマルチ安打は5試合連続でストップしたものの、先発全員安打の大爆発。不振の栗原が2安打,下降線を辿っていたシーボルにも20打席ぶりにヒットが飛び出した。低迷中の横浜が相手とは言え、サヨナラ勝ち,大勝といい形での3連戦勝ち越しで弾みをつけたい所だ。昨日、サヨナラ打を浴びたヒューズが10点ビハインドと言う訳の分からない所で登板していたが、これは守護神失格の烙印を押されたと言う事なのだろうか…。

◆M5−4H◆
大場の快投で再び返り咲いた首位の座を死守すべく、左肘手術によるリハビリモードだった和田がついに復帰。復帰登板と言う事で無理はさせられない和田を少しでも楽にしたいソフトバンクは渡辺俊の前に3回まで抑え込まれていたが、4回、井手,山崎のタイムリーで待望の先制点をゲット。続く5回にも二死満塁と絶好のチャンスに先制打を放った井手に回ってきたが、ここは三振に倒れて、三者残塁。しかし、7回、4年連続2本塁打の伏兵・本間によもやの一発が飛び出すなど、2点を追加し、渡辺俊をKO。6回まで僅か1安打と素晴らしい投球を見せていた和田だが、その裏、3連打で1点を失い、KO。更に、代わった柳瀬が代打・サブローに犠飛,今江にタイムリー二塁打を浴びて、1点差。3−4で迎えた土壇場9回、昨日はイニングの途中からの登板で失敗したニコースキーが満を持して、イニングの頭から登板。しかし、いきなり大松に二塁打を浴び、一死後、連続四球で満塁のピンチ。ここで田中雅に同点タイムリーを許すと、二死後、西岡にレフト前へ弾き返され、悪夢のサヨナラ負け。ソフトバンクはまたも首位の座から転げ落ちた。

7回の2点でソフトバンクの勝利は決まったと思われたが、この結末…。ニコースキーにメドが立ったとガトームソンが先発に回った途端に、そのニコースキーが連続リリーフ失敗とは…。どうも今季の王さんは継投に余裕が感じられないだけに、またまた配置転換を模索しそうな予感。復帰の和田がまずまずの内容だったので、またガトームソンが後ろに回されやしまいな? 一方、渡辺俊もイマイチ、ピリッとしない投球が続いていて心配だ。それにしても、要所で出てくる田中雅は渋い働きを見せてるねぇ。

◆Bs2−3F◆
昨日の一発で覚醒したのか、ローズが第1打席で2試合連続の3号先制アーチ。先発・川越は4回まで無失点と踏ん張っていたが、5回、田中のタイムリー二塁打で追いつかれると、6回には連打で無死一、三塁のピンチに小谷野に犠飛を打ち上げられて、勝ち越し点を献上。日本ハムは9回にも金子誠の犠飛でダメ押しの1点を追加。その裏、MICHEALが内野ゴロの間に1点差と詰め寄られたものの、何とか逃げ切り、勝率を5割に戻した。

日高より頼りにならないと評していたビッグボーイズだが、ローズが先制アーチ含む2安打で、この日4タコに終わった日高の打率をついに上回った! 凄いぜ、ローズ!………って、日高と比較する段階で間違っているのだが、ともあれ、ローズは復調してきた様だが、ラロッカは4タコ,カブレラも2三振で最後の打席にようやく1本と、まだまだ上昇カーブには乗れそうもない。そんな調子で、好投の川越はまたも見殺しにされてしまい、実に可哀想。

◆L4−3E◆
4連勝と勢いに乗る西武は初回、G.G.佐藤のタイムリーで先制すると、3回には3連打と礒?の犠飛で2点を追加。楽天先発・朝井はこの回限りで早くもKO。明らかに適性のないストッパーを強いられた上、一度失敗しただけで不要人材扱いされた上、一向に先発にも戻して貰えないグスマンが4回からマウンドに上がったが、5回にブラゼルに被弾し、4点目を献上。西武先発・キニーの前に8回まで散発2安打と二塁も踏めずにいた楽天だが、土壇場9回、一死から連続四死球と高須のヒットで満塁とし、キニーをKO。更に、代わった守護神・グラマンから草野,フェルナンデスの連続タイムリーで1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、山崎武司,代打・木村と倒れて、あと一歩及ばず、楽天は3連戦3連敗。一方、西武は5連勝で単独首位となった。

破竹の7連勝で作った貯金が3タテ食らって、あっと言う間に消滅。負け試合の殆どが2点差以内と紙一重の戦いなのだが、上位を狙うには接戦を確実にモノにしていかなければなるまい。逆に、西武はその接戦を制しまくっての5連勝。それ故に爆発力は感じられないが、非常に不気味だ。首位チームに不気味もクソもないもんだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:02コメント(1)トラックバック(71) 

March 18, 2008

◆G0−4D◆
川相を無為に放出した巨人と、川相がいるにも拘わらずコーチ業を強いる中日。いずれも川相不在の影響で打線が繋がらず、サッカー紛いのロースコアゲームを続けている両軍が激突。一向に当たりの出ない打線に業を煮やし、高まる一方の川相現役復帰待望論を軟化させるべく、落合監督はまたも懲りずに川井を先発起用。3回を1安打無失点で切り抜ける好投を展開したものの、カワイであっても川相ではない川井が川相現役復帰待望論を和らげる事など土台無理のある話で、落合監督の姑息な作戦はまたも失敗に終わった。2番手の吉見は3回を内野安打1本に抑える好投でこれでオープン戦の連続無失点を15イニングにまで伸ばした。打線は李,T.ウッズの助っ人コンビが5安打3打点と気を吐いたが、日本人選手は僅かに2安打と沈黙。実に12日ぶりに4点以上取ったものの、まだまだ課題を残す状況だ。巨人はこの日から北京五輪予選に出ていた李が復帰したが、2タコ。李復帰の煽りを受けて、チーム首位打者であるにも拘わらずスタメンを外されてしまったゴンザレスはここで一発かました所で開幕二軍は免れないとがっくりきたのか、代打で登場もセカンドゴロと凡退。またオーストラリア代表の座を蹴ってまで開幕一軍を目指して頑張ってきたと言うのに、韓国代表でチームを離れていた李がただ戻ってきただけで助っ人枠が埋まってしまい、開幕二軍が確定的となった事に落胆の色を隠せないバーンサイドも押し出し四球を与えるなど不本意な内容。また、開幕ローテ入りへ当落線上のアゴくらは5回を3失点と微妙な内容に終わり、合否は次回へ持ち越しとなった。

◆S6−0YB◆
新人王を狙う2年目の増淵が2度目の登板。6回を投げて、2安打無失点と安定した投球を見せ、開幕ローテ入りへ当確ランプを灯した。前回、大炎上だったルーキー・加藤も2回を無失点と持ち直すと、新ストッパー候補の林も3人でピシャリと抑えて、完封リレー。打っては初回に3つの盗塁を仕掛けて掻き回し、2点を奪うなど、高田監督の掲げる機動力野球を展開。売り出し中の川島慶も盗塁に加え、オープン戦初アーチと活躍した。横浜先発の高崎は4回5失点と期待を裏切る投球で開幕ローテ入りは微妙になってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(2)トラックバック(2) 

March 11, 2008

◆T5−2G◆
余所からかっさらってくるロートル大砲フェチで、ドラフト下位の生え抜き短距離砲など眼中にない茂雄から心にもない賞賛をかまされて以来、取り憑かれたかの様にすっかり当たりが止まってしまっていた坂本。開幕一軍に黄信号が灯っていたが、その危機感で覚醒したか、この日は第1打席で先制二塁打を皮切りに4打数4安打2二塁打の大爆発。それでも、手術明けで未だにオープン戦に出てもいないニックンが実績(と言ってもゲッツーを量産しているだけだが)だけでスタメンを勝ち取ってしまうかと思うと実に不憫である。昨年の当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスも2安打と好調をキープし続けているが、いかに打ちまくろうと李が北京五輪予選から帰ってきたら、それだけで二軍仁落とされるかと思うと、まったくもって不憫この上ない話である。また、オーストラリア代表の座を蹴ってまで、巨人での一軍入りを目指す事を決めたバーンサイドは5回2失点と微妙な内容だが、神がかり的な快投を演じても、助っ人枠の都合上、開幕二軍は揺るがないと思われる立場なだけに、微妙な内容ならまだ諦めがつく…と思えてしまう辺り、不憫極まりない。一方、阪神は左太腿裏を痛めていた伊集院光の弟子・金村が診断の結果、筋挫傷である事が発覚。しばらく様子を見る予定だが、開幕には間に合わない可能性が高まってきた。そんな中、「伊集院光の弟子ではない金村」こと金村大が1回を3三振無失点の好リリーフ。と言っても、それで伊集院光の弟子・金村の穴が埋まる見込みが立った訳ではないのだが…。

◆D3−0L◆
素人投手相手に考えなしの攻撃で手も足も出ない無能打線と水島氏に冒涜される呪いをかけられ、一向に調子の上がってこない中日打線。この日も川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したT.ウッズの2ランと相手の野選で3点を奪うのが精一杯でタイムリーはゼロと相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりで川相不在の弊害を大露呈。デラロサ使ってる暇があったら、名手・川相を現役復帰させろと言う声は強まる一方だ。そんな中、先発・吉見が7回無失点の好投で熾烈な開幕ローテ争いに殴り込みをかけると、ルーキー・山内,中里のリリーフ陣もそれぞれ1回無失点で完封リレー。ここ4試合で3完封と投手陣は好調をキープしているだけに、打線にも奮起して欲しい所である。

◆S0−2Bs◆
経歴がグライシンガーに似てるだけで安直にもグライシンガー級の期待を受けている新助っ人・リオスが2度目の先発登板。5回を投げ、失点はカブレラの一発による2点のみ。ピンチを迎えても2つの併殺を取って切り抜けるなど落ち着いた投球で開幕ローテ入りに当確ランプ。一方、開幕投手を狙う川越は5回を2安打無失点と文句なしの内容で開幕投手へ大きく前進した。

◆YB4−3E
長谷部の離脱により、先発ローテ構築が苦しくなり、チームメイトから復活を期待する声が強まって「一場さま」呼ばわりされている一場さまが初登板。立ち上がりこそ制球に苦しみ、2点を失った一場さまだが、2回以降は横浜のまずい攻めにも助けられながら粘りの投球で6回まで追加点を許さなかった。打っては昨年のパ・リーグ本塁打王・山崎武が連続三振の後の第3打席でオープン戦初安打となる一発を叩き込んだ。一方、昨年のセ・リーグ本塁打王の村田もここまで不振だったが、3安打とようやく上昇気配。抑えの新助っ人・ヒューズはボークを犯してピンチを作ったものの、2三振を奪って、後続を断ち切り、内川のサヨナラタイムリーを呼び込んだ。

◆M4−3F◆
水島の呪いの影響で不振を極めてすっかり欝状態のトンガ。ダルビッシュの喝により、少しは士気が上がったものの、この日もスタメンを外された上、代打で打点付きとは言え、セカンドゴロとあえなく凡退。そのまま、守備に入った後に回ってきた第2打席では死球を食らってしまい、貴重な1打席を無駄にさせられる始末。これで13打席ノーヒットと一向にトンネルを抜け出せない。一方、ロッテ先発・小野は4回までパーフェクトの素晴らしい投球を展開。5回にタイムリーで1点を失ったが、開幕へ向けて、自らも「良過ぎて怖い」と漏らす程の万全の仕上がりを見せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:29コメント(0)トラックバック(7) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ