吉村裕基

August 02, 2009

◆T7−4G◆
巨人は初回、坂本,鈴木,ガッツの3連打で先制すると、寿司職人ラミレスがゲッツーに倒れる間に鈴木が2点目のホームイン。更に、亀井,松田記者の連打で二、三塁とチャンスを広げるが、阿部が倒れて、二者残塁。2点を追う阪神はその裏、シャア少佐,平野の連打に寿司職人ラミレスのエラーが重なり、まず1点。二死後、新井,ブラゼルと連続タイムリーを放ち、一気に逆転に成功。3回には先頭の鳥谷が8号ソロを叩き込み、4点目。2点を追う巨人は6回、亀井,松田記者の連続二塁打で1点を返し、阪神先発・下柳をKOすると、一死後、キムタクのタイムリーでついに同点。更に、二死一、二塁と勝ち越しのチャンスを作ったが、鈴木が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、阪神はブラゼルのヒットの後、桜井に5号2ランが飛び出し、再び勝ち越し。7回にはまたも桜井がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの7点目。最後は守護神・藤川が3人で締め括った。2番手の江草が3勝目をマーク

◆S5−6D◆
相変わらず、拙攻三昧の中日は初回から二死一、二塁のチャンスを潰す体たらく。すると、その裏、先発・中田が制球難で二死満塁のピンチを作った挙げ句、畠山にタイムリーを浴び、先制点を献上。直後の2回、中日は藤井,野本の連打で一、三塁のチャンス。ここで谷繁はセカンドゴロゲッツーに倒れるが、この間に藤井が同点のホームを掠め取り、試合は振り出しに。続く3回には二死から森野,ブランコ,ベンちゃん,藤井と4連打が飛び出し、2点を勝ち越し。リードを貰った中日先発・中田だが、その裏、相川のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄られると、6回には暴投に捕逸とバッテリーエラーを連発して、同点を許す有様。7回以降膠着状態となった試合は延長11回へ突入。中日は二死満塁のチャンスを掴むと、荒木が走者一掃のタイムリー二塁打となり、一気に3点を勝ち越し。その裏からマウンドに上がった守護神・岩瀬だが、いきなり青木,田中と連続二塁打で1点を返されると、一死後、デントナにもタイムリー二塁打を浴び、1点差。なおも一打同点のピンチだったが、ガイエル,畠山を何とか打ち取り、辛くも逃げ切った。2回を無失点に抑えた4番手の浅尾は7勝目

◆C8−9YB◆
横浜先発・ウォーランドに対し、広島は初回、東出,赤松の連打であっと言う間に1点を先制。更に、天谷が歩いた後、栗原の犠飛,マクレーンのタイムリーで2点を加えると、フィリップスの四球,小窪のヒットで満塁となった所で石原が犠飛を打ち上げ、この回、4点。続く2回には二死走者なしから天谷,栗原の連打で1点を加え、ウォーランドをKO。大量5点を追う横浜は4回、吉村のタイムリーでようやく1点を返すと、6回には藤田,村田のヒットでチャンスを作り、ジョンソンの15号3ランで1点差。突き放しておきたい広島はその裏、二死走者なしから、大竹,東出の連打で二、三塁とすると、赤松のタイムリーで2点を追加。粘る横浜は7回、一死二、三塁から内川のタイムリーで広島先発・大竹をKOすると、代わった青木勇から、村田のタイムリー二塁打で1点差。更に、ジョンソンが敬遠されて満塁となると、二死後、メカゴジラがライト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。その裏から山口を投入し、逃げ切りモード。いきなり連続三振を奪って、二死とした山口だが、ここから小窪,石原と連続二塁打を浴びて、同点を許してしまう。延長戦となったこの試合、横浜は10回に吉村の12号ソロで再び勝ち越し。その裏、広島も二死から連打を浴びせて、粘りを見せたが、最後は天谷がサードへのファールフライに倒れて、ゲームセット。2回を無失点に抑えた横浜4番手・木塚は3勝目

◆F7−1H◆
ソフトバンク先発・杉内は3回まで四球1つ許しただけのノーヒット投球を展開。しかし、4回、一死から稲葉に初安打を浴びると、二死後、スレッジ,小谷野と連続二塁打で2点を献上。先手を取った日本ハムは5回、二死三塁から小谷野のタイムリーで1点を加えると、7月14日以来快音が出ず、この日も第2打席まで連続三振とインケツパワーを溜めに溜め込んでいたあの男が3号2ランを叩き込み、この回3点。7回には田中が2号ソロ,8回には糸井が10号ソロと一発攻勢でダメ押しし、この首位攻防3連戦を勝ち越し。先発の武田勝は6回0/3を小久保の一発による1点のみで切り抜け、5勝目

◆M2−1E◆
楽天は初回、ヒットで出た渡辺直がすかさず二盗。小坂の犠打で三進した所で鉄平が犠飛を打ち上げ、先制のホームイン。3回には一死から連打と四球で満塁とするも、リンデン,草野と倒れて、三者残塁。1,2回とゲッツーでチャンスを潰してきたロッテだが、3回、ヒットの早坂を二塁に置いて、サブローがレフト前へ同点タイムリー。以降、両軍共に走者を出しながらも、あと一本が出ず、1−1の儘、試合は延長に突入。迎えた11回、10回から登板していた楽天3番手・ミチルは二死走者なしから連続四球でKO。代わった有銘も代打・フクーラに死球を食らわせ、満塁とすると、5番手・小山は早坂にライト前へ弾き返され、サヨナラ負け

8/2 濱中◆Bs6−5L◆
偽バファローズは2回、カブレラ,北川と連打を浴びせて、無死一、三塁のチャンス。ここで濱中がレフトスタンドへ2号3ランを叩き込み、先制。3回に礒?の4号ソロで1点を返されるも、その裏、大村,フェルナンデスの連打,カブレラの四球で無死満塁とし、西武先発・オツをKO。代わった大沼に対し、北川,濱中と連続犠飛を打ち上げ、2点を追加。4点を追う西武は5回、G.G.佐藤の15号ソロ,6回には中村のタイムリーでジワジワと追い上げると、8回にはヒットの中島を一塁に置いて、またも中村が2試合連続33号2ランを叩き込み、ついに同点。追い付かれた偽バファローズは9回、無死一、二塁と絶好のサヨナラのチャンスを作るが、フェルナンデスはライトに打ち上げると、カブレラはサードゴロゲッツーに倒れて、延長に突入。10回、西武は一死から栗山が内野安打で出るも、続く中島がセカンドゴロゲッツーに倒れて、結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、偽バファローズは一死から濱中がこの日2本目となる3号ソロを放ち、サヨナラ勝ち。3番手の香月に2勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(25) 

June 19, 2009

6/19 吉村◆YB6−5L◆
6連敗中の横浜はこの日も先発のルーキー・藤江が試合開始早々、3連打で2点を失うと、一死後、礒?に2号2ランを叩き込まれて、いきなり4点ビハインドとなる苦しい立ち上がり。藤江は3回にも中村に両リーグ一番乗りとなる20号ソロを被弾し、この回限りでKO。西武のワンサイドゲームになるかと思いきや、横浜は5回から反撃を開始。まず先頭の吉村が7号ソロで追撃の狼煙を上げると、ガッツな貴公子・仁志の二塁打の後、内川がタイムリーを放ち、この回2点。続く6回には代打・斉藤俊のタイムリー二塁打で西武先発・帆足をKO。7回には二死一、二塁から金城がタイムリーを浴びせて、1点差に詰め寄ると、8回にはヒットの藤田を一塁に置いて、吉村がこの日2本目となる8号2ランを叩き込み、逆転に成功。9回は抑えの山口が締めて、連敗を阻止。西武は4回以降、毎回チャンスを作りながら、あと一本が出ず、12残塁の拙攻で追加点を奪えなかったのが大きく響いた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:57コメント(0)トラックバック(2) 

October 09, 2008

◆G4−8YB◆
今季初の単独首位に立ち、一気に王手をかけたい巨人だったが、いきなりガッツのエラーでピンチを迎えた先発・春風亭半ケツは二死二塁から村田を歩かせると、吉村に34号3ランを被弾し、あっと言う間に3点を献上。その裏、巨人も二死一、二塁と同様のチャンスを作ったが、李は空振り三振に倒れて、二者残塁。続く2回には先頭の松田記者が二塁打を放つも、後続3人があえなく凡退。すると直後の3回、春風亭半ケツは先頭の大西を歩かせると、藤田の犠打で一死二塁となった所で、内川の内野安打にまたまたガッツのエラーが重なり、大西の続く村田を歩かせて、満塁のピンチを作った所で失意のKO。代わった東野は阿部の捕逸と吉村のショートゴロで2点を失うと、更に、金城にはタイムリーを浴び、この回3失点。大量6点を追う巨人は4回、寿司職人ラミレスがリーグ単独トップに躍り出る44号ソロを叩き込むと、李のヒットの後、松田記者も10号2ランをぶち込んで、3点差。しかし、直後の5回、横浜は一死から内川が歩いた後、村田が寿司職人ラミレスに並ぶ44号2ランをぶち込んで8点目。突き放された巨人はその裏、二死から連続四球で一、二塁とするも、李は空振り三振に倒れて、二者残塁。3−8の儘、迎えた7回、巨人は一死からキムタクが7号ソロを放ち、4点差。更に、二死後、連続四死球で一、二塁のチャンス。ここでこの日2安打の松田記者をわざわざ引っ込めてマッスル千代の富士を代打に送るが、あえなく三振に倒れて、またも二者残塁。9回にはキムタクのヒット,寿司職人ラミレスの四球で一死一、二塁とするも、代打・古城は空振り三振。マッスル千代の富士もサードゴロに倒れて、ゲームセット。

巨人が一気に王手を狙うどころか、カモの横浜相手に3エラー11残塁と言う怒濤の拙攻拙守で大惨敗。追う者の強みで走り続けた勢いで一気に駆け抜けたかった所を、追われる立場となった途端にプレッシャーにでも苛まれたと言うのか? 6失点も自責点は0と、バックに足を引っ張られたのは気の毒だったとは言え、それを差し引いても、春風亭半ケツも不甲斐ない投球だったと言えよう。寿司職人ラミレスが徹底した四球攻めを受ける中、寿司職人ラミレスを挟んだガッツ,李の主軸がいい所で悉く凡退したのも痛かった。それにしても、不可解なのが7回の代打・マッスル千代の富士。ここまで二塁打に本塁打とこの日最も当たっていた松田記者をあそこで代える必要が果たして、あっただろうか。さて、もう1つ注目された村田と寿司職人ラミレスの本塁打争いは試合の勝敗などどうでもいい横浜バッテリーが容赦なく逃げられたのに対して、勝たなくてはならない巨人バッテリーが勝負せざるをえなかったと言う展開。寿司職人ラミレスは先述の通り、逃げられまくっていずれもストレートの4四球。そんなに逃げたいなら、勝負紛いの投球せんと、しっかり敬遠しろと! たった1度の勝負は魔がさしたとしか思えないが、唯一のチャンスを逃さなかった寿司職人ラミレスは流石だ。一方、巨人バッテリーも村田を1,2打席と歩かせたが、いずれも2ストライクまで追い込んでいる辺り、勝負には出ていたのは確かだ。寿司職人ラミレスが打った直後の第3打席ですかさず追い付いた村田も流石だが、この後の4,5打席目もきっちり勝負して貰いながら、抜き返す事は出来なかった。とりあえず、これが最後の直接対決なので、醜い四球地獄はもう見せられずに済みそうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(11) 

July 23, 2008

◆T0−5G◆
阪神先発・ボーグルソンの前に巨人は初回先頭の鈴木尚がヒットを放った以降、5回まで一人の走者も出せずにゼロ行進。しかし、阪神もグライシンガーの前に5回まで1安打と沈黙。0−0の儘、迎えた6回、巨人は坂本,鈴木尚のヒットの後、古城が死球を食らって、一死満塁のチャンス。ここでガッツが一塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、二者生還。更に、続く寿司職人ラミレスも右中間へ2点タイムリーを浴びせて、この回、4点。その裏、阪神は代打・庄田,シャア少佐の連打で無死一、二塁のチャンスを掴むも、後続3人が打ち取られ、二者残塁。続く7回には一死から葛城イクローの死球,矢野のヒットでグライシンガーをKOするも、2番手・山口の前に代打・悠久の若虎・桧山はショートゴロ。絶好調の代打・高橋光も3番手・上原の前に空振り三振に斬って取られて、またも二者残塁。巨人は8回、大道の犠飛でダメ押しの5点目を追加。最後は豊田が締めて、完封リレーを達成。

直接対決とあってマジックを消滅させる事は出来なかったものの、この3連戦勝ち越しを果たし、巨人が阪神に意地を見せた。昨夜、エラー連発で足を引っ張ったガッツな汚名返上の決勝タイムリー。鈴木尚も3安打2得点とポイントゲッターとして大活躍。投げてはグライシンガーが4連勝で2年連続の10勝目をマーク。星野監督に媚び売って、北京に拉致される日まで、先発に戻されない事が確実視されている上原もようやく勝負所で好投し、完封リレーに一役買った。阪神はボーグルソンを引っ張り過ぎたのが痛かった。ガッツにタイムリーを浴びた所で交代すべきだったろう。その裏の打順が9番からだった事もあるのかもしれないが、阪神のリリーフ陣の層の厚さを考えれば、そんな所で投手の駒をケチる必要はなかった筈だ。2点差で食い止めていれば、その裏のチャンスで平野は間違いなくバントだったろうし、大きく戦局は変わっていたかもしれない。

◆D3−8C
相変わらず、連敗を止める事よりも、求道者・前田をシメ倒す事に夢中なブラウン監督はこの日も求道者・前田をベンチに軟禁。これに対して、中日は初回、内野安打で出た荒木がコズロースキーの牽制悪送球で一気に三塁を欲張って憤死する大チョンボ。続く井端は四球で歩いた後、盗塁と内野ゴロで三進。ここでコズロースキーが暴投をかまし、タナボタの先制点をゲット。3回に栗原のタイムリーで追い着かれるも、その裏、一死一、三塁から森野のタイムリーで再び勝ち越しに成功。更に、二死後、ベンちゃんが死球を食らい、満塁とチャンスを広げるも、中村紀はサードゴロに倒れて三者残塁。1点を追う広島は5回、二死一、二塁から栗原が14号3ランをぶち込んで、逆転すると、更に、一、二塁となった所でシーボル,小窪に連続タイムリーが飛び出して、この回、一挙5点。4点を追う中日はその裏、一死一塁から森野のタイムリー二塁打で1点を返すと、続くT.ウッズが歩いて一、二塁と一発で同点のチャンス。しかし、ベンちゃん,中村紀と倒れて、1点止まり。広島は7回に石原のタイムリー,8回には東出のタイムリーで加点し、ダメ押し。最後は5点差ながら、8日ぶりの登板となった守護神・永川が3人でピシャリと締め、広島の連敗は7でストップした。

中日は牽制悪送球に暴投に四球連発と大荒れのコズロースキーを捉えきれず、怒濤の拙攻三昧で大惨敗。一方、広島は栗原があわやサイクルヒットと言う4安打4打点の大爆発でようやく連敗をストップ。求道者・前田は大局が決まりかけていた8回にようやく代打で登場。相変わらずの不遇な扱いに怒りの炎を燃やす求道者・前田の鋭い眼光が寝損をたじろがせ、ダメ押し点の繋がる四球を勝ち取ったが、勿論、こんな事で満足する求道者・前田ではないだろう。連敗が止まったとは言え、ブラウン監督が暗黒采配を揮い続ける限り、広島がピンチを抜け出した事にはならないのだ。

◆S4−6YB◆
昨夜、先発投手としては史上最速タイの10球で危険球降板となった小林が2日連続の先発登板。しかし、初回から青木,田中とタイムリーを許して、2点を失うと、2回には村田の28号ソロと自らのタイムリー二塁打で追い着いておきながら、その裏、一死二、三塁から福地の犠飛,宮本のタイムリーで2点を勝ち越され、この回限りであえなくKO。しかし、横浜は4回に相川の2号ソロで1点を返すと、5回には吉村が21号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。以降、試合は膠着状態に陥り、4−6の儘、終盤へ突入。横浜は8回から早くも守護神・はーちゅんを投入すると、はーちゅんは期待に応え、残り2回を無難に抑えて、2点のリードを守りきった。

石川が5回6失点の背信投球でヤクルトはまたまた借金生活に逆戻り。横浜は小林の2日連続先発起用と言う奇策は裏目に出たものの、村田,吉村の東福岡コンビの活躍で見事に逆転勝ち。吉村はここ7試合で猛打賞3度を含む4度のマルチ安打,ホームランも5発の大当たり。村田の拉致される時が迫っているこの時期に吉村が調子を上げてきたと言うのは横浜にとって大きな救いだろう。

◆H4−5Bs◆
ソフトバンクは初回、小久保のタイムリー二塁打で1点を先制。プロ初登板初先発となる高卒ルーキー・岩崎は2回までは踏ん張っていたが、3回、4連打を浴びて同点とされると、二死後、北川に勝ち越し2点タイムリー二塁打を許して、この回限りで無念のKO。2点を追うソフトバンクは5回、一死一、二塁から川崎が今季初アーチとなる3ランを叩き込み、一気に逆転。しかし、8回、この回からマウンドに上がった 陽が2四死球で一死一、二塁のピンチを作り、降板すると、代わった久米も死球を与えて、満塁とした所で坂口に同点犠飛,阿部に勝ち越しタイムリーを許して、形勢逆転。偽バファローズは守護神・加藤が三者三振の快投で締め括り、この3連戦勝ち越しを決めた。

岩崎を先発に送り込んだ段階である程度、負けは覚悟していたであろうソフトバンクだが、結果的に悔しい敗戦となった。岩崎の3回降板は予想の範疇だったろう。しかし、川崎の3ランと言う予期せぬ展開で逆転となれば、何とか勝ちを拾いたかったが、陽,久保の乱調に泣いた。久米はともかく、あそこで陽を出さなければならない辺り、ソフトバンクの苦しい台所事情が窺えると言うものだ。

◆F2−3M
清水,藤井がいずれも走者を出しながら、丁寧な投球であと一本を許さず、両軍無得点の儘、試合は中盤へ突入。先手を取ったのはロッテ。5回先頭の今江が三塁打で出ると、続くサブローのタイムリーで先制のホームイン。1点を追う日本ハムは6回、一死一塁から田中が同点タイムリー三塁打。更に、2四球で二死満塁と勝ち越しのチャンスを掴むが、稲田はサードへ打ち上げて、勝ち越しならず。すると、直後の7回、ロッテは今江,サブロー,竹原の3連打で2点を勝ち越し、藤井をKO。日本ハムも負けじとその裏、二死三塁から工藤がタイムリーを浴びせて清水をKO。更に、代わった川崎から田中がヒットで続いたが、稲葉はレフトフライに倒れて、二者残塁。8回にも二死二塁のチャンスを逃した日本ハムは土壇場9回、一死から劇団ひちょり,工藤の連打で一、二塁と長打が出れば、一気にサヨナラのチャンス。しかし、田中は空振り三振に倒れると、続く稲葉もサードゴロに倒れ、あと一歩及ばなかった。

ロッテは3併殺を食らうなど、拙攻続きだったが、日本ハムはそれ以上の大拙攻。1〜3番まで8安打,5番の高橋も2安打を放ちながら、僅かに2得点。4度得点圏に走者を置く場面で打席が回ってきながら、3タコ(+1敬遠)に終わった4番・稲葉のブレーキぶりが大きく響いた。ロッテ先発・清水は前回は4回もたずにKOされる炎上ぶりだったが、今回は要所でよく持ち堪え、8勝目をあげた。

◆L14−5E◆
プロ初先発となるルーキー・平野を何とか援護したい西武は初回、2死球で一死一、二塁のチャンスを拾うと、ブラゼルが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。更に、グスマンの悪送球と後藤のタイムリーでこの回4点。直後の2回、楽天は西村のタイムリー内野安打で2点を返し、2点差と詰め寄るが、西武は5回、またもブラゼルが24号3ランを叩き込むと、更に、礒?にもタイムリーが飛び出し、8点目。6回にも1点を加えた西武は7回には江藤,中村,礒?と3発のアーチ攻勢で5点を奪い、試合を決定付けた。

西武がが2試合連続14得点の猛攻で3連勝。逆に言えば、楽天投手陣が連日、火だるまと言う事だ。この3連戦で実に34失点と言う炎上ぶりは目も当てられない。ただでさえ、田中がリタイアし、踏ん張らなくてはいけない投手陣がこの有様では今後の連敗ロードは避けられないか!? 平野は6回途中3失点で降板となったが、大量援護に恵まれて、プロ初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(60) 

July 21, 2008

◆T1−3G◆
0−0で迎えた3回、巨人は一死から鈴木尚がヒットで出ると、すかさず二盗。二死後、ガッツがレフト線へタイムリー二塁打を放って、1点を先制。続く4回には二死から坂本がヒットで出ると、この日鶴岡が2年ぶりの一発となる2ランを叩き込み、3点目。6回二死満塁,7回一死一、二塁のピンチを必死の防戦で切り抜けた阪神はその裏、二死一、二塁から代打・高橋光がタイムリーを放って、木佐貫をKO。なおも長打が出れば同点のチャンスだったが、代わった山口の前にシャア少佐がショートゴロに倒れて、1点止まり。続く8回には3番手・豊田に対して、一死から鳥谷がピッチャーゴロに倒れるも、これが豊田のグラブに挟まって抜けなくなる幸運な内野安打となると、二死後、関本が歩いて一、二塁のチャンス。しかし、葛城イクローは空振り三振に倒れて、二者残塁。最後はクルーンの前に三者三振に倒れて、マジック点灯はお預けとなった。

この3連戦で1つでも負ければ、阪神のマジック点灯を許してしまうと言う危機的状況で前回、3回KOを食らった木佐貫が汚名返上の好投。阿部に代わってスタメンマスクを被った鶴岡も好リードで木佐貫を引っ張り、打っては移籍初アーチが貴重な中押し点となった。吉見が登録抹消となっている隙に白星を稼いでおきたい岩田だったが、6回3失点で無念の黒星。打線も昨日の猛追した勢いを止められてしまった。

◆D8−0C
指揮官が連敗を止める気ゼロでまたも求道者・前田が幽閉されている広島に対して、中日は初回、先頭の荒木が初球を叩いてヒットで出ると、井端が初球で犠打を決め、一死二塁。ここで大竹の森野への初球が暴投となると、三塁を狙った荒木を刺そうとして石原の送球が悪送球となり、僅か3球でタナボタの先制点をゲット。この後、連続四球でチャンスを広げるも、ベンちゃんはゲッツーを食らって、1点止まり。3回には二死から井端のサードゴロをシーボルが悪送球。森野のヒットで一、三塁となった所でT.ウッズのサードゴロをまたもやシーボルがエラーし、またまたタナボタの2点目を追加。6回には一死一、三塁から谷繁,代打・立浪,荒木の3連続タイムリーで4点を追加。なおも一、三塁の場面だったが、井端がゲッツーを食らって、追加点ならず。一向に求道者・前田を出そうとしないブラウン暗黒采配で士気の上がらない広島は梅津,シュルツがそれぞれ1点を失うと、8,9回のチャンスも悉く逃して、あえなく完封負けを喫した。

投打に精彩を欠く広島相手に中日は3残塁の拙攻三昧を繰り広げながらも、辛くも白星。山本昌は6回零封の好投で200勝まであと2つと迫った。山本昌の代打で出た立浪が2点タイムリー二塁打を放った辺りはかなり燃える展開ではあった。それにしても、深刻なのは6連敗となってしまった広島。昨日、求道者・前田がヒットを放ち、状態が好転してきたと見るや、当たり前の様にフル欠場に追い込むブラウン暗黒采配には目を覆うばかり。そんなに必要ないなら、まだ間に合うからソフトバンクにでもトレードしてくれよ!

◆S5−10YB◆
横浜打線が初回から猛攻。一死満塁からメカゴジラのタイムリーで2点を先制すると、更に、吉村のタイムリー二塁打,藤田の犠飛でこの回4点。しかし、横浜が2回一死一、二塁,3回一死二塁と追加点のチャンスを悉く逃しているうちに、ヤクルトは3回、福地のタイムリー,4回には青木の12号ソロで1点ずつ追加。2点差と詰め寄られた横浜は5回、内川のタイムリー,吉村の19号3ランで一気に4点。しかし、粘るヤクルトはその裏、福地,青木のタイムリーで3点を返し、なおも無死一、二塁のチャンス。しかし、後続3人が打ち取られ、二者残塁。横浜は7回に内野ゴロの間に1点を加えると、8回には吉村にこの日2本目となる20号ソロが飛び出して、試合を決定付けた。

5月28日以来の登板となったハマのチンピラだが、大量援護を貰いながら、5回もたずに5失点KOの体たらく。流石に「ドカパロ」でシメ倒された直後だけに呪いの後遺症を感じさせる内容だった。とは言え、吉村が2発3安打5打点の爆発を見せるなど、打線が奮起した。川島亮の大炎上で連勝が4で止まったヤクルトは再び借金生活に逆戻りとなった。

◆H8−6Bs◆
ソフトバンクは初回、松中の3年ぶりの20号2ランで先制。直後の2回、下山のタイムリー二塁打で1点を返されるも、その裏、中西が3号ソロを放って、再び2点差。5回には本多のスクイズの後、川崎,小久保のタイムリーで3点を追加。6回には松田の11号ソロ,8回には辻のタイムリー三塁打で1点ずつ加え、これで試合は決まったかに思われた。しかし、土壇場9回、ソフトバンクが先発・杉内を下げて、継投モードに入ると、偽バファローズが猛反撃。2番手・ニコースキーに対して、一死二、三塁から下山のタイムリーで2点を返すと、代打・塩崎も歩いて、ニコースキーをKO。3番手・久米からはフェニックス一輝が死球を食らった後、代打・坂口が2点タイムリーを浴びせると、カブレラのピッチャーゴロ野間に塩崎も返って、2点差。更に、4番手・三瀬からローズが四球を選んで、一、二塁と一発が出れば逆転と言う場面を作ったが、最後は5番手・高橋秀の前に北川がショートゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。高橋秀はプロ初セーブ。

楽勝ムードから一変、リリーフ陣総崩れであわや大逆転負けの危機に立たされたソフトバンク。杉内が8回1失点と粘り強く好投していた事を忘れてしまう様なヒヤヒヤものの展開だった。偽バファローズは対パ・リーグ無敗の小松で最下位脱出を狙ったものの、5回6失点と期待を裏切られた。打線も杉内を捕まえるチャンスは何度もあったが、あと一本が出ない拙攻が痛かった。

◆L6−4E◆
初回に中島のタイムリー二塁打で先制した西武は続く2回、二死三塁から佐藤,栗山の連続二塁打で2点を追加。更に、3回にも中村のタイムリー二塁打で4点目。3回まで5残塁の拙攻三昧だった楽天だが、4回、西村,鉄平のタイムリーで3点を返し、1点差。続く5回には二死満塁と一打逆転のチャンスを作るも、西村がセンターへ打ち上げて、三者残塁。しかし、7回、一死二塁から山崎武がタイムリーを放って、ついに同点。それも束の間、その裏、西武は中村の22号2ランで再び勝ち越し。8回からは岡本真−グラマンがパーフェクトリレーを見せ、楽天の追撃を退けた。

4点差を追い着いたまでは良かったが、最後は力尽きてしまった楽天。偽バファローズが敗れた為、最下位転落は免れたが、7月の元気のなさっぷりは深刻だ。入れ替わり立ち替わりで起用せざるを得ないチーム状態の所為か、なかなか打線も繋がっていかない様だ。今日は4回1/3とロングリリーフを見せた朝井だが、そろそろ先発に戻してもいいんじゃなかろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:27コメント(0)トラックバック(44) 

July 17, 2008

◆YB9−8C
初回、内川の犠飛で先制した横浜は続く2回には吉村の17号ソロで2点目。しかし、4回、広島は二死走者なしからオチョアがチーム初安打を放つと、続く栗原が12号2ランを叩き込み、同点。更に、連続四死球の後、梵のタイムリー,石井タクローの野選で2点を勝ち越し。2点を追う横浜は5回二死満塁から吉村があわやグランドスラムと言うフェンス直撃の2点タイムリーを浴びせて、同点。広島先発・前田健はこの回限りで降板となった。続く6回にはガッツな貴公子・仁志の7号3ラン,村田の25号2ランと一発攻勢で一気に5点を勝ち越し。粘る広島は直後の7回、石原が6号3ランを叩き込むと、土壇場9回には先頭の嶋が3号ソロを放ち、1点差まで詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

5点差をつけられながら、1点差までよく粘った広島だが、届かなければ同じ事。9回に代打起用された求道者・前田だが、あえなくショートゴロと凡退。だから、代打でなくスタメンで起用しろっつーの! 勝負所で使おうが、所詮、代打は代打。求道者・前田は守りながらリズムを作り、何度も打席を重ねる事の出来るスタメンでこそ輝くのだと言う事を知れ! 知っていながら、シメ倒す為に代打で使っていると言う説もあるが、いずれにしろ不健全この上ない。もう一人の前田こそ前田健は5回4失点ながらプロ初黒星は回避。しかし、23試合連続無失点中だった梅津のよもやの3失点が痛かった。

◆T0−3S◆
阪神先発・ボーグルソンに対して、ヤクルトは1,2回と立て続けにゲッツーを食らい、3回も一死二塁のチャンスを生かせない。序盤のピンチを凌ぎきったボーグルソンは尻上がりに調子を上げ、7回まで無失点の好投。一方、ヤクルト先発・石川も7回まで散発3安打と阪神打線に付け入る隙を許さない。0−0で迎えた8回、阪神は先頭のシャア少佐がヒットで出ると、関本の犠打で二進。二死後、キュラソ星人が敬遠されて、一、二塁となったが、葛城イクローはセカンドゴロに打ち取られ、先制ならず。土壇場9回、8回から登板している久保田が3四球で一死満塁の大ピンチ。ここでスクイズを仕掛けた田中がワンバウンドのボールを空振りするも、矢野が前にこぼしている隙に、スタートを切っていた三塁走者・福地はその儘、本塁を陥れ、ついに待望の先制点をゲット。なおも一死二、三塁で田中はピッチャーゴロに倒れるも、三塁走者を刺そうとした久保田が本塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間に二人の走者が一気に返って、この回3点。その裏、守護神・林がきっちり締めて、ヤクルトが完封リレーを果たした。

8回までは緊張感のあるいい試合だったのに、9回に久保田の一人相撲で全てがぶち壊しになった。3四球に暴投(記録上は盗塁だが)に悪送球。ノーヒットで3失点とはお粗末この上ない。しかも、この回だけで怒濤の6盗塁を許す体たらく(重盗と三重盗を含むから6回盗塁を許した訳ではないけれど)。打線も散発5安打の完封負け。新井を欠いただけでこうも元気をなくしてしまうものなのか、石川が良かっただけなのか…。まだまだ阪神の独走体勢に揺らぎはないが、何とも嫌な形での敗戦であった。

◆F3−1E
初回、無死二塁のピンチを切り抜けた日本ハムはその裏、先頭の劇団ひちょりがヒットで出ると、紺田の犠打で二進。ここで田中がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。追いかける楽天は4回、二死三塁からショートがタイムリー内野安打を放って、同点とするが、日本ハムは5回、またも田中にタイムリー二塁打が飛び出し、勝ち越し。更に、高橋もタイムリーを放って、3点目。直後の6回、楽天は一死から中村が三塁打を浴びせるも、続く高須は三振。フェルナンデスもサードゴロに倒れて、中村は三塁に釘付け。楽天はこれが最後のチャンスとなり、ダルビッシュに完投負けを喫した。

6カードぶりの勝ち越しを狙った楽天だが、散発4安打では如何ともし難かった。前半は微妙な内容だったダルビッシュだが、7回以降は6三振のパーフェクトと圧巻の投球。今季8度目の完投で11勝目をマーク。因みに、呪われた助っ人・ボッツはまたもスタメンから外され、7回二死一、三塁と言うチャンスで起用されたが、あえなく三振とまたも役に立たなかった。

◆M5−6Bs◆
偽バファローズは初回、カブレラの18号2ランで先制。偽バファローズ先発・オルティズは4回まで無失点と好投していたが、5回、自らのエラーでリズムを崩したか、ここから3四球で押し出しを与えて、勝利投手の権利まであと一人と迫りながら、無念のKO。なおも満塁の場面だったが、代わった清水が大松をピッチャーゴロに打ち取り、ピンチ脱出。すると、直後の6回、偽バファローズは下山,カブレラと連打を浴びせて、ロッテ先発・大嶺をKO。更に、2番手・松本に対して、ローズがタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、フェニックス一輝のタイムリー,松本のボークでこの回3点。偽バファローズは8回にも日高のタイムリーで1点を追加。これでダメ押しになったかと思いきや、土壇場9回、セーブのつかない場面で引っ張り出された加藤が大乱調。いきなり無死満塁のピンチを作ると、フクーラに犠飛を許した後,サブロー,大松と連続タイムリーを浴びて、1点差。なおも一発が出ればサヨナラの場面だったが、ベニー松山をショートゴロに打ち取り、辛くも逃げ切った。

ロッテは土壇場での猛追及ばず、破竹の連勝はようやく7でストップ。大嶺は中盤までプロ初勝利の可能性を期待させたものの、6回で力尽き、またまた白星はお預けとなった。この日から始まった「ドカパロSS」で始まってしまったロッテ戦で早速シメ倒された今江は呪いの効果か4タコと沈黙。連勝が止まってしまったのも、水島の呪いの影響と考えれば、実に自然な流れと言えるだろう。折角、ここまで巻き返してきたロッテだが、再び大失速しないか心配である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(41) 

October 08, 2007

◆YB5−4S◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、ヤクルトは初回、いきなり青木,田中浩と連打を浴びせると、寿司職人ラミレスがリーグ新の203安打目となるタイムリーを放ち、1点を先制。更に、ガイエルが歩いて無死満塁となったものの、リグスが三振に倒れると、飯原,大原と打ち上げてしまい、1点止まり。その裏、ヤクルト先発・藤井に対して、横浜はヒットのガッツな貴公子・仁志を石井タクローが送った所で金城が同点タイムリー二塁打。更に、村田が歩いて一、二塁となった所で吉村が23号3ランを叩き込み、勝ち越しに成功。3点を追うヤクルトは3回、リグスの3号ソロで1点を返すと、5回には一死二、三塁からまたもリグスが犠飛を打ち上げ、1点差。7回にはヒットの青木が田中浩の犠打と寿司職人ラミレスのセカンドゴロで三進。村田と本塁打王を争うガイエルに対して、ここまで全打席勝負してきた横浜だが、勝率5割を目指し、負けられない状況とあって、全球外角に大きく外した実質上の敬遠。一、三塁となって、ここまで2打点のリグスの打席となったが、見逃し三振に倒れて、同点ならず。しかし、続く8回、先頭の飯原がよけずに当たった死球で出ると、盗塁と大原のセカンドゴロで三進。そして、川本のサードゴロでホームインとノーヒットで同点。追いつかれた横浜はその裏、ヤクルト4番手・シコースキーに対して、二死走者なしから村田が先のガイエルに与えた四球への報復とも思われるストレートの四球で歩かされると、吉村がヒットで続いて一、三塁。ここで内川はファーストゴロに倒れるも、リグスがこれを大きく弾く痛恨のタイムリーエラーを犯し、村田が勝ち越しのホームイン。土壇場9回、満を持してマウンドに上がった守護神・クルーンだが、いきなり先頭の青木に死球を食らわせると、田中浩のショートゴロで進塁を許して、一死二塁のピンチ。ここで寿司職人ラミレスを自己最速タイの161kmをマークするなどして三球三振に斬って取ると、続くガイエルも粘られながら空振り三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。ヤクルトはこれで21年ぶりの単独最下位が確定。一方、横浜は5割キープに望みを繋いだ。注目のタイトル争いだが、本塁打王を争う村田,ガイエルはいずれも不発。首位打者争いはラミレスが5打数1安打だったのに対し、青木が4打数3安打の猛打賞で3厘差をつけ、2年ぶりの栄冠へ大きく前進した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:06コメント(0)トラックバック(10) 

September 25, 2007

◆G7−3D◆
初回からガッツの31号ソロで先制された中日だが、4回一死からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに35号ソロを叩き込み、同点。追いつかれた巨人はその裏、ガッツ,李が連打を浴びせると、ニックンのバントを処理した山本昌へ一塁へ悪送球を犯し、ガッツが労せずして勝ち越しのホームイン。更に、続く阿部がライトスタンドへ33号3ランを叩き込み、山本昌はこの回限りでKO。川相不在が故の一発攻勢では一日の長がある巨人は続く5回にもマッスル千代の富士の34号ソロで1点を追加。5点を追う中日は6回二死一、三塁のチャンスに英智がショートゴロに倒れて、二者残塁。続く7回の一死一、二塁のチャンスにも荒木が痛恨のゲッツーと川相不在の弊害を大露呈。しかし、8回、二死二、三塁の場面で登場した代打の切り札・立浪が一、二塁間を破る2点タイムリーを放ち、巨人先発・内海をようやくKO。更に、代わった上原から清水がヒットで繋ぎ、一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、ピンキー井上がピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。すると、その裏、インケツパワーを溜め込んだニックンが20号ソロを叩き込んで、ダメ押しの7点目。この後、満塁のチャンスは逃したものの、9回は上原が3人でピシャリと締めて、一夜で首位奪回。上原はこれで球団新の31セーブ目、若大将・原監督は監督通算300勝。中日は巨人を上回る11安打を放ちながら、9残塁の拙攻が響き、マジック7は依然として点灯している状態ながらも、首位陥落。来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB4−3T◆
JFK揃い踏みでも連敗を阻止出来ない苦しい戦いが続く阪神だが、この日は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい立ち上がり。しかし、3回、簡単に二死を取った先発・下柳が野中に痛打された後、内川に7号2ランを放り込まれて、逆転を許してしまう。続く4回にはメカゴジラに15号ソロを浴び、3点目を献上。2点を追う阪神は8回、内野安打で出た赤松が盗塁で二塁を陥れると、シーツのタイムリーで生還し、1点差。そして、土壇場9回には守護神・クルーン相手に先頭の矢野が二塁打で出ると、藤本,代打・悠久の若虎・桧山と連続四球を選んで、無死満塁。ここで鳥谷がレフトへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。この後、二死満塁で打席にはキュラソ星人と言う場面を作った阪神だが、キュラソ星人は空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。その裏、同点の場面ながら、マウンドに上がった藤川がきっちり締めて、試合は延長に突入。迎えた10回、横浜は一死からヒットで出た村田が二死後、二盗に成功。ここで吉村がレフト線へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。藤川が2戦連続で敗戦投手となる悪夢の様な展開で阪神は泥沼の6連敗。V奪回はかなり苦しい状況になってきた。

◆C0−2S◆
石川,青木高の両先発が6回まで無失点と相譲らぬ投手戦を展開。均衡が破れたのは7回。ヤクルト先頭のガイエルがライトスタンドへ32号ソロを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。続く8回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが26号ソロをぶち込んで、2点目を追加。石川は6回以降ノーヒットと広島打線に付け入る隙を許さず、無四球完封で4勝目をあげ、チームの最下位転落の危機を救った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:22コメント(2)トラックバック(56) 

September 01, 2007

前田2000安打◆C14−7D◆
いよいよ求道者・前田が2000本安打へリーチをかけたとあって、異様な雰囲気で始まったこの試合。初回、森野のタイムリーで先制された広島だが、その裏、梵の12号ソロ,新井の24号2ランと一発攻勢であっさり逆転。走者がいなくなった所で回ってきた求道者・前田だが、痛烈な打球を荒木の好捕に阻まれるセカンドゴロに倒れ、記録達成はお預け。2点を追う中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した中村紀の16号ソロで1点差とすると、5回にはピンキー井上の同点タイムリーの後、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが32号2ランを叩き込み、勝ち越し。更に、6回には代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号2ランをぶち込んで史上22人目の通算3500塁打を達成。大きく突き放された広島だが、その裏、栗原の19号ソロで反撃の狼煙を上げると、7回にはオチョアのタイムリーに森野のエラーが重なり、2点を追加。なおも一死一塁の場面で、ここまで3タコの求道者・前田に回ってきたが、ここもセカンドゴロゲッツーに倒れてしまう。完全に流れを引き寄せた広島は8回、一死一、三塁から代打・嶋が10号3ランを放り込み、一気に逆転。更に、一死満塁のチャンスを掴むと、5たび打席に入った求道者・前田がライト前へ痛烈な2点タイムリーを放ち、ついに悲願の2000本安打を達成日米通算記録となる鈴木一朗,今夜の松井さんを含めると、史上38人目、広島では史上4人目の快挙となった。度重なる故障に耐えながら、快挙を達成した孤高の天才をを祝うかの様に栗原がこの日2本目となる20号3ランを放ち、ダメ押し。終わってみれば、広島はダブルスコアの快勝を収め、求道者・前田の記録に大きな花を添え、最下位を脱出した。

◆YB8−7G◆
初回二死満塁のチャンスは逃した巨人だが、2回、マッスル千代の富士の28号3ラン等で大量6点を先制。早くも試合は決したかと思いきや、この大量リードを先発・パウエルが守れない。その裏、2発のアーチを被弾するなど、6安打を集中され、4失点。6回にマッスル千代の富士の2発目のアーチで突き放したのも束の間、その裏、ガッツな貴公子・仁志にタイムリーを浴びた所であえなくKO。更に、代わった山口が金城に2点タイムリー二塁打を許して、6点差を追いつかれる始末。7回には二死満塁で打席に入った松田記者がショートゴロに倒れた際、アウトの判定を不服として審判の胸を突き、退場となる体たらく。7−7で迎えた土壇場9回裏、巨人は5番手・豊田を投入するも、一死後、吉村にレフトスタンドへ18号ソロを叩き込まれ、悪夢のサヨナラ負けとなった。

◆T5−2S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは寿司職人ラミレスのタイムリーで2点を先制。しかし、その裏、阪神は無死一、二塁からシーツ,キュラソ星人の連続タイムリー二塁打で3点を奪い、あっさり逆転に成功。更に、3回には一死満塁からまたもシーツが犠飛を打ち上げると、6回には桜井のタイムリー二塁打で5点目を追加。投げては先発・下柳が5回まで2失点で踏ん張り、リリーフ陣に託すと、6回からはダーウィンが2イニングをピシャリ。8回からはウィリアムス−藤川と繋ぐ必勝パターンが決まり、逃げ切り。巨人,中日がデーゲームで敗れた為、上位3強は2.5差にひしめく事となった。敗れたヤクルトは4連敗で最下位転落。

◆F5−6H◆
本多のタイムリーエラーで先制を許したソフトバンクは4回、松田のタイムリー二塁打で逆転すると、続く田上にも2ランが飛び出して、この回、4点。6回には井手のタイムリーで5点目を追加。しかし、粘る日本ハムはその裏、田中賢の走者一掃タイムリー二塁打で2点を追加。土壇場9回、ソフトバンクは守護神・馬原を投入し、逃げ切りを図るが、馬原がよもやの大乱調。いきなり無死一、二塁のピンチを迎えると、一死後、劇団ひちょりにタイムリーを浴び、1点差。工藤を打ち取り、あと一人まで迫ったが、ここで稲葉にも同点タイムリーを許して、延長に持ち込まれた。ラストイニングとなった12回、既に3イニング目となるMICHEALに対して、ソフトバンクは先頭の川崎が4号ソロを放ち、ついに勝ち越し。その裏は篠原が無難に締めて、辛くも逃げ切った。

◆M7−4Bs◆
ロッテ先発・清水に対して、偽バファローズは2回、後藤が7号ソロを放って、1点を先制。6回にはラロッカのタイムリー二塁打で2点目を追加。先発・デイビーは5回まで1安打無失点と素晴らしい投球を見せていたが、その裏、先頭の今江に痛打されてから、突如、おかしくなり、無死満塁のピンチを背負うと、ズレータに犠飛,サブローにタイムリーを浴びて、同点。更に、オーティズにもタイムリー二塁打を浴びた上、大引の悪送球でオーティズの生還まで許し、ここでKO。2番手・菊地原も二死二、三塁のピンチを迎えると、今江,TSUYOSHIと連続タイムリーを浴びて、この回悪夢の7失点。土壇場9回、偽バファローズは二死一、三塁から大引が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、完投目前の清水をマウンドから引きずりおろしたものの、最後は守護神・小林雅野前に代打・水口が打ち取られ、万事休す。清水は完投こそ逃したもの、約1ヶ月ぶりの白星を手にした。

◆E7−3L◆
初回、栗山の一発で先制された悪の温床・楽天だが、その裏、二死満塁からフェルナンデスが19号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。続く2回には塩川がスクイズを決めると、草野にもタイムリー二塁打が飛び出して、2点を追加。西武は3,4回と1点ずつ返して、追い上げたが、悪の温床・楽天は7回にまたもフェルナンデスがこの日2本目となる20号ソロを放ち、ダメ押し。先発・グスマンは史上初の1試合4ボークをかまし、4回途中でKOされた際に悔し紛れに審判に暴言を吐いて退場となる有様だったが、2番手・永井が4回を1安打無失点に抑える好リリーフを見せ、6勝目。最多勝をひた走る西武先発・涌井は6失点の乱調で今季最短の3回1/3でKOとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:22コメント(0)トラックバック(108) 

August 07, 2007

◆G3−2T◆
約4ヶ月ぶりの先発となるアゴくらだったが、初回、いきなりシーツに8号ソロを叩き込まれて、先制点を献上。しかし、その後も立て続けにピンチを背負いながら、何とか凌ぎ続けていると、4回、巨人は一死一、二塁から阿部がライトスタンドへ25号3ランを放ち、一気に逆転に成功。アゴくらは4回以降はノーヒットと立ち直りを見せると、7回は西村,8回は豊田が3人ずつ斬って取る好投を展開。9回は満を持して登場した上原がゲッツー崩れの間に1点差と詰め寄られたものの、矢野の痛烈なライナーがレフトの守備範囲に収まり、巨人は6連勝。上原はセーブのつく場面では失敗なしの20セーブ目。アゴくらはようやく移籍初勝利をマークしたものの、福田,アゴくらの台頭により、金刃の新人王への道が閉ざされはしないか心配である。敗れた阪神は4位転落。

◆D6−3C◆
山井,青木高の両先発が序盤は無難に凌ぎ、3回まで両軍無得点。迎えた4回、突如、制球を乱した山井から1安打2四球で無死満塁のチャンスを掴んだ広島はオチョアのタイムリーで均衡を破る1点を先制。なおも無死満塁のチャンスが続いたが、後続3人があえなく凡退し、三者残塁。すると、その裏、李のタイムリー二塁打であっさり同点とされる嫌な展開となったが、直後の5回、二死走者なしから栗原,新井の連続二塁打で勝ち越し。続く6回にはヒットの石原が犠打と捕逸で三塁へ進んだ所で東出がきっちり犠飛を打ち上げ、3点目。2点を追う中日は7回、谷繁,ピンキー井上,堂上剛の3連打で1点を返すと、更に、荒木が送った後、一死二、三塁となった所で新井が痛恨のタイムリーエラーを犯して、ついに同点。むざむざ流れを手放してしまった広島はこの後、T.ウッズにタイムリー,森野に犠飛,中村にタイムリーを浴びて、悪夢の5失点。一気に3点を勝ち越し中日は岡本−岩瀬と繋いで、逃げ切りに成功。広島は悪夢の逆転負けで4連敗。

◆S2−3YB◆
横浜先発・はーちゅんは初回から三者三振を奪うなど、2回までパーフェクトの素晴らしい立ち上がり。しかし、3回、先頭の飯原に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で青木にタイムリーを許し、先制点を献上。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーの前に4回まで1安打と沈黙していた横浜だが、5回、一死から吉村が15号同点アーチ。この後、二死二、三塁のチャンスは逃したものの、7回にまたも吉村が2打席連続の16号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、二死後、相川,はーちゅん,ガッツな貴公子・仁志の3連打が飛び出して、3点目を追加。2点を追うヤクルトは8回、リグスのタイムリーで1点差と詰め寄ったが、最後はクルーンの前に三者三振を喫して、万事休す。頼みのグライシンガーまで攻略されてしまったヤクルトはこれで5連敗。勝った横浜は3位に浮上した。

◆L5−3H◆
初回、ソフトバンクが川崎のタイムリー三塁打と松中の犠飛で2点を先制すれば、その裏、西武はカブレラが18号同点2ラン。2回にソフトバンクが本多のタイムリー二塁打で勝ち越せば、その裏、西武は片岡のタイムリーでまたも同点。突き放しても追いつかれる展開に焦ったか、3回は三者三振を喫してしまったソフトバンクは4回二死二、三塁,5回一死二塁のチャンスを悉く逃してしまう。すると、その裏、西武はまたもカブレラにタイムリーが飛び出して、この試合、初めてリードを奪う。カブレラは7回にもこの日2本目となる19号ソロをぶち込んで、ダメ押し。先発・岸は6回3失点で8勝目をあげた。

◆F2−5E◆
1ヶ月白星から遠ざかっている日本ハム先発・グリンは3回まで無失点に抑えていたが、4回、鉄平に10号ソロを被弾し、先制点を献上。5回に小谷野,金子誠のタイムリーで逆転して貰ったのも束の間、直後の6回、山崎武にタイムリーを浴びて、同点。2−2で迎えた8回、グリンに代わってマウンドに上がった武田久だが、一死一、二塁からショートに走者一掃の勝ち越しタイムリー二塁打を浴び、あえなくKO。更に、3番手・歌藤が連続四球で満塁とピンチを拡大させた末、嶋にはタイムリー内野安打を許して、この回、3失点。岩隈は8回まで2失点で切り抜けると、最後は小山が3人で締めて、逃げ切った。敗れた日本ハムはこれで4連敗。

◆Bs3−0M◆
0−0で迎えた4回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが山崎武に並ぶトップタイとなる36号ソロを叩き込み、ついに1点を先制。ローズはこれで通算3000塁打を達成。これで主導権を握った偽バファローズは5回には平野恵のタイムリー二塁打,6回には大引のタイムリーで着々と加点。1番にベニー松山を入れると言う訳の分からないロッテ打線に対し、立ち上がりはおぼつかない投球だった先発・平野佳だが、3回以降は二塁すら踏ませない完璧な投球を展開し、今季2度目の完封で7勝目。ロッテの連勝は4でストップ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(83) 

August 05, 2007

◆S2−9G◆
昨日に続いて、松田記者が欠場の巨人。この日は左の石井一が相手とあって、清水ではなく、矢野が2番に入ったが、これが的中。初回、マッスル千代の富士がヒットで出た後、矢野が5号2ランを叩き込み、2点を先制。3回にはまたも矢野が二塁打で口火を切ると、続くニックンが15号2ラン。ニックンは6回にも2打席連続のアーチを浴びせると、更に、李にも20号ソロが飛び出し、ここまで全て一発による6点目を奪い、石井一をKO。更に、7回にはまたまた矢野がタイムリーを放ち、2点を追加すれば、9回には代打・大道に移籍初アーチが生まれ、9点目。ヤクルトは毎回の様に得点圏に走者を送りながら、残塁の山を量産するばかり。巨人を上回る12安打を放ちながら、11残塁の拙攻で2点しか奪えず、3タテを食らった。巨人はこれで今季3度目の5連勝。圧勝の為、出番のなかった上原の連続日数セーブは4でストップした。先発・福田は6回途中でKOされたが、1失点に留める粘りの投球で5勝目。

◆YB6−4D◆
中日先発・中田に対し、横浜は初回、村田のタイムリー二塁打で先制。2回の無死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く3回にはまたも村田が2試合連続となる18号2ランを叩き込み、2点を追加。3回までに早くも4残塁と相変わらずの拙攻モードを展開してきた中日だが、4回、一死から李,堂上剛,谷繁の3連打で2点を返し、1点差。その裏、金城の一発で突き放されるも、直後の5回、堂上剛のタイムリー等で2点を奪い、ついに同点。4−4で迎えた7回、横浜は二死二、三塁から吉村が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。最後はクルーンが締めて、逃げ切った。

◆C2−4T◆
3タテを阻止を託されたエース・黒田だが、3回一死から鳥谷に6号ソロを被弾し、先制点を許すと、更に、連打を浴びた後、自らのエラーで2点目を献上。更に、林にもタイムリーを浴びると、満塁となった所で矢野のセカンドゴロの間にも1点を失い、この回、悪夢の4失点。一方、阪神先発・岩田は3回まで無失点投球を見せていたが、4回一死から4連続シングルヒットで1点を失い、KO。更に、ここで代わった2番手・渡辺も代打・喜田に押し出し四球を与えて、2点差まで詰め寄られたが、続く代打・嶋をゲッツーに仕留めて、ピンチ脱出。5回からは杉山が2回をパーフェクトの好投を見せると、7回からはJFKに繋ぐ必勝パターンで2点差を守りきって、4連勝。広島は頼みの黒田が4回降板となり、3連敗

◆E0−2H◆
2年越しの7連敗と言う鬼門突破へプロ入り以来、8月には1敗しかしていないエース・斉藤和を立てたソフトバンクは初回、本多の二塁打の後、川崎がタイムリーを浴びせる、電光石火の先制攻撃を展開。悪の温床・楽天先発・永井はこの後、クリーンアップを退けてから立ち直りを見せるが、4回、突如、制球を乱し、2四死球を出すなど満塁のピンチを迎えると、1割バッターの山崎には押し出し死球を与えて、やらずもがなの2点目を献上。この後、ソフトバンクは再三のチャンスを潰しまくり、13個もの残塁を築いたが、斉藤和が8回途中まで無失点で切り抜けると、藤岡−馬原と繋ぐ完封リレーを達成し、宮城での連敗をストップさせると同時に単独首位へと浮上した。

◆M5−4F◆
0−0で迎えた4回、日本ハムは一死満塁からジョーンズのタイムリーで1点を先制。なおも満塁のチャンスだったが、鶴岡,金子誠と倒れて三者残塁。すると、その裏、ロッテは一死二、三塁から里崎のタイムリーで追いつくと、続く堀が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。6回には早川のタイムリー三塁打で2点を追加。4点を追う日本ハムは7回、無死二、三塁から稲葉のセカンドゴロの間に返すと、青波の長瀬が18号2ランを叩き込み、1点差にまで詰め寄ったが、反撃もここまで。薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーの前に後続を断たれて、3連敗で首位転落となった。

◆L5−2Bs◆
偽バファローズ先発・ユウキは初回、先頭の福地をショートゴロに打ち取るも、これを大引がいきなりエラー。これでリズムを崩したか、片岡,中島と連続タイムリー二塁打を浴びると、更に、カブレラにはレフトスタンドへ17号2ランを放り込まれて、大量4失点。一方、西武先発・涌井は3回に日高,5回に下山と被弾するも、いずれも単発のソロで偽バファローズ打線を寸断。そろそろ突き放しておきたい西武は6回、片岡のタイムリー内野安打でダメ押しの5点目をあげた。これで西武は再び5割復帰。涌井は2失点完投でハーラー単独トップとなる14勝目をマークした。クリーンアップが揃ってノーヒットと抑え込まれた偽バファローズの連勝は3でストップ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:23コメント(0)トラックバック(59) 

June 09, 2007

◆G12−1E◆
巨人は開幕から4番を打ち続けてきた李をついに6番に落とし、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンも7番に降格,好調・ホリンズを5番に上げて、4番には阿部を起用するなど、打線のテコ入れを図ると、これが大成功。新4番・阿部が早速、第1打席で11号先制2ランを叩き込むと、3回には松田記者が7号2ラン。阿部は5回の第3打席でもこの日2本目となる12号3ラン。終盤にはガッツが7回にソロ,8回に満塁弾と2打席連続アーチでダメ押し。12点を奪いながら、全得点が本塁打と言う怒濤の一発攻勢で巨人が圧勝を収めた。また、6番に降格の李は全く得点に絡む事はなかったが、猛打賞で7試合ぶりのマルチ安打。投げては先発・内海が8回を投げて、山崎武の一発による1点のみに抑える好投で7勝目をマークした。

◆D3−2L◆
西武先発・オツに対して、中日は初回二死満塁のチャンスを逃すと、2回にも二死二塁のチャンスをものに出来ない拙攻ぶり。一方、2回までパーフェクトに抑えていた人斬り抜刀斎だが、味方打線のあまりの不甲斐なさに川相不在を痛感して、落胆したか、二死満塁のピンチを背負うと、中島に2点タイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。2点を追う中日は3,4回もチャンスを逸する有様だったが、5回二死一、二塁から暇さえあれば3ランを放つ男・森野川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ叩き込み、一気に逆転に成功。人斬り抜刀斎は8回まで10三振の2失点と好投すると、昨日、リリーフに失敗した守護神・岩瀬が2人の走者を出しながら、辛くも切り抜けた。西武は2試合連続の1点差負けで8連敗となった。

◆C3−6H◆
水島の呪いに倒れた川崎の復帰で光明が見えてきたソフトバンクはルーキー・大隣がついにプロ初登板初先発。初回、松中のタイムリー二塁打で先制して貰った大隣だが、その裏、いきなり梵に先頭打者アーチを浴びて、あっさり追いつかれると、更に、求道者・前田にタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。2回以降は立ち直り、5回までノーヒットに抑えたものの、6回には栗原に被弾し、3点目を失う。ハマのスペランカーが初回の走塁で左太腿裏の筋膜炎でリタイアする定例行事を開催し、攻撃力の落ちたソフトバンクは広島先発・黒田の前に2回以降、追加点をあげられずにいたが、8回、大隣の代打・ブキャナンのヒットを皮切りに、本多の犠飛,松中の11号3ランで一気に4点を奪い、逆転に成功。9回には永川の暴投でダメ押しの6点目。最後は馬原が締めて逃げ切りに成功。代打を出された回に逆転して貰った大隣は初登板でプロ初白星をマークした。敗れた広島は4連敗。

◆T1−4Bs◆
1−1で迎えた3回、偽バファローズは北川のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。6回にはアレンの三塁打等で1点を追加。2点を追う阪神はその裏、二死から3連打で満塁とするも、ここで代わった岸田の前にシーツが見逃し三振に倒れて、三者残塁。すると、直後の7回、偽バファローズは連続四球等で貰ったタナボタのチャンスでアレンのゲッツー崩れの間にダメ押しの4点目。岸田は8回まで無失点に抑える好リリーフを見せると、最後は昨日、醜態を晒した加藤大が汚名返上の三者三振斬りを見せ、逃げ切った。先発・ユウキは6回途中で降板ながらも、無傷の3勝目。阪神は14三振を喫するなど、攻撃陣に精彩を欠いた。

◆S3−2F◆
破竹の連勝街道をひた走る日本ハムはダルビッシュを先発マウンドに送り、更なる連勝更新を目指すも、初回、田中賢のタイムリーエラーで先制点を献上。ヤクルト先発・藤井に対して、5回まで無得点に抑え込まれていた日本ハム打線だったが、6回、無死二、三塁のチャンスに青波の長瀬が犠飛を打ち上げ、ついに同点。更に、二死後、ミスタースナイパー・坪井のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、その裏、ダルビッシュが寿司職人ラミレスに被弾し、あっと言う間に試合は振り出しに。その後、両軍決め手に欠き、3−3の儘、延長へ突入。10回裏、日本ハムはここまで散発4安打と好投していたダルビッシュから武田久にスイッチ。これに対して、ヤクルトは四球の飯原をバントで送った所で今季未だにノーヒットの代打・金村弟がライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。日本ハムの連勝はついに14でストップした。

◆YB2−0M◆
打線好調のロッテだが、この日はハマのチンピラに対して、4回まで6残塁の拙攻で先制点を奪えない。一方、開幕7連勝を狙う成瀬は3回まで無失点に抑えていたものの、4回、吉村に痛恨の6号2ランを浴び、先制点を献上。5回も二死一、二塁のチャンスを逃したロッテは、6回二死から根元が歩いた所で早くも成瀬に代打・橋本を起用。橋本も四球を選んで、ハマのチンピラをKOし、チャンスを拡大させたが、ここまで2安打を放っていたTSUYOSHIが、肝心な時にショートゴロに倒れて、二者残塁。以降、横浜は小刻みな継投でロッテの反撃をかわし、最後はクルーンが3人で締めて、完封リレーを達成。ロッテは11残塁の大拙攻で連勝は4で止まり、成瀬は9度目の先発でついに今季初黒星を喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:36コメント(1)トラックバック(65) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ