古城茂幸

June 17, 2009

6/17 古城◆G2−1L◆
将来の4番候補と期待されるゴールデンルーキー・大田がついに一軍に初昇格。果たして、大田に出番はあるのかと注目の試合は2回まで3人ずつで片付けていた先発・ゴンザレスが3回に連打でピンチを作ると、栗山にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く4回には7試合で1つしか許していない四球を2つも与えて、一死満塁のピンチを作るが、銀仁朗,涌井と打ち取って、無失点で切り抜ける。1点を追う巨人は6回、先頭のガッツが15号ソロを叩き込み、ようやく同点とすると、7回には守備から途中出場の伏兵・古城が今季初アーチをぶち込んで、勝ち越し。8回に2番手・山口が二死一、二塁とピンチを迎えるも、3番手・越智が代打・上本をセカンドゴロに打ち取り、この場を凌ぐと、9回は三者凡退に斬ってとり、逃げ切った。山口に連夜の6勝目が転がり込み、2年越しの14連勝。注目の大田はタイトゲームだった事もあり、デビューはお預けとなった。

◆D3−1H◆
交流戦連覇を果たしたソフトバンクはその勢いを持続させるかの様に初回から二死満塁のチャンスを作ったが、松田が三振に倒れて、三者残塁。すると、その裏、中日は小久保のタイムリーエラーで拾い物の先制点をゲットすると、ベンちゃんのタイムリー内野安打でこの回2点。5回にはオーティズのタイムリーエラーとまたもタナボタの1点を追加。ソフトバンクは8回、一死から本多が内野安打で出塁。ここで3点差あると言うのに何を血迷ったか、川崎が犠打を敢行。代わった浅尾からオーティズがタイムリーを放ったものの、小久保は三振に倒れて、1点止まり。9回は守護神・岩瀬の前に反撃を断たれ、連勝は3でストップ。中日先発・小笠原は7回2/3を1失点で切り抜け、2勝目をマーク。相次ぐタイムリーエラーと、小笠原の好投に救われ、辛くも白星を拾った中日だが、タイムリーはしみったれた内野安打1本のみで、3併殺を食らうなど、相変わらずの拙攻三昧で、とても手放しで喜んではいられない。この重苦しいムードを打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T5−10F◆
初回、日本ハムは糸井,高橋の連続二塁打で2点を先制。阪神が2回に桜井の一発で応戦すれば、3回、日本ハムは金子誠がタイムリー。その裏、阪神がキュラソ星人のタイムリーで1点を返せば、日本ハムは5回に小谷野が犠飛を打ち上げ、点差を縮めさせない。更に、日本ハムは6回に田中,劇団ひちょりの連続三塁打,高橋のタイムリー二塁打で2点を加え、突き放す。続く7回にも5本の単打を集中し、3点を追加。阪神は8回に桜井のこの日2発目となる4号ソロ等で3点を返したが、焼け石に水。9回にも劇団ひちょりのタイムリーで10点目を失い、ダメを押された。日本ハムは田中の5安打を筆頭に今季最多21安打の猛攻で快勝。先発・八木は6回途中で降板も、大量援護に助けられ、開幕5連勝となった。

◆YB2−4Bs
5連敗中の横浜は吉見を今季初の先発マウンドに送り込むが、2回、ラロッカ,北川,日高と3連打を浴びて、先制を許してしまう。その後は立ち直り、5回まで1失点と試合を作ったが、6回から登板の2番手・真田が塩崎にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。昨日まで28イニング無得点が続く横浜はこの日も偽バファローズ先発・金子の前に5回までゼロ行進だったが、6回、先頭の代打・内藤が三塁打を放つと、続く吉村が6号2ランを叩き込み、34イニングぶりの得点でようやく同点。それも束の間、直後の7回、3番手・カリメロが大村にタイムリー二塁打を許し、勝ち越し点を献上。偽バファローズは8回にも相川のタイムリーで貴重な1点を追加。最後は守護神・加藤が横浜の反撃を断ちきり、今季対横浜4タテを達成。金子は7回2失点で7勝目。横浜は久々の得点をあげるに留まり、連敗は6に延びてしまった。

◆S10−1M◆
初回、飯原の二塁打と野選で無死一、三塁としたヤクルトは青木のセカンドゴロの間に先制。3回には二死走者なしから田中がヒットで出ると、青木が6号2ランを叩き込み、3点目。後半戦に入っても、ヤクルトは攻撃の手を緩めず、6回にはデントナが9号2ラン,7回には田中がタイムリーを浴びせると、8回には相川,武内と2本の2ランでダメ押しの10点目。ロッテは今江のタイムリーで完封を逃れるのがやっとで連勝は3でストップ。一方、ヤクルトはこれで4連勝。先発・由規は6回無失点の好投で4月18日以来の3勝目

◆C2−5E◆
楽天は4回まで毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ない。一方、3回まで内野安打1本に抑え込まれていた広島は4回、二死一、二塁から喜田のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。1点を追う楽天は7回、鉄平,山崎武の連打で一、三塁とすると、平石が犠飛を打ち上げ、ついに同点。二死後、代打・憲史がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功すると、8回には草野のタイムリーで1点を追加。その裏、広島は栗原に久々の7号ソロで追い上げたが、楽天は9回に代打・丈武,渡辺直の連続タイムリーで試合を決定付けた。楽天はこれで4連勝。先発・長谷部は6回1失点で4勝目。広島は引き分け1つを挟んで3連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(12) 

July 02, 2008

◆G7−5S◆
0−0で迎えた4回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせると、松田記者の犠打で三進。岩舘が死球を食らった所で、移籍初スタメンに起用された鶴岡が先制タイムリー。更に、続く坂本もタイムリーを放ち、2点目。ようやく援護を貰ったバーンサイドだが、直後の5回、ウィルソンに来日初アーチを被弾。続く6回にはキムタクのエラーをきっかけにピンチを作ると、畠山に同点犠飛を許して、この回限りで無念の降板。続く7回には復帰後2度目のリリーフ登板となった上原がいきなりウィルソンに二塁打を浴びるも、続く川本のバントを素早く処理して三塁でウィルソンを刺す好プレー。続く代打・ユウイチを空振り三振に取り、ピンチは脱したかに思われたが、川島慶を歩かせると、続く宮本にタイムリーを浴びて勝ち越し点を献上。その裏、表の攻撃で代打を出された村中に代わって登板の松岡に対して、巨人は先頭の代打・マッスル千代の富士がライト前ヒット。ここでキムタクがフェアゾーンに転がせないヘッポコバントを連発した挙げ句の強攻策でレフト前にポトリと落ちるヒットを放ち、一、二塁。ここで今度は古城がキャッチャー前へ打ち上げるヘッポコバントをかますと、続く寿司職人ラミレスのライト前ヒットで三塁を蹴ったマッスル千代の富士が川島慶の好返球の前に楽々タッチアウト。続く松田記者は投手前の凡ゴロに倒れて、二者残塁…と思いきや、松岡が一塁へ痛恨の悪送球。この間にキムタクの生還を許して、村中の白星を無惨にも粉砕。追い付かれたヤクルトは直後の8回、一死一、三塁から飯原のタイムリーで勝ち越すと、更に、上原の暴投で5点目。これで決まったかと思いきや、その裏、巨人は一死一、三塁からマッスル千代の富士のタイムリー,キムタクの犠飛で追い付くと、更に、古城が3号2ランを叩き込んで、勝ち越しに成功。土壇場9回、守護神・クルーンに対して、ヤクルトは2本のヒットで一死一、三塁とチャンスを掴んだものの、代打・ガイエル,田中と打ち取られ、あと一歩及ばなかった。

2回3失点と不甲斐ない投球だった上原だが、まさかこんな形で今季初白星を手にする事になろうとは…。あれだけヘッポコバントを繰り返していて勝てたのは正に僥倖と言う他ない。村中の白星を悪送球でぶっ潰した松岡には大いに猛省して貰いたい。横浜から移籍の鶴岡は2安打1打点と上々の巨人デビュー。この所、打率が落ちる一方だった坂本も久々の猛打賞と奮起。あの男が一軍復帰間近と言う事だが、万が一にもショートの座を渡す事のない様、踏ん張って欲しいものである。

◆T4−3D
初回、キュラソ星人のタイムリーで先制した阪神は続く2回には関本のタイムリーで1点を追加。3回に荒木の2点タイムリーで追い付いた中日だが、その裏、二死一、三塁のピンチで岩田のセカンドゴロを荒木が自らの同点打を帳消しにするタイムリーエラーを犯し、勝ち越し点を献上。1点を追う中日は4回二死一、二塁,5回二死満塁のチャンスを悉く逃すタイムリー欠乏症を露呈。しかし、6回、相次ぐ拙攻に川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたデラロサが2号ソロを叩き込み、再び同点。中日は8回に二死一、二塁,9回にも二死一、二塁のチャンスを掴みながら、あと一本が出ない拙攻三昧。すると、その裏、阪神はT.ウッズのエラーで二死一塁のチャンスを作ると、代打・葛城イクローのタイムリー二塁打で劇的なサヨナラ勝ちを飾った。

今日も今日とて怒濤の拙攻拙守で大惨敗を喫した中日。阪神との差は8.5と開く一方だ。また優勝もしてないくせに、アジアシリーズ出場権だけはかっさらって、日本一とアジア代表を履き違える様な展開を狙ってるんじゃあるまいな。まだ優勝する気があるならば、今からでも名手・川相の現役復帰を真剣に考えて欲しいものである。一方、実は14残塁と中日以上の拙攻だったが、サヨナラ勝ちで帳消しにした阪神。新人王を狙う岩田の白星は無惨に潰されてしまったのは残念だが、とりあえず、吉見が初黒星を喫してくれたのは不幸中の幸いだ。、

◆YB4−3C◆
5割にリーチをかけていると言うのに、ブラウン監督はまたも求道者・前田をベンチに軟禁。落胆の色を隠せない広島に対して、横浜は初回、二死走者なしから内川の二塁打,村田の四球の後、ビグビーのタイムリーで先制すると、続く金城はライトスタンドへ6号3ランを叩き込み、早くも4点のリード。1,2回とチャンスを潰してきた広島だが、3回、オチョアのタイムリーで1点を返すと、続く4回には東出の犠飛,代打・緒方のタイムリーで2点を返し、1点差。5回には先頭の嶋が二塁打で出るも、後続3人が凡退。以降、チャンスらしいチャンスを掴めずに1点差で敗れた広島は借金完済のチャンスを逃した。

求道者・前田幽閉策に反発する長谷川が高橋のごとく意図的な背信投球で5割到達阻止を図ったが、あっと言う間に見抜かれて、1回限りで降板させられてしまった。しかし、1点差まで詰め寄ったものの、初回の4点が大きくモノを言い、何とか5割到達阻止には成功。求道者・前田をスタメンで起用せずに借金完済を狙おうなど虫のいい話である。一方、入団前から名手・川相を崇拝していたナイスガイ・・真田は横浜3番手として登板し、移籍初白星を飾った。ところで、先発で起用する話はどうなったのか?

◆Bs7−6H◆
初回、ソフトバンクは四球で出た本多が川崎のサードゴロで二進すると、続く松中のセンター前ヒットで先制のホームイン。18度目の登板にして、来日初先発となったホールトンは5回まで無失点の好投を見せていたが、6回、突如崩れて、一死から坂口,カブレラ,ローズと3連打で一瞬にして逆転を許すと、続く北川を歩かせた所で無念のKO。代わった久米も二死後、フェニックス一輝,後藤と連続二塁打を浴び、この回大量5失点。偽バファローズは続く7回にもカブレラの14号ソロで1点を追加。5点を追うソフトバンクは直後の8回、怒濤の5連打で4点を返し、1点差まで詰め寄ると、土壇場9回には川崎が同点犠飛を打ち上げ、延長に持ち込んだ。迎えた10回、ソフトバンクは無死一、二塁と絶好の勝ち越しのチャンスを作るが、的山がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。続く長谷川もセカンドゴロに倒れて、勝ち越しならず。すると、その裏、偽バファローズは一死一、二塁から下山がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

折角、土壇場で5点差を追い付いたソフトバンクだが、あと少し踏ん張りきれず、無念のサヨナラ負け。2回から7回まで僅かに1安打と打線にエンジンがかかるのがあまりにも遅過ぎた。偽バファローズ戦にはやはり、パウエルを投入して欲しいものなのだが、突如、先発に抜擢されたホールトンは6回でKOながらも、5回まではまずまずの好投で次回にも期待がかけられそうな内容だったのは収穫だ。

◆F6−8L
初回に1点ずつ取り合って迎えた2回、西武は四球2つに犠打と犠飛でノーヒットで勝ち越しに成功。更に、続く片岡のタイムリーの後、栗山が6号2ランを叩き込み、一輝に4点のリード。日本ハムは3回に田中の2点二塁打で応戦するが、西武は5回、G.G.佐藤,細川のタイムリーで2点を奪い、再び4点差。続く6回にも中島のこの日2本目となる15号ソロで1点を追加。その裏、スレッジのタイムリーで1点を返した日本ハムは8回には暴投にエラーと西武の守備の乱れに乗じて2点差まで詰め寄り、なおも一死一、二塁と一発逆転のチャンスを作ったが、反撃もここまで。鶴岡,金子誠と連続三振に倒れて、チャンスを逸すると、9回もあえなく3人で倒れて、万事休す。

日本ハムは連夜の粘り及ばず、痛い連敗で奪首どころか首位・西武との差は3にまで開いてしまった。グリンは両リーグトップ独走の11敗目だ。復帰2戦目の劇団ひちょりはまだ覚醒には至らず、4タコ。田中が4安打の大爆発だっただけに、悔やまれるブレーキだ。交流戦で調子を落としていた西武だが、効果的な一発が飛び出すなど、打線はすっかり復調。投手陣はまだピリッとしないが、それを補って余りある打線の勢いがチームを立ち直らせている。

◆E4−0M◆
楽天先発・片山は荒れ球が幸いして、的を絞らせず、7回まで2安打無失点の好投を展開。一方、ロッテ先発・大嶺も負けじと6回を2安打無失点に抑えていたが、7回、フェルナンデス,山崎武と連打を浴びると、ショートに犠打を許して、二、三塁のピンチ。ここで高須にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上すると、これでガックリきたか、続く横川に3号3ランを叩き込まれて、無念のKO。一気に4点のリードを貰った片山は残り2回も無難に抑え、プロ初勝利を完封で飾った。

ノムさんの秘蔵っ子・片山が2度目の先発登板で散発3安打完封と言う見事な内容で花を開かせ、貯金消滅の危機を救った。今季初先発の大嶺もよく投げたが、あと一歩粘りきれずにプロ初勝利を掴むどころか、初黒星を喫する事に…。なまじ拮抗状態が続いていたので、交代機を失ってしまった感じだが、今回の片山と当たってしまったのが不運と言うしかない。この内容ならば、次の先発のチャンスも貰えそうなので、今度こそ白星を掴んで欲しいものだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(26) 

June 17, 2008

◆G4−3Bs◆
初回にカブレラの12号ソロで先制した偽バファローズは4回にはローズ,北川,後藤の3連打で1点を追加。偽バファローズ先発・中山の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた巨人だが、4回、マッスル千代の富士が復帰初安打で出ると、続くキムタクがタイムリー二塁打。ガッツのセンターフライで三進したキムタクは続く寿司職人ラミレスの犠飛で同点のホームイン。2−2の儘、迎えた7回、偽バファローズは前田の今季初アーチで勝ち越しに成功。しかし、粘る巨人は8回、ガッツが10号同点ソロ。土壇場9回にはヒットの松田記者を阿部が送って、一死二塁のチャンス。偽バファローズは守護神・加藤を投入するが、坂本がヒットで繋ぐと、代打・清水が四球を選んで満塁となった所で代打・古城がセンターへ打ち上げて、代走・鈴木尚が快足を飛ばして、本塁を陥れ、サヨナラ勝ち。

1点を争うゲームを制し、巨人が四たび5割に復帰。終盤、流れを引き寄せる土壌を作ったリリーフ陣の頑張りが光った。果たして、今度こそ貯金を稼ぐ事が出来るか!? とりあえず、マッスル千代の富士にも1本が出たのも明るい材料だ。偽バファローズは小松をもう少し引っ張っても良かった様な…。先発もこなせる小松をわざわざリリーフに戻して、チマチマ投げさせるのは何だか勿体ない気がする。

◆D5−4L
故障を押して出続けていた井端がついに登録抹消となった中日。いきなり荒木,藤井と連続三振に倒れたが、ここか羅クリーンアップの3連打で1点を先制。1点を追う西武は2回、中村の14号ソロで追い付くと、5回には栗山に3号2ランが飛び出して、勝ち越しに成功。その裏、中村紀のタイムリー二塁打で1点差とされるも、直後の6回、中村がこの日2本目となる15号ソロを叩き込み、山本昌をKO。2点を追う中日は7回、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号2ランを放り込み、一気に同点。4−4の儘、迎えた土壇場9回、中日は同点ながらも登板した守護神・岩瀬がきっちり0点に抑えると、その裏、二死走者しから中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の13号ソロを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

西武の中村が2発含む3安打2打点と爆発すれば、中日の中村紀も2発含む4安打4打点の大当たり。中村デーとなったこの試合は、より中村が爆発した中日に軍配が上がった。結局、中日は一発頼みかよ…。井端がいても一発依存症だったんだから、井端がいなくなったら、より一発依存になるのはある意味、当然の結果か…。

◆C7−8F◆
難敵・ダルビッシュが相手であろうと関係ないブラウン監督はこの日も求道者・前田をベンチに軟禁。ダルビッシュキラー・赤松の先頭打者アーチと高口のエラーで2点を先制したものの、直後の2回、先発・大竹が一死二、三塁のピンチに鶴岡の犠飛で1点差とされると、投手のダルビッシュにタイムリー二塁打を浴び、あっさり同点。続く3回には田中に9号ソロを叩き込まれて、勝ち越し点を献上。4回にまたも赤松が同点タイムリーを放ったのも束の間、直後の5回、二死満塁から稲田に2点タイムリーを浴び、大竹はここでKO。代わった梅津も鶴岡にタイムリーを許すと、6回には大島が打ち込まれて、2失点。大量5点を追う広島は8回、無死一、二塁のチャンスにようやく求道者・前田が代打で登場するも、ブラウン暗黒采配により、コンディションもモチベーションも低下させられている為にライトフライが精一杯。しかし、求道者・前田の一打を無駄には出来ないと、二塁走者・石原が果敢に三塁へタッチアップ。これで火がついた広島打線は二死後、東出,オチョア,栗原の3連続タイムリーが飛び出して、一気に1点差まで詰め寄った。土壇場9回には一死から石原がヒットで出たものの、最後は代打・喜田がショートゴロゲッツーに倒れて、あと一歩及ばなかった。

5点リードがあるからと、ダルビッシュを7回で下げてみたら、えらい事になりかけた日本ハムだが、辛くも逃げ切り。先発全員がヒットを放ったが、中でもスレッジが4安打と爆発した。広島はとにもかくにも求道者・前田のコンディションが万全でなかった事が悔やまれる。タイプ的に代打で使われている限り、そう簡単に浮上してくるとは思えないのだが、それを分かっているからこそ、ブラウン監督はスタメンで浮上のきっかけを掴ませる様な真似は極力回避しようと図る筈。この負のスパイラルはいつまで続くのか…。

◆T5−3E
序盤は拙攻続きの両軍だったが、先手を取ったのは阪神。3回、四球で出たシャア少佐が二盗と犠打で三塁まで進むと、渡辺直のタイムリーエラーで先制のホームイン。しかし、直後の4回、楽天は3連打であっと言う間に追い付くと、更に、山崎隆のプロ初打点となる犠飛で勝ち越し。毎回走者を出しながら、あと一本が出ずにいた阪神だが、7回、無死一、二塁から関本が犠打を決めると、ここで新井が犠飛を打ち上げ、ついに同点。直後の8回、山崎武のタイムリーで再び勝ち越しを許すものの、その裏、一死から連打で一、二塁とすると、代打・高橋光が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。更に、シャア少佐がヒットを放った後、小山の暴投で5点目を追加。最後は藤川が3人で締めて、連敗を3で止めた。

シャア少佐が出ては、関本が送り、シャア少佐が出ては、関本が送り…と重ねる事、実に4打席連続。1試合4犠打で日本タイ記録となったが、これだけやって、シャア少佐はエラーで1回ホームを踏んだだけ。無駄に手こずった阪神だが、終盤の集中打で何とか逃げ切り、連敗を脱出。粘り負けた楽天だが、ノムさんはこれで史上最多タイとなる監督通算1453敗目となった。

◆YB1−14M◆
水島の呪いにより疲弊しきっている横浜相手にロッテが序盤から容赦のない猛攻を展開。初回、サブローの今季初アーチとなる3ランなど、5長短打を集中し、いきなり5点を先制。横浜先発・桑原謙は早くもこの回限りでKOとなった。更に、3回には西岡,ズレータに一発が飛び出すなど、6長短打で一気に6点を追加し、早くも試合を決定付けた。ロッテは終盤にもオーティズ,里崎の一発でダメ押しし、計18安打14点。大量リードを貰った先発・成瀬は7回を吉村の一発による1失点のみで切り抜け、4月20日以来となる4勝目。横浜は今季4度目の5連敗となった。

惨憺たる結果に水島の呪いの影響を痛感し、涙が止まらない。負け方も酷い上、連敗も止まらない。このチームは一体、何に救いを見出せばいいのか…。相次ぐトレードで足掻いているが、果たして、それで活路が開けるのかどうか…。そのトレードの第1弾として獲得した入団前から名手・川相を信奉していたナイスガイ・真田がこの日3番手として移籍初登板。走者を出しながらも、2回を無失点。先発として期待されている真田だが、まずは中継ぎで結果を残し、次のステップへの足がかりを掴んだのは何よりだ。一方、打線に見殺され、リリーフに白星を消され…と、まだ3勝しかしていないのが嘘の様な成瀬にようやく白星。これだけワンサイドな展開だと、「成瀬で勝った」感が足りないが、長らく白星から遠ざかっていただけに嬉しい1勝だろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(19) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ