内海哲也

April 13, 2011

◆G3−0S◆
3回で早くも7個と言う三振ショーを見せていた由規だが、4回に寿司職人ラミレス,マッスル千代の富士と連続被弾で先制点を献上。一方、後輩・東野に開幕投手の座を奪われる屈辱を味わった内海は7回まで無失点の好投。8回途中でKOされたが、最後は新守護神・山口が締めて、完封リレーで13年ぶりの開幕連勝。ヤクルトは11残塁1併殺の拙攻が痛かった。尚、ガッツに今季初安打を含む2安打が飛び出し、いよいよ2000安打へ残り9本とカウントダウンが始まった

◆YB7−8D◆
中田賢,大家の両先発が奮わず、3回までに両軍5点を奪い合う乱打戦。中日は4回に森野の今季初アーチ,7回に代打・福田の2年ぶりの一発が飛び出すなど、小刻みに加点し、3点のリード。スレッジのこの日3本目となる2ランで追い上げた横浜だったが、浅尾−岩瀬の必勝リレーの前にあと一歩及ばなかった。

◆T2−1C◆
J.マッケンジーの先制犠飛,ルパン広瀬の同点タイムリーと1点ずつ取り合って迎えた5回、阪神がマット・マートンのタイムリーで勝ち越し。この1点のリードを小林宏,藤川と繋ぐ必勝パターンで守りきり、2連勝。広島は散発3安打と沈黙。依然として、トレーシー,栗原の4,5番に快音が聞かれないのが気がかりだ。

4/13寺原◆Bs5−0H◆
昨夜に続いて、1点を争う好ゲームは偽バファローズが3回に坂口のタイムリーで先制。開幕戦に死球を食らった主砲・小久保が右手親指剥離骨折で登録抹消となる憂き目に見舞われたソフトバンクは中盤のチャンスを悉く取りこぼし、1点がどうしても届かず。そうこうしているうちに、8回に李の移籍初アーチとなる3ラン等で大きく突き放された。はーちゅんは古巣相手に4年ぶりの完封で移籍初登板初勝利。

 

 

◆F3−8L◆
今季は開幕から先発で起用される方針の高橋由伸だったが、2回に5安打の集中攻撃で4点を先制されるなど、5回途中7失点KO。2夜連続で先発が7失点KOとなる惨憺たる展開で連敗スタートとなった。D.ハッセルホフに来日初アーチが飛び出したのは明るい材料か。西武はルーキー・秋山がプロ初打点&猛打賞の活躍を見せるなど、先発全員の15安打。先発・帆足は7回途中まで3失点で勝利投手。

◆M1−5E◆
3回,5回と聖沢の2打席連続タイムリーで先手を取った楽天は7回には主砲・山崎がダメ押しの1号3ラン。先発・ラズナーは6回1失点の好投で勝利投手。ルーキー・美馬も4番手で登場し、1回無失点とまずまずのデビューを飾った。ロッテは先発・唐川が4失点KO。打線も井口が3安打1打点と一人で気を吐いた以外は精彩を欠き、開幕2連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:45コメント(0)トラックバック(4) 

September 22, 2010

◆G6−2YB◆
横浜は2回、一死からスレッジの二塁打,カスティーヨの四球で一、二塁とすると、二死後、武山が歩いて満塁となるも、ここで投手の加賀に回ってしまい、三者残塁。0−0で迎えた4回、巨人は二死走者なしから阿部,マッスル千代の富士,古城,脇谷と4連打を浴びせて、2点を先制。続く5回には坂本が2試合連続の31号ソロ、6回にはマッスル千代の富士が13号ソロと一発攻勢で加点。更に、7回には坂本のヒット,松本の死球で一、二塁とすると、寿司職人ラミレスがレフト線へタイムリー二塁打を浴びせて、5点目。8回にも坂本のタイムリーで1点を加え、ダメ押し。横浜は二死走者なしから、四球を挟んで4連打で2点を返し、クルーンを引っ張り出す粘りを見せたが、一発同点の場面で内川がセカンドゴロに終わり、ゲームセット。巨人はこれで2位に浮上。先発・内海は完封まであと一人と迫りながら、無念のKOとなったが、2年ぶりの10勝目に到達した

9/22ブラゼル◆D1−0T◆
鬼門・ナゴヤドームで一向に勝てない阪神はこの日も大苦戦。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井に対し、初回、二死から連打で一、二塁とするも、ブラゼルが三振に倒れて、無得点に終わると、以降もスコアボードにゼロを並べるばかり。しかし、先発・ソニックが7回まで散発3安打と付け入る隙を許さぬ力投で中日に先手を取らせない。0−0で迎えた8回、阪神は死球のマット・マートンを平野が送り、鳥谷がピッチャーゴロに倒れた所で山井をマウンドから引きずり下ろすが、代わった浅尾の前に新井が打ち上げて、またも先制ならず。土壇場9回、表の攻撃で代打を送られたソニックに代わり、マウンドに上がった久保田だが、いきなり藤井,森野,ベンちゃんと3連打を浴びて、無死満塁の大ピンチ。ここでブランコは三振に斬って取り、代打・堂上剛がコールされると、守護神・藤川球が登場。堂上剛はどん詰まりのファーストゴロに倒れるが、悠々アウトのタイミングだと言うのに、ブラゼルが歩調を合わせ損ねながらのランニングスローでホームへ痛恨の悪送球を犯し、中日がタナボタのサヨナラ勝ち。球団新の70試合登板となった浅尾は1回1/3をパーフェクトに抑えて、12勝目をマーク。2試合連続の完封負けの阪神はこれでナゴヤドーム30イニング無得点とまたも鬼門に屈する形で3位転落となった。

◆C4−5S◆
両軍共に、得点圏に走者を進めては、あと一本が出ない拙攻で3回までゼロ行進。迎えた4回、ヤクルトは飯原がエラーで出ると、相川がヒットで続き、宮本が送って、二、三塁とした所で川端がレフトへ犠飛を打ち上げ、ようやく先制。しかし、その裏、広島は赤松,栗原の連打ですかさず同点。6回にデントナの14号ソロで再び勝ち越しを許すが、その裏、栗原,ヒューバーの連打で二、三塁とすると、石川の暴投で労せずして同点。ここでルパン広瀬がレフト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。しかし、僅かに可能性を残しているAクラス入りに執念を燃やすヤクルトは7回、川端,代打・ホワイトセル,青木の3連打で無死満塁とすると、田中のサードゴロの間にまず1点。なおも二、三塁の場面で畠山がセンター前へ弾き返し、二者が返って、一気に逆転。8回に二死一、二塁のピンチを迎えるも、ここで早くも登場した守護神・林が梵を三振に斬って取ると、9回も3人でピシャリと締めて、1点のリードを守りきった。0回2/3を抑えた2番手・押本は3勝目

◆F1−3E◆
8連勝中の日本ハム先発・武田勝の前に1,2回と3人ずつで片付けられた楽天だが、3回、牧田,平石の連打で一、三塁とすると、井野がショートゴロゲッツーに倒れる間に牧田が先制のホームイン。1点を追う日本ハムは4回、一死から小谷野,糸井の連打で一、三塁とすると、陽のサードゴロが中川の野選を誘い、同点。しかし、直後の5回、楽天は先頭の牧田がレフトスタンドへ4号勝ち越しアーチ。続く6回には聖沢がライトスタンドへ6号ソロを放り込み、3点目。日本ハムは7回、二死から飯山,田中と連打し、一、三塁とするも、代打・ミスタースナイパー・坪井が三振に倒れて、二者残塁。8,9回は3人ずつで打ち取られ、4位転落。これで連覇の可能性が消滅し、ソフトバンクのAクラスが確定した。楽天先発・川井は5回2/3を1失点と踏ん張り、3勝目をマーク

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(1)トラックバック(21) 

August 26, 2010

8/26内海◆G10−4D◆
今季5戦4敗と完全にカモにされている中日先発・吉見に対して、巨人は坂本がいきなり初球をレフトスタンドへ放り込む25号先頭打者アーチで先制すると、松田記者,ガッツと連打を浴びせた所で寿司職人ラミレスが王さんの記録を破る日本新の8年連続100打点突破となる40号3ラン。更に、二死後、長野にも18号ソロが飛び出し、早くも5点を獲得。続く2回には一死から坂本が2打席連続の26号を叩き込むと、二死後、ガッツもレフトスタンドギリギリに飛び込む27号ソロを放ち、7点目。今季ワースト7失点の吉見はこの回限りであえなくKOとなった。直後の3回、中日は一死一、二塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに30号3ラン。続く森野もヒットを放ち、一気に畳み掛けたい所だったが、ブランコ,藤井と倒れて、3点止まり。5回には無死一塁のチャンスに英智がゲッツー。7回には二死から荒木が二塁打を放つも、ここでも英智が凡退。一方、3回以降、当たりが止まっていた巨人だが、7回、二死からガッツが歩いた所で寿司職人ラミレスがこの日2本目となる41号2ラン。中日は8回に谷繁のタイムリーで1点を返すも、その裏、巨人は坂本の犠飛でダメ押しの10点目。先発・内海は4点を失いながらも、最後まで投げきり、6月24日以来となる8勝目をマーク。これで巨人はまたまた一夜で首位奪回となった。

◆T1−6C◆
阪神先発・下柳は初回を3人で退けると、2回、簡単に二死を取るが、ヒューバーを歩かせると、岩本,会沢と連打を浴びせて、先制点を献上。続く3回には梵に二塁打を浴びると、木村の犠打で三塁へ進められた所で赤松に犠飛を許し、2点目を献上。その裏、阪神は先頭の藤川俊が二塁打を放つと、下柳が送った所でマット・マートンがセンター前へタイムリーを浴びせて、1点差。しかし、広島は5回、会沢,スタルツの連打で一、三塁とすると、梵のセカンドゴロの間に会沢がホームイン。更に、木村が犠打を決めた後、赤松がタイムリー二塁打を浴びせ、下柳をKO。8回には3連打で無死満塁とすると、ヒューバーが四球を選んで押し出し。更に、岩本が犠飛を打ち上げ、6点目。土壇場9回、阪神はマット・マートン,平野と連打を浴びせるなど、一死一、二塁のチャンスを作り、スタルツをKOするが、反撃もここまで。代わった横山に後続を断たれて、2位転落。広島先発・スタルツは完投目前で降板となったが、8回1/3を無四球1失点の好投で5勝目を挙げた

◆S3−9YB◆
初の2桁勝利へリーチをかけるヤクルト先発・由規だが、この日は立ち上がりから乱調。。二死二塁から村田に先制タイムリーを浴びると、スレッジを歩かせた後、下園,カスティーヨと連続タイムリーを浴びて、いきなりの3失点。続く2回にも二死満塁とされるが、ここで下園を打ち取り、ピンチを切り抜けると、3回以降は調子を取り戻し、5回には日本人最速の161kmをマークするなど、付け入る隙を許さない。ヤクルトは4回、先頭の田中が四球で出ると、武内,ホワイトセルと連続タイムリーを放ち、1点差。しかし、5,7回と二死一、二塁のチャンスをモノに出来ず、あと1点が届かない。2−3の儘、迎えた8回、横浜は代打を出された由規に代わって登板の デラクルスに対し、一死二塁から代打・金城がタイムリー。その裏、ヤクルトもホワイトセルの12号ソロで応戦するが、横浜は9回、スレッジの25号2ラン等で一気に5点を奪い、ダメを押した。先発の藤江は制球に苦しみながらも6回2/3を2失点で切り抜け、2勝目

◆H4−4Bs◆
後0−0で迎えた4回、ソフトバンクは本多がチーム初安打となるレフト線への二塁打を放つと、続く長谷川が三遊間突破の先制タイムリー。5回の二死満塁のチャンスは逃したが、6回、小久保,ハマのスペランカー,ペタジーニの3連打で1点を追加。更に、一死後、柴原が歩いて満塁となった所で山崎がセンター前へ2点タイムリー。一方、偽バファローズは7回、一死満塁のチャンスに暴投でまず1点を返すと、後藤がライト前へ2点タイムリーを放ち、1点差。土壇場9回、ソフトバンクは守護神・馬原を投入し、逃げ切りを図るが、2四死球で二死一、三塁のピンチを迎えた所で、ティー岡田にセンター前へ痛恨の同点タイムリーを浴び、試合は延長に突入。ソフトバンクは11回、二死一、二塁と一打サヨナラのチャンスを作るも、本多が三振に倒れて、二者残塁。12回は両軍三者凡退に終わり、規定によりドローとなった。

◆M2−1L◆
連敗阻止を目指す西武は初回、先頭の片岡がショートへの内野安打で出ると、すかさず二盗。一死後、中島がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。しかし、2,3,4回と立て続けに得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ずに追加点を奪えない。一方、西武先発・オツの前に4回まで1安打に抑え込まれていたロッテは5回、二死走者なしから西岡,今江,井口と3連打を浴びせて、同点。続く6回には二死一、二塁とし、オツをKO。代わった岡本篤から西岡が四球を選び、満塁としたものの、今江が打ち上げて、三者残塁。1−1の儘、迎えた8回、ロッテは先頭のサブローが四球を選ぶと、大松がヒットで続き、一、三塁。一死後、清田がレフトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。最後は守護神・小林宏が3人で締め括った。先発・唐川は尻上がりに調子を上げ、8回を1失点で6勝目。西武はこれで6連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(9) 

June 18, 2010

6/18内海◆G5−0D◆
交流戦ではパ・リーグ相手に苦戦を強いられ、リーグ戦再開で調子を取り戻したい両チーム。巨人先発・内海は3回まで7三振と素晴らしい立ち上がり。一方、2回に満塁のピンチを切り抜けた中日先発・ウッチャンだったが、3回、脇谷のヒット,マッスル千代の富士の死球で二死一、二塁とされると、ガッツにタイムリーを浴び、先制点を献上。巨人は5回にも一死満塁と絶好のチャンスを作るが、ガッツ,寿司職人ラミレスの3,4番が倒れて、三者残塁。しかし、続く6回、先頭の阿部が18号ソロを叩き込み、ウッチャンはこの回限りでKO。続く7回には2番手・清水昭から無死一、二塁とした所でガッツがレフトスタンドへ15号3ランを放り込み、ダメ押し。内海は2回以降は二塁も踏ませない完璧な投球を展開し、散発2安打無四球の今季初完封で6勝目を飾った

◆C−S◆
降雨中止。

◆YB−T◆
降雨中止。

◆L8−1H◆
ソフトパンクは初回から3安打を浴びるなど、不安定だった西武先発・涌井の立ち上がりを捉えきれず、先制点を奪えない。一方、西武は2回、二死満塁のチャンスで片岡が走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びせると、続く栗山もタイムリーを放ち、この回4点。4−0の儘、迎えた6回、ソフトバンクはペタジーニの2号ソロでようやく1点を返すが、西武は8回、二死走者なしから代打・佐藤の二塁打,オーティズのエラー,阿部の四球で満塁とすると、細川が4号グランドスラムをぶち込んで、一気に試合を決定付けた。尻上がりに調子を上げた涌井は8回を1失点の好投でーハーラートップタイの9勝目。ソフトバンク先発・山田は4回もたずにKOとなり、プロ初黒星。

◆Bs0−3F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは二死走者なしから金子誠が四球を選ぶと、田中のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、後藤のタイムリーエラーで1点を加えると、続く4回には一死から糸井がライトスタンドへ6号ソロを放り込み、3点目。先発の糸数が右脇腹を痛めて、3回一死で降板を余儀なくされるアクシデントに見舞われたが、そこから4人の中継ぎ陣が8回まで無失点で繋ぐと、最後は武田久が完封リレーを決めて、今季26度目の登板にしてようやく今季初セーブ。緊急登板で2回2/3を無失点の好リリーフを見せた2番手・榊原に2勝目がついた。偽バファローズ先発・金子千は3安打完投ながら、味方打線が見殺しにしてしまった。

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(6) 

April 01, 2010

4/1ラミレス◆YB2−12G◆
初回、いきなりの3連打で先制した巨人は更に、内野ゴロや悪送球の間に2点を追加。2回には2四球に内野安打と地味な形ながら満塁とした所で寿司職人ラミレスがグランドスラムをぶち込み、ビジター用新パフォーマンス「ヨロコンデ」を初披露。3回以降攻めあぐね、ゼロ行進を続けるが、8回に3番手・加藤の制球難に乗じて、大量5点を奪い、ダメ押し。投げては中5日でマウンドに上がった先発・内海が2回を除いて毎回ヒットを浴びながら、8回まで2点に抑える粘りの投球を見せ、開幕2連勝。坂本は5打数5安打の大当たりだった。横浜は巨人より僅かに2本少ないだけの11安打を放ちながら、10点差をつけられる効率の悪い攻撃が響いた。

◆S2−5D◆
新助っ人・バルデスの初先発起用で活路を見出したい中日だったが、バルデスはいきなり福地に先頭打者アーチを浴びると、青木にも被弾し、早くも2点のビハインド。しかし、2回以降はピンチの連続ながら、あと一本を許さない粘りの投球で反撃を待つ。4回に森野のタイムリー二塁打等でようやく追い付いた中日だが、5回二死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを潰してしまう。やはり、川相不在では一発に賭けるしかない事を痛感したのか、続く6回、代打・小池の2ランで勝ち越しに成功。7回にもブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを放ち、5点目。6回から5人のリリーフを注ぎ込んだ中日は最後は前回リリーフに失敗した守護神・岩瀬が締めて、今季初セーブ。バルデスは5回降板ながら、来日初勝利を手にした。

◆C−T◆
降雨中止。

◆L5−11H◆
壊滅的な貧打が続くソフトバンクはこの日も初回から三者凡退と不安な滑り出し。しかし、2回、小久保が歩いてから連打で無死満塁とすると、柴原に2点二塁打,松田に犠飛、更に、不振の田上に代わり今季初スタメンに抜擢された山崎にもタイムリー二塁打が飛び出し、一気に4点を先制。3回にはオーティズが3号2ランを叩き込み、西武先発・オツをKO。6点のリードを貰いながら、先発・和田はG.G.佐藤に被弾するなど、4点を失い、5回で早くも降板。4回から3イニング無失点と追い上げムードを支えてきた西武2番手・長田だったが、7回に長谷川,オーティズとタイムリーを浴びて、痛恨の3失点。ソフトバンクは8回にも2点を加え、計14安打11得点と久々に打線が奮起して、連敗を3でストップさせた

◆M3−2E◆
移籍初登板初先発となった川越に対し、楽天は初回、不振に喘ぐ主砲・山崎が先制タイムリー。3回にも高須,山崎の連打で作ったチャンスにフィリップスの犠飛で2点目を追加。しかし、立ち上がり順調だったラズナーが4回に突如、制球を乱し、2四球でピンチを作った挙げ句、サブローのタイムリー,フクーラの犠飛で追い付かれると、更に、里崎にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。6回から継投モードに入ったロッテに対し、どうしてもあと1点が届かない楽天は土壇場9回、新守護神・小林に対して、一死から連続四死球で一打同点のチャンスを作るが、渡辺直,鉄平と倒れて、万事休す。移籍初勝利の川越は2年ぶりの白星となった。ロッテは実に41年ぶりとなる開幕3カード連続の勝ち越し。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(20) 

November 07, 2009

11/6 巨人日本一◆F0−2G◆
王手をかけて再び札幌に乗り込んだ巨人。この試合にダルビッシュが投げない事が決まり、何とか第7戦まで持ち込みたい日本ハムは初回、第2戦の好リリーフが評価されて先発に抜擢された東野に対し、初回、先頭の田中がヒットで出るも、続く劇団ひちょりがキャッチャー小フライを上げてしまうヘッポコバント。稲葉も三振に倒れて二死となった所で高橋の殺人X打法が炸裂。右手甲に打球直撃を食らい、昏倒した東野はベンチに下がり、そのまま、僅か14球での降板を余儀なくされた。二死一、二塁のピンチでの緊急登板となった内海は第2戦で3回KOとなった為に先発枠から外された悔しさをバネに難敵・スレッジをファーストゴロに仕留めて、1球でこのピンチを脱出。直後の2回、日本ハム先発・武田勝に対し、巨人は一死から亀井が左中間を破る二塁打を浴びせると、二死後、阿部がフェンス直撃の先制タイムリー二塁打。1点を追う日本ハムはその裏、一死から糸井がヒットで出塁。二死後、あの男がセンター前へのライナーを放つが、松本のダイビングキャッチに阻まれ、無得点。4回には一死から小谷野が四球,糸井がヒットで出ると、鶴岡の犠打で二、三塁となった所でまたも打席には残塁量産マシンの名を欲しいままにするあの男が登場。あの男はまんまと泳がされてどん詰まりのセカンドゴロに打ち取られる本領発揮のチャンスブレイクで二者残塁。続く5回にはヒットの田中を劇団ひちょりが今度はきっちり送って、一死二塁とするも、稲葉,高橋の3,4番が連続三振に斬って取られて、またも無得点。3回以降、走者を出せずにいた巨人だが、6回、二死走者なしから松本がレフト前ヒットで出塁。続くガッツがライト線へ弾き返すと、稲葉が足を滑らせている隙に松本が俊足を飛ばして、一気に本塁を陥れ、待望の2点目を追加。その裏、一死から若大将・原監督は何か予感があったのか、好投の内海から豊田にスイッチ。代わりばな小谷野に痛打された豊田は二死後、鶴岡にもヒットを浴び、一、二塁のピンチ。しかし、ここで打席が回ってきたのはまたもやあの男。怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しいままにするあの男はここでもどん詰まりのセカンドゴロに倒れて、二者残塁。続く7回にはこの回から代わった3番手・山口に対し、四たび先頭打者として打席に入った田中がこの日3本目のヒットで出るも、続く劇団ひちょりがファーストゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。稲葉も倒れて、結局3人で攻撃終了。直後の8回、巨人は一死から坂本がセンター前に弾き返すと、松本が送って二死二塁。ここでガッツを敬遠して塁を埋めた日本ハムは武田勝から江尻にスイッチ。江尻は寿司職人ラミレスを空振り三振に仕留めて、見事にピンチを脱出。その裏からマウンドに上がった4番手・越智に対し、日本ハムは先頭の高橋がセンター前ヒット。スレッジ,小谷野と連続三振に倒れるが、糸井が四球を選び、一、二塁。こごて鶴岡に代えて、ミスタースナイパー・坪井を起用すると、巨人も越智を下げ、早くも守護神・クルーンを投入。逆転の走者を出す事になっても、あえて敬遠し、あの男にチャンスを潰して貰う作戦も考えられたが、万一、代打を出される様な事があってはまずいと勝負に出たクルーンの前にミスタースナイパー・坪井はセカンドゴロに打ち取られ、二者残塁。土壇場9回、日本ハム3番手・林が3人でピシャリと締める好投を見せ、その裏の攻撃に望みを繋ぐと、殺す走者も残す走者もいない先頭打者として打席に入ったあの男がここまで再三チャンスを潰しまくった事により充電しきったインケツパワーを開放し、レフト線へ二塁打。田中のファーストゴロで一死三塁となった所で代打・稲田が四球を選び、代走・紺田がすかさず二盗。ワンヒットで同点、一発が出れば、一気に逆転サヨナラの大チャンスとなったが、稲葉,高橋と連続三振に倒れて、万事休す。完封リレーで逃げ切った巨人は4勝2敗で7年ぶり21度目の日本一に輝いた。第3戦で同点弾含む3打点、第5戦ではサヨナラ弾を叩き込み、この試合でも決勝二塁打を放った阿部がMVPを受賞。完投選手は高橋,優秀選手には亀井,ゴンザレス,小谷野が選ばれた。

 ところで、歓喜の優勝の陰でキムタクが今季限りでの現役引退を発表。全く予期していなかったニュースにショックを隠せない。全てがうまくいった様でまだまだほころびの多い巨人において、様々な穴を埋める事の出来るユーティリティープレイヤー・キムタクの力は来季も十分に必要だと思うのだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:45コメント(1)トラックバック(56) 

October 12, 2009

◆S5−3G◆
最早、絶望的と思われた2桁勝利が雨天中止による日程繰り下がりと言う僥倖に恵まれ、最後の最後によもやのチャンスが巡ってきた巨人先発・内海だったが、初回、先頭の野口を歩かせると、志田にはライト前へ弾き返され、いきなり無死一、三塁のピンチ。畠山をショートライナーに打ち取り、一死を取るが、続くデントナのセカンドゴロの間に野口の生還を許して、先制点を献上。しかし、直後の2回、ヤクルト先発・由規に対して、巨人は先頭の阿部が右中間スタンドへ32号ソロを放り込み、あっと言う間に同点。続く3回には内海がレフト前に弾き返して、自ら口火を切ると、坂本,松本も連打で続き、無死満塁。ここでガッツはファーストゴロに倒れるが、これをデントナが一塁へ悪送球し、内海に続いて坂本も返って、2点を勝ち越し。2点を追うヤクルトは4回、先頭のガイエルがバックスクリーンへ27号ソロを叩き込み、1点差。内海は続く5回には三者三振の快投を展開。6回には2四球で二死一、二塁のピンチを背負ったものの、吉本を打ち取って切り抜けると、7回一死走者なしと言うとりたてて必要のない場面で何故か代打を送られてしまい、あとはリリーフ陣に全てを託す事に…。その裏から登板の2番手・山口はピシャリと三者凡退に斬って取るが、8回からマウンドのに上がった3番手・越智が大誤算。一死から現役最後の打席となる代打・城石に二塁打,デントナに四球を許して、一、二塁のピンチ。続くユウイチは打ち取るも、代打・衣川に同点タイムリーを浴び、内海の10勝目は消滅。更に、続く吉本には走者一掃の勝ち越しタイムリー二塁打を浴び、KOされる始末。9回、この回から登板した李の前にあえなく3人で打ち取られ、ゲームセット。巨人は目前にしていた44年ぶりのシーズン90勝を逃した。ヤクルト3番手の高木は1回2/3を無失点の好リリーフで4勝目。李は来日初セーブをマーク。これでセ・リーグは全日程を終了した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:49コメント(0)トラックバック(8) 

October 02, 2009

10/2 内海◆G0−1YB◆
WBC干され症候群による前半戦の出遅れを取り戻し、4年連続2桁勝利へ望みを懸ける内海が先発登板。立ち上がり制球に苦しみながらも、1,2回のピンチを切り抜けてからは立ち直り、3〜6回まで一人の走者も許さない快投を展開。何とか内海を援護したい巨人打線だが、横浜先発・ランドルフの前に空転。4回に、二死満塁のチャンスを掴むも、寺内が打ち上げてしまうなど、一向に先制点を奪えない。0−0の儘、迎えた7回、内海は先頭の村田にレフトスタンドへ24号ソロを叩き込まれ、ついに先制点を献上。2桁勝利へチャンスを与えたい若大将・原監督は8回に打席が回ってきても、内海に代打を送らず、9回も続投。内海は9回もきっちり抑え、クリーンアップから始まるその裏の攻撃に望みを託すが、ガッツ,寿司職人ラミレスと簡単に倒れて、あっと言う間に二死。ここから亀井が四球を選ぶと、松田記者が内野安打を放ち、一、二塁と一打同点のチャンス。ここで7回に阿部に代走を送ってしまった後、7番に入っていた古城に代打・矢野を投入するも、フルカウントまで持ち込みながら、最後はファーストファールフライに倒れて、万事休す。内海は散発5安打1失点完投と好投虚しく、白星を掴めなかった。10日の広島戦に辛うじて登板の可能性を残すが、ゴンザレスに最多勝のチャンスが残っていた場合、チャンスを貰えるかは微妙な所だろう。横浜の連敗は7でストップ。ランドルフは来日初完投を初完封で飾り、5勝目

◆S2−5C◆
Aクラスへ望みを繋ぐ為にも負けられない両チームが直接対決 。最多勝を狙うヤクルト先発・館山に対し、広島は初回、ヒットの東出が犠打と内野ゴロで三塁まで進むと、栗原がレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。広島先発・前田健の前に5回まで僅か1安打に抑え込まれていたヤクルトだが、6回、四球の田中を宮本が送ると、二死後、デントナがセンター前へタイムリーを放ち、ついに同点。直後の7回、広島は一死から喜田がヒットで出ると、石原の犠打で二進。ここで前田健の代打・嶋がタイムリー二塁打を放ち、再び勝ち越しに成功。しかし、その裏、ヤクルトは一死から米野がヒットで出ると、館山の代打・畠山が四球を選んだ後、福地が内野安打を放ち、満塁のチャンス。ここで野口が犠飛を打ち上げ、再び同点。なおも一打勝ち越しの場面だったが、宮本はセンターフライに倒れて、同点止まり。またも追い付かれた広島は直後の8回、先頭の石井タクローがレフト前に弾き返すと、天谷の犠打が野選を誘い、一、二塁。ここで主砲・栗原がレフトスタンドへ22号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。最後は守護神・永川が締めて、ヤクルトの反撃を断ちきった。1回2/3を無失点に抑えた3番手のシュルツに5勝目がついた

◆E−H◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(11) 

September 25, 2009

◆G3−2C◆
チームの優勝は決まったが、個人的な目標として4年連続2桁勝利を目指す内海が先発登板。2回に満塁のピンチを背負いながらも切り抜け、3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、マクレーンに16号ソロを被弾し、先制点を与えると、続く5回にはガッツのエラーに足を引っ張られた後、天谷にタイムリーを許し、2点目を献上。何とか内海を援護したい巨人は6回、先頭の坂本がセンターオーバーの二塁打。続く松本が送りバントを仕掛けると、坂本は打球を処理して飛び出した石原の代わりにルイスがベースカバーに入っていないと見るや、一気に本塁を陥れる好走塁。続く7回には二死走者なしから阿部が30号ソロを叩き込み、ついに同点。更に、8回には内海の代打・古城がヒットで出ると、代走・鈴木がすかさず二盗。ここで坂本が犠打を決めると、代打・大道のショートゴロが野選を誘い、勝ち越しに成功。土壇場9回、クルーンが登録抹消となった事で最後を任された豊田はいきなり石原に痛打されると、二死後、天谷を歩かせ、一、二塁のピンチ。しかし、最後はフィリップスを三振に斬って取り、辛くも逃げ切り。内海は粘りの投球で8回を2点に抑え、4年連続2桁勝利へリーチをかけた

◆D2−5T◆
0−0の儘、迎えた4回、阪神は先頭の平野が二塁打で出塁。鳥谷,キュラソ星人と倒れたものの、新井がレフト前へ弾き返して、1点を先制。続く5回にはブラゼルのヒット,桜井の死球の後、狩野が送ると、能見,浅井と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。更に、6回には二死一、二塁からまたも能見がタイムリーを放ち、4点目。中日先発・吉見はこの回限りでKOとなった。中日は7回、二死一、二塁から代打・ピンキー井上が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ようやく2点を返すが、追い上げムードに水を差すかの様に9回に小林正が押し出し四球で5点目を献上。最後は藤川の前に3人で攻撃終了となった。能見は7回2失点で11勝目。打っても2安打2打点の活躍で3位死守に貢献した。尚、この日、ピンキー井上が今季限りでの現役引退を表明した。

9/25 館山◆S5−2YB◆
1ヶ月白星から遠ざかっている館山はこの日も立ち上がりからピリッとせず、初回2本のヒットで一死一、三塁のピンチを背負うと、村田のファーストゴロの間に先制点を献上。4回には一死一、二塁から吉村にタイムリーを浴び、2点目を献上。横浜先発・ランドルフの前に3回までノーヒットに抑え込まれていたヤクルトは4回、宮本,青木と連打を浴びせると、畠山が送った所でガイエルが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。続く5回には館山が自らヒットを放ち、口火を切ると、一死後、田中が4号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、6回にも相川のタイムリーで5点目を追加。館山は尻上がりに調子を上げていき、中盤以降は追加点を許さず、今季4度目の完投でハーラートップタイに並ぶ15勝目をマーク。敗れた横浜は今季の最下位が確定した。

◆H0−0F◆
日本ハムは初回にゲッツーでチャンスを潰したのを初め、2回無死一、二塁,4回無死二塁,5回一死二塁と再三再四のチャンスを悉く逃してしまう拙攻三昧。一方、ソフトバンクも日本ハム先発・藤井の前に6回まで3安打と沈黙するなど、一向に先手を取れない。0−0の儘、迎えた8回、ソフトバンクは一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、小久保が敬遠されて満塁のチャンス。しかし、松中,ハマのスペランカーと立て続けに内野フライを打ち上げて、三者残塁。土壇場9回にも一死一、二塁と一打サヨナラのチャンスを作るが、本多が最悪のピッチャーゴロゲッツーを食らい、試合は延長に突入。馬原−水田と繋いで、12回まで無失点と日本ハムの攻撃を凌ぎ、この試合の負けがなくなったソフトバンクは12回裏、二死一、三塁と最後のチャンスを掴んだものの、小久保が三振に倒れ、結局、両軍無得点の儘、ドローに終わった。

◆L7−1E◆
球団創立初優勝が視界に入ってきた楽天は田中を先発に立てる必勝体制で臨んだが、肝心の田中が精彩を欠く投球で初回から中村に43号2ランを被弾し、2失点。2,3回はヒットを浴びながらも切り抜けたが、4回、先頭の礒?に痛打された後、G.G.佐藤に23号2ランを被弾。6回には二死走者なしから片岡,栗山,中島と3連打を浴びて、5点目を失い、無念のKO。西武は8回に栗山のタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては楽天キラーの先発・帆足が1失点完投で9勝目をあげ、Aクラス浮上へ望みを繋いだ。

◆M6−0Bs◆
塁上を賑わせながら、なかなかあと一本が出ずにいたロッテだが、5回、一死二塁から塀内のタイムリーでようやく先取点をゲット。続く6回には連打と四球で無死満塁とすると、今江のタイムリー,角中の押し出し四球で2点を追加。なおも満塁の場面で早坂,西岡と連続犠飛を打ち上げて、この回4点。偽バファローズ先発・岸田はこの回限りで降板となった。ロッテは続く7回にも大松のタイムリーでダメ押しの6点目。先発・成瀬は散発2安打12三振と偽バファローズ打線を全く寄せ付けず、2年ぶりの完封で11勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(6) 

September 18, 2009

◆S2−10G◆
内海,村中の両先発の投げ合いで0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、巨人は中井のヒット,坂本の二塁打で一死二、三塁のチャンス。ここで早くも松本に代打・大道を送り込むが、あえなく三振。しかし、続くガッツがセンター前へ弾き返して、2点を先制。均衡を破り、流れを引き寄せた巨人は続く6回、松田記者のタイムリー二塁打,中井の犠飛で2点を追加し、村中をKO。7回には4連打で2点を追加し、なおも一、二塁の場面で阿部が捕手としては球団初の通算200号となる28号3ランを叩き込み、この回一挙5点。9回には亀井が23号ソロを放ち、ダメ押しの10点目。投げては内海が7回を投げ、代打・畠山のタイムリー二塁打による2点のみに抑え、通算50勝となる今季8勝目。巨人のマジックは2つ減って7となった。

◆D2−5YB◆
最早、逆転優勝を諦めたのか、来日初先発となる寝損,4年ぶりスタメンとなる前田と言うバッテリーで臨んだ中日。しかし、寝損は初回から一死二塁のピンチを背負うと、内川にタイムリーを許し、先制点を献上。2回にゲッツーの間に同点として貰ったのも束の間、3回、一死から投手のランドルフに二塁打を浴びると、二死後、山崎にタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。続く4回には先頭のメカゴジラに10号ソロを被弾すると、一死後、連打と四球で満塁のピンチを作り、無念のKO。2番手・鈴木も代わりばな金城にタイムリーを浴びると、二死後、内川に押し出し四球を与えて、この回3失点。ランドルフの前に沈黙していた中日打線は8回から2番手・高崎に代わると、一死から四球とブランコ,ベンちゃんの連打で1点を奪い、高崎をKO。更に、代わった高宮から代打・立浪がヒットで続き、満塁と一発が出れば一気に逆転の大チャンス。しかし、初スタメンに起用されながら、ここまでノーヒットの中川が最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。9回にも二死一、二塁と一発で同点と言う場面で打点リーグトップの森野に回したものの、森野はレフトフライに倒れて、万事休す。2併殺10残塁の拙攻が響いて、痛い黒星となった。ランドルフは制球に苦しみながらも7回を1失点で切り抜け、4勝目

9/18 今井◆T4−5C◆
Aクラス浮上へ望みを繋ぐ為にも負けられない広島は2回、一死一塁から小窪のタイムリー二塁打で先制。阪神はその裏、先頭のキュラソ星人の19号ソロであっさり追い付くと、一死後、関本,桜井,狩野の3連打で勝ち越しに成功。しかし、直後の3回、広島は二死満塁のチャンスから能見の暴投で労せずして同点とすると、天谷が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く小窪にもタイムリーが飛び出し、5点目を追加。3点を追う阪神は6回、先頭の鳥谷が四球を選ぶと、二死後、関本が2号2ランを叩き込み、1点差。続く桜井もヒットを放つが、ここで代わった3番手・横山の前に狩野が三振に倒れ、同点ならず。横山は7回もきっちり抑えると、8回にシュルツを挟み、最後は守護神・永川が三者三振の快投で締め括った。先発の今井は5回1/3を3失点でプロ初勝利

◆L6−0H◆
3回まで無失点と好投していたソフトバンク先発・ジャマーノだったが、4回、一死から中島に痛打されてからおかしくなり、中村にヒット,礒?にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。続くG.G.佐藤にもタイムリーを浴びると、原にはスクイズを決められ、後藤を歩かせた所で上本にタイムリーを浴許して、5点を失い、あえなくKO。西武は7回にも片岡,栗山と連続二塁打でダメ押しの6点目を追加。西武先発・帆足は初回こそ連打を浴びたものの、2回以降は散発2安打無四球と二塁も踏ませぬ投球を見せ、4試合連続完投の完封で8勝目

◆E9−5M◆
初回、満塁のチャンスを逃してしまった楽天だが、続く2回、一死二、三塁から中村真が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。直後の3回、早川,大松のタイムリー二塁打で追い付かれるも、その裏、先頭の山崎武の36号ソロですかさず勝ち越し。更に、二死一塁からリンデンにも9号2ランが飛び出し、この回3点。この後も4回に山崎武のタイムリー,5回に渡辺直のタイムリー,そして6回にも草野,リンデンの連続タイムリー二塁打と着々と加点。ロッテは7回にフクーラの4号2ラン,8回に塀内の3号ソロで追い上げを見せたものの及ばず、今シーズンの負け越しが決定した。楽天先発・田中は7回を9安打5四死球で4失点と苦しみながらも10三振を奪う力投を見せ、打線の援護にも恵まれて、自己記録を更新する14勝目

◆Bs6−7F◆
2回に糸井,鶴岡のタイムリーで2点を先制された偽バファローズは4回、ローズの22号2ランで同点。2−2で迎えた7回、日本ハムは一死一、二塁から田中のタイムリーで勝ち越すと、二死後、稲葉がライトスタンドへ16号3ランを叩き込み、この回、一挙4点。これで決まったかと思いきや、その裏、偽バファローズはこの回から代わった林に対し、山崎浩,代打・迎のヒットでチャンスを作るとね北川の2号3ランであっと言う間に1点差。続く8回には後藤,阿部の連打で一、三塁とすると、一死後、山崎浩が同点犠飛を打ち上げ、試合は延長に突入。偽バファローズ先発・岸田は10回も続投し、三者凡退に斬って取ると、11回から新ストッパー・金子を投入するが、いきなり先頭のスレッジに22号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。10回から登板していた武田久は11回も無難に抑えて、2勝目をマーク。日本ハムのマジックは2つ減って12となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(8) 

September 11, 2009

◆C5−13G◆
巨人は初回、ガッツの29号ソロで先制。その裏、マクレーンの2点タイムリーで逆転されるも、直後の2回、先頭の亀井が22号同点ソロ。2−2で迎えた5回、巨人は無死満塁からキムタクのショートゴロの間に勝ち越すと、続くガッツのタイムリー二塁打で広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤をKO。二死後、亀井が敬遠されて満塁となった所で松田記者が2点タイムリーを浴びせて、この回4点。7回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが25号ソロを叩き込むと、亀井の四球の後、松田記者,阿部と連続タイムリー。更に、中井にプロ初アーチとなる2ランが飛び出し、この回一挙5点のビッグイニングを形成。続く8回にも2四球で貰ったチャンスに亀井が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、ダメ押し。その裏、11点差あるにも拘わらず、引っ張り出された越智が4安打2暴投の体たらくで3点を失い、KOされたが、大局に影響は及ぼさなかった。巨人先発・内海は7回2失点で7勝目。巨人のマジックは1つ減って12となった。広島は一夜で5位転落。

9/11 山本昌◆D3−1S◆
連敗地獄でBクラス転落の危機に瀕しているヤクルトは初回、二死から青木の四球,デントナのヒットで先制のチャンスを作るも、ガイエルがサードファールフライに倒れて、先制ならず。すると、その裏、先発・ユウキが一死二塁から連続四球で満塁のピンチを背負った挙げ句、ベンちゃんに犠飛を許して、先制点を献上。2回以降、立ち直りを見せつつあったユウキだが、5回、井端,荒木と連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負うと、森野に犠飛を打ち上げられ、2点目を献上。更に、二死後、ベンちゃんを歩かせると、今季開幕から26打席ノーヒットと不振に喘ぐピンキー井上にタイムリーを浴び、この回2失点。ヤクルトは6回、川島慶の11号ソロでようやく1点を返すと、土壇場9回には守護神・岩瀬相手に青木,デントナと連打を浴びせ、一発が出れば逆転のチャンス。しかし、ここからガイエル,宮本,田中と悉く打ち上げて、万事休す。これでヤクルトは6連敗で阪神に0.5差と迫られた。約3ヶ月ぶりの登板となった中日先発・山本昌は6回をソロアーチによる1点のみで切り抜け、ようやく今季初勝利となり、セ・リーグ新の22年連続勝利を樹立した

◆T2−1YB◆
初回二死二塁に続き、2回も一死二塁のピンチを背負いながら、切り抜けた阪神はその裏、先頭のキュラソ星人が18号ソロを叩き込み、1点を先制。二死後、浅井にも2号ソロが飛び出し、この回2点。2点を追う横浜は6回、二死からガッツな貴公子・仁志,内川の連続二塁打で1点を返し、なおも二死二塁のチャンスだったが、ジョンソンはセカンドゴロに終わり、1点止まり。続く7回には新井のエラー,武山の四球で二死一、二塁のチャンスを作るも、代打・桑原義が三振に倒れ、二者残塁。ピンチを逃れた阪神は8回からアッチソン−藤川がパーフェクトリレーを展開し、辛くも逃げ切った。藤川は連続の20セーブ目。先発の能見は7回2失点で自身初となる10勝目をあげた。

◆H4−7E◆
初回、小久保のタイムリー二塁打で先制を許した楽天は3回、山崎武がタイムリー二塁打を放ち、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた6回、ソフトバンクは先頭の本多が三塁打。川崎,オーティズと倒れ、二死となったが、ここで小久保がタイムリー内野安打を放ち、勝ち越し。続く7回にはヒットの長谷川を田上が送った所で代打・ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放ち、3点目。8回に攝津アッパーを挟み、9回からは守護神・馬原を投入する必勝リレーで逃げ切り体勢。しかし、馬原は代わりばな、連打を浴び、一、二塁のピンチ。ここで小坂のバントを処理した明石が三塁封殺を狙うが、これをオーティズが後逸し、1点差。この後、何とか二死まで持ち込むも、渡辺直にタイムリーを浴び、ついに同点。更に、高須に痛打され、満塁となった所で鉄平に9号グランドスラムをぶち込まれ、馬原は悪夢の6失点KO。一瞬で4点のビハインドとなったソフトバンクはその裏、田上のタイムリーで1点を返すも、反撃もそこまで。楽天先発・田中は8回で10安打浴びながらも、3失点で踏ん張り、13勝目をマークした

◆F2−3M◆
0−0で迎えた4回、ロッテは先頭のサブローがライトスタンドへ20号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、その裏、日本ハムは稲葉のヒット,高橋のタイムリー二塁打であっさり同点とすると、スレッジもヒットで続いた後、小谷野のゲッツーの間に高橋が勝ち越しのホームイン。直後の5回、ロッテは今季初スタメンに起用された南に今季初アーチが飛び出し、同点とすると、続く6回には二死一、二塁からフクーラがタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。日本ハムはその裏、一死からスレッジがヒットを放つも、またも小谷野がゲッツー。その後も7回一死一、二塁,8回二死一、二塁,9回一死二塁と再三のチャンスにあと一本が出ず、あと1点がどうしても届かなかった。ロッテ先発・清水は7回を2失点と粘りの投球で5勝目を飾った

◆L2−1Bs◆
偽バファローズ先発・岸田は5回まで2安打無失点の好投を展開。何とか岸田の好投に報いたい偽バファローズは西武先発・帆足の前に塁上を賑わせながら、ゼロ行進を続けていたが、6回、一死からカブレラ,ローズの連続二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。リードを奪われた西武は6回一死二塁,7回二死一、二塁と相次ぐチャンスにもあと一本が出ない。しかし、8回、二死走者なしから片岡がレフト前へ弾き返すと、続く栗山がライトスタンドへ11号2ランを叩き込み、一気に逆転に成功。ようやくリードを貰った帆足は9回もマウンドに上ると、きっちり3人で締め、完投で7勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:40コメント(0)トラックバック(28) 

July 12, 2009

◆T1−2G◆
内海,下柳の両先発左腕がいずれも5回を1安打無失点の好投を展開。均衡が崩れたのは6回。巨人は一死から坂本がセンター前ヒット,鈴木がセカンド内野安打を浴びせて、一、二塁のチャンス。ここでガッツが右中間を破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、ついに2点を先制。追いかける阪神は8回、先頭の狩野が二塁打を放つと、二死後、関本がレフト前に弾き返して、狩野が生還。更に、新井がヒットで続き、長打が出れば、一気に逆転と言う場面でキュラソ星人が打席に入ったが、セカンドゴロに打ち取られ、二者残塁。9回も続投となった内海は一死から桜井に痛打されたものの、鳥谷,狩野と打ち取って、今季2度目の完投勝利で4勝目。これで巨人は引き分け1つを挟んで4連勝となった。

◆D4−0C◆
名手・川相の現役復帰待望論が強まる一方だと言うのに、事態の大きさを分かっていないのか、それを無視し続ける落合監督はまたもや川井を先発起用し、お茶濁し采配を敢行。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日は初回からゲッツーを食らう相変わらずの拙攻モード。一向に得られそうにない援護にやきもきしつつも、川井は毎回ヒットを浴びながら、先制を許さない粘りの投球を展開。何とか先手を取りたい中日は4回、一死一、二塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃の先制タイムリー三塁打となると、続く藤井もタイムリー二塁打を放ち、この回3点。続く5回には二死三塁からブランコのタイムリー内野安打で4点目。広島は6回、先頭の東出がヒットで出るも、一死後、栗原がショートゴロゲッツー。7回には四球と連打で無死満塁とするが、倉が最悪のホームゲッツー。続く代打・嶋は三振に倒れて、結局、無得点。相次ぐピンチを凌いだ川井は8,9回も0点に抑えて、今季初完投初完封で球団初の開幕9連勝を収めた。広島先発のルーキー・小松は4回3失点KOでプロ初黒星。

◆S1−2YB◆
初回一死一、三塁のチャンスにデントナ,ガイエルの両助っ人が倒れて、先制点を逃したヤクルトだが、続く2回、二塁打の宮本が三進した所で川島慶のタイムリーが飛び出し、1点を先制。先発・石川は7回まで散発2安打無失点と素晴らしい投球を展開していたが、7回裏、一死一塁の場面で代打・飯原を送ってしまい、継投策に走った事が運の尽き。8回から登板の2番手・五十嵐は制球が定まらず、2四球で二死一、二塁のピンチを作ると、村田にタイムリー二塁打を浴び、同点。9回には同点ながらもマウンドに上がった守護神・林がいきなり先頭の石川に痛打されると、二盗と犠打で一死三塁のピンチを背負い、藤田に勝ち越し犠飛を許して、今季初の自責点を献上。土壇場で勝ち越した横浜はその裏、加藤康−山口と繋いで、逃げ切り。横浜2番手の木塚に2勝目が転がり込んだ

7/12 松中◆H8−0E◆
6月14日以来の先発となる岩隈に対し、3回まで0点に抑えられていたソフトバンクだが、4回、先頭の松中が13号先制ソロを放り込むと、小久保がヒットで続いた後、ハマのスペランカーも10号2ラン,田上が13号ソロを叩き込む一発攻勢でこの回4点。更に、5回には一死一、二塁から小久保が8号3ランをぶち込んで、7点目。岩隈はこの回限りでKOとなった。ソフトバンクは7回にも小久保の犠飛でダメ押しの8点目。8回からは攝津アッパー−水田と繋いで完封リレーを達成。先発のホールトンは7回無四球無失点の好投で7勝目

◆F7−6M◆
初回から2四球を許すなど、苦しい立ち上がりのロッテ先発・小野。2回も一死二塁のピンチを凌いだが、3回、先頭の金子誠に8号ソロを被弾し、先制点を献上。1点を追うロッテは4回、二死二塁から里崎,橋本将と連続二塁打を浴びせて、逆転に成功。更に、竹原,今江と連続四球を選んで、満塁としたが、西岡はライトへ打ち上げ、2点止まり。すると、その裏、日本ハムは3連打で無死満塁とすると、一死後、大野が2号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。3点を追うロッテは5回、フクーラ,井口の連打で二、三塁とすると、大松が犠飛を打ち上げ、3点目。日本ハムは8回に金子誠にこの日2本目となる9号ソロが飛び出し、これで試合は決まったかと思われたが、土壇場9回、守護神・武田久が3連打で無死満塁の大ピンチ。この後、井口,大松と打ち取り、二死まで持ち込んだが、サブロー,里崎と連続タイムリーで3点を失い、延長に持ち込まれた。ラストイニングとなった12回、表の攻撃を凌いで負けがなくなった日本ハムはその裏、小谷野,金子誠のヒットで二死一、三塁のチャンス。ここで梨田監督は劇団ひちょりに代えて、恐怖の残塁量産マシン,怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しいままにするあの男を代打に起用。最早、勝負を諦めたのかと思われたが、あの男はここまで14打席ノーヒットで溜めに溜め込んでいたインケツパワーを開放して、ライト前に落として、サヨナラ勝ち。7番手の宮西は2回無失点の好リリーフで無傷の4勝目。ロッテはこれで4連敗となった。

◆L3−2Bs◆
西武先発・帆足に対し、偽バファローズは初回、フェルナンデスが9号先制ソロ。一方、西武は偽バファローズ先発・平野に対し、2回に中村が30号ソロで追い付くと、4回には二死一、二塁からG.G.佐藤のタイムリーで勝ち越し。6回にフェルナンデスのタイムリーで追い付いた偽バファローズは更に、一死満塁とチャンスを広げるも、大引,鈴木と打ち取られ、勝ち越しならず。すると、その裏、西武は一死一、二塁から礒?のタイムリーで再び勝ち越し。偽バファローズは8回、先頭のフェルナンデスがヒットで出るも、カブレラが最悪のゲッツー。9回にも先頭の大引が四球を選ぶが、代打・大村がゲッツー。小瀬がヒットで望みを繋いだが、最後は坂口が倒れて、あと1点が届かなかった。帆足は7回2失点で4勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:39コメント(0)トラックバック(21) 

June 28, 2009

◆G7−1S◆
1勝1敗で迎えた首位攻防第3戦は内海,石川の左腕エース対決。内海が三者凡退と上々の立ち上がりを見せたのに対し、石川はいきなり先頭の坂本に二塁打を浴びた事でリズムを崩したか、一死後、ガッツにタイムリー三塁打,寿司職人ラミレスに犠飛を許して、2点を献上。2回以降走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で踏ん張っていた石川だが、6回、一死二塁から松田記者にタイムリー三塁打を浴びると、阿部を歩かせた後、李に3試合連続の15号3ランを叩き込まれて、この回限りでKO。巨人は続く7回にもガッツのタイムリー二塁打でダメ押しの7点目。内海は8回に相川に4号ソロを浴び、完封こそ逃したものの、4安打無四球完投で3勝目。首位攻防3連戦を2勝1敗と勝ち越した巨人はヤクルトとの差を3ゲームと広げた。

◆C1−2D◆
名手・川相の現役復帰待望論が叫ばれている中、一向に手を打とうとしない落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁す有様。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日は初回から一死二塁のチャンスを逃すいきなりの拙攻モード。相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりに川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない川井はその裏、二死二塁のピンチで栗原にタイムリーを浴び、先制点を献上。1−0の儘、迎えた4回、一死からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号ソロを叩き込み、追い付くと、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。6回には荒木のヒット,ベンちゃんの四球で二死一、二塁とするも、藤井が打ち上げて、二者残塁と相変わらず、一発が出ないと如何ともし難い様子。まともな援護が得られない中、川井は2回以降追加点を許さず、8回に浅尾を挟んで、9回から守護神・岩瀬が登場。いきなり先頭のルパン廣瀬に二塁打を浴びた岩瀬は石原に犠打を許して、一死三塁のピンチ。しかし、代打・緒方,梵と打ち取って、辛くも逃げ切り、3連戦3連勝。7回1失点の川井は開幕7連勝となった。これで連勝を6と伸ばした中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に治る気配がなく、先発投手の頑張りにおんぶにだっこ状態とあって、とても連勝中のチームとは思えない重苦しい空気に包まれるばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

6/28 関本◆T3−2YB◆
阪神先発・ソニックに対し、横浜は2回、先頭の下園が2号ソロを叩き込み、1点を先制。5回には二死走者なしから内川がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く村田がレフト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。未だに白星のない横浜先発・マストニーに対して、阪神は5回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進。7回には狩野,葛城イクローと連打わ浴びせて、マストニーをKOするが、代わった木塚の前にシャア少佐が最悪のショートゴロゲッツー。続く関本もピッチャーゴロに打ち取られ、結局、無得点。土壇場9回、阪神は2点ビハインドながらも、守護神・藤川を投入する執念の継投を展開。藤川は2四球を出しながらも、無失点で切り抜けると、その裏、抑えの山口に対し、一死から3連打で満塁の大チャンス。ここで代打・悠久の若虎・桧山が犠飛を打ち上げ、まず1点。なおも一、二塁の場面で関本が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、逆転サヨナラ勝ちを収めた。

◆L5−7H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、西武は初回、四球の栗山を一塁に置いて、中島が11号先制2ラン。ソフトバンクが4回にハマのスペランカー,松田のタイムリーで追い付くも、その裏、西武はG.G.佐藤の11号2ランですかさず勝ち越し。再び2点を追う展開となったソフトバンクは5回、オーティズの11号ソロで1点差とすると、7回には松中が10号2ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、粘る西武は8回、栗山が同点タイムリー二塁打。更に、一死一、三塁とチャンスを広げたが、礒?,G.G.佐藤と連続三振に斬って取られ、勝ち越しならず。すると、直後の9回、ソフトバンクは一死二塁からオーティズがこの日4安打目となるタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越し。更に、二死後、小久保もタイムリーを放ち、ダメ押し。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締め、逃げ切った。ソフトバンクはこれで日本ハムに並ぶ首位タイに浮上。3番手のファルケンボーグに4勝目がついた。

◆M3−2F◆
試合前から、いつコールドになるとも知れない空模様とあって、早く主導権を握りたい両チームだが、先手を取ったのはロッテ。2回、先頭のサブローが二塁打を浴びせると、続く橋本将が先制タイムリー。更に、二死一、二塁となった所で西岡もタイムリーを放ち、2点目。3回まで1安打と沈黙していた日本ハムだが、4回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、続く稲葉がライトスタンドへ10号2ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれたロッテは6回、二塁打のベニー松山がバーナムJr.のセカンドゴロで三進。ここで今江がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。この回の攻撃が終了した所で強くなった雨の為に試合が中断。結局、その儘、コールドとなり、ロッテが勝ち逃げに成功。先発・小野は6回までとは言え、今季初完投で4勝目

◆Bs3−4E◆
初回は簡単に3人で打ち取った偽バファローズ先発・平野だったが、続く2回、2四球で二死一、二塁のピンチを背負うと、平石にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回には中村真に2号2ラン,山崎武に13号ソロを被弾し、3失点。4点を追う偽バファローズは4回、大村の犠飛でようやく1点。この後も、5回二死一、二塁,6回無死二塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ず。8回には連続四死球で無死一、二塁とするも、後続を断たれて、二者残塁。土壇場9回、二死二、三塁からフェルナンデスの走者一掃のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄り、なおも一打同点のチャンスが続いていたが、ラロッカがサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。楽天先発のルーキー・井坂は6回途中まで1失点と粘りの投球でプロ2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(18) 

May 23, 2009

◆E1−7G◆
楽天先発・岩隈に対して、巨人は3回、先頭の阿部が二塁打。続く脇谷がヘッポコバントをかました末に三振に倒れたものの、ここから坂本,工藤,ガッツの3連続タイムリーで一気に3点を先制。更に、寿司職人ラミレスがヒットで続くと、二死後、亀井にもタイムリーが飛び出し、この回、一挙4得点。7回には二死一塁から寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打で1点を追加。岩隈は今季ワーストの5失点でこの回限りで降板となった。9回には亀井に2点二塁打が飛び出し、ダメ押し。未だに白星がないものの、WBC干され症候群から立ち直りの気配を見せる先発・内海は立ち上がりこそ苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、7回まで無失点の好投を見せ、8度目の登板でようやく今季初白星

◆H5−4C◆
3回、満塁のピンチを切り抜けたソフトバンクはその裏、連打でチャンスを作ると、本多のファーストゴロの間に先制。更に、川崎が歩いた後、オーティズが走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、松中もタイムリーで続き、この回一挙4点。4回に1点を返した広島は続く5回には赤松のタイムリー二塁打,梵の犠飛で2点を加え、1点差。突き放しておきたいソフトバンクは6回一死二、三塁のチャンスを作って、先発の偽ハンカチ王子・斉藤をKO。代わった梅津から代打・小斉が犠飛を打ち上げ、5点目。7回に嶋の今季初アーチで再び1点差とした広島は8回には二死から連打で二、三塁と一打逆転のチャンス。しかし、不振に喘ぐ主砲・栗原がセンターフライに倒れて、二者残塁。最後は馬原の前に反撃を断たれて、3連敗。ソフトバンク2番手の水田に2勝目がついた。

◆M2−1D◆
ロッテ先発・渡辺俊は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。しかし、4回、先頭の井端に痛打されると、荒木に犠打を許した所で森野にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。中日は更に、ブランコのヒットで一、三塁とチャンスを広げたが、ベンちゃん,デラロサと倒れて、二者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。6回には二死満塁と追加点のチャンスを作るも、小山が三振に倒れて、三者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。中日先発・ウッチャンは拙攻三昧で追加点を期待出来ない状況ながら、粘りの投球で7回まで無失点。しかし、8回、2番手・浅尾がいきなり井口に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で暴投をかまして、むざむざ同点を許す体たらく。9回には3番手・平井が一死一、三塁のピンチを作ると、4番手・小林正が大松にタイムリーを浴び、悪夢のサヨナラ負け。好投のウッチャンはまたも打線に見殺しにされる憂き目に遭った。この絶望的な状況を打開する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ

◆Bs3−7T
WBC干され症候群から未だに立ち直れない小松はこの日も立ち上がりから苦しい投球。初回にいきなりの3連打で先制を許すと、3回にはキュラソ星人にタイムリー二塁打,4回には林に被弾し、3失点。5回にフェルナンデスのタイムリー二塁打で負けは消して貰ったものの、5回限りで降板でまたも初白星ならず。3−3で迎えた7回、阪神はキュラソ星人,新井の連続タイムリーで2点を勝ち越し。続く8回には狩野がタイムリーを浴びせると、9回には新井の犠飛でダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながらも登板した藤川が代わりばな連打で無死一、三塁のピンチを作ったが、そこからラロッカ,下山と連続三振。最後は岡田をセカンドフライに打ち取り、ようやく連敗を5でストップさせた

5/23 中田◆F3−0S◆
入団早々、水島の呪いにかけられると言う不運極まりない状況に追い込まれ、1年目を完全に棒に振ってしまったトンガがイースタン二冠と言う堂々の実績を引っ提げて、ついにプロ初スタメン。2回一死一塁で迎えた初打席でレフト前へ弾き返して、嬉しいプロ初安打。この後、鶴岡のタイムリー,田中の犠飛,劇団ひちょりのタイムリーで日本ハムは3点を先制。3回以降、僅かに2安打と完全に沈黙してしまった日本ハムだが、ダルビッシュには3点あれば十二分だった。毎回走者を出しながらも、要所を締める丁寧な投球でヤクルト打線を翻弄したダルビッシュは今季2度目の完封で6連勝。ヤクルトは来日初先発のパレットが4回3失点で降板と期待を裏切った。尚、初打席こそヒットを放ったトンガだが、以降は三振,三振,ピッチャーゴロとさっぱりだった。

◆L10−6YB◆
昨日はメッタ打ちで惨敗を喫した西武だが、この日は初回から猛攻。いきなり片岡,栗山,中島の3連打で背戦意すると、G.G.佐藤にもタイムリーが飛び出し、この回2点。続く2回には栗山,中島,中村と3連続タイムリーで3点を追加。5,6回にも1点ずつ加え、大量7点のリード。7回にメカゴジラの2号2ランで2点を返されるも、その裏、佐藤,上本の連続タイムリー二塁打等で3点を加え、ダメ押しの10点目。横浜は金城,藤田の一発攻勢で追い上げたが、及ばなかった。西武先発・帆足は終盤、疲れが出たか、8回で4点を失ったが、大量援護に恵まれ、2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(27) 

November 04, 2008

◆L4−6G◆
1勝1敗のタイで舞台を西武吹き抜けドームに移した第3戦。西武先発・石井一に対して、巨人は初回、先頭の鈴木尚がライト線へ二塁打を浴びせると、キムタクのショートゴロの間に三進。続くガッツの打席で石井一が暴投を犯し、鈴木尚は労せずして先制のホームイン。続く2回には亀井が内野安打,鶴岡が四球と鶴亀コンビで二死一、二塁のチャンスを作ると、伏兵・鈴木尚がレフトポール際へ飛び込む3ランを放ち、一気に4点差。巨人先発・内海の前に2回まで3人ずつで抑えられていた西武は3回、佐藤,細川の連打で無死一、二塁とするも、続くボカチカがサードゴロゲッツー。片岡もライトへ打ち上げて、結局、無得点。5回には一死から平尾がライト線への二塁打を放つが、佐藤,細川と倒れて、得点ならず。直後の6回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2試合連続となるソロアーチを叩き込み、5点目を追加。ワンサイドゲームになるかと思いきや、その裏、好投の内海が突如、変調を来す。一死から片岡,栗山,中島と3連打を浴びて、1点を失うと、若大将・原監督はあっさり西村健にスイッチ。第2戦ではピンチを救った西村健だったが、ここまで10タコと大ブレーキの中村に3ランを叩き込まれて、一気に1点差と迫られる。何とか突き放したい巨人は8回、西武2番手・小野寺から先頭のガッツがライトスタンドへソロアーチをぶち込んで、点差は2点と拡大。4−6の儘、迎えた土壇場9回、巨人のマウンドには今シリーズ初登板となる守護神・クルーンが登場。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦での不振と、登板間隔が空いた事で心配されたクルーンだったが、この日はストライクが先行。結局、3人でピシャリと締めて、巨人が2勝1敗とリードを奪った。

楽勝ムードから一転、あわや逆転負けと言う展開ながらも、連勝で一歩リードした巨人。しかし、7回表の鈴木尚の内野安打と言い、9回裏の佐藤のキャッチャーゴロと言い、どちらとも取れるどころか、明らかに巨人寄りの誤審連発は折角の好ゲームに水を差す格好となってしまった。アンチ巨人はまたジャンパイアとか騒いでる事だろうな…。今日のヒーローは何と言っても鈴木尚。いきなり先頭打者として掻き回し、僅か3球でベース一周してきたのは言わずもがな、まさかの一発が飛び出していなければ、終盤、大変な事になっていただろう。守っても俊足を生かした守備範囲の広さはシリーズ通して絶大な安心感を与えている。レギュラーシーズンでも長らく不敗神話を構築した寿司職人ラミレス,ガッツのアベックアーチも飛び出し、8安打ながら、効果的に一発攻勢で効率良く6点を獲得。死球の影響が心配されたガッツはそこまでの3打席は元気がなかったが、最終打席で不安を一掃した。それにしても、序盤は素晴らしかった内海の降板がいささか早過ぎた。第2戦の西村健の好投がチラついたのかもしれないが、内海に全く合っていなかった中村にわざわざ覚醒のきっかけを与えてしまったのは悔やまれる所だろう。中村に待望の快音が生まれた事に今後の光明が見えた西武だが、この日もタイムリー欠乏症は深刻で、3試合で僅かに1本。川相不在では一発に賭けるしかないと言う中日の様な運否天賦の一発依存野球では如何ともしがたい。リーグトップの本塁打数だけでなく、リーグトップの盗塁数を誇る西武だけに積極的に足を使った攻撃も駆使して貰いたい所。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(3)トラックバック(28) 

October 08, 2008

◆G3−1T◆
同率で迎えた今季最後の首位攻防戦。阪神は初回、先頭のシャア少佐がヒットで出るも、関本のバントがキャッチャーゴロゲッツーとなる最悪の展開。続く2回にも一死一塁のチャンスを鳥谷のゲッツーで潰す始末。一方、巨人も1,2回とチャンスを潰していたが、3回、一死から脇谷の二塁打,ガッツの四球,寿司職人ラミレスの内野安打で満塁とすると、李が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。なおも二、三塁の場面だったが、亀井は三振。続く阿部が敬遠された後、坂本もレフトフライに倒れて、三者残塁。2点を追う阪神は5回、一死から矢野がヒットで出ると、迷わず平野に送らせ、早くも先発・安藤を引っ込めて、代打・高橋光を投入。この高橋光が四球を選んで、一、二塁とチャンスを広げたものの、シャア少佐がショートへのファールフライに倒れて、二者残塁。しかし、続く6回、二死満塁のチャンスで矢野が粘って押し出し四球を選び、内海をKO。ワンヒットで逆転と言う場面で平野に代えて、悠久の若虎・桧山を投入するが、2番手・山口の前にセカンドゴロに打ち取られ、1点止まり。その裏から登板したアッチソンは三者三振の快投を見せると、続く7回もストライク先行の投球であっと言う間に二死を取るが、ここで寿司職人ラミレスに43号ソロを叩き込まれて、痛恨の3点目を献上。で流れを引き寄せると、直後の8回、阪神は先頭のキュラソ星人が二塁打を放つも、今岡,鳥谷と倒れると、3番手・豊田の前に矢野もショートゴロに終わり、無得点。何とか流れを引き寄せたい阪神はその裏、2点ビハインドながらも守護神・藤川を投入。藤川は3人でピシャリと締めて、最後の攻撃に望みを繋いだが、9回は珍しく安定した投球のクルーンの前に三者凡退に倒れて、首位陥落となった。

これまで阪神と並ぶのが精一杯でどうしても追い抜けずにいた巨人が最終決戦を制して、ついに単独首位に浮上すると同時にマジック2が点灯。残る3試合はカモにしているヤクルト×2,横浜×1とあって、文字通り、自力で連覇を掴む可能性が大いに高まってきた。6回1/3を無失点でルイスを抜いて防御率トップに立つ内海は制球に苦しみながらも5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回に痛恨の押し出しでKOとなり、惜しくも逆転はならなかった。阪神は3日の試合で巨人戦での中4日先発起用を見据えて無失点投球ながら6回で降板(した後、リリーフ陣崩壊で負け試合)となった安藤が2失点で早々と4回降板。こんな事なら、3日の試合で素直に続投させておけば良かったか…と、今更言っても詮無き事だ。再三再四の拙攻も響き、とうとう崖っ淵に追い詰められた。

◆S4−1YB
ヤクルトは初回、昨日、プロ初アーチを放った野口が2試合連続となる先制アーチ。2回には一死から川端が二塁打を浴びせると、続く川本がセンター前へタイムリーを放ち、1点を追加。続く3回には無死一、三塁の場面で畠山がゲッツーに倒れる間に3点目。先発のルーキー・由規は6回二死までパーフェクトと言う素晴らしい投球を展開。ここで投手のハマのチンピラに初安打を浴びるも、気落ちする事なく、続く石川を打ち取ると、7回も3人で片付ける。すると、その裏、ヤクルトは二塁打の川本を由規が送った所で福地にタイムリーが飛び出し、4点目。直後の8回、由規は先頭の吉村に33号ソロを被弾し、プロ初完封は逃したものの、9回は林のリリーフを仰いで、2勝目をマークした。林は日韓通算200セーブとなった。

5位と6位が確定しているチーム同士の対戦と言う消化試合中の消化試合だったが、由規の好投で緊張感のあるゲームとなった。8回を2安打無失点。うち1本はハマのチンピラなので、野手に浴びたのは吉村の一発だけだった。8回限りでマウンドを降りたのは、果たして完封が途切れたからなのか、あと一死で来季の新人王の資格を失うからなのか。もし吉村に被弾しなかったら、プロ初完封を懸けて続投したのかどうか非常に気になる所だが、大きな手応えを掴んだこの投球は来季の新人王獲得を期待出来る内容で吉村に被弾したのは幸いだったのかもしれない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(1)トラックバック(45) 

September 20, 2008

◆G9−1T◆
何とか巨人の勢いを止めたい阪神は初回、内海の制球難をついて、一死満塁と絶好のチャンスを作るが、鳥谷,関本と倒れて三者残塁。すると、その裏、下柳が一死一、二塁のピンチで寿司職人ラミレス,李と連続被弾し、早くも4失点。直後の2回、阪神は連打で無死一、二塁とすると、下柳はスリーバントを失敗したものの、シャア少佐がヒットで繋ぎ、再び一死満塁のチャンス。ここで平野の打球はライト前へ抜けるかと思われたが、李の好プレーに阻まれ、この間に三塁走者・高橋光を返すのが精一杯。その裏、巨人は1番に起用された松田記者が二塁打を放つと、一死後、ガッツが2試合連続となる31号2ランを叩き込み、早くもクリーンアップ揃い踏み。更に、この後、二死一、二塁から阿部がタイムリーを放って、下柳はあえなくKO。続く3回、2番手のアポリー中尉が一死からキムタクに頭部死球を食らわせ、危険球退場。3番手・渡辺は続くガッツにヒットを浴び、ピンチを広げるが、寿司職人ラミレスをゲッツーに仕留め、ようやく無失点で切り抜ける。しかし、巨人の勢いはこれで止まらず、続く4回、一死二塁から阿部が20号2ランを叩き込み、ダメ押しの9点目。大量リードを貰った内海は尻上がりに調子を上げていき、8回まで追加点を許さず、3年連続の2桁勝利に到達した。

昨日は一進一退の好ゲームだったが、この日は巨人がクリーンアップ+阿部で4ホーマーと得意の一発攻勢で圧倒。立ち上がりはどうなる事かと思われた内海だったが、終わってみれば8回1失点。破竹の連勝は9と伸び、ついに首位・阪神に1ゲーム差と肉迫した。阪神は1,2回と立て続けの満塁のチャンスを掴みながら、内野ゴロの間に1点を取るのが精一杯で内海を調子に乗せてしまう始末。投げては下柳が今季最短の1回2/3KO,2番手・アポリー中尉は危険球退場と投打に精彩を欠く惨敗となってしまった。

◆C10−0D
借金生活に加え、4位転落と泥沼の展開に陥った中日。この絶体絶命の状況を打破するには川相を起用するしかないのだが、今更ながら、名手・川相を現役復帰させなかった事を悔やむしかない中日首脳陣は川井を先発起用し、お茶を濁しにかかったが、所詮、カワイであって川相ではない川井を起用する事がチームの流れを変えられる筈もなく、いきなり初回からオチョア,嶋とタイムリーを浴びて、2点を献上。その後も失点こそ免れながら、走者を出しまくるフラフラとした投球が続き、4回一死で早くもKO。6回には3番手・小笠原が東出のタイムリー,オチョアの13号3ランで4失点。4番手・長峰も7回、4安打2四球で4失点と炎上し、大量10点差。打線も前田健の前に散発4安打完封を食らい、リーグ優勝の可能性゛か完全に消滅すると同時に自力でのAクラスも消滅してしまった。

この期に及んで広島相手に大惨敗とは中日のチーム状態の悪さは深刻だ。川井に罪がある訳ではない。川相を復帰させず、川井でお茶を濁そうなどと陳腐な考えを起こした首脳陣が悪いのだ。一方の広島だが、求道者・前田は嫌がらせで幽閉されているだけの話で(これはこれで大問題なのだが)、前田健は求道者・前田不在のお茶濁しの為に起用されている訳ではない所を見せつけての見事なプロ初完投初完封勝利で逆転新人王へ僅かに望みを繋いだ。広島の躍進は昨年は戦力でなかった前田健とルイスで13個も貯金を稼いでいるのが大きく、ブラウン監督の手腕がどうこうと言う話ではないのだが、この儘では嫌がらせに邁進しているだけのブラウン監督の続投が決まってしまいかねない。川相不在の中日に多くを期待するのは無茶と言うものだが、少しは意地を見せて貰いたいものだ。

◆S4−1YB◆
5連敗中の横浜は2回、2四球と内野安打で一死満塁と先制のチャンス。しかし、武山はファーストへのファールフライに倒れると、続くウッドはピッチャーゴロに終わり、先制ならず。すると、その裏、ヤクルトは二死走者なしから川本,川島亮,青木,川島慶と怒濤の4連打で2点を先制。リードされた横浜は3回二死一、二塁,4回一死満塁のチャンスを悉く逃したものの、5回、一死から村田の41号ソロでようやく1点。8回には先頭のメカゴジラがヒットで出ると、石井タクローが送って、一死二塁と一打同点のチャンス。しかし、鈴木なおのり,石川と代打攻勢が実らず、無得点。ピンチを脱したヤクルトはその裏、福地のタイムリー,小山田の暴投で2点を加え、ダメ押し。最後は五十嵐が締めて、今季初セーブを飾った。

開幕からローテを守っているが守っているだけのウッドが5回2失点と最低限の投球はしたが、打線の援護に恵まれず、リーグトップタイの12敗目。村田が2四球1死球と歩かされまくった(唯一、勝負して貰った打席では一発かましたが)のも響いた横浜は今季2度目の6連敗となり、借金はついに40にまで積み上がってしまった。ヤクルトはこれで3連勝となり、中日との差が3と4位浮上の芽も出てきた。

◆H0−1L◆
ソフトバンク先発・和田は6回一死までパーフェクトに抑えるなど、9回まで無失点の素晴らしい投球を展開。何とか和田を援護したいソフトバンク打線だったが、帆足に対して、毎回安打を浴びせながら、あと一本が一向に出ず、ゼロ行進を続けるばかり。9回から代わった大沼,星野を攻め、二死満塁とサヨナラのチャンスを掴むも、本多はセカンドゴロに打ち取られ、0−0の儘、延長に突入。10回も続投となった和田は簡単に二死を取るが、ここでこの日2安打を浴びていた細川にスタンドへ15号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。その裏、グラマンの前に3人でピシャリと締められ、完封負けを食らった。

ソフトバンクが9回まで毎回安打で無得点と言う不甲斐ない攻撃で好投の和田を見殺し。屈辱の完封負けを喫し、ついにリーグ優勝の可能性が完全に消滅してしまった。アジアリーグだの、アジアリーグ出場権争奪戦だの、アジアリーグ出場権争奪戦出場権争奪戦だのは所詮、エキシビジョンマッチでしかない訳で、王さんのラストイヤー…になるかもしれない年に日本シリーズへの出場を果たせなかった事は実に無念である。守護神・馬原が開幕から長期離脱し、五輪ではローテ投手を二人も拉致された上、首位打者候補の川崎を今季絶望クラスの重傷に追い込まれ、ハマのスペランカーのリタイアは………、まぁ、恒例行事だからいいとしても、偽バファローズから無理矢理強奪したパウエルが全く働かないなど助っ人陣が投打揃って総崩れとなるなど、今季はあまりにも逆風が強過ぎた。果たして、王さんはこんな結果で本当に今季限りで勇退してしまうのか? WBCの監督就任を拒否する理由に体調だけでなく、時期的に現場監督では厳しいと言っている事からも来季も続投する意欲があると言う事なのか? 是非とも来季にリベンジを図って欲しいと願うばかりだが…。

◆M4−1E
ロッテは初回、いきなりの4連打で2点を先制。オーティズはゲッツーに倒れたものの、続くズレータが8号2ランを叩き込み、この回4点。楽天は先発・木谷を2回限りで諦め、小刻みな継投で追加点を許さない必死の防戦を展開。5回、2四球とエラーでノーヒットながら満塁のチャンスを掴むが、代打・高須はセンターへ打ち上げ、三者残塁。7回、ショートの犠飛で、ようやく1点を返したものの、反撃はここまでだった。

2回以降散発3安打に終わったロッテだが、初回の4点が大きくものを言って、単独3位に浮上。成瀬は7回を散発2安打無失点の好投で7月12日以来、約2ヶ月ぶりの7勝目を飾った。一方、木谷は先発転向以来4戦連続KO。いつまで経っても5回すらもたない有様でもういい加減、先発から外した方がいいのではなかろうか。

◆Bs6−1F◆
28イニング無失点を続行中のグリンは初回、一死一、二塁のピンチを切り抜け、連続イニング無失点を29と伸ばしたものの、続く2回、二死満塁から下山に2点タイムリーを浴び、無失点記録が途絶えると、ここからカブレラにタイムリーを浴びた後、ローズには39号3ランをぶち込まれ、悪夢の6失点。グリンは3回以降立ち直ったものの、味方打線は偽バファローズ先発・山本の前に拙攻続きで6回まで無失点。7回に代打・飯山のタイムリーでようやく1点を返した日本ハムはなおも二死満塁とチャンスを広げたが、劇団ひちょりがセンターフライに倒れて、1点止まり。続く8回も一死一、二塁としながら、あとが続かず。9回は三者凡退に終わり、4連敗となった。

2回を除けば無失点で完投と申し分ない内容のグリンだったが、それだけに2回の大量失点が悔やまれる。打線も偽バファローズを上回る10安打を放ちながら、拙攻に次ぐ拙攻が響き、ヒットが一極集中した偽バファローズに5点もの差をつけられてしまう有様。これで日本ハムは再び4位に転落となり、3連覇の夢が消滅した。偽バファローズ先発・山本は粘りの投球で自己初の10勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(3)トラックバック(45) 

June 16, 2008

◆E0−3G◆
巨人先発・内海に対して、楽天は初回、高須,山崎武のヒットで二死一、二塁と先制のチャンス。しかし、フェルナンデスはサードゴロに倒れて二者残塁。すると直後の2回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスが楽天先発・田中からレフトスタンドへ19号ソロを叩き込み、先取点をゲット。1点を追う楽天はその裏、一死から中島がレフト前へ弾き返すが、続く山崎隆がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。3,4回と両軍三者凡退に倒れて迎えた5回、巨人は一死から古城,鈴木尚の連続二塁打で1点を追加。その裏、楽天は先頭の吉岡が内野安打で出るも、後続3人が悉く打ち上げて、吉岡は一塁に釘付け。直後の6回、巨人は先頭のキムタクがレフト前へ弾き返すと、渡辺直のエラーも重なり、一気に二塁へ。この後、2つの内野ゴロの間に本塁を陥れ、貴重な3点目。内海は今季初完封を無四球で飾り、5勝目をマークした。

内海は毎回の様にヒットを浴びるなど、決して手のつけられない投球ではなかったが、連打を許さず、四球を与えなかったのが、完封に結びついた。何とこれがチーム初完封。ここに至るまで64試合もかかっている辺り、今季の巨人がなかなか浮上出来ない背景が見えてくると言うものだ。一方、田中も無四球完投だったが、一発に連打にエラー絡みで3失点と明暗を分けた。復帰2戦目のマッスル千代の富士は三振2つに内野ゴロ2つの4タコで、最後は加治前に替えられてしまうなど、今日も精彩を欠く内容だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:39コメント(0)トラックバック(12) 

May 28, 2008

◆G6−2E◆
6度目の5割挑戦となる巨人だが、先発・内海が2回に中島に今季初アーチを被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、巨人は楽天先発のルーキー・長谷部から先頭の阿部が二塁打を浴びせると、続く松田記者が今季初アーチなる逆転2ラン。続く3回には連続四死球で一、二塁となった所で阿部が5号3ランを叩き込み、一気に突き放した。6回には寿司職人ラミレスのタイムリーでダメ押しの6点目。内海は3回以降1安打を許したのみと、すっかり立ち直り、プロ初の無四球完投で4月22日以来の3勝目。巨人は今季初めて5割に到達した。

ルイスのドーピングによる解雇,ジェレミーの落雷死とダブルゴンザレスショックを乗り越えて、巨人がようやく借金を完済。借金完済など所詮通過点だが、内海が復活してくれたのは大きいだろう。ゴンザレスが消え、亀井が消え、どんどんこぢんまりとなっていく巨人打線だが、デビュー戦が雨で消え、名目上プロ初先発となった長谷部を4回5失点KOと、ロッテ・唐川に続いてのゴールデンルーキー討ちとなった。ところで、無実を主張するゴンザレスは処分軽減を訴えているが、たとえ、シロでも契約解除は覆せないとの事。最早、復帰は諦めるしかない状況だが、せめて故意に薬物を摂取したのではない事を祈りたいものだ。

◆D2−4Bs
交流戦に入ってから、怒濤の拙攻三昧に拍車がかかる中日はこの日も2回の一死一、二塁と言う先制チャンスを英智がゲッツーで潰してしまう有様。すると直後の3回、先発・山本昌がカブレラに先制8号2ランを被弾。5回には一死三塁からまたもカブレラに犠飛を許して、3点目を献上。その裏、英智,ピンキー井上のタイムリーで1点差に詰め寄ったのも束の間、直後の6回、大引,後藤の連続二塁打で4点目を失い、山本昌は無念の降板。中日は6回以降、偽バファローズの継投策の前にノーヒットと沈黙。9回には連続四球で無死一、二塁とタナボタのチャンスを貰いながら、T.ウッズがゲッツーと最後の最後まで拙攻を展開し、連勝をストップさせた。

開幕4連勝を狙う山本昌だったが、拙攻に足を引っ張られ、今季初黒星。流石に、打線に頼るまでもなく勝てるだけの快投をそうそう何度も続ける事は出来なかった。これでリズムを崩し、200勝にいつまでも届かない…なんて事にならない事を祈るばかり。そんな事態に陥らない為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。

◆YB2−6H◆
初回に村田のエラーで先制したソフトパンクは3回には松中の10号ソロで2点目。続く4回には一死一、二塁から的山に移籍初アーチとなる3ランが飛び出すと、更に、投手のガトームソンも一発を放って、ダメ押し。投げてはガトームソンが毎回の様にピンチを背負うながらも、要所を締める粘りの投球を見せ、7回を2失点。7回を終わった所で雨が強くなり、降雨コールドでソフトバンクが勝ちを拾った。

ゴンザレスのドーピング事件で心中穏やかではないであろうガトームソンが養毛剤パワーを発揮し、投打に渡る大活躍。薬物摂取が故意であれ過失であれ、陽性反応が出てしまったら、下手に反発しない方が球界に生き残れるのだと言う所を見せつけた。2度も雨で先発予定が流されたガトームソンだったが、この日は雨を味方につけての7回完投勝利。この日は的山も一発を放ち、バッテリーのアベックアーチとなったが、ホークスではエモやん&ノムさん以来36年ぶりだとか…。

◆C3−5L◆
折角、調子が上向きになって来ていると言うのに、相手が左の石井一だからとこじつけて、求道者・前田をベンチに幽閉するブラウン暗黒采配がまたも炸裂。2回にルパン広瀬のタイムリーで先制はしたものの、3回、先発・大島が栗山にタイムリーを浴び、あっさり同点。その裏、一死満塁とチャンスを掴みながら、オチョア,栗原の3,4番が倒れて、三者残塁。5回に細川のタイムリー二塁打で勝ち越された広島はその裏、再び満塁のチャンスを作るも、栗原が最悪のゲッツーを食らい、無得点。相次ぐ拙攻に士気が下がる一方の広島は直後の6回、中村に10号3ランで一気に突き放された。8回にルパン広瀬のタイムリー二塁打,倉の犠飛で2点を返した広島は土壇場9回、ようやく代打で登場した求道者・前田が怒りのヒットを放つなど、三たび満塁としたものの、最後はまたも栗原がゲッツーを食らって、あと一歩及ばず、連勝は4でストップした。

執拗に言っている事だが、左腕相手だからなんて安直極まりない理由で求道者・前田を外す愚行は辞めて貰いたいものである。実際の所、左対左に拘っていると言うよりは幽閉を正当化させる為の要因を無理矢理こじつけているのかもしれないが…。少なからず、連勝に貢献していた求道者・前田を外した途端に連勝が止まっても、それは何ら不思議ではないだろう。求道者・前田の幽閉で自分が決めなくては…と言うプレッシャーに苛まれたのか、栗原は3度の満塁のチャンスで2併殺含む3タコと言う大ブレーキだった。

◆T4−5M
ロッテ先発のルーキー・唐川に対して、阪神は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制すると、続く2回には鳥谷の三塁打の後、ジュビロ野口がタイムリー。更に、3回にはヒットの新井を一塁に置いて、キュラソ星人が7号2ランを叩き込み、唐川はこの回限りでKOとなった。一方、ボーグルソンに対して、3回まで4安打を浴びせながら、攻めあぐねていたロッテだが、4回、大松の8号2ランで反撃の狼煙を上げると、5回には里崎の犠飛,今江のタイムリーで追い付き、ボーグルソンをKO。そして、6回には江草に対して、一死から西岡,根元,里崎の3連打で1点を奪い、勝ち越しに成功。4回から登板の2番手・久保は4イニングを無失点に抑える好リリーフを展開。8回からは川崎−荻野と繋いで、1点のリードを守りきった。

化けの皮が剥がれるだけの情報は掴みきれない交流戦で白星を伸ばすと思われた唐川が交流戦に入った途端に連続早期KO。マークが厳しくなってきたと言うよりは唐川自身のボールにキレがなくなっている印象。しかし、前回と言い、今回と言い、それでも黒星がつかない辺りは強運に恵まれてはいる様だ。阪神は今季無失点の江草の初失点が黒星に繋がったのでは仕方ない…と言いたい所だが、唐川をKOした後、僅かに3安打と沈黙し、追加点をあげられなかったのが痛かった

◆S3−7F
開幕当初の勢いが消え失せている村中がこの日も乱調。初回に稲葉のタイムリーであっさり先制されると、更に、二死満塁から小谷野に2点タイムリーを浴び、この回3失点。2回以降、立ち直ったかに見えた村中だが、5回、二死から田中に痛打されると、またもおかしくなり、稲葉を歩かせた後、高橋,スレッド,小谷野と3連続タイムリーで4点を失い、あえなくKO。一方、日本ハム先発・ダルビッシュも2回に宮本に被弾すると、5回には4連打を浴びるなど、決して調子は良くなかったが、大量援護に守られ、8回まで3失点。最後は武田久のリリーフを仰いで、4月30日以来の6勝目を飾った。

村中はここ3試合で19失点とその不振ぶりはいよいよ深刻になってきた。チーム事情から高田監督はそれでも村中にはローテで頑張って貰いたい意向を示している模様。再調整の機会がない以上、一軍で投げながら、何とか立て直していくしかない。着実に打順を落としていった後、また、若干、持ち直したガイエルがついにスタメン落ち。途中出場で2回打席に立ったがいずれも凡退と名誉回復はならなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:14コメント(0)トラックバック(23) 

April 22, 2008

◆G6−1YB◆
横浜はおぼつかない立ち上がりの内海から、1,2回と立て続けに一死一、二塁のチャンスを掴みながら、後続を断たれ、内海を立ち直らせてしまう。一方、巨人戦限定投手の土肥は待望の巨人戦とあって、2回まで無失点に抑えていたが、3回、一死満塁のピンチで寿司職人ラミレスに先制タイムリーを許すと、二死後、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスに2点タイムリーを浴びて、3失点。5回<内野ゴロの間に1点を返して貰ったのも束の間、その裏、またまたゴンザレスにタイムリー二塁打を浴びて、土肥はこの回限りでKO。巨人は8回にエラー絡みで2点を加え、ダメ押し。点差が開いた事で葬儀から帰ってきたクルーンに出番は回らず、8回途中から登板の山口が最後を締めて、プロ初セーブをマーク。内海は8回途中まで1失点の好投で2勝目。敗れた横浜は3連敗となった。

当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが2安打3打点の大活躍で大満足。まだまだ李昇格の隙は残しているが、この勢いで調子を上げていって貰いたい所だ。他にも、2番復帰の松田記者が2安打,寿司職人ラミレスが4安打と右打者が大当たりで土肥を粉砕。土肥はこれで開幕3連敗。巨人にすら勝てなくなったら、存在意義もなくなりかねないな…。

◆D8−0T◆
開幕3連勝中のアッチソンだったが、2回に自らのエラーで満塁のピンチを背負うと、谷繁,中田と連続タイムリーを浴びた上、荒木には犠飛を許して、大量4失点。これで主導権を握った中日は続く3回に中村紀のタイムリーで5点目。6回には谷繁,7回にはまたも中村紀にタイムリーが飛び出し、ダメ押し。先発・中田は散発5安打でプロ初完封。

アッチソンが序盤から崩れたのがそもそもの誤算ではあるが、開幕からスタメンの座をキープしてきた平野を外して起用した関本が3タコ,ゼブラ今岡,フォードも久々のスタメンで揃ってノーヒットと、さして必要のなかった打線のテコ入れは完全に裏目に出た。中日は珍しくタイムリーを連発するなど攻撃が繋がり、中田も完封と投打が噛み合っての快勝だった。

◆C1−8S◆
ヤクルトは初回、長谷川の制球難をついて、満塁とすると、宮本のタイムリーで2点を先制。長谷川は2回から5回までノーヒット投球と立ち直りを見せるが、ヤクルト先発・石川も5回まで1安打と三塁も踏ませぬ好投で点差が縮まらない。0−2の儘、迎えた6回、ヤクルトは5本の単打を集中して、3点を奪い、長谷川をKO。9回にはガイエルの8号2ラン等でダメ押しの3点を追加。石川は7回に内野ゴロの間に1点を失い、完封は逃したものの、無四球初完投で4勝目を飾った。

3連勝を狙う広島は求道者・前田もちゃんとスタメンに起用したが、対する石川の投球が素晴らしい勝った。昨年はプロ入り初の大きな壁に当たってしまった石川だが、すっかり安定感を取り戻した感じだ。打っては青木が4安打,ガイエルが一発含む2安打と中軸が好調をキープ。もう2週間以上も連勝出来ずにいるだけに、そろそろ波に乗りたい所だろう。

◆E4−3H◆
本拠地不敗神話は途切れたものの、内弁慶である事に変わりはない楽天は2回に鉄平のタイムリー等で2点を先制すると、3回には山下にタイムリーが飛び出し、3点目。楽天の苦手な接戦に持ち込みたいソフトバンクは直後の4回、小久保の3号2ランで1点差。立ち直りかけていたソフトバンク先発・パウエルだったが、7回一死から山崎武を歩かせた所で降板。しかし、代わった小椋が鉄平にタイムリーを許して、痛恨の4点目を献上。ソフトバンクは8回に松中の一発で再び1点差に詰め寄ったが、最後は青山の前に三者三振に斬って取られ、借金生活に逆戻りで約2年ぶりのBクラス転落となった。

出れば18連勝中だった小久保,松中のアベックアーチが飛び出しても、白星ならず。一発が出た以外の攻撃が何とも淡泊だった。パウエルは粘ってはいたものの、5四死球と制球に苦しみ、連勝ならず。移籍初登板の前回も勝ったとは言え危なっかしい投球だったし、パウエルならガトームソンの方が内容がいいと思うのだが、それでもガトームソンのローテ復帰はないのだろうか…。

◆F4−2Bs◆
今季初登板となる岸田に対して、日本ハムは初回、高橋のタイムリーで先制すると、5回には稲葉のタイムリー二塁打で2点目。4回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せた武田勝だが、6回に大引,7回にはカブレラに被弾して、KO。追いつかれた日本ハムだが、その裏、塩崎の野選と高橋のタイムリーで2点を勝ち越し。偽バファローズは8,9回といずれも満塁のチャンスを作りながら、あと一本が出なかった。

◆M8−1L◆
石井一,渡辺俊の両先発が立ち上がりからアップアップで毎回の様に走者を出す苦しい投球ながらも、ロッテは里崎,西武は中島のタイムリーによる1点しか奪えない。試合が動いたのは5回。ロッテは大塚の3年ぶりの一発で勝ち越すと、6回にはエラーで3点目を確保。そして、7回には4長短打を集中して、4点を奪い、試合を決定付けた。渡辺俊は7回途中でKOされたが、打線とリリーフの援護を仰いで、3勝目をマークした。

西武は毎回の13安打を放ちながら、3併殺11残塁で僅か1点しか奪えない大拙攻。12安打で8点も奪ったロッテとは大違いだ。西武の拙攻も酷かったには違いないが、渡辺俊もあれだけ打たれてよく粘ったと言えるだろう。18日ぶりのスタメン復帰となったフクーラは2安打2打点と壊滅的不振から復調の気配を見せてくれたのも何よりだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:42コメント(0)トラックバック(25) 

April 09, 2008

◆YB1−4G◆
中継ぎ要員の那須野が今季初先発。那須野は栄養費パワーを発揮し、5回まで1安打の好投。対する内海は2,3,5回と二人の走者を背負いながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。0−0の儘、迎えた6回、巨人は寿司職人ラミレスの開幕戦以来となる2号2ランでついに先制。7回にも横浜内野陣の拙守に付け込み、2点を追加。横浜は8回に金城の一発で完封を免れるのが精一杯。最後は昨年までの守護神・クルーンに締められ、単独最下位へ転落。巨人は今季初の連勝となった。

不振のガッツな貴公子・仁志がついにスタメン落ちとなってしまったが、その代わりに出たのがファーマニアックではあまり意味がなかろう。巨人を上回る7安打で僅かに1点だし…。那須野の先発起用や、桑原謙−佐藤−小林のルーキートリオ継投を展開するなど、色々テコ入れを図った様だが、勝利には繋がらなかった。巨人は寿司職人ラミレスが上昇ムードに乗ってきたが、依然として李は空気状態。不振極まりない李を使い続けるくらいなら、早いトコ、ゴンザレスを出してくれと!

◆T2−0D◆
前回の好リリーフで待望の先発マウンドが回ってきたウッチャンはいきなりシャア少佐,平野と連続三振に斬って取る幸先のいい立ち上がり。しかし、ここから新井にヒット,キュラソ星人に四球を許すと、ゼブラ今岡にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回には2四球で作ったピンチに鳥谷のタイムリー二塁打を浴びて、2点目を献上。結局、5回に代打を送られてしまい、先発としての初白星はならず。一方、阪神先発・下柳は川相不在で元気も粘りも繋がりもない中日打線相手に7回まで2安打と付け入る隙を与えない。8回からは久保田−藤川と繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成。尚、注目のキュラソ星人は2三振を含む3タコ1四球に終わり、またも2000本安打はお預けとなった。

ローテ入りのチャンスが早くも回ってきたウッチャンだが、残念ながら微妙な内容に…。水島の呪いの影響で大きく出遅れていた山井がようやく初登板となり、2回をパーフェクトの好投を見せたが、「ドカパロSS」を鵜呑みにしてしまった野球少年からはどうせ卑劣な目眩ましをかましてるのだろう?と思われてるかと想像するだに、実に可哀想。キュラソ星人はリーチをかけてから11打席足踏みと思わぬ難産。2000本安打などよりも遙かに凄い記録を更新し続けているキュラソ星人に記録に対するプレッシャーなどない筈だが…。

◆S0−1C◆
広島先発・ルイスは5連続三振を奪うなど、4回まで無失点の好投を展開。負けじとヤクルト先発・石川も走者を出しながらも4回まで得点を与えずにいたが、5回、オチョアに先制タイムリーを浴び、ついに均衡が崩れた。1点を追うヤクルトは6回無死二、三塁と絶好のチャンスを掴み、クリーンアップに繋ぐが、青木がサードフライ,リグスが三振。ガイエルが敬遠された後、宮本も倒れて、結局、三者残塁。土壇場9回、完封目前のルイスが代打を送られてしまい、その裏から登板の2番手・コズロースキーは一死から宮本に内野安打を許すも、3番手・横山が続く飯原をゲッツーに仕留め、完封リレーで3連勝を飾った。

求道者・前田がまたまた2安打を放ったのを初め、クリーンアップトリオが揃ってマルチ安打。にも拘わらず、1点しか取れないって一体…。そんな不甲斐ない打線だが、ルイスの好投に救われた。9回にルイスが代えられてしまった日にゃ、どうなる事かと焦ったが、この最小得点を守りきれて何よりだ…。

◆H1−4Bs◆
2戦連続の快投を見せてきた大隣だったが、この日は2回にカブレラに被弾。4回には3つの四球で満塁とした所で迎にタイムリー,大引に犠飛を許して、3失点。5回以降は8回までノーヒットと立ち直りを見せたが、肝心の味方打線が沈黙。プロ初先発となる小松の間に5回まで田上の一発による1点のみ。6回以降も高木−菊地原−加藤のリレーの前に1安打しか打てず、3連敗で借金生活に突入した。

期待の大隣が4失点で初黒星。8回まで投げきったのは継投に不安があるからだろうが、終盤の立ち直りは次に繋がる投球ではあった。結局、3安打しか打たれていない訳で、とにかく5回の3四球がとにかく勿体なかった。ソフトバンクは偽バファローズより多い…と言っても、僅かに4安打でこれでは勝ちようがない。今日のビッグボーイズはカブレラが先制アーチを放った以外はノーヒット。ローズは判定に不服を漏らして、12度目の退場と自己の持つプロ野球記録を更新した。

◆F4−2E◆
7点のリードを奪っても連敗を止められず、ノムさんから連敗地獄突入を予知されてしまった楽天は2度の連敗に関与していない先発・永井に全てを託すが、初回から稲葉に2ランを被弾する苦しい立ち上がり。3回に高須のタイムリー二塁打,4回に山崎武の4号ソロに同点に追いついたものの、6回、スレッジに被弾し、勝ち越し点を献上。7回には2番手・有銘がまたも稲葉にタイムリーを許し、突き放された。この後、武田久−MICHEALと繋ぐ日本ハムの必勝リレーの前に反撃を断たれ、楽天は5連敗でついに単独最下位。日本ハム先発・吉川は6回2失点で今季初勝利。

ノムさんの悪い予言が見事に的中。ついに永井まで連敗に関与してしまった。この日も一発含む3安打と好調な山崎武の前に一人も走者を出せなかったのが痛い。最下位と言っても首位と3.5差なのでまだまだ巻き返しは可能だが…。日本ハムは今季初の3連勝。相変わらず、得点力不足に苦しんではいるが、守りの野球で地道に白星を拾っていくしかあるまい。

◆L1−10M◆
快進撃を続ける西武の先発は開幕3連勝を狙う岸。しかし、いきなり3連打で満塁とされると、一死後、大松にライトスタンドへぶち込まれて、4失点。4回に5点目を許した後、5回にも集中打を浴びて、悪夢の8失点KOとなった。ロッテ先発・清水は大量リードを背に西武打線を翻弄。6回にエラー絡みで1点を許したが、それ以外の回は三塁も踏ませない安定した投球を見せ、今季初完投初勝利。西武の連勝は6でストップした。

打っては先発全員安打で今季初の2桁得点,投げては清水が1失点完投と投打が噛み合い、ロッテが最下位脱出。清水は今回の様な投球を初戦から見せていたら、マスコミの格好の餌食となっていたかもしれないが、今更感の強くなってきた3戦目とはいい頃合いだった…と思いきや、お立ち台で話を振られてしまったとさ…。本人が自分から言わない限り、こういうネタを広げるなっつーの。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(0)トラックバック(51) 

March 17, 2008

◆G1−1T◆
右脇腹痛で出遅れていた昨年の奪三振王・内海がようやくオープン戦初登板。制球,キレ共に申し分なく、7回を2安打無四球無失点と三塁も踏ませぬ好投を展開。不振に喘いでいた松田記者は久保田からオープン戦初アーチを叩き込んだ。阪神先発・福原も岩田,杉山の好投に刺激を受けたか、5回を無四球無失点と調子を上げてきた。オープン戦初登板となるウィリアムスも2つの三振を奪うなど、1回を3人でピシャリと抑えた。

◆S2−2C◆
経歴が似ているからと言うだけでグライシンガー級の活躍を期待されて、ここまではその期待通りの投球を見せている新助っ人・リオス。この日も6回を投げて、内野ゴロの間に許した1点のみで切り抜ける好投で開幕へ向けて万全の仕上がり。広島先発・長谷川は4回まで無失点投球を続けていたが、5回に連続二塁打を浴びるなど、2失点。及第点の内容ではあるが、フォークの制球の甘さに課題を残した。キャンプ時からバットが湿りがちだったオチョアは土壇場で待望の初アーチを放ち、ドローに持ち込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:29コメント(0)トラックバック(5) 

February 05, 2008

◆パウエル二重契約問題、パ・リーグ裁定に両球団猛反発
パ・リーグ連盟は交流戦終了後の6月23日以降の登録…と言う事実上の出場停止処分を前提にソフトバンクの契約を認める勧告を出した。三方一両損と言う方針だが、契約無効とされた偽バファローズは一方損と言う思いしかなく、「両球団共に契約を認めないと言う裁定でなければ、納得出来ない」と怒り心頭。連盟側の主張はあくまで勧告であって、強制力は働かない為、この儘、偽バファローズが簡単に引き下がる筈もないのだが、中村本部長は「腸が煮えくり返る思い」,コリンズ監督は「同じアメリカ人として恥ずかしい」,破戒僧・清原は「グラウンドでやっつける価値もない」と、パウエルをメタクソに叩いており、最早、偽バファローズ入りした所で不協和音しか起こさない状況だ。開幕ローテに不安がある為にパウエルの緊急獲得に動いたソフトバンクも3ヶ月も使えないのでは獲得意図が希薄になると不快感を示しているが、その一方で出場停止処分は不正を働いたからではなく、球界を騒がせた事によるペナルティと解釈し、連盟が偽バファローズではなく、ソフトバンクとの契約に優位性があると認めた事になる…と都合のいい所だけは受け入れるつもり満々だ。自己主張の為に来日したパウエルはメディカルチェック後に来季のバイアウトに関する契約事項に球団側に有利になる様な変更を要求してきた偽バファローズに不信感を抱いて、契約破棄を通告した事を主張しており、既に、心はソフトバンクの一員であると強調した。

◆早くも呪いの影響!? トンガ、腹痛でダウン寸前
キャンプ初日に柵越えを連発したトンガだったが、飛ばし過ぎた影響で全身に張りを訴え、一気にペースダウン。その上、腹痛にまで見舞われて、ダウン寸前。早くも水島の呪いの影響が出てしまったのか!?

◆巨人、リタイア第1号は内海
巨人春季キャンプの風物詩・ソーサ元木のリタイアが見られなくなって以来、混沌としているリタイア第1号争いだが、今年は内海が右脇腹痛で不名誉な歴史に名を刻んでしまった。第1号になる様な事があってはならない選手の筆頭クラスとも言えるだけに、若大将もご立腹の様子。こうしてみると、ソーサ元木の存在は偉大だった。誰もが回避したいリタイア第1号に進んで(?)なってくれて、他の選手のプレッシャーを軽減。恒例行事なので、首脳陣からも「またか…」で軽く済まされてしまうなど、全く波風を立たせない素晴らしい働きだった訳だ。

◆人斬り抜刀斎、ようやくサイン
川相不在と言う計り知れない逆境下で12勝もしたのに何故評価してくれないのだ!とばかりに球団側の提示に不快感を示し、自費キャンプを送っていた人斬り抜刀斎だが、結局、球団側の提示は現状維持で変わらず、渋々サイン。これで中日はようやく全選手の契約更改が完了した。

 ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:47コメント(0)トラックバック(3) 

September 25, 2007

◆G7−3D◆
初回からガッツの31号ソロで先制された中日だが、4回一死からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに35号ソロを叩き込み、同点。追いつかれた巨人はその裏、ガッツ,李が連打を浴びせると、ニックンのバントを処理した山本昌へ一塁へ悪送球を犯し、ガッツが労せずして勝ち越しのホームイン。更に、続く阿部がライトスタンドへ33号3ランを叩き込み、山本昌はこの回限りでKO。川相不在が故の一発攻勢では一日の長がある巨人は続く5回にもマッスル千代の富士の34号ソロで1点を追加。5点を追う中日は6回二死一、三塁のチャンスに英智がショートゴロに倒れて、二者残塁。続く7回の一死一、二塁のチャンスにも荒木が痛恨のゲッツーと川相不在の弊害を大露呈。しかし、8回、二死二、三塁の場面で登場した代打の切り札・立浪が一、二塁間を破る2点タイムリーを放ち、巨人先発・内海をようやくKO。更に、代わった上原から清水がヒットで繋ぎ、一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、ピンキー井上がピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。すると、その裏、インケツパワーを溜め込んだニックンが20号ソロを叩き込んで、ダメ押しの7点目。この後、満塁のチャンスは逃したものの、9回は上原が3人でピシャリと締めて、一夜で首位奪回。上原はこれで球団新の31セーブ目、若大将・原監督は監督通算300勝。中日は巨人を上回る11安打を放ちながら、9残塁の拙攻が響き、マジック7は依然として点灯している状態ながらも、首位陥落。来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB4−3T◆
JFK揃い踏みでも連敗を阻止出来ない苦しい戦いが続く阪神だが、この日は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい立ち上がり。しかし、3回、簡単に二死を取った先発・下柳が野中に痛打された後、内川に7号2ランを放り込まれて、逆転を許してしまう。続く4回にはメカゴジラに15号ソロを浴び、3点目を献上。2点を追う阪神は8回、内野安打で出た赤松が盗塁で二塁を陥れると、シーツのタイムリーで生還し、1点差。そして、土壇場9回には守護神・クルーン相手に先頭の矢野が二塁打で出ると、藤本,代打・悠久の若虎・桧山と連続四球を選んで、無死満塁。ここで鳥谷がレフトへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。この後、二死満塁で打席にはキュラソ星人と言う場面を作った阪神だが、キュラソ星人は空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。その裏、同点の場面ながら、マウンドに上がった藤川がきっちり締めて、試合は延長に突入。迎えた10回、横浜は一死からヒットで出た村田が二死後、二盗に成功。ここで吉村がレフト線へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。藤川が2戦連続で敗戦投手となる悪夢の様な展開で阪神は泥沼の6連敗。V奪回はかなり苦しい状況になってきた。

◆C0−2S◆
石川,青木高の両先発が6回まで無失点と相譲らぬ投手戦を展開。均衡が破れたのは7回。ヤクルト先頭のガイエルがライトスタンドへ32号ソロを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。続く8回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが26号ソロをぶち込んで、2点目を追加。石川は6回以降ノーヒットと広島打線に付け入る隙を許さず、無四球完封で4勝目をあげ、チームの最下位転落の危機を救った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:22コメント(2)トラックバック(56) 

August 10, 2007

◆D5−6G◆
3ゲーム差で迎えた首位攻防3連戦。序盤は内海,人斬り抜刀斎の両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開するが、先に崩れたのは人斬り抜刀斎。0−0で迎えた4回、ガッツ,李と連打を浴びると、阿部には死球を食らわせて、無死満塁。ここでホリンズをピッチャーゴロに打ち取るも、痛恨の悪送球で先制点を献上。なおも無死満塁の場面で古城をセカンドゴロに仕留め、まず本塁を封殺。しかし、ゲッツーを狙った谷繁の一塁送球が大きく逸れ、ボールが転々とする間に阿部の生還を許してしまう。立て続けの守乱に川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない人斬り抜刀斎はまたも満塁のピンチを作ると、松田記者,マッスル千代の富士に連続タイムリーを浴びて、この回、悪夢の5失点。結局、人斬り抜刀斎は5回限りで降板となってしまった。この後、共に1点ずつ取り合って迎えた7回、中日は3本の単打で一死満塁のチャンス。李は空振り三振に倒れるも、荒木を下げてまで左対左を無視して投入された代打・立浪がライトフェンス直撃の走者一掃タイムリー三塁打を放ち、内海をKO。8回には2番手・西村から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込み、1点差まで詰め寄ったが、豊田に後続を断たれると、9回は上原に3人で捻られ、万事休す。内海は2年連続となる2桁勝利をマークした。

◆C7−3S◆
3タテで一気に最下位脱出を目論む広島は初回、梵の先頭打者アーチであっさり先制すると、更に、オチョアのタイムリーでこの回、2点。2回には、またも梵が2打席連続の9号ソロを叩き込むと、3回には求道者・前田のタイムリーで4点目。ヤクルトは5回に川本の2号ソロでようやく1点を返すも、その裏、石原のタイムリーで5点目を失った館山はこの回限りでKO。6回に青木の2点タイムリー二塁打で必死の応戦を図るヤクルトだが、その裏、広島は栗原がきっちり犠飛を打ち上げ、またまた突き放す。8回にも新井がこの日5安打目となるタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらも、マウンドに上がった守護神・永川が3人で締めた。ブラウン監督は通算100勝目

◆YB6−8T◆
初回から村田,内川のタイムリーで2点を先制された阪神だが、「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた横浜先発・マットホワイトに対して、直後の2回、投手の上園のタイムリーで1点を返すと、なおも満塁の場面で突如、1番に起用された浜中が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。続く3回には桜井,代打・葛城のタイムリー二塁打で3点を追加。しかし、横浜も負けじと4回、シーツのタイムリーエラーで1点を返した後、メカゴジラに11号3ランが飛び出して、一気に同点。6−6で迎えた6回、阪神はシーツのタイムリー二塁打で均衡を破ると、更に、続くキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、8点目。昨夜、それぞれ2回ずつ投げたJFKだが、この日も全員引っ張り出されて、この2点を守りきった。藤川はこれで30セーブ目

◆Bs7−5H◆
首位を走るソフトバンクに激震が走った。昨夜も好投を見せた先発ローテの一角・ガトームソンの服用していた飲むタイプの育毛剤がドーピング検査に引っかかり、20日間の出場停止処分を下されたのだ。ガトームソンはこの薬を服用している事をキャンプ中に自ら報告しており、悪意はなかった様だが、球団の管理体制に落ち度があった。V争いが本番に突入するこの大事な時期にこの処分はチームにとって深刻なダメージだ。出場停止が登板翌日からであったのが唯一の救い。やはり、これは鎖国政策を打ち出しながら、ソフトバンクをシメまくっている水島の呪いの影響なのか!? この事件がチーム内にも動揺をもたらしたか、安定感抜群の先発・杉内が初回からローズのタイムリー二塁打で先制を許すと、2回には前田に3年ぶりのアーチとなる2ランを被弾。4回にも前田にタイムリーを許した杉内はあえなくKO。7回には3番手・小椋が阿部真に犠飛を打ち上げられ、5点目を献上。この5点目は致命的になるかと思われたが、直後の8回、ここまで散発4安打と沈黙していたソフトバンク打線が突如、覚醒。先頭の田上のヒットを皮切りに、3連打で1点を返すと、代打・ブキャナンが歩いて満塁となった所で本多が走者一掃タイムリー三塁打を浴びせて、1点差。そして、続く川崎がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを作るも、本間が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、偽バファローズは10回から登板の馬原に対して、一死からラロッカがヒットで出ると、ここで牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがついに山崎武を上回って単独トップに立つ37号2ランをレフトスタンドへ叩き込み、サヨナラ勝ちを収めた。

◆E7−6M◆
悪の温床・楽天先発・田中に対して、ロッテは3回、二死満塁からオーティズの2点タイムリーで先制すると、更に、続く大松がライトスタンドへ2号3ランを放り込み、大量5点のビッグイニングを形成。しかし、田中が炎上すると、何故か活発になるのが悪の温床・楽天打線。その裏、すかさず、無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、山崎武はゲッツーに倒れるも、この間にまず1点。更に、ショートのタイムリー二塁打で2点目。田中は5回にも1点を失い、降板となるが、6回、渡辺直のタイムリー二塁打,高須の犠飛で2点を返した悪の温床・楽天は、7回には代打・フェルナンデスが同点15号2ランを叩き込んで、田中の黒星を消す事に成功。勢いに乗る悪の温床・楽天は土壇場9回、一死一、二塁から草野がライト前にタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。4番手・小山に今季初勝利がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(1)トラックバック(23) 

July 27, 2007

◆G3−0C◆
昨夜、先頭打者アーチの日本記録を達成し、この日も期待がかかったマッスル千代の富士だが、広島先発・長谷川の前にレフトフライに打ち取られ、3戦連続はならず。しかし、続く松田記者が左中間突破の二塁打を浴びせると、ニックンがバックスクリーン右へ10号2ランを叩き込み、2点を先制。これで充電してあったインケツパワーを解放してしまったニックンは3,5回と松田記者がいずれもヒットで出たにも拘わらず、悉く三振に倒れるインケツぶりを遺憾なく発揮。2回以降、全く追加点を奪える気配のない中、巨人先発・内海は5回二死までノーヒットと言う素晴らしいピッチングで広島打線に付け入る隙を与えない。2−0の儘、迎えた7回、不要発言をかましたナベツネに怒り心頭のホリンズが9号ソロを叩き込み、貴重な1点を追加。観戦に来ていたナベツネはこれを見て、「激励したから打ったんだ。放っておいたら駄目。効き目があった」などと恒例のイカレ発言をかまし、報道陣を呆れさせたのは言うまでもない。8回一死からニックンは二塁打を放ちながら、李のヒットで迂闊にも三本間に挟まれて憤死とまたまたまたインケツぶりを発揮。しかし、ダメ押し点などこの日の内海には必要なく、9回も無難に締めて、今季初完封で9勝目。巨人は3連勝でリーグ一番乗りとなる50勝目をあげ、首位をがっちりキープした。長谷川は7回を8三振3失点と先発の役目は果たしたが、見殺しに遭い、広島の連勝は3でストップ。

◆S11−4D◆
復帰2度目の登板となる川島に対して、中日は初回二死一、二塁のチャンスを逃すと、2回も先頭の中村紀がヒットで出るもピンキー井上がゲッツーを食らうなど、序盤から怒濤の拙攻三昧。川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・朝倉に対して、ヤクルトはその裏、一死二、三塁から投手の川島が自らを助ける2点タイムリーを放ち、先制。3回には19号ソロを放ったガイエルは5回にも2打席連続の20号2ランを叩き込み、5点目。中日は6回に代打・堂上剛がプロ初安打となる二塁打を放つと、井端が内野安打で続いたが、ここで荒木がゲッツーに倒れる最悪の展開。またもチャンス潰えたか…と思いきや、李のヒットでようやく1点を返したが、T.ウッズは倒れて、1点止まり。すると、その裏、ヤクルトは青木に17号2ランが飛び出して、7点目。直後の7回、中日は2つの四球で貰ったチャンスに守備で残っていた堂上剛が今度はプロ初打点となる走者一掃のタイムリー三塁打。更に、井端もタイムリーで続いて、3点差。続く8回には二死一、二塁と一発で同点のチャンスを作ったが、代打・立浪は空振り三振に倒れて、二者残塁。ピンチを切り抜けたヤクルトはその裏、寿司職人ラミレス,リグスのタイムリーで4点を加え、試合を決定付けた。4併殺を食らうなど、拙攻三昧の中日はこれで4連敗。

◆T5−2YB◆
ここまで31回連続無失点のハマのチンピラはこの日も3回まで1安打無失点の好投を見せ、平松政次の持っていた33回1/3連続無失点の球団記録を更新。更に、4回もゼロに抑えたが、5回、二死満塁の大ピンチ。勝負所と睨んだ岡田監督は坂に代えて、早くも代打・矢野を起用すると、これがズバリ的中。矢野はライト前へ会心の2点タイムリーを放ち、ハマのチンピラの無失点記録は35回2/3でストップ。これで流れを掴んだ阪神は6回にはキュラソ星人の2試合連続23号ソロを皮切りに5連打で3点を奪い、ハマのチンピラをKO。投げてはルーキー・上園がハマのチンピラと堂々と渡り合い、5回を無失点の好投。2番手・ダーウィンは7回に吉村に14号2ランを浴びたものの、8回からは久保田−藤川と繋ぐ必勝リレーが炸裂。阪神は6連勝で約3ヶ月ぶりの貯金1となった。

◆H−L◆
西武ナインが搭乗予定の福岡行きの飛行機に機材故障のトラブルが発生し、到着時刻が大幅に遅れる見込みとなった為、15時15分の段階で試合中止が決定した。

◆Bs7−5E◆
謎の新助っ人・バスに対して、初回に北川のタイムリーで先制した偽バファローズは3回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの4試合連続の29号3ランを叩き込み、バスはあえなくKO。4回にショートのタイムリーで1点を返されるも、その裏、3ヶ月半ぶりの登板となる一場に対して、ラロッカの21号2ランに続いて、ローズが2打席連続で大台に到達する30号ソロをバックスクリーンへ叩き込み、3点を追加。6点を追う悪の温床・楽天は7回にフェルナンデスの12号2ラン、9回も抑えの加藤大から2点を返して、粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。これで悪の温床・楽天は偽バファローズと入れ替わりで、ついに指定席・最下位へ戻ってきてしまった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(0)トラックバック(60) 

July 16, 2007

◆T2−4G◆
恐らくニックンがゲッツー量産マシンぶりを発揮すると確信したと思われる若大将・原監督の「一般的には」理解に苦しむ采配が炸裂し、それが直接の原因かどうかはともかく結果的に敗れての首位陥落と言う嫌な流れの儘、甲子園に乗り込むと言う展開に大いに心配された巨人だが、2回、話題の張本人・ニックンがいきなり死球を食らわされると、続くホリンズが二塁打。そして、久々にスタメン起用された清水が今季初打点となる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回にはまたもホリンズがタイムリー二塁打を浴びせると、続く4回には古城にタイムリーと、着々と加点。序盤からリードを貰った巨人先発・内海は立ち上がりから安定した投球で8回まで散発3安打と阪神打線に付け入る隙を許さない好投を展開。土壇場9回、二死一、二塁から林のタイムリーでついに1点を返された所で無念の降板。更に、代わった上原の桜井にタイムリーを浴び、2点差と詰め寄られたが、最後は矢野を三球三振に斬ってとり、辛くも逃げ切った。今季初完封まであと一人と迫りながら、完投すら逃してしまった内海だが、6月9日以来となる8勝目をマーク。ズルズルと連敗地獄に陥りかねない危機を救った。中日が敗れた為、巨人は一夜で首位に返り咲き。それにしても気になるのは、半月板損傷の重傷を負いながら、強行出場を続けているキュラソ星人だ。この日は3三振含む4タコと精彩を欠くバッティング。ケガの影響が皆無とは言えないだろう。キュラソ星人が出続けようとするのは、あくまで記録ではなくチームの為なのだろうが、この儘、無理して出る事が果たして吉となるか凶となるか…。とりあえず、オールスターまでのあと2試合を何とか無事に乗りきって欲しいものだ。

◆D5−7S◆
巨人が勝手に転げ落ちて、久々に首位に返り咲いた中日だが、この日は先発・山井が初回から無死満塁の大ピンチを作ると、ガイエルの犠飛で先制点を献上。今季初登板となるヤクルト先発・川島から2回に中村紀のタイムリーで同点に追いついたのも束の間、直後の3回、飯原のタイムリーで再び勝ち越し点を献上。追いかける中日は4回、一死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号2ランを叩き込み、逆転に成功。山井が3回で降板となったが、以降、小刻みに繋いで1点のリードを守り抜く中日は何とか9回に守護神・岩瀬に繋ぐ必勝体勢に持ち込んだ。しかし、この岩瀬がよもやの大炎上。一死から寿司職人ラミレス,ガイエルの連打で一、三塁とされた所で宮出の併殺崩れの間にまず同点。続く福川にセンター前へ弾き返されると、飯原にはレフトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、代打・川本にもタイムリー内野安打を許した岩瀬は失意のKO。畳み掛けるヤクルトは更に、代わった小林から青木,田中浩と連打を浴びせ、この回、大量5点。その裏、中日は2点を返す粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。絶対的守護神・岩瀬がプロ入り初めて5点を失うと言う信じられない惨劇に見舞われた中日は一夜にして、首位から陥落した。

◆YB8−2C◆
広島先発・佐々岡に対し、ガッツな貴公子・仁志の8号先頭打者アーチで先制した横浜は更に、吉村のタイムリーでこの回、2点。3回に6号ソロを叩き込んだメカゴジラは4回にもタイムリーを放ち、4点目。横浜先発・はーちゅんの前に4回まで1安打と抑え込まれていた広島は5回、嶋のタイムリーで1点を返し、なおも二死満塁のチャンスを作ったが、松本がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、今季初登板となる広島2番手・小島を攻め立て横浜は古木の4号ソロ等、4長短打で4点を奪い、試合を決定付けた。これで横浜は3連勝。先発・はーちゅんは7回2失点で7勝目

◆F1−4H◆
ソフトバンクは初回、大村,ハマのスペランカーのヒットで一死一、二塁とすると、松中がライト前に弾き返して、1点を先制。しかし、その裏、日本ハムも一死から四球で歩いた田中賢を稲葉のタイムリ二塁打で返し、試合は振り出しに。2回以降はグリン,和田の好投で膠着状態となり、1−1の儘、試合は終盤へ突入。迎えた6回、ソフトバンクは二死二、三塁のチャンスを掴むと、ブキャナンのタイムリーで2点を勝ち越し。続く7回にはハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点を追加。和田は走者を出しながらも落ち着いた投球で要所を締め、今季2度目の完投で8勝目。グリンの連勝は7でストップした。

◆M5−1Bs◆
偽バファローズは初回、四球の村松を阿部真が送った所でラロッカが鈴木一朗の球団記録を80試合目にして打ち破るシーズン19個目の死球を食らい、一、二塁。ここでローズがレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。一方、ロッテは2回にオーティズがバックスクリーンを直撃する2号ソロをぶち込んで、同点。その後、小林宏,川越の両先発の投げ合いが続いたが、1−1で迎えた7回、ロッテはいきなり先頭のサブローが6号ソロを放ち、勝ち越しに成功。更に、この後、里崎の内野安打,オーティズの四球で川越をKOすると、二死満塁となった所でTSUYOSHIが2点タイムリーを浴びせて、この回4点。小林宏は8,9回とピンチを迎えながらも、後続を断ち切り、完投で9勝目をマーク。偽バファローズはロッテを上回る9安打を放ちながら、12残塁の拙攻が響いた。

◆E2−4L◆
岸の新人王争いを援護すべく田中を攻略したい西武は初回から、G.G.佐藤のタイムリー内野安打で1点を先制。しかし、その裏、通算150勝へ3度目の挑戦となる西武先発・オツが二死から礒部を歩かせると、続くフェルナンデスに11号2ランを叩き込まれて、あっさり形勢逆転。オツは2回以降無失点に抑えたが、何故か5回限りで降板し、またも150勝はお預け。2−1の儘、迎えた7回、西武は二死走者なしから中村が4号ソロを放ち、ようやく同点。続く8回には二死二塁からベンちゃん,栗山,中村の3連打で2点を勝ち越し。その裏からミッチー,グラマンと繋いで、逃げ切りに成功。田中を援護出来なかった悪の温床・楽天は逆転負けで3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(2)トラックバック(76) 

July 10, 2007

◆G1−2T◆
6月9日以来白星から遠ざかっている巨人先発・内海が4回までパーフェクトの快投を展開。5回一死から林に内野安打を許したものの、すかさずシーツをゲッツーに仕留める。しかし、肝心の味方打線は阪神先発・福原の前にゼロ行進を続けるばかり。ついに根負けした内海は6回に先頭の矢野に2号ソロを放り込まれると、7回にはキュラソ星人に被弾し、2点目を献上。いかに先発投手が素晴らしい投球をしていようとも、リードさえすれば、闇雲にJFKを投入する岡田監督のバカの一つ覚えリレーがその裏から、またも炸裂。巨人は8回二死一、二塁のチャンスで藤川から松田記者のタイムリーで1点差と詰め寄るも、二塁塁審の疑惑の判定でチャンスを潰されると、9回は三者凡退であえなくゲームセット。好投の内海を見殺しにした巨人は今季初の4連敗となった。それにしても、6回無四球3安打の福原をああも安易に代えてしまうとは…。期待に応え続けるJFKも神懸かり的だが、岡田監督はJFKを潰したいのか、先発を育てる気がないのか、壊滅的に先発陣への信頼感が持てないのか、他に頭が働かないのか、どれなのだろう?

◆YB1−4D◆
中日は2回、T.ウッズ,森野の連打で無死一、二塁とするも、中村紀が最悪のゲッツー。チャンスは潰えたかと思われたが、ここでピンキー井上がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。更に、谷繁が歩かされた後、投手の朝倉が自らを楽にするタイムリーを浴びせて、この回、2点。続く4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号2ランを叩き込み、4点目。先発・朝倉は川相不在の内野陣の拙守に足を引っ張られながらも、崩れる事なく7回まで散発3安打の好投を展開。8回に内野ゴロの間に1点を許し、完封はならなかったが、守護神・岩瀬のリリーフを仰いで、6勝目をマークした。

◆S5−1C◆
連敗ストッパーを託されたベテラン佐々岡は毎回走者を出しながらも、あと1本を許さない粘りの投球を見せるも、味方打線はヤクルト先発・藤井の前に攻めあぐね、援護を貰えない。0−0で迎えた5回裏、無失点投球の藤井に早くも代打・真中を送るなどして、一死一、二塁のチャンスを作ったヤクルトは寿司職人ラミレスが先制11号3ランを放り込み、佐々岡をKO。直後の6回、石原のタイムリーでようやく1点を返した広島だが、その裏、2番手・上野が青木にタイムリーを許し、再び3点差。8回にも寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打でダメを押された広島に反撃する力はなく、泥沼の6連敗となった。一方、ヤクルトは2年ぶりの6連勝。

◆H2−3E◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれ、戦線離脱を余儀なくされた斉藤和がついに復活登板。2回まではまずまずの立ち上がりを見せていた斉藤和だが、3回、一死一塁から鉄平,高須と連打を許して、先制点を献上。その裏、大村のタイムリーで同点として貰ったのも束の間、4回にはショートに勝ち越しの3号ソロを被弾。5回にはフェルナンデスにタイムリーを浴びて、5回7安打3失点とイマイチな内容で降板となった。すっかりホークスキラーとなっている田中に対して、水島の呪い再燃により、湿りがちなソフトバンク打線はこの日も無為に凡打を繰り返し、一向に点差を縮める事が出来ない土壇場9回、福盛の暴投で1点差と詰め寄り、なおも二死二、三塁と一打サヨナラの場面を作ったものの、最後は代打・明石が空振り三振に倒れて、万事休す。田中は対ソフトバンク無傷の4連勝で、ルーキー単独トップの7勝目をマークした。

◆F4−7Bs◆
初回にアレンのタイムリーで先制された日本ハムだが、2回にジョーンズ,3回には青波の長瀬と両助っ人のタイムリーで勝ち越しに成功。5回に的山の今季初アーチ発で追いつかれるも、6回、無死満塁から鶴岡のスクイズ,代打・稲田のタイムリーで2点を勝ち越し。しかし、直後の7回、この回から武田勝に代わって、マウンドに上がった江尻が捕まり、村松の2点タイムリーであっさり武田勝のバースデー勝利を無惨に粉砕すると、更に、代わった3番手・武田久がラロッカに2ランを浴び、勝ち越し点を献上。8回には先月まで偽バファローズにいた萩原が古巣相手の移籍初登板でいきなり押し出し四球をかまして、試合を決定付けた。最後は加藤大が久々にセーブのつく場面でピシャリと締めて、偽バファローズが4連勝。日本ハムは14安打を放ちながら、4つの併殺が大きく響いた

◆L0−7M◆
通算150勝へ2度目の挑戦となるオツは3回まで無失点で切り抜けるも、4回、一死満塁のピンチを迎えると、謎の新助っ人・オーティズに来日初アーチとなるグランドスラムを叩き込まれ、一気に4点を献上。更に、この後、TSUYOSHIにもタイムリーを浴び、5失点。6回にもTSUYOSHIに2点タイムリーを許し、7失点KOとまたも150勝はお預けとなった。大量リードを貰ったロッテ先発・成瀬は立ち上がりから安定した投球で西武打線を翻弄。散発3安打で今季2度目の完封を果たし、7勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:42コメント(1)トラックバック(97) 

May 26, 2007

◆E1−4G◆
悪の温床・楽天先発・青山に対して、巨人は初回にガッツが10号2ラン,2回にはホリンズが4号2ランと一発攻勢で4点をリードし、青山は早くもKO。しかし、代わった有銘の前には手も足も出ず、6回まで全員凡退と完全に沈黙。7回に二死から3連打を浴びせるも、本塁を狙ったホリンズが憤死し、またも追加点ならず。一方、昨日の先発予定でスライド登板となった巨人先発・内海は初回の満塁のピンチを切り抜けてからは落ち着きを取り戻し、6回まで無失点の好投を展開。7回にガッツのエラーでピンチを作り、鉄平にタイムリーを浴びた所で降板となったが、後を継いだ豊田が連続三振で切り抜けると、8回も2三振を奪う力投を展開。最後は上原が3人で締めて、交流戦初勝利。今季初の3連敗を免れた。内海はハーラートップタイとなる6勝目をマーク。

◆L1−7D◆
深刻な得点力不足に悩まされている西武打線はこの日も沈黙。中日先発・中田から初回に3人の走者を出しながら、4人で攻撃終了するチグハグぶりに始まり、3回までゼロ行進。4回にカブレラの2戦連続アーチで1点をあげたものの、以降はさっぱりでこれで7試合連続2得点以下。投げては先発・オツが2回に中村紀の犠飛で先制を許すと、3回には森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号3ランを浴びるなど、4失点。6回にも李に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを被弾し、KO。投打に精彩を欠いた西武は3連敗で貯金が消滅し、4位転落となった。中田は8回1失点でハーラートップタイの6勝目。

◆H1−2C◆
水島の呪いと言う強大無比な敵との戦いを強いられ、セ・リーグとの戦いに集中出来ずにいるソフトバンク。昨日、炎の4安打で呪いを打破したかに思われた主砲・松中だが、呪いに抗った反動は大きかったのか、左肋軟骨挫傷で今季初のスタメン落ちとなる苦しい展開。右くらはぎ痛から復帰した魅惑のナックルボーラー・フェルナンデス相手に初回、新井のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲットするも、以降は走者を出してもあと一本が出ない拙攻モードで一向に追加点を奪えない。一方、ソフトバンク先発のガトームソンは不甲斐ない味方打線に辟易としながらも、6回まで僅かに1安打に抑え込む快投を展開していたが、7回、東出,栗原と連打を浴びた後、新井に犠飛を許して、ついに同点。その裏、ソフトバンクはすかさず一死満塁と勝ち越しのチャンスを掴むも、ここで大村が最悪のゲッツーに倒れて、無得点。すると、直後の8回、緒方,喜田の連打でピンチを迎えた所で石原にスクイズを決められて、勝ち越し点を献上。その裏、ソフトバンク先頭の本多は二塁打を放ちながら、ハマのスペランカーのピッチャーゴロで飛び出して憤死。続く小久保はゲッツーと言う何とも無様な攻撃でまたも無得点。最後は守護神・永川に反撃を断たれて、万事休す。3併殺1盗塁死1走塁死の拙攻ぶりで好投・ガトームソンを見殺しにしてしまったソフトバンクはロッテと入れ替わりで首位陥落となった。

◆Bs7−0T◆
前回の好投でローテ落ちを免れた太陽の子エステバン・ジャンだったが、この日は初回から二死二、三塁のピンチを迎えると、北川,下山の連続タイムリー二塁打で3点を献上。2回も無失点ながら3人の走者を出す危なっかしい投球で3回からは早くも引っ込められてしまう始末。しかし、代わった能見も4回に村松のタイムリー等で2点を失うと、3番手の橋本健もラロッカに2ランを被弾し、点差を広げられる一方。阪神打線は1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰したのを皮切りに、5回には二死一、三塁,6,8回にはいずれも無死一、二塁のチャンスを逃す怒濤の拙攻三昧。結局、平野佳−高木−大久保のリレーに今季6度目の完封負け。投打に圧倒した偽バファローズは引き分け1つを挟んで6年ぶりの6連勝

◆F6−4S◆
日本ハムの先発は前回、水島の呪いに取り憑かれていたソフトバンクを相手にプロ初完封を果たした木下だったが、この日の相手は連敗中とは言え、水島の呪いに取り憑かれている訳ではないヤクルト。まだまだ力不足の木下は水島の呪いと言うマイナス効果が必要らしく、立ち上がりから走者を出しまくる苦しい投球が続き、それでも何とか2回までは踏ん張っていたものの、3回にガイエルに2ランを浴びて、先制点を献上。その裏、4長短打で一気に4点と逆転して貰ったにも拘わらず、直後の4回には一死一、二塁のピンチを迎えた所であえなくKO。このピンチは2番手・押本が凌いだものの、続く5回、一死満塁から宮本のタイムリー,度会の犠飛で振り出しに戻される。同点の儘、迎えた7回、日本ハムは稲葉のタイムリーでついに勝ち越すと、更に、度会のタイムリーエラーでダメ押し。8回二死一、二塁のピンチで登板し、ここを見事に切り抜けた守護神・MICHEALが9回もピシャリと締めて、日本ハムは6連勝で3位浮上。一方、またもや接戦を落としてしまったヤクルトは5連敗となった。

◆M8−3YB◆
ロッテ打線が序盤から爆発。故障上がりで17日ぶりのマウンドとなるハマのチンピラに対して、初回、フクーラのタイムリーで先制すると、2回には青野が2ラン,3回にはサブローが犠飛と着々と加点。5回には連打でハマのチンピラをKOした後、里崎の押し出し四球,ズレータの犠飛で2点を追加。投げては先発の渡辺俊が7回まで散発3安打無失点の好投。疲れが出たか、8回に古木のタイムリー三塁打等で2点を失い、降板したものの、その裏、すかさず早川の2点二塁打で突き放した。横浜は9回に村田が一発かましたものの、焼け石に水だった。ロッテはこれでソフトバンクと入れ替わりで首位浮上。渡辺俊は5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:37コメント(2)トラックバック(76) 

May 11, 2007

◆G8−1D◆
左手薬指の腱鞘炎で開幕からリハビリモードだった清水がようやく一軍に復帰したのはいいが、入れ替えで二軍落ちとなったのが、よりによもって、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレス。何故、ゴンザレス!? 落とされる程の不振ではなかったろうに…と思っていたら、どうも左手を痛めていたらしい。そういう事なら仕方ないが、ハマのチンピラからスナイプされた後遺症が再発したのか、完治していなかったのか、ともあれ早期復帰を願うばかりである。その清水もスタメンで起用された訳ではなかったが、初回から松田記者の2ランなど集中打でいきなり4点を先制した巨人は2回にはガッツが一発浴びせて、中日のエース・人斬り抜刀斎を早々とKO。終盤にはガッツが2本目のアーチを浴びせると、マッスル千代の富士にも一発が飛び出し、ダメ押し。投げては内海が7回1失点の好投で5勝目をマーク。尚、清水は8回に代打で出場したが、ライトフライに倒れた。稀代のチャンスメーカー・川相がコーチ業に収まっている宝の持ち腐れ状態な中日は再三再四のチャンスを悉く潰しまくり、結局、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した中村紀の7号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。

◆S3−5T◆
地獄の連敗ロードを脱し、今度は最下位脱出を目指す阪神は初回にゼブラ今岡,2回には狩野のタイムリーで2点のリード。3回に寿司職人ラミレスのタイムリーで1点差とされるも、5回、宮本のよももやのエラーの直後、林,キュラソ星人の連続アーチで大きく突き放した。ヤクルトもその裏、ガイエルの9試合ぶりとなる5号2ランで追い上げたが、6回から早くも継投モードに切り替えた阪神は7回から3夜連続のJFKリレーを展開して逃げ切りに成功。これでヤクルトと入れ替わりで最下位脱出となった。敗れたヤクルトはリーグ20敗一番乗り。

◆YB8−4C◆
吉村の犠飛で先制された広島は3回、新井の12号グランドスラムで一気に逆転に成功。しかし、今季初登板初先発の大島は4回、吉村,相川とタイムリーを浴びて、1点差とされた所で代打・マイケルに今季初アーチとなる逆転3ランを叩き込まれ、KO。これでペースを掴んだ横浜は5回にはメカゴジラに初アーチが飛び出すと、7回には村田がダメ押しアーチ。最後は久々の一軍登板で何とリリーフ起用されたカリメロが3人で締める復活アピールを見せ、逃げ切った。5,6回と無失点で切り抜けた2番手・ゲーリー川村は今季初勝利。

◆M9−5H◆
ロッテ先発・久保が5回まで柴原のタイムリーによる1点に抑えれば、ソフトバンク先発・新垣も荒れ球ながら、4回まで今江のタイムリーによる1点で凌いでいたが、この1点を争うゲームは5回に一気に壊れてしまう。5回裏、新垣はいきなり先頭の青野の一発で勝ち越し点を献上すると、3四球に暴投,連打と大崩れし、今季最短となる4回1/3でKO。この後、2番手・小椋も今江に3ランを叩き込まれるなどして、この回、大量8失点。ソフトバンクは終盤3点を返したものの、ビッグイニングを許してしまった分を取り戻す事は出来ず、連勝は3でストップ。

◆Bs5−7E◆
初回に両軍1点ずつ取り合って迎えた2回、悪の温床・楽天は高須のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、先発・林は制球に苦しみ、2回を投げて1失点ながら、66球も投げさせられて、業を煮やしたノムさんはこの回限りで降板を命じた。悪の温床・楽天は3回にラロッカのエラー,後藤の野選等、偽バファローズ内野陣のミスにつけこんで、2点を奪うと、更に、嶋,鉄平と連続タイムリーを浴びせて、デイビーをKO。5点ビハインドとなった偽バファローズはその裏、大西,後藤のの一発攻勢で3点を返すと、6回には村松のタイムリーで1点差まで追い上げたが、土壇場9回に内野ゴロの間にダメ押しの1点を許し、最後は福盛の前に反撃を断たれた。悪の温床・楽天はこれで球団創立3年目にして、ようやく通算100勝目に到達した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(23) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ