内村賢介

August 18, 2010

8/18山井◆D3−1G◆
初回二死一塁,2回二死満塁のチャンスを潰し、3回も一死一塁から森野がゲッツーを食らうなど、怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日だが、4回、二死から堂上直が四球で歩くと、谷繁がライトオーバーの先制タイムリー二塁打。続く5回には二死からベンちゃんのヒット,森野の四球,ブランコの振り逃げで満塁とすると、野本がライト前へ2点タイムリーを浴びせて、3点目。巨人先発・東野はこの回限りでKOとなった。一方、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は立ち上がりから付け入る隙を許さず、6回まで四球1つ許しただけのノーヒットピッチングを展開。7回二死から連続四死球で初のピンチを背負ったが、冷静さを失わずに江戸川を打ち取り、ピンチ脱出。8回も三者凡退で切り抜け、ノーヒットの儘、いよいよラストイニングへ突入。ここでまた3年前のアジアシリーズ出場権争奪戦でかました落合監督必殺の嫌がらせ采配が再び炸裂し、9回の頭から守護神・岩瀬が出てくるのではあるまいな…と言う不安に球場全体がざわつく中、9回も引き続き山井がマウンドに登場。ここで快挙を達成し、落合監督の呪い,水島の呪いを完全払拭したい所だったが、いきなり先頭の坂本にレフトスタンドへ22号ソロを被弾し、無念のKO。しかし、代わった守護神・岩瀬が後続を無難に締めて、6連勝。ノーヒットノーランどころか、完封も完投も消えた山井だが、5勝目をマーク。これで巨人との差はついに0.5差と縮まった。

◆YB2−11T◆
阪神は2回、先頭の新井がセンター前に弾き返すと、続くブラゼルがライトスタンドへ36号先制2ラン。3回に内川のタイムリーで1点を返されるが、直後の4回、林がライトスタンドへ3号ソロを叩き込み、再び2点差。続く5回には鳥谷の13号ソロ,ブラゼルのこの日2本目となる37号2ラン,林の2打席連続3号3ランと一発攻勢で一気に6点を追加。6回には新井が,7回には林がそれぞれ犠飛を打ち上げ、10点差をつけ、試合を決定付けた。先発のソニックは8回を無四球1失点の好投で11勝目

◆C5−14S◆
プロ初登板初先発となるドラ1ルーキー・今村に対して、ヤクルトが痛烈なプロの洗礼を浴びせる。初回、一死満塁のチャンスに畠山が9号先制グランドスラムをぶち込むと、続く2回には一死二塁から青木がタイムリーを浴びせて、今村はこの回限りで失意のKO。その裏、広島は梵,ルパン広瀬のタイムリーで3点を返すが、直後の3回、ヤクルトは先頭のホワイトセルの二塁打を皮切りに6連打を浴びせて、一気に5点を追加。2点ずつ取り合って迎えた9回には相川のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。先発の石川は5点を失いながらも、大量援護をバックに最後まで投げきって、9勝目を飾った

◆L4−3H◆
ソフトバンクは初回、一死からヒットで出た本多が二盗を決めると、二死後、小久保がレフト前へ先制タイムリー。3回まで1安打と沈黙していた西武は4回、フェルナンデスの四球,ブラウンのヒットの後、高山が送って、一死二、三塁とした所で平尾がレフト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。更に、佐藤のヒット,細川の四球で満塁とすると、二死後、栗山が2点タイムリーを浴びせて、この回4点。直後の5回、ソフトバンクは一死から江川が二塁打を浴びせると、続く川崎がセンター前へタイムリー。本多もヒットで繋ぎ、チャンスを広げたが、松田,小久保の3,4番があえなく凡退し、1点止まり。7回には一死三塁から本多が犠飛を打ち上げ、1点差。西武は9回から守護神・シコースキーを投入。一死から江川にこの日3本目の二塁打を浴びると、川崎を歩かせ、一、二塁とピンチを迎えたが、ここから本多,松田と打ち取って、辛くも逃げ切った。先発の石井は6回1/3を3失点で7勝目

◆F7−5M◆
初回、日本ハムは二塁打の田中を劇団ひちょりが送ると、稲葉が歩かされた所で小谷野がセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。続く糸井はレフトスタンドへ14号2ランを放り込み、この回3点。3回には無死一塁から稲葉がタイムリー二塁打を浴びせると、更に、満塁とした所で紺田が押し出し四球を選び、ロッテ先発・渡辺俊をKO,代わった川越からトンガもタイムリーを放ち、6点目。追いかけるロッテは4回、金の2点タイムリー,フクーラの9号2ランで4点を返すと、続く5回には一死二、三塁から井口のタイムリーで1点差。突き放したい日本ハムは6回、陽のタイムリー二塁打で7点目を追加。7回以降、建山−宮西−武田久と繋ぐパーフェクトリレーが決まり、ロッテの反撃を断ちきった。先発の糸数は5回5失点ながら、打線の援護に恵まれ、今季初勝利

◆Bs1−11E◆
1,2回と攻めあぐねた楽天だったが、3回、ヒットの渡辺を聖沢が送った所で内村がレフト前へ弾き返すと、ティー岡田がこれを後逸し、この間に渡辺が先制のホームイン。続く鉄平がセンター前へタイムリーを浴びせると、更に、山崎がレフトスタンドへ,22号2ランを叩き込み、この回4点。その裏、偽バファローズは先頭の大引がレフト線へ二塁打を浴びせると、一死後、荒金がレフト前へタイムリー。1−4の儘、迎えた6回、楽天は二死から渡辺が死球を食らうと、聖沢もヒットで繋いだ所で内村がタイムリー,鉄平が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、3点を追加。9回にも4連打を含む5長短打でダメ押しの4点を追加。先発の川井は5回2/3を1失点に抑え、2勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(14) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ