八木智哉

July 07, 2010

◆G2−8C◆
幾ら打っても、それ以上に打ち込まれるとあって、巨人相手には前田健を投入するしか活路を見出せない広島は初回、エラーに捕逸と巨人の拙守に付け込み、ノーヒットで1点を先制。2回無死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く3回、ヒットの梵を赤松が送った所で嶋がセンター前へタイムリー。更に、ガッツのエラー,ヒューバーのピッチャー強襲ヒットで満塁とした所で小窪がレフト前へタイムリー。二死後、前田健,東出と連続タイムリーでこの回5点を奪い、巨人先発・内海はあえなくKO。4回には赤松の2号ソロで1点を追加。巨人は5回に長野の12号場外弾でようやく1点を返すが、流れを変えるには至らず、直後の6回、ヒューバーのこの日4安打目となるタイムリー突き放される始末。7回に江戸川のタイムリーで2点目を返したが、焼け石に水だった。前田健は7回2失点の好投でハーラーダービートップタイの11勝目

◆YB−D◆
降雨中止。

◆T3−2S◆
青木の6号先頭打者アーチで先制を許した阪神。1,2回と得点圏に走者を送りながら、あと一本が出ずにいたが、3回、平野の四球,マット・マートンのヒットでチャンスを作ると、二死後、ブラゼル,J.マッケンジーの連続タイムリーで逆転に成功。直後の4回、ヤクルトは二死走者なしから好調・相川がレフトスタンドへ7号同点アーチ。2−2で迎えた6回、阪神は一死から代打で登場した関本がライトスタンドへ3号ソロを叩き込み、勝ち越し。7回からは渡辺−久保田−藤川球と1回ずつ繋いで、1点差を守りきった。先発の下柳は6回2失点で5勝目を飾った

◆F6−2H◆
未だに白星のない日本ハム先発・八木は4回まで1安打無失点の好投を展開。何とか八木を援護したい打線は3回までノーヒットと沈黙していたが、4回、チーム初安打を放った劇団ひちょりが二盗を決めると、二死後、糸井がセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。しかし、6回、ソフトバンクはヒットの川崎を一塁に置いて、オーティズがレフトスタンドへ20号逆転2ラン。1点を追う日本ハムは7回、糸井がヒット,代打・ミスタースナイパー・坪井が死球で出ると、一死後、代打で起用されたルーキー・加藤政がヒットで繋ぎ、満塁とした所で金子誠がレフト前へ同点タイムリー。更に、田中,劇団ひちょりと連続タイムリーを放ち、3点を勝ち越し。続く8回にもミスタースナイパー・坪井がタイムリーを浴びせて、ダメを押した。八木は7回2失点でようやく今季初勝利を手にした

7/7聖沢◆E6−4M◆
初回、4人の打者で3安打を浴びせながら、無得点に終わる最悪の立ち上がりとなったロッテだが、続く2回、大松の四球の後、サブロー,フクーラ,里崎,今江と4連打を浴びせて、3点を先制。更に、西岡が歩いて無死満塁としたものの、岡田はレフトフライ,井口はショートゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。ピンチを脱した楽天はその裏、一死から草野の二塁打に連続四球で満塁とした所で渡辺のタイムリーでまず1点。なおも満塁のチャンスに聖沢がライトスタンドへ2号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。3回以降、両軍ゼロ行進が続いたが、5−3の儘、迎えた7回、楽天は四球とエラーで貰ったチャンスに鉄平がタイムリーを浴びせて、貴重な1点を追加。土壇場9回、ロッテは今江,西岡の連打で一、三塁とすると、二死後、井口が犠飛を打ち上げるが、最後は金がショートゴロに倒れて、ゲームセット。楽天先発・井坂は3回もたずにKOされたが、2番手・松崎は2回2/3を無失点の好リリーフで3年ぶりの白星

◆Bs7−11L◆
序盤から壮絶な打ち合いとなったこの試合。初回に栗山のタイムリー二塁打で先制された偽バファローズはその裏、後藤のタイムリー二塁打であっさり追い付くと、二死一、二塁としてから北川,バルディリスの連続タイムリーで3点を勝ち越し。しかし、西武は2回、坂田の2試合連続2号3ランであっと言う間に同点。その裏、後藤の2打席連続タイムリー二塁打で勝ち越されるも、直後の3回、5本の単打を集中して、2点を奪い、逆転に成功。偽バファローズも負けじと、その裏、バルディリスのタイムリーで追い付くと、続く4回にはカブレラのタイムリーで三たび勝ち越し。しかし、西武も5回、高山,ブラウンの連続二塁打でまたまた同点とすると、二死後、連続四球で満塁とした所で原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点のリード。8回には古川の暴投でタナボタの1点を加え、試合を決定付けた。2回5失点KOとなった先発・野上の後を継いだ2番手・岡本篤は3回2失点と不本意な内容ながら、ルーキーイヤー以来6年ぶりとなる白星が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:49コメント(0)トラックバック(12) 

November 04, 2009

11/4 高橋◆G4−8F◆
一気に王手かけたい巨人は先発・春風亭半ケツがいきなり三者三振と最高の滑り出しを見せると、その裏、日本ハム先発・八木に対し、坂本の四球の後、松本がバントを2度失敗した末にヒットを放ち、無死一、二塁と絶好の先制チャンス。しかし、ここからガッツ,寿司職人ラミレス,亀井のクリーンアップがあえなく凡退し、二人の走者は釘付け。続く2回にも先頭の松田記者がセンターオーバーの二塁打を放つも、後続3人が倒れて、またも先制ならず。すると、日本ハムは3回、一死から田中,劇団ひちょりの連打,稲葉の四球で満塁とすると、高橋がレフト前へ痛烈なタイムリーを放ち、2点を先制。更に、二死後、小谷野が右中間を破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、この回大量4点を獲得。その裏、巨人は二塁打の坂本が暴投で三進すると、松本のタイムリーで生還。なおも無死一塁のチャンスだったが、ガッツはサードゴロ,寿司職人ラミレスはセカンドゴロゲッツーに倒れる体たらくで1点止まり。4回にも先頭の亀井がヒットで出るも、松田記者がセカンドゴロ,阿部がピッチャーゴロゲッツーを食らう最悪の展開で無得点。巨人が攻めあぐねているのを尻目に日本ハムは5回、高橋がレフトスタンドギリギリに飛び込むソロアーチを放ち、5点目をゲット。再び4点差と広げられた巨人はその裏、先頭のキムタクがヒットを放った所で代打の切り札・大道が登場。しかし、ここでキムタクが八木の牽制に引っかかって、刺される大チョンボ。大道も倒れた後、坂本が四球、松本がヒットで望みを繋いだものの、昨日の爆発ぶりがすっかり影を潜めているガッツがファーストゴロとまたもブレーキで二者残塁。日本ハムは7回、巨人3番手・金刃に対し、一死から田中がライト線へ三塁打。劇団ひちょりは2球目にスクイズを仕掛けてファールとしてしまうが、続く3球目にもスクイズを仕掛けると、今度はきっちり決めて、6点目。その裏から登板の3番手・宮西に対し、巨人は先頭の阿部がライト前に弾き返すも、続くキムタクは三振。ここで左対左ながらあえて起用された李がセカンドゴロゲッツーに倒れて、結局、3人で攻撃終了。8回、高橋,スレッジ,小谷野の3連打で2点を失い、大量7点ビハインドとなった巨人はその裏、一死から飯山のエラー,ガッツのヒットで一、二塁とした所で寿司職人ラミレスにようやく待望の一発が飛び出すと、更に、亀井の四球,松田記者のヒットでチャンスを広げるが、阿部,キムタクと打ち取られ、3点止まり。9回には守護神・武田久から先頭の代打・古城がヒットで出るも、ここまで再三チャンスを作ってきた坂本,松本が凡退。ガッツはライトフェンス直撃の一打を放つが、4点差あるにも拘わらず、強引に二塁を狙って憤死し、万事休す。7度も先頭打者を出しながら、3併殺を食らうなど、チグハグな攻撃が目立った巨人とは対照的にチャンスを確実にものにした日本ハムは2勝2敗の五分に戻し、札幌への帰還を確定させた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(23) 

June 27, 2009

6/27 由規◆G1−6S◆
昨年から7連敗とカモにされているグライシンガーに対し、ヤクルトは2回、ボークでタナボタの先制点をあげると、続く3回にはデントナのタイムリー二塁打,4回には川島慶のタイムリーでジワジワと突き放す。ヤクルト先発・由規の前に4回まで坂本のヒット1本のみに抑え込まれていた巨人は5回、先頭の李がライトスタンドへ14号ソロを叩き込み、ようやく1点を返すが、後が続かない。すると、直後の6回、相川が3号ソロを放ち、再び3点差。グライシンガーはこの回限りで降板となった。続く7回には今季初登板となる2番手・金刃を攻め、デントナ,ガイエルの連続二塁打で2点を追加し、ダメ押し。最後は5点差あるにも拘わらず、守護神・林を投入し、巨人の反撃を退けた。由規は8回を2安打1失点とほぼ完璧な投球を見せて、4勝目をあげた。

◆C3−5D◆
広島は初回、中日先発・吉見の制球難に付け込み、一死満塁とすると、マクレーンがタイムリーを放ち、2点を先制。3回には依然として制球の定まらない吉見から一死一、三塁のチャンスを掴むと、喜田のセカンドゴロの間に3点目を追加。一方、確変が終わってから白星から遠ざかっている大竹に対して、3回まで沈黙していた中日は4回、一死から荒木が内野安打で出ると、続く森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2試合連続9号2ラン。更に、二死後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを叩き込み、同点。続く5回には二死走者なしから井端が死球を食らうと、荒木がヒットで繋いだ所で、またも森野がタイムリーを放ち、勝ち越し。7回には内野安打で出た代打・中川が犠打とボークで三進すると、荒木のショートゴロの間に5点目のホームイン。その裏から4人の投手を注ぎ込む小刻みな継投で広島の反撃をかわし、辛くも逃げ切った。吉見は6回3失点で7勝目。

◆T3−5YB◆
何とか連敗を止めたい横浜は初回、四球の吉村をガッツな貴公子・仁志が送ると、内川が先制タイムリー。更に、続く村田が13号2ランをぶち込んで、この回3点。立ち直った能見の前に2回から5回まで一人の走者も出せずにいたが、6回一死満塁と久々のチャンスを作ると、メカゴジラが押し出し四球を選んで、4点目。一方、ハマのチンピラに対し、阪神は再三再四塁上を賑わせながら、7回までゼロ行進の拙攻三昧。しかし、8回から横浜が継投モードに入ると、ようやく反撃を開始。一死からマウンドに上がった3番手・カリメロの代わりばな、キュラソ星人が13号ソロを叩き込むと、ブラゼルのヒットの後、代打・高橋光が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、1点差。しかし、追い上げムードに水を差すかの様に9回、3番手・ウィリアムスが新沼に今季初アーチを被弾し、痛恨の5点目を献上。その裏は抑えの山口がきっちり締めて、連敗を3でストップ。横浜はようやく今月3つ目の白星となった。ハマのチンピラは7回無失点の好投で7勝目

◆L3−10H◆
初回の一、二塁のチャンスを逃したソフトバンクだが、続く2回、先頭のハマのスペランカーが5号先制ソロを叩き込むと、一死三塁から田上の犠飛でこの回2点。続く3回には小久保がタイムリーを浴びせて、3点目。一方、交流戦MVPの杉内に対し、西武は4回、中村が23号2ランを叩き込み、1点差。6回に1点ずつ取り合って迎えた7回、ソフトバンクは二死から連続四死球で一、二塁とすると、またもハマのスペランカーが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。9回には松田の3点三塁打,本多のタイムリーで10点目を奪い、試合を決定付けた。杉内は6回3失点で8勝目をマークした。敗れた西武は4位転落。

◆M4−5F◆
6月6日以来の登板となる唐川に対し、日本ハムは2回、二死二塁からあの男がタイムリー二塁打を浴びせ、1点を先制。4回には一死一塁から糸井が7号2ラン,あの男が2号ソロと連続アーチで3点を追加。その裏、ロッテは大松の9号ソロで1点を返すが、直後の5回、一死満塁のピンチを作った所で唐川は無念のKO。代わった高木も糸井にタイムリーを浴び、5点目を失うが、なおも満塁のピンチで3番手・中郷がインケツパワーを使い果たしたあの男を三振に斬って取ると、鶴岡も打ち取って、ピンチ脱出。すると、その裏、ロッテは堀に今季初アーチとなる2ランが飛び出して、2点差。7回には代打・バーナムJr.が2号ソロを放り込み、1点差まで追い詰めるが、最後は武田久に締められ、あと1点が届かなかった。ロッテは僅か4安打。うち3発が一発だった事で4点を奪えたが、一度として得点圏に走者を進める事が出来なかった。日本ハム先発・八木は6回3失点で無傷の6連勝を飾った。

◆Bs5−11E◆
初回のラロッカのタイムリー,2回に日高の5号2ランで3点を先制された楽天だが、3回、鉄平の今季初アーチ,草野のタイムリーで1点差。その裏、北川のタイムリー二塁打で突き放されるが、6回、代打・憲史の犠飛,大村のタイムリーエラーで2点を返し、ついに同点。4−4で迎えた7回、楽天は二死一、三塁から山崎武の2点タイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、中村紀がヒットで繋ぐと、代打・藤井が今季初アーチとなる3ランをぶち込んで、この回、一挙5点。更に、8回には平石の今季初アーチとなる2ランが飛び出して、ダメ押し。5回途中から登板した3番手の青山は2回1/3を無失点で切り抜ける好リリーフを見せ、今季初勝利を飾った。偽バファローズはこれで今季の自力優勝が消滅

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(16) 

May 05, 2009

カリメロ勝◆G4−6YB◆
1点を追う横浜は5回、二死三塁から主砲・村田の2号2ランで逆転。続く6回にはジョンソンの2打席連続アーチで突き放すと、8回にもダメ押しの2点を追加し、試合を決定付けた。この日、46歳の誕生日を迎えたカリメロは7回から登板し、3人でピシャリと抑え、自己初のホールドをマーク

◆D0−2C◆
初回から森野のエラーでピンチを作った中日は栗原のタイムリーで先制されると、2回には投手の大竹にタイムリーを浴び、2点目を献上。打線も6回まで散発2安打と沈黙。7回に二死一、二塁から藤井がヒットを放つが、ブランコが本塁憤死。結局、対広島3戦連続完封負けの体たらくで好投のあちゃくらさんを見殺してしまい、名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ。大竹は7回無失点の好投で2勝目を飾った。

◆S−T◆
降雨中止。

◆Bs2−1H
田上の一発で追い付かれた偽バファローズは5回二死一塁から大村のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。ソフトバンク打線を散発4安打1失点と封じ込めた金子は2年ぶりの完投を初の無四球で飾り、3勝目をマークした。

◆L3−7E◆
初回に山崎武の2点二塁打で先制した楽天は5回には高須の今季初アーチ,青波の長瀬の3号2ラン等、一発攻勢で4点を加え、大きく突き放した。二軍で結果が出ない上、投球を直に見た訳でもないのに、ただ長身だと言うだけで松井二軍監督の反対を押し切ったノムさんに引っ張り出され、プロ初登板初先発となったルーキー・井坂は6回を投げ、3失点と最低限の仕事を果たし、打線の援護にも恵まれて、プロ初勝利を飾った。

◆M0−2F◆
日本ハムは2回、スレッジの8号ソロ,金子誠のタイムリーで2点を先制。0−2の儘、5回を終えた所で試合は降雨コールドとなり、日本ハムが勝ち逃げ。八木はコールドとは言え、5回無失点で3年ぶりの完封を果たし、2勝目。小林宏は粘りの投球を見せたが、援護なく、またも白星を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(6) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ