佐々岡真司

October 07, 2007 21:46

◆YB6−4D◆
引退試合の佐々岡からの号砲で単独トップに躍り出た村田に追いつくべく最後のチャンスに懸けるT.ウッズ。既に、両軍共に順位が確定しているだけに、醜い敬遠合戦が繰り広げられる事も危惧されていたが、それは杞憂に終わった。初回、中日は三者凡退に終わり、T.ウッズには回らず。その裏、横浜は野中の二塁打の後、相川の犠打がエラーを誘って、一、三塁。ここで金城のゲッツーの間に野中が先制のホームイン。二死走者なしと言う場面で回ってきた村田に対して、中日先発・朝倉はいきなり3連続ボール。勝負に行っている様に見せかけた四球か?と思われた矢先の4球目にストライクを投げ込んだが、結局、5球もアウトローに外れてのフォアボール。直後の2回、先頭打者として打席に入ったT.ウッズに対して、横浜先発のルーキー・高崎は真っ向勝負でショートゴロに打ち取った。しかし、続く森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを放り込まれて、試合は振り出しに。3回二死一塁で迎えた村田の第2打席、朝倉も今度は初球からストライク。これを打ちに行った村田だが、井端の好守に阻まれて、凡退。直後の4回、連続四死球で無死一、二塁と言う大ピンチでT.ウッズを迎えた高崎は低めにボールを集める投球でカウント0−3としながら、ここから外角へ逃げるスライダーを3つ続ける徹底した攻めで見逃し三振に斬って取った。続いてミスター3ラン・森野をセカンドフライに打ち取ると、李もサードゴロに打ち取って、ピンチ脱出…と思いきや、村田のタイムリーエラーに足を引っ張られ、勝ち越し点を献上。しかし、その裏、この回から代わった山井に対して、横浜はヒットの吉村が二盗と暴投で三塁へ進んだ所で内川がレフト前へ同点タイムリー。更に、二死二、三塁から今度はT.ウッズにタイムリーエラーが飛び出して、2点を勝ち越し。直後の5回、中日は二死一、二塁のチャンスを掴むも、途中出場の上田がファーストゴロに倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈。その裏、横浜は一死から打席に入った村田がライト前に弾き返すと、吉村が歩いて一、二塁となったが、古木,内川と倒れて二者残塁。直後の6回、先頭のT.ウッズに対して、高崎はまたも徹底した外角攻め。カウント1−2から明らかに投げ損ねの真ん中高めへの甘い球が投げ込まれたが、まさかの好球にT.ウッズは不覚の空振り。結局、最後は外角球をライト前に軽打するしかなかったが、続く森野がタイムリー二塁打を放って、1点差。更に、一死後、平田がヒットを放ち、一、三塁となったが、ここで代わった木塚の前に谷繁はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも川相不在の弊害を露呈。7回、中日4番手・岡本に対して、横浜は先頭の金城がショートへの内野安打。ここで4度目の打席に入った村田だが、2−1と追い込まれると、一発を狙いたい気持ちの強さからかインハイのボール気味の球を強引に振りに行って、空振り三振。直後の8回、またまた先頭打者として打席に入ったT.ウッズに対して、横浜3番手・加藤は荒れ球で外角一辺倒の筈が、真ん中や内角へ行ってしまうも、外角に目が慣れ過ぎたT.ウッズはいずれも空振り。しかし、フルカウントからの外角低めをあまりにも外角に目が慣れ過ぎたT.ウッズは際どいながらもボール球と見極めてしまい、振りに行かずにフォアボール。この儘、追いつけずに終わってしまうと、これが最終打席となってしまうだけに何とかしたい中日だったが、続く森野は空振り三振。そして、李はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。その裏、リードされている場面であるにも拘わらず、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とか言うエキシビジョンマッチの為の調整登板か、守護神・岩瀬が登場。しかし、いきなり井端のエラーに足を引っ張られ、川相不在の重さを痛感し、ガックリ来た岩瀬は続く代打・呉本を歩かせると、野中をゲッツーに取りながら、相川も歩かせた所で金城には走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、2点を献上。しかし、村田はサードフライに打ち取り、ようやくチェンジ。3点差となった事で守護神・クルーンを投入し、余裕の逃げ切りと思われた横浜だが、クルーンは平田にヒット,谷繁に四球を許すと、代打・中村紀にタイムリー二塁打を浴び、なおも無死二、三塁と一打同点のピンチ。ここで荒木がピッチャーゴロに倒れ、一死となった所で落合監督は何を血迷ったか、井端を引っ込め、代打・柳田を投入。ここでクルーンは暴投を犯したと思いきや、バックネットのフェンスの固い所に当たって、まともに戻ってくる幸運に恵まれ、三塁走者は突入出来ず。結局、柳田は空振り三振。なおも二、三塁の場面が続いていたが、途中出場の藤井もあえなくショートゴロに倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈し、T.ウッズはあと一歩で巡ってきた第5打席のチャンスを潰され、今季の本塁打王獲得は完全消滅した。中日は拙攻拙守を繰り広げる無様な戦いで対横浜6年ぶりの負け越しを喫して、今季全日程を終了。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦とか言うエキシビジョンマッチに向け、大きな不安を残し、来季からの川相現役復帰待望論はより一層強まる事となった

◆S3−6C◆
ヤクルト先発・石川に対して、広島は初回、二死一塁から新井,嶋,梵の3連続タイムリーで3点を先制。2回、広島先発・長谷川に対して、ヤクルトは4番に入った青木がヒットで出塁。暴投と、この日が引退試合と言う事で5番でスタメンマスクとなった中井美穂の旦那のライトフライで三進した後、リグスの犠飛でホームイン。1−3で迎えた5回、広島は一死から栗原が二塁打を浴びせると、続く新井がレフトスタンドへ28号2ランをぶち込んで、5点目を追加。4点を追うヤクルトは6回一死から本塁打王争いの伏兵・ガイエルのショート後方へのフライをショート・梵とレフト・井生が交錯。ボールが無人のレフトを転々とする間にガイエルは一気に本塁を陥れる34号ランニングホーマー。8回にルパン広瀬の一発で再び突き放されたヤクルトだが、その裏、ガイエルが村田に1本差と迫る2打席連続の35号ソロを叩き込み、3点差。この後、二死一塁で中井美穂の旦那の打席を迎えると、何と昨夜引退試合を終えたばかりの佐々岡がサプライズ登板。今季でユニフォームを脱ぐ者同士の対決はショートゴロで佐々岡に軍配が上がった。9回は守護神・永川が反撃を断ち、最下位脱出。広島はこれで全日程を終了となり、ヤクルトは残り2試合を連勝しなければ、最下位が確定する。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



October 06, 2007 20:57

◆S1−8D◆
中日は初回、二死三塁からT.ウッズのライト前タイムリーで先制すると、李が二塁打で続いた後、平田のどん詰まりの打球がプロ初安打となり、2点を追加。3点を追うヤクルトはその裏、二死満塁のチャンスに宮本がファーストへのファールフライに倒れて、三者残塁。その後も3回一死一、二塁,4回二死一、三塁のチャンスを悉く逃す川相不在の中日顔負けの拙攻を展開。一方、2回以降沈黙していた中日打線だが、6回一死一、二塁から李がタイムリーを放つと、二死後、代打・立浪が歩いて満塁となった所で中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに代打満塁ホームランをぶち込んで、試合を決定付けた。ヤクルトは9回に途中出場の中井美穂の旦那が2打席連続となるヒットを放ったのをきっかけに森野のタイムリーエラーで完封を免れるのが精一杯。これで広島と同率の5位に並ばれてしまった

◆C10−1YB◆
佐々岡の引退試合となるこの日、広島打線が大爆発。初回一死二塁から、栗原,新井,求道者・前田とクリーンアップが3連打を浴びせて、2点を奪うと、更に、二死後、嶋が史上252人目の通算100号となる14号3ランを叩き込み、この回、いきなり5点を先制。続く2回には栗原,新井が連続タイムリー。5回には無死満塁のチャンスを作って、横浜先発・吉見をKO。ここで梵のゲッツーの間に1点を加えると、またも嶋がタイムリー二塁打。7回には4番・新井に27号ソロが飛び出して、10点目。投げては先発・大竹が7回を2安打無失点と素晴らしい投球を展開。8回には偽ハンカチ王子・斉藤がきっちり抑えると、9回からは横山が相川,金城と打ち取って、いよいよ佐々岡が最後のマウンドへ登場。金村弟の引退試合ではファールフライをあえて見送った村田だが、10点ビハインドとは言え、本塁打王のタイトルが懸かっているだけに温情の三振は出来ない真剣勝負となった。佐々岡は力が入り過ぎているのか、ボール先行でカウントは1−3。ここで投じられた5球目は外角高めに外れるボール球でフォアボールと思われたが、これをあえてフルスイングに行った村田の打球は左中間スタンドに飛び込むリーグ単独トップに躍り出る36号ソロ。ある意味、メモリアルとも言える被弾でもう一人投げられる事となった佐々岡は何も懸かっていない代打・鈴木なおのりを空振り三振に斬って取り、18年の現役生活に幕を閉じた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



May 05, 2007 23:59

◆G8−0S◆
巨人が序盤の猛攻で勝負を決めた。初回から一死満塁のチャンスを掴むと、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンはあわやゲッツーのショートライナーと相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮するも、続く阿部がセカンドへのタイムリー内野安打を放ち、先制。2回にはマッスル千代の富士のタイムリーで1点を加えると、3回には当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが復帰初となるタイムリー二塁打。そして、4回には李,ニックンの連続アーチで一気に4点を奪い、試合を決定付けた。先発・久保は2回一死満塁など、再三のピンチを巧みにかわし、大量援護に守られながら、プロ5年目にして初となる完封をマーク。巨人はリーグ20勝一番乗りとなった。拙攻三昧で敗れたヤクルトは今季2度目の4連敗。

◆D4−3YB◆
初回、村田のタイムリーで先制された中日だが、3回に一死満塁のチャンスから福留,T.ウッズの連続タイムリーで4点を奪い、一気に逆転に成功。3点を追う横浜は4回に併殺崩れの間に1点を返し、中日先発・中田はこの回限りで降板。更に、5回には石井タクローのタイムリーで1点差と詰め寄ると、中村紀のヘッポコエラー等で無死満塁と一打逆転のチャンスを掴んだが、ここで内川が最悪のホームゲッツー。続く金城も倒れて、追加点ならず。これで完全に勢いを止められた横浜は6回以降、一人の走者も出せずに、今季2度目の連敗。中日は3連勝で3カードぶりの勝ち越し。5回のピンチを凌ぎきるなど、3イニングを無失点に抑える好リリーフを見せた久本が今季初勝利をマークした。

◆T0−2C◆
連敗地獄に鞭を打つかの様に、シャア少佐が首を痛めてスタメン落ちとなった阪神は1番・ゼブラ今岡,2番・鳥谷の新オーダーで臨んだが、広島先発・佐々岡の前に鳥谷一人が気を吐くだけで一向にチャンスを掴めない。一方、阪神先発・ボーグルソンも4回まで死球を1つ出しただけのノーヒットピッチングを見せていたが、5回、四球の走者を二塁に置いて、嶋にタイムリー二塁打を浴びて、ついに先制点を献上。6回にも新井にタイムリーを許し、2点目。ようやく援護を貰った佐々岡は7回、一死一、三塁と初のピンチを迎えるも、ここで代打・悠久の若虎・桧山をピッチャーゴロゲッツーに打ち取り、この回限りでお役御免。広島は8回から梅津−永川と繋ぎ、完封リレーで4連勝。阪神は好投のボーグルソンを見殺しにして、7連敗となった。

◆H4−1L◆
西武先発・ギッセルは初回に自らのボークでやらずもがなの先制点を与えると、3回には自らの暴投で2点目を献上。更に、小久保に10号2ランを被弾し、4点目。4回以降は立ち直り、好投を見せたものの、時既に遅し。前回の登板でようやくらしさを見せたソフトバンク先発・ガトームソンはこの日も立ち上がりから落ち着いた投球で西武打線を翻弄。カブレラのタイムリーによる1点を失っただけで8回まで投げきると、最後は守護神・馬原が3人で締めて、3連勝で貯金を10とした。この勝利で王さんは監督通算1200勝を達成

◆F7−3Bs◆
何とか連敗を脱出したい偽バファローズは先発・平野佳が5回無失点の好投。打線の方は八木の前に5回まで抑え込まれていたが、6回、二死一、二塁から水口のタイムリー二塁打で2点を先制すると、続く塩崎にもタイムリーが飛び出し、八木をKO。これで連敗脱出は見えたかに思われたが、その裏、劇団ひちょりの今季初アーチとなる2ランで1点差に詰め寄られると、後藤のタイムリーエラーであっさり同点。続く7回には一死一、三塁のチャンスに劇団ひちょり,田中賢,稲葉の3連続タイムリーを浴びて、一気に3点を勝ち越されると、8回には田中幸に一発を許して、ダメを押されて、8連敗。3連勝の日本ハムは2番手の江尻が今季初勝利。本拠地移転4年目にして初となる「念願だった」札幌ドームでのホームランを含む2安打を放った田中幸は2000安打まであと3本に接近した。

◆M5−1E◆
2回にショートのタイムリーで先制されたロッテだが、その裏、今江の犠飛ですかさず同点とすると、更に、早川がタイムリーを放って、逆転に成功。その後、青山,小林宏の投げ合いで膠着状態に陥ったが、2−1の儘、迎えた8回、ロッテは一死一、二塁から里崎が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、貴重な2点を追加。更に、この後、今江にも2点タイムリーが飛び出して、ダメ押しの5点目。最後はセーブのつかない場面ながらも、小林雅が登板。一死一、二塁のピンチを迎え、一瞬、ヒヤリとさせたが、後続を断ち切り、連敗をストップさせた。7回1失点の小林宏は4勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



April 29, 2007 18:32

◆S6−2G◆
今季初先発となる松井に対して、巨人は2回、先頭のニックンが平凡なライトフライに倒れるも、これを何とガイエルがまさかの落球。これで一気に二塁を陥れたニックンは脇谷のタイムリーで先制のホームイン。続くホリンズにもタイムリー二塁打が飛び出して、この回、2点。しかし、3回、ヤクルトは巨人先発・久保から痛恨のエラーをかましたガイエルが汚名返上の2号ソロで1点差。巨人は3回二死二塁,6回、一死一塁のチャンスにニックンが悉く凡退と本領を発揮のチャンスブレイクで突き放す事が出来ずにいると、その裏、ヤクルトもゲッツーでチャンスを潰しかけながら、直後に青木がヒットで繋いだ後、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ4号2ランを放り込み、一気に逆転に成功。更に、7回には2番手・真田を攻め立て、代打・宮出,青木のタイムリーで3点を追加。ヤクルトは7回以降、4人のリリーフを注ぎ込む小刻みな継投で巨人打線の反撃を断ちきり、2連勝。6回2失点の松井は今季初勝利となった。巨人は4月5日以来の連敗で7カードぶりの負け越し。育成選手枠から支配下選手枠に昇格した山口が1イニングを無失点に抑えたのが明るい材料か。

◆YB7−4D◆
2回までいずれも3残塁と拙攻合戦で迎えた3回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに福留が8号2ランを叩き込み、先制。更に、この後、二死満塁のチャンスを作ったが、谷繁が凡退し、三者残塁と川相不在の弊害を大露呈。これでガックリきた先発・中田はその裏、井端のエラーで足を引っ張られた事で川相不在の重さを改めて痛感し、村田に同点2点タイムリー二塁打を許すと、更に、吉村にもタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。直後の4回、中日は福留のセカンドゴロの間に同点として、横浜先発・ゲーリー川村はこの回限りでKOとなった。同点で迎えた5回、横浜は一死満塁から吉村のセカンドゴロ併殺崩れの間に勝ち越しに成功。続く6回にも村田,メカゴジラの連続タイムリーで3点を奪い、試合を決定付けた。この後、中日は福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目の9号ソロを放ったものの及ばず、3連敗で横浜と入れ替わりで3位転落。拙攻拙守の無様な試合展開に名手・川相コーチの現役復帰を待望する声はますます強まっている

◆C5−1T◆
広島は初回、阪神先発・能見に対して、梵,天谷,栗原の3連打で先制すると、続く新井もヒットを放ち、満塁。求道者・前田は倒れたものの、続くルパン広瀬が今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、この回、一気に5点。いきなりの大量ビハインドとなった阪神は直後の2回に二死からの3連打で満塁とするも、ここで能見に回ってしまうツキのなさで三者残塁。3回無死一、二塁で後続3人が倒れ、4回も先頭の林が出た後、矢野がゲッツー、続く関本が二塁打と言うチグハグな攻撃で無得点。更に、6回無死一、二塁、7回二死一、二塁のチャンスも逃す有様。9回にシャア少佐のタイムリーで完封を免れるのが精一杯。12残塁の拙攻が大きく響いた阪神は貯金が消滅。広島は2回以降、さっぱりチャンスを掴めない昨日同様の一点集中攻撃で今季初の3連勝。ようやく今季初の3連戦勝ち越しを決めた。先発・佐々岡は5回無失点でようやく今季初勝利。それにしても、9回の継投は謎だ。河内が連打を浴びた後、シーツに梅津、キュラソ星人に永川を起用する一人一殺…って、全く意図が分からない。何故、シーツの所から永川ではダメだったのだろう? 永川がサウスポーってんならまだ分からんでもないが…。

◆Bs5−6H◆
この日はブキャナンがスタメン落ちとなったソフトバンクだが、初回から、松中のタイムリーで1点を先制。その裏、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの9号2ランで逆転されるも、3回にハマのスペランカーの同点タイムリーの後、またも松中が6号2ランを叩き込んで、勝ち越しに成功。偽バファローズは1点ずつ取り合って迎えた5回に本多のタイムリーエラー,塩崎の犠飛で同点に追いつくも、直後の6回、今度は小久保に9号ソロが飛び出して、ソフトバンクが再び勝ち越しに成功。粘る偽バファローズは土壇場9回、抑えの馬原に対して、二死一、二塁と一打サヨナラの場面を作ったが、最後は代打・北川が空振り三振に倒れて、ゲームセット。ソフトバンクはこれで7連勝となり、首位に返り咲いた

◆L4−9M◆
初回に中島,3回にカブレラにタイムリーで2点を先制されたロッテだが、4回に里崎のタイムリーで反撃開始。5回にはサブローの同点タイムリーの後、ズレータ,ベニー松山と一発攻勢で一気に5点を勝ち越し。西武はカブレラがブライアントに並ぶ史上最速タイとなる733試合目での250号を放つなど、3点差まで追い上げたが、9回に竹原の2点タムイリーで突き放され、一日にして首位陥落となった。ロッテ先発・成瀬は7回途中4失点ながら、打線の援護に助けられ、2勝目をマークした。

◆E1−7F◆
日本ハムは初回、稲葉の先制タイムリーの後、青波の長瀬に8号2ランが飛び出し、早くも3点のリード。これで主導権を握った日本ハムは2回には陽がプロ初打点となるタイムリーヒット。更に、4回にはこの日スタメンで起用された田中幸が2試合連続となる2号2ランを叩き込み、2000安打であと8本と迫った。投げては先発の八木が6回まで8安打を浴びながら無失点に抑える粘りの投球を展開。7回に嶋のプロ初アーチで1点を失い、降板となったが、江尻,武田久のリリーフを仰いで3勝目をマーク。日本ハムは今季初の3連勝で悪の温床・楽天と並ぶ5位タイとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ