中沢雅人

June 30, 2010

◆C4−5G◆
巨人は4回、先頭のガッツがヒットで出ると、一死後、阿部がライトスタンドへ26号2ランを叩き込み、先制。更に、長野,脇谷と連打を浴びせるが、江戸川,西村健と倒れて、2点止まり。その裏、西村健の暴投で1点を返した広島は続く5回、倉,東出のヒットで一死一、三塁とした所で梵がライト線へ同点タイムリー二塁打を放ち、西村健をKO。更に、2番手・星野に対し、代打・赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。追いかける巨人は7回、連続四球で無死一、二塁とした所で坂本はゲッツーを食らうも、マッスル千代の富士がライト前へ弾き返して、1点差。突き放したい広島は8回、二死二塁から満を持して登場した求道者・前田がショートへの内野安打を放ち、チャンスを広げるが、東出がセンターへ打ち上げ、二者残塁。ピンチを脱した巨人は土壇場9回、先頭の江戸川が二塁打を浴びせると、亀井の犠打がエラーを誘って、一、三塁とした所で坂本が犠飛を打ち上げ、同点。更に、マッスル千代の富士のピッチャー強襲安打をカバーした東出が悪送球をかました間に亀井が勝ち越しのホームイン。その裏から登板した守護神・クルーンはいきなり先頭の梵を歩かせ、不安を抱かせたが、後続3人を打ち取って、辛くも逃げ切った。8回のピンチを凌いだ5番手・豊田は今季初勝利。これで巨人は開幕から対広島8連勝となった。

6/30和田◆T1−2D◆
0−0で迎えた4回、中日は二死走者なしからベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとはがりにライトスタンドへ21号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、その裏、阪神はマット・マートン,新井のヒットで二死一、二塁とした所でJ.マッケンジーがレフト前へ弾き返して、マット・マートンが同点のホームイン。5回無死二塁に続き、7回にも二死満塁のチャンスを逃す拙攻三昧の中日だったが、8回、一死一、二塁からベンちゃんのタイムリーでようやく勝ち越し。あとは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切った。先発のウッチャンは7回2/3を1失点で5勝目。尚、この日、中日の堂上兄弟の他、阪神の新井浩,中日の新井良と組の兄弟選手が同時出場。リー兄弟&松沼兄弟以来となる29年ぶりの珍事だった。

◆YB2−3S◆
加賀,中沢のルーキー対決となったこの試合。3回までパーフェクトと上々の滑り出しを見せた中沢に対し、加賀は序盤は苦しみながらも、尻上がりに調子を上げていく。しかし、5回、相川,宮本と連打を浴びると、藤本に犠打を許すと、暴投を犯して、やらずもがなの先制点を献上。更に、二死後、青木,田中と連続タイムリーを浴びて、3点を失い、この回限りで降板となった。一方、中沢も6回、簡単に二死を取りながら、内川,村田と連続二塁打を浴びると、スレッジにもタイムリーを許して、KO。勢い付く横浜は続く7回、二死から下園,石川と連打を浴びせるも、内川がピッチャーゴロに倒れて同点ならず。ヤクルトは8回からマツ・オカ−林と繋ぐ必勝パターンで1点のリードを守りきった。中沢は5回2/3を2失点で5勝目

◆M7−3H◆
ロッテは初回、二死から3者連続出塁で満塁とすると、オーティズがレフト前へ先制の2点タイムリー。その裏、ロッテは今江が5号ソロを叩き込み、1点差。続く2回にはソフトバンクが川崎のタイムリー三塁打で1点を追加すれば、ロッテも2四球にエラーとノーヒットで1点を返して応戦。1点差の儘、迎えた5回、ロッテは的場,今江のヒットで二死二、三塁とすると、金が左中間突破のタイムリ二塁打を放ち、逆転に成功。更に、大松が歩いた後、サブローが2点タイムリー三塁打,竹原がタイムリー二塁打を浴びせて、この回一挙5点。ロッテは7回から伊藤−薮田−小林宏と繋いで、ソフトバンクの反撃を断ち切った。先発の大嶺は6回を3失点で2ヶ月半ぶりの3勝目をマーク

◆Bs3−2E◆
移籍初登板となる偽バファローズ先発・長谷川に対し、3回まで無得点に抑え込まれていた楽天だが、4回、先頭の嶋がヒットで出ると、一死後、中村紀が先制のタイムリー二塁打。1点を追う偽バファローズは5回、バルディリスの四球,坂口のヒットで二死一、二塁とした所で赤田がセンター前へタイムリーを放ち、同点。続く6回にはカブレラ,ティー岡田の連打で無死一、二塁とするも、北川が最悪のショートゴロゲッツー。バルディリスもファーストゴロに終わり、結局、無得点。1−1の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わった4番手・岸田に対し、楽天は鉄平,中村紀のヒットで二死一、三塁とすると、山崎のサードゴロの間に鉄平が勝ち越しのホームイン。更に、草野のヒット,渡辺の四球で満塁とチャンスを広げるが、内村は三振に倒れて、1点止まり。すると、その裏、抑えの川岸に対し、偽バファローズは先頭のバルディリスがレフト前へ弾き返すと、日高がライトスタンドへ5号2ランをぶち込んで、劇的な逆転サヨナラ勝ち。一時は勝ち越し点を献上した岸田に5勝目が転がり込んだ。

◆L4−7F◆
2回、日本ハムは先頭の糸井が9号先制ソロ。更に、この後、二死満塁とチャンスを広げるが、劇団ひちょりがサードライナーに倒れて、三者残塁。1点を追う西武は4回、ヒットの栗山を一塁に置いて、中島が11号逆転2ラン。直後の5回、日本ハムは一死から小谷野,糸井の連打で一、三塁とすると、陽がライトへ同点犠飛。更に、高橋が二塁打で繋いだ所で野上が暴投を犯して、労せずして勝ち越し。しかし、その裏、西武は片岡の7号ソロであっさり同点とすると、続く6回には二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、代打・上本が三振に倒れて、三者残塁。7,8回もゲッツーを食らうなど、勝ち越しの機会を逃し、試合は延長に突入。迎えた11回、日本ハムは一死から田中のヒットに連続四球で満塁とした所で小谷野がレフト前へ2点タイムリーを浴びせて、ついに勝ち越し。二死後、陽,高橋にも連続タイムリーが飛び出し、ダメ押し。その裏、西武は礒?に3号ソロが飛び出したものの、及ばなかった。5番手・宮西は1回2/3を無失点に抑えて、2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(12) 

April 23, 2010

◆G10−4C◆
緊急獲得した謎の新助っ人・スタルツが来日初登板。初回、坂本,松本の好調1,2コンビを簡単に退けたスタルツだが、ガッツを歩かせると、続く寿司職人ラミレスに8号2ランを被弾。一方、内海が離脱した隙に月間MVPを掠め取ろうと目論む巨人先発・東野は1,2回と走者を出しながら、無失点で切り抜けるも、3回、よりにもよって、2005年以来ノーアーチの東出に実に1741日ぶりの一発を被弾。続く4回には一死満塁のピンチで投手のスタルツに同点タイムリーと、またも不本意な形で失点。2−2で迎えた6回、巨人は松本,阿部のヒットで二死一、三塁と久々のチャンス。ここで長野の打球は高く跳ね上がったショートゴロでチェンジ…と思いきや、長身のスタルツがなまじ手が届くからと、この打球にグラブを伸ばして弾いてしまい、ボールが転々とする間に松本が勝ち越しのホームイン。更に、マッスル千代の富士が左中間を破る走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。直後の7回、代打を出された東野に代わり、山口がマウンドに上がるが、リリーフ再転向後まともに抑えた試しのない山口はこの日も二死一、二塁のピンチを作る不甲斐ない投球であえなくKO。代わった久保も栗原を歩かせ、満塁とピンチを広げるが、この勝負所で野村監督は求道者・前田を代打に送らない大チョンボ。結局、その儘、打席に入った末永を三振に斬って取った久保は辛くもピンチ脱出。続く8回、広島は代打・嶋の1号2ランで1点差と詰め寄るが、その裏、巨人は水島の呪いに苛まれている広島4番手・篠田を攻め立て、二死満塁とすると、代打・脇谷の2点タイムリー,坂本の5号3ランで大量5点を奪い、大きく突き放した。最後は6点差ながらも、故障から復帰の守護神・クルーンがマウンドに上がり、2三振を奪うなど、3人でピシャリと締めて、復活をアピール。東野は6回2失点で内海に並ぶ4勝目をあげ、月間MVPの可能性を残した。

◆T7−1D◆
中日は3回二死から荒木がチーム初安打で出ると、井端,森野と続いて連打を浴びせて、1点を先制。先発のウッチャンは4回二死までパーフェクトの快投を見せていたが、鳥谷に内野安打を許してからリズムが狂ったか、新井,J.マッケンジーと連打を浴びて、形勢逆転。続く5回には簡単に二死を取り、立ち直ったかと思った矢先、代打・関本を歩かせると、マット・マートンにタイムリー二塁打を浴び、3点目を献上。更に、大和に内野安打,鳥谷に四球を許して、満塁とした所で新井に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びると、続くJ.マッケンジーは三振に取りながら、谷繁の捕逸で振り逃げを許してしまい、この回悪夢の5失点で失意のKO。6回から継投モードに入った阪神は出戻り助っ人・スタンリッジら4人のリリーフで1回ずつを無失点に抑えて、逃げ切りに成功。先発・フォッサムは5回1失点で来日初勝利を飾った

4/23中沢◆YB0−4S◆
長らく不振の続いているヤクルト打線だが、2回、ガイエルの7号ソロ,飯原の2号ソロと連続アーチで2点を先制。更に、二死後、中沢,田中と連打を浴びせて、一、二塁とした所で森岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、一挙4点。しかし、3回以降は、相川,中沢のバッテリーコンビが気を吐くも後が続かず、残塁の山を築くばかりのゼロ行進。しかし、この日の中沢には2回の援護だけで十二分だった。立ち上がりから安定した投球で横浜打線を翻弄した中沢は散発4安打のプロ初完封で2勝目。打っても3安打の猛打賞と投打に渡る大活躍だった。敗れた横浜はこれで4連敗。

◆M3−5H◆
ソフトバンクは初回、一死から本多の三塁打,オーティズの二塁打で1点を先制。3回には先頭の本多がヒットで出た後、オーティズがゲッツーに倒れるも、ここで小久保がレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、2点目。6回にはオーティズが四球で歩いた後、小久保,ハマのスペランカー,李,松田と4連打を浴びせて、3点を追加し、ロッテ先発・大嶺をKO。一方、ソフトバンク先発・杉内の前に7回まで毎回三振を喫していたロッテは8回、四球と内野安打で二死一、二塁とした所で井口にようやく今季初アーチとなる3ランが飛び出し、杉内をKO。しかし、ここで代わったファルケンボーグの前に金が打ち取られると、9回には守護神・馬原に反撃を断たれた。杉内は8回に息切れしたものの、13三振を奪う力投でハーラー単独トップに立つ5勝目をマークした

◆E11−2F◆
出戻り初勝利がなかなか掴めないカーライルは初回のピンチは辛くも切り抜けるが、続く2回、いきなり鉄平,牧田,草野と3連打を浴びるなど、3失点。3回には押し出し四球等で2点を失うと、4回には暴投にボークの一人相撲で6点目を失ってKOとまたも白星ならず。続く5回にも草野の3号2ランで2点を加えた楽天は8回にも牧田のタイムリー二塁打等でダメ押しの3点を追加。大量リードに守られた先発・ラズナーは8回まで散発3安打無失点と完璧な投球を展開。9回に2点を失い、完封こそ逃したものの、完投でようやく今季初勝利を果たした

◆Bs6−0L◆
西武先発・涌井に対し、偽バファローズは初回、先頭の坂口が粘った末にヒットで出ると、赤田のサードゴロの間に二進。続く後藤はサードゴロに倒れるも、中村のエラーで一、三塁となると、ラロッカの打席で涌井が暴投を犯して、労せずして1点を先制。涌井はこれでようやく目が覚めたか、以降は15人連続凡退に打ち取るなど、偽バファローズに追加点を許さない。7回には二死満塁とピンチを背負った所で降板となるが、代わった田中が坂口を打ち取り、ピンチ脱出。一方、開幕戦で完封して以来、不甲斐ない投球が続いていた偽バファローズ先発・金子は走者を出しながらも、要所を締める粘り強い投球で8回まで無失点。何とか金子を援護したい偽バファローズはその裏、赤田,後藤と連打を浴びると、一死後、北川の犠飛で待望の追加点。更に、四球と内野安打で満塁とした所で前田大が2年ぶりの一発となるグランドスラムをぶち込んで、試合を決定付けた。これで一気に楽になった金子は9回を三者凡退で切り抜け、今季2度目の完封で3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:10コメント(0)トラックバック(20) 

March 30, 2010

◆YB3−4G◆
開幕3連戦を負け越した巨人を焦らせる為にも何とか先手を取りたい横浜のバッテリーは清水−橋本の元ロッテコンビ。ロッテ時代の相性は決して良くはなく、橋本のFAでようやく離れられたと思いきや、清水がトレードで後を追って来てしまうと言う因縁めいた二人だが、この日は毎回の様にヒットを浴びながらも、7回まで阿部の一発による1点で凌ぐ粘り強いコンビネーションを発揮。一方、移籍初登板の藤井はその1点を6回まで守っていたが、7回、新助っ人・カスティーヨに来日初アーチとなる3ランを被弾。逆転された巨人はすかさず、8回に連打と寿司職人ラミレスの犠飛で同点。9回には2番手・山口から当ブログ一押し新助っ人・江戸川のヒットで口火を切ると、一死満塁から坂本の犠飛で勝ち越し。その裏、守護神・クルーンが二死から2人の走者を許すバタバタとした投球ながらも何とか逃げ切った。2番手・越智は今季初勝利。

3/30中沢◆S5−2D◆
照明の光をゴーグルに反射させて、打者の目を眩ませる様な姑息な手段でも使わないと、とてもプロでは通用しないヘッポコ投手と言う烙印を押される屈辱的な水島の呪いを受けて以来、2年間も白星から遠ざかっている山井川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したブランコの今季初アーチとなる2ランで先制点を貰ったにも拘わらず、青木の2打席連続タイムリーであっさり追い付かれ、四球連発でピンチを広げた挙げ句、藤本に2点タイムリーを許して勝ち越される始末。更に、4回にも田中にタイムリーを浴びて、あえなくKOとなり、またも白星はお預けとなった。ヤクルト先発のルーキー・中沢は2回以降は粘りの投球で、6回途中まで追加点を許さず、以降は3人のリリーフを仰いで、プロ初登板初勝利を手にした。

◆C3−6T◆
裏クリーンアップはまずまずなのに対し、表クリーンアップは壊滅的なブレーキの阪神だったが、この日は新井が先制タイムリーに始まり、2回に鳥谷,4回にはキュラソ星人と序盤で3人が打点をあげた。また、ブラゼルが2発,マット・マートンも来日初アーチと助っ人コンビの一発攻勢もあり、序盤から優位な試合運び。立ち上がりはピンチの連続で苦しんでいた先発・能見は尻上がりに調子を上げていき、広島打線を翻弄。8回からはメッセンジャーを挟んで、守護神・藤川球が締め、今季初セーブ。マット・マートン,ブラゼルの両助っ人で3発7安打を放ったのを初め、16安打と爆発した阪神打線だが、11個の残塁を量産する詰めの甘さには課題が残った。

◆L3−2H◆
前回、大炎上となった汚名を返上したいホールトンだったが、2回にG.G.佐藤に先制被弾。3,5回には中島に2打席連続タイムリーを許して、主導権を握られてしまう。一方、WBC使用球はからっきしだが、ナイターでのNPB使用球はお手の物な岸はただでさえ元気のないソフトバンク打席を手玉に取り、6回までノーヒットの快投。7回一死から長谷川に初安打を許すと、続く松田の2点二塁打で1点差と迫られるが、ここから崩れる事なく、明石,代打・柴原を連続三振に切って取り、ピンチ脱出。8回からは星野−藤田−シコースキーと繋いで、1点のリードを守りきった。ソフトバンクはここ2試合で僅か5安打。1度10安打を放ったものの、4試合前も2安打に終わるなど、打線の不振は深刻を極めている。

◆M6−1E◆
田中の力投でようやく初白星を掴み、流れに乗りたい楽天だったが、先発・永井が初回から金に犠飛を許して、先制点を献上。2回以降は踏ん張っていたが、6回に大松に2点二塁打,7回には荻野貴,井口と連続タイムリーを浴びて、大きく点差を広げられる有様。一方、ロッテ先発・唐川は8回まで無失点の好投を展開。完封まであと2人と言う所で中村紀にタイムリーを浴び、完封も完投も逃したものの、2勝目をマーク。ようやく今季初登板となった新守護神・小林は無難に2人の打者を抑えて、プロ入り初セーブを飾った。

◆F4−8Bs◆
本格的なブレイクが期待される糸数は初回を3人で切り抜けると、2回も簡単に二死を取るが、ティー岡田に痛打されてからおかしくなる。ここから満塁とピンチを広げた上、連続押し出し,赤田の走者一掃二塁打であっと言う間の5失点。ビッグイニングのきっかけを作ったティー岡田は続く3回に待望の今季初アーチを叩き込む。6点ビハインドで迎えた7回、日本ハムは高口のプロ初アーチとなる3ランで岸田をKOしたものの、反撃もここまで。ここから4人のリリーフ陣にかわされ、逃げ切られた。今季初先発の岸田は開幕2連勝。バットが湿っていたティー岡田は今季初の猛打賞だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:58コメント(0)トラックバック(41) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ