中村剛也

April 16, 2011

◆C4−2G◆
昨年、右肘手術の影響で未勝利に終わったリベンジに燃えるグライシンガー。初回から寿司職人ラミレスの2ランで先制して貰いながら、その裏、あっさり追い付かれると、2回にも梵のタイムリー等で2点を勝ち越され、あえなくKO。広島先発のジ・oも4回途中でマッスル千代の富士の打球を膝に受けて、負傷退場となるが、リリーフ陣の踏ん張りで2点のリードを守りきった。3回1/3を投げて、6安打浴びながら無失点と粘りのロングリリーフを見せた今村はプロ初勝利

◆D1−1T◆
小笠原が3回途中に左足ふくらはぎ痛で1人の走者も浴びないまま降板するアクシデントに見舞われた中日は序盤から小刻みに繋ぐ必死の継投。一方、阪神も1失点と好投のメッセンジャーに6回で代打を送って早くも継投モード。結局、両軍合わせて17投手を送り込む総力戦は延長11回に入った所で3時間半を越えた為、ドロー。阪神のドラ1ルーキー・榎田は2番手としてプロ初登板。2回を投げ、4人の走者を出しながらも、無失点で凌ぎきるまずまずのデビュー。その榎田からヒットを放った森野は史上263人目となる1000安打をマークした。

◆S6−6YB◆
そろそろ今季初白星が欲しいヤクルトは新助っ人・バレンティンの来日初アーチ等で7回までに4点のリードを奪うが、先発・村中が8回に入るや、4者連続出塁で3点を失い、KO。9回には今季初登板となった守護神・林を投入して、逃げきりを図るも、石川にタイムリーを浴びて同点。結局、3時間半ルールにより、延長に入らず引き分けとなり、ヤクルトの初白星はまたもお預け。

4/16摂津◆H4−9L◆
中継ぎから配置転換となった摂津がプロ初先発。オープン戦では快投の連続で大いに期待がかかったが、初回からいきなり3連打の後、中村に被弾とあっと言う間の4失点。1点差まで詰め寄って貰い、立ち直りかけたのも束の間、5回にまたも中村に3ランを浴び、失意の8失点KO。今季まだ登板がなかった為、調整登板となった守護神・馬原も四球連発でKOされる惨憺たる内容だった。

◆F6−7M◆
ロッテ先発・渡辺俊が初回から大乱調でD.ハッセルホフに被弾するなど、いきなりの4失点。その後も立ち直る事なく4回もたずに6失点KO。しかし、ジリジリ追い上げるロッテは6回にケッペルをKOすると、7回には立て続けの送りバント失敗でやむなく強行に切り替えた今江が今季初アーチとなる2ランが飛び出して逆転に成功。最後は薮田が締めて逃げきった。

◆E2−1Bs◆
早くも単独首位に立った楽天はこの日も先発・永井が4回まで無失点に抑える好投を展開すると、5回に松井稼の走者一掃の2点タイムリー二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。ティー岡田の2号ソロで1点差と詰め寄られるが、最後はスパイアーが三者三振の快投で締め括り、首位の座をキープした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:36コメント(0)トラックバック(7) 

September 25, 2010

◆S2−3G◆
ヤクルト先発・村中に対し、巨人は初回、2四球で一死一、二塁とすると、寿司職人ラミレスがレフト前へ先制のタイムリー。なおもチャンスは続いたが、阿部,松田記者と連続三振に倒れて、1点止まり。その裏、ヤクルトは先頭の青木がヒットで出るも、送りバントを仕掛けた田中がまともに転がしてしまい、青木は二塁で封殺。続く畠山もヒットでチャンスを広げたが、ホワイトセル,飯原と倒れて、二者残塁。続く2回には相川,宮本と連打を浴びせると、鬼崎がファーストゴロの間に相川が一気に本塁を狙って憤死し、またも無得点。0−1の儘、迎えた5回、巨人は坂本がヒット,矢野が田中のエラーで出ると、二死一、三塁となった所で阿部が振り逃げで生き、この間に坂本が返って、2点目を追加。更に、松田記者が歩いて、満塁とするも、代打・大道がライトへ打ち上げて、三者残塁。藤井はその裏、簡単に二死を取るも、ここで青木に痛打されると、若大将・原監督は前回同様、勝利投手の権利獲得目前で藤井の白星を剥奪し、MICHEALにスイッチする理不尽継投を展開。この回は抑えたMICHEALだったが、続く6回、一死からデントナ,飯原と連打され、二、三塁のピンチを作ったKO。3番手・久保は代わりばな相川に2点タイムリーを浴び、試合は振り出しに。追い付かれた巨人は直後の7回、一死から寿司職人ラミレスがバックスクリーンへ44号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。1点を追うヤクルトは8回、二死一、二塁のチャンスでこの日2安打で200安打にリーチをかけた青木に回り、タイムリーの期待が懸かるが、結果は死球。それでもチャンスは満塁と広がったが、田中が簡単に初球を叩いてセカンドゴロに終わり、三者残塁。9回は守護神・クルーンが珍しく危なげない投球で三者凡退に斬って取り、巨人が辛くも逃げきり。4番手の山口は1回無失点で8勝目がついた

◆YB7−9D◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた2回、中日は二死二塁から荒木のタイムリーで勝ち越すと、続く藤井がタイムリー三塁打を放ち、3点目。3回には故障を押してスタメン出場を直訴したブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに31号ソロを叩き込むと、4回には二死一塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに37号2ラン。更に、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の32号ソロをぶち込んで、この回3点。大量6点リードを貰った中日先発・山本昌だったが、その裏、村田に24号2ランを被弾すると、5回には松本にプロ初アーチとなる2ランを浴び、勝利投手の権利まであと二人まで迫りながら、無念のKO。突き放しておきたい中日は8回に堂上直のタイムリー二塁打、9回には森野のタイムリーで1点ずつ追加。8回から登板の浅尾が続投となった9回に2点を失ったものの、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げきった。2番手・寝損は1回2/3をパーフェクトに抑え、4勝目。浅尾はプロ野球新記録の47ホールド目。敗れた横浜は3年連続の最下位が確定した。

◆T8−3C◆
デーゲームで中日に勝たれてしまい、この試合を落とすとマジックを点灯させてしまう阪神は先発・メッセンジャーが初回から二死一、二塁のピンチを背負うと、嶋にタイムリーを浴び、先制点を献上。しかし、その裏、阪神は一死から平野,鳥谷と連打すると、新井がレフトスタンドへ19号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。3回には二死二塁、5回には一死一、二塁のチャンスを掴むも、あと一本が出ず、追加点を奪えない。一方、広島も6回一死一、二塁のチャンスに嶋,ルパン広瀬が打ち上げてしまい、点差が縮まらない。すると、その裏、阪神は一死一、二塁から坂が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、続く代打・林もセンター前に弾き返して、3点を追加。続く7回にはブラゼルのタイムリー等で2点を加え、ダメ押し。メッセンジャーは5回1/3を1失点で降板となったが、リリーフを仰いで、5勝目を手にした

9/25杉内◆F0−1H◆
デーゲームで西武が勝った為、この日の優勝がなくなったばかりか、敗れれば、2位転落となるソフトバンクは初回、難敵・ダルビッシュの立ち上がりの悪さを突き、二死満塁と絶好の先制チャンスを掴むが、ペタジーニが見逃し三振に倒れて、無得点。8月21日以来、白星から遠ざかっているソフトバンク先発・杉内は丁寧な投球で日本ハム打線を翻弄し、6回まで無失点の好投を展開。何とか杉内を援護したいソフトバンクは7回、一死から死球を食らった長谷川を田上が送ると、ここで川崎がレフト前へタイムリーを放ち、ついに待望の先制点をゲット。その裏、日本ハムは一人で気を吐く小谷野がこの日3本目のヒットで出塁するも、糸井,陽,トンガと打ち取られ、一塁に釘付け。土壇場9回には劇団ひちょりのヒット,小谷野の四球で一死一、二塁とするも、糸井がセカンドゴロゲッツーに打ち取られ、ゲームセット。杉内は散発5安打完封で約1ヶ月ぶりの16勝目。ソフトバンクはマジックを1つ減らし、ついに優勝に王手をかけた。

◆E2−3L◆
勝ってナイターのソフトバンクにプレッシャーをかけたい西武だが、初回から二死満塁のチャンスを潰すと、2回にも一死二塁のチャンスを生かせず、気合いが空回りするばかり。しかも、その裏、先発・帆足がルイーズに12号ソロを被弾し、先制点を献上してしまう。1点を追う西武は5回、栗山のタイムリーでようやく同点とすると、続く5回には先頭の中村がレフトスタンドへ22号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。中村は8回にも2打席連続となる23号ソロを放ち、貴重な3点目を追加。土壇場9回、7回からロングリリーフの岸に対し、楽天は一死から山崎がヒット,ルイーズが四球で出て、一、二塁とすると、牧田のタイムリー二塁打で1点差。しかし、内村をルイーズの代走で使ってしまい、この日3タコ2三振の1割打者・中川をその儘、打席に送らなければならない壊滅的な駒不足が響き、中川はクソボールに手を出してあえなく三振。嶋が敬遠されて満塁となった所で枡田もどん詰まりのピッチャーゴロに倒れ、万事休す。辛くも逃げきった西武はこの日のソフトバンクの優勝を阻止し、逆転Vへ望みを繋いだ。2番手の長田は2回2/3をパーフェクトに抑える好リリーフで5勝目

◆Bs2−6M◆
球団タイの14連勝を狙う偽バファローズ先発・金子千は3回まで無失点とまずまずの立ち上がりわ見せていたが、4回、井口に二塁打,金にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続くフクーラにも痛打されると、西後、清田を歩かせて満塁となった所で的場,西岡と連続タイムリーを許して、まさかの4失点。6回には一死一、二塁のピンチでまたも的場にタイムリーを浴び、あえなくKO。代わった古川も西岡にタイムリーを許し、点差は6点に拡大。その裏、偽バファローズは荒金のタイムリー二塁打でようやく1点を返したものの、後藤,カブレラと連続三振で1点止まり。9回にもティー岡田の犠飛で1点を返したが、後が続かず、Aクラス入りが絶望的になってきた。ロッテ先発・成瀬は6回を2安打1失点の好投で12勝目西岡は第3打席のタイムリーで史上5人目の200安打を達成し、第4打席のタイムリーで鈴木一朗を上回ってプロ野球新となるシーズン27度目の猛打賞を記録した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(12) 

September 12, 2010

◆G5−1C◆
広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤に対し、巨人は初回、坂本がレフトスタンドへ29号先頭打者アーチを叩き込むと、一死後、ガッツもレフトスタンドへ32号ソロを放り込み、この回2点。5回には先頭のゴンザレスが歩くと、二死後、ガッツがヒットでチャンスを広げた所で寿司職人ラミレスがタイムリーを放ち、1点を追加。直後の6回、広島は木村がヒットで出ると、続く天谷がタイムリー二塁打を放ち、巨人先発・ゴンザレスをKO。更に、嶋が死球を食らい、一、二塁とするも、ルパン広瀬はファーストへのファールフライ。石井タクロー,代打・求道者・前田と連続三振を喫して、1点止まり。その裏、巨人は2四死球で二死一、二塁のチャンスで投手の山口に代打を送り込むと、山口は見事にレフト前に弾き返して、チャンスを広げ、続く坂本のタイムリー二塁打で貴重な2点を追加。8回途中からは越智−クルーンとパーフェクトリレーを見せ、広島を3タテ。ゴンザレスは5回0/3を1失点で凌ぎ、5勝目を挙げた

◆D5−2YB◆
中日は初回、荒木の内野安打,大島の二塁打で無死二、三塁とすると、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ20号先制3ラン。3点を追う横浜は4回、先頭のハーパーが二塁打を浴びせると、二死後、カスティーヨが17号2ランを放ち、1点差。しかし、その裏、中日は先頭の藤井が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチをぶち込み、1点を追加。5回一死満塁,6回二死二塁のチャンスは逃したものの、7回、一死二塁から森野がこの日4安打目となるタイムリーを放ち、ダメ押しの1点を追加。8回は浅尾が無失点に抑えて、日本新の56HPを達成。最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げきった。先発・中田賢は6回を2失点で6勝目をマーク

9/12秋山◆T5−0S◆
初回、阪神は一死から平野がライト前へ弾き返すと、鳥谷が先制のタイムリー二塁打。続く新井もレフト前へタイムリーを放つと、ブラゼルもヒットで続いたが、キュラソ星人,J.マッケンジーと打ち取られ、2点止まり。2回以降、ヤクルト先発・村中の粘りの投球の前に追加点を挙げられずにいたが、7回、二死三塁から投手の秋山がレフト前へプロ初打点となるタイムリーを放つと、マット・マートン,平野も連打に青木のエラーが重なり、1点を追加。8回にはJ.マッケンジーのタイムリー二塁打でダメ押しの5点目。先発・秋山は散発4安打無四球と三塁も踏ませぬ好投でヤクルト打線を封じ込め、プロ初完投初完封で3勝目を飾った

◆H2−0F◆
8月1日以来の先発となる八木は初回、一死二塁のピンチは切り抜けたが、続く2回、先頭のハマのスペランカーに二塁打を浴びると、その後、2四球を許して、二死満塁のピンチ。ここで川崎に押し出し死球を食らわせて、先制点を献上。続く本多は打ち取り、被害を最小限に留めたものの、精彩を欠く投球におかんむりの梨田監督はこの回限りで早くも八木に降板指令。2番手・榊原は3,4回と無失点の好投を見せていたが、5回、二死から本多に右中間突破の二塁打を浴びると、続くオーティズにタイムリーを許して、2点目を献上。ソフトバンクは7回二死一、二塁,8回二死満塁のチャンスを逃したものの、ファルケンボーグ,馬原と繋ぐ必勝パターンが決まり、二塁すら踏ませない完封リレーを達成。先発・大隣は7回を無四球2安打無失点の快投で4勝目を挙げた

◆L14−3M◆
何とか西武の独走を阻止したいロッテは初回、フクーラの走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。しかし、その裏、西武は栗山のタイムリーで1点を返すと、一死一、三塁から中村が20号3ランを叩き込み、一気に逆転。1点ずつ取り合って迎えた3回裏には阿部がタイムリーを放つと、4回には高山が10号グランドスラムをぶち込み、10点目。更に、7回には大島が2号2ランを叩き込むと、8回にも代打・平尾の走者一掃タイムリー二塁打で2点を加え、ダメ押し。先発の帆足は尻上がりに調子を上げて、8回を3失点で切り抜け、11勝目。西武はこれでマジックを1つ減らして、7とした。

◆E9−4Bs◆
偽バファローズは初回、四球の坂口を森山が送ると、二死後、カブレラがレフト前へ先制タイムリー。北川が二塁打で続き、二、三塁となった所でバルディリスがレフトスタンドへ13号3ランを放り込み、早くも4点のリード。しかし、その裏、楽天は聖沢の3号先頭打者アーチで1点を返すと、続く2回には二死から枡田が歩くと、3連打で1点差と詰め寄り、偽バファローズ先発・近藤をKO。4回には一死一、三塁から鉄平が同点犠飛を打ち上げると、続く山崎が歩いた所で草野にタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。勢いが止まらない楽天は6回には鉄平が9号2ラン,7回には渡辺のタイムリー三塁打,8回にも西村のタイムリー三塁打で着々と加点。初回こそ炎上したラズナーだが、2回以降は立ち直り、6回まで追加点を許さず、5勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:04コメント(0)トラックバック(27) 

September 10, 2010

◆G5−4C◆
優勝戦線に踏み留まる為にも下位相手に取りこぼしは許されない状況の巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスがレフトオーバーの二塁打を浴びせると、阿部のセカンドゴロで三進。江戸川が歩いて、一、三塁となった所で矢野がライト前へ先制タイムリー。直後の3回、二死三塁からヒューバーのタイムリーで追い付かれるが、その裏、坂本,ガッツのヒット,寿司職人ラミレスの四球で二死満塁とした所で江戸川がライト前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。6回には先頭の阿部が39号ソロを叩き込み、4点目。3点を追う広島は8回、3番手・越智に対し、先頭の赤松が内野安打で出ると、一死後、ルパン広瀬が12号2ランを放り込み、1点差。更に、この後、代打・嶋の四球,小窪のヒットで二死一、二塁とチャンスを広げたが、代打・栗原がサードゴロに倒れて、同点ならず。しかし、粘る広島は土壇場9回、二死満塁のチャンスに嶋がセンター前へ同点タイムリー。二塁走者・ヒューバーも一気に勝ち越しのホームを狙ったが、松本の好返球の前に憤死し、延長に突入した。迎えた10回、この回から代わった広島4番手・横山に対し、巨人は先頭のガッツがライトスタンドへ31号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ち。1回を3人で抑えたクルーンに4勝目がついた。

9/10浅尾◆D1−0YB◆
中日先発・岩田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた横浜は4回、内川がチーム初安打を放つと、二死後、村田が歩いて、一、三塁としたが、スレッジがピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。その裏、中日は大島の二塁打,ベンちゃんの四球で一死一、三塁とするも、ブランコがサードゴロゲッツーを食らって、無得点。横浜は6回、二死から連続四球で一、二塁としたものの、またもスレッジがセカンドゴロに打ち取られ、二者残塁。中日は7回、二死満塁と絶好のチャンスに代打・野本が三振に斬って取られ、こちらも先制点が奪えない。しかし、8回、岩崎達が四球,荒木がエラーで出ると、大島が送って、一死二、三塁となった所で森野がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに虎の子の1点を先制。土壇場9回、またもや回の頭からではなく、浅尾に右の村田を打ち取らせてから、引っ張り出される嫌がらせ采配を受けた岩瀬だったが、、12年連続50試合登板となるこの日は残り2人をピシャリと締めて、完封リレーを達成。これで中日は148日ぶりに単独首位に返り咲き。1回1/3を無失点に抑えた2番手・浅尾に10勝目が転がり込み、プロ野球タイ記録の55HPを達成した

◆T4−7S◆
阪神は初回、一死から平野がヒットで出ると、鳥谷のファーストゴロで二死二塁となった所で新井が先制のタイムリー二塁打。続く2回にはキュラソ星人,J.マッケンジーの連打で一、二塁とすると、二死後、マット・マートンがライト前へタイムリーを放ち、1点を追加。2点を追うヤクルトは3回、二死走者なしから飯原が15号ソロを叩き込み、1点差。4,6回とゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていたが、7回、先発・ソニックから代わった2番手・福原に対し、先頭の畠山が12号同点アーチ。続く相川が二塁打を浴びせると、宮本がライト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、一死満塁から田中のショートゴロの間にも1点を加え、この回3点。続く8回には宮本のタイムリー二塁打等で2点を追加。その裏、新井のタイムリーで1点を返されるが、9回、武内がタイムリーを放って、ダメ押しの7点目。その裏、阪神は坂の2号ソロで1点を返したものの、後が続かず、首位陥落となった。ヤクルト先発・石川は6回2/3を2失点に抑え、9連勝となる11勝目

◆H1−2F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死から陽がレフト前へチーム初安打を浴びせると、連続四死球で満塁のチャンス。ここで稲葉はショートゴロに倒れるが、この間に陽が先制のホームイン。毎回ヒットを浴びせながら、あと一本が出ずにいたソフトバンクだが、4回、長谷川,小久保,ハマのスペランカーとクリーンアップの3連打で同点。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人であえなく凡退し、勝ち越しならず。6回、日本ハムは一死一、二塁のチャンスにトンガ,高口と凡退し、二者残塁。その裏、ソフトバンクも一死一、二塁のチャンスに代打・柴原が最悪のセカンドゴロゲッツー。7回以降は両軍ノーヒットに終わり、1−1の儘、延長にもつれ込んだ。10回、今季無敗を誇る守護神・馬原に対し、日本ハムは四球の大野を陽が送ると、田中のヒットで一、三塁。ここで劇団ひちょりがスクイズを決めて、ついに勝ち越しに成功。その裏、守護神・武田久が3人で締めて逃げきった。3番手・榊原は2回をパーフェクトに抑え、8勝目

◆L12−8M◆
3回、西武は四球の阿部を上本が送ると、片岡のショートへのタイムリー内野安打で1点を先制。しかし、直後の4回、ロッテは先頭の西岡が歩くと、清田,井口と連打を浴びせて、同点。なおも一、二塁のチャンスでフクーラが12号3ランを叩き込むと、続く今江もレフトスタンドへ8号ソロを放り込み、一気に4点を勝ち越し。西武は6回、一死一、三塁から片岡の犠飛で1点を返すと、続く6回にはフェルナンデスの8号2ラン,中村の18号ソロと連続アーチで一気に同点。それも束の間、直後の7回、ロッテは大松のヒット,代打・角中の四球で一死一、二塁とした所で西岡が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。しかし、その裏、西武はフェルナンデスの2点二塁打であっさり追い付くと、なおも二死二塁の場面が中村が2打席連続の19号2ランをぶち込んで、ついに勝ち越し。8回にフクーラのこの日2本目となる13号ソロで1点差とされるも、その裏、片岡が11号3ランを放り込み、試合を決定付けた。1回1失点の4番手・藤田は6勝目。ロッテは3連敗で自力優勝が消滅した。

◆E1−5Bs◆
初回、偽バファローズは楽天先発・川井の制球難に付け込み、二死満塁のチャンスを掴むと、バルディリスがレフト前へ先制の2点タイムリー。3回には二死二塁からカラバイヨのタイムリーで1点を追加すると、4回には連打で一、三塁とした所で森山のファーストゴロの間に4点目。7回には二死走者なしから、バルディリスがレフトスタンドへ12号ソロを叩き込み、ダメ押し。楽天は8回に山崎のタイムリーで完封を免れるのが精一杯だった。偽バファローズはれで3連勝。先発・中山は7回1/3を1失点で切り抜け、3勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(14) 

September 05, 2010

◆D3−1G◆
3タテは何としても阻止したい巨人は勝ち頭の東野に全てを託すが、初回一死から大島を歩かせると、二死後、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに33号2ランを被弾し、先制点を献上。直後の2回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスが二塁打で出ると、阿部のセンターフライで三進。ここで久々にスタメン起用されたマッスル千代の富士がセンターへ犠飛を打ち上げ、1点差。しかし、その裏、東野は堂上直に頭部死球を食らわせて、早くも退場処分となる大失態。緊急登板となった2番手・星野は4回まで無失点で切り抜ける好リリーフを見せるが、巨人打線は4回二死一、二塁,5回二死一、三塁のチャンスを悉く逃して、あと1点が一向に届かない。すると、その裏から登板の3番手・山口が2本の内野安打で二死一、二塁のピンチを作った所でブランコにタイムリーを浴びて、3点目を献上。以降、巨人は8回までノーヒットと抑え込まれて、2点差の儘、土壇場9回へ突入。一死から登板した守護神・岩瀬に対し、二死後、マッスル千代の富士の四球,江戸川のヒットで一、二塁と長打が出れば同点のチャンスを作るが、最後は代打・矢野がショートゴロに打ち取られ、ナゴヤドーム9連敗とワースト記録をまたも更新した。中日先発・中田賢は8回を1失点の好投で5勝目。また、2番手・浅尾は藤川球の記録を破る21戦連続ホールドポイントの日本記録を樹立した

9/5藤川球◆C5−11T◆
中日の猛追で首位陥落の危機に立たされた阪神は3回、一死から投手の秋山が自ら活路を開くセンター前ヒットで出ると、マット・マートンも続いて、一、二塁となった所で藤川俊がレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。更に、鳥谷が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、二死後、ブラゼルがライトスタンドへ41号2ランを放り込み、この回一挙5点。続く4回には二死一、二塁から藤川俊,鳥谷と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。初回先頭打者の梵がヒットで出た以降、6回までノーヒットと沈黙していた広島だが、7回、天谷,栗原と連打を浴びせると、一死後、ルパン広瀬が11号3ラン。更に、岩本がエラーで出ると、二死後、会沢がプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、3点差まで詰め寄った。しかし、阪神は8回、マット・マートンのタイムリーで1点を追加すると、9回にも4連打とマット・マートンの犠飛で3点を挙げて、ダメ押し。8回途中からマウンドに上がっていた守護神・藤川球は続投した9回も無難に抑え、史上10人目となる通算150セーブを達成。阪神はデーゲームの連敗を9で止め、首位の座を死守した。秋山は6回1/3を3失点で2勝目

◆YB6−6S◆
初回、横浜はヒットの内川を石川が送った所でハーパーがライトスタンドへ15号先制2ラン。二死後、スレッジが二塁打を浴びせると、カスティーヨも15号2ランを叩き込み、この回4点。直後の2回、ヤクルトは二死走者なしから相川,宮本,川端の3連打で1点を返すと、早くも先発・中沢に代打・ユウイチを起用し、これが見事に的中。ユウイチはセンター前にタイムリーを浴びせると、青木の2点タイムリー二塁打で同点。更に、田中もタイムリーと6連打で一気に逆転に成功。しかし、その裏、横浜は連打と犠打で一死二、三塁となった所でハーパーがライトへ同点犠飛。続く3回には一死からカスティーヨが二塁打を浴びせると、続く下園がレフト前へ勝ち越しタイムリー。4回以降、両軍ゼロ行進が続き、6−5の儘、土壇場9回へ突入。8回途中からマウンドに上がっていた守護神・山口に対し、ヤクルトは先頭の飯原が二塁打を浴びせると、一死後、福地もレフト前に弾き返して、一、三塁。ここで相川がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。その裏、横浜は二死から内野安打で出た石川が二盗を決めると、藤田のライト前ヒットで本塁へ突入するが、飯原の好返球の前に憤死し、延長にもつれ込んだ。ラストイニング12回、ヤクルトは二死満塁と絶好のチャンスに荒木がセカンドゴロに倒れて、この日の勝ちが消滅。その裏、横浜も連打で無死一、二塁とした所で武山がピンチバンターで出て来たにも拘わらず、ヘッポコバントでゲッツーを食らう体たらく。続くカスティーヨもサードゴロに終わり、結局、12回規定によりドローとなった。

◆Bs2−4H◆
偽バファローズの先発はプロ初登板となる高卒ルーキー・山田。先手を取って山田を楽に投げさせたい偽バファローズは初回二死から後藤,カブレラの連打で作ったチャンスにティー岡田が先制のタイムリー二塁打。先制点を貰った山田だが、直後の2回、一死二塁から江川に同点タイムリーを浴びると、3回にも二死一、二塁のピンチ。ここは松中を打ち取り、何とか切り抜けたものの、この回限りで無念の降板となった。1−1で迎えた6回、偽バファローズは一死一、二塁から山崎浩のタイムリーで勝ち越すも、直後の7回、ソフトバンクも松田の18号ソロですかさず追い付き、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ソフトバンクは先頭の代打・ペタジーニがヒットで出ると、田上がきっちり送って、一死二塁。二死後、本多の内野安打,代打・ハマのスペランカーの死球で満塁となった所で主砲・小久保が2点タイムリー二塁打を放ち、ついに勝ち越し。その裏から登板の尾番手・摂津が3人でピシャリと抑えて守りきった。5番手の守護神・馬原は2回を無失点に抑え、無傷の5連勝

◆M5−1F◆
ロッテ先発・コーリーの制球難をつき、初回、3四死球で二死満塁と絶好の先制チャンスを掴んだ日本ハムだが、よりにもよって、ここで恐怖の残塁量産マシンの名を欲しい儘にするあの男に打席が回ってしまい、案の定、レフトフライに倒れる本領発揮ぶりで三者残塁。すると、その裏、ロッテは二死一、二塁からフクーラのタイムリーで先制。続く2回には連続四球と犠打で二、三塁とした所で西岡が走者一掃のタイムリー二塁打。更に、3回には一死満塁から的場が犠飛を打ち上げ、4点目。直後の4回、田中のタイムリーで1点を返されるが、その裏、金の犠飛で1点を追加し、再び4点差に拡大。日本ハムは7回、劇団ひちょり,小谷野,糸井のヒットで一死満塁と一発が出れば一気に同点の大チャンスを作るが、よりにもよって、ここで怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しい儘にするあの男に打席が回ってしまい、案の定、三振に倒れる本領発揮のチャンスブレイク。これで士気を削がれたトンガも三振に倒れて、またも三者残塁。最後は守護神・小林宏が三者凡退に斬って取り、日本ハムの反撃を断ちきった。コーリーは制球に苦しんだものの、5回を1失点で食い止め、3勝目を挙げた

◆E5−6L◆
西武は初回、二死三塁から大島のタイムリーで1点を先制。3回に鉄平のタイムリーで追い付かれるも、直後の4回、二死走者なしから高山,上本,原,片岡と4連打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。楽天先発・岩隈はこの回限りで降板となった。しかし、昨日同様に粘りを見せる楽天は5回、連打で作ったチャンスに内野ゴロ2つで2点を返し、1点差。6回に高山の9号ソロで突き放されるも、その裏、二死一、二塁から代打・草野が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、ついに同点。同点の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板の小山に対し、西武は一死から中村が3戦連発となる17号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。その裏、前夜、大逆転サヨナラ負けを喫した守護神・シコースキーが三者凡退に斬って取り、雪辱を晴らした。3番手の藤田は1回無失点で5勝目をマーク

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:51コメント(0)トラックバック(11) 

May 25, 2010

◆YB8−0H◆
立ち上がりから制球の定まらないソフトバンク先発・岩崎は一死一、三塁のピンチで村田に先制タイムリーを浴びると、更に、スレッジを歩かせ、満塁のピンチ。カスティーヨは浅いセンターフライに打ち取るも、続く下園も歩かせて、押し出しで2点目を献上。2回には二死二塁から内川にタイムリーを浴び、この回限りでKOとなった。2番手・陽は4回を無失点と好リリーフを見せるが、7回から登板の3番手・甲藤が大乱調。一死から藤田,内川,村田と3連打を浴びて1点を失うと、スレッジにはレフトスタンドへ12号2ランを被弾。横浜は8回にも藤田のタイムリーで2点を加え、試合を決定付けた。先発の清水は毎回の様に走者を背負いながらも連打を許さない粘りの投球を展開し、移籍初完投初完封で5勝目を飾った

5/25小野◆T8−0M◆
左臀部痛が癒え、約1ヶ月ぶりの復帰となったロッテ先発・小野は初回、平野,藤川俊と打ち取り、簡単に二死とするも、ここから新3番のマット・マートンに二塁打,新井にタイムリーを浴びて、先制点を献上。更に、ブラゼルのピッチャー強襲安打で右肩に打球を食らい、無念の降板。緊急登板の2番手・川越も代わりばな、J.マッケンジーに死球を許して、満塁とすると、鳥谷,桜井と連続タイムリーを浴びて、この回4失点。2回には一死から藤川俊,マット・マートン,新井の3連打で2点を失うと、4回には一死二塁からブラゼル,J.マッケンジーと連続二塁打で8点目を献上。阪神は7回から西村−江草−杉山と1回ずつ抑えて、完封リレーを達成。先発のスタンリッジは6回無失点の好投で2勝目

◆C7−10L◆
初回、ヒットで出た栗山が二盗に失敗、2回には一死一、二塁から平尾がゲッツーと攻めあぐねていた西武だが、3回、二死満塁のチャンスに中村が13号グランドスラムをぶち込んで、一気に4点を先制。広島先発・岸本はこの回限りで降板となった。その裏、梵のタイムリー二塁打で1点を返されるが、4回、ミャオのタイムリー,小窪のタイムリーエラーで2点を追加すると、5回にはブラウンの11号2ランで8点目。ワンサイドゲームになると思いきや、広島は7回に小窪のタイムリーで1点を返すと、8回には二死二塁からルパン広瀬のタイムリー,栗原の6号2ランで3点を追加。更に、内野安打と連続四死球で満塁とした所で満を持して代打に起用された求道者・前田がレフト前へ打率3割台へと乗せる会心の2点タイムリーを放ち、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、ここで代わったシコースキーに対し、先頭打者として代打に起用されてから打者一巡で2度目の打席が回ってきた迎が三振とこの回一人で2個目のアウトを稼いでしまい、同点ならず。辛くもピンチを免れた西武は9回、G.G.佐藤のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。その裏、引き続きマウンドに上がったシコースキーが3人で締めて、逃げ切った。先発のミャオは7回を2失点で3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(4) 

May 07, 2010

◆D2−1S◆
初回から二死一、二塁のチャンスを逃した中日は3回にも二死一、二塁のチャンスにブランコが三振に倒れて、二者残塁。一方、ヤクルトも4回二死一、二塁のチャンスに宮本が凡退。両軍無得点の儘、迎えた5回、中日は先頭の谷繁が二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で岩崎達がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく均衡を破る先制点をゲット。中日先発・中田賢の前に6回まで2安打と沈黙していたヤクルトだが、7回、二塁打のデントナを三塁へ進めた所で4回のチャンスを潰した宮本がライト前へ同点タイムリー。1−1で迎えた土壇場9回裏、中日は先頭の森野がヒットで出るも、続くブランコのセンターへの大飛球で大きく飛び出し、戻りきれずに刺される大チョンボ。これで延長にもつれ込むかと思いきや、ここからベンちゃんが歩くと、大島のヒット,英智の死球で二死満塁。ここで谷繁がライト前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。9回に登板し、3人で締めた浅尾に2勝目がついた。ヤクルトは3番手・押本を引っ張り過ぎたのが失敗し、今季2度目の5連敗。

◆T10−6C◆
前回、プロ初完封を成し遂げた広島先発・青木高だが、この日は立ち上がりから大乱調。初回、いきなり一死満塁のピンチを背負うと、J.マッケンジーに7号グランドスラムを被弾。3回には鳥谷,新井の連打で無死二、三塁のピンチを作り、内野ゴロの間に5点目を献上。5点を追う広島は5回、赤松,倉,代打・会沢の3連打で1点を返すと、一死後、梵がタイムリー。更に、二死後、栗原がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差と詰め寄り、阪神先発・フォッサムをKO。継投モードに入った阪神は渡辺−西村と繋ぎ、8回から久保田を投入するが、これが裏目。代わりばな天谷に痛打されると、栗原に逆転4号2ランを被弾。しかし、粘る阪神はその裏から登板の高橋に対し、連打と四球で一死満塁とすると、代打・矢野がレフト前へ同点タイムリー。なおも満塁のチャンスにマット・マートンが7号グランドスラムを叩き込み、一気に勝ち越し。最後はセーブのつかない場面ながらも、マウンドに上がった守護神・藤川球が3人でピシャリと締めて、ゲームセット。一時は逆転弾を浴びた久保田に3勝目が転がり込んだ

5/7涌井◆H0−4L◆
西武は初回、二死走者なしから中島がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く中村がレフト前へ先制のタイムリー。3回にはヒットの佐藤を片岡が送ると、二死後、中島がレフト前へ弾き返して、佐藤が2点目のホームイン。更に、5回には一死から佐藤,片岡,栗山の3連打で1点を追加すると、中島が歩いて満塁となった所で、またも中村がタイムリーを放ち、4点目。立ち上がりから、ソフトバンク打線に全く付け入る隙を許さない西武先発の涌井は8回まで2四球を許しただけのノーヒットピッチング。快挙の期待が懸かった9回、先頭の李にレフトオーバーの二塁打を浴び、ノーヒットノーランは逃した涌井だが、動揺する事なく後続3人を打ち取り、1安打完封で4勝目をマークした。西武は3連勝で単独首位に浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(10) 

April 27, 2010

◆D0−8G◆
首位打者&盗塁王の松本が戦線離脱する非常事態に見舞われた巨人は2番に脇谷、センターに長野,ライトに亀井を入れる新オーダーで臨むと、これが初回から的中。先頭の坂本がいきなり三塁打を浴びせると、新2番・脇谷がライト前へ先制タイムリー。更に、2四球で二死満塁とした所で長野が2点タイムリーを浴びせて、この回3点。5回には一死一、二塁から寿司職人ラミレス,阿部の連続アーチで一挙4点を奪い、中日先発・あちゃくらさんはこの回限りでKO。8回には日本一高価な代打要員・李が3号ソロをぶち込んでダメ押しの8点目。投げては藤井−久保−星野と繋いで散発5安打完封リレーで6連勝。藤井は一発病が顔を出す事もなく、7回を無失点と終始安定した投球で5度目の先発でようやく移籍初勝利を手にした

◆S−T◆
降雨中止。

◆C3−0YB◆
今季、未だに白星のないランドルフだが、丁寧な投球で広島打線を翻弄し、7回まで無失点。しかし、ランドルフの前に立ちはだかったのが好調・前田健。前田健は8回まで散発3安打と三塁も踏ませぬ投球で横浜打線に付け入る隙を許さない。ついに根負けしたランドルフは8回、一死一、二塁のピンチを迎えると、東出に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴び、無念のKO。広島は更に、栗原のタイムリーで1点を追加。9回からは抑えのシュルツが締めて、完封勝ち。前田健は8回無失点で4勝目をあげ、防御率1位に躍り出た

◆H3−2E◆
楽天は初回、二死走者なしから鉄平,山崎の連続二塁打で先制。その後、楽天は2回無死二塁,3回一死一、二塁,4回無死一塁のチャンスを悉く逸する拙攻続き。すると、その裏、ソフトバンクはオーティズ,小久保の連打の後、松中がレフトへ同点犠飛。続く5回にはヒットの長谷川を二塁に置いて、川崎が2号2ランを放ち、勝ち越しに成功。2点を追う楽天は6回、先頭の山崎が4号ソロを叩き込み、1点差と詰め寄るが、反撃もここまで。ソフトバンクは7回からは甲藤−摂津−馬原とノーヒットリレーを展開し、1点のリードを守りきった。先発のホールトンは6回で10人の走者を許しながらも2失点で切り抜けて3勝目

4/27増井◆F1−0Bs◆
日本ハム先発のルーキー・増井が5回まで1安打と素晴らしい立ち上がり。一方、偽バファローズ先発・岸田も負けじと4回まで四球1つ出しただけのノーヒットピッチングを見せていたが、5回、先頭の小谷野に初安打となる二塁打を浴び、この日初めてのピンチ。一死三塁となった所で稲葉をセカンドゴロに打ち取るも、これを来日初スタメンに起用された謎の新助っ人・バイナムがエラーし、先制点を献上。待望の先制点を貰った増井は7回まで投げきると、8回からは宮西−谷元−建山と繋いで、完封リレーを達成。増井は7回を1安打無失点の快投でプロ初勝利を掴んだ。偽バファローズはこれで3連敗。

◆L3−1M◆
両軍共に塁上を賑わせながら、あと一本が出ず、試合は0−0の儘、5回に突入。ロッテは先頭の里崎が四球を選ぶと、今江の犠打で二進。二死後、荻野貴がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく1点を先制。追いかける西武は6回、二死走者なしから16日ぶりにスタメン復帰の中島がヒットで出ると、続く中村がレフトスタンドへ7号2ランを叩き込み、逆転に成功。8回には3つの四球で貰った二死満塁のチャンスに高山がタイムリーを浴びせて、貴重な3点目を追加。最後は守護神・シコースキーがきっちり締めて、11セーブ目。先発の岸は7回1失点と粘りの投球でリーグトップタイとなる5勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(12) 

September 20, 2009

9/20 高橋尚◆S2−8G◆
0−0で迎えた3回、巨人は投手の春風亭半ケツが自らヒットを放ち、口火を切ると、坂本の犠打がエラーを誘い、一、二塁。続く松本のバントは三塁で刺されるが、ガッツがセンター前へ先制タイムリー。なおも一、三塁の場面で由規が暴投を犯し、坂本が労せずしてホームイン。更に、寿司職人ラミレスがタイムリーを浴びせると、二死満塁とチャンスを広げた所で脇谷がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、この回大量5点。4回にはガッツが5年連続となる30号ソロ,5回には脇谷のタイムリーで1点ずつ追加。8回には坂本に18号ソロが飛び出し、ダメ押しの8点目。先発の春風亭半ケツは6回に3安打を集中され2点を失ったものの、7回以降はノーヒットに抑えて、2年ぶりの完投勝利で8勝目。巨人は4連勝でマジックを5とした。

◆D3−4YB◆
中日は2回、一死からベンちゃん,李,平田の3連打で先制。平田は牽制で刺されるも、谷繁が歩いた後、投手の中田が2点タイムリー二塁打を放ち、この回3点。自ら追加点を叩き出した中田は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、5回、連打と死球で二死満塁とすると、金城にタイムリーを浴びた後、暴投を犯して、2失点。追い上げる横浜は7回、一死から代打・内藤がヒットで出ると、金城が同点タイムリー二塁打。続く藤田もレフト前に弾き返すが、勝ち越しを狙った金城が本塁憤死。ここで代わった鈴木の前に内川はサードゴロに倒れるが、森野が悪送球を犯し、ボールが転々とする間に藤田が勝ち越しのホームイン。リードを奪われた中日はその裏、一死一、二塁のチャンスに井端がセカンドゴロゲッツー。8回にはヒットと連続四球で無死満塁としながら、後続3人があえなく凡退する体たらく。9回も二死から井端がヒットを放ったが、荒木がピッチャーゴロに終わり、万事休す。横浜は先発・吉見が4回降板となったが、6人のリリーフが追加点を許さない好投を展開。2回をパーフェクトに抑えた2番手・高崎に3勝目がついた

◆T14−2C◆
負ければ、Bクラス転落となる阪神は3回、フィリップスの13号2ランで先制を許すが、その裏、二死一塁から浅井,平野,鳥谷の3連打で同点。なおも一、二塁の場面でキュラソ星人が3試合連続の21号3ランを叩き込み、一気に勝ち越し。広島先発・ルイスはこの回限りでKOとなった。5回には一死満塁から新井,代打・関本と連続タイムリーを浴びせると、桜井が10号2ランを叩き込み、この回一挙6点。続く6回には新井が14号3ランを放ち、ダメ押し。先発のジェンは7回2失点で来日初勝利をマークした

◆L8−1H◆
西武は2回、二死一、三塁から原が先制タイムリー内野安打。直後の3回、ソフトバンクは先頭の松田が同点6号ソロ。一死後、吉川が二塁打を放ったが、本多,川崎と倒れて、勝ち越しならず。1−1の儘、西武は一死から中村が40号ソロを叩き込み、勝ち越し。更に、二死後、G.G.佐藤が歩くと、佐藤,銀仁朗と連打を浴びせて、この回2点。続く7回には二死二塁から中島のタイムリーの後、中村が四球を選んで、ソフトバンク先発・杉内をKO。代わった水田から連続四球を選んだ後、G.G.佐藤,佐藤と連打を浴びせて、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。西武先発・石井一は7回1失点で9勝目

◆E6−5M◆
楽天は初回、二死二、三塁から憲史のタイムリー内野安打で先制。1点を追うロッテは4回、一死一、二塁から大松のタイムリー二塁打で同点。続く5回には、内野安打とエラーで一死一、三塁とすると、早坂のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。なおも、二、三塁の場面でフクーラにも2点タイムリーが飛び出し、この回3点。2回以降、沈黙していた楽天は7回、二死三塁から代打・青波の長瀬がタイムリー。続く8回にはこの回から代わった内に対し、連打と死球で無死満塁とすると、3番手・荻野から憲史が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、高須の犠飛,嶋のタイムリーで2点を勝ち越し。ロッテは9回、先頭の塀内が4号ソロを叩き込み、1点差まで追い上げたものの、後続3人が倒れて、ゲームセット。2回を1失点の5番手・福盛に7勝目がついた

◆Bs7−2F◆
勝利数,防御率でリーグトップをひた走るダルビッシュに、未だWBC後遺症に苦しみ、投げては大炎上を繰り返しているにも拘わらず、何故かローテから外れないと言う何かの陰謀が隠されているとしか思えない起用法が続いている小松をぶつけると言う無謀極まりない展開に、試合前から偽バファローズの敗色は濃厚と思われたが、初回から2四球を出すなど、ダルビッシュは制球が定まらず、続く2回も二死二塁から3連続四球を許して、押し出しで先制点を献上。毎回安打を浴びながらも、粘っていた小松だが、4回、小谷野にタイムリーを浴びて、ついに同点。しかし、その裏、ダルビッシュは先頭の下山を歩かせ、これで4イニング連続四球。二死三塁と場面が代わった所で坂口にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。ダルビッシュは2失点ながらも、5回で降板となり、まさか小松が投げ勝つと言う大番狂わせが起きるのか…と、スタンドはざわつき始める。たまに好投したからと長々引っ張るとメッタ打ちを食らうと言う事をいい加減、学習したのか、大石監督は7回から継投モードに入るが、守護神失格の烙印を押している加藤を出してしまっては全てが台無し。代わりばな、代打・稲田にタイムリー二塁打を浴びて、小松の2勝目を無惨に粉砕。2−2で迎えた8回、偽バファローズは二死一、二塁から山崎浩が3号3ランを叩き込み、勝ち越し、更に、連続四球の後、阿部が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一挙5点を獲得。最後は金子が3人で締めて、逃げ切った。4番手のボーグルソンは1回1/3を無失点に抑え、移籍初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:06コメント(0)トラックバック(18) 

August 01, 2009

◆T2−4G◆
巨人は初回、一死からヒットで出た松本が二盗を決めると、狩野の悪送球を誘って三塁へ。ここでガッツがセンターへきっちり犠飛を打ち上げて、1点を先制。続く2回には亀井の右中間最深部へ高々と上がった打球を追ったシャア少佐と葛城イクローが交錯し、落球。ボールが転々とする間に亀井は一気にダイヤモンドを駆け抜けて、13号ランニングホームラン。甲子園でランニングホームランが記録されたのは1992年に名手・川相が放って以来、実に17年ぶり。更に、二死後、鶴岡,グライシンガー,坂本と3連打を浴びせて、1点を追加。6回には李がジェンのエラーで出ると、古城の犠打で二進。ここで鶴岡がセンター前へタイムリーを浴びせて、4点目。7回まで僅かに2安打と沈黙していた阪神は8回、新井,ブラゼルの連続二塁打でようやく1点を返すと、一死後、2番手・山口から代打・悠久の若虎・桧山が死球を食らった所で代打・矢野がライト前へタイムリーを放ち、2点差。しかし、ここで代わった越智の前に代打・高橋光がショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。9回には守護神・クルーンから死球とヒットで無死一、二塁と絶好のチャンスを作るが、キュラソ星人がセンターへ打ち上げると、新井はショートゴロゲッツーに仕留められ、連勝は4でストップ。これで阪神は再び5位へ逆戻り。巨人先発のグライシンガーは7回1/3を2失点で9勝目をマークした

◆S4−2D◆
昨日までに川相を現役復帰させないと言う首脳陣の大チョンボにより、今季、最後まで川相抜きで戦わなければならなくなった中日は初回から、森野のエラー等で一死一、三塁のピンチを作った挙げ句、デントナに犠飛を許して、先制点を献上。1点を追う中日は4回、ヒットで出た荒木がすかさず二盗を決めると、森野が汚名返上のタイムリーを放ち、同点。なおも無死一塁のチャンスだったが、ブランコは三振に倒れると、ベンちゃんは最悪のショートゴロゲッツーに倒れ、勝ち越しならず。7回にも一死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴みながら、史上7人目の通算1万打席目となる代打・立浪がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも勝ち越しならず。しかし、8回、この回から代わった4番手・五十嵐に対し、荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。その裏、浅尾を投入する必勝リレーで逃げ切りを図るも、ヒットと野選で一死二、三塁のピンチを背負うと、デントナに痛恨の逆転18号3ランを被弾。土壇場9回、ヤクルト守護神・林に対し、一死から藤井が二塁打を浴びせるも、小池,谷繁と連続三振を喫し、万事休す。一時は勝ち越しを許した五十嵐にタナボタの2勝目が転がり込んだ。

◆C6−3YB◆
0−0で迎えた5回、横浜は二死走者なしから森笠が二塁打を浴びせると、続く藤田がライトスタンドへ3号先制2ラン。更に、内川の四球,村田のヒットでチャンスを作ったが、メカゴジラがセカンドゴロに打ち取られ、2点止まり。すると、その裏、ここまで1安打投球を見せていたグリンが突然崩れ、一死一、三塁のピンチで代打・喜田に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びると、続く東出にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。しかし、直後の6回、広島3番手・小松が一死満塁のピンチで暴投を犯し、試合は振り出しに。3−3で迎えた8回、広島は一死から天谷がヒットで出ると、連続四球で満塁のチャンス。ここでフィリップスがライトへ犠飛を打ち上げると、吉村のエラーが重なり、2点を勝ち越し。更に、石井タクローがスクイズを決めて、この回3点。最後は守護神・永川がピシャリと締めて、史上7人目の通算150セーブを達成。これで広島は阪神と入れ替わりで4位へ再浮上。5番手の横山に2勝目がついた

8/1 松中◆F1−2H◆
10連勝を狙う日本ハムはソフトバンク先発・ホールトンに対し、2回、先頭のスレッジが15号ソロを放り込み、1点を先制。しかし、この後、日本ハムは3回一死一、二塁のチャンスを逃すと、4回には無死一塁で小谷野がゲッツー。5回も二死二塁のチャンスを潰し、6回にはスレッジがゲッツー。7回には二死二塁から金子誠がレフト前へ弾き返すが、本塁を狙った二塁走者・村田が憤死と再三再四チャンスを潰して、一向に追加点を奪えない。最少援護の中、先発・藤井は6回まで無失点に抑えると、菊地を挟んで、8回から建山がマウンドに上がったが、これが裏目。一死から本多に二塁打を浴びると、二死後、松中に2試合連続となる18号2ランを叩き込まれて、形勢逆転。その裏、日本ハムは2番手・ファルケンボーグを攻め、一死から連打を浴びせるが、ミスタースナイパー・坪井,スレッジと倒れて、またも得点ならず。ピンチを切り抜けたソフトバンクは9回から守護神・馬原を投入して、日本ハムの10連勝を阻止。ホールトンは7回を1失点で凌ぎきる粘りの投球で8勝目

◆M5−4E◆
初回、ロッテは先頭の早坂が三塁打を浴びせると、サブローの犠飛で先制のホームイン。3回には二死満塁のチャンスで竹原が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、3点を追加。4点を追う楽天は5回、一死二塁から青波の長瀬のタイムリー二塁打でようやく1点。8回には塀内のエラー,渡辺直の四球でノーヒットで一、二塁のチャンスを作ると、代打・宮出がレフトスタンドへ2号3ランを放り込み、一気に同点。追い付かれたロッテはその裏、一死から代打・ベニー松山が四球で歩くと、里崎がヒットで繋いだ所てで代打・フクーラがタイムリー二塁打を放ち、再び勝ち越しに成功。最後はシコースキーが3人で締めて、7月8日以来の連勝を飾った。3番手の内は6年目で待望のプロ初勝利

◆Bs4−6L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸だったが、この日はピリッとせず、2回にG.G.佐藤のタイムリーで先制点を貰いながら、その裏、無死一、二塁のピンチでフェニックス一輝に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、あっさり逆転を許すと、更に、大引にもタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。続く3回には大村,フェルナンデス,カブレラと3連打を許して、4点目を献上。しかし、3点を追う西武は6回に中村の32号ソロで反撃を開始。8回には栗山,中島と連打を浴びせた所でまたも中村が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、一気に同点。土壇場9回には同点の場面ながら、登板となった守護神・加藤から連続四死球で一、二塁とすると、一死後り、またまた中村が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回以降、山本淳−藤田−小野寺と繋いだリリーフ陣がノーヒットに抑える好投を見せ、偽バファローズの反撃を断ちきった。藤田は3年ぶりの白星で移籍初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(16) 

July 07, 2009

7/7 豊田◆G4−5YB◆
球団創設75周年を記念し、戦前の第2次アメリカ遠征時の復刻ユニフォームに身を包んだ巨人だが、先発・東野が初回、村田のタイムリー二塁打で先制点を献上。その裏、横浜先発・吉見に対して、巨人は一死一、二塁から亀井のタイムリーで同点。3回に村田の16号ソロで再び勝ち越しを許すが、その裏、ガッツの18号ですかさず同点。更に、寿司職人ラミレス,亀井と連打を浴びせるが、後続3人があえなく凡退し、勝ち越しならず。吉見はこの回限りで降板となった。2−2の儘、迎えた7回、横浜4番手・加藤康に対し、巨人は一死から寿司職人ラミレスが11号ソロ,亀井が8号ソロと連続アーチを叩き込み、2点を勝ち越し。しかし、直後の8回、横浜は一死から吉村の10号ソロで1点差とすると、続く藤田もヒットを放ち、東野をKO。ここで代わった豊田に対し、二死一、二塁となった所でメカゴジラが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。その裏、巨人は一死一、三塁と絶好のチャンスを作って、クリーンアップに回したものの、ガッツ,寿司職人ラミレスと倒れて、二者残塁。最後は山口の前に3人で抑えられ、3連敗。横浜5番手の真田は打者一人抑えただけで幸運な2勝目が転がり込んだ

◆S1−12D◆
今季初登板となる村中に対して、中日は初回、ブランコが先制タイムリー。4回には一死一塁から小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号2ランを叩き込むと、藤井がヒットで続いた後、谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号2ランをぶち込んで、この回4点。更に、6,7回と1点ずつ加えると、8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁がこの日2本目の3号ソロを叩き込むなど、4点を追加。9回には代打・福田が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初打席初アーチを叩き込み、ダメ押し。先発の中田は8回を1失点の好投でようやく今季初白星。これで中日は2位ヤクルトとの差を0と詰めた。

◆C8−1T◆
初回にノーヒットで満塁と言う拾いモノのチャンスを潰してから、一人の走者も出せずにいた広島だが、5回、先頭の梵がチーム初安打で出ると、続く石原のタイムリー三塁打で先制のホームイン。一死後、赤松もタイムリーを浴びせて、2点目。5回まで1併殺5残塁と拙攻三昧の阪神は6回、一死から四球と連続内野安打で満塁とすると、鳥谷のピッチャーゴロの間にようやく1点。しかし、その裏、広島は一死から三塁打を放った梵が江草の暴投でホームイン。更に、二、三塁となった所で赤松がタイムリー二塁打,東出のタイムリー三塁打でこの回一挙4点。8回には阪神野手陣の拙守で2点を加え、ダメ押し。先発の偽ハンカチ王子・斉藤は走者わ出しながらも6回を1失点で切り抜ける粘りの投球で5勝目をあげた。

◆Bs5−1H◆
両軍共に3回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、0−0の儘、試合は中盤に突入。迎えた4回、ソフトバンクは先頭の松中が二塁打を浴びせると、小久保のセカンドゴロで三進。ここでハマのスペランカーがセンター前へタイムリーを放ち、松中が先制のホームイン。リードを奪われた偽バファローズは4回以降も走者を出しては残塁と化す拙攻続きでゼロ行進を続けていたが、7回、一死から坂口,大引,フェルナンデス,カブレラと4連打で逆転し、ソフトバンク先発・大隣をKO。更に、代わった水田からラロッカもタイムリーを浴びせ、この回3点。続く8回には二死一塁から坂口が2号2ランを放ち、ダメ押し。最後は守護神・加藤が締めて、逃げ切った。先発の近藤は7回1失点で5月4日以来となる4勝目を上げ、自身の連敗を5で止めた。

◆E4−10M◆
泥沼の連敗が止まらない楽天だが、この日も初回から先発・長谷部が大乱調。一死一塁から連続四死球で満塁とすると、サブローのショートゴロの間に先制点を献上。更に、里崎を歩かせた後ね竹原に3号グランドスラムをぶち込まれて、いきなりの5失点。楽天は2回に謎の新助っ人・リンデンのタイムリーで2点を返し、3点差。3回以降、膠着状態に入った試合は2−5の儘、終盤へ突入。そろそろ突き放しておきたいロッテは7回、サブローの犠飛等で2点を追加。その裏、リンデンの来日初アーチで1点を返されるが、直後の8回、またも竹原がこの日2本目となる4号ソロ,今江が7号2ランを放ち、ダメ押しの10点目。先発・清水は大量援護に守られ、4失点完投で4勝目。投壊で敗れた楽天は悪夢の7連敗となった。

◆L6−4F◆
日本ハムは初回、稲葉の犠飛,高橋の5号ソロで2点を先制。その裏、先発・糸数が3連続四死球で満塁とした挙げ句、一死後、礒?に2点二塁打を浴び、あっさり追い付かれるが、直後の2回、今季初スタメンの佐藤が今季初アーチを叩き込み、再び勝ち越し。続く3回には高橋が犠飛を打ち上げ、4点目。2点を追う西武は4回、銀仁朗のタイムリーに糸井のエラーが重なり、一気に同点とすると、続く5回には一死一塁から中村が勝ち越し27号2ランをぶち込んで、糸数をKO。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物の岸は序盤こそ苦しんだものの、尻上がりに調子を上げ、今季初完投で9勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:31コメント(0)トラックバック(23) 

June 06, 2009

6/6 ラミレス◆G3−2F◆
巨人先発・内海に対して、日本ハムは2回一死から小谷野,糸井の連続二塁打で1点を先制。6回には先頭の稲葉がライトスタンドへ2試合連続の8号ソロを叩き込み、2点目を追加。日本ハム先発・ダルビッシュの前に5回まで1安打と完璧に抑え込まれていた巨人だが、6回一死から内海の代打・工藤のヒットを皮切りに反撃を開始。続く坂本のヒットで一、三塁となった所で松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと3連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転に成功。日本ハムは8回、巨人3番手・山口を攻め、一死から稲葉,高橋と連打。更に、小谷野もセンター前へ弾き返したが、同点を狙った稲葉が本塁憤死。なおも一、二塁のチャンスで先制タイムリーを放っている糸井が打席に入ったが、セカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。いきなり金子誠を歩かせ、不安を覗かせたクルーンだったが、鶴岡に犠打を許した後、代打・稲田のピッチャーゴロで金子誠を挟殺。この後、稲田に二盗を許し、またまた一打同点のピンチとなったが、最後は田中を三振に斬って取り、逃げ切りに成功。6回の投球だけが悔やまれるダルビッシュは完投するも、開幕戦以来の黒星となり、自身の連勝は7でストップ。ワンチャンスを生かした味方の攻撃に救われた内海は6回2失点で2勝目を飾った。

◆D4−4M◆
山本昌に唐川と二回り年齢が違う対決となったこの試合。中日は2回に一死二、三塁から小山のタイムリーで2点を先制。4回には一死一、二塁のチャンスを作るが、小山,山本昌と連続三振に倒れて、二者残塁とし、唐川を立ち直らせてしまう。4月12日以来の登板となる山本昌は一向に追加点をあげる気配のない味方打線に辟易としながらも、6回まで無失点と粘っていたが、7回一死から3連打を浴びて、満塁のピンチ。堀はセカンドフライに打ち取ったものの、唐川の代打・田中雅に2点タイムリーを浴び、同点。なおも一、二塁のピンチで早坂に走者一掃のタイムリー二塁打で2点を勝ち越された所で、無念のKOとなった。2点を追う中日は土壇場9回、二死満塁から森野の2点タイムリーで一気に同点。なおも一、三塁とサヨナラのチャンスだったが、ここで代わった小林宏の前にブランコがピッチャーゴロに倒れて、同点止まり。延長に入ってから、中日は11回に一死一、三塁,12回に一死一、二塁と相次ぐサヨナラのチャンスを悉く潰し、結局、12回規定でドローとなった。相変わらず、12残塁と詰めの甘い攻撃で勝てる試合を逃してしまう有様に、名手・川相の現役復帰を待望する声はますます強まる一方だ

◆C1−11H◆
広島先発・大竹は連続無失点記録が途絶えた事で緊張感が薄れたのか、立ち上がりからピリッとせず、初回、オーティズのタイムリー,小久保の6号2ランで3点を先制されると、続く2回にも4長短打で3点を失い、あえなく6失点KO。畳み掛けるソフトバンクは3回にはジャマーノのタイムリー二塁打,5回には田上の8号ソロで1点ずつ加えると、6回にはハマのスペランカーの3号2ラン等で3点を奪い、11点目。7回表、先頭の田上がこの日4本目のヒットを放った所で雨が強くなり、2試合連続のコールドゲームとなった。初先発となるジャマーノは6回まで散発2安打1失点の好投で来日初勝利

◆S5−1E
交流戦に入ってから不本意な投球が続く岩隈はこの日も初回から青木に先制5号ソロを被弾。4回には二死二塁から宮本にタイムリーを浴び、2点目を献上。6回には一死一、二塁から宮本,田中と連続タイムリーを許すと、7回には福地に今季初アーチを叩き込まれ、5失点KO。一方。、ヤクルト先発・ユウキは5回まで散発2安打無失点の好投を展開。6回に一死二塁のピンチを迎えた所で降板となった後、2番手・松岡が渡辺直にタイムリーを許したが、後続を断ち切ると、8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝パターンで楽天の反撃をかわした。ユウキは偽バファローズ時代以来2年ぶりの白星。楽天は今季2度目の3連敗でついに貯金が消滅。岩隈は4年ぶりの3連敗となった。

◆T7−0Bs◆
昨年まで同僚だったボーグルソンに対して、阪神は3回、ヒットの狩野が二盗を決めると、シャア少佐がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には一死から新井,ブラゼル,林,狩野,福原と5連打で3点を奪い、ボーグルソンをKO。5回にも1点を加えた阪神は6回無死一、二塁から福原が2点タイムリーを浴びせて、7点目。ブラゼル効果が出ているのか、阪神は先発全員安打で3連勝。先発の福原は投げては5安打完封,打っては2安打3打点の活躍で3勝目をマークした。

◆YB7−12L◆
西武の一発攻勢が序盤から炸裂。初回、中島のタイムリー二塁打で先制した後、中村が19号3ランを叩き込み、この回4点。続く2回には銀仁朗の2号ソロ,栗山の6号ソロで2点を追加。3回にはG.G.佐藤の犠飛で7点目を追加。一方、横浜は内川,吉村のソロアーチなど、地味に追い上げを見せる。3−8で迎えた8回、横浜は中島のエラーをきっかけに村田のタイムリーで1点を返すと、吉村がこの日2本目となる5号3ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、直後の9回、西武は栗山のこの日2本目となる7号2ランを放つなど、一気に4点を取り返し、試合を決定付けた。西武は引き分けを挟んで5連勝となり、5割復帰。先発の石井一は7回3失点で3勝目。一方、早くも自力Vが消滅している横浜は連敗を6と伸ばした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(29) 

April 16, 2009

◆S6−2G◆
依然としてWBCで干された後遺症に苦しむ内海はこの日もピリッとせず、先制して貰ったのも束の間、2回に田中浩の二塁打等で追い付かれると、5回には連続四球でピンチを作った末に川島慶に3ランを叩き込まれて、あえなくKO。初回のガッツの先制弾以降、追加点を奪えない巨人は6回にもガッツにこの日2本目のアーチが飛び出したが、単発止まり。その裏、宮本のタイムリー三塁打,相川の犠飛で更に、突き放された巨人は7回、川島慶のエラーで一死満塁と絶好のチャンス。ここで当ブログ一押し助っ人・アルフォンゾがようやく登場。もっと打席数を増やして、少しでも日本の投手に慣れたい所なのに無為に干され続けて試合勘も薄れる一方と言う苦しい状況ながら、粘りに粘ってフルカウントまで持ち込んだアルフォンゾは高めのボール球を見送って押し出し…と思いきや、何故か、ストライクとジャッジされ、無念の見逃し三振。続く代打・松田記者もレフトへ打ち上げ、三者残塁。ヤクルトは8回から五十嵐−林と繋いで逃げ切り、巨人の連勝を6でストップさせた。

4/16 鳥谷◆T4−3D◆
初戦は快投,2戦目は大炎上だった浅尾だが、この日も初回から鳥谷に2ランを被弾する苦しい立ち上がり。ソニック相手に3回まで1安打と沈黙していた中日は4回に井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチを叩き込むと、6回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに4号ソロをぶち込んで同点。2回以降、走者を出しながらも、何とか踏ん張っていた浅尾だが、7回、またも鳥谷に勝ち越しタイムリーを浴び、KO。代わったパヤノもキュラソ星人にタイムリー二塁打を浴び、4点目を献上。土壇場9回、久々のマウンドに上がった守護神・藤川は森野,ブランコと連続三振に斬って取った所でベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに被弾し、1点差とされたものの、続く野本を三振に抑え、5連敗を阻止。2回をパーフェクトに抑えた2番手・アッチソンに今季初白星がついた。中日は僅か4安打でうち3本がソロアーチと言うとてつもなく悪い意味で中日らしい無様な試合展開で大惨敗。極度の一発依存症,タイムリー欠乏症を解消する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆C1−2YB◆
3回まで両軍1安打ずつと静かな立ち上がりとなったこの試合、均衡が破れたのは4回。広島は二死走者から栗原が左中間スタンドへ3号ソロを放り込み、待望の1点を先制。しかし、6回、ここまで内野安打1本に抑えてきた長谷川が投手のウォーランドに二塁打を浴びると、Kジローには内野安打を許し、一、三塁となった所で山崎の併殺崩れの間にウォーランドが同点のホームイン。長谷川はこの後、2四球で満塁とピンチを広げたが、石川をレフトフライに打ち取り、辛くもピンチ脱出。横浜は8回二死一、二塁から、メカゴジラがライト前に弾き返すも、一気に生還を狙った二塁走者・内川が本塁憤死。広島も9回二死満塁のチャンスに東出が凡退し、延長に突入。10回、横浜は守護神・永川に対して、一死満塁のチャンスを掴むと、メカゴジラが押し出し四球を選んで、ついに勝ち越し。その裏は石井が3人で締めて、1点のリードを守りきった。何とこれで横浜は2カード連続の勝ち越し。村田が驚異的な回復を見せていると言う情報も入っており、夢の100敗が徐々に遠のこうとしている

◆H5−12L
2点ビハインドで迎えた3回、ソフトバンクは森本のタイムリーの後、昨年僅か1ホーマーの川崎が今季初アーチとなる3ランを放ち、一気に逆転。折角、援護して貰った大隣だが、直後の4回、中村,G.G.佐藤の連打で1点を返されると、続く平尾には逆転2ランを浴び、この回限りで無念の降板。勢いづく西武は5回には中村が5号3ランを叩き込むと、7回にも中村が2打席連続6号3ランを放つ等、4点を追加し、ダメ押し。オツは5失点で6回途中降板ながらも、打線の援護に恵まれ、開幕2連勝。ソフトバンクはこれで3カード連続の負け越し。壊滅的不振のアギーラをついにスタメンから外し、松中,小久保で3,4番を組む新オーダーで5点を奪ったが、投手陣が総崩れでは如何ともし難かった。

◆F7−1Bs◆
2回にローズの5号ソロで先制された日本ハムはその裏、タイムリーなしながら、ゲッツー崩れやエラーの間に一気に4点を返し、逆転。4回には田中の犠飛等で2点を加えると、6回には金子誠,劇団ひちょりのダブルスチールが決まって、ダメ押しの7点目。今季初登板となった先発・武田勝はローズの一発以外は得点を許さず、プロ完投勝利を無四球でマークした。

◆M11−7E◆
2−2で迎えた5回、ロッテは無死一、二塁から西岡のタイムリーで勝ち越しに成功。なおも一、二塁のチャンスだったが、続く井口はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。サブローもサードゴロに終わり、1点止まり。すると、直後の6回、楽天は鉄平,青波の長瀬の連続二塁打で逆転。更に、一死後、山崎武もタイムリーを浴びせて、この回、3点。その裏、1点を返されたものの、7回には青波の長瀬の走者一掃タイムリー二塁打で2点を追加。これがダメ押しとなったかと思いきや、その裏、ロッテは西岡の1号ソロ,里崎の1号2ランと一発攻勢で一気に同点。9回のサヨナラのチャンスは逃したものの、延長10回、一死満塁から井口がレフトスタンドへサヨナラグランドスラムを叩き込み、劇的勝利を収めた。敗れた楽天は首位陥落。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:15コメント(0)トラックバック(38) 

November 15, 2008

◆天津2−16西武◆
アジアシリーズ11連敗中の中国代表である天津相手に取りこぼしは許されない西武は初回、栗山のタイムリー二塁打等で2点を先制。しかし、その裏、今季僅かに2度しか先発マウンドに上がっていないミャオが一死二、三塁のピンチを迎えると、羅玉斌に2点タイムリーを浴び、あっさり同点。追い付かれた西武は直後の2回、2四球で二死一、二塁のチャンスを疲労と、中村がレフトスタンドへ豪快な3ランをぶち込み、勝ち越しに成功。続く3回には天津の守乱に乗じて、一気に畳み掛け、大量6点を追加。4回には赤田のタイムリー二塁打,片岡の犠飛で2点を加えると、6回には銀仁朗の一発等で3点を奪い、ダメ押しの16点目をゲット。ミャオは3回もたずに降板となったが、以降、大沼−谷中−岡本真が4回2/3でパーフェクトリリーフを展開し、7回コールド勝ち。西武は統一,SKに並ぶ2勝1敗で予選を終えたが、失点率で1位となり、決勝進出を決めた。

相次ぐ主力の離脱により、攻撃力不足が心配された西武打線だったが、ここまでの2試合で22失点と言う天津の弱体投手陣相手では流石に、杞憂だったらしくシーズン新記録となる16点を奪っての圧勝。結局、失点率の少なさでギリギリの決勝進出を果たす事となり、統一戦の岸の快投が大きくモノを言う結果となった。この日は打線爆発したとは言え、天津相手では復調したのかどうかと言う目安にはなりそうもない。決勝の相手は予選で勝った統一だが、紙一重の内容であり、楽観とはしていられないだろう。

◆統一10−4SK◆
2回に李晋映の一発で戦意された統一だが、4回、無死一、三塁から陽森のタイムリーで同点とすると、劉芙豪が3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。更に、高志綱も連続アーチを浴びせて、この回、一挙5点。5回にも陳連宏のソロアーチで5点差と突き放されたSKは6回、趙東和のタイムリー三塁打で2点を返すと、8回には朴哉相のタイムリーで2点差まで詰め寄った。しかし、その裏、統一は劉芙豪にこの日2本目となる3ランが飛び出すなど、4点を奪い、試合を決定付けた。このまま敗れても、9回に4点を帰せば、決勝に出られるSKだが、三者凡退に終わり、決勝進出を果たせなかった。統一は失点率でSKを逆転し、決勝進出を果たした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:03コメント(0)トラックバック(8) 

November 05, 2008

◆L5−0G◆
負ければ、王手をかけられる西武は初回、巨人先発・グライシンガーからヒットで出た片岡がすかさず二盗を決めると、栗山がライト線へタイムリー二塁打を浴びせる電光石火の攻撃で先制点をゲット。その後、膠着状態となったが、1−0の儘、迎えた4回、西武先頭の中島がさして痛くもない死球でグライシンガーに食ってかかり、あわや乱闘騒ぎを起こす。これが結果的に調子に乗りつつあったグライシンガーの勢いに水を差す格好となり、昨日、覚醒した中村がレフトスタンドへ2試合連続の2ラン。中村は6回にも2打席連続となる2ランをぶち込んで、グライシンガーをKO。西武先発・岸は8回まで三塁も踏ませない好投を展開。9回もマウンドに上がった岸は先頭のガッツを空振り三振に斬って取ると、寿司職人ラミレスをどん詰まりのレフトフライ,李をファーストゴロとクリーンアップをいとも簡単に退けて、完封勝ち。これで西武は2勝2敗と星を五分に戻した。

阿部や脇谷をスタメン起用するなど右投手対策に打って出た巨人打線だが、岸が毎回の10三振,散発4安打と申し分のない内容で封じ込め、日本シリーズ初登板初完封を達成。打っては完全に覚醒してしまった中村が2発4打点の大活躍。その前に足を生かした攻撃で今シリーズ初の先制点を奪うなど、万全の試合運びだった。グライシンガーは単に状態の悪かった交流戦時の影響が数字に出ただけで相性が壊滅的に悪いと過剰に考え過ぎなのではないかと言う気もしていたのだが、周囲が西武アレルギーぶりを煽り過ぎて、最多勝投手なのに4番手と言う消極的起用をした結果(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦の頃から調子が下降気味なのもあったのかもしれないが)、まんまと不安を的中させてしまう事になった。と言っても、炎上したと言うより、中村一人にしてやられた格好ではある。それにしても、あんなプロテクターへのカス当たり死球で無駄騒ぎの中島には少々カチンと来た。第2戦で4個もぶつけているのは棚上げか、ガッツの痛みを思い知れと…。もし、あれがグライシンガーのリズムを崩す為の作戦だったとしたら、なかなかの策士だが…。グライシンガーは崩された巨人だが、山口,東野,豊田と今シリーズ初登板のリリーフ陣がそれぞれ無失点投球。今日は温存出来た西村健,越智も加えて、リリーフ陣は万全だ。解説に来ていたカリメロはリリーフ陣の安定感の差で2勝2敗でも巨人有利説を自信ありげに掲げていたが、巨人が負けた試合は涌井,岸と先発に完璧に抑え込まれると言うリリーフ陣を殆ど必要としない展開であっただけに、この分析は鵜呑み出来ない。ただ、涌井はともかく、岸が先発マウンドに上がる事はもうない訳で、帆足,石井一の出来が鍵を握る事になりそうな気配だ。さて、明日の第5戦だが、上原,涌井が中4日で出てくるのか、はたまた5人目の投手が出てくるのか気になる所である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(0)トラックバック(29) 

November 04, 2008

◆L4−6G◆
1勝1敗のタイで舞台を西武吹き抜けドームに移した第3戦。西武先発・石井一に対して、巨人は初回、先頭の鈴木尚がライト線へ二塁打を浴びせると、キムタクのショートゴロの間に三進。続くガッツの打席で石井一が暴投を犯し、鈴木尚は労せずして先制のホームイン。続く2回には亀井が内野安打,鶴岡が四球と鶴亀コンビで二死一、二塁のチャンスを作ると、伏兵・鈴木尚がレフトポール際へ飛び込む3ランを放ち、一気に4点差。巨人先発・内海の前に2回まで3人ずつで抑えられていた西武は3回、佐藤,細川の連打で無死一、二塁とするも、続くボカチカがサードゴロゲッツー。片岡もライトへ打ち上げて、結局、無得点。5回には一死から平尾がライト線への二塁打を放つが、佐藤,細川と倒れて、得点ならず。直後の6回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2試合連続となるソロアーチを叩き込み、5点目を追加。ワンサイドゲームになるかと思いきや、その裏、好投の内海が突如、変調を来す。一死から片岡,栗山,中島と3連打を浴びて、1点を失うと、若大将・原監督はあっさり西村健にスイッチ。第2戦ではピンチを救った西村健だったが、ここまで10タコと大ブレーキの中村に3ランを叩き込まれて、一気に1点差と迫られる。何とか突き放したい巨人は8回、西武2番手・小野寺から先頭のガッツがライトスタンドへソロアーチをぶち込んで、点差は2点と拡大。4−6の儘、迎えた土壇場9回、巨人のマウンドには今シリーズ初登板となる守護神・クルーンが登場。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦での不振と、登板間隔が空いた事で心配されたクルーンだったが、この日はストライクが先行。結局、3人でピシャリと締めて、巨人が2勝1敗とリードを奪った。

楽勝ムードから一転、あわや逆転負けと言う展開ながらも、連勝で一歩リードした巨人。しかし、7回表の鈴木尚の内野安打と言い、9回裏の佐藤のキャッチャーゴロと言い、どちらとも取れるどころか、明らかに巨人寄りの誤審連発は折角の好ゲームに水を差す格好となってしまった。アンチ巨人はまたジャンパイアとか騒いでる事だろうな…。今日のヒーローは何と言っても鈴木尚。いきなり先頭打者として掻き回し、僅か3球でベース一周してきたのは言わずもがな、まさかの一発が飛び出していなければ、終盤、大変な事になっていただろう。守っても俊足を生かした守備範囲の広さはシリーズ通して絶大な安心感を与えている。レギュラーシーズンでも長らく不敗神話を構築した寿司職人ラミレス,ガッツのアベックアーチも飛び出し、8安打ながら、効果的に一発攻勢で効率良く6点を獲得。死球の影響が心配されたガッツはそこまでの3打席は元気がなかったが、最終打席で不安を一掃した。それにしても、序盤は素晴らしかった内海の降板がいささか早過ぎた。第2戦の西村健の好投がチラついたのかもしれないが、内海に全く合っていなかった中村にわざわざ覚醒のきっかけを与えてしまったのは悔やまれる所だろう。中村に待望の快音が生まれた事に今後の光明が見えた西武だが、この日もタイムリー欠乏症は深刻で、3試合で僅かに1本。川相不在では一発に賭けるしかないと言う中日の様な運否天賦の一発依存野球では如何ともしがたい。リーグトップの本塁打数だけでなく、リーグトップの盗塁数を誇る西武だけに積極的に足を使った攻撃も駆使して貰いたい所。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(3)トラックバック(28) 

September 17, 2008

◆YB2−6G◆
逆転優勝へ向け、連勝街道をひた走る巨人は2回、一死一塁から坂本の8号2ランで先制すると、続く3回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが39号ソロ。更に、李の二塁打,マッスル千代の富士の四球で一、二塁となった所で阿部が19号3ランを叩き込み、6点目。横浜先発・ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。プロ初先発となった東野は5回まで1安打無失点と素晴らしい投球を展開。しかし、6回二死走者なしから石井タクローを歩かせた所で内川に10号2ランを被弾し、この回限りで降板。追い上げムードの高まった横浜は7回二死満塁,8回二死二、三塁と絶好のチャンスを掴みながら、あと一本が出ない。最後はクルーンの前に反撃を断たれて、対巨人7連敗となった。

プロ初先発の東野が期待に応える好投で悲願のプロ初勝利。昨日の久保に続いて、またまた新たな先発要員が誕生。完全に流れは優勝チームのそれである。巨人はこれで7連勝。阪神との差は縮まらなかったものの、全く勢いが止まる気配がない。問題は5位・ヤクルト,最下位・横浜相手に勝ちまくっていると言う点だ。果たして、この勢いが本物なのかどうかは19日からの阪神3連戦で明らかになる事だろう。

◆D6−11T
中日先発・山本昌が立ち上がりから大乱調。先頭のシャア少佐に痛打されると、一死後、連続四球で満塁とした所で鳥谷に12号グランドスラムを被弾。続く2回には平野,ゼブラ今岡と連続タイムリーを浴びると、3回に矢野にタイムリーを許し、7失点KO。中日はその裏、李のタイムリーでようやく1点。4回に2点を失い、突き放されるも、その裏、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁が今季初アーチとなる3ラン。更に、5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに小池が4号2ランを叩き込み、3点差。しかし、阪神は8回、キュラソ星人の22号2ランで貴重な2点を追加し、これがダメ押し点となった。

山本昌がよもやの3回7失点KO。川相不在によるやぶれかぶれの一発攻勢も時既に遅く、中日はまたまた貯金が消滅してしまった。阪神は先発・リーソップが4回もたずにKOとなったものの、12安打11得点と打線が爆発し、この3連戦勝ち越し。何とか3ゲーム差を保った状態で東京ドームへ乗り込む事となった。

◆S6−1C◆
泥沼の連敗地獄に喘ぐヤクルトは初回に畠山のタイムリーで先制するも、4回、栗原にタイムリーを許して、振り出しに。しかし、5回、ヒットの福川を石川が送った後、青木,川島慶と連打を浴びせて、一死満塁。ここで飯原のゲッツー崩れの間に福川が勝ち越しのホームを踏むと、飯原のディレードスチールの間に青木が本塁を陥れ、3点目。続く6回には一死二、三塁から田中のタイムリーで1点を加えると、8回には福川のタイムリー,青木の犠飛でダメ押しの2点を追加。先発・石川は1失点完投勝利を果たし、連敗は8でストップした。

接戦を悉く落とし続けたヤクルトが投打噛み合う完勝で連敗を脱出。石川は今季2度目の完投で2年ぶりの10勝目に到達した。広島はまたまた求道者・前田がフル欠場に追い込まれての大惨敗。中日も負けた為、4位転落は免れたものの、5割に逆戻りとなってしまった。やはり、ブラウン監督は自らの続投よりも、求道者・前田をシメる事の方が優先度が高いらしい。嶋を下げて、キャラかぶりの赤松,天谷を同時に出すくらいなら、求道者・前田をスタメンで使えよ!

◆Bs2−4H◆
負のスパイラルに歯止めがかからないソフトバンクは初回から二死一、二塁のチャンスを掴むも、松田が打ち上げ、二者残塁。すると、その裏、先発・杉内が本多のエラーでピンチを作った挙げ句、ローズに37号2ランを浴び、先制点を献上。杉内は2回以降、走者を出しながらも粘りの投球で追加点を阻止するが、肝心の味方打線が岸田の前に拙攻を切り返し、2−0の儘、土壇場9回へ突入。偽バファローズは守護神・加藤を投入し、逃げ切りを図るが、これに対して、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを掴むと、代打・田上のタイムリーで1点差。更に、続く本多が3号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。最後は一週間ぶりの登板となった守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、ようやく連敗を脱出した。

8回を自責点0と言う杉内の粘りの投球も虚しく完封負けを覚悟した展開だったが、加藤から4点を奪う予想外の大逆転で連敗を5で止めた。Aクラス返り咲きが厳しい状況なのは確かだが、残り試合全て勝つつもりで意地を見せた貰いたい。一方、偽バファローズは痛恨の逆転負け。岸田は8回無失点とは言え、125球投げており、加藤へのスイッチは妥当と言えた訳で、加藤の乱調が大きな誤算だった。これで西武との差は7と開いてしまい、流石に、逆転優勝はほぼ絶望的になってきたか…。

◆E15−7F
初回、高橋のタイムリーで先制された楽天だが、その裏、青波の長瀬の8号3ランで逆転すると、更に、山崎武にも21号ソロが飛び出し、この回4点。続く2回には内村のスクイズで1点を追加。4点を追う日本ハムは3回に無死二、三塁から高橋の内野ゴロの間に1点を返すと、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、糸井,代打・稲田と倒れて、1点止まり。5回にはスレッジの13号ソロで2点差とするが、その裏、楽天は嶋,渡辺直の連続タイムリーで3点を奪うと、6回には7長短打の集中攻撃で6点をあげ、試合を決定付けた。日本ハムは8回に3点を返したものの、焼け石に水で貯金が消滅した。

楽天が19安打15得点の猛攻でこの3連戦勝ち越し。ノーヒットに終わったフェルナンデス以外(1回表にケガをしたショートに代わって入った中島を含めて)8人がマルチ安打を記録。先発・朝井は5回降板ながらも、打線の援護に恵まれ、初の2桁勝利へリーチをかけた。日本ハムも13安打7得点と応戦したが、8失点KOのスウィーニーを初め、投手陣が総崩れだった。

◆L5−4M◆
2回、西武はブラゼルの二塁打,久保の暴投,中村の四球で無死一、三塁とすると礒?が犠飛を打ち上げ、先制点をゲット。1点を追うロッテは4回、西岡の四球,橋本のヒットで二死一、二塁とした所で大松が23号3ランをぶち込んで、一気に逆転。続く5回の満塁のチャンスは逃したが、6回、ミャオの暴投でタナボタの4点目を追加。3点を追う西武は7回、栗山のタイムリーで1点を返し、久保をKOすると、中島が歩いた後、ブラゼルが2点タイムリー二塁打を放ち、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、西武は先頭の中村がバックスクリーンへ41号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちを飾った。

オツが5回もたずにKOされるなど、中盤までは苦しんだ西武が3点差を跳ね返してのサヨナラ勝ち。キング独走の41号を放った中村はこれが自己初のサヨナラアーチ。これでマジックは2つ減って5と優勝へ大きく前進した。ロッテは先発・久保が堪えきれず、痛い連敗で5割復帰を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:43コメント(0)トラックバック(28) 

September 15, 2008

◆YB4−6G◆
横浜は2回、一死から吉村がライトオーバーの三塁打を浴びせると、キムタクの悪送球の間に一気に本塁を陥れ、先制のホームイン。しかし、直後の3回、巨人はキムタクが汚名返上の6号バックスクリーン弾を叩き込み、同点。続く4回には寿司職人ラミレスの38号ソロで勝ち越すと、二死二塁から坂本がタイムリーを浴びせて、この回2点。6回には阿部が18号ソロをぶち込むと、更に、二死二、三塁のチャンスでまたもキムタクが2点タイムリーを浴びせて、6点目。7回まで散発2安打に抑えていた上原だが、8回、金城,下園と連打を許すと、一死後、藤田に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びた所でKO。代わった山口も鈴木なおのりに死球を食らわせた後、ガッツな貴公子・仁志に犠飛を許して、2点差まで詰め寄ったが、最後はクルーンの前に反撃を断たれた。

巨人がまたまた一発攻勢を炸裂させ、今季初の5連勝。エラーで先制点を許したキムタクは同点弾を含む3打点できっちり借りを返した。上原は完投こそ逃したものの、今季最多の7回1/3を投げて、4勝目をマーク。3日連続セーブのクルーンはこの日は無難に切り抜けた。横浜は前回完投勝利の吉見が5失点KO。日本タイ記録の4戦連続アベックアーチが懸かっていた村田,吉村も不発に終わり、内川も3タコとブレーキ。金城一人が3安打と気を吐くだけでは如何ともし難かった。

◆D4−7T
阪神は2回、高橋光の4号ソロで先制すると、続く3回にはキュラソ星人のタイムリー内野安打で2点目。その裏、荒木のタイムリー二塁打で1点を返されるが、直後の4回、シャア少佐のタイムリー,ゼブラ今岡の4号2ランで3点を追加。更に、5回には一死一、二塁からジュビロ野口の走者一掃タイムリー二塁打で2点を追加。6点を追う中日はその裏、代打・小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを叩き込むと、続く6回には無死一、三塁のチャンス。しかし、T.ウッズのゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。7回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰した中日は9回も一死一塁からベンちゃんがゲッツーを食らい、万事休す。

この所、初回からラストイニングでしか点が取れずにいた阪神だが、19日から始まる巨人との3連戦までに差を詰められる訳にいかない状況で久々に中盤に得点を奪い、踏み留まった。岩田は6回途中でKOとなったが、リリーフ陣の援護を仰いで、9勝目をあげ、新人王に望みを繋いだ。一方、中日は9安打で僅かに1残塁と一見、効率のいい攻撃の様で実は1盗塁死1走塁死4併殺と出た走者出た走者悉く殺しまくっていただけの事だった。これで中日は再び貯金が消滅し、ついに広島に並ばれてしまった。

◆S1−2C◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは一死から投手のゴンザレスがヒットで出ると、連続四死球で満塁となった所で、青木のファーストゴロの間にゴンザレスが生還し、1点を先制。5回まで5安打を浴びせながらも、あと一本が攻めあぐねていた広島だが、6回、一死から赤松の四球,天谷の内野安打で一、二塁とした所で栗原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。先発・ルイスは7回まで投げきると、8回からは梅津−永川とノーヒットリレーで1点のリードを守りきった。

広島が接戦を制して、5割に復帰すると同時に中日に並ぶ3位タイに浮上。ルイスは7回1失点で14勝目を飾り、最多勝に望みを繋いだ。1点を争う展開とあって、求道者・前田は案の定、出番を貰えなかった。求道者・前田を使わずに借金完済,Aクラス浮上を果たしたとあって、ブラウン監督はさぞやご満悦の事だろう。この儘、ブラウン監督続投の条件をクリアしてしまう危険性を考えるだに、広島ファンも手放しでは喜べない所だ。一方、ヤクルトはまたも1点差負けで泥沼の7連敗。これで7連敗中、6試合が1点差負け。展開次第では7連勝していたかもしれないと思うだに、やりきれない思いに駆られるばかりだろう。

◆M8−7H◆
初回、二死走者なしからクリーンアップの3連打で鮮やかに先制したソフトバンクだったが、その裏、西岡に先頭打者アーチを浴び、一瞬で同点。4回には小斉,本多のタイムリーで2点を勝ち越したのも束の間、その裏、先頭の橋本に9号ソロを浴びると、無死二、三塁からサブローに2点タイムリーを許して、形勢逆転。6回には大松,フクーラとタイムリーを浴びて、点差は3点に拡大。粘るソフトバンクは7回、大村,松田のタイムリーで1点差と詰め寄ると、その裏、大松のタイムリー二塁打で1点わ返されるが、直後の8回、ハマのスペランカーの2点タイムリーでついに同点。追い着かれたロッテは9回から何と清水を投入。清水は二死から連打を浴びたものの、本多を打ち取り、ピンチを脱出。するとその裏、ロッテは一死から橋本の四球,ズレータの二塁打で二、三塁とした所で大塚がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。ロッテはこれで今季の対ソフトバンク勝ち越しを決め、5割に復帰した。

ソフトバンクがまたまた投壊で3タテを食らい、4連敗。ガトームソンは点を取った直後に取られてしまういただけない投球。それでも6回まで引っ張らざるを得ない辺り、苦しい投手事情が分かると言うもの。折角、3点差を追い着いても、結局、リリーフ陣が崩れてしまった。打線も19安打を放ちながら、12残塁の1併殺の拙攻とあっては、投手陣ばかりを責められない。これでロッテとの差も2.5と拡大し、Aクラスどころか4位浮上すら厳しい状況。ロッテが清水を投入する、なりふり構わない継投策を展開した様に、ソフトバンクも残り試合全て勝つつもりのスクランブル体勢で臨んで欲しいものだ。尚、水島の呪いにより顔面骨折となった根元と入れ替えで、これまた水島の呪いに苛まれている唐川が昇格し、3週間ぶりの先発となったが、4回もたずにKO。依然として呪いの影響は収まっていない様だ。

◆F5−4Bs
日本ハムは2回、ヒットの高橋が盗塁と悪送球で三進すると、小谷野の犠飛で先制のホームイン。続く3回には後藤のエラー,田中のヒットで一死一、三塁とした所で劇団ひちょり,稲葉と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。先発のダルビッシュは序盤からバッタバッタと三振の山を築き上げ、偽バファローズに全く付け入る隙を許さず、8回まで散発3安打無失点の好投。しかし、9回、偽バファローズは一死一、二塁とこの試合初のチャンスでカブレラ,ローズが連続タイムリーを浴びせ、1点差。更に、続く日高が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転に成功。その裏、守護神・加藤を投入し、逃げ切りに入ったが、二死二、三塁の場面でスレッジに右中間へのタイムリー二塁打を浴び、悪夢のサヨナラ負けを喫した。

ダルビッシュの前に8回まで手も足も出ず、完封負けを覚悟した展開ながら、最後の最後で打ち崩したと言うのに、リーグトップの32セーブをマークしている加藤がよもやの逆転サヨナラ負けとは何とも勿体ない偽バファローズ。これで日本ハム相手に3連戦3連敗と言う何とも厳しい結果に終わり、逆転優勝の夢が大きく遠のいてしまった。日本ハムも9回表はダルビッシュを起用しながら負けるかもしれないと言う魔のイニングになりかけたが、終わってみれば、劇的勝利で貯金消滅の危機を回避した。

◆E5−6L◆
いい加減、今季初勝利が欲しい一場は2回までノーヒットとまずまずの立ち上がりを見せるが、3回、先頭の細川に初安打を許すと、一死後、片岡,栗山,中島と3連打を浴び、2点を献上。しかし、その裏、楽天は四球とエラーで貰ったチャンスに内村が内野安打で繋いで満塁となった所でフェルナンデスが2点タイムリー二塁打を放ち、一気に同点。なおも無死二、三塁のチャンスは生かせなかったが、続く4回には一死二、三塁から中村のサードゴロが野選を誘って勝ち越し点を掴むと、続く内村がスクイズを決めて、4点目。2点を追う西武は直後の5回、中島のタイムリーで1点差とし、なおも2つの四球で二死満塁とチャンスを広げたが、佐藤がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。楽天はその裏、嶋のタイムリー二塁打で再び2点差。6回以降、膠着状態となり、5−3の儘、試合は土壇場9回へ突入。この回から登板のグウィンに対し、西武は一死一塁から中島が20号2ランを叩き込み、ついに追い着くと、二死後、中村が40号ソロを放ち、勝ち越しに成功。その裏、グラマンが3人でピシャリと締めて逃げ切った。

土壇場の一発攻勢で逆転を果たした西武が5カードぶりの勝ち越しを決め、マジックは2つ減って8となった。決勝アーチの中村はついに大台40本に到達。楽天は一場が打線の援護を受けながら、5回もたずにKOと、またも背信投球で今季初白星ならず。後を受けた中継ぎ陣はよく粘ったが、最後の最後でグウィンが崩れてしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(52) 

August 27, 2008

◆G3−2YB◆
2回に先頭の村田を死球で出した横浜は続く吉村の25号2ランで先制。2点を追う巨人は4回、ガッツの25号ソロで1点を返すと、6回には連打で作った一、二塁のチャンスに1番スタメンに抜擢された亀井が同点タイムリー。続くキムタクが送って、二、三塁と勝ち越しのチャンスを作ったが、ガッツ,寿司職人ラミレスと倒れて、同点止まり。2−2の儘、迎えた8回、この回から代わった2番手・小山田に対して、一死から代打・大道が2号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。最後はクルーンが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。

大道の会心の代打決勝アーチで3連勝を果たした巨人が自力優勝を復活させた。投げては先発・バーンサイドが6回を3安打2失点と好投。リリーフ陣もヒットを許さず、最後を締めたクルーンは2年連続の30セーブ目をマーク。横浜はハマのチンピラが良く投げたが、いかんせん打線が3安打では如何ともし難かった。

◆T1−4D
2回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰し、3回には一死一、三塁のチャンスを逃し、4回には一死からヒットで出た中村紀が盗塁死と、怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日だが、5回、一死満塁から荒木のタイムリーでようやく2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、李がゲッツーに倒れて、2点止まり。その裏、阪神は高橋光のタイムリー二塁で1点を返すと、続く6回には一死満塁と一打逆転のチャンスを掴むが、ここで林が最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、無得点。8回から登板の久保田は二死満塁から押し出し四球と暴投で痛恨の2失点。最後は五輪で失意のどん底に叩き落とされ、怒り心頭の岩瀬の前に3人で抑え込まれて、連勝は5でストップした。

阪神のシニアディレクターに北京に拉致され、訳の分からない起用法で振り回されて、最大級の戦犯扱いされるなど、心に深い傷を負った岩瀬がその阪神相手に敵愾心を燃やし、溜まった鬱憤を晴らす怒りの投球で阪神のマジックを消滅させた。どうなる事やら心配だったが、復帰最初の登板が阪神戦と、ウサを晴らすには絶好の相手だったと言うのは僥倖だった。打線の方は3併殺を食らうなど、相変わらず、無様な攻撃を繰り広げていたが、とにかく今回は岩瀬の復活が見られて何よりだ。

◆S4−1C◆
広島先発・高橋に対して、ヤクルトは2回、先頭の飯原が6号ソロを叩き込んで、先制すると、5回にはオチョアのタイムリーエラーで2点目を追加。3,4回とチャンスを逃した広島だが、その裏、二死三塁から東出がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差。7回には二死から小窪が振り逃げで出ると、代打で登場の求道者・前田が怒りのライト前ヒットで続いたが、東出は三振に倒れて、二者残塁。直後の8回、ヤクルトは武内のタイムリーでダメ押しの2点を追加。その裏から、五十嵐−林と繋ぎ、連敗を5で止めた。

5割復帰と3位浮上が懸かっていた広島だが、求道者・前田がまたもやベンチに軟禁された事が大きく響き、僅か1点と沈黙し、痛い黒星。代打で起用された求道者・前田はまたもや怒りのヒットを放ち、これで4打数連続ヒット(5打席連続出塁)。だが、求道者・前田は代打の神様なんて位置付けを目指している訳ではない。折角、調子が上がって来ているのだから、いい加減、スタメン起用を図って欲しいものだ。3位浮上のチャンスだと言う事を分かっているのか!?

◆H2−3Bs◆
ソフトバンクは2回、一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、辻,高谷と倒れて三者残塁。続く3回にも二死から松中の二塁打,小久保の四球で一、二塁とするが、松田が打ち上げて二者残塁。すると、直後の4回、偽バファローズは無死一、二塁のチャンスにローズが最悪のゲッツー。しかし、続く濱中が歩くと、濱中が一、二塁間で挟まれている隙に三塁走者・坂口が本塁を陥れ、1点を先制。続く5回には下山が8号ソロを放ち、2点目。その裏、ソフトバンクは二死から松中がヒットで出ると、続く小久保が20号2ランを叩き込み、一気に同点。更に、6回には一死二塁から連続四球で満塁とし、偽バファローズ先発・小松をKOするが、本多,代打・本間と打ち取られ、三者残塁。同点の儘、迎えた土壇場9回、ソフトバンクは好投の大隣を下げ、早くも守護神・馬原を投入するが、これが裏目。一死から連打で一、三塁のピンチを背負うと、小瀬にスクイズを決められ、勝ち越し点を献上。その裏、加藤の前に三者凡退を喫し、3位転落となった。

五輪前に既に壊れかけていた川崎が五輪で完全に壊されてしまい、疲労骨折で今季絶望の危機に…。五輪の結果が結果だけに川崎の頑張りは何一つ報われなかった事になり、実に不憫だが、WBCの時と言い、国際大会に行く度にケガして帰ってきて長期離脱するのも考えものだ。五輪野球の暫定ラストイヤーでメダルを掠め取る事よりも、王さんのラストイヤー(?)でペナントを勝ち取る事に邁進してくれよ。川崎の復帰を心待ちにしていただけに、この離脱はやはり痛過ぎる。2試合で9安打と爆発していた本多も雨天中止で勢いが止まってしまい、5タコ。松中,小久保の両主砲は気を聞いたが、10残塁の拙攻も大きく響き、好投の大隣を見殺しに…。折角、戻ってきたのに、全然セーブのつく場面を作って貰えない馬原が同点の場面で上がってみれば、今季初黒星と、どうにも明るい材料が見えて来ないソフトバンクである。

◆M0−1F
両軍共に走者を出しながら、あと一本が出ず、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた5回、日本ハムは二死走者なしから稲田の四球,田中のヒットで一、二塁とすると、稲葉がライト前へ弾き返して、稲田が先制のホームイン。1点を追うロッテは7回、2本のヒットで一死一、三塁とするも、代打・早川,根元と倒れて、二者残塁。9回にも守護神・MICHEALからサブローの四球,ベニー松山のヒットで長打が出れば一気に逆転サヨナラと言う場面を作ったが、最後は田中雅が三振に倒れて、完封負けとなった。

日本ハムが最少得点を守りきる完封リレーで2位浮上。先発・グリンは7回零封の好投で対ロッテ14イニング連続無失点と相性の良さを見せつけた。ロッテはベニー松山が3安打でいずれも大きなチャンスを築いたが、全て報われず仕舞いで3連敗。水島の呪いに取り憑かれている根元はこの日も3タコ。これで最近27打席で僅かに1安打と不振は深刻を極め、今週中にも3割を割りそうな勢いだ。

◆L7−2E◆
3回に渡辺直のタイムリーで先制を許した西武だが、4回、四球のG.G.佐藤を一塁に置いて、中村が逆転の33号2ラン。中村は続く5回にも二死一、二塁のチャンスに2打席連続の34号3ランをぶち込んで、一気に4点差。直後の6回、併殺の間に1点を返されるも、その裏、すかさず細川の13号ソロで突き放す。8回には栗山のタイムリーでダメ押しの8点目。土壇場9回、楽天は二死満塁と粘りを見せ、守護神・グラマンを引っ張り出したが、最後は代打・高須がショートゴロに倒れて、万事休す。

西武が一発攻勢で逆転勝ちを収め、マジックを23と減らした。中村は2発5打点の大活躍。ローズに3差の34号とホームランキング争いで独走体勢に入りつつある。五輪で計り知れない精神的ダメージを受けたG.G.佐藤も本職のライトを守っているうちにほぐれてきたのか、この日は2安打1四球て勝利に貢献。先発の石井一は6回を2失点で切り抜け、2年ぶりの2桁勝利をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(34) 

August 11, 2008

◆H6−2E◆
楽天先発・長谷部は立ち上がりから全く制球が定まらず、1安打2四球で二死満塁のピンチを背負うと、中西に押し出し四球を許して、先制点を献上。なおも満塁の場面で辻には2点タイムリーを浴びて、早くもKO。ソフトバンクは3回にも松田の12号ソロで1点を追加。4点を追う楽天は4回、フェルナンデスのタイムリーで1点を返すと、続く5回には四球と連打で無死満塁のチャンス。しかし、代打の代打・横川は空振り三振。続く渡辺直のファーストゴロの間に1点を返したものの、ショートはサードゴロに倒れて、二者残塁。ソフトバンクは6回に荒金の犠飛で1点を加えると、7回には松田のタイムリーでダメ押しの6点目。最後はセーブのつかない場面ながらも登板した馬原が2人の走者を出しながらも、無失点で切り抜けた。

前回、打球を食らった影響があった訳ではなかろうが、長谷部がまたまた背信投球で1回もたずにKO。これで6試合連続KO。最近4試合では5回どころか、4回すら投げきれない有様だが、ノムさんはどこまで我慢して使い続けるのだろうか? 負けても負けてもシーズン終了まで使いきると言う選択肢もあるにはあるだろうが、チーム事情を考えると、そんな余裕もないだろうに…。一方、今季初登板となったソフトバンク先発・星野も5回もたずに降板。後を継いだリリーフ陣が揃いも揃って危なっかしい内容だったが、楽天の拙攻に救われた。

◆L4−0F
日本ハム先発・武田勝に対して、西鉄は2回、先頭の後藤がヒットで出ると、続く中村がバックスクリーンへ2試合連続28号2ランを叩き込み、先制。更に、ヒットで出た佐藤が犠打と盗塁で三塁へ進むと、黒瀬がスクイズを決めて、この回3点。直後の3回、日本ハムは先頭の金子誠が内野安打で出ると、一死後、劇団ひちょりがライトフェンス直撃の二塁打。一気に本塁を狙った金子誠だが、西鉄の中継プレーの前に憤死。続く工藤も倒れて、結局、無得点。西鉄先発・岸は以降、日本ハム打線に二塁も踏ませず、8回まで投げきると、最後はグラマンがピシャリと締めて、完封リレーを達成した。

この3連戦、最悪でも勝ち越し、あわよくば3タテといきたかった筈の日本ハムだが、勝ち越しどころか、あっさり連敗しての負け越しは痛過ぎる。これで西鉄との差は6にまで開いてしまった。武田勝は3回以降立ち直っただけに、2回の乱調が悔やまれる。呪われた助っ人・ボッツは土壇場9回に代打で登場したが、あえなく三振と相変わらずの呪われぶりだった。西鉄はこれで球団通算4000勝となった。

◆Bs2−4M◆
2回に橋本のタイムリー三塁打で先制された偽バファローズだが、その裏、前田のタイムリー二塁打ですかさず同点。1−1の儘、迎えた5回、ロッテは二死満塁からベニー松山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。毎回安打を浴びせながら、一向に追加点が奪えないでいた偽バファローズは8回、先頭のカブレラが22号ソロを叩き込み、ようやく渡辺俊をKO。土壇場9回には抑えの荻野に対して、一死満塁と一打同点のチャンスを作るが、森山,カブレラと立て続けにファーストフライに倒れて、ゲームセット。

折角、4位に浮上した偽バファローズだが、一夜で5位に転落。毎回の13安打を放ちながら、僅か2点しか取れない拙攻が大きく響いた。一方、ロッテは6安打で4点と効率のいい攻撃を展開。先発・渡辺俊は粘りの投球が実って、3年ぶりの2桁勝利をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(21) 

July 21, 2008

◆T1−3G◆
0−0で迎えた3回、巨人は一死から鈴木尚がヒットで出ると、すかさず二盗。二死後、ガッツがレフト線へタイムリー二塁打を放って、1点を先制。続く4回には二死から坂本がヒットで出ると、この日鶴岡が2年ぶりの一発となる2ランを叩き込み、3点目。6回二死満塁,7回一死一、二塁のピンチを必死の防戦で切り抜けた阪神はその裏、二死一、二塁から代打・高橋光がタイムリーを放って、木佐貫をKO。なおも長打が出れば同点のチャンスだったが、代わった山口の前にシャア少佐がショートゴロに倒れて、1点止まり。続く8回には3番手・豊田に対して、一死から鳥谷がピッチャーゴロに倒れるも、これが豊田のグラブに挟まって抜けなくなる幸運な内野安打となると、二死後、関本が歩いて一、二塁のチャンス。しかし、葛城イクローは空振り三振に倒れて、二者残塁。最後はクルーンの前に三者三振に倒れて、マジック点灯はお預けとなった。

この3連戦で1つでも負ければ、阪神のマジック点灯を許してしまうと言う危機的状況で前回、3回KOを食らった木佐貫が汚名返上の好投。阿部に代わってスタメンマスクを被った鶴岡も好リードで木佐貫を引っ張り、打っては移籍初アーチが貴重な中押し点となった。吉見が登録抹消となっている隙に白星を稼いでおきたい岩田だったが、6回3失点で無念の黒星。打線も昨日の猛追した勢いを止められてしまった。

◆D8−0C
指揮官が連敗を止める気ゼロでまたも求道者・前田が幽閉されている広島に対して、中日は初回、先頭の荒木が初球を叩いてヒットで出ると、井端が初球で犠打を決め、一死二塁。ここで大竹の森野への初球が暴投となると、三塁を狙った荒木を刺そうとして石原の送球が悪送球となり、僅か3球でタナボタの先制点をゲット。この後、連続四球でチャンスを広げるも、ベンちゃんはゲッツーを食らって、1点止まり。3回には二死から井端のサードゴロをシーボルが悪送球。森野のヒットで一、三塁となった所でT.ウッズのサードゴロをまたもやシーボルがエラーし、またまたタナボタの2点目を追加。6回には一死一、三塁から谷繁,代打・立浪,荒木の3連続タイムリーで4点を追加。なおも一、三塁の場面だったが、井端がゲッツーを食らって、追加点ならず。一向に求道者・前田を出そうとしないブラウン暗黒采配で士気の上がらない広島は梅津,シュルツがそれぞれ1点を失うと、8,9回のチャンスも悉く逃して、あえなく完封負けを喫した。

投打に精彩を欠く広島相手に中日は3残塁の拙攻三昧を繰り広げながらも、辛くも白星。山本昌は6回零封の好投で200勝まであと2つと迫った。山本昌の代打で出た立浪が2点タイムリー二塁打を放った辺りはかなり燃える展開ではあった。それにしても、深刻なのは6連敗となってしまった広島。昨日、求道者・前田がヒットを放ち、状態が好転してきたと見るや、当たり前の様にフル欠場に追い込むブラウン暗黒采配には目を覆うばかり。そんなに必要ないなら、まだ間に合うからソフトバンクにでもトレードしてくれよ!

◆S5−10YB◆
横浜打線が初回から猛攻。一死満塁からメカゴジラのタイムリーで2点を先制すると、更に、吉村のタイムリー二塁打,藤田の犠飛でこの回4点。しかし、横浜が2回一死一、二塁,3回一死二塁と追加点のチャンスを悉く逃しているうちに、ヤクルトは3回、福地のタイムリー,4回には青木の12号ソロで1点ずつ追加。2点差と詰め寄られた横浜は5回、内川のタイムリー,吉村の19号3ランで一気に4点。しかし、粘るヤクルトはその裏、福地,青木のタイムリーで3点を返し、なおも無死一、二塁のチャンス。しかし、後続3人が打ち取られ、二者残塁。横浜は7回に内野ゴロの間に1点を加えると、8回には吉村にこの日2本目となる20号ソロが飛び出して、試合を決定付けた。

5月28日以来の登板となったハマのチンピラだが、大量援護を貰いながら、5回もたずに5失点KOの体たらく。流石に「ドカパロ」でシメ倒された直後だけに呪いの後遺症を感じさせる内容だった。とは言え、吉村が2発3安打5打点の爆発を見せるなど、打線が奮起した。川島亮の大炎上で連勝が4で止まったヤクルトは再び借金生活に逆戻りとなった。

◆H8−6Bs◆
ソフトバンクは初回、松中の3年ぶりの20号2ランで先制。直後の2回、下山のタイムリー二塁打で1点を返されるも、その裏、中西が3号ソロを放って、再び2点差。5回には本多のスクイズの後、川崎,小久保のタイムリーで3点を追加。6回には松田の11号ソロ,8回には辻のタイムリー三塁打で1点ずつ加え、これで試合は決まったかに思われた。しかし、土壇場9回、ソフトバンクが先発・杉内を下げて、継投モードに入ると、偽バファローズが猛反撃。2番手・ニコースキーに対して、一死二、三塁から下山のタイムリーで2点を返すと、代打・塩崎も歩いて、ニコースキーをKO。3番手・久米からはフェニックス一輝が死球を食らった後、代打・坂口が2点タイムリーを浴びせると、カブレラのピッチャーゴロ野間に塩崎も返って、2点差。更に、4番手・三瀬からローズが四球を選んで、一、二塁と一発が出れば逆転と言う場面を作ったが、最後は5番手・高橋秀の前に北川がショートゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。高橋秀はプロ初セーブ。

楽勝ムードから一変、リリーフ陣総崩れであわや大逆転負けの危機に立たされたソフトバンク。杉内が8回1失点と粘り強く好投していた事を忘れてしまう様なヒヤヒヤものの展開だった。偽バファローズは対パ・リーグ無敗の小松で最下位脱出を狙ったものの、5回6失点と期待を裏切られた。打線も杉内を捕まえるチャンスは何度もあったが、あと一本が出ない拙攻が痛かった。

◆L6−4E◆
初回に中島のタイムリー二塁打で先制した西武は続く2回、二死三塁から佐藤,栗山の連続二塁打で2点を追加。更に、3回にも中村のタイムリー二塁打で4点目。3回まで5残塁の拙攻三昧だった楽天だが、4回、西村,鉄平のタイムリーで3点を返し、1点差。続く5回には二死満塁と一打逆転のチャンスを作るも、西村がセンターへ打ち上げて、三者残塁。しかし、7回、一死二塁から山崎武がタイムリーを放って、ついに同点。それも束の間、その裏、西武は中村の22号2ランで再び勝ち越し。8回からは岡本真−グラマンがパーフェクトリレーを見せ、楽天の追撃を退けた。

4点差を追い着いたまでは良かったが、最後は力尽きてしまった楽天。偽バファローズが敗れた為、最下位転落は免れたが、7月の元気のなさっぷりは深刻だ。入れ替わり立ち替わりで起用せざるを得ないチーム状態の所為か、なかなか打線も繋がっていかない様だ。今日は4回1/3とロングリリーフを見せた朝井だが、そろそろ先発に戻してもいいんじゃなかろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:27コメント(0)トラックバック(44) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ