下山真二

August 19, 2010

8/19吉見◆D3−0G◆
負ければ、3位転落の危機に苛まれている巨人。連続KOで中継ぎ降格となっていた内海が中日との相性を買われて先発に復帰したが、2回、2四球にエラーとノーヒットで二死満塁のピンチを背負うと、荒木に2点タイムリーを許し、先制点を献上。阿部の戦線離脱以降、深刻な貧打に見舞われている巨人打線はこの日も精彩を欠き、中日先発・吉見の前に4回までパーフェクトに抑え込まれる体たらく。6回、一死から連打で一、二塁と初のチャンスを作るが、松本,ガッツと打ち取られ、二者残塁。7回にもヒットと四球で一死一、二塁とするも、江戸川,代打・亀井と打ち上げて、またも無得点。3回以降は立ち直りを見せていた内海だが、相次ぐ拙攻に気持ちが折れてしまったか、二死二塁から小田にタイムリー二塁打を浴び、痛恨の3点目を献上。吉見は8,9回も無難に抑えて、今季初完封で11勝目。これで中日は巨人相手に3タテを食らわせて、7連勝を飾り、巨人と入れ替わりで2位に浮上した。

◆YB4−10T◆
初回、ハーパーの犠飛で先制された阪神だが、3回、。二死からマット・マートンのヒットに連続四死球で満塁とすると、黒羽根の捕逸でタナボタで同点とすると、新井がライト前へ勝ち越しの2点タイムリー。これで流れを引き寄せた阪神は5回には新井,ブラゼル,林のタイムリーで一気に4点を追加すると、続く6回には一死一、三塁から新井のショートゴロの間に8点目を追加。その裏、横浜は藤田,村田のタイムリー二塁打で2点を返し、応戦するも、阪神は8回、新井のこの日6打点目となる15号2ランで10点目を挙げ、試合を決定付けた。阪神はこれで5連勝。先発・安藤は5回1/3を3失点で2勝目を飾った

◆C2−7S◆
広島先発・スタルツは立ち上がりから全く制球が定まらず、一死から3連続四球で満塁とすると、畠山に2点タイムリー,宮本に2号3ランを許して、いきなりの5失点。2回には3連打でまたも満塁のピンチを背負うと、ホワイトセルに犠飛を打ち上げられ、6点目を献上。一方、ヤクルト先発・由規は3回までノーヒットと上々の滑り出し。しかし、4回、二死一、二塁から石原に続き、6月30日以来音なしだった代打・求道者・前田にもタイムリーを浴び、2失点。2−6で迎えた7回、ヤクルトは一死一、三塁から川本の犠飛で7点目を挙げ、ダメを押した。由規は8回を2失点に抑えて9勝目と初の2桁勝利へリーチをかけた

◆L5−1H◆
首位戦線に留まる為にも何としても勝ち越したいソフトバンクは2回にハマのスペランカーの19号ソロで先制。しかし、西武は3回、エラーで貰ったチャンスに栗山が同点タイムリーを浴びせると、4回には先頭のフェルナンデスがライトスタンドへ5号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。更に、5回には一死から上本がヒットで出ると、二死後、連続四球で満塁のチャンス。ここでフェルナンデス,ブラウンと連続タイムリーが飛び出し、3点を追加。8回からはカリメロ−長田と繋いで逃げ切った。先発の野上は7回を1失点の好投で2勝目をマークした。首位攻防戦に負け越したソフトバンクは自力優勝が消滅となった。

◆F0−7M◆
初登板初勝利の鮮烈デビューを飾った高卒ルーキー・中村が2度目の登板。3回まで毎回走者を許しながらも、あと一本を許さない粘りの投球を見せると、4,5回は三者凡退に斬って取り、尻上がりに調子を上げてきたかに思われたが、6回、二死満塁の大ピンチでサブローにライトスタンドへ14号先制グランドスラムをぶち込まれ、この回限りで無念の降板。ロッテは7回に井口のタイムリー二塁打で2点、8回には清田のタイムリーで1点を追加。先発の唐川は散発4安打と日本ハム打線を封じ込め、完封で5勝目を飾った。中村はプロ初黒星。敗れた日本ハムは自力優勝が消滅した。

◆Bs6−5E◆
2回、内野ゴロの間に先制した楽天は続く3回にも山崎の23号ソロ等で2点を追加。しかし、その裏、偽バファローズは一死二、三塁から後藤が2点タイムリーを浴びせると、続く4回には一死一、二塁から坂口のタイムリー二塁打,森山の犠飛で逆転に成功。直後の5回、楽天は一死満塁から中村紀が押し出し四球を選ぶと、香月の暴投で労せずして勝ち越しに成功。1点を追う偽バファローズは6回、連打と犠打で一死二、三塁とした所で坂口が2打席連続のタイムリーを放ち、同点。続く代打・下山が歩いて満塁としたが、後藤,ティー岡田と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。5−5の儘、迎えた土壇場9回、偽バファローズは先頭の下山がレフトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。1回を無失点に抑えた4番手・岸田に6勝目が転がり込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(12) 

October 01, 2009

10/1 リンデン◆E5−4H◆
楽天は2回、一死から草野が内野安打で出ると、続くリンデンのタイムリー二塁打で先制のホームイン。3回に田上の25号ソロで追い付かれるも、その裏、鉄平が10号ソロを叩き込み、すかさず勝ち越し。ソフトバンクは5回、ハマのスペランカーの四球,長谷川のヒット,川崎の死球で一死満塁のチャンスを掴むと、松田がレフト前へ同点タイムリー。更に、続く本多が勝ち越し2点タイムリー二塁打を放ち、楽天先発・藤原をKO。楽天はその裏、二死満塁のチャンスを潰すと、6回も二死一、三塁のチャンスを生かせない。しかし、7回、二死一、二塁から草野のタイムリーで1点差と詰め寄ると、続くリンデンがレフトオーバーの走者一掃タイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。8回から登板の福盛が残り2回をきっちり抑えて逃げ切り。楽天はソフトバンクと入れ替わりでついに2位に浮上した。2番手の川岸は2回2/3を無失点に抑え、4勝目

◆F5−6Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは一死から日高,山崎浩,坂口の3連打で2点を先制。更に、大村も内野安打で続いたが、北川,ローズと倒れて、追加点ならず。すると、その裏、日本ハムは無死一塁から田中がタイムリー三塁打を浴びせると、二死後、高橋のタイムリー内野安打で同点。更に、スレッジもタイムリー三塁打を放って、勝ち越しに成功。直後の4回、偽バファローズは阿部の犠飛,山崎浩のタイムリー二塁打で逆転するも、その裏、日本ハムは田中,劇団ひちょりの連続タイムリーで再逆転。1点を追う偽バファローズは6回、先頭の後藤が二塁打で出ると、内野ゴロ2つで同点のホームイン。続く7回には2四球で二死一、三塁とした所で下山がタイムリー二塁打を放ち、三たび勝ち越しに成功。その裏からボーグルソン−金子と繋いで、1点差を守りきった。先発・岸田は6回5失点ながらも、打線の援護に助けられ、9勝目をあげた

◆L2−1M◆
西武先発・オツに対し、ロッテは西岡の14号先頭打者アーチでいきなり先制。ロッテ先発・渡辺俊は走者を出してもきっちり要所を締める落ち着いた投球で西武打線を翻弄。一方、オツも2回以降立ち直り、追加点を許さず、0−1の儘、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ロッテは大松の二塁打と橋本将の四球で一死一、二塁のチャンスを作り、オツをKO。Aクラス浮上へ最早、1つも負けられない西武はここでWBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸を投入するスクランブル継投を展開。二死後、塀内に四球を許して、満塁とした岸だが、続く早崎を打ち取り、ピンチ脱出。土壇場9回、依然として投げ続ける渡辺俊に対し、西武は中島のヒット,中村の四球の後、代打・佐藤が送って、一死二、三塁。ここでG.G.佐藤がライト前へ2点タイムリーを放ち、劇的な逆転サヨナラ勝ち。Aクラスへ辛くも望みを繋いだ。岸は2回2/3を無失点に抑える好リリーフで13勝目。ロッテの連勝は6でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(0)トラックバック(9) 

September 16, 2009

9/16 鳥谷◆G6−7T◆
初回、浅井の3号先頭打者アーチで先制した阪神は更に、この後、一死三塁からキュラソ星人の犠飛で2点目を追加。しかし、その裏、巨人は一死一、二塁から寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、松田記者が歩いて満塁となった所で阿部が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。巨人は3回には2死球で貰ったチャンスに中井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う阪神は5回、中井のエラー,平野のヒットで一、二塁とすると、鳥谷の17号3ランで一気に同点。巨人はその裏、すかさず松田記者の7号ソロで勝ち越すが、直後の6回、阪神は浅井の右中間突破のタイムリー三塁打であっさり追い付くと、続く7回には鳥谷が2打席連続の18号ソロを叩き込み、勝ち越し。6回以降、筒井−江草−アッチソン−藤川と1回ずつ繋いで9三振を奪うパーフェクトリレーを展開し、1点差を守りきった。2番手の筒井は5年ぶりの白星をマーク。尚、中日が敗れた為、巨人のマジックは1つ減って10となり、いよいよ3連覇へカウントダウンに入ったが、対阪神5カード連続負け越しで今季の対阪神の勝ち越しがなくなり、完全優勝が消滅した。

◆C5−2D◆
中日先発・あちゃくらさんに対し、広島は初回、ヒットの東出が二盗を決めると、二死後、栗原のタイムリーで先制のホームイン。3回には二死走者なしからフィリップスがレフトスタンドへ12号ソロを放り込み、1点を追加。更に、5回には3四球で二死満塁と言う拾い物のチャンスに天谷,石井タクローの連続タイムリーで3点を追加。一方、中日は広島先発・大竹に対し、塁上を賑わせるものの、7回まで3併殺を食らうなど、川相不在の弊害を露呈し、ゼロ行進。1番から始まる好打順となった8回には先頭の井端が内野安打で出るも、後続3人があえなく凡退し、またも無得点。土壇場9回、この回から代わった広島5番手・小松はベンちゃんの二塁打,小池のタイムリーで1点を返され、英智が東出のエラーで出た所であえなくKO。たまらず守護神・永川を投入するも、二死後、連続四球を許して押し出しで2点目を献上。一発が出れば一気に形勢逆転と言うピンチで打点リーグトップの森野を迎えたが、セカンドゴロに仕留め、辛くも逃げ切った。大竹は7回無失点の好投で9勝目

◆YB2−6S◆
泥沼の連敗地獄に喘ぐヤクルトは今日も大苦戦。先発・高木が初回から二死二塁のピンチを背負うとジョンソン,メカゴジラと連続タイムリー二塁打を浴び、早くも2点を献上。打線も4回まで僅か1安打と沈黙していたが、5回一死から川本がヒットで出ると、高木が送った後、福地,川島慶と連続タイムリーを浴びせて、ようやく同点。続く6回には一死一、三塁から代打・デントナが勝ち越し犠飛を打ち上げると、更に、7回には一死一、二塁から青木が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、5点目を追加。9回にも青木がタイムリーを放って、ダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながら、林が一軍復帰後初のマウンドに上がると、ピシャリと3人で締め括り、連敗は9でストップ。高木は5回2/3を2点に抑え、プロ初勝利を飾った

◆Bs11−1H◆
復帰初勝利を狙うソフトバンク先発・和田だったが、初回からローズに21号2ランを被弾すると、3回には先頭の岡田に7号ソロを被弾。更に、無死満塁のピンチでまたもローズにタイムリーを浴びると、続く下山には12号グランドスラムをぶち込まれ、あえなくKO。勢いの止まらない偽バファローズは4回には北川のタイムリー二塁打,5回には後藤の3号ソロ,6回には下山のタイムリーと着々と加点するなど、計11安打で11得点の猛攻。投げては先発・近藤が5安打1失点に抑え込み、完投で8勝目をマークした

◆F3−7E◆
初回に山崎武の犠飛,稲葉のタイムリーで1点ずつ取り合って迎えた4回、日本ハムは一死から小谷野が三塁打を浴びせると、永井の暴投で労せずして勝ち越しのホームイン。しかし、直後の5回、楽天は中村真のタイムリーで追い付くと、続く6回には憲史の犠飛で勝ち越しに成功。更に、この後、草野,リンデン,代打・高須と3連打を浴びせて、この回、一挙4点を獲得。続く7回にも憲史のタイムリーで7点目。その裏、日本ハムは無死満塁と絶好のチャンスを作るが、高橋の犠飛で1点を奪うのがやっと。8回無死一塁,9回一死一、三塁のチャンスも逸して、3連勝ならず。永井は6回1/3を投げ、10安打を浴びながらも、3失点で踏ん張り、11勝目。敗れた日本ハムだが、ソフトバンクも試合を落とし、マジックは16となった。

◆M3−2L◆
0−0で迎えた3回、ロッテは四球の塀内を角中が送った所で西岡がセンター前へ先制タイムリー。追いかける西武は5回、一死から赤田の四球,片岡のヒットで一、二塁とすると、栗山のセカンドゴロで二、三塁とした所で中島がライト前へ2点タイムリーを浴びせ、一気に逆転。2回以降1安打とすっかり当たりが泊まっていたロッテは7回、井口,大松,里崎の3連打で同点とし、西武先発・ミャオをKO。なおも一、三塁のチャンスだったが、代打・ベニー松山は最悪のサードゴロゲッツー。続く代打・田中雅もレフトフライに終わり、勝ち越しならず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、西武は一死から代打・上本が二塁打を浴びせるも、ここで代わったシコースキーの前に代打・後藤,片岡と倒れて、無得点。その裏、ロッテはこの回から代わった4番手・大沼から連続四死球で一、二塁とすると、大松が送って一塁が空いた事で里崎が敬遠され、一死満塁。ここで先の打席でチャンスを潰したベニー松山が汚名を返上すべく打席に入るが、初球から大沼が暴投を犯し、ボールが転々とする間に三塁走者・早川が本塁を陥れ、タナボタのサヨナラ勝ちを収めた。9回のピンチを凌いだシコースキーは8勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(22) 

September 12, 2009

◆C−G◆
降雨中止。

◆D4−2S◆
精彩を欠いた戦いが続くヤクルトはこの日も3回まで毎回走者を出しながら、チャンスをモノに出来ない体たらく。2回まで踏ん張っていた先発・押本だったが、3回、二死二塁から井端に先制タイムリーを許すと、続く4回には一死一塁からベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに25号2ランをぶち込まれ、2失点。7回までゼロ行進を続けていたヤクルトは8回、この回から代わった浅尾に簡単に二死を取られるも、ここから青木のヒット,デントナの四球で一、二塁のチャンスを作ると、ガイエル,宮本と連続タイムリーを放ち、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、野口が三振に倒れ、同点ならず。その裏、中日はブランコの犠飛で貴重な1点を追加。土壇場9回、ヤクルトは守護神・岩瀬相手に二死満塁とワンヒットで同点のチャンス。しかし、ここで8回、デントナに代走・森岡を送ってしまったツケが出て、代打・川本を送るが、レフトフライに終わり、万事休す。これでヤクルトは泥沼の7連敗で球団ワーストの12カード連続負け越しを記録。中日先発・小笠原は6回2/3を無失点で切り抜け、6勝目をあげた

◆T2−4YB◆
デーゲームでヤクルトが敗れ、勝てば3位浮上となる阪神だったが、1,2回と順調に抑えてきた先発・福原が3回、突如、制球を乱し、3四球で二死満塁のピンチを作った挙げ句、内川に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴び、この回限りでKO。3点を追う阪神は4回、一死から関本の死球,浅井の二塁打で二、三塁とすると、狩野のショートゴロの間に関本が生還。続く5回には一死から平野,鳥谷と連打を浴びせると、キュラソ星人がタイムリー二塁打。二塁走者・平野に続いて、一気に同点を狙った一塁走者・鳥谷だったが、惜しくも本塁憤死で1点止まり。すると直後の6回、横浜は二死満塁から山崎のタイムリーで突き放す。阪神は8回、この回から代わった真田に対し、キュラソ星人,関本のヒットで一死一、二塁のチャンス。しかし、代打・悠久の若虎・桧山が三振に倒れると、続く狩野もショートフライに終わり、二者残塁。土壇場9回、横浜3番手・山口に対し、阪神は先頭の代打・野原祐がライト前ヒットで出塁。しかし、葛城イクローは三振に倒れると、続く平野はピッチャーゴロゲッツーを喰らう最悪の展開でゲームセットとなり、3位浮上はならなかった。横浜先発・ランドルフは7回2失点で3勝目

9/12 山崎武◆H5−6E◆
ソフトバンク先発・ホールトンは初回、簡単に二死を取ったものの、ここから鉄平に痛打されると、続く山崎武に34号2ランを被弾し、先制点を献上。2,3,4回と3人ずつで打ち取り、立ち直ったかと思いきや、5回、草野,中谷にヒット,小坂に四球を許し、一死満塁のピンチを迎えると、渡辺直にセンターへ犠飛を打ち上げられ、3点目を献上。一方、楽天先発・青山は1,2,3回と得点圏に走者を背負いながらも、無失点で切り抜ける粘りの投球。6回、一死満塁のピンチを背負った所でKOされるが、代わった佐竹が松中をショートゴロゲッツーに仕留めて、ピンチ脱出。8回、楽天は一死から代打・宮出のヒットの後、鉄平のタイムリー三塁打,山崎武のこの日2本目となる35号2ランで3点を追加。これで決まったかと思いきや、その裏、ソフトバンクが猛反撃を開始。一死から本多,川崎,オーティズ,小久保,松中と怒濤の5連打で4点をあげると、二死後、田上のヒット,代打・ハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点差。更に、吉川が歩いて、満塁と一打逆転の場面を作ったが、ここで代わった小山の前に本多がサードファールフライに倒れて、三者残塁。9回は三者凡退に終わり、僅かに及ばず、4連敗となった。青山は5回1/3を無失点に抑え、2勝目。先発としては2年4ヶ月ぶりの白星。楽天は6連勝でアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦進出へのマジック19を点灯させた。

◆F2−4M◆
日本ハム先発・八木に対し、3回まで毎回安打を浴びせながらも、あと一本が出ずにいたロッテだが、4回、先頭のサブローが21号ソロを叩き込み、1点を先制。6回には今江の二塁打の後、またもサブローがタイムリーを放ち、1点を追加。8回には先頭のサブローがこの日4安打目となる二塁打で出ると、一死後、大松がタイムリー二塁打。更に、里崎がヒットで繋いだ後、ベニー松山が犠飛を打ち上げ、4点目。ロッテ先発・唐川の前に散発2安打と沈黙していた日本ハムはその裏、一死一、二塁から田中のタイムリーでようやく1点を返すと、続く糸井のセカンドゴロの間にも1点を加え、2点差。土壇場9回には抑えのシコースキーに対し、先頭の高橋が内野安打で出るも、続くスレッジがファーストゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。続く小谷野も三振に斬って取られ、これで今季2度目の6連敗となった。唐川は8回2失点の好投で5勝目

◆L2−3Bs◆
2回、ローズの20号ソロで先制を許した西武だが、3回、二死走者なしから栗山が二塁打を浴びせると、続く中島のライト前タイムリーで同点。続く4回には一死からG.G.佐藤が19号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸は6回までローズの一発のみの1安打投球を見せていたが、7回、一死からフェルナンデス,日高と連続二塁打を浴び、追い付かれると、二死後、下山にもタイムリーを許し、勝ち越し点を献上。この回限りでKOとなった。偽バファローズは9回から先発要員の金子を投入。先頭の中村に痛打されるも、後続3人をきっちり打ち取り、2年ぶりのセーブ。先発・平野は8回2失点で5月31日以来となる3勝目をあげ、自身の連敗を9でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:06コメント(0)トラックバック(16) 

July 22, 2009

◆YB2−6G◆
巨人が得意の一発攻勢で主導権を握った。まず初回にガッツが22号先制ソロを叩き込むと、続く2回に亀井の11号ソロ,阿部が12号ソロを叩き込み、2点を追加。3点を追う横浜は3回、ハマのチンピラが自ら二塁打を放って、反撃の狼煙を上げると、石川のヒットで一、三塁。一死後、内川が犠飛を打ち上げ、ようやく1点。3回以降一人の走者も出さず、完全に立ち直ったと思われたハマのチンピラだが、7回、山崎のエラーで足を引っ張られると、二死二塁となった所で古城にタイムリー三塁打を浴びて4点目を失い、この回で降板。巨人は続く8回にもガッツのこの日2本目となる23号2ランでダメ押し。横浜は9回にジョンソンに13号ソロが飛び出したが、焼け石に水だった。結果を出しているにも拘わらず外国人枠の都合上、二軍落ちの危機に瀕しているオビスポだが、来日初完投で無傷の3勝目をあげ、一軍残留をアピールした。

◆D3−2C◆
いい加減に対中日の連敗を阻止したい広島だが、この日も先発・大竹が初回から森野にタイムリー二塁打を浴びるなど、2点を献上する苦しい立ち上がり。2点を追う広島は4回、栗原,マクレーン,天谷の3連打で1点を返すと、一死後、石原のショートゴロの間にマクレーンが生還し、ようやく同点。中日は2回以降、再三再四チャンスを掴みながら、ゲッツー,盗塁死など、怒濤の拙攻三昧でゼロ行進を続けていたが、8回、二死走者なしから四球で歩いた藤井が二盗を決めると、小池が均衡を破る勝ち越しタイムリー。9回からは守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、対広島11連勝。先発のあちゃくらさんは8回2失点で7勝目

7/22 館山◆T0−5S◆
未だに白星のない阪神先発・岩田に対し、ヤクルトは初回、ヒットの青木を田中が送ると、二死後、デントナのタイムリーで1点を先制。3回には先頭の田中が振り逃げで出ると、福地のヒットの後、またもデントナがタイムリー。更に、一死後、宮本にもタイムリーが飛び出し、この回2点。3回まで毎回チャンスを作りながら、あと一本が出ない阪神は4回にも先頭のキュラソ星人のヒットの後、ブラゼルが最悪のゲッツー。この後、連打と四球で満塁とするが、岩田を下げて投入した代打・林がファーストゴロに倒れて、三者残塁。すると、直後の5回、代打を出された岩田に代わる2番手・ジェンが飯原に2号ソロを被弾。ヤクルトは7回にまたまたデントナがタイムリーを放ち、貴重な5点目を追加。ヤクルト先発・館山は尻上がりに調子を上げ、11安打を浴びながらも、4年ぶりの完封を果たし、ハーラー単独トップの11勝目

◆H7−6E◆
リンデンの4号先頭打者アーチで先制されたソフトバンクだが、その裏、小久保のタイムリーですかさず追い付くと、続くハマのスペランカーに12号2ランが飛び出し、一気に勝ち越し。続く2回には本多のタイムリー,3回には長谷川の犠飛,4回には藤原の暴投で着々と加点。5点のリードを貰った先発・杉内だが、5回二死走者なしからリンデンを歩かせると、渡辺直に痛打された所で鉄平に5号3ランを被弾。続く6回には一死満塁のピンチを作って、あえなくKOとなると、代わった攝津アッパーも代打・中村真,リンデンと連続タイムリーを浴びて、試合は振り出しに。追い付かれたソフトバンクは7回、本多,松中のヒットで一死一、三塁とすると、小久保がライト前にタイムリーを浴びせ、再び勝ち越しに成功。8回からはファルケンボーグ,馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、1点差を守りきった。一時は同点に追い付かれた攝津アッパーに3勝目が転がり込んだ

◆F2−1M◆
日本ハム先発・ダルビッシュは5回まで3四球出しただけのノーヒットと言う快投を展開。一方、ロッテ先発・成瀬も走者を出しながら、4回まで無失点に抑えていたが、5回、先頭のスレッジに二塁打を浴びると、二死後、鶴岡にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。ロッテは7回、一死からサブローが振り逃げで出ると、続く橋本がようやくチーム初安打を放ち、チャンスを広げるが、竹原,バーナムJr.と打ち取られ、二者残塁。日本ハムは8回二死から鶴岡に今季初アーチが飛び出し、貴重な2点目を追加。ロッテは9回二死からサブローの12号ソロで完封を免れたが、最後は橋本将がセカンドゴロに取られて、ゲームセット。ロッテ打線を僅か2安打に抑え込んだダルビッシュは3試合連続完投勝利でハーラートップタイとなる12勝目をマークした。

◆L2−4Bs◆
偽バファローズは初回、坂口,フェルナンデスのヒットで一、三塁とすると、カブレラが先制タイムリー。更に、北川もヒットで続き、満塁とチャンスを広げたが、下山,フェニックス一輝と連続三振に倒れて、1点止まり。2回以降、2併殺を食らうなど攻めあぐねていた偽バファローズだが、7回、先頭のフェニックス一輝が2号ソロを叩き込み、1点を追加。2点を追う西武はその裏、先頭の後藤が今季初アーチを放り込むと、続く8回には中村に31号ソロが飛び出し、同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、10回からマウンドに上がっていた4番手・小野寺に対し、偽バファローズは一死からカブレラ,北川と連打を浴びせると、下山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、大久保が三者三振の快投で西武の反撃を断ちきった。2回をノーヒットで切り抜け、勝ち越し点を呼び込んだ加藤に4勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(7) 

September 20, 2008

◆G9−1T◆
何とか巨人の勢いを止めたい阪神は初回、内海の制球難をついて、一死満塁と絶好のチャンスを作るが、鳥谷,関本と倒れて三者残塁。すると、その裏、下柳が一死一、二塁のピンチで寿司職人ラミレス,李と連続被弾し、早くも4失点。直後の2回、阪神は連打で無死一、二塁とすると、下柳はスリーバントを失敗したものの、シャア少佐がヒットで繋ぎ、再び一死満塁のチャンス。ここで平野の打球はライト前へ抜けるかと思われたが、李の好プレーに阻まれ、この間に三塁走者・高橋光を返すのが精一杯。その裏、巨人は1番に起用された松田記者が二塁打を放つと、一死後、ガッツが2試合連続となる31号2ランを叩き込み、早くもクリーンアップ揃い踏み。更に、この後、二死一、二塁から阿部がタイムリーを放って、下柳はあえなくKO。続く3回、2番手のアポリー中尉が一死からキムタクに頭部死球を食らわせ、危険球退場。3番手・渡辺は続くガッツにヒットを浴び、ピンチを広げるが、寿司職人ラミレスをゲッツーに仕留め、ようやく無失点で切り抜ける。しかし、巨人の勢いはこれで止まらず、続く4回、一死二塁から阿部が20号2ランを叩き込み、ダメ押しの9点目。大量リードを貰った内海は尻上がりに調子を上げていき、8回まで追加点を許さず、3年連続の2桁勝利に到達した。

昨日は一進一退の好ゲームだったが、この日は巨人がクリーンアップ+阿部で4ホーマーと得意の一発攻勢で圧倒。立ち上がりはどうなる事かと思われた内海だったが、終わってみれば8回1失点。破竹の連勝は9と伸び、ついに首位・阪神に1ゲーム差と肉迫した。阪神は1,2回と立て続けの満塁のチャンスを掴みながら、内野ゴロの間に1点を取るのが精一杯で内海を調子に乗せてしまう始末。投げては下柳が今季最短の1回2/3KO,2番手・アポリー中尉は危険球退場と投打に精彩を欠く惨敗となってしまった。

◆C10−0D
借金生活に加え、4位転落と泥沼の展開に陥った中日。この絶体絶命の状況を打破するには川相を起用するしかないのだが、今更ながら、名手・川相を現役復帰させなかった事を悔やむしかない中日首脳陣は川井を先発起用し、お茶を濁しにかかったが、所詮、カワイであって川相ではない川井を起用する事がチームの流れを変えられる筈もなく、いきなり初回からオチョア,嶋とタイムリーを浴びて、2点を献上。その後も失点こそ免れながら、走者を出しまくるフラフラとした投球が続き、4回一死で早くもKO。6回には3番手・小笠原が東出のタイムリー,オチョアの13号3ランで4失点。4番手・長峰も7回、4安打2四球で4失点と炎上し、大量10点差。打線も前田健の前に散発4安打完封を食らい、リーグ優勝の可能性゛か完全に消滅すると同時に自力でのAクラスも消滅してしまった。

この期に及んで広島相手に大惨敗とは中日のチーム状態の悪さは深刻だ。川井に罪がある訳ではない。川相を復帰させず、川井でお茶を濁そうなどと陳腐な考えを起こした首脳陣が悪いのだ。一方の広島だが、求道者・前田は嫌がらせで幽閉されているだけの話で(これはこれで大問題なのだが)、前田健は求道者・前田不在のお茶濁しの為に起用されている訳ではない所を見せつけての見事なプロ初完投初完封勝利で逆転新人王へ僅かに望みを繋いだ。広島の躍進は昨年は戦力でなかった前田健とルイスで13個も貯金を稼いでいるのが大きく、ブラウン監督の手腕がどうこうと言う話ではないのだが、この儘では嫌がらせに邁進しているだけのブラウン監督の続投が決まってしまいかねない。川相不在の中日に多くを期待するのは無茶と言うものだが、少しは意地を見せて貰いたいものだ。

◆S4−1YB◆
5連敗中の横浜は2回、2四球と内野安打で一死満塁と先制のチャンス。しかし、武山はファーストへのファールフライに倒れると、続くウッドはピッチャーゴロに終わり、先制ならず。すると、その裏、ヤクルトは二死走者なしから川本,川島亮,青木,川島慶と怒濤の4連打で2点を先制。リードされた横浜は3回二死一、二塁,4回一死満塁のチャンスを悉く逃したものの、5回、一死から村田の41号ソロでようやく1点。8回には先頭のメカゴジラがヒットで出ると、石井タクローが送って、一死二塁と一打同点のチャンス。しかし、鈴木なおのり,石川と代打攻勢が実らず、無得点。ピンチを脱したヤクルトはその裏、福地のタイムリー,小山田の暴投で2点を加え、ダメ押し。最後は五十嵐が締めて、今季初セーブを飾った。

開幕からローテを守っているが守っているだけのウッドが5回2失点と最低限の投球はしたが、打線の援護に恵まれず、リーグトップタイの12敗目。村田が2四球1死球と歩かされまくった(唯一、勝負して貰った打席では一発かましたが)のも響いた横浜は今季2度目の6連敗となり、借金はついに40にまで積み上がってしまった。ヤクルトはこれで3連勝となり、中日との差が3と4位浮上の芽も出てきた。

◆H0−1L◆
ソフトバンク先発・和田は6回一死までパーフェクトに抑えるなど、9回まで無失点の素晴らしい投球を展開。何とか和田を援護したいソフトバンク打線だったが、帆足に対して、毎回安打を浴びせながら、あと一本が一向に出ず、ゼロ行進を続けるばかり。9回から代わった大沼,星野を攻め、二死満塁とサヨナラのチャンスを掴むも、本多はセカンドゴロに打ち取られ、0−0の儘、延長に突入。10回も続投となった和田は簡単に二死を取るが、ここでこの日2安打を浴びていた細川にスタンドへ15号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。その裏、グラマンの前に3人でピシャリと締められ、完封負けを食らった。

ソフトバンクが9回まで毎回安打で無得点と言う不甲斐ない攻撃で好投の和田を見殺し。屈辱の完封負けを喫し、ついにリーグ優勝の可能性が完全に消滅してしまった。アジアリーグだの、アジアリーグ出場権争奪戦だの、アジアリーグ出場権争奪戦出場権争奪戦だのは所詮、エキシビジョンマッチでしかない訳で、王さんのラストイヤー…になるかもしれない年に日本シリーズへの出場を果たせなかった事は実に無念である。守護神・馬原が開幕から長期離脱し、五輪ではローテ投手を二人も拉致された上、首位打者候補の川崎を今季絶望クラスの重傷に追い込まれ、ハマのスペランカーのリタイアは………、まぁ、恒例行事だからいいとしても、偽バファローズから無理矢理強奪したパウエルが全く働かないなど助っ人陣が投打揃って総崩れとなるなど、今季はあまりにも逆風が強過ぎた。果たして、王さんはこんな結果で本当に今季限りで勇退してしまうのか? WBCの監督就任を拒否する理由に体調だけでなく、時期的に現場監督では厳しいと言っている事からも来季も続投する意欲があると言う事なのか? 是非とも来季にリベンジを図って欲しいと願うばかりだが…。

◆M4−1E
ロッテは初回、いきなりの4連打で2点を先制。オーティズはゲッツーに倒れたものの、続くズレータが8号2ランを叩き込み、この回4点。楽天は先発・木谷を2回限りで諦め、小刻みな継投で追加点を許さない必死の防戦を展開。5回、2四球とエラーでノーヒットながら満塁のチャンスを掴むが、代打・高須はセンターへ打ち上げ、三者残塁。7回、ショートの犠飛で、ようやく1点を返したものの、反撃はここまでだった。

2回以降散発3安打に終わったロッテだが、初回の4点が大きくものを言って、単独3位に浮上。成瀬は7回を散発2安打無失点の好投で7月12日以来、約2ヶ月ぶりの7勝目を飾った。一方、木谷は先発転向以来4戦連続KO。いつまで経っても5回すらもたない有様でもういい加減、先発から外した方がいいのではなかろうか。

◆Bs6−1F◆
28イニング無失点を続行中のグリンは初回、一死一、二塁のピンチを切り抜け、連続イニング無失点を29と伸ばしたものの、続く2回、二死満塁から下山に2点タイムリーを浴び、無失点記録が途絶えると、ここからカブレラにタイムリーを浴びた後、ローズには39号3ランをぶち込まれ、悪夢の6失点。グリンは3回以降立ち直ったものの、味方打線は偽バファローズ先発・山本の前に拙攻続きで6回まで無失点。7回に代打・飯山のタイムリーでようやく1点を返した日本ハムはなおも二死満塁とチャンスを広げたが、劇団ひちょりがセンターフライに倒れて、1点止まり。続く8回も一死一、二塁としながら、あとが続かず。9回は三者凡退に終わり、4連敗となった。

2回を除けば無失点で完投と申し分ない内容のグリンだったが、それだけに2回の大量失点が悔やまれる。打線も偽バファローズを上回る10安打を放ちながら、拙攻に次ぐ拙攻が響き、ヒットが一極集中した偽バファローズに5点もの差をつけられてしまう有様。これで日本ハムは再び4位に転落となり、3連覇の夢が消滅した。偽バファローズ先発・山本は粘りの投球で自己初の10勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(3)トラックバック(45) 

May 05, 2008

◆S4−6G◆
2回に二死満塁のピンチを切り抜けたヤクルトはその裏、ユウイチ,福川のタイムリーで2点を先制。追いかける巨人は4回、寿司職人ラミレスの8号ソロで1点差とすると、続く5回には坂本が同点タイムリー。更に、二死満塁となった所で阿部が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を勝ち越し。更に、続くゴンザレスにもタイムリーが飛び出し、6点目。その裏、田中のタイムリー二塁打で1点を返したヤクルトは土壇場9回には守護神・クルーンから宮本,ユウイチと連打を浴びせて、2点差と詰め寄ったが、ここから飯原,代打・川端と連続三振。そして、代打・リグスもサードゴロに倒れて、万事休す。巨人先発・グライシンガーは8回3失点で4勝目。

◆D4−10T◆
川相を現役復帰させる事なく、一発依存野球に甘んじていては投手陣が崩れた時、なす術がない事を見せつけられているにも拘わらず、何の手も打とうとしない首脳陣に落胆の色を隠せない中田は初回から四球1つを挟んだ6連続長短打を浴びるなど、悪夢の大量7失点。主導権を握った阪神は3回にも3連打で2点を奪い、7回には関本のタイムリーで10点目。中日は珍しく一発なしで4点を返したものの、序盤の大量失点があまりにも重かった。

◆C5−6YB◆
会心の逆転勝利を呼び込んだ求道者・前田だが、恐れていた通り、ブラウン監督は求道者・前田の適性がスタメンより代打にあると思い込んでしまったのか、はたまた、そう思い込んだフリをして体よくベンチに追い込んだのか、真相はともあれ、またも求道者・前田はベンチに幽閉される始末。ガックリきた長谷川は初回から吉村の3ラン等で大量5失点。それでも広島はその裏、栗原,石原のタイムリーで2点を返し、4点差で迎えた7回には一死一、二塁のチャンス。ここでようやく代打に起用された求道者・前田だったが、よりにもよって死球を食らわされて、これ幸いとブラウン監督により代走・木村と入れ替えられてしまう始末。ここから石原のタイムリー,小窪の押し出し四球,東出の犠飛で1点差まで詰め寄ったものの、反撃もここまで。8,9回と三者凡退に倒れて、あと一歩及ばなかった。

◆E6−8H◆
ソフトバンクは初回、小久保のタイムリーで先制。その裏、横川のタイムリー等で逆転を許すも、直後の2回、小斉が同点三塁打,3回には吉崎の暴投で労せずして勝ち越し。しかし、楽天はその裏、高須,横川の連続タイムリーで逆転に成功。4−3の儘、迎えた土壇場9回、一死満塁から川崎がレフト前へ2点タイムリー。しかし、粘る楽天はその裏、渡辺直のタイムリーで追いつき、試合は延長に突入。迎えた11回、ソフトバンクは大村のタイムリー,山崎の犠飛で2点を勝ち越し。その裏、楽天は一死一、二塁のチャンスを作ったものの、最後はフェルナンデスがショートゴロゲッツーに倒れて、万事休す。ソフトバンクはこれで4連勝となった。

◆L8−6F◆
初回からキニーの制球難につけ込み、3点を先制した日本ハムは5回にも4安打を集中して、3点を追加し、6点のリード。しかし、その裏、スウィーニーの前にノーヒットに抑え込まれていた西武が細川のグランドスラムで一気に位上げると、続く6回には中島の8号ソロで1点差。完全に流れを引き寄せた西武は8回にはブラゼルのタイムリーで追いつくと、続くG.G.佐藤が9号2ランを叩き込み、ついに勝ち越しに成功。最後はグラマンが締めて、逃げ切った。

◆Bs6−3M◆
ロッテは3回、西岡の2号2ランで先制。4回にゲッツーの間に1点を返されるが、6回、ズレータにタイムリー二塁打が飛び出して、再び2点差に突き放す。来日初先発となる呉は6回まで1失点の好投を展開。7回一死から連続四球を与えてKOとなったが、代わった川崎が牧田をゲッツーに仕留めてピンチ脱出。しかし、続く8回、連打で無死一、三塁のピンチを迎えると、下山に2号3ランを叩き込まれて、一気に形勢逆転。更に、この後、偽バファローズは浜中に2点タイムリー三塁打が飛び出し、ダメ押し。9回は守護神・加藤が無難に抑えて、先発・岸田に今季初勝利がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(22) 

August 08, 2007

◆G2−15T◆
巨人先発・木佐貫は2回、無死満塁の大ピンチを背負うも、ここから三者連続三振に斬ってとり、ピンチ脱出。続く3回も二死から連打を浴びるが、林を空振り三振。4回も三者三振で、早くも8奪三振。しかし、5回、投手のボーグルソンにヒットを許したのをきっかけに自らのエラーで先制点を許すと、更に、シーツにタイムリーを浴びた所で早くも降板。相性の悪いキュラソ星人との対決を避けて、木佐貫を下げたはいいが、代わりに出てきたのが山口では荷が重かった。山口はキュラソ星人に2点タイムリーを許すと、林はゲッツーに仕留めたものの、代打・浜中にはタイムリー二塁打,矢野には4号2ランを叩き込まれて、この回、悪夢の6失点。6回には3番手・姜が二死から4連打を浴びて、2失点。留まる所を知らないこの日の阪神は7回には4番手・野口に襲いかかり、シーツの2ラン,矢野のこの日2本目となる5号3ラン、関本の3号ソロ等でダメ押しの7点を奪い、今季最多の22安打15点で圧勝し、3位に浮上。勿論、JFKは完全温存。先発・ボーグルソンは5回を無失点に抑え、6勝目を飾った。

◆D6−7C◆
先発ローテの一角として期待されて入団したにも拘わらず、キャンプ序盤で中継ぎ向きの烙印を即座に押されてしまったルーキー・宮崎がついに悲願のプロ初先発。しかし、初回、自らのエラー等で一死満塁のピンチを背負うと、森野に2点タイムリー二塁打を浴びるなど、いきなりの3失点。しかし、広島は直後の2回、倉のタイムリーで1点を返すと、続く3回には求道者・前田に会心の10号3ランが飛び出して、一気に逆転。リードを貰った宮崎だが、4回に3連打で同点とされると、5回には、またも森野に勝ち越しタイムリーを許して、この回限りで降板。この日は粘りを見せる広島は7回、中日4番手・平井から梵が7号2ランを叩き込み、再び逆転。8回から早くも登板となった守護神・永川は相変わらずの不安定な投球で二死一、二塁のピンチを迎えるも、何とか凌ぎきると、9回に梵がこの日4安打目となるタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。永川は9回もピンチを作り、T.ウッズのタイムリーで1点差と詰め寄られたが、何とか逃げ切り、チームの連敗は4で止まった。

◆S5−3YB◆
連敗地獄に喘ぐヤクルトはこの日もメカゴジラの一発で先制点を許す苦しい立ち上がりとなったが、4回、宮本の2点タイムリーで逆転すると、5回には寿司職人ラミレスの15号ソロ,7回には青木の18号ソロ、そして、8回には城石が2号ソロと一発攻勢で着々と加点。土壇場9回、横浜は二死からメカゴジラ,吉村の連続アーチで2点差まで追い上げたが、反撃もここまで。最後は代打・木村が三振に倒れて、ゲームセット。辛くも逃げ切ったヤクルトの連敗は5でストップした。敗れた横浜は4位転落

◆L6−2H◆
松中をついに4番から降格させる英断で臨んだソフトバンクは初回、ヒットの本多を内野ゴロ2つで迎え入れるも、先発・西山がピリッとしない。その裏の満塁のピンチは凌いだが、2回に中村に同点7号ソロを被弾すると、3回には二死満塁から小久保のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。更に、4回には片岡の犠飛で3点目。7回には中村のタイムリー等でダメ押しの3点を追加。毎回の様に走者を出しながら、攻めあぐねていたソフトバンクは8回、井手のタイムリーで1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、代打・明石が最悪のゲッツー。最後はグラマンに3人で捻られ、首位陥落。西武先発・松永は4回で降板となったが、小刻みな継投が成功。3番手として2回を無失点に抑えた山岸に今季初勝利がついた。

◆F3−2E◆
4連敗中の日本ハムだが、悪の温床・楽天先発・朝井に対して、2回、高橋のヒット,ジョーンズの四球で一死一、二塁とすると、この日、8番に落とされていた田中賢がライト前へ先制タイムリー。3,4回と得点圏に走者を進めながら、あと1本が出ずにいたが、5回、一死満塁から青波の長瀬のセカンドゴロの間に2点目を追加。完封ペースの好投を見せていた武田勝だが、8回、二死一、二塁のピンチを作った所で降板。更に、ここでマウンドに上がった守護神・MICHEALが代わりばな山崎武に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の白星を粉砕。しかし、その裏、日本ハムは青波の長瀬に19号ソロが飛び出して、再び勝ち越し。MICHEALは9回は3人でピシャリと抑え、今季初白星。連敗は4で止め、首位に返り咲き。一方、敗れた悪の温床・楽天はまたまた指定席・最下位へ舞い戻った

◆Bs3−2M◆
ロッテの先発は好投しても打線に見殺しに遭う日々が続いている渡辺俊。最早、完封する以外、活路を開けないのか…と悲愴感漂う中、いきなり初回にラロッカの犠飛で先制されてしまう。ロッテ打線は危惧された通り、偽バファローズ先発・岸田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれる沈黙ぶりだったが、4回、後藤のエラーで貰ったチャンスにベニー松山のタイムリー内野安打で同点とすると、5回には早川のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、その裏、後藤がエラーの汚名返上とばかりに6号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。結局、渡辺俊は6回2失点で降板し、またも白星つかず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板のロッテ4番手・薮田に対し、偽バファローズは一死後、木元が二塁打を浴びせると、続く下山がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。此で偽バファローズは最下位脱出となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(2)トラックバック(89) 

July 14, 2007

◆G1−8C◆
再調整中の姜も予想された巨人の先発だが、3日前に2回5失点KOとなった木佐貫が中2日で登板。2回に一死一、二塁とされるも、倉を三振ゲッツーに仕留めて、ピンチを脱出。4回には栗原,新井の3,4番を連続三振に斬ってとったものの、オチョアに左中間スタンドへ3号ソロを放り込まれて、先制点を献上。一方、通算100勝を狙う広島先発・黒田に対して、その裏、巨人は一死からガッツ,阿部の連打で一、三塁と絶好のチャンス。しかし、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮して、同点ならず。広島は6回一死一、三塁から新井のセンターへの犠飛で貴重な2点目を追加し、木佐貫をKO。その裏、巨人は一死二塁から古城のタイムリーで1点差に詰め寄ると、なおも二死二塁で打席には阿部。一塁が空いている上、次が怒濤のチャンスブレイカー・ニックンとあっては、歩かされると思われた阿部だが、黒田は真っ向勝負で阿部を空振り三振に斬って取り、このピンチを脱出。何とか突き放しておきたい広島は8回、一死からサードゴロを放った松本がガッツのエラーで出ると、栗原がレフト線へタイムリー二塁打。栗原は三塁を狙って、憤死するも、新井が四球で歩いた後、オチョアのライト前ヒットで一気に三塁へ。これを刺そうとしたホリンズの送球が大きく逸れる間に新井が返って、4点目。相次ぐ拙守でむざむざ流れを手放した巨人は更に、嶋にタイムリー,倉には3ランを叩き込まれて、この回、大量6失点。9回にガッツに被弾したものの、黒田は2失点完投で通算100勝を達成した

◆T−D◆
降雨中止。

◆YB−S◆
降雨中止。

◆M−H◆
降雨中止。

◆E−F◆
降雨中止。

◆Bs6−3L◆
初回、G.G.佐藤のタイムリーで先制された偽バファローズだが、その裏、一死から村松,ラロッカの連打で二、三塁とすると、ローズが走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に逆転に成功。3回には一死満塁から北川がきっちり犠飛を打ち上げて、3点目。2点を追う西武は5回、中島,G.G.佐藤の連続タイムリーで同点。追いつかれた偽バファローズは6回、下山に5号ソロが飛び出して、再び勝ち越し。下山は8回にも2打席連続となる6号2ランを叩き込み、ダメ押し。最後は加藤大が3人で締めて、連敗を3でストップさせた。尚、この日、偽バファローズはセラフィニに対して、戦力外通告を行った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:30コメント(0)トラックバック(41) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ