三浦春馬

October 04, 2010

君に届け

アニメ版の方を先に見て気に入った作品。漫画の実写化には、あまり信頼感を抱いていないので見ようか否か、かなり迷った末、映画の日に鑑賞する事に…。 まぁ、多部未華子主演じゃなかったら、テレビ放映待ちだったかなぁと言う所だったのだが、 結論から言ってしまうと、見に行って良かった!に尽きる内容だった。

ストーリーは基本的には原作準拠で、ほぼアニメでやった辺りまで。多少の設定変更(特に終盤)はあったけれど 、原作の雰囲気を壊しておらず、むしろ、こっちの方がいいかもしれない… と言う演出もあったりするし、脇役陣が丁寧に描かれている辺りにも好感が持てたし、時間に制約がある以上、端折られたエピソードが幾つもあるのは当然仕方のない事であって、2時間強でここまで綺麗にまとめたのは上出来だと思う。風早の告白シーンがちょっと唐突な印象だったのと、胡桃沢の名前バレがなかったのが残念かな(胡桃沢は比較的、描写不足な役どころだったしね)。 いかんせん、爽子と風早はアニメでCVを務めた能登麻美子と浪川大輔の印象が思いっきり擦り込まれている所為で多部未華子と三浦春馬には、多少のギャップを感じてしまったのだが、他の面々については、アニメ鑑賞後でも殆ど違和感を覚えないナイスキャスティングだった様に思う(爽子の父・喜多夫役の勝沼政信なんかは元のイメージとは全然違うのだが、全く気にならなかった)。アニメとのギャップを感じたとは言っても、多部未華子と三浦春馬は申し分なく好演で満足。特に、爽子は最初に感じたギャップなど見ているうちに殆ど気にならなくなった。以前にも何度か触れている様に、私は多部未華子ファンな訳だが、爽子役が決まった当初、正直、ここまでの期待は抱いていなかったのだなぁ。しかし、結果としては、個人的には堀田イト(「鹿男あをによし」)に次ぐ当たり役かも…と思った次第…。これはもう多部未華子ファンは四の五の言わずに見ろ!と言いたくなる多部未華子堪能ムービーなのである。爽子と言えば、デフォルトで三白眼キャラ。多部未華子版は要所要所で無理矢理、三白眼演技をする訳だが、これが文字通り「貞子」が降臨していて怖い(笑)。デフォルトで三白眼なのではなく、特定の心境時になってしまう表情の一端と言う感じなのが、実写でやる分にはリアルで良いかもしれない。それにしても、多部未華子版爽子は重たくない髪型にするだけで普通に可愛くなってしまうもんだから、原作以上に「普段からその髪型を何とかすればいいのに…」とツッコミたくなってしまうやね。桜の下であんな笑顔見ちまったら、そりゃ、風早も惚れるがな!

ともあれ、原作ファン,多部未華子ファン的には恐らく満足出来ると思われる出来なので、該当する人は一見の価値あり。ただし、原作をいじられるのが許せない人には微妙かな…。端折られたシーンを鑑みて、自力で登場人物の機微を補填出来ると言う意味で原作ファンの方がより理解しやすい筈なのだけど、まぁ、それは本来の見方とは違うので…。そもそも、あそこまでのエピソードをたった2時間強で全て忠実にこなすと言うのは無理に決まってる訳で、その辺りに理解を持てないと、どうしても釈然としない部分は出てくるでせう。となれば、映画よりは遙かにじっくり描く事の出来るであろうTVドラマ化に期待せよ!と言うしかないだろう。原作未見の人は、いわゆる少女漫画的照れ臭さ,甘酸っぱさに悶えそうになるけれど、好意的に受け入れる事は出来る…くらいに耐性があるなら、オススメしたい一作。その上で原作なりアニメなりを見てみると、より深い発見があるのではないかと…。こんなヤツら、今時、絶滅危惧種だよ…とか、こんな純愛ありえない…とか、リアリティばかり追求して冷めた目で見てしまう人は止めた方がいいですな(^^;)。

劇場版公式サイト
アニメ版公式サイト

君に届け オフィシャルブック
君に届け オフィシャルブック
「君に届け」 オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック
「君に届け」 オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック
君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))
君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))
君に届け VOL.1 [DVD]
君に届け VOL.1 [DVD]

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(0)トラックバック(14) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ