三橋直樹

September 11, 2007

◆S5−6G◆
阪神に3タテを食らい、自力優勝消滅となるなど、弱っている巨人相手に左3枚をぶつけて3タテを目指すヤクルトだが、先陣をきった先発・石井一が大乱調。初回、一死一塁からガッツ,李,ニックンと3連打を浴びて、先制されると、阿部には死球を食らわせ、押し出し。更に、二死後、今度はキムタクにもぶつけて、またまた押し出し。3回には一死二、三塁からキムタクにタイムリーを許すと、二死後、マッスル千代の富士にもタイムリー二塁打を浴び、5点目を献上し、この回限りでKOとなった。一方、巨人先発・木佐貫は毎回の様にピンチを迎えながらも、要所を締める粘りの投球で7回まで無失点。今度こそ今季初完投なるかと思われた矢先の8回、青木のタイムリー二塁打で完封を断たれると、寿司職人ラミレスにもタイムリーを浴びて、無念のKO。巨人は9回にニックンのタイムリーで貴重な1点を追加。これで試合は決まったかに思われたが、ヤクルトがその裏、猛反撃。2番手・豊田をユウイチ,代打・度会の連打でKOし、守護神・上原を引っ張り出すと、一死後、川本が右中間スタンドへ5号3ランを叩き込み、1点差。更に、代打・真中が二塁打を浴びせると、続く青木が執念のヘッドスライディングで内野安打を勝ち取り、一、三塁。ここで雨の為に長らく中断となると、このインターバルの間に気持ちを切り替えた上原は田中浩,寿司職人ラミレスと連続三振に斬って取り、辛くも連敗をストップさせた。押せ押せムードが雨により、文字通り水を差された格好となったヤクルトは4連敗。

◆D1−2YB◆
中日先発・山井が7回まで3安打無失点と踏ん張れば、横浜先発・三橋は7回を僅か1安打に抑え込む完璧な投球を展開。両軍三塁すら踏めない儘、迎えた8回、横浜は一死から三橋の代打・下園が四球を選ぶと、T.ウッズのエラー,野中の内野安打で満塁とした所で金城がライト前へ弾き返し、ついに均衡を破る先制点をゲット。なおも満塁のチャンスに続く村田がセンターへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。土壇場9回、守護神・クルーンに対して、中日は先頭の立浪がヒットで出ると、二死後、3連続四球で押し出しの1点をあげ、なおも満塁と一打サヨナラの場面を作ったが、最後は李がどん詰まりのピッチャーゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。

◆C9−0T◆
破竹の連勝を10にまで伸ばした阪神はこの日も初回から二死一、二塁と先制のチャンスを掴むが、桜井が三振に倒れて二者残塁。先発・能見は簡単に二死を取り、まずまずの立ち上がりかと思われたが、ここから連続四球でピンチを迎えると、栗原に22号3ランを被弾。2回以降は立ち直りを見せていたが、5回、またも制球が乱れて、2四球1安打で満塁のピンチを作った挙げ句、オチョアに2点タイムリーを許して、あえなくKO。更に、代わった渡辺も新井,栗原と連続タイムリーを浴び、求道者・前田にも犠飛を許して、この回、悪夢の5失点。広島は7回にも求道者・前田がタイムリーを浴びせて、9点目。先発・長谷川は6回まで無失点に抑えると、7回は林−佐竹と繋ぎ、最後は魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが2イニングをきっちり抑えて、完封リレーを達成。阪神の連勝はついに10でストップした。

◆L1−8H◆
ソフトバンクは2回、連打と野選で無死満塁のチャンスを掴むと、ハマのスペランカー,柴原の連続タイムリーで3点を先制。その後、しばらく膠着状態となったが、6回、ハマのスペランカーの12号2ランの後、本多にも2号3ランが飛び出して、一気に5点を追加。投げては先発・斉藤和が7回を投げて、リーファーのソロアーチのみの1安打と力投を展開。投打が噛み合っての完勝を果たし、連敗を2で止めた。

◆M3−4F◆
V戦線に留まる為にも、これ以上、日本ハムとの直接対決を落とす訳にはいかないロッテは初回、日本ハム先発・武田勝に対して、ヒットのTSUYOSHIを早川が送った後、ズレータのタイムリー二塁打で早々と1点を先制。4回には二死二塁から里崎がタイムリーを浴びせて、1点追加。そして、7回にはまたも里崎が11号ソロを炊き込み、貴重な1点を追加。ロッテ先発・小林宏の前に2安打と沈黙していた日本ハムは8回に金子誠のタイムリー二塁打で1点を返すと、土壇場9回、無死一、二塁のチャンスを作って、小林宏をKO。守護神・小林雅がマウンドに上がった所で豪雨によるしばらくの中断の後、小谷野が送って、二、三塁となった所で青波の長瀬が起死回生の21号3ランを叩き込み、一気に逆転。またもコバマサ劇場が開演されてしまい、失意のロッテはその裏、MICHEALの前に苦もなく3人で捻られ、逆転負け。これで首位・日本ハムとの差は4ゲームとなってしまった。

◆E1−4Bs◆
最下位攻防戦となったこのカード、先手を取ったのは偽バファローズ。2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがライバル・山崎武の目の前でトップに並ぶ41号ソロを叩き込み、1点を先制。3,4,5回と立て続けの併殺で攻めあぐねていたが、6回、ラロッカに26号2ランが飛び出して、2点を追加。6回まで毎回走者を出しながらも、残塁を量産するばかりだった悪の温床・楽天は7回に渡辺直のタイムリーでようやく1点を返すも、直後の8回、偽バファローズはローズの犠飛で再び3点差と突き放し、ダメ押し。最後は守護神・加藤大が3人で締め、西武,悪の温床・楽天,偽バファローズの3弱が0.5差でひしめく事となった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(1)トラックバック(73) 

August 23, 2007

◆G6−3D◆
川相がいたにも拘わらず、無為にスラッガーを掻き集め、一発依存野球を展開し、川相の存在意義を奪った巨人。今なお川相がいるにも拘わらず、無為にコーチ業専念を強いた事により、繋ぎの野球が展開出来ず、一発依存野球をせざるをえなくなった中日。名手・川相の有効活用を自ら放棄し、一発に頼りきるばかりの両軍による首位攻防戦は第1戦,第2戦と文字通り、一発が勝敗を決する要素となっていたが、この第3戦も両軍揃って、極度の一発依存症を発症。両軍共に2回までノーヒットと沈黙していたが、3回、中日は二死から荒木のタイムリーで先制した後、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が15号2ランを叩き込み、この回、3点。対する巨人もその裏、李が21号ソロ,4回にマッスル千代の富士が25号ソロ,5回には阿部が28号ソロとソロ3発で同点に。追いつかれた中日は直後の6回、無死一、二塁と絶好の勝ち越しのチャンスを掴むも、英智はショートゴロに倒れると、続く谷繁がセカンドゴロゲッツーでチェンジと川相不在の弊害を大露呈。すると、その裏、巨人は一死からキムタクがヒットで出た後、マッスル千代の富士が2打席連続となる28号2ランを叩き込み、ついに勝ち越し。続く7回には松田記者がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。直後の8回、中日は先頭のT.ウッズがヒットで出るも、森野は三振。李はゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも川相不在の弊害を露呈。最後は上原が締めて逃げ切った巨人はこの3連戦勝ち越しで首位に返り咲き。先発・内海は7回途中まで3失点で12勝目をマークした。

◆S−T◆
ヤクルトは2回、二死一、三塁から金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが自らタイムリーを放って、1点を先制。続く3回には二死満塁から今季初スタメンに起用されたユウイチがグランドスラムを叩き込み、一気に4点を追加。このカード、2試合で21点と当たっていた阪神打線だったが、グライシンガーの前に4回まで僅かに1安打と沈黙。5回に四球の矢野を二塁に進め、悠久の若虎・桧山のタイムリーでようやく1点を返したが、後が続かない。ヤクルトは7回にユウイチがこの日4安打目となるタイムリーを放つなど、ダメ押しの3点を追加。グライシンガーは7回途中まで1失点の好投でハーラー単独トップに立つ13勝目を飾った。

◆C2−6YB◆
前回はまずまずの好投を見せた広島先発・宮崎だが、この日は立ち上がりから制球が定まらず、2四死球でピンチを作った所で内川のタイムリー二塁打で、先制を許すと、続く2回にはガッツな貴公子・仁志にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。3回にオチョアの一発で1点差として貰ったが、直後の4回、今季初スタメンの新沼に被弾。6回には二死一、二塁からガッツな貴公子・仁志,野中と連続タイムリーを浴び、無念の6失点KOとなった。広島は横浜を上回る12安打を放ちながら、11残塁の拙攻で敗れ、最下位ヤクルトとのゲーム差は0に。横浜先発・三橋は5回1失点で今季初勝利。

◆H4−1L◆
3タテは免れたい西武は初回、栗山,片岡の連打で無死一、三塁とすると、中島のショートゴロの間に栗山が先制のホームイン。1点を追うソフトバンクは4回、先頭のハマのスペランカーが二塁打で出ると、続く松中が同点タイムリー。更に、柴原が送った後、田上が7号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。2点を追う西武は6回、二死走者なしから福地の四球,細川のヒットでスタンドリッジをKOするも、代わったニコースキーに対して、栗山が簡単に初球を打ってセカンドゴロに終わり、二者残塁。ピンチを逃れたソフトバンクはその裏、二死満塁から川崎のタイムリーで貴重な1点を追加。7回から、藤岡−水田−馬原と1回ずつ繋いで逃げ切ったソフトバンクは3連戦3連勝。スタンドリッジは無傷の4連勝となった。

◆M4−3E◆
球団新記録となる5連勝を目指す悪の温床・楽天先発・岩隈は初回、一死から3連打で満塁とされるも、オーティズ,里崎と抑えて、ピンチ脱出。一方、ロッテ先発・渡辺俊も3回までノーヒットピッチングを展開していたが、4回、先頭の山崎武に38号ソロを浴び、先制点を献上。しかし、その裏、ロッテは渡辺直のエラーの後、オーティズのタイムリー二塁打であっさり同点とすると、一死後、大松,ズレータ,堀と3連打を浴びせて、2点を勝ち越し。岩隈はこの回限りで降板となり、記録更新に失敗。その後、試合は膠着状態に陥り、3−1の儘、土壇場9回に突入。コバマサ劇場開演を恐れ、安易に小林雅を投入出来ないバレンタイン監督は渡辺俊に続投を命じるも、二死一塁と完投勝利まであと一人と迫りながら、憲史に痛恨の5号2ランを叩き込まれて、延長に突入。10回、ロッテは今江のヒット,TSUYOSHIの四球で無死一、二塁のチャンス。ここで早川はセカンドゴロに倒れ、ゲッツーと思いきや、渡辺直がこの日3個目のエラーとなる悪送球をかまし、ボールが転々とする間に今江が一気に本塁を陥れ、サヨナラ勝ちとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:41コメント(1)トラックバック(54) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ