一場靖弘

April 11, 2009

◆G4−1T◆
振ればホームランの空気すら漂うキュラソ星人が初回、二死三塁のチャンスで歩かされて、次の新井が三振に倒れる嫌な展開での阪神はその裏、先発・能見が一死満塁から松田記者にタイムリーを浴びて、2失点。一方、巨人先発・東野は6回までノーヒットの快投。しかし、ノーヒットノーランの夢を打ち砕いたのは、やはりと言うか、キュラソ星人の二塁打。ここで新井も汚名返上のタイムリー二塁打で続き、1点差と詰め寄るが、その裏、能見が満塁のピンチを作ってKO。代わったアッチソンはキムタクに2点タイムリーを許し、3点差。結局、阪神は7回の連続二塁打しかヒットは出ない有様で、3連敗。巨人は5連勝で単独首位に躍り出た

4/11 前田健◆C2−0D◆
前田健,ウッチャンの両先発が息詰まる投手戦を展開。前田健が7回まで散発2安打、三塁すら踏ませぬ好投を演じれば、ウッチャンは中盤の度重なるピンチを凌ぎきり、7回まで3安打無失点。8回、中日はウッチャンに送った代打・立浪のヒット等で二死一、三塁と絶好のチャンスを作るが、荒木が倒れて、無得点。ここでウッチャンを代えてしまったツケがその裏に出てしまう。2番手・清水昭は3四球で一死満塁のピンチを作って、KOされる体たらく。更に、3番手・パヤノが痛恨の押し出し四球で勝ち越し点を許せば、4番手・斉藤までが押し出し四球をかます始末。待望の援護…と言うか、中日が勝手に自滅した事でリードを得た前田健は9回も無失点で切り抜け、無四球完封で新球場でのチーム初白星を飾った。折角、立浪が今季初安打を放ったのに、立浪を出した所為…と言うかウッチャンを引っ込めた所為で連続押し出しと言う無様な形で大惨敗を喫した中日。相変わらずの淡泊な攻めに首脳陣は頭を抱えるばかりで、名手・川相の現役復帰を望む声は高まる一方だ

◆YB0−3S◆
悪夢の開幕6連敗が止まった事で安堵してしまったのか、横浜は初回から先発・グリンが捕まり、ガイエル,宮本の連続タイムリーで3点を献上。グリンは2回以降は立ち直ったものの、打線の方も7回までに3併殺9残塁の大拙攻。8,9回はあえなく3人ずつで打ち取られ、完封負け。プロ入り18打席ノーヒットと苦しみ続けていたKジローが代打で待望のプロ初安打を放ったのが、唯一の明るい材料か。ヤクルトは楽天から緊急トレードで獲得した一場さまが怨敵・ノムさんと当たる交流戦までは一軍に生き残ると言う執念からか5四死球を出しながらも、5回を無失点に抑え、移籍初勝利。

◆H0−9F
開幕3連敗から3連勝と巻き返しに成功した日本ハムはこの日も打線が好調。2,3回と小谷野のタイムリーが立て続けにタイムリーを放つなど、序盤で早くも4点のリード。7回には4長短打で3点をあげると、8回には田中の今季初アーチ等でダメ押しの2点を追加。投げては、藤井が5回まで無失点で切り抜けると、菊地−坂元−さすらいの賭博師・須永と繋いで、完封リレーで4連勝。ソフトバンクは初回,3回と2度の満塁のチャンスを逃すなど、14残塁の拙攻が響いた。ここ3試合で僅かに2得点とすっかり打線の歯車が狂って、3連敗。

◆Bs5−2M◆
連敗ロードに突入しつつあるロッテはこの日も小林宏が乱調。2回に日高に2ランを被弾すると、3回には暴投を連発して、むざむざ追加点を許した挙げ句、ローズにも被弾し、5失点。打ってはサブローが一発含む猛打賞と気を吐いたものの、このサブローの2ランでしか点を奪えず、4連敗。一方、今季初の連勝となった偽バファローズは先発・近藤が7回途中まで試合を作り、開幕2連勝を飾った。

◆E2−5L◆
初回、無死満塁の大チャンスを潰してしまい、流れを掴み損ねた楽天は4回までゼロ行進。先発・長谷部は援護を待ちながら耐えていたが、5回についに捕まり、佐藤のタイムリーで2点を献上。その裏に鉄平,7回には高須のタイムリーで追い付いたものの、9回、またも長谷部が佐藤にタイムリー三塁打を浴びるなど、3点を勝ち越され、試合を決定付けられた。楽天は今季初の連敗で、ノムさんはこれで監督通算1500敗となってしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:18コメント(0)トラックバック(30) 

March 11, 2008

◆T5−2G◆
余所からかっさらってくるロートル大砲フェチで、ドラフト下位の生え抜き短距離砲など眼中にない茂雄から心にもない賞賛をかまされて以来、取り憑かれたかの様にすっかり当たりが止まってしまっていた坂本。開幕一軍に黄信号が灯っていたが、その危機感で覚醒したか、この日は第1打席で先制二塁打を皮切りに4打数4安打2二塁打の大爆発。それでも、手術明けで未だにオープン戦に出てもいないニックンが実績(と言ってもゲッツーを量産しているだけだが)だけでスタメンを勝ち取ってしまうかと思うと実に不憫である。昨年の当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスも2安打と好調をキープし続けているが、いかに打ちまくろうと李が北京五輪予選から帰ってきたら、それだけで二軍仁落とされるかと思うと、まったくもって不憫この上ない話である。また、オーストラリア代表の座を蹴ってまで、巨人での一軍入りを目指す事を決めたバーンサイドは5回2失点と微妙な内容だが、神がかり的な快投を演じても、助っ人枠の都合上、開幕二軍は揺るがないと思われる立場なだけに、微妙な内容ならまだ諦めがつく…と思えてしまう辺り、不憫極まりない。一方、阪神は左太腿裏を痛めていた伊集院光の弟子・金村が診断の結果、筋挫傷である事が発覚。しばらく様子を見る予定だが、開幕には間に合わない可能性が高まってきた。そんな中、「伊集院光の弟子ではない金村」こと金村大が1回を3三振無失点の好リリーフ。と言っても、それで伊集院光の弟子・金村の穴が埋まる見込みが立った訳ではないのだが…。

◆D3−0L◆
素人投手相手に考えなしの攻撃で手も足も出ない無能打線と水島氏に冒涜される呪いをかけられ、一向に調子の上がってこない中日打線。この日も川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したT.ウッズの2ランと相手の野選で3点を奪うのが精一杯でタイムリーはゼロと相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりで川相不在の弊害を大露呈。デラロサ使ってる暇があったら、名手・川相を現役復帰させろと言う声は強まる一方だ。そんな中、先発・吉見が7回無失点の好投で熾烈な開幕ローテ争いに殴り込みをかけると、ルーキー・山内,中里のリリーフ陣もそれぞれ1回無失点で完封リレー。ここ4試合で3完封と投手陣は好調をキープしているだけに、打線にも奮起して欲しい所である。

◆S0−2Bs◆
経歴がグライシンガーに似てるだけで安直にもグライシンガー級の期待を受けている新助っ人・リオスが2度目の先発登板。5回を投げ、失点はカブレラの一発による2点のみ。ピンチを迎えても2つの併殺を取って切り抜けるなど落ち着いた投球で開幕ローテ入りに当確ランプ。一方、開幕投手を狙う川越は5回を2安打無失点と文句なしの内容で開幕投手へ大きく前進した。

◆YB4−3E
長谷部の離脱により、先発ローテ構築が苦しくなり、チームメイトから復活を期待する声が強まって「一場さま」呼ばわりされている一場さまが初登板。立ち上がりこそ制球に苦しみ、2点を失った一場さまだが、2回以降は横浜のまずい攻めにも助けられながら粘りの投球で6回まで追加点を許さなかった。打っては昨年のパ・リーグ本塁打王・山崎武が連続三振の後の第3打席でオープン戦初安打となる一発を叩き込んだ。一方、昨年のセ・リーグ本塁打王の村田もここまで不振だったが、3安打とようやく上昇気配。抑えの新助っ人・ヒューズはボークを犯してピンチを作ったものの、2三振を奪って、後続を断ち切り、内川のサヨナラタイムリーを呼び込んだ。

◆M4−3F◆
水島の呪いの影響で不振を極めてすっかり欝状態のトンガ。ダルビッシュの喝により、少しは士気が上がったものの、この日もスタメンを外された上、代打で打点付きとは言え、セカンドゴロとあえなく凡退。そのまま、守備に入った後に回ってきた第2打席では死球を食らってしまい、貴重な1打席を無駄にさせられる始末。これで13打席ノーヒットと一向にトンネルを抜け出せない。一方、ロッテ先発・小野は4回までパーフェクトの素晴らしい投球を展開。5回にタイムリーで1点を失ったが、開幕へ向けて、自らも「良過ぎて怖い」と漏らす程の万全の仕上がりを見せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:29コメント(0)トラックバック(7) 

September 30, 2007

◆C0−3D◆
巨人にマジックが点灯し、全戦必勝体勢の中日は広島先発・大竹に対して、初回、ヒットで出た荒木が盗塁と井端のセカンドゴロで三進すると、森野のタイムリーで1点を先制。二死後、連続四球で満塁となった所で堂上剛のファーストゴロを栗原が弾くタイムリーエラーを犯して、タナボタの2点目をゲット。なおも満塁のチャンスだったが、谷繁はセンターフライに倒れて、三者残塁。5回には二死から森野がヒットで出ると、T.ウッズのセンターライナーを今度はオチョアがエラーし、この間に森野がタナボタのホームイン。先発・山井は8回まで散発3安打と素晴らしい投球を見せると、最後は守護神・岩瀬が締めて、完封リレーを達成。山井の好投と広島の拙守に助けられたものの、川相不在を象徴付ける様なタイムリー欠乏症ぶりは相変わらずで、来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB−S◆(1)(2)
降雨中止。

◆H2−8E◆
優勝を逃した以上、アジアシリーズ出場権争奪戦への出場権など何の価値もなく、最早、2位でも3位でもどうでもいいとばかりに全く覇気のないソフトバンクは3回に川崎のタイムリーエラーで先制を許すと、5回には先発の暴投王子・新垣が久々の暴投で自らのプロ野球新記録を更新し、2点目を献上する体たらく。小久保もスタメンを外れたソフトバンクは悪の温床・楽天先発・一場の前に5回までパーフェクトに抑え込まれる有様だったが、6回、柴原がようやくチーム初安打を放つと、一死後、松田が7号2ランを放り込み、一気に同点。しかし、直後の7回、新垣が一死から連打と犠打で二死二、三塁のピンチを迎えると、草野,フェルナンデスに連続タイムリーを浴びて、3点を勝ち越され、この回限りでKO。最下位脱出が確定したものの、1つでも上の順位で終わりたいとモチベーションの高い悪の温床・楽天は9回にも山崎武が単独二冠王をほぼ確定させる43号2ランを叩き込むなど、3点を奪い、ダメを押した。悪の温床・楽天は5位西武との差を1.5と広げ、4位当確へ大きく近付いた。

◆M2−1F◆
雨により、1時間45分遅れて始まったこの試合。前日、リーグ連覇を果たした日本ハムはフルイニング出場が懸かる劇団ひちょりがDHに回り、その他のスタメンは全て今季ノーアーチと言う主力温存オーダーを展開。この二線級のオーダーではロッテ先発・渡辺俊には歯が立たず、6回まで僅かに1安打と沈黙。しかし、2位死守へ必死のロッテ打線を自己初の2桁勝利に燃える日本ハム先発・武田勝が6回まで1安打と抑え込む快投を展開。0−0で迎えた7回、日本ハムは先頭の川島が二塁打を浴びせて、初めて得点圏へ走者を進めると、代打・田中賢が送った後、工藤が歩かされて、一死一、三塁。ここで陽がファースト左へのゴロ。ズレータがダイビングして好捕するも、一塁をアウトにするのが精一杯でこの間に川島が先制のホームイン。その裏、ロッテはベニー松山の四球,オーティズのヒットで二死一、二塁とするも、今江がライトフライに倒れて、二者残塁。続く8回、超貧弱オーダーと言い、武田勝の10勝を支援する気が絶無なのか、ヒルマン監督は武田久を登録抹消した状況で武田勝を引っ込めて、金森を投入するも、これが裏目。2本のヒットで一死一、二塁のピンチを作った金森は代打・大松に一塁線突破の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の10勝目を無惨にも粉砕。土壇場9回裏には一死からオーティズがショート右へのゴロ。これに追いついた陽だが、一塁へ悪送球(記録は内野安打)。そして、続く今江のセンター前への打球を工藤が強引にダイレクトキャッチを狙って後逸。ボールが転々とする間にオーティズが長駆ホームインし、サヨナラ勝ちを収めた。渡辺俊は完投で9勝目を飾った。

◆Bs4−1L◆
平野佳を残り試合で抑えのテストにあてがおうと目論むなど、順位も確定していない段階で来年モードに切り替えてしまった所為で最下位が確定してしまった反省か、抑えで使う筈の平野佳を先発起用した偽バファローズは3回、ヒットの迎を大引が送ると、前田のレフト線タイムリー二塁打で先制。更に、坂口が内野安打で続いた後、牧田が犠飛を打ち上げ、この回2点。続く4回には二死三塁から迎のタイムリーで3点目を追加。11日ぶりの先発となった平野佳は毎回安打を浴びながらも、自分の本業は先発だとばかりに粘りの投球であと一本を許さぬ好投を展開。5回に中島にタイムリーを浴びたものの、6回以降は一人の走者も許さずに守護神・加藤大にバトンタッチ。8回にラロッカのタイムリー二塁打でダメを押し、3点差でのマウンドとなった加藤大はいきなり連続四死球でピンチを迎えたものの、後続3人を抑えて、逃げ切りに成功。平野佳は8回1失点で8月7日以来となる8勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(0)トラックバック(58) 

August 28, 2007

◆G4−3S◆
4連勝と勢いに乗るヤクルトに対して、巨人は3回、2つの四球で二死一、二塁とすると、故障欠場のマッスル千代の富士に代わり、スタメンに起用された矢野がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制するも、一気に三塁を蹴った一塁走者の松田記者が伊原コーチと接触する大チョンボで憤死。3回までパーフェクトの好投を見せていた先発・春風亭半ケツが直後の4回、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴びて、あっと言う間に同点。6回には一死から飯原に三塁打を浴びた所で、青木に犠飛を許して、勝ち越し点を献上。1点を追う巨人は7回、二死二塁から清水,脇谷と代打陣が立て続けにヒットを放ち、同点とすると、更に、松田記者がレフト線へタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。しかし、8回、2番手・豊田が二死一、三塁のピンチを作ると、守護神・上原が代打・ユウイチにタイムリーを浴びる今季初のリリーフ失敗で春風亭半ケツの白星は消滅。追いつかれた巨人はその裏、一死一、三塁から霊感投手・高井の暴投で労せずして勝ち越し。土壇場9回、上原は先頭の宮本の打球直撃を食らい、うずくまったものの、痛みに耐えながら、後続を断ち切り、首位の座を堅守した。ヤクルトの連勝は4でストップ。

◆YB2−7D◆
初回から一死一、二塁のチャンスを逃す相変わらずの拙攻ぶりを展開した中日だが、続く2回、はーちゅんのタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。なおもチャンスは続いたが井端が最悪のゲッツー。4回も先頭打者を出しながら、ゲッツーでチャンスを潰す拙攻続きだったが、6回、一死満塁から代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、一気に突き放した。8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野,李が連続アーチをぶち込んで、これがダメ押しとなった。投げては先発・山井が8回を2失点に抑える好投で2勝目をマーク。敗れた横浜はまたも打線沈黙で4連敗。

◆T3−3C◆
初回、シーツのタイムリーエラーで先制を許した阪神だが、3回、鳥谷のタイムリーで追いつくと、更に、一死満塁とした所でキュラソ星人のタイムリー,林の犠飛で2点を勝ち越し。直後の4回、広島は新井の一発で1点差と詰め寄ると、更に、栗原のヒットの後、求道者・前田が2000安打で5本と迫るタイムリー二塁打を浴びせて、同点。5回以降、完全に膠着状態に陥り、試合は延長にもつれ込んだが、両軍決め手に欠いた儘、延長12回既定で引き分けに終わった。

◆Bs8−8H◆
0−0で迎えた3回、ソフトバンクは一死一、三塁からハマのスペランカーのタイムリー,松中の犠飛で2点を先制。続く4回には井手に2年ぶりのアーチを放ち、3点目。その裏、ラロッカの24号ソロで1点を返されるも、直後の5回、松中のタイムリー,松田の犠飛で2点を追加。しかし、偽バファローズは6回に猛反撃。4長短打で3点を返し、ソフトバンク先発・和田をKOすると、代わった山田から前田,大西と連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転。追う展開となったソフトバンクだが、直後の7回、内野ゴロの間に1点を返した後、松田が3号2ランを叩き込み、勝ち越し。これで決まったかと思いきや、土壇場9回、守護神・馬原がラロッカにこの日2本目となる25号2ランを被弾し、試合は延長に突入したが、11回表二死の段階で強くなった雨の影響により、コールドゲームでドローとなった。

◆L2−3M◆
4月1日以来の先発マウンドとなる大沼に対して、ロッテは2回、大松の犠飛で先制すると、4回にはオーティズのタイムリー二塁打で2点目を追加。防御率1点台のロッテ先発・成瀬にはこれで十分かと思われたが、5回、先頭のG.G.佐藤に22号ソロを被弾すると、二死二塁から片岡にタイムリー二塁打を浴び、試合は振り出しに。追いつかれたロッテは直後の6回、一死一、二塁から里崎のタイムリー二塁打ですかさず勝ち越しに成功。西武は7回、連打の後、中村の犠打で一死二、三塁とし、成瀬をKOするも、代わった荻野 の前に後続を断たれて、二者残塁。ピンチを切り抜けたロッテは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきり、成瀬に12勝目が灯った。

◆E3−1F◆
日本ハムは初回、二死一塁から稲葉が二塁打。一気に三塁を蹴った一塁走者・工藤だが、本塁憤死で先制ならず。すると、その裏、悪の温床・楽天は一死からヒットで出た鉄平がすかさず二盗。草野もヒットで続いて一、三塁となった所で山崎武のセカンドゴロの間に1点を先制。3回には一死から二塁から山崎武のタイムリーで1点を追加。2点を追う日本ハムは6回、一死から工藤,稲葉の連打で一、三塁とすると、高橋が犠飛を打ち上げ、1点差。その裏、悪の温床・楽天は3連打で1点を返し、更に、渡辺直もヒットを放ち、無死満塁としたものの、嶋は空振り三振。水島の呪いに苛まれている代打・高須はショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。日本ハムは7回二死満塁,8回無死一塁のチャンスを悉く逸し、最後は抑えの小山の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。日本ハムはこれで3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(82) 

August 16, 2007

◆C6−3G◆
最下位相手に3タテを食らう訳にはいかない巨人は2回にガッツの27号ソロで4戦連続の先制点をゲット。しかし、3戦連続逆転勝利中の広島は巨人先発・木佐貫相手に4回までは再三チャンスを潰しまくりながらも、5回に梵の10号2ランで逆転に成功すると、更に、オチョアのタイムリーで1点を追加。続く6回には投手の高橋がタイムリーを浴びせて、木佐貫を引きずり下ろすと、今季初登板となる2番手・三木から新井が2点タイムリーを放ち、6点目。大量5点ビハインドとなった巨人は7回、一死から李,阿部と連打を浴びせて、高橋をKO。2番手・梅津から代打・清水が四球を選んで満塁となった所でキムタクがタイムリー二塁打を放ち、2点を獲得。なおも二、三塁のチャンスだったが、3番手・上野に後続を断たれて、2点止まり。8,9回も走者を出しながら、いずれもゲッツーでチャンスを潰してしまい、これで5連敗となった巨人は中日と入れ替わりで首位陥落。一方、4戦連続の逆転勝ちとなった広島はヤクルトを抜いて、単独5位に浮上した。

◆T2−3D◆
初回一死満塁,2回二死満塁のチャンスを悉く逃すなど、川相不在の弊害を大露呈した中日。しかし、先発・人斬り抜刀斎が5回まで2安打無失点の力投を展開。何とか人斬り抜刀斎を援護したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが5年連続の大台突破となる30号(史上88人目となる通算200号)2ランを叩き込み、ようやく均衡を破ると、7回には一死三塁から中村紀が犠飛を打ち上げ、3点目。3点を追う阪神はその裏、キュラソ星人が10試合ぶりとなる25号ソロを放ち、ようやく1点を返すと、続く8回には2番手・岡本を攻め立て、無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ここで代わった3番手・高橋の前に鳥谷のセカンドゴロの間に1点を返すのが精一杯。中日は9回、満を持して投入した守護神・岩瀬が三者凡退に斬ってとって、首位に返り咲き。岩瀬はリーグ単独トップの31セーブ目、人斬り抜刀斎は4年連続の10勝目をマークした。

◆H1−8F◆
着々と首位固め体制に入っている日本ハムは初回から一死一、二塁のチャンスを掴むと、今季6タコと苦手にしている苦手・杉内から青波の長瀬が先制タイムリーヒット。この後、杉内,ダルビッシュの好投が続いたが、5回に杉内が大炎上。一死二塁から稲葉の3ランを含む5連打を浴びて、あえなくKO。更に、代わった山村も3連打を浴び、この回、大量7失点。ダルビッシュは5回までパーフェクトの快投を展開するなど、8回まで松田の内野安打1本に抑える完璧な投球を展開。100球にも達していない完投ペースだったが、ヒルマン監督は8点リードにも拘わらず、酷使中の武田久をわざわざ投入する訳の分からない継投を展開。不可解な起用にモチベーションの上がらない武田久は本間にタイムリーを許し、完封リレーはならなかったが、チームは7連勝で2位とのゲーム差は5と独走体勢に入りつつある。一方、ソフトバンクは4戦連続1得点の貧打で4連敗。

◆M5−4L◆
西武が2回にG.G.佐藤のタイムリー二塁打で先制すれば、その裏、ロッテはベニー松山が同点タイムリー二塁打。続く3回に西武がカブレラの20号3ランで突き放せば、その裏、ロッテもサブローのタイムリー三塁打等で2点を返し、6回には里崎の犠飛で再び同点。4−4で迎えた7回、ロッテは一死満塁からまたもサブローがタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。土壇場9回、マウンドに上がった守護神・小林雅は2本のヒットを浴びて、一死一、二塁のピンチ。またまたまたコバマサ劇場が開演となるのでは?とロッテファンが戦々恐々とする中、細川,礒?を何とか打ち取り、辛くも逃げ切った。先発・渡辺俊は6月3日以来となる7勝目。敗れた西武は自力Vが消滅した。

◆E4−0Bs◆
一場,デイビーの両先発が互いに譲らぬ息詰まる投手戦を展開し、両軍ゼロ行進の儘、試合は終盤へ突入。迎えた8回裏、偽バファローズは何故か、デイビーから本柳にスイッチするも、これが裏目に。悪の温床・楽天は二死二塁から鉄平のタイムリーでついに待望の1点を先制すると、山崎武司が歩いた後、ショート,フェルナンデスの連続タイムリーでこの回、4点を奪い、試合を決定付けた。偽バファローズは9回、無死一、二塁とし、一場をKOしたものの、抑えの小山に後続3人が打ち取られ、完封負け。再び、悪の温床・楽天に並ばれた。一場は完投こそ逃したものの、無失点投球で今季初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:04コメント(1)トラックバック(68) 

April 15, 2007

◆G9−0S◆
昨年は2戦2敗と高卒ルーキーに苦しんだ巨人に対して、ヤクルト先発・増渕は走者を出しながらも2回を無失点。しかし、3回、先頭のマッスル千代の富士に死球を食らわしてから、それまでテンポで投げていた増渕のリズムがおかしくなる。松田記者に簡単に犠打を許した後、ガッツにセンター前へ弾き返され、まずは先制点を献上。続く李には体勢を崩させたにも拘わらず、レフトスタンドギリギリに運ばれる2ランを被弾。続くニックンに痛打されると、阿部にはライトスタンド中段へ豪快な2ランを叩き込まれて、5点目。更に、脇谷をサードゴロに打ち取ったものの、飯原が痛恨の悪送球。一向に二死目が取れない焦燥感を募らせていると、ここまで不振に喘いでいたホリンズにまで来日初アーチとなる2ランをぶち込まれ、無念の7失点KOとなった。一方、開幕から16イニング無失点を続けている巨人先発・春風亭半ケツは得点圏に走者を背負っても、動揺する事なく後続を断ち切り、この日も7回まで無失点投球。8回に宮出,青木と連打され、無死一、三塁と大ピンチを背負ったが、無失点記録を続けるには三振を取るしかないと言うこの状況で飯原を見事に空振り三振。依然として不振でこの日も2三振のガイエルにはよもやの痛烈なライナーを浴びるも、これがファースト真正面で飛び出した青木は戻れずにゲッツーと言うツキにも恵まれ、このピンチを脱出。その裏、松田記者の2ランでダメ押し点を貰うと、9回も寿司職人ラミレス,リグスと簡単に打ち取り、二死。ここで宮本には痛打されるも、古城がダイビングキャッチ。自己初の2試合連続完封勝利となった春風亭半ケツは無失点記録を25イニングと伸ばした。ホリンズは増渕KO弾で覚醒したか、更に2本の二塁打を重ねて、3安打4出塁の活躍。ここまでスタメンから外せと言う声が絶えなかったが、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、やはり(ゴンザレスだけでなく)ホリンズにも頑張って欲しい訳で、今回の覚醒がたまたまではなく、次カード以降に繋がってくれる事を大いに期待したい。

◆C1−7D◆
川相不在の弊害を随所に露呈し、連敗モードに陥っている中日。この日もT.ウッズのタイムリーで先制したものの、4回までに6残塁と相変わらずの拙攻三昧を展開しているうちに、倉のタイムリー二塁打で追いつかれてしまう。直後の5回、最早、川相不在では一発に賭けるしかないと察知したT.ウッズが2ランを叩き込み、勝ち越すと、6回にもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる3ランをぶち込むなど、4点を追加。拙攻モードながら、T.ウッズが一人で6打点と爆発してくれたおかげで楽になった先発・中田は制球に苦しみながらも、6回を1失点で切り抜けると、リリーフ陣の援護を仰いで、開幕3連勝。チームは5試合ぶりの白星となった。広島は前日、爆発した事で覚醒を期待された求道者・前田は4の1とパッとせず…。連続試合アーチが止まって以降、新井もすっかり下降線で、嶋は一貫して低空飛行を続けるなど、どうにも明るい材料が見えて来ない。投げれば、必ず失点する宮崎はこの日も3失点と炎上。そろそろ、二軍での再調整が必要かねぇ。個人的には一度、先発起用して欲しい所なのだが…。

◆T10−1YB◆
カリメロ開幕から続いていたぬけぬけがついにストップし、この日は勝つのか負けるのかさっぱり分からないと思われた横浜。しかし、勝敗の行方は初回にしてあっさりと判明する事に…。移籍後、未だに白星のないカリメロに対して、前日の大拙攻の鬱憤を晴らさんとばかりに阪神は鳥谷がいきなり先頭打者アーチを浴びせると、その後も4連打を含む7長短打で大量7点を先制。カリメロは1回ともたずに失意のKOを喫する事に…。続く2回に、5号ソロを放ったキュラソ星人は8回にもダメ押しとなる6号2ランを放ち、3安打4打点の活躍。大量援護を背にルーキー・小嶋は走者を出しながらも要所を締める落ち着いた投球を展開。結局、7回を1失点と踏ん張り、2勝目をマークした。尚、関本はこの日何と2本ものヒットを放ち、打率を大台1割に乗せた

◆Bs4−4H◆
初回、松中の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったソフトバンクは3回には小久保の2点二塁打,大村の犠飛で3点を追加。先発・和田は毎回安打を許しながら、4回の塩崎のソロアーチによる1点のみに抑える粘りの投球を展開。最後は守護神・馬原が3点差で登板とあって、試合は決まったかと思われたが、この後、大どんでん返しが起ころうとは…。一死から3連打で満塁の大ピンチを背負った馬原だが、村松を空振り三振に斬ってとると、続く北川もサードゴロに打ち取り、辛くも逃げ切り…と思いきや、これを小久保が痛恨のタイムリーエラー。これで気落ちしたか馬原は続くラロッカに同点2点タイムリーを許して、試合は延長に突入。その後、両軍共に勝ち越す事は出来ず、引き分けに終わったが、完全に勝ちゲームだったものを逸したソフトバンクの方が遙かにダメージが大きいだろう。

◆F18−3E◆
昨年は完全にカモにしていた悪の温床・楽天に対して、互角の戦いを強いられている日本ハムだが、この日は昨年を思わせる戦いぶりで圧倒。初回に青波の長瀬の3ランで先制すると、2回には先頭の鶴岡が二塁打を浴びせて、松崎を早くもKO。この後、1,1,2点と着々と加点すると、5回にはルーキー・金子洋にプロ初アーチが飛び出すなど、大量6点のビッグイニングを形成。更に、6回にも5長短打で一気に5点を追加し、計23安打18点の猛攻。ワンサイドゲームとあって、5回から早くも代打で起用された田中幸は2本のヒットを連ねて、2000安打まであと13本と急接近。投げては先発・グリンが大量点に守られながら、7回を3安打1失点で切り抜ける好投を見せ、古巣相手に移籍初勝利。これで日本ハムは悪の温床・楽天と入れ替わりで、ようやく最下位から脱出となった。一方、2回KOの松崎はこれでデビュー以来11連敗と言うプロ野球タイ記録を樹立。それにしても、先発で1回失敗しただけなのに、中継ぎで起用されたばかりか、14失点されるまで代えて貰えなかった一場は何とも痛々しかった。この晒し者状態を強いたノムさんの意図は一体!?

◆M1−1L◆
久保,ギッセルの両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開。4回に久保の暴投で先制を許してしまったロッテだが、5回にサブローの一発ですかさず同点。久保はその後も好投を続け、9回を3安打1失点に抑えるが、ロッテは6,8回とゲッツーでチャンスを潰し、9回も一死一、二塁とサヨナラのチャンスを作りながら、後続を断たれて、試合は延長に。迎えたラストイニング12回、ロッテは前日、大炎上の小林雅を投入。いきなり先頭の代打・リーファーに痛打され、コバマサ劇場再演か!?とライトスタンドは騒然となったが、小林雅は後続3人をきっちり打ち取って、西武の勝ちは消滅。しかし、その裏、ロッテも三者凡退に終わり、結局、両軍決め手に欠けた儘、ドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:59コメント(2)トラックバック(133) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ