ワトソン

July 04, 2007 23:42

カリメロ◆G5−1YB◆
巨人を倒し、12球団からの勝利を狙うカリメロは走者を出しながらも要所を締める老獪な投球で6回まで無失点の好投を展開。何とかカリメロを援護したい横浜は木佐貫の前に僅かに1安打と手も足も出ずにいたが、7回二死から吉村がレフトスタンドへ放り込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。待望の1点を貰ったカリメロだが、その裏、ニックン,李と連打を浴びてKO。代わった加藤もホリンズ,キムタクと連続タイムリー二塁打で逆転を許し、カリメロの12球団勝利は消滅。巨人は更に、松田記者,阿部にもタイムリーが飛び出して、この回、大量5点。8回からは豊田,上原と繋ぐ必勝リレーを決め、逃げ切った。木佐貫は7回を2安打1失点の好投で7勝目を飾った。

◆D−C◆
降雨中止。

◆T3−4S◆
昨夜のサヨナラ勝ちでいいムードの阪神は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい滑り出し。しかし、ガイエル,宮本のヒットで一、二塁のピンチを迎えると、福川に4号3ランを叩き込まれて、形勢逆転。3,4,5回とヤクルトが悉くチャンスを潰す拙攻を展開する隙に何とか追いついておきたい阪神は5回に併殺崩れで1点を返すと、6回にはキュラソ星人が18号ソロを放り込み、ついに同点。しかし、それも束の間、直後の7回、ヤクルトはゼブラ今岡のエラー等で貰った二、三塁のチャンスに寿司職人ラミレスがセカンドへの内野安打を放ち、勝ち越しに成功。1点を追う阪神は土壇場9回、一死一、三塁とチャンスを作るも、坂の打席で福川が後ろへ弾いたのを見た三塁走者・庄田が飛び出して、憤死する大チョンボ。この後、坂がヒットで繋いだものの、最後は鳥谷がセカンドゴロに終わり、あと一歩及ばなかった。

◆E−H◆
降雨中止。

◆F1−4L◆
栗山の先頭打者アーチでいきなり先制された日本ハムだが、2回に高橋のタイムリー二塁打ですかさず同点。日本ハム先発の伊集院光の弟子・金村は再三ピンチを迎えながらも、あと一本を許さない粘りの投球で追加点を阻止。一方の西武先発・ジョンソンも3回以降は日本ハム打線を無失点に抑え込み、1−1の儘、試合は土壇場9回裏へ。この回から代わったミッチーに対して、日本ハムは先頭の稲葉がヒットで出るも、続く青波の長瀬が痛恨のゲッツー。続く高橋も三振に倒れて、延長に突入。10回、西武は9回から登板の武田久に対して、先頭の細川が二塁打を浴びせると、中村の犠打で三進。ここでまたも栗山がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、片岡が送った後、中島,カブレラに連続タイムリーが飛び出し、ダメ押し。最後は小野寺ではなく、ルーキー・岩崎が締めて、プロ初セーブをマークした。

◆M8−4Bs◆
初回にローズ,北川の連続タイムリーで先制した偽バファローズは1点差とされた3回にはアレンのタイムリーで1点を加えて、3点目。2点を追うロッテは5回、一死からTSUYOSHI,早川,フクーラの3連打で同点に追いつき、偽バファローズ先発・ユウキをKO。これで流れを引き寄せたロッテは続く6回には一死一、三塁から代打・ワトソン博士が4号3ランを叩き込み、一気に勝ち越し。更に、この後、サブローが2点タイムリー二塁打を放ち、試合を決定付けた。先発・小野の残したピンチをゲッツーで切り抜けた2番手・高木は打者1人だけで今季初白星を手にした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ