ルイーズ

April 23, 2011

◆T−YB◆
雨天中止。

◆C6−6S◆
3戦連続完封勝利中のヤクルトの先発は今季初登板となる高市。しかし、先制点を貰いながら、その裏、ルパン広瀬にタイムリーを浴び、球団新の4戦連続完封の夢はあっと言う間に消滅。広島は3回にトレーシーのタイムリー等6安打を集中して、一気に5点を勝ち越し。ヤクルトも宮本が4安打の活躍を見せるなど、ジワジワと追い上げると、9回には守護神・サファテからバレンティンが同点弾。3時間半ルールにより、延長に突入する事なくドローに終わった。

4/23小久保◆H5−4M◆
開幕戦で骨折した小久保が早くも戦線復帰となったソフトバンク。先制しながら、5回にサブローの一発等で逆転を許したが、その裏に川崎,6回にハマのスペランカー,7回に内川にタイムリーが飛び出し、2点のリード。9回、悩める守護神・馬原がマウンドに上がるが、いきなり3連打で追い付かれると、里崎に勝ち越し犠飛を許し、あえなくKO。しかし、その裏、帰ってきた主砲・小久保がタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。しかし、好投を続ける和田,杉内に未だに白星をつけられず、馬原は5戦連続失点と本来の勝ち方が出来ないチーム状態には大いに不安を残している。

◆Bs0−4L◆
石井一,中山が互いに譲らぬ好投で6回まで両軍ゼロ行進。迎えた7回、西武は二死一、二塁から栗山の走者一掃のタイムリー二塁打で2点を先制。8回には中村,フェルナンデスと一発攻勢でダメ押し。その裏からは、岡本篤−シコースキーと繋いで完封リレーを達成。西武は連敗を5でストップさせた。

◆E4−3F◆
1−1で迎えた2回、楽天は満塁のチャンスに中島の押し出し死球で労せずして勝ち越すと、山崎の犠飛で3点目。日本ハムも4回に満塁からトンガのタイムリーで2点を返し、同点。その後、両軍共に決め手に欠き、9回裏に突入。楽天はこの日も3タコで打率.071と壊滅的な不振に陥っていたルイーズにまさかの一発が飛び出して、サヨナラ勝ち。3番手として3人をピシャリと抑えたルーキー・美馬にプロ初白星がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(0)トラックバック(1) 

September 09, 2010

◆YB10−7G◆
阪神と中日が潰し合っているうちに差を詰めておきたい巨人は2回、阿部の38号ソロで1点を先制。その裏、ゲッツーの間に同点とされるが、直後の3回、坂本,松本の連打で二、三塁とした所でガッツがセンターへ勝ち越し犠飛。更に、寿司職人ラミレス,脇谷のタイムリーで2点を追加。しかし、相変わらず、ピリッとしない投球が続く先発・内海がこのリードを守れない。3回一死二塁のピンチは辛くも切り抜けたが、続く4回、村田,スレッジ,カスティーヨ,下園と4連打を浴びて、1点差。ここから二死まで持ち込んだが、内川,石川の連続タイムリーで逆転を許し、KOとなる背信投球。代わった高木もハーパーにタイムリーを浴び、この回、悪夢の5失点。これで流れを掴んだ横浜は6回に石川のタイムリー,7回にカスティーヨの16号ソロで1点ずつ加えると、8回にはハーパー,村田の連続タイムリーで2点を加え、10点目。巨人は9回、3点を返す粘りを見せたものの及ばなかった。横浜2番手・江尻は1回を3人で抑えて、逆転を呼び込み、移籍初白星

◆T2−2D◆
1勝1敗で迎えた首位攻防第3ラウンド、先手を取ったのは中日。初回、先頭の荒木が二塁打を浴びせると、大島の犠打で三進。ここで森野がライト前へ先制タイムリー。続く2回にも二死一、三塁のチャンスを掴むが、大島が凡退し、二者残塁。3回には阪神先発・能見の前に三者三振に斬って取られ、流れは阪神へと傾き始める。その裏、阪神は二死から平野がヒットで出ると、続く鳥谷がタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。しかし、直後の4回、中日は二死から堂上直が二塁打を放つと、投手の寝損もヒットで続き、一、三塁。ここで荒木がレフト前へ弾き返して、再び勝ち越しに成功。7回には二死満塁とチャンスを掴むが、藤井が三振に倒れて、三者残塁。8回二死一、二塁,9回無死一塁のチャンスも生かせず、1点差の儘、土壇場9回裏へ突入。頭から守護神・岩瀬が投入されるかと思いきや、まずは8回から登板の浅尾が浅井を三振に斬って取った所でようやく岩瀬が登場。代わりばなJ.マッケンジーに痛打されるが、代走・大和が二盗を仕掛けて憤死。これで終わったかと思いきや、藤川俊に三塁打、代打・悠久の若虎・桧山にはライト前へ同点タイムリーを許し、延長に持ち込まれてしまう。10回、二死一、二塁のピンチを切り抜けた阪神はその裏、一死からクリーンアップの3連打で満塁と絶好のサヨナラチャンス。しかし、浅井の打球はショートへのライナーとなり、飛び出した一塁走者・ブラゼルが戻れずにゲッツーとなる最悪の展開。しかも、この判定に不服を漏らし、暴言を吐いたブラゼルが退場処分となり、野手を使い果たしていた阪神は11回から投手の西村を外野に起用し、打者によって、平野とレフト,ライトを4度も入れ替える異常事態に発展。ラストイニングとなった12回、中日は2四球で二死一、二塁とするも、大島がピッチャーゴロに倒れて、この日の勝利が消滅。その裏、阪神は二死から四球を選んだ新井が、何を血迷ったか、二盗を仕掛けて憤死する大失態でゲームセットとなり、結局、ドローに終わった。

9/9前田智◆S2−9C◆
ヤクルトは初回、二塁打の青木を田中が送ると、飯原がエラーで出た所でホワイトセルがセンターへ先制犠飛。直後の2回、広島は栗原の死球,嶋のヒットで一、三塁となった所でルパン広瀬がレフト前へ同点タイムリー。続く岩本もセンター前へ弾き返すと、青木の悪送球を誘って、2点を勝ち越し。続く3回には二死から栗原がヒットで出た所で嶋がタイムリー二塁打を放ち、4点目。3点を追うヤクルトは5回、二死から青木が3打席連続の二塁打を浴びせると、続く田中のタイムリーで生還し、2点差。ヤクルトの押せ押せムードになりかけたが、広島先発・前田健は続く飯原を三振に斬って取り、切り抜けると、続く6回には三者三振の快投で流れを引き戻す。すると、7回、広島は一死満塁のチャンスで満を持して代打で登場した求道者・前田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。9回には木村が8年目のプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、ダメを押した。前田健は6回以降ノーヒットに抑え込み、2失点完投で13勝目を挙げ、ハーラー単独トップに躍り出た

◆H2−5E◆
序盤は両軍共に走者を出しながら、あと一本が出ない詰めの甘さで先制点を奪えず、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、ソフトバンクは一死から小久保がチーム初安打となる二塁打を放つと、二死後、松中がライトスタンドへ先制9号2ラン。直後の5回、ソフトバンク先発・小椋は内野安打と2四球で一死満塁のピンチを作り、勝利投手の権利まであと二人を残して、無念のKO。代わった森福は鉄平を打ち取るも、続くルイーズに押し出し四球を許して、1点差。楽天は7回、ヒットの聖沢を内村が送った所で鉄平がライト前へ同点タイムリー。更に、ルイーズが勝ち越しのタイムリー二塁打を浴びせると、二死一、二塁となった所で嶋にもタイムリーが飛び出し、この回3点。9回には山崎のタイムリー二塁打でダメ押しの5点目。8回から登板の青山が9回も締めて、逃げ切った。先発の松崎は5回もたずにKOとなったが、2番手・木谷が1回1/3を無失点に抑え、今季初白星

◆L0−5F◆
西武先発・平野に対し、日本ハムは初回、一死から劇団ひちょりが歩くと、続く稲葉がライト線へタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。4回には先頭の稲葉がライト前へ弾き返すと、小谷野がレフトスタンドへ14号2ランを叩き込み、2点を追加。6回にはまたも稲葉が16号ソロを放り込むと、小谷野が2打席連続の15号ソロを放ち、5点目。8回からは建山−武田久と繋いで完封リレーを達成。先発の高橋由伸は7回を3安打無失点の好投で3勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:47コメント(0)トラックバック(12) 

September 04, 2010

9/4山本昌◆D3−0G◆
依然としてナゴヤドームで精彩を欠く巨人はこの日も大苦戦。先発・ゴンザレスが初回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野に18号先制アーチを被弾。早くも追いかける展開となった巨人は直後の2回、一死から江戸川がヒットで出るも、長野がセカンドゴロゲッツー。3回には二死から坂本の四球,矢野の二塁打で二、三塁と一打逆転のチャンスを作るが、ガッツが三振に倒れて、二者残塁。更に、4回には一死から阿部がヒットで出た後、江戸川がサードゴロゲッツーと一向に得点を奪えない。すると、その裏、立ち直りかけていたゴンザレスが一死からベンちゃんの二塁打,ブランコの四球で一、二塁のピンチ。ここで野本にセンター前へタイムリーを許すと、続く堂上直にもタイムリーを浴びて、3点目を献上。巨人は5回以降二塁も踏めず、ゼロ行進の儘、土壇場9回へ突入。簡単に二死を取られた後、寿司職人ラミレスが二塁打を放つが、阿部はセカンドフライに倒れて、悪夢のナゴヤドーム8連敗。中日先発・山本昌はこれまでの最年長完封記録である若林忠志の42歳8ヶ月を大幅に更新する45歳での完封勝利で4連勝を飾った

◆C8−3T◆
広島先発のジ・oは立ち上がりから制球が定まらず、いきなり連続死球を食らわせると、鳥谷も歩かせて、無死満塁のピンチを背負った所で新井に先制タイムリーを浴び、2失点。続くブラゼルはゲッツーに仕留めるが、キュラソ星人に四球,J.マッケンジーに死球と相変わらず、荒れ球が続き、またも満塁。しかし、ここで藤川俊を三振に打ち取り、ピンチ脱出。その裏、広島は天谷の犠飛で1点を返すが、直後の2回、阪神は死球で退場となった平野の代走で出場していた坂が3年ぶりの一発を叩き込み、再び2点差。しかし、その裏、広島は2四球で貰ったチャンスにジ・oが自らの失点を取り返す走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。これで流れを引き寄せた広島は続く3回、無死一塁から栗原のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。中盤は膠着状態となったが、4−3の儘、迎えた7回、広島は一死三塁から代打で登場した求道者・前田がセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を追加。続く8回には代打・ヒューバーに7号3ランが飛び出して、ダメを押した。ジ・oは6回2/3を3失点で切り抜け、7勝目をマーク

◆YB9−4S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは先頭の畠山がライトスタンドへ11号ソロを叩き込み、1点を先制。ヤクルトではカネやん以来52年ぶりの3戦連続完封を目指すヤクルト先発・館山は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。しかし、4回、先頭の内川に初安打を浴びると、石川に犠打を許した所でハーパーに同点タイムリーを浴び、3戦連続完封の夢は消滅。。横浜は6回、内川,石川,ハーパーと3連打を浴びせて、勝ち越しを許すと、村田はショートゴロゲッツーに倒れた二死となったものの、続くスレッジがセンター前へタイムリー。更に、下園のヒット,カスティーヨの死球で満塁とし、館山をKOすると、代わった松井光から武山がライト前へ2点タイムリー。続く代打・金城が歩いて再び満塁となった所で内川が9号グラントスラムをぶち込んで、この回一挙8点のビッグイニングを形成。直後の7回、ヤクルトは5連打で3点を返したものの、反撃もそこまでだった。横浜先発・大家は5回を1失点の好投で6勝目

◆Bs12−5H◆
2回に江川のタイムリー二塁打で先制された偽バファローズはその裏、二死二塁から大引,坂口,森山,後藤と4連打で3点を奪い、逆転に成功。4回には森山,カブレラのタイムリーで2点を追加し、ソフトバンク先発・杉内はこの回限りでKO。4点を追うソフトバンクは5回、一死満塁からオーティズ,小久保の連続タイムリーで1点差と詰め寄ると、二死後、松田,長谷川と連続四球を選んで、押し出しで同点。しかし、その裏、偽バファローズは一死三塁から大引のタイムリーですかさず勝ち越し。6回にはカブレラが21号2ランを叩き込むと、7回にもカブレラが2打席連続の22号2ラン。更に、8回には坂口が2点タイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの12点目。 先発・伊原は5回もたずにKOされたが、4番手のルーキー・比嘉が1回1/3を無失点の好リリーフでプロ初白星を挙げた

◆M0−1F◆
8月6日以降、白星から遠ざかっている日本ハム先発・ダルビッシュは8回まで散発3安打無失点の快投を展開するも、肝心の味方打線がロッテ先発・ペンの前に8回まで散発4安打と抑え込まれ、0−0の儘、土壇場9回へ突入。日本ハムはこの回も三者凡退と先制点を奪えず、8回限りで降板となったダルビッシュの白星はまたもお預け。その裏、ロッテは日本ハム2番手・宮西に対し、一死から清田の二塁打,大松の四球で一、二塁と一打サヨナラのチャンス。しかし、代わった榊原の前に代打・今江,根元と打ち上げて、延長にもつれ込んだ。両軍先手を取れない儘、迎えたラストイニング12回、日本ハムは先頭の糸井が二塁打を浴びせると、一死後、トンガ,大野と連続死球を食らって、満塁。ここで飯山がライトへ犠飛を打ち上げ、ついに均衡を破る先制点をゲット。その裏、守護神・武田久が2四球で二死一、二塁のピンチを背負ったものの、最後はフクーラをサードゴロに仕留めて、完封リレーを達成。4番手の林は1回無失点で今季初勝利

◆E7−6L◆
西武は2回、先頭のフェルナンデスがヒットで出ると、中村が先制タイムリー二塁打。一死後、高山が歩くと、二死後、阿部がタイムリー内野安打を放って、この回2点。その裏、渡辺のタイムリーで1点を返されるが、4回に中村が2試合連続の16号ソロ,5回に平尾がタイムリー二塁打,6回に高山の8号ソロ,7回には代打・大島が今季初アーチと一発攻勢で着々と加点。5点のリードをバックに8回まで散発4安打1失点と完投ペースで9回のマウンドに上がった涌井に対し、楽天は鉄平,ルイーズ,山崎,中村紀,草野と怒濤の5連打で3点を返し、KO。更に、引っ張り出した守護神・シコースキーに対し、一死後、嶋,聖沢と連続タイムリーを浴びせて、ついに同点。二死後、鉄平が歩いて、一、三塁となった所でルイーズがレフト前に弾き返して、この回一挙6点を奪っての劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。1回を3人で斬って取った楽天5番手・小山は4勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(15) 

July 10, 2010

◆D7−1G◆
9戦連続2桁被安打を許すなど、先発陣の不振が続く巨人だが、この日の先発・藤井も不調。初回は三者凡退に抑えたものの、続く2回、一死満塁のピンチを作った所で堂上直に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びると、二死後、荒木にもタイムリーを許し、4失点。4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁に4号ソロを叩き込まれると、5回にも谷繁にタイムリー二塁打を浴びて、6失点KO。中日は8回にも荒木にタイムリー二塁打で飛び出して、ダメ押し。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は6回1/3を投げ、江戸川の6号ソロアーチによる1点のみに抑え、3勝目。

◆S5−2C◆
ヤクルトは初回、二死から飯原の四球,戦線復帰したホワイトセルのヒットで一、二塁とすると、畠山がレフト前へ先制タイムリー。3回にはまたも二死からホワイトセルのヒット,畠山のタイムリー二塁打で1点を追加。広島は4回、梵の二塁打,赤松のタイムリーで1点差と詰め寄るが、その裏、ヤクルトは内野安打の鬼崎を二塁へ進めた所で青木がレフトスタンドへ7号2ランを叩き込み、点差を拡大。3点を追う広島は7回、ヒューバー,迎の連打で無死一、二塁とするも、小窪が最悪のショートゴロゲッツー。この後、石原が猛打賞となるタイムリーを浴びせるが、続く代打・山本芳が倒れて、1点止まり。突き放したいヤクルトは8回、先頭の畠山がレフトスタンドへ3号ソロを叩き込み、貴重な1点を追加。9回は守護神・林が3人で退けた。先発・石川は7回を2失点で3勝目

◆T3−4YB◆
2回、阪神は一死から林が二塁打で出ると、続く浅井が2号先制2ラン。2点を追う横浜は4回、ヒットの村田を二塁へ進めた所でハーパーがライト前へタイムリーヒット。6回には村田が13号ソソロを叩き込んで、同点。続く7回には二塁打の武山が藤田のセカンドゴロの間に三進すると、平野のタイムリーエラーの間に勝ち越しのホームイン。更に、9回には二塁打のハーパーを三塁へ送った所で藤田がライト前へ弾き返し、貴重な4点目を追加。その裏、阪神は四球と連打で一死満塁と攻め立て、守護神・山口を引きずり出すと浅井の犠飛で1点差。なおも一打同点のチャンスだったが、悠久の若虎・桧山が打ち上げて、万事休す。横浜先発・清水はあと二人と迫りながら完投を逃したものの、8勝目をマークした

7/10オーティズ◆H1−0M◆
成瀬,和田の両先発左腕が互いに一歩も譲らぬ好投を展開し、0−0の儘、土壇場9回へ突入。ロッテは先頭の金がヒットで出ると、大松の犠打で二進。二死後、竹原が歩いて、一、二塁とするも、的場がライトフライに倒れて、二者残塁。その裏、ソフトバンクは二死走者なしから松田の四球,川崎のヒットで一、二塁と一打サヨナラの場面を作るが、オーティズはピッチャーゴロと凡退。両軍共に継投モードに入る形で延長戦に突入した。10回にも二死一、二塁のチャンスを逃したソフトバンクだったが、11回、この回から登板の3番手・薮田に対し、本多のヒット、川崎の四球で一死一、二塁とした所でオーティズがレフト前へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。ソフトバンク3番手のファルケンボーグは1回を3人で抑え、3勝目がついた。


◆L1−7E◆
初回に渡辺のタイムリーエラーで先制を許した楽天だが、直後の2回、ルイーズ,中村紀,山崎の3連打であっさり同点。1−1の儘、迎えた6回、楽天は二死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴むが、中村紀が三振に倒れて、三者残塁。一方、2回以降ノーヒットと沈黙していた西武は7回、先頭の高山がヒットで出るも、ブラウンがファーストゴロゲッツーに倒れて、結局、3人で攻撃終了。直後の8回、楽天は渡辺のヒット,草野の死球で二死一、二塁とした所でルイーズが5号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。西武先発・涌井はこの回限りでKO。楽天は続く9回にも聖沢,高須,牧田の3連続タイムリーが飛び出し、試合を決定付けた。先発の岩隈は7回を自責点0の好投で6勝目をあげた

◆F5−2Bs◆
2回、日本ハムは糸井の四球,陽の内野安打で二死一、二塁とすると、重盗が決まった所で、鶴岡,金子誠の連続タイムリーを浴びせて、3点を先制。続く3回には内野ゴロの間に1点を追加すると、6回には金子誠,劇団ひちょりのヒットで一死一、三塁とした所で稲葉がライトへ犠飛を打ち上げて、5点目。偽バファローズ先発・小松はこの回限りで降板となった。日本ハム先発・ダルビッシュは9回に後藤に7号2ランを被弾し、完封こそ逃したものの、完投で9勝目を飾った。日本ハムは7カード連続の勝ち越し。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(15) 

July 02, 2010

7/2ブラゼル◆G8−10T◆
松本が2ヶ月ぶりのスタメン復帰となった巨人は初回、無死二塁のチャンスは逃したものの、続く2回、先頭の阿部が27号先制ソロ。更に、二死一、二塁から新井のタイムリーエラーでタナボタの2点目を追加。4回には先頭の脇谷がセンターオーバーの二塁打で出ると、二死後、坂本がレフトスタンドへ16号2ランをぶち込み、4点目。毎回の様に走者を出しながら、無得点に抑え込まれていた阪神だが、7回、無死満塁として、巨人先発・ゴンザレスをKO。ここで代わった久保に対し、マット・マートンが走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、1点差とすると、新井が汚名返上のタイムリーを放って、同点。更に、この後、J.マッケンジーのタイムリー,代打・関本の押し出し四球で2点を勝ち越し。その裏、巨人は二死満塁から代打・マッスル千代の富士,江戸川の連続タイムリーで3点を返し、再逆転。、しかし、粘る阪神は直後の8回、この回から代わった越智に対し、新井がこの日4安打目となるヒットで出たところでブラゼルが27号2ランをぶち込んで、再々逆転。9回にも鳥谷に8号2ランが飛び出し、ダメ押しの10点目。その裏から登板した守護神・藤川球は長野に11号ソロを被弾したものの、後続を断ち、連夜の大逆転勝利。5番手の久保田は1回無失点で4勝目がついた

◆C2−1YB◆
横浜は2回、一死からスレッジの四球,金城のヒットで一、三塁とした所で武山がスクイズを決めて、1点を先制。その裏、広島は3四死球で二死満塁とするも、ここで回ってきてしまった投手のジ・oが三振に倒れて、三者残塁。しかし、続く3回、一死から四球で歩いた梵が盗塁と暴投で三進すると、赤松がスクイズを決め、ノーヒットで同点。広島は横浜先発・ランドルフの前に6回まで依然ノーヒットと沈黙が続いていたが、7回一死から小窪が歩いた所で石原がチーム初安打となるタイムリー二塁打を放ち、ついに勝ち越し。土壇場9回、横浜は3番手・上野に対し、内川の二塁打,スレッジの四球で一死一、三塁とワンヒットで同点のチャンスを作るが、藤田,橋本と送り込んだ代打攻勢が失敗に終わり、あと1点が届かなかった。広島は僅か1安打で2点を奪っての辛勝。ジ・oは7回を1失点の好投で2勝目を飾った

◆H2−5Bs◆
初回、赤田の二塁打の後、後藤のタイムリーで先制した偽バファローズは続く2回にも一死から山崎浩の四球,坂口の二塁打で二、三塁のチャンス。ここで赤田がライト前へ2点タイムリーを浴びせると、二死後、カブレラが2試合連続13号2ランを叩き込み、この回4点。早くも5点のビハインドとなったソフトバンクはその裏、先頭のハマのスペランカーが二塁打で出ると、ペタジーニがライトスタンドへ4号2ラン。二死後、森本,田上と連打を浴びせるも、川崎がレフトへ打ち上げ、2点止まり。6回には松田,ハマのスペランカーの連打で無死二、三塁とするも、ペタジーニ,オーティズの助っ人コンビが連続三振。長谷川もセカンドゴロに倒れて、二人の走者は釘付け。偽バファローズは3回以降、ゼロ行進とすっかり当たりが止まってしまったが、2回までの猛攻で大きくモノを言い、逃げ切りに成功。先発・山本は5回1/3を2失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、7勝目

◆E5−2F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死満塁のチャンスを作るも、稲葉,小谷野の3,4番が倒れて、三者残塁。しかし、続く4回、一死からミスタースナイパー・坪井が死球で出ると、陽,大野,金子誠と3連打を浴びせて、2点を先制。楽天は5回、二塁打の牧田を三塁へ進めた所で内村,嶋と連続タイムリー二塁打を放ち、一気に同点。更に、鉄平も二塁打を放ったが、嶋が本塁憤死となると、これに激昂したブラウン監督がまたもホームべースに土をかける嫌がらせをかまして、自身の持つ通算退場最多記録を11と更新。2−2の儘、迎えた8回、楽天は鉄平のヒット,中村紀の四球で一、二塁とした所でルイーズが3号勝ち越し3ランをぶち込んで、日本ハム先発・武田勝をKO。最後は小山が3人でピシャリと締めて、今季初セーブ。楽天の連敗は5でようやくストップ。一方、連勝が6で止まった日本ハムは一夜で借金生活に逆戻り。1回を無失点に抑えた2番手の青山に2勝目がついた

◆M7−1L◆
ロッテ先発・成瀬は初回先頭の片岡に二塁打を浴びるも、このピンチを切り抜けると、6回まで僅か1安打に抑える素晴らしい投球を展開。一方、西武先発・涌井は5回まで毎回走者を出しながら、あと一本を許さない粘りの投球で踏ん張っていたが、6回、金,大松と連打を浴びると、サブローの犠打で一塁が空いた事でフクーラを敬遠し、満塁のピンチ。ここで的場のサードゴロの間に先制を許すと、岡田には走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3失点。続く7回には簡単に二死を取りながら、金に痛打されると、大松にタイムリー三塁打。更に、サブローを歩かせた後、フクーラにタイムリー二塁打を浴びて、5点目を献上し、この回限りでKOとなった。ロッテは8回にも金のタイムリー二塁打で2点を追加し、ダメ押し。成瀬は9回に高山にタイムリーを許し、完封は逃したものの、1失点完投で8勝目をマークした。西武は今季初の4連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(19) 

June 05, 2010

6/5高橋◆G6−5F◆
2回、巨人は一死から阿部の2試合連続15号ソロで先制。8連勝中の巨人先発・東野だが、この日は立ち上がりからピリッとせず、2回までは何とか無失点で凌いだものの、3回、二死走者なしから劇団ひちょり,稲葉,小谷野と3連打を浴びて、逆転を許してしまう。更に、4回には一死一塁から鶴岡に今季初アーチとなる2ランを被弾し、今季最短のKO。3点を追う巨人は5回、先頭の脇谷が小谷野のエラーで出ると、二死後、マッスル千代の富士が2試合連続の6号2ランを放り込み、1点差。しかし、直後の6回、日本ハムは糸井,高橋の連打の後、金子誠の犠打が野選を誘って、無死満塁とすると、鶴岡のショートゴロの間に糸井が生還。日本ハムは7回から先発・糸数を下げ、林を投入する継投モードに切り替えるが、これが裏目。代わりばな、代打・松田記者を歩かせると、坂本に痛打された所でマッスル千代の富士に2打席連続となる7号3ランを被弾し、一気に形勢逆転。8回からは越智−クルーンと繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切った。4番手の久保は1回を無失点に抑え、3勝目がついた

◆C3−9H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーが均衡を破る10号先制アーチ。この後、松中,ペタジーニの連打で一、三塁とした所で江川が犠飛を打ち上げ、2点目。更に、山崎のヒットの後、和田が送って二、三塁となった所で川崎,本多,オーティズと3連打を浴びせて、この回、大量5点。続く5回には二死二、三塁から岸本の暴投,川崎のタイムリー内野安打で2点を加えると、更に、満塁となった所で岸本がこの回2度目のボークをかまし、この回3点。5回まで散発2安打と沈黙していた広島は6回、二死一、三塁からルパン広瀬が3号3ランで応戦。しかし、ソフトバンクは8回、江川のタイムリー二塁打でダメ押しの9点目。先発・和田は8回を3失点で切り抜け、ハーラートップタイの8勝目をあげた

◆D7−4M◆
初回、先発・中田賢が暴投を連発し、ノーヒットでやらずもがなの先制点を献上した中日は2回、内野安打のベンちゃんを一塁に置いて、井端が同点のタイムリー二塁打。なおも無死二塁と勝ち越しのチャンスだったが、後続3人があえなく凡退し、井端は二塁へ釘付け。追い付かれたロッテは3回、先頭の岡田がヒットで出ると、一死後、ブランコのエラー,井口の四球で満塁のチャンス。ここで金がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越し。続く4回には連打の後、吉見の犠打で一死二、三塁となった所で岡田のボテボテのファーストゴロをまたもやブランコがエラーし、3点目。その裏、中日は先頭のベンちゃんが二塁打を浴びせると、一死後、今季初スタメンに起用された中川が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7年目のプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、一気に同点。続く5回にはヒットの荒木が二盗と犠打で三塁へ進むと、森野のファーストゴロの間に勝ち越しのホームイン。更に、ブランコが歩いた後、ベンちゃん,井端と連続タイムリーを放ち、2点を追加。ロッテは7回、この回から代わった2番手・浅尾に対し、二死走者なしから井口が二塁打を浴びせると、金がタイムリーを放ち、2点差。しかし、中日は8回 二死から代打・新井のヒットの後、荒木のタイムリー二塁打で貴重名1点を追加。最後は守護神・岩瀬が無難に締めて、ゲームセット。中田賢は3点を失ったものの、6回を3安打に抑える好投で今季初勝利

◆T4−9Bs◆
鶴,山本の両先発がいずれも3回までノーヒットに抑える上々の滑り出しを見せるが、4回に揃って変調を来す。鶴は先頭の後藤に初安打を許すと、ティー岡田を歩かせ、一、二塁のピンチ。北川は三振に取ったものの、日高に先制3号3ランを被弾し、一気に3失点。一方、山本もそ脳ら、一死から平野に二塁打を浴びると、二死後、新井に7号2ラン,ブラゼルに17号ソロと連続被弾で、これまた3失点。3−3で迎えた7回、偽バファローズは一死から大引の四球、坂口のヒットで一、二塁とすると、二死後、後藤のタイムリーで勝ち越し。更に、ティー岡田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う阪神はその裏、一死からブラゼルが二塁打を浴びせると、二死後、桜井がタイムリーを放ち、2点差。しかし、偽バファローズは8回に赤田のタイムリーで1点、9回には代打・喜田,日高の連続タイムリーで2点を加え、試合を決定付けた。山本は6回3失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、5勝目

◆S4−5L◆
10度目の登板でようやく初白星を掴んだヤクルト先発・石川。ここから一気に白星街道に乗りたい所だったが、いきなり片岡に4号先頭打者アーチを被弾。2回に相川の3号ソロで追い付いて貰うも、5回、平尾に今季初アーチをぶち込まれ、再び勝ち越し点を献上。西武は続く6回にも阿部,中島,栗山の3連打で1点をあげると、二死一、三塁となった所でG.G.佐藤もタイムリーを放ち、4点目。3点を追うヤクルトは7回、一死二、三塁から代打・上田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。更に、青木が歩いて、一、二塁とチャンスを広げるが、田中,ガイエルと倒れて、二者残塁。追い上げられた西武は直後の8回、二死一塁から細川に3号2ランが飛び出し、点差は再び3点と拡大。土壇場9回、ヤクルトは守護神・シコースキーから先頭の福地が四球を選ぶと、二死後、ガイエルが15号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄るが、最後はデントナが三振に斬って取られ、あと一歩及ばなかった。先発のミャオは6回1/3を3失点で4勝目をあげた

◆YB4−5E◆
0−0で迎えた3回、横浜は二塁打の石川「を下園が送った所で内川がショートへ先制の内野安打。直後の4回、楽天は二死走者なしから3者連続出塁で満塁とすると、渡辺直が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。しかし、その裏、横浜はスレッジ,カスティーヨの助っ人コンビが連打を浴びせると、金城が送った所で代打・藤田のタイムリー二塁打が飛び出し、一気に同点。続く5回には一死二塁から村田がライト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。4−3の儘、迎えた土壇場9回、満を持して登場の守護神・山口に対し、楽天は先頭の渡辺直がセンター前に弾き返すと、代打で登場した謎の新助っ人・ルイーズがレフトスタンドへ来日初アーチとなる起死回生の逆転2ラン。その裏は川岸が無難に抑えて、楽天が逃げ切った。2番手の小山は1回を3人で抑えて、3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(14) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ