ラミレス

May 01, 2011

◆YB5−7G◆
ルーキー・須田に対して、巨人打線がいきなり大爆発。一死から脇谷,ガッツ,寿司職人ラミレスの3連打で早々先制すると、更に、二死後、亀井,加藤にもタイムリーが飛び出し、大量5点。1点ずつ取り合って迎えた4回、巨人先発の阿部健太が突然、崩れ、村田に2打席連続アーチを浴びると、4連続四球で押し出しを許して、KO。このあと、石川にも2点タイムリーが飛び出し、1点差となったが、巨人は8回に寿司職人ラミレスの5号ソロでダメ押し。阿部健太の後を継いだ5人のリリーフ陣がきっちり抑えて、逃げきった。寿司職人ラミレスはこの試合で416試合連続4番出場となり、今夜の松井さんを抜いて、球団新記録をマークした

◆D5−4C◆
広島はルパン広瀬のタイムリー等で初回から2点を先制すると、2回には投手の前田健がタイムリー。自らの一打でリードを広げた前田健だが、5回に野本に被弾すると、7回にはまたも野本にタイムリー三塁打を浴びるなど、同点に追い付かれ、KO。中日は8回にブランコのタイムリー二塁打等で2点を勝ち越し。広島は9回、岩瀬から1点を返し、なおも長打が出れば逆転のチャンスを作ったが、反撃もそこまでだった。

◆T2−6S◆
先発・村中が打者3人で右脇腹を痛めて降板するアクシデントに見舞われたヤクルト。緊急登板となった松井光が代わりばな新井貴に先制2ランを被弾したが、2回にバレンティンの7号ソロ等で追い付くと、5回には宮本が勝ち越しタイムリー。更に、7回には畠山のタイムリー,バレンティンのこの日2本目となる8号2ランで3点を加え、ダメを押した。3回2/3のロングリリーフをこなした松井光は3年ぶりの白星。

◆M3−8H◆
1点を先制されたソフトバンクは3回、内川,カブレラの連続タイムリーで逆転すると、更に、ハマのスペランカーのタイムリー,松田の5号3ランで一挙6点のビッグイニングを形成。5回にもカブレラに3号2ランで突き放した。先発の摂津は7回までに8安打を浴びながら、2点に食い止めて、2勝目。9回に満塁のピンチを1球で切り抜けた森福にプロ初セーブがついた。

◆F3−3L◆
球団史上初となるデビュー以来3連続先発勝利を狙う斎藤は初回に四球を連発した後、田中のタイムリーエラーで先制点を献上。しかし、日本ハムは2回にトンガが逆転2号2ラン。3回には小谷野のタイムリーで3点目。斎藤は5回までやや制球に苦しみながらも僅か1安打に抑えていたが6回、3連打で1点を返されると、坂田に同点犠飛を浴び、この回限りで降板。球団新記録の達成はならなかった。日本ハムは10回には二死満塁のチャンスを作ったが、代打・今成が打ち取られ、ドローに終わった。

5/1西◆E3−10Bs◆
前日、スタメン落ちでお灸を据えられ、4番に戻ってきたティー岡田が初回からタイムリーを放ち、先制した偽バファローズ。3回には戸村の制球難と楽天野手陣の乱れに乗じて、一気に6点を追加。5回にも4長短打を集中して、3点をあげ、大量10点目。開幕から好投続きの先発・西はこの日は7回途中まで3失点と苦しんだが、大量援護に守られて、無傷の3連勝。

 

 

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(7) 

April 30, 2011

◆YB2−8G◆
負ければ、横浜と入れ替えで最下位転落の危機に立たされた巨人はこの大事な一戦でプロ初登板初先発となるドラフト4位ルーキー・小山を抜擢。坂本の先頭打者弾で2点の援護を貰った小山だが、4回までに2点を失って降板となった。同点で迎えた6回、寿司職人ラミレスの4号2ランでようやく勝ち越した巨人は8回には3四死球で貰った満塁のチャンスに代打・亀井が2点二塁打。9回には長野がダメ押しの2ラン。連敗を3で止め、最下位転落を免れた。2番手として2回を無失点に抑えた謎の新助っ人・アルバラデホは来日初勝利。

◆D5−4C◆
名手・川相を退団させると言う球団史に残る愚行を犯し、開幕ダッシュに失敗している中日だが、既に、巨人のスタッフと化してしまった川相に頼る事は不可能な状況とあって、川井を先発起用。初回に1点、2回にも今季初スタメンの小山の一発で3点と早くも4点のリードを貰ったもののの、カワイであって、川相ではない川井ではチームの悪い空気を変える事は出来ず、5回に四球を連発して、満塁のピンチ。四球で野手のリズムを崩してしまったか、森野のエラーで2点を失うと、代打・小窪にタイムリーを浴びた後、自らの暴投で同点としてしまい、この限りでKO。しかし、同点で迎えた8回、中日はベンちゃんのタイムリー二塁打で勝ち越し。最後は岩瀬が締めて、辛くも逃げきった。

◆T6−2S◆
ホワイトセルのタイムリーで初回から先制された阪神だが、その裏、同点に追い付き、なおも満塁のチャンスにJ.マッケンジーが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。3回には新井貴の2号ソロが飛び出すと、7回にも1点を加えて、試合を決定付けた。ヤクルトは10残塁3併殺と言う拙攻が大きく響き、15日ぶりの連敗を喫した。

4/30杉内◆M1−0H◆
和田同様好投報われずに今季白星のない杉内。この日は立ち上がりからピリッとせず、6回まで毎回安打を浴びながらも、再三再四のピンチであと1本を許さない粘りの投球を展開。何とか杉内を援護したいソフトバンク打線だったが、マーフィーの前に7回まで散発4安打と沈黙。いつまでも貰えない援護についに根負けしたか、杉内はその裏、清田,岡田と連続二塁打を浴びて、ついに先制点を献上。8回二死一、二塁のチャンスを潰したソフトバンクは9回にも一死満塁と絶好のチャンスを掴み、マーフィーをKOするが、代わった薮田の前に後続を断たれて、完封負け。杉内は11安打4四球を許しながら1点で凌いだものの、またも打線に見殺しにされる形で今季初黒星。

◆F9−6L◆
元気のない西武打線がこの日は序盤から繋がりを見せる。初回にフェルナンデスのタイムリーで先制したのを皮切りに、2回にも1点、3回には4長短打を集中して3点を加えると、5回にもエラー絡みで1点を追加し、5点のリード。しかし、その裏から平野が突然崩れ、稲葉の今季初アーチとなる3ラン等で一気に追い付かれて、KO。これで流れを引き寄せた日本ハムは6回には大野の今季アーチで勝ち越すと、7回には鵜久森,トンガの連続タイムリーでダメ押しの2点を追加した。西武は5点のリードを守れず、4連敗となった。

◆E3−1Bs◆
開幕から4番の座を守っていたティー岡田だが、前日の3三振に岡田監督がぶち切れてスタメン落ち。代わって後藤が4番に入るなどテコ入れが奏功したか、初回から北川のタイムリーで先制。しかし、先発・中山が2回に山崎に被弾。嶋にもタイムリー二塁打をあび、あっさり勝ち越しを許してしまう。テコ入れ効果があったのは初回だけで2回以降は走者を出しても残塁の山を築くばかり。6回一死一、二塁のチャンスではスタメン落ちのティー岡田が代打で起用されるも三振に倒れて、汚名返上ならず。その裏、聖沢のタイムリー二塁打でダメ押し点を献上。9回にティー岡田が名誉挽回の二塁打を放つなど、一発逆転のチャンスを掴んだものの、後続を断たれた。楽天は今季初の3連勝。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:14コメント(0)トラックバック(3) 

October 17, 2010

10/17藤川球◆T6−7G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
巨人の先発は内海と言う大方の予想を覆して、朝井。しかし、いきなり先頭のマット・マートンに痛打された朝井は続く平野に簡単に犠打を許すと、二死後、新井にタイムリーを浴び、あっさり先制点を献上。更に、J.マッケンジーにセンター前へ弾き返されると、続くブラゼルにもライト前へタイムリーを浴び、2失点。直後の2回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがヒットで出るも、阿部が最悪のサードゴロゲッツー。この後、マッスル千代の武士,長野の連打,古城の死球で満塁とすると、短期決戦モードの若大将・原監督は裏をかいてまで起用した朝井を早くも見限り、当ブログ推奨助っ人・江戸川を二軍に落としてまで、一軍に残した日本プロ野球史上最悪のコストパフォーマンスを誇る代打要員・李を投入するが、あえなくショートフライに倒れて、三者残塁。昨日のゴンザレスのリリーフ投入成功に味をしめたのか、若大将・原監督はその裏からグライシンガーを投入。一死からマット・マートンに内野安打を許したグライシンガーだったが、平野,鳥谷と打ち取って、無失点で切り抜ける。直後の3回、巨人は先頭の坂本がヒットで出るも、亀井,ガッツ,寿司職人ラミレスと三者連続三振に斬って取られて、坂本は一塁に釘付け。ソニックの快投で意気上がる阪神はその裏、新井がライト前にポトリと落ちる当たりで一気に二塁を陥れる好走塁を見せると、暴投で三進。ここでJ.マッケンジーの三塁線への痛烈なライナーをガッツがダイビングキャッチし、倒れ込みながら、三塁をベースタッチ。新井は素早く帰塁し、間一髪ゲッツーを免れると、続く桜井がライトへ犠飛を打ち上げ、3点目。直後の4回、巨人は一死からマッスル千代の富士が右中間突破の二塁打を浴びせるが、長野のタイムリーとなるかと思われた二遊間への打球を平野のファインプレーに阻まれると、古城のソニックのグラブを弾いた打球も平野に素早く処理され、結局、無得点。しかし、続く5回、一死からまたも坂本がヒットで出ると、亀井のセカンドゴロを4回に好守を連発した平野が今度はエラー。ここでガッツがライト前へタイムリーを浴びせると、なおも一、三塁の場面で寿司職人ラミレスがセンターへ犠飛を打ち上げ、1点差。更に、阿部もヒットで続き、一打同点のチャンスを作ったが、マッスル千代の富士は三振に倒れて、二者残塁。その裏からマウンドに上がったMICHEALに対し、阪神は先頭の鳥谷がヒットで出塁。新井が三振に倒れた後、J.マッケンジーは最悪のショートゴロゲッツー…と思いきや、これを坂本が大きく弾いて、鳥谷は一気に三塁へ。ここでブラゼルがセンターへきっちり犠飛を打ち上げ、4点目。続く6回には四球の藤川俊を代打・上本が送ると、マット・マートンが敬遠されて、一、二塁となった所で平野が左中間へ走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を追加。阪神は7回から久保田を投入する必勝パターンを展開するが、これに対して、巨人は一死からガッツが二塁打を浴びせると、二死後、またも平野がエラーを犯し、この間にガッツが生還。更に、マッスル千代の富士がライトスタンドへ2ランをぶち込んで、一気に1点差まで詰め寄った。勝機が見えてきた事で巨人はその裏から越智を投入。これに対し、阪神は二死から浅井のヒット,藤川俊の四球で一、二塁とし、代打の切り札である悠久の若虎・桧山を投入するも、空振り三振に倒れて、追加点ならず。阪神は8回から早くも守護神・藤川球を投入する逃げ切り体勢に入るが、これに対し、巨人は二死から亀井が粘って四球を選ぶと、続くガッツが初球を叩いて、ライト線へ二塁打。ここで寿司職人ラミレスが追い込まれながらも、センター前へ弾き返し、二者が返って、ついに逆転。その裏、一死から登板した山口はハイリスクなクルーン投入を避けられるならそれに越した事はないと言う若大将・原監督の期待に応え、9回まで投げ抜き、逃げ切りに成功。久保田,藤川球から5点を奪うよもやの逆転劇で2連勝を飾った巨人は鬼門・ナゴヤドームへ乗り込む事となった。尚、この試合は公式戦でない上、日本シリーズと何ら因果関係のないエキシビジョンマッチであった所為か、代打でも無理矢理出続けていたキュラソ星人は最後までグラウンドに立つ事はなかった

10/17今岡◆H2−4M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
韓国に手広く事業を広げている為か、日韓クラブチャンピオンシップに出たくて仕方ないロッテは2回、ソフトバンク先発・陽に対し、一死からゼブラ今岡がレフトスタンドへ叩き込み、3戦連続で一発による先制点をゲット。その裏、ソフトバンクはロッテ先発・渡辺俊からハマのスペランカー,ペタジーニのヒットで二死一、二塁のチャンスを作るが、長谷川がサードゴロに打ち取られ、同点ならず。ロッテは4回、2四球で二死一、二塁とすると、大松がセンター前にタイムリーを浴びせて、陽をKO。6回には3番手・甲藤から先頭の今江が右中間へ二塁打を放つと、ゼブラ今岡の犠打で三進した後、金のショートゴロの間に3点目のホームイン。ソフトバンクは7回一死二、三塁,8回二死一、二塁と相次ぐピンチを何とか切り抜けるも、渡辺俊の好投の前に3回以降、二塁も踏めず、全く反撃の糸口が掴めない。土壇場9回、ロッテはヒットの西岡が二盗を決めると、一死後、井口のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。5回二死から走者を出せずにいたソフトバンクはその裏、先頭の本多が右中間突破の二塁打。松中もレフト前ヒットで続いた所で小久保がセンター前へタイムリーを浴びせて、ついに渡辺俊をKO。引っ張り出した守護神・小林宏に対し、ハマのスペランカーはセカンドフライに倒れるが、続く代打・オーティズが歩いて、満塁とチャンス拡大。ここでペタジーニは簡単に初球を打って、ショートフライに倒れるが、続く柴原が押し出し死球を食らって、2点差。なおも満塁とワンヒットで同点の場面を作ったが、山崎はどん詰まりのキャッチャーファールフライに倒れて、あと一歩及ばず。小刻みに加点し、渡辺俊の好投も光ったロッテが2勝目を挙げ、日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場へ辛くも望みを繋いだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:18コメント(2)トラックバック(42) 

September 25, 2010

◆S2−3G◆
ヤクルト先発・村中に対し、巨人は初回、2四球で一死一、二塁とすると、寿司職人ラミレスがレフト前へ先制のタイムリー。なおもチャンスは続いたが、阿部,松田記者と連続三振に倒れて、1点止まり。その裏、ヤクルトは先頭の青木がヒットで出るも、送りバントを仕掛けた田中がまともに転がしてしまい、青木は二塁で封殺。続く畠山もヒットでチャンスを広げたが、ホワイトセル,飯原と倒れて、二者残塁。続く2回には相川,宮本と連打を浴びせると、鬼崎がファーストゴロの間に相川が一気に本塁を狙って憤死し、またも無得点。0−1の儘、迎えた5回、巨人は坂本がヒット,矢野が田中のエラーで出ると、二死一、三塁となった所で阿部が振り逃げで生き、この間に坂本が返って、2点目を追加。更に、松田記者が歩いて、満塁とするも、代打・大道がライトへ打ち上げて、三者残塁。藤井はその裏、簡単に二死を取るも、ここで青木に痛打されると、若大将・原監督は前回同様、勝利投手の権利獲得目前で藤井の白星を剥奪し、MICHEALにスイッチする理不尽継投を展開。この回は抑えたMICHEALだったが、続く6回、一死からデントナ,飯原と連打され、二、三塁のピンチを作ったKO。3番手・久保は代わりばな相川に2点タイムリーを浴び、試合は振り出しに。追い付かれた巨人は直後の7回、一死から寿司職人ラミレスがバックスクリーンへ44号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。1点を追うヤクルトは8回、二死一、二塁のチャンスでこの日2安打で200安打にリーチをかけた青木に回り、タイムリーの期待が懸かるが、結果は死球。それでもチャンスは満塁と広がったが、田中が簡単に初球を叩いてセカンドゴロに終わり、三者残塁。9回は守護神・クルーンが珍しく危なげない投球で三者凡退に斬って取り、巨人が辛くも逃げきり。4番手の山口は1回無失点で8勝目がついた

◆YB7−9D◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた2回、中日は二死二塁から荒木のタイムリーで勝ち越すと、続く藤井がタイムリー三塁打を放ち、3点目。3回には故障を押してスタメン出場を直訴したブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに31号ソロを叩き込むと、4回には二死一塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに37号2ラン。更に、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の32号ソロをぶち込んで、この回3点。大量6点リードを貰った中日先発・山本昌だったが、その裏、村田に24号2ランを被弾すると、5回には松本にプロ初アーチとなる2ランを浴び、勝利投手の権利まであと二人まで迫りながら、無念のKO。突き放しておきたい中日は8回に堂上直のタイムリー二塁打、9回には森野のタイムリーで1点ずつ追加。8回から登板の浅尾が続投となった9回に2点を失ったものの、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げきった。2番手・寝損は1回2/3をパーフェクトに抑え、4勝目。浅尾はプロ野球新記録の47ホールド目。敗れた横浜は3年連続の最下位が確定した。

◆T8−3C◆
デーゲームで中日に勝たれてしまい、この試合を落とすとマジックを点灯させてしまう阪神は先発・メッセンジャーが初回から二死一、二塁のピンチを背負うと、嶋にタイムリーを浴び、先制点を献上。しかし、その裏、阪神は一死から平野,鳥谷と連打すると、新井がレフトスタンドへ19号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。3回には二死二塁、5回には一死一、二塁のチャンスを掴むも、あと一本が出ず、追加点を奪えない。一方、広島も6回一死一、二塁のチャンスに嶋,ルパン広瀬が打ち上げてしまい、点差が縮まらない。すると、その裏、阪神は一死一、二塁から坂が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、続く代打・林もセンター前に弾き返して、3点を追加。続く7回にはブラゼルのタイムリー等で2点を加え、ダメ押し。メッセンジャーは5回1/3を1失点で降板となったが、リリーフを仰いで、5勝目を手にした

9/25杉内◆F0−1H◆
デーゲームで西武が勝った為、この日の優勝がなくなったばかりか、敗れれば、2位転落となるソフトバンクは初回、難敵・ダルビッシュの立ち上がりの悪さを突き、二死満塁と絶好の先制チャンスを掴むが、ペタジーニが見逃し三振に倒れて、無得点。8月21日以来、白星から遠ざかっているソフトバンク先発・杉内は丁寧な投球で日本ハム打線を翻弄し、6回まで無失点の好投を展開。何とか杉内を援護したいソフトバンクは7回、一死から死球を食らった長谷川を田上が送ると、ここで川崎がレフト前へタイムリーを放ち、ついに待望の先制点をゲット。その裏、日本ハムは一人で気を吐く小谷野がこの日3本目のヒットで出塁するも、糸井,陽,トンガと打ち取られ、一塁に釘付け。土壇場9回には劇団ひちょりのヒット,小谷野の四球で一死一、二塁とするも、糸井がセカンドゴロゲッツーに打ち取られ、ゲームセット。杉内は散発5安打完封で約1ヶ月ぶりの16勝目。ソフトバンクはマジックを1つ減らし、ついに優勝に王手をかけた。

◆E2−3L◆
勝ってナイターのソフトバンクにプレッシャーをかけたい西武だが、初回から二死満塁のチャンスを潰すと、2回にも一死二塁のチャンスを生かせず、気合いが空回りするばかり。しかも、その裏、先発・帆足がルイーズに12号ソロを被弾し、先制点を献上してしまう。1点を追う西武は5回、栗山のタイムリーでようやく同点とすると、続く5回には先頭の中村がレフトスタンドへ22号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。中村は8回にも2打席連続となる23号ソロを放ち、貴重な3点目を追加。土壇場9回、7回からロングリリーフの岸に対し、楽天は一死から山崎がヒット,ルイーズが四球で出て、一、二塁とすると、牧田のタイムリー二塁打で1点差。しかし、内村をルイーズの代走で使ってしまい、この日3タコ2三振の1割打者・中川をその儘、打席に送らなければならない壊滅的な駒不足が響き、中川はクソボールに手を出してあえなく三振。嶋が敬遠されて満塁となった所で枡田もどん詰まりのピッチャーゴロに倒れ、万事休す。辛くも逃げきった西武はこの日のソフトバンクの優勝を阻止し、逆転Vへ望みを繋いだ。2番手の長田は2回2/3をパーフェクトに抑える好リリーフで5勝目

◆Bs2−6M◆
球団タイの14連勝を狙う偽バファローズ先発・金子千は3回まで無失点とまずまずの立ち上がりわ見せていたが、4回、井口に二塁打,金にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続くフクーラにも痛打されると、西後、清田を歩かせて満塁となった所で的場,西岡と連続タイムリーを許して、まさかの4失点。6回には一死一、二塁のピンチでまたも的場にタイムリーを浴び、あえなくKO。代わった古川も西岡にタイムリーを許し、点差は6点に拡大。その裏、偽バファローズは荒金のタイムリー二塁打でようやく1点を返したものの、後藤,カブレラと連続三振で1点止まり。9回にもティー岡田の犠飛で1点を返したが、後が続かず、Aクラス入りが絶望的になってきた。ロッテ先発・成瀬は6回を2安打1失点の好投で12勝目西岡は第3打席のタイムリーで史上5人目の200安打を達成し、第4打席のタイムリーで鈴木一朗を上回ってプロ野球新となるシーズン27度目の猛打賞を記録した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(12) 

September 11, 2010

◆G11−6C◆
初回からガッツの犠飛と寿司職人ラミレスの43号2ランで3点を先制して貰った巨人先発・東野だが、直後の2回、一死満塁のピンチで暴投を犯して、1点を返されると、二死後、梵に2点タイムリーを浴びて、同点。続く3回には一死二、三塁のピンチでルパン広瀬に犠飛を打ち上げられ、勝ち越し点を献上。続く石井タクローを歩かせた所であえなくKOとなる体たらく。このピンチは2番手・MICHEALが切り抜けると、巨人は4回、一死三塁から江戸川が同点犠飛。続く5回には二死二、三塁から寿司職人ラミレスがセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。しかし、粘る広島は7回、二死二、三塁から石原がライト線を破る同点タイムリー二塁打。更に、代打で登場した求道者・前田がライト前へ弾き返すが、あまりにも痛烈な当たりで石原は三塁止まり。続く梵の打球はファースト左を襲うライナーとなったが、ガッツのダイビングキャッチに阻まれて、勝ち越しならず。すると、その裏、巨人は四球と野選で一、二塁とすると、一死後、ガッツが歩いて満塁となった所で寿司職人ラミレスがライト前へ勝ち越しタイムリー。なおも満塁の場面で阿部が捕手としては史上3人目の40号となるグランドスラムをぶち込み、試合を決定付けた。8回からは越智が残り2回をノーヒットに抑え、逃げ切り。一時は同点タイムリーを許した4番手・久保に8勝目が転がり込んだ

◆D7−2YB◆
2回、中日はブランコ,堂上直のヒットで一死一、三塁とすると、小田がセカンドへ先制のタイムリー内野安打。山本昌の犠打で二、三塁となった所で荒木にもタイムリーが飛び出し、この回2点。続く3回には一死からベンちゃんが歩いた所でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ27号2ラン。5点を追う横浜は6回、村田,スレッジと連打を浴びせると、一死後、下園がライト前へタイムリー。なおも一、三塁の場面で武山が犠飛を打ち上げると、代打・金城が二塁打を放って、中日先発・山本昌をKO。しかし、代わった鈴木の前に内川がショートゴロに倒れて、2点止まり。続く7回にも一死一、二塁のチャンスを作りながら、スレッジ,カスティーヨが倒れて、二者残塁。すると、その裏、中日は二死から四球のベンちゃんを一塁に置いて、でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目となる28号2ランをぶち込んで、ダメ押し。8回からは平井−小林正と繋いで、逃げきった。山本昌は5回2/3を2失点で無傷の5連勝

◆T2−3S◆
館山,メッセンジャーの両先発がいずれも4回まで1安打無失点と互いに譲らぬ好投を展開。0−0で迎えた5回、阪神はキュラソ星人,J.マッケンジーと連打を浴びせると、藤川俊が送って、二、三塁。二死後、マット・マートンはサードゴロに倒れるも、宮本のタイムリーエラーでタナボタの2点を先制。真弓監督は勝利を焦ったか、8回から無失点投球を見せていたメッセンジャーを下げ、早くも守護神・藤川球を投入するが、これが裏目。藤川球はいきなり代打・福地に死球を食らわせ、青木にも痛打されると、田中に犠打を許して、二、三塁のピンチ。ここで飯原のセカンドゴロの間に1点を返されると、続くホワイトセルにはレフトスタンドへ14号2ランを被弾。藤川球が逆転アーチを浴びるのはプロ初の屈辱だった。その裏、阪神はマット・マートンのヒット,鬼崎のエラーで一死一、三塁と絶好のチャンスを掴みながら、新井,ブラゼルの4,5番が倒れて、同点ならず。9回は守護神・林の前に3人で打ち取られ、万事休す。館山は7回を自責点0で切り抜け、9勝目を飾った

◆H1−4F◆
デーゲームで西武がロッテを下し、この試合に敗れれば、マジック点灯を許してしまう事になるソフトバンクは、日本ハム相手に3戦連続完封中と絶対の自信を持つエース・杉内を立てての必勝体勢で臨んだが、3回、先頭の陽に初安打を浴びると、鶴岡に犠打を許した後、飯山には内野安打を浴びて、一、三塁のピンチ。ここで田中にセンターへの犠飛を打ち上げられて、先制点を献上。続く4回には一死から小谷野にライトスタンドへ16号ソロを被弾。6回には内野安打と連続四球で一死満塁のピンチを背負うと、トンガにレフト前へタイムリーを浴びて、2失点。8回まで散発5安打と沈黙していたソフトバンク打線は9回、2四死球で作った一死一、二塁のチャンスにペタジーニがタイムリーを放ち、ようやく1点。なおも一発が出れば一気に同点という場面だったが、長谷川,松田と打ち取られ、ゲームセット。これでソフトバンクの自力優勝は消滅。日本ハム先発・ダルビッシュは1失点完投で11勝目を飾った

9/11高山◆L4−2M◆
何とか西武のマジック点灯を阻止したいロッテは初回、西武先発・涌井の立ち上がりを捉え、いきなり先頭の西岡が左中間フェンス直撃の三塁打を浴びせると、一死後、井口がレフト線へ先制のタイムリー二塁打。しかし、その裏、西武は一死から栗山が二塁打で出ると、連続四死球で満塁のチャンス。中村は三振に倒れたものの、続く高山がレフトオーバーの2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。3回には中島,フェルナンデスと連打を浴びせると、一死後、またも高山がセンター前へタイムリーを放ち、3点目。中盤はまずい攻めが続いたが、8回、一死二、三塁から片岡の内野ゴロの間に貴重な1点を追加。9回から登板の守護神・シコースキーは今江の犠飛で1点を返されたものの、後続を断ち切った。ソフトバンクが敗れた為、西武に優勝マジック8が点灯涌井は7回を投げて、1失点に抑え、8月13日以来となる14勝目をマークした

◆E5−1Bs◆
偽バファローズは初回からいきなりゲッツーを食らうと、2,3,4回と立て続けにヒットを浴びせながら、一向に得点に繋がらない。移籍初白星を狙う先発・長谷川は3回まで1安打の好投を見せていたが、4回、連続四球で一、二塁のピンチを作ると、嶋に走者一掃の先制タイムリー二塁打を浴び、2点を献上。この回限りで降板となり、初白星はまたもお預け。楽天は続く5回にも一死二、三塁から暴投で1点を加えると、内村がライト前へタイムリー。更に、二死後、山崎がセンターフェンス直撃のタイムリー三塁打を放ち、この回3点。5点を追う偽バファローズは7回、カブレラ,北川の連打で一、二塁とするも、バルディリス,カラバイヨが連続三振を喫すると、日高も打ち上げ、二人の走者は釘付け。結局、9回に2番手・小山から北川の12号ソロで1点を返すのがやっとだった。楽天先発の岩隈は8回を5安打無失点の好投で3年連続の10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(16) 

August 20, 2010

8/20阿部◆G12−5T◆
4戦で僅か14安打と言う壊滅的貧打に陥っている巨人打線だが、右ふくらはぎに打球を食らって欠場が続いていた阿部が痛みを押して1週間ぶりにスタメン復帰するや、完全に息を吹き返した。初回、一死から9試合ぶりにスタメン起用された松田記者,ガッツ,寿司職人ラミレスの3連打で早くも先制点を挙げると、二死後、当ブログ推奨助っ人・江戸川にもタイムリーが飛び出し、2点目。2回に林のタイムリーで1点を返されるが、その裏、一死一塁から坂本が23号2ラン。4回に代打・桜井のタイムリーで2点差とされるも、5回、寿司職人ラミレスが39号ソロ,阿部が36号と連続アーチを叩き込むと、更に、J.マッケンジーのタイムリーエラーでこの回3点。3戦連続2桁得点と好調の阪神打線は6回、代打・関本のタイムリー,マット・マートンの犠飛で2点を返し、更に、平野が二塁打で続き、二、三塁とチャンスを広げるが、鳥谷が三振に倒れて、二者残塁。巨人は後半になっても攻撃の手を緩めず、その裏、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点を追加すると、7回には坂本がタイムリー。そして、8回には当ブログ推奨助っ人・江戸川の11号2ランでダメ押しの12点目。先発のゴンザレスは5回2失点で降板と不本意な内容ながら、打線の援護に恵まれて、約3ヶ月ぶりとなる4勝目をマーク。貧打に喘いだ鬱憤を晴らす16安打12得点の猛攻で連敗をストップさせた巨人は一夜で2位再浮上となった。

◆D0−3S◆
ナゴヤドームで破竹の快進撃を続けている中日だが、この日はヤクルト先発・館山の前に3回まで無得点と苦しい展開。先発の寝損は3回までノーヒットと館山を上回る立ち上がりを見せていたが、4回二死一塁から相川,ユウイチと連打を浴びて、先制点を献上。5回には先頭の青木に10号ソロを被弾すると、6回には野口に二塁打,ユウイチに死球を許して、一死一、三塁のピンチを作った所で降板。2番手・小林正も代わりばな川端に犠飛を打ち上げられて、3点目を献上。館山は散発4安打無四球と三塁も踏ませぬ素晴らしい投球で今季初完封の7勝目。中日の連勝は7でストップ。本拠地の連勝も12で止まり、一夜で3位に逆戻りとなった。

◆C3−4YB◆
3回まで4安打3四球と塁上を賑わせながら、攻めあぐねていた横浜だが、4回、先頭の稲田が四球で歩くと、一死と、加賀の犠打が野選を誘い、一、二塁となった所で内川が先制のタイムリー二塁打。続く5回には先頭の村田がレフトスタンドへ20号ソロを叩き込み、1点を追加。しかし、その裏、広島は二死から天谷が四球を選ぶと、続く岩本が羅致すタンドへ7号同点2ラン。更に、石原,代打・木村,東出と3連打を浴びせて、勝ち越しに成功。1点を追う横浜は7回、下園の内野安打,稲田の二塁打で二死二、三塁とすると、途中から守備に入っていた黒羽根がセンター前へ2点タイムリーを浴びせて、逆転に成功。その裏、広島は二死一、三塁と一打同点のチャンスを掴むが、梵がショートゴロに倒れて、無得点。8,9回は三者凡退に終わり、3連敗。横浜3番手・篠原は打者一人を打ち取っただけで2勝目が転がり込んだ

◆E2−5H◆
ソフトバンクは初回、一死から内野安打で出た本多が二盗を決めると、二死後、小久保がタイムリー内野安打を放ち、1点を先制。3回には一死から本多のヒット,松田の四球で一、二塁とした所でまたも小久保がレフトスタンドへ13号3ランを叩き込み、4点目。3回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ずにいた楽天は4回、先頭のルイーズがレフトスタンドへ8号ソロを放り込み、ようやく1点。1−4で迎えた6回、ソフトバンクは二死から江川が三塁打を浴びせると、中村紀のタイムリーエラーで5点目を追加。7回に本多のタイムリーエラーで1点を返されるが、8回からはファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーで楽天の反撃を断ち切った。先発の山田は6回0/3を自責点1で食い止める粘りの投球で4勝目

◆F5−4L◆
本ハム先発・ダルビッシュはいきなり5者連続三振を奪うなど、2回までに6つのアウトを全て三振で取る圧巻の立ち上がり。その裏、トンガの9号ソロで先制点を貰うと、6回まで無失点投球を続けていたが、7回、一死からブラウン,大島,高山と3連打を浴びて、同点とされると、二死後、浅村に勝ち越しタイムリー,片岡に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、この回4失点。西武は9回から守護神・シコースキーを投入し、逃げ切りを図るが、日本ハムは糸井,あの男と連打を浴びせると、二死後、飯山が今季初アーチとなる値千金の同点3ランをぶち込んで、試合は延長に突入。迎えた10回、日本ハムは一死から小谷野,糸井の連打で一、二塁とすると、高口がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。2番手・菊地は1回を3人で退け、今季初白星。

◆M3−1Bs◆
成瀬,木佐貫の両先発が無難な立ち上がりを見せ、3回まで両軍無得点。迎えた4回、ロッテは先頭の今江,井口の連打で二、三塁とすると、一死後、フクーラがセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。続く5回には四球の清田がカブレラの悪送球で二塁へ進むと、二死後、井口がライト前へタイムリーを放ち、3点目。直後の6回、偽バファローズは一死から大引が二塁打を放つと、二死後、下山がライトフェンス直撃のタイムリー三塁打。しかし、続く後藤はライトフライに倒れて、1点止まり。8回には一死二塁から大引のサードゴロを今江がエラー。しかし、一塁へ送球の間に二塁走者のフェニックスが三塁を欲張り、タッチアウトとなる大チョンボ。続く坂口が死球を食らい、ロッテ先発・成瀬をKOするが、代わった小野の前に下山がセカンドゴロに倒れて、二者残塁。9回も守護神・小林宏に対し、二死からティー岡田,バルディリスと連打を浴びせるが、代打・カラバイヨがサードゴロに終わり、ゲームセット。成瀬は7回2/3を投げて、1失点の好投で2年連続の10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(13) 

July 06, 2010

◆G8−7C◆
2回、広島がエラーの後に3連打を浴びせて、2点を先制すれば、その裏、巨人も四球の長野を一塁に置いて、江戸川がライトスタンドへ5号2ランを叩き込み、振り出しに。2−2で迎えた5回、広島は内野安打の東出を梵が送った所で赤松がレフト前へ勝ち越しのタイムリー。更に、続く嶋がライトスタンドへ6号3ランを放り込み、この回3点。その裏、巨人は連続四球で貰ったチャンスに坂本のタイムリー二塁打等で2点を返すが、直後の6回、広島は赤松のタイムリーで2点を加え、突き放す。3点を追う巨人は7回、二死から坂本の二塁打,松本の四球で一、二塁とした所でガッツがセンター前へ2点タイムリーを放ち、1点差。なおも一、二塁の場面で寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ28号2ランをぶち込んで、一気に逆転に成功。8回からは久保−クルーンがパーフェクトリレーを見せて、1点のリードを守りきった。3番手の福田は2回2失点ながら今季初勝利が転がり込んだ

◆YB4−5D◆
横浜先発・大家に対し、中日は2回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ22号先制ソロアーチ。4回には先頭の大島がヒットで出ると、二死後、ブランコ,セサルの両助っ人が連続タイムリー二塁打を浴びせて、2点を追加。3回まで毎回安打を浴びせながら、攻めあぐねていた横浜は4回、一死から謎の新助っ人・ハーパーがライトスタンドへ来日初アーチを放り込み、ようやく1点。7回には浅尾の暴投でタナボタの1点を返して、1点差。突き放したい中日は8回、二死一、三塁から代打・堂上剛が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。しかし、粘る横浜はその裏、橋本,藤田の連打で二、三塁とすると、一死後、下園がタイムリー内野安打にブランコのエラーが重なり、再び点差は1点と縮まった。続く石川のセーフティバントが結果として犠打になり、二死二塁と一打同点の場面を作ったが、内川は空振り三振に倒れて、同点ならず。土壇場9回、守護神・岩瀬に対し、横浜は一死からスレッジのヒット,岩崎達のエラーで一、三塁とするも、橋本,藤田と打ち取られ、あと1点が届かなかった。中日先発のウッチャンは6回を1失点で6勝目をあげた

◆T6−1S◆
初回、一死満塁と絶好の先制チャンスを掴んだヤクルトだが、ここで相川が最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れて、結局、無得点。ピンチを脱した阪神はその裏、ヒットの鳥谷を平野が送った所でマット・マートンがタイムリー二塁打を浴びせて、1点を先制。直後の2回、ヤクルトは一死から上田,鬼崎と連打を浴びせると、二死後、青木がセカンドへの内野安打。この間に一気に同点を狙った上田だが、タッチアウトとなり、またも無得点。一方、阪神は4回一死から連打と四球で満塁とすると、二死後、鳥谷がレフト前へタイムリーを放ち、1点を追加。7回には3連打で満塁とすると、マット・マートンのピッチャーゴロの間にまず1点。更に、新井,ブラゼルと連続タイムリーを浴びせて、この回4点。先発のスタンリッジは9回に鬼崎にタイムリーを許し、完封こそ逃したものの、今季初完投で5勝目を飾った

7/6杉内◆F0−12H◆
ソフトバンクは初回、一死から内野安打で出た本多が二盗を決めると、二死後、ハマのスペランカーのライト前ヒットで先制のホームイン。2,3,4回と沈黙していたソフトバンクだが、5回、無死満塁のチャンスを掴むと、本多がライトへ犠飛を打ち上げ、1点を追加。更に、二死後、ハマのスペランカー,ペタジーニと連続タイムリーを浴びせて、この回3点。続く6回には二死走者なしから川崎の三塁打,本多の四球で一、三塁とした所でオーティズ,ハマのスペランカーと連続タイムリー。更に、ペタジーニがヒットで繋いだ後、松中が6号3ランを叩き込み、この回一挙6点を奪い、点差は10点に拡大。9回にも2点を加えて、ダメ押し。投げては先発・杉内が7安打を浴びながらも、粘りの投球で今季2度目の完封を果たし、リーグトップタイの11勝目をマークした

◆E6−0M◆
コーリー,ラズナーの両助っ人先発が序盤は譲らず、3回まで両軍無得点。迎えた4回、楽天は先頭の中村紀が二塁打を浴びせると、続くルイーズがライトスタンドへ4号2ランを叩き込み、先制。そこから再び膠着状態となった試合は2−0の儘、8回へ突入。楽天はヒットの牧田を鉄平が送った所で中村紀がタイムリー二塁打を浴びせて、コーリーをKO。更に、代わった秋親から二死後、草野が四球を選ぶと、山崎,聖沢と連続タイムリーで3点を加え、試合を決定付けた。8回からは青山−小山と繋いで完封リレーを達成。7回無失点のラズナーは2勝目をあげた

◆Bs6−7L◆
2回、西武はブラウンのヒット,礒?の四球で一、二塁とすると、一死後、坂田がライトスタンドへプロ初アーチとなる先制3ラン。その裏、偽バファローズは二死から連打と四球で満塁とした所で山崎浩がライト前へ2点タイムリーを浴びせて、1点差。直後の3回、西武は中島の二塁打に連続四死球で無死満塁と絶好のチャンスを作るが、後続3人が倒れて、三者残塁。しかし、続く4回、ヒットの片岡がボークと犠打で三進すると、栗山のピッチャーゴロの間に生還。7回には中島の三塁打の後、高山が犠飛を打ち上げ、5点目。3点を追う偽バファローズは8回、二死から連続四死球と内野安打で満塁とすると、北川が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に同点。更に、バルディリスが歩いた後、日高がタイムリーを浴びせて、ついに勝ち越し。しかし、土壇場9回、この回から登板の岸田に対し、西武は先頭の栗山が二塁打で出ると、二死後、ブラウンがライトスタンド逆転18号2ラン。最後はシコースキーが3人でピシャリと抑え、辛くも逃げ切った。一時は逆転打を許した2番手・藤田に3勝目が転がり込んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:53コメント(0)トラックバック(15) 

June 29, 2010

6/29ラミレス◆C9−12G◆
巨人得意の一発攻勢が序盤から炸裂。まずは2回に寿司職人ラミレスが24号ソロを叩き込むと、長野のゲッツーでチャンスが潰えたに見えた直後に脇谷が2号ソロ。4回には寿司職人ラミレスの2打席連続25号ソロ,阿部の25号ソロと連続アーチの後、江戸川,坂本にはタイムリーが飛び出し、4点を追加。その裏、広島は嶋,ルパン広瀬の連続二塁打で3点を返すが、直後の5回、巨人は寿司職人ラミレスが3打席連続の26号ソロ。更に、6回には江戸川に3号ソロが飛び出した後、二死一、二塁で回ってきた寿司職人ラミレスは左中間へ大飛球。日本タイの4打席連続アーチか…と思われたが、惜しくもフェンス上部直撃に留まる走者一掃のタイムリー二塁打となって10点目。ワンサイドゲームになるかと思いきや、粘る広島はその裏、石井タクローのタイムリーで1点を返すと、7回には代打・赤松がタイムリー。8回に坂本の15号ソロで1点を返されるが、その裏、東出のタイムリー三塁打,嶋の5号3ランで一気に4点を奪い、2点差まで詰め寄った。しかし、巨人は9回、長野の10号ソロでダメ押し。最後は守護神・クルーンが3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切った。先発・東野は5回3失点で降板となったが、打線の援護に恵まれて、初の2桁勝利を達成した

◆T11−5D◆
中日は2回、先頭のベンちゃんが三塁打。一死後。連続四球で満塁とするも、後続を断たれて、三者残塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・あちゃくらさんはその裏、ブラゼルに24号先制ソロを被弾。続く3回には荒木のエラー等で作ったピンチでマット・マートンにタイムリー二塁打を浴びると、新井,ブラゼルと連続アーチを叩き込まれて、5失点。阪神は5回にもブラゼルの3打席連続26号2ラン,J.マッケンジーの12号ソロとまたも連続アーチで3点を追加。7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに野本に4号ソロを浴びるが、その裏、代打・浅井のタイムリー二塁打,桜井の犠飛でダメ押しの2点を追加。この後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した荒木の今季初アーチ等で4点を返した序盤の失点が大き過ぎた。阪神先発・スタンリッジは7回を1失点の好投で4勝目

◆YB0−10S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは二死からガイエルが二塁打を浴びせると、謎の新助っ人・ホワイトセルが2号先制2ラン。続く5回には二死から村中が四球を選ぶと、青木がヒットで繋いだ所で田中が走者一掃のタイムリー三塁打。続く飯原にもタイムリーが飛び出して、この回3点。更に、6回には無死満塁のチャンスに村中が2点タイムリー。一死後、田中もタイムリーを放って、8点目。8回には飯原,ホワイトセルのタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては先発・村中が毎回の様に走者を出しながらも落ち着いた投球で後続を断ち、8回無失点で5勝目をあげた

◆M1−19H◆
ソフトバンクのスーパー(アクセントは「スー」)ダブルチャンス打線(若大将・原辰徳命名)が大爆発。初回の二死一、二塁のチャンスは逃したものの、3回に田上の2号3ラン,松田のタイムリーで4点を先制すると、3回には森本のプロ初アーチとなる2ランが飛び出して、6点目。4回に金の18号ソロで1点を返されるが、5回、オーティズの18号3ランなど9長短打「を集中し、大量10点のビッグイニングを作って、早くも先発全員安打を達成。攻撃の手を緩めないソフトバンクは6回にも松田,柴原の連続アーチ,長谷川のタイムリーで3点を追加し、計23安打19得点。投げては先発・杉内が8回を1失点の好投を見せ、4年連続の10勝目をマークした

◆Bs0−3E◆
楽天先発・田中に対し、偽バファローズは初回、坂口,赤田と連打を浴びせると、後藤がライトスタンドへ6号3ランを叩き込み、僅か10球で3点を先制。田中は2回以降、走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球を見せるが、肝心の味方打線が一向に得点を奪えない。3回に二死から聖沢が三塁打を浴びせるも、嶋がセカンドゴロに終わり、無得点。7回には二死からルイーズのヒットと連続四死球で満塁とするが、代打・憲史実がショートゴロに倒れて、三者残塁。9回にも先頭の中村紀がヒットで出るが、後続3人が打ち取られ、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は7年ぶりの完封で8勝目をあげた

◆L4−6F◆
初回、日本ハムは二塁打の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉がライトスタンドへ13号先制2ラン。更に、二死後、糸井がヒットで出ると、規定打席にも到達しない中途半端な成績で何故かファン投票1位となったあの男によもやのタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。2回にも劇団ひちょりのタイムリーで1点を加えると、3回には一死一、二塁から鶴岡のタイムリー,田中の犠飛で2点を追加。6点を失った西武先発・岸は5回で降板となった。追いかける西武は5回、栗山のタイムリーでようやく1点を返すと、続く6回には理不尽にもあの男にファン投票1位の座を奪われたブラウンが怒りの16号ソロを叩き込み、2点目。土壇場9回には二死一、二塁から栗山の走者一掃タイムリー二塁打で2点差と詰め寄り、抑えの武田久を引っ張り出すと、連続四死球を選んで満塁と長打が出れば、一気に逆転サヨナラのチャンス。しかし、最後は阿部がショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。日本ハム先発の矢貫は5回1/3を2失点でプロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:51コメント(0)トラックバック(17) 

June 25, 2010

◆G3−1YB◆
巨人は坂本の14号先頭打者アーチで先制。一方、横浜は初回一死二塁のチャンスを潰し、2回には先頭打者を出しながらゲッツー、3回には二死二、三塁のチャンスを逸するなど、拙攻続き。4回も村田の二塁打,スレッジの四球で一、二塁のチャンス。ここで大西はセカンドゴロに倒れるが、この日ファーストに入っていた阿部がスレッジを挟殺しようと二塁へ悪送球を犯し、ボールが転々とする間に村田がタナボタの同点ホームイン。5,6,7回と3人ずつで切り抜けるなど、尻上がりに調子に上げていた巨人先発・ゴンザレスだが、8回、一死から石川にヒット,内川に四球を許した所で無念のKOとなり、またも白星ならず。しかし、ここで代わった2番手・久保が村田,スレッジの4,5番を連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。その裏、巨人は四球のマッスル千代の富士を一塁に置いて、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ23号2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。最後は守護神・クルーンが三者三振の快投で締め括った。好リリーフの久保に5勝目がついた

◆D3−1C◆
初の2桁勝利を目指す広島先発・前田健の前に3回までノーヒットに封じられていた中日は4回、先頭の藤井がチーム初安打を放つと、二死後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。6回には二死走者なしからベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ20号ソロを放り込んで、3点目。広島は7回、ヒットの梵が二盗を決めると、二死後、ルパン広瀬がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく1点を返したが、反撃もここまで。8,9回と一人の走者も出せずにゲームセット。中日先発・吉見は8回を散発4安打1失点の好投で7勝目

◆S4−9T◆
ヤクルト先発・バーネットが立ち上がりから大炎上。四球の鳥谷を二塁へ進められると、マット・マートン,新井,ブラゼルと3連打を浴びて2失点。更に、二死後、林,桜井と連続タイムリーを許し、この回4失点。2回にはブラゼルに犠飛を打ち上げられると、3回にも鳥谷にタイムリー二塁打を浴びて、あえなくKO。代わった高市も平野にタイムリーを許し、7点目を献上。阪神は6回にも新井,ブラゼルの連続二塁打で2点を加え、ダメ押し。ヤクルトは青木,相川のタイムリー二塁打で4点を返したものの、序盤の大量失点があまりにも痛かった。阪神先発・ソニックは8回4失点で7勝目をあげた

◆E2−6H◆
楽天先発・岩隈に対し、ソフトバンクは初回一死から本田,松中,ハマのスペランカー,ペタジーニと4連打を浴びせて、2点を先制。一方、謎の新助っ人・ダービンの前に3回まで1安打と抑え込まれていた楽天は4回、鉄平の内野安打,ルイーズの四球で二死一、二塁とすると、山崎がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも二、三塁とワンヒットで逆転の場面だったが、高須はショートゴロに終わり、二者残塁。ソフトバンクも毎回の様に塁上を賑わせながら、残塁を量産するばかりで追加点を奪えず、1−2の儘、土壇場9回へ突入。守護神・馬原に対し、楽天は中村紀の二塁打の後、ルイーズがライト前へ弾き返して、ついに同点。一死後、高須のヒットで一、二塁とチャンスを広げたが、草野のファーストライナーでこの日4つ目のゲッツーを食らい、延長へ突入。迎えた10回、ソフトバンクは敬遠含む3四球で二死満塁とすると、依然として打率0割台と壊滅的不振から抜け出せずにいる田上がタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く川崎も走者一掃のタイムリー二塁打を放って、ダメ押し。続投となった馬原が最後を締めて、3勝目をマークした

◆F7−3M◆
日本ハムは初回、二死一塁から小谷野の5号2ランで先制。直後の2回、ロッテはフクーラのヒット,サブローの四球で一、二塁とした所で竹原に今季初アーチとなる3ランが飛び出し、一気に逆転に成功。1点を追う日本ハムは3回、田中,劇団ひちょりの連打で二、三塁とすると、一死後、小谷野がレフト前へ2点タイムリーを放ち、再逆転。5回にはまたも小谷野がタイムリーを浴びせるとね糸井に8号2ランが飛び出し、7点目。先発の金森は尻上がりに調子を上げ、6回3失点で今季初白星をあげた

6/25涌井◆L7−3Bs◆
2回に日高の4号2ランで先制して貰った先発・山本だが、3回、阿部,細川,片岡と3連打を浴びて、1点を返されると、栗山に犠打を許した所で中島に10号逆転3ランを被弾。更に、続くブラウンにも15号ソロをぶち込まれると、4回にも片岡にタイムリー二塁打を浴びて、この回限りでKOとなった。西武は5回にも平尾のタイムリー内野安打で1点を追加。偽バファローズは6回、バルディリスの犠飛で1点を返すと、続く7回には山崎浩の四球、荒金の内野安打で一、二塁のチャンス。しかし、後藤,カブレラと打ち上げて、二者残塁。このピンチを切り抜けた西武先発・涌井は8,9回と乗り切っての3失点完投で両リーグ10勝一番乗りとなった

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(11) 

June 24, 2010

◆S2−4G◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木を福地が送ると、二死後、デントナがセンター前へ先制のタイムリー。1点を追う巨人は4回、先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ21号ソロを放り込み、同点。1−1で迎えた6回、寿司職人ラミレスが2打席連続22号をぶち込んで、勝ち越しに成功。更に、一死後、松田記者がレフト前へ弾き返すと、長野がレフトスタンドへ9号2ランを放ち、この回3点。ヤクルトは7回、一死から宮本,代打・畠山と連打を浴びせて、巨人先発・内海をKO。代わった久保から代打・ガイエルが四球を選んで、満塁とすると、青木のファーストゴロの間に宮本が生還。なおも二死二、三塁とワンヒットで同点の場面だったが、福地はサードへ打ち上げて、同点ならず。続く8回にも一死一、二塁のチャンスを作ったヤクルトだったが、相川,宮本と打ち取られ、二者残塁。最後は山口の前に三者凡退に終わり、万事休す。内海は6回1/3を2失点で7勝目を飾った

◆D2−5YB◆
中日先発・ウッチャンに対し、横浜は2回、先頭のスレッジがレフトスタンドへ15号ソロを叩き込み、1点を先制。4回には先頭の村田がヒットで出ると、またもスレッジがライトスタンドへ2打席連続の16号2ラン。更に、5回にはヒットの下園を石川が送ると、二死後、村田,スレッジと連続タイムリーを浴びせ、ウッチャンはこの回限りでKO。一方、開幕6連敗中の横浜先発・ランドルフに対し、4回まで僅か1安打と沈黙していた中日は5回、無死一塁から堂上直のタイムリー二塁打でようやく1点。7回には一死一、二塁から弟に負けじと、代打・堂上剛がタイムリー。なおも一、二塁と一発が出れば、同点のチャンスだったが、荒木,中川と倒れて、1点止まり。横浜は8回から早くも守護神・山口を投入すると、山口は期待に応えて、残り2回を抑えて、逃げ切った。6回1失点のランドルフは10度目の登板でようやく今季初勝利

6/24山田◆H6−1F◆
4月2日以来の登板となった日本ハム先発・八木は3回まで無失点とまずまずの滑り出し。しかし、4回、一死からハマのスペランカーに二塁打を浴びると、ペタジーニにタイムリーを許し、先制点を献上。更に、オーティズを歩かせた後、松田に走者一掃のタイムリー三塁打,長谷川に犠飛を浴びて、この回4失点。5回以降当たりが止まったソフトバンクだが、8回、二死からハマのスペランカーが死球を食らった後、ペタジーニ,オーティズと連続二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。先発の山田は完封まであと二人と言う所で小谷野にタイムリーを浴び、KOとなったが、摂津のリリーフを仰いで、プロ初勝利。パ・リーグの育成選手出身としては初の勝利投手となった。ソフトバンクの連敗は6でストップ、一方、日本ハムの連勝は5でストップとなった。

◆E6−2L◆
ブラウンのタイムリー二塁打で先制された楽天だが、2回、ヒットのルイーズを一塁に置いて、高須が4号2ランを叩き込み、一気に逆転。続く3回には一死から鉄平が三塁打を放つと、中村紀がセンター前へタイムリー。更に、山崎が二塁打で繋ぐと、二死後、高須がレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。高須は7回にもこの日5打点目となるタイムリーを放ち、ダメ押しの6点目。先発・井坂は9回に大島に犠飛を許したものの、後続を断ち切り、プロ初完投で2勝目をあげた

◆M6−2Bs◆
初回のピンチを切り抜けたロッテはその裏、、二死一、二塁から大松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。4回まで毎回2人ずつの走者を出しながら、一向に決定打が出ずにいた偽バファローズは5回、荒金の二塁打と連続四球で無死満塁のチャンスを掴むが、一死後、青波の永瀬のファーストゴロの間に1点を返すのが精一杯。その裏、ロッテは一死一塁から今江,井口と連続タイムリーを放ち、2点を追加。偽バファローズは6回に荒金のタイムリーで応戦するも、ロッテは7回、井口,金の連続アーチで突き放した。先発の渡辺俊は5回1失点でマウンドを降りたが、4人のリリーフを仰いで、5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:03コメント(0)トラックバック(10) 

May 30, 2010

◆L1−5G◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球を使ってのナイターでの巨人戦では抜群の安定感を誇る西武先発・岸はこの日も初回から坂本,脇谷と連続三振に斬って取る快調な滑り出し。しかし、こここでガッツに史上24人目の通算350号となる13号ソロをレフトスタンドへ叩き込まれて、先制点を献上。この後、二死一、二塁のピンチを切り抜けると、2回も二死一、二塁のピンチを凌いだが、3回、先の打席で被弾したガッツを歩かせると、続く寿司職人ラミレスに18号2ランを被弾。一方、巨人先発・西村健は初回から満塁のピンチを背負うなど、苦しみながらも、5回まで無失点と粘りの投球を展開。6回からマウンドに上がった久保は代わりばな中島に内野安打を許すも、続く中村をゲッツーに仕留めて、二死。しかし、ここでブラウンにレフト前へ弾き返されると、高山には右中間を破られ、ブラウンが長駆ホームイン。3回以降、立ち直った岸の前に13者連続凡退と抑え込まれていた巨人は7回一死から坂本が四球を選ぶと、二死後、ガッツも歩いて、一、二塁。ここでまたも寿司職人ラミレスが三塁線を破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、天敵・岸をついにKO。8回からは金刃−越智−クルーンと繋いで逃げ切った。西村健は5回を無失点に抑え、4勝目をマークした

◆H6−5D◆
中日は初回、先頭の荒木がライト線へ二塁打を放ったのを皮切りに、大島,森野,ブランコと4連打を浴びせて、2点を先制。更に、一死後、井端のショートゴロの間に1点を加えて、3点目。一方ねソフトバンクはハマのスペランカーの四球,松中のヒットの後、ペタジーニが出戻り初ヒットとなるファースト強襲のタイムリー内野安打。二死後、山崎がレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3で迎えた4回、中日は井端,松井祐,セサルの3連打で再び勝ち越すと、二死二、三塁から大島にもタイムリーが飛び出し、5点目。ソフトバンク先発・大隣はこの回限りでKOとなった。2点を追うソフトバンクは6回、ペタジーニ,森本と連打を浴びせると、二死二、三塁となった所で川崎がセンター前へ2点タイムリーを放ち、再び同点。試合は5−5の儘、延長戦へ突入。迎えた11回、中日は二死から英智,セサルの連打,谷繁の四球で満塁のチャンス。しかし、荒木がショートゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを脱したソフトバンクはその裏、ヒットの森本が犠打とセカンドゴロで三塁へ進むと、川崎がレフト前へ弾き返して、サヨナラ勝ち。5番手のファルケンボーグに2勝目がついた。

◆E4−2C◆
初回、楽天は先頭の聖沢がセンター前に弾き返すと、すかさず二盗。ここで高須がタイムリー内野安打を放ち、あっと言う間に先制。更に、鉄平もヒットで続いたが、中村紀が最悪のサードゴロゲッツー。山崎もショートゴロに打ち取られ、1点止まり。4回、求道者・前田の鋭い眼光に呑まれた楽天先発・田中が手元を狂わせ、死球を食らわせると、ルパン広瀬もヒットで続き、フィオが送って、二、三塁。二死後、石井タクローがレフト前へタイムリーを浴びせて、試合は振り出しに。その裏、楽天は二死走者なしから宮出が四球を選ぶと、草野がライト線へタイムリー二塁打を放ち、再び勝ち越し。更に、嶋にもタイムリー内野安打が飛び出して、1点を追加。続く5回には二死二塁から鉄平のタイムリー二塁打で4点目。3点を追う広島は8回、一死一、二塁からルパン広瀬がタイムリー。なおも一、二塁と長打が出れば一気に同点の場面だったが、フィオ,石原と内野ゴロに打ち取られ、二者残塁。9回には一死から東出,梵の連打で一、二塁と粘りを見せるが、天谷のセカンドライナーで飛び出した梵が戻れずにゲームセット。田中は12安打を浴びながらも、2失点で切り抜ける完投勝利で7勝目をあげた。広島は拙攻が響いたが、何よりも痛かったのは、求道者・前田が5回に右肘に受けた死球の影響で退いた事だろう。今後の出場に支障が出ない事を祈るばかりである。

◆F2−3T◆
0−0で迎えた4回、阪神は先頭のマット・マートンがサードゴロに倒れるも、これを小谷野がエラー。キュラソ星人のライト前ヒットで一、三塁とチャンスを広げると、続く新井はショートゴロゲッツーを食らうが、この間にマット・マートンが先制のホームイン。8回には代打・鳥谷が6号ソロを叩き込み、2点目を追加。しかし、その裏、先発・ソニックが田中,劇団ひちょりと連打を浴びると、糸井はゲッツーに仕留めるも、8打席連続凡退でインケツパワーを充電していたあの男にタイムリーを許し、無念のKO。ここで早くも守護神・藤川球がマウンドに上がると、連打は望めないと察したか、代走・紺田が二盗を仕掛けるも、あえなく憤死し、同点ならず。しかし、土壇場9回、日本ハムは先頭の小谷野が今季被本塁打ゼロの藤川球から2号ソロをぶち込んで、ついに同点。試合は延長に突入した。迎えた11回、この回から代わった4番手・建山に対し、阪神は大和,マット・マートン,キュラソ星人の3連打で無死満塁の大チャンス。ここで新井がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。なおも続いたチャンスは後続を断たれて、1点止まりとなったが、その裏、3番手・渡辺がきっちり締めて、今季初勝利を飾った

◆Bs3−1S◆
泥沼の連敗を脱し、調子を上げていきたいヤクルトだが、先発・由規が立ち上がりからピリッとしない。初回の二死一、二塁のピンチは何とか切り抜けたものの、続く2回、一死から日高に2号ソロを被弾し、先制点を献上。昨日は久々に爆発した打線もこの日は偽バファローズ先発・山本の前に6回まで僅かに1安打と沈黙。7回、福地のヒット、デントナの四球で一死一、二塁とし、山本をKOするも、代わった平野の前に代打・畠山,宮本と連続三振に倒れて、結局、無得点。8回、3回以降粘り強く投げていた由規に代わり、押本がマウンドに上がったが、後藤のタイムリー三塁打,ティー岡田の犠飛で致命的な2点を献上。またもや壊滅的な貧打が甦ってしまったヤクルトは9回にガイエルのタイムリーで完封を免れるのが精一杯だった。山本は6回1/3を無失点で4勝目

5/30里崎◆M1−0YB◆
ロッテ先発・渡辺俊は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せると、4回に石川に初安打を浴びてからも崩れる事なく、8回まで散発2安打無失点で三塁も踏ませぬ好投を展開。一方、横浜先発のルーキー・加賀も8回まで散発4安打無失点で二塁も踏ませないと言う渡辺俊に負けず劣らずの好投を見せる。土壇場9回、横浜は二死走者なしから石川,代打・桑原義と連続内野安打を浴びせ、この試合初のチャンスを作るが、内川がライトへ打ち上げて、二者残塁。その裏、横浜は好投の加賀から牛田にスイッチ。これで流れが変わる事も危惧されたが、牛田は3人でピシャリと締める好リリーフで両軍無得点の儘、延長にもつれ込んだ。迎えた1回、横浜は武山のヒット,石川の四球で一死一、二塁とするも、内川,村田の3,4番があえなく凡退し、勝ち越しならず。その裏から横浜は守護神・山口を投入するが、ロッテは一死から打席に入った里崎がライトスタンドへ7号ソロを叩き込んで劇的なサヨナラ勝ちを収めた。3番手の薮田は出戻り初勝利となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(12) 

May 04, 2010

◆G5−1S◆
開幕から泥沼の連敗地獄に瀕しているヤクルト先発・石川はこの日も不調。初回、いきなり3連打で無死満塁のピンチを背負うと、寿司職人ラミレスの犠飛,阿部のタイムリー三塁打で3失点。続く2回には一死三塁から坂本にタイムリー二塁打を浴び、4点目を献上。3回以降は立ち直り、追加点を与えなかったものの、リードを奪えぬ儘、7回途中で降板となり、またも初白星ならず。巨人は8回にも寿司職人ラミレスのタイムリーで5点目をあげ、ダメ押し。9回から、またもセーブのつかない場面で引っ張り出されたクルーンはいきなり青木を歩かせる相変わらずの不安定な投球。続くデントナをゲッツーに撮ったと、今度は飯原に四球を与えたが、最後は田中を打ち取り、何とか逃げ切った。防御率リーグ最下位をひた走る先発・ゴンザレスは6回を1失点で切り抜け、3勝目をあげた

◆D6−2T◆
中日先発・吉見に対し、阪神は2回、一死からブラゼルのヒット,桜井の死球で一、二塁とした所で藤川俊がプロ初打点となる先制タイムリー二塁打。先制された中日は4回、先頭の森野がライト前に弾き返すと、続くブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号2ランを放り込み、逆転。更に、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号ソロを放ち、3点目。リードを許した阪神は5回、藤川俊が2打席連続の二塁打を放つと、ソニックが送った後、マット・マートンがタイムリー。更に、平野が送った後、鳥谷が歩いて、一、二塁としたものの、新井が打ち上げて、1点止まり。突き放したい中日は6回、ブランコのタイムリー二塁打で1点をあげると、8回には二死一、二塁から大島が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、ダメ押し。9回は小林正−鈴木と繋いで逃げ切り、4カードぶりの勝ち越し。吉見は7回1/3を2点に抑えて、ハーラートップタイの5勝目をマークした

◆YB6−5C◆
広島は2回、フィオの2号ソロで1点を先制。一方、横浜は3回、先頭の下園が二塁打で出ると、二死後、井手が歩いて、一、三塁となった所で石川,内川と連続タイムリー二塁打を浴びせて、逆転。更に、村田が6号2ランをぶち込んで、この回5点。4点を追う広島は4回にルパン広瀬の今季初アーチで1点を返すと、6回には二死満塁のチャンス。ここで求道者・前田を代打に投入するが、この所、明らかに勝負所の見極めを誤る首脳陣の体たらくに、ここで起用される見込みは薄いと思っていたのか、集中力が研ぎ澄ましきれなかった求道者・前田はライトへのファールフライに打ち取られ、三者残塁。しかし、続く7回、天谷が2号ソロを放つと、8回には小窪がタイムリー。そして、9回には一死満塁からフィオがタイムリーを放って、ついに同点。なおも満塁と一気に畳み掛けたい所だったが、小窪はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で勝ち越しならず。その裏、横浜は先頭の藤田がヒットで出ると、野選と四球で一死満塁とチャンスを広げた所で井手がレフト前へサヨナラタイムリー。一時は同点打を浴びた5番手・山口に今季初勝利が転がり込んだ。

◆Bs3−11H◆
偽バファローズ先発の山本が立ち上がりから大乱調。初回、先頭の川崎を三振に取ったまでは良かったが、ここから本多,オーティズと連打を浴びると、小久保,ハマのスペランカーと連続四球を与えて、押し出しで先制点を献上。更に、続く松田にはレフトスタンドへ6号グランドスラムを被弾し、悪夢の5失点。その裏、2点を返して貰うも、直後の2回、一死二、三塁のピンチを作って、あえなくKO。2番手・加藤がこのピンチは凌いだが、4回、3番手・阿南が連打を浴びて、一死も取れずにKOされると、代わった香月兄はオーティズに12号3ランを被弾。香月兄は続く5回にも長谷川に1号2ランを浴びて、10点目を献上し、試合を決定付けられた。ソフトバンク先発・ホールトンは大量リードに守られながら、7回を3失点と試合を作り、4勝目を飾った

5/4唐川◆M10−1F◆
初回に小谷野のタイムリーで先制されたロッテはその裏、3四球で貰った満塁のチャンスを逃すと、続く2回にも一死一、二塁のチャンスを生かせず、無得点。しかし、3回、井口,金の連続アーチで逆転すると、更に、大松のヒットの後、サブローが5号2ランを叩き込み、この回4点。5回には大松の5号ソロ等で2点を加えると、6回にも大松が2打席連続の6号2ラン。西岡のタイムリー二塁打等で2点を加え、10点目。先発の唐川は8回を8安打4四球を許しながら、1失点で凌いで、3勝目

 

 

◆L6−5E◆
初回、山崎,草野,嶋のタイムリーでいきなり4点のビハインドとなった西武はその裏、片岡の2号先頭打者アーチでまず1点。この後、連打で作ったチャンスは中村のゲッツーで潰してしまうが、4回には永井の暴投で労せずして1点を追加。続く5回、片岡,栗山,中島の3連打で1点差と詰め寄ると、6回にはこの回から代わった片山から栗山がタイムリーを浴びせて、ついに同点。追い付かれた楽天は8回、中村紀のタイムリー二塁打で再び勝ち越すが、その裏、西武は片岡のタイムリーで追い付き、試合はその儘、延長へ突入。迎えた10回、西武は上本,佐藤と打ち上げて、片岡もサードゴロに倒れて、三者凡退…と思いきや、草野がエラー。ここで栗山がタイムリー二塁打を放ち、今季初のサヨナラ勝ち。5番手の藤田に2勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(15) 

April 02, 2010

4/2木村拓◆C4−5G◆
キムタクが試合前のノック中に突然、胸を抑えて昏倒。AED蘇生措置を施すも、意識が戻らず、そのまま救急車で搬送された。巨人は勿論、広島にもファンの多いキムタクの緊急事態にざわめきが収まらない中、始まった試合は動揺を隠せないのか、精彩を欠く先発・ゴンザレスが2回に4長短打を集中されて、大量4失点。しかし、3回に松本のタイムリーで1点を返した巨人は5回に寿司職人ラミレスが2号同点3ランを叩き込んで新パフォーマンスを披露し、重苦しいムードに包まれるベンチを懸命に盛り上げる。寿司職人ラミレスは7回にも2打席連続となる3号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。8回から越智を挟み、最後はクルーンが「試合をしている場合じゃないかもしれないが、プロとしてやっている以上、何としても勝ちたいと思ったし、木村コーチの為に一生懸命やった」と必死に広島の反撃を断ちきり、ゴンザレスは今季初白星。泥沼の5連敗となった広島は接戦が続いているにも拘わらず、またも求道者・前田がフル欠場。喜田など出している暇があったら、鬼気迫る求道者・前田の一振りに懸けて欲しいものである。尚、キムタクはくも膜下出血と診断され、チームが勝利を収めた後も依然として意識不明の状態が続いている。現場復帰は無理かもしれないが、何とか命を取り留めてくれる事を祈るばかりだ。それにしても、「急死」などと、とんでもない誤報テロップを流したTBSにはひたすら猛省して欲しい。尾花監督からも厳しく言ってやってくれ…。よりにもよって、こんな時に優木まおみ使って、チャラい放送をかまし続けていたフジテレビもフジテレビだ…。別に、優木まおみに非がある訳ではないのだが(彼女には気の毒だが日が悪かったと言うしかない)。解説の達川氏も気が気でなかった事だろう。

◆D6−5T◆
キュラソ星人の右肩痛が腱板部分断裂と言う重傷である事が発覚。数週間は安静にしなければいけないとされる状態で、そんな素振り見せずにグラウンドに立ち続ける姿に奮起したか、阪神は3回、6安打を集中する怒濤の猛攻(ただし、キュラソ星人はショートフライ)で一挙5点を先制。しかし、先発の安藤が不甲斐ない投球を演じてしまう。その裏、1点を返されると、4回には代打・野本にタイムリー二塁打を浴び、あえなくKO。代わった筒井も井端,セサル,森野と3連打であっさり逆転を許してしまう始末。中日はこの1点のリードを小刻みな継投でかわして逃げ切りに成功したものの、吉見が4回5失点KOと2試合続けて結果を出せていないのが気がかりだ。阪神は4回以降は3併殺と拙攻続き。心配されるキュラソ星人はこの日も2三振含む4タコと音無しで打率は.160まで低下。連続試合フルイニング出場が途切れる日もいよいよ目前に迫っているのかもしれない。

◆S1−0YB◆
来日初登板となるバーネットと、はーちゅんが息詰まる投手戦を展開。はーちゅんは2回に相川のタイムリー二塁打で先制を許したものの、以降は付け入る隙を許さず、6回まで散発4安打1失点の好投。しかし、バーネットは6回まで2安打無失点と、はーちゅんをも上回る快投を展開。7回に内野安打と2四球で一死満塁の大ピンチを背負ったものの、内藤,金城と横浜の代打攻勢を連続三振で退け、ピンチ脱出。8回からは押本−林と繋いで、完封リレーを達成し、バーネットは来日初先発初勝利。絶好調のデントナが4打席連続三振を喫するなど、打線は僅か4安打と沈黙したが、ワンチャンスを生かしたヤクルトは単独首位に浮上した。

◆E8−6H◆
開幕2連勝中の杉内はいきなり連続三振と素晴らしいスタートをきったかと思いきや、高須に痛打された後、連続死球をかまして、満塁とした挙げ句、中村紀に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、3失点。小久保のタイムリー等で3回までに同点にして貰ったものの、その裏、またも中村紀に勝ち越し2ランを被弾。結局、12個の三振を奪ったものの、安定感に欠ける投球で6回限りで降板となった。楽天は8回に山崎のタイムリー二塁打等でダメ押し。9回にはモリーヨが2点を失う不安定な投球を見せたが、辛くも逃げ切った。山崎,中村紀のロートル大砲コンビは6安打7打点の大暴れだった

◆F4−6L◆
全く危なげなく好投を続ける先発投手を突然、イニングの途中に引っ込める梨田監督の訳の分からない継投策に振り回されてリリーフに失敗し、15点リードでも引っ張り出される訳の分からない継投策に振り回されて大量点を失う理不尽な運命を呪って自棄になり、梨田監督の通算500勝記念ウイニングボールを叩き付けて紛失してしまい、二軍に落とされていた江尻がそれから10日も経たないうちに横浜に(サイレントKと交換で)島流しになると言う衝撃に見舞われた日本ハムはブラウンのタイムリー,中島の犠飛で2点のリードを奪われる苦しい立ち上がり。しかし、4回、小谷野のゲッツーの間などに2点を返して追い付くと、5回にはここまで2安打の高橋が猛打賞となる勝ち越しタイムリー。ところが、水島の呪いに苛まれている八木は5回途中で早くもKO。後を継いだ松家はこの回は凌いだものの、続く6回にG.G.佐藤に被弾すると、更に、満塁のピンチに田中のタイムリーエラーで勝ち越し点を奪われる有様。7回に内野ゴロの間に同点とするが、8回、7回途中からマウンドに上がっていた中継ぎ降格中の武田久が連打でピンチを作った末、高橋のタイムリーエラーで2点を失う不運に見舞われ、開幕から4連続リリーフ失敗の3敗目。日本ハムは引き分け1つ挟んで5連敗となった。

◆Bs3−5M◆
前回の登板では快投を演じた近藤だったが、この日は初回から5打数連続安打を浴びて、いきなりの3失点。2回の満塁のピンチを凌いだ後、3,4回と3人ずつで片付け、尻上がりに調子を上げてきたかと思われたのも束の間、5回、金に来日初アーチとなる2ランを被弾した上、今江の打球を左足に食らってあえなくKO。一方、この日も安定した投球の成瀬は6回まで無失点と偽バファローズ打線を翻弄。7回にラロッカに被弾し、完封は逃したものの、9回も簡単に二死を取り、今季初完投勝利…と思われた所でまたもラロッカに痛打されると、ティー岡田に3号2ランをぶち込まれ、無念のKO。しかし、代わった小林がきっちり北川を打ち取り、大事には至らなかった。これでロッテは偽バファローズと入れ替わりで首位タイに浮上

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(2)トラックバック(45) 

November 14, 2009

11/14 阿部◆KIA4−9巨人◆(日韓クラブチャンピオンシップ)
不況の影響でスポンサーが降りまくった煽りを受け、休止となったアジアシリーズに代わって開催される事となった日韓クラブチャンピオンシップ。WBC制覇,リーグ3連覇,日本シリーズ制覇と次々に成し遂げてきた栄光が、一発勝負であるこの試合に敗れただけで全て瓦解しかねないと言う嫌なプレッシャーがかかる中、若大将・原監督は調子ぶっこいてゴンザレスを予告先発させるが、初回、いきなり韓国の鈴木一朗石毛宏典こと李ボンジョムを歩かせ、二盗を許すと、一死後、羅志完にタイムリーを浴びて、先制点を献上。4回から登板となった2番手・内海も5回、一死から4連打を浴びて、2失点。若大将の挑発じみた予告先発の所為で隠しておきたかったのに、渋々予告させられてしまったKIA先発・梁弦種の前に巨人打線は5回までゼロ行進と苦しい展開だったが、6回、二死走者なしからガッツがソロアーチを放り込み、ようやく1点。続く7回にはこの回から代わった3番手・郭正哲に対し、亀井のヒット,代打・工藤の四球で無死一、二塁とした所で日本シリーズMVPの阿部がライトスタンドへ3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。更に、この後、李の二塁打と2四球で二死満塁とした所で寿司職人ラミレス,亀井,工藤と3連続タイムリーが飛び出して、この回大量7点のビッグイニングを形成。9回には代打で登場したルーキー・大田が三振を喫するなど、簡単に二死を取られたものの、ここから脇谷が四球を選ぶと、亀井がこの日4本目のヒットを放った所で工藤が2打席連続のタイムリーを放ち、ダメ押しの9点目。その裏、7回から登板していたオビスポが李賢坤にタイムリー二塁打を浴びたものの、後続を断ち、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:14コメント(0)トラックバック(13) 

October 23, 2009

10/23 脇谷◆G5−4D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
アジアシリーズ以上に儲からない事請け合いの日韓クラブチャンピオンシップに一体どんな旨味があるのか分からないが、とにかく出たくて仕方がないらしい中日は初回、巨人先発・春風亭半ケツに対し、一死から荒木がライト前に弾き返すと、続く森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ2試合連続となる先制2ラン。2点を追う巨人はその裏、ドーピングの容疑にかけられている中日先発・吉見相手に一死から松本,ガッツと連打を浴びせるも、寿司職人ラミレス,亀井とあえなく凡退し、二者残塁。続く2回にも一死から阿部が二塁打を放つも、後続を断たれてしまう。一方、中日も3回一死から井端,荒木の連打で二、三塁とするも、森野,フランコと連続三振。続く4回には一死満塁のチャンスを掴みながら、吉見が最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れて、またも無得点。春風亭半ケツは5回に三者三振の快投を展開すると、その裏、巨人は先頭の阿部がヒット。一死後、立ち直りかけていた春風亭半ケツを引っ込めてまで起用した代打・李がヒットで続くも、坂本がサードゴロゲッツーを食らって、またも得点ならず。直後の6回、中日はこの回から登板の2番手・越智に対し、二死から連続四球で一、二塁とするも、谷繁が三振に斬って取られて、二者残塁。ピンチを逃れた巨人はその裏、二死走者なしから寿司職人ラミレスが右中間スタンドへソロアーチを放り込むと、続く亀井もライトスタンドへ一発を叩き込み、一気に同点。追い付かれた中日は直後の7回、吉見の代打・ピンキー井上がセンター前ヒットで出ると、井端が送った後、荒木もヒットを放ち、越智をKO。ここで代わった山口に対し、森野はどん詰まりのセカンドゴロに倒れるも、どん詰まりとなったのが幸いし、ピンキー井上が勝ち越しのホームイン。更に、昨日から7打席連続三振中のブランコの止めたバットに当たった打球が幸運にもライト前に転がると、二塁走者・荒木が阿部のブロックを見事にかわす絶妙のスライディングで生還し、4点目。2点を追う巨人は8回、この回から登板の3番手・浅尾に対し、坂本の四球,松本のヒットで一、二塁とすると、二死二、三塁となった所で亀井のショートゴロを井端がよもやのタイムリーエラー。川相不在の重さを痛感し、動揺の色を隠せない浅尾に対し、続く代打・脇谷が右中間突破の走者一掃タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転に成功。更に、阿部が敬遠で歩かされた後、古城がレフト前へ弾き返すも、脇谷が本塁憤死となり、3点止まり。土壇場9回、満を持して登板の守護神・クルーンは代打・立浪,井端,荒木を3人で退け、逃げ切りに成功。連夜の接戦を制した巨人はついに王手をかけた

10/23 田中◆F2−3E◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
王手をかけられ、いよいよ後がなくなってしまった楽天だが、初回から一死二塁のチャンスを潰すと、2回には全てを託された先発・田中が高橋に先制被弾する重苦しい立ち上がり。田中は3回にも一死から連打でピンチを作ったが、粘りの投球で後続を断つと、直後の4回、楽天は日本ハム先発・八木から先頭の渡辺直がレフトスタンドへ同点アーチ。更に、鉄平,青波の長瀬のヒットで一死一、二塁とした所で中島がレフト前へ勝ち越しのタイムリー。二死後、草野にもタイムリーが飛び出し、この回、3点をゲット。尻上がりに調子を上げていく田中の前に5回以降、3人ずつで片付けられてきた日本ハムだが、8回、代打・稲田,金子誠の連打の後、田中が送って二、三塁とした所で劇団ひちょりがセンターへ犠飛を打ち上げ、1点差。更に、稲葉が歩いて、チャンスを広げたが、先制アーチを放っている高橋が三振に倒れて、同点ならず。9回も続投となった田中は三者凡退に斬って取り、2失点完投勝利。ようやく初勝利をあげた楽天は辛くも崖っぷちで踏み留まった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(26) 

September 21, 2009

◆G5−3D◆
逆転Vへ望みを繋ぐ為にも何としても3タテしたい中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに李が3号ソロを叩き込み、先制。しかし、その裏、先発・山本昌が先頭の亀井に痛打されると、続く松田記者に9号逆転2ランを被弾。この後、山本昌は三者連続三振で後続を断ち切り、再び流れを引き戻すと、直後の3回、中日は2四球の後、犠打に内野ゴロとノーヒットで同点に。しかし、その裏、巨人は二死三塁から寿司職人ラミレスが29号2ランを叩き込み、再び勝ち越しに成功。更に、4回には松田記者が2打席連続となる10号ソロを放ち、5点目。3点を追う7回、先頭の平田が三塁打を放つと、一死後、代打・立浪がライトへ犠飛を打ち上げ、2点差。8回には2番手・山口を攻め、二死一、三塁のチャンスで先制アーチを含む2安打を放っている李に回したものの、李は三振に倒れて、二者残塁。最後はクルーンの前に3人で打ち取られ、ゲームセット。巨人は5連勝で、マジックは2つ減って3となった。先発の東野は7回3失点で8勝目

9/21 フィリップス◆C6−5S◆
初回、内野ゴロの間に先制を許した広島だが、その裏、一死二塁からフィリップスが左中間スタンドへ14号2ランを叩き込み、一気に逆転。3回には二死一塁からまたもやフィリップスがタイムリー二塁打を放ち、3点目。2点を追うヤクルトは6回、一死一、二塁のチャンスに畠山,田中と連続タイムリーを浴びせて追い付くと、相川の内野安打で満塁とした所で代打・デントナがタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。広島先発・大竹はここでKOとなった。その裏、広島は二死から天谷がヒットで出ると、代打・石井タクローがタイムリー三塁打を放ち、1点差。4−5で迎えた土壇場9回、ヤクルトは守護神・林を投入し、逃げ切りを図るが、林はいきなり石井タクローを歩かせると、石原に犠打を許した後、代打・喜田にライト前に弾き返され、一、三塁のピンチ。ここでこの日4安打の東出を三振に取ると、続く赤松をキャッチャーファールフライに打ち取り、辛くも逃げ切りに成功…と思いきや、これを相川が痛恨の落球。打ち直しとなった赤松はしぶとく内野安打を放ち、この間に石井タクローが同点のホームイン。なおも一、二塁の場面でフィリップスが一、二塁間を破るタイムリーを放ち、劇的な逆転サヨナラ勝ち。これで広島は単独4位となり、3位阪神に0.5差と肉迫。5番手の永川に3勝目がついた。

◆YB8−1T◆
初回、新井のタイムリー二塁打で先制された横浜だが、その裏、金城が8号先頭打者アーチを叩き込み、あっさり同点。3回には二死走者なしから、藤田,内川の連打で勝ち越すと、更に、今季絶望視されながら、この日から戦線復帰を果たした村田がヒットで繋いだ後、メカゴジラ11号3ランを放ち、この回4点。続く4回には連打で一、三塁とした所でハマのチンピラが犠飛を打ち上げると、二死後、藤田がタイムリーを放ち、7点目。阪神は再三チャンスを作りながら、あと一本が出ず、12残塁の拙攻で惨敗。横浜先発・ハマのチンピラは完投で11勝目を飾った。尚、阪神2番手として登板し、1回2/3を無失点に抑えた桟原はまたも勝敗がつかず、清川(広島)を上回る115試合連続無敗の新記録を樹立した

◆H4−0M◆
ソフトバンクは初回、一死から川崎がヒットで出ると、二死後、二盗に成功。ここで小久保でセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。直後の2回、ロッテはベニー松山,南の連打で無死二、三塁としたものの、田中雅,早坂と凡退。西岡が歩いて満塁とするも、堀はサードゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、ソフトバンクも一死満塁のチャンスを作ると、川崎が犠飛を打ち上げ、1点を追加。3回以降も毎回走者を出しながら、攻めあぐねていたが、7回、一死から川崎がライト前ヒットで出ると、オーティズが19号2ランを叩き込み、ダメ押しの2点を追加。8回からは攝津アッパーが残り2イニングを抑えて、完封リレーを達成。先発の大隣は7回無失点の好投で1ヶ月ぶりの7勝目。ロッテ先発・小林宏は完投するも打線の援護に恵まれず、逆ハーラーダービー単独トップに躍り出る13敗目。

◆F3−5L◆
西武先発・涌井の前に1,2回と3人ずつで倒れた日本ハムだが、3回、一死満塁のチャンスを掴むと、稲葉が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を先制。しかし、直後の4回、西武は後藤,佐藤のヒットで一死一、二塁とすると、銀仁朗,原と連続タイムリーを浴びせて、1点差。続く5回には先頭の栗山が12号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。一死後、中村がヒットで出ると、後藤が倒れた後、G.G.佐藤が22号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。リードを貰った涌井は6回以降、無難に抑え、完投でハーラートップタイに並ぶ15勝目をマークした

◆E9−2Bs◆
2回、偽バファローズは一死満塁から坂口のタイムリーで2点を先制。楽天は3回、一死三塁から高須がタイムリーを放ち、1点差。1−2の儘、迎えた6回、偽バファローズは二死満塁と絶好のチャンスを作るが、山崎浩はシヨートゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを逃れた楽天はその裏、二死走者なしから、青波の長瀬が歩くと、中島がヒットで続いた所で、草野が同点タイムリー二塁打。なおも二、三塁の場面で宮出がセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。更に、満塁とした所で後藤のタイムリーエラー,山崎武のタイムリーでこの回大量8点を奪い、試合を決定付けた。楽天先発・岩隈は制球に苦しみながらも、8回を2失点と粘りの投球で13勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(18) 

July 29, 2009

◆G11−1D◆
中日先発・あちゃくらさんは初回、先頭の坂本を歩かせたものの、松本,ガッツと打ち取り、二死。しかし、ここから寿司職人ラミレス,亀井と連続二塁打を浴びると、李,阿部にも連打を許した挙げ句、古城には2号3ランをぶち込まれ、悪夢の6失点。直後の2回、中日はブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに30号ソロを叩き込むが、後が続かない。2回以降立ち直ったあちゃくらさんだったが、5回に代打を出されると、その裏から代わった高橋が寿司職人ラミレス,亀井と連続アーチをぶち込まれて、3失点。7回にはガッツに24号2ランを浴び、点差は10点と拡大。先発・ゴンザレスは大量リードを背に悠々と投げ込み、8回を3安打10三振を奪う力投で9勝目。中日は昨日に続いて、一発でしか点の取れないタイムリー欠乏症ぶりを露呈し、10連勝ならず。川相不在の弊害が如実に出てしまっての大惨敗に名手・川相の現役復帰を望む声はますます強まる一方だ

◆S6−10C◆
2回に栗原の12号ソロで先制した広島。その裏、青木の8号3ランで逆転されるも、直後の3回、栗原,マクレーンの連続タイムリーですかさず同点。続く4回にはデントナ,宮本のタイムリーエラー等で一気に4点を勝ち越し。更に、5回には一死満塁から天谷が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、10点目。ヤクルトは7回にデントナのタイムリー二塁打,宮本の4号2ランで3点を返したものの、反撃もそこまでだった。広島の連敗は5でストップ。先発の偽ハンカチ王子・斉藤は6回3失点ながら、打線の援護に恵まれ、6勝目をあげた。

◆T8−0YB◆
阪神は初回、先頭のシャア少佐が死球で出ると、関本,鳥谷,キュラソ星人と3連打を浴びせて、2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、新井はセンターフライ,ブラゼルはファーストゴロゲッツーに倒れて、追加点らず。2回もゲッツーでチャンスを潰した阪神だが、続く3回、二死一、二塁から新井が10号3ランを叩き込み、一気に3点を追加。横浜先発・マストニーはこの回限りでKOとなった。終盤の7回には一死から関本,鳥谷の連打の後、キュラソ星人が15号3ランを放ち、ダメ押し。投げては先発・岩田が尻上がりに調子を上げていき、今季初勝利を初完封で飾った

◆H4−5Bs◆
ソフトバンクは2回、一死からハマのスペランカーがヒットで出ると、二死後、田上のタイムリー二塁打で先制。更に、続く小斉が今季初アーチとなる2ランを放り込み、この回3点。ソフトバンク先発・藤岡の前に4回まで2安打と沈黙していた偽バファローズだが、5回、一死一、二塁から坂口のタイムリー二塁打でようやく1点。更に、大引が歩いて満塁となった所でフェルナンデスのタイムリー内野安打で1点差とすると、カブレラの2点タイムリー二塁打で逆転に成功。更に、北川がライトへ犠飛を打ち上げ、この回大量5点を獲得。土壇場9回、守護神・加藤に対して、ソフトバンクは長谷川の内野安打,田上の死球の後、代打・山崎が送って、一死二、三塁と一打同点のチャンス。ここで代打・本間は三振に倒れるも、続く本多がタイムリー内野安打を放ち、1点差。なおも一、三塁とチャンスは続いたが、川崎がキャッチャーゴロに倒れて、あと1点が届かなかった。偽バファローズ先発・近藤は7回3失点で5勝目

7/29 小谷野◆M5−6F◆
初回、日本ハムはいきなり田中,劇団ひちょり,稲葉,高橋とリーグタイ記録となる4連続二塁打で3点を先制。その裏、ロッテも西岡の四球の後、竹原,サブローの連打で1点を返すが、なおも一、二塁のチャンスに後続3人が倒れて、二者残塁。しかし、3回、大松のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄ると、5回にはランビン,西岡,竹原と3連打でついに同点。なおも一、三塁のチャンスにサブローのタイムリーで勝ち越し、日本ハム先発・スーパーさぶ・多田野をKO。更に、代わった林から大松が死球を食らい、満塁とすると、井口も四球を選んで、押し出しで5点目を追加。5−3の儘、迎えた土壇場9回、ロッテは抑えのシコースキーを投入し、逃げ切り体勢。田中,劇団ひちょりと簡単に打ち取り、二死まで持ち込んだシコースキーだったが、ここから稲葉,高橋と連打を許すと、スレッジを歩かせ満塁とした所で小谷野に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、一気に形勢逆転。その裏、ロッテも武田久を相手に一死一、二塁とチャンスを作ったが、井口,田中雅と内野ゴロに打ち取られ、万事休す。日本ハムは起死回生の逆転劇で7連勝を果たし、2位・ソフトバンクとの差は3に拡大。1回1/3を無失点に抑えた4番手の江尻に2勝目がついた。

◆E−L◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(2)トラックバック(24) 

July 24, 2009

7/24 青木◆全パ8−10全セ◆
史上初の3年連続先発登板となったダルビッシュ(日本ハム)が初回から寿司職人ラミレス(巨人)の打球を肩に受けてしまい、予定を繰り上げ、1回限りでの降板を余儀なくされる波乱の幕開けとなったオールスター第1戦。落合監督(中日)の陰謀により、現役復帰を果たせなかった名手・川相(中日)を欠く苦しい展開の全セは初回から荒木(中日)のエラーで先制点を献上といきなり川相不在の弊害を露呈。3回には、相変わらず、故障に弱い虚弱体質ぶりを露呈し、DHとしてすら規定打席に到達出来ず、かつ中途半端極まりない数字しか残しておらず、本拠地・札幌で開催すると言う要素以外、ファン投票1位になる理由が皆目見当たらないあの男(日本ハム)がセ・リーグ最多勝・館山(ヤクルト)から右中間へ二塁打を浴びせると、一死後、井口(ロッテ)のタイムリーで全パが1点を追加。2点を追う全セは4回、全パ2番手・田中(楽天)に対し、寿司職人ラミレスが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに左中間スタンドへオールスター通算3本目となるホームランを叩き込み、ようやく1点を返すと、5回にはWBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸(西武)から内川(横浜),阿部(巨人)の連打で一、三塁とした所で荒木が汚名返上の犠飛を打ち上げ、同点。更に、6回には青木(ヤクルト),ガッツ(巨人)の連続二塁打で勝ち越しに成功するが、一気に畳み掛けたい所で寿司職人ラミレス,キュラソ星人(阪神),ブランコ(中日)が三者連続三振に斬って取られ、1点止まり。その裏、若大将・原監督(巨人)は川相不在と言う絶体絶命の状況を打開すべく、落合監督のお茶濁し采配をパクって、開幕10連勝中の川井(中日)を投入。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、一死から高橋(日本ハム),中島(西武),草野(楽天)と3連打を浴びると、里崎(ロッテ)には押し出し四球で同点としてしまう体たらく。なおも満塁の場面だったが、第1打席でインケツパワーを放出しきってしまったあの男がライトへの浅いフライを打ち上げてしまうと、強引に勝ち越しを狙った中島が本塁憤死し、同点止まり。しかし、続く7回、全パは代打・サブロー(ロッテ)の内野安打の後、川崎(ソフトバンク)のピッチャーゴロを川井が二塁へ悪送球。更に、稲葉(日本ハム)のセーフティバントをガッツが一塁へ悪送球と相次ぐ拙守で、サブローに続いて川崎の生還まで許してしまい、勝ち越しの2点を献上。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない川井はこの後、中村(西武)に二塁打を浴びると、高橋,金子誠(日本ハム)と連続タイムリーを許し、更に、草野のゲッツーの間にも1点を返され、この回悪夢の5失点。しかし、粘る全セは8回、この回から代わった5番手・有銘(楽天)に対し、青木の四球,ガッツのヒットで一、三塁とした所で寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、まず1点。続いて代打・栗原(広島)が歩いて満塁とすると、ブランコのセカンドゴロの間にガッツが生還。更に、内川が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、1点差と肉迫。続く井端(中日)がヒットの後、二盗を決め、二、三塁と一打逆転のチャンス。しかし、東出(広島)のセンターフライで本塁突入した内川が刺されて、同点ならず。8−7で迎えた土壇場9回、抑えとして出てきた武田久(日本ハム)に対し、全セは先頭の 石原(広島)がセンター前ヒットで出塁。ここで青木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ起死回生の2ランを放り込み、一気に逆転に成功。更に、この後、ヒットで出た赤松(広島)が二盗を決めると、ブランコが三遊間突破のタイムリーを放ち、10点目。最後は8回から登板のハマのチンピラ(横浜)が締めて、逃げ切った。MVPは逆転2ランを放った青木が獲得ベストバッター賞は一発含む3安打2打点の寿司職人ラミレス,ベストピッチャー賞は2回を1死球与えただけの無安打無失点に抑えたハマのチンピラ,そして、ベストプレー賞に2安打2打点の高橋が選ばれた。 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:13コメント(0)トラックバック(18) 

July 21, 2009

◆YB2−4G◆(6回降雨コールド)
巨人は初回、寿司職人ラミレス,亀井,松田記者の3連続タイムリーでいきなり4点を先制。その裏、メカゴジラのタイムリーで1点を返した横浜だが、2回二死満塁,3回二死一、二塁のチャンスをモノに出来ない。しかし、6回、一死一、二塁のチャンスを作り、春風亭半ケツをKO。代わった越智から、二死満塁とした所で亀井のエラーで2点差と詰め寄るが、藤田が凡退し、三者残塁。7回に入った所で雨が強くなり、その儘、コールドゲームが成立。巨人が勝ち逃げで連敗を阻止。5回1/3を2失点の春風亭半ケツは5勝目をマークした。

◆D7−4C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,小笠原の両先発がいずれも5回まで無失点の好投を展開。均衡が破れたのは6回。東出,フィリップスの連続二塁打で先制した広島は更に、栗原が歩いた後、マクレーンに10号3ランが飛び出し、この回4点。しかし、その裏、中日は井端,荒木の連打の後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号3ランを叩き込むと、続くブランコにも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに28号ソロが飛び出し、一気に同点。更に、2四球で貰ったチャンスに代打・立浪が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回にも森野のタイムリーでダメを押した中日は8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、対広島10連勝。2番手の寝損に来日初勝利がついた

◆T−S◆
降雨中止。

◆H6−4E◆
初回、ソフトバンクは二死一、二塁からハマのスペランカーに11号先制3ランが飛び出すと、3回には松中が16号ソロを放り込み、4点のリード。4回に1点を返されるが、5回、3四球で二死満塁とした所で長谷川がセンター前へタイムリーを放ち、2点を追加。楽天は8回に山崎武が20号2ランを叩き込無と、9回には守護神・馬原を攻め立て、二死一、二塁から宮出のタイムリーで4点目。なおも一、二塁と長打が出れば同点と言うチャンスだったが、最後は鉄平がセカンドゴロに倒れて、万事休す。馬原は球団新記録となる通算118セーブ目。先発の藤岡は7回2/3を3失点で4勝目をマークした。

◆F7−3M◆
2回に竹原のタイムリーで先制された日本ハムは4回、一死一、三塁から金子誠のタイムリーで追い付くと、更に、二死満塁となった所で稲葉にタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。ロッテは6回に大松の12号ソロ,7回にはバーナムJr.のタイムリー二塁打で同点とするが、その裏、日本ハムは無死一、二塁からスレッジの走者一掃タイムリー二塁打で再び2点を勝ち越し。更に、二死後、金子誠もタイムリーを放ち、この回3点。8回にも内野ゴロの間に1点を追加し、試合を決定付けた。先発のスーパーさぶ・多田野は7回を投げ3失点、10三振を奪う力投で4勝目。これで日本ハムは4連勝となり、前半戦首位ターンが確定した。

7/21 涌井◆L4−2Bs◆
西武先発・涌井に対し、偽バファローズは初回、一死から連続四死球で一、二塁とすると、カブレラのタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死から小瀬が二塁打を浴びせると、前田のタイムリーで2点目のホームイン。前回の登板でようやく今季初勝利を果たし、WBC干され症候群からの完全脱却が期待された偽バファローズ先発・小松だが、その裏、G.G.佐藤に14号ソロを被弾。3,4回と走者を出しながらも、踏ん張っていたが、5回、一死二、三塁のピンチで中島に逆転2点タイムリーを浴びると、続く中村にもタイムリーを浴び、4失点KO。西武は8回から登板の2番手・岩崎が三者三振の快投を見せると、最後は小野寺が締め括った。涌井は7回2失点でハーラー単独トップに立つ12勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(9) 

July 18, 2009

◆G11−4T◆
初回、亀井のタイムリーで2点を先制された阪神は3回、平野,関本と連続タイムリーを浴びせて、同点。しかし、その裏、巨人は二死三塁から松田記者のタイムリー二塁打で勝ち越すと、続く脇谷もタイムリーを放ち、4点目。5回にまたも平野にタイムリーが飛び出し、1点差とされるが、その裏、巨人は寿司職人ラミレスが12号2ラン。7回にも捕逸で1点を返されるが、その裏、寿司職人ラミレスが2打席連続の13号2ラン,続く亀井も10号ソロを叩き込み、更に突き放す。8回には坂本,ガッツとタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの11点目。最後は7点差がありながら、守護神・クルーンが6月7日となる調整登板で1回を無難に抑えた。先発のグライシンガーは7回4失点ながら、打線の援護に恵まれ、8勝目

7/18 横浜◆YB0−7D◆
横浜も中日も吉見同士の先発となったこの試合。横浜・吉見は2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに被弾したものの、6回までこの1失点のみの3安打と好投を展開。一方、中日・吉見は序盤は苦しんだものの、あと一本を許さず、尻上がりに調子を上げて、6回まで無失点。0−1の儘、迎えた7回、中日は無死一、三塁から藤井のショートゴロで石川からのバックホームを新沼が落として、2点目。続く中村一が歩いた所で吉見はKO。代わった真田に対し、谷繁が2点タイムリーを浴びせると、更に、真田のボークで1点を加え、この回4点。完全に試合の流れは中日に移り、8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が12号ソロを叩き込むと、9回にも小山田の暴投でダメ押しの7点目。中日・吉見は今季4度目の完封で2年連続の10勝目をマークした。

◆C8−4S◆
2回にデントナの17号ソロ,会沢のタイムリー二塁打で1点ずつ取り合って迎えた4回、ヤクルトは田中,福地と連打を浴びせると、またもデントナが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。2点を追う広島は7回、二死走者なしから会沢,代打・嶋の連打でチャンスを作ると、代打・末永,東出と連続タイムリーを浴びせて、再び試合は振り出しに。直後の8回、ヤクルトはまたまたデントナにタイムリーが飛び出し、勝ち越すが、その裏から登板の五十嵐が大乱調。一死からヒットと四球で一、二塁とすると、梵にタイムリー二塁打を浴びて、同点。更に、会沢を敬遠して、満塁とすると、二死後、末永にタイムリー二塁打,東出にタイムリー三塁打を浴び、この回悪夢の5失点。広島は連敗を7で止め、最後を締めた永川に2勝目がついた

◆M6−8H◆
ロッテ先発・唐川に対し、ソフトパンクは初回、一死三塁からオーティズのタイムリー二塁打で先制。更に、連続四死球で満塁とするが、ハマのスペランカー,長谷川と打ち上げて、三者残塁。しかし、続く2回に本多のタイムリーで1点を加えると、3回には長谷川のタイムリー等で2点を追加。中盤は立ち直った唐川の前に沈黙していたが、7回から代わった2番手・橋本健に対し、小久保が9号ソロを叩き込み、5点目。7回まで2安打無失点と完封ペースの好投を見せていたソフトバンク先発・大場だったが、8回、一死から井口を歩かせると、大松に11号2ランを被弾し、KO。更に、代わったファルケンボーグが二死後、里崎に6号ソロを被弾すると、フクーラ,ベニー松山と連打を浴びた後、バーナムJr.に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、一気に同点とされる有様。土壇場9回、ソフトバンクは一死から松中が15号ソロを叩き込み、勝ち越し。更に、小久保の二塁打,村松の三塁打の後、長谷川がスクイズを決め、この回3点。その裏、満を持して登板の守護神・馬原はいきなり今江,井口と連打を浴び、1点を返されるが、ここから井口,大松,サブローのクリーンアップを三者連続三振に斬って取り、逃げ切った。3失点と乱調だったファルケンボーグだが無傷の5勝目が転がり込んだ

◆F−L◆(降雨ノーゲーム)
西武は初回、一死からヒットで出た栗山がすかさず二盗を決めると、続く中島のタイムリーで先制のホームイン。続く中村が死球を食らってチャンスを広げたが、G.G.佐藤がショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり、その裏、日本ハムが三者凡退に終わった所で雨が強くなり、試合中断。結局、その儘、降雨コールドでノーゲームとなった。

◆E−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(0)トラックバック(10) 

June 06, 2009

6/6 ラミレス◆G3−2F◆
巨人先発・内海に対して、日本ハムは2回一死から小谷野,糸井の連続二塁打で1点を先制。6回には先頭の稲葉がライトスタンドへ2試合連続の8号ソロを叩き込み、2点目を追加。日本ハム先発・ダルビッシュの前に5回まで1安打と完璧に抑え込まれていた巨人だが、6回一死から内海の代打・工藤のヒットを皮切りに反撃を開始。続く坂本のヒットで一、三塁となった所で松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと3連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転に成功。日本ハムは8回、巨人3番手・山口を攻め、一死から稲葉,高橋と連打。更に、小谷野もセンター前へ弾き返したが、同点を狙った稲葉が本塁憤死。なおも一、二塁のチャンスで先制タイムリーを放っている糸井が打席に入ったが、セカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。いきなり金子誠を歩かせ、不安を覗かせたクルーンだったが、鶴岡に犠打を許した後、代打・稲田のピッチャーゴロで金子誠を挟殺。この後、稲田に二盗を許し、またまた一打同点のピンチとなったが、最後は田中を三振に斬って取り、逃げ切りに成功。6回の投球だけが悔やまれるダルビッシュは完投するも、開幕戦以来の黒星となり、自身の連勝は7でストップ。ワンチャンスを生かした味方の攻撃に救われた内海は6回2失点で2勝目を飾った。

◆D4−4M◆
山本昌に唐川と二回り年齢が違う対決となったこの試合。中日は2回に一死二、三塁から小山のタイムリーで2点を先制。4回には一死一、二塁のチャンスを作るが、小山,山本昌と連続三振に倒れて、二者残塁とし、唐川を立ち直らせてしまう。4月12日以来の登板となる山本昌は一向に追加点をあげる気配のない味方打線に辟易としながらも、6回まで無失点と粘っていたが、7回一死から3連打を浴びて、満塁のピンチ。堀はセカンドフライに打ち取ったものの、唐川の代打・田中雅に2点タイムリーを浴び、同点。なおも一、二塁のピンチで早坂に走者一掃のタイムリー二塁打で2点を勝ち越された所で、無念のKOとなった。2点を追う中日は土壇場9回、二死満塁から森野の2点タイムリーで一気に同点。なおも一、三塁とサヨナラのチャンスだったが、ここで代わった小林宏の前にブランコがピッチャーゴロに倒れて、同点止まり。延長に入ってから、中日は11回に一死一、三塁,12回に一死一、二塁と相次ぐサヨナラのチャンスを悉く潰し、結局、12回規定でドローとなった。相変わらず、12残塁と詰めの甘い攻撃で勝てる試合を逃してしまう有様に、名手・川相の現役復帰を待望する声はますます強まる一方だ

◆C1−11H◆
広島先発・大竹は連続無失点記録が途絶えた事で緊張感が薄れたのか、立ち上がりからピリッとせず、初回、オーティズのタイムリー,小久保の6号2ランで3点を先制されると、続く2回にも4長短打で3点を失い、あえなく6失点KO。畳み掛けるソフトバンクは3回にはジャマーノのタイムリー二塁打,5回には田上の8号ソロで1点ずつ加えると、6回にはハマのスペランカーの3号2ラン等で3点を奪い、11点目。7回表、先頭の田上がこの日4本目のヒットを放った所で雨が強くなり、2試合連続のコールドゲームとなった。初先発となるジャマーノは6回まで散発2安打1失点の好投で来日初勝利

◆S5−1E
交流戦に入ってから不本意な投球が続く岩隈はこの日も初回から青木に先制5号ソロを被弾。4回には二死二塁から宮本にタイムリーを浴び、2点目を献上。6回には一死一、二塁から宮本,田中と連続タイムリーを許すと、7回には福地に今季初アーチを叩き込まれ、5失点KO。一方。、ヤクルト先発・ユウキは5回まで散発2安打無失点の好投を展開。6回に一死二塁のピンチを迎えた所で降板となった後、2番手・松岡が渡辺直にタイムリーを許したが、後続を断ち切ると、8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝パターンで楽天の反撃をかわした。ユウキは偽バファローズ時代以来2年ぶりの白星。楽天は今季2度目の3連敗でついに貯金が消滅。岩隈は4年ぶりの3連敗となった。

◆T7−0Bs◆
昨年まで同僚だったボーグルソンに対して、阪神は3回、ヒットの狩野が二盗を決めると、シャア少佐がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には一死から新井,ブラゼル,林,狩野,福原と5連打で3点を奪い、ボーグルソンをKO。5回にも1点を加えた阪神は6回無死一、二塁から福原が2点タイムリーを浴びせて、7点目。ブラゼル効果が出ているのか、阪神は先発全員安打で3連勝。先発の福原は投げては5安打完封,打っては2安打3打点の活躍で3勝目をマークした。

◆YB7−12L◆
西武の一発攻勢が序盤から炸裂。初回、中島のタイムリー二塁打で先制した後、中村が19号3ランを叩き込み、この回4点。続く2回には銀仁朗の2号ソロ,栗山の6号ソロで2点を追加。3回にはG.G.佐藤の犠飛で7点目を追加。一方、横浜は内川,吉村のソロアーチなど、地味に追い上げを見せる。3−8で迎えた8回、横浜は中島のエラーをきっかけに村田のタイムリーで1点を返すと、吉村がこの日2本目となる5号3ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、直後の9回、西武は栗山のこの日2本目となる7号2ランを放つなど、一気に4点を取り返し、試合を決定付けた。西武は引き分けを挟んで5連勝となり、5割復帰。先発の石井一は7回3失点で3勝目。一方、早くも自力Vが消滅している横浜は連敗を6と伸ばした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(29) 

November 06, 2008

◆L3−7G◆
昨日の勢いで一気に王手をかけたい西武は初回、巨人先発・上原から片岡,栗山,中島の3連打で無死満塁の大チャンス。しかし、覚醒モードに入った筈の中村は空振り三振。礒?の併殺崩れの間に先制点をあげたものの、後藤も三振に倒れて、1点止まり。すると、直後の2回、第1戦で快投を演じた西武先発・涌井に対して、不振でスタメンを外された李に代わって、5番に起用された阿部がソロアーチをぶち込んで、あっさり同点。1−1で迎えた3回、西武は一死から中島がショートゴロに倒れるも、これを坂本が一塁へ悪送球し、一気に二塁へ。二死後、礒?が右中間へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、後藤,佐藤と連打を浴びせ、満塁とチャンスを広げたが、銀仁朗が三振に倒れて、三者残塁。しかし、上原はこの回限りで早くも降板となった。5回には二死一、二塁のチャンスを作って、2番手・山口をKOした西武だが、代わった西村健の前に銀仁朗がサードへのファールフライに倒れて、二者残塁。続く6回には内野安打の赤田を片岡が送って、一死二塁とするが、栗山,平尾と倒れて、またも無得点。6回まで僅かに2安打と沈黙していた巨人だが、7回、一死から寿司職人ラミレスが痛烈なセンター返し。これが二塁ベースに当たって、跳ね上がったのを見た寿司職人ラミレスは猛然と一塁を蹴って、二塁を陥れる好走塁。すると続く阿部がライト前ヒット。寿司職人ラミレスはまたまた激走し、同点のホームイン。更に、亀井がセンターオーバーの二塁打を放ち、二、三塁とすると、脇谷がバックホームに備えて浅めに守っていた左中間を深々と破る走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。更に、続く坂本もセンター左へタイムリー二塁打を浴びせる怒濤の5連打でついに涌井をKO。その裏から豊田−越智と繋いで、西武に反撃を切り抜けた巨人は土壇場9回、ヒットの亀井が盗塁と脇谷のセカンドゴロで三進。ここで代打で登場した李は死球を食らい、一、三塁となると、代打・松田記者がライト前へタイムリー。なおも一死一、三塁のチャンスに鈴木尚が外角のボールに飛びついてスクイズを決め、ダメ押しの7点目を追加。その裏、5点差と余裕の場面で登板したクルーンは一死から伏兵・平尾に被弾したものの、後続を断ち切り、巨人は3勝2敗と日本一へ王手をかけた。

リリーフ陣の安定感の差で巨人有利と言うカリメロの予言が的中。頼みの上原が3回で降板を余儀なくされたのは巨人にとって緊急事態だった筈だが、山口,西村健の粘りの投球が逆転劇を呼び込むと、豊田,越智も好投。クルーンはやや不安を覗かせたが、5点差がものを言って、大事には至らなかった。一方、西武は誰を出しても涌井を続投させた方がマシ…と言うリリーフ陣への不安が涌井を引っ張り過ぎて、集中打を許す結果となった。今日のヒーローは個人的には寿司職人ラミレスを挙げたい。決して俊足ではない寿司職人ラミレスのアグレッシブな走塁が怒濤の5連打を導いたと言っても過言ではないだろう。ついに李をスタメンから外した若大将・原監督の英断も評価したい。しかも、これが結果的に大成功。5番に浮上した阿部が一発を含む2安打2打点。ガッツがファーストに回った事でサードでスタメン起用された脇谷は走者一掃の決勝三塁打だ。9回には代打攻勢が的中。上原の3回降板も含めて、この日の若大将采配は冴えていた。西武は13安打を浴びせながら、覚醒した筈の中村が4タコに抑え込まれるなど、12残塁の大拙攻が響き、涌井を見殺し。涌井で敗れて、王手をかけられた上、細川,中島が故障で離脱する形で再び敵地へ戻る事となった西武に巻き返しの策はあるのか!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:49コメント(2)トラックバック(34) 

November 04, 2008

◆L4−6G◆
1勝1敗のタイで舞台を西武吹き抜けドームに移した第3戦。西武先発・石井一に対して、巨人は初回、先頭の鈴木尚がライト線へ二塁打を浴びせると、キムタクのショートゴロの間に三進。続くガッツの打席で石井一が暴投を犯し、鈴木尚は労せずして先制のホームイン。続く2回には亀井が内野安打,鶴岡が四球と鶴亀コンビで二死一、二塁のチャンスを作ると、伏兵・鈴木尚がレフトポール際へ飛び込む3ランを放ち、一気に4点差。巨人先発・内海の前に2回まで3人ずつで抑えられていた西武は3回、佐藤,細川の連打で無死一、二塁とするも、続くボカチカがサードゴロゲッツー。片岡もライトへ打ち上げて、結局、無得点。5回には一死から平尾がライト線への二塁打を放つが、佐藤,細川と倒れて、得点ならず。直後の6回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2試合連続となるソロアーチを叩き込み、5点目を追加。ワンサイドゲームになるかと思いきや、その裏、好投の内海が突如、変調を来す。一死から片岡,栗山,中島と3連打を浴びて、1点を失うと、若大将・原監督はあっさり西村健にスイッチ。第2戦ではピンチを救った西村健だったが、ここまで10タコと大ブレーキの中村に3ランを叩き込まれて、一気に1点差と迫られる。何とか突き放したい巨人は8回、西武2番手・小野寺から先頭のガッツがライトスタンドへソロアーチをぶち込んで、点差は2点と拡大。4−6の儘、迎えた土壇場9回、巨人のマウンドには今シリーズ初登板となる守護神・クルーンが登場。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦での不振と、登板間隔が空いた事で心配されたクルーンだったが、この日はストライクが先行。結局、3人でピシャリと締めて、巨人が2勝1敗とリードを奪った。

楽勝ムードから一転、あわや逆転負けと言う展開ながらも、連勝で一歩リードした巨人。しかし、7回表の鈴木尚の内野安打と言い、9回裏の佐藤のキャッチャーゴロと言い、どちらとも取れるどころか、明らかに巨人寄りの誤審連発は折角の好ゲームに水を差す格好となってしまった。アンチ巨人はまたジャンパイアとか騒いでる事だろうな…。今日のヒーローは何と言っても鈴木尚。いきなり先頭打者として掻き回し、僅か3球でベース一周してきたのは言わずもがな、まさかの一発が飛び出していなければ、終盤、大変な事になっていただろう。守っても俊足を生かした守備範囲の広さはシリーズ通して絶大な安心感を与えている。レギュラーシーズンでも長らく不敗神話を構築した寿司職人ラミレス,ガッツのアベックアーチも飛び出し、8安打ながら、効果的に一発攻勢で効率良く6点を獲得。死球の影響が心配されたガッツはそこまでの3打席は元気がなかったが、最終打席で不安を一掃した。それにしても、序盤は素晴らしかった内海の降板がいささか早過ぎた。第2戦の西村健の好投がチラついたのかもしれないが、内海に全く合っていなかった中村にわざわざ覚醒のきっかけを与えてしまったのは悔やまれる所だろう。中村に待望の快音が生まれた事に今後の光明が見えた西武だが、この日もタイムリー欠乏症は深刻で、3試合で僅かに1本。川相不在では一発に賭けるしかないと言う中日の様な運否天賦の一発依存野球では如何ともしがたい。リーグトップの本塁打数だけでなく、リーグトップの盗塁数を誇る西武だけに積極的に足を使った攻撃も駆使して貰いたい所。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(3)トラックバック(28) 

November 02, 2008

◆G3−2L◆
西武先発・帆足に対し、巨人は初回、二死からガッツが右中間フェンス直撃の三塁打を浴びせるも、昨日からチャンスブレーカーとなっている寿司職人ラミレスがファーストゴロに倒れて、先制ならず。しかし、続く2回、連続四死球で作ったチャンスに坂本が犠打を決めた後、鶴岡がライトへ犠飛を打ち上げ、ノーヒットで先制。巨人先発・春風亭半ケツは3回までパーフェクトと快調な出足を見せていたが、4回、先頭の片岡に初安打となる二塁打を浴びると、栗山に犠打を許して、一死三塁となった所で中島に2戦連発となる2ランを叩き込まれて、一気に形勢逆転。追いかける立場となった巨人はその裏、二死から坂本の死球,鶴岡のヒットで一、二塁とするも、春風亭半ケツは空振り三振。続く5回には二死満塁と一打逆転の場面を作るが、松田記者がどん詰まりのサードゴロに倒れて、三者残塁。一方、そろそろ突き放しておきたい西武は6回、一死一、二塁のチャンスを作って、春風亭半ケツをKOするも、代わった西村健の前に中島,中村と打ち取られ、得点ならず。すると、その裏、巨人は2番手・大沼に対して、先頭の坂本がライト前に弾き返すと、鶴岡が送って、一死二塁。ここで途中出場の亀井がライト線へタイムリー二塁打を浴びせて、坂本が同点のホームイン。続く8回には西武3番手・星野からガッツが左手首に死球を受け、昏倒。一旦ベンチに下がった後、塁上に戻ったガッツだが、寿司職人ラミレスのサードゴロの間に二進後、李の打席中に見る見る手首が腫れ上がり、ここで無念の退場。二死後、今度は4番手・小野寺から代打・大道が死球を食らい、一、二塁としたものの、坂本がセンターへ打ち上げ、二者残塁。2−2の儘、迎えた9回、この回から登板の岡本真に対して、ガッツの代走で入っていた寺内が三振。しかし、この日、全く当たっていなかった寿司職人ラミレスが左中間スタンドへぶち込んで、劇的なサヨナラ勝ちで1勝1敗の五分に戻した。

昨日に続いて、1点を争う好ゲームだったが、巨人がサヨナラで星を五分に戻し、西武吹き抜けドームに乗り込む形となった。昨日はどん詰まりの先制タイムリーの後、2打席連続ゲッツー。この日も4連続で走者のいる場面の打席に立ちながら、外野にすら飛ばせずに悉く凡退と「逆シリーズ男」の本命になりつつあった寿司職人ラミレスだが、最後に飛び出した劇的な一発でその不安を払拭。初戦を上原で落とし、連敗は許されない窮地からチームを救った。投げては、先発・春風亭半ケツがまずますゲームを作ると、西村健がピンチを切り抜け、越智は2回をパーフェクトとリリーフ陣は万全。クルーンの出番を作れない儘、敵地での3連戦を迎える事になってしまったのは少々不気味ではある。心配なのは死球で退場したガッツの容態。骨折でない事を祈るばかりだ。西武は帆足が再三再四ピンチを背負いながらも、5回を1失点で切り抜けると、早め早めの継投で凌いできたが、セットアッパー・岡本真が無念の轟沈。と言っても、投手陣を責めるのは気の毒な話で、中島の2試合連続アーチでしか点を奪えない打線が問題だ。結局、4,6回以外の7イニングは三者凡退に抑え込まれており、これでは得点の取りようがないと言うものだ。さて、舞台を所沢へ移して、いよいよ西武打線が目覚めるか!? 巨人はガッツがスタメンで出られるか否かで大きく戦局が変わりそうだが、果たして…!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:56コメント(1)トラックバック(35) 

October 25, 2008

◆G6−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
王手をかけられ、後がない中日は初回、巨人先発・春風亭半ケツに対して、ヒットの李を荒木の犠打,森野のファーストゴロで三塁へ進めると、T.ウッズが歩いて、一、三塁のチャンス。しかし、ベンちゃんはセカンドへ打ち上げて、二者残塁と早くも川相不在の弊害を露呈。一方、巨人も中日先発・ウッチャンから2回、寿司職人ラミレスの二塁打で無死二塁としながら、後続3人があえなく凡退。0−0で迎えた4回、中日は先頭のT.ウッズがヒットで出るも、ベンちゃん,中村紀と立て続けに打ち上げると、井端もピッチャーゴロに終わり、T.ウッズは一塁に釘付け。すると、その裏、巨人はキムタクのヒット,ガッツの死球で無死一、二塁。寿司職人ラミレス,李と倒れ、二死まで持ち込まれるが、ここで松田記者がタイムリー二塁打を放ち、キムタクが先制のホームイン。更に、続く坂本が初球を叩いて、レフト前へタイムリー。ガッツに続いて、本塁を狙った松田記者は憤死したが、この回2点をゲットした。2点を追う中日は6回、二死走者なしからT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ叩き込み、1点差。続く7回には先頭の中村紀が左中間突破の二塁打を浴びせると、井端が送って、一死三塁のチャンス。しかし、谷繁は空振り三振,代打・平田はセカンドフライに倒れて、結局、無得点。続く8回、巨人は春風亭半ケツから山口にスイッチするが、昨日、3イニングを投げている疲労からか、李,森野とヒットを浴びて、一死一、三塁とされ、あえなくKO。代わった越智もT.ウッズに犠飛を許して、李が同点のホームイン。追い付かれた巨人はその裏、先頭の寺内が二塁打で出ると、続く寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2ランを叩き込み、再び勝ち越しに成功。更に、連続四球の後、坂本が送って、一死二、三塁とすると、鶴岡,亀井にもタイムリーが飛び出して、この回、一挙4点。そして、迎えた土壇場9回、このシリーズ、期待を裏切り続けている守護神・クルーンが登場。いきなり因縁の中村紀と対したが、これまでの鬱憤を晴らすかの様に三球三振に斬って取ると、井端をライトフライに打ち取って、二死。ここで谷繁を歩かせたものの、最後は代打・立浪を空振り三振に仕留めて、逃げ切った。

しぶとく食い下がる中日を突き放し、巨人がレギュラーシーズンを制覇したチームの当然の権利として持っていた6年ぶり31度目となる日本シリーズ進出権の行使を決定。2年連続で偽りの日本一の座を掠め取ろうとしていた中日のコスい野望を打ち砕いた。西武,巨人と各リーグを制覇したチームがいずれも日本シリーズへの出場を決めた事により、2年ぶりに日本シリーズが開催される事になったのには安堵するばかりである。クルーンがアテにならない状況だと言うのに、8回で早くも山口のカードを切ってしまい、もし追い付かれたらどうするのか…と言う心配が的中してしまい、重苦しい空気に包まれたが、その裏、すかさず飛び出した寿司職人ラミレスの会心の一発が一気に空気を変えた。追い付いた矢先の勝ち越し点献上でガックリ来た中日に更なる追い打ちをかけた事で、4点差でクルーン投入と言う理想的な展開を構築。よりにもよって、またまた中村紀からと言うのが不吉だったが、いい加減、リベンジしたいと言う執念からか、はたまた単に4点リードと言う状況の余裕からか、クルーンは今シリーズ初の好投で締め括り、日本シリーズに向けて、精神状態を持ち直す事が出来たのは何よりだ。中日は初回のチャンスを逃したのが致命的。T.ウッズの一振りに期待するしかない相変わらずのタイムリー欠乏症を最後の最後まで露呈し、川相不在の弊害を改めて痛感させられる事に。だから、名手・川相を現役復帰させておけと執拗に言ってきたものを…。ところで、今日は今季初めて日本テレビが40分も放送を延長。若大将・原監督のインタビューは切られたが、とりあえず試合終了までは流しきったのは、打ち切って非難が殺到するのを恐れたからか…。東京ドームの観客動員は実数発表以来最多を記録したそうだけど、視聴率の方はどうだったのかねぇ? 来年はもう少し地上波放映を増やして欲しいものだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(1)トラックバック(50) 

October 23, 2008

◆G11−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ポストシーズンに入ってからも一発依存野球を続けるしか打つ手のない中日はこの日も上原相手に初回二死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ先制アーチ。しかし、その裏、巨人はリタイアした鈴木尚に代わって、1番センターに抜擢された亀井がヒットで出ると、キムタクの犠打の後、ガッツが2ランを放ち、あっさり逆転。続く2回には上原が自ら内野安打で口火を切ると、亀井,キムタクも連打で続き、満塁となった所でガッツが2打席連続となるグランドスラムをぶち込んで、中日先発・朝倉はこの回限りでKO。直後の3回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに代打・平田が追撃のソロアーチを叩き込むが、後が全く続かない。すると、巨人は4回、二死一塁から寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ2ラン。7回には李にも一発が飛び出すと、8回には二死二、三塁から寿司職人ラミレスの守備固めで入っていた加治前にも2点タイムリーが飛び出し、ダメ押し。上原は2発被弾したものの、8回まで散発4安打2失点と、一発以外では三塁すら踏ませぬ好投を展開。9回には第5戦の先発も囁かれている東野が場慣れする為にマウンドに上がり、二人の走者を出しながらも無得点で切り抜け、1勝のアドバンテージを取り戻した。

怒濤の一発依存野球で2年連続で偽りの日本一を掠め取る気満々の中日だったが、巨人にまともに空中戦を仕掛けては分が悪かった。同じ一発依存野球でも、普通に一発が出まくる巨人と、タイムリーが出ないので一発に賭けないと如何ともしがたい中日との違いは大きいと言う事か。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦に入ってから中日の得点は13点中9点が一発によるもので、しかもそのうちソロが8発と言うとてつもない効率の悪さ。走者を溜めてもタイムリーが出ず、走者のいない時にちまちまとソロアーチを打っていくしかない様な野球では先発投手が素晴らしい投球を展開する以外、活路は開けない。今日の様に先発が2回KOではどうしようもないと言う訳だ。昨日は色々とショッキングな展開でダメージが残っていると思われた巨人だが、先制された直後のガッツの逆転弾で元気を取り戻し、得意の一発攻勢と上原の好投で快勝。鈴木尚がスタメンに名を連ねたので、一瞬、喜んでしまったら、単なるアテ馬だったのにはガックリ来たが、代役・亀井は3安打3得点と鈴木尚の穴をしっかり埋めるリードオフマンぶりを発揮した。これで再び優位に立った巨人だが、明日から0勝5敗の内海,1勝0敗だが防御率は5.06の春風亭半ケツと、中日とは極端に相性の悪い二人が投げる事になるだけに、まだまだ楽観とはしていられない所だろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:05コメント(0)トラックバック(26) 

October 11, 2008

◆S2−3G◆
連覇を決めた巨人は若手主体のオーダーを展開するが、ヤクルト先発・川島亮の前に6回まで2安打と沈黙。一方、巨人先発・バーンサイドも走者を出しながらも5回まで無失点と粘りの投球を展開していたが、6回からマウンドに上がった2番手・久保が先頭の梶本を歩かせると、一死後、畠山,飯原と連打を浴びて、先制点を献上。更に、田中にもセンター前へ痛打されると、鈴木尚が三塁へ悪送球を犯す間に畠山の生還を許して、この回2失点。しかし、直後の7回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスが45号ソロを叩き込み、1点差。続いて四球を選んだ鈴木尚がすかさず二盗を決めると、一死後、坂本がセンター前へ同点タイムリー。更に、二死二、三塁となった所で脇谷のピッチャーゴロを松岡がお手玉する間に坂本が勝ち越しのホームイン。1点を追うヤクルトはその裏、二死から連続四球でチャンスを作るが、武内がライトフライに倒れて、二者残塁。8回にも田中,川本のヒットにマッスル千代の富士の悪送球が重なり、二死二、三塁と一打逆転の場面を作るが、代打・ユウイチが空振り三振に倒れて、またも二者残塁。9回には一死から梶本が二塁打を浴びせるも、二死後、牽制で刺される大チョンボで呆気なくゲームセットとなった。

ヤクルトが10残塁の拙攻で対巨人5連敗と最後まで意地を見せられずに全日程を終了。巨人は寿司職人ラミレスが村田に並ぶ一発を放ち、全試合スタメンを果たした坂本が2安打1打点1盗塁,鈴木尚も途中出場ながら2盗塁を決めると、最後は山口が締め括るなど、今季の優勝に貢献した面々が活躍。今季限りの引退を決意した村田善は7回からマスクをかぶると、9回に最後の打席に立ち、レフトフライに倒れた。尚、昨日、悶絶して退場した阿部は右肩関節挫傷と診断され、日本シリーズの出場は絶望的と見られている。もしかして、村田善の出番はまだあったりするのか?

◆YB5−4T◆
痛恨の取りこぼしで優勝を逃し、意気消沈の阪神に対して、横浜は初回、下園,藤田と連打を浴びせると、一死後、村田,吉村の連続タイムリーで2点を先制。続く2回にも二死満塁のチャンスを作ったが、藤田が三振に倒れて、三者残塁。2点を追う阪神は4回、平野,関本,キュラソ星人の3連打で1点を返し、なおも一、二塁のチャンス。ここで鳥谷のライトフライで関本゛かタッチアップで三塁へ進むが、同じく二塁を狙ったキュラソ星人が憤死。続くバルディリスも倒れて、1点止まり。2−1の儘、迎えた7回、2四死球で一死一、二塁とすると、代打・矢野のタイムリー二塁打で同点。更に、続く浅井が2点タイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。しかし、その裏、横浜は代打を出された石川に代わる2番手・アポリー中尉に対して、斉藤俊,代打・メカゴジラの連打の後、下園が送って、二、三塁。ここで藤田のショートゴロの間に斉藤俊が生還し、1点差と詰め寄ると、続く内川が14号2ランを叩き込み、一気に逆転。8回からは横山−はーちゅんと繋いで、1点のリードを守りきった。

目標を失った阪神がまたもや逆転負けで4連敗。アポリー中尉の背信投球でルーキー・石川の好投は無と化してしまった。最早、いじめ甲斐もない阪神相手に本拠地最終戦を飾った横浜は3連勝。3番手として、キュラソ星人をライトフライに打ち取っただけの高宮に2年ぶりの白星が転がり込んだ。

◆Bs1−4F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
今年も性懲りもなく開催された、日本シリーズとは全く関係ないエキシビジョンマッチ「アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦」。2回、日本ハムは先頭のスレッジがライトスタンドへソロアーチを叩き込み、1点を先制。更に、この後、二死満塁と追加点のチャンスを作ったが、田中がレフトへのファールフライに倒れて、三者残塁。立ち直った近藤の前に3回以降沈黙していた日本ハムだが、6回、劇団ひちょりの四球,スレッジのヒットで一死一、二塁とすると、高橋,小谷野が連続タイムリー。更に、糸井が歩いて、満塁となった所で鶴岡が犠飛を打ち上げ、この回3点。毎回の様に走者を出しながら、あと一本が出ない偽バファローズは8回、先頭の坂口が内野安打で出ると、ダルビッシュの悪送球,暴投で三進。下山が歩いて、一、三塁となった所でカブレラが犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、続くローズは最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。最後はあえなく三者凡退に終わり、日本ハムに先手を握られた。

先発・ダルビッシュは2回までに4安打を浴びながらも、偽バファローズの拙攻に助けられながら、無失点で凌ぎきると、3回には三者三振の快投を見せてから、怒濤の三振奪取モード。その後もヒットは浴びても、三振で要所を締める強引な投球を展開し、結局、1失点(自責点0)完投勝利。ダルビッシュ相手に小松をぶつける様な賭けには出なかった事で、ある程度、初戦の負けは覚悟していたであろう偽バファローズだが、9安打浴びせながら、14三振に加えて、3併殺の拙攻で1点しか奪えないのは何とも勿体なかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(21) 

October 09, 2008

◆G4−8YB◆
今季初の単独首位に立ち、一気に王手をかけたい巨人だったが、いきなりガッツのエラーでピンチを迎えた先発・春風亭半ケツは二死二塁から村田を歩かせると、吉村に34号3ランを被弾し、あっと言う間に3点を献上。その裏、巨人も二死一、二塁と同様のチャンスを作ったが、李は空振り三振に倒れて、二者残塁。続く2回には先頭の松田記者が二塁打を放つも、後続3人があえなく凡退。すると直後の3回、春風亭半ケツは先頭の大西を歩かせると、藤田の犠打で一死二塁となった所で、内川の内野安打にまたまたガッツのエラーが重なり、大西の続く村田を歩かせて、満塁のピンチを作った所で失意のKO。代わった東野は阿部の捕逸と吉村のショートゴロで2点を失うと、更に、金城にはタイムリーを浴び、この回3失点。大量6点を追う巨人は4回、寿司職人ラミレスがリーグ単独トップに躍り出る44号ソロを叩き込むと、李のヒットの後、松田記者も10号2ランをぶち込んで、3点差。しかし、直後の5回、横浜は一死から内川が歩いた後、村田が寿司職人ラミレスに並ぶ44号2ランをぶち込んで8点目。突き放された巨人はその裏、二死から連続四球で一、二塁とするも、李は空振り三振に倒れて、二者残塁。3−8の儘、迎えた7回、巨人は一死からキムタクが7号ソロを放ち、4点差。更に、二死後、連続四死球で一、二塁のチャンス。ここでこの日2安打の松田記者をわざわざ引っ込めてマッスル千代の富士を代打に送るが、あえなく三振に倒れて、またも二者残塁。9回にはキムタクのヒット,寿司職人ラミレスの四球で一死一、二塁とするも、代打・古城は空振り三振。マッスル千代の富士もサードゴロに倒れて、ゲームセット。

巨人が一気に王手を狙うどころか、カモの横浜相手に3エラー11残塁と言う怒濤の拙攻拙守で大惨敗。追う者の強みで走り続けた勢いで一気に駆け抜けたかった所を、追われる立場となった途端にプレッシャーにでも苛まれたと言うのか? 6失点も自責点は0と、バックに足を引っ張られたのは気の毒だったとは言え、それを差し引いても、春風亭半ケツも不甲斐ない投球だったと言えよう。寿司職人ラミレスが徹底した四球攻めを受ける中、寿司職人ラミレスを挟んだガッツ,李の主軸がいい所で悉く凡退したのも痛かった。それにしても、不可解なのが7回の代打・マッスル千代の富士。ここまで二塁打に本塁打とこの日最も当たっていた松田記者をあそこで代える必要が果たして、あっただろうか。さて、もう1つ注目された村田と寿司職人ラミレスの本塁打争いは試合の勝敗などどうでもいい横浜バッテリーが容赦なく逃げられたのに対して、勝たなくてはならない巨人バッテリーが勝負せざるをえなかったと言う展開。寿司職人ラミレスは先述の通り、逃げられまくっていずれもストレートの4四球。そんなに逃げたいなら、勝負紛いの投球せんと、しっかり敬遠しろと! たった1度の勝負は魔がさしたとしか思えないが、唯一のチャンスを逃さなかった寿司職人ラミレスは流石だ。一方、巨人バッテリーも村田を1,2打席と歩かせたが、いずれも2ストライクまで追い込んでいる辺り、勝負には出ていたのは確かだ。寿司職人ラミレスが打った直後の第3打席ですかさず追い付いた村田も流石だが、この後の4,5打席目もきっちり勝負して貰いながら、抜き返す事は出来なかった。とりあえず、これが最後の直接対決なので、醜い四球地獄はもう見せられずに済みそうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(11) 

August 07, 2008

◆G6−3YB◆
初回、巨人は石川のエラーで拾ったチャンスにガッツが先制犠飛を打ち上げると、更に、寿司職人ラミレスが二塁打で続いた後、松田記者がタイムリーを放って、2点目。3回には無死二、三塁から寿司職人ラミレスが犠飛を打ち上げ、1点を追加。3点を追う横浜は4回、ガッツな貴公子・仁志,内川の連続二塁打で1点を返すと、二死後、大西が四球を選ぶと、武山のタイムリー二塁打で1点差。更に、ガッツのタイムリーエラーで同点に追い着いた。しかし、その裏、巨人は一死二塁から鈴木尚のタイムリーですかさず勝ち越すと、更に、キムタクがヒットで繋いだ後、ガッツ,寿司職人ラミレスと連続タイムリーを浴びせて、この回3点。横浜は6回、二死満塁と絶好のチャンスを掴むも、野中がピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。最後のチャンスを逸した横浜は7回以降は沈黙し、連勝がストップした。

真田が古巣相手に恩返し…どころか、無惨に返り討ち。一方、交換相手の鶴岡も4タコに終わったが、好リードでリリーフ陣の好投に一役買った。阪神との差を8と詰めた巨人は先発・バーンサイドが4回降板となったものの、5回以降登板した4人のリリーフが無失点投球。昨日は大炎上となった豊田も3人でピシャリと抑え、雪辱を果たした。

◆S1−2D
ヤクルトは初回、一死から川島慶が二塁打で出ると、続く飯原がライト前へ先制タイムリー。川相不在の中日はこの日も打線が繋がらず、ヤクルト先発・館山の前に5回まで散発3安打と沈黙。6回も簡単に二死を取られたが、ここから小池,ピンキー井上の連続二塁打でようやく同点。更に、T.ウッズが歩いて、チャンスを拡大させるも、ベンちゃんはサードへのファールフライに倒れて、勝ち越しならず。しかし、続く7回、一死からデラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに4号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。土壇場9回、岩瀬が拉致されている中日は抑え役として浅尾を投入。一死から連打を浴び、一打同点のピンチを作った浅尾だが、最後は代打・川端をゲッツーに仕留めて、プロ初セーブ。

相変わらず、中日は川相不在を象徴するかの様な試合運びで、危うく好投の佐藤充を見殺しにする所だったが、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したデラロサのアーチに救われ、薄氷を踏む様な白星を掴んだ。佐藤充は2006年8月13日以来約2年ぶりの白星となった。ヤクルトは中日を上回る9安打を放ちながら、2併殺8残塁の拙攻に泣いた。

◆T3−4C◆
よもやの連敗ロードに突入している阪神はこの日も3回に小窪の2号ソロで先制されるが、その裏、二死一塁から鳥谷,キュラソ星人の連続アーチで3点を奪い、一気に逆転。3−1の儘、迎えた7回、広島は栗原のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄ると、嶋が歩いて一、二塁となった所でシーボルが同点タイムリー二塁打。更に、石原が犠飛を打ち上げて、勝ち越しに成功。その裏から、4番手・横山が2回をパーフェクトに抑えると、最後は永川が3人で締めて、今季初の3タテで4連勝。一方、阪神は今季初の4連敗となった。

阪神が広島相手によもやの3タテ。連夜のリリーフ崩壊で下柳を7回まで引っ張ったのが裏目に出てしまった。投球数が多かった訳ではないが、7回の下柳は突然制球を乱して、自滅した格好だ。広島は先発・宮崎がまたまた背信投球で3回KOとなったが、リリーフ陣が踏ん張って、逆転を呼び込んだ。またもベンチに軟禁された求道者・前田は逆転直後の7回二死一、二塁で代打起用されたが、下柳が勝手にボールを連発しての四球と言うつまらない結果に終わってしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:59コメント(0)トラックバック(13) 

July 26, 2008

◆G12−4S◆
東京ドームに限れば、素晴らしい投球が続いている内弁慶・バーンサイドだったが、この日は初回から制球の苦しみ、2四球を与えるなど、一死満塁のピンチ。ここで田中をショートゴロに打ち取り、ゲッツーと思いきや、坂本が連夜のタイムリーエラーを犯し、2点を献上。更に、飯原には犠飛を許して、この回3失点。5回には青木にタイムリー内野安打を許して、4点目を失い、この回限りで降板となった。巨人は6回、キムタク,ガッツと連打を浴びせて、増渕をKOすると、代わった五十嵐から寿司職人ラミレスがタイムリー。マッスル千代の富士が歩いて満塁となった所で代打・亀井がゲッツーを食らう間にガッツが返ると、阿部もタイムリーを放って、1点差。続く7回にはキムタクの4号ソロで追い着くと、ガッツのヒットの後、寿司職人ラミレスが28号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。8回には阿部が12号ソロ,寿司職人ラミレスの2打席連続29号3ラン等で一気に6点を奪い、試合を決定付けた。

5回までは3安打と沈黙していた巨人が6〜8回だけで4発15安打12点とまるで違うチームに変貌。キムタク,ガッツ,寿司職人ラミレスの3打席連続3連打は圧巻だ。李が内容の悪い2打席凡退で5回にして早々と引っ込められた途端に打線が活気付くとは皮肉なものだ。李と言い、あの男と言い、何しに一軍に戻ってきたのか分からない中、上原は1回を2三振の三者凡退と復調の兆しを見せているが、気がかりなのは坂本が精彩を欠いている事か。連夜のタイムリーエラーに4タコと、あの男の付け入る隙を与えかねないのは心配この上ない。

◆T2−0D
中日は初回、井端,荒木と連打を浴びせ、無死一、三塁と先制のチャンス。しかし、ここからクリーンアップがあえなく凡退し、二者残塁。2回には無死満塁としながら、中田が三振に倒れると、続く井端はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。3回にも二死からベンちゃんが二塁打を浴びせるも、中村紀が打ち取られて無得点と拙攻のオンパレード。不甲斐ない打線に辟易としながらも、3回までパーフェクトに抑えていた中田は4回も簡単に二死を取ると、新井もサードゴロに打ち取るが、これを中村紀がヘッポコエラー。攻守に渡り、川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない中田は続くキュラソ星人を歩かせると、関本に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、2点を献上。直後の6回、中日は一死から井端がヒットで出るも、今度は荒木が最悪のゲッツー。阪神は7回から継投モードに入り、まずは久保田が2三振含む三者凡退に斬って取ると、8回にはウィリアムスが2人の走者を出しながらも切り抜け、最後は藤川が締めて、完封リレーを達成した。

T.ウッズがスタメンから外れたとは言え、阪神の倍の8安打を放ちながら、今日も今日とて怒濤の拙攻三昧で大惨敗の中日。エラーから決勝点を失うなど、攻守に渡って足を引っ張り、7回を自責点0と好投した中田を見殺しにしてしまった。首位・阪神相手にこんな無様な試合をやっている様では逆転Vなど望める筈もない。また昨年のごとく、アジアシリーズ出場を掠め取るなどと、志の低い事など考えているのではあるまいな? タイムリミットが近付いているだけに、いい加減、名手・川相の現役復帰を決断して欲しいものだ。

◆C4−2YB◆
広島先発・宮崎はこの日も立ち上がりから苦しい投球で初回から満塁のピンチを迎えると、2回もエラーで足を引っ張られるなど、一死一、二塁のピンチ。それでも何とか無失点で凌いできたが、3回、一死から村田に三塁打,吉村に二塁打を浴びて、ついに先制点を献上。この後、死球と敬遠でまたも満塁のピンチを作ったが、何とか切り抜けた。2,3,4回と悉く得点圏に走者を送りながら、あと一本が出ずにいた広島だが、5回、村田のエラーで出た宮崎を東出が送ると、二死後、オチョアがタイムリーを放って、ようやく同点。しかし、直後の6回、ガッツな貴公子・仁志の犠飛で再び勝ち越され、宮崎は無念のKO。6,7回もチャンスを潰し、焦りは募るばかりの広島だが、8回、石原が7号ソロを叩き込み、ついに同点。9回には同点ながらマウンドに上がった守護神・永川がピシャリと締めると、その裏、一死二塁からオチョアがレフトスタンドへ10号2ランを放り込んで、サヨナラ勝ちを飾った。

案の定、ブラウン監督は、スタメンを続けて試合勘を取り戻されてはたまらないとばかりに求道者・前田を幽閉。陰謀を張り巡らせる事しか考えていない指揮官の下、士気が上がらずにもどかしい攻撃が続いていた広島だが、一発攻勢で辛くも逆転勝ち。宮崎を引っ張り過ぎると、大抵ロクな事にならないのだが、今回の交代のタイミングは本当にギリギリだった。立ち上がり、フラフラだっただけに、あそこまでよくもったと言うべきか。

◆H2−1M◆
昨日は屈辱的大惨敗を喫したロッテだが、この日は初回にフクーラのタイムリーが飛び出して、先手を取った。しかし、ソフトバンクは2回、連続四球の後、中西が送って二、三塁となった所で辻が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。ロッテは4回、2四死球で二死一、二塁のチャンスを掴むも、細谷がファーストファールフライに倒れて、二者残塁。6回の二死二塁のチャンスも逃すと、7回には二死満塁のチャンスにフクーラが打ち上げて、三者残塁。ソフトバンクは8回に高橋秀を挟み、9回から今季初登板となる守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、1点のリードを守りきった。

開幕から戦線離脱していた守護神・馬原がついに帰ってきた。結局、しっかりとした馬原の代役を立てる事も出来ず、クローザーをとっかえひっかえしながらも、上位に食らい付いてきたソフトバンクだけに、杉内,和田の拉致が迫り、先発ローテの台所も苦しくなるタイミングでの不動の守護神復活は実に大きいだろう。一方、2失点完投ながら、またも打線の援護に恵まれなかった成瀬は何とも不憫だ。

◆F3−6L
日本ハムは2回、一死一、三塁から鶴岡のスクイズで先制すると、更に、工藤のタイムリーの後、劇団ひちょりが歩いて、満塁となった所で紺田にもタイムリーが飛び出し、3点目。なおも一死満塁のチャンスは続いたが、田中,高橋と打ち取られ、三者残塁。直後の3回、西武は一死一、二塁からブラゼルのタイムリーで1点を返すが、続くG.G.佐藤はゲッツーを食らって、1点止まり。その裏から早くも先発・岸を下げ、先発要員のキニーを投入する球宴目前仕様のリレーを展開する西武に対して、日本ハムは4回にも一死満塁のチャンスを作るが、高橋,小田と倒れて、またも三者残塁。2点を追う西武は6回、この回から代わった金森に対して、一死満塁から代打・佐藤の犠飛で1点差と詰め寄ると、続く片岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。1点を追う日本ハムは6,7回と先頭打者を出しながら、いずれもゲッツーで潰してしまい、8回は一死一、三塁のチャンスに代走・今成が盗塁死とチグハグな攻撃でどうしても1点が奪えない。土壇場9回、西武はブラゼルの2点タイムリーでダメ押し。最後はグラマンが締めて、20セーブ目をマークした。

2回3失点の岸をすっぱり諦めた西武が3回以降6人のリリーフが無失点に抑えたのに対して、日本ハムは5回1失点の金沢を引っ込めた途端に金森が打ち込まれると言う継投策が明暗を分けた格好となった。継投も裏目に出たが、打線の方も3併殺10残塁と言う拙攻が響いた。特に、稲葉がスタメンから外れた事で4番を任された高橋がいずれも走者のいる場面で5タコと大ブレーキだったのが痛かった。

◆Bs3−1E◆
偽バファローズは2回、一死から下山,フェニックス一輝と連続内野安打。ここで相川が2試合連続の2号3ランを叩き込み、一気に3点を先制。先発・金子は毎回の様に走者を出しながらも、連打を許さない落ち着いた投球で7回まで無失点の好投。8回から本柳を投入するが、一死一、二塁のピンチを作ってKO。3番手・川越も二死後に山崎武にタイムリーを浴びて、これまたKOとなるが、なおも一、二塁のピンチに菊地原がここまで2安打の礒部をサードゴロに仕留めて、何とかピンチ脱出。最後は守護神・加藤が無難に締めて、4連勝となった。

偽バファローズが僅か5安打ながら、ワンチャンスを生かして、逃げ切りに成功。9安打放ちながら、攻めあぐねた楽天とは対照的だ。先発・金子は粘りの投球で5連勝と一時の不振を完全に抜け出したと見て良さそうだ。7月は4戦4勝と月間MVPの最右翼に躍り出た。一方、楽天は5連敗。この所、続いていた投壊現象は起きなかったものの、今度は打線が揮わないと言うチグハグな展開が続いており、最下位独走体勢を整えつつある。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:22コメント(0)トラックバック(54) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ