ユウキ

September 23, 2009

9/23 巨人V3◆G5−3D◆
3連覇へ王手を懸ける巨人に対し、中日はハーラートップを走る吉見と言う大方の予想を覆し、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ましでもしなければ、とてもプロでは通用しない非力で卑劣な投手として描かれてしまった水島の呪いを受けて以来、2年間白星から遠ざかっている山井を先発起用。しかし、そんなネガティブパワーでは勢いの止まらない巨人は2回、絶好調・松田記者がレフトスタンドへ11号先制アーチ。4回には先頭の寿司職人ラミレスが左中間スタンドへ30号ソロをぶち込むと、亀井のヒット,松田記者の死球で一死一、二塁とした所で古城がレフト前へタイムリー。なおも一、三塁の場面で一塁走者だけ送ろうとしたオビスポの犠打が結果的にセーフティスクイズとなって、この回3点を追加。山井はこの回限りで降板となった。何としても目の前の胴上げを阻止したい中日は直後の5回、ベンちゃん,平田のヒットで一死二、三塁とした所で谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号3ランを叩き込み、一気に1点差。崩れかけたかに見えたオビスポだったが、続く6回には森野,ブランコ,ベンちゃんのクリーンアップを退けると、7回も三者凡退に斬って取る力投を展開。すると、その裏、巨人はオビスポの代打・大道がヒット,代走・鈴木が二盗を決めると、坂本が送って、一死三塁。ここで代打・キムタクは死球を食らって、一、三塁。続くガッツは三振に倒れるも、ここで代わったセットアッパー・浅尾から寿司職人ラミレスがライト前にタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。8回から代わった越智に対し、中日は一死から荒木がヒットで出るも、続く井端がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。土壇場9回、満を持して登場の守護神・クルーンは森野,ブランコと打ち取り、二死。ここでベンちゃんを歩かせ、暴投で二進を許すと、代打の切り札・立浪に痛烈なライナーを浴びるも、サード・古城がダイビングキャッチ。この瞬間、巨人の42回目の優勝が決定(1リーグ時代の9回含む)。若大将・原監督は歓喜のナインによる胴上げで8度宙を舞った。セ・リーグ3連覇はV9以来36年ぶりの快挙。先発のオビスポは7回3失点と粘りの投球で5勝目をあげた。

◆C1−4S◆
広島は2回一死からマクレーンがヒットで出るも、続くルパン廣瀬がサードゴロゲッツー。3回には倉,東出のヒットで二死一、三塁とするも、赤松が凡退し、またも先制ならず。ピンチを切り抜けたヤクルトは4回、先頭の田中浩が四球で出ると、続く宮本が送りバント。倉が一塁へ送球する隙に、田中浩が三進を狙うと、栗原が誰もカバーに入っていない三塁へ送球してしまい、ボールが転々とする間に田中は一気に本塁を陥れ、均衡を破る先制点をゲット。0−1の儘、迎えた9回には二死からガイエル,武内,鬼崎,相川と4連打で3点を奪い、ダメ押し。ヤクルト先発・ユウキはその裏、フィリップスに犠飛を許して、完封こそ逃したものの、7年ぶりの完投で5勝目をマークした。

◆YB3−6T◆
逆ハーラーダービーを独走する横浜先発・グリンに対し、阪神が初回から猛攻。いきなり浅井,平野の連打と鳥谷の四球で無死満塁とすると、一死後、新井が先制2点タイムリー。更に、二死後、桜井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回4点。続く2回には二死一、二塁から新井,関本と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。大量6点を追う横浜は5回、二死二塁から代打・下園のタイムリーでようやく1点。更に、この後、金城,藤田と連続内野安打を浴びせるも、下園がオーバーランで憤死し、1点止まり。続く6回には二死満塁から代打・ジョンソンが2点タイムリー。なおも一、三塁のチャンスだったが、代打・森笠がセンターフライに倒れて、二者残塁。阪神は7回から登板のアッチソンが2回を無失点に抑えると、最後は守護神・藤川が締めて、Bクラス転落を阻止。先発のソニックは5回2/3を3失点で8勝目

◆H5−7M◆
初回、2四球で作ったピンチに本多のタイムリーとノーヒットで先制を許したソフトバンク。しかし、その裏、2四球で作ったチャンスで内野ゴロの間に1点を返し、ノーヒットで同点に。1−1で迎えた3回、ロッテは一死からフクーラがヒットで出ると、続く大松のタイムリー二塁打で勝ち越し。しかし、その裏、ソフトバンクは二塁打の本多を川崎が送った所でオーティズが同点犠飛。更に、この後、小久保の二塁打と連続四球で満塁と勝ち越しのチャンスを作ったが、田上がセンターへ打ち上げて、三者残塁。再び追い付かれたロッテは直後の4回、二死走者なしから内野安打と四球で一、二塁とした所で塀内が勝ち越しタイムリー。更に、フクーラが歩いて、ソフトバンク先発・大場をKOすると、代わった神内から大松が18号グランドスラムをぶち込んで、この回一挙5点。食い下がるソフトバンクはその裏、連打で二、三塁とすると、オーティズのタイムリー等で2点を追加。8回には長谷川,田上と連打を浴びせると、一死後、ハマのスペランカーの併殺崩れの間に1点を返し、2点差。しかし、反撃もここまで。最後はシコースキーの前に3人で締められて、あと一歩及ばず。ロッテ先発・大嶺は4回KOとなったが、後を継いだ2番手の根本は2回を無失点に抑え、プロ初勝利を飾った

◆F1−6L◆
日本ハム先発・吉川は初回から制球に苦しみ、2四球で一死一、二塁のピンチを作った挙げ句、中村に2試合連続42号3ランを被弾し、あっと言う間に3点を献上。早くも主導権を握った西武は3回には、栗山,中島の連打で二、三塁とすると、一死後、後藤のタイムリーで2点を追加。5回には四球の片岡を栗山の内野ゴロで進塁させた所で吉川をKO。代わった坂元から中島も四球を選んだ所で、中村がレフト前へタイムリーを浴びせて、6点目。日本ハムは7回一死から、先発・オツに代わり、2番手・星野が登板すると、死球に連打で1点を返すが、なおも一、二塁のチャンスで代わった3番手・藤田の前に代打で登場したあの男は怒濤のチャンスブレイカーの名に違わぬインケツぶりで凡退すると、糸井もピッチャーゴロに終わり、1点止まり。西武はこの後、松永−ベイリスと繋いで逃げ切り、4連勝。オツは6回1/3を無失点で切り抜け、4勝目。日本ハムは屈辱の3タテを食らい、4連敗となった。

◆E4−1Bs◆
楽天は3回、二死走者なしから鉄平のヒット,阿部のエラーでチャンスを作り、青波の長瀬のタイムリーで先制。続く4回には高須,リンデン,中谷の3連打で無死満塁とした所で中村のタイムリー二塁打で2点を追加。4回まで毎回安打を放ちながら、あと一本が出ずにいた偽バファローズは5回、二死走者なしから横山の二塁打の後、坂口がタイムリーを放ち、ようやく1点。しかし、楽天は6回、近藤の暴投で労せずして、1点を加え、点差は再び3点に拡大。8回、偽バファローズは渡辺直のエラー,北川のヒットで二死一、二塁と一発が出れば同点と言う場面でローズに回したものの、ロースはショートゴロに終わり、二者残塁。最後は小山の前に反撃を断たれた。楽天先発のルーキー・藤原は8回1失点で4勝目。楽天は2位ソフトバンクに1ゲーム差まで詰め寄った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(2)トラックバック(66) 

June 06, 2009

6/6 ラミレス◆G3−2F◆
巨人先発・内海に対して、日本ハムは2回一死から小谷野,糸井の連続二塁打で1点を先制。6回には先頭の稲葉がライトスタンドへ2試合連続の8号ソロを叩き込み、2点目を追加。日本ハム先発・ダルビッシュの前に5回まで1安打と完璧に抑え込まれていた巨人だが、6回一死から内海の代打・工藤のヒットを皮切りに反撃を開始。続く坂本のヒットで一、三塁となった所で松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと3連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転に成功。日本ハムは8回、巨人3番手・山口を攻め、一死から稲葉,高橋と連打。更に、小谷野もセンター前へ弾き返したが、同点を狙った稲葉が本塁憤死。なおも一、二塁のチャンスで先制タイムリーを放っている糸井が打席に入ったが、セカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。いきなり金子誠を歩かせ、不安を覗かせたクルーンだったが、鶴岡に犠打を許した後、代打・稲田のピッチャーゴロで金子誠を挟殺。この後、稲田に二盗を許し、またまた一打同点のピンチとなったが、最後は田中を三振に斬って取り、逃げ切りに成功。6回の投球だけが悔やまれるダルビッシュは完投するも、開幕戦以来の黒星となり、自身の連勝は7でストップ。ワンチャンスを生かした味方の攻撃に救われた内海は6回2失点で2勝目を飾った。

◆D4−4M◆
山本昌に唐川と二回り年齢が違う対決となったこの試合。中日は2回に一死二、三塁から小山のタイムリーで2点を先制。4回には一死一、二塁のチャンスを作るが、小山,山本昌と連続三振に倒れて、二者残塁とし、唐川を立ち直らせてしまう。4月12日以来の登板となる山本昌は一向に追加点をあげる気配のない味方打線に辟易としながらも、6回まで無失点と粘っていたが、7回一死から3連打を浴びて、満塁のピンチ。堀はセカンドフライに打ち取ったものの、唐川の代打・田中雅に2点タイムリーを浴び、同点。なおも一、二塁のピンチで早坂に走者一掃のタイムリー二塁打で2点を勝ち越された所で、無念のKOとなった。2点を追う中日は土壇場9回、二死満塁から森野の2点タイムリーで一気に同点。なおも一、三塁とサヨナラのチャンスだったが、ここで代わった小林宏の前にブランコがピッチャーゴロに倒れて、同点止まり。延長に入ってから、中日は11回に一死一、三塁,12回に一死一、二塁と相次ぐサヨナラのチャンスを悉く潰し、結局、12回規定でドローとなった。相変わらず、12残塁と詰めの甘い攻撃で勝てる試合を逃してしまう有様に、名手・川相の現役復帰を待望する声はますます強まる一方だ

◆C1−11H◆
広島先発・大竹は連続無失点記録が途絶えた事で緊張感が薄れたのか、立ち上がりからピリッとせず、初回、オーティズのタイムリー,小久保の6号2ランで3点を先制されると、続く2回にも4長短打で3点を失い、あえなく6失点KO。畳み掛けるソフトバンクは3回にはジャマーノのタイムリー二塁打,5回には田上の8号ソロで1点ずつ加えると、6回にはハマのスペランカーの3号2ラン等で3点を奪い、11点目。7回表、先頭の田上がこの日4本目のヒットを放った所で雨が強くなり、2試合連続のコールドゲームとなった。初先発となるジャマーノは6回まで散発2安打1失点の好投で来日初勝利

◆S5−1E
交流戦に入ってから不本意な投球が続く岩隈はこの日も初回から青木に先制5号ソロを被弾。4回には二死二塁から宮本にタイムリーを浴び、2点目を献上。6回には一死一、二塁から宮本,田中と連続タイムリーを許すと、7回には福地に今季初アーチを叩き込まれ、5失点KO。一方。、ヤクルト先発・ユウキは5回まで散発2安打無失点の好投を展開。6回に一死二塁のピンチを迎えた所で降板となった後、2番手・松岡が渡辺直にタイムリーを許したが、後続を断ち切ると、8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝パターンで楽天の反撃をかわした。ユウキは偽バファローズ時代以来2年ぶりの白星。楽天は今季2度目の3連敗でついに貯金が消滅。岩隈は4年ぶりの3連敗となった。

◆T7−0Bs◆
昨年まで同僚だったボーグルソンに対して、阪神は3回、ヒットの狩野が二盗を決めると、シャア少佐がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には一死から新井,ブラゼル,林,狩野,福原と5連打で3点を奪い、ボーグルソンをKO。5回にも1点を加えた阪神は6回無死一、二塁から福原が2点タイムリーを浴びせて、7点目。ブラゼル効果が出ているのか、阪神は先発全員安打で3連勝。先発の福原は投げては5安打完封,打っては2安打3打点の活躍で3勝目をマークした。

◆YB7−12L◆
西武の一発攻勢が序盤から炸裂。初回、中島のタイムリー二塁打で先制した後、中村が19号3ランを叩き込み、この回4点。続く2回には銀仁朗の2号ソロ,栗山の6号ソロで2点を追加。3回にはG.G.佐藤の犠飛で7点目を追加。一方、横浜は内川,吉村のソロアーチなど、地味に追い上げを見せる。3−8で迎えた8回、横浜は中島のエラーをきっかけに村田のタイムリーで1点を返すと、吉村がこの日2本目となる5号3ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、直後の9回、西武は栗山のこの日2本目となる7号2ランを放つなど、一気に4点を取り返し、試合を決定付けた。西武は引き分けを挟んで5連勝となり、5割復帰。先発の石井一は7回3失点で3勝目。一方、早くも自力Vが消滅している横浜は連敗を6と伸ばした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(29) 

May 20, 2007

◆D1−5G◆
何としても3連戦3連敗は免れたい巨人は中日先発・山本昌から初回、一死満塁と絶好の先制チャンスを掴むも、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンが最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れる本領発揮のチャンスブレイク。一方、中日はその裏、巨人先発・春風亭半ケツに対して、いきなり先頭の井端がライトフェンスを直撃。井端は一気に二塁を狙ったものの、マッスル千代の富士のストライク返球の前に憤死し、結局、3人で攻撃終了。共に先制のチャンスを逃し、2回はいずれも三者凡退に終わったが、3回、巨人はマッスル千代の富士の9号ソロと李のタイムリー二塁打で2点を先制。2点を追う中日は5回、森野,李のヒットで一死一、三塁とした所で小田が犠飛を打ち上げ、1点差。何とか突き放したい巨人は直後の6回、松田記者,李のヒットで一死二、三塁とした所で初回の怒濤のチャンスブレイクでインケツパワーが充電されたニックンが7号3ランを叩き込み、5点目をゲット。春風亭半ケツはその後も粘りの投球で8回まで投げきると、9回からはセーブのつかない場面ながらも上原が登場。いきなり無死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を断ち切って、連敗を阻止。春風亭半ケツは9回にマウンドを譲った事で開幕から0点台で来ていた防御率がついに1点台となってしまったが、ハーラー単独トップの6勝目をマーク。巨人は1日で首位に返り咲く事となったが、これで今年も「セ・リーグ首位チームは交流戦で大転落」のジンクスと戦う事になってしまった。中日は7試合連続打点と連勝の立役者となっていた森野が2安打ながらも打点がつかず、連勝も7でストップした。

◆T1−0YB◆
中継ぎで9戦13回無失点と好結果を残していた中村泰が今季初先発。中村泰は初回に先頭打者を出しながら、その後、三者三振で切り抜けると、2回の無死三塁の大ピンチも何とか凌ぎきってからは尻上がりに調子を上げていき、中盤に入ってからは横浜打線を完全に翻弄。一方、横浜先発・加藤も3回まで無失点の好投を見せていたが、4回、一死一、二塁のピンチを迎えた所で突如、降板。しかも、緊急登板となった山北が林にタイムリーを浴び、先制点を献上。阪神はこの後も再三再四チャンスを掴みながら、残塁を量産するばかりの拙攻三昧だったが、7回からは久保田−ウィリアムスと繋いで、最後は守護神・藤川が締めて2試合連続の完封勝ち。中村泰は6回9三振無失点の好投で今季初勝利。阪神は3連勝で交流戦へ弾みをつけたのとは対照的に横浜は泥沼の7連敗で借金生活に突入すると同時に4位へ転落となった。

◆C5−2S◆
広島は3回、無死満塁のチャンスで東出,栗原と連続タイムリーで2点を先制。この後、新井のゲッツーの間に1点を加えると、更に、森笠のタイムリー,松本の押し出し四球でこの回、一挙5点。一点集中攻撃で大量点を取ったら、あとはさっぱりと言う広島の恒例パターンで4回以降は二塁すら踏めなかったが、先発・黒田が立ち上がりから安定した投球で6回を無失点。7回にガイエルに被弾し、9回にもガイエルにタイムリーを浴びたものの、僅か89球の省エネ投球で意外にも今季初の完投勝利を飾った。チームは再び5割に復帰し、3位に浮上。

◆H4−5F◆
恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」にて、虚弱投手・里中にパーフェクトなどと言う不名誉極まりない事を描かれて以来、呪いに取り憑かれているとしか思えない嫌な負け方が続いているソフトバンクだが、この日も小田のタイムリーで先制されると、2回には劇団ひちょりのタイムリーと稲葉の犠飛で3点を失い、先発・田之上は早くもKO。更に、2番手・小椋も稲葉に犠飛を許して、4点差。呪いの影響をひしひしと感じながらも、むざむざ負けられないソフトバンクはその裏、柴原の5号2ランで2点差。日本ハムは5回に小谷野のタイムリーで1点を追加。先発の伊集院光の弟子・金村がピリッとせず、3回を投げ終えた所であえなく降板となったが、4回から登板の武田勝が7回まで無失点に抑える完璧なロングリリーフを展開。ソフトバンクは8回二死一塁の場面でマウンドに上がった3番手・武田久に対して、ヒゲが生えているから似てなくても本人だと認識して貰えると言うしょーもない理由で試合前にフィーチャーされ、試合中は完全に放置される呪いをかけられ怒り心頭のハマのスペランカーが7号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄ると、土壇場9回には守護神・MICHEALから小久保,アダムと連打を浴びせて、長打が出れば一気にサヨナラと言うチャンスを作るも、ここから柴原,代打・ブキャナンと凡退。そして、最後は虚弱投手・里中のパーフェクト達成時、最後の打者として描かれてしまう呪いを受けてしまった田上がライトフライに倒れて、同点にすら出来ずにゲームセット。この日は王さんの誕生日だと言うのに、今季初めて日本ハムとの3連戦に負け越してしまう何とも嫌な展開で波乱含みの交流戦に臨む事となってしまった。尚、この試合、劇団ひちょりは3安打の大当たりで連続試合安打を24と伸ばし、大下弘の球団タイ記録に56年ぶりに並んだ

◆E3−8M◆
未だに白星のない清水を何とか援護したいロッテは初回、二塁打の今江をフクーラが返して、1点を先制すれば、3回にはサブローのタイムリー二塁打,ベニー松山の2点タイムリーで3点を追加。4点の援護を貰った清水は3回まで無失点で凌いでいたが、4回、先頭の山崎武に19号ソロを被弾し、1点を献上。ロッテはすかさず、5回にベニー松山のタイムリー二塁打,竹原の犠飛で2点を追加。粘る悪の温床・楽天はその裏、山崎武の犠飛で1点、6回には藤井のタイムリー二塁打で1点とジリジリ追い上げるも、ロッテは8回に青野の8号2ランでダメ押し。清水は6回3失点で降板となったが、打線に援護に恵まれて、8度目の先発でようやく今季初勝利を手にした。

◆Bs5−2L◆
西武先発・ギッセルに対して、偽バファローズは初回、大西の先頭打者アーチで1点を先取。5回には一死から大引,日高,大西の3連打で2点目を追加。投げては今季初先発のユウキが7回二死までノーヒットと言う快投を展開。8回に連打でピンチを作った所でユウキは降板し、その後、内野ゴロの間に1点を返されたが、その裏、偽バファローズは北川の4号3ランで一気に突き放した。西武は9回にカブレラのタイムリーで1点を返したが、及ばず、3連敗となった。偽バファローズは今季初の3連勝。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:26コメント(3)トラックバック(100) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ