ホールトン

April 27, 2011

4/27バレンティン◆S4−1G◆
昨日のフェンス激突の影響でマッスル千代の富士が欠場となった巨人だが、2回に加藤のスクイズで先制。しかし、連勝で勢いに乗るヤクルトはその裏、畠山の6号ソロ,バレンティンの4号ソロと一発攻勢であっさり逆転。4回には四球で貰ったチャンスに絶好調の宮本がタイムリーを放ち、3点目。6回にはバレンティンにこの日2発目となる5号ソロが飛び出し、ダメ押し。先発・由規は5回を1失点の好投。降雨による58分もの長い中断があった為、6回から退いたが、以降は4人のリリーフが1回ずつをきっちり締めて、8連勝を飾った。

◆D1−0YB◆(6回降雨コールド)
0−0で迎えた4回、中日は一死からブランコの2号ソロで先制。この後、二死一、二塁のチャンスを逃すと、5回も一死二塁のチャンスを逸してしまう。6回にも一死満塁と絶好のチャンスを迎えたが、ここで強くなった雨が治まらず、降雨コールド。先発の山内は初回にスレッジに痛打されただけの1安打ピッチングで、コールドながらもプロ初完封を達成した。中日は今季初の連勝で最下位を脱出。横浜は入れ替わりでようやく年間指定席の最下位に転落となった。

◆C−T◆
降雨中止。

◆F0−5H◆
一昨年から6連敗中と苦手にしている武田勝相手にソフトバンクは3回まで1安打と沈黙。しかし、4回にカブレラが2号ソロを叩き込むと、ハマのスペランカーにも今季初アーチとなる2ランが飛び出して、3点を先制。5回にも内川のタイムリー等で2点を奪い、武田勝をKO。ホールトンは初回のピンチを切り抜けてからは終始安定した投球を見せ、来日初完封で2勝目。

◆M12−1Bs◆
はーちゅんは初回を3人で斬ってとると、2回も簡単に二死をとるが、大松に初安打を浴びてから変調。里崎を歩かせた後、神戸,今江,岡田と3連続タイムリーを浴びて、4失点。3回にはサブローに被弾。4回以降立ち直ったかに思われたが、7回に無死満塁のピンチを作ると、切れたスパイクの紐を取り替えにベンチに戻っただけなのに、限界と勘違いされて、降板を強いられる有様。この後、ロッテはリリーフ陣も打ち砕き、11安打12得点。投げては先発・唐川が8回を12三振の力投。9回からは抑え候補と期待されながら出遅れていた内が今季初登板で三者凡退の好投を見せた。

◆E−L◆(1回ノーゲーム)
1回裏一死の場面で雨が強くなり、12分の中断の末、ノーゲームとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:42コメント(2)トラックバック(0) 

April 20, 2011

4/20脇谷◆T4−5G◆
巨人の先発は二軍落ちしたグライシンガーに代わって昇格した謎の新助っ人・阿部健太。これに対し、阪神は俊介のしみったれたタイムリー内野安打,ブラゼルのしみったれたタイムリーポテンヒットと、しぶとく点を奪うが、巨人も今季初スタメンの亀井の同点タイムリーで応戦。巨人は7回から何故か先発要員の内海を早くも中継ぎで起用する謎の継投を展開するが、脇谷のエラーで作ったピンチに鳥谷の犠飛で勝ち越し点を献上。なおも一、三塁のピンチでブラゼルのセカンド後方へのフライを背走した脇谷が落球するが、これが塁審の死角に入り、アウトと判定される大誤審。真弓監督の猛抗議も虚しく、判定は覆らずに1点止まり。これで流れは巨人へ傾いてしまい、直後の8回、長野,亀井の連続タイムリーで3点を奪い、一気に形勢逆転。阪神は9回に1点を返し、なおも逆転サヨナラのチャンスを作ったが、あと一歩及ばなかった。巨人の連敗は3でストップ。

◆S1−0D◆
右肘痛で出遅れ、ようやく今季初登板となった吉見は毎回の様にピンチを背負いながらも、あと1本を許さない粘りの投球で8回に代打を出されるまで無失点と復活をアピール。一方、由規は初回に3四球で作った満塁のピンチを切り抜けてからは調子を取り戻し、以降は9回まで散発2安打の好投を展開。0−0で迎えた9回裏、ヤクルトは好調・畠山の二塁打等で無死一、二塁のチャンス。代打・三輪が三塁線を送りバントを仕掛けると、これを処理した河原が迷わず三塁へ送球するも、誰もベースカバーに入っておらず、ボールがレフトへ転々とする間に、二塁走者の代走・福地がサヨナラのホームイン。由規は今季初完封初白星。

◆YB0−2C◆
広島は3回、渡辺,石川と相次ぐエラーで労せずして1点を先制すると、6回には復調の兆しを見せるトレーシーのタイムリー二塁打で1点を追加。ゴーグルを付けているから、絵が全く似ていなくても誰だか認識して貰える…可能性が僅かに上がる…かもしれない…のではなかろうか…と言う気がしないでもないと言うそれだけの理由で昨年は水島の呪いに苛まれてしまった篠田だが、「ドカパロSS」が未だに昨シーズンをやっていると言う訳の分からない展開と化している事で今季は呪いから解放されたのか、尻上がりに調子を上げていき、5回以降はパーフェクトの快投。今季初白星を散発2安打完封で飾った。

◆H10−3E◆
ソフトバンクはカブレラの先制犠飛を皮切りに、細川のタイムリー,内川の移籍初アーチ等、移籍組の活躍で着々と加点。6回には壊滅的な不振ながら何故か5番に昇格したハマのスペランカーに今季初のタイムリーが飛び出すと、8回には松田の一発等で大量5点を追加し、ダメ押し。ホールトンは7回2失点の好投を見せたが、8点差と言う楽な場面で登板した守護神・馬原は暴投で1点を失い、これで4試合連続失点と不安を残した。

◆M3−0L◆
ロッテは初回、帆足の立ち上がりを捉え、サブローの走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。5回には二塁打の今江を三塁へ進めた所で荻野貴がきっちり犠飛を打ち上げ、3点目。唐川は中盤、立て続けに背負ったピンチを粘り強く切り抜けて、6安打完封で今季初白星。これでロッテは借金を完済した。

◆Bs5−9F◆
1−1で迎えた5回、日本ハムは満塁のチャンスに稲葉,トンガのタイムリーで一気に4点を勝ち越し。7回にもトンガが今季初のマルチ安打となるタイムリーを放つなど、3点を奪い、試合を決定付けた。先発・高橋由伸は6回1失点で今季初勝利。偽バファローズは9回に4点を返す粘りを見せたが及ばず。開幕からノーヒットで続いていた外れ外れ外れ1位ルーキー・駿太は2番スタメンで起用され、第2打席にプロ初安打。これで気が楽になったか、第5打席でもライト前へ弾き返した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(0)トラックバック(8) 

October 16, 2010

10/16小笠原◆T1−3G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
クルーンのお些末なKO劇がたった2回少なければ、V4を達成していた程の僅差だったとは言え、2年連続日本一の可能性は完全に消滅した巨人。必死こいて韓国のトップと戦いたいと言うさしたる理由もないものの、とりあえず、散々、痛い目に遭わされた鬼門・ナゴヤドームで一矢報いる為に阪神を撃破しておきたい所。巨人キラー・能見に対し、初回、2四球で一死一、二塁と先制のチャンスを貰いながら、寿司職人ラミレスが最悪のショートゴロゲッツー。続く2回にも一死一、二塁のチャンスに古城がゲッツーを食らうと、その裏、先発・東野がブラゼルに先制アーチを被弾する何とも嫌な試合運び。しかし、直後の3回、シーズン終了間際の若大将・原監督の嫌がらせに耐え、1番に復帰した坂本がレフトスタンドへ同点アーチ。更に、一軍復帰即スタメン起用された亀井がライト前に弾き返すと、暴投で二進した所でガッツがレフト前へタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。その裏、阪神は能見の四球,平野のヒットで一死一、二塁とするも、マット・マートン,新井の3,4番が凡退し、二者残塁。1−2で迎えた5回、巨人は一死から坂本がライト線へ二塁打を浴びせると、林のエラーで一気に三塁へ。二死後、またもガッツがライト前へ2打席連続のタイムリーを放ち、3点目。6回からはシーズン中は先発として背信投球を繰り返したゴンザレスが2番手として登板。先週、他界した祖母の為に好投を誓っていたゴンザレスは6,7回と無難に抑えるが、8回、二死から平野にヒット,マット・マートンに四球を許して、KO。ここで代わった久保も新井を歩かせて、満塁とピンチを広げたが、4番手・山口がブラゼルをショートフライに打ち取り、ピンチ脱出。3位転落を決定付けた最終戦の投球で未だにクルーンへの不信感が拭えないのか、若大将・原監督は9回も山口をマウンドへ…。山口は一死から代打・藤川俊に痛打されるも、続く代打・桜井をショートゴロゲッツーに仕留めて、逃げ切りに成功。地元・甲子園で巨人に絶対的相性の良さを誇る能見を起用しながら、よもやの黒星を喫してしまった阪神は後がなくなった。

10/16川崎◆H1−0M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
3位でありながら、日本シリーズ開催を阻止しようとするロッテの黒い企てを打ち砕きたいソフトバンクは初回、ロッテ先発・マーフィーから先頭の川崎が四球を選ぶと、本多のバントがマーフィーの悪送球を誘って、一、二塁。松中がショートライナーに倒れた後、小久保のライトフライで川崎は三塁へ。ハマのスペランカーの打席で本多が二盗を決めると、ここでマーフィーが暴投を犯し、ソフトバンクはノーヒットで労せずして1点を先制。1点を追うロッテは直後の2回、井口の四球,金のヒットで二死一、二塁とするも、大松がショートフライに倒れて、二者残塁。6回には今江の二塁打,サブローの四球で二死一、二塁とし、ソフトバンク先発・ホールトンをKOするが、2番手・森福の前に代打・ゼブラ今岡がセンターフライに倒れて、同点ならず。続く7回には里崎の死球,清田の二塁打で二死二、三塁とワンヒットで逆転のチャンスを作るが、ここで代わった3番手・摂津の前に西岡がセカンドゴロに終わり、二者残塁。摂津は8回も三者凡退で切り抜けると、9回から登場した守護神・馬原もピシャリと3人で締め括り、完封リレーを達成。昨日同様、ミスで貰った数少ないチャンスをモノにして、投手陣が見事に守りきったソフトバンクはアドバンテージ込みで3勝1敗とし、日本シリーズ出場へ王手をかけた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(2)トラックバック(29) 

September 19, 2009

9/19 クルーン◆S3−6G◆
8月25日以来白星から遠ざかり、最多勝のタイトルにも黄信号が灯っているヤクルト先発・館山はこの日も立ち上がりからピリッとせず、二死から四球と連打で満塁とした挙げ句、好調・阿部に29号グランドスラムを被弾し、あっと言う間に4失点。一方、巨人先発・久保も1,2回と2人ずつ走者を許す苦しい投球。そこまでは何とか凌いだものの、3回、二死二塁からデントナに約1ヶ月ぶりとなる20号2ランを被弾。5回には二死一、二塁のピンチを迎え、勝利投手の権利まであと一人と言う所で無念のKO。代わった藤田もガイエルにタイムリーを浴び、1点差。2回以降立ち直りを見せていた館山だったが、6回、一死満塁のピンチで坂本にタイムリーを浴び、降板を余儀なくされ、またも白星ならず。巨人は続く7回にも寿司職人ラミレスの28号ソロで1点を追加。越智−山口と繋いで、最後を任された守護神・クルーンは一死から振り逃げ1つを含む三者連続三振で締め、通算150セーブを達成した。通算250試合目での達成は小林雅の314試合を大幅に上回る史上最速記録。2回を無失点に抑えた3番手・越智に8勝目がついた。巨人のマジックは1つ減って6。

◆D5−2YB◆
初回、中日は四球の井端が内野ゴロと捕逸で三進すると、森野のタイムリーで先制のホームイン。続く2回には3連打で無死満塁と絶好のチャンスを作るが、谷繁,小笠原と連続三振。井端もセカンドゴロに倒れて、3人の走者は釘付け。続く3回には荒木,森野の連打の後、ブランコはセカンドゴロに倒れるも、山崎のタイムリーエラーでタナボタの2点目。なおも一、三塁のチャンスだったが、ベンちゃんはファーストフライ,李はセカンドゴロゲッツーを食らい、1点止まり。効率の悪い攻撃に業を煮やしたか、続く4回、先頭の平田が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込むと、四球の谷繁を小笠原が送った所で井端がタイムリーを放ち、4点目。更に、7回にはブランコのタイムリー二塁打で1点を追加。横浜は8回に山崎のタイムリー内野安打でようやく1点を返し、9回には先頭のジョンソンの23号ソロで2点目をあげると、更に、メカゴジラが四球。代わった3番手・浅尾から吉村がいきなり死球を食らい、無死一、二塁のチャンス。セーブのつく場面になっても落合監督は何故か、一向に岩瀬を投入しようとはせず、岩瀬の出ぬ間に畳み掛けたい横浜だったが、森笠,内藤の代打攻勢がいずれも実らず、とうとう二死。左打者が続いても岩瀬が投入される気配がなく、ここまで来たら、最後まで浅尾でいくのかと思いきや、落合監督は何故かこのタイミングでようやく岩瀬をコール。岩瀬は謎の起用法にも動揺する事なく、最後の打者・下園を退け、41セーブ目。先発・小笠原は8回を1失点の好投で7勝目

◆T3−4C◆
広島は初回、東出,石井タクロー,天谷の3連打で無死満塁とした所で栗原が先制2点タイムリー二塁打。なおも二、三塁の場面だったが、後続3人が倒れて、追加点ならず。阪神は2回、先頭のキュラソ星人が2試合連続20号ソロを叩き込むと、3回には浅井の4号ソロ,鳥谷の19号ソロと一発攻勢で逆転に成功。1点を追う広島は6回、二死走者なしから石原が10号同点ソロを叩き込むと、続く7回には石井タクローの三塁打の後、天谷がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。8回からはシュルツ−永川と繋ぐ必勝リレーが決まり、1点差を守りきった。先発の前田健は7回を3失点で切り抜け、8勝目。広島はヤクルトに並ぶ4位タイに浮上。阪神は負けている場面で藤川を投入する執念も及ばず、3連敗となった。

◆L1−6H◆
V奪回へ後がなくなりつつあるソフトバンクだが、この日も3回に後藤の5号ソロで先制される苦しい展開。しかし、直後の4回、先頭のオーティズが18号同点ソロを叩き込むと、続く5回には二塁打の長谷川を田上が送った所で明石がレフトへ勝ち越しの犠飛。6回には小久保のタイムリー二塁打の後、ハマのスペランカーに17号2ランが飛び出し、3点を追加。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物…だった筈の西武先発・岸だったが、無念の5失点KOとなった。ソフトバンクは更に、7回にも川崎にタイムリーが飛び出し、ダメ押しの6点目。何とか一矢報いたい西武は土壇場9回、不振から守護神失格を示唆された馬原に代わり、最後を任された攝津アッパーに対し、3本のヒットで一死満塁としたものの、最後はG.G.佐藤がゲッツーを食らい、万事休す。これで西武は再び自力3位の可能性が消滅した。ソフトバンクの連敗は3でストップ。先発のホールトンは8回1失点の無四球投球で11勝目をあげた

◆E10−4M◆
0−0で迎えた5回、楽天は一死からリンデン,中谷の連続二塁打で先制すると、更に、中村真もタイムリーで続き、この回2点。直後の6回、ロッテは3四球で貰った二死満塁のチャンスで今江が2点タイムリーを放ち、一気に同点。しかし、その裏、楽天は連打と死球で無死満塁とし、ロッテ先発・唐川をKOすると、変わった川崎から草野がタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。更に、リンデンが歩いた後、代打・青波の長瀬が野選を誘い、1点を追加。この後、暴投で1点を加えると、一死満塁となった所で鉄平のセカンドゴロ,角中のタイムリーエラー,憲史のタイムリーで大量8点のビッグイニングを形成し、試合を決定付けた。先発の青山は6回途中でKOとなったが、2番手・佐竹が1回1/3を無失点に抑え、今季初勝利

◆Bs1−4F◆
18日ぶりの登板となる日本ハム先発・糸数に対し、偽バファローズは3回、岡田,坂口,阿部の3連打で先制。なおも無死一、二塁で打順はクリーンアップと言う所だったが、北川,ローズ,後藤とあえなく凡退し、1点止まり。偽バファローズ先発・平野に対し、5回までゼロ行進を続けていた日本ハムは6回、一死から連続四球でチャンスを作ると、二死後、スレッジのタイムリー二塁打で同点。続く7回には二死満塁のチャンスを作ったものの、稲葉がファーストゴロに終わり、勝ち越しならず。1−1の儘、迎えた土壇場9回、日本ハムは連打と四球で一死満塁とすると、劇団ひちょりが走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。尻上がりに調子を上げていった糸数は6回以降、偽バファローズをノーヒットに抑え込み、プロ初完投で3勝目をマーク。日本ハムのマジックは1つ減って11となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(23) 

July 12, 2009

◆T1−2G◆
内海,下柳の両先発左腕がいずれも5回を1安打無失点の好投を展開。均衡が崩れたのは6回。巨人は一死から坂本がセンター前ヒット,鈴木がセカンド内野安打を浴びせて、一、二塁のチャンス。ここでガッツが右中間を破る走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、ついに2点を先制。追いかける阪神は8回、先頭の狩野が二塁打を放つと、二死後、関本がレフト前に弾き返して、狩野が生還。更に、新井がヒットで続き、長打が出れば、一気に逆転と言う場面でキュラソ星人が打席に入ったが、セカンドゴロに打ち取られ、二者残塁。9回も続投となった内海は一死から桜井に痛打されたものの、鳥谷,狩野と打ち取って、今季2度目の完投勝利で4勝目。これで巨人は引き分け1つを挟んで4連勝となった。

◆D4−0C◆
名手・川相の現役復帰待望論が強まる一方だと言うのに、事態の大きさを分かっていないのか、それを無視し続ける落合監督はまたもや川井を先発起用し、お茶濁し采配を敢行。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日は初回からゲッツーを食らう相変わらずの拙攻モード。一向に得られそうにない援護にやきもきしつつも、川井は毎回ヒットを浴びながら、先制を許さない粘りの投球を展開。何とか先手を取りたい中日は4回、一死一、二塁からベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃の先制タイムリー三塁打となると、続く藤井もタイムリー二塁打を放ち、この回3点。続く5回には二死三塁からブランコのタイムリー内野安打で4点目。広島は6回、先頭の東出がヒットで出るも、一死後、栗原がショートゴロゲッツー。7回には四球と連打で無死満塁とするが、倉が最悪のホームゲッツー。続く代打・嶋は三振に倒れて、結局、無得点。相次ぐピンチを凌いだ川井は8,9回も0点に抑えて、今季初完投初完封で球団初の開幕9連勝を収めた。広島先発のルーキー・小松は4回3失点KOでプロ初黒星。

◆S1−2YB◆
初回一死一、三塁のチャンスにデントナ,ガイエルの両助っ人が倒れて、先制点を逃したヤクルトだが、続く2回、二塁打の宮本が三進した所で川島慶のタイムリーが飛び出し、1点を先制。先発・石川は7回まで散発2安打無失点と素晴らしい投球を展開していたが、7回裏、一死一塁の場面で代打・飯原を送ってしまい、継投策に走った事が運の尽き。8回から登板の2番手・五十嵐は制球が定まらず、2四球で二死一、二塁のピンチを作ると、村田にタイムリー二塁打を浴び、同点。9回には同点ながらもマウンドに上がった守護神・林がいきなり先頭の石川に痛打されると、二盗と犠打で一死三塁のピンチを背負い、藤田に勝ち越し犠飛を許して、今季初の自責点を献上。土壇場で勝ち越した横浜はその裏、加藤康−山口と繋いで、逃げ切り。横浜2番手の木塚に2勝目が転がり込んだ

7/12 松中◆H8−0E◆
6月14日以来の先発となる岩隈に対し、3回まで0点に抑えられていたソフトバンクだが、4回、先頭の松中が13号先制ソロを放り込むと、小久保がヒットで続いた後、ハマのスペランカーも10号2ラン,田上が13号ソロを叩き込む一発攻勢でこの回4点。更に、5回には一死一、二塁から小久保が8号3ランをぶち込んで、7点目。岩隈はこの回限りでKOとなった。ソフトバンクは7回にも小久保の犠飛でダメ押しの8点目。8回からは攝津アッパー−水田と繋いで完封リレーを達成。先発のホールトンは7回無四球無失点の好投で7勝目

◆F7−6M◆
初回から2四球を許すなど、苦しい立ち上がりのロッテ先発・小野。2回も一死二塁のピンチを凌いだが、3回、先頭の金子誠に8号ソロを被弾し、先制点を献上。1点を追うロッテは4回、二死二塁から里崎,橋本将と連続二塁打を浴びせて、逆転に成功。更に、竹原,今江と連続四球を選んで、満塁としたが、西岡はライトへ打ち上げ、2点止まり。すると、その裏、日本ハムは3連打で無死満塁とすると、一死後、大野が2号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。3点を追うロッテは5回、フクーラ,井口の連打で二、三塁とすると、大松が犠飛を打ち上げ、3点目。日本ハムは8回に金子誠にこの日2本目となる9号ソロが飛び出し、これで試合は決まったかと思われたが、土壇場9回、守護神・武田久が3連打で無死満塁の大ピンチ。この後、井口,大松と打ち取り、二死まで持ち込んだが、サブロー,里崎と連続タイムリーで3点を失い、延長に持ち込まれた。ラストイニングとなった12回、表の攻撃を凌いで負けがなくなった日本ハムはその裏、小谷野,金子誠のヒットで二死一、三塁のチャンス。ここで梨田監督は劇団ひちょりに代えて、恐怖の残塁量産マシン,怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しいままにするあの男を代打に起用。最早、勝負を諦めたのかと思われたが、あの男はここまで14打席ノーヒットで溜めに溜め込んでいたインケツパワーを開放して、ライト前に落として、サヨナラ勝ち。7番手の宮西は2回無失点の好リリーフで無傷の4勝目。ロッテはこれで4連敗となった。

◆L3−2Bs◆
西武先発・帆足に対し、偽バファローズは初回、フェルナンデスが9号先制ソロ。一方、西武は偽バファローズ先発・平野に対し、2回に中村が30号ソロで追い付くと、4回には二死一、二塁からG.G.佐藤のタイムリーで勝ち越し。6回にフェルナンデスのタイムリーで追い付いた偽バファローズは更に、一死満塁とチャンスを広げるも、大引,鈴木と打ち取られ、勝ち越しならず。すると、その裏、西武は一死一、二塁から礒?のタイムリーで再び勝ち越し。偽バファローズは8回、先頭のフェルナンデスがヒットで出るも、カブレラが最悪のゲッツー。9回にも先頭の大引が四球を選ぶが、代打・大村がゲッツー。小瀬がヒットで望みを繋いだが、最後は坂口が倒れて、あと1点が届かなかった。帆足は7回2失点で4勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:39コメント(0)トラックバック(21) 

June 08, 2009

◆G8−3E◆
今季、巨人相手に白星のない楽天は何とか一矢報いたい所だったが、いきなり坂本に8号先頭打者アーチを浴び、先制点を献上。しかし、直後の2回、二死一、二塁から投手の長谷部がプロ初打点となるタイムリーを浴びせて同点。1−1で迎えた4回、巨人は松田記者の2号ソロ,亀井の5号ソロと連続アーチが飛び出して、2点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレスが9号ソロを叩き込み、4点目。ここまでソロ4発と一発攻勢が続いていた巨人だが、6回には阿部の史上253人目となる通算1000安打などで二死一、二塁とすると、代打・李が5月24日以来、実に36打席ぶりのヒットとなる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。7回には亀井がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、ダメ押しの8点目をあげ、4連勝。先発の春風亭半ケツは8回途中まで3失点で4勝目。2番手・豊田に今季初セーブがついた。敗れた楽天は今季の対巨人4戦全敗となり、今季初の5連敗となった。

◆D3−5L◆
相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の中日は初回無死一、二塁,2回二死一、二塁のチャンスを潰す怒濤の拙攻三昧。最早、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたブランコは3回に16号ソロをぶち込んで、1点を先制するが、以降は4,5回とヒットすら出ない有様。一向に追加点をあげてくれる気配のない不甲斐ない打線に辟易としながらも、5回まで1安打と踏ん張っていたあちゃくらさんだったが、6回一死から突如、制球を乱して、3連続四球で満塁のピンチ。ここで中村に2点タイムリーを浴び、逆転を許すと、続く礒?に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、失意のKO。中日は7回に森野のタイムリー内野安打,8回に谷繁のタイムリーで1点差まで追い上げたが、西武は9回に2四死球に佐藤の犠飛とノーヒットでダメ押しの5点目を追加し、試合を決定付けた。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は7回途中まで2失点でハーラートップタイの7勝目

◆T1−8H◆
阪神先発・ソニックの前に3回まで1安打に抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、二死後、ハマのスペランカーが4号3ランを叩き込み、3点を先制。6回には4長短打を集中し、大量5点のビッグイニングを形勢。ソフトバンク先発・ホールトンは5回までパーフェクトの快投を展開。6回に内野ゴロの間に1点を失ったものの、リズムを崩す事なく、投げ続け、今季初完投で5勝目をマーク。阪神の連勝は4でストップした。

◆C6−5Bs
初回、フェルナンデスの犠飛で先制された広島は4回、赤松,栗原,マクレーンの3連打で追い付くと、一死二、三塁となった所でルパン廣瀬がタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。しかし、直後の5回、偽バファローズは一死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3で迎えた8回、広島は一死から梵の四球,東出の内野安打で一、二塁すると、赤松のタイムリーでようやく勝ち越し。更に、二死満塁となった所で代打・緒方が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。偽バファローズは9回、守護神・永川を攻め、代打・北川のタイムリー,坂口の犠飛で1点差まで詰め寄ったが、最後は代打・相川が三振に倒れて、あと一歩及ばず、6連敗。広島3番手のシュルツが2勝目をマーク

◆S4−3F◆
ヤクルト先発・石川に対し、4回まで毎回安打を浴びせるなど、押せ押せで試合を進めながらも、どうしても先制出来ない日本ハム。報われない好投で続く糸数はこの日も5回まで1安打に抑えながら、援護を貰えずにいるうちに、6回に無死満塁のピンチからガイエルに2点タイムリーを浴びた所でKO。ヤクルトは更に、この後、1点を追加し、3点のリード。追いかける展開となった日本ハムは7回、こちらも無死満塁とすると、金子誠のタイムリーで1点を返し、石川をKO。代わった松岡から二死後、田中が2点タイムリーを放ち、試合は振り出しに。一気に畳み掛けたい日本ハムだったが、8回二死一、二塁,9回二死二塁と勝ち越しのチャンスを相次いで逃してしまう。その裏、ヤクルトはこの回から代わった建山に対し、先頭の相川が二塁打を浴びせると、途中から守備に入っていた武内がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。9回に同点ながらマウンドに上がっていた林に今季初勝利がついた。

6/8 北川◆YB4−3M◆
横浜は3回まで3安打を浴びせながら、詰めの甘い攻撃で先制点を奪えない。先発のハマのチンピラは3回まで6三振を奪ってのパーフェクトピッチングと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭の早坂に初安打を浴びると、フクーラに犠打を許した後、大松に7号先制2ランを被弾。5回には一死二塁から今江にタイムリーを浴び、3点目を献上。粘りの投球を続けていた大嶺だったが、5回、連打と死球で一死満塁のピンチを迎えると、北川にプロ初アーチとなるグランドスラムをぶち込まれ、一気に形勢逆転。横浜は7回から木塚−吉見−山口と繋いで、1点のリードを守りきり、泥沼の連敗を7でストップさせた。ハマのチンピラは6回3失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:35コメント(0)トラックバック(21) 

May 27, 2009

◆G3−5H◆
不本意な投球が続いているグライシンガーだが、この日は2回まで無失点。3回も簡単に二死を取ったが、ここから本多に二塁打,川崎に三塁打を浴びて、先制点を献上。続く4回には長谷川のタイムリー,田上の犠飛で2点を失うと、5回にも二死一、二塁のピンチで小久保にタイムリーを許して、あえなくKO。代わった久保も四球で満塁とした挙げ句、暴投で5点目を許す体たらく。その裏、巨人は二死満塁と初のチャンスを掴むが、代打・大道がセカンドへの凡フライに倒れて、三者残塁。ソフトバンク先発・ホールトンは6回まで無失点の好投を見せると、7回から登板の攝津アッパーは三者三振の快投。3番手・ファルケンボーグが2失点、守護神・馬原も亀井に被弾し、2点差まで詰め寄られたが、最後は一発で同点のピンチに首位打者・坂本を三振でねじ伏せ、逃げ切りに成功。ソフトバンクはこれで交流戦無傷の6連勝

5/27 田中◆D2−3E◆
楽天は2回、一死から中村紀,中島,嶋の3連打で満塁とすると、塩川がライトへ犠飛を打ち上げ、中村紀が先制のホームイン。4回にはヒットの中島が李のエラーで二進すると、嶋の犠打,塩川のセカンドゴロで本塁を陥れ、2点目。開幕6連勝中の田中相手に今日も今日とて好投の投手を見殺しにする気満々の中日は無死一、二塁のチャンスを掴みながら、ブランコが最悪のゲッツー。またもチャンスを逃すかと思われたが、ベンちゃんが歩いた後、李が汚名返上のタイムリーを放ち、1点差。7回にはヒットの藤井を二塁に置いて、井端がタイムリーを浴びせて、ようやく同点。しかし、それも束の間、直後の8回、楽天は中村紀のタイムリーで再び勝ち越し。その裏、連打と四球で無死満塁と一打逆転のチャンスを掴んだ中日だが、ここで代わった有銘の前に李,藤井と連続三振。代打の切り札・立浪もピッチャーゴロに終わり、3人の走者は釘付け。9回も先頭の代打・平田が四球を選んで上位打線に繋いだものの、井端,荒木,森野があえなく凡退し、万事休す。1併殺10残塁の拙攻が大きく響いた格好だが、この非効率極まりない攻撃を好転させる為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声はますまます強まるばかりだ。中日の拙攻にも助けられた田中は7回2失点で無傷の7連勝

◆C8−3M◆
初回にサブローのタイムリー等で2点を先制された広島だが、4回一死二塁から赤松がチーム初安打となるタイムリー三塁打を浴びせると、二死後、嶋が同点タイムリー。更に、マクレーンのヒットの後、喜田のタイムリーで2点を勝ち越し。続く5回にはまたも赤松が5号ソロを叩き込み、1点を追加。8回にはマクレーンの2点タイムリー等でダメ押しの3点を追加。2回以降立ち直った前田健は7回まで僅か1安打しか許さずに、4月11日以来の白星で自身の連敗を5でストップさせた

◆S5−4Bs
塁上を賑わせながら、山本の粘りの投球の前にあと一本が出ずにいたヤクルトだが、4回、一死満塁のチャンスを迎えると、投手の由規が自らを助ける犠飛を放ち、先制。続く5回には一死一、二塁からデントナが8号3ランを叩き込むと、更に、3者連続出塁で満塁とチャンスを広げたが、先制犠飛の由規が今度は最悪のゲッツーを食らい、追加点ならず。これで落胆したのか、由規は直後の6回、連打でピンチを作った挙げ句、ラロッカに8号3ランを被弾。一死後、山崎浩を歩かせた所で無念の降板となった。2番手には木田画伯が上がったが、二死後、代打・日高にタイムリー二塁打を浴びて、試合は振り出しに。追い付かれたヤクルトはその裏、川島慶のヒット,青木の四球で一、二塁とすると、ガイエルの勝ち越しタイムリーで再びリード。7回からは松岡−五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきり、連敗は3でストップ。3番手の松岡が3勝目をマークした。

◆T4−1L◆
西武先発・石井一は4回まで4四球の荒れ球で阪神打線に的を絞らせず、ノーヒットの快投。しかし、肝心の味方打線も下柳の前に4回までゼロ行進。業を煮やした石井一は5回、二死二塁のチャンスに自らタイムリーを放って、先制点を掴み取る。0−1で迎えた7回、阪神は二死三塁から代打・悠久の若虎・桧山のタイムリーでついに同点。更に、シャア少佐の犠打をエラーし、自らピンチを広げてしまった石井一はここでKO。押せ押せムードの阪神はここから関本が勝ち越しタイムリーを浴びせると、鳥谷のヒットで満塁となった所でキュラソ星人が押し出し死球。更に、新井も犠飛を打ち上げ、この回、一挙4点。アッチソンを挟んで、9回からは守護神・藤川が登場。3点差と楽な場面ながらも、この日もいきなり代打・大崎を歩かせると、G.G.佐藤には痛打されて、無死一、二塁の大ピンチ。しかし、これで目が覚めたのか、藤川はここから銀仁朗,代打・ボカチカ,代打・江藤と三者連続三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。

◆YB5−4F◆
日本ハム先発・スウィーニーに対して、横浜は2回、村田の二塁打,吉村の四球で一、二塁とすると、ジョンソンがライトスタンドへ先制の9号3ラン。一方、横浜先発・ウォーランドの前に3回までノーヒットに抑え込まれていた日本ハムは4回、二死一、二塁から金子誠の2点タイムリー三塁打で1点差。5回に内川のタイムリーで突き放されるも、直後の6回、またも金子誠がタイムリー二塁打を放つと、なおも一死満塁とチャンスを広げた所であの男が犠飛を打ち上げ、同点。4−4で迎えた8回、横浜は一死から主砲・村田がライトスタンドへ7号ソロを放り込み、均衡を破る勝ち越し点をゲット。日本ハムは9回、1番からの好打順だったが、抑えの山口の前に三者凡退に終わり、3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(20) 

April 08, 2009

カリメロ◆YB1−12G◆
投壊貧打で勝てる気配の横浜は2年ぶりの白星を狙う現役最年長投手・カリメロが登板するが、初回からガッツに2ランを被弾すると、3回には痛恨の押し出し四球。4回には当ブログ一押し助っ人・アルフォンゾに来日初アーチを浴びると、5回にもガッツ,坂本に被弾するなど、8失点KOの大炎上。未だに開幕からタイムリーが出ない貧打線はこの日もさっぱりで唯一の得点も内野ゴロの間に掠め取ったに過ぎなかった。大惨敗で開幕5連敗となった横浜は夢の100敗まであと95敗とまた一歩近付いた。ダメ助っ人・ジョンソンはヘッポコ落球で転倒して亜脱臼を負い、リタイアしたが、これでようやくメカゴジラに出番が回ってくる事となったのが、横浜にとって順風になる事を祈るばかりだ。対する巨人の方は打線のテコ入れが奏功。1番に戻った鈴木が1番こそが自分の居場所と言わんばかりに4安打の大爆発。開幕戦以来のスタメンとなったアルフォンゾは来日初アーチに犠飛と2打点の活躍。初スタメンの松田記者も2安打3打点と気を吐いた。投げては開幕ローテに滑り込んだ福田が7回1失点の好投で2年ぶりの白星。昨日、途中で外された李は不甲斐ない連続三振がどうやら若大将の逆鱗に触れたらしく、この日はスタメンからすら外されて、11点差ついてからの代打と言うどうでもいい起用のされ方を…。競争心を煽る為にメンバーを固定させない方針は分からないでもないが、やり過ぎてバレンタイン暗黒政権の様な事にならなければいいが…。ともかく、アルフォンゾはきっちり使ってくれと…。あと、気がかりなのは打球を受けて負傷退場した阿部の様態か。

◆S8−4D◆
開幕から負け知らずの中日はこの日も初回から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した森野の2号3ランで先制。しかし、更に、二死満塁とチャンスを広げながら、追加点を奪えなかったのが運の尽き。一発依存&残塁量産攻撃に川相不在をまざまざと痛感してしまい、動揺を隠せない先発・中田は2,3回と1点ずつ失い、1点差と迫られると、5回にはガイエル,相川のタイムリーで4失点と逆転を許し、あえなくKO。3番手・平井も青木,ガイエルと被弾し、試合を決定付けられた。2回以降二塁すら踏めず、8回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが2号ソロを放ったが、焼け石に水で開幕からの連勝は4でストップ。ヤクルトは木田画伯がいきなりの3失点にも落ち着きを失わずに試合を作り、先発としては実に11年ぶりの白星を手にした。

4/8 金本◆T8−2C◆
鉄人の冴える打棒が止まらない! 初回に先制2号3ランを叩き込んだキュラソ星人は3回にも2打席連続の3号2ランを放てば、5回には3打席連続となる4号ソロ。奇跡のサイクルホーマーの期待が懸かる中、第4打席は二死二塁での打席となったが、ここでもきっちりタイムリーを放って、4安打7打点。兄貴分に釣られて、イマイチ調子が上がって来ないでいる弟分の新井も待望の今季初アーチを含む2安打。投げては、チーム最年長投手・下柳が走者を出しながらも6回2失点で切り抜け、今季初勝利。キュラソ星人一人にやられた広島だが、阪神と同じ11安打を放ちながら、僅か2点に留まる拙攻も痛かった。

◆E0−7H
球団創立以来最高のスタートダッシュを炸裂させている楽天だが、この日は先発・朝井が大乱調。初回、簡単に二死を取ったまでは良かったが、四球とヒットの後、小久保をセンターフライに打ち取りながら、これを鉄平が完全に見失って走者一掃の先制二塁打としてしまう大チョンボをかまされてから完全におかしくなり、更に、3連続四球による押し出しで3点目を失うと、2回にも先頭打者を歩かせた所でノムさんに見限られ、失意のKO。代わった木谷も松中に2点タイムリーを浴びる始末。打線もソフトバンク先発・ホールトンの前に7回まで僅かに1安打と手も足も出ず、結局、散発3安打のシャットアウトでついに今季初黒星を喫した。

◆F8−7M◆
序盤から激しい打ち合いとなったこの試合。7−7で迎えた7回裏に稲葉が勝ち越し弾を叩き込み、これが決勝点となった。稲葉はこの一発が3打席連続アーチ。小谷野の2本のアーチを放つなど、日本ハムらしからぬ一発攻勢が光った。そんな中、前日にインケツパワーをすっかり放出しきったあの男は4タコと本来の力を取り戻してしまった。打ち勝った日本ハムだが、プロ初登板初先発となった期待のルーキー・榊原はは3失点で4回途中KOとプロの洗礼を浴びた。ロッテは日本ハムを5本も上回る14安打を放ちながら、10残塁の大拙攻。大躍進が期待される大嶺は7失点KOと惨憺たる内容だった。

◆L2−10Bs◆
石井一の前に3回までノーヒットと沈黙していた偽バファローズ打線だが、4回に突如覚醒。大引がチーム初安打となる内野安打で出ると、カブレラもヒットで続いた所でローズが2号先制3ラン。以降、9回まで小刻みに毎回得点をあげ、計18安打10得点の猛攻を展開。投げては、山本がここまで全試合で5点以上奪ってきた好調・西武打線相手を手玉に取り、散発3安打2失点の完投勝利を収めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:01コメント(0)トラックバック(30) 

August 13, 2008

◆G2−4T◆
何とか連敗を止めたい阪神だが、先発・岩田が初回、いきなり先頭の鈴木尚に痛打されると、キムタクに犠打を決められた後、暴投で三進を許した所でガッツにタイムリーを浴び、あっと言う間に先制点を献上。直後の2回、先頭のキュラソ星人がヒットで出るも、続く高橋光が最悪のゲッツーを食らい、結局、3人で攻撃終了。0−1の儘、迎えた4回、阪神は先頭のシャア少佐のサードへのゴロがあの男のヘッポコ悪送球を誘って、一気に三塁を陥れると、関本のサードゴロの間に同点のホームイン。更に、鳥谷がヒットで続いたが、キュラソ星人がセカンドゴロゲッツーを食らい、1点止まり。続く5回には一死から林が四球を選ぶも、今度はバルディリスがゲッツーに倒れて、追加点ならず。巨人も7回二死一、二塁のチャンスを逃すと、9回には一死一塁から松田記者が空振り三振に倒れ、スタートを切っていたガッツが憤死する三振ゲッツーを食らって、延長にもつれ込んだ。10回、巨人は早くも守護神・クルーンを投入するが、全くストライクが入らず、関本,鳥谷と連続四球を与えると、若大将・原監督はあっさり藤田にスイッチ。しかし、これが大誤算。いきなりキュラソ星人にライトスタンドへ19号3ランを放り込まれて、一瞬にして3点のビハインド。その裏、巨人はあの男が同点に繋がるヘッポコラーで溜まりに溜まったインケツパワーを吐き出して、今季初アーチを叩き込むが、走者を溜めなければいけない状況でソロ一発では気勢も上がらず、後続3人が倒れて、万事休す。阪神の連敗はようやく5でストップ。マジック36が再点灯した。

膝の悪いガッツを走らせて三振ゲッツー食らったり、失点してもいないクルーンを早々引っ込めたら藤田がいきなり被弾したりと、若大将の采配が悉く裏目に…。あの男のヘッポコ悪送球さえなければ、完封していたかもしれない辺り、内海も気の毒な事この上ない。阪神としてはキュラソ星人の劇的弾で勝つと言う最高の形で連敗脱出となり、これで一気に息を吹き返すかもしれない。悉く炎上しているリリーフ陣の中で、最後の砦とも言えるウィリアムスがいきなり被弾した上、続く鶴岡にもカウント0−3となった時にはどうなる事かと思ったが、そこから3球あっさりストライクを見逃した鶴岡の消極的姿勢に救われた。

◆C11−5D
中日は初回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した井端の先頭打者アーチで先制すると、更に、ピンキー井上のタイムリー等で2点を追加。2回には何と2番で起用された中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号2ランを叩き込み、早くも5点のリード。しかし、先発・中田はその裏、石原の犠飛で1点を返されると、3回には5本の単打を集中されて、3点を失い、1点差。そして、5回、二死走者なしから嶋にヒットを浴びると、続くシーボルに10号2ランを被弾し、ついに形勢逆転。広島は8回、無死一塁からついに求道者・前田が代打で登場。ブラウン暗黒采配により、コンディションはどん底に叩き落とされている状態ながら、鋭い眼光で浅尾を威圧し、四球を勝ち取ると、これで意気上がる広島は木村のバントが浅尾のエラーを誘って、満塁となった所で東出がスクイズに成功。更に、代打・赤松が2点タイムリーを浴びせると、一死後、栗原が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、試合を決定付けた。2番手・宮崎は2回無失点で今季初白星。

2回で5点もリードしておきながら、それを中田が守りきれず、浅尾がエラーをきっかけに致命的な大量失点。打っては2併殺3走塁死7残塁の大拙攻と最悪の試合運びで中日が川相不在の弊害を大露呈。川相を現役復帰させなかった事を今更、後悔しても遅いと言うしかない。広島は求道者・前田の執念の四球がビッグイニング形成を呼び込んだ。代打などではなく、スタメンで使うべきなのは言うまでもないが、だからと言って、フル欠場に追い込むくらいなら、代打ででも使うべきなのもまた言うまでもない。だが、ブラウン監督はそんな所には目もくれず、逆転アーチを含む3安打3打点の同胞・シーボルの活躍に大喜びなのは想像に難くなく、今後も求道者・前田の積極的起用は期待出来そうもない。

◆YB12−8S◆
初回、村中の暴投連発で労せずして先制した横浜は続く2回には二死二、三塁から石川,ガッツな貴公子・仁志,内川と3連続タイムリーを浴びせて、3点を追加。再三チャンスを逃してきたヤクルトは5回、川端のタイムリー二塁打でようやく1点を返すが、その裏、ガッツな貴公子・仁志に10号ソロを浴びて、再び4点差。勢い付く横浜は続く6回にはハマのチンピラにタイムリーが飛び出すと、なおも二死一、二塁の場面でガッツな貴公子・仁志が2打席連続の11号3ランをぶち込んで、この回4点。更に、7回にも4長短打を集中して、3点を追加。粘るヤクルトはジワジワと1点ずつ返していくと、9回には飯原の5号2ラン等で一気に5点を返し、4点差まで追い上げたが、ここで力尽きた。

ここ2試合白星が続いていた村中だったが、4回4失点KO。リリーフ陣も総崩れの投壊ぶりでヤクルトが惨敗。終盤追い上げただけにリリーフ陣が踏ん張れなかったのが大きく響いた。横浜は吉見の5失点が余計だったが、先発・ハマのチンピラは8回3失点とまずまずの投球で5勝目。打ってはガッツな貴公子・仁志が2発含む3安打5打点の大活躍だった。

◆M2−4H◆
自力優勝消滅の危機に立たされ、負けられないソフトバンクだが、先発・ホールトンが初回一死から根元に痛打されると、橋本には四球を許して、一、二塁のピンチ。しかし、サブロー,大松と打ち取って、ここを切り抜けると、2回以降はすっかり立ち直り、全く走者を許さない完璧な投球を展開。何とか援護したいソフトバンク打線はロッテ先発・清水の前に5回までゼロ行進を続けていたが、6回、先頭の明石が三塁打を浴びせると、続く松中がセンター前に弾き返して、ついに1点を先制。7回には一死一、三塁から本多の併殺崩れの間に2点目。更に、8回には大村のタイムリー二塁打で3点目を追加。ロッテはその裏、二死から神戸が7イニングぶりの走者となるヒットを放つと、金沢,フクーラの代打攻勢で連打を重ねて、ようやく1点を返し、ホールトンをKO。なおも一、二塁のチャンスだったが、代わった篠原の前に代打・竹原がセカンドゴロに倒れて、二者残塁。最後は馬原の前に反撃を断ち切られた。

西武との差を5.5に縮め、マジック点灯を阻止したソフトバンク。何と言ってもこの日はホールトンの好投に尽きるだろう。2〜7回までに8三振を奪ってのパーフェクト投球は圧巻だった。清水も7回2失点と先発としての責任は果たしたが、打線に見殺しにされてしまった。

◆F2−4Bs
偽バファローズ先発・小松に対して、日本ハムは初回、二死一、二塁から小田のタイムリーで先制。直後の2回、偽バファローズは先頭のローズが27号同点ソロを叩き込むと、一死後、日高の三塁打に続き、後藤がタイムリー二塁打を放って、勝ち越しに成功。その後、しばらく膠着状態となったが、1−2の儘、迎えた7回、偽バファローズは二死走者なしから後藤が7号ソロを放って、3点目を追加。8回に田中のタイムリー二塁打で1点差と迫られるが、土壇場9回、ローズにこの日2本目となる28号ソロが飛び出して、貴重な1点を追加。最後は守護神・加藤が3人で締めて、逃げ切った。

西武に3タテを食らって自力Vが消滅した事を引きずっているのか、この日も日本ハムは打線が精彩を欠き、4連敗。貯金も残す所、僅かに1つとなってしまい、逆転Vどころか、Aクラス死守すら危うくなってきた。グリンは好投虚しく、13敗目。一方、小松は8回2失点で9勝目と初の2桁勝利へリーチをかけた。

◆E11−7L◆
今日にもマジックが点灯となる西武に対して、楽天は初回、フェルナンデスのタイムリー等で2点を先制。2回に後藤,中村の連続アーチであっさり追い着かれるも、3回、ショートの9号ソロ等で2点を勝ち越し。続く4回にはショート,山崎武のタイムリー等で一気に4点を追加。6点を追う西武は5回、栗山の8号2ランで2点を返すと、7回にはボカチカのタイムリー等で2点を追加し、2点差まで接近。しかし、その裏、楽天は二死一、三塁からショートが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、10点目。西武は8回に後藤のこの日2発目となる7号ソロで応戦するも、その裏、代打・礒部のタイムリーでダメを押された。

楽天がノーガードの打ち合いを制して、西武の連勝を阻止。ショート,フェルナンデスの両助っ人がいずれも3安打を放ったのに加え、出戻り助っ人・青波の長瀬も初スタメンで2安打2死球1打点と健在ぶりを見せつけた。渡辺直も2四球3安打の5連続出塁に2盗塁とリードオフマンとして貢献。西武は4発のアーチが飛び出したが、ソロ3発,2ラン1発と走者を溜まっていなかったのが悔やまれる。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(0)トラックバック(40) 

March 03, 2008

◆G3−2Bs◆
リハビリ明けの松田記者の調子が上がって来ない隙に開幕スタメンを狙う亀井が同点タイムリーを含む3安打と爆発。育成枠ながら、好結果を残し続けている隠善も決勝二塁打で支配下選手入りへまた一歩近付いた。投げては4年目の叩き上げ・東野が3回ノーヒットと素晴らしい投球で初の開幕一軍へ猛アピール。助っ人トリオが全員欠場し、「ビッグボーイズ打線」(コリンズ監督命名)に完全に名前負けしている偽バファローズ打線は出たヒットは全て単打と言うピストル打線ぶりで巨人若手投手陣に2点しか奪えなかった。巨人は4試合目にしてようやくオープン戦初勝利。

◆H5−0T◆
先月27日の助っ人リレーで結果を出せず、ガトームソンに水を空けられたスタンドリッジとホールトンがリベンジ登板。スタンドリッジは5回5三振無失点、ホールトンは3回4三振無失点で、いずれも無四球と安定した投球で名誉を挽回。パウエル,ニコースキーを含めた助っ人枠残留争いは、より苛烈を極める事になりそうだ。一方、阪神も開幕投手を狙う安藤が3回無失点の好投。福原も3回1失点とまずまずの投球を見せたが、日本ハムから移籍の伊集院光の弟子・金村が乱調。いきなり松田に被弾した上、8回には集中打を浴びて、2回4失点でアピールに失敗した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:42コメント(0)トラックバック(4) 

February 27, 2008

 パウエル二重契約問題でパ・リーグ連盟の勧告が両球団にないがしろにされた事により、とばっちりが回ってきた根来コミッショナー代行(一体いつまで代行なのか?)が代案をパ・リーグ小池会長に指示。連盟の勧告を白紙にしてまで考え出した案はどれほど双方を納得させられるものかと注目されたが、何と「両球団の契約を不承認とし、再びパウエルと契約を結んだ方の球団の申請を承認する」と言う訳の分からない代物だった。完全な仕切り直しと言う事で、一見、公平中立に見えるかの様に思われるが、今やパウエルの気持ちはソフトバンク一本なのは誰の目にも明らか。ソフトバンクより条件提示が低い上、フロントから現場まで総ぐるみで喧嘩腰の偽バファローズと再び契約を結ぶ可能性は絶無に近い。これでは事実上、ソフトバンクとの契約を認めたも同然で、その契約を公正なものだと周囲に認めさせる為の体裁を整えただけに過ぎない。契約不成立の上、出場停止ペナルティすら課す事も出来ないと言う偽バファローズ側にとっては何一つ納得のいかない最悪の展開だ。こんな事なら、パ・リーグ連盟の勧告を素直に受け入れていた方が3ヶ月出させない事が出来ただけマシだったと言えるだろう。偽バファローズ・中村球団本部長は「悔しい。予想外、最悪の結末でがっくりしている」と憤りを隠せなかったが、「最高機関の決断。野球界のフェア精神に則り、従わざるを得ない」と、理不尽な根来案を尊重する方針を示した。ただし「世間を騒がせて軽い問題ではないのに、判断理由が伝わってこない。納得させて欲しい」と再度問い合わせをする意向である辺り、未練も不満もタラタラの様だ。何にしても、今回の件は悪しき前例を作った以外の何物でもなく、また、根来コミッショナー代行が「代行」ですら任せられない人物である事を改めて認識させられる結果となった。

◆H1−5M◆
パウエルの入団が確実となった事により、過剰となった助っ人枠から漏れる投手を決めるかの様に、この日のソフトバンクはホールトン−スタンドリッジ−ガトームソンと言う助っ人投手リレーを展開。ガトームソンは3回をパーフェクトと文句なしの投球を見せたが、ホールトンは3回3安打2失点,スタンドリッジも制球に苦しみ、3回を3安打3四死球で3失点と言う不本意な内容だった。打線はロッテの小刻みな継投の前に10安打を浴びせながら、攻めきれず惜敗となったが、ポスト小久保の期待を受ける松田が2点三塁打を含む3安打の活躍を見せたのは大きな収穫。一塁の守備につく事を条件にフル出場を約束された松中も2安打を放った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(15) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ