バリントン

May 05, 2011

5/5小笠原◆G1−2T◆
4回に寿司職人ラミレスの6号ソロで先制点を貰ったルーキー・澤村だったが、5回に平野にタイムリーを浴び、同点。この後、連続四球で作った満塁のピンチは何とか凌いだものの、続く6回、J.マッケンジーに2号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。1点を追う巨人は8回、一死からここまで3タコだったガッツがセンター前に弾き返して、史上38人目の2000安打を達成。二死後、長野が歩いて、チャンスを広げたが、ライアルが三振に倒れて、弐者残塁。土壇場9回、昨日はサヨナラ打を浴びた守護神・藤川がこの日は無難に切り抜け、ゲームセット。開幕3連敗だった岩田は7回を1失点の好投で578日ぶりの白星となった。

◆S2−8D◆
0−0で迎えた3回、中日が森野のタイムリーで先制すると、ヤクルトもその裏、畠山のタイムリーですかさず同点。中日は6回、ブランコの3号ソロで再び勝ち越し。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、中日は荒木の1号2ラン,ベンちゃんの2号2ラン等で一挙5点を加え、試合を決定付けた。先発・吉見は7回を自責点1に抑えて、開幕2連勝。

◆C6−2YB◆
ハミルトン,バリントンと字面の似た新助っ人投手同士の対決となったが、ハミルトンが初回から大炎上。トレーシーの二塁打で2点を先制されると、更に、岩本,石原にもタイムリーを許して、いきなりの5失点。3回表に代打を送られ、2回KOとなった。一方、バリントンは5回に石川のタイムリー内野安打で1点を返されたものの、7回を散発5安打1失点の好投。結局、初回の5点が大きく物を言い、無傷の開幕4連勝となった。

◆H0−4E◆
ソフトバンク先発・岩崎に対し、楽天は初回、中村,山崎の連続タイムリー二塁打で2点を先制。2回以降、立ち直った岩崎の前に沈黙していたが、7回に二塁打のルイーズを嶋の犠打、鉄平の犠飛で本塁へ迎え入れ、3点目。更に、8回にはまたも山崎にタイムリー二塁打が飛び出して、貴重な1点を追加。プロ初登板初先発となったルーキー・塩見は初回の大ピンチを無失点で切り抜けてからは調子を取り戻し、6回を散発4安打無失点。7回以降はリリーフ陣がきっちきり抑えて、完封リレー。塩見にプロ初白星がついた

◆L5−3M◆
何とか連敗を止めたい西武は初回にエラーで先制すると、2回には浅村,銀仁朗に今季初アーチが飛び出し、2点を追加。4回に清田の犠飛で1点を返されるが、その裏、フェルナンデスの3号ソロで再び3点差と突き放すと、6回には代打・高山のタイムリー二塁打でダメ押しの5点目。終盤2点差まで追い上げられたものの、何とか逃げ切り、連敗は6でストップ。先発のオツは7回を1失点の好投で今季初白星。

◆Bs0−7F◆
初回に稲葉のタイムリーで先制した日本ハムは4回には不振のD.ハッセルホフが5号2ラン。5回にはトンガの走者一掃タイムリー二塁打で2点を加え、偽バファローズ先発・朴をKO。勢い付く日本ハムは7回にはD.ハッセルホフがこの日2本目となる6号ソロ。8回にも田中にタイムリーが飛び出し、7点目。投げては先発・八木が5回を無失点に抑えると、6回から榊原−宮西−谷元と繋いで゛完封リレーを達成した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:15コメント(4)トラックバック(8) 

April 29, 2011

◆YB7−6G◆
今季初登板の田中だったが、初回から先制を許すと、2回には長野に被弾。3回には不振を極めていたガッツに19打席ぶりのヒットを浴びるなど2点を失い、あえなくKO。巨人は4回にも1点を加えて、ワンサイドゲームになるかと思いきや、3回までノーヒット投球のゴンザレスが突如変調し、4,5回で3点を失い、KO。勢い付く横浜は6回にも1点を返し、なおも満塁の場面で主砲・村田が走者一掃の逆転二塁打。7回以降は細かい継投で繋いで逃げきった。巨人は5点差を守りきれずに4連敗で4月の負け越しが決定。久々に快音が出たガッツは3安打と復調の兆しを見せ、2000安打まであと3と迫った。

◆D0−7C◆
5回までに4度も得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ずにいた広島だが、6回、栗原のタイムリー二塁打でようやく均衡を破ると、更に、丸が3号3ランを叩き込み、中田賢をKO。8回には3四死球にエラーなど、中日の自滅で一気に3点を追加し、試合を決定付けた。先発のバリントンは7回まで1四球与えただけの快投を展開。8回にベンちゃんに初安打を許したものの、崩れる事なく、散発2安打で来日初完封を達成した。

◆T4−1S◆
破竹の連勝を続けるヤクルトだが、不振かつ故障上がりのホワイトセルのスタメン復帰の影響で何故か首位打者・宮本がスタメンから外されてしまう。このテコ入れが裏目に出たか、川本の今季初アーチで先制こそしたものの、6回までに放った安打はこの1本のみ。前回は7回零封の快投を演じた山本斉は4回に林の2点二塁打で逆転を許すと、5回には満塁のピンチで新井貴にタイムリーを浴び、4失点KO。結局、ソニック−藤川のリレーの前に散発3安打と抑え込まれ、連勝は9でストップした。

◆M3−2H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは内川の2号ソロで先制。山田の前に4回まで1安打と沈黙していたロッテは5回、二死満塁から荻野貴が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転に成功。土壇場9回、ソフトバンクは薮田から代打・オーティズのタイムリー二塁打で1点差と詰め寄ったものの、あと一歩及ばなかった。

◆F4−1L◆
打線低迷の西武だが、この日はヒットの片岡を三塁へ進めて、中島の犠飛であっさり先制。しかし、2回以降は立ち直った高橋由伸の好投の前に追撃の糸口が掴めず、ゼロ行進。またもや味方の援護をロクに貰えない展開となったルーキー・牧田は5回まで無失点で踏ん張っていたが、6回に糸井に走者一掃の2点二塁打を浴び、形勢逆転。日本ハムは8回にも糸井の二塁打等で2点を奪い、ダメ押し。最後は武田久が締めて、逃げきった。

4/29田中◆E3−1Bs◆
震災の影響でようやく本拠地に帰ってきた楽天は2回、一死から岩村,ルイーズ,嶋,中村の4連打で先制すると、二死後、聖沢にも2点タイムリーが飛び出し、3点目。宮城での偽バファローズ戦は入団以来無敗と言う先発の田中は6回まで1安打の快投を展開。終盤、疲れが見えたか、再三ピンチを作ったものの、1点で食い止め、今季2度目の完投勝利。チーム一丸となって臨んだ地元開幕戦を見事に快勝で飾った。

 

 

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:28コメント(0)トラックバック(2) 

April 14, 2011

4/14高崎◆YB7−1D◆
昨年、ウエスタンリーグのタイトルを総なめにし、今季のブレイクが期待される岩田だが、ハーパーに被弾し、先制点を献上。ブランコの一発で1点差として貰ったのも束の間、スレッジ,村田と連続二塁打を浴びて、5回もたずにKO。好調・スレッジは7回にもダメ押しの4号ソロ。今季から先発ローテの一角として期待される高崎は7回1失点の好投で勝利投手。横浜が実に11年ぶり今世紀初となる開幕3連戦勝ち越しで、夢の100敗へ苦しいスタートを切った。一方、中日は9年ぶりの開幕3連戦負け越し。

◆T1−3C◆
故障に泣き、丸一年棒に振った昨年のリベンジを誓う岩田だったが、いきなり初回からルパン広瀬に先制2ランを被弾。その後、6回まで1安打と立ち直ったものの、7回に岩本に痛打され、無念の降板。広島はバリントンが再三のピンチを切り抜け、8回を無失点。9回は新守護神・サファテが1点を返されたものの、何とか後続を断ち、新助っ人リレーで広島がようやく今季初白星。

◆Bs3−5H◆
ソフトバンクは2回に松中の史上48人目の3000塁打となるヒットを皮切りに本多,内川の連続タイムリー二塁打等で一気に5点を先制。昨年途中から支配下登録された育成出身の山田は早々葉と貰った大量援護をバックに7回まで1失点の好投。8回にティー岡田に被弾し、KOされたが、リリーフを仰いで、白星を飾った。偽バファローズの新助っ人・フィガロは他のイニングは無失点で凌いだだけに、2回の集中打が痛かった。

◆M−E◆
開幕3タテを狙う楽天はこの日も初回から暴投で労せずして先制するなど、主導権を握るが、無失点投球を続けていた青山が6回にフクーラに同点2ランを被弾。流れを引き寄せたロッテは7回に井口の犠飛,金のタイムリーで一気に3点を勝ち越し、3連敗を免れた。先発・ペンは8回を2失点の好投。ドラ1ルーキー・伊志嶺はプロ初打席でプロ初安打となる右中間突破の三塁打を放った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:33コメント(0)トラックバック(3) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ