チェン森野将彦

October 20, 2010

10/20森野◆D5−0G◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、戦わずして日本一の座を手に入れた中日に対し、日韓クラブチャンピオンシップなどさておき、とにかくナゴヤドームでの借りを返したい巨人だったが、試合前の練習で復調気配を見せていた坂本が腰を痛めるアクシデントでスタメン落ちを余儀なくされ、いきなり気勢を削がれてしまう。巨人の先発は前回、5回で降板しているとは言え、中3日となる東野が登場。しかし、いきなり先頭の荒木にセンター前に弾き返されると、英智に犠打を許した後、森野にレフト前へタイムリーを浴び、あっと言う間に先制点を献上。更に、ベンちゃんを歩かせると、ブランコ,藤井と連続タイムリーを浴びて、早くも4失点。いきなりの大量ビハインドとなった巨人だが、中日先発・ウッチャンの前に3回までパーフェクトと手も足も出ず。4回に脇谷,亀井の連打で無死一、二塁と初のチャンスを作るも、ガッツ,寿司職人ラミレス,阿部のクリーンアップがあえなく凡退し、二者残塁。続く5回には二死から古城,代打・矢野の連打、脇谷の死球で満塁と一発が出れば、一気に同点と言う場面を築くが、亀井はどん詰まりのキャッチャーゴロに倒れて、三者残塁。一方、2回以降ゼロ行進が続く中日はその裏、森野,ブランコのヒットで一死一、三塁のチャンスを作るも、藤井,谷繁と打ち取られ、無得点。続く6回には二死二、三塁の場面で森野が敬遠され、満塁のチャンス。しかし、ベンちゃんは目の前で敬遠策をとられた屈辱を晴らせず、ショートゴロに終わり、三者残塁とまたも追加点を奪えない。直後の7回、巨人は先頭の古城がレフト前に弾き返すも、古城が最悪のショートゴロゲッツー。続く矢野がヒットを浴びせて、ウッチャンをKO。代わった高橋から脇谷が粘って四球を選ぶも、続く亀井が三球三振を喫して、結局、無得点。その裏、巨人は4点ビハインドながら、先発要員の藤井を投入するも、ブランコ,谷繁と痛打され、一死一、三塁のピンチを背負うと、堂上直の痛烈なライナーがガッツのグラブを弾くタイムリーとなって、致命的な5点目を献上。中日は8回から浅尾を投入する必勝パターンを展開。いきなりブランコのエラーに足を引っ張られ、一死後、阿部に痛打されて、一、二塁のピンチを迎えた浅尾だが、動揺する事なくマッスル千代の富士,松本と打ち取って、ピンチ脱出。その裏、守護神失格の烙印を押されているクルーンがシーズン最終戦以来となるマウンドに登場。実質上の敗戦処理と言う屈辱的な扱いとは言え、今後の起用法に大きく関わってくる状況下、クルーンは三者凡退で切り抜け、辛うじて面目を保った。9回から登板の守護神・岩瀬は四球を1つ許すも、後続を断ち切り、完封リレーを達成。巨人はシーズン同様、ナゴヤドームで全く打線が機能せずに黒星スタートと言う最悪の立ち上がりとなった。開幕からフルイニング出場してきた坂本がこの期に及んで欠場すると言う大きなケチが付いた事もあり、阪神を撃破した勢いは微塵も感じられず仕舞い。ナゴヤドームでは一発攻勢をかませない以上、繋いでいく野球をするしかない訳だが、11残塁の大拙攻はあまりにも痛過ぎた。3回まではパーフェクトに抑え込まれていたのだから、4回からの6イニングで11個の残塁を量産している訳で、これはもう目も当てられない。結局、中日も巨人もナゴヤドームにおけるいつも通りの野球を展開したと言っていい。お互いいつも通りとなれば、極端極まりない内弁慶ぶりを見せる中日の圧倒的有利は揺らぐ事はなさそうだ。それにしても、東野の中3日での先発起用は理解に苦しむ。内海を第1,6戦に先発させ、東野は第2戦に投げさせた後、ソフトバンク・和田の様に第6戦ではリリーフ待機ではダメだったのだろうか? 日本シリーズと違い、最長第6戦までしかない今シリーズで2度使える先発は一人しかいない訳だが、それを東野に託すと言う事は第1戦を中3日、第6戦を中4日と言う過酷な使い方になる。そうまでして使うのは東野に対する絶対的信頼感と言うより、内海には任せられないと言う不信感の方が強い様にも感じられ、このネガティブな発想は士気の低下に繋がりかねないのではなかろうか。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(0)トラックバック(20) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ