ダルビッシュ,セギノール,谷繁元信,T.ウッズ,小笠原孝

October 18, 2007 21:54

◆G2−5D◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないが、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨む巨人に対して、3年前にリーグ制覇した際、ソフトバンクの出場辞退により不戦勝で日本一になる事の虚しさを痛感したにも拘わらず、そんな理不尽な想いを日本ハムにも知らしめたいのか日本シリーズ開催阻止に燃える中日は初回から二死満塁と絶好の先制チャンスを掴むも、李がファーストゴロに倒れて、三者残塁と早くも川相不在の弊害を大露呈。一方、小笠原の先発を全く想定出来ずに左打者を入れまくってしまった巨人もその裏、二死から3人の走者を出して満塁としながら、阿部が打ち上げて、こちらも三者凡退。中日は続く2回にも連打とガッツのエラーで一死満塁としながら、井端がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも川相不在の弊害を大露呈。そして、3回には一死からT.ウッズが四球で出ると、ゲッツーと思われた中村紀のショートゴロを処理したニックンが二塁へ悪送球をかます十八番のヘッポコエラー。更に、李も四球を選んで、3イニング連続で満塁のチャンス。ここで平田が空振り三振に倒れ、またも無得点か…と思われたが、谷繁がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく2点を先制。4回には二死一塁からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ2ランをぶち込んで、4点目。巨人先発・内海はこの回限りで無念の降板となった。その裏、巨人は二死から清水がヒットで出ると、先発の読み違えでベンチウォーマーに甘んじていた代打・ゴンザレスのライト前ヒットで一、三塁としたが、内海の代打・ホリンズはファーストゴロに倒れて、二者残塁。しかし、5回一死から松田記者がレフトスタンドへ放り込むと、続く6回には二死一、三塁からゴンザレスのショートゴロの間に1点を返し、2点差まで詰め寄った。流れを引き寄せたかに見えた巨人だったが、7回、3番手・平井の前に三者凡退に斬って取られると、流れは再び中日へ傾く事となる。2−4で迎えた8回、中日は二死走者なしから代打・新井弟の四球,荒木のヒットでチャンスを作ると、井端のタイムリーで貴重な5点目を追加。その裏、巨人は李のヒット,ニックンの四球で無死一、二塁と一発で同点のチャンス。しかし、阿部はレフトフライに倒れると、ここで代わった守護神・岩瀬の前に代打・矢野,ゴンザレスと打ち取られ、二者残塁。9回は岩瀬の前に三者凡退に終わり、万事休す。折角、日本ハムが日本シリーズ開催へ後押しをしてくれたと言うのに、日本シリーズ開催の可能性は微妙になってきた。

◆F6−2M◆
既に、パ・リーグの頂点は日本ハムが極めたと言うのに「勝ったチームがパ頂点」などと訳の分からないスーパーが常時表示され続けるテレ朝のイカれた演出による中継となったエキシビジョンマッチ・アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦第5戦はロッテ・成瀬,日本ハム・ダルビッシュと言う防御率1点台での1,2位投手の激突となった。各リーグの優勝チーム同士が日本一を争う舞台である日本シリーズの開催を昨年に続いて死守したい日本ハムは2回二死二、三塁のチャンスは逃したものの、続く3回、一死から劇団ひちょりが四球で歩くと、二死後、稲葉が幸運な内野安打で出塁し、一、二塁のチャンス。ここで不審に喘いでいた青波の長瀬がバックスクリーン左へ会心の3ランを叩き込み、とてつもなく大きな3点を先制。やはり、エキシビジョンマッチごときでは集中力,緊張感が保ちきれないのか、対パ・リーグ無敗を誇ったペナントレースの様な覇気が感じられない成瀬は続く4回にも先頭の工藤に死球を食らわせると、二死後、鶴岡にセンターオーバーのタイムリー二塁打を浴び、よもやの4失点KO。完全に主導権を握った日本ハムは5回には2番手・小林宏を攻め立て、4連続シングルヒットと小谷野の犠飛で2点を追加。大量リードを貰い、5回まで3安打無失点と好投していたダルビッシュは6回にフクーラの犠飛で1点を失うと、二死走者なしから降板となったが、ここで武田久ではなく、何とダルビッシュに続く防御率3位のグリンが登場。グリンは期待に応え、7,8回ときっちり抑えると、9回のマウンドにも上ったが、ここで一死一、二塁のピンチを迎え、守護神・MICHEALにバトンタッチ。MICHEALは二死後、大松のタイムリーで1点を失ったものの、最後は橋本を空振り三振に仕留めて、ゲームセット。とっくに優勝を決めている日本ハムだが、2年連続での日本シリーズ出場が19日間待たされた末にようやく決定した。あとは巨人が出場辞退せずに無事、日本シリーズが開催される事を祈るばかりだ。尚、たかだかエキシビジョンマッチごときにわざわざ用意されたMVPには2勝をマークしたダルビッシュが選ばれた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ