ダルビッシュ有

April 26, 2011

◆S7−1G◆
坂本の先頭打者アーチで先制した巨人だが、4回の守備から長野が腰の張りで途中退場となると、相川の同点タイムリーを追ったマッスル千代の富士もフェンスに激突し、左脇腹を痛めて退場。巨人が攻撃力を低下させている一方、ヤクルトは6回にユウイチが勝ち越しタイムリー。7回には田中のタイムリー等で一気に4点を奪い、東野をKO。石川は7回を3安打1失点の好投で2勝目。ヤクルトはこれで7連勝となった。

◆D3−2YB◆
3回、中日は谷繁のチーム初安打を皮切りに井端,ブランコのタイムリーで一気に3点を先制。これが実に24イニングぶりの得点だった。先発の寝損は走者を出しながらも、3つの併殺を奪うなど落ち着いた投球で7回まで無失点。8回からは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーを展開。岩瀬は代打・フェニックス一輝に2点二塁打を浴び、一打同点のピンチを背負ったものの、何とか踏み留まり、1点差で逃げきった。

◆C6−4T◆
1−1で迎えた4回、石原の二塁打で勝ち越された阪神だが、直後の5回、新井貴の今季初アーチとなる2ランで逆転に成功。しかし、能見は7回に梵の同点三塁打,ルパン広瀬の勝ち越し3ランを浴びて、KO。結局、これが決勝点となった。広島先発・前田健は7回を投げ10安打を浴びながらも、3点で食い止める我慢の投球で2勝目。能見は2009年9月18以来の黒星で、レギュラーシーズンの連勝は12でストップした。

4/26ダルビッシュ◆F3−2H◆
和田が投げると打てないソフトバンク打線はこの日も低調で3回までゼロ行進。4回にようやく小久保に先制タイムリーが出たが、その裏、和田は陽に被弾し、あっさり同点。6回には小谷野,7回には田中にもタイムリーを許し、8回を一人で投げきっての3失点。及第点の投球ではあったが、味方打線はダルビッシュの前に沈黙。8回無死満塁のチャンスも内野ゴロの間に1点を返すのが精一杯で、最後は武田久に3人で抑えられた。ダルビッシュは8回に本多が三振を奪い、史上129人目となる通算1000三振を達成

 

◆M6−0Bs◆
毎回のピンチを粘りの投球で凌いでいた木佐貫だったが、4回、金のタイムリー二塁打で先制されると、これで緊張の糸が切れてしまったのか、この回、一挙5失点の大炎上。ロッテは7回にも今江のタイムリーでダメ押し。投げては成瀬が12個もの三振を奪っての無四球で2試合連続の完封勝利。これで対偽バファローズ戦は3年越しの10連勝となった。

◆E2−0L◆
岩隈,涌井のエース対決となったが、先手を取ったのは楽天。2回二死走者なしから岩村が歩くと、ルイーズ,嶋,鉄平と3連打を浴びせて、2点を先制。涌井は3回以降、散発2安打と完璧な投球で反撃を待つが、岩隈の前に一向のチャンスを掴めない。土壇場9回、二死満塁と、ついに一打同点の場面を作ったものの、上本がファーストゴロに打ち取られ、完封負けを喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:07コメント(0)トラックバック(4) 

April 19, 2011

4/19新井良◆T3−2G◆
阪神が初回二死からチャンスを作って、プラゼルのタイムリーで先制。巨人相手に2年越しで7連勝中の能見は球団タイ記録の7者連続三振をマークするなど、5回までに10三振を奪う快投を展開するが、7回に寿司職人ラミレスが同点タイムリー。その裏、能見の代打・林の犠飛で勝ち越した阪神は8回から小林宏を投入する逃げ切り体勢を整えるが、坂本が同点タイムリーを浴びせ、延長に突入。10回、阪神は二死一、二塁から新井貴が三遊間へ内野安打。兄の作った満塁のチャンスで弟・新井良がライト前に弾き返して、劇的なサヨナラ勝ちを収めた

◆S4−2D◆
2回に大島のタイムリーで先制されたヤクルトだが、その裏、この日も4番に入った畠山が2試合連続の同点3号。3回に田中のタイムリーで勝ち越すと、5回には武内に続き、またも畠山にタイムリーが飛び出し、突き放した。7回かにはバーネット−マツ・オカ−林が1回ずつをノーヒットに抑え、石川に今季初勝利をもたらした。

◆YB3−5C◆
シーズン序盤とは言え、まさかの同率首位決戦となったこのカード。3回、開幕からノーヒットの武山の今季初安打が先制アーチとなったが、4回、広島は栗原の2点二塁打であっさり逆転すると、丸のプロ初アーチとなる3ランで一気に突き放した。横浜は吉村の2号2ランで応戦したが、及ばずに貯金消滅。広島先発・前田健は7回3失点で初勝利。トレーシー,栗原,岩本と大不振の中軸トリオが3人で7安打と爆発したのも好材料だろう。

◆H1−2E◆
岩隈の前に3回までパーフェクトのソフトバンクは4回、本多,内川,カブレラの3連打でようやく先制。走者を出しながら、粘っていた和田だったが、6回一死三塁のピンチで痛恨の暴投を犯して、追い付かれ、試合は1−1の儘、延長へ突入。今季、ピリッとしない投球が続く守護神・馬原が10回から登板するが、一死二塁から松井稼に左中間を破られ、これが決勝二塁打となった。接戦を制した楽天は首位を堅守。岩隈は9回1失点で開幕2連勝。

◆M2−0L◆
成瀬,涌井の横浜高校先輩後輩対決。エース同士にふさわしい1点を争う投手戦は両軍無得点の儘、終盤へ突入。毎回の様に走者を出しながらも粘っていた涌井だが、6回に井口のタイムリーで先制を許すと、7回にも荻野貴にタイムリーを浴びて、2失点KO。成瀬は9回に一死一、二塁のピンチも切り抜け、完封で今季初勝利。

◆Bs2−8F◆
1−1で迎えた3回、日本ハムが糸井の3号2ランで勝ち越し。4回には開幕から19打席ノーヒットと不振に喘ぐトンガがようやく初安打を放って、口火を切ると、陽,糸井のタイムリーで2点を追加。終盤にも単打を連ねて、大きく突き放した。開幕戦で自己ワースト7失点KOを食らった先発のダルビッシュは初回に失点したものの、尻上がりに調子を上げていき、8回を1失点の好投で今季初白星をあげた。偽バファローズは単独最下位に転落。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(8) 

September 28, 2010

9/28長野◆T5−7G◆
負ければV4の可能性が消滅する巨人は初回、一死から松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと立て続けにセンター前へ弾き返して、1点を先制。更に、阿部が死球を食らって満塁となると、二死後、阪神との相性を買われて再昇格した長野が期待に応える2点タイムリーを放ち、この回3点。その裏、新井のタイムリー二塁打で1点を返されるが、3回、二死満塁のチャンスで投手の内海が自らを助けるタイムリーを放ち、2点を追加。阪神先発・スタンリッジはこの回限りでKOとなった。続く4回には一死からヒットの松本が暴投で二進した所でガッツがタイムリーを浴びせて、6点目。巨人先発・内海は2,3,4回を3人ずつで打ち取った上、6三振を奪うなど、尻上がりに調子を上げてきたかに思われたが、6回、先頭のマット・マートンにセ・リーグ新のシーズン205安打となるヒットを許すと、平野のタイムリー三塁打,鳥谷の18号2ランで3点を奪われ、あえなくKO。阪神の押せ押せムードを食い止めたい巨人は直後の7回、一死から阿部が43号ソロを叩き込み、1点を追加。粘る阪神はその裏、8月14日以来のスタメンに起用された桜井が9号ソロをぶち込んで再び2点差と詰め寄った。土壇場9回、巨人は定石通り守護神・クルーンを投入。いきなり先頭のブラゼルを振り逃げで生かすと、代走・坂に二盗を許して、無死二塁のピンチを背負ったが、J.マッケンジー,桜井,代打・林と打ち取って、辛くも逃げ切りに成功。巨人と入れ替わりで3位転落となった阪神のマジックは点灯したままだが、優勝には残り8試合を全勝するしかなくなった。内海は5回0/3で4失点降板と不本意な内容ながら、リリーフを仰いで11勝目を挙げた

◆YB0−4S◆
横浜先発・田中が4回まで四球1つ出しただけのノーヒットピッチングを展開。5回に2安打を浴びて、ピンチを背負うも、宮本をゲッツーに仕留めて0点で切り抜ける。6回も簡単に二死を取ったが、ここで青木にライトスタンドへ14号ソロを叩き込まれて、先制点を献上。7回には畠山,デントナの連打で二、三塁とされると、相川に犠飛を許して、2点目を失い、この回限りで無念の降板となった。ヤクルトは続く8回にも一死満塁のチャンスを掴むと、相川が押し出し四球を選んだ後、飯原のセカンドゴロの間にも1点を加えて、4点目。ヤクルト先発・石川は散発3安打無四球と横浜打線に付け入る隙を許さず、2年ぶりの完封で13勝目をマークした。敗れた横浜は史上初の3年連続90敗。

◆Bs0−4F◆
日本ハムは今オフ、亡命を望んでいるダルビッシュをポスティングシステムで売り飛ばす意向を示した。来季のAクラス確保へ早くも暗雲が懸かる事となった日本ハムだが、既に、今季のBクラスが確定して、モチベーションが低下している偽バファローズ相手に2回、陽,トンガの連続タイムリー二塁打で2点を先制。5回にはヒットの大野を飯山が送ると、二死後、劇団ひちょりがライト前へタイムリー。続く6回には二死から陽がヒットで出ると、トンガがタイムリー二塁打を放ち、4点目。0−4で迎えた8回、日本ハムは余裕ぶっこいて、亡命内定のダルビッシュを惜別(?)のマウンドへ投入。亡命を悲しむファンから悲鳴が上がる中、ダルビッシュは今季限りで引退を表明している代打・塩崎に痛打されるも、後続を無難に断ち切ると、9回は宮西−武田久と繋いで、完封リレーを達成。Aクラス残留はロッテの結果待ちと言う形で今季最終戦を終えた。先発の武田勝は6回0/3を無四球無失点の好投で14勝目。偽バファローズはこれで今季の5位が確定した。

◆M7−2E◆
楽天は初回、二死満塁と絶好の先制チャンスで牧田が三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱したロッテはその裏、一死から清田が内野安打で出ると、二死後、4番に入ったサブローがレフトスタンドへ19号2ランを叩き込み、2点を先制。続く2回には連続四死球と犠打で一死二、三塁とした所で西岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。4点を追う楽天は4回、連続四球で一、二塁とすると、一死後、嶋がライト前へタイムリー。二死後、枡田にもタイムリーが飛び出し、2点目。更に、聖沢が歩いて、満塁とチャンスを広げたが、渡辺がセカンドゴロに終わり、またも三者残塁。3回以降攻めあぐねていたロッテだが、7回、ヒットの西岡を清田が送ると、井口がタイムリー二塁打。二死後、今江に9号2ランが飛び出し、3点を追加し、試合を決定付けた。先発のマーフィーは8四球を出す乱調ぶりで勝利投手の権利まであと一人と迫りながら、降板となったが、2番手・内が2回1/3をパーフェクトに抑える好リリーフを見せ、今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(1)トラックバック(8) 

September 11, 2010

◆G11−6C◆
初回からガッツの犠飛と寿司職人ラミレスの43号2ランで3点を先制して貰った巨人先発・東野だが、直後の2回、一死満塁のピンチで暴投を犯して、1点を返されると、二死後、梵に2点タイムリーを浴びて、同点。続く3回には一死二、三塁のピンチでルパン広瀬に犠飛を打ち上げられ、勝ち越し点を献上。続く石井タクローを歩かせた所であえなくKOとなる体たらく。このピンチは2番手・MICHEALが切り抜けると、巨人は4回、一死三塁から江戸川が同点犠飛。続く5回には二死二、三塁から寿司職人ラミレスがセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。しかし、粘る広島は7回、二死二、三塁から石原がライト線を破る同点タイムリー二塁打。更に、代打で登場した求道者・前田がライト前へ弾き返すが、あまりにも痛烈な当たりで石原は三塁止まり。続く梵の打球はファースト左を襲うライナーとなったが、ガッツのダイビングキャッチに阻まれて、勝ち越しならず。すると、その裏、巨人は四球と野選で一、二塁とすると、一死後、ガッツが歩いて満塁となった所で寿司職人ラミレスがライト前へ勝ち越しタイムリー。なおも満塁の場面で阿部が捕手としては史上3人目の40号となるグランドスラムをぶち込み、試合を決定付けた。8回からは越智が残り2回をノーヒットに抑え、逃げ切り。一時は同点タイムリーを許した4番手・久保に8勝目が転がり込んだ

◆D7−2YB◆
2回、中日はブランコ,堂上直のヒットで一死一、三塁とすると、小田がセカンドへ先制のタイムリー内野安打。山本昌の犠打で二、三塁となった所で荒木にもタイムリーが飛び出し、この回2点。続く3回には一死からベンちゃんが歩いた所でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ27号2ラン。5点を追う横浜は6回、村田,スレッジと連打を浴びせると、一死後、下園がライト前へタイムリー。なおも一、三塁の場面で武山が犠飛を打ち上げると、代打・金城が二塁打を放って、中日先発・山本昌をKO。しかし、代わった鈴木の前に内川がショートゴロに倒れて、2点止まり。続く7回にも一死一、二塁のチャンスを作りながら、スレッジ,カスティーヨが倒れて、二者残塁。すると、その裏、中日は二死から四球のベンちゃんを一塁に置いて、でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目となる28号2ランをぶち込んで、ダメ押し。8回からは平井−小林正と繋いで、逃げきった。山本昌は5回2/3を2失点で無傷の5連勝

◆T2−3S◆
館山,メッセンジャーの両先発がいずれも4回まで1安打無失点と互いに譲らぬ好投を展開。0−0で迎えた5回、阪神はキュラソ星人,J.マッケンジーと連打を浴びせると、藤川俊が送って、二、三塁。二死後、マット・マートンはサードゴロに倒れるも、宮本のタイムリーエラーでタナボタの2点を先制。真弓監督は勝利を焦ったか、8回から無失点投球を見せていたメッセンジャーを下げ、早くも守護神・藤川球を投入するが、これが裏目。藤川球はいきなり代打・福地に死球を食らわせ、青木にも痛打されると、田中に犠打を許して、二、三塁のピンチ。ここで飯原のセカンドゴロの間に1点を返されると、続くホワイトセルにはレフトスタンドへ14号2ランを被弾。藤川球が逆転アーチを浴びるのはプロ初の屈辱だった。その裏、阪神はマット・マートンのヒット,鬼崎のエラーで一死一、三塁と絶好のチャンスを掴みながら、新井,ブラゼルの4,5番が倒れて、同点ならず。9回は守護神・林の前に3人で打ち取られ、万事休す。館山は7回を自責点0で切り抜け、9勝目を飾った

◆H1−4F◆
デーゲームで西武がロッテを下し、この試合に敗れれば、マジック点灯を許してしまう事になるソフトバンクは、日本ハム相手に3戦連続完封中と絶対の自信を持つエース・杉内を立てての必勝体勢で臨んだが、3回、先頭の陽に初安打を浴びると、鶴岡に犠打を許した後、飯山には内野安打を浴びて、一、三塁のピンチ。ここで田中にセンターへの犠飛を打ち上げられて、先制点を献上。続く4回には一死から小谷野にライトスタンドへ16号ソロを被弾。6回には内野安打と連続四球で一死満塁のピンチを背負うと、トンガにレフト前へタイムリーを浴びて、2失点。8回まで散発5安打と沈黙していたソフトバンク打線は9回、2四死球で作った一死一、二塁のチャンスにペタジーニがタイムリーを放ち、ようやく1点。なおも一発が出れば一気に同点という場面だったが、長谷川,松田と打ち取られ、ゲームセット。これでソフトバンクの自力優勝は消滅。日本ハム先発・ダルビッシュは1失点完投で11勝目を飾った

9/11高山◆L4−2M◆
何とか西武のマジック点灯を阻止したいロッテは初回、西武先発・涌井の立ち上がりを捉え、いきなり先頭の西岡が左中間フェンス直撃の三塁打を浴びせると、一死後、井口がレフト線へ先制のタイムリー二塁打。しかし、その裏、西武は一死から栗山が二塁打で出ると、連続四死球で満塁のチャンス。中村は三振に倒れたものの、続く高山がレフトオーバーの2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。3回には中島,フェルナンデスと連打を浴びせると、一死後、またも高山がセンター前へタイムリーを放ち、3点目。中盤はまずい攻めが続いたが、8回、一死二、三塁から片岡の内野ゴロの間に貴重な1点を追加。9回から登板の守護神・シコースキーは今江の犠飛で1点を返されたものの、後続を断ち切った。ソフトバンクが敗れた為、西武に優勝マジック8が点灯涌井は7回を投げて、1失点に抑え、8月13日以来となる14勝目をマークした

◆E5−1Bs◆
偽バファローズは初回からいきなりゲッツーを食らうと、2,3,4回と立て続けにヒットを浴びせながら、一向に得点に繋がらない。移籍初白星を狙う先発・長谷川は3回まで1安打の好投を見せていたが、4回、連続四球で一、二塁のピンチを作ると、嶋に走者一掃の先制タイムリー二塁打を浴び、2点を献上。この回限りで降板となり、初白星はまたもお預け。楽天は続く5回にも一死二、三塁から暴投で1点を加えると、内村がライト前へタイムリー。更に、二死後、山崎がセンターフェンス直撃のタイムリー三塁打を放ち、この回3点。5点を追う偽バファローズは7回、カブレラ,北川の連打で一、二塁とするも、バルディリス,カラバイヨが連続三振を喫すると、日高も打ち上げ、二人の走者は釘付け。結局、9回に2番手・小山から北川の12号ソロで1点を返すのがやっとだった。楽天先発の岩隈は8回を5安打無失点の好投で3年連続の10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(16) 

July 10, 2010

◆D7−1G◆
9戦連続2桁被安打を許すなど、先発陣の不振が続く巨人だが、この日の先発・藤井も不調。初回は三者凡退に抑えたものの、続く2回、一死満塁のピンチを作った所で堂上直に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びると、二死後、荒木にもタイムリーを許し、4失点。4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁に4号ソロを叩き込まれると、5回にも谷繁にタイムリー二塁打を浴びて、6失点KO。中日は8回にも荒木にタイムリー二塁打で飛び出して、ダメ押し。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は6回1/3を投げ、江戸川の6号ソロアーチによる1点のみに抑え、3勝目。

◆S5−2C◆
ヤクルトは初回、二死から飯原の四球,戦線復帰したホワイトセルのヒットで一、二塁とすると、畠山がレフト前へ先制タイムリー。3回にはまたも二死からホワイトセルのヒット,畠山のタイムリー二塁打で1点を追加。広島は4回、梵の二塁打,赤松のタイムリーで1点差と詰め寄るが、その裏、ヤクルトは内野安打の鬼崎を二塁へ進めた所で青木がレフトスタンドへ7号2ランを叩き込み、点差を拡大。3点を追う広島は7回、ヒューバー,迎の連打で無死一、二塁とするも、小窪が最悪のショートゴロゲッツー。この後、石原が猛打賞となるタイムリーを浴びせるが、続く代打・山本芳が倒れて、1点止まり。突き放したいヤクルトは8回、先頭の畠山がレフトスタンドへ3号ソロを叩き込み、貴重な1点を追加。9回は守護神・林が3人で退けた。先発・石川は7回を2失点で3勝目

◆T3−4YB◆
2回、阪神は一死から林が二塁打で出ると、続く浅井が2号先制2ラン。2点を追う横浜は4回、ヒットの村田を二塁へ進めた所でハーパーがライト前へタイムリーヒット。6回には村田が13号ソソロを叩き込んで、同点。続く7回には二塁打の武山が藤田のセカンドゴロの間に三進すると、平野のタイムリーエラーの間に勝ち越しのホームイン。更に、9回には二塁打のハーパーを三塁へ送った所で藤田がライト前へ弾き返し、貴重な4点目を追加。その裏、阪神は四球と連打で一死満塁と攻め立て、守護神・山口を引きずり出すと浅井の犠飛で1点差。なおも一打同点のチャンスだったが、悠久の若虎・桧山が打ち上げて、万事休す。横浜先発・清水はあと二人と迫りながら完投を逃したものの、8勝目をマークした

7/10オーティズ◆H1−0M◆
成瀬,和田の両先発左腕が互いに一歩も譲らぬ好投を展開し、0−0の儘、土壇場9回へ突入。ロッテは先頭の金がヒットで出ると、大松の犠打で二進。二死後、竹原が歩いて、一、二塁とするも、的場がライトフライに倒れて、二者残塁。その裏、ソフトバンクは二死走者なしから松田の四球,川崎のヒットで一、二塁と一打サヨナラの場面を作るが、オーティズはピッチャーゴロと凡退。両軍共に継投モードに入る形で延長戦に突入した。10回にも二死一、二塁のチャンスを逃したソフトバンクだったが、11回、この回から登板の3番手・薮田に対し、本多のヒット、川崎の四球で一死一、二塁とした所でオーティズがレフト前へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。ソフトバンク3番手のファルケンボーグは1回を3人で抑え、3勝目がついた。


◆L1−7E◆
初回に渡辺のタイムリーエラーで先制を許した楽天だが、直後の2回、ルイーズ,中村紀,山崎の3連打であっさり同点。1−1の儘、迎えた6回、楽天は二死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴むが、中村紀が三振に倒れて、三者残塁。一方、2回以降ノーヒットと沈黙していた西武は7回、先頭の高山がヒットで出るも、ブラウンがファーストゴロゲッツーに倒れて、結局、3人で攻撃終了。直後の8回、楽天は渡辺のヒット,草野の死球で二死一、二塁とした所でルイーズが5号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。西武先発・涌井はこの回限りでKO。楽天は続く9回にも聖沢,高須,牧田の3連続タイムリーが飛び出し、試合を決定付けた。先発の岩隈は7回を自責点0の好投で6勝目をあげた

◆F5−2Bs◆
2回、日本ハムは糸井の四球,陽の内野安打で二死一、二塁とすると、重盗が決まった所で、鶴岡,金子誠の連続タイムリーを浴びせて、3点を先制。続く3回には内野ゴロの間に1点を追加すると、6回には金子誠,劇団ひちょりのヒットで一死一、三塁とした所で稲葉がライトへ犠飛を打ち上げて、5点目。偽バファローズ先発・小松はこの回限りで降板となった。日本ハム先発・ダルビッシュは9回に後藤に7号2ランを被弾し、完封こそ逃したものの、完投で9勝目を飾った。日本ハムは7カード連続の勝ち越し。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(15) 

July 03, 2010

◆G2−8T◆
0−0で迎えた3回、巨人は先頭の江戸川が4号先制アーチ。更に、藤井の二塁打,ガッツの四球で二死一、三塁とチャンスを広げるが、寿司職人ラミレスがサードゴロに終わり、1点止まり。直後の4回、阪神は先頭の新井がヒットで出ると、ブラゼルがライトスタンドへ2試合連続の28号逆転2ラン。更に、一死後、浅井の二塁打,桜井の死球で一、二塁とすると、二死後、鳥谷も2戦連発となる9号3ランをぶち込んで、この回大量5点のビッグイニングを形成。これで流れを一気に引き寄せた阪神は6回には投手の鶴がタイムリー内野安打。8回にはJ.マッケンジーが14号ソロ,9回にもJ.マッケンジーがタイムリー二塁打と着々と加点し、巨人を突き放した。先発・鶴は6回途中でKOとなったものの、打線の援護にも恵まれ、2勝目をマークした。巨人はこれで3連敗。

◆S4−2D◆
地元秋田での凱旋登板となったヤクルト先発・石川は1,2回と三者凡退に斬って取る上々の滑り出し。更に、その裏、二死一、三塁の場面で打席に入った石川は自らセンター前へタイムリーを放ち、1点を先制。一方、ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は立ち上がりからピリッとせず、先制点を許した直後の3回にも四球を連発して、満塁のピンチ。ここは何とか切り抜けたものの、続く4回にも一死一塁から2四球で二死満塁とピンチを広げた挙げ句、ガイエルに押し出し四球を許して、2点目を献上。追いかける中日は6回、堂上直,代打・松井佑と連打を浴びせると、荒木が送って二、三塁。二死後、暴投で1点を返すと、森野がタイムリーを放って、ついに同点。7回には一死一、二塁,8回にも一死二塁のチャンスを掴みながら、勝ち越せなかった中日はその裏、4番手・浅尾が二死一、二塁からホワイトセルに走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、中日の反撃を断ちきった。3番手のマツ・オカは1回を無失点に抑えて、2勝目

◆C−YB◆
降雨中止。

◆H3−1Bs◆
初回、ソフトバンクは先頭の川崎がヒットで出るも、本多のバントが小フライとなって、最悪のゲッツー。この後、オーティズが二塁打を放つと言うチグハグな展開で結局、無得点。すると、直後の2回、偽バファローズはカブレラ,ティー岡田の連打で二、三塁とした所で北川がレフトへ先制犠飛。1点を追うソフトバンクは3回、先頭の田上がレフトスタンドへ3号ソロを放ち、同点。1−1の儘、迎えた7回、ソフトバンクは一死から松田の四球,長谷川のヒットで一、三塁とすると、田上のショートゴロの間に松田が勝ち越しのホームイン。続く8回には一死からオーティズが19号ソロわ叩き込み、ダメ押し。9回は守護神・馬原が締め括った。先発の和田は7回1失点でハーラー単独トップの11勝目を飾った

7/3ダルビッシュ◆E1−2F◆
日本ハムは初回、ヒットの田中が犠打と内野ゴロで三塁へ進むと、小谷野が歩いて、一、三塁となった所で糸井,ミスタースナイパー・坪井と連続タイムリーが飛び出し、2点を先制。日本ハム先発・ダルビッシュは立ち上がり、制球に苦しみながらも、無失点で凌いでいたが、4回、一死からルイーズに痛打されると、二死二塁となった所でリンデンにタイムリーを許し、1点差。一方、楽天先発・永井は2回以降は付け入る隙を許さぬ好投で追加点を与えない。1−2の儘、迎えた土壇場9回、楽天は二死から山崎が二塁打を放ち、一打同点のチャンスで、この日タイムリーを放っているリンデンに期待が懸かったが、三振に倒れて、万事休す。ダルビッシュは10三振を奪っての1失点完投で8勝目をマークした

 

◆M2−7L◆
開幕からの連勝が止まり、勢いも止まってしまったロッテ先発・マーフィーに対し、西武は2回、高山の四球,平尾のヒットで一死一、三塁とすると、佐藤がライトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。続く3回にも一死一、三塁とすると、今季初の4番に入った中島がセンターへ犠飛を放ち、2点目。5回には二死走者なしから中島がレフトスタンドへ12号ソロをぶち込むと、高山の二塁打の後、ブラウン,平尾と連続アーチを叩き込み、マーフィーはこの回限りでKO。ロッテは3回を除いて、毎回ヒットを浴びせながら、3併殺10残塁の大拙攻で2点しか奪えなかった。西武の連敗は4でストップ。先発・帆足は7回1/3を2失点で切り抜け、8勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:42コメント(0)トラックバック(10) 

June 19, 2010

◆G4−7D◆
巨人先発・ゴンザレスは立ち上がりから制球が定まらず、無死二塁から連続四死球で満塁のピンチ。ここからベンちゃん,ブランコと連続三振に斬ってとるも、野本に痛恨の押し出し四球を許し、先制点を献上。更に、続く堂上直にもタイムリーを浴びて、この回2失点。その裏、巨人は一死から脇谷の三塁打,ガッツのタイムリーですかさず1点を返すと、4回には阿部の19号ソロで同点。更に、6回には寿司職人ラミレスに19号ソロが飛び出して、勝ち越しに成功。この後、二死満塁とチャンスを広げたが、坂本がセンターへ打ち上げ、1点止まり。直後の7回、中日は森野のタイムリーで追い付くと、8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号ソロを放り込み、再び勝ち越し。一方、巨人もその裏、負けじと阿部がこの日2本目両リーグ1番乗りとなる20号ソロを放ち、試合は振り出しに。二死後、連打で一、三塁と勝ち越しのチャンスを作るも、またも坂本がブレーキとなって、勝ち越しならず。土壇場9回、同点ながらマウンドに上がったクルーンは簡単に二死を取ったものの、ここから森野に二塁打,ベンちゃんに四球を許した所でブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続16号3ランをぶち込まれ、一気に3点のリードを許す体たらく。その裏、中日は守護神・岩瀬を投入し、逃げ切り。一時は同点アーチを浴びた浅尾に6勝目がついた

6/19前田健◆C5−1S◆
初回、広島は先頭の東出が二塁打を浴びせると、梵のセカンドゴロで三進。ここで嶋がライトへ犠飛を打ち上げ、東出が先制のホームイン。ヤクルトは3回、二死走者なしから、青木,田中の連打にガイエルの死球で満塁と一打逆転のチャンス。しかし、ここでデントナが三振に倒れて、三者残塁。一方、2回以降、ゼロ行進が続いていた広島は6回、一死から嶋の4号ソロ,ヒューバーの4号ソロと連続アーチを叩き込むと、更に、ルパン広瀬がヒットで繋いだ所で赤松にも今季初アーチが飛び出して、この回一挙4点。ヤクルトは8回に代打・畠山の今季初アーチで完封を免れるのが精一杯。広島先発・前田健は7回を無失点に抑えて、ハーラー単独トップに躍り出る9勝目を飾った。広島は今季初の4連勝。


 

◆YB3−7T◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた4回、阪神は二死一、二塁から投手のソニックがライト前へ弾き返すと、これを下園がお手玉する間に二塁走者・J.マッケンジーが勝ち越しのホームイン。更に、鳥谷のタイムリー内野安打,平野の2点タイムリー二塁打でこの回4点を獲得。続く5回には新井,ブラゼルと連続アーチを叩き込み、横浜先発・大家をKO。横浜は2,4回とゲッツーを食らい、3回二死三塁,5回二死満塁のチャンスを潰すなど、拙攻三昧。6回に橋本のタイムリーで2点を返したものの、7回以降は渡辺−西村−上園と繋ぐリレーの前に反撃を断たれた。阪神先発・ソニックは6回を3失点で6勝目をマーク

◆L5−1H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは2四球とペタジーニのヒットで二死満塁とすると、森本がライト前へ先制のタイムリー。1点を追う西武は5回、二死から佐藤の内野安打,阿部の四球で一、二塁とすると、細川がレフトスタンドへ2試合連続の5号3ランをぶち込んで、一気に逆転。6回には一死一、三塁からG.G.佐藤が犠飛を打ち上げると、7回にはヒットの佐藤を阿部が送った所でソフトバンク先発・和田をKO。代わった甲藤に対し、またも細川がタイムリーを放って、ダメ押し。8回からは長田−シコースキーと繋いで、逃げ切った。先発の帆足は6回2/3を1失点で切り抜け、7勝目をあげた

◆Bs1−3F◆
交流戦初制覇の勢いで首位戦線に迫りたい偽バファローズは難敵・ダルビッシュ相手に3回、ハイツ田口のタイムリーで1点を先制。しかし、直後の4回、日本ハムは劇団ひちょり,稲葉,小谷野の3連打で無死満塁とすると、一死後、怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しい儘にするあの男によもやのタイムリー二塁打が飛び出して、二者生還で逆転に成功。1点リードの儘、迎えた8回には二死走者なしから稲葉が三塁打を浴びせると、続く小谷野がレフト前へ弾き返して、貴重な3点目を追加。4回以降、一人の走者も出せずにいた偽バファローズはその裏、一死から3連打で満塁と一打同点のチャンス。しかし、ハイツ田口,後藤と打ち取られ、三者残塁。9回にはこの回から代わった抑えの武田久に対し、3本のヒットで一死満塁。しかし、ここで日高のライナーはセカンドの守備範囲。飛び出した二塁走者・森山は戻れずにゲッツーとなり、ゲームセットとなった。ダルビッシュは8回を1失点で6勝目

◆M0−3E◆
ロッテ先発・成瀬は4回まで7三振を奪ってのノーヒットピッチング。しかし、5回、一死から伏兵・高須にチーム初安打となる3号ソロを被弾し、先制点を献上。更に、二死後、渡辺,聖沢,嶋と3連打を許して、この回2失点。7回には二死一、三塁から嶋にタイムリーを浴びて、無念のKO。ロッテは6回以降、一人の走者も出せず、完封負け。楽天先発・岩隈は7回を無失点の好投で5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:33コメント(0)トラックバック(16) 

May 01, 2010

◆T9−4G◆
出戻り初勝利を目指すスタンリッジが初回に併殺崩れの間に先制を許すが、阪神は2回、一死一、二塁から桜井,葛城イクローの連続タイムリーで逆転に成功。1点を追う巨人は直後の3回、一死満塁と一打逆転のチャンスを作るが、寿司職人ラミレス,阿部と倒れて、三者残塁。すると、その裏、阪神はヒットの平野が二盗を決めた所で鳥谷がセンター前へタイムリー。更に、二死後、ブラゼルがレフトスタンドへ9号2ランをぶち込んで、巨人先発・オビスポをKO。4回に長野のタイムリー二塁打で1点を返されるが、その裏、マット・マートンが5号2ランを叩き込み、更に突き放した。巨人は6回、4連打で2点を返し、スタンリッジをKO。ここで阪神は2番手に西村を投入。代わりばな、代打・矢野を歩かせ、無死満塁とピンチを広げた西村だったが、ここから坂本をセカンドフライに打ち取ると、脇谷,ガッツと連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。西村の力投で傾きかけた流れを引き戻した阪神はその裏、内野ゴロの間に1点をあげると、続く7回にはブラゼルがタイムリーを放ち、試合を決定付けた。阪神はこれで3連勝となり、首位巨人に1差と肉迫。スタンリッジは6回途中で降板となったが、出戻り初勝利を掴んだ

◆C6−12D◆
中日は初回、荒木の二塁打,井端の死球でいきなり無死一、二塁とすると、森野がレフト前に弾き返すも、先制のホームを狙った荒木が憤死。なおも続くチャンスにブランコ,ベンちゃんと連続三振で二者残塁。続く2回には二死から小山,バルデスと連打を浴びせるも、荒木が打ち上げて、またも二者残塁の体たらく。自らのヒットも報われず落胆したバルデスに対し、広島はその裏、二死一、三塁から投手の梅津が先制タイムリー。更に、東出,梵と連続タイムリーを浴びせて、この回4点。しかし、直後の3回、中日は二死二塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが8号2ラン。4回にはエラーで貰ったチャンスに岩崎達,森野の連続タイムリーで逆転し、小松をKO。更に、ブランコがヒットで続いた後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の9号3ランをぶち込んで、一挙6点を獲得。これで完全に主導権を握った中日は終盤にも加点し、計18安打12得点で快勝。先発・バルデスは5回もたずにKOとなったが、バルデスの作ったピンチを凌いだ2番手の鈴木に3年ぶりの白星がついた。敗れた広島はこれで最下位転落。

◆S5−3YB◆
加賀,中沢のルーキー対決となったこの試合。連敗地獄で最下位転落となったヤクルトはこの日も初回から村田のタイムリーで先制される苦しい立ち上がり。しかし、その裏、上田のヒット,青木の死球で二死二、三塁とすると、飯原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。3回には二死一、二塁から藤本,相川と連続タイムリー二塁打を浴びせて、一気に3点を追加。毎回の様にヒットを浴びせながら、あと一本が出ずにいた横浜だが、7回、一死から代打・下園がヒットで出ると、井手が移籍初打点となるタイムリー二塁打。なおもチャンスは続いたが、石川,内川と倒れて、1点止まり。5−2の儘、迎えた土壇場9回、10日ぶりの登板となる守護神・林は久々のマウンドに制球が定まらず、2四死球と内川のヒットで一死満塁のピンチ。続く村田は三振に斬って取るも、続くスレッジを歩かせて、押し出し。これでワンヒットで同点と言う場面になったが、最後はカスティーヨを三振に仕留めて、連敗は5でストップ。中沢は7回2失点で開幕3連勝となった

5/1オーティズ◆H7−4M◆
ロッテは3回に里崎の3号ソロ、4回に金の4号ソロと一発攻勢で2点のリード。追いかけるソフトバンクは5回、先頭のハマのスペランカーの5号ソロで1点を返すと、松田の二塁打,森本の四球で一死一、三塁とした所で川崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。6回、金の2打席連続5号ソロで追い付かれるも、その裏、オーティズ,小久保の連続アーチで再び勝ち越し、成瀬をKO。ロッテは7回、西岡の犠飛で1点差に詰め寄る粘りを見せるが、ソフトバンクはその裏、川崎が2打席連続のタイムリー,8回にも古谷の暴投で1点を追加し、突き放した。9回は守護神・馬原が3人でピシャリと締めて、5連勝で単独首位に浮上。先発の小椋は6回まで3被弾もいずれもソロで食い止め、2勝目をマークした

◆F5−0L◆
西武先発・ミャオに対し、2回、日本ハムは先頭の小谷野がヒットで出ると、二死二塁となった所で陽がセンター前にタイムリーを放ち、1点を先制。5回には陽,飯山のヒットで一、三塁とすると、田中がタイムリーを浴びせて、2点目。続く6回、ヒットの糸井を小谷野が送り、ミャオをKO。変わった星野に対し、稲葉がタイムリーを浴びせると、更に、3番手・長田からヒットと四球で満塁とチャンスを広げた所で鶴岡がライトへ犠飛を打ち上げ、4点目。7回にも二死三塁から小谷野がタイムリーを放ち、ダメ押し。先発のダルビッシュは4四球を許し、三振も僅かに4個といつものキレはなかったが、巧さで西武打線を翻弄し、今季初完封で4勝目

◆E2−1Bs◆
楽天は初回、四球の聖沢が二盗を決めると、二死後、山崎のタイムリーで先制のホームイン。1点を追う偽バファローズは4回、二死から北川がチーム初安打を浴びせると、続く後藤がタイムリー二塁打を浴びせて、ようやく同点。6回に三者三振の快投を見せるなど、3回以降ノーヒットと尻上がりに調子を上げてきたかに思われた偽バファローズ先発・木佐貫だが、7回、先頭の嶋に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で聖沢にタイムリー内野安打を許し、勝ち越し点を献上。9回からマウンドに上がった川岸は制球に苦しみ、二死満塁と一打逆転のピンチを背負ったが、最後は代打・塩崎をファーストファールフライに仕留めて、辛くも逃げ切り。先発の岩隈は8回を4安打1失点の好投で4勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:54コメント(0)トラックバック(32) 

April 10, 2010

4/10山口◆G11−3D◆
昨年、何度となく苦しめられた難敵・ウッチャン相手に初回から阿部がタイムリーを放ち、先制点を貰った山口だが、直後の2回、制球を乱して、無死満塁のピンチを背負った末、小山に同点犠飛を許してしまう。この後、連続三振でピンチを切り抜けたが、4回、ブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに4号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。しかし、その裏、巨人は長野の三塁打の後、マッスル千代の富士が犠飛を打ち上げ、あっと言う間に同点。続く5回には一死一塁からここまで2安打のガッツがバックスクリーン左へ5号2ランをぶち込んで、再び勝ち越し。2点を追う中日は8回、荒木,小池の連打で無死一、三塁として、クリーンアップに繋いだものの、森野のゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。ここで代わった越智からブランコが二塁打を放ったが、続くベンちゃんは空振り三振を喫して、同点ならず。その裏、巨人は二死からマッスル千代の富士がヒットで出塁。ここで代わった4番手・鈴木はネクストバッターズサークルに李が控えていたものの、越智に代打は送らないと睨んだか、江戸川を敬遠気味に歩かせるも、これが悪夢の始まり。越智に浅く守っていたセンターの頭上を越えるプロ初安打となるタイムリー二塁打を浴びて、2点を失うと、これでがっくり来たか、この後、満塁とピンチを広げた挙げ句、ガッツに押し出し四球。更に、この日外野にすら打球を飛ばせずにいた寿司職人ラミレスに5号グランドスラムを被弾し、この回、大量7失点で試合を決定付けられた。寿司職人ラミレスはこの一発で史上37人目となる1000打点を達成。プロ入り最長最多となる7回2/3まで102球を投げた山口は2度目の挑戦にして先発初勝利を手にした。だが、クルーンの離脱により、山口は試合前からこの日を最後に中継ぎに戻されてしまう事に決定していた事が発覚。この日の結果次第とか言うならともかく、結果を見る前からこの方針が決まってしまうのは何とも不可解だ。クルーンの代わりは越智なり小林なりで回せるだろうし(小林は少々不安だが)、中継ぎは久保は好調、豊田,金刃もそこそこには結果を出している訳だが、ゴンザレスが不調,西村健が離脱している中、山口を先発から外してしまうのは果たして、得策なのか? 明らかに先発の頭数が足りなくなると思うのだが、久保辺りを先発に回すのかね?

◆T5−1S◆
初回から二死満塁と絶好の先制チャンスを掴みながら、宮本が打ち上げて無得点に終わった事に落胆したのか、その裏、ヤクルト先発・由規が大炎上。一死一、三塁からキュラソ星人に先制タイムリーを浴びると、新井を歩かせた後、J.マッケンジーに3号グランドスラムを叩き込まれて、大量5失点。由規は以降、6回までノーヒットと素晴らしい立ち直りを見せたものの、初回の乱調があまりにも大きく響き、今季初黒星。阪神先発・上園は6回まで無失点の好投。7回に四球を連発して、降板となったが、リリーフ陣の援護を仰いで、2年ぶりの白星をマークした。

◆YB3−7C◆
横浜は初回から内川,スレッジのタイムリー,カスティーヨの犠飛であっと言う間に3点を先制。プロ初勝利へ幸先のいい援護を貰ったルーキー・加賀は1,2回と3人ずつで仕留めるが、3回、いきなり連打を浴びると、一死後、東出,梵と連続タイムリーを許し、1点差。更に、二死満塁となった所でフィオに2点タイムリーを浴びて、形勢逆転。リードを奪った広島は8回、2四球で一死一、二塁とした所で栗原のタイムリーとカスティーヨのエラーで3点を追加し、ダメ押し。最後は梅津−シュルツと繋いで逃げ切った。先発・小松は5回1/3を3失点で今季初勝利。3回の集中打に泣いた加賀はプロ初黒星となった。

◆H1−12F◆
ダルビッシュ,藤岡の両先発が上々の滑り出しを見せ、序盤は両軍共にゼロ行進。均衡が破れたのは4回。日本ハムは一死からヒットの田中が二盗を決めると、続く高橋が先制タイムリー。更に、糸井が今季初アーチを叩き込み、この回3点。5回一死まで一人の走者も出せずにいたソフトバンクはハマのスペランカーの2号ソロでようやく1点。1−3で迎えた7回、日本ハムは糸井,小谷野,ミスタースナイパー・坪井の3連打で1点。この後、エラーでチャンスを広げた所で飯山の犠飛,代打・陽の押し出し死球で2点を加えると、更に、4連打を浴びせて、一挙9点のビッグイニングを形成。ダルビッシュは完投ペースながら、大量点差がついた事で8回1失点で降板したが、自身2度目となる4試合連続2桁奪三振をマークしての2勝目を飾った。

◆E6−1Bs◆
開幕から白星のないエース・岩隈を何とか援護したい楽天は初回から山崎のタイムリー二塁打で1点を先制。2回には草野が今季初アーチを叩き込むと、4回には宮出のタイムリー二塁打等で2点、5回には中村紀がタイムリー,6回には3四球等で1点と小刻みに加点。序盤から主導権を握って貰い、楽な状況での投球となった岩隈は7回を1失点と抑え、ようやく待望の今季初勝利を掴んだ。一方、今季初先発となった中山は4失点で4回もたずにKOとなり、今季初黒星。8回に加藤が聖沢に頭部死球を食らわせ、危険球退場となったが、大局に影響はなかった。

◆M5−8L◆
開幕から安定した投球を見せている渡辺俊がこの日は大乱調。立ち上がりから制球が定まらず、四球連発で作ったピンチにブラウンにタイムリー二塁打を許して、2失点。2回には先頭の上本に今季初アーチを被弾。一死後、3連打と自らの野選で3点を失い、あえなくKO。勢い付く西武は3回にも3連打で2点、4回には上本が早くも猛打賞となるタイムリーを浴びせて、8点目。終盤リリーフ陣の踏ん張りで西武の勢いを止めたロッテは3点差まで追い上げたものの、序盤の大量ビハインドを跳ね返すには至らなかった。西武先発・ミャオは7回途中まで5失点ながら、打線に援護に恵まれ、今季初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:03コメント(0)トラックバック(27) 

April 03, 2010

◆C5−6G◆
昨日倒れたキムタクが未だに意識不明で予断を許さない状態が続いている。そんな状態でもペナントレースが止まる訳もなく、試合が行われる以上、キムタクが目を覚ました際、自分の事が気がかりで負けたなどと報告出来る筈もなく、必勝体勢で臨む巨人は開幕から不振が続く亀井をついに5番の座から外して、8番へ降格させ、マッスル千代の富士を昇格させるテコ入れを断行。そのテコ入れに効果があった…訳ではないが、初回から広島先発のジ・oを捉えて寿司職人ラミレスのタイムリー等で2点、2回には坂本の3号ソロで3点目。しかし、公式戦ではいよいよプロ初先発となる山口は今までと勝手が違う先発マウンドに未だ馴染めず、初回から栗原にタイムリーを浴びると、4回には石原に逆転3ランを浴び、失意のKO。3回以降、ゼロ行進が続いていた巨人は7回、広島3番手・横山に対し、代打・長野の二塁打でチャンスを掴むと、二死後、ガッツが同点タイムリー。広島は8回、二死二塁の場面で幽閉状態が続いていた求道者・前田をようやく代打に起用。しかし、あまりの鋭い眼光に気圧された金刃に一塁が空いていた事もあって、四球で歩かされてしまい、続く代打・小窪は三振に斬って取られて、勝ち越しならず。土壇場9回、巨人はまたも長野のヒットを皮切りに無死二、三塁のチャンスを作り、シュルツの暴投と内野ゴロで2点を勝ち越し。その裏から登板の守護神・クルーンは先頭の東出が初球に仕掛けたセーフティバントを処理した際に転倒し、右手親指をついて痛めてしまい、たった1球で降板となるアクシデント。緊急登板となった小林は内野ゴロの間に1点を返されたものの、大事には至らず、3年ぶりのセーブをマーク。5番手の金刃に今季初勝利がついた。マッスル千代の富士も亀井ノーヒットに終わり、テコ入れの効果は全くなかったものの、巨人は今季初の3連勝。一方、広島は泥沼の連敗が6と伸びてしまい、求道者・前田の使い方にまたもや課題を残す事となった。

◆D3−2T◆
中日は2回、小山の犠飛で先制。好投すればする程、今オフの亡命説が強まる一方のウッチャンは3回までノーヒットに抑えていたが、4回、鳥谷に同点タイムリー二塁打を浴びると、7回にはJ.マッケンジーに勝ち越し2号ソロを被弾し、この回限りで降板となった。ようやくリードを奪った阪神はその裏から先発・上園を下げ、継投モードに切り替えるが、これが裏目。2番手・江草がその裏、ベンちゃんにタイムリーを許し、試合は振り出しに。これで再び流れを引き戻した中日は8回から浅尾が走者を出しては悉く併殺に仕留める好投で9回まで抑えきると、最後は無死満塁からまたもベンちゃんがセンターへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。阪神4番手・メッセンジャーは来日初黒星。

4/3川本◆S13−12YB◆
前回の快投で今年こそ本格的なブレイクを予感させた由規だが、この日は初回一死から5連打を浴びて、いきなりの3失点。その裏、青木,相川の一発等で大量7得点と逆転して貰ったにも拘わらず、2回に2失点、3回にも連打の後、橋本に同点3ランを叩き込まれて、悪夢の8失点KO。この後、5回に再び2点を勝ち越された横浜は7回、カスティーヨの3号ソロを皮切りに5連打で3点を奪い、逆転。1点ずつ取り合って迎えた土壇場9回、8回からマウンドに上がっていた山口は先頭の相川を歩かせるも、荒木,福地と打ち取り、二死。しかし、ここで代打・川本がレフトスタンドへ逆転サヨナラ2ランを叩き込み、両軍合わせて38安打25得点の大乱打戦に終止符を打った。ヤクルト5番手・橋本は5年ぶりの白星。

◆E6−10H◆
初回から点の取り合いとなったこの試合、ソフトバンクがオーティズ,小久保の連続タイムリーで先制すれば、その裏、楽天は併殺の間に1点を返し、1点差。2回に1点ずつ取り合って、迎えた4回、楽天は宮出,藤井の連続タイムリーで逆転するが、ソフトバンクは5回に小久保,松中の連続タイムリーですかさず逆転。しかし、その裏、楽天は鉄平が同点タイムリー。6−6で迎えた7回、ソフトバンクはオーティズのタイムリー,小久保の2ランで三たびリード。9回にもダメ押しの2点を加えて、試合を決定付けた。今季初先発の藤岡は6回5失点ながら初勝利。一方、楽天先発・岩隈は8失点KOでまたも白星を逃した。

◆F2−1L◆
5連敗に喘ぐ日本ハムだが、この日は2回にミスタースナイパー・坪井のタイムリー二塁打で先制すると、3回には田中が今季初アーチを叩き込み、2点目。ここまで2度の登板で未だに白星のないダルビッシュに5回まで無失点と抑え込まれていた西武は6回、一死から栗山,中島と連打。不振の中村は三振に倒れたが、ブラウンがレフト前に弾き返して、1点差。なおも一、二塁のチャンスが続いたが、G.G.佐藤はショートゴロに倒れて、同点ならず。8回にも内野安打とエラーで一死一、二塁と再び一打同点のチャンスを作るが、またもや中村が三振と大ブレーキ。前の打席でタイムリーを放ったブラウンも打ち取られ、二者残塁。日本ハムは9回からダルビッシュを下げ、果敢にも前回リリーフに失敗している暫定ストッパー・高橋由伸を起用。高橋由伸は今回は期待に応え、3人を全て内野ゴロに仕留めて1点のリードを守りきり、来日初セーブ。ダルヒッシュは8回1失点の好投でようやく今季初白星

◆Bs4−10M◆
2回に不振の北川のタイムリー二塁打等で2点のリードを貰った金子。3回までは無難に抑えていたが、4回、金のタイムリー二塁打の後、大松に逆転2ランを被弾。更に、この後、3安打3四球と荒れに荒れて、7失点KO。この回の猛攻でモノを言い、逃げ切ったロッテは同率で並んでいた偽バファローズを追い落として、3年ぶりの単独首位に。先発・渡辺俊は打線の援護に恵まれて、4失点ながら完投で2勝目。4連続三振デビューを喫するなど、開幕当初は苦しんでいた金だが、この日は一発を含む4安打の大当たりでいつの間にか打率を3割にまで乗せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:23コメント(4)トラックバック(17) 

November 01, 2009

11/1 ダルビッシュ◆F4−2G◆
9月20日以降、戦線を離脱したままで、一時は日本シリーズの登板も絶望視されていたダルビッシュだが、初戦を落とした影響か、強行先発登板。コンディションが万全でない中での投球が不安視されながらも、緩いボールを積極的に使っていく技の投球で初回を3人で抑える無難な立ち上がり。一方、日韓クラブチャンピオンシップで出番がなかった為、こちらも20日ぶりの実戦と登板間隔の空いている巨人先発・内海はその裏、二死から稲葉,高橋と連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負ったが、好調・スレッジを三振に斬って取り、先制点を阻止。巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせるも、亀井がバントを決められずに三振。松田記者,阿部も打ち取られ、寿司職人ラミレスは二塁に釘付け。続く3回には先頭の李がヒットで出るも、バントエンドランのサインを古城が見落としたのか、バットを引いてしまい、単独スチールとなってしまった李が楽々タッチアウトとなるまずい攻めでまたも無得点。すると、その裏、日本ハムは二死走者なしから稲葉の先制アーチを皮切りに、高橋,スレッジ,小谷野,糸井と怒濤の5連打で4点を奪い、内海を早々とKO。追いかける巨人は直後の4回、二死からまたも寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせると、続く亀井がレフトポールを直撃する2ランを放ち、2点差と詰め寄った。その裏、一死一、二塁のピンチを切り抜けた巨人は直後の5回、二死走者なしから、古城,坂本,松本の3連打で満塁と一打同点のチャンス。しかし、ここで頼みのガッツが空振り三振に倒れて、三者残塁。続く6回には一死から振り逃げで出た亀井が続く松田記者の2球目を鶴岡が弾いた隙に二塁を陥れたかに見えたが、スライディングの勢いでベースから足が離れてタッチアウトとなる大チョンボ。松田記者も凡退し、結局、この回3人で攻撃終了ダルビッシュはこの回限りでお役御免となった。その裏、日本ハムは鶴岡が内野安打で出るも、金子誠がバントをピッチャー正面にまともに転がしてしまい、鶴岡は二塁で封殺。この後、田中がヒットで繋ぐも、続く劇団ひちょりが最悪のピッチャーゴロゲッツーを食らい、追加点ならず。両軍必死の継投で4−2の儘、土壇場9回へ突入。満を持して登板の守護神・武田久に対し、巨人は一死から亀井がバットを折られながらも、ライト前に弾き返すが、松田記者,阿部と凡退し、ゲームセット。ダルビッシュの強行登板が報われた日本ハムは1勝1敗と星を五分に戻し、東京ドームへ乗り込む事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(34) 

September 13, 2009

◆C2−4G◆
プロ入り初の中4日登板となった広島先発・前田健に対し、巨人は初回、ヒットの坂本が松本の犠打で二進すると、ガッツのタイムリーで先制のホームイン。更に、続く寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ26号2ランを放り込み、この回3点。3回、二死満塁のピンチを切り抜けた広島はその裏、フィリップスのタイムリーで1点を返すと、続く4回にはマクレーンがレフトスタンドへ20号ソロを叩き込み、1点差。更に、赤松,前田健のヒットで一打同点のチャンスを作り、この日2安打の東出に繋いだが、ファーストゴロに倒れて、同点ならず。すると直後の5回、巨人は亀井のタイムリー内野安打で1点を追加。6回からは越智−山口と繋ぎ、最後は守護神・クルーンが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。先発の春風亭半ケツは5回2失点降板ながら、7勝目がついた

◆D7−2S◆
木田画伯の先発が予想されていたヤクルトだが、連敗を止めたい一心からか、対中日7連勝中と言う相性を買って館山を2年ぶりの中4日で先発起用。前回の登板で130球以上投げて疲労の残っている館山は初回、簡単に二死を取ったものの、森野を歩かせてからおかしくなり、ブランコ,ベンちゃんと連打を浴び、先制点を献上。更に、ピンキー井上には走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、この回3失点。ヤクルトは直後の2回、相川のタイムリーで1点を返すと、館山は落ち着きを取り戻したか、2,3,4回と三者凡退に斬って取る好投を展開。しかし、5回、一死二塁から井端の打球が強襲。慌てた館山は一塁へ悪送球を犯して、1点を失うと、二死後、森野にタイムリー二塁打を浴び、5点目を献上。直後の6回、ガイエルの23号ソロで1点を返して貰うも、その裏、ベンちゃんに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに26号ソロを被弾し、この回限りでKO。7回から登板した2番手・山井は残り3回を無失点に抑え、今季2セーブ目。先発の中田は7回2失点で4勝目をあげた。ヤクルトは館山でも連敗が止められず、8連敗で4位転落。

◆T2−1YB◆
またもデーゲームでヤクルトが敗れ、勝てば3位浮上となる阪神だったが、初回から一死一、三塁のチャンスを掴みながら、キュラソ星人,新井の4,5番があえなく凡退し、二者残塁。2回までノーヒットとまずまずの立ち上がりを見せていた先発・下柳も3回、先頭の石川に三塁打を浴びると、続く武山にタイムリーを許し、先制点を献上。1点を追う阪神は4回、鳥谷,キュラソ星人の連打で二、三塁とすると、新井の四球の際、暴投で労せずして同点。なおも一、三塁のチャンスで林のピッチャーゴロ併殺崩れの間にキュラソ星人が勝ち越しのホームイン。リードを貰った下柳は四球は出してもヒットは許さず、横浜の反撃を凌ぎきると、7回からはアッチソンが2回をパーフェクトリリーフ。そして、土壇場9回からは満を持して登板の守護神・藤川が山崎,内川と連続三振。ジョンソンには痛打されたものの、続くメカゴジラをセカンドゴロに打ち取り、ゲームセット。これで阪神は3位浮上。下柳は6回1失点で8勝目

◆H2−1E◆
ソフトバンク先発・杉内に対し、楽天は初回、一死から高須が四球で歩くと、鉄平が送った所で山崎武がセンター前へ先制タイムリー。1点を追うソフトバンクは5回、一死から吉川がレフトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、試合は振り出しに。楽天は3回以降立ち直った杉内の前に8回まで一人の走者も出せず、11三振を奪われるなど、完全に沈黙。9回二死から鉄平の二塁打,山崎武の四球で一、二塁と久々のチャンスを掴むが、青波の長瀬がサードゴロに倒れて、勝ち越しならず。すると、その裏、ソフトバンクは松中のヒット,長谷川の四球で一、二塁とすると、田上の犠打で一塁が空いた事で代打・ハマのスペランカーが敬遠され、満塁となった所で楽天先発・ラズナーをKO。ここで代わった有銘の初球をこの日9番に下げられていた川崎がこの日3安打目となるタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ちで連敗を4でストップさせた。杉内は1失点完投でハーラートップタイの15勝目。一方、敗れた楽天の連勝は6でストップした。

9/13 ダルビッシュ◆F3−1M◆
23日ぶりにダルビッシュを先発起用し、連敗脱出を図る日本ハムは初回、二死三塁から高橋のタイムリーで先制すると、続く2回には一死から糸井,あの男の連続二塁打で2点目を追加。3回以降、小野,ダルビッシュの両先発の投げ合いで膠着状態となり、2−0の儘、終盤へ突入。迎えた8回、ロッテは一死から里崎が二塁打を浴びせると、二死後、西岡がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも一打同点のチャンスだったが、早坂は三振に斬って取られ、1点止まり。突き放したい日本ハムはその裏、二死走者なしから小谷野が9号ソロを叩き込み、貴重な3点目を追加。9回から登板した守護神・武田久はいきなり金子誠のエラーで足を引っ張られると、二死後、橋本将にも痛打され、一発が出れば逆転と言うピンチを背負ったものの、最後は今江をショートゴロに打ち取り、逃げ切った。日本ハムの連敗は6でストップ。ダルビッシュは8回1失点で1ヶ月ぶりの白星をあげ、ハーラートップに躍り出る15勝目をマークした

◆L10−8Bs◆
西武先発のルーキー・野上の前に2回までノーヒットに抑えられていた偽バファローズだが、3回、大村,山崎浩と連打を浴びせると、二死後、カブレラがライトスタンドへ13号3ランを叩き込み、3点を先制。しかし、投げては炎上を繰り返してるのに、何故か、ローテに留まり続けている先発・小松がその裏、中島に19号2ランを被弾し、あっと言う間の1点差。直後の4回、偽バファローズは二死から山崎浩,坂口,阿部,カブレラと4連打で3点を追加するが、その裏、西武はG.G.佐藤の20号ソロ,片岡の犠飛で2点を返すと、続く5回には中村に38号ソロが飛び出し、1点差。6回に内野ゴロと捕逸の間に2点を失った西武はその裏、後藤,上本の連打で無死二、三塁。続く片岡のショートゴロの間に1点を返すと、続く7回にはG.G.佐藤のタイムリー二塁打,後藤のタイムリー内野安打でついに同点。押せ押せの西武は続く8回には二死走者なしから中島の20号ソロ,中村の39号ソロと連続アーチで2点を勝ち越し。土壇場9回、5番手・藤田が二死二、三塁と一打同点のピンチを辛くも切り抜け、逃げ切りに成功。楽天が敗れた為、自力Aクラスが復活した。2回を無失点に抑えた4番手・松永に2年ぶりの白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:04コメント(0)トラックバック(20) 

August 14, 2009

◆G4−7T◆
阪神は初回、ヒットのシャア少佐を大和が送ると、鳥谷が11号先制2ラン。更に、二死後、新井にも12号ソロが飛び出し、この回3点。巨人は二死走者なしから松田記者が4号ソロを放ち、1点を返すが、阪神は一死一塁から桜井の6号2ランで点差を4点に拡大。6回にはエラーと四球で一死一、二塁とし、巨人先発・内海をKO。更に、代わった野間口から四球で満塁とチャンスを広げたが、狩野がセカンドゴロゲッツーに倒れて、追加点ならず。その裏、巨人は先頭のキムタクが四球で歩くも、続く坂本がゲッツー。この後、松本,ガッツと連打を浴びせるも、寿司職人ラミレスがショートゴロに倒れて、二者残塁とチグハグな攻撃を展開。直後の7回、阪神は鳥谷のタイムリー三塁打,キュラソ星人のタイムリーで貴重な2点を追加。その裏、巨人は無死二塁から松田記者にこの日2本目の5号2ランを叩き込むと、続く阿部が右中間突破の二塁打。一気に畳み掛けたい所だったが、代打・鈴木が空振り三振。キムタクのセカンドライナーが阿部が飛び出して、ゲッツーを食らい、2点止まり。阪神はセーブのつかない場面ながら9回から守護神・藤川を投入。いきなり代わりばな寿司職人ラミレスに被弾したものの、後続を打ち取り、逃げ切った。阪神先発・能見は6回0/3を3失点で切り抜け、7勝目

◆D12−1S◆
ヤクルト先発・村中に対し、中日打線が初回から大爆発。森野のタイムリー二塁打で先制した後、二死満塁とすると、ここから藤井,谷繁,吉見と3連続タイムリーでいきなり5点をゲット。2回に畠山の2号ソロで1点を返されるが、その裏、またも藤井がタイムリーを放ち、村中はこの回限りで降板。更に、3回には森野がタイムリーを浴びせると、5回にも森野のタイムリーで2点を追加。6回にはベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに24号ソロを叩き込むと、谷繁もタイムリーを放って、10点差。7回には李のタイムリーでダメ押しの12点目。先発・吉見は8回を1失点でハーラートップタイに並ぶ12勝目を飾った

◆YB3−12C◆
初回、広島は東出,赤松と連打を浴びせると、フィリップスが8号3ランを放り込み、あっと言う間に3点を先制。その裏、内野ゴロの間に1点を返されるが、2回にまたも一死満塁からフィリップスが犠飛を打ち上げると、3回には倉のタイムリー二塁打で1点を加え、横浜先発・ウォーランドはこの回限りでKO。勢いが止まらない広島打線は続く4回には5長短打を集中し、一挙6点を追加し、早くも試合を決定付けた。大量援護を貰った先発・ルイスは余裕の6回1失点で8勝目

◆Bs1−7H◆
初回、松中のタイムリーで先制された偽バファローズだが、その裏、一死二塁からカブレラが同点タイムリー。続く2回には一死満塁から坂口が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。二死一、二塁からフェルナンデスがタイムリーを放つと、続く岡田が今季初アーチとなる3ランを放ち、ソフトバンク先発・ジャマーノをKO。更に、6回には阿部にタイムリーが飛び出し、7点目。ソフトバンクは終盤、再三チャンスを作りながら、あと一本が出ず、終わってみればスミ1で完敗。偽バファローズ先発・山本は7回1/3を1失点で8勝目をあげた

◆F3−2L◆
初回二死二塁,2回二死二塁のチャンスを潰した日本ハムだが、3回、金子誠,田中と連打を浴びせると、一死後、稲葉のタイムリーでようやく先制。しかし、この後、高橋がゲッツーを食らうと、4回も一死一、二塁のチャンスに鶴岡がゲッツー。5回二死一、二塁,6回一死一、三塁のチャンスも悉く潰し、一向に追加点を奪えない。ここまで西武打線を1安打と完璧に抑え込んで来た日本ハム先発・ダルビッシュだったが、7回、中島,中村,礒?,G.G.佐藤と4連打を浴び、形勢逆転。なおも無死一、二塁のピンチだったが、清水の送りバントを素早く処理して三塁で刺すと、代打・上本,赤田と連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。すると、その裏、日本ハムは死球で出た田中が星野の牽制悪送球で一気に三塁を陥れると、一死後、稲葉の犠飛で同点のホームインる続く8回には二死一、二塁から金子誠がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。9回は武田久が3人できっちり締め括った。ダルビッシュは8回を2失点、12三振を奪って14勝目をあげ、ハーラーダービー単独トップに躍り出た

8/14 田中◆E4−3M◆
ロッテは初回、先頭の西岡がヒットで出るも、早坂がセカンドゴロゲッツー。しかし、ここからサブローが15号ソロ,大松が16号ソロと連続アーチで2点を先制。その裏、根元のタイムリーエラーで1点を返した楽天は4回、鉄平,山崎武,青波の長瀬の3連打で同点。さらに、中村真もヒットで続き、無死満塁とするも、後続3人があえなく凡退し、三者残塁。2−2で迎えた6回、楽天は二死走者なしから嶋が今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功。8回には二死一、二塁からまたも嶋がタイムリーを放ち、4点目を追加。土壇場9回、抑えの福盛に対し、ロッテは井口,里崎と連打を浴びせると、代打・堀が送って一死二、三塁と一打同点のチャンス。続く代打・橋本将は三振に倒れるも、代打・フクーラのタイムリーで1点差。なおも一、三塁のチャンスだったが、西岡がセカンドゴロに倒れ、あと1点が届かなかった。2回以降立ち直った楽天先発・田中は8回2失点で2年ぶりの10勝目。一方、ロッテ先発・渡辺俊は8回途中でKOとなり、10敗目を喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(17) 

July 31, 2009

7/31 能見◆T3−2G◆
阪神先発・能見が5回まで内野安打1本と言う素晴らしい投球を展開。一方、巨人先発・内海は毎回の様に走者を許しながら、あと一本を許さない粘りの投球で先制を許さず、試合は0−0の儘、終盤へ突入。迎えた6回、巨人は一死から坂本がレフトスタンドへ11号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、リードを貰って緊張の糸が解けてしまったのか、その裏、内海は鳥谷に痛打されると、キュラソ星人には死球を食らわせり、一、二塁のピンチ。新井は打ち取ったものの、ブラゼルにバックスクリーン左へ8号逆転3ランを被弾し、この回限りでKOとなった。阪神は8回からアッチソンを投入する継投モード。二死から連打を浴びたアッチソンだったが、ガッツを打ち取り、ピンチ脱出。9回には守護神・藤川が代わりばな寿司職人ラミレスに15号ソロを被弾するが、後続3人をきっちり打ち取り、連勝を4と伸ばした。能見は7回1失点で5勝目

◆S3−2D◆
駆け込み補強へタイムリミットとなったこの日、とうとう名手・川相は現役復帰を果たす事なく、今季は最後まで川相不在を強いられる事となった中日に対し、ヤクルトは初回、先頭の青木がヒットで出ると、田中の犠打,福地のセカンドゴロで三進。ここでデントナがライト前へ弾き返し、1点を先制。1点を追う中日は4回、一死からブランコの四球,ベンちゃんの二塁打で二、三塁とするも、藤井,小池と倒れて、二者残塁。5回には一死から投手の吉見が川相不在の打線がアテにならないとあっては自分が活路を開くしかないとばかりにヒットを放つが、続く井端がセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない吉見は6回、暴投を連発して、二死二、三塁のピンチを作った挙げ句、畠山にタイムリーを浴び、2失点。3点を追う中日は7回、ベンちゃん,藤井と連打を浴びせると、一死後、谷繁のタイムリーでようやく1点。更に、続く代打・立浪のセカンドゴロの間に1点を加えて、1点差と詰め寄るが、反撃もここまで。最後は守護神・林の前に息の根を止められた。ヤクルト先発・館山は8回2失点でハーラートップの12勝目をマーク。

◆C6−7YB◆
初回、二死一、二塁のチャンスを潰してしまった広島だが、続く2回、先頭のフィリップスがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、先制。広島先発・青木高の前に5回まで散発2安打と沈黙していた横浜は6回、二死から内川がヒットで出ると、続く村田のタイムリー二塁打で同点のホームイン。続く7回には一死一、二塁のチャンスに代打・ジョンソンがライトスタンドへ14号3ランを放り込み、勝ち越しに成功。3点を追う広島は8回、一死から石井タクローの死球,代打・ルパン廣瀬の二塁打で二、三塁とすると、石川のエラーで石井タクローが生還。更に、末永の2点タイムリー三塁打で同点とすると、続く天谷にもタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。9回からは守護神・永川を投入し、逃げ切りといきたい所だったが、永川は代わりばな連続内野安打を浴びて、いきなりのピンチ。何とか二死まで持ち込んだものの、ここで痛恨の暴投を犯して、同点。更に、藤田に痛打された後、マクレーンがタイムリーエラーを犯し、勝ち越し点を献上すると、続く村田にもタイムリーを浴びて、この回3失点。その裏、広島は一死満塁からルパン廣瀬の犠飛で1点差とし、なおも、一打同点のチャンスだったが、東出がセカンドゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。一時は勝ち越し点を許した横浜4番手の真田はタナボタの4勝目

◆F5−1H◆
破竹の連勝街道をひた走る日本ハムの勢いを何とか止めたいソフトバンクは初回、ダルビッシュに対して、二死から松中が歩くと、小久保,長谷川と連打を浴びせて、満塁のチャンス。しかし、ここで田上が三振に倒れて、三者残塁。すると、その裏、日本ハムは一死二塁から稲葉のタイムリーであっさり先制。3回には二死二塁から高橋のタイムリーで2点目。2回以降立ち直ったダルビッシュの前に一人の走者も出せずにいたソフトバンクは6回二死から松中の17号ソロでようやく1点。しかし、その裏、日本ハムは田中のタイムリー、本多のタイムリーエラーで一気に3点を追加。ソフトバンクは8回、二死満塁と一発が出れば同点と言う場面で主砲・小久保に回したが、小久保は三振に斬って取られ、結局、無得点。最後は2番手・菊地の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。日本ハムはこれで9連勝。ダルビッシュは8回1失点でハーラーダービー単独トップに躍り出る13勝目

◆M3−1E◆
5連敗中のロッテ先発・渡辺俊は5回までノーヒットの快投を展開。6回も簡単に二死を取ったが、ここでリンデンに5号ソロを被弾し、先制点を献上。一方、楽天先発・田中も7回まで散発3安打と完封ペースの好投。しかし、8回、先頭のバーナムJr.に4号同点ソロを叩き込まれると、西岡に二塁打,井口にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。更に、サブローにも痛打された所で田中は無念のKO。この後、満塁となった所で3番手・福盛が竹原に犠飛を許し、この回3失点。土壇場9回、楽天は代打・中村真の四球,鉄平のヒットで一、二塁とするも、山崎武が最悪のショートゴロゲッツーに倒れると、宮出はファーストファールフライに倒れて、万事休す。渡辺俊は1失点完投で5月6日以来の2勝目をあげた

◆Bs2−4L◆
2回、一死から北川,濱中,フェニックス一輝の3連打で先制を許した西武。しかし、直後の3回、フェニックス一輝のエラーの後、細川が2号逆転2ラン。1点を追う偽バファローズは6回、一死から坂口,フェルナンデス,カブレラの3連打で同点とするが、直後の7回、西武は後藤の2号ソロで再び勝ち越し。続く8回には一死から片岡が8号ソロを叩き込み、4点目。その裏から岩崎−小野寺と繋いで、連敗を脱出。先発の帆足は7回2失点で5勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(23) 

July 22, 2009

◆YB2−6G◆
巨人が得意の一発攻勢で主導権を握った。まず初回にガッツが22号先制ソロを叩き込むと、続く2回に亀井の11号ソロ,阿部が12号ソロを叩き込み、2点を追加。3点を追う横浜は3回、ハマのチンピラが自ら二塁打を放って、反撃の狼煙を上げると、石川のヒットで一、三塁。一死後、内川が犠飛を打ち上げ、ようやく1点。3回以降一人の走者も出さず、完全に立ち直ったと思われたハマのチンピラだが、7回、山崎のエラーで足を引っ張られると、二死二塁となった所で古城にタイムリー三塁打を浴びて4点目を失い、この回で降板。巨人は続く8回にもガッツのこの日2本目となる23号2ランでダメ押し。横浜は9回にジョンソンに13号ソロが飛び出したが、焼け石に水だった。結果を出しているにも拘わらず外国人枠の都合上、二軍落ちの危機に瀕しているオビスポだが、来日初完投で無傷の3勝目をあげ、一軍残留をアピールした。

◆D3−2C◆
いい加減に対中日の連敗を阻止したい広島だが、この日も先発・大竹が初回から森野にタイムリー二塁打を浴びるなど、2点を献上する苦しい立ち上がり。2点を追う広島は4回、栗原,マクレーン,天谷の3連打で1点を返すと、一死後、石原のショートゴロの間にマクレーンが生還し、ようやく同点。中日は2回以降、再三再四チャンスを掴みながら、ゲッツー,盗塁死など、怒濤の拙攻三昧でゼロ行進を続けていたが、8回、二死走者なしから四球で歩いた藤井が二盗を決めると、小池が均衡を破る勝ち越しタイムリー。9回からは守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、対広島11連勝。先発のあちゃくらさんは8回2失点で7勝目

7/22 館山◆T0−5S◆
未だに白星のない阪神先発・岩田に対し、ヤクルトは初回、ヒットの青木を田中が送ると、二死後、デントナのタイムリーで1点を先制。3回には先頭の田中が振り逃げで出ると、福地のヒットの後、またもデントナがタイムリー。更に、一死後、宮本にもタイムリーが飛び出し、この回2点。3回まで毎回チャンスを作りながら、あと一本が出ない阪神は4回にも先頭のキュラソ星人のヒットの後、ブラゼルが最悪のゲッツー。この後、連打と四球で満塁とするが、岩田を下げて投入した代打・林がファーストゴロに倒れて、三者残塁。すると、直後の5回、代打を出された岩田に代わる2番手・ジェンが飯原に2号ソロを被弾。ヤクルトは7回にまたまたデントナがタイムリーを放ち、貴重な5点目を追加。ヤクルト先発・館山は尻上がりに調子を上げ、11安打を浴びながらも、4年ぶりの完封を果たし、ハーラー単独トップの11勝目

◆H7−6E◆
リンデンの4号先頭打者アーチで先制されたソフトバンクだが、その裏、小久保のタイムリーですかさず追い付くと、続くハマのスペランカーに12号2ランが飛び出し、一気に勝ち越し。続く2回には本多のタイムリー,3回には長谷川の犠飛,4回には藤原の暴投で着々と加点。5点のリードを貰った先発・杉内だが、5回二死走者なしからリンデンを歩かせると、渡辺直に痛打された所で鉄平に5号3ランを被弾。続く6回には一死満塁のピンチを作って、あえなくKOとなると、代わった攝津アッパーも代打・中村真,リンデンと連続タイムリーを浴びて、試合は振り出しに。追い付かれたソフトバンクは7回、本多,松中のヒットで一死一、三塁とすると、小久保がライト前にタイムリーを浴びせ、再び勝ち越しに成功。8回からはファルケンボーグ,馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、1点差を守りきった。一時は同点に追い付かれた攝津アッパーに3勝目が転がり込んだ

◆F2−1M◆
日本ハム先発・ダルビッシュは5回まで3四球出しただけのノーヒットと言う快投を展開。一方、ロッテ先発・成瀬も走者を出しながら、4回まで無失点に抑えていたが、5回、先頭のスレッジに二塁打を浴びると、二死後、鶴岡にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。ロッテは7回、一死からサブローが振り逃げで出ると、続く橋本がようやくチーム初安打を放ち、チャンスを広げるが、竹原,バーナムJr.と打ち取られ、二者残塁。日本ハムは8回二死から鶴岡に今季初アーチが飛び出し、貴重な2点目を追加。ロッテは9回二死からサブローの12号ソロで完封を免れたが、最後は橋本将がセカンドゴロに取られて、ゲームセット。ロッテ打線を僅か2安打に抑え込んだダルビッシュは3試合連続完投勝利でハーラートップタイとなる12勝目をマークした。

◆L2−4Bs◆
偽バファローズは初回、坂口,フェルナンデスのヒットで一、三塁とすると、カブレラが先制タイムリー。更に、北川もヒットで続き、満塁とチャンスを広げたが、下山,フェニックス一輝と連続三振に倒れて、1点止まり。2回以降、2併殺を食らうなど攻めあぐねていた偽バファローズだが、7回、先頭のフェニックス一輝が2号ソロを叩き込み、1点を追加。2点を追う西武はその裏、先頭の後藤が今季初アーチを放り込むと、続く8回には中村に31号ソロが飛び出し、同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、10回からマウンドに上がっていた4番手・小野寺に対し、偽バファローズは一死からカブレラ,北川と連打を浴びせると、下山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、大久保が三者三振の快投で西武の反撃を断ちきった。2回をノーヒットで切り抜け、勝ち越し点を呼び込んだ加藤に4勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(7) 

July 15, 2009

◆S13−7G◆
不振の青木をスタメンから外す荒療治に出たヤクルト打線が序盤から大爆発。まず初回に福地の4号2ランで先制すると、続く2回には飯原のタイムリー二塁打で1点を追加。更に、3回には3安打で1点を加え、巨人先発・春風亭半ケツをKOすると、代わった野間口から相川,川島慶と連続タイムリーを浴びせて、この回3点。4回には5長短打を集めて、一挙5点を追加。大量点差で緊張感が薄れてしまったのか、先発・館山は5回に松本にタイムリー,ガッツに20号3ランを叩き込まれて、この回限りで降板となるが、その裏、ヤクルトはデントナのタイムリーで再び突き放し、早くも先発全員安打を達成。巨人は8回にガッツのこの日2本目となる21号2ランが飛び出したものの、序盤の失点が大きく響き、連勝は5でストップ。ヤクルトは20安打13得点の猛攻で連敗を3で止めた。館山は5回5失点KOながらも、打線の援護に恵まれ、リーグ10勝一番乗り。

◆T1−6D◆
中日は2回、二死から藤井,小池と連打を浴びせると、谷繁が歩いて満塁。ここで投手の小笠原が川相不在の野手陣がアテにならないとあっては自分が決めるしかないとばかりにセンター前へ先制2点タイムリー。4回には先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、1点を追加。3点を追う阪神は5回、一死から新井,鳥谷の連打で一、三塁とすると、二死後、福原の代打・高橋光がセンター前へタイムリー。続く6回には二死一、二塁のチャンスを作り、小笠原をKOするが、代わった河原の前に新井が倒れて、二者残塁。直後の7回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が今季初アーチを放ち、4点目。更に、この後、連打と四球で満塁とするが、ブランコ,ベンちゃんと倒れて、三者残塁。しかし、続く8回、またも英智にタイムリーが飛び出すと、9回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は寝損が3人で締めて、逃げ切った。小笠原は6回途中KOながらも4勝目がついた。

◆C1−6YB◆
広島先発・偽ハンカチ王子・斉藤に対し、横浜は初回、先頭の吉村が四球を選ぶと、二死後、主砲・村田がレフトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。4回にはメカゴジラ,金城と連打を浴びせると、二死後、3年間盗塁のなかったメカゴジラが何とホームスチールを決めて、3点目をゲット。7回には二死一、二塁から代打・ジョンソンがライトスタンドへ12号3ランをぶち込んで、ダメ押しの6点目。広島は9回に内野ゴロの間に1点を返し、完封を免れるのが精一杯で5連敗。横浜先発のはーちゅんは今季初完投で2勝目を飾った

◆H1−9F◆
これ以上、首位に離される訳にいかない日本ハムは2回、先頭の高橋が死球を食らうと、続くスレッジのタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、一死後、ミスタースナイパー・坪井にもタイムリーが飛び出し、この回、2点。その裏、松中の14号ソロで1点を返されるが、直後の3回、併殺崩れの間に1点を加え、再び2点差。更に、5回にはエラーで貰ったチャンスに稲葉がタイムリーを浴びせて、4点目。8回にも小谷野のタイムリーで1点を追加した日本ハムは9回には稲葉の12号3ラン等で4点を加え、試合を決定付けた。先発のダルビッシュは4回以降僅かに1安打と付け入る隙を許さない投球を展開し、1失点完投でハーラートップタイの11勝目をあげた。

◆L5−0E◆
涌井,井坂の両先発がまずまずの立ち上がりを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた4回、西武は先頭の栗山が三塁打。中島,中村と倒れたものの、礒?がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。続く4回には一死満塁から栗山のタイムリーで1点を追加。7回には一死三塁から銀仁朗が犠飛を打ち上げると、8回には二死一、二塁からG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。涌井は12三振を奪う力投を見せて、今季2度目の完封でハーラートップタイの11勝目をマークした

7/15 小松◆Bs3−2M◆
WBC干され症候群から一向に立ち直れず、1ヶ月半もファームに落ちていた小松に対し、初回、2四球にエラーとノーヒットで無死満塁のチャンスを掴んだロッテは大松のタイムリーで先制。なおも無死満塁のチャンスは続いたが、サブローは三振に倒れると、里崎はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で1点止まり。1点を追う偽バファローズは2回、一死から北川がヒットで出ると、続く大村が同点タイムリー二塁打。しかし、この後、フェニックス一輝,下山と連続三振に倒れて、勝ち越しならず。3回にも一死二、三塁のチャンスを作るが、フェルナンデス,カブレラの両助っ人が倒れて、二者残塁。すると、直後の4回、ロッテは先頭のサブローが三塁打。二死一、三塁と場面が変わった所で今江がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。ロッテ先発・成瀬を攻めあぐねていた偽バファローズだが、8回から伊藤にスイッチするや、大村のタイムリー二塁打ですかさず同点。更に、代わった荻野からフェニックス一輝がヒットで続き、チャンスを広げると、二死と、鈴木にタイムリー内野安打が飛び出し、勝ち越し偽バファローズ以降。9回も続投となった小松は一死から里崎に二塁打を浴びたものの、後続を断ち切り、今季初完投。8度目の先発にしてようやく初勝利を手にした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:22コメント(0)トラックバック(21) 

June 26, 2009

◆G7−2S◆
開幕8連勝中の館山に対し、巨人は2回二死一、二塁から投手のゴンザレスが先制タイムリーを浴びせると、続く坂本もタイムリーを放ち、2点目。自ら先制点を叩き出したゴンザレスだったが、直後の3回、二死走者なしから武内,田中,青木と3連打を浴びて、1点を献上。一気に追い付きたいヤクルトだったが、ここで4番・デントナがセカンドフライを打ち上げて、1点止まり。巨人は4回、一死二塁から4連打を浴びせて、2点を加えると、5回には李が13号ソロを叩き込み、5点目。何とか館山の黒星を消しておきたいヤクルトは6回、二死一、三塁のチャンスに宮本がタイムリーを放ち、ゴンザレスをKO。なおも一発が出れば同点と言うチャンスだったが、2番手・豊田の前に相川が三振に倒れて、二者残塁。明らかに調子が上がっていないと言うのに、次の回に打席が回るからと続投を強いられた館山はその裏、ガッツに16号2ランを被弾し、悪夢の7失点KO。巨人は5点も差があると言うのに、山口,越智を無駄遣いしてまで勝ちに行き、首位攻防第1ラウンドを制した。ゴンザレスは6回途中2失点で7勝目。昨年から続いていた館山の連勝はついに14でストップした。

◆C2−3D◆
広島先発・ルイスに対し、中日は2回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにリーグ一番乗りとなる20号ソロを叩き込み、先制。しかし、同リーグ同士の対決に戻っても、タイムリー欠乏症は治っておらず、一向に追加点をあげる気配すら作れない。相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の味方打線に辟易としながらも、5回まで2安打と力投していたあちゃくらさんだったが、6回、投手のルイスに痛恨の一発を浴び、同点とされてしまう。更に、続く7回には先頭の栗原に8号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上すると、一死満塁のピンチを作って、失意のKO。しかし、この後、小林正,河原がそれぞれワンポイントをこなして、このピンチを辛くも脱出。広島は横山−シュルツと繋いで、9回からは永川にバトンを渡す必勝リレーで逃げ切りを図ったが、これに対して、中日は先頭の荒木が四球を選ぶと、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号2ランをぶち込んで、一気に逆転に成功。その裏、守護神・岩瀬が先頭打者を出しながら、後続を断ち、逃げ切った。4番手の浅尾がタナボタの5勝目。辛くも逆転勝ちを収めた中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に好転の気配がなく、またも先発投手を見殺しにしてしまったとあって、重苦しい空気が漂うばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T9−4YB◆
5,6位と低迷する両球団の対決は序盤から打ち合い。初回に横浜が3連打で先制すれば、その裏、阪神がブラゼルの2点タイムリーで逆転し、2回にも狩野のタイムリーで1点を追加。しかし、横浜は3回にメカゴジラのタイムリー二塁打等で一気に同点。追い付かれた阪神は4回に狩野の3号ソロ,新井の犠飛で2点を勝ち越し。その後も5回に葛城イクローがタイムリー,6回にはブラゼル,鳥谷がタイムリーを放つなど、着々と加点。阪神は6回から登板の江草が6者連続三振の好リリーフで横浜の反撃意欲を断ち切ると、アッチソン−渡辺と繋いで、逃げ切った。先発・安藤は5回3失点で5勝目をマーク

◆L10−4H◆
交流戦連覇を成し遂げ、パ・リーグ首位タイに浮上したソフトバンク。しかし、中休みで勢いが止まってしまったのか、西武先発・涌井の前に4回までノーヒット。ソフトバンク先発・藤岡も3回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回、一死満塁のピンチを迎えると、礒?に左中間突破のタイムリー二塁打を浴び、一気に3点を献上。更に、二死後、大崎にもタイムリーを浴び、この回4失点。続く5回には栗山のタイムリーで5点目を失い、無念のKO。西武は更に、この後、G.G.佐藤,大崎の連続タイムリー二塁打で4点を追加し、試合を決定付けた。ソフトバンクは9回に5連打で3点を返す粘りを見せたが、最後は森本がゲッツーに倒れ、首位陥落。西武の連敗を5で止めた先発・涌井は8回1失点の好投で8勝目

6/26 ダルビッシュ◆M0−2F◆
パ・リーグ相手に未だに白星のないロッテ先発・小林宏は初回、一死から劇団ひちょりにレフトスタンドへ今季初アーチを放り込まれて、先制点を献上。2回以降は安定した投球を見せ、6回には三者三振の快投を展開。しかし、7回、先頭の小谷野に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で金子誠にタイムリーを浴び、痛恨の2点目を献上。日本ハムは続く8回には稲葉のタイムリー,スレッジの10号2ランでダメ押しの3点を追加。日本ハム先発・ダルビッシュは7回まで四球2つを許しただけでノーヒットノーランの期待が懸かったが、8回、先頭のサブローにライト前へ弾き返され、快挙達成ならず。続く橋本将にも痛打されたものの、ベニー松山,里崎と連続三振に斬って取ると、今江をショートゴロに打ち取り、ピンチ脱出。ノーヒットノーランが消えたとは言え、余裕の完封ペースのダルビッシュだったが、この回限りでお役御免となり、9回からは宮西−江尻と繋いで、完封リレーを達成。ダルビッシュは8回2安打無失点の快投で12球団一番乗りとなる10勝目。ソフトバンクが敗れた事で日本ハムは単独首位となった。

◆Bs3−1E◆
初回、楽天は四球の渡辺直を平石が送った所で中村真が先制タイムリー。更に、草野がヒットで続いたが、山崎武,鉄平と倒れて、1点止まり。2回以降は立ち直った金子の前に完全に沈黙し、スミ1状態。楽天先発・田中は5回まで2安打無失点と最少リードを守ってきたが、6回、一死二塁からフェルナンデスに同点タイムリーを許すと、続くラロッカに11号2ランをぶち込まれ、勝ち越し点を献上。土壇場9回、楽天は二死一、二塁と久々のチャンスを掴んだが、最後は鉄平がファーストゴロに打ち取られ、万事休す。田中は完投虚しく2敗目。一方、金子は今季2度目の完投で8勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:59コメント(0)トラックバック(26) 

June 20, 2009

◆G5−2M◆
ロッテは初回、いきなり早坂,フクーラの連打で一、二塁と絶好の先制チャンスを掴みながら、クリーンアップが悉く打ち上げて、結局、無得点。すると、その裏、巨人はロッテ先発・渡辺俊を捉え、連打と死球で無死満塁とすると、寿司職人ラミレスのタイムリー,亀井のタイムリー二塁打で3点を先制。更に、一死満塁となった所で古城が犠飛を打ち上げ、この回4点。3回には渡辺俊との相性の良さから伊原コーチに打つと予言されていた李が12号ソロを叩き込み、5点目。2回までに4安打と立ち上がりに苦しんでいたグライシンガーだが、3〜6回までパーフェクトと尻上がりに調子を上げ、7回に今江にタイムリーを浴びると、この回限りで降板となった。8回から18試合連続無失点の球団記録が懸かる山口がマウンドに上がったが、代わりばなフクーラ,代打・竹原,代打・西岡が3連打を浴びて1点を失い、連続無失点記録はあっさり消滅し、失意のKO。なおも一発が出れば同点のピンチで代わった越智は井口をサードゴロゲッツーに仕留めると、続くサブローもサードゴロに打ち取り、僅か2球で大ピンチを脱出。9回も続投となった越智は無難に抑えて、逃げ切りに成功。グライシンガーは7回を無四球1失点の好投で7勝目

◆D4−0Bs◆
中日は2回、一死から内野安打で出た藤井がすかさず二盗を決めると、続く平田のタイムリー二塁打で先制のホームイン。6回には一死三塁からベンちゃんが犠飛を打ち上げると、更に、藤井の二塁打,平田の三塁打でこの回2点。8回には一死満塁から谷繁の犠飛で4点目。偽バファローズは3回までに5安打を浴びせながら、あと一本が出ない拙攻を展開。4回以降、すっかり立ち直った中日先発・吉見は今季3度目の完封で6勝目をあげ、リーグ防御率1位に躍り出た

6/20 長谷川◆YB7−11H◆
本多の今季初アーチとなる先頭打者弾で先制された横浜だが、その裏、吉村も9号先頭打者弾を放ち、あっさり同点。更に、村田も11号2ランを放ち、勝ち越しに成功。しかし、直後の2回、ソフトバンクは長谷川の4号2ランであっと言う間に追い付くと、田上が11号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。続く3回には川崎の三塁打,オーティズの二塁打で1点を加え、横浜先発・グリンをKO。更に、5回にはオーティズの10号ソロ,6回には松田の3号ソロ、そして、7回には長谷川の3ランが飛び出すなど、一発攻勢で着々と加点し、試合を決定付けた。その裏、8点差もあると言うのに引っ張り出された攝津アッパーが緊張感のない場面の所為か、2四球の後、村田に被弾し、よもやの3失点となったが、大事には至らなかった。先発・ジャマーノは5回3失点ながら、味方の援護に恵まれ、助っ人では球団史上初となる開幕3連勝をマークソフトバンクは横浜との勝ち越しを決め、交流戦史上初となる完全優勝を達成した。

◆C1−5F◆
広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤に対し、日本ハムは初回、二死一、三塁からスレッジのタイムリー内野安打で先制。3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せたダルビッシュに対し、広島は4回、先頭の梵がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で栗原がタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。しかし、そりも束の間、日本ハムは5回に高橋のタイムリーですかさず勝ち越し。高橋は7回にも2点タイムリーを浴びせると、9回には3本目のヒットを放ち、チャンスメイク。この後、小谷野がタイムリーを放ち、ダメ押しの5点目。ダルビッシュは5回以降、二塁を踏ませない投球で広島の反撃を断ちきり、完投でハーラー単独トップの9勝目を飾った。

◆S5−4L◆
初回に1点を先制されたヤクルトは2回、デントナの10号ソロが飛び出し、同点。しかし、4回、西武は中村の2試合連続21号ソロで勝ち越し。8回にはG.G.佐藤,大崎の連続タイムリーで2点を追加。これで決まったかと思いきや、その裏、二死一、二塁からデントナがこの日2本目となる11号3ランを叩き込み、一気に同点。試合はその儘、延長に突入した。西武は10回、二死から大崎の二塁打,代打・平尾の四球で一、二塁としたものの、上本がセンターフライに倒れて、二者残塁。すると、その裏、ヤクルトは6番手のルーキー・上本を攻め立て、一死満塁のチャンス。ここでまたまたデントナがレフト前へタイムリーを放ち、2試合連続のサヨナラ勝ちで6連勝。5番手の五十嵐に今季初白星が転がり込んだ。

◆T2−5E◆
0−0で迎えた3回、楽天は一死から平石,中村真と連打を浴びせると、草野が4号先制3ラン。続く山崎武も12号ソロを放り込むと、更に、鉄平,丈武と連続二塁打を放ち、この回大量5点のビッグイニングを形成。阪神先発っ・安藤はこの回限りで降板し、今季最短KOとなった。一方、阪神は6回、一死から新井,キュラソ星人,ブラゼルとクリーンアップの3連打でようやく2点を返すが、後が続かない。楽天はこの後、有銘−ミチルと繋いで、逃げ切りに成功。先発の永井は5回2/3を2失点で5勝目。敗れた阪神は8年ぶりの借金10にまで落ち込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(18) 

June 13, 2009

◆H3−1G◆
ソフトバンク先発・ジャマーノに対し、巨人は2回、寿司職人ラミレス,阿部のヒットで二死一、三塁とすると、古城がレフト前へ弾き返して、1点を先制。巨人先発・内海の前に、3回までノーヒットと沈黙していたソフトバンクは4回、エラーで出た川崎が二盗を決めると、松中が同点タイムリー。続く5回には一死から松田がレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。8回には一死から川崎,オーティズと連続二塁打を浴びせて、ダメ押しの3点目。7回途中から攝津アッパー−ファルケンボーグと繋いで、最後は馬原が締める必勝リレーで逃げ切った。ジャマーノは1失点の好投で2勝目をマーク。内海は自責点2で完投したものの、報われず、3連勝ならず。

◆F9−1D◆
ここまで2度の先発で結果が出ていない山本昌。一向に名手・川相を現役復帰させようとしない落合監督のやり口に落胆の色を隠せないのか、初回から糸井のタイムリー二塁打で先制を許すと、続く2回には一死から四球を挟んで4連打で3点を失い、失意のKO。代わった寝損も高橋,スレッジと連続タイムリーを浴び、この回6失点。日本ハムは3回に鶴岡のタイムリー,4回に小谷野の5号ソロで1点ずつ追加。大量援護を貰ったダルビッシュは余裕の投球で8回を無失点に抑え、ハーラートップタイの8勝目。

◆L4−2C◆
2回にゲッツーの間に先制を許した西武だが、その裏、二死満塁から片岡が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。続く3回には先頭の中島が四球を選ぶと、二死後、G.G.佐藤が10号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う広島は4回、連打で無死一、二塁とするも、マクレーンがゲッツーでチャンスを潰し、5回には二死から連打と四球で満塁とするも、赤松が倒れて、三者残塁。更に、6回には無死一、二塁としながら、今度は嶋がゲッツーと拙攻三昧。7回に東出の犠飛でようやく2点目をゲットするも、最後は小野寺に反撃を断たれた。西武はこれで4連勝。先発・帆足は再三ピンチを背負いながら、6回を1失点で切り抜け、3勝目

◆M9−1T
阪神は1,2,3回と立て続けに得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず仕舞い。一方、1イニング15点の大爆発で打線が乗ってきたロッテは3回、二死二、三塁らか井口,里崎のタイムリーで3点を先制。続く4回には大松の2点二塁打,橋本のタイムリーで3点を加えると、5回には今江の犠飛で7点目。7回には逸し満塁から大松が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。阪神はブラゼルの3号ソロで完封を逃れるのが精一杯で4連敗。直前の4連勝を完全に帳消しにしてしまった。ロッテ先発・小野は8回1失点の好投で3勝目

6/13 相川◆Bs1−3S◆
偽バファローズは初回、一死一、二塁からラロッカのタイムリーで先制。しかし、直後の2回、ヤクルトはガイエルの四球,宮本の二塁打で二死二、三塁とすると、相川が移籍初アーチとなる3ランをぶち込んで、逆転に成功。偽バファローズは8回、ヤクルト4番手・五十嵐に対し、二死から大引,大村と連打を浴びせ、一発逆転の場面で先制タイムリーのラロッカに繋いだものの、ラロッカは三振に倒れて、二者残塁。ヤクルトは9回から守護神・林を投入。林は三者凡退に斬って取り、逃げ切った。先発・ユウキは古巣相手に5回1失点で2勝目

◆E4−0YB◆
2回、楽天は横浜先発・グリンの制球難をついて、二死満塁とすると、嶋が押し出し四球を選んで先制。なおも満塁のチャンスで渡辺直がセンター前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。グリンは3回以降立ち直り、7回まで追加点を許さない好投を見せるが、8回、2番手・吉見にスイッチするや、代打・丈武,草野と連続二塁打を浴びて、致命的な4点目を献上。楽天先発・永井は散発2安打、三塁も踏ませぬ快投を展開し、今季初完封で4勝目。楽天は5月6日以来の連勝となったる

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(2)トラックバック(13) 

May 30, 2009

◆L2−2G◆
初回一死一、二塁のチャンスは逃した巨人だが、続く2回、先頭の松田記者が二塁打を放つと、亀井の犠打,阿部の犠飛で生還。先制点を貰った内海だが、4回に中島に7号ソロを被弾。5回に坂本のタイムリーで勝ち越して貰ったのも束の間、その裏、今度は平尾に5号ソロを被弾し、またも同点。巨人は7,8,9回と二死一、二塁の3イニング続けて逃し、一向に勝ち越せず、試合は延長に突入。西武は10回二死一、二塁のチャンスに片岡がライト前ヒット。一気にサヨナラを狙った二塁走者・松坂だったが、本塁憤死。以降、両軍共に走者を出す事なく、延長12回規定でドローとなった。

◆H9−5D◆
相変わらず、好投の先発投手を見殺しにする気満々の中日はこの日も3回まで拙攻三昧でゼロ行進。2回までパーフェクトに抑えていたウッチャンだったが、味方打線の不甲斐なさにいい加減、やる気がなくなったのか、3回、先頭の長谷川に痛打されると、続く田上の犠打を二塁へ転送すれば、これを荒木が落球。攻守に渡って、川相不在の重さを痛感し、ますます戦意喪失のウッチャンは森本に簡単に犠打を許すと、本多に2点タイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。更に、川崎に内野安打を許すと、オーティズには犠飛を打ち上げられ、この回3失点。続く4回には二死走者なしからハマのスペランカーに痛打された所で失意のKO。代わった長峰も長谷川,田上と連続二塁打を浴び、この回2失点。交流戦無敗を誇る大隣は4回まで無失点の好投を展開していたが、5回、突如、リズムを崩して、4連打で2点を失うと、谷繁には死球を食らわせ、この回一死も取れずにKO。2番手・水田も井端に犠飛,荒木にタイムリー,ブランコには押し出し四球を与えてしまう乱調ぶりで試合は一気に振り出しに。しかし、その裏、ソフトバンクは無死満塁のピンチを作ると、松中のセカンドゴロの間にすかさず勝ち越し。更に、一死満塁からハマのスペへランカーが犠飛を打ち上げ、7点目。8回にはハマのスペランカーの今季初アーチ,森本のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。最後はセーブのつかない場面ながらも登場した守護神・馬原がきっちり抑えて、逃げ切った。

◆E−C◆
降雨中止。

5/30 ダルビッシュ◆F8−2T
日本ハムは初回、四球とエラーで貰ったチャンスに小谷野,ミスタースナイパー・坪井の連続タイムリーで2点を先制。続く2回にもエラーと四球等で一死満塁とすると、稲葉の犠飛で3点目。更に、高橋が歩いて満塁となった後、小谷野が押し出し死球を食らって、労せずして1点を追加。5回には糸井が4号ソロを叩き込み、5点目。ダルビッシュの前に4回までノーヒットと沈黙していた阪神は5回、連打でチャンスを作ると、平野のセカンドゴロの間にようやく1点。なおも追加点のチャンスで上位に繋いだが、シャア少佐,関本と倒れて、1点止まり、すると、その裏、日本ハムは金子誠がタイムリーを放ち、再び点差は5点に拡大。8回には稲葉のタイムリー等でダメ押しの2点を追加。ダルビッシュは7回を1失点10三振を奪う力投で7連勝となった。

◆M6−3S◆
初回、二死一、二塁のピンチを切り抜けたロッテはその裏、ヤクルト先発・ユウキに対し、二死からサブローが四球で歩くと、続く井口が10号2ランを叩き込み、先制。3回には二死一、二塁から大松,里崎の連続タイムリーで3点を追加。5点を追うヤクルトは4回、ガイエル,畠山,宮本の3連打で2点を返し、なおも無死二塁のチャンスだったが、田中,相川,川島慶とあえなく凡退し、2点止まり。5−2の儘、迎えた7回、ロッテは一死三塁からサブローの犠飛で貴重な1点を追加。土壇場9回、ヤクルトは一死から3連打で1点を返し、一発が出れば同点と言うチャンスを作ったたものの、代打・川端が最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れて、ゲームセット。ロッテ先発・成瀬は7回2失点の好投で3勝目

◆Bs6−4YB◆
2回、偽バファローズは先頭のラロッカが9号先制ソロを叩き込むと、更に、一死一、三塁から小瀬の犠飛で2点目を追加。3回にはフェルナンデスの5号2ラン、4回には大引のタイムリーで着々と加点。8回にはフェルナンデスがこの日2本目となる6号ソロを叩き込み、6点目。8回まで0点に抑え込まれていた横浜だが、9回、3四球で貰った一死満塁のチャンスに吉村が3号グランドスラムをぶち込んで、一気に2点差。しかし、守護神・加藤を引っ張り出してしまった事で後続を断たれて、あと一歩及ばなかった。先発の金子は7回を2安打無失点の好投で5勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(0)トラックバック(15) 

May 23, 2009

◆E1−7G◆
楽天先発・岩隈に対して、巨人は3回、先頭の阿部が二塁打。続く脇谷がヘッポコバントをかました末に三振に倒れたものの、ここから坂本,工藤,ガッツの3連続タイムリーで一気に3点を先制。更に、寿司職人ラミレスがヒットで続くと、二死後、亀井にもタイムリーが飛び出し、この回、一挙4得点。7回には二死一塁から寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打で1点を追加。岩隈は今季ワーストの5失点でこの回限りで降板となった。9回には亀井に2点二塁打が飛び出し、ダメ押し。未だに白星がないものの、WBC干され症候群から立ち直りの気配を見せる先発・内海は立ち上がりこそ苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、7回まで無失点の好投を見せ、8度目の登板でようやく今季初白星

◆H5−4C◆
3回、満塁のピンチを切り抜けたソフトバンクはその裏、連打でチャンスを作ると、本多のファーストゴロの間に先制。更に、川崎が歩いた後、オーティズが走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせると、松中もタイムリーで続き、この回一挙4点。4回に1点を返した広島は続く5回には赤松のタイムリー二塁打,梵の犠飛で2点を加え、1点差。突き放しておきたいソフトバンクは6回一死二、三塁のチャンスを作って、先発の偽ハンカチ王子・斉藤をKO。代わった梅津から代打・小斉が犠飛を打ち上げ、5点目。7回に嶋の今季初アーチで再び1点差とした広島は8回には二死から連打で二、三塁と一打逆転のチャンス。しかし、不振に喘ぐ主砲・栗原がセンターフライに倒れて、二者残塁。最後は馬原の前に反撃を断たれて、3連敗。ソフトバンク2番手の水田に2勝目がついた。

◆M2−1D◆
ロッテ先発・渡辺俊は3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。しかし、4回、先頭の井端に痛打されると、荒木に犠打を許した所で森野にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。中日は更に、ブランコのヒットで一、三塁とチャンスを広げたが、ベンちゃん,デラロサと倒れて、二者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。6回には二死満塁と追加点のチャンスを作るも、小山が三振に倒れて、三者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。中日先発・ウッチャンは拙攻三昧で追加点を期待出来ない状況ながら、粘りの投球で7回まで無失点。しかし、8回、2番手・浅尾がいきなり井口に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で暴投をかまして、むざむざ同点を許す体たらく。9回には3番手・平井が一死一、三塁のピンチを作ると、4番手・小林正が大松にタイムリーを浴び、悪夢のサヨナラ負け。好投のウッチャンはまたも打線に見殺しにされる憂き目に遭った。この絶望的な状況を打開する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰を待望する声は強まる一方だ

◆Bs3−7T
WBC干され症候群から未だに立ち直れない小松はこの日も立ち上がりから苦しい投球。初回にいきなりの3連打で先制を許すと、3回にはキュラソ星人にタイムリー二塁打,4回には林に被弾し、3失点。5回にフェルナンデスのタイムリー二塁打で負けは消して貰ったものの、5回限りで降板でまたも初白星ならず。3−3で迎えた7回、阪神はキュラソ星人,新井の連続タイムリーで2点を勝ち越し。続く8回には狩野がタイムリーを浴びせると、9回には新井の犠飛でダメ押し。その裏、セーブのつかない場面ながらも登板した藤川が代わりばな連打で無死一、三塁のピンチを作ったが、そこからラロッカ,下山と連続三振。最後は岡田をセカンドフライに打ち取り、ようやく連敗を5でストップさせた

5/23 中田◆F3−0S◆
入団早々、水島の呪いにかけられると言う不運極まりない状況に追い込まれ、1年目を完全に棒に振ってしまったトンガがイースタン二冠と言う堂々の実績を引っ提げて、ついにプロ初スタメン。2回一死一塁で迎えた初打席でレフト前へ弾き返して、嬉しいプロ初安打。この後、鶴岡のタイムリー,田中の犠飛,劇団ひちょりのタイムリーで日本ハムは3点を先制。3回以降、僅かに2安打と完全に沈黙してしまった日本ハムだが、ダルビッシュには3点あれば十二分だった。毎回走者を出しながらも、要所を締める丁寧な投球でヤクルト打線を翻弄したダルビッシュは今季2度目の完封で6連勝。ヤクルトは来日初先発のパレットが4回3失点で降板と期待を裏切った。尚、初打席こそヒットを放ったトンガだが、以降は三振,三振,ピッチャーゴロとさっぱりだった。

◆L10−6YB◆
昨日はメッタ打ちで惨敗を喫した西武だが、この日は初回から猛攻。いきなり片岡,栗山,中島の3連打で背戦意すると、G.G.佐藤にもタイムリーが飛び出し、この回2点。続く2回には栗山,中島,中村と3連続タイムリーで3点を追加。5,6回にも1点ずつ加え、大量7点のリード。7回にメカゴジラの2号2ランで2点を返されるも、その裏、佐藤,上本の連続タイムリー二塁打等で3点を加え、ダメ押しの10点目。横浜は金城,藤田の一発攻勢で追い上げたが、及ばなかった。西武先発・帆足は終盤、疲れが出たか、8回で4点を失ったが、大量援護に恵まれ、2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:17コメント(0)トラックバック(27) 

May 08, 2009

◆G10−4D◆
ゴーグルで照明を反射させて打者の目を眩ませる姑息で卑劣な投手に貶められると言う水島の呪いに苛まれ続けている先発・山井がこの日も乱調。初回、いきなり連続四球でピンチを作った挙げ句、ガッツにライトスタンドへ叩き込まれて、あっと言う間に3点を失い、この回限りで降板となる体たらく。2番手・寝損が3回に李に7号2ランを被弾すると、3番手・菊地も4,5回で3失点と、中継ぎ陣も精彩を欠き、点差は拡大する一方。中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが一発を放つなど、4点差まで詰め寄ったものの、8回、6番手・高橋が4安打を集中されて、致命的な2点を失い、3連勝ならず。巨人は15安打10得点と打線爆発で3連勝。貯金は今季最多の10となった。先発のグライシンガーは6回4失点ながら、打線援護に恵まれ、4勝目。

◆YB2−0T◆
阪神先発・安藤,横浜先発・ハマのチンピラがいずれも5回まで散発2安打無失点と互いに譲らぬ好投を展開。迎えた6回、横浜は二死走者なしから内川が3試合連続となる6号ソロを叩き込み、ついに先制。7回の満塁のチャンスは逃したが、続く8回二死走者なしから村田がヒットで出ると、3連続四球による押し出しで貴重な2点目を追加。ハマのチンピラは二塁も踏ませない完璧な投球で今季初完投初完封を果たし、4勝目をマーク。阪神は僅か2安打と沈黙。しかも、うち1本は投手の安藤が打ったもので野手は僅かに関本の1安打に終わり、好投の安藤を見殺しにしてしまった。

5/8 オーティズ◆H4−3L
涌井の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、二死一、二塁から長谷川のタイムリーで均衡を破ると、続く5回には先頭の山崎の三塁打。本多,川崎と倒れたものの、森本がライト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。しかし、直後の6回、西武は2四死球で掴んだ一死一、二塁のチャンスに中島が3号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。点差を拡大させておきたい西武だったが、8回二死一、二塁,9回二死満塁のチャンスを悉く逸してしまい、1点差の儘、土壇場9回裏へ突入。西武は完投ペースの涌井をあえて下げて、抑えのグラマンにスイッチするが、これが裏目。先頭の小久保がライト前へ弾き返すと、一死後、オーティズがバックスクリーン左へ3号2ランを叩き込み、逆転サヨナラ勝ち。8,9回のピンチを凌いだ2番手・攝津アッパーがプロ初勝利を手にした。

◆M4−3E◆
序盤は点の取り合いとなったこの試合、初回に楽天が山崎武のタイムリー二塁打で先制すれば、その裏、ロッテは西岡が3号逆転2ラン。3回に楽天が草野の2号2ランで逆転すれば、その裏、ロッテは井口の犠飛ですかさず同点。3−3てき3−3で迎えた5回、ロッテは二死から西岡が四球を選ぶと、続く井口がタイムリー二塁打を放ち、西岡が勝ち越しのホームイン。先発・清水は7回まで3失点で切り抜けると、8回からはシコースキー−荻野と繋ぎ、楽天の反撃をかわした。ロッテは散発4安打ながらも4点を奪う、効率のいい攻めで競り勝ち。清水は5度目の先発にして、ようやく今季初勝利を掴んだ。

◆F10−1Bs◆
12点取られても完投させられると言うキツいお灸が効いたのか中山は毎回の様にピンチを背負いながらも4回まで無失点に抑える粘りの投球を展開。しかし、5回、田中,稲葉とタイムリーを浴びて、3点を失い、KO。畳み掛ける日本ハムは更に、小谷野,高橋とタイムリーを浴びせると、続く6回に4長短打で5点を奪い、大量10点のリード。偽バファローズは9回に鈴木のタイムリーで完封を免れるがやっとだった。日本ハム先発・ダルビッシュは7回を散発4安打無失点、三塁も踏ませぬ投球で4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(33) 

April 24, 2009

◆G2−3D◆
ナゴヤドームで7年ぶりの3タテを食らった借りを返したい中日だが、ゴーグルで照明を反射させて打者の目を眩ませる姑息で卑劣な投手に貶められると言う水島の呪いに苛まれ続けている先発・山井が寿司職人ラミレスにタイムリー内野安打を浴び、初回から先制点を献上。山井は7回までその内野安打1本に抑える快投を展開するが、味方打線は相変わらず、川相不在が故のタイムリー欠乏症により、スコアボードにゼロを重ねるばかり。しかし、8回、あまりの拙攻三昧に最早、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くした代打・立浪が今季初アーチを叩き込み、ついに同点。更に、この後、一、三塁とチャンスを広げたがベンちゃんがピッチャーゴロに倒れて、二者残塁とまたも川相不在の弊害を露呈。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、巨人5番手・越智に対して、中日は一死からアライバコンビが連打を浴びせると、ここで森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー三塁打となり、2点を勝ち越し。その裏、満を持して登板の守護神・岩瀬が先頭の阿部に被弾し、1点差。更に、坂本,代打・鶴岡とヒットを浴び、二死一、三塁の大ピンチを迎えたが、最後はガッツを三振に斬って取り、辛くも1点差を守った。巨人の連勝は6でストップ。

◆C0−4T◆
初回から制球が定まらない広島先発・前田健は2四球を与えるなど、いきなり一死満塁のピンチを作ると、新井の犠飛,桜井のタイムリーで2点を献上。続く2回にも関本にタイムリーを許して、点差は3点と拡大。一方、阪神先発・能見に対して、広島打線は塁上を賑わせながらも、あと一方が出ない拙攻続き。一向に得点が奪えない味方打線に焦りを隠せない前田健は5回、キュラソ星人にタイムリーを浴び、致命的な4点目を献上し、今季最短KO。7回まで毎回安打を浴びながらも粘りに粘った能見は8,9回は3人ずつで片付けて、2年ぶりの完封勝利を果たした。広島は主砲・栗原が腰の張りを訴え欠場となったのが大きく響いた格好だ。

◆S0−3YB◆
横浜は初回、二死走者なしから内川がレフトスタンドへ2号先制ソロアーチ。ヤクルト先発・一場さまは2回以降、横浜打線に付け入る隙を与えない好投を見せるが、それを上回るハマのチンピラの快投の前に初回の1点がヤクルトにとって重くのしかかるばかり。0−1の儘、迎えた土壇場9回、横浜は一死満塁から代打・大西が貴重な2点タイムリー。8回まで散発3安打に抑えていたハマのチンピラは9回も連続三振であっと言う間に二死を取り、今季初完封目前と言う所で連続四球を与えて、無念のKO。しかし、代わった石井がガイエルを打ち取り、完封リレーを達成。復帰後、快音が聞かれずにいた村田に第1打席でようやく今季初安打が飛び出したのも明るい材料だ。一方、敗れたヤクルトはこれで4連敗となり、貯金がなくなった。

◆H2−3E
楽天先発・永井に対して、ソフトバンクは初回、ヒットで出た川崎が二盗を決めると、小久保のタイムリーで先制のホームイン。4回には先頭の松中が6号ソロを放り込み、2点目を追加。ソフトバンク先発・和田の前に6回まで僅か1安打と沈黙していた楽天は7回、二死走者なしから山崎武が3号ソロを叩き込み、1点差。続く8回には一死二塁から代打・高須が同点タイムリーを浴びせて、和田をKO。更に、代わった水田から代打・草野がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏から有銘−グウィンがパーフェクトリリーフでソフトバンクの反撃を断ちきり、逃げ切った。永井は7回2失点で2勝目をマークした

4/24 ダルビッシュ◆Bs0−11F◆
WBCで干されていた後遺症に苛まれ、連続炎上で二軍に落ちていた小松が再昇格。しかし、よりにもよって、その復帰初戦でダルビッシュに当てられる試練に遭わされ、プレッシャーがかかってしまったか、初回から稲葉に先制タイムリーを許すと、2回には糸井に1号2ランを被弾。3,4回と三者凡退に抑え、立ち直ったかと思われたのも束の間、5回に自らのエラーでピンチを作った挙げ句、スレッジに満塁弾を浴びる始末。これだけ打たれても代えて貰えない晒し者状態の小松は7回にも小谷野に4号3ランを叩き込まれるなど、4点を失い、計11失点で悪夢のKO。一方、ダルビッシュは立ち上がりこそ制球に苦しんだが、中盤4〜7回の4イニングの間に6連続を含む10個と怒濤の三振ショーを展開。終盤は打たせて取る投球で今季初完封を達成した。

◆L3−1M◆
0−0で迎えた4回、西武は一死一、二塁からG.G.佐藤がライト前に弾き返して、1点先手。直後に5回、ロッテはすかさず里崎の2号ソロで追い付くが、西武は6回、中村の7号ソロで再び勝ち越しに成功。更に、8回にはボカチカがレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、ダメ押し。西武先発・涌井は12三振を奪う力投を見せ、1失点完投で3勝目。史上初となる毎回での全員三振も達成した。西武以前に水島の呪いと戦っている唐川は打線の援護なく2敗目を喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:34コメント(0)トラックバック(27) 

April 10, 2009

4/10 金本◆G6−5T◆
一昨日、40代では史上初となる3打席連発を放ったばかりのキュラソ星人がこの日も3打席連続アーチと神懸かった様な大爆発。取り憑かれたかの様にアーチを量産するキュラソ星人の前に巨人もなす術なく屈するしかないと思いきや、この苦境を救ったのは伏兵・鶴亀コンビ。5回に鶴岡が逆転3ランを叩き込めば、追い付かれた直後の6回には亀井が勝ち越しタイムリー三塁打。7回には鶴岡に何と2打席連続アーチが飛び出して、貴重な追加点となった。内海は依然として、WBCで干された影響が残るのか、6回途中4失点でKOとなったが、リリーフ陣の踏ん張りで逃げ切り、巨人は4連勝。

 

◆C3−11D◆
2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんに被弾し、先制を許してからおかしくなったルイスは中日打線につるべ打ちを食らい、6回には自らのエラーでピンチを作るなど、4点を失い、計9失点の大炎上。一方、吉見は6回途中で降板したものの、1失点で切り抜け、2連勝。打っては不振に喘いでいた荒木が4打席連続ヒットで足がかりを作ると、続く井端が3犠打でチャンスを広げ、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに放った2ランを含む5打点と、1〜3番の活躍が光った。中日はこれで単独首位に躍り出た。

◆YB9−1S◆
広島からやってきた救世主・森笠による前人未踏のチーム初タイムリーによって、呪縛が解かれたのか、昏睡状態だった横浜打線が爆発。2回に石川のタイムリーで早々と先制すると、4回には石川の2打席連続タイムリーに続き、ジュビロ野口が走者一掃のタイムリー三塁打。5回には金城の一発等で3点を加えると、6回にはガッツな貴公子,内川が連続タイムリーを放ち、計9点。ここまでの6試合で僅かに5得点だったが、それを遥かに上回る得点をこの試合だけで叩き出し、ようやく今季初勝利。開幕戦の呪いに苛まれているハマのチンピラも開幕戦でなくなった事で緊張がほぐれたか、初回の満塁のピンチを切り抜けると、以降はスイスイとヤクルトの反撃をかわして、8回1失点の好投を展開した。

◆H1−9F
開幕戦では立ち上がりの弱さをつかれて、不覚を取ったダルビッシュ。この日も初回に稲葉のよもやのエラーに足を引っ張られて、ノーヒットで先制点を献上。しかし、これまた前回同様、2回以降は完全に立ち直ったダルビッシュは8回まで散発3安打と付け入る隙を許さない好投。和田の前に3回まで沈黙していた打線は4回にスレッジが同点アーチを叩き込むと、、6回には金子誠の一発等で3点を勝ち越し、和田をKO。これで完全に流れを引き寄せた日本ハムは7回に2点,8回にも3点を奪って、試合を決定付けた。

◆Bs10−8M◆
大松の逆転3号2ラン等で6点もの援護を貰った先発・清水だが、リードして貰った矢先の5回にラロッカに2打席連続アーチを許して、あえなくKO。二軍落ちも遠くないと噂されていたラロッカだが、続く第4打席でもダメ押しの2ランを叩き込み、3打席連発の7打点。偽バファローズは守護神・加藤が2点を失い、2点差まで詰め寄られたものの、辛くも逃げ切りに成功。気がかりなのは、先発の小松。立ち上がりから精彩を欠いた投球で6点を失い、5回もたずにKO。前回同様、新人王に輝いた昨年の面影は見る影もなく、WBCで干されていた後遺症を色濃く感じさせる内容だった。打ち合いに敗れたロッテはこれで3連敗。

◆E0−6L◆
開幕戦のダルビッシュに続き、この日は涌井と、またもやWBCでの同僚と投げ合う事となった岩隈。この日はいつになく制球に苦しみ、初回から中島に先制タイムリーを許すと、5回には連続四球等で満塁のピンチを作って、中村に2点二塁打を浴び、この回限りでKO。一方、涌井は3回に背負った満塁のピンチ以外は全く危なげなく、8回まで散発3安打無失点の快投を展開。西武は終盤にもボカチカの一発等で突き放し、完封リレーで好調・楽天をねじ伏せた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(27) 

March 09, 2009

 既に、サンディエゴラウンド進出を確定させている日本と韓国が東京ラウンド1位を懸けて、再び激突。先の対決ではメッタ打ちを食らわせた日本打線だが、仇敵相手に連敗は許されないと言う凄まじい反日感情を前面に押し出してくる韓国の前にこの日は3回まで1安打と沈黙。一方、昨年21勝をマークした沢村賞投手・岩隈も3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。しかし、4回、四球とヒットで一死一、二塁のピンチを迎えた所で、4番・金泰均に三塁線を破られ、ついに先制点を献上。先手を取られた日本だが、7回まで得点圏に走者を進めたのは僅かに1度と全く反撃の糸口を掴めない。何とか流れを引き寄せたい日本は8回から登板したダルビッシュが二人の走者を出しながらも、闘志剥き出しの投球で3つのアウトを全て三振で奪う力投を展開。すると、その裏、一死からここまでノーヒットの鈴木一朗がようやく初ヒット。ここで代わったヤクルト・林昌勇に対し、二死となるのを覚悟で中島に犠打を命じて、青木に託した若大将・原監督だったが、青木は同僚の前にカウント0−2からどん詰まりのピッチャーゴロに打ち取られ、またも無得点。川相不在でこうもチャンスが掴めない以上、一発に賭けるしかないとばかりに村田,稲葉,ガッツの一発に望みを託す日本だったが、あえなく三者凡退に終わり、4回の1点が最後まで重くのしかかる事となった。

 一度は圧倒的大差をつけて下した相手に完封を喫し、日本は東京ラウンド無念の2位。これで韓国が調子ぶっこくのは間違いないだろう。そんな事より気になるのが、サンディエゴラウンド初戦の相手。東京ラウンド2位と言う事で、メキシコラウンドの1位チームと当たる事になる訳だが、メキシコラウンドの本命と言えば、勿論、キューバ。第2次ラウンドもダブルエリミネーション方式の為、仮に、そこで敗れたとしても決勝トーナメントへの道が閉ざされる訳ではないが、初戦からプレッシャーが重くのしかかる展開になりそうな気配だ。強化試合で日本に惨敗しまくったオーストラリアがメキシコに大勝するなど、一発勝負は何が起きるか分からない訳で、まかり間違ってオーストラリアがキューバを食う事とてありえない訳ではないが、果たして、どうなるか…。それにしても、韓国と5度も対決する可能性のある鬱陶しい組み合わせ方式は何とかならんものか。前大会でも思ったが、第1次ラウンドの1,2位チームは第2次では別々のラウンドに配置するべきだと思うのだがなぁ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(1)トラックバック(65) 

March 05, 2009

 いよいよ始まったWBC東京ラウンド。連覇を狙う日本の初戦の相手は中国。アストロ球団との対戦経験を生かし、アストロ魂の注入を図ったラフィーバー監督が「今の中国にアストロ魂は20年早過ぎた」として、更迭された後、代わって就任したのが、よりにもよって偽バファローズを低迷させた挙げ句に職場放棄したコリンズとあっては、中国相手の大勝が期待された日本だが、よもやの大苦戦を強いられてしまう。先発のダルビッシュはオーストラリアとの強化試合で辛酸を舐めた経験を生かし、積極的にストライクを先行させて、3回まで僅かに32球のノーヒット投球。西武戦以来、当たりが止まっている日本打線はこの日も初回、一死二、三塁のチャンスを逃すと、2回には無死一、二塁のチャンスにJ.マッケンジーが最悪のゲッツーとチグハグな攻撃の連続で川相不在の弊害を露呈。しかし、3回、四球で歩いた中島がディレードスチールを決めた後、青木のタイムリーでようやく先制。更に、二死後、村田が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ叩き込んで、この回、一気に3点。続く4回にはエラー絡みで一死二、三塁のチャンスを作るが、大ブレーキの鈴木一朗がどん詰まりのセカンドゴロとまたも凡退。中島の敬遠で満塁となるも、青木が倒れて、三者残塁とまたも川相不在の弊害を露呈。攻撃陣がピリッとしない中、ダルビッシュが4回まで投げ終えた後、2番手・涌井も2回を3人ずつで片付ける好投を展開。何とか追加点をあげたい日本は6回、2つの四球で一死一、二塁のチャンスを作るが、ここでまたまた鈴木一朗がどん詰まりのショートゴロ。しかし、中島の打席で投手の孫がボークを犯して、タナボタの4点目を追加。この後、日本は山口−田中−馬原と繋ぎ、最後は藤川が締めて、完封リレーで何とか勝ち進んだ。

 下馬評通りなら、コールド勝ちしてもおかしくない相手に僅か5安打。中国の拙守に助けられた部分も多く、前回の覇者としての貫禄は見せつけられなかった。まぁ、川相不在である以上、拙攻のオンパレードはある程度覚悟するしかない。J.マッケンジーのヘッポコバントとか見せられて、やきもきさせられるのも仕方の無い事なのだ。とは言え、この東京ラウンドはリーグ戦でなく、トーナメント。圧勝しようが、辛勝しようが、その1勝の価値に何ら差異はない訳で、結果そのものを気にする必要はないだろう。それにしても、気になるのは鈴木一朗の不振ぶり。練習試合,強化試合を通して、しみったれた内野安打3本しか打てず、最後の巨人戦同様に指定席の1番に入ったが、外野にすら打球を飛ばせず、チャンスメーカーどころか、悉くチャンスブレーカーを演じてしまう始末で、結局、5打数無安打の体たらく。中国相手にこのザマでは、韓国相手ではどうなる事やら…。ただ、鈴木一朗にとって、韓国は怨敵であり、急激に高まったモチベーションで覚醒すると言った展開を期待するしかないだろうか。一方、投手陣はいずれも結果を残したが、これも中国相手なので手放しで喜んではいられない所だ。サンディエゴラウンド進出まで、あと1勝。果たして、次の相手は韓国か、台湾か!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:24コメント(0)トラックバック(38) 

October 18, 2008

◆L0−5F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
西武先発・岸の前に2回まで3人ずつで片付けられていた日本ハム打線だが、3回、一死から鶴岡,金子誠と連打を浴びせると、二死後、劇団ひちょりがライト前へタイムリーを放ち、1点を先制。続く4回には一死一、二塁からミスタースナイパー・坪井のタイムリー,鶴岡の犠飛の後、金子誠がレフトスタンドへ2ランを放り込み、一挙4点を獲得。投げては先発・ダルビッシュが序盤こそ制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げて行き、三振こそ6個と少なかったものの、打たせて取る丁寧な投球で散発3安打完封を果たした。

ダルビッシュを出し惜しみした所為で、窮地に陥った日本ハムだが、満を持して登場したダルビッシュが屋外球場を回避しただけの甲斐はあったと言う好投を展開し、昨日の借りを返した。西武はクリーンアップトリオが揃って4タコと抑え込まれるなど、僅かに3安打と沈黙。昨日の猛攻は西武打線が甦ったのではなく、単にグリンが乱調だっただけなのか、はたまた、甦った西武打線をもねじ伏せる程、ダルビッシュが素晴らしかったのか。実際には1勝1敗だが、アドバンテージの1勝が重くのしかかり、まだまだ日本ハムの劣勢である事には変わりはない。

◆T0−2D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
何を血迷ったか、セ・リーグでも昨年から開催される事になってしまったアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦。敗れたとは言え、シーズン終了ギリギリまで巨人とのデッドヒートを演じた阪神としては5割ギリギリの中日ごときに巨人への挑戦権すら与えたくない所だが、先発・安藤が初回から二死三塁のピンチを迎えると、T.ウッズにタイムリーを許して、先制点を献上。1点を追う阪神は中日先発・人斬り抜刀斎に対して、3回、先頭の矢野がチーム初安打。続く平野がフルカウントまで持ち込んだ事でスタートを切った矢野だが、平野はセカンドへのファールフライを打ち上げる最悪の展開。更に、安藤はファーストへの小フライを打ち上げるヘッポコバントをかまして、またも矢野は一塁に釘付け。続くシャア少佐もショートゴロに倒れて、結局、無得点。その後も阪神は4回二死一、三塁,5回一死二塁と悉くチャンスを逃す一方、中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野のソロアーチで2点目を追加。リードを広げられた阪神は7回、先頭の林がヒットで出るも、後続3人があっさり凡退。8回には2番手・浅尾からシャア少佐,関本の連打で無死一、二塁でクリーンアップに繋ぐ絶好のチャンスしかし、新井,キュラソ星人と打ち上げると、鳥谷もピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。9回は守護神・岩瀬に対して、二死から代打・浅井が四球を選んだものの、最後は代打・ゼブラ今岡がライトフライに倒れて、完封負けを喫した。

昨年に続いて、偽りの日本一の座を掠め取る気満々の中日が完封で先勝。相変わらず、一発に頼らざるを得ないまずい攻めを繰り返しながらも、阪神がそれ以上に拙攻三昧だった事に救われた。中盤から完全にV争いから脱落し、僅か貯金3で3位に滑り込んだ中日に勝ち上がられては、シーズン終了寸前まで首位だった阪神の立場もないと言うものだが、そもそも、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦と言うものはそういうペナントレースの激闘を台無しにする以外の何物でもないエキシビジョンマッチなのだから仕方ない。無論、阪神が勝ち上がるならいい…と言う事もない訳で、こんな無駄な戦いはいい加減、今季限りでやめてくれんかね…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(43) 

October 11, 2008

◆S2−3G◆
連覇を決めた巨人は若手主体のオーダーを展開するが、ヤクルト先発・川島亮の前に6回まで2安打と沈黙。一方、巨人先発・バーンサイドも走者を出しながらも5回まで無失点と粘りの投球を展開していたが、6回からマウンドに上がった2番手・久保が先頭の梶本を歩かせると、一死後、畠山,飯原と連打を浴びて、先制点を献上。更に、田中にもセンター前へ痛打されると、鈴木尚が三塁へ悪送球を犯す間に畠山の生還を許して、この回2失点。しかし、直後の7回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスが45号ソロを叩き込み、1点差。続いて四球を選んだ鈴木尚がすかさず二盗を決めると、一死後、坂本がセンター前へ同点タイムリー。更に、二死二、三塁となった所で脇谷のピッチャーゴロを松岡がお手玉する間に坂本が勝ち越しのホームイン。1点を追うヤクルトはその裏、二死から連続四球でチャンスを作るが、武内がライトフライに倒れて、二者残塁。8回にも田中,川本のヒットにマッスル千代の富士の悪送球が重なり、二死二、三塁と一打逆転の場面を作るが、代打・ユウイチが空振り三振に倒れて、またも二者残塁。9回には一死から梶本が二塁打を浴びせるも、二死後、牽制で刺される大チョンボで呆気なくゲームセットとなった。

ヤクルトが10残塁の拙攻で対巨人5連敗と最後まで意地を見せられずに全日程を終了。巨人は寿司職人ラミレスが村田に並ぶ一発を放ち、全試合スタメンを果たした坂本が2安打1打点1盗塁,鈴木尚も途中出場ながら2盗塁を決めると、最後は山口が締め括るなど、今季の優勝に貢献した面々が活躍。今季限りの引退を決意した村田善は7回からマスクをかぶると、9回に最後の打席に立ち、レフトフライに倒れた。尚、昨日、悶絶して退場した阿部は右肩関節挫傷と診断され、日本シリーズの出場は絶望的と見られている。もしかして、村田善の出番はまだあったりするのか?

◆YB5−4T◆
痛恨の取りこぼしで優勝を逃し、意気消沈の阪神に対して、横浜は初回、下園,藤田と連打を浴びせると、一死後、村田,吉村の連続タイムリーで2点を先制。続く2回にも二死満塁のチャンスを作ったが、藤田が三振に倒れて、三者残塁。2点を追う阪神は4回、平野,関本,キュラソ星人の3連打で1点を返し、なおも一、二塁のチャンス。ここで鳥谷のライトフライで関本゛かタッチアップで三塁へ進むが、同じく二塁を狙ったキュラソ星人が憤死。続くバルディリスも倒れて、1点止まり。2−1の儘、迎えた7回、2四死球で一死一、二塁とすると、代打・矢野のタイムリー二塁打で同点。更に、続く浅井が2点タイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。しかし、その裏、横浜は代打を出された石川に代わる2番手・アポリー中尉に対して、斉藤俊,代打・メカゴジラの連打の後、下園が送って、二、三塁。ここで藤田のショートゴロの間に斉藤俊が生還し、1点差と詰め寄ると、続く内川が14号2ランを叩き込み、一気に逆転。8回からは横山−はーちゅんと繋いで、1点のリードを守りきった。

目標を失った阪神がまたもや逆転負けで4連敗。アポリー中尉の背信投球でルーキー・石川の好投は無と化してしまった。最早、いじめ甲斐もない阪神相手に本拠地最終戦を飾った横浜は3連勝。3番手として、キュラソ星人をライトフライに打ち取っただけの高宮に2年ぶりの白星が転がり込んだ。

◆Bs1−4F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
今年も性懲りもなく開催された、日本シリーズとは全く関係ないエキシビジョンマッチ「アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦」。2回、日本ハムは先頭のスレッジがライトスタンドへソロアーチを叩き込み、1点を先制。更に、この後、二死満塁と追加点のチャンスを作ったが、田中がレフトへのファールフライに倒れて、三者残塁。立ち直った近藤の前に3回以降沈黙していた日本ハムだが、6回、劇団ひちょりの四球,スレッジのヒットで一死一、二塁とすると、高橋,小谷野が連続タイムリー。更に、糸井が歩いて、満塁となった所で鶴岡が犠飛を打ち上げ、この回3点。毎回の様に走者を出しながら、あと一本が出ない偽バファローズは8回、先頭の坂口が内野安打で出ると、ダルビッシュの悪送球,暴投で三進。下山が歩いて、一、三塁となった所でカブレラが犠飛を打ち上げ、ようやく1点。しかし、続くローズは最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。最後はあえなく三者凡退に終わり、日本ハムに先手を握られた。

先発・ダルビッシュは2回までに4安打を浴びながらも、偽バファローズの拙攻に助けられながら、無失点で凌ぎきると、3回には三者三振の快投を見せてから、怒濤の三振奪取モード。その後もヒットは浴びても、三振で要所を締める強引な投球を展開し、結局、1失点(自責点0)完投勝利。ダルビッシュ相手に小松をぶつける様な賭けには出なかった事で、ある程度、初戦の負けは覚悟していたであろう偽バファローズだが、9安打浴びせながら、14三振に加えて、3併殺の拙攻で1点しか奪えないのは何とも勿体なかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(21) 

September 29, 2008

◆T5−3C◆
阪神は先発のルーキー・石川が初回からいきなり無死満塁の大ピンチ。しかし、ここで栗原をホームゲッツーに仕留めると、嶋も打ち取り、ピンチ脱出。2回にも先頭打者を出しながら、ゲッツーで切り抜けた阪神はその裏、ゼブラ今岡が7号先制アーチ。4回には新井,キュラソ星人と連打を浴びせると、ゼブラ今岡はゲッツーを食らうも、鳥谷,関本,矢野と3連打で2点を追加。3点を追う広島は6回、この回から代わったアッチソンに対して、先頭の天谷がヒットで出ると、一死後、連続四球で満塁のチャンス。ここでシーボルが2点タイムリー二塁打を放って、1点差。なおも二、三塁のチャンスだったが、石原,小窪と連続三振に倒れて、2点止まり。しかし、続く7回、二死走者なしから代打・緒方の四球,オチョアの二塁打で二、三塁とすると、栗原がタイムリーを放って、ついに同点。なおも一、三塁と勝ち越しの場面で嶋はショートフライに倒れて、勝ち越しならず。追い着かれた阪神は8回、先頭の新井がヒットで出ると、続くキュラソ星人が25号2ランを叩き込み、再び勝ち越し。8回から登板していた守護神・藤川は9回もきっちり締めて、広島の反撃を断ちきった。

巨人の自滅で点灯した7度目のマジックを2度と消したくない阪神が一時は追い付かれながらも、藤川を同点の8回から投入する執念の継投で広島に傾きかけた流れを引き戻すと、主砲の一発で逃げ切り、マジックを7と減らした。久々にスタメン復帰となった新井も3安打と活躍。中日の試合がない日に、敗れてしまった広島は4位転落。この日は正に、ブラウン監督の嫌がらせ采配がチームを敗北に導いたと断言出来るだろう。1点差に迫った6回一死二、三塁で下位の石原,小窪と続く所で求道者・前田を代打に送らず、8回二死一塁で求道者・前田ではなく赤松を起用。6回はアッチソン,8回は藤川といずれも右投手相手であり、毎度起用しない言い訳にしている「求道者・前田は左に弱い」などと言うでっち上げすら、当てはまらない。そして、2点差つけられた9回一死走者なしになってからようやく起用するまったくもって訳の分からない采配。いや、普通に見れば不可解極まりないが、求道者・前田をシメてシメてシメ倒し、是が非でも肩書き付きタイムリーは阻止する事が目的の采配であるのは明白であり、実に分かりやすい采配だったと言えるだろう。3位や5割と言った自らの続投条件などよりも、求道者・前田をシメ倒す事ばかり躍起になっているブラウン監督の嫌がらせ采配はいつまで続くのか!?

◆E2−4H◆
ソフトバンクは初回、二死から松田の16号ソロで先制。続く2回には先頭の田上が左中間突破の二塁打を浴びせると、本間の犠打が岩隈の悪送球を誘い、ボールが転々とする間に田上が本塁を陥れ、2点目。3回一死満塁、4回二死一、二塁のチャンスは逃したものの、5回には一死二、三塁から本間が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、4点目。岩隈はこの回限りで降板となった。ソフトバンク先発・新垣は尻上がりに調子を上げて、8回まで無失点の好投。9回、二死二塁と完封まであと一人と迫りながら、藤井,中村と連打を浴びて、2点を失い、無念のKOとなるが、最後は守護神・馬原が内村を三振に斬って取り、辛くも逃げ切った。

今季、背信投球が続いている新垣が伝家の宝刀・ワイルドピッチを封印し、20勝投手・岩隈に完璧に投げ勝つと言うよもやの展開でソフトバンクが楽天と入れ替わりで最下位脱出。王さんのホークス通算1000勝まであと3つと迫った。楽天は頼みの岩隈が5回4失点KOとなる大誤算で、終盤の粘りも及ばず、再び最下位に逆戻りとなった。

◆F2−1M
ダルビッシュは2,4回を三者三振に斬って取るなど、6回まで2安打無失点の快投。一方、小林宏も初回、先頭の田中に痛打された以降は5回までパーフェクトの好投。6回も簡単に二死を取ったが、ここで唯一のヒットを打たれている田中にライトスタンドへ11号ソロを放り込まれて、先制点を献上。1点を追うロッテは直後の7回、二死からフクーラの四球,里崎のヒットで一、二塁とすると、橋本がタイムリー二塁打を放ち、フクーラが同点のホームイン。1−1で迎えた8回、日本ハムは糸井の二塁打,代打・ミスタースナイパーのヒットで一死一、三塁とし、小林宏をKO。代わった川崎に対して、田中のセカンドゴロが野選を誘い、勝ち越しに成功。ダルビッシュは9回は3人で打ち取って、完投で自己最多の16勝目をマークした。

ダルビッシュが12三振を奪っての1失点完投で投手戦を制し、日本ハムがまたまたロッテと入れ替わりで3位に浮上。打っては田中が同点弾に決勝野選とラッキーボーイになった。一方、小林宏は8回途中まで無四球5安打2失点の好投を展開していたが、打線の援護がなく、12敗目。

◆L3−4Bs◆
初回、偽バファローズは一死から後藤がヒットで出ると、続くカブレラが36号2ランを叩き込み、先制。その裏、西武は一死一塁から中島のタイムリー二塁打で応戦。1−2の儘、迎えた6回、偽バファローズは日高の13号ソロで突き放すが、その裏、西武は後藤,中村と連続アーチをぶち込んで、一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、偽バファローズは先頭のローズが二塁打を放つと、北川が送って、一死三塁となった所で小瀬がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。その裏、西武は二死から後藤の四球,中村の内野安打で一、二塁としたものの、最後は礒?が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

主導権を握る偽バファローズに対して、西武は追い付くのが精一杯で一度もリードを奪えない儘、突き放されて、今季ワーストの7連敗。粘り勝ちで接戦を制した偽バファローズはこれで9年ぶりのAクラスが確定。気になるのは香月に3イニングも投げさせ、10回には一打サヨナラのピンチを迎えたにも拘わらず、最後まで守護神・加藤にお呼びがかからなかった事か。最近、安定感を欠く加藤は一昨日のリリーフ失敗で首脳陣からの信頼をかなり失ってしまった様だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(37) 

September 09, 2008

◆D2−3G◆
制球に苦しむ小笠原に対して、巨人は初回、1安打2死球で二死満塁とすると、前の試合で3三振と怒濤のインケツぶりでインケツパワーを充電させたあの男のショートへの打球がデラロサの悪送球を誘い、2点を先制。2点を追う中日は3回、二死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号ソロを叩き込み、1点差。5回には一死から四球と内野安打で一、二塁とするも、森野,荒木と倒れて、二者残塁。巨人先発・上原はこの回限りで降板となったが、6回から越智が2イニングをノーヒット5三振の好リリーフ。しかし、8回からの豊田投入が裏目。いきなり森野,荒木と連打を浴びて同点とされると、李に犠打を許した後、T.ウッズにタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。中日は9回から守護神・岩瀬を投入して、逃げ切った。

巨人が継投策に失敗し、痛恨の連敗でまたまた自力優勝が消滅。2回以降、走者を出しながら、攻めきれなかったのが痛かった。上原は5回を3安打1失点と好投したが、5回にして100球も投げてしまい、早期降板を余儀なくされ、リリーフ陣に負担をかけてしまった。最下位・横浜相手に息を吹き返した中日は逆転で4連勝。岩瀬は史上初となる4年連続の30セーブをマークした。

◆T3−2S
阪神は初回、ヒットで出たシャア少佐が盗塁と悪送球で一気に三塁を陥れると、平野が歩いて、一、三塁となった所で関本のサードゴロの間に1点を先制。キュラソ星人がヒットで繋いだ後、鳥谷が犠飛を打ち上げ、この回2点。1,2回とゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていたヤクルトだが、5回、無死二塁から川島慶のタイムリーで1点を返すと、福川のセカンドゴロで一死二塁となった所で投手のゴンザレスにタイムリーが飛び出し、試合は振り出しに。しかし、ヤクルトは6回以降、阪神の継投の前にパーフェクトに抑え込まれ、勝ち越し点を奪えない。阪神も8回に二死二塁から代打の悠久の若虎・桧山がヒットを放つも、キュラソ星人が本塁憤死。延長に突入かと思われたが、9回裏、阪神は途中から守備に入っていた矢野が4号ソロを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

阪神が粘りのサヨナラ勝ちで六度目のマジック「20」を点灯させた。新人王を狙う岩田は6回2失点と最低限の仕事は果たしたが、打線の援護に恵まれず、白星は掴めず仕舞い。しかし、アッチソンが2回をパーフェクト投球,9回からは同点の場面ながらも起用された藤川が3人でピシャリと締め、矢野のサヨナラ弾を呼び込んだ。敗れた巨人共々、スコアは3−2。一歩間違えば、その差は3となっていただけに、阪神にとっては、最高の目が出た格好だ。

◆C3−8YB◆
初回、広島は連打で一、三塁とすると、一死後、栗原の併殺崩れの間に先制。続く2回には先頭の石原が9号ソロを叩き込むと、二死後、投手のルイスが2号ソロを放って、3点目。3点を追う横浜は4回、無死満塁からメカゴジラのタイムリーで1点を返すと、一死後、武山はショートゴロに倒れて、ゲッツーと思いきや、石川が悪送球を犯し、ボールが転々とする間に二者が返って同点。3−3で迎えた6回、横浜は内野安打のメカゴジラを金城が送ると、二死後、投手の吉見が自ら勝ち越しのタイムリー二塁打。続く7回には5長短打を集中し、一挙4点を奪い、試合を決定付けた。

自ら一発を放ち、3回まで無失点の投球を見せた時にはルイスが投打に渡る活躍でハーラートップタイに並ぶかと思われたが、3回以降1安打と完全に立ち直った吉見が自ら決勝点を叩き出しての今季初完投勝利とルイスを上回る活躍。中日3連戦では湿りきっていた打線も16安打と当たりを取り戻し、連敗を3で止めた。

◆H1−3E◆
両軍共に3回まで4安打を浴びせながら、先手を取れない拙攻合戦。しかし、4回、楽天は内村,フェルナンデスと連続内野安打で出ると、青波の長瀬が先制のタイムリー二塁打。更に、山崎武,ショートもタイムリーを放ち、5連打でこの回3点。その裏、ソフトバンクは一死から小久保,松田と連打を浴びせ、二、三塁とするも、大村,高谷と連続三振に倒れて、二者残塁。しかし、続く5回、ヒットの森本を二塁に置いて、ハマのスペランカーがタイムリーを放ち、ようやく1点。続く6回には一死から松田が二塁打で出るも、大村,高谷と内野ゴロに倒れて、無得点。8回には2本のヒットで二死一、二塁とするが、大村がピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。最後は抑えのグウィンの前に反撃を断たれた。

岩隈相手にガトームソンで挑むと言う分の悪い試合にしては互角に渡り合ったソフトバンクだったが、結局、善戦虚しく4連敗で約4ヶ月ぶりの5位転落。2ヶ月ぶりに戦列復帰となった柴原も外野にすら飛ばせぬ5タコと音なし。ハマのスペランカーと柴原が戻ってきても、一向に起爆剤になる気配が見られない。川崎が戻ってこないと如何ともし難いのか。この儘、連敗ロードを歩み、借金生活にハマらぬ様に祈るばかりだ。岩隈は8回で11安打を浴びながらも、無四球と安定した投球で要所を締めて、ハーラー独走の18勝目。いよいよ20勝へあと2つと迫った。

◆L1−4F
日本ハム先発・ダルビッシュに対して、西武は2回、二死から中村が37号ソロを叩き込み、1点を先制。西武先発・石井一の前に4回まで無失点に封じ込まれてきた日本ハムだが、5回、先頭の鶴岡が二塁打を浴びせると、二死後、田中が死球を食らって、一、三塁。ここで稲葉が同点タイムリーを放つと、続く高橋がレフトスタンドへ6号3ランを叩き込み、3点を勝ち越し。4,5,6回と3人ずつで打ち取られた西武は7回、先頭の中島が二塁打で出るも、江藤はファーストへのファールフライ。礒?,中村は連続三振に倒れて、中島は二塁に釘付け。土壇場9回、日本ハムはダルビッシュから守護神・MICHEALにスイッチ。これで流れを変えたい西武だったが、片岡,栗山と倒れて、あっと言う間に二死。ここで中島かヒットを放ち、望みを繋いだが、江藤は三振に倒れて、ゲームセット。

鬼門・西武吹き抜けドームで日本ハムが今季初勝利を果たし、5位から一気に3位浮上。ダルビッシュは8回を無四球3安打12三振で1失点と言う快投で西武打線に付け入る隙を許さなかった。4番に復帰した高橋は値千金の決勝3ラン。西武は最後の大砲・中村の一発のみの1点に抑え込まれての完敗。マジック14とは言え、悠長にはしていられなくなってきた。

◆Bs4−3M◆
偽バファローズは2回、先頭の北川が西岡のエラーで出ると、ここから後藤,日高,大引,小瀬と4連打を浴びせて、3点を先制。直後の3回、ロッテは里崎のヒット,根元の四球で一、二塁とすると、二死後、早川がタイムリーを放ち、まず1点。更に、続く橋本が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に同点。追い着かれた偽バファローズは5回、二死一、二塁から後藤のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。先発・小松は7回まで追加点を許さずに投げきると、8回からは菊地原−加藤と繋いで、1点差を守りきった。

偽バファローズが接戦を制して、今季最多の貯金5。首位・西武との差を5にまで詰めた。先発・小松は一時は3点差を追い着かれたものの、その後は立ち直って、12勝目と新人王へ大きく前進。ロッテは3回に爆発した以外はチャンスらしいチャンスも掴めず、4位転落。先発・渡辺俊も5回4失点と期待を裏切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(27) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ