ズレータ

June 15, 2008

◆E3−0G◆
立ち上がりから制球が定まらない巨人先発・グライシンガー。2回までは何とか踏ん張っていたものの、3回、一死から連続四死球でピンチを作ると、草野,山崎武と連続タイムリーで3点を失い、あえなくKO。直後の4回、巨人はガッツ,松田記者のヒットで一死一、二塁のチャンスを作るも、阿部,古城と倒れて二者残塁。8回には一死一、三塁のチャンスにガッツがセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも無得点。9回も二死から阿部がヒットで出たが、古城がレフトへ打ち上げ、完封負け。連敗を3で止めた岩隈はリーグ一番乗りの10勝目を飾った。

母国で体験した事のない昨日の大地震でベッドにしがみついて震えていたと言う後遺症か、グライシンガーがよもやの3回KO。リリーフ陣はよく粘ったが、岩隈の前にあえなく完封負け。戦線離脱していたマッスル千代の富士が1番スタメンで復帰したが、4タコと沈黙。これでまたまた借金完済の道は遠のいてしまった。

◆Bs2−4
中日は偽バファローズ先発・近藤の前に5回まで散発2安打と沈黙。しかし、偽バファローズ打線はの毎回の様にヒットを放ちながら、2併殺を食らうなど、中日を彷彿とさせる拙攻三昧で先制点を奪えない。0−0で迎えた6回、中日は先頭の荒木が内野安打で出ると、すかさず二盗。続く藤井の犠打がカブレラのエラーを誘うと、ここから中村紀,T.ウッズ,ベンちゃんと3連続タイムリーで4点を先制し、近藤をKO。無死二塁と追加点のチャンスだったが、後続を断たれて、4点止まり。8回に後藤の5号ソロでようやく1点を返した偽バファローズは更に、ヒットの森山を三塁へ進めた所で村松が犠飛を打ち上げ、2点差。土壇場9回、守護神・岩瀬に対して、昨日の再現と行きたい所だったが、この日は三者凡退と返り討ちに遭い、連勝は3でストップした。

エラーに乗じたワンチャンスにたまたまヒットが集中したおかげで辛くも白星を拾った中日。結局の所、先発・中田が踏ん張ってくれたのが大きい。背信投球が続いていた中田だが、4月29日以来の白星。岩瀬も昨日の悪夢を引きずらず、5年連続の20セーブ目を飾った。それにしても、6番に下げられて2試合目の井端だが、この日は開幕から不振の続く立浪に代打を送られてしまった。井端に一体何が起こっているのか気になる。

◆H6−1YB◆
初回、ビグビーのタイムリーで先制されたソフトバンクだが、その裏、すかさず松中が12号同点ソロ。続く2回には二死二塁から中西が2号2ランを叩き込み、勝ち越すと、3回には小久保のタイムリーで1点を追加。更に、5回には二死一、二塁から柴原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、6点目。横浜は6回以降、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ず、和田に今季完投を許して、4連敗。

クリーンアップが揃って2安打ずつ放ちながら、1点しか取れず、またも逆転負けの横浜。水島の呪いの所為なのか、元々、壊滅的に弱いだけなのか分からんが、この儘では、マジで100敗してしまうぞ(現在104敗ペース)。一方、ソフトバンクは投打噛み合っての4連勝。クリーンアップはそれぞれ1安打ながら、全て打点付きな辺りが横浜との大きな違いだ。

◆L2−4C◆
求道者・前田の長期幽閉体制を着々と整えつつあるブラウン監督は案の定、この日も求道者・前田をベンチに軟禁。重苦しい空気に包まれながらも、広島は初回、二死三塁から栗原のタイムリーで先制。3回には四球の赤松を東出が送った後、オチョアのタイムリーで1点を追加。2点を追う西武はその裏、二死二塁から片岡のタイムリー三塁打で1点を返すと、続く4回にはG.G.佐藤に17号ソロが飛び出し、同点。追い付かれた広島は6回、先頭の石原がレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。8回には二死からヒットで出た木村が二盗を決めると、赤松がタイムリーを放って、4点目。その裏から横山−永川と繋いで逃げ切り、3連勝。先発・ルイスは7回2失点でリーグ10勝一番乗りとなった。西武先発・帆足は今季初黒星。

一時は追い付かれた広島だが、再び突き放して、3連勝。投げてはルイスが10勝一番乗り,永川が史上19人目の通算100セーブ。一見、文句はつけられない展開なのだが、この日も求道者・前田を使わずして勝ってしまい、ブラウン監督暗黒采配がよりエスカレートするかと思うだに気が気でない。最近の広島戦レビューはこんなんばっかりで気が重くなる一方だな。こんな調子で求道者・前田が引退やら移籍やら考え出したら、どうしてくれるんだよ。求道者・前田の起用を主張し、ブラウン監督に無言の抗議をしていた(と思われる)高橋も反乱分子扱いされて(?)、首の違和感を建て前に登録抹消だってさ…。

◆F1−3S
0−0で迎えた3回、ヤクルトは先頭の川島慶が二塁打で出ると、福地の犠打で三進。ここで宮本のファーストゴロが野選を誘い、川島慶が先制のホームイン。5回には一死から宮本がヒットで出ると、青木がタイムリー二塁打。更に、二死後、ユウイチにもタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。6回には一死満塁とダメ押しのチャンスを掴むが、宮本,青木と倒れて、三者残塁。背信投球が続いていた先発の村中は7回まで無失点に抑える好投を展開。8回に押本を挟み、9回から守護神・林が登場。昨日は悪夢のサヨナラ負けを喫した林だが、この日は稲葉,スレッジと簡単に打ち取り、あっと言う間に二死。ここから代打・小田に被弾し、続く三木にも痛打され、嫌な空気が漂ったが、最後は代打・工藤をレフトファールフライに退け、辛くも逃げ切った。

4連敗含む5戦白星なしと完全に新人王争いから脱落していた村中が久々の好投。泥沼モードに陥ってからこの上なくスローペースで投球回数を伸ばしていたが、今回は一気に7回まで投げ抜いた。課題の制球難もクリアし、四球は僅かに1つで5月9日以来の白星。中日・吉見や阪神・岩田とは大分水を空けられてしまったが、ここから巻き返しを見せて欲しいものだ。

◆M10−9T◆
阪神の先発はプロ初登板となる3年目の鶴。しかし、いきなり西岡,根元,フクーラの3連打で先制点を許すと、大松を歩かせた後、里崎,オーティズにも連続タイムリーを浴びて、一死も取れずに無念のKO。代わった江草もベニー松山にタイムリーを浴び、この回6失点。ロッテは続く2回にもオーティズの犠飛で1点を追加。大量7点を追う阪神は3回に二死満塁と絶好のチャンスでキュラソ星人がファーストゴロに倒れて三者残塁。5回にも先頭打者を出しながらゲッツーで潰してしまう。6回、4長短打を集中してようやく3点を返したものの、その裏、大松の2点タイムリー三塁打で再び突き放される始末。これがダメ押しになったかと思いきや、粘る阪神は8回にキュラソ星人の11号2ラン,代打・葛城イクローの1号2ランで一気に2点差と詰め寄ると、土壇場9回には鳥谷のタイムリー,矢野の犠飛でついに同点。しかし、その裏から登板の渡辺が二死からオーティズを歩かせると、続く代打・ズレータにタイムリー二塁打を浴び、惜しくもサヨナラ負けとなった。

初回の大量6失点が最後まで響くと言う昨日とまるっきり同じ展開。それでも9回に追い付いたのは凄かったが、そこまで行っても…、いや、そこまで行ったからこそ負けてしまっては仕方がない。何で今日の先発はよりにもよって鶴だったんだろう。4回1失点の江草を最初から使ってりゃ良かったよな…と言う結果論になってしまった。谷間だとしても他にいなかったのか? それにしても、6点差つけて降板したのに、白星を消されてしまった小林宏は可哀想だ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(3)トラックバック(77) 

June 04, 2008

◆Bs2−4G◆
巨人は偽バファローズ先発・金子の立ち上がりを捉え、坂本のヒット,キムタクの四球の後、ガッツのタイムリー二塁打でまず1点を先制。一死後、松田記者のセカンドゴロの間に2点目を加えると、更に、阿部がセンター右へタイムリーを放って、この回、3点。3点を追う偽バファローズはその裏、無死二、三塁からカブレラのショートゴロの間に1点を返すも、あとが続かず1点止まり。4回には二死から北川,後藤と連打を浴びせると、グライシンガーの牽制悪送球の間に北川が本塁を陥れ、1点差。毎回ヒットを浴びせながら、2回以降、追加点をあげられずにいた巨人だが、7回二死一、三塁から松田記者のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。8回からは豊田−クルーンがいずれも二人の走者を背負うピンチを辛くも退けて、巨人の連敗は4でストップ。先発・グライシンガーは5月11日以来となる6勝目。

連敗地獄,借金地獄にハマりつつあった巨人だが、グライシンガーの久々の好投に救われた。坂本を1番に戻すなど、また微妙〜にテコ入れされた打線は13安打で4点と微妙〜な結果に…。寿司職人ラミレスは2安打を放って、連続試合安打を27と伸ばし、いよいよ高橋慶の記録も視野に入ってきた。金子は2回以降は粘り強く投げたが、初回の3失点が響いて、4連敗。4月19日以来白星から遠ざかっているだけに今日は白星を拾いたい所だった。

◆M5−4D
ロッテは初回にズレータが3号2ラン,2回には竹原が今季初アーチとなるソロと一発攻勢で3点のリード。この日も1,2回と立て続けにチャンスを逃ず相変わらずの拙攻を繰り広げていた中日だが、3回、一死二塁からT.ウッズのタイムリーでようやく1点を返すと、更に、2四死球で貰ったタナボタの満塁のチャンスで李の内野ゴロの間に1点を加えて、1点差。しかし、その裏、ロッテはズレータのタイムリー二塁打ですかさず突き放すと、6回にはピンキー井上のタイムリーエラーで5点目。3点を追う中日は7回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランをぶち込み、再び1点差まで詰め寄り、ロッテ先発・渡辺俊はこの回限りでKO。土壇場9回、中日は一死一、二塁のチャンスを掴みながら、ベンちゃんが最悪のセカンドゴロゲッツーに打ち取られて、万事休す。

最後の最後まで川相不在の弊害を露呈する形で敗れた中日。相手より多くのヒットを放ちながら敗れるのはこれで一体何度目だ? 山本昌は前回に続く乱調で目前に迫る200勝へまたも足踏み。山本昌が投げる時くらい打線がしっかり援護してやらなければいけない所なのに、先発がコケたら最後…と言ういつも通りの野球をやっていて、どうするのか…。一方、打線以前に先発陣が大崩れする試合が多くなっていたロッテだが、渡辺俊が4失点ながらも、中日の詰めの甘さにも助けられ、4月22日以来の白星。7回まで投げたのは4月13日まで遡るが、これを機会に7回など当たり前の様に投げていたかつての安定感を取り戻して貰いたいものだ。

◆H0−3S◆
ソフトバンク先発・パウエルに対して、ヤクルトは2回二死走者なしからヒットで出た飯原が続く川本のセンター前ヒットで一気に本塁を陥れる好走塁で1点を先制。5回には一死三塁から青木,畠山,ユウイチのクリーンアップ3連打で2点を追加。ヤクルト先発の石川は7回まで散発2安打と二塁も踏ませぬ好投を展開。8回に二死からヒットと四球で初のピンチを背負うも、代打・城所を打ち取り、ピンチ脱出。9回からマウンドに上がった守護神・林は連続三振の後、ヒットと四球を許し、一発が出れば同点と言うピンチを作ったものの、最後は柴原を空振り三振に斬って取り、完封リレーを達成。ソフトバンクの連勝は5でストップした。

3,4月で5連勝しながら、5月に4連敗と苦しんでいた石川だが、6月は白星スタートとなった。5月も決して投球内容が悪かった訳ではないので、調子が戻ってきたとかそういう次元の話ではないのだが、結果として白星がついてきたのはストレスが溜まりつつあった石川に大いにプラス方向に働きそうだ。連勝が止まったソフトバンクだが、散発4安打と抑え込まれては如何ともしがたかった。

◆F2−3C◆
相手が右のダルビッシュだと言うのに、昨日たまたまノーヒットだったと言うだけで絶不調説をでっち上げたブラウン監督はまたまた求道者・前田をベンチに追いやる嫌がらせを敢行。悲しみと怒りを押し殺しながら試合に臨んだ広島は2回、二死二、三塁から赤松の走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。続く3回には栗原のタイムリー内野安打で3点目を追加。広島先発・ルイスは初回こそいきなり連打を浴びたものの、以降は6回まで一人の走者も出さない素晴らしい投球を展開。7回にスレッジに2点タイムリーを許して、1点差まで詰め寄られたが、最後は守護神・永川のリリーフを仰いで、ハーラー独走の8勝目を飾った。

ダルビッシュ相手に勝つには勝った広島だが、求道者・前田がフル欠場し、代わりに出た赤松が決勝タイムリー(代わりに出たのは森笠…と言えなくもないが)。これでブラウン監督は求道者・前田不要論と言うとんでも理論をでっち上げ、今後も恒久的に求道者・前田を外す足がかりを掴んでしまったかもしれないと思うだに、ゾッとする。また栗原辺りが怒濤のチャンスブレイクによる猛抗議をかますしかないのだろうか…。今日、求道者・前田を外す理由は常識的に考えれば微塵も存在しない訳で、本当に求道者・前田が試合に出続ける為には全試合マルチ安打するくらいしか打つ手がない感じだ。

E2−5T◆
2回に藤本のタイムリー二塁打で先制した阪神は続く4回には悠久の若虎・桧山のタイムリー三塁打で2点目。更に、5回には2四球で一、二塁とした所でキュラソ星人が9号3ランを叩き込み、5点目。阪神先発・上園に対して、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ずにいた楽天だが、5回、鉄平の2号2ランでようやく2点を獲得。追い上げられた阪神は6回から早くも継投モードに突入る渡辺を挟んで久保田−ウィリアムス−藤川と繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切りに成功。先発・上園は5回2失点で今季初勝利。

阪神が投打噛み合っての快勝。リリーフ4人が1回ずつをきっちり締めると言う得意のパターンが決まった。前回、異常な大荒れぶりで高橋を骨折に追いやった藤川はこの日はストライク先行で3人でピシャリ。あの日おかしかったのは、日本ハムにかかっていた水島の呪いの影響で何か取り憑いていたのだろうか。「毎日阪神とやりたい」とかぬかしていたノムさんだが、見事に返り討ちに遭ってしまった。

◆L2−1YB◆
横浜先発のルーキー・桑原謙に対して、2回までに5残塁と攻めあぐねていた西武だが、3回、四球の中島を一塁に置いて、ブラゼルが14号2ランを叩き込み、先制。再三チャンスを掴みながら、あと一本が出ず、ゼロ行進を続けていた横浜は7回に二死一、二塁のチャンスを作って、西武先発・石井一をKO。しかし、代わったミャオの前に大西が三振に倒れて、二者残塁。8回に一死一、三塁から金城の内野ゴロの間にようやく1点を返したものの、後が続かず、最後はグラマンに反撃を断ち切られ、あと一歩及ばなかった。

強力西武打線をブラゼルの2ランのみに抑えながら、こういう時に限って1点しか取れないと言う巡り合わせの悪さでまたも敗れた横浜。ガッツな貴公子・仁志は史上96人目となる1500安打を達成したが、チームの勝利で花を添える事は出来なかった。ハマのチンピラは右肩の張りで登録抹消となるなど、水島の呪いの影響がジワジワと表面化している印象だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(0)トラックバック(53) 

September 22, 2007

◆G7−1YB◆
デーゲームで中日が勝っており、負けられない巨人は初回、一死二塁からガッツのタイムリー二塁打で先制すると、更に、ニックン,清水に連続タイムリーが飛び出し、この回、3点。3回までパーフェクトの好投を見せていた先発・野間口だが、4回、無死一、二塁のピンチ。ここから金城をライトフライに打ち取ると、続く村田をショートゴロゲッツーに仕留めてピンチ脱出…と思いきや、ニックンがヘッポコタイムリーエラーをかまして、1点を献上。しかし、その裏、巨人は清水の3号ソロで再び3点差とすると、5回にはガッツ,6回にはゴンザレス,7回には松田記者とタイムリーを放ち、4イニング連続得点。大きな援護を貰った 野間口は横浜打線を散発3安打と完璧に封じ込め、プロ初の9回完投勝利を飾った。

◆D12−3C◆
2回に喜田のタイムリーで先制された中日は3回、井端,中村紀のタイムリーで逆転に成功。4回には李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号ソロを叩き込み、3点目。しかし、5回、東出,オチョア,栗原,新井と4連打で同点に追いつかれ、先発・中田はKO。なおも無死一、二塁と一気に畳み掛けたい広島だったが、代わった石井の前に嶋が打ち上げ、梵はショートゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならす。3−3で迎えた6回、中日は一死満塁から谷繁のタイムリーで2点を勝ち越すと、更に、ピンキー井上が走者一掃のタイムリー三塁打でこの回4点。更に、続く7回にも6安打を集中してダメ押しの5点を奪い、首位をキープ。好リリーフの石井に2勝目がついた。敗れた広島は3連敗。

◆S9−6T◆
首位から一気に3位へ陥落した阪神は初回に葛城イクローのタイムリー二塁打で早々と2点を先制。その裏、先発・杉山は簡単に二死を取りながら、3人の走者を出して満塁とすると、宮本には押し出し四球。更に、続く畠山には2点タイムリー二塁打を浴び、あっさり逆転を許してしまう。杉山は2回に入っても立ち直りの兆しを見せず、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴び、ユウイチにも連打を許した所であえなくKO。2点を追う阪神は4回、関本,鳥谷と2本の2ランで一気に逆転するも、それも束の間、その裏、3番手・渡辺が宮本に2点タイムリー二塁打を浴びて、あっさり同点。更に、続く畠山にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。ヤクルトは5回にも田中浩のタイムリー等で2点を追加。直後の6回、阪神は3つの四球で二死満塁とするも、シーツがこの日3打席連続の三振に倒れて、三者残塁。阪神は以降も毎回走者を出しながら、得点には繋がらず、痛い連敗で中日との差は1.5と拡大した。

◆L7−3H◆
自力優勝が消滅したソフトバンクはこの日も精彩を欠く戦い。ドーピング…もとい養毛剤パワーを奪われてから、依然として白星を挙げられない先発・ガトームソンは2回にリーファー,中村とタイムリー二塁打を浴び、3点を失うと、続く3回にもリーファーにタイムリーを浴び、この回限りであえなくKO。4回にも1点を失い、5点ビハインドで迎えた5回、ここまで大沼の前にパーフェクトと抑え込まれていたソフトバンクは小久保の四球を皮切りにブキャナン,ハマのスペランカー,田上と3連打で2点を返すと、四球を挟んで本多もタイムリーを浴びせ、2点差。なおも一死満塁と一打同点のチャンスだったが、川崎,柴原と内野ゴロに打ち取られ、三者残塁。西武は6回にベンちゃん,8回にはカブレラのタイムリーで突き放すと、最後はルーキー・岩崎が締めて、今季3度目の6連勝。ソフトバンクは自力V復活のチャンスを逃し、今季4度目の4連敗となった。

◆F2−7Bs◆
昨夜、マジックを点灯させた日本ハムだが、初回、牧田の今季初アーチで先制点を献上。4回に高橋の3年ぶり2桁アーチとなる一発で追いついたものの、6回、先発・八木が無死満塁のピンチわ作ってKO。代わった押本はアレン,前田とタイムリーを許して、勝ち越しの3点を献上。8回に偽バファローズの守乱に乗じて2点差と詰め寄ったが、9回、4番手・金沢が二死走者なしから連続四球でピンチを作り、坂口,代打・村松と連続タイムリーで3点を失い、ダメを押された。ソフトバンクが敗れた事により、マジックは1つ減って7となったが、地元・札幌ドームでの胴上げの可能性は消滅した。偽バファローズの連敗は3でストップ。先発・デイビーは7回1失点の好投で8勝目。

◆E2−9M◆
ショートのタイムリーで初回から先手を取られたロッテ。しかし、4回、ズレータのタイムリー二塁打で逆転に成功すると、6回にはズレータのタイムリー三塁打,大松のタイムリー二塁打で2点を追加。そして7回にはフクーラの犠飛の後、またまたズレータが14号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。大局が決した事で残るはズレータの第5打席に注目が集まった。三者凡退で終われば、打席は回って来ない所だったが、一死から大塚がヒットで出塁。かくして打席が回ってきたズレータはセンター前へダメ押しのタイムリーを放ち、オチョア(当時中日)以来3年ぶり史上60人目(63度目)となるサイクルヒットを達成。先発・久保は7回途中まで2失点で9勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:06コメント(2)トラックバック(72) 

April 19, 2007

◆G8−1C◆
前回、3年ぶりの白星を掴んだ木佐貫。それがフロックかどうか、真価を問われる今回の登板で6回を5安打1失点とまずまずの内容で、打線の援護にも恵まれて、2連勝。開幕前から15勝すると豪語していたとの事だが、それを信じるのは気が早いにしても、上原とパウエルの復帰が遅れても何とかなると思わせる存在になってきたのは何よりだ。さて、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員として気になるホリンズはまたもタイムリーを1本と乗ってきた。早いトコ、ゴンザレスにも復帰して欲しい所なのだが、キムタクがこの日も3安打を放つなど好調をキープしており、戻ってきても居場所があるか心配になってきた。

◆D9−7T◆
ナゴヤドームでの嫌なジンクスを打ち砕くかの様な圧勝劇から一夜、この日も5回までに7点を奪う猛攻で人斬り抜刀斎をKOと快勝ムードの阪神だったが、ナゴヤドームの鬼門ぶりは一度の圧勝くらいでは解消出来はしなかった。先発・ボーグルソンが突如崩れて、その裏、5失点であっと言う間に1点差。これで完全に流れを引き寄せた中日は7回に英智,井端の連続タイムリーで逆転勝ちを果たし、首位転落の危機を免れた。グラセスキは中継ぎで早くも3勝目と勝ち運の強さを見せつけているが、依然としてエースらしい投球を見せられない人斬り抜刀斎が気がかりだ。序盤はあれだけ押していた阪神だが中盤以降は攻めあぐね、4併殺を喫する拙攻ぶりでまた1つナゴヤドームでの嫌な黒星を増やしてしまった。

◆S1−14YB◆
2戦続けて雨天中止となったこのカード。亡命前から横浜をカモにしていたヤクルト先発・石井一だったが、初回から相川に満塁弾を浴びるなど6失点。続く2回にも連続タイムリーを浴びるなど3点を失い、一死も取れずにKOとなる大炎上。以降も横浜は着々と加点し、計15安打14点の猛攻で大勝した。先発・加藤は8回で10三振を奪い、青木の一発による1失点のみに抑える好投で今季初勝利。中井美穂の旦那は久々のスタメンマスクで史上37人目となる2000試合出場を飾りたい所だったが、ワンサイドゲームとなった上、その状況で盗塁を仕掛けられた事にブチきれ、更に、遠藤が村田に頭部死球を食らわせて危険球退場となった際、審判に暴言を吐いて退場となる失態で記念試合を自ら踏みにじってしまった。

◆E3−1H◆
よもや悪の温床・楽天相手に3タテを食らおうとは…。9回二死からタイムリーエラーで完封を免れるのが精一杯とは…。これが本当に王さんの為にV奪回を狙うチームの姿なのか!? しかし、このあまりにも無様な試合運びを展開するに至る原因に思い当たる節があった。そう、恒例の水島の呪いである。虚弱投手・里中の前にパーフェクト寸前に追い込まれる様な無体な扱いを受けているとなれば、最早、呪い効果の直撃は避けられないと言うものだ。これでとうとう借金生活とは、泣けてくる…。尚、悪の温床・楽天は創立3年目にして初の本拠地での3タテとなった。

◆L6−2F◆
自らの誕生日を白星で祝いたい伊集院光の弟子・金村だったが、中島の犠飛とベンちゃんのタイムリーで初回から2失点。その後、ルーキー・岸との投げ合いとなり、1点差で終盤を迎えたが、8回二死満塁のピンチに細川,中村と連続タイムリーで3失点と踏ん張りきれず、無念の完投負け。白星はゲット出来ず、FA権をゲットするに留まった。岸は序盤の相次ぐピンチを凌ぎきってからリズムを取り戻し、7回一死まで投げ、リリーフの援護を仰ぎながらも2勝目をマークした。

◆M5−1Bs◆
偽バファローズ先発・川越に対して、初回のチャンスは逃したものの、2回にベニー松山の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったロッテ。中盤に入ると、ズレータが2本のアーチにタイムリー二塁打と爆発し、突き放した。先発・小林宏は早川のダブルエラーで1点を失ったが、7回を自責0の好投で3勝目。何故か、小林雅を差し置いて投入された薮田が今季初セーブをマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:53コメント(1)トラックバック(78) 

March 24, 2007

◆H5−8Bs◆
開幕戦直前、恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」にて、シメてシメてシメられまくっているソフトバンク。孫オーナーが始球式に登場し、いきなり打ち砕かれると言う景気の悪い展開を見せつけられた為か、上戸彩を採用したが、こんなチャラい人選で事態が好転する筈もなかった。開幕戦では3戦負けなしだった斉藤和だが、岩鬼にシメられまくって呪いをかけられた所為か、いきなり初回から先制点を許したばかりか、1年間野球をやっておらず、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに被弾。果たして、ブランクをものともしないローズが凄いのか、日本の野球が甘かったのか……、いや、やはり、水島の呪いの威力が凄まじいのだろう。斉藤和、中盤以降は調子を上げて、逆転にも成功したと言うのに、王さんも何を焦ったのか、7回途中で継投策に切り替え、これが大失敗。三瀬,柳瀬と打ち込まれて追いつかれると、9回には藤岡が本多の痛恨のエラーにも足を引っ張られて、4失点の大炎上。262日ぶりの実戦復帰となった王さんだったが、無念の黒星スタートに…。ただ、どれくらいの成績を残すかよりも、一体何試合、無事に出られるのかと言う点について注目されているハマのスペランカーがいきなり2発3安打の活躍を見せたのは収穫だ。ホント、何試合出られるのかね…。出れば、数字はついてくるんだが…。

◆L5−2E◆
裏金問題で揺れる西武に対する皮肉として、悪の温床・楽天は開幕戦のマウンドに栄養費の申し子・一場を起用…すれば面白かったのだが、一場は調子が上がらず、順当にエース・岩隈を送り出すしかなかった様だ。汚れたフロントと現場は無関係と訴えたくて必死の西武は事件発覚以降、オープン戦不敗で乗りきると、開幕戦でも地力の強さを発揮。リーファー,G.G.佐藤の連続アーチで先制すると、ベンちゃんにも一発が飛び出して、岩隈をKO。国外亡命した霊感投手・松坂なき後、8年ぶりの開幕マウンドを任されたオツは草野にプロ初アーチを献上するも、6回2失点とまずまずのピッチングを見せると、7回以降はリリーフ3人で1回ずつを締めて、逃げ切った。ノムさんはこれでドン川上に並ぶ開幕戦6連敗。

◆M4−4F◆
バレンタインの嫌がらせ挑発行為にヒルマンが怒り心頭となり、遺恨対決となったこのカード。ガッツ,SHINJOが抜けて小粒になった日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原監督命名)は繋ぐ攻撃で、清水を攻略し、6回まで4点のリード。投げては若きエース・ダルビッシュが5回まで散発2安打と素晴らしい投球を展開。日本ハムの勝利は揺るがないと思われたが、6回二死満塁のピンチにロッテ最高の補強人員・ズレータにグランドスラムを被弾し、一気に振り出し。結局、7回途中で降雨コールドのドローと言う開幕戦ではパ・リーグ41年ぶりの珍事で遺恨対決第1ラウンドは痛み分けに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(22) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ