スレッジ

June 24, 2010

◆S2−4G◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木を福地が送ると、二死後、デントナがセンター前へ先制のタイムリー。1点を追う巨人は4回、先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ21号ソロを放り込み、同点。1−1で迎えた6回、寿司職人ラミレスが2打席連続22号をぶち込んで、勝ち越しに成功。更に、一死後、松田記者がレフト前へ弾き返すと、長野がレフトスタンドへ9号2ランを放ち、この回3点。ヤクルトは7回、一死から宮本,代打・畠山と連打を浴びせて、巨人先発・内海をKO。代わった久保から代打・ガイエルが四球を選んで、満塁とすると、青木のファーストゴロの間に宮本が生還。なおも二死二、三塁とワンヒットで同点の場面だったが、福地はサードへ打ち上げて、同点ならず。続く8回にも一死一、二塁のチャンスを作ったヤクルトだったが、相川,宮本と打ち取られ、二者残塁。最後は山口の前に三者凡退に終わり、万事休す。内海は6回1/3を2失点で7勝目を飾った

◆D2−5YB◆
中日先発・ウッチャンに対し、横浜は2回、先頭のスレッジがレフトスタンドへ15号ソロを叩き込み、1点を先制。4回には先頭の村田がヒットで出ると、またもスレッジがライトスタンドへ2打席連続の16号2ラン。更に、5回にはヒットの下園を石川が送ると、二死後、村田,スレッジと連続タイムリーを浴びせ、ウッチャンはこの回限りでKO。一方、開幕6連敗中の横浜先発・ランドルフに対し、4回まで僅か1安打と沈黙していた中日は5回、無死一塁から堂上直のタイムリー二塁打でようやく1点。7回には一死一、二塁から弟に負けじと、代打・堂上剛がタイムリー。なおも一、二塁と一発が出れば、同点のチャンスだったが、荒木,中川と倒れて、1点止まり。横浜は8回から早くも守護神・山口を投入すると、山口は期待に応えて、残り2回を抑えて、逃げ切った。6回1失点のランドルフは10度目の登板でようやく今季初勝利

6/24山田◆H6−1F◆
4月2日以来の登板となった日本ハム先発・八木は3回まで無失点とまずまずの滑り出し。しかし、4回、一死からハマのスペランカーに二塁打を浴びると、ペタジーニにタイムリーを許し、先制点を献上。更に、オーティズを歩かせた後、松田に走者一掃のタイムリー三塁打,長谷川に犠飛を浴びて、この回4失点。5回以降当たりが止まったソフトバンクだが、8回、二死からハマのスペランカーが死球を食らった後、ペタジーニ,オーティズと連続二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。先発の山田は完封まであと二人と言う所で小谷野にタイムリーを浴び、KOとなったが、摂津のリリーフを仰いで、プロ初勝利。パ・リーグの育成選手出身としては初の勝利投手となった。ソフトバンクの連敗は6でストップ、一方、日本ハムの連勝は5でストップとなった。

◆E6−2L◆
ブラウンのタイムリー二塁打で先制された楽天だが、2回、ヒットのルイーズを一塁に置いて、高須が4号2ランを叩き込み、一気に逆転。続く3回には一死から鉄平が三塁打を放つと、中村紀がセンター前へタイムリー。更に、山崎が二塁打で繋ぐと、二死後、高須がレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。高須は7回にもこの日5打点目となるタイムリーを放ち、ダメ押しの6点目。先発・井坂は9回に大島に犠飛を許したものの、後続を断ち切り、プロ初完投で2勝目をあげた

◆M6−2Bs◆
初回のピンチを切り抜けたロッテはその裏、、二死一、二塁から大松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。4回まで毎回2人ずつの走者を出しながら、一向に決定打が出ずにいた偽バファローズは5回、荒金の二塁打と連続四球で無死満塁のチャンスを掴むが、一死後、青波の永瀬のファーストゴロの間に1点を返すのが精一杯。その裏、ロッテは一死一塁から今江,井口と連続タイムリーを放ち、2点を追加。偽バファローズは6回に荒金のタイムリーで応戦するも、ロッテは7回、井口,金の連続アーチで突き放した。先発の渡辺俊は5回1失点でマウンドを降りたが、4人のリリーフを仰いで、5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:03コメント(0)トラックバック(10) 

April 17, 2010

◆S1−6G◆
巨人先発・東野に対し、ヤクルトは初回、2四球で二死一、二塁のチャンス。ここで宮本はライト前に弾き返すが、一気に三塁を蹴った二塁走者・田中が長野の好返球の前に本塁憤死。これで息を吹き返した東野は4回まで無失点の好投を見せるが、ヤクルト先発・由規の前に巨人打線は4回までノーヒットと先取点を奪えない。0−0で迎えた5回、巨人は先頭の長野が二塁打を浴びせると、亀井のセカンドゴロの間に三進。ここで脇谷がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、その裏、ヤクルトも内野安打の相川を由規が送ると、二死後、田中がタイムリー二塁打を放ち、同点。追い付かれた巨人は7回、エラーとヒットで無死一、二塁した所で開幕以来対右投手32打席ノーヒットが続いている亀井がセンター前へ勝ち越しのタイムリー。更に、脇谷が内野安打で繋いで満塁とチャンスを広げると、一死後、由規の暴投で3点目。更に、二死後、松本がレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回4点。9回には鈴木のタイムリーでダメ押しの6点目。最後は越智が3人で締め括り、これで巨人は地方球場で3年越しの11連勝。東野は6回を1失点で切り抜け、3勝目

◆C8−7D◆
求道者・前田のサヨナラヒットで意気上がる広島の勢いを止めるのに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が5号2ランを叩き込み、初回から2点を先制した中日。その裏、梵の2号ソロで1点を返されるが、続く2回、広島先発・長谷川が3四球で一死満塁を作る独り相撲の投球でKOとなった後、代わった青木勇から井端の犠飛、森野のタイムリー二塁打で2点を追加。4回には一死一、二塁からまたもや森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号3ランを放り込み、7点目。しかし、求道者・前田の一打で乗っている広島はこのまま終わらず、その裏、栗原,小久保のタイムリーで2点を返すと、続く5回には梵,栗原のタイムリーで3点を奪い、1点差。7回に代打で登場した求道者・前田は昨日、サヨナラ打を浴びせた浅尾にリベンジされて、センターフライに倒れたものの、続く8回、守備から入っていた赤松のタイムリー三塁打でついに同点。そして、迎えた土壇場9回、広島は梵の二塁打等で二死二、三塁のチャンスを作ると、ルパン広瀬がセンター前へ弾き返して、昨日に続いての劇的なサヨナラ勝ちを収めた。5番手として登板していた高橋は昨日に続いて白星が転がり込み、出戻り3勝目を飾った。

◆YB7−3T◆
初回に続き、2回も先頭打者を出すピンチを切り抜けた横浜はその裏、先頭のスレッジがライトスタンドへ5号先制アーチ。更に、一死後、吉村,細山田と連続二塁打を浴びせて、1点を追加。2点を追う阪神は4回、一死から新井が3号ソロをぶち込んで、1点差。5回に村田の4号ソロ,吉村のタイムリーで突き放された阪神は8回、鳥谷の2号2ランで再び1点差と詰め寄るが、その裏から登板の4番手・久保田が代わりばなスレッジ,カスティーヨと連続被弾。代わったメッセンジャーも石川にタイムリーを打たれ、とどめを刺された。横浜先発の清水は7回を1失点の好投で2勝目

◆H3−8E◆
ソフトバンクは初回、オーティズの6号2ランで先制。先発・藤岡はカモにしている楽天相手に1,2回と三者凡退に斬って取る上々の立ち上がりだったが、3回、二死一、二塁のピンチを迎えると渡辺直,高須と連続タイムリーを浴び、同点。続く4回には一死満塁から嶋に勝ち越し2点タイムリーを浴びて、KO。2番手・神内も二死満塁から高須に走者一掃のタイムリー二塁打を許し、この回5失点。大量リードを貰った楽天先発・岩隈は3失点無四球完投で2勝目をマーク。楽天の連敗は4でストップした。

4/17成瀬◆M9−0Bs◆
初回、一死三塁のチャンスを逃した偽バファローズは3回にも一死から連打を浴びせながら、赤田,後藤が連続三振。一方、ロッテは偽バファローズ先発・金子の前に3回までパーフェクトと沈黙していたが、4回、先頭の西岡が四球を選ぶと、荻野貴のバント,井口のセンターフライで三進。ここで金の打席で金子が暴投を犯した隙に生還と、ノーヒットで1点を先制。続く5回には大松がチーム初安打を放った後、サブローが史上257人目の通算1000安打となる4号2ランを叩き込み、2点を追加。勢い付くロッテは続く6回にも4長短打を集中して、一気に4点を奪い、金子をKO。ロッテは8回にも神戸,的場の連続犠飛でダメ押し。投げては先発・成瀬が尻上がりに調子を上げ、今季初完封でトップタイの4勝目を飾った。7戦連続2桁安打をマークしたロッテはこれで5連勝。

◆L5−8F◆
2回、小谷野の犠飛で先制された日本ハムだが、その裏、ダルビッシュがまさかの大炎上。一死後、高山,礒?の連打で追い付かれると、続くG.G.佐藤にも痛打された後、連続四球とよもやの押し出しで勝ち越し点を献上。更に、原に犠飛,栗山を歩かせた後、中村にもタイムリーを浴び、大量5失点。折角、ダルビッシュを攻略したと言うのに、4回まで好投していた西武先発・ミャオが突如、崩れてしまう。一死から連打と礒?のタイムリーエラーで1点を返されると、二死後、飯山にヒットを浴びて満塁となった所で稲葉に2号満塁弾を叩き込まれて、一気に形勢逆転。日本ハムは6回にも鶴岡,9回には飯山のタイムリーでダメを押し、連敗を4でストップさせた。3回以降立ち直ったダルビッシュは7回で148球に達し、マウンドを譲ったが、10三振と開幕から続く2桁奪三振記録を5試合と伸ばして3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(39) 

April 14, 2010

4/14山口◆G2−3T◆
巨人の先発は予想されていた内海ではなく、ゴンザレスが中4日で登板。しかし、開幕から不安定な投球が続くゴンザレスはこの日も初回から関本に今季初アーチを被弾。更に、この後、二死一、二塁のピンチを迎えたが、J.マッケンジーを打ち取って、切り抜けると、2回以降は徐々にペースを取り戻し、追加点を与えない。一方、阪神先発・ソニックの前に4回まで1安打と沈黙していた巨人は5回、寿司職人ラミレス,阿部と連打を浴びせると、長野が送った所で亀井が犠飛を打ち上げ、ようやく同点。これで流れを引き寄せかけた巨人だが、6回一死一、二塁のチャンスに寿司職人ラミレスがゲッツー。7回にも一死一塁の場面で亀井がゲッツーと攻めきれない。8回からチーム事情から中継ぎ再転向となった山口が今季初のリリーフ登板となるが、キャンプから先発として体を作ってきただけに調子が戻らないのか、いきなり一死満塁のピンチを迎えると、ブラゼルに2点タイムリーを浴びて、失意のKO。その裏、巨人は一死から日本一高価な控え選手・李に今季初アーチが飛び出して、1点差と詰め寄るが、最後は藤川球の前に反撃を断ちきられた。ソニックは7回1失点の好投で2勝目

◆D4−9YB◆
初回に森野のタイムリーで先制された横浜は2回、村田,スレッジの連続アーチで一気に逆転。4回には下園がタイムリー二塁打を浴びせると、5回にはスレッジのこの日2本目となる4号3ラン等で大量5点を奪い、中日先発・小笠原をKO。中日は6回二死一、二塁のチャンスを掴みながら、大量7点差とあって試合を投げたのか投手の長峰に代打を送らず、その儘、打席に送り込むが、ここで長峰がよもやの走者一掃タイムリー二塁打。更に、荒木もタイムリー二塁打を放って、4点差としたが、指揮官が投げた試合で選手が勝利に貪欲になれる筈もなく、7回以降は6つの三振を奪われるなど、一人の走者も出せずにゲームセット。横浜先発・はーちゅんは6回4失点で2勝目をマーク

◆C6−3S◆
両助っ人からすっかり快音が消えて得点力低下に苛まれているヤクルト。この日も初回から不振のガイエルがチャンスを潰す嫌な立ち上がりとなったが、続く2回、中村,青木,田中のタイムリーで3点を先制。今度こそ今季初勝利が近付いたかと思われた石川だが、4回、藤本のエラーで足を引っ張られた後、梵に1号2ランを被弾。6回には代打・ヒューバーに2号ソロを被弾し、追い付かれると、更に、今度は飯原のタイムリーエラーで足を引っ張られて、勝ち越し点を失い、無念のKO。2番手・増渕も栗原を歩かせ、ピンチを広げると、、フィオにタイムリーを浴び、5点目を献上。広島はここで求道者・前田をようやくまともな場面で代打に起用したが、ライトフライに終わり、追加点ならず。しかし、8回には栗原がタイムリー二塁打を放って、ダメ押し。最後はシュルツが3人で締めて、逃げ切りに成功。先発の偽ハンカチ王子・斉藤は6回3失点で今季初白星を飾った。一方、石川はこれで開幕4連敗。不振の両助っ人だが、デントナには17打席ぶりにヒットが出たものの、ガイエルはまたも3タコに終わり、連続ノーヒットは19打席と伸びた。

◆Bs10−8H◆
2回までに大引の1号3ラン等で4点のビハインドとなったソフトバンクだが、3回、開幕から僅かに単打2本と壊滅的な大ブレーキとなっていた田上が今季初アーチで反撃の狼煙を上げると、ここから4連打を浴びせて、一気に同点。追い付かれた偽バファローズはその裏、ラロッカ,T−岡田の連続アーチで3点を勝ち越すが、ソフトバンクも6回に小久保のタイムリー等で2点を返し、1点差。6回に日高の一発で突き放されるが、7回、4連打で2点を奪い、ついに同点。しかし、8回、この回から登板のファルケンボーグが一死からハイツ田口に痛打されると、続く赤田のバントを処理して一塁へ痛恨の悪送球。ボールが転々とする間にハイツ田口は長駆ホームイン。偽バファローズは更に、後藤のファーストゴロの間にダメ押しの1点を加えると最後はレスターがソフトバンクの反撃を断ち切った。

◆F1−6M◆
日本ハムは初回、立ち上がり制球に苦しむ大嶺が2四球で掴んだチャンスに残塁量産マシンの名を欲しいままにするあの男がよもやの先制タイムリー。しかし、直後の2回、ロッテは一死から大松がヒットで出た所でサブローが3号逆転2ラン。4回には一死満塁から的場の押し出し四球,今江の犠飛で2点を追加。8回には金のタイムリー二塁打,神戸のタイムリーでダメ押しの2点を加え、日本ハム先発・カーライルをKO。尻上がりに調子を上げていった大嶺は散発3安打完投で2勝目を飾った

◆L6−5E◆
いずれも開幕2連勝中の長谷部,石井一が先発となったが、互いに立ち上がりからピリッとしない。石井一は初回から、連打でピンチを作った挙げ句、山崎に3号先制3ランを被弾。いきなり3点のリードを貰った長谷部も、その裏、中村にタイムリー二塁打,2回には高山に2号2ランを浴びて、あっさり追い付かれる始末。3−3で迎えた4回、楽天は阿部のタイムリーエラーで勝ち越し点を奪い、石井一はこの回限りで降板。長谷部もその裏、2四球でピンチを作り、KO。更に、代わった松本が代打・礒?,ブラウンにタイムリーを浴び、逆転されてしまう。5回から継投モードに入った西武は6回に鉄平のタイムリーで1点差と詰め寄られるが、7回から野上−藤田−シコースキーがパーフェクトリリーフを見せ、1点のリードを守りきった。2番手の長田は6年ぶりの白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:27コメント(0)トラックバック(19) 

April 04, 2010

◆C3−10G◆
泥沼の連敗ロードを何とか脱したい広島は立ち上がりからピリッとしない東野を攻め立て、2回に梵のタイムリーで2点を先取。しかし、3回まで1安打と好投していた小松が4回に突如、変調。無死一塁からガッツの2号2ランで追い付かれると、更に、江戸川に勝ち越しタイムリー二塁打,ルーキー・長野にプロ初アーチとなる2ランを被弾し、5失点。これで波に乗った巨人は5,6,7回と着実に1点ずつ加点。9回にもダメ押しの2点を加えて、計14安打10得点。東野は尻上がりに調子を上げ、7回3失点で今季初白星。これで巨人は4連勝、一方、広島は7連敗となった。それにしても、長野は松本からスタメンを奪う事はあるかもしれないと思っていたが、よもや亀井から奪う事になろうとは…。亀井は多少、不振に喘いでも、動じる事なく5番でフル出場させて欲しかっただけに、これでまた生え抜きのクリーンアップ育成が遠のいてしまうのではないかと言う不安がよぎる。

4/4伊藤◆D6−1T◆
巨人キラーとして大いに期待を寄せられる伊藤が先発登板。巨人が相手でない所為か、いきなり連打を浴びると、鳥谷に犠飛を許し、あっと言う間に先制点を献上。更に、絶不調のキュラソ星人にまで痛打されて、ピンチを広げたが、新井,J.マッケンジーと打ち取ると、7回までノーヒットに抑え込む快投を展開。一方、この日で600試合登板を迎えた下柳も2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんに4号ソロを浴びたものの、7回まで追加点を許さない力投を見せる。しかし、8回から代わった久保田が大誤算。簡単に二死を取りながら、セサル,森野,ブランコと3連打で勝ち越し点を失うと、四球にエラーの後、谷繁に2点二塁打を浴びて、この回大量5失点で試合をぶち壊してしまった。伊藤は代打を出されて完投こそ逃したものの、8回を4安打1失点の好投でプロ初勝利を掴んだ

◆S1−2YB◆
ルーキー・加賀に対し、2回にガイエルの一発で先制したヤクルトだが、その後は走者を出しながらも、どうしてもあと一本が出ず、追加点を奪えない。村中は不甲斐ない味方打線にやきもきしながらも、5回までノーヒットピッチングを見せていたが、6回二死から内川を歩かせると、村田,スレッジと連続タイムリーを浴びて、一気に形勢逆転。リードされたヤクルトはこの後も再三チャンスを掴みながら、1つとしてモノに出来ず、このまま、1点差負け。4度も満塁のチャンスを逃すなど、16残塁の大拙攻が大きく響いた。横浜2番手・桑原謙は2年ぶりの白星。

◆E2−3H◆
0−0で迎えた3回、楽天は四球の宮出を嶋が送ると、二死後、鉄平のタイムリーで1点を先制。しかし、直後の4回、ソフトバンクは無死一、二塁から小久保が同点タイムリーを叩き出すと、一死後、ハマのスペランカーが犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。6回にもエラーをきっかけにチャンスを作ると、松中にタイムリーが飛び出し、3点目。7回に満塁のピンチを凌いだ楽天はその裏、川崎のエラーで貰ったチャンスに鉄平,高須と連打を浴びせて、1点差。なおも無死一、二塁のチャンスだったが、ここで代わった摂津の前に後続3人があえなく凡退し、同点ならず。ソフトバンクは8回からファルケンボーグ−馬原と繋いで、1点のリードを守りきった。先発の大隣は7回途中まで2失点で今季初勝利。一方、楽天先発・田中は10安打を浴びながらも3点に抑え、最後まで投げきったものの、打線に見殺され、今季初黒星。

◆F0−4L◆
2回に細川のタイムリー二塁打で先制した西武は続く3回にはブラウンの4号2ランで3点目。4回までパーフェクトと沈黙していた日本ハムは4回、先頭の田中がチーム初安打。ここで陽はセカンドゴロに倒れるが、ショートからの送球を中村が落球。この後、稲葉がヒットで続いたが、続く高橋がショートゴロゲッツー。記録上、陽のセカンドゴロは併殺打扱いの為、普通ならありえない1イニング2併殺打が記録される事となった。これは史上4度目、パ・リーグでは実に48年ぶりの珍事。西武は6回にブラウンの2打席連続アーチが飛び出し、貴重な1点を追加。その裏、二死満塁のピンチを切り抜けた帆足はその儘、最後まで投げきり、完封で今季初勝利を飾った。

◆Bs4−10M◆
前回、好投を見せ、移籍初勝利を掴んだ木佐貫だが、この日は立ち上がりから乱調。初回から井口,サブローのタイムリーで2点を失うと、3回には5安打のつるべ打ちに遭い、大量5失点。これでも何故か続投の木佐貫は4,5回と抑えたものり、6回に大松に犠飛を許して、8失点KO。ロッテは7回にも4連打で2点を加えて、10点目。偽バファローズは赤田,カブレラと一発攻勢で追い上げたものの、焼け石に水だった。ロッテはこれで4連勝。先発の小野は7回まで2失点に抑え、今季初白星

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:56コメント(0)トラックバック(14) 

March 31, 2010

3/31スレッジ◆YB8−5G◆
開幕から1週間も経っていないのに、早くも疲労への配慮がなされたのか、はたまた控え野手のモチベーション維持の為か、阿部,マッスル千代の富士が外れ、鶴岡,松田記者が今季初スタメンに入った巨人。初回一死一、二塁から,寿司職人ラミレス,亀井,江戸川の3連続タイムリーと、オーダー組み替えとは全く関係ない形で4点を先制した。ついに開幕ローテを掴み取り、2年半ぶりの先発マウンドに立った西村健には最高のプレゼントになった筈が、2回に村田に被弾,3回にも村田に犠飛を許すなど2点を失い、1点差と迫られる。2点差で迎えた6回には代打・内藤にタイムリーを浴び、KO。あとはリリーフ陣に全てを託す事となった。しかし、8回、3番手・豊田がカスティーヨに2試合連続アーチを被弾し、西村健の今季初勝利は消滅。9回には尾花監督にアナライジングされていないルーキーの土本を投入するが、二死一塁から早川に二盗を許し、一塁が空いた為に村田を敬遠した所でスレッジにサヨナラ3ランをぶち込まれ、プロ初黒星。巨人ルーキー投手のサヨナラ被弾は角以来、実に32年ぶりだ。巨人はまたも借金生活に逆戻り。横浜6番手の牛田は3年ぶりの白星が転がり込んだ。横浜は725日ぶりの最下位脱出となり、楽天をも上回る連続試合最下位記録を284でストップさせた。

◆S9−5D◆
名手・川相が一軍ベンチから消えた影響から、なかなか波に乗れない中日は、この日も初回からデントナに3ランを浴びる苦しい立ち上がり。2回にベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号ソロ,3回にはセサルが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに1号ソロを放つなど、一発攻勢で追い付いたのも束の間、その裏、ガイエル,宮本の連続タイムリー等であっさり3点を勝ち越されてしまう。4回にはまたもデントナに2ランが飛び出し、先発・小笠原は8失点KO。6回に森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに1号ソロを放つが、またも単発止まり。7回にセサルがダメ押し点に繋がるヘッポコエラーをかますなど、またも川相不在の弊害を露呈し、試合を決定付けられた。ようやく今季初登板となった昨年の最多勝投手・建山は5失点ながら、川相不在の中日打線の繋がりの悪さにも助けられ、白星スタートとなった。

◆C4−6T◆
そろそろ連敗を阻止したい広島は初回からキュラソ星人の二塁打で先制を許すも、その裏、栗原の2点二塁打で逆転。しかし、先発の偽ハンカチ王子・斉藤がこのリードを守れない。3回、またもキュラソ星人に1号2ランを被弾し、逆転を許したばかりか、満塁のピンチでよりにもよって投手のソニックに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回悪夢の5失点。フィオの来日初アーチ,栗原の犠飛等で追い上げを見せた広島だが、7回から継投モードに入った阪神のリリーフ陣にパーフェクトに抑え込まれて、連敗は4と延び、909日ぶりの単独最下位へ転落。キュラソ星人はこれが33球場目のホームランとなり、同数で並んでいた求道者・前田を抜いて、現役最多に躍り出た。

◆L9−3H◆
2年目でついにプロ初先発の機会を得た巽。不振を極める打線も期待の新星を何とか援護しようと、初回から小久保のタイムリーで先制するが、巽はいきなり片岡に先頭打者アーチを浴び、あっと言う間に試合は振り出し。そこから徐々に調子を上げてきたかに見えた巽だったが、ハマのスペランカーの2ランで再びリードを貰った4回、今度はG.G.佐藤に同点2ランを被弾。これで動揺したか、3四球で二死満塁のピンチを作った末に中島に走者一掃の3点二塁打を浴び、失意のKOとなった。西武は終盤にも加点して、ダメ押し。先発の石井一は8回3失点で今季初白星。ソフトバンクは最近ではよく打った部類に入る…と言っても、7安打3得点では寂しい限り。小久保が一人で3安打と気を吐いているが、スタメンには1割打者が4人,0割打者が1人と打線が繋がる気配がまるで感じられない。プロ初黒星を喫してしまった巽だが、打線がこんな調子では初白星を手にするには、完封するしかないかもしれない…。

◆M4−13E◆
楽天先発・青山がたった2球投げただけで左脇腹痛を起こして降板すると言う波乱の幕開けとなったこの試合。前半戦は取られたら、すかさず取り返すシーソーゲームとなったが、4−4で迎えた6回、楽天がリンデンの2号ソロで勝ち越すと、7回にも6安打を集中して、大量7点を奪い、一気に試合を決めた。緊急登板となった2番手の長谷部は4点を失いながらも、5回まで試合を作り、勝利投手。打っては鉄平が4安打3打点,高須が5安打2打点の大当たりだった。10日ぶりに黒星となったロッテの連勝は5でストップ。

◆F2−3Bs◆
守護神・武田久の中継ぎ降格で先発陣にプレッシャーがのしかかる日本ハム。2回にインケツパワーを充電させたあの男の二塁打で先制点を貰った出戻り助っ人・カーライルは6回まで無失点の素晴らしい投球を展開。開幕第2戦で1安打に抑えていた武田勝を突然引っ込めてから、チーム状態がおかしくなった事を反省していない梨田監督は7回から早くも継投策に打って出て、不穏な空気が流れ始める中、建山−宮西とヒットを浴びながらも8回まで繋ぎ、9回からは武田久に代わって、臨時ストッパーに任命された新助っ人・高橋由伸が登場。しかし、高橋由伸はいきなりカブレラ,ラロッカと連打を浴びると、ティー岡田に3ランを被弾と、たった7球で2点のリードを引っ繰り返される背信投球。その裏、1点を返し、なおも一死一、二塁と長打が出れば、逆転サヨナラの場面を作る粘りを見せた日本ハムだが、ミスタースナイパー・坪井,村田と代打攻勢が空転し、あと一歩及ばず、単独最下位転落。武田久に続き、高橋由伸もリリーフに失敗してしまったが、果たして、第3の守護神を擁立するのか、しばらく高橋由伸に頑張って貰うのか…!? 偽バファローズ先発・山本は8回1失点の好投で今季初勝利。岡田監督は通算400勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(42) 

November 01, 2009

11/1 ダルビッシュ◆F4−2G◆
9月20日以降、戦線を離脱したままで、一時は日本シリーズの登板も絶望視されていたダルビッシュだが、初戦を落とした影響か、強行先発登板。コンディションが万全でない中での投球が不安視されながらも、緩いボールを積極的に使っていく技の投球で初回を3人で抑える無難な立ち上がり。一方、日韓クラブチャンピオンシップで出番がなかった為、こちらも20日ぶりの実戦と登板間隔の空いている巨人先発・内海はその裏、二死から稲葉,高橋と連打を浴びて、一、三塁のピンチを背負ったが、好調・スレッジを三振に斬って取り、先制点を阻止。巨人は2回、先頭の寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせるも、亀井がバントを決められずに三振。松田記者,阿部も打ち取られ、寿司職人ラミレスは二塁に釘付け。続く3回には先頭の李がヒットで出るも、バントエンドランのサインを古城が見落としたのか、バットを引いてしまい、単独スチールとなってしまった李が楽々タッチアウトとなるまずい攻めでまたも無得点。すると、その裏、日本ハムは二死走者なしから稲葉の先制アーチを皮切りに、高橋,スレッジ,小谷野,糸井と怒濤の5連打で4点を奪い、内海を早々とKO。追いかける巨人は直後の4回、二死からまたも寿司職人ラミレスが二塁打を浴びせると、続く亀井がレフトポールを直撃する2ランを放ち、2点差と詰め寄った。その裏、一死一、二塁のピンチを切り抜けた巨人は直後の5回、二死走者なしから、古城,坂本,松本の3連打で満塁と一打同点のチャンス。しかし、ここで頼みのガッツが空振り三振に倒れて、三者残塁。続く6回には一死から振り逃げで出た亀井が続く松田記者の2球目を鶴岡が弾いた隙に二塁を陥れたかに見えたが、スライディングの勢いでベースから足が離れてタッチアウトとなる大チョンボ。松田記者も凡退し、結局、この回3人で攻撃終了ダルビッシュはこの回限りでお役御免となった。その裏、日本ハムは鶴岡が内野安打で出るも、金子誠がバントをピッチャー正面にまともに転がしてしまい、鶴岡は二塁で封殺。この後、田中がヒットで繋ぐも、続く劇団ひちょりが最悪のピッチャーゴロゲッツーを食らい、追加点ならず。両軍必死の継投で4−2の儘、土壇場9回へ突入。満を持して登板の守護神・武田久に対し、巨人は一死から亀井がバットを折られながらも、ライト前に弾き返すが、松田記者,阿部と凡退し、ゲームセット。ダルビッシュの強行登板が報われた日本ハムは1勝1敗と星を五分に戻し、東京ドームへ乗り込む事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(34) 

October 24, 2009

10/24 谷◆G8−2D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
吉見のドーピング容疑が正当な医療行為と認められたものの、追い詰められている事に変わりなく、悲願の日韓クラブチャンピオンシップ出場の可能性を残す為にも踏み留まりたい中日だったが、先発・中田が初回、先頭の坂本にレフト線へ二塁打を浴びると、続く松本の犠打を一塁へ悪送球し、あっと言う間に先制点を献上。更に、ガッツを歩かせると、一死後、亀井にタイムリーを浴び、この回、2失点。2回は3人で抑えた中田だが、続く3回、松本に四球,ガッツにヒットを許し、無死一、三塁のピンチで寿司職人ラミレスにタイムリーを浴びると、亀井のバントヒットで満塁となった所で松田記者にプロ入り初となるグランドスラムを被弾し、この回、悪夢の5失点。巨人先発・東野に対し、中日は4回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコの2号ソロでようやく1点を返すと、続く5回にはエラー等で貰った一死満塁のチャンスに荒木がタイムリーを放ち、東野をKO。なおも満塁のチャンスが続いたが、代わった越智の前に森野,ブランコの3,4番が連続三振に倒れ、三者残塁。巨人は6回、一死一、三塁から寿司職人ラミレスのピッチャーゴロの間に1点を加えて、ダメ押し。7回からは豊田−山口がそれぞれ1回ずつを三者凡退に斬って取ると、満を持して登板のクルーンは先頭の野本をファーストゴロに仕留めて、一死。ここで中日は代打・立浪を投入するが、レフトフライに終わり、これが現役最後の打席となった。クルーンは続く谷繁もサードライナーに抑え、逃げ切りに成功。万一、負け越した場合、確定していた日本シリーズへの出場辞退も辞さない構えの巨人だったが、予定通り、2年連続で日本シリーズに臨む事となった。尚、今シリーズのMVPには第3戦で代打逆転二塁打を放った脇谷が選ばれた。

10/24 スレッジ◆F9−4E◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
田中の力投で辛うじて踏み留まったものの、依然として、崖っぷちに立たされている楽天。絶対負けられない一戦で命運を託されたルーキー・藤原だが、初回、一死から劇団ひちょり,稲葉と連打を浴びると、高橋を歩かせ、満塁とした所でスレッジに犠飛を打ち上げられ、先制点を献上。続く2回には二死二塁から田中にタイムリー三塁打,劇団ひちょりに2ランを叩き込まれて、この回限りであえなくKO。日本ハムは続く3回にも一死満塁のチャンスを作るが、大野,金子誠と倒れて、三者残塁。ピンチを逃れた楽天は直後の3回、日本ハム先発・藤井から高須がチーム初安打を放つと、二死後、山崎武,青波の長瀬の連打でようやく1点。更に、中島が歩いて満塁となった所で、宮出が2点タイムリーを浴びせて、1点差。何とか突き放したい日本ハムは7回、一死二塁からスレッジがセンター前へタイムリー。更に、小谷野がヒットで続くと、二死後、鶴岡にタイムリー内野安打が飛び出し、6点目。楽天は8回、青波の長瀬のタイムリーで1点を返し、食い下がるが、その裏、二死二、三塁のピンチでスクランブル登板した岩隈がスレッジに3ランを被弾し、試合を決定付けられた。9回は守護神・武田久がきっちり締めて、逃げ切った日本ハムは勝ち越しを決めた事で当初の予定通り、2年ぶりとなる日本シリーズへ出場の方針を固める事となった。今シリーズのMVPには第1戦で逆転サヨナラ満塁弾を放ち、この日も3ラン含む5打点の活躍を見せたスレッジが受賞した。楽天フロントから非情の解任通告を突きつけられ、何とか日韓クラブチャンピオンシップまで居座りたかったノムさんはついに終戦。楽天だけでなく稲葉,吉井コーチら日本ハムの愛弟子らも胴上げで送られたが、「もう1年やりたかった」と無念の言葉を残した

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:43コメント(0)トラックバック(50) 

October 21, 2009

10/21 野本◆G2−7D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
ぶっちぎりのリーグ制覇で既に、日本シリーズ進出の権利を獲得している巨人に対し、日韓クラブチャンピオンシップに出たくて仕方ない中日は初回、ヒットの井端を荒木が送った所で森野がライト前へ先制タイムリー。更に、ブランコ゛かヒットで繋いだ所でベンちゃんがタイムリーを浴びせると、続く野本が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ3ラン。巨人先発・ゴンザレスはシーズン中にもなかった悪夢の1イニング5失点となった。巨人は2回、2四球で二死一、二塁とした所で古城のタイムリーで1点を返すが、短期決戦で序盤の大量ビハインドにも拘わらず、ゴンザレスに代打を送らず、結局、ファーストファールフライに倒れて、1点止まり。すると、直後の3回、中日はブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへソロアーチを叩き込み、6点目。6回には巨人2番手・M・中村がキーマンになりそうなブランコの頭部をスナイプするが、カス当たりに終わった挙げ句に危険球退場。緊急登板で準備不足の野間口は何とか二死を取ったものの、藤井,谷繁と連打を許して、ダメ押しの7点目を献上。巨人は7回に李の犠飛で1点を返したが、焼け石に水で、早くも1勝のアドバンテージがなくなった。

10/21 スレッジ◆F9−8E◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
勝った所で日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦に出られるだけの話で、決して日本シリーズに出られる訳ではないが、楽天フロントをより悪役にする為にも少しでも実績をあげておきたいノムさんはリンデンとも和解し、早速、8番でスタメン起用。楽天先発・永井は初回、一死一、三塁のピンチで高橋に先制犠飛を許したものの、直後の2回、草野のタイムリーですかさず同点。4回には一死から青波の長瀬の死球,中島の二塁打で二、三塁とした所でまたも草野が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。更に、キーマンであるリンデンにもタイムリーが飛び出し、3点目を追加。2点を追う日本ハムは6回、一死から稲葉の二塁打,高橋の四球で一、二塁とするも、スレッジ,小谷野と倒れて、二者残塁。ピンチを切り抜けた楽天は直後の7回、中谷,高須の連打等で二死満塁とすると、山崎武の走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を追加。日本ハムは8回、一死から劇団ひちょり,稲葉,高橋と3連打で1点を返し、永井をKO。更に、スレッジのタイムリー,小山の暴投で2点を追加すると、二死後、代打・あの男が歩いて、一、三塁となったが、代打・稲田が打ち上げて、追加点ならず。4−6で迎えた土壇場9回、楽天は鉄平に2ランが飛び出し、これがダメ押しになると思われた。しかし、その裏から登板の守護神・福盛が大乱調。先頭の金子誠は打ち取ったが、ここから田中,劇団ひちょり,稲葉と3連打で1点を返されると、高橋を歩かせて、満塁となった所でスレッジにレフトスタンドへグランドスラムを叩き込まれて、悪夢の逆転サヨナラ負けを喫した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(31) 

September 26, 2009

◆G1−0C◆
前田健,久保の両先発が息詰まる投手戦を展開。前田健が8回まで散発3安打無失点の好投を見せれば、久保は8回を僅か1安打に抑え込む完璧な投球を展開し、0−0の儘、土壇場9回へ突入。8回に代打を出された久保に代わり、木村正がマウンドに上がった事で何とか活路を開きたい広島だったが、あえなく三者凡退。一方、巨人もその裏から代わったシュルツの前に3人で打ち取られ、試合は延長に突入。10回、広島は先頭の天谷が内野安打で出ると、ルパン廣瀬が送って、一死二塁。しかし、ここで代わった金刃の前に會澤,小窪の代打攻勢がいずれも失敗に終わり、先制ならず。すると、その裏、巨人は広島3番手・横山から先頭の阿部がヒットで出ると、二死後、代打・松田記者が歩いて、一、二塁。ここで坂本がレフト前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。ピンチを切り抜けた金刃は2年ぶりの白星を掴んだ。巨人はこれで9連勝。

◆D10−7T◆
中日先発・小笠原に対し、3位死守に意欲を燃やす阪神は初回、一死から平野の二塁打,鳥谷のタイムリーであっさり先制。更に、ブランコのエラー等で二死二、三塁となった所で関本,桜井と連続タイムリーを放ち、この回いきなり4点を獲得。中日は2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが28号ソロを叩き込むと、3回には四球の荒木が二盗を仕掛け、矢野の悪送球の間に一気に本塁を陥れ、2点目。しかし、直後の4回、阪神は桜井の11号2ラン,平野のタイムリー三塁打で3点を追加し、小笠原をKO。その裏、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコの37号ソロで1点を返した中日は続く5回には森野の2点タイムリー二塁打で阪神先発・下柳をKO。続く6回には二死満塁からまたも森野がタイムリー内野安打を放ち、1点差と詰め寄ると、ブランコが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転に成功。8回にはベンちゃんのタイムリーでダメ押しの10点目。最後は岩瀬ではなく、浅尾が締めて、4セーブ目。2番手のパヤノは2回をパーフェクトの好リリーフで2勝目をあげた。

◆S5−4YB◆
デーゲームで阪神が敗れ、勝てば3位浮上となるヤクルトは2回、青木,畠山の連打で二、三塁とすると、ガイエルがセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。先発の村中は5回まで四球1つ許しただけのノーヒットと素晴らしい投球を見せていたが、6回、先頭の武山に初安打を許すと、二死二塁となった所で藤田にタイムリー三塁打を浴び、1点差。なおも一打同点のピンチだったが、ここは内川をセカンドゴロに仕留めて、1点で食い止めた。ヤクルトは7回、ヒットのガイエルを吉本が送り、横浜先発・吉見をKO。代わった真田が相川がタイムリー二塁打を浴びせると、二死一、二塁となった所で藤田がタイムリーエラーを犯し、この回2点。更に、8回には畠山が4号ソロを叩き込み、5点目。9回も続投となった村中だが、先頭の金城に痛打されると、一死後、内川に16号2ランを被弾し、KO。代わった守護神・林もいきなり村田に23号ソロを叩き込まれて、1点差。しかし、続くメカゴジラに9球粘られながらも空振り三振に斬って取ると、最後は吉村をセカンドゴロに仕留めて、辛くも逃げ切り、3位浮上を果たした。村中は完投こそ逃したものの、待望の今季初勝利を手にした。

9/26 スレッジ◆H4−5F◆
首位攻防3連戦第2ラウンドは1番に起用された松田の7号先頭打者アーチでソフトバンクが先制。二死後、小久保も二塁打を放ち、追加点のチャンスを作ったが、松中がファーストゴロに倒れて、1点止まり、3回には二死から連打で二、三塁とするも、小久保がセンターに打ち上げ、二者残塁。1点を追う日本ハムは5回、二死走者なしから金子誠が二塁打を浴びせると、続く田中がセンター前へ同点タイムリー。1−1で迎えた6回、ソフトバンクは先頭のオーティズが二塁打を放つと、続く小久保のタイムリーで勝ち越しに成功。更に、一死三塁となった所でハマのスペランカーが犠飛を打ち上げ、3点目。2点を追う日本ハムは8回、二死二塁とし、ソフトバンク先発・杉内をKOすると、代わった攝津アッパーから高橋がタイムリーを放ち、1点差。しかし、その裏、ソフトバンクは松中のタイムリーで1点を追加。これで決まったかと思いきや、土壇場9回、日本ハムは二死走者なしから代打・ミスタースナイパー・坪井の二塁打,金子誠のヒットで一、三塁とすると、田中のフルカウントからのボール球が暴投となって、1点差。なおも、一、三塁の場面でまたも故障を発生させるなど、インケツパワーを溜め込んでいたあの男が代打で登場し、2点タイムリーを放ち、一気に同点。試合は2夜連続の延長に突入した。ラストイニングとなった12回、日本ハムは一死からスレッジが24号ソロを叩き込み、ついに勝ち越しに成功。その裏、武田久が3人でピシャリと締めて、3勝目。日本ハムのマジックは7となった。

◆L6−10E◆
西武は2回にG.G.佐藤の2試合連続24号ソロで先制すると、3回には二死走者なしからヒットで出た片岡がすかさず二盗。ここで栗山がタイムリーを放ち、2点目。更に、4回には一死から3連打で満塁とすると、銀仁朗のタイムリー,原の犠飛で2点を追加。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸の前に4回まで1安打と沈黙していた楽天は直後の5回、突如爆発。青波の長瀬が13号ソロ,リンデンが10号ソロ,中谷が3号ソロと球団史上初の3連発で一気に1点差。一死後、ヒットで出た渡辺直が盗塁と暴投で三進すると、鉄平のセカンドゴロが片岡のタイムリーエラーを誘って、ついに同点とし、岸をKO。更に、二死三塁と場面が代わった所で草野がタイムリー内野安打を放ち、勝ち越しに成功。その裏、西武は栗山,中島と連打を浴びせ、楽天先発・青山をKO。二死後、G.G.佐藤が敬遠されて、満塁とチャンスを広げたが、代打・後藤はセンターフライに倒れて、同点ならず。楽天は6回にリンデンの2打席連続11号ソロで1点を加えると、7回にはまたもリンデンがタイムリーを放ち、7点目。しかし、粘る西武はその裏、中村が4戦連発となる44号ソロを叩き込むと、続く礒?にも6号ソロが飛び出し、1点差。何とか突き放したい楽天は土壇場9回、一死から小坂の四球,青波の長瀬のヒットで一、二塁とすると、またまたリンデンがタイムリー。更に、代打・中島,渡辺直もタイムリーを放ち、この回3点を追加。最後は4番手・小山が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。2番手の川岸は2回1/3を2失点ながら、3勝目がついた。敗れた西武は三たび自力Aクラスが消滅。

◆M6−2Bs◆
西岡の13号先頭打者アーチで先制したロッテは3回にはフクーラが6号ソロを叩き込み、1点を追加。更に、続く4回には二死走者なしから今江,早川と連打を浴びせると、またも西岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、4点目。4回まで毎回の6安打を浴びせながら、チグハグな攻撃でゼロ行進を続けていた偽バファローズは5回、連打と四球で無死満塁とすると、下山,ローズの内野ゴロの間にそれぞれ1点を返し、2点差。8回には下山,ローズの連打で無死二、三塁と一打同点のチャンスを作るが、後藤,日高,山崎浩とあえなく凡退し、二人の走者は釘付け。ピンチを脱したロッテはその裏、代打・南に2号2ランが飛び出し、試合を決定付けた。先発の清水は7回0/3を2失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(0)トラックバック(26) 

September 18, 2009

◆S2−10G◆
内海,村中の両先発の投げ合いで0−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた5回、巨人は中井のヒット,坂本の二塁打で一死二、三塁のチャンス。ここで早くも松本に代打・大道を送り込むが、あえなく三振。しかし、続くガッツがセンター前へ弾き返して、2点を先制。均衡を破り、流れを引き寄せた巨人は続く6回、松田記者のタイムリー二塁打,中井の犠飛で2点を追加し、村中をKO。7回には4連打で2点を追加し、なおも一、二塁の場面で阿部が捕手としては球団初の通算200号となる28号3ランを叩き込み、この回一挙5点。9回には亀井が23号ソロを放ち、ダメ押しの10点目。投げては内海が7回を投げ、代打・畠山のタイムリー二塁打による2点のみに抑え、通算50勝となる今季8勝目。巨人のマジックは2つ減って7となった。

◆D2−5YB◆
最早、逆転優勝を諦めたのか、来日初先発となる寝損,4年ぶりスタメンとなる前田と言うバッテリーで臨んだ中日。しかし、寝損は初回から一死二塁のピンチを背負うと、内川にタイムリーを許し、先制点を献上。2回にゲッツーの間に同点として貰ったのも束の間、3回、一死から投手のランドルフに二塁打を浴びると、二死後、山崎にタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。続く4回には先頭のメカゴジラに10号ソロを被弾すると、一死後、連打と四球で満塁のピンチを作り、無念のKO。2番手・鈴木も代わりばな金城にタイムリーを浴びると、二死後、内川に押し出し四球を与えて、この回3失点。ランドルフの前に沈黙していた中日打線は8回から2番手・高崎に代わると、一死から四球とブランコ,ベンちゃんの連打で1点を奪い、高崎をKO。更に、代わった高宮から代打・立浪がヒットで続き、満塁と一発が出れば一気に逆転の大チャンス。しかし、初スタメンに起用されながら、ここまでノーヒットの中川が最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。9回にも二死一、二塁と一発で同点と言う場面で打点リーグトップの森野に回したものの、森野はレフトフライに倒れて、万事休す。2併殺10残塁の拙攻が響いて、痛い黒星となった。ランドルフは制球に苦しみながらも7回を1失点で切り抜け、4勝目

9/18 今井◆T4−5C◆
Aクラス浮上へ望みを繋ぐ為にも負けられない広島は2回、一死一塁から小窪のタイムリー二塁打で先制。阪神はその裏、先頭のキュラソ星人の19号ソロであっさり追い付くと、一死後、関本,桜井,狩野の3連打で勝ち越しに成功。しかし、直後の3回、広島は二死満塁のチャンスから能見の暴投で労せずして同点とすると、天谷が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く小窪にもタイムリーが飛び出し、5点目を追加。3点を追う阪神は6回、先頭の鳥谷が四球を選ぶと、二死後、関本が2号2ランを叩き込み、1点差。続く桜井もヒットを放つが、ここで代わった3番手・横山の前に狩野が三振に倒れ、同点ならず。横山は7回もきっちり抑えると、8回にシュルツを挟み、最後は守護神・永川が三者三振の快投で締め括った。先発の今井は5回1/3を3失点でプロ初勝利

◆L6−0H◆
3回まで無失点と好投していたソフトバンク先発・ジャマーノだったが、4回、一死から中島に痛打されてからおかしくなり、中村にヒット,礒?にタイムリー二塁打を浴び、先制点を献上。続くG.G.佐藤にもタイムリーを浴びると、原にはスクイズを決められ、後藤を歩かせた所で上本にタイムリーを浴許して、5点を失い、あえなくKO。西武は7回にも片岡,栗山と連続二塁打でダメ押しの6点目を追加。西武先発・帆足は初回こそ連打を浴びたものの、2回以降は散発2安打無四球と二塁も踏ませぬ投球を見せ、4試合連続完投の完封で8勝目

◆E9−5M◆
初回、満塁のチャンスを逃してしまった楽天だが、続く2回、一死二、三塁から中村真が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。直後の3回、早川,大松のタイムリー二塁打で追い付かれるも、その裏、先頭の山崎武の36号ソロですかさず勝ち越し。更に、二死一塁からリンデンにも9号2ランが飛び出し、この回3点。この後も4回に山崎武のタイムリー,5回に渡辺直のタイムリー,そして6回にも草野,リンデンの連続タイムリー二塁打と着々と加点。ロッテは7回にフクーラの4号2ラン,8回に塀内の3号ソロで追い上げを見せたものの及ばず、今シーズンの負け越しが決定した。楽天先発・田中は7回を9安打5四死球で4失点と苦しみながらも10三振を奪う力投を見せ、打線の援護にも恵まれて、自己記録を更新する14勝目

◆Bs6−7F◆
2回に糸井,鶴岡のタイムリーで2点を先制された偽バファローズは4回、ローズの22号2ランで同点。2−2で迎えた7回、日本ハムは一死一、二塁から田中のタイムリーで勝ち越すと、二死後、稲葉がライトスタンドへ16号3ランを叩き込み、この回、一挙4点。これで決まったかと思いきや、その裏、偽バファローズはこの回から代わった林に対し、山崎浩,代打・迎のヒットでチャンスを作るとね北川の2号3ランであっと言う間に1点差。続く8回には後藤,阿部の連打で一、三塁とすると、一死後、山崎浩が同点犠飛を打ち上げ、試合は延長に突入。偽バファローズ先発・岸田は10回も続投し、三者凡退に斬って取ると、11回から新ストッパー・金子を投入するが、いきなり先頭のスレッジに22号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。10回から登板していた武田久は11回も無難に抑えて、2勝目をマーク。日本ハムのマジックは2つ減って12となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(8) 

August 15, 2009

8/15 グライシンガー◆G9−7T◆
初回、亀井のタイムリー二塁打で先制した巨人は続く2回、二死から投手のグライシンガーがセンター前に弾き返すと、坂本,キムタクとヒットを連ねて2点を追加。続いて、左足痛で欠場のガッツに代わり3番ファーストで起用された阿部が死球を食らうと、寿司職人ラミレスが17号3ランを放り込み、この回5点。阪神先発・筒井はこの回限りでKOとなった。巨人は4回にも阿部の16号ソロ,松田記者のタイムリー二塁打で2点を加え、8点目。楽勝ペースと思いきや、4回まで1安打無失点の好投を見せていたグライシンガーが5回、ブラゼルにヒットを浴びると、坂本のエラーで一、二塁のピンチ。一死後、代打・高橋光をファーストゴロに打ち取るも、阿部からの送球をまたも坂本がエラーし、この間に1点を献上。更に、二死満塁となった所で鳥谷,キュラソ星人,新井と3連続タイムリーを浴び、この回悪夢の6失点。2点差と詰め寄られた巨人はその裏、グライシンガーの代打・工藤が二塁打を放つと、二死後、キムタクのタイムリーで1点を追加。3点を追う阪神は7回、ヒットで出たシャア少佐が盗塁に失敗するも、続く平野が右中間突破の三塁打を放ち、2番手・越智をKO。代わった山口に対し、二死後、キュラソ星人がレフトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、再び2点差。更に、新井が歩いて、一、二塁と一発が出れば逆転と言う場面を作ったが、ブラゼルは三振に倒れて、1点止まり。9−7の儘、迎えた土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。既に、越智,山口を使い切っている状況で無様な投球は許されないクルーンは一死から代打・悠久の若虎・桧山に痛打されるも、鳥谷,キュラソ星人と打ち取って、事なきを得た。グライシンガーは5回6失点ながら、来日以来3年連続となる2桁勝利をマーク。ゴンザレス,グライシンガーと1球団で2人の助っ人が2桁勝利を記録したのは史上初。

◆D2−1S◆
中日は2回、ブランコ,ベンちゃんと連打を浴びせると、一死後、藤井が歩いて満塁。ここで谷繁も四球を選んで押し出しでタナボタの先制点をゲット。なおも満塁のチャンスだったが、小笠原はセカンドゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。4回にはブランコ,ベンちゃんと連続四球を選ぶも、後続3人があえなく凡退し、二者残塁。相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりに業を煮やしたか、5回、井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ5号ソロを叩き込み、2点目。走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進を続けてきたヤクルトは8回、先頭の福地がヒットで出るも、田中がピッチャーゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。ここで青木が10号ソロを叩き込み、小笠原をKOするが、代わった浅尾の前に畠山が三振に倒れて、1点止まり。浅尾は9回も続投し、二死まで取ると、代打・武内がコールされた所で守護神・岩瀬がようやく登板。ここで代打の代打・米野が起用されたが、あえなくセカンドゴロに倒れて、ゲームセット。小笠原は7回2/3を1失点で切り抜け、5勝目をあげた。敗れたヤクルトは4連敗。

◆YB6−3C◆
初回、フィリップスのタイムリーで先手を取られた横浜だが、その裏、下園の二塁打等で一死一、三塁とすると、ジョンソンが犠飛を打ち上げ、同点。続く2回には一死からヒットで出た石川が二盗を決めと、石原,赤松のダブルエラーを誘って、一気に勝ち越しのホームイン。更に、4回にはジョンソン,メカゴジラと連打を浴びせると、一死後、石川がタイムリーを放ち、3点目。2点を追う広島は直後の5回、一死から赤松が内野安打で出ると、二死後、栗原が13号2ランを叩き込み、一気に同点。3−3の儘、迎えた8回、横浜は内川,ジョンソンの連打で一、三塁とすると、マクレーンのタイムリーエラーで内川が勝ち越しのホームイン。更に、吉村が振り逃げで出るなど、一死二、三塁とした所で石川が2ランスクイズを決め、ダメ押し。最後は山口が無難に締めて、14セーブ目。1回を無失点に抑えた3番手の加藤康は3年ぶりの白星をあげた

◆Bs6−0H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、偽バファローズは2回、一死からフェルナンデスが二塁打を放つと、二死後、阿部がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。4回にはヒットのローズを一塁に置いて、フェルナンデスがレフトスタンドへ13号2ラン。7回には先頭の坂口がヒットで出ると、犠打と内野ゴロの間に三進した所で大引がタイムリー二塁打を放ち、4点目。ホールトンはこの回限りで降板となった。8回には阿部のスクイズ,前田のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。投げては、先発の金子が散発4安打、二塁も踏ませない完璧な投球で今季初完封を飾り、9勝目

◆F2−0L◆
日本ハム先発・藤井は3回を覗いて、毎回走者を許す苦しい投球。それでも5回まで無失点で切り抜けてきたが、6回、片岡,栗山と連打を浴びた所でついにKO。しかし、代わった江尻が中島をショートゴロゲッツーに仕留めると、中村を三振に斬って取り、ピンチ脱出。続く7回にも一死一塁からG.G.佐藤をゲッツーに打ち取り、0点で切り抜ける。一方、WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸は4者連続三振をマークするなど、7回まで4安打無失点の好投を展開していたが、8回、先頭の田中に二塁打を浴びると、糸井に犠打を許した後、稲葉を敬遠した所で無念の降板。2番手・大沼は高橋はサードゴロに打ち取るも、ここで代わった星野がスレッジに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。ようやく均衡を破った日本ハムは9回から守護神・武田久がきっちり締めて完封リレーを達成。3番手の菊地に3勝目がついた。岸の対パ・リーグの連勝は16でストップ。

◆E5−1M◆
初回、楽天は一死から渡辺直のヒット,西岡のエラーで一、三塁とすると、山崎武が走者一掃の先制タイムリー二塁打。しかし、三塁を欲張った山崎武は憤死し、この後、青波の長瀬,ショートと連打を浴びせるが、宮出が凡退とチグハグな攻撃で2点止まり。3回、青波の長瀬のタイムリーエラーで1点を返された楽天はその裏、鉄平,山崎武の連打でチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を追加。5回には無死満塁のチャンスを掴むと、代打・憲史はゲッツーに倒れるも、続くリンデンがタイムリーを放ち、2点を追加。7回からは川岸−福盛と繋いで、ロッテの反撃を断ちきった。先発の木谷は6回1失点でプロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(19) 

July 28, 2009

7/28 森野◆G3−5D◆
助っ人ながら、特例として一躍、新人王候補に躍り出たオビスポに対し、後半戦に入っても、深刻なタイムリー欠乏症,一発依存症に好転の気配が見えない中日は初回から二死満塁のチャンスを潰すと、2回にも二死一、二塁のチャンスを生かせず、早くも大量5残塁。しかし、4回、一死から小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを叩き込み、ついに先制。更に、続く5回には二死から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが29号ソロをぶち込んで、2点目を追加。しかし、その裏、巨人は連打とエラーで無死満塁とすると、坂本のタイムリーで一気に同点。更に、二死満塁とチャンスを広げたが、亀井がセンターフライに倒れて、勝ち越しならず。2−2で迎えた7回、中日は一死から井端が死球を食らうと、二死後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランを放ち、勝ち越しに成功。その裏、巨人は代打・アルフォンゾが実に111日ぶりとなる2号ソロを叩き込み、応戦。二死後、ガッツのヒット,寿司職人ラミレスの四球で一、二塁と長打が出れば逆転と言うチャンスを作ったが、この日ブレーキの亀井がまたも凡退し、二者残塁。突き放したい中日は直後の8回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号ソロをぶち込んで、再び2点差。その裏から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、9連勝。先発・ウッチャンは6回2/3を3失点で4勝目。首位巨人に1.5差と迫った中日だが、極度のタイムリー欠乏症,一発依存症は悪化の一途を辿っており、無様な試合運びにとても手放しで喜んではいられない。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。外国人枠の都合上、今後も一軍での登板が限定されるだけに、新人王獲得の為にも何としても勝っておきたかったオビスポだが、7回4失点で来日初黒星。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、久々にアルフォンゾの一発が見られた事に満足。結果を出しているオビスポですら外国人枠に苦しんでいるのだから、アルフォンゾにはもう少し奮起して欲しい所。と言っても、李が間もなく再昇格するとの情報が入ってきているし、巨人の台所事情を考えると投手枠を2つに削ってまで、野手枠を2つ増やす事はありえない訳で、神懸かり的に打ちまくらないと一軍残留は極めて難しい状況ではあるよなぁ。何とか来季残留への足がかりを掴んで欲しいものだが…。そういえば、バーンサイドはどうしているのだろう?

◆S6−2C◆
0−0とは言え、押し気味に試合を進めていたヤクルトは4回、福地の内野安打,ガイエルの四球で一、二塁とすると、宮本の先制タイムリーでついに均衡を破ると、6回にはエラーで貰ったチャンスに相川,川島慶の連続タイムリーが飛び出し、2点を追加。広島先発・前田健はこの回限りでKOとなった。3点を追う広島は7回、栗原の犠飛でようやく1点を返すが、その裏、ヤクルトはガイエルに16号3ランが飛び出し、大きく突き放した。広島は8回に石原の5号ソロで1点を返したものの、後が続かなかった。ヤクルト先発・石川は8回を無四球2失点で9勝目をマークした。

◆T5−4YB◆
まだ5差あるとは言え、最早、最下位転落は現実的な危機として迫っている阪神。それだけに眼下の敵・横浜を直接叩いておきたい所だが、先発・安藤が初回から捕まり、四球とエラーでピンチを作った挙げ句、村田に通算200号となる20号3ランを被弾する苦しい立ち上がり。その裏、内野ゴロの間に1点を返した阪神は3回には鳥谷のタイムリーで1点差。6回には二死一、二塁からシャア少佐のタイムリーでついに同点。それも束の間、直後の7回、2番手・江草が代わりばな先頭の内川に12号ソロを浴び、勝ち越し点を献上。その裏、連続四球で貰った一、二塁のチャンスに後続3人が倒れ、8回も一死二塁のチャンスを潰した阪神だが、土壇場9回、四球で歩いた鳥谷が暴投で二進すると、新井のタイムリーで同点のホームイン。試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、阪神は2四球で二死一、二塁とすると、関本がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。10回にマウンドに上がり、3人で締めた藤川に3勝目がついた。

◆H2−6Bs◆
偽バファローズは初回、ヒットの坂口が大引が送ると、二死後、カブレラが5号先制2ラン。3回には先頭の大引が四球で歩くと、フェルナンデスが10号2ラン。更に、続くカブレラが2打席連続の6号ソロを叩き込み、ソフトバンク先発・大隣はこの回限りでKO。5回まで1併殺5残塁と拙攻に喘いでいたソフトバンクは6回、松中,小久保の連打で一、二塁とするも、ハマのスペランカーが最悪のショートゴロゲッツー。長谷川のタイムリー内野安打でようやく1点を返すも、田上はライトへ打ち上げ、1点止まり。突き放したい偽バファローズは8回、連打と死球で無死満塁とすると、下山が押し出し四球を選んで、労せずしてダメ押し。ソフトバンクは9回に田上の犠飛で1点を返したが、焼け石に水だった。偽バファローズ先発・岸田は8回1失点の好投で5勝目

◆M1−5F◆
ロッテ先発・小林宏に対し、日本ハムは初回、2四死球でチャンスを作ると、スレッジがライトスタンドへ13号3ランを放り込み、あっと言う間に3点を先制。2回以降立ち直った小林宏と日本ハム先発・八木の投げ合いでゼロ行進が続いたが、0−3の儘、迎えた8回、日本ハムは二死走者なしからスレッジがこの日2本目となる14号ソロを叩き込み、4点目。この後、満塁のチャンスは逃したものの、9回には高橋のタイムリーでダメ押しの5点目。ロッテは9回二死から竹原の5号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。八木は6回0/3を無失点に抑え、7勝目

◆E5−1L◆
初回、中村のタイムリー二塁打で先制された楽天だが、2回、四球の青波の長瀬を一塁に置いて、宮出のタイムリー三塁打で同点。続く3回には一死からリンデンの二塁打,石井一のエラーで一、三塁とすると、二死後、山崎武が21号3ランを叩き込み、勝ち越しに成功。中盤は膠着状態となったが、8回、山崎武にこの日2本目となる22号ソロが飛び出し、ダメ押し。精彩を欠く投球で続いていた楽天先発・岩隈だったが、10三振を奪う力投で5月16日以来今季2度目となる完投勝利で7勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(22) 

July 21, 2009

◆YB2−4G◆(6回降雨コールド)
巨人は初回、寿司職人ラミレス,亀井,松田記者の3連続タイムリーでいきなり4点を先制。その裏、メカゴジラのタイムリーで1点を返した横浜だが、2回二死満塁,3回二死一、二塁のチャンスをモノに出来ない。しかし、6回、一死一、二塁のチャンスを作り、春風亭半ケツをKO。代わった越智から、二死満塁とした所で亀井のエラーで2点差と詰め寄るが、藤田が凡退し、三者残塁。7回に入った所で雨が強くなり、その儘、コールドゲームが成立。巨人が勝ち逃げで連敗を阻止。5回1/3を2失点の春風亭半ケツは5勝目をマークした。

◆D7−4C◆
偽ハンカチ王子・斉藤,小笠原の両先発がいずれも5回まで無失点の好投を展開。均衡が破れたのは6回。東出,フィリップスの連続二塁打で先制した広島は更に、栗原が歩いた後、マクレーンに10号3ランが飛び出し、この回4点。しかし、その裏、中日は井端,荒木の連打の後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号3ランを叩き込むと、続くブランコにも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに28号ソロが飛び出し、一気に同点。更に、2四球で貰ったチャンスに代打・立浪が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回にも森野のタイムリーでダメを押した中日は8回から浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、対広島10連勝。2番手の寝損に来日初勝利がついた

◆T−S◆
降雨中止。

◆H6−4E◆
初回、ソフトバンクは二死一、二塁からハマのスペランカーに11号先制3ランが飛び出すと、3回には松中が16号ソロを放り込み、4点のリード。4回に1点を返されるが、5回、3四球で二死満塁とした所で長谷川がセンター前へタイムリーを放ち、2点を追加。楽天は8回に山崎武が20号2ランを叩き込無と、9回には守護神・馬原を攻め立て、二死一、二塁から宮出のタイムリーで4点目。なおも一、二塁と長打が出れば同点と言うチャンスだったが、最後は鉄平がセカンドゴロに倒れて、万事休す。馬原は球団新記録となる通算118セーブ目。先発の藤岡は7回2/3を3失点で4勝目をマークした。

◆F7−3M◆
2回に竹原のタイムリーで先制された日本ハムは4回、一死一、三塁から金子誠のタイムリーで追い付くと、更に、二死満塁となった所で稲葉にタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。ロッテは6回に大松の12号ソロ,7回にはバーナムJr.のタイムリー二塁打で同点とするが、その裏、日本ハムは無死一、二塁からスレッジの走者一掃タイムリー二塁打で再び2点を勝ち越し。更に、二死後、金子誠もタイムリーを放ち、この回3点。8回にも内野ゴロの間に1点を追加し、試合を決定付けた。先発のスーパーさぶ・多田野は7回を投げ3失点、10三振を奪う力投で4勝目。これで日本ハムは4連勝となり、前半戦首位ターンが確定した。

7/21 涌井◆L4−2Bs◆
西武先発・涌井に対し、偽バファローズは初回、一死から連続四死球で一、二塁とすると、カブレラのタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死から小瀬が二塁打を浴びせると、前田のタイムリーで2点目のホームイン。前回の登板でようやく今季初勝利を果たし、WBC干され症候群からの完全脱却が期待された偽バファローズ先発・小松だが、その裏、G.G.佐藤に14号ソロを被弾。3,4回と走者を出しながらも、踏ん張っていたが、5回、一死二、三塁のピンチで中島に逆転2点タイムリーを浴びると、続く中村にもタイムリーを浴び、4失点KO。西武は8回から登板の2番手・岩崎が三者三振の快投を見せると、最後は小野寺が締め括った。涌井は7回2失点でハーラー単独トップに立つ12勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(9) 

May 02, 2009

5/2 藤川◆T5−6G◆
阪神は初回に鳥谷の犠飛で先制すると、3回にはキュラソ星人のタイムリーで2点目を追加。3回まで無難に抑えていた能見だが、4回、一死から寿司職人ラミレス,亀井と連打を浴びて、1点を返されると、二死後、阿部を打ち取りながら、関本のエラーで足を引っ張られた末、坂本に2号3ランをぶち込まれる最悪の展開でこの回4失点。続く5回には松田記者に今季初アーチを叩き込まれて、5点目を献上。しかし、粘る阪神は7回、代打・藤本のタイムリーで1点をかえすと、更に、関本の犠飛で1点差と詰め寄り、グライシンガーをKO。更に、2番手・山口から鳥谷も犠飛を打ち上げ、ついに同点。5−5で迎えた土壇場9回、阪神は早くも守護神・藤川を投入するが、代わりばな坂本にこの日2本目のアーチを被弾し、勝ち越し点を献上。その裏、阪神は二死走者なしから関本が三塁打を放ち、一打同点の場面を作ったものの、最後は鳥谷がショートゴロに倒れて、万事休す。これで阪神は対巨人2年越しの10連敗。4月に5試合しか出番がなく、僅か2セーブしかあげられないなど、あまりにも暇している藤川を同点で使ってみたら大失敗と何とも嫌な展開だ。坂本の活躍で勝ちを拾った巨人だが、アルフォンゾの二軍降格でしばらくはスタメンかと思われた李だが、今度は小田嶋と併用される事になってしまうとは何とも憐れな限り。鈴木も干されて、1番に起用された松田記者が一発を放つなど、テコ入れは若干、成功しているものの、とても首位を独走しているチームとは思えない何ともバタバタとした選手起用が続いている印象だ。

◆YB6−1D◆
ゴーグルで照明を反射させて打者の目を眩ませる姑息で卑劣な投手に貶められると言う水島の呪いに苛まれ続けている先発・山井が立ち上がりから苦しい投球。初回に内川に先制被弾すると、2回には細山田にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。4回には吉村,内藤に連続タイムリーを浴びた上、暴投も犯して、一気に3点を失い、失意のKO。ハマのチンピラの前に4回までノーヒットに抑え込まれていた中日は5回、藤井が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを叩き込んだが、後が続かない。6回には二死からブランコのヒット,ベンちゃんの四球で一、二塁とするが野本が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、荒木のタイムリーエラーで致命的な6点目を与え、試合を決定付けられた。ハマのチンピラは8回1失点で3勝目をマークした。投打に精彩を欠いた中日は4連敗。拙攻拙守を繰り返す体たらくにチームの空気は重くなる一方だ。この絶望的な状況を打開する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆C9−2S◆
初回、広島は先頭の東出が三塁打を浴びせると、続く赤松の犠飛で生還と電光石火の先制点。直後の2回、田中浩の今季初アーチとなる2ランで逆転を許すも、3回、またも赤松がタイムリーを放ち、試合は振り出しに。2−2で迎えた6回、広島は一死一塁から天谷がタイムリー三塁打を放つと、更に、スタメン復帰の栗原がタイムリー,緊急獲得で早速スタメンに起用された出戻り助っ人・マクレーンが2ランを叩き込み、この回、一挙4点を勝ち越し。これで完全に主導権を握った広島は終盤にも着々と加点し、計14安打9得点。謎の顔面麻痺から復帰後、初の先発となったルイスは5回2失点で降板したが、6回から4人のリリーフがヤクルト打線を封じ込め、逃げ切った。ヤクルトの連勝は3でストップ。

◆H4−9M
2回に橋本将のタイムリーで先制を許したソフトバンクはその裏、オーティズの一発で追い付くと、4回には柴原のタイムリーで勝ち越し。しかし、直後の5回、ロッテは一死一塁から西岡,井口と連続アーチを叩き込み、一気に2点のリード。その裏、1点を返されるも、8回、5長短打にオーティズのエラーが重なって、一気に5点を奪い、試合を決定付けた。先発の唐川は6回3失点で2勝目をマーク。一方、ソフトバンク先発の新垣はまたも伝家の宝刀・ワイルドピッチを炸裂させるなど、6回4失点と不本意な内容で今季初白星を逃した。

◆E7−3Bs◆
WBCで干されていた後遺症に苛まれ、連続炎上で二軍に落ちた後、復帰初戦はダルビッシュ、2戦目のこの日は岩隈をぶつけられると言う嫌がらせの様な展開で試合前からゲンナリした様子の小松は初回から4連打を浴びるなど、いきなり大量5失点。2回にも中村真,草野と連続タイムリーを浴びる有様で、昨日は中山に12失点で完投させると言う嫌がらせをかました大石監督だったが、流石に、2日も続けて勝負を投げる様な采配は出来なかったのか、この回途中で小松に降板指令を下した。3回以降散発2安打とリリーフ陣が踏ん張りを見せた偽バファローズは岩隈相手に12安打を浴びせながら、3点を奪うのが精一杯。いきなりの7失点は如何ともしがたく、3連敗。一方、勝った楽天は4連勝。決して調子が良くなかった岩隈だが、打線の援護にも恵まれ、3勝目を飾った。

◆F7−6L◆
1−1で迎えた3回、西武は栗山のタイムリー二塁打で勝ち越すと、5回には平尾,G.G.佐藤の連続アーチで2点を追加。しかし、その裏、日本ハムは一死二、三塁から劇団ひちょり,稲葉,小谷野,スレッジ,高橋と怒濤の5連打で5点を奪い、逆転。なおも一、三塁のチャンスだったが、ここでよりにもよって怒濤のチャンスブレイカーであるあの男に回ってしまい、あの男はどん詰まりのセンターフライと相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。続く大野も打ち上げてしまい、追加点ならず。すると、西武は7回にボカチカの8号2ランが飛び出し、同点。その裏、日本ハムは一死一、二塁と勝ち越しのチャンスを作るが、ここでよりにもよってゲッツー量産マシンであるあの男に回ってしまい、あの男は大方の予想通り、ショートゴロゲッツーを食らう最悪の展開。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、日本ハムは先頭の劇団ひちょりがこの日5本目のヒットで出ると、稲葉が歩いた後、小谷野が送って、一死二、三塁。ここでスレッジがライトへ犠飛を打ち上げ、劇団ひちょりがサヨナラのホームイン。昨日、プロ初セーブをあげたルーキー・野上だが、連投となったこの日は苦いプロ初黒星を喫する事となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(13) 

April 23, 2009

4/23 阿部◆S1−2G◆
巨人先発・東野はピンチを作っては悉く三振に斬って取って切り抜ける力の投球で4回までに早くも8奪三振。一方、ヤクルト先発・石川は丁寧に打たせて取る投球で3回まで巨人打線を1安打と翻弄。4回も簡単に二死を取ったが、ここから寿司職人ラミレスにレフト前へ弾き返されると、続く松田記者に右中間へタイムリー二塁打を浴び、ついに先制点を献上。巨人は8回、東野を下げ、豊田にスイッチするが、これが裏目。豊田は先頭の武内に痛打されると、一死二塁となった所で代わった3番手・山口も青木にタイムリー二塁打を許して、試合は振り出しに。1−1で迎えた9回、巨人はガッツの四球,松田記者のヒットで二死一、二塁のチャンス。ここでこの日、控えに回っていた代打・阿部がライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちで6連勝。4番手の越智に2勝目が転がり込んだ。投げては7回無失点,打ってはライトゴロと目立っていた東野だが、結局、白星を粉砕されてしまったのは気の毒な限り。とは言え、流石に7回で120球では引っ込められてもやむなしか。

◆D1−4T◆
後依然として川相不在の弊害を露呈し続ける中日は制球に苦しむ安藤に対して、2回の満塁のチャンスを潰すと、3回も2四球で貰った一、二塁のチャンスにベンちゃんがキャッチャーファールフライに倒れる体たらく。しかし、5回、平野のエラー等で貰ったチャンスに森野がタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点を先制。不甲斐ない味方打線の最小援護しか貰えないながら、辛抱強く投げていた吉見だったが、8回、先頭の代打・悠久の若虎・桧山に今季初アーチを2浴び、試合を振り出しに戻され、その儘、延長に突入した。この所、リードしていない場面でもやたらに岩瀬を使いまくっている落合監督はこの日も9回に早々と岩瀬を使ってしまい、切り札を失った状態での延長戦を強いられた中日は小刻みに繋ぐ継投で必死に阪神の攻撃をかわしていたものの、12回、二死二、三塁のピンチを迎えると、7番手・パヤノが鳥谷に3号3ランを叩き込まれ、致命的な3点を献上。11回から登板していた藤川は最後まで投げきり、今季初勝利をマークした。中日はサヨナラのチャンスを悉く潰すなど、14残塁で僅か1点に抑え込まれる相変わらずのタイムリー欠乏症で好投の吉見を見殺し。この絶望感しか漂わない無様な攻撃を繰り返さない為にも、一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である

◆YB0−2C◆
広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤は4回まで僅かに1安打の快投を展開。何とか斉藤を援護したい広島打線はウォーランドの前に毎回走者を出しながら、残塁を量産するばかりだったが、5回、天谷のタイムリー二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。7回には四球の赤松を一塁に置いて、腰に張りを訴え、5回からベンチに下がった栗原に代わって4番に入っていた梵がタイムリー三塁打を放ち、2点目を追加。8回からは横山−永川と繋いで完封リレーを達成。斉藤は7回を1安打無失点に抑え、今季初勝利。ガッツな貴公子・仁志の引退騒動など、またチームの空気が悪くなりつつある横浜は散発2安打で二塁も踏めない有様。昨日から復帰した村田はこの日も3タコと不発に終わった。勝った広島だが、気がかりなのは栗原の腰の状態だ。

◆F7−6H
ここまで2戦連続5回もたずにKOを食らい、背水の陣で臨んだ大隣だったが、小久保のエラーに足を引っ張られ、劇団ひちょりのタイムリー二塁打で先制点を献上。4回に松中の5号2ランで逆転して貰ったのも束の間、その裏、姫ちゃんに3号3ランを被弾し、再び逆転を許す始末。しかし、ソフトバンクは5回、森本のタイムリーで1点差と詰め寄ると、二死満塁から小久保が汚名返上の2点タイムリー二塁打を放ち、再々逆転。更に、6回には田上が2号ソロを放って、6点目をゲット。今度こそ初白星なるかと期待が懸かった大隣だが、7回、先頭の劇団ひちょりを歩かせた所で降板。しかも、代わった森福,久米が2四球で満塁とピンチを広げた挙げ句、代打・ミスタースナイパー・坪井に同点2点タイムリーを許し、大隣の白星はまたもお預け。6−6の儘、迎えた9回裏、日本ハムは4番手・攝津アッパーに対して、一死走者なしからスレッジがライトスタンドへ4号ソロをぶち込んで、サヨナラ勝ち。ソフトバンクの連勝は4でストップした。

◆E2−5M◆
初回の満塁のチャンスを逃したロッテだが、続く2回、竹原のタイムリーで先取点を獲得。その裏、山崎武の2号2ランであっさり引っ繰り返されるが、直後の3回、今江が同点タイムリー。2−2で迎えた6回には井口の2点タイムリーで勝ち越し、楽天先発・長谷部をKOすると、更に、里崎にもタイムリー二塁打が飛び出し、5点目を追加。7回以降は楽天打線をノーヒットに退け、連敗を3でストップさせた。一見、快勝に見えるロッテたが、16安打放ちながら、たったの5点。残塁の数は実に16個と言うとてつもない大拙攻。ノムさんも幾ら得点に結びつかないからと、あれだけ打ち込まれていた長谷部を6回まで投げさせたのは流石に、引っ張り過ぎだった。

◆Bs2−1L◆
西武先発・オツは初回、一死二塁から3連続四球を許し、痛恨の押し出しで先制点を献上。なおも満塁のチャンスを逃した偽バファローズは続く2回にも二死二、三塁のチャンスを潰し、オツを立ち直らせてしまう。粘りの投球を続けるオツに報いたい西武打線は4回にトリプルプレーを食らうなど、まずい攻めで6回までゼロ行進を続けていたが、7回一死からG.G.佐藤に2号ソロが飛び出して、ついに同点。スミ1から抜け出せない偽バファローズは土壇場9回、同点ながらも守護神・加藤を投入。加藤は三者凡退に斬って取る好投でムードを高めると、その裏、西武3番手・大沼に対して、先頭の日高がライトスタンドへ3号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。何とか勝ちを拾った偽バファローズだが、カブレラが三塁走者として後藤のファールを右足小指に食らってしまい、骨折で全治2ヶ月の重傷に見舞われたのは痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(34) 

October 19, 2008

◆L4−7F◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
昨日の勢いを繋げたい日本ハムは2回、先頭の小谷野がライト線へ二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で呪われた助っ人・ボッツのサードゴロが中村のタイムリーエラーを誘って、先制点をゲット。続く3回には金子誠,鶴岡のヒットで一死一、三塁とすると、田中のファーストゴロの間に金子誠が生還。更に、続く小谷野がヒットで繋ぐと、スレッジがレフトスタンドへ3ランを叩き込み、この回一挙4点。武田勝の前に4回までノーヒットと沈黙していた西武だが、5回、中村,平尾が連打に劇団ひちょりのエラーが重なり、無死一、三塁とすると、佐藤のサードゴロの間に中村が返って、18イニングぶりの得点をあげると、二死後、赤田が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、2点目。続く6回にはこの回から代わったスーパーさぶ・多田野から連続四死球で無死一、二塁とタナボタのチャンスを作ると、3番手・武田久に対して、一死二、三塁となった所で中村が犠飛を打ち上げ、2点差まで詰め寄った。しかし、日本ハムは8回、田中のタイムリー三塁打で1点を加えると、9回には代打・飯山のタイムリー内野安打でダメ押しの7点目。その裏、守護神・MICHEALが赤田にタイムリーを浴び、なおも一、二塁と一発同点のピンチを作ったものの、最後は片岡を三振に斬って取り、逃げ切った。

序盤は昨日とほぼ同じ様な展開で日本ハムが5点のリード。昨日とは違い、中盤に反攻を見せた西武だったが、終盤に再び突き放されて、連敗を喫し、2勝2敗のタイに持ち込まれた。岸,帆足がいずれも序盤で5失点KOとは誤算だろう。初戦でグリンを炎上させて以降、すっかり当たりが止まっていた打線は微かに復調の兆しが見えてきたが、チャンスメーカーの片岡,ポイントゲッターの後藤,中村が依然として、振るわないのが気がかりだ。短期決戦仕様のテコ入れを図らないと、この儘、ズルズル行ってしまう危険もあるだろう。因みに、日本ハムは2番に鶴岡を起用する驚きのテコ入れを敢行。鶴岡はスレッジの3ランを呼び込むヒットと、ダメ押しに繋がる犠打を決め、4番に上がった小谷野が2安打,5番に下げたスレッジの所にうまい事、走者が溜まって3ランと、それなりにテコ入れ効果を発揮した。

◆T7−3D◆(アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦)
星野SDの呪いか、ポストシーズン5年越しの9連敗を喫し、後がなくなった阪神だが、この日は初回から打線が爆発。中日先発・ウッチャンに対して、先頭のシャア少佐は三振に倒れるも、ここから関本,新井,キュラソ星人の3連打で1点を先制。更に、続く鳥谷がライトスタンドへ3ランを叩き込み、この回一気に4点をゲット。直後の2回、中日は一死からベンちゃんの四球,中村紀のヒットで一、二塁とすると、井端がレフト前へタイムリー。なおも一、二塁のチャンスだったが、谷繁が最悪のサードゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。続く3回にはウッチャンが自ら口火を切るセンター前ヒットを放ったが、李は三振,荒木はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で3人で攻撃終了。突き放したい阪神も4回、矢野,浅井の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを作りながら、バルディリスがゲッツー,下柳が三振に倒れて、無得点。4−1の儘、迎えた6回、中日は先頭の森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ放り込み、2点差と詰め寄るが、その裏から投入した中田が誤算。代わりばな、鳥谷にこの日2本目となるソロアーチを被弾し、再び3点差に広げられると、更に、矢野,代打・林と痛打され、一死一、三塁のピンチ。ここで暴投を犯して、やらずもがなの1点を失うと、更に、代打・悠久の若虎・桧山を歩かせた後、またまた暴投で7点目を失い、失意のKO。直後の7回、中日は先頭の谷繁が四球を選ぶも、続く代打・小池がショートゴロゲッツーに倒れる始末。この後、李,荒木に連打が飛び出すが、森野がフルカウントからボール球を振らされて、二者残塁。続く8回、先頭のT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにソロアーチを叩き込むが、後が続かない。最後は守護神・藤川に3人で締められ、ゲームセット。

負ければ、岡田監督のラストゲームとなる所だった阪神だが、今季、中日とは抜群の相性を誇る下柳が試合を作り、鳥谷が2発4打点の大活躍を見せた事で快勝を収めて、1勝1敗の五分に戻した。昨日、ブレーキで心配された新井,キュラソ星人にも、とりあえず1安打ずつ飛び出し(新井は本当に「とりあえず」だが)、第3戦へいい形で臨める事となった。それにしても、中日が川相不在の弊害を次々に大露呈する拙攻三昧。タイムリー欠乏症,一発依存症がまたまた発症し、併殺も3つ食らって、悉くチャンスを潰す有様。開幕当初から執拗に言い続けてきた事だが、何故、名手・川相を現役復帰させておかなかったのかと、改めて痛感させられる無様この上ない試合運びだった。先発のウッチャンは初回の乱調が悔やまれるが、2回以降は粘り強く投げたが、3番手・中田が酷過ぎた。代わりばな被弾したばかりか、暴投と四球を連発し、試合を完全にぶち壊す有様。そもそも何故、あそこで中田投入なのか、どうにも不可解な継投策だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:14コメント(2)トラックバック(56) 

October 01, 2008

清原引退◆Bs4−1H◆
ソフトバンクは1,2,3回と3イニング連続でゲッツーを食らう拙攻三昧。3回まで1安打無失点の好投を見せていた杉内だったが、4回二死一塁からローズに40号2ランを叩き込まれて、先制点を献上。直後の5回、2四球で二死一、二塁としたソフトバンクは高谷のタイムリーで1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、大村はファーストゴロに倒れて、1点止まり。偽バファローズは6回、内野安打の坂口を後藤が送った所で阿部がタイムリーを放つと、この日が引退試合と言う事で4番DHでスタメン出場していた破戒僧・清原が右中間を破るプロ最後のタイムリー二塁打を浴びせて、4点目。先発・近藤は今季2度目の完投で初の2桁勝利をマークした。

4併殺の大拙攻を展開してしまったソフトバンクが大惨敗で最下位脱出のチャンスをむざむざ逃してしまった。杉内も13三振奪って完投したものの、王さんのホークス1000勝,最下位脱出がかかっていると言うのに、悠長に破戒僧・清原相手にストレート一本勝負などと余裕ぶっこいている場合ではない筈なのだが…。破戒僧・清原に華を持たせる前に、まず王さんに華を持たせろよ!…って、やっぱり王さんの指示なのかなぁ。王さんは自分の1000勝より、破戒僧・清原の引退試合を優先しそうだよ…。そんなハンデを与える以上、それを上回る猛攻で打ち勝つしかなかったものを…。これで王さんのホークス1000勝を達成するには残り3戦全勝するしかなくなってしまった。うち1試合に岩隈が立ちはだかる事が予想されるだけに非常に苦しい展開だが、最後の最後に何とか意地を見せて貰いたいものだ。さて、アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦の不出場を決め、この日が正真正銘、ラストゲームとなった破戒僧・清原だが、タイムリー1本を含む4打数1安打。最後は空振り三振で通算三振の日本記録を更新する形で締め括った。引退セレモニーだが、スペシャルゲストとやらはナレーションの内容からして、てっきり桑田かと思いきや(清原を弟の様に…とか言う辺りだけは違和感があったが)、長渕剛。「言うまでもなく」って、全然言うまでもなくじゃないよ! いや、長渕が来る事は知ってたけど、かなり桑田を連想させる様な紹介だったぞ。その長渕、「とんぼ」熱唱はいいのだが、あまりにもエキサイトし過ぎて、しんみりムードに水を差したと言うか、何だか一気に白けてしまった印象。これで終わりか?今度こそ終わりか?と思う度にまだ続くのかよ!と散々焦らされる超ロングバージョンで、サッサと破戒僧・清原の挨拶を聞かせてくれよ!と思わずにはいられなかった。ようやく始まった挨拶で、破戒僧・清原はこれまで関わってきた野球人やファンに感謝の気持ちを述べるのだが、花束贈呈に来たキュラソ星人はともかく、見届けにきただけの鈴木一朗の事まで触れておきながら、同じく球場に来ていた盟友・桑田の「く」の字すら触れないってのはどういう事よ! スペシャルゲストが桑田じゃなかっただけでも拍子抜けだった上、挨拶でも完全にシカトぶっこかれたのは、かなりガックリさせられたなぁ。まぁ、セレモニー自体には色々不満はあるけれど、ともあれ、23年間、お疲れさん。

◆S13−3C◆
2回に一死満塁から内野ゴロの間に先制点を貰った偽ハンカチ王子・斉藤だったが、3回に青木の14号同点アーチを被弾。続く4回には4連続四球で押し出しの勝ち越し点を献上し、あえなくKO。代わった上野も田中,川本,青木とタイムリーを浴びる大炎上。更に、満塁の場面で代わった青木もいきなり畠山に押し出し死球を食らわせると、飯原,梶本と連続タイムリーを許して、この回、悪夢の9失点。直後の5回、広島はオチョアのタイムリー二塁打,嶋の犠飛で2点を返し、応戦するも、その裏、代打・ガイエルの犠飛で突き放したヤクルトは6回にも川本の2号2ランで10点差をつけ、快勝を収めた。

無傷の3連勝中の偽ハンカチ王子を投入して、連敗阻止を図った広島だったが、4回もたずに5失点KOの背信投球。リリーフ陣も次々と打ち込まれて、3連敗で借金生活に逆戻り。これで3位中日との差は2と開き、Aクラス浮上へ赤信号。それもこれもこの期に及んで求道者・前田をスタメンは勿論の事、代打ですら起用しないブラウン監督の嫌がらせ采配が問題だ。本当にこの男は3位や5割の可能性を投げ打ってでも、求道者・前田をシメ倒す事しか頭にない様だ。これでAクラスも5割もあと僅かだったから…などと温情で続投が決まってしまうのが一番最悪なパターン。3位も5割も成し遂げられなかった時にはきっちり解雇して貰いたいものである。それが嫌なら、求道者・前田を使いまくって、3位に浮上してみせろ!

◆YB1−3D
2回二死満塁のチャンスを逃すなど、相変わらず、タイムリー欠乏症に苛まれる中日だったが、5回、一死二塁から川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに李が14号先制2ランを叩き込むと、二死後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号ソロを放って、この回3点。先発・人斬り抜刀斎は6回を無失点で切り抜けると、浅尾−高橋−清水昭と繋いで、最後は守護神・岩瀬を投入。岩瀬は石川にタイムリーを浴びて、完封リレーは成立させられなかったが、後続を断ち切り、中日は4連勝となった。

相変わらず、タイムリーの出ない中日がやぶれかぶれの一発依存野球で辛くも白星を拾い、Aクラスへ大きく前進した。人斬り抜刀斎は7月25日以来の先発で約3ヶ月ぶりの先発白星を掴んだ。一方、横浜はまたも打線沈黙で泥沼の12連敗。村田も内川もすっかり当たりが止まってしまっており、完封を逃れるのが精一杯だった。

◆E0−17F
Aクラスを狙う日本ハムに対して、田中を初の中4日で起用する嫌がらせで上位いじめを図ったノムさんだったが、これが大誤算。初回からスレッジのタイムリーで先制した日本ハムは続く2回には二死一、二塁から劇団ひちょり,稲葉の連続タイムリーの後、スレッジが16号3ランを叩き込み、この回5点。3回には金子誠がタイムリー二塁打を浴びせて、田中は失意の7失点KO。勢いづく日本ハムは5回には7長短打を集中して、一気に6点を追加。終盤にも着々と加点し、大量リードを広げると、投げては4投手で完封リレーを収め、今季最終戦を圧勝で締め括った。

日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原辰徳命名)が5回にして早くも先発全員安打を達成するなど、計28安打17得点の大爆発。投げては先発・武田勝が5回を零封すると、先発要員のグリンが2回をピシャリ。更に、エース・ダルビッシュまで登場し、2回無失点で200イニングに到達すると、最後は守護神・MICHEALが締めると言う超豪華完封リレーで大勝を収め、3位を確定させた。楽天は田中の中4日起用が完全に裏目。ノムさんも2番手に一場を投入した辺り、もう完全に試合を投げていた模様だ。こういう楽な場面くらい栄養費パワーで何とか結果を出したい一場だったが、2回6失点の大炎上で傷口を広げる一方だった。

◆M5−9L◆
優勝しても一向に連敗が止まらない西武だったが、この日は2回に中村の46号2ランで先制。更に、一死満塁のチャンスに片岡がタイムリーを浴びせると、続く栗山が11号グランドスラムを叩き込み、渡辺俊はあえなくKO。その裏、大松のタイムリー二塁打で1点を返されるも、4回、細川の16号ソロ,中島のタイムリーで2点を追加。3位浮上へ負けられないロッテはその裏、橋本,サブローの連続アーチで2点を返すと、続く5回には4連打で2点を奪い、4点差まで詰め寄るが、反撃もここまでだった。

西武が苦手・渡辺俊を完全攻略し、シーズン終了ギリギリで何とか連敗を止める事が出来た。この所、不振に陥っている涌井は5回5失点とこの日もピリッとしなかったが、大量リードに守られて、3年連続の10勝目。2回の7点が重くのしかかったロッテは反撃及ばず、2試合を残して4位が確定してしまった。

ホームランアーチスト 清原和博 500本塁打の軌跡
清原和博―夢をつらぬく情熱のバッター (素顔の勇者たち)
不惑 桑田・清原と戦った男たち
おうワイや!清原和博番長日記―1997|05→2003|05
夢一途―清原和博 11年目の選択

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:58コメント(3)トラックバック(49) 

September 15, 2008

◆YB4−6G◆
横浜は2回、一死から吉村がライトオーバーの三塁打を浴びせると、キムタクの悪送球の間に一気に本塁を陥れ、先制のホームイン。しかし、直後の3回、巨人はキムタクが汚名返上の6号バックスクリーン弾を叩き込み、同点。続く4回には寿司職人ラミレスの38号ソロで勝ち越すと、二死二塁から坂本がタイムリーを浴びせて、この回2点。6回には阿部が18号ソロをぶち込むと、更に、二死二、三塁のチャンスでまたもキムタクが2点タイムリーを浴びせて、6点目。7回まで散発2安打に抑えていた上原だが、8回、金城,下園と連打を許すと、一死後、藤田に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びた所でKO。代わった山口も鈴木なおのりに死球を食らわせた後、ガッツな貴公子・仁志に犠飛を許して、2点差まで詰め寄ったが、最後はクルーンの前に反撃を断たれた。

巨人がまたまた一発攻勢を炸裂させ、今季初の5連勝。エラーで先制点を許したキムタクは同点弾を含む3打点できっちり借りを返した。上原は完投こそ逃したものの、今季最多の7回1/3を投げて、4勝目をマーク。3日連続セーブのクルーンはこの日は無難に切り抜けた。横浜は前回完投勝利の吉見が5失点KO。日本タイ記録の4戦連続アベックアーチが懸かっていた村田,吉村も不発に終わり、内川も3タコとブレーキ。金城一人が3安打と気を吐くだけでは如何ともし難かった。

◆D4−7T
阪神は2回、高橋光の4号ソロで先制すると、続く3回にはキュラソ星人のタイムリー内野安打で2点目。その裏、荒木のタイムリー二塁打で1点を返されるが、直後の4回、シャア少佐のタイムリー,ゼブラ今岡の4号2ランで3点を追加。更に、5回には一死一、二塁からジュビロ野口の走者一掃タイムリー二塁打で2点を追加。6点を追う中日はその裏、代打・小池が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを叩き込むと、続く6回には無死一、三塁のチャンス。しかし、T.ウッズのゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。7回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰した中日は9回も一死一塁からベンちゃんがゲッツーを食らい、万事休す。

この所、初回からラストイニングでしか点が取れずにいた阪神だが、19日から始まる巨人との3連戦までに差を詰められる訳にいかない状況で久々に中盤に得点を奪い、踏み留まった。岩田は6回途中でKOとなったが、リリーフ陣の援護を仰いで、9勝目をあげ、新人王に望みを繋いだ。一方、中日は9安打で僅かに1残塁と一見、効率のいい攻撃の様で実は1盗塁死1走塁死4併殺と出た走者出た走者悉く殺しまくっていただけの事だった。これで中日は再び貯金が消滅し、ついに広島に並ばれてしまった。

◆S1−2C◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは一死から投手のゴンザレスがヒットで出ると、連続四死球で満塁となった所で、青木のファーストゴロの間にゴンザレスが生還し、1点を先制。5回まで5安打を浴びせながらも、あと一本が攻めあぐねていた広島だが、6回、一死から赤松の四球,天谷の内野安打で一、二塁とした所で栗原が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。先発・ルイスは7回まで投げきると、8回からは梅津−永川とノーヒットリレーで1点のリードを守りきった。

広島が接戦を制して、5割に復帰すると同時に中日に並ぶ3位タイに浮上。ルイスは7回1失点で14勝目を飾り、最多勝に望みを繋いだ。1点を争う展開とあって、求道者・前田は案の定、出番を貰えなかった。求道者・前田を使わずに借金完済,Aクラス浮上を果たしたとあって、ブラウン監督はさぞやご満悦の事だろう。この儘、ブラウン監督続投の条件をクリアしてしまう危険性を考えるだに、広島ファンも手放しでは喜べない所だ。一方、ヤクルトはまたも1点差負けで泥沼の7連敗。これで7連敗中、6試合が1点差負け。展開次第では7連勝していたかもしれないと思うだに、やりきれない思いに駆られるばかりだろう。

◆M8−7H◆
初回、二死走者なしからクリーンアップの3連打で鮮やかに先制したソフトバンクだったが、その裏、西岡に先頭打者アーチを浴び、一瞬で同点。4回には小斉,本多のタイムリーで2点を勝ち越したのも束の間、その裏、先頭の橋本に9号ソロを浴びると、無死二、三塁からサブローに2点タイムリーを許して、形勢逆転。6回には大松,フクーラとタイムリーを浴びて、点差は3点に拡大。粘るソフトバンクは7回、大村,松田のタイムリーで1点差と詰め寄ると、その裏、大松のタイムリー二塁打で1点わ返されるが、直後の8回、ハマのスペランカーの2点タイムリーでついに同点。追い着かれたロッテは9回から何と清水を投入。清水は二死から連打を浴びたものの、本多を打ち取り、ピンチを脱出。するとその裏、ロッテは一死から橋本の四球,ズレータの二塁打で二、三塁とした所で大塚がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。ロッテはこれで今季の対ソフトバンク勝ち越しを決め、5割に復帰した。

ソフトバンクがまたまた投壊で3タテを食らい、4連敗。ガトームソンは点を取った直後に取られてしまういただけない投球。それでも6回まで引っ張らざるを得ない辺り、苦しい投手事情が分かると言うもの。折角、3点差を追い着いても、結局、リリーフ陣が崩れてしまった。打線も19安打を放ちながら、12残塁の1併殺の拙攻とあっては、投手陣ばかりを責められない。これでロッテとの差も2.5と拡大し、Aクラスどころか4位浮上すら厳しい状況。ロッテが清水を投入する、なりふり構わない継投策を展開した様に、ソフトバンクも残り試合全て勝つつもりのスクランブル体勢で臨んで欲しいものだ。尚、水島の呪いにより顔面骨折となった根元と入れ替えで、これまた水島の呪いに苛まれている唐川が昇格し、3週間ぶりの先発となったが、4回もたずにKO。依然として呪いの影響は収まっていない様だ。

◆F5−4Bs
日本ハムは2回、ヒットの高橋が盗塁と悪送球で三進すると、小谷野の犠飛で先制のホームイン。続く3回には後藤のエラー,田中のヒットで一死一、三塁とした所で劇団ひちょり,稲葉と連続タイムリーを浴びせて、2点を追加。先発のダルビッシュは序盤からバッタバッタと三振の山を築き上げ、偽バファローズに全く付け入る隙を許さず、8回まで散発3安打無失点の好投。しかし、9回、偽バファローズは一死一、二塁とこの試合初のチャンスでカブレラ,ローズが連続タイムリーを浴びせ、1点差。更に、続く日高が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転に成功。その裏、守護神・加藤を投入し、逃げ切りに入ったが、二死二、三塁の場面でスレッジに右中間へのタイムリー二塁打を浴び、悪夢のサヨナラ負けを喫した。

ダルビッシュの前に8回まで手も足も出ず、完封負けを覚悟した展開ながら、最後の最後で打ち崩したと言うのに、リーグトップの32セーブをマークしている加藤がよもやの逆転サヨナラ負けとは何とも勿体ない偽バファローズ。これで日本ハム相手に3連戦3連敗と言う何とも厳しい結果に終わり、逆転優勝の夢が大きく遠のいてしまった。日本ハムも9回表はダルビッシュを起用しながら負けるかもしれないと言う魔のイニングになりかけたが、終わってみれば、劇的勝利で貯金消滅の危機を回避した。

◆E5−6L◆
いい加減、今季初勝利が欲しい一場は2回までノーヒットとまずまずの立ち上がりを見せるが、3回、先頭の細川に初安打を許すと、一死後、片岡,栗山,中島と3連打を浴び、2点を献上。しかし、その裏、楽天は四球とエラーで貰ったチャンスに内村が内野安打で繋いで満塁となった所でフェルナンデスが2点タイムリー二塁打を放ち、一気に同点。なおも無死二、三塁のチャンスは生かせなかったが、続く4回には一死二、三塁から中村のサードゴロが野選を誘って勝ち越し点を掴むと、続く内村がスクイズを決めて、4点目。2点を追う西武は直後の5回、中島のタイムリーで1点差とし、なおも2つの四球で二死満塁とチャンスを広げたが、佐藤がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。楽天はその裏、嶋のタイムリー二塁打で再び2点差。6回以降、膠着状態となり、5−3の儘、試合は土壇場9回へ突入。この回から登板のグウィンに対し、西武は一死一塁から中島が20号2ランを叩き込み、ついに追い着くと、二死後、中村が40号ソロを放ち、勝ち越しに成功。その裏、グラマンが3人でピシャリと締めて逃げ切った。

土壇場の一発攻勢で逆転を果たした西武が5カードぶりの勝ち越しを決め、マジックは2つ減って8となった。決勝アーチの中村はついに大台40本に到達。楽天は一場が打線の援護を受けながら、5回もたずにKOと、またも背信投球で今季初白星ならず。後を受けた中継ぎ陣はよく粘ったが、最後の最後でグウィンが崩れてしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(52) 

June 17, 2008

◆G4−3Bs◆
初回にカブレラの12号ソロで先制した偽バファローズは4回にはローズ,北川,後藤の3連打で1点を追加。偽バファローズ先発・中山の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていた巨人だが、4回、マッスル千代の富士が復帰初安打で出ると、続くキムタクがタイムリー二塁打。ガッツのセンターフライで三進したキムタクは続く寿司職人ラミレスの犠飛で同点のホームイン。2−2の儘、迎えた7回、偽バファローズは前田の今季初アーチで勝ち越しに成功。しかし、粘る巨人は8回、ガッツが10号同点ソロ。土壇場9回にはヒットの松田記者を阿部が送って、一死二塁のチャンス。偽バファローズは守護神・加藤を投入するが、坂本がヒットで繋ぐと、代打・清水が四球を選んで満塁となった所で代打・古城がセンターへ打ち上げて、代走・鈴木尚が快足を飛ばして、本塁を陥れ、サヨナラ勝ち。

1点を争うゲームを制し、巨人が四たび5割に復帰。終盤、流れを引き寄せる土壌を作ったリリーフ陣の頑張りが光った。果たして、今度こそ貯金を稼ぐ事が出来るか!? とりあえず、マッスル千代の富士にも1本が出たのも明るい材料だ。偽バファローズは小松をもう少し引っ張っても良かった様な…。先発もこなせる小松をわざわざリリーフに戻して、チマチマ投げさせるのは何だか勿体ない気がする。

◆D5−4L
故障を押して出続けていた井端がついに登録抹消となった中日。いきなり荒木,藤井と連続三振に倒れたが、ここか羅クリーンアップの3連打で1点を先制。1点を追う西武は2回、中村の14号ソロで追い付くと、5回には栗山に3号2ランが飛び出して、勝ち越しに成功。その裏、中村紀のタイムリー二塁打で1点差とされるも、直後の6回、中村がこの日2本目となる15号ソロを叩き込み、山本昌をKO。2点を追う中日は7回、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号2ランを放り込み、一気に同点。4−4の儘、迎えた土壇場9回、中日は同点ながらも登板した守護神・岩瀬がきっちり0点に抑えると、その裏、二死走者しから中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の13号ソロを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。

西武の中村が2発含む3安打2打点と爆発すれば、中日の中村紀も2発含む4安打4打点の大当たり。中村デーとなったこの試合は、より中村が爆発した中日に軍配が上がった。結局、中日は一発頼みかよ…。井端がいても一発依存症だったんだから、井端がいなくなったら、より一発依存になるのはある意味、当然の結果か…。

◆C7−8F◆
難敵・ダルビッシュが相手であろうと関係ないブラウン監督はこの日も求道者・前田をベンチに軟禁。ダルビッシュキラー・赤松の先頭打者アーチと高口のエラーで2点を先制したものの、直後の2回、先発・大竹が一死二、三塁のピンチに鶴岡の犠飛で1点差とされると、投手のダルビッシュにタイムリー二塁打を浴び、あっさり同点。続く3回には田中に9号ソロを叩き込まれて、勝ち越し点を献上。4回にまたも赤松が同点タイムリーを放ったのも束の間、直後の5回、二死満塁から稲田に2点タイムリーを浴び、大竹はここでKO。代わった梅津も鶴岡にタイムリーを許すと、6回には大島が打ち込まれて、2失点。大量5点を追う広島は8回、無死一、二塁のチャンスにようやく求道者・前田が代打で登場するも、ブラウン暗黒采配により、コンディションもモチベーションも低下させられている為にライトフライが精一杯。しかし、求道者・前田の一打を無駄には出来ないと、二塁走者・石原が果敢に三塁へタッチアップ。これで火がついた広島打線は二死後、東出,オチョア,栗原の3連続タイムリーが飛び出して、一気に1点差まで詰め寄った。土壇場9回には一死から石原がヒットで出たものの、最後は代打・喜田がショートゴロゲッツーに倒れて、あと一歩及ばなかった。

5点リードがあるからと、ダルビッシュを7回で下げてみたら、えらい事になりかけた日本ハムだが、辛くも逃げ切り。先発全員がヒットを放ったが、中でもスレッジが4安打と爆発した。広島はとにもかくにも求道者・前田のコンディションが万全でなかった事が悔やまれる。タイプ的に代打で使われている限り、そう簡単に浮上してくるとは思えないのだが、それを分かっているからこそ、ブラウン監督はスタメンで浮上のきっかけを掴ませる様な真似は極力回避しようと図る筈。この負のスパイラルはいつまで続くのか…。

◆T5−3E
序盤は拙攻続きの両軍だったが、先手を取ったのは阪神。3回、四球で出たシャア少佐が二盗と犠打で三塁まで進むと、渡辺直のタイムリーエラーで先制のホームイン。しかし、直後の4回、楽天は3連打であっと言う間に追い付くと、更に、山崎隆のプロ初打点となる犠飛で勝ち越し。毎回走者を出しながら、あと一本が出ずにいた阪神だが、7回、無死一、二塁から関本が犠打を決めると、ここで新井が犠飛を打ち上げ、ついに同点。直後の8回、山崎武のタイムリーで再び勝ち越しを許すものの、その裏、一死から連打で一、二塁とすると、代打・高橋光が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。更に、シャア少佐がヒットを放った後、小山の暴投で5点目を追加。最後は藤川が3人で締めて、連敗を3で止めた。

シャア少佐が出ては、関本が送り、シャア少佐が出ては、関本が送り…と重ねる事、実に4打席連続。1試合4犠打で日本タイ記録となったが、これだけやって、シャア少佐はエラーで1回ホームを踏んだだけ。無駄に手こずった阪神だが、終盤の集中打で何とか逃げ切り、連敗を脱出。粘り負けた楽天だが、ノムさんはこれで史上最多タイとなる監督通算1453敗目となった。

◆YB1−14M◆
水島の呪いにより疲弊しきっている横浜相手にロッテが序盤から容赦のない猛攻を展開。初回、サブローの今季初アーチとなる3ランなど、5長短打を集中し、いきなり5点を先制。横浜先発・桑原謙は早くもこの回限りでKOとなった。更に、3回には西岡,ズレータに一発が飛び出すなど、6長短打で一気に6点を追加し、早くも試合を決定付けた。ロッテは終盤にもオーティズ,里崎の一発でダメ押しし、計18安打14点。大量リードを貰った先発・成瀬は7回を吉村の一発による1失点のみで切り抜け、4月20日以来となる4勝目。横浜は今季4度目の5連敗となった。

惨憺たる結果に水島の呪いの影響を痛感し、涙が止まらない。負け方も酷い上、連敗も止まらない。このチームは一体、何に救いを見出せばいいのか…。相次ぐトレードで足掻いているが、果たして、それで活路が開けるのかどうか…。そのトレードの第1弾として獲得した入団前から名手・川相を信奉していたナイスガイ・真田がこの日3番手として移籍初登板。走者を出しながらも、2回を無失点。先発として期待されている真田だが、まずは中継ぎで結果を残し、次のステップへの足がかりを掴んだのは何よりだ。一方、打線に見殺され、リリーフに白星を消され…と、まだ3勝しかしていないのが嘘の様な成瀬にようやく白星。これだけワンサイドな展開だと、「成瀬で勝った」感が足りないが、長らく白星から遠ざかっていただけに嬉しい1勝だろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:25コメント(0)トラックバック(19) 

April 18, 2008

◆C1−5G◆
誰もいない所で一発を打ちまくっているマッスル千代の富士を4番に置き、坂本を1番に起用するなど、打線のテコ入れを図った巨人。初回に早速、一死一、二塁のチャンスでマッスル千代の富士に回ったが、あえなく三振。寿司職人ラミレスも走者を二人置いての打席で2度続けて凡退するなど、空回りが続いていたが、4回、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが二塁打で口火を切ると、二死後、天谷のエラーで先制のホームイン。更に、新1番・坂本がヒットで続いた所で亀井に走者一掃のタイムリー三塁打が飛び出して、この回、3点。春風亭半ケツの前に1安打と抑え込まれていた広島はその裏、先制のエラーを犯した天谷が汚名返上のヒットを放つと、4番であるにも拘わらず未だに開幕からタイムリーを打てずにいる栗原がようやく今季初のタイムリー。5回二死満塁,6回一死一、二塁のチャンスを悉く逃してきた巨人だが、広島もその裏、一死満塁のチャンスに栗原,シーボルが凡退する始末。1−3の儘、迎えた7回、巨人は当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスがまたまた二塁打で口火を切ると、古城,坂本のタイムリーを呼び込んで、2点を追加。クルーンが祖母の葬儀に参加する為、離脱している巨人だが、終盤は小刻みな継投で広島打線の反撃をかわし、最後は豊田が締めて、逃げ切った。春風亭半ケツは6回途中で降板となったが、ようやく今季初勝利。

若大将が当ブログを見ている…訳はなかろうが、ゴンザレスの起用,マッスル千代の富士のクリーンアップ昇格、1番に坂本…とウチの主張してきた事が着々と実現。マッスル千代の富士はパッとしなかったが、坂本が3安打1打点,ゴンザレスが2安打2得点の活躍を見せた。高年俸の李の一軍昇格を阻止する為には4割超の働きが求められるゴンザレスはまだまだ楽観とはしていられないが、これを弾みにして欲しい。広島は………………、だから、相手が左だろうが何だろうが、求道者・前田を出せっつーの! これに尽きるだろう。開幕から無期二軍を言い渡されていた永川がようやく昇格し、負け試合ながらも1回を無失点で切り抜けたのには一安心。問題は僅差の勝ち試合でどれだけの投球が出来るかだが…。

◆YB−D◆
降雨中止。

◆S2−6T◆
経歴が似ていると言うだけでグライシンガー級の期待をされ、ここまで3試合、グライシンガーの勝敗結果をトレースして来ているリオス。昨日、グライシンガーが4度目の登板で白星をあげたとあって、大いに期待されたが、初回から3四球の大乱調で先制点を献上。2回以降は立ち直りを見せたが、福川の同点二塁打が飛び出した直後の5回、無死満塁のピンチを迎えると、鳥谷,矢野と連続タイムリーを浴びて、3点を失い、この回限りでKO。阪神は8,9回にも1点ずつ加えて、ダメ押し。最後は久保田が宮本に被弾するも、大事には至らなかった。

リオスのグライシンガー・トレースがついに途切れた。勝敗結果は同じでも全ての試合でグライシンガーを下回る投球だった訳だが、この4度目の登板で完全に差をつけられた格好だ。今回は2度のエラーに足を引っ張られた部分もあったが、とにかく制球が悪過ぎた。会心の5連勝となったかに見える阪神も2併殺13残塁の大拙攻で課題は満載。またも藤川を温存出来たのは何よりだが…。

◆F3−1H◆
ここまで奇跡の全試合出場を続けていたハマのスペランカーが腰痛を起こしてついにリタイア。しかし、代わって3番に入った柴原が難敵・ダルビッシュ相手に初回から先制タイムリーを放つ幸先のいい立ち上がり。しかし、先発・杉内が3回に稲葉にタイムリー二塁打を許し、試合は振り出しに。中盤は両投手の投げ合いで膠着状態となったが、1−1で迎えた7回、日本ハムはスレッジに5号ソロが飛び出し、ついに勝ち越しに成功。8回には高橋が貴重なダメ押しタイムリー。ダルビッシュは完投で開幕4連勝となった。

ハマのスペランカーの毎年恒例行事がついに発症。やはり、この男がフル出場など夢のまた夢か…。ダルビッシュは水島の呪いに取り憑かれているにも拘わらず、それをものともせず、立ち上がりこそ悪かったものの、2回以降は僅かに1安打と言う快投。杉内も11三振で3失点完投と悪い内容ではなかったが、相手が悪かった。尚、微妙な助っ人・スレッジは何だかんだで5号ソロを放った事により、田中がチーム本塁打王と言う異常事態に終止符が打れた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:40コメント(3)トラックバック(19) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ