サンドラ・ブロック

February 02, 2009

シャッフル1【あらすじ】
愛する娘達と親子4人で幸せに暮らすリンダのもとに、ある日、夫・事務が自動車事故で死亡したと言う知らせが届く。ところが、その翌朝、死んだはずのジムが何事も無かったかのように目の前に現れ、唖然とする。しかし、その翌日には、ジムの葬儀の為に、喪服に身を包んだ大勢の人々が集まっていた。さらに、その日以来、全く身に覚えの無い”不可解な出来事”が次々と起こり始めるが、誰もまともに取り合ってくれない。”何かが絶対におかしい!”───そう思ったリンダは、カレンダーと照らし合わせながら、不可解な出来事を順番に並べてみると、曜日がバラバラに”シャッフル”された1週間がやってきているという”驚愕の事実”に気付く。やがて、ジムの死んだ日であり、全てが狂い始めるきっかけとなった、運命の”水曜日”がやってくる…。

 さして映画通な訳でもない私には、サンドラ・ブロックと言えば、未だに「スピード」の人…な認識しか持たず、今の彼女のネーム・バリューが日本でどれ程のものなのか、よく分からないのだが、上映前から妙にマイナーな空気が漂っていた「シャッフル」。実際、上映館も少ない上、上映回数まで少ないし、向こうでは2年近く前に上映された作品が今頃になって日本上陸と言うタイミングも微妙。とは言え、ネタ的にかなり気になっていた作品だったし、周囲の空気にやや不安感を覚えつつも、映画の日なら失敗してもいいかな…と行ってみた次第だ。

 作品の性質上、いつ何が起きたかに関して、些細な要素も見逃せないのではないか?と言う緊張感を強いられたのだが、見落として困る様な細かな伏線はなく、案外、気楽に見ていても大丈夫だったのかも…。割とシンプルなスリラーだったと言う印象だ。こういうタイプの作品だと、少ないヒントを辿りながら運命改変の為に奔走したヒロインの苦労が報われてハッピーエンドか、運命はどうやっても変わらないのだと言うバッドエンドのいずれかが予想されるのだが…(以下ネタバレあり)

続きを読む

ritzberry at 22:56コメント(1)トラックバック(15) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ