ケッペル

August 10, 2010

◆S4−3G◆
6連勝中のヤクルト先発・村中に対し、巨人は初回、簡単に二死を取られるが、ガッツが四球を選んだ所で寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ37号先制2ラン。前回、復帰登板で負傷し、15球で降板を余儀なくされた先発・グライシンガーは1,2回と二人ずつの走者を背負う苦しい立ち上がりだったが、3回、三者三振の快投を展開。これで調子が上がってきたかと思いきや、4回、先頭の畠山に二塁打を浴びると、一死後、宮本に右中間突破のタイムリー二塁打を浴び、1点を献上。二死後、村中に痛打され、一、三塁のピンチ。ここで青木を打ち取り、辛くも切り抜けるが、直後の5回、小田嶋を代打に送られ、またも初白星はお預け。しかも、その裏から代わった2番手・星野がホワイトセルに9号ソロを叩き込まれて、試合は振り出しに。2−2で迎えた8回、この回から代わった2番手・マツ・オカに対し、巨人は先頭のガッツがライトスタンドへ23号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。土壇場9回、巨人は8回途中から登板の越智に逃げ切りのマウンドを託すが、一死から青木に9号ソロを被弾し、試合は延長に突入。迎えた11回、巨人は2四球で一死一、二塁とするも、古城が初球を叩いてサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で勝ち越しならず。すると、その裏ヤクルトはデントナが内野安打で出ると、飯原が送った後、青木が敬遠,田中がヒットで出て、満塁のチャンス。野口は倒れて、二死となったものの、福地が死球を掠め取り、押し出しでサヨナラ勝ち。11回のピンチを1球で切り抜けた6番手・ナベコーに移籍初勝利が転がり込んだ。

◆YB4−0D◆
阪神を3タテし、勢いに乗りたい中日は初回、一死から大島が二塁打を浴びせるも、続くベンちゃんのセンターフライで飛び出して、刺される大チョンボ。すると、その裏、先発・ウッチャンが二死からハーパーに10号先制ソロを被弾。直後の2回、一死から小池が三塁打を浴びせるも、後続が断たれて、無得点。その裏、横浜は先頭の藤田が今季初アーチを叩き込み、1点を追加。中日は4回、一死からベンちゃん,森野と連打を浴びせるも、小池が最悪のピッチャーゴロゲッツー。5回にも先頭の堂上剛がヒットで出た直後、堂上直がショートゴロゲッツーに倒れる体たらく。横浜も3回以降攻めあぐねていたが、7回、四球にエラー,石川の内野安打で無死満塁のチャンス。ハーパーはホームゲッツーに倒れるが、続く村田がレフト前へ弾き返して、2点を追加。中日は9回にも一死一、二塁のチャンスを作りながら、森野,代打・野本と打ち取られ、完封負けで連勝は3でストップ。横浜先発・清水は8回を無失点に抑え、9勝目をマークした

8/10メッセンジャー◆C7−6T◆
何とか連敗を止めたい阪神だが、初回から鳥谷のタイムリーエラーでやらずもがなの先制点を献上すると、ルパン広瀬にも犠飛を許して、2失点。初回一死二塁,2回二死満塁のチャンスを潰した阪神は3回、四球の鳥谷を一塁に置いて、ブラゼルがライトスタンドへ35号同点2ラン。先発・メッセンジャーは4回、連続四球を許すと、岩本に犠打を決められ、二、三塁のピンチ。ここで石原を敬遠して、満塁策をとるが、投手の篠田に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びると、東出には犠飛を打ち上げられ、この回4失点。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、この回から代わった大島に対し、阪神は一死からキュラソ星人が歩くと、J.マッケンジーがレフトスタンドへ19号2ラン。9回にも1点を返し、なおも一死二塁と一打同点の場面を築くが、ブラゼル,キュラソ星人と打ち上げて、あと1点が届かず5連敗。広島先発・篠田は7回を3失点で6勝目

◆H4−5Bs◆
首位奪回を狙うソフトバンクだったが、先発・ホールトンがピリッとせず、初回からカブレラに2点二塁打を浴びて、先制点を献上。その裏、松田の14号2ランで追い付いて貰ったのも束の間、直後の2回、先頭のバルディリスに10号勝ち越しソロを被弾。5回には一死一塁からまたもカブレラに16号2ランを被弾し、あえなくKO。3点を追うソフトバンクはその裏、ヒットの長谷川が二盗を決めると、二死後、川崎がセンター前へタイムリー。8回には連打で無死一、三塁とした所で本多のゲッツーの間に三塁走者・福田が返って、1点差。しかし、最後は岸田の前に3人で打ち取られ、これで6連敗となった。偽バファローズ先発の金子千は7回2/3を4失点と苦しみながらも11勝目を挙げ、7連勝

◆E3−9L◆
0−0で迎えた4回、ここまで1安打と沈黙していた西武打線が突如、爆発。中島の14号ソロ,フェルナンデスの4号ソロと連続アーチで2点を先制すると、一死後、大島が二塁打を浴びせると、続く浅村がタイムリー。二死後、佐藤が歩いて、一、二塁となった所で片岡にもタイムリーが飛び出し、この回4点。楽天先発・岩隈はこの回限りでKOとなった。6回には浅村が今季初アーチを叩き込むと、続く7回には出戻り初登板となった織田裕二からヒットと連続四死球で無死満塁とした所でフェルナンデスのタイムリー,ブラウンの犠飛で3点を追加。更に、大島の二塁打,浅村の四球で満塁となった所で上本が押し出し四球を選び、9点目。7回まで2併殺7残塁と拙攻続きだった楽天は8回、無死一、二塁から山崎,西村のタイムリー,草野の犠飛で3点を返すが、反撃もここまで。西武先発・ミャオは7回を無失点の好投で6勝目を挙げた

◆M1−3F◆
両軍の先発はケッペルにマーフィーと、いずれもチーム勝ち頭の新助っ人対決。日本ハムは初回、一死から劇団ひちょりが四球で歩くと、稲葉がタイムリー三塁打,小谷野がタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先制。続く2回には一死から連打と四球で満塁とするも、劇団ひちょりがショートゴロゲッツー。3回には二死から四球とヒットで一、三塁とするも、トンガが三振に倒れて、二者残塁と追加点を奪えない。一方、ロッテは5回、サブロー,根元と連続二塁打で1点を返すが、なおも無死二塁のチャンスに後続3人が倒れて、同点ならず。6回にも二死一、二塁のチャンスを作るが、サブローが打ち上げて、二者残塁。突き放したい日本ハムは7回、二死一、二塁から稲葉がタイムリーを浴びせて、マーフィーをKO。8回、ロッテは連続四球を選んで、ケッペルをKOすると、代打・渡辺正がきっちり犠打を決めて、二、三塁と一打同点のチャンス。しかし、サブロー,代打・青野と内野ゴロに打ち取られ、無得点。日本ハムは9回から守護神・武田久が締めて、逃げ切りに成功。ケッペルは7回0/3を1失点で切り抜け、12勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:04コメント(0)トラックバック(16) 

June 27, 2010

◆G2−4YB◆
1,2回と二人ずつの走者を許す苦しい立ち上がりの巨人先発・黄は3回、内川に二塁打,スレッジに四球を許して、二死一、二塁とまたまたピンチ。ここで金城,藤田と連続タイムリーを浴びて、3点を失い、この回限りで降板となった。横浜は続く4回にも内川の4号ソロで1点を追加。その裏、巨人は亀井,マッスル千代の富士の連打で一、二塁とするも、寿司職人ラミレス,阿部,長野と倒れて、二者残塁。7回、一死から長野,脇谷の連打で二、三塁とした所で江戸川がレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、横浜先発・ブーチェックをKOすると、代打・ガッツが内野安打で出るが、代走・鈴木が痛恨の二盗失敗。この後、坂本が四球で繋ぐも、亀井はセカンドゴロに終わり、2点止まり。8回には早くも登場した守護神・山口に対し、二死から連打を浴びせるも、脇谷が三振に斬って取られて、二者残塁。最後は三者凡退に仕留められ、連勝は3でストップ。入団当初の守護神としての期待が外れた事で中継ぎを経て、来日初先発となったブーチェックは6回1/3を2失点で初勝利をあげた

◆D4−6C◆
名手・川相が現役復帰どころかコーチとしてすら一軍ベンチから遠ざけられている最悪の状況で一向に浮上の気配が見えて来ない中日。事態を重く見てるのか見てないのか、よく分からない落合監督は川井を先発起用する事でお茶を濁そうとするが、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、2回に内野ゴロの間に先制するも、3回にヒューバーに同点タイムリーを許すと、4回には痛恨のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。更に、5回にはヒューバーに5号2ランをぶち込まれ、あえなくKO。広島は8回にも一死満塁から東出のタイムリー,梵の犠飛で2点を追加。中日は9回、堂上直が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチとなる3ランを叩き込み、史上24組目の兄弟アーチを達成するが、小山,代打・藤井と倒れて、ゲームセット。広島先発・篠田は7回を無四球1失点の好投で2勝目

◆S8−4T◆
ヤクルトは2回にデントナの11号先制ソロ,3回にもデントナの犠飛で2点のリード。4回まで1併殺6残塁と攻めあぐねていた阪神は5回、2四球で一死一、二塁とすると、新井,ブラゼルの連続タイムリーで一気に同点。しかし、その裏、ヤクルトは一死から田中,飯原と連打を浴びせ、阪神先発・フォッサムをKO。二死後、謎の新助っ人・ホワイトセルが走者一掃の勝ち越しタイムリー三塁打を浴びせると、続く相川もタイムリーを放って、この回3点。6回には一死二塁から青木のタイムリーで6点目。阪神は8回に代打・キュラソ星人の史上13人目の通算450号となる8号2ランで2点差まで詰め寄るが、その裏、相川の6号ソロ,田中のタイムリーで致命的な2点を献上。最後はセーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・林に反撃を断たれた。ヤクルト先発・由規は5回で6四球と制球に苦しみながらも、阪神の拙攻に助けられ、4勝目をマークした

◆E1−1H◆
岩崎,川井の両先発がいずれも粘りの投球を見せ、6回まで両軍ゼロ行進。迎えた7回、ソフトバンクは長谷川の二塁打,田上の四球で一死一、三塁とした所で川崎がセンター前に弾き返し、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、その裏、楽天も先頭の中村紀が二塁打で出ると、二死後、内村のタイムリーで同点のホームイン。試合はその儘、延長にもつれ込んだが、ソフトバンクは16残塁,楽天は12残塁の拙攻合戦の末、最後まで勝ち越し点を奪えず、延長12回規定でドローとなった。

6/27ケッペル◆F10−3M◆
ロッテ先発・小野は初回、先頭の田中に痛打されると、劇団ひちょりに犠打を許して、一死二塁のピンチ。しかし、稲葉を打ち取ると、続く小谷野もショートゴロに仕留めて、チェンジ…と思いきや、これを西岡が大きく弾き、ボールが転々とする間に田中が先制のホームイン。これでガックリ来た小野は糸井,あの男,高橋と3連打を浴びて、この回3失点。2回、ロッテは南のタイムリーで1点を返し、3−1の儘、中盤へ突入。迎えた5回、日本ハムは小谷野のタイムリーで1点を追加し、小野をKO。6回、ケッペルの暴投で1点を返されるが、その裏、2四球で二死一、二塁とした所で田中,劇団ひちょりと連続タイムリーを浴びせて、3点を追加。更に、7回にも2四球で貰ったチャンスに金子誠,田中と連続タイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの10点目。先発・ケッペルは7回を投げ、7安打2四死球を許しながらも、2失点に留める粘りの投球でハーラートップタイの10勝目を飾った。ロッテは今季初の3連戦3連敗。

◆L4−2Bs◆
片岡の6号先頭打者アーチで先制された偽バファローズは2回、一死からティー岡田,北川の連打で一、三塁のチャンス。バルディリスはセカンドへ打ち上げるが、続く鈴木がタイムリー内野安打を放ち、同点。1−1の儘、迎えた6回、西武は先頭の中島が二塁打で出ると、ブラウンのライトフライで三進。G.G.佐藤が歩いた後、礒?がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。続く7回には先頭の原がライトスタンドへ2号ソロを叩き込み、3点目。2点を追う偽バファローズは直後の8回、坂口の四球,後藤のヒットで二死一、二塁とすると、ティー岡田がライト前へタイムリー。なおも一打同点のチャンスだったが、北川はライトフライに倒れて、同点ならず。すると、その裏、西武は礒?の2号ソロで貴重な1点を追加。最後はシコースキーが3人で締めて、逃げ切った。先発のミャオは6回1/3を1失点に抑え、5勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:05コメント(0)トラックバック(19) 

June 20, 2010

◆G5−2D◆
首位戦線に留まる為にも何としてもこの3連戦を勝ち越したい落合監督は現役どころかコーチとしてすら名手・川相をベンチから遠ざけてしまった愚行を悔い改める事をせずに、またしても川井を先発させる事でお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井にはチームの空気を一気に変える事は出来ず、初回に先制点を貰いながら、2回に阿部に3戦連発となる21号2ランを被弾し、あっさり逆転を許してしまう。巨人は4回にも二死一塁から松田記者のタイムリー二塁打で3点目を追加。2点を追う中日は直後の5回、一死から野本が四球を選ぶと、二死後、小山がタイムリー二塁打を放って、1点差。3−2の儘、迎えた8回、巨人は先頭のガッツが16号ソロ。一死後、3者連続出塁で満塁とすると、二死後、亀井が押し出し四球を選んで、ダメ押しの5点目。土壇場9回、昨日は3失点の炎上で初黒星を喫した守護神・クルーンが二死からヒットを浴びたものの、後続を断ち切って、汚名を返上。先発の藤井は6回を散発2安打2失点に抑え、5勝目

◆C−S◆
1,2回と先頭打者をヒットで出しながら、後が続かないヤクルトに対し、広島は2回、二死一、三塁から東出がレフト前へ先制のタイムリー。5回には四球の東出を三塁へ進めた所で嶋がレフトへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。広島先発・ジ・oの前に7回までゼロ行進のヤクルトだったが、8回から高橋にスイッチするや、青木の二塁打と2四球で一死満塁のチャンス。ここで代わった梅津から、デントナが押し出し四球を選ぶと、福地がライト前へ同点タイムリー。更に、相川もレフト前へ2点タイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。その裏からマツ・オカ−林とパーフェクトリレーを見せ、広島の反撃を断ち切った。先発の由規は制球に苦しみながらも、7回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

◆YB14−6T◆
鳥谷の7号先頭打者アーチで先制された横浜だが、その裏、内川の3号2ランですかさず逆転に成功。続く2回にはカスティーヨが6号ソロ,4回にはスレッジが13号ソロと一発攻勢で加点。更に、この後、一死一、三塁とすると、ソニックの犠飛,下園のタイムリー二塁打で2点を追加し、阪神先発・フォッサムをKO。阪神は5回にブラゼルの4試合連続21号2ランで応戦すると、更に、J.マッケンジー,林の連打で一、三塁とするが、桜井がショートゴロに終わり、2点止まり。すると、その裏、横浜は一死二塁からスレッジ,大西,武山と3連打を浴びせて、点差は再び5点と拡大。横浜は6,7回にも3点ずつを加え、一気に突き放した。阪神は代打・キュラソ星人の7号2ラン,ブラゼルのこの日2発目となる22号ソロで追い上げたものの、及ばなかった。横浜先発・ソニックは6回途中で降板となったが、打線の援護に恵まれ、通算100勝目となる今季7勝目をあげた

◆L6−4H◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。初回は両軍2人の走者を出しながら、無得点に終わったが、2回、ソフトバンクが柴原,山崎の連続タイムリーで2点を先制すれば、その裏、西武は阿部のタイムリー二塁打,栗山のタイムリーであっと言う間に同点。3回にソフトバンクがオーティズの犠飛,柴原のタイムリー二塁打で2点を勝ち越すも、その裏、西武は二死満塁から2試合連続4打点とこの所、ポイントゲッターになっている細川が3試合連続となる6号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。ソフトバンクは4回以降は一転して、西武の小刻みな継投の前に僅かに1安打と沈黙し、屈辱の3連戦3連敗。西武2番手の武隈は2回1/3を無失点の好リリーフでプロ初勝利を飾った

6/20小谷野◆Bs1−11F◆
日本ハムは2回、四球の糸井が二盗と内野ゴロで三塁へ進むと、鶴岡のセンター前ヒットで先制のホームイン。3回には3四球で二死満塁とし、偽バファローズ先発・近藤をKOするが、代わった香月の前に高橋が打ち取られ、追加点ならず。ピンチを脱した偽バファローズはその裏、二死から四球で出た下山が牽制悪送球で二塁を陥れた所で後藤がセンター前へ同点のタイムリー。1−1で迎えた5回、日本ハムはヒットの劇団ひちょりが二盗とライトフライで三塁へ進んだ所で糸井がレフト前へ勝ち越しのタイムリーヒット。7回には二死満塁からレスターの暴投でタナボタの3点目。そして、8回には小谷野,金子誠と1イニング2発の満塁弾で一挙8点を奪い、試合を決定付けた。先発のケッペルは6回を自責点0の好投でハーラートップに並ぶ9勝目

◆M3−1E◆
無傷の5連勝中のロッテ先発・マーフィーに対し、楽天は2回、二死満塁から聖沢が押し出し四球を選んで、労せずして、1点を先制。しかし、3回以降立ち直ったマーフィーの前に6回まで一人の走者も出せず、7回にエラーで貰ったチャンスも生かせず、追加点を奪えない。一方、楽天先発・永井の前に無得点に抑え込まれていたロッテは7回、サブローの四球,竹原のヒットで無死一、二塁とした所で里崎がタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。二死後、今江がライト前へタイムリーを浴びせて、ついに2点を勝ち越し。8回からは薮田−小林宏と繋いで逃げ切った。マーフィーは7回を1失点に抑え、開幕6連勝

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:32コメント(0)トラックバック(15) 

June 13, 2010

◆H7−5G◆
巨人は初回、先頭の坂本が内野安打で出るも、続くマッスル千代の富士がゲッツー。2回には寿司職人ラミレス,阿部と連続二塁打を浴びせながら、寿司職人ラミレスが判断を誤り、三塁止まりの大チョンボ。それでも無死二、三塁のチャンスが続いたが、後続3人があっさり打ち取られ、二人の走者は釘付け。そして、迎えた3回裏、一死一塁から本多の打球が胸に直撃した先発・西村健が降板を余儀なくされると、緊急登板となった黄が満塁とピンチを広げた上、松中に4号先制グランドスラムを被弾し、あっと言う間の4失点。巨人は4回、ガッツ,寿司職人ラミレス,阿部の3連打で無死満塁と一発で同点のチャンスを作るが、松田記者のショートゴロゲッツーの間にガッツが生還しただけの1点止まり。すると、その裏、ソフトバンクは2番手・黄からハマのスペランカーのタイムリー二塁打で2点を追加。しかし、粘る巨人は5回、マッスル千代の富士の犠飛,ガッツのタイムリーで2点を返し、ソフトバンク先発・杉内はこの回限りで降板。更に、6回には3連打に本多の悪送球が重なり、1点をあげると、一死後、日本一高価な代打要員・李のセカンドゴロに間に1点を加えて、1点差。しかし、反撃もここまで。ソフトバンクは7回にハマのスペランカーの12号ソロで突き放すと、8回から摂津−馬原と繋ぐ必勝リレーでリードを守りきった。杉内は5回3失点降板と不本意な内容ながらも、リリーフの援護を仰いで、ハーラートップタイの9勝目

◆F5−0D◆
名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督はまたもや川井を先発起用してお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変えるには至らず、初回から3四球で二死満塁のピンチを背負うと、よりにもよって、残塁量産マシンの名を欲しいままにするあの男に走者一掃の先制タイムリー二塁打を浴びてしまうと言う大失態。続く2回には一死一、三塁から劇団ひちょりに犠飛を許して、4点目を献上。7回まで僅か1安打と三塁も踏めずにいた中日は8回、二死走者なしから藤井の内野安打,谷繁の四球で一、二塁とするも、代打・小池がサードゴロに終わり、二者残塁。すると、その裏、4番手・岩田がよりにもよって、あの男に5号ソロを被弾する大失態を演じ、試合を決定付けられた。日本ハム先発・ケッペルは散発2安打完封と完璧な投球で8勝目をマークした

◆L2−4C◆
2回にブラウンの13号ソロで先制を許した広島だが、直後の3回、一死二塁から梵のタイムリーで追い付くと、続く4回には一死二塁からフィオがレフト前へ勝ち越しのタイムリー。更に、5回には一死から嶋がヒットで出ると、ヒューバーがレフトスタンドへ3号2ランを叩き込み、4点目。土壇場9回、この回からマウンドに上がったベイルに対し、西武は一死から中島のヒット,代打・佐藤の四球で一、二塁のチャンス。二死後、代打・阿部がセンター前にタイムリーを放ち、2点差。なおも一、二塁と一発が出れば、逆転サヨナラの場面だったが、平尾はセンターへ打ち上げて、ゲームセット。広島先発のジ・oは6回を1失点の好投で来日初勝利をあげた

◆M9−8T◆
阪神は初回、二死一、二塁から新井がレフト前へ弾き返して、先制のタイムリー。しかし、その裏、ロッテは一死満塁から大松の2点タイムリー二塁打で逆転に成功。続く2回には二死二、三塁から井口,金と連続タイムリー二塁打を浴びせて、3点を追加。4点を追う阪神は3回、一死から連打と四球で満塁とするが、ブラゼルの犠飛で1点を返すのが精一杯。5回に井口,大松のタイムリーで更に突き放されてしまった阪神は5回、ブラゼルの19号2ラン,林のタイムリーで3点を返し、2点差まで詰め寄った。7回に1点ずつ取り合い、2点差の儘、迎えた土壇場9回、ロッテは守護神・小林宏を投入し、逃げ切り体勢。しかし、阪神はJ.マッケンジーのヒット,代打・関本の四球で無死一、二塁すると、林がこの日4安打となるタイムリー二塁打を放ち、1点差。更に、小林宏が暴投を犯して、タナボタの同点。なおも無死二塁と勝ち越しのチャンスだったが、鳥谷,平野,マット・マートンの上位打線があえなく凡退し、同点止まり。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは9回途中からマウンドに上がっていた守護神・藤川球に対し、一死から井口がライトスタンドへ5号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。一時は同点を許した小林宏に2勝目がついた。

◆E1−3S◆
由規,田中の両先発が上々の滑り出しを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた5回、楽天は先頭の山崎が15号ソロアーチをぶち込んで、ついに均衡を破る先制点をゲット。更に、一死後、草野の四球,嶋の二塁打で二、三塁とするも、内村,聖沢とセカンドゴロに打ち取られ、1点止まり。7回までゼロ行進を続けていたヤクルトだが、8回、福地,青木の連打で無死二、三塁。一死後、ガイエルが歩いて満塁となった所でデントナが犠飛を打ち上げ、ついに同点。更に、飯原に続いて、相川も四球を選んで、押し出しで勝ち越しに成功。その裏、楽天は二死から連打を浴びせて、由規をKOするが、2番手・マツ・オカの前に山崎が三振に倒れて、同点ならず。すると、9回にヤクルトは田中のタイムリー二塁打で貴重な1点を追加。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。由規は7回2/3を1失点の好投で2勝目をマークした

6/13岡田監督◆Bs7−2YB◆
交流戦制覇へ王手をかける偽バファローズは初回から村田のタイムリーで先制されるが、その裏、死球の坂口を三塁へ進めると、カブレラのタイムリーで同点。更に、続くティー岡田が14号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。3回にもカブレラのタイムリーで1点を追加。4回に内藤のタイムリーで1点を返されるも、その裏、二死満塁から下山がタイムリーを放って、6点目。6回には石川のエラーで労せずして、ダメ押し点を追加。6回以降は平野−レスター−岸田と繋ぐリレーで追加点を許さず、快勝。これで偽バファローズは交流戦初優勝を飾った。先発の木佐貫は5回を2失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:25コメント(0)トラックバック(17) 

May 18, 2010

◆F7−1G◆
左腕では球団初の開幕6連勝を狙う巨人先発・内海。3回にエラーで拾ったチャンスを生かしたガッツのタイムリーで先制して貰うも、その裏、二死一、三塁のピンチでよりにもよって、あの男に同点タイムリーを許すと、更に、高橋,糸井と連続タイムリーを浴びて、この回4失点。4,5回と抑えたものの、6回、二死二塁から金子誠にタイムリー二塁打を浴びて、KO。更に、代わったルーキー・星野が田中を歩かせた後、劇団ひちょりに走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、試合を決定付けられた。巨人は先取点を取った以降は3併殺を食らうなど、二塁すら踏めない有様で4連勝を逃した。6失点KOの内海は今季初黒星。日本ハム先発・ケッペルは7回を1失点の好投で6勝目

◆H2−4T◆
初回一死三塁,2回一死二塁のピンチを何とか凌いだ阪神は3回、二死走者なしから藤川俊が四球を選ぶと、マット・マートンがチーム初安打となるタイムリー三塁打を放ち、先取点をゲット。1点を追うソフトバンクは4回、二死満塁のチャンスに柴原がレフト前へ同点タイムリー。二塁走者・ハマのスペランカーも一気に三塁を蹴ったが、本塁憤死で勝ち越しならず。1−1の儘、迎えた7回、ソフトバンクは二死走者なしから柴原,山崎,川崎の3連打でついに勝ち越し。先発・小椋が6回を11三振の快投を見せた後、甲藤−ファルケンボーグと繋いだソフトバンクは9回、満を持して守護神・馬原を投入。しかし、二死二塁のピンチから代打・悠久の若虎・桧山に痛恨の同点タイムリーを浴び、試合は延長にもつれ込んだ。10回から登板の摂津に対し、阪神は平野,鳥谷の連打で一、三塁とした所で新井がセンターへ勝ち越しの犠飛。更に、DHが使える事により、連続フルイニング出場が途切れて以来のスタメン出場となったキュラソ星人がヒットで繋いだ後、ブラゼルも犠飛を打ち上げ、ダメ押しの4点目。その裏、ソフトバンクは守護神・藤川球に対し、一死から連続四球を選んで、一、二塁と一発が出れば逆転サヨナラと言う場面で3,4番に望みを託したが、オーティズは三振,小久保はセンターフライに終わり、ゲームセット。阪神3番手の江草は1回を3人で抑えて、今季初勝利

◆M4−2D◆
0−0で迎えた3回、ロッテはヒットの今江を一塁に置いて、西岡が先制タイムリー二塁打。一死後、井口が歩くと、金がレフト前へタイムリー。更に、二死後、フクーラにもタイムリーが飛び出し、この回3点。続く4回にも二死満塁と絶好のチャンスを作ったが、大松が打ち上げて、三者残塁。3点を追う中日は7回、連打の走者を内野ゴロで二、三塁へと進めると、谷繁がセンター前へ2点タイムリーを放ち、1点差。続く岩崎達が送って、一打同点の場面を作ったが、荒木はセカンドゴロに終わり、同点ならず。突き放したいロッテは8回、二死走者なしから今江,西岡の連続タイムリーで貴重な1点を追加。最後は守護神・小林宏が三者三振の快投で締め括った。先発の渡辺俊は7回途中まで2失点で切り抜け、4勝目をマークした。中日戦は今季交流戦初黒星。

5/18青木高◆Bs11−2C◆
ついに交流戦でのDH制導入を迎えた事で誰もが信じて疑わなかった求道者・前田のスタメン出場。しかし、求道者・前田がスコアボードに名を連ねる事はなかった。先発投手を読み違えたなどと言う矮小な理由で、相手投手の右左によって使い分ける様な次元の外にいる打者である求道者・前田を外すと言うファンの誰も目を疑う光景に当事者である広島ナインも愕然とするしかなく、あまりの失望感に苛まれた先発・青木高は3回に坂口に先制タイムリーを浴びた後、四球連発でピンチを広げて、3失点。続く4回にも赤田に7号2ランを被弾するなど、5長短打で4点を失い、失意のKO。ワンサイドゲームでますます求道者・前田の出てくる余地がなくなり、士気が落ちる一方の広島に対し、偽バファローズは6回に後藤が2号2ラン,7回には赤田が自己初のスイッチアーチとなる8号2ランと一発攻勢で大きく突き放した。広島は8回にようやく2点を返したが、焼け石に水だった。偽バファローズ先発の近藤は8回2失点で2勝目を飾った

◆L1−0S◆
初回無死一、二塁のチャンスを逸した西武は続く2回も先頭の高山がヒットを放った直後の礒?がゲッツー。3回には二死からヒットで出た栗山が二盗に失敗すると、5回も一死一、二塁のチャンスを無駄にする拙攻三昧。一方、ヤクルトは西武先発・岸の前に6回まで散発2安打と完全に沈黙。その裏、西武は一死から中島,中村,ブラウンの3連打でようやく1点を先取。続く7回には二死から連打で一、三塁とするも、栗山がセカンドゴロに終わり、追加点ならず。1−0の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わったシコースキーは先頭の青木に痛打されるも、デントナをセンターフライに打ち取ると、ガイエル,武内と連続三振に斬って取り、完封リレーを達成。岸は8回を3安打無失点の快投でハーラートップタイの7勝目

◆E5−7YB◆
序盤は戸村,清水の両先発の好投が続き、4回まで両軍無得点。均衡が破れたのは5回。二死走者なしから聖沢を歩かせてからリズムを崩した清水は高須も歩かせた後、鉄平,中村紀と連続タイムリーを浴びると、山崎には6号3ランを被弾し、悪夢の5失点。しかし、直後の6回、大量リードを貰って気が緩んだのか、戸村は四球と連打で無死満塁のピンチを迎えると、内川にタイムリーを許し、2失点。続く村田は三振に斬ってとるが、暴投で3点目を失った後、スレッジを歩かせて無念のKO。代わった辛島は二死後、下園にタイムリーを浴びると、3番手・井上も武山にタイムリーを許して、ついに同点。これで勢い付いた横浜は続く7回には村田のタイムリーで勝ち越しに成功。9回にはまたも村田が7号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は山口が二人の走者を出しながらも辛くも逃げ切った。2番手の真田は1回1/3を無失点で2勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(16) 

May 05, 2010

◆G12−0S◆
開幕当初の勢いがなくなってしまったバーネットが初回から大炎上。一死一、三塁のピンチに寿司職人ラミレスに11号3ランを被弾すると、二死二塁となった所で今度は李に5号2ランを浴び、この回5失点。直後の2回、ヤクルトは二死から藤本,相川の連続ヒットで一、二塁とし、バーネットの打席を迎えたが、初回の投球で見限らずにその儘、打席へ送ってしまった事が大失敗。結局、三振に倒れてチャンスを潰してしまったバーネットは3回に坂本に6号3ランを被弾するなど、4失点。勢いの止まらない巨人は4回にもガッツの10号ソロ,阿部の6号2ランで3点を追加。投げては先発・東野がプロ初の無四球完封の快投で6連勝を飾った

◆D1−9T◆
初回、無死満塁から新井の内野ゴロで先制した阪神は続く2回には、ヒットの藤川俊を二塁に送った所でマット・マートンが6号2ラン。3点を追う中日はその裏、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに11号ソロを叩き込むが、後が続かない。阪神は4回にマット・マートンの二塁打,鳥谷の四球で二死一、二塁とすると、新井が5号3ランを放り込み、中日先発・ウッチャンをKO。阪神は中盤以降も加点し、大きく突き放した。6回以降は4人のリリーフがそれぞれ1回ずつを無失点に抑えて、逃げ切り。先発の上園は5回1失点で2勝目

◆YB5−4C◆
未だに白星のない広島先発・スタルツは初回、簡単に二死を取ったものの、ここから内川,村田,スレッジと3連打を浴びて、2失点。直後の2回、倉のタイムリー二塁打で追い付いて貰ったのも束の間、その裏、石川,内川と連続タイムリーを浴び、再び2点のリードを許してしまう。横浜は4回にも井手の3年ぶりの一発で5点目を追加。広島は5回に梵の犠飛で1点を返すと、続く6回にも小窪が犠飛を打ち上げ、1点差。更に、倉のヒットで二死一、二塁と一打同点の場面を作り、ここでいよいよ求道者・前田が代打で登場か…と思いきや、出てきたのは嶋。しかし、嶋はセンターへ打ち上げて、二者残塁。求道者・前田は8回二死一塁の場面でようやく起用されたが、またもや勝負所を見誤った首脳陣と気持ちのタイミングが噛み合わなかった影響か、ファーストゴロに打ち取られてしまう。土壇場9回にも守護神・山口に対し、東出のヒット,天谷の四球で一死一、二塁と一打同点のチャンスを作る粘りを見せたが、最後は主砲・栗原がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開であと1点が届かなかった。横浜先発の清水は6回を4失点と不本意な投球ながら、リリーフ陣の援護を仰いで、4勝目を手にした

◆Bs4−4H◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは一死から赤田のヒット,後藤の四球で一、二塁とすると、二死後、T−岡田が7号3ランをぶち込んで、3点を先制。偽バファローズ先発・近藤の前に4回までノーヒットに抑え込まれていたソフトバンクは5回、松田がチーム初安打となる内野安打を放つと、長谷川もヒットで続き、一、二塁。柴原,山崎と倒れて二死となったが、川崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。偽バファローズは7回、2四死球で拾った二死一、二塁のチャンスに代打・日高のタイムリーで4点目。土壇場9回、抑えのレスターを投入し、逃げ切りを図るが、先頭のハマのスペランカーに二塁打を浴びると、連続四球で無死満塁の大ピンチ。ここから柴原,高谷と打ち取って、二死まで持ち込むが、川崎にセンター前へ2点タイムリーを許し、試合は振り出しに。その儘、延長へもつれ込んだが、両軍共に決め手に欠き、結局、12回規定でドローに終わった。

◆M3−8F◆
立ち上がり制球に苦しむ日本ハム先発・ケッペルから2四球で二死一、二塁としたロッテは大松のタイムリーで1点を先制。直後の2回、日本ハムはヒットの小谷野を二塁へ進めると、あの男がタイムリー二塁打を放ち、同点。続く3回には田中,劇団ひちょり,糸井の3連打で勝ち越すと、続く小谷野が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、2点を追加。3点を追うロッテはその裏、ロッテは二塁打の西岡を外野フライと内野ゴロでホームへ迎え入れ、2点差。日本ハムは5回、一死一、二塁から小谷野,稲葉と連続タイムリーを放ち、再び点差は4点に拡大。9回には高橋のタイムリー等で2点を加え、ダメを押した。ケッペルは8回を3失点で切り抜け、4勝目をマーク。一方、3回もたずにKOされたロッテ先発・香月弟は二軍落ちを通告された。

5/5栗山・細川◆L19−3E◆
楽天先発・ラズナーに対し、西武は初回、先頭の片岡がいきなり三塁打を浴びせると、栗山のショートゴロの間に先制のホームイン。二死後、中村が四球を選ぶと、続くブラウンがライトスタンドへ7号2ランを放ち、この回3点。3回には一死二塁から中島が6号2ランを叩き込み、5点のリード。4回に中村紀のタイムリーで1点を返した楽天は6回には高須のタイムリー,代打・フィリップスの押し出し四球で2点を追加。なおも二死満塁と一打同点のチャンスだったが、代走・牧田が牽制で刺される大チョンボ。掴みかけた流れをむざむざ手放してしまった楽天はその裏、栗山の1号3ラン等8長短打で大量10点を失い、試合を決定付けられた。西武はこの後も加点し、先発全員20安打の19得点で圧勝。先発の石井一は6回途中3失点で退いたが、大量援護に守られて、4勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:07コメント(0)トラックバック(17) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ