グリン

September 27, 2008

◆T4−6G◆
勝てば7度目のマジック点灯となる阪神。2回に二死満塁のピンチを切り抜けると、その裏、矢野のタイムリーで1点を先制。しかし、直後の3回、巨人は二死二塁から寿司職人ラミレスが同点タイムリーを浴びせると、続く李がバックスクリーンへ8号2ランを叩き込み、勝ち越し。2点を阪神はその裏、無死一、二塁からゼブラ今岡のタイムリーで1点差とし、なおも一、三塁のチャンス。しかし、ここでキュラソ星人のライナーがファースト正面に飛び、ゼブラ今岡が戻れずにゲッツーとなるハードラック。続く鳥谷も倒れて、同点ならず。すると、直後の4回、巨人は二死満塁として、岩田をKOすると、代わった渡辺が寿司職人ラミレスが押し出し四球,李が2点タイムリーを放って、6点目。4点を追う阪神は6回、3連続四死球で無死満塁とし、内海をKO。代わった越智に対して、代打・悠久の若虎・桧山は三振に倒れたものの、この日から復帰の代打・新井がライト前へタイムリー。更に、矢野が押し出し四球を選んで、2点差。なおも満塁のチャンスだったが、3番手・山口の前に代打・葛城イクロー,シャア少佐と連続三振に倒れて、2点止まり。8回、巨人は5番手・ウィリアムスから先頭のキムタクが二塁打。しかし、ここからガッツ,寿司職人ラミレス,李のクリーンアップが三者連続三振に斬って取られて、追加点ならず。しかし、最後はクルーンが3人でピシャリと締めて逃げ切り、再び首位タイに並んだ。

負ければ自力V消滅の危機に瀕していた巨人が逆転勝ちで直接対決を制し、再び首位タイに返り咲き。寿司職人ラミレス,李の両助っ人が6安打6打点の大当たりだった。先発・内海はフラフラの投球だったが、リリーフ陣の援護に救われ、11勝目。阪神はとにもかくにも3回のキュラソ星人のライナーがもう少しズレていれば…と思わずにはいられない。それ程、ツキに見離された打球だった。あそこで追いつけなかった事で継投にも焦りが出たか、岩田から渡辺へのスイッチも裏目に出てしまった。その後、久保田−アッチソン−ウィリアムス−藤川と完全に勝ち試合用のリレーを展開するも、及ばなかった。明るい材料と言えば、新井が復帰早々タイムリーを放った事か。今日は代打だったが、一刻も早くスタメンに復帰して貰いたい所だろう。

◆D5−4YB
何とか連敗を止めたい横浜は初回、一死一、二塁から村田のタイムリー二塁打で先制すると、二死後、金城が9号3ランをぶち込んで、早くも4点のリード。しかし、その裏、中日はT.ウッズの2点タイムリーで2点差と詰め寄ると、4回には代打・ピンキー井上のタイムリー二塁打,李のタイムリー三塁打で同点。4−4で迎えた土壇場9回、中日は一死から谷繁,代打・立浪の連打と李の四球で満塁のチャンス。続く荒木は三振に倒れるも、ベンちゃんが押し出し四球を選んで、サヨナラ勝ち。

横浜が初回から4点を先制しながら、2回以降は1安打と沈黙して追加点も奪えず、開幕からローテを守っているが守っているだけのウッドがこのリードを守りきれず、挙げ句の果てにサヨナラ押し出しと言う呆気ない幕切れで今季ワーストの連敗記録を10と更新してしまった。タナボタの白星を拾った中日は広島と並んでの3位タイをキープ。新人王を狙う吉見は4回降板となり、10勝目を逃した。

◆C5−0S◆
広島は2回、一死三塁からシーボルがライトへ犠飛を打ち上げ、先制。4回には一死満塁からまたもシーボルがタイムリーを放つと、二死後、小窪が2点タイムリーを放ち、ダグラスはこの回限りで降板。続く5回にはオチョアのタイムリーで5点目を追加。先発・ルイスはヤクルト打線を散発4安打に封じ込め、今季2度目の完封で15勝目を飾った。

シーボルが先制犠飛に中押しタイムリー,得点には結び付かなかったものの、二塁打も放つ活躍。求道者・前田をフル欠場に追い込んで、過剰にチャンスを与え続けている同胞・シーボルの活躍で貯金1となったとあって、ブラウン監督はさぞやご満悦な事だろう。これまた同胞のルイスも全く危なげのない投球で余裕の完封を果たし、グライシンガーに1差と迫る15勝目と最多勝に望みを繋いだ。

◆M4−2H◆
初回のチャンスは逃したロッテだが、続く2回、二死走者なしから大塚,細谷,西岡,早川と4連打を浴びせて、2点を先制。続く3回には無死満塁と絶好のチャンスを作ったが、橋本がファーストゴロゲッツーを食らうと、大塚は三振に倒れて、追加点ならず。しかし、7回、一死から西岡,早川の連打で一、二塁とるすと、里崎が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、4点目。清水の前に7回まで散発2安打と抑え込まれていたソフトバンクは8回、柴原,仲澤が連打を浴びせるも、代打・本間が最悪のセカンドゴロゲッツー。しかし、ここで代打・田上が3号2ランを叩き込み、清水をKO。土壇場9回には抑えの荻野から先頭の森本が二塁打を浴びせるも、小斉,松中と打ち上げると、松田もショートゴロに終わり、7連敗となった。

優勝が消滅し、Aクラスも消滅し、とうとう最下位に転落したソフトバンク。最下位脱出は勿論の事、残り5勝と迫る王さんのホークス通算1000勝を最後の目標として奮起したい所だったが、この日も打線は精彩を欠き、悪夢の7連敗。楽天との差は1.5と開き、崖っ淵に追い込まれた。一方、3位浮上を目指すロッテは日本ハムにしぶとく食らいつき、0.5差をキープ。清水は完投は逃したものの、8回途中まで2失点の好投で3連勝で13勝目をマークした。

◆F5−4L
優勝したとは言え、連敗地獄の渦中にいる西武はこの日も初回から稲葉の通算200号となる20号2ランで先制される苦しい立ち上がり。しかし、3回、二死二、三塁から中村が2点タイムリーを放ち、同点。2−2の儘、迎えた7回、日本ハムは二死一、三塁から片岡のエラーで勝ち越すと、更に、3連続四球による押し出しで2点を追加。西武は8回に松坂の2点タイムリー二塁打で1点差まで追い上げたものの、最後はMICHEALの前に3人で打ち取られ、5連敗となった。

4連敗でのV決定と言う史上初の珍記録を作ってしまった西武だが、この日も接戦を落として、今季2度目の5連敗。主力が続々と復帰してきたと言うのに、自慢の打線が繋がらない。優勝を決めた以上、目の前の白星に一喜一憂する必要もないとは言え、この連敗ロードは早いトコ止めておきたい所だろう。一方、ここに来て、ディフェンディングチャンピオンの意地を見せ続ける日本ハムはこれで5連勝。偽バファローズも0.5差と迫り、2位浮上の目も出てきた。

◆E6−4Bs◆
初回、ローズのタイムリーで先制された楽天だが、その裏、青波の長瀬のタイムリー二塁打で追い着くと、続く2回には中村のタイムリー二塁打で勝ち越し。しかし、直後の3回、偽バファローズは二死二、三塁から日高が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。4回以降、膠着状態となったが、偽バファローズは8回、大引のスクイズで4点目。これがダメ押しになったかと思いきや、その裏、楽天は山崎武の23号ソロで1点差と詰め寄ると、9回には守護神・加藤に対して、二死二塁からフェルナンデスが同点タイムリー二塁打。更に、連続四球で満塁とし、加藤をKOするも、代わった香月の前に中島が打ち上げて、延長に突入。迎えた11回、楽天は四球の中村を二塁へ進めた所でフェルナンデスがレフトスタンドへ17号2ランを叩き込み、サヨナラ勝ちを収めた。

守護神・加藤があと一人と言う所で金子の白星を消してしまい、最後は山口がサヨナラ被弾。一時は確定かと思われた2位の座も危うく、4位転落の可能性すら出てきた。加藤はここ5試合で4試合に失点するなど、安定感に欠く内容。加藤は元々、こんな感じな訳でむしろ今までが良過ぎたと言うべきか…。粘り強く延長を制した楽天はこれで4連勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:17コメント(0)トラックバック(62) 

August 27, 2008

◆G3−2YB◆
2回に先頭の村田を死球で出した横浜は続く吉村の25号2ランで先制。2点を追う巨人は4回、ガッツの25号ソロで1点を返すと、6回には連打で作った一、二塁のチャンスに1番スタメンに抜擢された亀井が同点タイムリー。続くキムタクが送って、二、三塁と勝ち越しのチャンスを作ったが、ガッツ,寿司職人ラミレスと倒れて、同点止まり。2−2の儘、迎えた8回、この回から代わった2番手・小山田に対して、一死から代打・大道が2号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。最後はクルーンが3人でピシャリと締めて、逃げ切った。

大道の会心の代打決勝アーチで3連勝を果たした巨人が自力優勝を復活させた。投げては先発・バーンサイドが6回を3安打2失点と好投。リリーフ陣もヒットを許さず、最後を締めたクルーンは2年連続の30セーブ目をマーク。横浜はハマのチンピラが良く投げたが、いかんせん打線が3安打では如何ともし難かった。

◆T1−4D
2回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰し、3回には一死一、三塁のチャンスを逃し、4回には一死からヒットで出た中村紀が盗塁死と、怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日だが、5回、一死満塁から荒木のタイムリーでようやく2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、李がゲッツーに倒れて、2点止まり。その裏、阪神は高橋光のタイムリー二塁で1点を返すと、続く6回には一死満塁と一打逆転のチャンスを掴むが、ここで林が最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、無得点。8回から登板の久保田は二死満塁から押し出し四球と暴投で痛恨の2失点。最後は五輪で失意のどん底に叩き落とされ、怒り心頭の岩瀬の前に3人で抑え込まれて、連勝は5でストップした。

阪神のシニアディレクターに北京に拉致され、訳の分からない起用法で振り回されて、最大級の戦犯扱いされるなど、心に深い傷を負った岩瀬がその阪神相手に敵愾心を燃やし、溜まった鬱憤を晴らす怒りの投球で阪神のマジックを消滅させた。どうなる事やら心配だったが、復帰最初の登板が阪神戦と、ウサを晴らすには絶好の相手だったと言うのは僥倖だった。打線の方は3併殺を食らうなど、相変わらず、無様な攻撃を繰り広げていたが、とにかく今回は岩瀬の復活が見られて何よりだ。

◆S4−1C◆
広島先発・高橋に対して、ヤクルトは2回、先頭の飯原が6号ソロを叩き込んで、先制すると、5回にはオチョアのタイムリーエラーで2点目を追加。3,4回とチャンスを逃した広島だが、その裏、二死三塁から東出がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差。7回には二死から小窪が振り逃げで出ると、代打で登場の求道者・前田が怒りのライト前ヒットで続いたが、東出は三振に倒れて、二者残塁。直後の8回、ヤクルトは武内のタイムリーでダメ押しの2点を追加。その裏から、五十嵐−林と繋ぎ、連敗を5で止めた。

5割復帰と3位浮上が懸かっていた広島だが、求道者・前田がまたもやベンチに軟禁された事が大きく響き、僅か1点と沈黙し、痛い黒星。代打で起用された求道者・前田はまたもや怒りのヒットを放ち、これで4打数連続ヒット(5打席連続出塁)。だが、求道者・前田は代打の神様なんて位置付けを目指している訳ではない。折角、調子が上がって来ているのだから、いい加減、スタメン起用を図って欲しいものだ。3位浮上のチャンスだと言う事を分かっているのか!?

◆H2−3Bs◆
ソフトバンクは2回、一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、辻,高谷と倒れて三者残塁。続く3回にも二死から松中の二塁打,小久保の四球で一、二塁とするが、松田が打ち上げて二者残塁。すると、直後の4回、偽バファローズは無死一、二塁のチャンスにローズが最悪のゲッツー。しかし、続く濱中が歩くと、濱中が一、二塁間で挟まれている隙に三塁走者・坂口が本塁を陥れ、1点を先制。続く5回には下山が8号ソロを放ち、2点目。その裏、ソフトバンクは二死から松中がヒットで出ると、続く小久保が20号2ランを叩き込み、一気に同点。更に、6回には一死二塁から連続四球で満塁とし、偽バファローズ先発・小松をKOするが、本多,代打・本間と打ち取られ、三者残塁。同点の儘、迎えた土壇場9回、ソフトバンクは好投の大隣を下げ、早くも守護神・馬原を投入するが、これが裏目。一死から連打で一、三塁のピンチを背負うと、小瀬にスクイズを決められ、勝ち越し点を献上。その裏、加藤の前に三者凡退を喫し、3位転落となった。

五輪前に既に壊れかけていた川崎が五輪で完全に壊されてしまい、疲労骨折で今季絶望の危機に…。五輪の結果が結果だけに川崎の頑張りは何一つ報われなかった事になり、実に不憫だが、WBCの時と言い、国際大会に行く度にケガして帰ってきて長期離脱するのも考えものだ。五輪野球の暫定ラストイヤーでメダルを掠め取る事よりも、王さんのラストイヤー(?)でペナントを勝ち取る事に邁進してくれよ。川崎の復帰を心待ちにしていただけに、この離脱はやはり痛過ぎる。2試合で9安打と爆発していた本多も雨天中止で勢いが止まってしまい、5タコ。松中,小久保の両主砲は気を聞いたが、10残塁の拙攻も大きく響き、好投の大隣を見殺しに…。折角、戻ってきたのに、全然セーブのつく場面を作って貰えない馬原が同点の場面で上がってみれば、今季初黒星と、どうにも明るい材料が見えて来ないソフトバンクである。

◆M0−1F
両軍共に走者を出しながら、あと一本が出ず、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた5回、日本ハムは二死走者なしから稲田の四球,田中のヒットで一、二塁とすると、稲葉がライト前へ弾き返して、稲田が先制のホームイン。1点を追うロッテは7回、2本のヒットで一死一、三塁とするも、代打・早川,根元と倒れて、二者残塁。9回にも守護神・MICHEALからサブローの四球,ベニー松山のヒットで長打が出れば一気に逆転サヨナラと言う場面を作ったが、最後は田中雅が三振に倒れて、完封負けとなった。

日本ハムが最少得点を守りきる完封リレーで2位浮上。先発・グリンは7回零封の好投で対ロッテ14イニング連続無失点と相性の良さを見せつけた。ロッテはベニー松山が3安打でいずれも大きなチャンスを築いたが、全て報われず仕舞いで3連敗。水島の呪いに取り憑かれている根元はこの日も3タコ。これで最近27打席で僅かに1安打と不振は深刻を極め、今週中にも3割を割りそうな勢いだ。

◆L7−2E◆
3回に渡辺直のタイムリーで先制を許した西武だが、4回、四球のG.G.佐藤を一塁に置いて、中村が逆転の33号2ラン。中村は続く5回にも二死一、二塁のチャンスに2打席連続の34号3ランをぶち込んで、一気に4点差。直後の6回、併殺の間に1点を返されるも、その裏、すかさず細川の13号ソロで突き放す。8回には栗山のタイムリーでダメ押しの8点目。土壇場9回、楽天は二死満塁と粘りを見せ、守護神・グラマンを引っ張り出したが、最後は代打・高須がショートゴロに倒れて、万事休す。

西武が一発攻勢で逆転勝ちを収め、マジックを23と減らした。中村は2発5打点の大活躍。ローズに3差の34号とホームランキング争いで独走体勢に入りつつある。五輪で計り知れない精神的ダメージを受けたG.G.佐藤も本職のライトを守っているうちにほぐれてきたのか、この日は2安打1四球て勝利に貢献。先発の石井一は6回を2失点で切り抜け、2年ぶりの2桁勝利をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:57コメント(0)トラックバック(34) 

August 19, 2008

◆S4−7G◆
2回に寿司職人ラミレスの33号ソロで先制した巨人は3回に飯原のタイムリー内野安打で追い着かれるも、直後の4回、マッスル千代の富士の13号ソロで勝ち越し。続く5回にはガッツが23号2ランを叩き込むと、6回には坂本が4号ソロ,7回には亀井が5号2ランと怒濤の一発攻勢で加点。ヤクルトは8回に畠山の6号ソロで1点を返すと、9回には川本,福地の連続タイムリー二塁打で3点差。なおも一、二塁と一発で同点のチャンスを作って、クルーンを引きずり出したものの、最後は飯原が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

巨人が5発のアーチを叩き込む得意の空中戦で快勝。守備でも好プレーが次々に飛び出し、ピリッとしない先発・内海を盛り立てた。特に、3回の鈴木尚のダイビングキャッチは圧巻。しかし、9回のキムタクのヘッポコ落球はいただけなかった。てっきりゲームセットかと思い込んだ林が連続二塁打でKOされたのは何とも気の毒な話である。

◆YB2−4D
いきなり井端,ピンキー井上の連打で二、三塁のチャンスを作った中日は中村紀のタイムリーで先制。ピンキー井上も一気に本塁を狙ったが憤死。二死後、ベンちゃんが歩いて、一、二塁とチャンスを拡大させるも、李が三振に倒れて1点止まり。2回にも一死二塁のチャンスを逃した中日は3回も先頭のピンキー井上が四球で出ながら、牽制で刺される大チョンボ。その裏、藤田に今季初アーチを被弾し、追い着かれた中日は5回、二死一、二塁からベンちゃん,李の連続タイムリーで2点を勝ち越し。その裏、横浜は一死一、三塁から代打・鈴木なおのりのファーストゴロが野選を誘って、1点差。なおも一、二塁のチャンスだったが、石川は最悪のサードゴロゲッツーに倒れ、同点ならず。何とか突き放したい中日はベンちゃんのタイムリーで貴重な1点を追加。土壇場9回、横浜は一死から連打で一、二塁とし、一発が出ればサヨナラのチャンスを掴むが、ここで代わった小林の前に代打・武山,石川と打ち取られ、万事休す。小林はプロ初セーブをマークした。

中日は1併殺11残塁と相変わらずの拙攻三昧ながら、3連敗中の先発・中田が7回2失点と踏ん張ると、小刻みに繋いだリリーフ陣も何とか凌ぎ、辛勝。中田は先発としては約2ヶ月ぶりの白星となった。開幕からローテを守っているが、守っているだけのウッドはとうとう10敗目。横浜の連勝は3でストップした。

◆C5−14T◆
初回に鳥谷のタイムリーで先制した阪神は続く2回、林の今季初アーチなど、5長短打を集中し、一気に5点を追加。大量6点を追う広島は4回、一死一、二塁から嶋が7号3ランを叩き込むと、続く5回には天谷がタイムリーを放って、2点差。しかし、直後の6回、阪神は一死から3連続四球満塁とすると、林,葛城イクローと連続タイムリーを浴びせた後、関本には6号グランドスラム。更に、二死一塁から平野にタイムリー二塁打を浴びて、この回一挙7点を奪い、試合を決定付けた。

実母の葬儀参列の為、ブラウン監督が一時帰国。5割到達を目前にした広島はこの隙に求道者・前田のスタメン起用で一気に連勝街道を驀進したい所だったが、監督代行に指名されたのはブラウン監督の同胞・リブジーコーチ。その為、求道者・前田を軟禁してシメ倒すと言う暗黒采配も継承されてしまっていた。おかげで求道者・前田はフル欠場に追い込まれ、失意のどん底に叩き落とされた宮崎が2回途中KO。リリーフ陣も炎上する投壊ぶりで惨敗を喫し、5割が遠のいてしまった。

◆L12−3H◆
3タテしない限り、自力Vが消滅してしまうソフトバンクは先発・ホールトンが3回まで無失点と上々の立ち上がり。しかし、4回、いきなり栗山,ボカチカ,ブラゼルと3連打を浴び、先制を許すと、一死後、中村に犠飛を打ち上げられて、2点目を献上。更に、礒?,細川,黒瀬と3連打を浴びるなど、5点を失い、あえなくKO。これで主導権を握った西鉄は続く5回にブラゼルの26号ソロで1点を追加すると、6回にはボカチカのタイムリー二塁打,後藤の9号2ランで3点を追加。更に、7回には一死満塁から栗山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、12点目。ソフトバンクは9回に松田の13号2ラン等で3点を返し、完封を免れるも、焼け石に水だった。

崖っ淵に立たされながら、巻き返しを図るどころか、昨日に続いての大惨敗を喫してしまったソフトバンクはとうとう自力Vが消滅。西鉄との差は7.5差まで拡大。ここ3試合安定した投球を見せていたホールトンが4回もたずに5失点KOとは大誤算だった。3タテどころか、いきなり第1戦でこのザマとはガックリである。これで西鉄に優勝マジック28が点灯した。

◆F4−0M
日本ハムは初回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、工藤が送った後、田中,小谷野と連続四球を選んで満塁のチャンス。ここで水島の呪いが薄れつつあるボッツがセンターへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。4回には工藤のタイムリー内野安打で1点を追加すると、続く5回にはまたもボッツが3号ソロを叩き込み、3点目。更に、7回には一死一、二塁から糸井のタイムリーでダメ押し。8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成した。

パ・リーグ逆ハーラーダービーを争うグリンと小林宏が直接対決となったが、大きく明暗を分ける事に。グリンは7回を散発5安打無失点、3つの併殺を奪うなど三塁も踏ませぬ安定した投球を見せたが、小林宏は制球に苦しみ、5回3失点KOで11敗目を喫した。徐々に水島の呪いを克服しつつあるボッツは先制犠飛,中押し弾に2四球と4打席全てに結果を残し、打率もようやく2割台へと乗せた。

◆Bs5−12E◆
楽天は初回、ショートの10号ソロで先制すると、2回には二死満塁から鉄平が押し出し四球を選んで2点目。初回に満塁のチャンスを逃した偽バファローズだが、続く2回、小瀬のタイムリー二塁打で1点を返すと、坂口が死球を食らった後、阿部,ローズのタイムリーで逆転に成功。3回にはまたも阿部がタイムリーを放って、4点目。2点を追う楽天は直後の4回、内野ゴロの間に1点を返すと、続く5回には無死一、二塁からフェルナンデスが12号3ランを叩き込んで、一気に逆転。更に、この後、一死満塁から内村,鉄平と連続タイムリーを放ち、大量7点のビッグイニングを形成。楽天は終盤にも加点し、ダメ押し。2回途中から登板した長谷部は最後まで投げきり、プロ初勝利を飾った。

先発で背信投球を続けていた長谷部がリリーフで自己最長の7回1/3を2失点で切り抜け、待望のプロ初白星。打線も17安打12点の猛攻で偽バファローズを圧倒した。偽バファローズ先発・コロンカは折角、逆転して貰いながら、4回もたず、前回に続いての早期KO。2番手・本柳も6失点の大乱調で試合をぶち壊してしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(0)トラックバック(22) 

June 03, 2008

◆Bs8−3G◆
初回、キムタクの四球,ガッツのヒットで一、三塁とした巨人は寿司職人ラミレスのショートゴロの間に1点を先制。しかし、その裏、偽バファローズはカブレラが9号ソロを叩き込み、あっと言う間に同点。再三のピンチを耐えながら、追加点を許さずに来た巨人先発・内海は6回も一死一塁から、北川をピッチャーゴロに打ち取り、ゲッツーでピンチ脱出…と思いきや、二塁へ痛恨の悪送球。二死二、三塁となった所で日高にタイムリーを浴びて、勝ち越しの2点を献上。8回には福田,林のリリーフ陣が炎上し、大量5失点でとどめを刺された。9回に松田記者の2ランで最後の意地を見せたものの、大局には影響せず、4連敗となった。偽バファローズは阪急時代を含めて、通算4500勝を達成。

前回は昨年を彷彿とさせる快投を演じた内海だったが、今日はピンチの連続。結局、自らのエラーでピンチを拡大させた挙げ句に決勝点を与えると言う自業自得の展開。林も精彩を欠く投球で試合をぶち壊してしまった。そんな中、寿司職人ラミレスは第3打席でヒットを放ち、王さんを抜く球団記録単独2位となる26試合連続安打を記録。一方、歯痛で2試合欠場と言う醜態を晒したカブレラは先制弾含む2安打で汚名を返上。偽バファローズが巨人,阪神に続いての通算4500勝との事だが、結局、前身球団は阪急扱いな様で…。近鉄の勝利数は完全に無視されている辺り、やはり、偽バファローズは真のバファローズではないのだと改めて痛感させられた。

◆M−D
降雨中止。

◆H7−3S◆
初回二死満塁のチャンスを逃したソフトバンクは直後の2回に川本のタイムリー二塁打で先制点を献上。その裏、再び二死満塁のチャンスを掴むも、松中がショートゴロに倒れて、またも三者残塁。一方、ヤクルトも4回に無死満塁のチャンスに1点も取れない有様。すると、その裏、ソフトバンクは四球の辻を一塁に置いて、中西がプロ初アーチとなる逆転2ラン。続く5回には小久保の12号ソロの後、辻,中西,山崎の3連続タイムリー二塁打で4点を追加。6回には松田のタイムリーでダメ押しの7点目。ヤクルトは9回に2点を返したものの、焼け石に水だった。

序盤は怒濤の拙攻三昧だったソフトバンクだったが、終わってみれば、ヤクルトの方が12残塁とソフトバンクを上回る大拙攻。投げては村中がまたも5回もたずにKOで4連敗となってしまった。一方、和田はまたものらりくらりの投球ながら白星だけはしっかりゲット。打っては中西がプロ初アーチを含む3安打3打点の大活躍だった。

◆F4−2C◆
日本ハム先発・グリンが7回まで四球を2つ与えただけで二塁も踏ませない快投を展開。その間、日本ハム打線は4回にスレッジのタイムリーで先制すると、5回には一死一、三塁から村田のショートゴロの間に2点目。6回にはコズロースキーの暴投,7回には稲葉の犠飛と1点ずつ着々と加点。ノーヒットノーランの期待が懸かるグリンは8回も簡単に二死を取ったが、ここで代打・森笠に二塁打を浴びて、快挙達成ならず。9回には天谷,栗原と2本のソロアーチを被弾し、完封も逃したものの、2年ぶりの完投勝利を収めた。

この日も辛うじてスタメンを勝ち取った求道者・前田だったが、4タコで最後のバッターとなつてしまった。今日のグリンが相手ではノーヒットもやむなし…と言いたい所だが、勿論、ブラウン監督にそんな相手投手の出来不出来なんて要素は関係なく、誰が相手だろうとノーヒットと言う事実のみを切り取って、幽閉に追い込む恐れがあるだけに心配だ。日本ハムは藤川に死球を食らった高橋が骨折していた事が判明。劇団ひちょり,武田勝に続いての骨折離脱は水島の呪いがまだ消え去っていない事を示しているのだろうか…。

E11−4T◆
初回に新井のタイムリー二塁打で先制点を貰った下柳だが、その裏、一死満塁のピンチを背負い、フェルナンデスのショートゴロの間に追い付かれると、更に、中島には勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。立ち直りの気配が見えない下柳は続く2回にもショートに2点タイムリー二塁打を浴びると、3回にはまたも中島に被弾し、6失点KO。完全に主導権を握った楽天はその後も着々と加点し、計14安打11点。先発・田中は7回途中4失点で降板となったものの、大量援護に恵まれて6勝目。

40歳での白星を狙った下柳だが、よもやの今季最短3回KOで、ついに今季初黒星。リリーフ陣も総崩れで今季初の2桁失点。江草はここ4試合で3度失点と下降線を辿っており、非常に心配だ。打線も10残塁の拙攻で決して調子の良くなかった田中を攻めきれず。林は3度走者のいる場面で凡退とブレーキで代打を送られてしまう始末。2安打のキュラソ星人も得点圏に走者を置いていた残りの3打席では全て凡退してしまったのも痛かった。

◆L7−3YB◆
西武は2回、中村の11号ソロで1点を先制。4回に吉村の一発で追い付かれるも、その裏、二死満塁から細川のタイムリーで2点を勝ち越し。その後も横浜が5回にガッツな貴公子・仁志のタイムリー二塁打で1点を返せば、その裏、西武が中島,ブラゼルの連続タイムリーで2点を奪い、6回に横浜が吉村の2打席連続アーチを放てば、その裏、西武が細川に9号ソロと、横浜が追いすがる度に西武が突き放す展開。7回には5月の月間MVPのG.G.佐藤に16号ソロが飛び出し、ダメ押し。先発のオツは6回3失点で2勝目をマークした。

横浜の逆ギレパワーは案の定、一過性のものに過ぎず、あえなく完敗。折角飛び出した吉村の2発もいずれもソロでは空砲にならざるをえなかった。一方、西武は反撃体制に入ろうとする横浜の士気を悉く叩き折るがごとく、チマチマと加点。3発のアーチはいずれもソロだったが、ボディブローの様に効果的だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(15) 

May 20, 2008

◆M11−12G◆
デビューから3連勝の快投を続けてきたルーキー・唐川に対して、巨人は2回に脇谷のタイムリー二塁打で2点を先制。しかし、巨人先発・春風亭半ケツが大乱調。その裏、大塚,オーティズのタイムリーで簡単に追いつかれると、3回には無死満塁から今江に2点二塁打を浴び、あえなくKO。代わった越智も二死まで取りながら、3連続タイムリーを浴び、この回、悪夢の6失点。これで唐川の4連勝は決まったかに思われたが、粘る巨人は4回に1点を返すと、5回には二死一、二塁から,阿部,ゴンザレス,松田記者の3連打で3点を奪い、唐川はプロ入り初のKO。巨人は7回にも4連打で2点を追加し、ついに同点。その裏、ロッテは金沢のタイムリー,フクーラの押し出し四球で再び勝ち越すも、粘る巨人は直後の8回、ガッツのタイムリーで1点差。なおも一、三塁の場面で寿司職人ラミレスが14号3ランを叩き込み、一気に逆転。土壇場9回、守護神・クルーンは1点差まで詰め寄られたものの、何とか後続を断ち切り、両軍合わせて37安打23得点の大乱打戦に終止符を打った。

春風亭半ケツが3回KOの体たらくで、6点ビハインドと言う絶望的な状況から巨人が大逆転。点差は僅かに1点だが、ガッツ,阿部,ゴンザレスと3人が4安打を放つなど、ロッテより9本も多い23安打を放っておきながら負ける訳にはいかないだろう。ただ、DHが使える事で折角、スタメンを勝ち取った鈴木尚はスタメンでただ一人ノーヒット。三振2つにキャッチャーフライと自慢の足を全く使えなかったのは何とも勿体ない。それにしても、唐川がついにプロの洗礼を浴びてしまい、開幕4連勝目前でKO。この日も無四球と制球は良かったが、ストライクを揃え過ぎてしまった感じだ。いつでもストライクを取れると言う事は、いつでもボール球を投げられる事にも繋がる訳で、もう少し遊び球を使ってもいいのではなかろうか。

◆E6−1D◆
交流戦を迎え、相手がパ・リーグに変わっても、川相不在が故の無様な戦い方に何ら変わりはない中日は楽天先発・永井の前に5回まで散発 2安打と沈黙。先発・小笠原は毎回の様にピンチを背負いながら、2回に嶋のタイムリーで許した1点のみに食い止める粘りの投球を展開。何とか小笠原を援護したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが10号ソロを叩き込み、ようやく同点。しかし、8回、小笠原は先頭の草野に痛打され、KO。代わった平井は一死一、三塁とピンチを広げると、フェルナンデスにタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上。更に、3番手のウッチャンも3本のタイムリーを許して、試合を決定付けられた。楽天先発・永井は8回1失点で4勝目。

ソロ一発による1点のみと言うタイムリー欠乏症,一発依存症を露呈すると言う最悪の交流戦スタートとなった中日。DHとしての出場が期待された立浪もスタメンどころか、代打ですら出番なし。平井,ウッチャンが悉く打ち込まれるなど、中継ぎ陣も崩壊。井端も致命的なエラーでダメ押し点を呼び込んでしまうなど、まるでいい所がなかった。この事態を打開する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。

◆H4−3C◆
DHが使える状況においても、幽閉する様な事があれば、計り知れないバッシングの嵐に遭うと察知したのか、ブラウン監督は求道者・前田をスタメン起用。これに対して、ソフトバンク先発・和田はいきなり三者三振の快投を見せるが、続く2回、無死一塁で対峙した求道者・前田を抑える事で集中力を消耗してしまったのか、二死から三連続四球の押し出しで先制点を献上。1点を貰った大竹だが、4回一死一、二塁のピンチを迎えると、小久保に逆転3ランを被弾。2点を追う広島は5回、オチョアに5号2ランが飛び出し、同点に追いつくが、それも束の間、その裏、川崎のタイムリーで勝ち越し点を献上。この後、求道者・前田は2安打を放ち、チャンスを作ったが、いずれも後が続かない。9回にはホールトンからヒットで出た東出が小窪の犠打,代打・喜田のファーストゴロで三塁まで進んだものの、最後は代打・嶋が三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

折角の求道者・前田の2安打も報われず、無念の1点差負け。求道者・前田が打って勝つ…と言う状況を作り出さない限り、ブラウン暗黒采配はいつ発動するとも限らないだけに勝っておきたかった。だが、DHが使える12試合では、流石のブラウン監督も求道者・前田を外しづらい筈。このチャンスに何としても結果を出したいものだ。ソフトバンクは下降気味だった川崎と小久保はいずれも1週間ぶりのマルチ安打と復調の兆し。先発・和田はまたも好投とは言いきれない微妙〜な内容で何となく5連勝。今季はずっとこんな感じなのだろうか。

◆Bs4−3T◆
阪神は初回、偽バファローズ先発・近藤の立ち上がりを捉え、二死三塁からキュラソ星人のタイムリーで1点を先制。5回には新井,キュラソ星人と連続タイムリーで2点を追加。阪神先発の下柳は6回まで無失点の好投を見せていたが、7回、二死一、二塁のピンチを迎え、KO。代わった渡辺に対し、北川がタイムリーを浴びせると、3番手・ウィリアムスからはローズのタイムリーで1点差。更に、濱中が歩いて満塁となった所で、フェニックス一輝にプロ初打点となる2点タイムリーを許し、ついに形勢逆転。阪神は直後の8回、二死三塁のチャンスを掴むも、ここで早くも登板した守護神・加藤の前に代打・バルディリスがレフトフライに倒れて、同点ならず、9回も三者凡退に終わり、ゲームセット。

阪神は新井,キュラソ星人が全打点をあげる活躍で3点リードを奪いながら、得意の継投が失敗して逆転負け。打点をあげた試合は全勝と言う新井の不敗神話がついに崩壊した。下柳を引っ張り過ぎた感もあるが、ウィリアムスの2度続けてのリリーフ失敗はショックも大きい筈だ。久保田に続いて、ウィリアムスまで安定感を失う様だと交流戦で一気に調子を落としてしまう可能性もあるだろう。散々拙攻を続けてきた偽バファローズだが、終盤にようやく打線が繋がった。今季初スタメンのフェニックス一輝が見事に期待に応えた格好だ。

◆F6−3YB◆
日本ハムは2回に稲葉,高橋,スレッジの3連打で先制すると、更に、二死満塁から劇団ひちょりが押し出し四球を選んで、2点目。4回には逸し満塁から高口が2点タイムリーを放ち、4点目。横浜先発・那須野は栄養費パワーが発動せず、この回限りで降板となった。横浜は7回にエラー絡みで1点を返すも、その裏、稲葉のタイムリーで突き放され、8回には内川の2点二塁打で追い上げるも、その裏、劇団ひちょりのタイムリーでダメを押された。9回、日本ハムは暫定ストッパー・武田久が3人で切り抜け、2セーブ目。先発・グリンは7回を自責点0の好投で4月6日以来となる2勝目を飾った。

昨年の交流戦覇者・日本ハムがV2へ向けて、幸先のいいスタート。日程に余裕のある交流戦ではダルビッシュの登板比率がやたらと高くなると思われるが、間もなく訪れる水島の呪いで勢いが止まらない事を祈るばかりだ。一方、日程に余裕があろうがなかろうが、先発陣全てが安定感を欠く横浜は早速黒星。内川,ビグビーが好調なだけに村田,吉村に安定感が出て来て欲しい所だが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:06コメント(1)トラックバック(65) 

March 08, 2008

◆G1−3F◆
15日までに復調の兆しを見せなければ、二軍降格の可能性を示唆され、開幕一軍に黄信号が灯っているトンガ。だが、どれ程、似てない顔が描かれてしまうのかなど、水島の呪いの事で頭が一杯でそれどころではないトンガは練習にも身が入らず、とうとうスタメンを外されてしまう始末。7回にようやく代打で登場したが、吉武に苦もなく捻られて、三振を喫し、開幕一軍は遠のくばかり。最早、トンガの復調する術は水島氏がぶっ倒れるか、秋田書店が倒産する以外にないのだろうか。トンガが一人苦しんでいる中、先発・グリンは6回を投げ自責点0の無四球投球。移籍組の中村,坂元も1回ずつを無難に締めると、守護神・MICHEALも3人でピシャリと締めるなど、、投手陣は揃って順調な仕上がりをアピール。一方、巨人先発・上原も5回を無四球1失点と好投し、2年ぶりの開幕投手へ向け、着々とペースを上げてきた。

◆D2−0E◆
ここまで対外試合9回無失点の好投を見せ、先発ローテの一角として期待を寄せられていたルーキー・長谷部だったが、左膝半月板損傷に見舞われていた事が発覚。2日の試合で初回にファールフライを追って、追突しそうになったフェルナンデスをかわした際に左膝を捻っていた。その後、5回まで投げきった事もあり、軽傷と思われていたが、痛みが引かず、検査の結果、最悪の診断を下された格好だ。水島氏はトンガに夢中とあって、ノーマークの長谷部はすっかり油断していたが、水島氏はパ・リーグの疫病神である事を忘れていた模様。勿論、開幕一軍は絶望的で、手術に踏み切る事にでもなれば、復帰は早くても7月後半と、前半戦丸々棒に振りかねない。田中と長谷部の左右のホープを軸に優勝宣言をかましていたノムさんはショックのあまり「俺もツイてないな。最下位やな」と最下位宣言をしてしまう有様だ。傷心の楽天ナインを相手に中日は中田,小笠原と開幕ローテ候補の2人がそれぞれ4回無失点の好投。セットアッパーの平井も2つの三振を奪って1回を三者凡退に切り抜け、余裕の完封リレーを達成した。

◆H2−3C◆
新助っ人・ルイスが4回1失点の好投を展開。広島の優良助っ人は好成績を残したオフ、年俸吊り上げに資金力不足の球団が応えられずに放出…と言うパターンが定番で早くも阪神,偽バファローズが目をつけているとかいないとか…。同じく新助っ人のシーボルは先制犠飛こそ放ったものの、この日も4打席ヒットがなく、ついに打率は1割を割ってしまうなど不振から抜け出せずにいる状態だ。そんな中、好調をキープしているのが天谷。この日もタイムリー三塁打を含む2安打2盗塁と結果を残し、悲願の開幕スタメンへまた一歩近付いた。一方、ソフトバンクは川崎が足を生かして3安打と気を吐いたが、クリーンアップが10タコに抑え込まれる始末。先発・新垣は初回,2回と立て続けに暴投をかまし、今年も自らの暴投記録更新を狙えそうな勢いだ

◆T4−7L◆
2年目のジンクスに苦しむ岸が前回に続いてまたも背信投球。連続押し出しで先制を許すなど、3回を6安打2失点。一方、伊集院光の弟子・金村が左太腿に張りを訴えた事で登板回避となり、緊急先発登板となった玉置は立ち上がり四球で走者を溜めて、先制を許したが、3回を1安打1失点とまずまずの投球。しかし、開幕ローテ当落線上にいる2番手・杉山が4回5失点の大乱調。打っては西武を上回る12安打を放ちながら、14残塁の大拙攻で逆転負けとあって、岡田監督も頭を抱えるしかなかった。

◆Bs3−7S◆
ローズのオープン戦初タイムリー,ラロッカの2ランと助っ人の活躍で3点を先制した偽バファローズだが、中山が5回3失点,香月が3回4失点と打ち込まれて、あえなく逆転負け。ヤクルトは先発・館山が初回こそ3失点ながら、そこから立ち直り、4回で8三振。リリーフ陣も五十嵐がMAX150kmと復活の兆しを感じさせる投球を見せたのを初め、5投手がそれぞれ1回を無失点。打っては川島慶が二塁打含む2安打,福地が三塁打,二塁打と長打を連発するなど、移籍組の奮闘が目立った。

◆YB0−4M◆
開幕投手候補の成瀬が4回1/3を無失点に抑える好投を展開し、オープン戦の連続無失点を9回1/3にまで伸ばした。成瀬からバトンを受けた5人のリリーフも残り4回2/3を四球1つ与えただけのノーヒットリレーを展開。2戦連続完封負けと打線はさっぱりな横浜だが、先発した新助っ人・ウッドは4回無失点で開幕ローテ入りはほぼ確実。セットアッパーのマットホワイト,抑えのヒューズもそれぞれ1回をピシャリと締め、結果を残した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:54コメント(0)トラックバック(11) 

October 15, 2007

◆F7−0M◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないが、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨んでいる日本ハムだったが、ロッテ先発・渡辺俊の前に3回まで1安打無得点と沈黙。しかし、先発・グリンも3回を無失点に抑える好投を見せ、先手を許さない。0−0の儘、迎えた4回、日本ハムは先頭の稲葉がレフト線への二塁打で出塁。続く青波の長瀬は三振に倒れるも、高橋が四球を選ぶと、続く工藤がサードへの内野安打を放ち、一死満塁。ここでミスタースナイパー・坪井のどん詰まりのセカンドゴロの間に稲葉が本塁を陥れ、ついに均衡を破る先制点をゲット。なおも二、三塁のチャンスだったが、金子誠は三振を喫して、1点止まり。1点を追うロッテは6回、一死からTSUYOSHI,早川の連打で一、二塁のチャンスを掴むも、フクーラ,サブローと打ち上げて、二者残塁。続く7回には二死走者なしから大松,今江が連続四球を選んで一、二塁とするも、橋本がレフトフライに倒れて、またも二者残塁。ピンチを逃れた日本ハムはその裏、二死から稲田が二塁打を浴びせると、劇団ひちょりが左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、渡辺俊をKO。ここで代わった藤田から田中賢,稲葉と連続タイムリーを浴びせると、更に、3番手・久保を攻め、青波の長瀬のヒット,高橋の死球で満塁となった所で工藤が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、この回、大量6点のビッグイニングを形成。8回からは完封ペースのグリンを下げ、武田久−MICHEALと繋ぐ万全のリレーを展開した日本ハムは完封で勝ち越しに王手をかけた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:38コメント(0)トラックバック(38) 

August 14, 2007

◆C9−6G◆
巨人の先発は前回、移籍初勝利を飾ったアゴくら。初回、ガッツの3ランと阿部のタイムリーでいきなり4点の援護を貰ったにも拘わらず、その裏、新井に3ランを浴びて、あっと言う間に1点差。3回に2点を追加して貰うと、その裏の満塁のピンチも何とか切り抜け、2勝目へ弾みをつけたかと思われたが、勝利投手の権利が懸かった5回、栗原に18号3ランを叩き込まれて、一気に同点。更に、連打を浴びて、無念のKOとなった。この後、一死満塁となった所で梵のセカンドゴロの間に1点が入り、広島がついに勝ち越しに成功。8回にもオチョア,栗原のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。最後は永川が3人で締め、2試合連続の逆転勝ちを収めた。巨人はまたも先発が5回持たずに降板し、3連敗。因みに、8回二死から話題の新助っ人・オビスポがついに来日初登板。デビュー早々に対峙した求道者・前田には気迫に押されて四球を与えてしまったが、続く石原をショートゴロに打ち取り、ピンチを切り抜ける無難な投球を見せた。

◆T5−1D◆
阪神は初回、一死からシャア少佐が二塁打で出ると、シーツのタイムリーで1点を先制。この後、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、桜井,矢野と連続三振に倒れて、三者残塁。1点を追う中日は5回、谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを叩き込み、ようやく同点。1−1の儘、迎えた8回、阪神は一死一、二塁から林が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く桜井が3号2ランを放り込み、ダメ押し。9回は藤川が走者2人を出しながらも、後続を断って、逃げ切った。中日は先発・山井の引っ張り過ぎが祟って、連勝ストップ。3位阪神との差は0.5にまで縮まった

◆YB3−10S◆
ヤクルトは横浜先発・はーちゅんの立ち上がりを捉え、初回に青木のタイムリー二塁打,寿司職人ラミレスの2ランで3点を奪うと、2回には飯原,寿司職人ラミレスのタイムリーで5点目。横浜も初回に村田,2回にガッツな貴公子・仁志のタイムリーで1点ずつ返して、3点差。その後も3,4,5回と立て続けに得点圏に走者を送りながら、攻めきれない拙攻を展開。6回には石井タクローのタイムリーで3点目をあげ、なおも一死満塁のチャンスに金城が痛恨のゲッツーに倒れ、1点止まり。これで勢いを失った横浜はピタリと当たりが止まり、逆に、9回に4番手・高崎が寿司職人ラミレスのこの日2発目の3ランを浴びるなど、大量5点を失い、とどめを刺された。ヤクルト4番手・花田は2回2/3をノーヒットに抑える好リリーフで今季初白星。

◆H1−4F◆
初回に川崎の3号ソロで先制したソフトバンクだが、2回を除いて毎回安打を浴びせながら、打線が繋がらず、一向に追加点を奪えない。先発・和田は6回まで1安打と完璧な投球を展開していたが、7回、先頭の青波の長瀬に同点20号ソロを被弾。8回には一死一、三塁から田中幸のピッチャーゴロの間に勝ち越し点を献上。9回には水田,松中の連続エラーで1点を失うと、更に、金子誠にタイムリーを浴びて、ダメを押された。その裏、MICEALから2つの四球を選び、一発で同点と言う場面を作ったものの、最後は井手が倒れて、ゲームセット。日本ハムはこれで5連勝となり、2位ソフトバンクとの差を3と広げた。

◆M3−4L◆
西武は2回、無死満塁と絶好の先制チャンスを掴むが、礒?がファーストゴロゲッツーに倒れると、細川は三振に倒れて、結局、無得点。その裏、ロッテも二死満塁としながら、今江がライトへ打ち上げて、三者残塁。4回、ロッテは大松の3号ソロでついに均衡を破る先制点をゲット。ロッテ先発・小野は6回まで無失点の好投を見せていたが、7回、細川のタイムリーで追いつかれると、福地に勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて、KO。2番手・荻野も栗山に2点タイムリー二塁打を許し、この回、4失点。3点を追うロッテは8回にオーティズの2ランで1点差と詰め寄り、土壇場9回には抑えのグラマンを攻め、一死一、二塁のチャンスを作ったが、後が続かなかった。西武はこれで5割復帰。先発・岸は8回途中まで11三振を奪う力投で田中(悪の温床・楽天)に並ぶ9勝目をマークした。

◆E8−2Bs◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた2回、悪の温床・楽天は嶋の2号2ラン,高須のタイムリー内野安打で3点を勝ち越し。2点差で迎えた6回には高須,鉄平の連続タイムリー二塁打で偽バファローズ先発・平野佳をKO。更に、代わった金子から山崎武,フェルナンデスもタイムリーを浴びせて、この回、一気に4点を追加し、試合を決定付けた。先発・岩隈は8回2失点で4勝目。悪の温床・楽天は偽バファローズに並ぶ5位タイへ浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:40コメント(0)トラックバック(54) 

July 08, 2007

◆S14−7G◆
何としても3タテは免れたい巨人は初回、マッスル千代の富士のプレイボールホームランで先制。しかし、この所、調子の上がって来ない春風亭半ケツは3回に飯原に7号ソロ,寿司職人ラミレスに9号2ランと立て続けに被弾し、あっさり形勢逆転。更に、4回にも飯原に2打席連続の8号3ランを叩き込まれて、この回限りで失意のKO。完全に主導権を握ったヤクルトは5回にも2番手・野間口を攻め、川本,飯原の連続タイムリーで2点を追加。巨人は6回に5長短打で3点,7回にもマッスル千代の富士のこの日2本目となる20号2ラン等で3点と必死の応戦を見せるも、出す投手出す投手、悉く火だるまに遭い、李が立て続けに拙守をかますなど、ヤクルトの猛攻を止められず、今季ワーストの17安打14失点で今季初の3連敗となった。

◆D3−6T◆
1戦,2戦と完封をし合って迎えた第3戦、先手を取ったのは中日。3回、死球の小田を二塁へ進めて、井端,福留の連続タイムリーで2点を先制。しかし、直後の4回、阪神は無死一塁から林の13号2ランで一気に同点。5回に1点ずつ取り合って迎えた6回、阪神は先頭の矢野が今季初アーチを叩き込み、勝ち越しに成功すると、更に、鳥谷のタイムリー内野安打でこの回2点。7回にはシャア少佐の犠飛でダメ押しの6点目。6回から久保田−ウィリアムスと繋ぎ、最後は藤川が締める必勝リレーで逃げ切った阪神はこの3連戦の勝ち越しを決めた。

◆C4−8YB◆
連敗地獄が止まらない広島は初回に求道者・前田のタイムリーで先制すると言う最高の立ち上がりを見せたものの、3回、先発・長谷川が村田に逆転13号2ランを被弾。4回には梵のエラーをきっかけにピンチを作ると、ガッツな貴公子・仁志にタイムリーを浴びて、3点目を献上。7回、新井の20号2ランで一気に同点としたのも束の間、直後の8回、相川にタイムリーを許して、再び勝ち越し点を献上。しかし、粘る広島はその裏、二死二塁から栗原のタイムリーで同点。更に、この後、エラーと四球で満塁としたものの、オチョアは空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。すると土壇場9回、暫定ストッパー・大竹が暴投を連発して勝ち越し点を献上しただけに留まらず、吉村には致命的な12号3ランを被弾し、試合を決定付けられた。攻撃陣は粘りを見せたものの、15残塁の大拙攻。連日の投壊も止められなかった広島はこれで5連敗となった。

◆L0−7H◆
呪われた連敗ロードから何とか抜け出したいソフトバンクは初回、一死から二塁打で出た川崎を松中のタイムリーで返して、1点を先制。しかし、水島の呪いの影響か2回以降は完全に沈黙し、ゼロ行進。不甲斐ない打線はアテには出来ないと先発・和田は気迫の投球で西武打線を抑え込み、7回まで5安打無失点の好投。8回には、飛ばしに飛ばしてきた事で疲れの色が見え始めた和田を下げ、早くも守護神・馬原を投入する必死の継投を展開。1−0の儘、迎えた土壇場9回、ソフトバンクは無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、ここから代打・明石のタイムリー,本多の押し出し四球、更に、川崎,松中にもタイムリーが飛び出して、一挙6点を獲得。7点差がついても、続投となった馬原は9回もピシャリと3人で締めて、完封リレーを達成。ソフトバンクは連敗を4でストップさせた。

◆F4−1M◆
日本ハム先発・グリン相手にロッテは3回までに5本の安打を連ねながら、一向に得点に結びつけられない拙攻三昧。そうこうしているうちに日本ハムが3回裏に劇団ひちょりのタイムリーで先制すると、更に、二死満塁から小谷野,工藤と連続タイムリーを浴びせて、4点をゲット。4回も一死一、三塁のチャンスを逃したロッテは5回、先頭のTSUYOSHIが三塁打で出ると、早川のタイムリーでようやく1点。ここで畳み掛けたい所だったが、続くフクーラが最悪のゲッツーに倒れた後、サブローにヒットが出ると言うチグハグな攻撃で追加点ならず。6回以降はピタリと当たりが止まったロッテ打線に対し、日本ハムは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、この首位攻防3連戦3連勝。ロッテは日本ハムを上回る12安打を放ちながら、2併殺9残塁の拙攻が大きく響いた。

◆E2−9Bs◆
0−0で迎えた3回、偽バファローズは日高の2号ソロで先制すると、更に、二死一、二塁からアレンのタイムリーで1点を追加。2点を追う悪の温床・楽天は4回、一死一塁から山崎武のタイムリー二塁打で1点差。7回には一死三塁から高須にタイムリー二塁打が飛び出して、ついに同点。追いつかれた偽バファローズは直後の8回、二死満塁のチャンスを掴むと、ここで大引が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。9回にも6長短打を浴びせて、ダメ押しの4点を追加。最後はセーブのつかない場面だと好投する守護神・加藤大が3人で締め、3連勝。4番手・大久保は今季初白星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:55コメント(2)トラックバック(80) 

July 01, 2007

◆G9−6C◆
初回にガッツの19号ソロ,2回に李が通算100号となる15号2ランと連日の一発攻勢で主導権を握った巨人は4回にもニックンの犠飛で4点目を追加。先発が防御率1点台の春風亭半ケツとあっては、最早、試合は決まったかと思われたが、その裏、無死満塁の大ピンチ。ここから2人を打ち取るいつもの粘りを見せた春風亭半ケツだが、ここで新井にバックスクリーン左へ痛恨の満塁弾を叩き込まれて、試合は一瞬で振り出しに。流れを引き寄せた広島は続く4回、石原のタイムリーで勝ち越しに成功。1点を追う巨人は毎回、走者を出しながら、あと1本が出ない拙攻三昧。5点を取られながらも、援護を信じて投げ続けてきた春風亭半ケツだが、ついに力尽きたか、8回に新井にこの日2本目のアーチを浴び、KO。ダメ押しと思われる一発を放った新井だが、土壇場9回、一死から大道のサードゴロを一塁へ痛恨の悪送球。これで流れは一気に巨人へ傾く事となった。ただでさえ不安感があると言うのに、味方に足を引っ張られ動揺を隠せない永川を攻め立て、一死一、二塁から松田記者が通算1500安打となるタイムリーを放つと、二死二、三塁となった所で阿部が三遊間を破り、逆転に成功。更に、ニックン,李と連続タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙5点のビッグイニングを形成。その裏、上原が簡単に3人で打ち取り、ゲームセット。悪夢の逆転負けとなった広島はついに最下位に転落した。

◆D6−7S◆
中日は初回、森野の2点タイムリーで先制。その後、しばらく攻めあぐねていたが、6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが21号ソロを叩き込み、3点目。先発・山本昌は5回まで2安打無失点の好投を見せていたが、6回に突如崩れ、無死一、二塁から青木のタイムリー,田中浩の犠飛で1点差と詰め寄られると、更に、続く寿司職人ラミレスにもタイムリー二塁打を浴び、ついに同点。追いついたヤクルトは続く7回にも青木のタイムリーで勝ち越した後、寿司職人ラミレスが7号3ランを放り込み、一気に4点を追加。しかし、粘る中日は直後の8回、二死走者なしから連打で一、二塁のチャンス。ここから谷繁,代打・立浪に連続タイムリー二塁打が飛び出して、1点差にまで詰め寄ると、土壇場9回にも二死一、二塁と一打逆転の場面を作ったが、最後は中村紀がセンターへ打ち上げて、あと一歩及ばず、4連敗。詰めの甘さが目立ち、川相さえいれば…と言う声は強まるばかり。これで首位・巨人とのゲーム差は5にまで開いてしまった。ズルズルとV戦線から転落しない為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ。勝ったヤクルトは広島と入れ替わりで最下位を脱出。8回途中から最後まで投げきった遠藤は中日時代の98年以来、実に9年ぶりとなるセーブをマークした。

◆T5−1YB◆
0−0で迎えた3回、阪神は坂がプロ入り初アーチを叩き込み、1点を先制。4回に吉村の9号ソロで追いつかれたのも束の間、直後の5回、またもや坂がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。更に、この後、鳥谷もタイムリーを放つと、6回にはキュラソ星人が17号ソロ。8回にはジュビロ野口がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの5点目をゲット。投げては先発のルーキー・上園が5回を1失点で切り抜けると、6回から久保田,8回からウィリアムスと繋いで、最後は藤川が締める必勝リレーが決まり、逃げ切った。上園は2勝目をマーク。

◆H2−4M◆
ロッテは初回、二死二塁からサブローのタイムリーで先制。続く2回の二死二、三塁のチャンスは逃したものの、3回、無死満塁から里崎のタイムリーの後、竹原,青野と連続犠飛を打ち上げて、3点を追加。ロッテ先発・清水の前に5回まで1安打と抑え込まれていたソフトバンクは6回、川崎のタイムリーでようやく1点を返すと、続く7回には松田がタイムリーを浴びせて、1点差。8回から流れを変える男・スタンドリッジを投入した効果か、その裏、無死一、二塁と長打が出れば、一気に同点と言う場面を作ったソフトバンクだが、ここから松中,小久保の両主砲が打ち取られると、柴原もセカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回にはロッテ守護神・小林雅に対し、一死から代打・明石,松田と連打を浴びせ、前日の再現を思わせたが、ここから大村,本多と凡退し、連勝は3でストップした。

◆Bs1−3F◆
カーター,グリンの助っ人対決となったこの試合。2回に青波の長瀬の17号ソロで日本ハムが先制すれば、その裏、偽バファローズもすかさず大引のタイムリーで同点。その後、両先発の好投が続き、1−1の儘、中盤へ突入。迎えた6回、日本ハムは陽,劇団ひちょりと連続三振に倒れるも、ここから田中賢が三塁打を浴びせると、続く稲葉がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。更に、青波の長瀬にもタイムリーが出て、この回、2点。日本ハムは8回から武田久,9回からMICHEALと繋ぐ必勝パターンで逃げ切り、この3連戦勝ち越し。交流戦MVPの勢いをその儘に、7回1失点の好投を見せたグリンは7勝目を飾った。

◆L10−1E◆
無傷の4連勝の悪の温床・楽天先発・山村に対して、西武は初回、内野安打の福地を片岡が送ると、ここから中島,カブレラ,ベンちゃん,栗山と4連打を浴びせて、早くも3点を先取。3回にショートのタイムリー二塁打で1点を返した悪の温床・楽天は5回にも無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、嶋は空振り三振。渡辺直はサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で得点ならず。毎回の様にチャンスを作りながら、追加点をあげられずにいた西武だが、6回、片岡,中島の連続タイムリーでようやく2点を追加すると、これで完全に流れを引き寄せ、7回にはG.G.佐藤が17号2ラン,8回には4安打を集中して、3点を奪い、試合を決定付ける10点目。今季初登板初先発となる帆足は7回途中まで1失点の好投で今季初白星。一方、山村は6回途中5失点KOで今季初黒星となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:07コメント(2)トラックバック(57) 

June 24, 2007

◆G3−4L◆
西武先発・オツにとって、96年以来白星から見離されている鬼門中の鬼門・東京ドーム。今年は何故か偽バファローズ戦が東京ドームで行われる不可解な事態に巻き込まれながら、先発予定を腰痛だと騒いで巧みに回避したものの、交流戦と言う嫌な企画により、結局、忌み嫌っているマウンドに上がる機会が今年も訪れてしまった。初回から一死三塁と言うピンチを迎えながら、何とか切り抜けたオツは2回も二死からキムタクに痛打されるも、怒濤のチャンブレイカー・ニックンに回る幸運に恵まれ、ここも無失点で凌ぎきる。何とかオツを楽にしたい西武は巨人先発・内海に対して、3回、中島がレフトスタンドへ7号ソロを放り込み、先制すると、続く4回にはベンちゃん,江藤の連続二塁打で2点目を追加。東京ドーム11年ぶりの白星の権利まであと1回と迫ったオツだが、やはり、鬼門を打ち破るのは容易ではないのか、キムタクに二塁打を浴びた後、よりにもよって、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンを歩かせてしまい、一、二塁のピンチ。内海にスリーバントを失敗させたものの、マッスル千代の富士も歩かせて、満塁となった所で、松田記者にレフト前へタイムリーを浴び、1点差。なおも一死満塁でクリーンアップを迎える大ピンチとなったが、ここでガッツをショートゴロゲッツーに打ち取り、勝利投手の権利を獲得。オツは続く6回も三者凡退で切り抜けると、7回には代打を送られ、リリーフ陣に全てを託す事に…。8回、西武は巨人2番手・西村に対して、無死一、二塁とするも、ベンちゃんが最悪のゲッツー。なおも二死三塁の場面で江藤が一、二塁間へ痛打するも、キムタクのスーパープレイに阻まれてしまう。これで流れが変わるかと思いきや、その裏、1番からの攻撃を3番手・ミッチーが3人でピシャリと締める。土壇場9回、西武は二死から代打・上本が四球を選ぶと、代打・栗山を投入。これに対し、巨人が林にスイッチすると、代打の代打で投入した高山がレフトスタンドへ今季初アーチを叩き込み、貴重な2点を追加。結果として、この2点が大きく効いた。その裏、満を持して登板した守護神・小野寺がいきなり先頭の阿部に被弾した上、キムタク,ニックンの連続二塁打で1点差と詰め寄られるも、最後は代打・矢野を打ち取って、辛くも逃げ切り。オツは東京ドームで11年ぶりとなる白星を手にした。巨人の連勝は6でストップ。

◆D2−9H◆
謎の新助っ人・スタンドリッジの来日初登板により、水島の呪いを打ち破るきっかけを掴みつつあるソフトバンクはナゴヤドームでは無類の強さを発揮する中日先発・中田を相手に小久保が2回に16号ソロを叩き込み、1点を先制。小久保は続く3回にも2打席連続の17号3ラン。完全に主導権を握ったソフトバンクは5回には川崎がタイムリー、6回にはルーキー・高谷が2点タイムリー二塁打を放ち、着々と加点。その裏、2点を失ったものの、直後の7回、松田のタイムリー二塁打ですかさず2点を取り返す。投げては和田が6回を2失点で切り抜けると、7回からは柳瀬−ニコースキー−甲藤がパーフェクトリリーフを展開し、久々の快勝を収めた。

◆C1−8E◆
広島は初回、内野安打の東出を二塁に置いて、新井がセンター前へ先制タイムリー。依然として、水島の呪いによる打線沈黙に苛まれている悪の温床・楽天は魅惑のナックルボーラー・フェルナンデス相手に攻めあぐねていたが、3回、中島のタイムリーでようやく追いつくと、4回には山崎武が2試合連続の27号ソロを放ち、勝ち越し。1−3の儘、迎えた8回、広島は5番手として、梅津を投入。前回の登板で1回5失点と大炎上した梅津は水島の呪いを受けている悪の温床・楽天打線すら抑える事が出来ず、3安打2四球で4点を失う炎上ぶりで、試合を決定付けられた。悪の温床・楽天の連敗は3でストップ。

◆T1−3F◆
交流戦Vを果たした日本ハムに対して、太陽の子エステバン・ジャンは初回から田中賢,稲葉の連続二塁打で先制を許すと、2回には持病のボークをかましてピンチを作り、稲田の犠飛で2点目を献上。2点を追う阪神は3回、ジュビロ野口が4年ぶりのアーチを放ち、1点差とするも、5回、この日4番に入った高橋の犠飛で再び2点差と突き放される。阪神は負けている状態ながらも、他の投手を信頼出来ないのか、またまたまたまたJFKを全て注ぎ込み、日本ハムの追加点を阻止するも、グリンの前に一向に得点を返す事が出来ず、最後はMICHEALに3人で締められ、今季の対日本ハム4戦全敗。8回1失点のグリンは交流戦5戦5勝でMVPへ大きく前進した

◆S4−6M◆
0−0で迎えた3回、ロッテは青野のヒット,石井一のエラーで一死一、二塁とすると、早川がレフト前に弾き返して、1点を先制。毎回安打を放ちながら、あと1本が出ずにいたヤクルトだが、4回、先頭のガイエルが3戦連続の16号ソロを放り込み、試合は振り出しに。続く5回には二死から青木が内野安打で出ると、田中浩,寿司職人ラミレスと連続タイムリー二塁打を浴びせて、2点を勝ち越し。2点を追うロッテは8回、一死満塁のチャンスを掴み、石井一をKOすると、2番手・シコースキーから二死後、里崎がレフトスタンド最前列に飛び込む5号グランドスラムを放ち、一気に逆転に成功。9回には代打・ワトソン博士に3号ソロが飛び出し、ダメ押し。その裏、守護神・小林雅が青木に被弾したものの、大事には至らず、連敗を4でストップさせた。3番手として、打者1人を2球で打ち取っただけの荻野は幸運なプロ初白星

◆YB5−4Bs◆
横浜は初回、偽バファローズ先発・川越に対し、ラロッカのエラーをきっかけに満塁のチャンスを掴むと、金城の併殺崩れで先制した後、吉村に2点タイムリー二塁打が飛び出し、この回、3点。3回にはメカゴジラ,金城と一発攻勢で2点を追加。横浜先発・三橋は3回まで無失点とまずまずの滑り出しだったが、何故か4回からは高宮がマウンドへ上がると、いきなりラロッカを歩かせた後、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに23号2ランを浴び、3点差。その後、しばらく膠着状態となったが、5−2の儘、迎えた8回、偽バファローズはエラー絡みで貰ったチャンスに代打・下山,大引のタイムリーで2点を返し、1点差。しかし、偽バファローズの反撃もここまで。最後はクルーンに締められ、あと1点が届かず、4連敗。一方、横浜はこれで4連勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:46コメント(1)トラックバック(73) 

March 25, 2007

◆H2−0Bs◆
水島の呪いに苛まれ、不覚の黒星スタートとなったソフトバンク。昨日の二の舞は御免とばかりに、ここしばらくは「ドカパロ」で放置されている和田を先発起用すると、この和田が5回までノーヒットと期待に応える好投。打っては昨日2発のハマのスペランカーが今度は先制タイムリーと、またも活躍。8回途中からは昨日、大炎上の藤岡が打者2人をきっちり抑えて、汚名を返上すれば、最後は守護神・馬原が締めての4安打完封リレーで王さんに266日ぶりとなる白星をプレゼント。偽バファローズ先発・吉井は7回途中まで2失点と好投したが、打線に見殺しにされてしまった。

◆L2−9E◆
裏金問題発覚後、不敗で意地を見せてきた西武だが、この日は糖尿病助っ人・ジョンソンが3点を失い、苦しい展開。打っても2回に無死満塁、4回に二死満塁と悉くチャンスを逃す拙攻ぶり。G.G.佐藤の一発で1点差に詰め寄るも、9回に3番手・岩崎の大炎上で一気に6失点と突き放されて、万事休す。悪の温床・楽天は、前半は粘るが後半に持ち堪えられないと言う恒例のパターンとは逆の展開で今季初白星。先発・青山は粘りの投球で約10ヶ月ぶりの白星。横浜時代はダメ外国人ぶりを見せつけた出戻り助っ人・ウィットがよもやの2ホーマー。青波の長瀬のごとく、日本での対応力を確かに身につけて帰ってきたのだとすれば、今後、悪の温床・楽天が台風の目になる可能性も見えてくる………かもしれない。

◆M0−0F◆
最下位・悪の温床・楽天で途中入団ながら7勝となれば、日本一(と言っても、もうガッツ,SHINJO,岡島はいないが)の日本ハムでは一体何勝出来るやら…と大いに期待されているグリンが9回を散発4安打零封と素晴らしい投球。しかし、肝心の味方打線は小林宏の前に11三振を喫しての9回無失点に抑え込まれ、延長に入ると同時に両先発は降板。ロッテは10回に二死一、二塁と絶好のチャンスを掴んだが、3番手・武田勝の前にTSUYOSHIが倒れ、サヨナラならず。結局、両軍相譲らぬまま、延長12回既定でドロー。サブロー,高橋がそれぞれ3安打と気を吐いたが、得点には結びつかず、遺恨対決は2戦連続の引き分けとなった。これだけ打てないのにベニー松山を10回までベンチに置いておくなど、相変わらず、バレンタインの采配はよく分からないのぅ。ケガでもしたの?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:22コメント(1)トラックバック(39) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ