グラマン

November 01, 2008 21:14

◆G1−2L◆
それぞれのリーグを制したチームがいずれも辞退する事なく、2年ぶりに開催となった日本シリーズ。巨人先発・上原に対し、西武は初回、いきなり先頭の片岡がヒットで出るも、すぐさま牽制に引っかかって憤死する大チョンボで出鼻をくじかれ、以降、4回までノーヒットと沈黙。一方、西武先発・涌井も3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せるが、4回、先頭の鈴木尚のサードゴロを今週から水島の呪いにかかりつつある中村がエラー。初の走者を出した巨人は続くキムタクがきっちり送ると、ガッツは三振に倒れるも、寿司職人ラミレスがライト前へ弾き返す。打球は果敢にダイビングしたボカチカのグラブに収まったかに見えたが、着地の衝撃でボールがこぼれてしまい、この間に鈴木尚が先制のホームイン。1点を追う西武は直後の5回、先頭の後藤がバックスクリーンへ豪快なアーチを叩き込み、あっと言う間に振り出しに戻すと、続く6回には中島が右中間スタンドへ放り込み、勝ち越しに成功。その裏、一死から連続四死球で一、二塁のチャンスを掴んだ巨人だが、先制タイムリーの寿司職人ラミレスが今度は最悪のピッチャーゴロゲッツーに倒れて、一瞬でチャンス消滅。1−2の儘、迎えた土壇場9回、西武はここまで1安打ピッチングの涌井からあえて守護神・グラマンにスイッチ。これで流れを変えたい巨人は先頭のキムタクがセカンドへの内野安打で出塁。続くガッツはセカンド右の痛烈なゴロ。センター前へ抜けようかと言う打球を片岡がダイビングキャッチし、二塁は封殺。続く寿司職人ラミレスはまたもピッチャーゴロゲッツーを食らう最悪の展開で、あと一歩及ばなかった。

巨人を上回るシーズン本塁打数を誇る西武が得意の一発攻勢で巨人を制し、先手を取った。上原は7回を5安打2失点と好投したが、ソロ2発の被弾が致命的となってしまった。ほぼ完璧な投球を展開していた涌井をわざわざ下ろして、その途端に2本目のヒットが飛び出し、巨人に傾きかけた流れを片岡が好プレーで救った。継投に失敗してサヨナラ負けを食らっていたら、西武のダメージは甚大だった事だろう。巨人は自慢の打線が僅かに2安打と沈黙。唯一の得点を叩き出した寿司職人ラミレスもその後は2打席連続ゲッツーで帳消しどころか、大赤字。アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦時から調子を取り戻している涌井が素晴らしかったに尽きる展開なので、打線が下降線とかそういう心配はまだ早いだろう。しかし、シーズン終盤から調子を落としていたグラマンの攻略に失敗したのは、復調のきっかけを与えてしまったかもしれない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



April 11, 2007 22:47

◆C1−2G◆
広島先発・黒田は立ち上がり、制球に苦しみ、初回いきなり一死満塁の大ピンチ。しかし、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンのショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりに救われると、2回以降は立ち直り、巨人打線を翻弄。一方、前回、継投ミスで初勝利を粉砕されたルーキー・金刃は3回をノーヒットと素晴らしい立ち上がりを見せたが、4回、絶好調の新井に4戦連発となる6号ソロを浴びて、ついに先制点を献上。一気に突き放したい広島だったが、5回には二死二塁から梵のヒットで本塁を狙った倉がマッスル千代の富士の好返球の前に憤死。6回には無死一、二塁の場面で先制弾の新井がゲッツーを食らうなど、あと一本が出ない。大エースと互角に渡り合う投球を見せているルーキーを何とか援護したい巨人は7回、2本のヒットで一、二塁のチャンスを掴むと、金刃の代打・キムタクがライト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放って、一気に逆転に成功。その裏、前回、金刃の白星を粉砕した会田が登板。一死二塁のピンチを迎え、悪夢の再現か!?と心配させた会田だったが、きっちり後続を抑えて、汚名を返上。9回から守護神・豊田投入かと思いきや、若大将・原監督は豊田を見限ったのか、3番手・林を続投させるも、いきなり痛打され、ここでようやく豊田を投入。ただでさえ不安定な豊田を回の頭からではなく、わざわざピンチを作ってから起用すると言う訳の分からない采配にまたしても継投ミスで金刃の白星は粉砕されてしまうのか…と不吉な予感が漂う中、豊田は案の定、一死満塁のピンチを作った上、代打・緒方に対して、カウント1−3と絶対絶命の状況に陥ったが、辛くも凌いで、史上5人目の通算150セーブを達成金刃は黒田に投げ勝ってのプロ初勝利をマークした。

◆T6−6D◆
相手が左投手であればそれが誰であろうと、好調の左打者よりも、壊滅的不振に喘ぐ右打者の方が分がいいと言う極論にいつまでもしがみつく岡田監督のヘッポコ采配を逆利用すべく、落合監督はまたも左腕の長峰を先発に起用。これに対して、岡田監督は0割バッター・関本は外したものの、浜中は相変わらず、スタメン起用。復帰登板だと言うのに、またも味方打線が頼りにならない雰囲気にガックリきたのか先発・福原は福留にタイムリーを浴びるなど、いきなり3失点。その裏、上位打線は好調の阪神はシーツ,ゼブラ今岡のタイムリー二塁打であっさり同点に追いつくも、浜中がきっちりチャンスを潰して、またも打率0割台に逆戻り。これでいい流れが止まってしまったか、2,3回とチャンスを立て続けに逸した阪神に対し、中日は4回、無死満塁から井端のタイムリー等で3点を勝ち越し。粘る阪神はキュラソ星人の一発で追い上げると、8回には二死から連打で一、二塁のチャンス。ここで3タコと相変わらず大ブレーキの浜中を迎えた所で右の浅尾を続投させてしまったのが中日の運の尽き。右対右,左対左に無為に固執する岡田監督はこれ幸いと代打・林を起用すると、理不尽に幽閉されていた鬱憤を晴らすがごとく、林は走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。中日は10,11,12回と悉く得点圏に走者を進めながら、決め手に欠く拙攻地獄で均衡を破れず、一方、阪神も延長に入ってからはノーヒットに抑え込まれて、結局、12回規定によりドローに終わった。

◆YB−S◆
降雨中止。

◆H5−9M◆
杉内,小林宏といずれも開幕から16イニング無失点の先発対決となったこの試合。まずはロッテが2回に大塚の犠飛で先制し、杉内の無失点記録を粉砕。川崎が亀裂骨折で登録抹消となり、僅か一夜でベストメンバーが崩壊したソフトバンクだったが、その裏、ブキャナンがあっさり逆転2ランを叩き込み、小林宏もついに今季初失点。1点を争う投手戦になるかと思われた試合は序盤から得点が入った事でスイッチが切り替わったか、この後、両軍怒濤のアーチ攻勢を展開。3回にロッテが里崎,今江の一発逆転すれば、ソフトバンクはその裏に小久保の同点2ラン、続く4回にブキャナンの2打席連続アーチで再び勝ち越し。すると、負けじとロッテは5回にワトソン博士に今季初アーチとなる同点弾。アーチ合戦が一区切りついた所で、ロッテは6回にベニー松山のタイムリーで勝ち越すと、8回には青野がタイムリー。9回にもダメ押しの2点を加えると、最後は小林雅まで投入して、逃げ切りを果たし、5割復帰。ここまで打てない走れないと一番打者失格の成績だったTSUYOSHIが4安打2盗塁とようやく、らしい活躍を見せたのも心強い所だろう。

◆F7−2Bs◆
制球難のセラフィニに対して、日本ハムが電光石火の先制攻撃。2四死球3盗塁でお膳立てが用意された所で青波の長瀬が2点タイムリー。この時、青波の長瀬は右肩に痛みを訴え、交代を余儀なくされるが、4回には内野安打2本を含む4本の単打を集中して、4点を奪い、セラフィニをKO。投げては先発・八木が毎回の様に走者を浴びながら、のらりくらりと偽バファローズの反撃をかわし、6回まで無失点。7回に辻の二塁打で2点を失い、完封は逃したものの、リリーフ陣の援護を仰いで、2勝目をマーク。これで日本ハムは最下位から一気に4位へ浮上した。

◆E2−9L◆
何とか連敗を阻止したい悪の温床・楽天は初回に礒部のタイムリーで先制したのも束の間、先発・牧野がG.G.佐藤に被弾し、あっさり同点。更に、3回にはカブレラ,ベンちゃんの連続タイムリーで3点を勝ち越されると、4回には中島に2点タイムリーを許して、6失点KO。 一方、西武先発・グラマンは先制こそ許したものの、2回から7回までは僅かに1安打に抑える好投を展開。8回にエラーをきっかけに2点目を失い、降板したものの、9回にダメ押しの3点も入って、今季初勝利。西武が6連勝で10勝一番乗りを果たしたのに対し、敗れた悪の温床・楽天は3連敗でノムさん曰く居心地のいい指定席・最下位へ舞い戻った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ