グライシンガー

October 25, 2010

 日本シリーズ出場の道はとっくに断たれていたが、日韓クラブチャンピオンシップとか言うエキシビジョンマッチの道も断たれ、今季は完全に終戦となった巨人の粛正人事がいよいよ始まろうとしている。真っ先に槍玉に挙がったのは高年俸の助っ人・コンビ、李とクルーンだ。日本プロ野球至上最もコストパフォーマンスの悪い代打要員と言う燦然と輝く負の実績を残してしまった李の解雇は当然だろう。4年契約が残ってさえいなければ、昨年、解雇されていてもおかしくなかったくらいで、はっきり言って、今季、戦力として殆どアテにならないのも半ば分かっていた事だ。かつては韓国の至宝とまで言われた李は完全な尻すぼみの儘、韓国には帰れないと日本球界残留を目論んでいると言う噂。同郷ながら仲の悪いらしい金泰均,林昌勇のいるロッテ,ヤクルトは選択肢から外れる様だが、ここ3年の壊滅的な不振ぶりを見る限り、残りの球団も年俸を1億円まで引き下げたとしても到底、欲しがるとは思えない。果たして、どうなる事やらと言う所だが、あれだけ働かないであれだけの金をせしめたのだから、もういいだろと…。クルーンも四球病が酷くなる一方で、3位転落の引き金となった最終戦の背信投球が決定的となり、日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦でも敗戦処理要員と化していた事から、今季限りでの退団は目に見えていた。古巣・横浜への復帰を目論んでいると言う噂も聞こえてくるが、横浜は住生活グループへの身売りが進んでいる状況で心機一転としたいチームが老害イメージの強いクルーンを迎え入れる準備などあるかアヤしいものである。どのみち、抑えには山口がいる以上、ストッパーとしては使って貰えないだろうし…。あれだけ足を引っ張ってあれだけの金をせしめたのだから、もういいだろと…。クルーンが抜けた後、巨人の守護神は山口になるのか、越智になるのか、日替わりになるのか、はたまた十八番の金満政策でFA宣言が噂される小林宏をかっさらってくるのか、気になる所である。かつての最多勝投手ながら、今季は未勝利に終わり、契約が切れるグライシンガーは残留したい意向との事だが、右肘痛が癖になっている事から来季復活を遂げる可能性は微妙。先発投手が不足している状況なので、大幅減俸で保険として残しておく手はあるかもしれないが…。二冠王・寿司職人ラミレスは言うまでもないとして、両リーグ最多敗戦投手・ゴンザレスもとりあえず残留の見込みだが、来年が勝負の年となりそうだ。
 余所様から引っ張ってきたお古助っ人はともかくとして、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員である当ブログとしては、最も気になるのは、やはり、江戸川の処遇である。現段階では、残念ながら今季限りと言う見方が強いらしい。しかし、江戸川は近年の直輸入助っ人野手としては、かなりマシな選手だったと言っていい。近年の直輸入助っ人野手を見てみると…

1996年:マック…127試合 打率.293 484打数142安打22本75点
      マント…10試合 打率.111 27打数3安打0本1点
1997年:ルイス…39試合 打率.237 114打数27安打0本14点
      カステヤーノ…64試合 打率.197 122打数24安打4本23点
1998年:飯塚実…63試合 打率.232 207打数48安打10本34点
1999〜2001年:不在
2002年:クレスポ…24試合 打率.122 41打数5安打2本7点
2003年:レイサム…60試合 打率.221 131打数29安打7本17点
2004年:レイサム…一軍出場なし
2005年:キャプラー…38試合 打率.153 111打数17安打3本6点
2006年:ディロン…31試合 打率.195 87打数17安打2本7点
2007年:L.ゴンザレス…25試合 打率.247 73打数18安打3本12点
2008年:L.ゴンザレス…32試合 打率.307 114打数35安打2本17点(ドーピングで解雇)
2009年:アルフォンゾ…21試合 打率.146 41打数6安打2本4点
2010年:江戸川…100試合 打率.263 289打数76安打12本44点

江戸川以上の活躍をした直輸入助っ人野手を見つけるだけでも、14年前のマックにまで遡る。江戸川も決して「当たり」とは言えないのだが、5000万円(推定)と言う年俸を考えれば酷評される程ではない。50試合10本をクリアする事すらままならないハズレ助っ人をこれ程、長きに渡って獲得し続けてきた惨状を見れば、江戸川がどれだけマシな存在かが分かると言うものだ。ただでさえ、右の内野手が手薄な巨人にあって、複数ポジションをこなせる低年俸助っ人と言う事で個人的にはもう1年使ってみて欲しい所である。どうせ見る目のない巨人渉外スカウトは来年もハズレ助っ人を引っ張ってくる目算が高いのだし…。FAで村田をかっさらってくるから、新助っ人は獲得しない…とか考えてる可能性は少なからずあるけれど…

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

September 28, 2009

4/18 アルフォンゾ アルフォンゾとバーンサイドが近日中に帰国する事となり、今季限りで退団する運びとなる事が濃厚となった。アルフォンゾは痛めている左膝の手術を早期に行いたい意向である事、バーンサイドはアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦での戦力構想から外れている事が理由となった模様。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、二人共、応援の対象となっていただけに実に残念である。
 今季V3を達成した巨人は若手の台頭もあったが、助っ人陣の活躍が非常に大きかったのは言うまでもないだろう。しかし、寿司職人ラミレス,グライシンガー,ゴンザレスは揃いも揃ってヤクルトからのお古であり、クルーンも横浜からのお古(李もロッテからのお古だが、今季活躍しなかったので割愛)。直輸入助っ人で活躍したと言えるのは、オビスポただ一人だった。WBCオーストラリア代表の座を蹴ってまで、巨人での躍進を目指したバーンサイドだが、保険で獲った筈のゴンザレスの予想外の大ブレイクの影響で今季一度も登板機会が回ってくる事はなかった。果たして、使ってみた場合、どうだったのかは分からないが、結果を出しているオビスポですら外国人枠の壁に阻まれる状況とあっては、一軍昇格の道はかなり険しいのは否めない。もし、チャンスがあるなら、国内の他球団で頑張って貰いたい所だ。アルフォンゾはメジャーでの実績とオープン戦でまずますの成績を残した事から久々に当たりの野手が来たかと言う期待を抱かせたが、開幕当初の中途半端な併用策に振り回された所為か、故障の所為か、はたまた単なる適性不足か、しょっぱい結果に終わってしまった。寿司職人ラミレスが日本人扱い,李が不振とあって、野手の助っ人枠には余裕があったにも拘わらず、出番が貰えない有様とあっては、流石に首を切られてもやむなしと言う所だろう。
 さて、来季の巨人の助っ人陣容はどうなるのだろうか? このままでは来季も外国人枠の壁に苦しむ事になる事が必至のオビスポはシーズン中にも抱いた移籍志願の気持ちが再燃する可能性もある訳だが、高年俸のグライシンガーの首を斬って、オビスポを残すと言う展開もありうるか? もし、グライシンガーとオビスポのどちらかを斬らなければならない状況となるならば、直輸入のオビスポを残して欲しい所だが…。2年連続で不振に終わった李が解雇となる可能性は十分に考えられる訳だが、野手の新助っ人を獲ってくるのかどうか気になる所…。今季の助っ人野手は実質上、寿司職人ラミレスだけで乗り切ったものの、依然としてセカンドは固定出来ていない状況だし、亀井やマッスル千代の富士がファーストに回るのかどうかも微妙な事もあり、一応、新助っ人が食い込む余地はあるにはある。果たして、現有戦力の底上げを図るのか、更なる補強を図るのか。もし、新助っ人を獲ってくるなら、くれぐれも余所からのお古ではなく直輸入助っ人をお願いしたい。いい加減、野手の直輸入助っ人で当たりを見つけてくれと!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 05:31コメント(0)トラックバック(0) 

August 01, 2009

◆T2−4G◆
巨人は初回、一死からヒットで出た松本が二盗を決めると、狩野の悪送球を誘って三塁へ。ここでガッツがセンターへきっちり犠飛を打ち上げて、1点を先制。続く2回には亀井の右中間最深部へ高々と上がった打球を追ったシャア少佐と葛城イクローが交錯し、落球。ボールが転々とする間に亀井は一気にダイヤモンドを駆け抜けて、13号ランニングホームラン。甲子園でランニングホームランが記録されたのは1992年に名手・川相が放って以来、実に17年ぶり。更に、二死後、鶴岡,グライシンガー,坂本と3連打を浴びせて、1点を追加。6回には李がジェンのエラーで出ると、古城の犠打で二進。ここで鶴岡がセンター前へタイムリーを浴びせて、4点目。7回まで僅かに2安打と沈黙していた阪神は8回、新井,ブラゼルの連続二塁打でようやく1点を返すと、一死後、2番手・山口から代打・悠久の若虎・桧山が死球を食らった所で代打・矢野がライト前へタイムリーを放ち、2点差。しかし、ここで代わった越智の前に代打・高橋光がショートゴロゲッツーに倒れて、2点止まり。9回には守護神・クルーンから死球とヒットで無死一、二塁と絶好のチャンスを作るが、キュラソ星人がセンターへ打ち上げると、新井はショートゴロゲッツーに仕留められ、連勝は4でストップ。これで阪神は再び5位へ逆戻り。巨人先発のグライシンガーは7回1/3を2失点で9勝目をマークした

◆S4−2D◆
昨日までに川相を現役復帰させないと言う首脳陣の大チョンボにより、今季、最後まで川相抜きで戦わなければならなくなった中日は初回から、森野のエラー等で一死一、三塁のピンチを作った挙げ句、デントナに犠飛を許して、先制点を献上。1点を追う中日は4回、ヒットで出た荒木がすかさず二盗を決めると、森野が汚名返上のタイムリーを放ち、同点。なおも無死一塁のチャンスだったが、ブランコは三振に倒れると、ベンちゃんは最悪のショートゴロゲッツーに倒れ、勝ち越しならず。7回にも一死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴みながら、史上7人目の通算1万打席目となる代打・立浪がショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも勝ち越しならず。しかし、8回、この回から代わった4番手・五十嵐に対し、荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。その裏、浅尾を投入する必勝リレーで逃げ切りを図るも、ヒットと野選で一死二、三塁のピンチを背負うと、デントナに痛恨の逆転18号3ランを被弾。土壇場9回、ヤクルト守護神・林に対し、一死から藤井が二塁打を浴びせるも、小池,谷繁と連続三振を喫し、万事休す。一時は勝ち越しを許した五十嵐にタナボタの2勝目が転がり込んだ。

◆C6−3YB◆
0−0で迎えた5回、横浜は二死走者なしから森笠が二塁打を浴びせると、続く藤田がライトスタンドへ3号先制2ラン。更に、内川の四球,村田のヒットでチャンスを作ったが、メカゴジラがセカンドゴロに打ち取られ、2点止まり。すると、その裏、ここまで1安打投球を見せていたグリンが突然崩れ、一死一、三塁のピンチで代打・喜田に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びると、続く東出にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。しかし、直後の6回、広島3番手・小松が一死満塁のピンチで暴投を犯し、試合は振り出しに。3−3で迎えた8回、広島は一死から天谷がヒットで出ると、連続四球で満塁のチャンス。ここでフィリップスがライトへ犠飛を打ち上げると、吉村のエラーが重なり、2点を勝ち越し。更に、石井タクローがスクイズを決めて、この回3点。最後は守護神・永川がピシャリと締めて、史上7人目の通算150セーブを達成。これで広島は阪神と入れ替わりで4位へ再浮上。5番手の横山に2勝目がついた

8/1 松中◆F1−2H◆
10連勝を狙う日本ハムはソフトバンク先発・ホールトンに対し、2回、先頭のスレッジが15号ソロを放り込み、1点を先制。しかし、この後、日本ハムは3回一死一、二塁のチャンスを逃すと、4回には無死一塁で小谷野がゲッツー。5回も二死二塁のチャンスを潰し、6回にはスレッジがゲッツー。7回には二死二塁から金子誠がレフト前へ弾き返すが、本塁を狙った二塁走者・村田が憤死と再三再四チャンスを潰して、一向に追加点を奪えない。最少援護の中、先発・藤井は6回まで無失点に抑えると、菊地を挟んで、8回から建山がマウンドに上がったが、これが裏目。一死から本多に二塁打を浴びると、二死後、松中に2試合連続となる18号2ランを叩き込まれて、形勢逆転。その裏、日本ハムは2番手・ファルケンボーグを攻め、一死から連打を浴びせるが、ミスタースナイパー・坪井,スレッジと倒れて、またも得点ならず。ピンチを切り抜けたソフトバンクは9回から守護神・馬原を投入して、日本ハムの10連勝を阻止。ホールトンは7回を1失点で凌ぎきる粘りの投球で8勝目

◆M5−4E◆
初回、ロッテは先頭の早坂が三塁打を浴びせると、サブローの犠飛で先制のホームイン。3回には二死満塁のチャンスで竹原が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、3点を追加。4点を追う楽天は5回、一死二塁から青波の長瀬のタイムリー二塁打でようやく1点。8回には塀内のエラー,渡辺直の四球でノーヒットで一、二塁のチャンスを作ると、代打・宮出がレフトスタンドへ2号3ランを放り込み、一気に同点。追い付かれたロッテはその裏、一死から代打・ベニー松山が四球で歩くと、里崎がヒットで繋いだ所てで代打・フクーラがタイムリー二塁打を放ち、再び勝ち越しに成功。最後はシコースキーが3人で締めて、7月8日以来の連勝を飾った。3番手の内は6年目で待望のプロ初勝利

◆Bs4−6L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な西武先発・岸だったが、この日はピリッとせず、2回にG.G.佐藤のタイムリーで先制点を貰いながら、その裏、無死一、二塁のピンチでフェニックス一輝に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、あっさり逆転を許すと、更に、大引にもタイムリー二塁打を浴びて、この回3失点。続く3回には大村,フェルナンデス,カブレラと3連打を許して、4点目を献上。しかし、3点を追う西武は6回に中村の32号ソロで反撃を開始。8回には栗山,中島と連打を浴びせた所でまたも中村が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、一気に同点。土壇場9回には同点の場面ながら、登板となった守護神・加藤から連続四死球で一、二塁とすると、一死後り、またまた中村が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回以降、山本淳−藤田−小野寺と繋いだリリーフ陣がノーヒットに抑える好投を見せ、偽バファローズの反撃を断ちきった。藤田は3年ぶりの白星で移籍初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(16) 

June 10, 2009

◆Bs1−5G◆
3年ぶりの先発となる本柳に対して、。巨人は初回一死から松本が二塁打を浴びせると、続くガッツが先制タイムリー。続く2回には一死一、二塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、本柳はこの回限りで降板。一方、その裏、偽バファローズは巨人先発・グライシンガーに対して、フェルナンデス,日高と連打を浴びせて、無死一、三塁とするも、相川のゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。1−3の儘、迎えた6回、巨人は一死一塁から鶴岡,古城,坂本,松本と怒濤の4連打を浴びせて、2点を追加し、ダメ押し。グライシンガーは8回を5安打1失点の好投で5月14日以来となる6勝目。巨人はこれで5連勝、敗れた偽バファローズは7連敗となった。

◆E1−15D◆
泥沼の連敗モードに入りつつある楽天だが、この日も先発・ラズナーが大乱調。初回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに17号3ランを叩き込まれると、続く2回には一死満塁から荒木にタイムリーを浴びた所であえなくKO。代わった井坂もピリッとせず、二死満塁から3連続タイムリーを浴び、この回、悪夢の6失点。完全に戦意を喪失した楽天相手に中日は着々と加点。終盤にも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコがこの日2本目となる18号ソロを放つなど、ダメを押し、計18安打15点。大量リードを貰った先発の小笠原は8回を1失点で今季初勝利。楽天はこれで6連敗となってしまった。

◆H4−2S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは二死走者なしから青木がヒットで出ると、続くガイエルが8号2ランを叩き込み、2点を先制。その裏、ソフトバンクはオーティズの8号ソロで1点を返すと、6回には2四球で二死一、二塁とした所で本多が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。8回には長谷川の3号ソロでダメ押しの1点を追加。最後は守護神・馬原が2安打を浴びながらも、後続を断って、逃げ切った。先発の藤岡は粘りの投球で6回を3失点で切り抜け、2勝目

◆M0−2C
ロッテ先発・渡辺俊は初回、簡単に二死を取りながら、赤松,栗原と連打を浴びると、マクレーンを歩かせ、満塁のピンチ。ここで喜田にライト前へ弾き返されて、2点を献上。2回以降は立ち直った渡辺俊だが、登板試合には全く打線の援護を得られないお決まりのパターンにハマってしまう。広島先発・ルイスは初回二死満塁,2回一死一、二塁,3回無死一塁,4回二死満塁と再三再四のピンチをしぶとく耐え凌ぐと、5,6回は3人ずつで打ち取り、リリーフにバトンタッチ。7回からは横山−シュルツがそれぞれ1回をノーヒットに抑え、9回からは守護神・永川が登場。永川はいきなり連打を浴びて、一発が出ればサヨナラのピンチを迎えたが、ここから今江,代打・橋本将,サブローと打ち取って、完封リレーを達成。6回無失点のルイスは4勝目

6/10 岩田◆L4−3T◆
初回、阪神は新井がライトスタンドへ7号ソロを放り込み、先制、しかし、その裏、西武は一死から栗山が二塁打で出た後、中島が8号2ランを叩き込み、一気に逆転。1点を追う阪神は3回、2つの四球で二死二、三塁とすると、キュラソ星人がセンター前へ2点タイムリーを放ち、再逆転。再び追いかける展開となった西武は6回、二塁打の片岡が栗山の犠打で三進すると、中島のショートゴロの間に同点のホームイン。3−3の儘、迎えた土壇場9回、阪神2番手・アッチソンが一死から平尾に四球,G.G.佐藤にヒットを許し、一、三塁とされると、佐藤を敬遠して、満塁のピンチ。ここで代わった3番手・ウィリアムスだったが、代打・大崎にストレートの四球を与え、痛恨の押し出しでサヨナラ負けとなった。今季初登板となった先発・岩田が8回途中まで3失点と及第点の投球で復活をアピールしたのは明るい材料か。西武先発の涌井は10三振を奪っての完投で7勝目をマークした。

◆F5−3YB◆
日本ハムは2回、四球にエラーとノーヒットで先制すると、3回にも3四球等、ノーヒットで1点を追加。2点を貰った先発・八木は5回まで3安打無失点と横浜打線を翻弄していたが、6回、二死二塁から村田に10号2ランを被弾し、追い付かれてしまう。2点を取っているものの、6回まで1安打と沈黙していた日本ハムは7回、鶴岡のヒット,金子誠の四球で一、二塁とすると、田中が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く劇団ひちょりもタイムリーを浴びせて、5点目を追加。8回からは建山−武田久と繋ぐ必勝リレーを展開。武田久は代打・内藤にタイムリー二塁打を浴び、開幕以来初の自責点がついたものの、大事には至らず、逃げ切りに成功。3番手・宮西は3勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(17) 

April 21, 2009

4/21 グライシンガー◆S0−4G◆
元巨人の木田画伯に元ヤクルトのグライシンガーと、互いに古巣を相手にする対決となったこの試合は初回で早くも明暗が分かれた。グライシンガーが簡単に三者凡退に斬って取ったのに対し、木田画伯は二死二塁から寿司職人ラミレス,亀井,李と3連続タイムリーを浴びると、続く2回にも鈴木にタイムリーを許し、早くも4失点。以降、ヤクルトは立ち直った木田画伯やリリーフ陣が踏ん張り、巨人に追加点を許さないものの、肝心の打線はグライシンガーの前に7回まで僅かに1安打と二塁も踏めない有様。8回に2本のヒットで二死一、二塁と初のチャンスを作り、代打の切り札・畠山を投入したものの、三振に倒れて、二者残塁。このピンチを逃れたグライシンガーは9回も無失点で切り抜け、今季チーム初完投初完封で3勝目をマーク。対ヤクルトは2年越しの7連勝だ。リリーフ陣はしっかりしているヤクルトだが、決して好調な訳でもない40歳の木田画伯を先発で使わざるを得ない台所事情はやはり苦しいと言わざるを得ないだろう。打線も両助っ人が音無しだとどうにも乗って来ない。昨年4番を任せた畠山にはもう少し出番を与えてやって欲しいのだが、スタメンで使うとなると、不振気味の田中浩を外して、宮本をセカンドに回すしか手がないか…。

◆D2−1T◆
阪神は初回、ヒットで出たシャア少佐がすかさず二盗を決めると、平野のライトフライで三進,鳥谷のショートゴロで生還と、自慢の足を生かして、先制。中日はその裏、早速ゲッツーでチャンスを潰すと、2回も二死一、二塁のチャンスを潰す相変わらずの拙攻三昧。しかし、3回も無死一、三塁から森野のファーストライナーでゲッツーを食らい、チャンスは潰えたかと思われたが、ブランコが歩いた後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、走者一掃のタイムリー二塁打となり、逆転に成功。4回以降、投手陣の好投の前に両軍共に1安打ずつしか出ず、ゼロ行進。最後は岩瀬が締めて、中日が1点のリードを守りきった。味方の拙攻ぶりにもめげずに8回を1失点で切り抜けたあちゃくらさんは2勝目をマークした。

◆YB−C◆
降雨中止。

◆F5−10H
あの男が故障欠場した途端、チームに勢いが出始め、西武を3タテした日本ハム。この日もあの男が欠場の日本ハムは初回に先制されながらも、その裏、スレッジのタイムリーであっさり追い付くと、続く2回には糸井のタイムリー二塁打で勝ち越し。しかし、先発のスーパーさぶ・多田野が一向にピリッとせず、3回に松中に逆転2ランを被弾。続く4回にも松中に2打席連続4号2ランを浴びるなど、4点を失い、この回限りでKOとなった。5点を追う日本ハムはその裏、またも糸井が2点タイムリー二塁打を浴びせると、5回には好調・金子誠がタイムリーを放ち、2点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。6回以降はソフトバンクの継投の前にすっかり当たりが止まってしまう。一方、ソフトバンクは9回に田上に今季初アーチとなるダメ押し3ランが飛び出し、試合を決定付けた。日本ハムは13安打を浴びせながら、12残塁の拙攻と多田野の乱調が響き、連勝は5でストップ。

◆E−M◆
降雨中止。

◆Bs1−7L◆
初回、西武は一死一、二塁から中村が先制タイムリーを浴びせると、二死後、礒?がタイムリー,G.G.佐藤が2点二塁打を放ち、一挙4点を獲得。4回にラロッカの4号ソロで1点を返されるも、6回、一死満塁からまたもG.G.佐藤が2点タイムリーを放ち、6点目。7回には不振の栗山に今季初アーチが飛び出して、ダメ押し。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は8回までラロッカの一発による1点のみに抑える好投を展開。6点差で9回のマウンドにも上がった事でてっきり完投するのかと思いきや、何故か、一死走者なしで降板。完投は逃したものの、岡本慎のリリーフを仰いで開幕3連勝を飾った。偽バファローズ先発・金子は7回途中までに13三振を奪ったものの、7点も取られていては、何の意味もないだろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(43) 

October 10, 2008

◆S1−3G◆
昨夜、拙攻拙守で大惨敗を喫した巨人はこの日も初回一死二塁,2回一死一、二塁,3回二死一塁のチャンスを悉く逸する重苦しい立ち上がり。しかし、先発・グライシンガーは3回を1安打無失点の好投で援護を待ち続ける。すると、4回、二死から阿部が24号ソロを叩き込み、ようやく1点を先制。しかし、その裏、ヤクルトは内野安打の福地が川端の犠打,青木のセカンドゴロで三進すると、畠山のタイムリーで同点のホームイン。追い付かれた巨人は5回、先頭の鈴木尚が内野安打で出ると、すかさず二盗。キムタクのセカンドゴロで一死三塁となった所でゴンザレスが暴投を犯し、タナボタの勝ち越し点をゲット。続く6回には一死二塁からまたも阿部がタイムリー二塁打を放ち、3点目。しかし、この直後、明るい雰囲気の巨人ベンチが一気に凍り付く事件が起きる。加藤の牽制で頭から帰塁した阿部が右肩をベースで突いてしまい、激痛の為、何度となく足をバタつかせて悶絶。結局、その儘、担架で運ばれて退場。しかも、折角、阿部が必死こいて生き延びたにも拘わらず、代走・古城が何を血迷ったのか三盗を仕掛けて憤死し、阿部は文字通り無駄死にとなってしまった。それでも阿部の壮絶な戦死に報いたい巨人はその裏、二死二塁のピンチに青木のあわやタイムリーと言うセカンド前の小フライをキムタクが見事なスライディングキャッチで失点を阻止。続く7回には一死から飯原のライトへのファールフライをフェンスを恐れずに突っ込んだ亀井がファインプレーを見せるなど、野手陣がグライシンガーを盛り上げる。土壇場9回、一死で打順が回ってきたグライシンガーだが、余程、クルーンに不安があるのか、その儘、打席に向かうと、センター前ヒットを放って、下手に走ったりせずに戻ってきて欲しかった巨人ベンチは苦笑い。結局、この回は無得点に終わったが、その裏もマウンドに上がったグライシンガーはヒットで出た影響など微塵も感じさせずに、福地,川端と連続三振。この時点で阪神がリードされているとは言え、まだ8回裏で、この試合の勝利=胴上げとはいかない状況ながらも、ここまで最後のマウンドを締め括り続けてきた守護神に義理立てしたのか、単なるタイトル争いの支援か、若大将・原監督は今季初完投勝利へ全く不安を感じさせないグライシンガーをわざわざ下ろして、クルーンにスイッチ。ストライクが入るかどうかが心配されたクルーンだが、難敵・青木を僅か2球でセカンドゴロに仕留めて、ゲームセット。この瞬間、クルーンの最優秀救援投手のタイトルが確定。試合後、オーロラビジョンに9回表の阪神の攻撃が映し出され、巨人ナインはベンチで観戦モード。二人の走者を出す阪神の粘りにやきもきさせられながらも、最後は新井が凡退して無得点に終わり、13ゲーム差を引っ繰り返すセ・リーグ史上最大の逆転劇での巨人の2年連続32度目のリーグ制覇が決まった。

140試合目まで単独首位に立つ事のなかった巨人が残り1試合と言う所で連覇達成。リーグ史上最大の逆転劇は故障や不振で巨大戦力が機能せずに序盤に無駄に苦しんだ事が最大の原因である事は言うまでもないが、巨大戦力がアテにならない中、坂本,山口,越智らを初めとする若い戦力が踏ん張って来たのが大きかった。それにしても、クルーンに胴上げ投手にするのはいいとしても、9回二死から…って、明らかにクルーンに1イニング任せたらどうなるか分からないと言ってる様なもんで、何だかクルーンが不憫に思えてしまった。さて、気がかりなのは阿部の容態だ。あまりの痛みに立ち上がれない,うずくまって動けないと言う例は何度も目にしているが、あまりの痛みにあんなに悶絶しまくっている姿と言うのは思い当たらず、ゾッとさせられた。よりにもよって、優勝を決めた試合であんな目に遭ってしまうとは、気の毒な事この上ない。ましてや、この試合はグライシンガーと阿部のおかげで勝った様なものなのに…。その上、古城の暴走で完全な無駄死にに終わったとなれば、チンタラ戻って刺された方が遙かにマシだった…。ともあれ、日本シリーズに出られない程の重傷でない事を祈るばかりだ。

◆YB4−3T
逆転優勝へ望みを繋ぐべく、何としても白星を掴みたい阪神だったが、初回から一死満塁のチャンスに鳥谷,林の連続三振で三者凡退に終わる最悪の立ち上がり。しかし、3回、二死三塁からキュラソ星人がレフトスタンドへ27号2ランを叩き込み、先制。更に、5回には関本が8号ソロを放ち、3点目を追加。先発・下柳は5回までに許した安打は僅かに1本と言う快投を演じていたが、6回、一死から大西を歩かせると、突然おかしくなり、藤田,内川と連打を浴びて、1点を失った所で無念の降板。更に、2番手・アッチソンが代わりばな、村田に45号3ランをぶち込まれ、一気に形勢逆転。8回に1点ビハインドながらも守護神・藤川を投入する事で勝利への執念を見せ、9回の攻撃に望みを繋ぐ阪神は一死から葛城イクローが内野安打で出ると、二死後、関本がフルカウントまで粘って、四球を選び、一、三塁と長打が出れば一気に逆転のチャンス。ここで登場した新井の痛烈なライナーは無情にもライト真正面に飛んでしまい、万事休す。この瞬間、阪神のセ・リーグ制覇は夢と消えた。

ここ5試合中4試合で失点と明らかに疲れの色が見えるアッチソンが痛恨の逆転被弾。完全に優位に立っていた試合を逆転されて敗れると言う、まるで今シーズンを彷彿させる様な展開で阪神が殆ど手の届きかけていてリーグ優勝を逃した。終わってみれば、初回の満塁のチャンスを生かせなかったのも最後まで響いた格好だ。最早、上位いじめとタイトル支援の為の敬遠もどきくらいしか目的のない横浜は昨日の巨人に続いて、上位食いに成功。決勝の逆転3ランを放った村田は2試合連発で寿司職人ラミレスを抜いて、単独トップに立った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:34コメント(1)トラックバック(52) 

September 19, 2008

◆G6−4T◆
3ゲーム差で迎えた首位攻防戦の第1ラウンド、先手を取ったのは巨人。2回、一死からマッスル千代の富士がヒットで出ると、二死後、坂本がレフトオーバーの先制タイムリー三塁打。4回には二死走者なしから連続四球で一、二塁とした所でまたも坂本が左中間突破のタイムリー二塁打を放ち、二者生還。3点を追う阪神は5回、一死三塁から代打・葛城イクローの犠飛でまず1点。その裏、鈴木尚の2号ソロで突き放されるも、直後の6回、二死三塁から関本がセンター前へタイムリー。更に、関本が二盗を決めた後、林もタイムリーを放って、1点差。しかし、7回、巨人はヒットの鈴木尚を脇谷が送った所でガッツが通算300号となる30号2ランを叩き込み、貴重な2点を追加。阪神は直後の8回、ゼブラ今岡の5号ソロで応戦するも、反撃もここまで。巨人は山口−クルーンと繋いで逃げ切り、8連勝を飾った。

最下位横浜相手に久保や東野を使う事で、無理矢理この天王山に照準を合わせてきたグライシンガー。中8日と登板間隔が空き過ぎた事が逆に裏目に出ないとも危惧されたが、7回を3失点で切り抜け、ハーラー独走の16勝目。最後を締めたクルーンもリーグ単独トップに踊り出る36セーブ目をマーク。打っては坂本が3安打3打点の大活躍。ガッツにもダメ押しとなるメモリアルアーチが飛び出すなど、万全の試合運びで連勝を伸ばした巨人はいよいよ阪神との差は2ゲームにまで縮まった。阪神は勝ち頭の安藤が4回KO。キュラソ星人,鳥谷の4,5番がブレーキとなるなど、どうにも流れが悪かった。

◆C7−1D
同率3位同士の対決となったこの試合。中日が初回、シーボルのタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。その裏、広島は二死満塁とし、打席にはシーボル。汚名返上のチャンスだったが、シーボルはセンターへ打ち上げ、三者残塁。しかし、3回、広島は二死からオチョアがヒットで出ると、続く栗原が19号2ランを叩き込み、逆転に成功。続く4回にはシーボルがようやく名誉挽回の11号ソロを放つと、一死満塁から天谷の犠飛でこの回2点。勢い付く広島は6回には代打・喜田が4号ソロ,7回にはシーボル,梵の連続タイムリー二塁打でダメ押し。これで広島は単独3位に浮上。中日は借金を抱える形で4年4ヶ月ぶりの4位転落となった。

4位転落の危機を何度となく踏み留まってきた中日だったが、ついにその時が来てしまった。先制点を奪いながら、スミ1の拙攻。25日ぶりの先発となった中田は4回もたずにKOの体たらくだった。広島は偽ハンカチ王子・斉藤が6回を自責0の好投で3連勝。再昇格となったシーボルはいきなりの先制エラーにチャンスブレイクとやきもきさせたが、2安打2打点で何とか帳尻を合わせた。しかし、求道者・前田はまたもフル欠場。この日も嶋が3タコと調子を落としているだけに、スタメン起用を図っても何ら不思議ではないのだが、どうせブラウン監督は嶋を外した場合も天谷,赤松を同時に出す事しか考えないのだろう。同胞・シーボルには何度となくチャンスを与えるが、求道者・前田にはピンチしか与えない。この儘、広島が3位に踏み留まる事が果たして、チームの将来の為にプラスに働くと言えるのだろうか…。

カリメロ◆S6−2YB◆
左肘痛により、長らくリハビリモードだったカリメロが4月1日以来となる先発マウンド。初回に内川のタイムリー二塁打で先制点を貰ったカリメロだが、その裏、二死二塁から畠山にタイムリーを浴び、同点。3回には一死一塁から連続四死球で満塁のピンチ。ここで福地は三振に斬って取ると、続く宮本をショートゴロに打ち取り、ピンチ脱出…と思いきや、これを石川がエラーし、勝ち越し点を献上。直後の4回、村田のタイムリー二塁打で同点として貰ったのも束の間、その裏、一死一、三塁とまたまたピンチ。ここで川島慶がスクイズを仕掛けるが、カリメロは素早く処理し、三塁走者・福川を刺す好プレー。続く飯原に内野安打を許し、満塁となるが、畠山をライトフライに打ちとって、チェンジ…と思いきや、これを雨が目に入ったか、吉村のよもやの落球により、一気に二者生還。続く福地にも走者一掃のタイムリー二塁打を浴びた所で失意のKO。試合は5回が終了した所で強くなった雨の影響でコールドゲームとなった。

久々に登板となったカリメロだったが、自責点1ながら、失点は6と相次ぐタイムリーエラーで足を引っ張られ、今季初白星ならず。来年も現役で頑張って欲しいだけに、何とか残り少ない試合で結果を残して欲しい所。4点差つけられたとは言え、内川,村田が当たっていただけに、5回コールド負けと悔しい結果となった横浜はこれで5連敗。ヤクルトは接戦続きでリリーフ陣に負担がかかっていた状況下、ダグラス一人で済んだとあって恵みの雨となった。

◆M1−1E
初回、二死二塁のチャンスを逃した楽天は続く2回にも無死一、二塁のチャンスを作りながら、嶋のゲッツー等で潰してしまうと、3回には一死から中村を三塁打で出しながら、後続を断たれる拙攻三昧。しかし、続く4回、先頭の青波の長瀬の9号ソロでようやく1点を先制。しかし、5回、先発・片山が突如、制球を乱し、1安打2四球で一死満塁のピンチを迎えると、オーティズに押し出し四球を許して、同点。なおも満塁のピンチだったが、ズレータ,大松と打ち取って、1点止まり。ここで雨により、中断となり、その儘、コールドゲームが成立した。

片山はあと2人を抑えていれば、コールドで逃げ切れただけに、正に痛恨の押し出しとなってしまった。残り試合が僅かとなってきている状態で最下位脱出に望みを繋ぎたい楽天にとっては、何とも痛いドロー。一方、タナボタで滑り込みの同点劇となったロッテは4位転落の危機を辛くも免れた訳だが、あと一本が実質上、サヨナラ打に値するものだっただけに単独3位浮上のチャンスを逃したとも言える展開だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:33コメント(0)トラックバック(21) 

September 11, 2008

◆D2−4G◆
中日先発・山本昌に対して、巨人は初回、一番に起用された松田記者がいきなり二塁打を浴びせると、キムタクが歩いて、一、二塁。ガッツはファーストゴロに倒れたが、続く寿司職人ラミレスがサードへの内野安打を放って、1点を先制。なおもチャンスは続いたが、マッスル千代の富士がピッチャーゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。巨人は2,4回の無死一塁のチャンスもいずれもゲッツーで潰すなど、一向の追加点を奪えない。一方、中日もグライシンガーの前に毎回の様に走者を出しながら、あと一本が出ない拙攻三昧だったが、6回、李,T.ウッズの連打で一、三塁とすると、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十二分のレフトフライとなり、李が同点のホームイン。追い着かれた巨人は直後の7回、先頭の坂本がヒットで出ると、続く阿部が15号2ランを叩き込み、再び勝ち越し。2点を追う中日はその裏、二塁打の谷繁を山本昌が送ると、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十二分のレフトフライとなり、1点差。しかし、巨人は8回、マッスル千代の富士のタイムリー二塁打で再び突き放す。その裏、中日は李,ベンちゃんのヒットで一死二、三塁とし、グライシンガーをKO。代わったクルーンから中村紀が四球を選んで満塁とするが、代打・立浪は三振,谷繁もファーストへのファールフライに倒れて、三者残塁。ピンチを切り抜けたクルーンは9回もきっちり締めて、連敗をストップさせた。

これ以上、阪神に離された逆転は絶望的になってくる巨人が辛くも崖っ淵で踏み留まった。グライシンガーが粘り強く投げ抜いて、ハーラートップの15勝目。クルーンも見事にピンチを切り抜け、助っ人リレーで3タテを阻止。中日は5回を除いて、毎回走者を出しながら、再三再四のチャンスに犠飛2本で2点を返すのが精一杯と言う拙攻三昧でしぶとく踏ん張っていた山本昌を見殺しにし、連勝は5でストップした。

◆T5−4S
Aクラス入りへ望みを繋ぐ為にも3タテは免れたいヤクルトは初回、一死一塁から青木のタイムリー二塁打で先制すると、二死後、飯原にもタイムリーが飛び出し、2点目。しかし、その裏、先発・石川が一死から平野を歩かせると、この日から一軍に復帰したゼブラ今岡に3号2ランを叩き込まれて、あっと言う間に試合は振り出しに。2−2の儘、迎えたお買い、ヤクルトは先頭の青木が四球で出ると、一死後、飯原,梶本と連打を浴びて満塁。ここで川島慶がレフトへ犠飛を打ち上げ、均衡を破る3点目をゲット。続く7回には一死一塁から3連続四球で押し出しの4点目。これで決まったかに思われたが、粘る阪神は土壇場9回、ヤクルト守護神・林に対して、悠久の若虎・桧山が二塁打,葛城イクローが三塁打,矢野が二塁打と3連続長打で一気に追い着くと、一死後、シャア少佐のヒットと平野の敬遠四球で満塁のチャンス。ここでゼブラ今岡が押し出し四球を選んで、3戦連続のサヨナラ勝ちを収めた。

阪神が神懸かりの3連続サヨナラ勝ちでマジックを17と減らし、優勝へのムードは高まるばかり。109日ぶりの一軍復帰となったゼブラ今岡が復帰第1打席で同点アーチを放てば、最後はサヨナラ押し出し四球とポイントゲッターに。それにしても、2試合連続押し出しで決められてしまうとは、ヤクルトも不甲斐ない。昨日はまだしも林が2点差を守れずの逆転押し出しサヨナラではショックも大きいだろう。

◆C4−3YB◆
2回まで吉原の前にパーフェクトと抑え込まれていた広島だが、3回、先頭の喜田が2号ソロを叩き込み、1点を先制。更に、内野安打の小窪を篠田が送ると、二死後、天谷,オチョア,栗原と3連続タイムリーを浴びせて、この回4点。大量援護を貰ったルーキー・篠田は5回まで無失点の好投を展開。6回も簡単に二死を奪ったが、内川,村田と連打を許した後、吉村に28号3ランを被弾し、1点差と詰め寄られ、この回限りで降板となった。8回、一死一、三塁のピンチを迎えた広島は守護神・永川を投入。永川は代わりばな吉村を歩かせて、満塁とすると、続く代打・金城にレフトへあわや逆転タイムリーと言うフライを浴びるも、これを天谷がダイビングキャッチで抑える好プレー。意気に感じた永川は続くメカゴジラを打ち取り、このピンチを切り抜けると、9回も無失点に抑えて、逃げ切った。

広島がワンチャンスを生かして、辛くも逃げ切り、中日との差を2と詰めた。ルーキー・篠田は疲れの見えた6回に崩れたものの、それまでは申し分ない投球を見せ、3勝目。一打逆転のピンチを凌ぎきった永川は球団新の32セーブ目をマークした。横浜は10安打を放ちながら、あと一本が出ず、この3連戦負け越し。リリーフ陣はいずれも好投を見せただけに、吉原が突然崩れた3回だけが悔やまれる結果となった。

◆H2−8E◆
5割復帰を狙うソフトバンクだが、先発・杉内が立ち上がりからピリッとせず、初回、フェルナンデス,青波の長瀬と連続タイムリーで早々と2点を献上。その裏、松田のタイムリーで1点を返して貰うも、4回にショートに11号ソロを被弾すると、続く5回にはまたもフェルナンデス,青波の長瀬に連続タイムリーを浴び、5失点KO。2番手・佐藤も6回に渡辺直のタイムリーで1点を失い、点差は5点に拡大。9回にも中島のタイムリー等で2点を加えて、試合を決定付けた。

楽天が投打噛み合う快勝で2カード連続の勝ち越し。3ヶ月以上も白星から遠ざかっていた先発・田中は7回1失点の好投で久々の7勝目をマークした。ソフトバンクは杉内が5回5失点の背信投球。大局が決まっていたとは言え、リリーフ陣も炎上。打線も楽天を上回る14安打を放ちながら、12残塁の大拙攻で6点差を付けられると言う不甲斐ない試合運びでまたも3連戦に負け越し、5割復帰を逃した。

◆L5−3
初回、稲葉のタイムリー二塁打で先制点を貰ったスウィーニーだが、その裏、四球を連発し、二死満塁のピンチを作ると、中村に押し出し四球を与えて、同点。直後の2回、日本ハムは二塁打の糸井を小谷野の犠打,工藤のスクイズで勝ち越すも、3回、西武は二死一、二塁から中村が同点タイムリー。更に、5回には一死から江藤が6号ソロを叩き込み、ついに勝ち越し。続く6回には片岡の3号2ランで2点を追加。日本ハムは8回に高橋の3戦連続8号ソロで追い上げたものの、最後はグラマンの前に反撃を断たれた。

5連勝中のスウィーニーが制球難で自滅し、5失点KOとなる計算外の展開で日本ハムは再び借金生活に突入。一方、7月22日以来白星のない涌井が立ち上がりこそ苦しみながらも、徐々にペースを上げ、8回3失点で3年連続2桁勝利へリーチ。西武の連敗は3で止まり、マジックは1つ減って13に。4番・江藤は2戦連発アーチで決勝点を叩き出した。大砲が次々と離脱している中、ここ5戦で3発と全盛期を彷彿とさせるバッティングでチームを引っ張っている。

◆Bs6−1M◆
西岡のが11号先頭打者アーチで先制された偽バファローズだが、2回、ローズが35号バックスクリーン弾を放ち、同点。続く3回にはカブレラの34号ソロで勝ち越すと、ローズが二塁打で続いた後、後藤がタイムリーを放ち、この回2点。5回には一死一、二塁からローズがこの日2本目となる36号3ランを叩き込み、6点目。2回一死から19人連続凡退と沈黙していたロッテは8回二死から代打・ベニー松山,根元の連打で一、三塁と久々のチャンスを作ったが、西岡がセカンドゴロに倒れて、二者残塁。9回も一死一塁からズレータがゲッツーを食らい、3連戦3連敗となった。

偽バファローズが3発5打点と言う両助っ人の一発攻勢でロッテを3タテ。先発・岸田は8回を無四球1失点の好投で4勝目をマークした。西武との差は詰められなかったものの、ここ12戦で11勝とまだまだ勢いは衰える気配がない。一方、ロッテは清水が6失点KO,打っては先頭打者アーチによるスミ1と投打に精彩を欠いた。フェンス激突で負傷退場させられると言う水島の呪いをかけられたばかりの大松は心配されたケガこそ回避したものの、3タコといい所がなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:52コメント(0)トラックバック(22) 

September 05, 2008

◆S0−8G◆
5連勝と勢いに乗るヤクルトに対して、巨人は初回、一死三塁からガッツのタイムリー二塁打で先制。更に、寿司職人ラミレス,マッスル千代の富士と連続四球で満塁となった所で昨日のチャンスブレイクでインケツパワーを充電させたあの男がタイムリーを放ち、この回、2点。ヤクルトは2回、二死走者なしから田中の死球,川島慶のヒット,坂本のエラーで満塁とするも、ここで回ってきたのが川島亮と言うツキのなさで、三者残塁。3回には福地が歩いた後、宮本の犠打をグライシンガーがエラーし、ノーヒットで一、二塁のチャンスを掴むが、青木がショートゴロに倒れると、続く畠山はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも無得点。0−2の儘、迎えた5回、巨人は二死から寿司職人ラミレスが歩くと、続くマッスル千代の富士が14号2ランを放ち、2点を追加。続く6回には一死一、二塁から亀井が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、ガッツ,寿司職人ラミレスの連続タイムリーが飛び出し、この回4点。グライシンガーは好調・ヤクルト打線を8回まで無失点に抑えると、9回は東野が3人で締め括る完封リレーを達成。これで巨人は3連勝。ヤクルトは連勝が5で止まり、5位転落となった。

グライシンガーが5戦連続2桁安打と波に乗るヤクルトを抑え込み、ハーラー単独トップの14勝目。打ってはまたまたガッツが決勝点を叩き出すなど、11安打8点の猛攻で完勝。巨人は阪神との差を3.5にまで縮め、自力優勝も復活。最早、逆転優勝は絵空事でも何でもなくなってきた。一気に3位の座を狙ったヤクルトだが、川島亮が8失点KOの背信投球で勢いを止めてしまった。追い打ちをかけるかの様に、村中が左肘側副靭帯損傷で今季絶望と言う暗いニュースが飛び込んできた。

◆D6−1YB
初回から無死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰すと言ういきなりの拙攻で始まった中日だが、続く2回、一死一塁からデラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号2ランを叩き込み、先制。4回にはデラロサ,山本昌のタイムリー二塁打の後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号2ランをぶち込んで、この回、4点。5回まで無失点と好投を見せていた山本昌は6回、大西のタイムリー二塁打で1点を失うと、続く7回に二死二塁のピンチを迎えた所でKO。代わった浅尾はいきなりガッツな貴公子・仁志を歩かせて、ピンチを広げるが、ここまで3安打と当たっている内川をショートゴロに仕留め、無失点で切り抜けた。その裏、満塁のチャンスを潰すなど、相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈したものの、8,9回とリリーフ陣が踏ん張って、連敗を3でストップさせた。

阪神相手にはやたらと強かった横浜が、相手が変わった途端に一気に弱体化。単に相性の問題なのか、打線が爆発した試合をノーゲームにされて勢いが止まったのか、あるいは優勝争いを混沌とさせる役目を全うした事で燃え尽きてしまったのか? そんな横浜相手に山本昌がまたまた好投し、11勝目。打線は相変わらずのタイムリー欠乏症,一発依存症を露呈したが、何とか単独3位の座を死守した。

◆C6−3T◆
昨夜、恵みの雨で劣勢がノーゲームと化し、流れを変わったのか、阪神は初回、いきなりの5連打で2点を先制。しかし、それも束の間、その裏、広島は負けじと4連打であっと言う間に追い着くと、更に、関本のタイムリーエラーで2点を勝ち越し。3回には嶋のタイムリーで1点を追加。7回には栗原が18号ソロを叩き込み、ダメ押し。阪神は8回に1点を返したものの、最後は永川に締められ、今季2度目の5連敗となった。勝った広島は4位に再浮上。

怒濤の5連打で2点を先制した時にはいよいよ連敗脱出かと思われた阪神だが、その期待はあっさり覆されてしまった。5連打の後、後続があえなく凡退し、攻めきれなかった事と関本のエラーが痛かった。これで阪神はマジックが4たび消滅。果たして、5度目の点灯はなるのか。広島はまたもや求道者・前田がフル欠場に追い込まれたが、タナボタの逆転劇の後、ルーキー・篠田が踏ん張って2勝目。一夜で4位に返り咲いた。

◆F3−5E
楽天先発・田中は2回までに早くも6三振を奪う力投を展開。3回も先頭の劇団ひちょりを三振に斬って取るが、続く田中にセンター前へ弾き返されると、稲葉にはライトスタンドへ17号2ランを放り込まれて、2点を献上。日本ハムは5回にはヒットの劇団ひちょりを田中が送った所でまたも稲葉がタイムリーを放ち、3点目。楽天は6回、二死走者なしから連打と四球で満塁とするも、鉄平がショートゴロに倒れて、三者残塁。7回にも二死一、二塁のチャンスを掴みながら、ショートが凡退と一向に得点を奪えない。しかし、8回、日本ハムがグリンから武田久にスイッチするや、先頭の青波の長瀬がヒットで出ると、フェルナンデス,山崎武と連続アーチを叩き込み、一気に同点。土壇場9回、日本ハムは二死満塁と2試合連続サヨナラのチャンス。しかし、小谷野のライナーはセカンド・高須の守備範囲で三者残塁。試合は延長にもつれ込んだ。日本ハムは10回から守護神・MICHEALを早くも投入するが、一死一、三塁のピンチを背負った所で中村に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、これが決勝点となった。

楽天が粘りに粘り、延長を制して、泥沼の連敗をようやく7でストップさせた。田中は3回まで全てのアウトを三振で奪う驚異のハイペースで新記録達成も期待させたが、4回以降は急激にペースダウンし、結局、6回で降板。しかし、降板後とは言え、その力投に打線が応えた格好だ。日本ハムはここ3試合無失点と復調の気配を見せていた武田久が連続被弾で追い着かれる背信投球。MICHEALも攻略されて、先発・グリンの好投を台無しに…。これでロッテと同率で並ばれてしまった。

◆Bs8−3L◆
連勝街道を驀進する偽バファローズは初回に大島の2号ソロで先手を許すが、2回、大引のタイムリー二塁打で追い着くと、大島のタイムリーエラー,カブレラのタイムリー二塁打で2点を勝ち越し。続く3回には北川の11号ソロ,日高のタイムリー二塁打,下山の犠飛で3点を追加。大量5点を追う西武は5回、二死走者なしから片岡,栗山の連打でまず1点を返すと、続く6回には江藤の4号ソロで3点目。しかし、その裏からマウンドに上がったミッチーが追い上げムードに水を差す様に3四球で二死満塁のピンチを作った挙げ句、後藤に2点タイムリーを浴びて、またも5点差に逆戻り。西武は8回、一死満塁としたものの、中村,礒?と打ち取られると、息の根を止められた。

偽バファローズの破竹の連勝が止まらない。先制されても、打線全体がまんべんなく打つ繋がりの良さで、あっさり逆転勝利。特に、4安打1打点2得点の大引の活躍が光った。一方、後藤,ブラゼル,ボカチカと3日連続で大砲が登録抹消となるなど、長打力低下が著しい西武だが、この日はG.G.佐藤が左足首痛を再発させ、3回の守備からベンチへ退いた。結局、この儘、登録抹消となる模様。首位躍進を支えてきた打線の弱体化は偽バファローズの猛追を許してしまうのか? こういう時に投手陣に踏ん張って欲しいと言うのに、勝ち頭の帆足が3回6失点KOでは如何ともし難い。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(43) 

August 30, 2008

◆T2−3G◆
伊集院光の弟子・金村に対して、巨人は初回、亀井のヒット,ガッツの四球で二死一、三塁とすると、李のタイムリーで先制。3回には二死一、二塁のチャンスに松田記者がレフト前へ弾き返すが、一気に三塁を蹴った二塁走者・ガッツは本塁寸前タッチアウト。1点を追う阪神は5回、二死一、二塁と一打同点のチャンス。しかし、伊集院光の弟子・金村を引っ込めて投入した悠久の若虎・桧山がサードへのファールフライに倒れて、同点ならず。直後の6回、2番手・江草に対して、巨人はヒットの李を松田記者が送った所で阿部,坂本と連続タイムリー二塁打が飛び出し、2点を追加。その裏、阪神は鳥谷のタイムリー三塁打でようやく1点を返すが、なおも一死三塁のチャンスにキュラソ星人,林と倒れて1点止まり。土壇場9回、巨人守護神・クルーンに対して、阪神は一死からキュラソ星人,林と連打を浴びせると、関本が歩いて、満塁。ここで葛城イクローはファーストゴロに倒れるも、ホームゲッツーを狙った阿部が一塁へ悪送球を犯す間に二塁走者の代走・藤本が一気に生還。なおも一、三塁と一打同点の場面だったが、矢野が空振り三振に倒れて、試合終了となった。

クルーンはあわやサヨナラと言うヒヤヒヤものの投球ながら、巨人が辛くも逃げ切り。グライシンガーの中4日登板を回避して初戦を落としてバッシングを受けた若大将・原監督だけに、中5日で万全のグライシンガーは負けられない試合だったが、8回1失点と期待に応える好投でハーラー単独トップの13勝目。打っては李が先制タイムリー含む3安打。昨日の2安打に続くマルチ安打でようやく復調の気配が見えてきた。

◆D3−4C
広島は初回、一死から小窪が二塁打で出ると、続くオチョアがライトスタンドへ12号2ランを叩き込み、2点を先制。2点を追う中日は3回二死二塁,4回一死一、二塁,5回無死一、二塁と再三チャンスを掴みながら、残塁を量産するばかりの拙攻三昧。一方、2回以降1安打と沈黙していた広島だが、6回、栗原のゲッツー崩れの間に1点を追加。その裏、中日は李,ベンちゃんのタイムリーで1点差と迫り、なおも無死一、二塁のチャンスだったが、中村紀がセンターへ打ち上げると、デラロサ,谷繁と連続三振に倒れて、2点止まり。広島は8回、二死満塁から石原が押し出し四球を選んで貴重な1点を追加。その裏、広島はデラロサの併殺崩れの間に1点を返したが、最後は守護神・永川の前に3人で打ち取られ、またまた貯金が消滅した。

井端の右膝は思いの外、重傷だった。診断の結果、右膝靱帯断裂寸前でついに登録抹消。だから、名手・川相を現役復帰させておけば良かったのだ。相変わらずの拙攻三昧で山本昌を見殺し、再び広島に1差と詰め寄られてしまった。広島は今季初登板となった偽ハンカチ王子・齋藤が5回無失点で2年ぶりの白星。求道者・前田は8回一死満塁の場面で代打で登場し、無念の三振。あの局面で出したと言う事はブラウン監督はこの所、神懸かっていた求道者・前田の調子がもうピークを過ぎた事を見抜いていたのだろう。それ程までに求道者・前田の調子を把握出来るのなら、もっと効率良く使えば、幾らでも勝てそうなものを、何でこう真逆の使い方をして陥れる事に躍起になるのやら…。

◆YB6−7S◆
高校BIG3の一角・由規がついに一軍デビュー。何とか援護したいヤクルト打線は初回から畠山,田中のタイムリーで3点を先制。折角リードを貰った由規だが、その裏、村田に31号2ランを被弾。続く2回には金城に同点二塁打を浴びると、更に、一死一、三塁から石川に勝ち越し犠飛を許し、ガッツな貴公子・仁志,内川と連続タイムリーを浴びた所であえなくKO。3回に2点ずつ取り合って迎えた4回、ヤクルトは青木,畠山の連続タイムリーで1点差と詰め寄ると、5回には福川の3号2ランで一気に逆転。試合は7回途中に雨が強くなり中断の末、コールドとなり、ヤクルトが逃げ切った。

トンガに続き、唐川までが水島の呪いに苦しんでいる中、高校BIG3で唯一、魔の手から免れている由規が長きに渡る潜伏期間を経て、ようやく初登板となったが、6失点で2回もたずにKOとなるホロ苦いデビューとなった。それでも打線の踏ん張りでブロ初黒星は回避したが、果たして、二軍に落ちずに2度目の登板は貰えるのかどうか…。

◆H2−2L◆
2回に中村のリーグ独走の35号ソロでまたも西武が先制。しかし、ソフトバンクは3回、二塁打の荒金を高谷の犠打で三塁へ進めると、本多がセンター前へ同点タイムリー。6回には一死から小久保が二塁打を浴びせると、続く松田のタイムリーで勝ち越しに成功。4回を除いて毎回安打を浴びながらも踏ん張っていた先発・ホールトンだが、8回、片岡にヒット,中島に四球を許して、一死一、三塁のピンチを迎えた所でKO。ここで代わった篠原が平尾にタイムリー内野安打を許して、試合は振り出しに。昨日に続いて突入した延長戦では両軍共に1本もヒットが出ず、2試合連続のドローとなった。

ソフトバンクは是が非でも勝たなくてはならない試合でまたもや引き分けに持ち込むのが精一杯。先発・ホールトンは粘り強く投げていたが、流石に内容的にも投球数的にも、8回までは引っ張り過ぎた。それでも引っ張らざるをえなかった辺り、首脳陣のリリーフ陣に対する不安感がにじみ出てしまった感じだ。いっその事、馬原を2イニング投げさせるとか言うのはダメなのだろうか。この3連戦はそこまでしてでも勝ちに行く必要のあるカードだと思うのだが…。

◆Bs7−2F
下山の先頭打者アーチで先制した偽バファローズは3回には二死二塁から坂口,カブレラの連続タイムリーの後、ローズも32号2ランで続いて、一気に4点を追加。5回には四球の下山を一塁に置いて、カブレラの2年ぶりとなる30号2ランで7点目。山本の前に6回まで無得点に抑え込まれていた日本ハムは7回、高橋,金子誠のタイムリーで2点を返し、山本をKOするが、代わった香月の前に劇団ひちょりが三振に倒れて、2点止まり。8回から登板の3番手・山口はいきなり三者三振の快投を見せると、9回も3人で締め、日本ハムと並ぶ3位タイに浮上した。

偽バファローズはカブレラ&ローズが10度目のアベック弾を放つなど、連日の一発攻勢で対日本ハム8連勝。八木が7失点KOの背信投球で日本ハムは3連敗。ついに借金生活に突入し、偽バファローズに並ばれてしまった。明日の第3戦で意地を見せられるか!?

◆E6−8M◆
1点ずつ取り合って迎えた3回、楽天はショート,青波の長瀬の連続タイムリーで2点を勝ち越し。4回に大松のタイムリー二塁打で1点差とされるも、5回に青波の長瀬の3号ソロで再び2点差。直後の6回、ロッテは一死満塁のチャンスにサブローが3号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。その裏、楽天も二死満塁のチャンスを掴み、成瀬をKOするも、代わったゴーグルの前に代打・高須が打ち取られ、三者残塁。4−6の儘、迎えた土壇場9回、抑えの荻野を投入し、逃げ切りに入ったロッテだが、一死一塁から青波の長瀬にこの日2本目となる同点4号2ランを浴び、試合は延長にもつれ込んだ。10回、ロッテは一死一、三塁のチャンスにサブローが二盗を仕掛けると、これが嶋の悪送球を誘って、三塁走者・里崎が勝ち越しのホームイン。更に、早川がタイムリー三塁打を放って、試合を決定付けた。

成瀬,田中の五輪帰り組の直接対決は成瀬が6回途中4失点KO,田中が6回6失点KOとしょっぱい展開に…。ロッテは成瀬が攻略され、荻野が攻略されながらも辛くも勝利。サブローが打ってはグランドスラム,走っては決勝点を呼び込む盗塁と活躍した。楽天は青波の長瀬の2発等で食い下がったが、10残塁の拙攻であと一歩及ばず。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(55) 

August 12, 2008

◆G7−0T◆
巨人は初回、一死からキムタクが四球を選ぶと、続くガッツが22号2ランを叩き込み、2点を先制。二死後、連打と四球で満塁とチャンスを広げたが、坂本が三振に倒れて、三者残塁。巨人先発・グライシンガーに対して、阪神は毎回走者を出しながら、あと一本が出ない拙攻続き。6回にはキュラソ星人,林の連打の後、葛城イクローがきっちり送って、二、三塁とするも、関本は空振り三振。ジュビロ野口のセンター前へのライナーも鈴木尚に好捕され、またも無得点。7回には2四球で二死一、二塁とし、ついにグライシンガーをKOするも、代わった山口の前にキュラソ星人がショートゴロに倒れて、二者残塁。何とか突き放したい巨人はその裏、鶴岡の四球,鳥谷の野選の後、山口がスリーバントを決めて、二、三塁。鈴木尚は三振に倒れるが、続くキムタクがレフト線にタイムリー二塁打を浴びせて、二者生還。更に、ガッツが内野安打で繋いだ後、寿司職人ラミレスが右中間スタンドへ31号3ランを叩き込み、この回、一挙5点。最後は久々に一軍に昇格した金刃が3人で締めて、完封リレーを達成。

五輪休みが明けても、阪神に好転の気配は見えず、とうとう5連敗。打線も11残塁の拙攻で完封を食らい、投げては先発・安藤はよく粘っていたものの、渡辺,江草,アポリー中尉とリリーフ陣が崩壊。ここに来て、勝ちゲームでのリリーフ要員が悉く炎上しているのは深刻だ。一方、7ゲーム差まで詰めてきた巨人はグライシンガーが粘りの投球でハーラー単独トップとの12勝目。二軍で防御率1位と結果を出し、満を持しての昇格となった金刃は3ヶ月ぶりの登板できっちり抑えたのも明るい材料だ。しばらくリリーフで使うのか、先発に戻すのかが気になる所だが、果たして…!?

◆C4−5D
初回から2四球で貰ったチャンスを潰し、2回もゲッツーを食らうなど、相変わらずの拙攻三昧を繰り広げていた中日だが、3回、連続四球でタナボタのチャンスを掴むと、一死後、李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号3ランを叩き込み、3点を先制。二死後、またも連続四球で前田健をKOすると、ピンキー井上のタイムリー二塁打でこの回4点。前回200勝を達成し、この日も3回一死までパーフェクトに抑えていた山本昌だが、そこから石原に被弾すると、連打でピンチを作った末に自らエラーを犯して、2失点。5回にはベンちゃんのエラーに足を引っ張られ、一死三塁のピンチを作ると、小窪に犠飛を許して、1点差。押せ押せの広島は8回、二死走者なしから栗原が15号ソロを放り込み、ついに同点。追い着かれた中日は土壇場9回、二死走者なしから川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに李がこの日2本目となる10号ソロを放ち、再び勝ち越し。その裏、高橋が3人でピシャリと抑え、プロ初セーブをマークした。

久々に一軍に戻ってきた李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2発4打点の大活躍でチームを救った。とは言え、川相不在のタイムリー欠乏症,一発依存症ぶりを露呈しただけの試合展開に、とても喜んではいられない状況だ。山本昌は不甲斐ない打線に苛立ちを隠せず、じわじわと追い上げられたが、辛くも白星を拾って201勝目。2年ぶりの2桁勝利も十分視野に入って来た。広島は相変わらず、求道者・前田がフル欠場に追い込まれるブラウン暗黒采配に苛まれ、むざむざ1点差ゲームを落として、連勝がストップ。9回二死走者なしで、求道者・前田がベンチにいながら、出てくる代打が倉…ってのは、もう訳が分からない。いや、高橋が左だから…と言う建て前なんだろうけど、求道者・前田が左相手で使えない理論自体がでっち上げだし、ここで求道者・前田を残してまで倉を使って失敗した場合、一体誰が納得するのか?と言った事を考えても、この采配はイカれているとしか言いようがない。

◆YB2−3S◆
福地の先頭打者アーチで先制したヤクルトは更に、一死一、二塁からユウイチがタイムリーを放って、2点目。2回二死二塁,3回二死一、二塁のピンチを凌いだ横浜はその裏、先頭の石井タクローが二塁打を放つと、相川のセカンドゴロで三進。ここで投手のウッドが自らタイムリーを放って、1点差。4,5,6回と3人ずつで打ち取られ、7回も無死一、二塁のチャンスを逸した横浜だったが、8回から先発・川島亮に代わり、押本がマウンドに上がると、先頭の相川がいきなり同点3号ソロをぶち込んで、試合は延長に突入。迎えた10回、この回からマウンドに上がったはーちゅんが2四死球で二死二、三塁のピンチを背負うと、武内に対する4球目に痛恨の暴投を犯して、勝ち越し点を献上。その裏、横浜は一死から石井タクローがヒットで出ると、相川が送って、二死二塁と一打同点のチャンスを作ったが、最後は大西が打ち上げて、あと一歩及ばなかった。

初回から重くのしかかっていた2点をやっとの事で追い着いた横浜だが、はーちゅんの暴投で全て台無しに…。出した走者も2四死球で完全にはーちゅんの独り相撲だった。こんな結末では横浜も粘った甲斐がないと言うものだ。タナボタの勝利を掴んだヤクルトは4位タイに浮上。2回以降もずっと押せ押せの展開だっただけに、負けたら大きなダメージが残った事だろう。

◆L8−4F
初回からボカチカの16号2ランで先制された日本ハムだが、2回、一死一、三塁から金子誠が犠飛を打ち上げ、まず1点。5回には二死一、三塁から小谷野がタイムリーを放ち、同点。そして、7回にはヒットの劇団ひちょりを紺田が送ると、田中が敬遠された所でまたも小谷野がタイムリー二塁打を浴びせて、ついに勝ち越し。更に、続く代打・陽が犠飛を放って、4点目。2点を追う西鉄は8回、この回から代わった武田久に対して、先頭のボカチカが四球を選ぶと、一死後、佐藤がタイムリー二塁打を放って、1点差。続く中村が歩いた後、礒?が同点タイムリーを浴びせると、更に、代打・江藤が3号3ランをぶち込んで、一気に勝ち越し。更に、この後、ボカチカもタイムリーを放って、大量6点をゲット。最後はグラマンが締めて、逃げ切った西鉄は4連勝。

今日こそは一矢報いて3タテ阻止…と思われた日本ハムだが、武田久が自己ワーストの5失点とよもやの大炎上。追い着かれた段階で武田久を交代させる選択肢はなかったのか? いや、それ以前に礒?の所でMICHEAL投入ではダメだったのか? 3タテだけは絶対に食らってはいけない状況でMICHEAL投入を勿体ぶっている余裕などあるまいに…。その最悪の3タテを食らってしまった日本ハムは3位転落で西鉄との差は7にまで拡大し、自力Vが消滅。西鉄は明日にもマジックが点灯するそうだ。日本ハムは西鉄相手に5球団最多の借金8。しかも、ソフトバンクからは6つも勝ち越すと言うタチの悪さで正に、西鉄独走体勢のA級戦犯的戦いぶりを見せつけている。

◆Bs5−8M◆
来日2度目の登板となる謎の新助っ人・コロンカに対して、ロッテは初回、一死二、三塁からサブローの犠飛,橋本のタイムリーで2点を先制。2回に後藤のタイムリーで1点を返されるが、直後の3回、一死満塁から竹原が押し出し四球を選んで、コロンカをKO。更に、フクーラの内野ゴロの間に1点を追加。偽バファローズもその裏、カブレラの23号ソロで応戦するが、ロッテは5回、今江が8号2ランを叩き込むと、6回にはサブローが走者一掃の2点二塁打を浴びせて、8点目。偽バファローズはその裏、1点を返すと、7回にはカブレラにこの日2発目となる24号2ランが飛び出し、3点差まで追い上げたが、反撃もここまでだった。

前回、悲願のプロ初勝利をあげた大嶺が6回途中3失点で危険球退場となりながらも、打線の援護に恵まれて2連勝。偽バファローズは先発・コロンカが誤算。右打者をズラリと8人も並べたロッテ極右打線の前に3回もたずにKOで、3番手・清水の乱調も痛かった。9回に代打で登場した破戒僧・清原は二塁打を放ったものの、後が続かず、4位再浮上のチャンスが遠のいてしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:28コメント(0)トラックバック(41) 

August 03, 2008

◆D2−4G◆
主力が5人も北京に拉致されたと言うのに、名手・川相を現役復帰させなかった辺り、逆転優勝を完全に諦め、アジアシリーズ出場権を掠め取る事しか考えていないらしい後ろ向きな中日に対して、巨人は初回、鈴木尚の内野安打,ガッツの死球で一死一、二塁とすると、寿司職人ラミレスが先制タイムリー。更に、マッスル千代の富士が死球を食らって満塁となったが、あの男は空振り三振と怒濤のチャンスブレイカーぶりを遺憾なく発揮すると、続く坂本も三振に倒れて、1点止まり。その裏、中日は二死から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに20号ソロを叩き込み、同点。巨人は2回二死一、三塁,3回一死一、二塁のチャンスを逃す等、6回までゼロ行進。一方、中日も2回以降、散発2安打と沈黙。1−1の儘、迎えた7回、巨人は一死から鈴木尚が二塁打で出ると、続くキムタクのタイムリーでついに勝ち越し。更に、ガッツに21号2ランが飛び出して、この回、3点。土壇場9回、クルーンを投入し、逃げ切り体勢の巨人に対して、中日は代打・立浪の四球,中村紀のヒットで無死一、三塁と一発で同点の大チャンス。しかし、ここで不振のT.ウッズが簡単に打ってショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。この間に1点を返したもの、最後はベンちゃんが三振に倒れて、万事休す。巨人先発・グライシンガーは8回1失点の好投でハーラートップタイの11勝目。

とうとう戦力補強の期限が過ぎてしまい、今季中の名手・川相の現役復帰が絶望的となった中日。その上、荒木,森野が不在でT.ウッズが絶不調とあって、今まで以上に川相不在では一発に賭けるしかない試合をせざるを得ない様だが、こんなザマでは逆転優勝など夢のまた夢で、アジアシリーズ連覇しか眼中にないと思われても仕方ない。一方、巨人はこれまでいなかったも同然の上原,李の不在は殆ど影響なく、阿部の代替要員としてトレードで獲得した鶴岡が2安打の活躍と、五輪期間中の不安を感じさせない試合運びだった。

◆YB2−19T
制球に苦しむ横浜先発・真田に対して、初回から二死満塁とした阪神は葛城イクローの走者一掃タイムリー二塁打で3点を先制。その裏、横浜は北京に拉致された村田に代わり、4番に入った吉村のタイムリー二塁打で1点を返したが、阪神は3回、キュラソ星人,庄田のタイムリー二塁打で3点を奪い、点差は5点と拡大。阪神は終盤戦に入っても猛打を爆発させ、圧勝を収めた。

北京に拉致された藤川どころか、勝ちゲームでのリリーフ要員をアテにする必要の全くない超ワンサイドゲームで阪神が好発進。今季最多の21安打19得点と猛攻を見せたが、特に、キュラソ星人は5打数5安打6打点の大当たりだった。矢野の代役・ジュビロ野口はスタメン野手で唯一ノーヒットに終わったが、好リードで安藤の2年ぶりの2桁勝利を導くと、第2捕手候補として昇格させた5年目の小宮山が待望のプロ初安打初打点と結果を出した。横浜は投手陣が悉く大炎上で村田不在を嘆くどころではなかった。オールスターで大爆発の内川は4タコに終わり、自ら青木との差を広げてしまった。

◆C0−2S◆
後半戦に入っても求道者・前田をシメ倒すと言う方針を覆す気のないブラウン監督は早速、求道者・前田をベンチに軟禁。失意のどん底に叩き落とされた広島はヤクルト先発・川島亮の前に4回まで僅かに1安打と沈黙。広島先発・牧野も4回まで毎回走者を出しながらも無失点と踏ん張っていたものの、5回、自らのエラー等でピンチを作った挙げ句に福地に先制2点三塁打を浴びて、無念のKO。川島亮は6回まで無失点で降板すると、7回からは松岡−押本−林と1イニングずつ繋いで完封リレーを達成した。

求道者・前田がフル欠場に追い込まれ、散発3安打の完封負けと目も当てられない最悪の後半戦スタートとなった広島。牧野は粘り強く投げていたものの、踏ん張り切れずに移籍初白星。5番手として登板した謎の新助っ人・ブラウワーは1回を1安打無失点と、無難なデビューとなった。ヤクルトは求道者・前田不在の広島が相手とは言え、4人の投手がきっちり仕事を果たしての完封で球団通算3500勝。一軍に復帰したガイエルは4タコと相変わらずのブレーキでついに打率は2割を割ってしまった。

◆Bs2−4H◆
2回に大村のタイムリー二塁打で先制された偽バファローズは3回、阿部,カブレラの連続タイムリーで一気に逆転。しかし、直後の4回、南海は連打で一死二、三塁のチャンスを作ると、中西のセカンドゴロの間に三塁走者・松田が同点のホームイン。2−2の儘、迎えた8回、偽バファローズは阿部のヒット,カブレラの四球で無死一、二塁と勝ち越しのチャンス。しかし、後続3人があえなく凡退し、二者残塁。土壇場9回、南海は二死二塁から本多のタイムリー三塁打でついに均衡を破ると、続く仲沢もタイムリーを放って、ダメ押し。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締め括った。

パ・リーグで唯一、誰も拉致されなかった偽バファローズ。5連勝中の先発・金子が8回まで2失点と踏ん張っていたが、立ち上がり不安だった大隣を打線が捉えきれなかったのが響き、大石監督の監督就任初戦を白星で飾れなかった。今季限りの現役引退を示唆しながらも、695日ぶりの一軍復帰となった破戒僧・清原は7回に先頭打者として代打出場したが、あえなく空振り三振。南海は杉内,和田が拉致され、現有戦力で唯一完投能力のある先発・大隣が8回2失点で初の10勝目。川崎の代役・仲沢も見事にダメ押しタイムリーを放ち、会心の後半戦スタートを切った。

◆E11−4F
初回に田中の犠飛で先制した日本ハムは続く2回には糸井の三塁打,鶴岡の二塁打で2点を追加。しかし、その裏、楽天は鉄平の4号3ランで一気に同点。追い着かれた日本ハムは直後の3回、無死満塁と絶好のチャンスに小谷野が最悪のサードゴロゲッツー。続く高橋も凡退し、結局、無得点。これで流れは再び楽天へ。4回、一死二、三塁から藤井の犠飛で勝ち越すと、5回には高須の4号ソロ,山崎武のタイムリーで2点を追加。更に、7回には山崎武の15号2ラン,8回にはショートの8号2ラン等一発攻勢で試合を決定付けた。

グスマンが3回もたずにKOとなったが、無死満塁の大ピンチを見事に切り抜けた2番手・朝井が5回まてを無失点のロングリリーフをこなして、7勝目。日本ハムは北京に拉致された稲葉に代わって4番に入ったスレッジが3タコ。唐川が呪われているうちに突き放しておきたいスーパーさぶ・多田野だったが、5回6失点KOとなってしまった。また、呪われた助っ人・ボッツは今日も代打であえなく三振の体たらくだった。

◆L3−4M◆
2回にブラゼルの25号ソロで先制した西武は3回には栗山のタイムリーで1点追加。ロッテが5回に根元の2点タイムリーで追い着いたのも束の間、その裏、西武は黒瀬のタイムリーで再び勝ち越し。1点を追うロッテは6回無死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く7回、一死満塁からサブローの2点タイムリーで逆転に成功。先発・渡辺俊は8回、一死三塁のピンチを迎えた所でKOとなるが、ここで代わった川崎が代打・佐藤,ボカチカと連続三振に斬って取り、切り抜けると、最後は荻野が締めて、逃げ切った。

ロッテが接戦を制して、4位浮上。最終選考から漏れ、北京拉致を免れた渡辺俊が8回途中まで3失点と粘りの投球を見せれば、ピンチで登板の川崎も連続三振で見事に切り抜ける好リリーフ。北京に拉致された西岡の代役・塀内は今季初安打で同点のホームを踏んだ。西武はG.G.佐藤,中島の代わりにクリーンアップを務めたボカチカ,後藤がいずれもノーヒット。中島に代わってショートに入った黒瀬は2安打1打点と結果を残した。2番手として登板したルーキー・平野は無死満塁のピンチを作ってプロ初黒星。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:54コメント(1)トラックバック(46) 

July 23, 2008

◆T0−5G◆
阪神先発・ボーグルソンの前に巨人は初回先頭の鈴木尚がヒットを放った以降、5回まで一人の走者も出せずにゼロ行進。しかし、阪神もグライシンガーの前に5回まで1安打と沈黙。0−0の儘、迎えた6回、巨人は坂本,鈴木尚のヒットの後、古城が死球を食らって、一死満塁のチャンス。ここでガッツが一塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、二者生還。更に、続く寿司職人ラミレスも右中間へ2点タイムリーを浴びせて、この回、4点。その裏、阪神は代打・庄田,シャア少佐の連打で無死一、二塁のチャンスを掴むも、後続3人が打ち取られ、二者残塁。続く7回には一死から葛城イクローの死球,矢野のヒットでグライシンガーをKOするも、2番手・山口の前に代打・悠久の若虎・桧山はショートゴロ。絶好調の代打・高橋光も3番手・上原の前に空振り三振に斬って取られて、またも二者残塁。巨人は8回、大道の犠飛でダメ押しの5点目を追加。最後は豊田が締めて、完封リレーを達成。

直接対決とあってマジックを消滅させる事は出来なかったものの、この3連戦勝ち越しを果たし、巨人が阪神に意地を見せた。昨夜、エラー連発で足を引っ張ったガッツな汚名返上の決勝タイムリー。鈴木尚も3安打2得点とポイントゲッターとして大活躍。投げてはグライシンガーが4連勝で2年連続の10勝目をマーク。星野監督に媚び売って、北京に拉致される日まで、先発に戻されない事が確実視されている上原もようやく勝負所で好投し、完封リレーに一役買った。阪神はボーグルソンを引っ張り過ぎたのが痛かった。ガッツにタイムリーを浴びた所で交代すべきだったろう。その裏の打順が9番からだった事もあるのかもしれないが、阪神のリリーフ陣の層の厚さを考えれば、そんな所で投手の駒をケチる必要はなかった筈だ。2点差で食い止めていれば、その裏のチャンスで平野は間違いなくバントだったろうし、大きく戦局は変わっていたかもしれない。

◆D3−8C
相変わらず、連敗を止める事よりも、求道者・前田をシメ倒す事に夢中なブラウン監督はこの日も求道者・前田をベンチに軟禁。これに対して、中日は初回、内野安打で出た荒木がコズロースキーの牽制悪送球で一気に三塁を欲張って憤死する大チョンボ。続く井端は四球で歩いた後、盗塁と内野ゴロで三進。ここでコズロースキーが暴投をかまし、タナボタの先制点をゲット。3回に栗原のタイムリーで追い着かれるも、その裏、一死一、三塁から森野のタイムリーで再び勝ち越しに成功。更に、二死後、ベンちゃんが死球を食らい、満塁とチャンスを広げるも、中村紀はサードゴロに倒れて三者残塁。1点を追う広島は5回、二死一、二塁から栗原が14号3ランをぶち込んで、逆転すると、更に、一、二塁となった所でシーボル,小窪に連続タイムリーが飛び出して、この回、一挙5点。4点を追う中日はその裏、一死一塁から森野のタイムリー二塁打で1点を返すと、続くT.ウッズが歩いて一、二塁と一発で同点のチャンス。しかし、ベンちゃん,中村紀と倒れて、1点止まり。広島は7回に石原のタイムリー,8回には東出のタイムリーで加点し、ダメ押し。最後は5点差ながら、8日ぶりの登板となった守護神・永川が3人でピシャリと締め、広島の連敗は7でストップした。

中日は牽制悪送球に暴投に四球連発と大荒れのコズロースキーを捉えきれず、怒濤の拙攻三昧で大惨敗。一方、広島は栗原があわやサイクルヒットと言う4安打4打点の大爆発でようやく連敗をストップ。求道者・前田は大局が決まりかけていた8回にようやく代打で登場。相変わらずの不遇な扱いに怒りの炎を燃やす求道者・前田の鋭い眼光が寝損をたじろがせ、ダメ押し点の繋がる四球を勝ち取ったが、勿論、こんな事で満足する求道者・前田ではないだろう。連敗が止まったとは言え、ブラウン監督が暗黒采配を揮い続ける限り、広島がピンチを抜け出した事にはならないのだ。

◆S4−6YB◆
昨夜、先発投手としては史上最速タイの10球で危険球降板となった小林が2日連続の先発登板。しかし、初回から青木,田中とタイムリーを許して、2点を失うと、2回には村田の28号ソロと自らのタイムリー二塁打で追い着いておきながら、その裏、一死二、三塁から福地の犠飛,宮本のタイムリーで2点を勝ち越され、この回限りであえなくKO。しかし、横浜は4回に相川の2号ソロで1点を返すと、5回には吉村が21号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。以降、試合は膠着状態に陥り、4−6の儘、終盤へ突入。横浜は8回から早くも守護神・はーちゅんを投入すると、はーちゅんは期待に応え、残り2回を無難に抑えて、2点のリードを守りきった。

石川が5回6失点の背信投球でヤクルトはまたまた借金生活に逆戻り。横浜は小林の2日連続先発起用と言う奇策は裏目に出たものの、村田,吉村の東福岡コンビの活躍で見事に逆転勝ち。吉村はここ7試合で猛打賞3度を含む4度のマルチ安打,ホームランも5発の大当たり。村田の拉致される時が迫っているこの時期に吉村が調子を上げてきたと言うのは横浜にとって大きな救いだろう。

◆H4−5Bs◆
ソフトバンクは初回、小久保のタイムリー二塁打で1点を先制。プロ初登板初先発となる高卒ルーキー・岩崎は2回までは踏ん張っていたが、3回、4連打を浴びて同点とされると、二死後、北川に勝ち越し2点タイムリー二塁打を許して、この回限りで無念のKO。2点を追うソフトバンクは5回、一死一、二塁から川崎が今季初アーチとなる3ランを叩き込み、一気に逆転。しかし、8回、この回からマウンドに上がった 陽が2四死球で一死一、二塁のピンチを作り、降板すると、代わった久米も死球を与えて、満塁とした所で坂口に同点犠飛,阿部に勝ち越しタイムリーを許して、形勢逆転。偽バファローズは守護神・加藤が三者三振の快投で締め括り、この3連戦勝ち越しを決めた。

岩崎を先発に送り込んだ段階である程度、負けは覚悟していたであろうソフトバンクだが、結果的に悔しい敗戦となった。岩崎の3回降板は予想の範疇だったろう。しかし、川崎の3ランと言う予期せぬ展開で逆転となれば、何とか勝ちを拾いたかったが、陽,久保の乱調に泣いた。久米はともかく、あそこで陽を出さなければならない辺り、ソフトバンクの苦しい台所事情が窺えると言うものだ。

◆F2−3M
清水,藤井がいずれも走者を出しながら、丁寧な投球であと一本を許さず、両軍無得点の儘、試合は中盤へ突入。先手を取ったのはロッテ。5回先頭の今江が三塁打で出ると、続くサブローのタイムリーで先制のホームイン。1点を追う日本ハムは6回、一死一塁から田中が同点タイムリー三塁打。更に、2四球で二死満塁と勝ち越しのチャンスを掴むが、稲田はサードへ打ち上げて、勝ち越しならず。すると、直後の7回、ロッテは今江,サブロー,竹原の3連打で2点を勝ち越し、藤井をKO。日本ハムも負けじとその裏、二死三塁から工藤がタイムリーを浴びせて清水をKO。更に、代わった川崎から田中がヒットで続いたが、稲葉はレフトフライに倒れて、二者残塁。8回にも二死二塁のチャンスを逃した日本ハムは土壇場9回、一死から劇団ひちょり,工藤の連打で一、二塁と長打が出れば、一気にサヨナラのチャンス。しかし、田中は空振り三振に倒れると、続く稲葉もサードゴロに倒れ、あと一歩及ばなかった。

ロッテは3併殺を食らうなど、拙攻続きだったが、日本ハムはそれ以上の大拙攻。1〜3番まで8安打,5番の高橋も2安打を放ちながら、僅かに2得点。4度得点圏に走者を置く場面で打席が回ってきながら、3タコ(+1敬遠)に終わった4番・稲葉のブレーキぶりが大きく響いた。ロッテ先発・清水は前回は4回もたずにKOされる炎上ぶりだったが、今回は要所でよく持ち堪え、8勝目をあげた。

◆L14−5E◆
プロ初先発となるルーキー・平野を何とか援護したい西武は初回、2死球で一死一、二塁のチャンスを拾うと、ブラゼルが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。更に、グスマンの悪送球と後藤のタイムリーでこの回4点。直後の2回、楽天は西村のタイムリー内野安打で2点を返し、2点差と詰め寄るが、西武は5回、またもブラゼルが24号3ランを叩き込むと、更に、礒?にもタイムリーが飛び出し、8点目。6回にも1点を加えた西武は7回には江藤,中村,礒?と3発のアーチ攻勢で5点を奪い、試合を決定付けた。

西武がが2試合連続14得点の猛攻で3連勝。逆に言えば、楽天投手陣が連日、火だるまと言う事だ。この3連戦で実に34失点と言う炎上ぶりは目も当てられない。ただでさえ、田中がリタイアし、踏ん張らなくてはいけない投手陣がこの有様では今後の連敗ロードは避けられないか!? 平野は6回途中3失点で降板となったが、大量援護に恵まれて、プロ初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:08コメント(0)トラックバック(60) 

July 11, 2008

◆G4−1YB◆
横浜は初回、一死からガッツな貴公子・仁志,内川の連打で一、三塁するも、村田は空振り三振に倒れ、スタートを切っていた内川も二塁で憤死する三振ゲッツー。続く2回には3連打で無死満塁としながら、後続3人があえなく凡退し、三者残塁。すると、その裏、巨人は松田記者の5号ソロであっさり先制。4回には一死二、三塁からグライシンガーがスクイズを決めると、更に、マッスル千代の富士,岩舘の連続タイムリー二塁打でこの回3点。序盤のピンチを凌いだグライシンガーは3回以降立ち直り、7回まで無失点の好投。8回から上原が連夜のリリーフ登板となったが、いきなり内川に被弾すると、続く村田にもフェンス直撃の二塁打を浴びたものの、何とか後続3人を打ち取ると、9回からは守護神・クルーンがピシャリと締めて、巨人は2位に浮上した。

今季2度目の3連勝を狙った横浜だが、序盤のチャンスを生かせずに黒星。2回の無死満塁での無得点は何とも痛く、これでグライシンガーを完全に調子に乗せてしまった。完封ペースのグライシンガーだっただけに、8回で上原と代えられてしまったのは少々釈然としない。しかも、いきなり被弾し、村田にも二塁打を浴びた時にはどうなる事かと…。上原のリリーフ登板は本当に北京に拉致されるまで続くのだろうか…。打線の方はガッツ,寿司職人ラミレスがノーヒットに終わった中、2番・岩舘が2本の二塁打,8番・寺内が3安打と伏兵の起用が的中した。立場も状況もわきまえずにモナっていたあの男が一軍に上がって来ていたら出られなかったかもしれない二人だけに期するものがあった筈だ。今後もあの男が上がってくる余地のない活躍を見せて貰いたいものである。

◆D2−4S
立ち上がりからピリッとしない人斬り抜刀斎に対し、1,2回と攻め立てながら攻めあぐねていたヤクルトだが、投手の石川が自ら二塁打を放って口火を切ると、福地が死球で繋いだ後、宮本が送って二、三塁。二死後、畠山がセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を先制。6回まで2併殺を食らうなど、相変わらずの拙攻三昧を繰り広げ、ゼロ行進を続けていた中日だが、7回、一死三塁から英智のタイムリーでようやく1点。更に、中村紀がヒットで続き、石川をKOすると、代わった松岡の暴投と言うタナボタで同点。しかし、それも束の間、直後の8回、ヤクルトは二死満塁から代打・飯原がレフト前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。その裏から押本−林と繋いで逃げ切った。

ヒットが出たのは僅かに3イニング。その為、残塁は3に留まったが、併殺はきっちり2個食らうなど、相変わらずの不甲斐ない攻撃で人斬り抜刀斎を見殺してしまった中日はついに3位転落。4位・広島との差も僅かに2とあって、この儘では、Bクラス転落も時間の問題だ。この日はベンちゃん,中村紀が相次いで負傷退場となるなど、不安要素は増えるばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早く名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。

◆T2−1C◆
阪神先発・ボーグルソンはは5回までに二安打無失点の好投を見せるも、肝心の味方打線が前田健の前に1併殺6残塁の大拙攻で一向に先制点を奪えない。この展開に根負けしたボーグルソンは6回、二死走者なしから赤松,嶋,栗原と3連打を浴びて、ついに先制点を献上。1点を追う阪神は8回、2番手・シュルツから先頭のキュラソ星人が二塁打。一死三塁となった所で守護神・永川が登板するが、鳥谷が四球を選んだ後、代打・高橋光が同点犠飛を打ち上げ、試合はその儘、延長に突入。迎えた11回、阪神は一死から矢野がヒットを放つと、平野の犠打がエラーを誘う。二死後、関本がレフト前へ弾き返して、矢野がサヨナラのホームを踏んだ。

オチョアがスタメンから外れたにも拘わらず、求道者・前田をスタメンで使わず、1点を争う展開で11回まで戦ったにも拘わらず、求道者・前田をフル欠場に追い込むブラウン暗黒采配で敗れるべくして敗れた広島は借金2となり、またまた5割が遠のいた。粘り強く投げていた前田健の力投が報われなかったのは残念だ。阪神は7回から5人の投手がそれぞれイニングの頭から入れ替わり立ち替わりマウンドに上がったが、こういう継投の仕方で誰一人失敗しない辺りが素晴らしい。この展開でJFKを全く引っ張る事なく、いずれも1回だけですっぱりと代えたのには驚いた。

◆F3−2H◆
日本ハムは3回、二死から劇団ひちょりがヒットで出ると、続く高口のタイムリー三塁打で先制のホームイン。5回には二塁打で出た小谷野が鶴岡の犠打,金子誠の犠飛で生還すると、更に、劇団ひちょりのヒットの後、また高口がタイムリー二塁打を浴びせて、3点目。ダルビッシュの前に5回まで1安打と沈黙していたソフトバンクは6回、一死から高谷,本多,川崎の3連打で1点を返すと、続く7回には無死二塁からスタメン復帰の小久保にタイムリーが飛び出して、1点差。しかし、反撃もここまで。以降、9人連続凡退に終わり、あと1点が届かなかった。

ダルビッシュが完投で3年連続の2桁勝利に到達。チームの連敗を3で止めた。大隣も3失点の無四球完投と決して悪い投球ではなかったが、相手が悪かった。3番以下は3安打に抑え込んだものの、劇団ひちょりに4安打,高口に2本のタイムリーと1,2番コンビにしてやられてしまった格好だた。ソフトバンクの連勝は3でストップし、西武との差は5と拡大してしまった。

◆E0−4M
唐川,青山の両先発が毎回の様に走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球を展開し、7回まで共に無失点。迎えた8回、ロッテは先頭の根元が四球で歩くと、二盗に成功。里崎のヒットで一死一、三塁となった所で大松が犠飛を打ち上げ、ついに均衡を破る先制点をゲット。9回には根元に2号ランニング3ランが飛び出し、ダメ押し。8回途中から川崎−荻野と繋いで完封リレーを達成。唐川は完投は逃したものの、7回1/3を無失点で5勝目。ロッテは再び最下位から脱出した。

「ドカパロ」での登場予告をされた途端の連続KOで二軍に身を隠した唐川。しばらく横浜が呪われる展開が続くと見たか、再昇格で立て続けの好投を演じた訳だが、よもや今週で横浜戦が終わってしまととは誤算だろう。来週からロッテ戦が始まってしまうとあって、予告通り、唐川が引っ張り出されてしまう可能性は高まってきた。同じく高校BIG3の一角・トンガは結果も出してない段階でピエロ役を演じさせられ、未だにファームで苦しんでいるが、既に結果を残している唐川には呪いに屈する事なく、何とか踏み留まって欲しい所だ。

◆Bs4−12L◆
西武打線が序盤から大爆発し、あっさりと試合を決めた。初回の二死一、二塁のチャンスは逃したものの、2回に中村の19号ソロ等で3点を先制。続く3回には中島,ブラゼルが連続アーチを叩き込み、偽バファローズ先発・オルティズはこの回で早くもKO。4回には2番手・近藤を攻め立て、中村のこの日2本めとなる20号2ランなど、5長短打で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。偽バファローズは終盤、4点を返したものの、焼け石に水で最下位転落。西武先発・帆足は7回3失点で8勝目。

西武は4発20安打12点の猛攻で連敗を3でストップ。沈黙していた相手打線を目覚めさせてしまうと言う来日当初に発揮しまくったオルティズの特殊能力が再び発動してしまった。折角、混パになりつつある状況でまた西武を上昇気流に乗せてしまうのは避けたいだけに、偽バファローズには死力を尽くして、この3連戦勝ち越して欲しいものだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:32コメント(0)トラックバック(24) 

July 03, 2008

今日は時間がないので、簡潔に…

◆G6−1S◆
久々の登板となるルーキー・加藤相手に初回にゲッツー崩れで先制した巨人は5回にはガッツの13号ソロ。6回には4連打で2点を追加。8回にはマッスル千代の富士に10号2ランが飛び出して、ダメ押し。先発・グライシンガーは8回を無失点とようやく本来の持ち味を発揮し、1ヶ月ぶりの7勝目。ヤクルトは9回に2番手・豊田から1点を取り、完封を免れるのが精一杯で早くも自力Vが消滅した。

永久欠番シリーズの王さん編と言う事で王さん信奉者としては行かねばなるまいと、今季初のプロ野球観戦。奮発してS席を買ったのだが、S席の中でも、かなり後ろの方で、位置も列のど真ん中で一切移動する気になれないと言う費用対効果の低〜い席でありましたよ。永久欠番シリーズとか銘打っている割には、どこが違うの?と言う程度のパッとしない催しだったしなぁ。収穫は王さんのカードを貰えたくらいか。これって、1,2日はまた違うカードだったんかなぁ。気になる…。巨人ファン休業中の私ではあるけれど、別にヤクルトを応援する義理もなく、とりあえず、さる事情につき勝って貰う必要があるグライシンガーが先発だったので、一応、巨人を応援。そのグライシンガーが好投,坂本が3安打,代走から出場の鈴木尚も盗塁はしてくれなかったが、ヒット1本と、清水も代打でヒットと贔屓の選手が揃って活躍してくれたので満足だ。それにしても、相変わらず、牽制する度にいちいちブーイングをあげるとヤクルトファンがこの上なく低脳で鬱陶しい。生で体験すると、更に、ムカつくね。見苦しいので、この応援スタイルはいい加減やめて貰えないか…。大体、お前らんトコの萩原は鈴木尚相手に何回牽制すりゃ気が済むんだよ!と。そんなに牽制されたくなかったら、盗塁すんな! 俊足選手をズラリと並べておいて、いちいち牽制に文句つけるって、図々しいにも程がある。

◆T4−1D
初回から新井のタイムリーで先制を許した中日は3回、小池のタイムリーで同点とするが、以降は全くチャンスらしいチャンスを掴めない。同点の儘、迎えた8回、阪神は矢野の2点タイムリーで勝ち越し。更に、ウッチャンのエラーと清水昭のボークでダメ押しの4点目。移籍初登板となる伊集院光の弟子・金村は6回を自責点0の好投で今季初勝利を飾った。

◆Bs6−5H◆
初回にクリーンアップの3連打で先制された偽バファローズだが、後藤,カブレラ,ローズの一発攻勢等で6回までに4点のリード。ソフトバンクは7回、小久保,柴原のタイムリー等で3点を返し、1点差まで詰め寄るが、8回は川越,9回は加藤の前に3人ずつで打ち取られ、今季初の5連敗。対偽バファローズ戦の3連戦3連敗は7年ぶりの屈辱となった。

◆F6−4L
3回に1点ずつ取り合って迎えた4回、西武は中村のタイムリーで勝ち越し。6回には中島のタイムリー二塁打で3点目。しかし、その裏、帆足が自らのダブルエラー等で追い着かれ、KO。日本ハムはこの後、劇団ひちょりの2点タイムリー,田中のタイムリーで一気に3点を勝ち越し。最後はMICHEALが1点を失いながらも、何とか逃げ切った。

◆E1−3M◆
ロッテは初回、根元の三塁打等で2点を先制。5回にはまたも根元のタイムリーで3点目。「ドカパロ」への登場予告をされた途端に壊滅的不振に陥り、二軍落ちしていた唐川は毎回走者を出しながら、あと1本を許さない粘りの投球で7回まで無失点の好投。8回に嶋に痛打された所で降板となったが、51日ぶりの白星を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(14) 

June 04, 2008

◆Bs2−4G◆
巨人は偽バファローズ先発・金子の立ち上がりを捉え、坂本のヒット,キムタクの四球の後、ガッツのタイムリー二塁打でまず1点を先制。一死後、松田記者のセカンドゴロの間に2点目を加えると、更に、阿部がセンター右へタイムリーを放って、この回、3点。3点を追う偽バファローズはその裏、無死二、三塁からカブレラのショートゴロの間に1点を返すも、あとが続かず1点止まり。4回には二死から北川,後藤と連打を浴びせると、グライシンガーの牽制悪送球の間に北川が本塁を陥れ、1点差。毎回ヒットを浴びせながら、2回以降、追加点をあげられずにいた巨人だが、7回二死一、三塁から松田記者のタイムリー内野安打で貴重な1点を追加。8回からは豊田−クルーンがいずれも二人の走者を背負うピンチを辛くも退けて、巨人の連敗は4でストップ。先発・グライシンガーは5月11日以来となる6勝目。

連敗地獄,借金地獄にハマりつつあった巨人だが、グライシンガーの久々の好投に救われた。坂本を1番に戻すなど、また微妙〜にテコ入れされた打線は13安打で4点と微妙〜な結果に…。寿司職人ラミレスは2安打を放って、連続試合安打を27と伸ばし、いよいよ高橋慶の記録も視野に入ってきた。金子は2回以降は粘り強く投げたが、初回の3失点が響いて、4連敗。4月19日以来白星から遠ざかっているだけに今日は白星を拾いたい所だった。

◆M5−4D
ロッテは初回にズレータが3号2ラン,2回には竹原が今季初アーチとなるソロと一発攻勢で3点のリード。この日も1,2回と立て続けにチャンスを逃ず相変わらずの拙攻を繰り広げていた中日だが、3回、一死二塁からT.ウッズのタイムリーでようやく1点を返すと、更に、2四死球で貰ったタナボタの満塁のチャンスで李の内野ゴロの間に1点を加えて、1点差。しかし、その裏、ロッテはズレータのタイムリー二塁打ですかさず突き放すと、6回にはピンキー井上のタイムリーエラーで5点目。3点を追う中日は7回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに14号2ランをぶち込み、再び1点差まで詰め寄り、ロッテ先発・渡辺俊はこの回限りでKO。土壇場9回、中日は一死一、二塁のチャンスを掴みながら、ベンちゃんが最悪のセカンドゴロゲッツーに打ち取られて、万事休す。

最後の最後まで川相不在の弊害を露呈する形で敗れた中日。相手より多くのヒットを放ちながら敗れるのはこれで一体何度目だ? 山本昌は前回に続く乱調で目前に迫る200勝へまたも足踏み。山本昌が投げる時くらい打線がしっかり援護してやらなければいけない所なのに、先発がコケたら最後…と言ういつも通りの野球をやっていて、どうするのか…。一方、打線以前に先発陣が大崩れする試合が多くなっていたロッテだが、渡辺俊が4失点ながらも、中日の詰めの甘さにも助けられ、4月22日以来の白星。7回まで投げたのは4月13日まで遡るが、これを機会に7回など当たり前の様に投げていたかつての安定感を取り戻して貰いたいものだ。

◆H0−3S◆
ソフトバンク先発・パウエルに対して、ヤクルトは2回二死走者なしからヒットで出た飯原が続く川本のセンター前ヒットで一気に本塁を陥れる好走塁で1点を先制。5回には一死三塁から青木,畠山,ユウイチのクリーンアップ3連打で2点を追加。ヤクルト先発の石川は7回まで散発2安打と二塁も踏ませぬ好投を展開。8回に二死からヒットと四球で初のピンチを背負うも、代打・城所を打ち取り、ピンチ脱出。9回からマウンドに上がった守護神・林は連続三振の後、ヒットと四球を許し、一発が出れば同点と言うピンチを作ったものの、最後は柴原を空振り三振に斬って取り、完封リレーを達成。ソフトバンクの連勝は5でストップした。

3,4月で5連勝しながら、5月に4連敗と苦しんでいた石川だが、6月は白星スタートとなった。5月も決して投球内容が悪かった訳ではないので、調子が戻ってきたとかそういう次元の話ではないのだが、結果として白星がついてきたのはストレスが溜まりつつあった石川に大いにプラス方向に働きそうだ。連勝が止まったソフトバンクだが、散発4安打と抑え込まれては如何ともしがたかった。

◆F2−3C◆
相手が右のダルビッシュだと言うのに、昨日たまたまノーヒットだったと言うだけで絶不調説をでっち上げたブラウン監督はまたまた求道者・前田をベンチに追いやる嫌がらせを敢行。悲しみと怒りを押し殺しながら試合に臨んだ広島は2回、二死二、三塁から赤松の走者一掃タイムリー二塁打で2点を先制。続く3回には栗原のタイムリー内野安打で3点目を追加。広島先発・ルイスは初回こそいきなり連打を浴びたものの、以降は6回まで一人の走者も出さない素晴らしい投球を展開。7回にスレッジに2点タイムリーを許して、1点差まで詰め寄られたが、最後は守護神・永川のリリーフを仰いで、ハーラー独走の8勝目を飾った。

ダルビッシュ相手に勝つには勝った広島だが、求道者・前田がフル欠場し、代わりに出た赤松が決勝タイムリー(代わりに出たのは森笠…と言えなくもないが)。これでブラウン監督は求道者・前田不要論と言うとんでも理論をでっち上げ、今後も恒久的に求道者・前田を外す足がかりを掴んでしまったかもしれないと思うだに、ゾッとする。また栗原辺りが怒濤のチャンスブレイクによる猛抗議をかますしかないのだろうか…。今日、求道者・前田を外す理由は常識的に考えれば微塵も存在しない訳で、本当に求道者・前田が試合に出続ける為には全試合マルチ安打するくらいしか打つ手がない感じだ。

E2−5T◆
2回に藤本のタイムリー二塁打で先制した阪神は続く4回には悠久の若虎・桧山のタイムリー三塁打で2点目。更に、5回には2四球で一、二塁とした所でキュラソ星人が9号3ランを叩き込み、5点目。阪神先発・上園に対して、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ずにいた楽天だが、5回、鉄平の2号2ランでようやく2点を獲得。追い上げられた阪神は6回から早くも継投モードに突入る渡辺を挟んで久保田−ウィリアムス−藤川と繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切りに成功。先発・上園は5回2失点で今季初勝利。

阪神が投打噛み合っての快勝。リリーフ4人が1回ずつをきっちり締めると言う得意のパターンが決まった。前回、異常な大荒れぶりで高橋を骨折に追いやった藤川はこの日はストライク先行で3人でピシャリ。あの日おかしかったのは、日本ハムにかかっていた水島の呪いの影響で何か取り憑いていたのだろうか。「毎日阪神とやりたい」とかぬかしていたノムさんだが、見事に返り討ちに遭ってしまった。

◆L2−1YB◆
横浜先発のルーキー・桑原謙に対して、2回までに5残塁と攻めあぐねていた西武だが、3回、四球の中島を一塁に置いて、ブラゼルが14号2ランを叩き込み、先制。再三チャンスを掴みながら、あと一本が出ず、ゼロ行進を続けていた横浜は7回に二死一、二塁のチャンスを作って、西武先発・石井一をKO。しかし、代わったミャオの前に大西が三振に倒れて、二者残塁。8回に一死一、三塁から金城の内野ゴロの間にようやく1点を返したものの、後が続かず、最後はグラマンに反撃を断ち切られ、あと一歩及ばなかった。

強力西武打線をブラゼルの2ランのみに抑えながら、こういう時に限って1点しか取れないと言う巡り合わせの悪さでまたも敗れた横浜。ガッツな貴公子・仁志は史上96人目となる1500安打を達成したが、チームの勝利で花を添える事は出来なかった。ハマのチンピラは右肩の張りで登録抹消となるなど、水島の呪いの影響がジワジワと表面化している印象だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:12コメント(0)トラックバック(53) 

April 17, 2008

◆D0−1G◆
中日相手に3タテ食らうのは何としても回避したいのか、はたまた中5日の方が適性が高い事に気が付いたのか、巨人はグライシンガーを前回に続いて中5日で先発起用。これに対して、中日は3回までヒットを浴びせながら、得点を奪えない川相不在の弊害を露呈。一方、中日先発・山井も3回まで無失点の好投を見せていたが、どれ程、素晴らしい投球を見せた所で、水島の呪いにより、一部の純真な野球少年達からは姑息な目眩ましを駆使した卑劣で狡猾な投手と誤解される一方…と言う事を思うだに、心が折れてしまったのか、4回、マッスル千代の富士に8号ソロを叩き込まれて、先制点を献上。中日はその裏もゲッツーでチャンスを潰すと、6,7回もヒットの走者を返す事が出来ず、ゼロ行進を続けるばかり…。0−1の儘、迎えた8回、中日はヒットの荒木を井端が送って、一死二塁。ここで巨人はグライシンガーから早くもクルーンにスイッチ。クルーンは李,T,ウッズと連続三振でピンチを切り抜けると、9回もピシャリと3人で締め括り、今季初の完封勝ちで3タテを免れた。

安直中古助っ人補強に走った巨人がグライシンガー→クルーンで完封リレー。これで唯一の得点を叩き出したのが、寿司職人ラミレスだったら、洒落にならなかった。昨日も書いたが、今やマッスル千代の富士が1番にいる意味が全くない。今日は投手陣が頑張ったから良かったものの、誰もいない所で一発打ちまくってもなぁ…。さて、中古ではない直輸入助っ人・ゴンザレスだが………、3タコ。4割打っても落とされかねない状況だってのに、まずい! まずいよ、ゴンザレス! 折角、昇格してきたタイミングで何で好調の投手に当たってしまうかなぁ…。

◆T−C◆
降雨中止。

◆S−YB◆
降雨中止。

◆Bs−H◆
降雨中止。

◆M2−11E◆
抜群の安定感を見せている岩隈投入でロードゲームの連敗地獄を阻止したい楽天。苦手な接戦を避けんと序盤から突き放しにかかるべく、2回に鉄平のタイムリー二塁打等で3点を先制したものの、4回に礒部,鉄平が相次いで失策を犯すなどして2点を失い、1点差と詰め寄られてしまう。しかし、6回に内野ゴロの間に1点を加えた楽天は8回には鉄平が1号3ラン,9回にも4点を加えて、大きく突き放し、ロードゲームの連敗は8でストップ。岩隈は8回を自責点0,10三振を奪う好投で3勝目を飾った。

点差が開けば強さを見せる楽天が敵地で久々の白星を掴む形で、絶対的強さを誇る本拠地に舞い戻る事となった。一方、ロッテは闇雲に便利屋使いされてぶちキレたアブレイユが3失点,自称・プロ失格者のくせに頭を丸める公言すら果たさないゴーグルが4失点とリリーフ陣が完全崩壊。打っては、打線いじりフェチ・バレンタインの訳の分からないオーダー編成が完全に空転するなど、無様な試合展開だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:29コメント(0)トラックバック(28) 

April 11, 2008

◆G2−1S◆
未だに3連戦の初戦を取れずにいる巨人は背信投球が続いている春風亭半ケツを飛ばして、グライシンガーを投入。そのグライシンガーを援護すべく初回からいきなりマッスル千代の富士,亀井の連続アーチが飛び出して、巨人が2点を先制。ヤクルトは初回のチャンスをゲッツーで逃したのに続き、2回も二死満塁のチャンスを潰してしまう。3回にリグスのタイムリーでようやく1点を返すが、なおも一、二塁のチャンスにガイエルがゲッツーを食らい、崩れかけていたグライシンガーに立ち直る隙を許してしまった。一方、いきなり連続被弾と言う最悪の立ち上がりだったヤクルト先発・村中だが、以降は完全に立ち直り、15者連続凡退させるなど、付け入る隙を与えない。巨人は8回から豊田,9回からクルーンと繋ぐ必勝リレーを決め、1点差を守りきって、今季初の3連勝。グライシンガーは待望の移籍初勝利。敗れたヤクルトは4連敗。

3連敗と下降中のヤクルトが怨敵・グライシンガー投入で敵愾心を煽られ、再び覚醒するかと思いきや、逆に拙攻でグライシンガーを覚醒させてしまった。とりあえず、ここまでグライシンガーの勝敗結果をトレースしているリオスが次は勝ってくれるかもしれない事を祈るばかりか。村中はいきなりの連続アーチ以降は完璧な投球だっただけに、あの2発が悔やまれる結果となった。巨人も攻撃面ではとても手放しで喜べる結果ではないが、豊田−クルーンの継投も板についてきており、これから巻き返していけそうな手応えは出てきた。しかし、開幕投手でありながら、早くも登板を飛ばされてしまった春風亭半ケツには奮起を期待したい。そういえば、加藤が何か中継ぎで出てんたんだが、先発ローテ降格?

◆C3−7D◆
中日は初回、広島先発・大竹の制球難をついて、一死満塁とすると、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号先制グランドスラム。大量4点を追う広島は4回、不振に喘ぐシーボルに来日初アーチとなる2ランが飛び出すと、更に、天谷もタイムリーを放ち、1点差。折角、ここまで追い上げて貰った大竹だが、またも四球2つでピンチを作った挙げ句、またまた川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんにこの日2本目となる4号3ランを被弾。これで試合を決定付けられた広島の連勝は3でストップした。

広島が12安打で3点しか取れなかったのに対して、中日は7安打で7点。と言っても、別に中日が効率のいい攻撃を展開した訳ではなく、たまたま四球で走者が溜まった時にベンちゃんが2発はなっただけの事。全得点となる7打点をあげたベンちゃんを責める理由はないが、相変わらず、大雑把な一発依存野球を展開するしか手のない中日打線には辟易とさせられるばかりだ。広島はシーボルに初アーチが飛び出し、栗原も3戦連続マルチ安打と調子を上げて来ているが、求道者・前田がよもやの3三振含む4タコと大ブレーキだったのが痛かった。

◆YB2−1T◆
阪神は2回ゼブラ今岡,鳥谷の連打の後、フォードの犠飛で1点を先制。1点を追う横浜は3回、前日、ダメ助っ人・ファーマニアックと入れ替えられる屈辱を受けたガッツな貴公子・仁志のタイムリー内野安打で追いつくと、6回は相川のタイムリーで勝ち越しに成功。横浜先発のハマのチンピラは8回1失点で切りぬけると、最後はマットホワイトが締めて、連敗を3でストップさせた。

2000本安打への足踏みが続いているキュラソ星人。この日は通算対戦打率.350超とカモにしているハマのチンピラ相手とあって、大いに期待されたが、2三振を喫するなど、3タコ。マットホワイトに代わった4打席目も三振に終わり、これで15打席ノーヒットと深刻な難産になってきた。

◆H3−8L◆
松中の一発で連敗を脱出し、波に乗りたいソフトバンクだが、先発・杉内がいきなりブラゼルにタイムリーを許し、先制点を献上。すかさず、その裏、松中の犠飛で追いつき、2回には川崎,仲沢の連続イムリーで2点を勝ち越すが、依然として杉内がピリッとしない。3回に片岡の二塁打で1点差と迫られると、4回には二死一、三塁から片岡,栗山,中島と3連続タイムリーを浴びて、4失点。それでも何故か、続投の杉内は結局、7回に2点を失った所でKO。ソフトバンクは4回以降、毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ず、9回も満塁のチャンスを潰して、連勝を逃した。

毎度、期待を裏切ってる印象があるのだが、意外にも初黒星の杉内。7回まで引っ張る必要もなかったと思うが、どのみち、3回以降追加点を奪えていないのだから、如何ともしがたい。西武より5本も多い15安打で僅か3点。13残塁の大拙攻とは、何ともお粗末である。松中は昨日の一発で目覚めたか、3安打を放ったが、いずれも無走者時。また、折角、塁に出ても、一度も返ってこられなかった。

◆M2−3F◆
2回にベニー松山の犠飛で先制を許した日本ハムだが、4回に鶴岡の走者一掃2点タイムリー二塁打で逆転に成功。しかし、その裏、ロッテは今江が同点タイムリー二塁打。2−2で迎えた6回、日本ハムは二死二塁からオーティズのタイムリーエラーでタナボタの勝ち越し点をゲット。先発スウィーニーは6回2失点で切りぬけると、7回からは建山−武田久と繋いで、最後はMICHEALが締めて、5連勝。千葉マリンでは2006年9月以来続いていた小林宏の連勝記録は8でストップした。

少ない得点を必死に守って、日本ハムが5連勝。連覇を達成した事でこういう試合を拾える強さを身につけた様な印象だ。武田久,MICHEALの後ろ2人が実に安定していて、必勝パターンを構築出来ているのも有難い。また、ダメ助っ人扱いされていたジョーンズが昇格早々2安打と活躍したのも嬉しい材料。トンガのライバル扱いはあんまりだと奮起したか?

◆E5−4Bs◆
連敗地獄が止まらない楽天はこの日も初回からローズの二塁打で先制される苦しい立ち上がり。しかし、その裏、フェルナンデスが5号3ランを叩き込んで逆転に成功。3回には山崎武にも一発が飛び出して、4点目。僅か1試合でストッパー失格の烙印を押され、ノムさんにも散々嫌味を言われ続けるなど無体な扱いを受けていたグスマンは待望の今季初先発で2回以降、追加点を許さず、6回まで投げきり、お役御免。しかし、2番手・小山が7,8と1点ずつ返され、9回には抑えの青山がローズに同点タイムリーを浴びて、試合は延長に突入。迎えた10回、楽天はヒットの渡辺直を高須が送った所で代打・山下がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちで6連敗をストップさせた。敗れた偽バファローズは最下位転落。

散々シメられまくってきたグスマンが先発で結果を残した。だから、グスマンの適性はどう考えても先発だろうと、散々言ってきたろうに…。しかも、そのグスマンを下げた途端にリリーフ陣が3失点でグスマンの白星を粉砕する有様で、ノムさんとグスマンの立場は完全に逆転したかに思われるが、結局、サヨナラ勝ちしてしまったので、グスマンの白星を潰してしまった申し訳なさを忘れてしまっているやも…。偽バファローズは香月を突然先発させる博打起用がまたも失敗。鴨志田と言い、コリンズ監督は本当に先発で使える根拠があってやっているのだろうか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:09コメント(0)トラックバック(20) 

March 09, 2008

◆F1−2G◆
巨人十八番の安直中古助っ人補強戦略でやってきたグライシンガーがまたまた好投。先発として5回を投げ、2安打無失点と文句なしの投球。同じく安直中古助っ人補強戦略でやってきたクルーンも1回を3人で退けた。打ってはこれまた安直中古助っ人戦略でやってきた寿司職人ラミレスが2安打。おかげでこの日もヒットを放つなどオープン戦打率.444をマークしている直輸入助っ人・ゴンザレスの二軍降格の可能性が無情にも高まるばかりだ。日本ハム先発・武田勝は先制点を許して、敗戦投手にはなったが、無四球の6回1失点と万全の内容。新助っ人・スレッジも2安打と調子を上げてきたが、水島の呪いに苛まれつつあるトンガはこの日もスタメンを外された上、代打で登場するも、クルーンの前にあえなくセカンドフライに倒れて、いよいよ開幕二軍の可能性は現実的なものとなってきた

◆D2−0E◆
長谷部が前半戦絶望の危機に苛まれた事で逆に自覚が芽生えたのか、ここまでピリッとしない投球が続いていた朝井が6回を投げて内野ゴロの間に失った1点のみに抑える好投を展開。開幕へ向けて、ようやく結果を残した。不振が続く小山は2安打1四球と一死も取れずにKOとまたまた炎上したが、アテにならない小山に代わるストッパー候補に浮上中のグスマンは3人でピシャリと抑えた。しかし、打線の方は散発4安打と沈黙し、2試合連続の零敗。元気のない楽天打線相手とは言え、中日は人斬り抜刀斎,朝倉がそれぞれ4回無失点。昨日の中田,小笠原と言い、開幕ローテ候補は順調な仕上がりを見せている。

◆C6−1H◆
パ・リーグ新人王大本命と目される大場が2度目の登板。2回に三者三振を奪うなど、4回まで7三振無失点の好投を演じていたが、5回、二死走者なしから3連続四球と突如、制球を乱すと、緒方,喜田の連続タイムリーで4点を失い、無念のKO。両極端な投球内容に王さんも複雑な表情を浮かべるしかなかった。広島先発の前田健は4回1失点の好投で大炎上した前回の汚名を返上。開幕ローテ入りへ何とか踏み留まった。

◆S3−8L◆
セ・リーグ新人王の呼び声も高いルーキー・加藤がオープン戦初登板で大炎上。初回は無難に切り抜けたが、2回にブラゼルの2試合連続アーチを被弾してからリズムが崩れ、3失点。3回には中島,江藤にそれぞれ2ランを叩き込まれて、4回8失点と散々な結果に終わった。一方、西武の先発はヤクルトからFA移籍の石井一が初登板。石井一は古巣相手に走者を出しまくり、ピンチの連続ながらも、5回1失点でまとめる粘りの投球を見せた。川島慶は4安打と爆発を見せるなど、13安打を浴びせたヤクルトだったが、1併殺13残塁の大拙攻が響いた。

◆T0−3M◆
いい意味で開幕投手候補がズラリと並ぶロッテ。この日は先発・渡辺俊が4回をパーフェクトに抑える快投を繰り広げ、バレンタイン監督は嬉しい悲鳴。打っては好調・大松が久保田相手に決勝2ラン。左投手相手にすぐ引っ込めようとするバレンタイン監督の左打者潰し采配に巻き込まれない事を祈るばかり。久保田が打たれて負けると言うJFK頼みの野球に甘んじていてはいけない事を象徴する様な試合展開となった阪神だが、先発の安藤は4回を2安打無四球無失点と素晴らしい投球を展開。不安を残す先発陣が揃う中、開幕投手候補へ躍り出た。

◆Bs8−3YB◆
白星で上回ったら何でも言う事を聞く…などど、ハマのチンピラがぬかしているものの、この男が公約を破るのは確実と理解しているのか、全くモチベーションの上がって来ないはーちゅんがオープン戦初登板で3回2失点と不本意な内容。また、新助っ人のウィリアムスが1回4失点,ルーキー・小林も3回2失点と新戦力も悉く打ち込まれ、大矢監督は「誰一人合格点がなかった」とおかんむり。一方、開幕ローテが固まっていない偽バファローズは昨年のウエスタンリーグ投手二冠に輝いた近藤が5回1失点の好投を見せ、ローテ入りへ猛アピールを果たした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:46コメント(0)トラックバック(15) 

February 17, 2008

◆西武球団、非道の嫌がらせ! 未更改G.G.佐藤に実戦出場禁止令!
依然として契約がまとまらず、自費キャンプ中のG.G.佐藤だが、球団側は契約更改が終わるまでオープン戦や練習試合どころか、紅白戦まで含めた全ての実戦出場を認めない方針を決定。西武はオープン戦開始までに紅白戦5試合,練習試合2試合を予定。野球協約の通例の解釈では未更改選手のオープン戦は認められないが、練習試合や紅白戦に出る事は全く問題ないだけに、この仕打ちは文字通り嫌がらせ以外の何物でもない。この嫌がらせに加担させられる事となったナベQは「紅白戦からふるい落としが始まる。まずはウチと契約している選手を見ると言う事になった」とコメント。ただでさえベンちゃんとカブレラに逃げられた状況で、現存戦力ではチーム最多本塁打を記録したG.G.佐藤を外せる筈もないだけに、表情を曇らせるしかなかった。

◆西武、早くも最下位転落の危機! 乱心・ナベQ、水島氏に悪夢の要望! 
G.G.佐藤問題で球団の嫌がらせに加担させられるなど、中間管理職の苦しみに喘いでいるナベQがその重度のストレスからか、血迷った行為に打って出た。西武の南郷キャンプにパ・リーグの疫病神こと水島氏が訪問するや「漫画の中でウチの選手の活躍をどんどん描いて下さい」などと、迂闊な事をぬかしてしまったのだ。今の水島氏にそんな事を頼んでしまったら、活躍どころか、水島キャラに一方的にシメ倒されるシーンを延々と描かれた上、「やはり山田は凄い」とか心にもない台詞を吐かされてしまうのがオチ。その精神的ダメージと呪い効果により、チームは下降の一途を辿りかねないのは言うまでもない。心おきなくシメられると勘違いして調子ぶっこいた水島氏はかつてナベQの完全試合を描いた直後に現実でノーヒットノーランを達成したエピソードを嬉々として語り、自らを予言者であるかの様に偉ぶった。しかし、そもそも、ナベQの完全試合エピソード自体、その前年、ルーキーイヤーの岩鬼の挑発に簡単に乗せられてしまう心の狭い人間として悪球を投げさせられ、理不尽な一発を叩き込まれた事に激怒したナベQが(テレビ番組の企画だが)告訴して、裁判で勝った結果、水島氏が罰金代わりに無理矢理描かされただけに過ぎず、水島氏が何かを予感して描いた訳では全くないのである。

◆トンガ、突如のブルペン入り! 梨田監督、二刀流起用を示唆?
プロの壁だけでなく、水島の呪いと言う強大な敵との戦いを強いられているトンガが梨田監督による指令で突如、ブルペン入り。MAX142kmを記録したストレートだけでなく、カーブ,スライダー,パームボールと持ち球全てを披露するなど、計53球の本格的な投球練習となった。気分転換が目的としながら、梨田監督は「スライダーはプロでも通用する。ボールの回転も悪くなかった」とぬかし、「そんな簡単なものじゃないが、何かの時の為に練習しておけばいい」と二刀流の可能性を示唆。こんな事が大っぴらに報道されては、水島氏が画策している「ドカパロSS 超地獄変」における今季開幕戦でトンガの二刀流を意気揚々と描こうとする可能性は一気に高まったと見ていい。また一歩、選手生命の危機に近付いてしまったトンガには同情の声が集まっている。

◆グライシンガー先生、一日英語教師就任! 将来は政治家転身?
李以外の助っ人軍団が宮崎各地の中学校を訪問。2人の姉妹も教職で、自らもバージニア大卒と言う学歴を誇るグライシンガーは宮崎の檍中学校で一日英語教師に就任。生徒から引退後の進路について問われると、ビジネスと地方政治に興味があるとし、将来は政治家転身を図る事も視野に入れている考えを明らかにした。寿司職人ラミレスとバーンサイドは大淀中学校を訪問。何故か、サッカー部員ではなく野球部員からカズダンスを伝授された寿司職人ラミレスはお気に召した様子。クルーンとゴンザレスの黒人コンビは東大宮中学校を訪問。クルーンは「夢」をテーマにショートスピーチを行った後、生徒相手にバスケ勝負。ゴンザレスも負けじと卓球勝負を敢行した。

 ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 16:51コメント(0)トラックバック(0) 

February 03, 2008

◆ナベQ,「4番江藤」の仰天プラン
カブレラとベンちゃんに逃げられ、主砲不在となってしまった西武。名前の響きの面白さでは抜きに出ているボカチカと、ブラゼルの新助っ人の力は未知数…と言う状況下で、新監督のナベQは「江藤がいるだろ、まだ力はある。山崎より全然動ける。いきなり4番もある」と仰天の江藤4番構想をぶち上げた。2歳上の山崎武(楽天)が昨年、43発と大ブレイクした事を引き合いに出しているが、何だかんだで山崎武は過去2年で44本塁打を放っていた訳であり、出場数が少ない事もあるが、ここ4年で僅かに12本塁打、年間最多も5本と苦しんでいる江藤と比較するのはいかがなものか…。まぁ、個人的に江藤には復活して欲しくはあるのだが…。

◆トンガ、水島の呪い打破なるか!?
何を血迷ったのか恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 超地獄変」の出演希望などをかましてしまったトンガこと中田。キャンプ前から早くも水島の呪いに苛まれてしまったゴールデンルーキーだが、初のフリー打撃で快音を連発。初めは空振りをしてしまうなど、打ち損じが多かったが、12スイング目で初の柵越えを果たすと、36スイングで6連発を含む13本の柵越えで持ち前の長打力を披露。生きた球を打っている訳でもないので、1年目の成功の可能性を語るのは気が早過ぎるが、下手に目立ってしまうと、水島氏にシメられる可能性が増すだけに心配だ。

◆バーンサイド、助っ人枠入りに光明…?
「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、今季の注目は何故か残留となったゴンザレスと新助っ人・バーンサイド。「大人しいから心配だ」と上原から言われていたバーンサイドだが、初のブルペン入りで見せた左腕から繰り出すキレのいいボールに尾花コーチは「戦力として考えている」と手応えを感じた模様。しかし、今季の一軍助っ人枠は李,寿司職人ラミレス,グライシンガー,クルーンの余所のお古軍団でほぼ確定。ゴンザレス,姜,バーンサイドの直輸入助っ人達に果たして、付け入る隙があるのだろうか…。

◆寿司職人ラミレス、たけし軍団入り!?
寿司職人ラミレスがキャンプを張っている宮崎県の知事・東国原氏に感化されて、将来のたけし軍団入りを志望した。これに気を良くした東国原知事は今季の新パフォーマンスに「そんなの関係ねぇ!」を採用しようとしている寿司職人ラミレスに対して、「流行語大賞を取ったのは『どげんかせんといかん』ですから、マスコミの方からも推薦して欲しい」とコメント。しかし、寿司職人ラミレスは「どげんかせんといかん? そんなの関係ねぇ!」と、使う気ゼロの様だ。寿司職人ラミレスのパフォーマンスは言葉よりもポーズが重要なんだから、そりゃ当然だ…。

◆落合監督、早くも開幕スタメン決定
当然、2番ショート(ないしはサード)は川相だろうな…と思ったら、違ったよ。こりゃ、中日は今年も苦しい戦いを強いられそうだ。

◆各球団でグライシンガーもどき続出
「おおキニー」と、しょーもないネタを仕込まれてしまった西武の新助っ人・キニー。長身から投げ下ろし、チェンジアップが武器と言う事で、昨年ヤクルトで同僚だった石井一は「雰囲気がちょっとグライシンガーに似ている」と言い、メジャーで対戦経験があると言うキニー本人も「タイプは似ていると思う。同じくらい勝てたらいいね」とコメント。一方、広島の新助っ人・ルイスの投球を見ていた中日・善村スコアラーは「あんなに制球がまとまっている外国人は珍しい。タイプ的にはグライシンガーに似ている」と警戒し、ブルペンで受けていた倉は「スライダーはグライシンガーよりずっといい」と評価。また、そのグライシンガーに逃げられたヤクルトは、昨年、韓国で22勝と経歴がグライシンガーに似ていると言うしょーもない理由(だけではないだろうが)で新助っ人としてリオスを獲得。似てりゃ活躍するってモンでもないと思うが…。ガルベス似と言われた投手とか結構いた気がするが、ガルベス級の活躍した試しがないしな…。

◆パウエル、二重契約問題解決へ来日
問題解決へ向けて、自己主張をすべく、パウエルと代理人の来日が決まったとの事。パウエル側は偽バファローズとの契約は無効と考えている為、ソフトバンク入りを主張すると思われる。破戒僧・清原は「ソフトバンクに行ったら、登録名は『OKANE』や! 対戦したら、バットに1万円貼って巻いたる!」などと、2億5000万円貰いながら1試合も出なかったにも拘わらず、いけしゃあしゃあと銭ゲバ扱いしまくっていたくせに「やはり、戦力として大きい。ウチに欲しい選手。ハートがあり、投手陣の中心になる存在」と、パウエルを持ち上げ、「去年、最下位なんやし、弱い者いじめんといて欲しい。『可哀想やし、偽バファローズにやれ』とかの言葉はないかな」などと、図々しくも、王さんに鶴のひと声を希望。しかし、王さんは「弱い者いじめなんかではないよ。勝手な事を言ってはいけない。そんな問題ではない。お互いがベストを尽くせばいいという問題。俺達が出ていったら、ややこしくなる。球団対球団でしっかり話し合えばいい」と、現場不介入の方針を示して、破戒僧・清原の冗談まじりの提案を生真面目な対応で一蹴した。虎キチ・根来コミッショナー代行は自分ではなく、パ・リーグ連盟に裁定させようとする相変わらずの日和見ぶりを見せている。それにしても、この男、一体いつまで「代行」を続けるつもりなのか?

◆パンジャキラー・前川、ロイヤルズと合意
無免許轢き逃げ事件で日本球界を追われたパンジャキラー・前川。カージナルスとのマイナー契約寸前までいきながら、例の事件が飲酒運転と言う偽情報がオーナーに伝わってしまい、破談になっていた。昨年、ラルーサ監督が逮捕,ハンコック選手が死亡と飲酒運転にトラウマを抱えていた為、過剰反応したらしい。飲酒運転がNGで、理性があって犯した無免許轢き逃げがOKと言うのもよく分からんが、この傍迷惑な展開の直後、ヒルマン監督率いるロイヤルズからオファーがかかり、マイナー契約が大筋合意に至ったのは幸いだ。かつての同僚・野茂とメジャーを懸けたライバルになると言うのも、因縁めいている。

 ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:34コメント(0)トラックバック(2) 

December 11, 2007

 先日の記事でグライシンガーもクルーンもいらんと書いたばかりなのに、クルーンに続き、グライシンガーの獲得も決まってしまった。幸か不幸か、福留を逃したものの、その代わりに今度は寿司職人ラミレスを狙っているとか…。目を覆わんばかりのイカレ金満補強ぶりだ。余所の優良助っ人3人…ってシャレにならない。李も含めて、外国人枠全てお古で埋め尽くすつもりかよ。FAじゃないから、獲り放題だよな。このチームに国外スカウトと言う人材は存在しないのか? 自前で探してくるとか,育て上げるとか言った発想は微塵もないではないか。気になるのは、万一、寿司職人ラミレス獲得が成功し、右打者が強化された場合のゴンザレスの去就だ。二塁手と外野手と言う事で、ポジションはかぶらないものの、外国人枠は目一杯で姜も出られない状況。お古どもに金をかけ過ぎな事を考えても、やはり、ゴンザレスの解雇は免れないだろうか。寿司職人ラミレスいらんから、ゴンザレスを残してくれよ! 寿司職人ラミレスは巨人が歩んだ暗黒チーム作りの道を進もうとしている偽バファローズにでもくれてやれ。

【来季の巨人スタメン予想】
9マッスル千代の富士(逆指名)
8松田記者(一人勝ちトレード)
5ガッツ(FA)
7寿司職人ラミレス(お古助っ人)
3李(お古助っ人)
6怒濤のチャンスブレイカー(逆指名)
2阿部(逆指名)
4脇谷(叩き上げ)
先発:グライシンガー(お古助っ人),上原(逆指名),春風亭半ケツ(逆指名)
    内海(自由獲得枠),木佐貫(自由獲得枠),金刃(希望枠)
セットアッパー:豊田(FA)
抑え:クルーン(お古助っ人)

 とりあえず、若大将の好きなジグザグ打線風味で組んでみると、こんな感じか。酷い、酷過ぎる…。何と言う育成要素ゼロオーダー。矢野の入る隙間など絶無。脇谷がキムタクに化けると、叩き上げの選手は全滅だなんて、呆れ返るね。入団時に完成してない選手には全く食い込む余地がないチームだ。もう毎年、このチームはドラフトで2人獲れば十分な気がしてくる。それ以下の新人は永遠に来ないかもしれないチャンスの為に果たして、いつまでモチベーションを持続出来るのかと、同情せずにはいられない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(16)トラックバック(18) 

September 21, 2007

◆G5−1YB◆
3強中、最も負け数が多い事から、残り試合全戦必勝対戦で臨む巨人は中2日で中継ぎとしてスクランブル登板したばかりの春風亭半ケツが中2日で先発登板。2回まで3安打を浴びながら、0点で凌いできた春風亭半ケツに対して、手痛い一発を浴びせたのが、昨年までの同僚・ガッツな貴公子・仁志。3回、先頭打者として打席に入るとレフトスタンドへ10号先制アーチ。先制点を失ったもの、4回以降はパーフェクトと素晴らしい投球を見せる春風亭半ケツを何とか援護したい巨人は6回まで1安打と抑え込まれていた横浜先発・はーちゅんに対して、7回、一死一、三塁からニックン,清水の連続タイムリーで逆転に成功。更に、二死後、阿部に代わってスタメンマスクを被っていた加藤がプロ初アーチとなる貴重な3ランを叩き込み、一気に4点のリード。9回はセーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・上原が2安打を浴びながらも、0点で切り抜け、2位浮上。8回1失点の春風亭半ケツは14勝目を飾った。

◆D5−3C◆
人斬り抜刀斎,黒田の両エースの対決となったこの試合、広島が3回に倉の一発で1点を先制。4回までに6個もの残塁を量産し、川相不在を痛感するばかりの中日は5回、二死一、二塁からミスター3ラン・森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号3ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、7回、人斬り抜刀斎はこのリードを守れず、7回二死一、二塁のピンチで嶋に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、振り出しに。追いつかれた中日は8回に3四球で二死満塁とタナボタのチャンスを貰いながら、代打の切り札・立浪がレフトフライに打ち取られ、三者残塁。試合はその儘、延長に突入した。10回も2四球で一死一、二塁のチャンスを逃した中日だか、11回、四球の井端を荒木が送った所で中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを叩き込み、サヨナラ勝ち。阪神と入れ替わりで首位に返り咲いた中日だが、タイムリー欠乏症&一発依存症は深刻を極めており、来季の川相現役復帰待望論はますます強まるばかりだ。尚、敗れた広島は最下位転落。

◆S8−1T◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーは2回までノーヒットと上々の立ち上がりを見せると、打ってはその裏、自ら先制2点タイムリー二塁打の活躍。直後の3回、先頭の関本に被弾し、1点差とされるも、ヤクルトは4回、二死満塁から田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を放つと、続く寿司職人ラミレスが25号2ランを放り込み、一挙5点のビッグイニングを形成。直後の5回、阪神は二死満塁のチャンスを作ったものの、シーツがセカンドゴロに倒れて、三者残塁。ここで無得点に終わった事が致命傷となり、結局、グライシンガー−木田画伯の前に追加点をあげる事なく、首位から一気に3位転落となった。グライシンガーは8回1失点で最多勝をほぼ確定とする16勝目をマークした。

◆L3−0H◆
主砲・松中が戦線離脱となったソフトバンクはこの日も得点力不足を露呈する苦しい展開で、新人王を狙う西武先発・岸に対して4回まで僅かに1安打と沈黙。味方打線の援護をひたすらに待って力投を続けていた先発・杉内だが、4回、突如、制球を乱し、4四球による押し出しで先制点を献上。7回には栗山,片岡と連続タイムリーを許して、無念のKO。ソフトバンクは中盤には3度得点圏に走者を進めたものの、あと一本が出ず。9回も先頭の小久保が四球で歩いたが、ここで代わったグラマンの前に代打・井手が最悪のゲッツーを食らう有様で、完封負けで3連敗。一方、勝った西武は5連勝。岸は完投こそ逃したものの、9回途中まで無失点の好投で10勝目をあげ、新人王に望みを繋いだ。

◆F13−5Bs◆
マジック点灯を狙う日本ハムだったが、先発・スウィーニーが3回二死から4連打を浴びて、3点を献上。続く4回にも連打を浴びて、あえなくKOとなった。しかし、代わった金沢がきっちり後続を断ち切ると、その裏、日本ハムは3連打で無死満塁とした所で高橋が9号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。5回にも稲葉のタイムリーで1点を加えたが、直後の6回、偽バファローズは日高のタイムリー二塁打等で2点を返し、試合は振り出しに。5−5の儘、迎えた8回、日本ハムは6長短打を浴びせる集中攻撃で一挙8点を勝ち越し、試合を決定付けた。2位のソフトバンクが敗れた為、マジック8が点灯した

◆E9−3M◆
バレンタイン監督はこの大事な時期に何を血迷ったのか、出れば火だるまの吉井を先発に指名。3戦連続完封負けを喫している悪の温床・楽天が相手だからとナメくさったのかは分からないが、湿りまくった悪の温床・楽天打線ですら吉井は通用せず、3回に草野の8号2ランで先制されると、4回には礒部にタイムリー,5回にはショート,フェルナンデスと連続タイムリーを許して、あえなく5失点KO。ロッテは終盤3点を返したものの、リリーフ陣も打ち込まれて、吉井分の点差を縮める事すら出来なかった。悪の温床・楽天先発・一場は7回途中まで3点で凌ぎ、5勝目。山崎武は帰国したローズに並ぶダメ押し42号を放ち、両リーグでの本塁打王のタイトルをほぼ確定させた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:10コメント(0)トラックバック(86) 

September 14, 2007

◆G9−8C◆
一昨日、危険球退場で3回降板となった内海が中1日でマウンドに上がったが、初回から大乱調。一死から3連打を浴び、満塁のピンチを迎えると、栗原の併殺崩れの間に先制点を献上。続く嶋に右中間突破の2点タイムリー二塁打を浴び、3失点。更に、倉にもヒットを浴びるが、一気に本塁を狙った嶋をマッスル千代の富士が刺して、辛くも4点目は阻止。しかし、立ち直りの気配が見えない内海は3回二死から新井,栗原,嶋と3連続二塁打で2点を失うと、5回には新井に一発を浴び、6失点KO。その裏、巨人は広島先発・黒田が一死満塁とこの日初めてのチャンスを作ると、マッスル千代の富士の2点二塁打と代打・矢野の犠飛で3点差まで詰め寄った。しかし、それも束の間、2番手・福田が梵にタイムリー二塁打を浴びると、3番手・山口が暴投で余計な1点を許してしまい、点差は5点と広がった。巨人は7回、一死満塁と言う絶好のチャンスをモノに出来ず、これで試合は決まったかに思われたが、土壇場9回、大波乱が待っていた。広島3番手・上野が四球に連打で無死満塁のピンチを作って、あえなく降板。ここでマウンドに上がった守護神・永川に対して、巨人はまずマッスル千代の富士に2点タイムリーを浴びせると、更に、二死満塁となった所で倉の捕逸で1点を返し、2点差。ニックンが歩いて、またまた満塁となった所で阿部に代わって7回から途中出場している加藤が起死回生の2点タイムリーを放ち、ついに同点。試合は延長に突入した。迎えた11回、巨人は一死満塁のチャンスで9回に同点タイムリーを放った加藤に期待が懸かったが、魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスのナックルの前にショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でサヨナラならず。ラストイニングとなった12回、巨人は豊田が3人で締めて、この試合の負けがなくなると、その裏、最後の代打・大道がいきなり二塁打。ここで続く清水が右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝ち。順位は3位と変わらないが、首位阪神に0.5差と詰め寄った。

◆T5−7D◆
阪神に連敗すれば自力Vが消滅してしまう中日は2回二死満塁のチャンスを逃すなど、相変わらずの拙攻ぶりを露呈したが、3回、中村紀のタイムリーで1点を先制。しかし、3回までノーヒットピッチングを見せていた先発・朝倉が4回、突如、制球を乱し、二死一塁から、よもやの4連続四球と、連続押し出しで逆転を許すと藤本には2点タイムリーを浴びて、あえなくKO。直後の5回、中村紀の犠飛と森野のタイムリー三塁打で1点差と詰め寄った中日は7回、一昨年の藤川に並ぶ日本タイ記録の80試合目の登板となる久保田に対し、二死一塁からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーンへ34号2ランを叩き込み、ついに逆転。しかし、粘る阪神は8回、中日4番手・岡本に対し、先頭のシャア少佐が通算1000安打となるヒットで出ると、シーツが送った後、キュラソ星人がどん詰まりながらもレフト前にポトリと落とすタイムリーを放ち、シャア少佐が同点のホームイン。土壇場9回、阪神は同点の場面ながら、守護神・藤川を投入するが、昨夜も初被弾を喫するなど、疲労の蓄積は隠せず、2安打を浴びて、二死二、三塁のピンチを作ると、またもやT.ウッズにタイムリーを浴びて、勝ち越しの2点を献上。その裏、岩瀬の前に三者凡退に終わり、万事休す。これで中日と阪神の差は0.5となり、巨人も加えて、上位3強が0.5差にひしめく大混戦となった。

◆YB7−9S◆
初回二死一、二塁のチャンスは逃したヤクルトだが、続く2回に一死満塁から青木が押し出し四球を選んで1点を先制。更に、二死後、寿司職人ラミレスが5年連続100打点となる2点タイムリー二塁打を放ち、この回、3点。3回にも青木のタイムリー等で3点を加え、横浜先発・山口をKO。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、3回まで1安打と抑え込まれていた横浜は4回に反撃開始。藤田が振り逃げで出塁したのを皮切りに5長短打を浴びせて、一気に4点を返すと、続く5回には村田に27号ソロが飛び出して、1点差。突き放したいヤクルトは直後の6回、ガイエルが27号ソロを叩き込むと、8回には青木,寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。横浜は8,9回と1点ずつ返したものの、あと一歩及ばなかった。グライシンガーは6回5失点ながら、打線の援護に助けられ、2位に3差をつける15勝目をあげ、最多勝のタイトルに当確ランプを灯した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(55) 

September 04, 2007

◆D7−3G◆
巨人は2回二死一、二塁,3回無死一塁と先制のチャンスを悉く逃す拙攻を展開。先発の春風亭半ケツは2回までノーヒットとまずまずの立ち上がりで3回も谷繁,山井と連続三振に斬って取るも、ここから3連打を浴びて満塁とした後、T.ウッズに押し出し四球を与えて、先制点を献上。直後の4回、巨人も二死満塁のチャンスを掴むが、ここで春風亭半ケツに回ってしまい、三者残塁。1−0の儘、迎えた5回、中日は一死から1安打2四球でまたも満塁とすると、T.ウッズが2点タイムリー。更に、森野もヒットで続いて再び満塁とした所で、李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号グランドスラムを叩き込み、試合を決定付けた。巨人は終盤3点を返したものの、5回の6失点が重くのしかかり、及ばなかった。春風亭半ケツはこれで5試合白星から遠ざかっており、最多勝はおろか、最優秀防御率も最高勝率もアヤしくなってきた

◆S1−0C◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、広島は2回、新井,栗原の連打で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、ルパン広瀬,嶋と打ち上げた後、石原は三振に倒れて、二人の走者は釘付け。すると、その裏、ヤクルトは先頭の宮出が8号ソロを叩き込み、1点を先制。グライシンガーは3回以降、僅か1安打と二塁も踏ませぬ完璧な投球を見せ、今季2度目の完封で2位に2差を付ける14勝目をマークした。ヤクルトの連敗は5でストップ。

◆T6−2YB◆
初回二死一、三塁のピンチを切り抜けた阪神はその裏、エラーで貰ったチャンスにシーツのタイムリー等で3点を先制。3回に1点を失うも、その裏、矢野がタイムリーを浴びせて、再び3点差。6回には那須野の暴投とシーツのタイムリーで貴重な2点を追加。この後、阪神はダーウィン−渡辺−橋本健と繋ぎ、JFKは完全休養かと思いきや、4点差あるにも拘わらず、岡田監督は9回無死一塁から、藤川を投入する堪え性のなさを見せてしまい、楽勝ムードに水を差したが、この勝利により、セ・リーグ3強は再び1.5差の間に肉薄する事となった。

◆Bs5−3F◆
日本ハム先発・武田勝が初回から大炎上。いきなり先頭の下山を歩かせると、村松に犠打を許した後、ラロッカ,ローズと連打を浴び、先制点を献上。更に、続く北川にはレフトスタンドへ9号3ランを叩き込まれて、いきなりの4失点。4点を追う日本ハムは4回、3連打で1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、青波の永瀬はセンターフライ,高橋は最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。すると、その裏、立ち直りかけていた武田勝は阿部真のタイムリーで1点を失い、この回限りでKO。日本ハムは6回に高橋の2点タイムリーで2点差と詰め寄り、先発・金子をマウンドから引きずり下ろすも、7回以降は本柳−菊地原−加藤大のリレーの前に1回ずつ抑え込まれて、逃げ切られた。

◆M3−2L◆
3回まで立て続けの拙攻を展開してきたロッテだが、4回、サブロー,里崎と連打を浴びせると、二死後、竹原が5号3ランを放り込み、一気に3点を先制。ロッテ先発・成瀬はこの日も好調で6回まで1安打無失点と西武打線に付け入る隙を許さない。しかし、7回、ベンチャン,G.G.佐藤,カブレラと3連打を浴びて、1点を返されると、中島には犠飛を許して、1点差。しかし、代打・高山,細川と打ち取って、踏み留まった。8回からは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきった。成瀬は7回2失点で13勝目をマーク。敗れた西武は最下位の偽バファローズに1差と迫られた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:01コメント(0)トラックバック(59) 

August 23, 2007

◆G6−3D◆
川相がいたにも拘わらず、無為にスラッガーを掻き集め、一発依存野球を展開し、川相の存在意義を奪った巨人。今なお川相がいるにも拘わらず、無為にコーチ業専念を強いた事により、繋ぎの野球が展開出来ず、一発依存野球をせざるをえなくなった中日。名手・川相の有効活用を自ら放棄し、一発に頼りきるばかりの両軍による首位攻防戦は第1戦,第2戦と文字通り、一発が勝敗を決する要素となっていたが、この第3戦も両軍揃って、極度の一発依存症を発症。両軍共に2回までノーヒットと沈黙していたが、3回、中日は二死から荒木のタイムリーで先制した後、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が15号2ランを叩き込み、この回、3点。対する巨人もその裏、李が21号ソロ,4回にマッスル千代の富士が25号ソロ,5回には阿部が28号ソロとソロ3発で同点に。追いつかれた中日は直後の6回、無死一、二塁と絶好の勝ち越しのチャンスを掴むも、英智はショートゴロに倒れると、続く谷繁がセカンドゴロゲッツーでチェンジと川相不在の弊害を大露呈。すると、その裏、巨人は一死からキムタクがヒットで出た後、マッスル千代の富士が2打席連続となる28号2ランを叩き込み、ついに勝ち越し。続く7回には松田記者がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。直後の8回、中日は先頭のT.ウッズがヒットで出るも、森野は三振。李はゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも川相不在の弊害を露呈。最後は上原が締めて逃げ切った巨人はこの3連戦勝ち越しで首位に返り咲き。先発・内海は7回途中まで3失点で12勝目をマークした。

◆S−T◆
ヤクルトは2回、二死一、三塁から金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが自らタイムリーを放って、1点を先制。続く3回には二死満塁から今季初スタメンに起用されたユウイチがグランドスラムを叩き込み、一気に4点を追加。このカード、2試合で21点と当たっていた阪神打線だったが、グライシンガーの前に4回まで僅かに1安打と沈黙。5回に四球の矢野を二塁に進め、悠久の若虎・桧山のタイムリーでようやく1点を返したが、後が続かない。ヤクルトは7回にユウイチがこの日4安打目となるタイムリーを放つなど、ダメ押しの3点を追加。グライシンガーは7回途中まで1失点の好投でハーラー単独トップに立つ13勝目を飾った。

◆C2−6YB◆
前回はまずまずの好投を見せた広島先発・宮崎だが、この日は立ち上がりから制球が定まらず、2四死球でピンチを作った所で内川のタイムリー二塁打で、先制を許すと、続く2回にはガッツな貴公子・仁志にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。3回にオチョアの一発で1点差として貰ったが、直後の4回、今季初スタメンの新沼に被弾。6回には二死一、二塁からガッツな貴公子・仁志,野中と連続タイムリーを浴び、無念の6失点KOとなった。広島は横浜を上回る12安打を放ちながら、11残塁の拙攻で敗れ、最下位ヤクルトとのゲーム差は0に。横浜先発・三橋は5回1失点で今季初勝利。

◆H4−1L◆
3タテは免れたい西武は初回、栗山,片岡の連打で無死一、三塁とすると、中島のショートゴロの間に栗山が先制のホームイン。1点を追うソフトバンクは4回、先頭のハマのスペランカーが二塁打で出ると、続く松中が同点タイムリー。更に、柴原が送った後、田上が7号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。2点を追う西武は6回、二死走者なしから福地の四球,細川のヒットでスタンドリッジをKOするも、代わったニコースキーに対して、栗山が簡単に初球を打ってセカンドゴロに終わり、二者残塁。ピンチを逃れたソフトバンクはその裏、二死満塁から川崎のタイムリーで貴重な1点を追加。7回から、藤岡−水田−馬原と1回ずつ繋いで逃げ切ったソフトバンクは3連戦3連勝。スタンドリッジは無傷の4連勝となった。

◆M4−3E◆
球団新記録となる5連勝を目指す悪の温床・楽天先発・岩隈は初回、一死から3連打で満塁とされるも、オーティズ,里崎と抑えて、ピンチ脱出。一方、ロッテ先発・渡辺俊も3回までノーヒットピッチングを展開していたが、4回、先頭の山崎武に38号ソロを浴び、先制点を献上。しかし、その裏、ロッテは渡辺直のエラーの後、オーティズのタイムリー二塁打であっさり同点とすると、一死後、大松,ズレータ,堀と3連打を浴びせて、2点を勝ち越し。岩隈はこの回限りで降板となり、記録更新に失敗。その後、試合は膠着状態に陥り、3−1の儘、土壇場9回に突入。コバマサ劇場開演を恐れ、安易に小林雅を投入出来ないバレンタイン監督は渡辺俊に続投を命じるも、二死一塁と完投勝利まであと一人と迫りながら、憲史に痛恨の5号2ランを叩き込まれて、延長に突入。10回、ロッテは今江のヒット,TSUYOSHIの四球で無死一、二塁のチャンス。ここで早川はセカンドゴロに倒れ、ゲッツーと思いきや、渡辺直がこの日3個目のエラーとなる悪送球をかまし、ボールが転々とする間に今江が一気に本塁を陥れ、サヨナラ勝ちとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:41コメント(1)トラックバック(54) 

August 18, 2007

◆G0−3S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー,パウエルの両先発の好投の前に両軍無得点の儘、試合は中盤に突入。0−0で迎えた4回、ヤクルトは一死一、三塁から田中浩がレフト前へタイムリーを浴びせて、均衡を破る1点を先取。1点を追う巨人は5回、阿部,脇谷のヒットで一死一、三塁のチャンス。ここでパウエルはゲッツーを恐れて、脇谷だけを進塁させる送りバントを敢行。しかし、一塁が空いた事により、ここまで2安打を放っている松田記者が歩かされる羽目になり、満塁で打席に入った清水はキャッチャーへのファールフライに倒れて三者残塁。粘り強く投げていたパウエルだったが、8回一死一塁からガイエル,武内,田中浩と3連打で2点を失い、ついにKO。土壇場9回、ヤクルトは新たに抑えに任命された館山が3人できっちり抑え、完封リレーを達成。グライシンガーは8回無失点で春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの12勝目。ヤクルトはこれで最下位脱出となった。

カリメロ勝◆D3−5YB◆
負ければ借金生活に突入する横浜は中日先発・小笠原に対して、初回、村田のタイムリーで先取点をゲット。3回には二死一、三塁からまたも村田が19号3ランを叩き込み、4−0と大きく突き放した。中盤は残塁を量産する拙攻モードに入った横浜だが、7回、メカゴジラのタイムリーで5点目を追加。先発・カリメロに6回を3安打と抑え込まれるなど、沈黙していた中日だが、8回、T.ウッズのタイムリー二塁打等で2点を返すと、ここでマウンドに上がった守護神・クルーンからピンキー井上がタイムリーを浴びせて、2点差。しかし、反撃もここまで。9回はクルーンの前に無得点に終わり、ゲームセット。6回無失点のカリメロは5勝目をマークした。

◆T6−0C◆
元南海外野手の実父・一博氏が亡くなり、先発予定だった黒田が登板回避。急遽、先発に指名された魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスだったが、2回に関本のタイムリー二塁打で早くも2点を許すと、続く3回にはシーツ,林とタイムリーを浴び、またも2点を献上。6回にはジュビロ野口にタイムリー二塁打を許し、5失点KO。阪神は7回にも押し出し四球でダメ押しの6点目を獲得。先発・能見は立ち上がりから安定した投球を展開。大差がついていようと、6〜7回からJFKを使いたがる岡田監督を踏み留まらせ、プロ初完封で3勝目をあげた。敗れた広島は再び最下位に転落。

◆E5−2H◆
腰痛のハマのスペランカーがスタメン復帰したものの、この日も川崎は体調不良で欠場。ブキャナンもスタメンに使えず、大村も登録抹消中と依然としてベストオーダーが組めないソフトバンクはまたも大苦戦。初回に松中の犠飛で先制するも、その裏、先発・斉藤和が打ち込まれ、山崎武司,フェルナンデス,草野と3本のタイムリーで3点を奪われ、あっさり逆転。4回に松中の14号ソロで1点差としたのも束の間、その裏、四球連発でピンチを作った後、ショートにタイムリーを浴び、再び2点差。悪の温床・楽天は8回にもショートの4号ソロで貴重な1点を追加。8回途中から登板の小山が5つのアウトを全て三振で奪う快投を見せ、逃げ切った。悪の温床・楽天はこれで球団新記録とな瑠シーズン48勝目

◆F5−7M◆
ロッテは2回、堀のタイムリー三塁打で先制すると、続く今江がスクイズを決めて、2点目。パ・リーグタイ記録となる3戦連続完封を狙う小林宏は3回まで1安打とまずまずの立ち上がりだったが、4回、先頭の稲葉に13号ソロを浴び、早くも完封の夢を断たれると、一死一、三塁からミスタースナイパー・坪井にタイムリーを浴び、同点。更に、陽に痛打されて、満塁となった所で、金子誠に勝ち越し2点タイムリーを許し、この回、4失点。続く5回にも青波の長瀬にタイムリーを浴びて、5点目を献上。日本ハム先発のルーキー・吉川は3回以降、危なげのない投球でロッテ打線を翻弄していたが、8回、先頭の大塚を歩かせると、続くTSUYOSHIに対して、カウント0−2となった所でヒルマン監督が突如、武田久にスイッチする謎の継投を展開。しかし、武田久は結局、TSUYOSHIを歩かせてしまうと、早川には痛打されて、無死満塁。オーティズは打ち取ったものの、続くベニー松山に2点タイムリーを浴びてKO。更に、守護神・MICHEALも里崎に同点タイムリー,代打・フクーラに勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて、一死も取れずにKOと勝利の方程式を完全に粉砕される形でこの回、悪夢の5失点。土壇場9回、ロッテは満を持して守護神・小林雅を投入。MICHEALが打ち込まれる所を目の当たりにしているだけにコバマサ劇場開演の可能性に恐れおののくロッテファンだったが、小林雅は至極、無難に三者凡退で切り抜け、2番手・川崎にプロ初勝利が灯った。日本ハムの連勝は7でストップした。

◆L4−6Bs◆
初回からカブレラ,中島のタイムリーで2点を許した偽バファローズだが、直後の2回、内野ゴロで1点を返した後、水口が同点タイムリー二塁打。更に、一、二塁となった所で日高が4号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。西武先発・小野寺はこの回限りで降板となつた。1点ずつ取り合って迎えた6回、西武は無死一、二塁から中村のタイムリーで2点差と詰め寄り、なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。偽バファローズは6回から登板のカーターが久々のリリーフながら3回を1失点で切り抜けると、最後は守護神・加藤大が締めて、逃げ切り。先発・金子は5回3失点で今季初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(0)トラックバック(66) 

August 01, 2007

◆YB2−5G◆
首位陥落となり、開幕からローテを守ってきた新人王レース驀進中の金刃が二軍降格となるなど、重苦しいムードの巨人だが、この日は初回からニックン,ガッツの連続アーチで早々と3点を先取。その裏、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が死球を選ぶも、二盗を仕掛けて憤死。この後、金城に一発が出ると言う何とも勿体ない展開に…。2回にも先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰してしまうチグハグな攻撃で巨人先発・木佐貫を立ち直らせてしまう。一方、横浜先発・はーちゅんも2回以降、立ち直りを見せていたが、6回、よりにもよって第1打席で既にインケツパワーを使い果たしているニックンに死球を食らわせて、ただで出塁させてしまう大失態を犯し、これで動揺したか、ガッツ,李にも連打を許して、無死満塁の大ピンチを迎えると、阿部の犠飛,清水のタイムリー二塁打で手痛い2点を献上。8回に2番手・豊田から内野ゴロの間に1点を返したものの、最後は守護神・上原の前に反撃を断たれた。巨人は毎回の12三振を奪われながら、効率のいい攻めで快勝し、一夜で首位に返り咲き。木佐貫は7回1失点で9勝目。

◆C5−4D◆
初回、中日がT.ウッズのタイムリーで先制すれば、広島は2回、喜田の3号ソロで同点。3回に中日が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が11号2ランを放ち、勝ち越すも、その裏、広島は栗原に6試合ぶりとなる17号3ランが飛び出して、一気に逆転。中盤以降はすっかり膠着状態となり、4−3の儘、土壇場9回へ突入。逃げ切りを図るべく最後のマウンドを託された守護神・永川だったが、いきなり先頭の代打・立浪に痛打されると、代走・藤井に二盗を許した所で代打・ピンキー井上にもライト前へ弾き返され、石原のエラーも重なって、同点とされる昨日に続いての背信投球を犯し、試合は2夜連続の延長に突入。迎えた10回、ブラウン監督は何を血迷ったか、はたまた明日が雨だと確信したのか、明日の先発が予想されていた青木高をプロ入り初のリリーフで起用。これに対して、中日は先頭の中村紀がヒットで出塁。ここで堂上剛がヘッポコバントを連発した末の結果オーライのヒットでチャンスを広げるも、藤井はヘッポコバントをかました挙げ句にクソボールを空振り三振。更に、続く谷繁はゲッツーに倒れる最悪の展開川相不在の弊害を大露呈し、実況のアナウンサーからは名手・川相の現役復帰待望論が声高らかに叫ばれるのだった。すると、その裏、広島は中日5番手・平井に対し、二死から四球で歩いた栗原が暴投で二塁を陥れると、ここで4番・新井がセンター前へタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。10敗一番乗りの気配も漂っていた青木高だったが、久々の2勝目が転がり込んだ。11個もの残塁を量産するわ、勝負所でバント失敗を連発するわと、川相不在の弊害を露呈しまくり、敗れるべくして敗れた中日は一夜で首位陥落となった。

◆T3−11S◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた3回、ヤクルトはガイエルのタイムリー内野安打で勝ち越すと、更に、満塁とした所で宮出がタイムリーを放ち、2点を追加。そして、5回には二死走者なしから、連打とガイエルの死球で満塁のチャンス。しかし、ここで金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーがどん詰まりのピッチャーゴロに倒れて、三者残塁…と思いきや、下柳が一塁へよもやの悪送球。ボールが転々とする間に満塁の走者が一気に生還。これで完全に流れを引き寄せたヤクルトは青木が歩いた後、田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、下柳をKO。更に、2番手・岩田から寿司職人ラミレスがタイムリー。続くガイエルが鉄人・衣笠以来、31年ぶり史上2人目となる1イニング2個目の死球を食らい、あわや乱闘モードとなった後、リグスのサードゴロを今度はシーツがタイムリーエラーを犯し、この回、大量7点で10点差。阪神はグライシンガーが降板した後に2点を返したが焼け石に水だった。完敗の阪神だが、5回のリグスの併殺を処理した関本が二塁手として立浪の記録を破る714回連続守備機会無失策のセ・リーグ新記録を達成したのが明るい材料だった。グライシンガーは1失点の好投で春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの11勝目。

◆H3−7Bs◆
7連勝中ながら、ローテの谷間を迎えたソフトバンク。先発・西山を援護すべく、2回に小久保が23号先制2ランを放つも、直後の3回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに32号2ランを叩き込まれて、あっさり試合は振り出しに。その後ものらりくらりと何とか粘っていた西山だが、6回、無死一、二塁のピンチを作って、ついに降板。代わったニコースキーは全く制球が定まらず、代わりばな大引を四球で歩かせると、続く日高には押し出し死球をかまして、勝ち越し点を献上し、何をしに出てきたのか分からない儘、あえなくKO。更に、3番手・柳瀬も村松,アレンにそれぞれ2点タイムリーを許して、この回、悪夢の5失点。この大量失点が大きく響き、ソフトバンクの連勝はついに7でストップ。

◆L5−3F◆
西武先発・松永はいきなり劇団ひちょり,田中賢を連続三振に斬って取ると、続く稲葉もファーストゴロに打ち取る上々の立ち上がり…と思いきや、これをカブレラがエラー。これでリズムを崩したか、青波の長瀬,高橋と連続タイムリー二塁打を浴びて、2点を献上。しかし、その裏、西武はエラーの汚名返上とばかりにカブレラが約1ヶ月ぶりとなる15号同点2ランを叩き込むと、2回にはG.G.佐藤が19号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。4回に二死満塁のチャンスを逃した日本ハムだが、5回、小谷野のタイムリーで同点。この後、二死満塁とチャンスを拡大させたが、陽が倒れて、またも三者残塁で勝ち越しならず。3−3で迎えた7回、西武は一死二塁から細川が勝ち越し10号2ランを叩き込み、武田勝をKO。このリードをミッチー,グラマンと繋いで逃げ切った。

◆M0−1E◆
悪の温床・楽天先発・朝井が4回を2安打無失点に抑えれば、ロッテ先発・渡辺俊も負けじと4回を1安打無失点の好投。しかし、5回、渡辺俊は先頭のフェルナンデスにレフトスタンドへ13号ソロを被弾し、ついに先制点を献上。渡辺俊は6回以降も付け入る隙を許さずにいたが、朝井の好投の前に二塁を踏む事すらままならず、5回の1点が重くのしかかる。結局、朝井は9回も3人で打ち取り、最小リードを守りきるプロ初完封で5勝目をマークした。渡辺俊は1失点完投も打線に見殺しにされ、6敗目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(1)トラックバック(62) 

July 06, 2007

◆S5−4G◆
新人王レースを驀進中の金刃に対して、ヤクルトは初回、ヒットの青木を二塁へ進めると、ガイエルのタイムリー二塁打で返して、1点を先制。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、走者を出しながら攻めあぐねていた巨人たが、3回二死一塁から阿部が19号2ランを叩き込み、逆転に成功。続く4回には一死一、三塁から金刃がスクイズを決めて、3点目。しかし、その裏、ヤクルトは連打で一、三塁とすると、飯原のタイムリー二塁打の後、グライシンガーのサードゴロで同点。続く5回には宮本の3号ソロで勝ち越すと、更に、6回には好調・福川に3戦連発となる6号ソロが飛び出して、金刃をKO。5−3の儘、迎えた土壇場9回、抑えの木田画伯に対して、巨人は二死走者なしからマッスル千代の富士が二塁打,松田記者がタイムリーを浴びせて、1点差。更に、ガッツの打席で木田画伯が暴投を犯して、一打同点の場面を作ったが、ガッツは不覚の見逃し三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。グライシンガーは春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの10勝目をマークした。

◆D0−2T◆
阪神は初回、今季初登板となる中日先発・山井の立ち上がりを捉え、一死からシャア少佐,鳥谷と連打を浴びせると、二死後、ゼブラ今岡が歩いて満塁のチャンス。ここで林がセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を先制。阪神先発・下柳は例によって、JFKに後を任せる気満々の投球で初回から飛ばして行くと、既定路線通り、7回からは久保田−ウィリアムスと繋いで、最後は藤川が締めての完封リレーを達成。阪神は2回以降、再三再四チャンスを逃し、12残塁の大拙攻だったが、投手陣の踏ん張りに救われた。6回を3安打無失点に好投を展開した下柳は通算100勝目を飾った。

◆C−YB◆
降雨中止。

◆F2−0M◆
0.5差で首位を争う攻防戦第1ラウンドはダルビッシュ,渡辺俊の素晴らしい投げ合いに。先のチャンスを掴んだのはロッテ。2回に先頭のサブローがライト前に弾き返すと、続くベニー松山が死球を食らい、無死一、二塁。しかし、ここでワトソン博士がゲッツーに倒れると、橋本もセカンドゴロに倒れて、無得点。結局、ロッテのチャンスはこれが最初で最後だった。渡辺俊も5回まで僅かに1安打の快投を見せていたが、6回、一死から田中賢に痛打されると、続く稲葉にライトスタンドへ9号2ランを叩き込まれて、ついに先制点を献上。ようやく援護を貰ったダルビッシュは3回以降パーフェクトに抑え込む完璧な投球を見せ、1安打完封で7勝目。日本ハムはロッテを引きずり落として、首位に返り咲いた。

◆E5−10Bs◆
ソフトバンクとの水島の呪い対決を連勝で切り抜けた悪の温床・楽天だが、この日は先発のルーキー・永井が初回から炎上。いきなりの4連打で早くも3点を失うと、続く2回には大引の三塁打に高須のエラーが重なり、4点目を献上。 その裏、鉄平のタイムリー二塁打で1点を返すも、4回には大引のプロ初アーチ、5回にはアレンに一発を許すなど、ジワジワと突き放されるばかり。8回には4長短打で3点を失い、ダメ押しの10点目を献上。悪の温床・楽天は山崎武の29号等で5点差まで追い上げる粘りを見せたが、勝利には届かなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:50コメント(0)トラックバック(55) 

June 30, 2007

◆G6−8C◆
あえてフェルナンデスを初戦に回して、GG佐藤相手にエース・黒田をぶつけてくる大人げない起用をしてまで、1勝を取りに来た広島は初回、案の定、ピリッとしないGG佐藤から栗原,新井の連続タイムリー二塁打で2点を先制すると、3回には一死一、三塁から新井の投手後方のゴロを取りに行ったニックンと脇谷と交錯している隙に1点を奪い、3点目。巨人は4回、連打で無死一、二塁と初のチャンスを掴むも、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮すると、続く李はショートへ打ち上げて、結局、無得点。しかし、6回、マッスル千代の富士,ガッツといずれも18号ソロを放ち、1点差に詰め寄ると、更に、阿部が歩いた所で攻守に渡るインケツぶりインケツパワーが充電されたニックンが9号2ランを叩き込み、怒濤の一発攻勢で一気に逆転に成功。黒田を立てながら、GG佐藤に敗れる様な事は断じてあってはならないとばかりに広島はその裏、一死一、二塁として、GG佐藤をKOすると、代わった会田から代打・森笠がヒットを放ち、満塁。ここで代打で登場した求道者・前田は13日以来、19打席ノーヒットと言う深刻な不振ながらも、鋭い眼光と威圧感で3番手・林を圧倒し、フルカウントから押し出し四球を選んで、試合は振り出しに。ヒットを打てなくても価値ある得点を叩き出す求道者・前田の気迫で流れを引き寄せた広島はこの後、梵の2点タイムリー二塁打,栗原の2点タイムリーで一気に4点を勝ち越し。しかし、これでも試合を決定付けるには至らない。巨人は7回に松田さん,8回に代打・亀井といずれも犠飛で1点ずつ返すと、土壇場9回には広島守護神・永川を攻め立て、一死満塁の大チャンス。しかし、ここで好調・阿部がよもやのセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で結局、無得点に終わり、広島が辛くも逃げ切った。

◆D3−7S◆
中日先発・人斬り抜刀斎に対し、ヤクルトが序盤から猛攻。初回、二死一、二塁から宮出の走者一掃タイムリー二塁打で先制すると、続く宮本にもタイムリーが飛び出し、この回、3点。2回には青木がタイムリー二塁打,4回には福川が2号ソロを叩き込み、人斬り抜刀斎は5回5失点KO。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーの前に5回まで僅かに1安打と沈黙していた中日打線だが、6回、李のタイムリー三塁打,井端のタイムリーで2点を返し、反撃開始…と思いきや、その裏、ヤクルトは福川が2打席連続の3号ソロを放つと、中村紀のヘッポコエラーの後、寿司職人ラミレスがタイムリーを浴びせて、再び点差は5点。この後、中日は7回に一死二塁,8回二死満塁のチャンスを悉く逃す大拙攻を展開。9回も無死から3連打を浴びせながら、点差があるにも拘わらず、中村紀が暴走をかますなど、チグハグな攻撃で1点しか奪えず、完敗。グライシンガーは7回2失点の好投で9勝目を飾った。

◆T8−2YB◆
阪神は2回、ガッツな貴公子・仁志のエラーを皮切りに、ゼブラ今岡,林の連打で無死満塁とした所で矢野がタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。更に、一死後、下柳のセカンドゴロの間に1点を加え、この回、3点。下柳の前に5回まで残塁の山を量産してきた横浜は6回、二死から吉村の8号ソロでようやく1点を返すと、続く石井タクローもヒットを放ち、下柳をKO。更に、代わった久保田から相川もヒットで続き、一発が出れば同点と言うチャンスを作るも、代打・古木は三振に倒れ、二者残塁。ピンチを脱した阪神は直後の7回、代打・桜井のタイムリーで1点を加えると、8回にはシーツの犠飛の後、キュラソ星人,林に一発が飛び出し、ダメ押しの4点を追加。久保田は5連投となったが、ウィリアムス,藤川を7試合ぶりに使わずに済んだ阪神は10日ぶりの白星となった。横浜の連勝は6でストップ。

◆H6−6M◆
初回から川崎の今季初アーチが飛び出し、幸先のいいスタートを切ったソフトバンクだが、直後の2回、先発・ガトームソンが捕まり、無死満塁のピンチを迎えると、青野のショートゴロの間にまず同点。更に、堀,渡辺正と連続タイムリーを浴びた後、田中雅にはスクイズを決められ、4失点。4回にも堀にタイムリーを許し、5点目を献上。4点を追うソフトバンクは6回に続いて、8回にも川崎がタイムリーを浴びせると、続く松中もタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも無死二塁とワンヒットで同点の場面だったが、小久保,柴原が連続三振。更に、ハマのスペランカーの大飛球を早川が好捕し、2点止まり。土壇場9回、4番手・水田がサブローにタイムリーを浴びたものの、この後、水島の呪いを軽減したのではないかと見られている謎の新助っ人・スタンドリッジが後続を断ちきると、その裏、ロッテ守護神・小林雅に対して、いきなり代打・ブキャナンがレフト前ヒット。続く松田が左中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、1点差。大村の一、二塁間へのゴロは青野のダイビングキャッチに阻まれたものの、続く本多は一、二塁間を突破し、松田が返って、ついに同点。更に、川崎もヒットで続き、一、三塁としたものの、松中はバットを折られて、ライトへの浅いフライに倒れ、本多は釘付け。小久保もサードゴロに終わり、試合は延長に突入。この後、両軍共に決め手に欠き、結局、12回規定でドローに終わった。

◆Bs3−4F◆
今季初登板初先発となる近藤に対して、日本ハムは2回、無死二、三塁と絶好のチャンス。ここで謎の新助っ人・ジョーンズ,工藤と連続三振に倒れるも、小谷野がセンター前へ弾き返して、2点わ先制。その裏、アレンの一発で1点を返されるも、直後の3回、稲葉がタイムリー,4回にはジョーンズに来日初安打となるタイムリー二塁打が飛び出して、4点目。その裏、偽バファローズは二死から大引が歩くと、的山のタイムリー二塁打が1点を返し、2点差。土壇場9回、守護神・MICHEALを投入して、逃げ切りを図る日本ハムだが、粘る偽バファローズは二死一、二塁からローズのタイムリーで1点差とし、なおも一、二塁と長打が出ればサヨナラの場面。しかし、最後は北川がレフトへ打ち上げて、あと一歩及ばず。42日ぶりの登板となった先発・八木は4回途中でKOとなったものの、2回1/3を無失点と言う好リリーフを見せた2番手・スウィーニーに2勝目がついた。

◆L6−4E◆
初回、西武は中島,ベンちゃんのタイムリーで2点を先制。4回に山崎武の28号ソロで1点差と詰め寄られたのも束の間、その裏、すかさず礒?の犠飛で再び2点差と突き放す。更に、7回にはベンちゃんのタイムリーで貴重な4点目を追加。しかし、粘る悪の温床・楽天は8回に鉄平が5号ソロを放つと、土壇場9回には守護神・小野寺から草野が4号2ランを叩き込み、ついに同点。何とか延長に持ち込みたい悪の温床・楽天だが、その裏、4番手・小倉が一死からベンちゃんに痛打されると、ここで代わったナベコーが代打・高山にレフトスタンドへ2号2ランを放り込まれて、悪夢のサヨナラ負け新人王を狙う岸の勝利を粉砕した小野寺はタナボタの2勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:21コメント(3)トラックバック(55) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ