ガトームソン

September 28, 2008

◆D1−0G◆
阪神の試合がないうちに、単独首位の座を奪いたい巨人だが、初回からガッツが中日先発・ウッチャンにスナイプされて、退場に追い込まれる緊急事態が発生。こんな時くらいしか役に立つ機会がないあの男はこんな時に呑気に二軍でのリハビリ暮らしでこんな時にすら役立たずとあって、巨人は3番に寺内を入れざるを得ないと言う苦しい展開となった。その寺内は4回に回ってきた第1打席でヒットを放つも、寿司職人ラミレスが倒れた後、二盗を仕掛けて憤死。李もショートゴロに打ち取られ、結局、3人で攻撃終了。続く5回には一死から阿部が二塁打を放つと、投手の上原が10球粘ってレフト前へ執念のヒット。一気に三塁を蹴った阿部だったが、ベンちゃんの好返球の前に本塁憤死となり、先制ならず。その裏、中日は一死から中村紀が二塁打。二死後、谷繁が敬遠され、一、二塁となるも、ウッチャンはあえなく三振に倒れて、二者残塁。7回、巨人は先頭の寿司職人ラミレスが三遊間突破のヒットで出塁。ここで絶好調の李が何を血迷ったか、セーフティバントを仕掛けるが、これがサードへの小フライとなり、まず一死。続く松田記者はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で、またもや無得点。中日は8回、二死走者なしから荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ4号ソロを叩き込み、ついに1点を先制。ようやくリードを奪った中日は9回は守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、完封リレーを達成した。

息詰まる投手戦に終止符を打ったのは伏兵・荒木の一発。やはり、川相不在では一発に賭けるしかなかった様だ。デーゲームで広島が勝っているだけに負けられない中日だったが、チェンの好投に辛うじて報いる形で3位タイを死守した。一方、巨人はまずい攻めで上原を見殺しにしてしまい、完封負けでまたも首位陥落。阪神に7度目のマジック8が点灯した。試合開始早々、ガッツがチェンの凶弾に倒れたのが何と言っても痛かった。万一、骨折している様だと今季絶望となってしまうだけに心配されたが、診断の結果、打撲で済んだ様で何よりだ。それにしても、解せないのが7回の李のセーフティバント。サインならせめてセーフティでなく、普通に送りバントだろうし、李の自己判断だと思うのだが、大不振だった前半戦ならともかく、何故、今の状態で無駄に意表をつく必要があるのか分からない。正に、血迷ったとしか言いようのないプレーだった。

◆C6−3S
広島は初回、一死すら天谷がヒットで出ると、続くオチョアがレフトスタンドへ15号2ランを放り込み、2点を先制。直後の2回、ヤクルトは二死から連打と四球で満塁とするも、投手の川島亮がライトフライに倒れて、三者残塁。広島は4回、前田健のプロ初アーチが飛び出すと、続く5回には栗原が21号2ラン。更に、6回には天谷のタイムリーで6点目を追加。ヤクルトは7回、川島慶,福地の連続タイムリーで2点を返すと、土壇場9回には一死二塁から青木のタイムリーで3点差まで詰め寄ったが、ここで出てきた守護神・永川に川島慶,福地と打ち取られ、万事休す。

前田健が投打に渡る活躍で8勝目。勝利数は及ばないが、後半戦に入ってからの投球は明らかに岩田,吉見を凌ぐ内容で、まだ新人王の望みは残されているだろう。一方、ブラウン監督に嫌われている方の前田こと求道者・前田は8回に代打で登場。4点リードの終盤に下位打線の先兵として起用する訳の分からない嫌がらせ采配にモチベーションがどん底まで落ちきった求道者・前田はあえなく三振に倒れる始末。広島市民球場での公式戦最終戦だと言うのに、功労者に対して、この無体な扱い。ファンをないがしろにした暗黒采配を揮い続けるこの男が来年も指揮を執る様な事があって許されるのか?

◆E2−7H◆
これ以上、王さんに恥をかかせる訳にはいかないソフトバンクは初回、四球で出た大村が二盗と悪送球で三進すると、一死後、松田が先制タイムリー内野安打。続く松中が25号2ランを叩き込むと、更に、フェルナンデスのエラーの後、柴原のヒットに中島のエラーが重なり、二死二、三塁となった所で中西がタイムリーを浴びせて、いきなり大量5点をゲット。楽天は3回、一死から中村が三塁打を浴びせると、内村のセカンドゴロの間に返って、ようやく1点。2回以降、すっかり当たりが止まってしまったソフトバンクだが、9回、一死二、三塁から森本が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。先発・ガトームソンはその裏、山崎武に被弾したものの、今季2度目の完投で5勝目をマーク。ソフトバンクの連敗はようやく7でストップした。

あまりにも不甲斐ない戦いが続いていたソフトバンクがようやく暗闇を抜け出した。初回から松中の一発が飛び出すなど、5点の猛攻。中盤はさっぱりだったのは気になるが、ダメ押し点も奪った。投げてはガトームソンが2失点完投の好投で7月9日以来の白星。直接対決で敗れた楽天は0.5差と詰め寄られ、再び最下位転落の危機。先発・一場はいきなりの5失点で2回に先頭打者を歩かせると、早くも降板させられる体たらくでまたもや今季初白星を逃した。

◆F4−1M
日本ハム先発・藤井に対して、ロッテは4回まで毎回安打を浴びせながら、2つの併殺を食らうなど、チグハグな攻撃で一向に先制点を奪えない。一方、ロッテ先発・成瀬の前に4回まで1安打と抑え込まれていた日本ハムだが、5回、一死から四球で出た高口が二盗を決めて、二死二塁となった所で田中がタイムリーを放ち、ついに均衡を破る先制点を獲得。8回、日本ハムは粘りの投球を続けていた藤井から建山にスイッチするも、これが裏目。一死から連続内野安打の後、代打・フクーラのタイムリー二塁打で同点を許すと、代打・橋本を敬遠して満塁となった所でサブローにタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。二死後、3番手・武田勝も代打・大塚に2点タイムリーを浴びて、この回悪夢の4失点。リードを奪ったロッテは川崎−荻野と繋いで、逃げ切った。

3位をかけた直接対決はロッテが逆転勝ちで順位を入れ替えた。拙攻に次ぐ拙攻であわや完封負けの危機だったが、日本ハムの継投ミスに付け込んでの一気呵成の攻めが決まった。成瀬は7回を2安打1失点の好投で8勝目。一方、藤井は7回まで8安打を浴びながら、無失点に抑えていたが、打線に見殺しにされてしまった。

◆L2−7Bs◆
新人王へ驀進中の小松に対し、西武は初回、二死一、二塁から中村がレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。キニーの前に3回までパーフェクトと沈黙していた偽バファローズは4回、ローズのタイムリーで同点とすると、5回には一死から大引,小瀬,坂口の3連打で勝ち越し。更に、カブレラも2点タイムリーを浴びせて、この回3点。続く6回には一死一、二塁から小瀬のタイムリー二塁打,坂口のスクイズ,下山のタイムリー二塁打で3点を加え、試合を決定付けた。西武はその裏、栗山に一発が飛び出したが、焼け石に水で6連敗。

負ければ、2位から一気に4位転落と言う危機に瀕していた偽バファローズ。8連勝中の小松がいきなり初回から先制を許す苦しい立ち上がりとなったが、中盤に打線が火を噴いて、2位の座を死守。小松は今季3度目の完投で9連勝の15勝目。西武は2回以降僅かに3安打と沈黙。立ち上がりこそ素晴らしかったキニーが2巡目に入ってから突然崩れると、2番手・ミッチーも炎上。優勝を決めても一向に連敗を止められないのは余裕なのか、苦悩なのか…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:42コメント(0)トラックバック(49) 

May 28, 2008

◆G6−2E◆
6度目の5割挑戦となる巨人だが、先発・内海が2回に中島に今季初アーチを被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、巨人は楽天先発のルーキー・長谷部から先頭の阿部が二塁打を浴びせると、続く松田記者が今季初アーチなる逆転2ラン。続く3回には連続四死球で一、二塁となった所で阿部が5号3ランを叩き込み、一気に突き放した。6回には寿司職人ラミレスのタイムリーでダメ押しの6点目。内海は3回以降1安打を許したのみと、すっかり立ち直り、プロ初の無四球完投で4月22日以来の3勝目。巨人は今季初めて5割に到達した。

ルイスのドーピングによる解雇,ジェレミーの落雷死とダブルゴンザレスショックを乗り越えて、巨人がようやく借金を完済。借金完済など所詮通過点だが、内海が復活してくれたのは大きいだろう。ゴンザレスが消え、亀井が消え、どんどんこぢんまりとなっていく巨人打線だが、デビュー戦が雨で消え、名目上プロ初先発となった長谷部を4回5失点KOと、ロッテ・唐川に続いてのゴールデンルーキー討ちとなった。ところで、無実を主張するゴンザレスは処分軽減を訴えているが、たとえ、シロでも契約解除は覆せないとの事。最早、復帰は諦めるしかない状況だが、せめて故意に薬物を摂取したのではない事を祈りたいものだ。

◆D2−4Bs
交流戦に入ってから、怒濤の拙攻三昧に拍車がかかる中日はこの日も2回の一死一、二塁と言う先制チャンスを英智がゲッツーで潰してしまう有様。すると直後の3回、先発・山本昌がカブレラに先制8号2ランを被弾。5回には一死三塁からまたもカブレラに犠飛を許して、3点目を献上。その裏、英智,ピンキー井上のタイムリーで1点差に詰め寄ったのも束の間、直後の6回、大引,後藤の連続二塁打で4点目を失い、山本昌は無念の降板。中日は6回以降、偽バファローズの継投策の前にノーヒットと沈黙。9回には連続四球で無死一、二塁とタナボタのチャンスを貰いながら、T.ウッズがゲッツーと最後の最後まで拙攻を展開し、連勝をストップさせた。

開幕4連勝を狙う山本昌だったが、拙攻に足を引っ張られ、今季初黒星。流石に、打線に頼るまでもなく勝てるだけの快投をそうそう何度も続ける事は出来なかった。これでリズムを崩し、200勝にいつまでも届かない…なんて事にならない事を祈るばかり。そんな事態に陥らない為にも名手・川相の現役復帰を視野に入れて欲しいものである。

◆YB2−6H◆
初回に村田のエラーで先制したソフトパンクは3回には松中の10号ソロで2点目。続く4回には一死一、二塁から的山に移籍初アーチとなる3ランが飛び出すと、更に、投手のガトームソンも一発を放って、ダメ押し。投げてはガトームソンが毎回の様にピンチを背負うながらも、要所を締める粘りの投球を見せ、7回を2失点。7回を終わった所で雨が強くなり、降雨コールドでソフトバンクが勝ちを拾った。

ゴンザレスのドーピング事件で心中穏やかではないであろうガトームソンが養毛剤パワーを発揮し、投打に渡る大活躍。薬物摂取が故意であれ過失であれ、陽性反応が出てしまったら、下手に反発しない方が球界に生き残れるのだと言う所を見せつけた。2度も雨で先発予定が流されたガトームソンだったが、この日は雨を味方につけての7回完投勝利。この日は的山も一発を放ち、バッテリーのアベックアーチとなったが、ホークスではエモやん&ノムさん以来36年ぶりだとか…。

◆C3−5L◆
折角、調子が上向きになって来ていると言うのに、相手が左の石井一だからとこじつけて、求道者・前田をベンチに幽閉するブラウン暗黒采配がまたも炸裂。2回にルパン広瀬のタイムリーで先制はしたものの、3回、先発・大島が栗山にタイムリーを浴び、あっさり同点。その裏、一死満塁とチャンスを掴みながら、オチョア,栗原の3,4番が倒れて、三者残塁。5回に細川のタイムリー二塁打で勝ち越された広島はその裏、再び満塁のチャンスを作るも、栗原が最悪のゲッツーを食らい、無得点。相次ぐ拙攻に士気が下がる一方の広島は直後の6回、中村に10号3ランで一気に突き放された。8回にルパン広瀬のタイムリー二塁打,倉の犠飛で2点を返した広島は土壇場9回、ようやく代打で登場した求道者・前田が怒りのヒットを放つなど、三たび満塁としたものの、最後はまたも栗原がゲッツーを食らって、あと一歩及ばず、連勝は4でストップした。

執拗に言っている事だが、左腕相手だからなんて安直極まりない理由で求道者・前田を外す愚行は辞めて貰いたいものである。実際の所、左対左に拘っていると言うよりは幽閉を正当化させる為の要因を無理矢理こじつけているのかもしれないが…。少なからず、連勝に貢献していた求道者・前田を外した途端に連勝が止まっても、それは何ら不思議ではないだろう。求道者・前田の幽閉で自分が決めなくては…と言うプレッシャーに苛まれたのか、栗原は3度の満塁のチャンスで2併殺含む3タコと言う大ブレーキだった。

◆T4−5M
ロッテ先発のルーキー・唐川に対して、阪神は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制すると、続く2回には鳥谷の三塁打の後、ジュビロ野口がタイムリー。更に、3回にはヒットの新井を一塁に置いて、キュラソ星人が7号2ランを叩き込み、唐川はこの回限りでKOとなった。一方、ボーグルソンに対して、3回まで4安打を浴びせながら、攻めあぐねていたロッテだが、4回、大松の8号2ランで反撃の狼煙を上げると、5回には里崎の犠飛,今江のタイムリーで追い付き、ボーグルソンをKO。そして、6回には江草に対して、一死から西岡,根元,里崎の3連打で1点を奪い、勝ち越しに成功。4回から登板の2番手・久保は4イニングを無失点に抑える好リリーフを展開。8回からは川崎−荻野と繋いで、1点のリードを守りきった。

化けの皮が剥がれるだけの情報は掴みきれない交流戦で白星を伸ばすと思われた唐川が交流戦に入った途端に連続早期KO。マークが厳しくなってきたと言うよりは唐川自身のボールにキレがなくなっている印象。しかし、前回と言い、今回と言い、それでも黒星がつかない辺りは強運に恵まれてはいる様だ。阪神は今季無失点の江草の初失点が黒星に繋がったのでは仕方ない…と言いたい所だが、唐川をKOした後、僅かに3安打と沈黙し、追加点をあげられなかったのが痛かった

◆S3−7F
開幕当初の勢いが消え失せている村中がこの日も乱調。初回に稲葉のタイムリーであっさり先制されると、更に、二死満塁から小谷野に2点タイムリーを浴び、この回3失点。2回以降、立ち直ったかに見えた村中だが、5回、二死から田中に痛打されると、またもおかしくなり、稲葉を歩かせた後、高橋,スレッド,小谷野と3連続タイムリーで4点を失い、あえなくKO。一方、日本ハム先発・ダルビッシュも2回に宮本に被弾すると、5回には4連打を浴びるなど、決して調子は良くなかったが、大量援護に守られ、8回まで3失点。最後は武田久のリリーフを仰いで、4月30日以来の6勝目を飾った。

村中はここ3試合で19失点とその不振ぶりはいよいよ深刻になってきた。チーム事情から高田監督はそれでも村中にはローテで頑張って貰いたい意向を示している模様。再調整の機会がない以上、一軍で投げながら、何とか立て直していくしかない。着実に打順を落としていった後、また、若干、持ち直したガイエルがついにスタメン落ち。途中出場で2回打席に立ったがいずれも凡退と名誉回復はならなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:14コメント(0)トラックバック(23) 

April 10, 2008

◆YB−G◆
降雨中止。

◆T−D◆
降雨中止。

◆S−C◆
降雨中止。

◆H5−1Bs◆
3回にハマのスペランカーの犠飛で先制された偽バファローズだが、直後の4回、後藤のタイムリー二塁打ですかさず同点。1−1で迎えた5回、ソフトバンクは仲澤,ハマのスペランカーの連続タイムリーで2点を勝ち越し。8回には主砲・松中に待望の今季初アーチが飛び出すなど、ダメ押しの2点を追加し、連敗を3でストップさせた。先発のガトームソンは育毛剤パワーを発揮し、8回途中まで1失点の好投で今季初勝利。3番手のルーキー・久米はプロ初セーブをマークした。

ガトームソンの初勝利,松中の初アーチ,久米の初セーブと初めて尽くしの戦いで連敗を阻止。先発2戦目のガトームソンは別に騒ぐ事でもないのだが、4番打者が開幕から18戦目でようやく初アーチと言う辺り、ソフトバンクがなかなか波に乗れない事を象徴している感じだ。また、ニコースキーの立て続けのリリーフ失敗でついに久米が最後の砦に…。この儘、ストッパーに固定出来る事を祈るばかりだ。一方、偽バファローズは悪いなりに先発の責任を果たした金子がまたも黒星。注目のビッグボーイズはまたもラロッカが3タコ,カブレラはヒットを打ったかと思えば、その時の走塁で右足内転筋を痛めてベンチに下がる体たらくだった。

◆F1−0E◆
連敗地獄が止まらず、かつての指定席・単独最下位に転落した楽天。この日はノムさんが心中してもいいと評した岩隈が6回まで四球1つ許しただけと言う快投を展開。これなら流石に楽天の連敗は止まるだろう…と思いきや、対するダルビッシュも5回までノーヒットに抑えるなど、楽天打線に二塁すら踏ませない。先に根負けしたのは岩隈。0−0で迎えた7回、先頭の劇団ひちょりに初安打を許したのを皮切りに一死満塁のピンチを迎えると、スレッジに犠飛を許して、ついに先制点を献上。この虎の子の1点をダルビッシュが守りきって、今季2度目の完封で開幕3連勝。敗れた楽天はこれで6連敗となった。

折角、岩隈が3安打1失点完投したと言うのに、よりにもよってこんなタイミングでダルビッシュと当たってしまうとは何とツイていない事か…。6連敗と言っても、1点差,2点差が3試合ずつ。一つ歯車が合えば、逆に6連勝していたかもしれないと言うのに、7点取ったら8点取られ、1点に抑えれば1点も取れないと言うこの巡り合わせの悪さは何なのかね。水島の呪いで片付けられれば話は早いのだが、1年近く水島氏には目をつけられてないんだよなぁ…。

◆L15−5M◆
西武打線が大爆発。初回一死からの5連打等で大量5点を先制すれば、2回にはブラゼルが7号2ラン。4回にも5長短打で6点を奪い、試合を決定付けた。開幕から3試合全て2点以内に抑えていながら、打線の援護に恵まれず未だに白星のない涌井だったが、待望の大量リードを貰うと、余裕の6回2失点でようやく今季初白星を掴み、チームは首位の座を守った。

ここまで涌井を見殺し続けてきた西武打線がその借りを一気に返すがごとく17安打15点の大爆発。涌井もこれで少しは溜飲が下がったか。久保の大炎上で敗れたロッテは9回に里崎,大松,オーティズと3連続アーチが飛び出したが、いかんせん12点ビハインドでこんな事をやられても屁にもならなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:28コメント(0)トラックバック(36) 

March 14, 2008

◆M4−12H◆
ここまで3試合で9回1/3無失点と完璧な投球を展開していると言うのに、バレンタイン監督が小林宏の開幕投手を示唆した事にがっくり来た…訳でもないだろうが、成瀬がまさかの大炎上。いきなり三者三振のスタートを切るなど、3回までは1安打無失点と順調だったが、4回にフォームを崩して、連続四球の後、5連打を浴びるなど、公式戦でも経験のない1イニング7失点。一方、スタンドリッジも松田のエラーでリズムを乱し、いきなり初回4点を失ったが、2回以降は立ち直り、5回までノーヒット。右肩違和感を訴えた守護神・馬原に代わり、臨時ストッパー候補として任命されたガトームソンは早速、9回にテスト登板。四球を1つ出したものの、後続を立ち、まずは結果を残した。

◆YB8−8F◆
公約を守る気ゼロな事がはーちゅんに見抜かれ、ますますはーちゅんの白星を上回る必要がなくなったハマのチンピラが4回3失点とまたまた不本意な内容。開幕戦連敗記録更新の期待は高まるばかり。二軍落ちを通告され、トンガ不在となった日本ハム打線は小谷野の3ランを初め、4発のアーチが飛び出す一発攻勢で8点を奪ったが、ヤクルトから移籍の藤井が6回6失点の乱調。「この試合で掴んだものを忘れなければ、シーズンにはしっかり挑める」などと、無駄にプラス志向なのか、状況を把握していないのか分からないコメントで首脳陣は不安感を募らせた。

◆L5−3E◆
開幕投手候補本命の涌井と田中が先発登板。涌井は立ち上がりに苦しみながらも、尻上がりに調子を上げて、5回を2失点でまとめた。一方、田中はオープン戦最長となる7回を投げて3失点。得意のスライダーが冴えて9三振を奪う持ち味を生かした投球で開幕へきっちり照準を合わせた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:47コメント(0)トラックバック(3) 

February 27, 2008

 パウエル二重契約問題でパ・リーグ連盟の勧告が両球団にないがしろにされた事により、とばっちりが回ってきた根来コミッショナー代行(一体いつまで代行なのか?)が代案をパ・リーグ小池会長に指示。連盟の勧告を白紙にしてまで考え出した案はどれほど双方を納得させられるものかと注目されたが、何と「両球団の契約を不承認とし、再びパウエルと契約を結んだ方の球団の申請を承認する」と言う訳の分からない代物だった。完全な仕切り直しと言う事で、一見、公平中立に見えるかの様に思われるが、今やパウエルの気持ちはソフトバンク一本なのは誰の目にも明らか。ソフトバンクより条件提示が低い上、フロントから現場まで総ぐるみで喧嘩腰の偽バファローズと再び契約を結ぶ可能性は絶無に近い。これでは事実上、ソフトバンクとの契約を認めたも同然で、その契約を公正なものだと周囲に認めさせる為の体裁を整えただけに過ぎない。契約不成立の上、出場停止ペナルティすら課す事も出来ないと言う偽バファローズ側にとっては何一つ納得のいかない最悪の展開だ。こんな事なら、パ・リーグ連盟の勧告を素直に受け入れていた方が3ヶ月出させない事が出来ただけマシだったと言えるだろう。偽バファローズ・中村球団本部長は「悔しい。予想外、最悪の結末でがっくりしている」と憤りを隠せなかったが、「最高機関の決断。野球界のフェア精神に則り、従わざるを得ない」と、理不尽な根来案を尊重する方針を示した。ただし「世間を騒がせて軽い問題ではないのに、判断理由が伝わってこない。納得させて欲しい」と再度問い合わせをする意向である辺り、未練も不満もタラタラの様だ。何にしても、今回の件は悪しき前例を作った以外の何物でもなく、また、根来コミッショナー代行が「代行」ですら任せられない人物である事を改めて認識させられる結果となった。

◆H1−5M◆
パウエルの入団が確実となった事により、過剰となった助っ人枠から漏れる投手を決めるかの様に、この日のソフトバンクはホールトン−スタンドリッジ−ガトームソンと言う助っ人投手リレーを展開。ガトームソンは3回をパーフェクトと文句なしの投球を見せたが、ホールトンは3回3安打2失点,スタンドリッジも制球に苦しみ、3回を3安打3四死球で3失点と言う不本意な内容だった。打線はロッテの小刻みな継投の前に10安打を浴びせながら、攻めきれず惜敗となったが、ポスト小久保の期待を受ける松田が2点三塁打を含む3安打の活躍を見せたのは大きな収穫。一塁の守備につく事を条件にフル出場を約束された松中も2安打を放った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(0)トラックバック(15) 

August 10, 2007

◆D5−6G◆
3ゲーム差で迎えた首位攻防3連戦。序盤は内海,人斬り抜刀斎の両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開するが、先に崩れたのは人斬り抜刀斎。0−0で迎えた4回、ガッツ,李と連打を浴びると、阿部には死球を食らわせて、無死満塁。ここでホリンズをピッチャーゴロに打ち取るも、痛恨の悪送球で先制点を献上。なおも無死満塁の場面で古城をセカンドゴロに仕留め、まず本塁を封殺。しかし、ゲッツーを狙った谷繁の一塁送球が大きく逸れ、ボールが転々とする間に阿部の生還を許してしまう。立て続けの守乱に川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない人斬り抜刀斎はまたも満塁のピンチを作ると、松田記者,マッスル千代の富士に連続タイムリーを浴びて、この回、悪夢の5失点。結局、人斬り抜刀斎は5回限りで降板となってしまった。この後、共に1点ずつ取り合って迎えた7回、中日は3本の単打で一死満塁のチャンス。李は空振り三振に倒れるも、荒木を下げてまで左対左を無視して投入された代打・立浪がライトフェンス直撃の走者一掃タイムリー三塁打を放ち、内海をKO。8回には2番手・西村から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込み、1点差まで詰め寄ったが、豊田に後続を断たれると、9回は上原に3人で捻られ、万事休す。内海は2年連続となる2桁勝利をマークした。

◆C7−3S◆
3タテで一気に最下位脱出を目論む広島は初回、梵の先頭打者アーチであっさり先制すると、更に、オチョアのタイムリーでこの回、2点。2回には、またも梵が2打席連続の9号ソロを叩き込むと、3回には求道者・前田のタイムリーで4点目。ヤクルトは5回に川本の2号ソロでようやく1点を返すも、その裏、石原のタイムリーで5点目を失った館山はこの回限りでKO。6回に青木の2点タイムリー二塁打で必死の応戦を図るヤクルトだが、その裏、広島は栗原がきっちり犠飛を打ち上げ、またまた突き放す。8回にも新井がこの日5安打目となるタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらも、マウンドに上がった守護神・永川が3人で締めた。ブラウン監督は通算100勝目

◆YB6−8T◆
初回から村田,内川のタイムリーで2点を先制された阪神だが、「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた横浜先発・マットホワイトに対して、直後の2回、投手の上園のタイムリーで1点を返すと、なおも満塁の場面で突如、1番に起用された浜中が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。続く3回には桜井,代打・葛城のタイムリー二塁打で3点を追加。しかし、横浜も負けじと4回、シーツのタイムリーエラーで1点を返した後、メカゴジラに11号3ランが飛び出して、一気に同点。6−6で迎えた6回、阪神はシーツのタイムリー二塁打で均衡を破ると、更に、続くキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、8点目。昨夜、それぞれ2回ずつ投げたJFKだが、この日も全員引っ張り出されて、この2点を守りきった。藤川はこれで30セーブ目

◆Bs7−5H◆
首位を走るソフトバンクに激震が走った。昨夜も好投を見せた先発ローテの一角・ガトームソンの服用していた飲むタイプの育毛剤がドーピング検査に引っかかり、20日間の出場停止処分を下されたのだ。ガトームソンはこの薬を服用している事をキャンプ中に自ら報告しており、悪意はなかった様だが、球団の管理体制に落ち度があった。V争いが本番に突入するこの大事な時期にこの処分はチームにとって深刻なダメージだ。出場停止が登板翌日からであったのが唯一の救い。やはり、これは鎖国政策を打ち出しながら、ソフトバンクをシメまくっている水島の呪いの影響なのか!? この事件がチーム内にも動揺をもたらしたか、安定感抜群の先発・杉内が初回からローズのタイムリー二塁打で先制を許すと、2回には前田に3年ぶりのアーチとなる2ランを被弾。4回にも前田にタイムリーを許した杉内はあえなくKO。7回には3番手・小椋が阿部真に犠飛を打ち上げられ、5点目を献上。この5点目は致命的になるかと思われたが、直後の8回、ここまで散発4安打と沈黙していたソフトバンク打線が突如、覚醒。先頭の田上のヒットを皮切りに、3連打で1点を返すと、代打・ブキャナンが歩いて満塁となった所で本多が走者一掃タイムリー三塁打を浴びせて、1点差。そして、続く川崎がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを作るも、本間が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、偽バファローズは10回から登板の馬原に対して、一死からラロッカがヒットで出ると、ここで牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがついに山崎武を上回って単独トップに立つ37号2ランをレフトスタンドへ叩き込み、サヨナラ勝ちを収めた。

◆E7−6M◆
悪の温床・楽天先発・田中に対して、ロッテは3回、二死満塁からオーティズの2点タイムリーで先制すると、更に、続く大松がライトスタンドへ2号3ランを放り込み、大量5点のビッグイニングを形成。しかし、田中が炎上すると、何故か活発になるのが悪の温床・楽天打線。その裏、すかさず、無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、山崎武はゲッツーに倒れるも、この間にまず1点。更に、ショートのタイムリー二塁打で2点目。田中は5回にも1点を失い、降板となるが、6回、渡辺直のタイムリー二塁打,高須の犠飛で2点を返した悪の温床・楽天は、7回には代打・フェルナンデスが同点15号2ランを叩き込んで、田中の黒星を消す事に成功。勢いに乗る悪の温床・楽天は土壇場9回、一死一、二塁から草野がライト前にタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。4番手・小山に今季初勝利がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(1)トラックバック(23) 

August 09, 2007

◆G2−2T◆
昨夜は対巨人61年ぶりの22安打と大爆発した阪神打線。とっくに勝敗が決した後の終盤の無駄打ちは翌日に残しておいてくれと打ち疲れを心配されたが、案の定、春風亭半ケツの前に2回までパーフェクトと沈黙。しかし、3回、先頭の浜中が2号ソロを叩き込み、1点を先制。なおも二、三塁のチャンスを作ったが、昨日は4安打のシーツがセンターフライに倒れて、二者残塁。更に、4回には二死満塁のチャンスを逃すなど、空回りが続くばかり。何とか踏ん張っていた阪神先発・太陽の子エステバン・ジャンだったが、その裏、阿部に26号同点アーチを浴びると、続く5回にはマッスル千代の富士にタイムリー内野安打を許して、勝ち越し点を献上。1点を追う阪神は7回、一死一、三塁から関本が犠飛を打ち上げ、同点。試合はその儘、延長に突入した。3連戦勝ち越しに燃える巨人は同点ながらも9回から守護神・上原を投入し、2回をパーフェクトに抑え込むが、阪神も7回から登板のウィリアムス,9回から登板の久保田がそれぞれ2回をピシャリと抑える好投を見せ、均衡が破れない。迎えた11回、藤川を温存されている状態で上原が先にマウンドを降りる事となったが、代わった豊田もアウト3つを全て三振に斬って取る力投を展開。その裏、満を持して登場した藤川は一死から李を歩かせるも、続く阿部をセカンドゴロゲッツーに仕留める。豊田も負けじと12回を三者凡退に抑え、負けのなくなった巨人だが、最後の攻撃も藤川の前に0点に終わり、結局、12回既定により、引き分けに終わった。

◆D3−1C◆
2回に内野ゴロの間に先制した中日は3回には一死二、三塁からT.ウッズがセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を追加。4,5回と二人の走者を出しながら、あと一本が出ず、6回もゲッツーでチャンスを潰すなど詰めの甘さは相変わらずだったが、先発・朝倉が7回まで散発2安打無失点と素晴らしい投球を展開。8回に内野ゴロの間に1点を失い、完封は逃したが、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った。

◆S1−9YB◆
横浜打線が序盤から大爆発。ヤクルト先発・藤井に対して、初回、金城の11号2ランで先制すると、更に、内川に走者一掃のタイムリー二塁打が飛び出して、いきなり4点をゲット。続く2回には野中,吉村のタイムリーで2点を追加。なおも一死満塁のチャンスにまたもや内川が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、大量5点とまたまたビッグイニングを形成。連続無失点記録が断たれてから乱調続きのハマのチンピラだったが、大量リードを背に7回を無失点に抑え、9勝目。ヤクルトはリグスのタイムリーで完封を免れるのが精一杯。フロントから執拗に引退を迫られている中井美穂の旦那・古田が、代打として4月19日以来の打席に立ったのが唯一の見せ場だったが、結果はセカンドゴロに終わった。

◆L1−5H◆
4年ぶりに松中を4番から降格させるテコ入れが空転したソフトバンクだが、小久保が左手首痛で欠場となった事もあり、一夜で松中が4番復帰。大村も左背筋痛で登録抹消となるなど、苦しい状況ながら、0−0で迎えた3回、一死から田上が死球で出ると、ここから井手,本多,川崎,ハマのスペランカー、そして、4番復帰の松中と怒濤の5連打で一挙4点を獲得。8回には柴原のスクイズでダメ押しの5点目。先発・ガトームソンは初回の満塁のピンチを切り抜けてからはすっかり立ち直り、8回まで5安打無失点の好投を展開。土壇場9回、完封を目前にしながら、先頭のベンちゃんに10号ソロを被弾。更に、栗山にも痛打された所で降板となったが、守護神・馬原が後続3人をピシャリと締めて、連敗阻止。西武先発・ギッセルはこれで助っ人史上1位タイとなる9連敗となった。

◆F4−2E◆
3回、突如、制球を乱した悪の温床・楽天先発・山村から2四死球でチャンスを作った日本ハムは工藤,稲葉の連続タイムリーで2点を先制。続く4回には先頭の高橋が7号ソロを叩き込むと、鶴岡にもタイムリーが飛び出して、4点目。グラウンド外でお騒がせ中のダルビッシュは7回まで散発3安打と抑え込まれていた悪の温床・楽天だが、8回、草野,代打・関川,渡辺直と3連打で1点を返し、ダルビッシュをKO。代わった江尻の前に高須はショートゴロゲッツーに倒れる、この間に関川が返って、2点差。更に、続く礒部もヒットを放って、守護神・MICHEALを引っ張り出すが、ここで代走・高波が中嶋の牽制に引っかかって憤死する大チョンボ。MICHEALは9回は三者凡退に斬って取り、逃げ切りに成功。2年連続の2桁勝利となったダルビッシュはお立ち台でサエコとのできちゃった婚宣言をぶちかました

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(0)トラックバック(66) 

April 28, 2007

◆S6−4G◆
太腿痛で開幕からリハビリモードだった上原がようやく一軍昇格。期間限定のストッパーとしての起用が噂されている事から、ストッパーとしての出番を作れるかに注目が集まっていた。しかし、上原に代わって開幕投手を務めてから3連勝と上原の穴を埋めてきた内海が、ガッツのタイムリー内野安打で初回から先制点を貰いながら、その裏、青木,寿司職人ラミレスと連続タイムリーであっさり逆転を許すと、更に、城石にもタイムリーを浴びて、3失点。2回に入っても、制球,キレ共にイマイチで一、三塁のピンチを作った挙げ句、青木の併殺崩れの間に4点目を献上。巨人は4回に阿部,5回にマッスル千代の富士とソロ2発で1点差まで詰め寄ったが、それでも立ち直れない内海はその裏、年に3本打つかどうかの城石に被弾。更に、6回にはまたも青木にタイムリー二塁打を浴びて、ついに今季初のKO。巨人はこの後、李にも一発が出たが、これまたソロ。結局、上原の出番を作る事が出来ず、連勝はストップ。ここまで左腕先発投手は無傷の10連勝をマークしてきたが、ついに内海が初の黒星を喫する事になった

◆YB5−4D◆
中日は2回、村田のエラーでタナボタの1点を先制するが、なおも満塁のチャンスを逃して、早くも5残塁と川相不在の弊害を露呈。今季初先発となる佐藤充は味方打線のチグハグな攻撃に苛立ちを隠せず、その裏、吉村にタイムリーで追いつかれると、4回には鈴木なおのりに被弾し、勝ち越し点を献上。5回に一死一、二塁のピンチを迎えた所で無念の降板となった。このピンチは何とか凌いだ中日だが、6回には吉村,ガッツな貴公子・仁志のタイムリー等で3点を失い、大きく突き放された。中日は怒濤の拙攻三昧でゼロ行進を続けていたが、8回、新井,立浪が連続タイムリーと代打攻勢が決まる。土壇場9回には帰国中のクルーンに代わって、抑えのマウンドに上がったホセロから中村紀がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差。なおも二死二塁と一打同点のチャンスを作ったが、最後は清水将がファーストへのファールフライに倒れて万事休す。横浜先発・はーちゅんは8回途中まで3失点で開幕3連勝。横浜はこれで3位に浮上した。

◆C8−4T◆
初回からシーツのタイムリーで先制された広島だが、その裏、主砲・新井の3ランで逆転する幸先のいい立ち上がり。しかし、先発・長谷川がピリッとせず、2回に矢野のタイムリーで1点差に詰め寄られると、3回にはまたもシーツに逆転2ランを被弾し、あえなくKO。2回以降すっかり当たりが止まってしまった広島だが、5回に再び覚醒。一死一塁から天谷に6年目でのプロ初アーチが飛び出して、逆転に成功。更に、二死後、怒濤の4連打で3点を追加し、この回、大量5点。終わってみれば、広島にヒットが出たのは、初回と5回のみ。6回には3四死球で満塁のチャンスに新井が凡退するなど、相変わらずの拙攻ぶりを見せたが、全てのヒットが一極集中した事が奏功し、今季初の連勝を飾った。4回から登板し、4イニングを無失点に抑える好リリーフを見せた魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスはついに来日初勝利。敗れた阪神は4位転落となった。

◆Bs1−3H◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われたエース・斉藤和が右肩痛で登録抹消となる緊急事態に陥り、残った戦力で何とか踏み堪えるしかなくなったソフトバンクは移籍後、未だに白星がないガトームソンを15日ぶりに先発起用。これまでピリッとしない投球が続いていたガトームソンだが、この日は4回まで散発1安打で6三振を奪う好投で偽バファローズ打線を翻弄。一方、偽バファローズ先発・デイビーの前に同じく4回まで無得点に抑え込まれていたソフトバンクだが、5回二死から田上に今季初アーチが飛び出して、ついに1点を先制。しかし、その裏、偽バファローズも後藤のタイムリー二塁打ですかさず追いつき、再び試合は膠着状態に。1−1の儘、迎えた8回、ソフトバンクは一死から森本のヒットでついにデイビーを降板させる事に成功。そして、土壇場9回、3番手・加藤大から先頭のハマのスペランカーが四球を選んだ所で、主砲・松中が均衡を破る5号2ラン。最後は守護神・馬原が3人で締めて、6連勝で2位に浮上。ガトームソンは今季最高の投球でようやく移籍初勝利を手にした。

◆L7−2M◆
ゲーム差ゼロの首位攻防3連戦。月間MVPの可能性を残しているロッテ先発・小林宏は2回まで無失点に抑えていたが、3回、細川のヒットを皮切りに二死二塁のピンチを迎えると、礒?,中島と連続タイムリーを浴びて、先制の2点を献上。続く4回には今江のエラーで作ったピンチにから平尾に痛打され、3点目。5回に今江が汚名返上の2点タイムリー二塁打で1点差に詰め寄ったのも束の間、その裏、G.G.佐藤に6号3ランを被弾し、この回限りでKO。6回にも礒?のタイムリーでダメ押し点をあげた西武はその儘、逃げ切って、首位に返り咲き。先発・オツは7回2失点の好投で5勝目をあげ、月間MVPを争う同僚・涌井を一歩リード。敗れたロッテは一気に3位に転落した。

◆E2−10F◆
地獄の連敗モードを脱し、ようやく上昇気配の日本ハムは2回、無死一、二塁から嶋,フェルナンデスの連続エラーでタナボタの先制点をゲットすると、更に、満塁のチャンスにミスタースナイパー・坪井が2点タイムリーを浴びせて、この回3点。5回に鉄平の2ランで1点差と追い上げられるも、6回一死から4連続シングルヒットで2点を奪い、悪の温床・楽天先発・岩隈をKO。これで勢いづいた日本ハムは6回には代打・田中幸が今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、2000安打へ残り9本と接近。8回にはルーキー・金子洋にも代打ホームランが飛び出し、10点目。投げては先発の伊集院光の弟子・金村が6回2失点で切り抜けると、武田勝−武田久−MICHEALと繋ぐ万全のリレーで逃げ切り。7試合連続2得点以下と貧打に苦しんでいたが、久々に投打が噛み合い、4月13日以来となる連勝を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:31コメント(0)トラックバック(95) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ