オーティズ

September 20, 2010

◆T4−2G◆
阪神先発のルーキー・秋山に対し、巨人は初回、ヒットの坂本を松本が送ると、二死後、寿司職人ラミレスが右中間を破る先制タイムリー二塁打。3回には一死からヒットの坂本が松本のサードゴロの間に二進すると、ガッツがライト前へ弾き返して、1点を追加。阪神との相性を買われ、右肘のリハビリモードから1ヶ月ぶりの登板となったグライシンガーは1,2回と無難に抑えるが、3回、二死二塁から平野がタイムリーを放ち、1点を献上、続く4回には先頭の新井の打球を右手に受け、その後、何とか二死まで持ち込んだものの、林が4号逆転2ランを被弾。続く坂に死球を食らわせた所でKOとなり、今季初白星はまたもお預けとなった。直後の5回、巨人は二死からガッツ,寿司職人ラミレスと連打を浴びせるが、阿部のレフトへの飛球はフェンス手前で失速し、二者残塁。阪神は6回、ヒットのJ.マッケンジーを代打・藤川俊が送って、一死二塁。ここで代打・関本はショートゴロに倒れるが、坂本がボールを握り損ねて、叩き付けてしまうも、すかさず古城がこぼれ球をキャッチ。飛び出してしまったJ.マッケンジーは三塁でタッチアウトと思いきや、古城の送球が背中に当たり、オールセーフ。代打で登場したキュラソ星人はカウントが悪くなってから歩かされ、満塁となった所でマット・マートンを迎えたが、ここで代わったMICHEALの前にセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で結局、無得点。阪神は7回から登板の久保田が上位打線相手に2回をピシャリと締めると、8回裏、J.マッケンジーがレフトスタンドギリギリに飛び込む26号ソロを放ち、貴重な1点を追加。土壇場9回、守護神・藤川球が二死から古城に痛打されるも、坂本に10球粘られながらも最後は三振に斬って取り、この3連戦勝ち越し。秋山は6回を2失点で食い止め、4勝目をマークした

◆S4−3D◆
中日は初回、先頭の荒木がヒットで出るも、一死後、森野がゲッツー。続く2回には二死から内野安打と野選で一、二塁とするも、小田がサードゴロに終わり、二者残塁と相変わらずのタイムリー欠乏症を露呈。すると、その裏、ヤクルトは二死二塁から田中が敬遠された所で投手の中沢がライト前へ先制のタイムリー。自ら先制点を叩き出した中沢だったが、直後の3回、逆に投手の寝損に痛打されると、荒木に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ3号逆転2ランを被弾。続く4回には先頭の堂上直に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを浴び、この回限りで降板となった。その裏、ヤクルトは青木のタイムリー二塁打で1点差。続く5回には連続四球で一、二塁とすると、一死後、相川が同点タイムリーを放ち、寝損をKO。更に、代わった小林正に対し、代打・デントナ,田中と連打を浴びせて、勝ち越しに成功。1点を追う中日は7回、ブランコのヒット,宮本のエラーで二死一、二塁とするも、藤井がファーストゴロに倒れ、二者残塁。一発が出ないと如何ともし難い展開に最早、繋いでも無駄と振り回す中日打線は7回以降、ノーヒットに終わり、最後まであと1点が届かなかった。ヤクルト2番手・増渕は1回を3人で抑え、2勝目をマーク

◆YB1−9C◆
初回、一死二塁から天谷のヒットで先制のホームを狙った梵がタッチアウト,2回には一死一塁から石井タクローがゲッツーと攻めあぐねていた広島だが、3回、二死走者なしから梵がライトオーバーの三塁打を浴びせると、木村がライト前へ先制タイムリー。続く4回には一死から栗原が左中間スタンドへ11号ソロを叩き込み、1点を追加。その裏、横浜は先頭のスレッジがレフトスタンドへ28号ソロを放り込み、1点差。広島は6回、栗原の2打席連続となる12号2ランなど、6長短打を集中し、一挙5点を追加。7回には梵の12号ソロ,8回には石原のタイムリーで着々と加点。投げては先発の偽ハンカチ王子・斉藤が11安打を浴びながらも、1失点で踏ん張る粘りの投球を見せ、完投で4勝目をマークした

9/20オーティズ◆H5−4L◆
マジック点灯中とは言え、ソフトバンクの猛追に焦る西武は初回、一死から歩いた栗山を一塁に置いて、中島が19号2ランを叩き込むと、続くフェルナンデスも10号ソロと連続アーチで3点を先制。その裏、ソフトバンクは内野安打の本多が二盗と連続暴投で労せずして生還。1−3の儘、迎えた4回、西武は片岡のタイムリー二塁打で1点を追加。3点を追うソフトバンクは5回、先頭の松田がレフトスタンドへ19号ソロを放り込むと、続く6回には死球とエラーで貰ったチャンスにハマのスペランカーがタイムリーを放ち、西武先発・石井一をKO。更に、代わった岡本篤からペタジーニが四球を選んで満塁のチャンス。長谷川,松田は連続三振に倒れるも、代打・オーティズがセンター前へ弾き返し、二者が返って、一気に逆転に成功。7回からは4番手・摂津が2回をピシャリと抑えると、9回から守護神・馬原が登場。原,栗山と痛打され、二死一、三塁のピンチを背負ったが、最後は中島に粘られながらも、空振り三振に仕留め、ゲームセット。ソフトバンクは首位西武に3タテを食らわせて、0.5差と肉迫。3番手・森福は2回1/3を無失点の好リリーフで3勝目を挙げた

◆F3−2Bs◆
3位浮上を狙う偽バファローズは2回、先頭のカブレラが四球を選ぶと、一死後、バルディリスが三塁線へ二塁打を浴びせ、二、三塁。ここでカラバイヨがレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。日本ハムは3回、二死一、三塁から暴投で1点を返すと、稲葉,小谷野と連続タイムリーを浴びせて、逆転に成功。3回から早くも先発・糸数を諦めて継投モードに入った日本ハムは榊原−林−建山−宮西と中継ぎ陣がいずれも追加点を許さない好投。8回一死から早くもマウンドに上がった守護神・武田久も残り5人の打者をパーフェクトに抑え込み、1点のリードを守りきった。2番手・榊原は2回1/3を無失点に抑え、9勝目。偽バファローズはこれで今季の優勝の可能性が消滅した。

◆E7−9M◆
5位転落の危機に瀕しているロッテは西岡の10号先頭打者アーチで先制すると、エラーで二塁に進んだ井口をフクーラのタイムリーで返し、2点目。更に、連打で二死満塁とチャンスを広げたが、清田がショートゴロに終わり、三者残塁。一方、楽天は2回、山崎の26号ソロで1点を返すと、3回には一死三塁から高須がレフト前へ同点タイムリー。追い付かれたロッテは4回、清田のヒット,西岡の四球で二死一、二塁とすると、今江がライト前へ勝ち越しタイムリー。6回には二死二塁から西岡がこの日2本目となる11号2ランを叩き込むと、今江の3打席連続連続安打の後、井口のタイムリー二塁打で6点目。4点を追う楽天はその裏、二死一、二塁から牧田のタイムリー,斉藤の捕逸で2点を返し、2点差。直後の7回、ロッテは二死から連打と四球で満塁とした所でまたも西岡がタイムリー内野安打を放ち、突き放すが、粘る楽天はその裏、山崎がタイムリーで1点を返すと、続く8回には二死一塁から聖沢が5号2ランをぶち込んで、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。3戦連続サヨナラ負けは何としても避けたいロッテはラストイニングとなった12回、二死走者なしから西岡がヒットで出ると、続く今江のタイムリー二塁打で待望の勝ち越し点をゲット。更に、井口が歩いた後、金にもタイムリーが飛び出し、ダメ押し。最後は守護神・小林宏が3人で締め、雪辱を果たした。6番手・小野は1回を無失点で5勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:15コメント(0)トラックバック(18) 

July 10, 2010

◆D7−1G◆
9戦連続2桁被安打を許すなど、先発陣の不振が続く巨人だが、この日の先発・藤井も不調。初回は三者凡退に抑えたものの、続く2回、一死満塁のピンチを作った所で堂上直に走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びると、二死後、荒木にもタイムリーを許し、4失点。4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁に4号ソロを叩き込まれると、5回にも谷繁にタイムリー二塁打を浴びて、6失点KO。中日は8回にも荒木にタイムリー二塁打で飛び出して、ダメ押し。ゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う言いがかり極まりない水島の呪いを受けている中日先発・山井は6回1/3を投げ、江戸川の6号ソロアーチによる1点のみに抑え、3勝目。

◆S5−2C◆
ヤクルトは初回、二死から飯原の四球,戦線復帰したホワイトセルのヒットで一、二塁とすると、畠山がレフト前へ先制タイムリー。3回にはまたも二死からホワイトセルのヒット,畠山のタイムリー二塁打で1点を追加。広島は4回、梵の二塁打,赤松のタイムリーで1点差と詰め寄るが、その裏、ヤクルトは内野安打の鬼崎を二塁へ進めた所で青木がレフトスタンドへ7号2ランを叩き込み、点差を拡大。3点を追う広島は7回、ヒューバー,迎の連打で無死一、二塁とするも、小窪が最悪のショートゴロゲッツー。この後、石原が猛打賞となるタイムリーを浴びせるが、続く代打・山本芳が倒れて、1点止まり。突き放したいヤクルトは8回、先頭の畠山がレフトスタンドへ3号ソロを叩き込み、貴重な1点を追加。9回は守護神・林が3人で退けた。先発・石川は7回を2失点で3勝目

◆T3−4YB◆
2回、阪神は一死から林が二塁打で出ると、続く浅井が2号先制2ラン。2点を追う横浜は4回、ヒットの村田を二塁へ進めた所でハーパーがライト前へタイムリーヒット。6回には村田が13号ソソロを叩き込んで、同点。続く7回には二塁打の武山が藤田のセカンドゴロの間に三進すると、平野のタイムリーエラーの間に勝ち越しのホームイン。更に、9回には二塁打のハーパーを三塁へ送った所で藤田がライト前へ弾き返し、貴重な4点目を追加。その裏、阪神は四球と連打で一死満塁と攻め立て、守護神・山口を引きずり出すと浅井の犠飛で1点差。なおも一打同点のチャンスだったが、悠久の若虎・桧山が打ち上げて、万事休す。横浜先発・清水はあと二人と迫りながら完投を逃したものの、8勝目をマークした

7/10オーティズ◆H1−0M◆
成瀬,和田の両先発左腕が互いに一歩も譲らぬ好投を展開し、0−0の儘、土壇場9回へ突入。ロッテは先頭の金がヒットで出ると、大松の犠打で二進。二死後、竹原が歩いて、一、二塁とするも、的場がライトフライに倒れて、二者残塁。その裏、ソフトバンクは二死走者なしから松田の四球,川崎のヒットで一、二塁と一打サヨナラの場面を作るが、オーティズはピッチャーゴロと凡退。両軍共に継投モードに入る形で延長戦に突入した。10回にも二死一、二塁のチャンスを逃したソフトバンクだったが、11回、この回から登板の3番手・薮田に対し、本多のヒット、川崎の四球で一死一、二塁とした所でオーティズがレフト前へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。ソフトバンク3番手のファルケンボーグは1回を3人で抑え、3勝目がついた。


◆L1−7E◆
初回に渡辺のタイムリーエラーで先制を許した楽天だが、直後の2回、ルイーズ,中村紀,山崎の3連打であっさり同点。1−1の儘、迎えた6回、楽天は二死満塁と絶好の勝ち越しチャンスを掴むが、中村紀が三振に倒れて、三者残塁。一方、2回以降ノーヒットと沈黙していた西武は7回、先頭の高山がヒットで出るも、ブラウンがファーストゴロゲッツーに倒れて、結局、3人で攻撃終了。直後の8回、楽天は渡辺のヒット,草野の死球で二死一、二塁とした所でルイーズが5号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。西武先発・涌井はこの回限りでKO。楽天は続く9回にも聖沢,高須,牧田の3連続タイムリーが飛び出し、試合を決定付けた。先発の岩隈は7回を自責点0の好投で6勝目をあげた

◆F5−2Bs◆
2回、日本ハムは糸井の四球,陽の内野安打で二死一、二塁とすると、重盗が決まった所で、鶴岡,金子誠の連続タイムリーを浴びせて、3点を先制。続く3回には内野ゴロの間に1点を追加すると、6回には金子誠,劇団ひちょりのヒットで一死一、三塁とした所で稲葉がライトへ犠飛を打ち上げて、5点目。偽バファローズ先発・小松はこの回限りで降板となった。日本ハム先発・ダルビッシュは9回に後藤に7号2ランを被弾し、完封こそ逃したものの、完投で9勝目を飾った。日本ハムは7カード連続の勝ち越し。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(0)トラックバック(15) 

May 22, 2010

◆E3−5G◆
7連勝中の巨人先発・東野に対し、楽天は初回、一死からヒットで出た高須を鉄平のタイムリー三塁打で返して、1点を先制。しかし、直後の2回、巨人は二死走者なしから、初回にクッションボールの処理を誤って先制を許した長野が汚名返上の4号同点ソロ。1−1で迎えた5回、楽天は内野安打の内村を聖沢が送ると、二死後、またも鉄平がタイムリーを放ち、勝ち越し。続く6回には山崎に8号ソロが飛び出して、3点目。2点を追う巨人は7回、先頭の寿司職人ラミレスがヒットで出ると、続く阿部が11号2ランを叩き込み、一気に同点。その裏、内村,聖沢の連打で無死一、三塁のピンチを背負った東野は高須をショートゴロに打ち取るが、ここで降板となり8連勝ならず。しかし、2番手・山口が鉄平を、3番手・久保が中村紀を退けて、ピンチ脱出。同点の儘、迎えた土壇場9回、巨人はヒットで出た寿司職人ラミレスの代走で出た鈴木が二盗に失敗するも、続く阿部が四球を選んだ所で長野がこの日2本目となる5号2ランをぶち込んで、ついに勝ち越しに成功。その裏、昨日とは違い、まだ越智を残した状態での登板となった守護神・クルーンは制球を乱す事なく、三者凡退で切り抜け、昨日の汚名を返上。巨人の連敗は3でストップ。1回1/3をパーフェクトに抑えた久保に2勝目がついた

◆H7−4C◆
3回に東出のタイムリーで先制されたソフトバンクはその裏、プロ初登板となる広島先発・相沢から山崎,川崎,本多の3連打であっさり追い付くと、オーティズの15号2ランで勝ち越しに成功。更に、小久保のヒット,ハマのスペランカーの四球で一、二塁とした所で23日ぶりに一軍復帰となった松中がタイムリー。続く森本が歩いて、満塁となった所でプロ初スタメンとなった福田も2点タイムリー二塁打を放ち、この回、一挙6点。続く4回には四球の本多を三塁へ進めた所で小久保が犠飛を打ち上げ、7点目。6点を追う広島は7回、先頭の求道者・前田がライト前ヒットで反撃の狼煙をあげると、一死後、迎もセンター前ヒット。ここで小窪,石原と連続タイムリー二塁打を浴びせて、3点差まで追い上げたが、反撃もここまで。ソフトバンクは8回からファルケンボーグ−馬原と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り。先発の和田は7回途中4失点で降板となったが、打線の援護に恵まれ、6勝目

◆L8−0D◆
0−0で迎えた3回、西武は大崎,片岡と連打を浴びせると、一死後、中島が歩いて、満塁のチャンス。ここで中村が先制犠飛を打ち上げると、続くブラウンがよ号3ランを叩き込み、この回4点。7回には、またも大崎,片岡と連打を浴びせると、続く栗山がタイムリーを放ち、1点を追加。更に、8回にはブラウンのこの日2本目となる10号ソロ,細川の2号2ランと一発攻勢でダメ押し。中日は毎回の様に走者を出しながら、繋がりに欠ける攻撃で残塁の山を築き、完封負け。西武先発・帆足は7回2/3を無失点で6勝目を飾った

◆Bs5−3T◆
マット・マートンの8号先頭打者アーチで先制した阪神は更に、二死後、新井,キュラソ星人の連打で追加点のチャンスを作ったが、J.マッケンジーが三振に倒れて、1点止まり。3回に内野ゴロと暴投の間に逆転を許すが、4回、二死満塁から葛城イクローが押し出し四球を選んで、同点。追い付かれた偽バファローズは5回、年に1本打つかどうかの荒金に今季初アーチが飛び出して、勝ち越し。直後の6回、ブラゼルの15号ソロで追い付かれるが、その裏、バルディリスの3号ソロで三たび勝ち越しに成功。8回には後藤に2試合連続の4号ソロが飛び出し、5点目を追加。最後は抑えのレスターが3人で締め括った。先発の木佐貫は6回を3失点で4勝目をマークした

5/22中沢◆M20−4S◆
好投の報われない日々が続くヤクルト先発・中沢は初回、無死満塁のピンチにゲッツーの間に先制点を献上。1点取られた段階で黒星を覚悟しなければならない様なチーム状態により、この1点で絶望感に苛まれてしまったのか、続く2回には6本の単打を浴びて、5失点。更に、3回には南に1号ソロを被弾するなど5長短打を浴びると言う信じられない大炎上で失意のKO。代わった増渕も連打を浴びたばかり、大松に8号3ランをぶち込まれ、この回大量7失点。ロッテは中盤以降も大量に加点し、計4発含む22安打20得点で圧勝。移籍初登板となった先発・吉見は序盤から大量リードを貰って悠々と投げ込み、6回2失点で移籍初勝利。ヤクルトは頼みの中沢が火だるまに遭い、8連敗。不振の両助っ人が5安打3打点と復調の兆しを見せたのが唯一の救いだった。

◆F3−1YB◆
横浜は初回、石川,藤田と連続三振に倒れるが、内川がライト前に弾き返すと、村田が先制タイムリー二塁打。しかし、その裏、日本ハムも先頭の田中が二塁打を浴びせると、劇団ひちょりの犠打,稲葉の犠飛で同点のホームイン。1−1の儘、迎えた6回、一死二塁のピンチを迎えた横浜先発のルーキー・加賀はよりにもよってあの男にタイムリーを浴び、勝ち越し点を献上すると、二死後、小谷野にもタイムリー二塁打を浴び、KO。日本ハムは9回から建山を投入して、横浜の反撃を断ちきった。先発の武田勝は8回を3安打1失点の好投で3勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:44コメント(0)トラックバック(15) 

May 19, 2010

◆F3−1G◆
ゴンザレス,増井の両先発が互いに譲らぬ好投を展開し、5回まで両軍ゼロ行進。0−0の儘、迎えた6回、巨人は一死からアーチ量産体勢に入っている坂本がレフトスタンドへ11号ソロを叩き込み、ついに1点を先制。しかし、その裏、日本ハムは一死から田中がヒットで出ると、二死後、稲葉が同点タイムリー二塁打。ここでここまで2タコとインケツパワーを溜め込んでいたあの男が無茶振りで4号2ランをぶち込んで、2点を勝ち越し。巨人は坂本の一発以降、ノーヒットと沈黙し、この2連戦2連敗を喫した。ルーキー・増井は6回1/3を1失点で切り抜け、2勝目をマークした

◆H9−3T◆
序盤は両軍共に拙攻続きで先制点を奪えない。0−0で迎えた4回、ソフトバンクは先頭のおーティズがレフトスタンドへ14号ソロを放り込むと、二死後、柴原がライトスタンドへ2号ソロを放って、この回2点。阪神先発・上園はこの回限りで降板となった。ソフトバンクも続く5回にも山崎,川崎と連続二塁打を浴びせて、1点を追加。7回にブラゼルのタイムリーで1点を返されるが、その裏、ハマのスペランカーの8号3ラン等、6長短打で一挙5点を奪い、試合を決定付けた。先発のホールトンは5回無失点で降板し、リリーフの援護を仰いで5勝目を手にした

◆M3−1D◆
ロッテは初回、ヒットの西岡を荻野貴が送ると、二死後、金が歩いて一、二塁となった所で大松がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。3回には二塁打の荻野が森野のタイムリーエラーで生還すると、二死一、二塁となった所で南がセンター前へ弾き返して、3点目。6回まで僅か1安打と沈黙していた中日は7回、連続四球を選んで、先発・マーフィーをKOすると、2番手・伊藤に対し、一死後、荒木が痛打し、満塁となった所で代打・野本が四球を選んで、押し出しでようやく1点。なおも満塁と一打同点のチャンスだったが、森野,ブランコの3,4番が打ち取られ、三者残塁。ピンチを切り抜けたロッテは薮田−小林宏と繋いで中日の反撃を断ちきった。マーフィーは7回途中まで7四球と言う荒れ球で的を絞らせず、被安打1の1失点で2勝目をマーク

5/19前田智◆Bs2−8C◆
天才の打棒を4回は見られるであろうと言うファンの夢を叩き潰して大惨敗を喫した事に広島首脳陣も猛省したのか、この日はついに求道者・前田が5番DHで実に663日ぶりにスタメン起用された。その求道者・前田はいきなり第1打席で会心の二塁打を放つが、下半身に抱える不安からか、二死後に飛び出したフィオのライト前ヒットで返って来られず、続く小窪が倒れて、先制ならず。しかし、昨日とは対照的に、求道者・前田の出場で士気の高まっている広島は続く3回、石原がレフトスタンドへ3号先制アーチ。4回には二死二、三塁からまたも石原が2点タイムリーを浴びせると、東出もタイムリー二塁打で続き、偽バファローズ先発・小松をKO。その裏、北川の犠飛,バルディリスのタイムリーで2点を返されるが、6回、一死二塁から北川のエラーで1点をあげると、更に、連続四球で満塁とした所で梵のタイムリー二塁打,天谷の犠飛で3点を追加し、試合を決定付けた。3連敗中だった先発のスタルツは6回2失点で来日初勝利求道者・前田は得点にこそ絡まなかったものの、2安打を放ち、健在ぶりをアピール。今後もビジターでの交流戦での活躍が大いに期待出来そうだ。

◆L3−2S◆
調子は上向きになっているものの、貧弱な味方打線から援護が得られないなど、一向に白星があげられないヤクルト先発・石川。何とか石川を勝たせたいヤクルトは3回、一死から相川の四球,田中、のヒットで一、二塁とした所で宮本が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、2点を先取。しかし、以降は相変わらずの貧打ぶりが炸裂し、一向に追加点を奪えない。何とかこのリードを守りたい石川だったが、4回に中島に8号ソロを被弾すると、7回には二死一、三塁から片岡に同点タイムリー二塁打を浴び、この回限りで無念の降板と、またもや今季初勝利を逃した。土壇場9回、同点ながらマウンドに上がった守護神・林に対し、西武は先頭の大崎が四球を選ぶと、細川が送って、一死二塁。ここでまたも片岡がレフトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ちで4連勝。先発・石井一は2年ぶりの完投で5勝目を飾り、史上9人目の12球団勝利を達成。石川どころかチームも白星を逃したヤクルトはこれで泥沼の6連敗。

◆E2−3YB◆
2回に山崎の7号ソロで先手を取られた横浜だが、直後の3回、一死から黒羽根のヒット,早川の四球で一、二塁とすると、二死後、藤田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。しかし、楽天はその裏、先頭の聖沢が四球で出ると、二死後、中村紀がタイムリー二塁打を放ち、あっと言う間に同点。2−2で迎えた5回、横浜は一死から早川,石川が連打を浴びせると、またも藤田がタイムリーを放ち、勝ち越し。7回からは真田−牛田−山口と1回ずつをきっちり抑え、1点のリードを守りきった。先発の大家は6回2失点で出戻り2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(0)トラックバック(17) 

April 30, 2010

4/30鳥谷◆T4−3G◆
初回、ガッツの9号ソロで先制された阪神はその裏、二死二塁から坂本のタイムリーエラーで労せずして同点。3回には坂本の汚名返上のタイムリー二塁打で再び勝ち越されるも、その裏、ヒットのマット・マートンを平野が送った所で鳥谷が同点タイムリー二塁打。更に、二死一、二塁とした所でブラゼルがライト前へ勝ち越しタイムリー。1点を追う巨人は6回、一死から脇谷,ガッツと連打を浴びせると、二死後、阿部がセンター前へ弾き返して、脇谷が同点のホームイン。同点ながら、8回から久保田,9回から藤川球を注ぎ込む必勝リレーを展開した阪神はその裏、4番手・越智に対して、一死から代打・悠久の若虎・桧山がセンターフェンス直撃の三塁打。ここで巨人はマット・マートン,平野と歩かせる満塁策で鳥谷との勝負を選択。しかし、鳥谷の打球は一塁線を痛烈に破るタイムリーとなり、阪神がサヨナラ勝ち。藤川球は今季初勝利となった。

◆C9−0D◆
一昨日は大拙攻,昨日は大ブレーキといずれにせよ、まともな攻撃が展開出来ない試合の続いている広島だが、この日は初回から天谷の今季初アーチで先制すると、制球の定まらない小笠原から3四球を選んで、押し出しで2点目を追加。3回には今季ノーヒットの倉に1号グランドスラム、梵に3号2ランと一発攻勢で一挙6点。4回にも小窪のタイムリーで1点を加え、9点目。これで戦意を失ったか、中日は走者を出しては悉くゲッツーを食らう覇気のない攻撃を繰り返し、大惨敗。広島先発・青木高はプロ初完封で今季初白星をあげた

◆S6−7YB◆
ヤクルトが初回から怒濤の猛攻。一死二塁から青木のタイムリーで早々と先制すると、二死後、飯原,武内の連打で2点。更に、藤本に4年ぶりのアーチが飛び出して、大量5点をゲット。3回には武内が2号ソロを叩き込み、ハマのチンピラをKO。早くもワンサイドゲームの様相を呈してきたかと思いきや、4回まで1安打と沈黙していた横浜が5回に爆発。無死一、二塁から,下園のタイムリー二塁打,武山の1号3ランで4点を返すと、続く6回にはスレッジが8号2ランをぶち込んで、ついに同点。完全に流れを引き寄せた横浜は続く7回、ヤクルト3番手のマツ・オカに対して、二死二塁から村田のタイムリーで勝ち越し。その裏から、牛田−江尻−山口と繋いで、今季初の3連勝。1回を無失点に抑えた3番手の真田は今季初勝利。ヤクルトは6点リードを引っ繰り返されての5連敗で最下位転落。

◆H7−5M◆
月間MVPを確定させる為にも白星を掴みたい杉内が初回からよもやの大乱調。いきなり西岡に三塁打,荻野貴に二塁打を浴びて、僅か6球で先制点を許すと、井口に死球を食らわせた後、金に3号3ランを被弾し、早くも4失点。その裏、ソフトバンクは小久保がタイムリー二塁打で1点を返すと、続く2回には暴投で1点を貰い、ジワジワと追い上げる。2回以降立ち直りつつあった杉内が6回に井口のタイムリーで5点目を許すが、その裏、ソフトバンクはオーティズ,小久保の連続アーチで大嶺をKO。続く7回には二死一塁からオーティズが2打席連続の9号2ランを叩き込み、ついに逆転。8回にも3四死球に内野ゴロとノーヒットでダメ押しの1点を追加。最後は守護神・馬原が締めて、今季初の4連勝。杉内は立ち上がりに失敗しながらも、7回まで投げきり、打線の援護にも恵まれて、6勝目をマークした

◆F3−2L◆
初回のチャンスをゲッツーで潰した西武は続く2回にも無死一、三塁から高山がショートゴロゲッツーに倒れるが、この間に三塁走者・中村が先制のホームイン。1点を追う日本ハムは3,4回と立て続けに二死満塁のチャンスを潰す体たらくだったが、5回、先頭の糸井が3号ソロを放ち、ようやく同点。直後の6回、中島の4号ソロで再び勝ち越されるが、その裏、すかさず田中のタイムリー三塁打で振り出しに戻した。9回に3度目の満塁のチャンスを潰した日本ハムは延長10回、4度目の満塁のチャンスを掴むと、ここで糸井がようやくタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。劇的勝利とは言え、16残塁の大拙攻は今後に課題を残した。4番手の高橋由伸は来日初勝利。

◆E2−1Bs◆
ソフトバンクの荒金&金子と金沢のトレードが成立した事でこの日からスコアボード表記に1文字追加される事となった金子千は初回のピンチは切り抜けたものの、続く2回、一死三塁から嶋にタイムリーを許して、先制点を献上。一方、楽天先発・片山は走者を出しながらも、5回まで無失点で切り抜けると、早くもお役御免。6回から山村−有銘と繋いで、7回からは4番手・辛島をマウンドに送るが、一死から年に2本出るかどうかの代打・塩崎に今季初アーチを被弾し、試合は振り出しに。以降、両軍共に走者を出しながら、決め手に欠いて残塁を量産。1−1の儘、迎えた11回裏、楽天は一死から聖沢の四球,高須のヒット,鉄平の敬遠で満塁とした所で代打・渡辺直がライト前へサヨナラタイムリーを放ち、両軍合わせて27残塁の拙攻合戦に終止符を打った。6番手の川岸に今季初勝利。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:54コメント(0)トラックバック(33) 

August 21, 2009

◆S9−6G◆
ヤクルトは初回、ヒットの福地を川島慶が送ると、青木のタイムリーで先制のホームイン。更に、畠山が内野安打で続いたが、飯原がゲッツーに倒れて、1点止まり。2回も一死二塁のチャンスを逃したが、3回、二死一、二塁から飯原が汚名返上のタイムリーを放ち、1点を追加。2点を追う巨人は6回、一死から松本の二塁打,阿部のタイムリーで1点を返すと、更に、寿司職人ラミレスがヒットで繋ぎ、ヤクルト先発・ユウキをKO。二死後、松田記者がタイムリーを放ち、ついに同点。折角、黒星を消して貰った巨人先発・内海だが、その裏、二死二塁から代打・志田に5年ぶりのアーチとなる2ランを被弾し、KO。これで勢いづいたヤクルトは7回には田中のタイムリー三塁打,吉本の今季初アーチとなる2ラン等で一気に4点を追加。巨人は8回に亀井の20号2ランで応戦。その裏、押し出し四球で1点を失うが、土壇場9回、5点差にも拘わらず登板してきたヤクルト守護神・林を攻め立て、一死一塁から代打・大道,坂本の連打で満塁とすると、代打・ガッツが2点タイムリーを放ち、3点差。一発が出れば同点と言う場面で3,4番に回す絶好の展開を作ったが、阿部は三振,寿司職人ラミレスはショートゴロに終わり、連勝は4でストップ。ヤクルト4番手の松岡は1回を三者凡退に打ち取り、無傷の5勝目

◆D8−2YB◆
3度目の吉見対決となったこの試合。ここまで2度の対決で苦渋を舐めて、今度こそ同姓対決を制したい横浜・吉見は2回に武山のタイムリーで先制点を貰うも、その裏、中日は李のタイムリー二塁打,藤井の犠飛であっさり逆転を許してしまう。更に、4回には一死一、二塁からまたも李にタイムリー二塁打を浴びると、続く藤井には2点タイムリー。更に、谷繁の死球,吉見の犠打で二死二、三塁となった所で暴投と井端のタイムリーを2点を許し、この回5失点であえなくKOと、またもや雪辱を果たせず仕舞い。一方、中日・吉見は6回を2失点で切り抜け、ハーラーダービートップタイに並ぶ13勝目をマークした

◆T0−9C◆
対中日地獄の連敗ロードからようやく抜け出した広島は2回、一死満塁から石原の押し出し死球で先制すると、負傷した先発・青木高の代打で起用された嶋が犠飛を打ち上げ、2点目。更に、平野のエラーの後、赤松,フィリップス,栗原と3連続タイムリーが飛び出し、大量7点のビッグイニングを形成。中盤は膠着状態となったが、7回、マクレーンの14号2ランでダメ押し。阪神は5回に先頭の葛城イクローがヒットを放った以降、15人連続凡退と全く活路を見出せずに散発4安打完封負けで広島と入れ替わりで5位転落。2回から緊急登板となった広島2番手・長谷川は5回を無失点に抑える好リリーフを見せ、3勝目

8/21 ダルビッシュ◆H6−2F◆
インフルエンザによる相次ぐレギュラー陣の離脱に苦しむ日本ハムだが、この日は初回から一死満塁のチャンスを掴むと、発熱で隔離されている間にインケツパワーを溜め込んだあの男が先制2点タイムリー。なおも一、二塁のチャンスだったが、金子誠,トンガと連続三振を喫し、追加点ならず。防御率1点台の先発・ダルビッシュには2点でも十分か…と思いきや、インフルエンザの検査では陰性反応だったとは言え、一昨日38度6分の高熱を出していたと言うダルビッシュにキレはなく、2回、オーティズに15号ソロを叩き込まれると、6回には二死走者なしから小久保に痛打された後、またもオーティズにこの日2本目となる16号逆転2ランを被弾。ソフトバンクは8回にも4本の単打を集中して、一気に3点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンク先発・大隣は6回を2失点で6勝目をマーク。日本ハムはこれで3連敗となった。

◆E5−3Bs◆
初回、青波の長瀬のタイムリーエラーで先制を許した楽天だが、その裏、プロ初先発となるルーキー・伊原に対し、山崎武が同点タイムリー。続く2回には草野の死球,宮出の二塁打で二、三塁とすると、一死後、内村がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。更に、3回には四球の渡辺直を一塁に置いて、またも山崎武が28号2ランを叩き込み、4点目。2回以降、立ち直り、一人の走者も許さずにいた楽天先発・田中だが、6回、一死から坂口に4号ソロを被弾。7回には二死三塁から暴投を犯して、3点目を献上。8回には2四球で一死一、二塁のピンチを作り、KOとなったが、後を継いだ有銘,川岸が一人ずつ打ち取り、ピンチ脱出。その裏、草野のタイムリー二塁打で貴重名1点を追加すると、最後は福盛が締めて、今季初の6連勝。田中は7回1/3を2失点で自己最多タイとなる11勝目をあげた

◆L7−12M◆
ロッテは初回、連続四球と内野安打で無死満塁とすると、大松のタイムリーで先制。続いて里崎の押し出し四球,ベニー松山の犠飛,堀のタイムリーで3点を加えると、二死後、早坂に走者一掃のタイムリー二塁打が飛び出し、いきなり大量6点をゲット。2回にG.G.佐藤のタイムリー二塁打で1点を返されるが、3回、堀の3号2ランで突き放す。8点リードを貰い、この日は久々に楽勝と思われた先発・渡辺俊だが、4回に3連打で2点を失うと、5回にも一死から4連打で2点を失うと、無念のKO。一気に畳み掛けたい西武だったが、上本,G.G.佐藤と倒れて、2点止まり。ピンチを脱したロッテは6,7,8,9回と1点ずつ加え、追いすがる西武を振り切った。勝利投手の権利目前で降板となった渡辺俊の後を継いだ2番手のルーキー・上野は1回2/3を無失点に抑え、プロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:21コメント(1)トラックバック(17) 

July 14, 2009

◆S0−4G◆
立ち上がりから全く制球が定まらないヤクルト先発・村中は連続四死球の後、ガッツに痛打され、いきなり無死満塁の大ピンチを背負うと、寿司職人ラミレスにも四球を許して、押し出しで先制点を献上。続く亀井をセカンドゴロゲッツーに仕留めるも、この間に生還を許し、この回2失点。3回には一死からガッツに死球を食らわせると、続く寿司職人ラミレスにタイムリー二塁打を浴び、3点目。更に、二死後、二軍落ちした李に代わって昇格即スタメン起用された小田嶋にもタイムリーを浴び、4点目を献上。一方、巨人先発・東野も立ち上がりは不安定だったが、3回から8回までノーヒットと完璧な投球を展開。ヤクルトは9回、一死から田中が内野安打で出るも、福地,デントナと打ち取られ、3連敗。一方、巨人は引き分けを挟んで5連勝。東野はプロ初完封で4勝目を飾った。

7/14 久保◆T5−4D◆
今日も今日とて好投の先発投手を見殺しにする気満々の中日は阪神先発・ソニックの前に3回まで1安打と沈黙していたが、4回、無死二、三塁のチャンスに暴投でタナボタの先制点をゲット。しかし、その裏、中日先発・中田が突如、制球を乱し、2四死球で一死一、二塁のピンチを作ると、ブラゼルに走者一層のタイムリー二塁打を浴び、あっさり形勢逆転。更に、二死後、鳥谷にもタイムリーを浴び、この回3失点。5回に三者三振の快投を見せ、立ち直ったかに見えたソニックだったが、6回、二死二塁からブランコ,ベンちゃん,藤井と3連打を浴びて、試合は振り出しに。3−3で迎えた7回、阪神は新井,狩野のヒットで一死一、二塁とすると、代打で登場した悠久の若虎・桧山が勝ち越しタイムリー二塁打を放ち、中田をKO。更に、代わったパヤノから代打・高橋光が犠飛を打ち上げ、5点目。中日は8回、二死走者なしからヒットと四球で一、二塁とすると、藤井のタイムリーで1点差。なおも一、二塁にチャンスだったが、代打・立浪がライトへ打ち上げ、同点ならず。阪神は9回から守護神・藤川を投入。藤川は3人でピシャリと抑え、チームの連敗を4で止めた。ソニックは7回3失点で4勝目を飾り、史上7人目となる12球団勝利を達成。中日の連勝は3でストップ。

◆C2−5YB◆
0−0で迎えた4回、一死からマクレーン,ルパン廣瀬と連打を浴びせると、二死後、石原のタイムリー二塁打で先制。広島先発・ルイスに対し、5回まで2安打と抑え込まれていた横浜は6回、一死から代打・森笠がセンター前に弾き返し、反撃の狼煙を上げると、吉村,藤田も続いて、満塁のチャンス。ここで内川が2点タイムリー二塁打を放ち、逆転すると、更に、村田,メカゴジラにも連続タイムリーが飛び出し、この回4点。その裏、広島は一死からルパン廣瀬,赤松の連打で二、三塁とすると、石原が犠飛を打ち上げ、2点目。なおも二死二塁とチャンスは続いたが、代打・緒方がファーストフライに打ち取られ、1点止まり。横浜は8回に村田の17号ソロで貴重な1点を追加。7回から真田−木塚−山口がそれぞれ1回を3人すつで片付けるパーフェクトリレーを展開し、広島の反撃を断ちきった。横浜は今季初の3連勝。先発のウォーランドは5回1失点で4勝目。広島は4連敗となった。

◆H2−1F◆
6月5日以来の先発となる藤井に対し、ソフトバンクは2回、二死満塁と絶好の先制チャンスを作るが、田上が三振に倒れて、三者残塁。しかし、続く3回、一死から川崎が内野安打で出ると、続くオーティズがレフトスタンドへ14号2ランを叩き込み、2点を先制。追いかける日本ハムは6回、二死から内野安打で出た糸井がすかさず二盗を決めると、稲葉がセンター前へタイムリーを放ち、1点差。ソフトバンクは7回から攝津アッパー−ファルケンボーグと繋いで、9回から守護神・馬原を投入する必勝リレーを展開。馬原は一死から高橋に痛打されると、代走・村田に二盗を許し、一打同点のピンチを作るが、スレッジ,小谷野と連続三振に仕留めて、1点のリードを守りきった。先発・大隣は6回を1失点に抑え、4勝目

◆L6−8E◆
初回、鉄平のタイムリーで先制した楽天は3回にもノーヒットで2点目を追加。その裏、西武は死球の片岡を二塁に置いて、栗山の8号2ランで一気に同点。続く4回には二死から銀仁朗が歩くと、4連打で一気に4点を勝ち越し。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物の西武先発・岸は尻上がりに調子を上げる完封ペースの好投を展開。8回も簡単に二死を取ったが、ここで鉄平に三塁打を浴びると、山崎武にタイムリー。更に、続く草野にも痛打されると、青波の長瀬には6号同点3ランを叩き込まれ、この回悪夢の4失点。これで流れを引き寄せた楽天は土壇場9回、二死二塁から代打・宮出が今季初アーチとなる2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。8,9回とパーフェクト投球を見せた福盛は2勝目を収めた。

◆Bs3−2M◆
ロッテは2回、偽バファローズ先発・金子から先頭の大松が二塁打を浴びせると、サブローの犠打で三進。里崎はショートゴロに倒れるも、続くフクーラがレフト前へ弾き返して、1点を先制。ロッテ先発・清水の前に5回までゼロ行進を続けていた偽バファローズは6回、先頭の坂口がセンターオーバーの二塁打を浴びせると、大引が送って一死三塁。フェルナンデスのレフトへのフライは浅過ぎて、犠飛とはならなかったが、続くカブレラがタイムリーを浴びせて、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは2四球で二死一、二塁とすると、井口のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、粘る偽バファローズはその裏、この回から代わったシコースキーに対し、フェニックス一輝のヒット,代打・北川の死球で一死一、二塁とすると、坂口のタイムリーでまず同点。二死後、フェルナンデスもセンター前へタイムリーを放ち、逆転サヨナラ勝ち。一時は勝ち越し点を献上した大久保に2年ぶりの初白星が転がり込んだ。ロッテは3試合連続の1点差負けで5連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(0)トラックバック(20) 

June 28, 2009

◆G7−1S◆
1勝1敗で迎えた首位攻防第3戦は内海,石川の左腕エース対決。内海が三者凡退と上々の立ち上がりを見せたのに対し、石川はいきなり先頭の坂本に二塁打を浴びた事でリズムを崩したか、一死後、ガッツにタイムリー三塁打,寿司職人ラミレスに犠飛を許して、2点を献上。2回以降走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で踏ん張っていた石川だが、6回、一死二塁から松田記者にタイムリー三塁打を浴びると、阿部を歩かせた後、李に3試合連続の15号3ランを叩き込まれて、この回限りでKO。巨人は続く7回にもガッツのタイムリー二塁打でダメ押しの7点目。内海は8回に相川に4号ソロを浴び、完封こそ逃したものの、4安打無四球完投で3勝目。首位攻防3連戦を2勝1敗と勝ち越した巨人はヤクルトとの差を3ゲームと広げた。

◆C1−2D◆
名手・川相の現役復帰待望論が叫ばれている中、一向に手を打とうとしない落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁す有様。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日は初回から一死二塁のチャンスを逃すいきなりの拙攻モード。相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりに川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない川井はその裏、二死二塁のピンチで栗原にタイムリーを浴び、先制点を献上。1−0の儘、迎えた4回、一死からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号ソロを叩き込み、追い付くと、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。6回には荒木のヒット,ベンちゃんの四球で二死一、二塁とするも、藤井が打ち上げて、二者残塁と相変わらず、一発が出ないと如何ともし難い様子。まともな援護が得られない中、川井は2回以降追加点を許さず、8回に浅尾を挟んで、9回から守護神・岩瀬が登場。いきなり先頭のルパン廣瀬に二塁打を浴びた岩瀬は石原に犠打を許して、一死三塁のピンチ。しかし、代打・緒方,梵と打ち取って、辛くも逃げ切り、3連戦3連勝。7回1失点の川井は開幕7連勝となった。これで連勝を6と伸ばした中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に治る気配がなく、先発投手の頑張りにおんぶにだっこ状態とあって、とても連勝中のチームとは思えない重苦しい空気に包まれるばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

6/28 関本◆T3−2YB◆
阪神先発・ソニックに対し、横浜は2回、先頭の下園が2号ソロを叩き込み、1点を先制。5回には二死走者なしから内川がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く村田がレフト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。未だに白星のない横浜先発・マストニーに対して、阪神は5回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進。7回には狩野,葛城イクローと連打わ浴びせて、マストニーをKOするが、代わった木塚の前にシャア少佐が最悪のショートゴロゲッツー。続く関本もピッチャーゴロに打ち取られ、結局、無得点。土壇場9回、阪神は2点ビハインドながらも、守護神・藤川を投入する執念の継投を展開。藤川は2四球を出しながらも、無失点で切り抜けると、その裏、抑えの山口に対し、一死から3連打で満塁の大チャンス。ここで代打・悠久の若虎・桧山が犠飛を打ち上げ、まず1点。なおも一、二塁の場面で関本が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、逆転サヨナラ勝ちを収めた。

◆L5−7H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、西武は初回、四球の栗山を一塁に置いて、中島が11号先制2ラン。ソフトバンクが4回にハマのスペランカー,松田のタイムリーで追い付くも、その裏、西武はG.G.佐藤の11号2ランですかさず勝ち越し。再び2点を追う展開となったソフトバンクは5回、オーティズの11号ソロで1点差とすると、7回には松中が10号2ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、粘る西武は8回、栗山が同点タイムリー二塁打。更に、一死一、三塁とチャンスを広げたが、礒?,G.G.佐藤と連続三振に斬って取られ、勝ち越しならず。すると、直後の9回、ソフトバンクは一死二塁からオーティズがこの日4安打目となるタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越し。更に、二死後、小久保もタイムリーを放ち、ダメ押し。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締め、逃げ切った。ソフトバンクはこれで日本ハムに並ぶ首位タイに浮上。3番手のファルケンボーグに4勝目がついた。

◆M3−2F◆
試合前から、いつコールドになるとも知れない空模様とあって、早く主導権を握りたい両チームだが、先手を取ったのはロッテ。2回、先頭のサブローが二塁打を浴びせると、続く橋本将が先制タイムリー。更に、二死一、二塁となった所で西岡もタイムリーを放ち、2点目。3回まで1安打と沈黙していた日本ハムだが、4回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、続く稲葉がライトスタンドへ10号2ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれたロッテは6回、二塁打のベニー松山がバーナムJr.のセカンドゴロで三進。ここで今江がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。この回の攻撃が終了した所で強くなった雨の為に試合が中断。結局、その儘、コールドとなり、ロッテが勝ち逃げに成功。先発・小野は6回までとは言え、今季初完投で4勝目

◆Bs3−4E◆
初回は簡単に3人で打ち取った偽バファローズ先発・平野だったが、続く2回、2四球で二死一、二塁のピンチを背負うと、平石にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回には中村真に2号2ラン,山崎武に13号ソロを被弾し、3失点。4点を追う偽バファローズは4回、大村の犠飛でようやく1点。この後も、5回二死一、二塁,6回無死二塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ず。8回には連続四死球で無死一、二塁とするも、後続を断たれて、二者残塁。土壇場9回、二死二、三塁からフェルナンデスの走者一掃のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄り、なおも一打同点のチャンスが続いていたが、ラロッカがサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。楽天先発のルーキー・井坂は6回途中まで1失点と粘りの投球でプロ2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(18) 

May 24, 2009

5/24 平野◆G6−8Bs◆
4月9日以来の登板となる平野に対して、巨人は1,2,3回と立て続けに得点圏に走者を送りながら、悉く逸してしまう拙攻を展開。一方、ここ5試合白星から遠ざかっている東野は制球に苦しみながらも、3回まで無失点と粘っていたが、4回、一死満塁のピンチを迎えると、山崎浩に走者一掃の先制タイムリー二塁打を浴びて、3点を失い、この回限りでKO。5回から登板の2番手・久保はいきなり連続三振の好スタートを見せるも、ここから大村,ラロッカ,下山のクリーンアップに3連続二塁打を浴びて、2点を献上。5点を追う巨人は6回、阿部のタイムリー二塁打でようやく1点。7回に2点を失い、リードを広げられるも、その裏、ガッツが11号2ラン,8回には李が11号バックスクリーン弾を叩き込み、3点差。9回にプロ初登板となった木村正が山崎浩のタイムリーで1点を失い、その裏、偽バファローズはセーブのつかない場面ながらも守護神・加藤を投入。これに対して、巨人は連打と四球で無死満塁と一発で同点の大チャンス。ここで寿司職人ラミレスがセンター前へ2点タイムリーを放ち、2点差とするも、前の打席で一発を放っている李が空振り三振。亀井,松本も打ち取られ、あと一歩及ばなかった。平野は6回1失点の好投で1年8ヶ月ぶりの白星を手にした。

◆S4−8H◆
初回に満塁のチャンスを逃したソフトバンクだが、3回、相川のタイムリーエラーで労せずして、先制すると、更に、オーティズが6号2ラン。5回には小久保が5号2ランを叩き込んで、ヤクルト先発・川島亮はこの回限りでKO。続く6回には2番手・李からオーティズがタイムリー二塁打を浴びせて、2点を追加。ヤクルトはその裏、飯原の2点タイムリーでようやく反撃。8回には宮本のタイムリー二塁打,ガイエルの犠飛で2点を追加し、3点差まで詰め寄るが、土壇場9回、ソフトバンクは長谷川の2号ソロで貴重な1点を追加。ヤクルトはその裏、来日以来16試合自責点0のファルケンボーグから田中のタイムリー二塁打で1点を返したものの、反撃はそこまで。交流戦無敗を誇る大隣は8回途中まで4失点で2勝目を飾った。

◆D1−0F◆
連日、好投の投手を見殺しにする事にご執心の中日。名手・川相の現役復帰待望論は強まる一方だと言うのに、空気を読めない落合監督は川井を起用する事でお茶を濁そうとするぬるま湯采配。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの悪い空気を一掃する事は出来ず、この日も中日は初回から一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰す拙攻を展開するなど、3回まで無得点。しかし、4回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロを叩き込み、先制点をゲット。6回には二死一、三塁と追加点のチャンスを作るが、ベンちゃんがショートゴロに倒れて、二者残塁と川相不在が故の詰めの甘さを露呈。日本ハムは7回、二死走者なしから代打に起用されたトンガがプロ2本目のヒットを放つと、続いて代打に起用されたあの男もヒットで繋いだが、金子誠がサードゴロに倒れて、二者残塁。ロクな援護を貰えない中、川井は粘りの投球で7回を無失点で切り抜けると、8回からは移籍初登板の河原が二死二塁のピンチを迎えながらも、何とか凌ぎ、最後は守護神・岩瀬が締めて、最少リードを守りきる完封リレーを達成。投手陣の踏ん張りで辛くも逃げ切ったものの、ソロアーチ一発でしか点の取れない一発依存症,タイムリー欠乏症ぶりは深刻を極めており、名手・川相の現役復帰を待望する声はより一層強まる事となった

◆C7−5L
西武は初回、いきなりの3連打で先制すると、続く中村がレフトスタンド2階席へ飛び込む17号3ランと、打者4人であっと言う間の4得点。しかし、先発・オツがこのリードを守れない。その裏、赤松のタイムリー二塁打,嶋の犠飛,石原のタイムリーであっさり同点とされると、2回には栗原に勝ち越し5号2ランを浴び、あえなくKO。広島は4回にも赤松がタイムリーを放ち、7点目。西武は直後の5回、中島の6号ソロで応戦するも、6回から林−シュルツ−横山と繋ぐ広島の継投の前に追加点を奪えない。最後は守護神・永川が3人でピシャリと締めて、球団新の通算139セーブ目をマーク。先発のルーキー・小松は5回5失点ながら打線の援護に恵まれ、プロ初白星を飾った。

◆T−M◆
福原,小林宏の投げ合いで3回まで両軍無得点。4回裏、小林宏が先頭の鳥谷を三振に斬って取った所で雨が強くなり、試合中断。結局、その儘、降雨ノーゲームとなった。

◆YB2−5E◆
初回に内川の9号ソロで先制を許した楽天は4回、一死満塁からショートがレフトへ同点犠飛。更に、続く嶋がタイムリーを放って、勝ち越しに成功。これで主導権を握った楽天は続く5回には鉄平がタイムリー。6回には嶋,長谷部の連打で小林をKOすると、代わった石井から小坂,草野が連続タイムリーを放ち、5点目を追加。先発・長谷部はその裏、吉村の犠飛で2点目を許し、降板となったが、7回から登板の青山が残り3回をパーフェクトに抑える好リリーフで今季初セーブ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(0)トラックバック(19) 

May 22, 2009

◆E2−12G◆
巨人打線が序盤から爆発。坂本の先頭打者アーチで先制したのを皮切りに、連打でチャンスを作ってから李が9号3ランを放ち、いきなりの4得点。3回には李が2打席連続の10号ソロを浴びせると、4回には2四球の後、寿司職人ラミレスが犠飛と、ノーヒットで1点を追加し、楽天先発・永井をKO。更に、5回には5長短打を集中して、大量5点を奪うと、7回には坂本のタイムリー二塁打でダメ押しの12点目。先発のゴンザレスは8回2失点の好投で4連勝を飾った。

◆H6−3C◆
年中行事の故障リタイアに見舞われていたハマのスペランカーが、よりによもよって二軍落ちで今季限りの引退を囁かれているガッツな貴公子・仁志にあやかって、登録名を「多村仁志」に変更すると言う訳の分からない行動をかましながら、ようやく一軍に復帰。偽バファローズから出戻りの村松共々、今季初出場を果たし、一気に巻き返しを図りたいソフトバンクは初回、一死から川崎が二塁打で出ると、続くオーティズがレフトスタンドへ5号先制2ラン。3回には一死からオーティズの三塁打,松中のタイムリー,小久保の4号2ランとクリーンアップの3連打で3点を奪い、広島先発・ルイスはこの回限りでKO。ソフトバンクは7回にも長谷川のタイムリー内野安打でダメ押しの1点を追加。終盤、リリーフ陣がバタついて、3点差まで詰め寄られたが、最後は守護神・馬原が反撃を断ちきった。先発・和田は7回まで無四球2安打無失点と完璧な投球を展開し、21日ぶりの3勝目

◆M1−4D◆
初回、二死二塁のチャンスを逃した中日は続く2回にもベンちゃん,平田のヒットで一死一、二塁のチャンス。しかし、藤井が空振り三振に倒れると、谷繁はファーストへの内野安打を放つも、オーバーランした平田が二、三塁間に挟まれ、弾き出されたベンちゃんがやむなく本塁に突入して憤死するお粗末な攻撃でまたも先制ならず。これで川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くした森野は3回、6号2ランを叩き込み、ようやく先制。先発・吉見はロクに援護が貰えないのは日常茶飯事とばかりに、毎回の様にヒットを浴びながらも6回まで無失点の粘りの投球。7回に制球を乱して3四球を与え、押し出しで1点差と迫られるが、なおも満塁のピンチを辛くも切り抜けると、8回、中日は一死三塁からデラロサが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十分なライトフライとなり、3点目。9回には井端のタイムリーでダメ押し。最後は岩瀬が3人で締めて、辛くも逃げ切った。吉見は7回1失点で4勝目

◆Bs8−3T
初回に関本,鳥谷の連続二塁打で先制された偽バファローズだが、2回、一死二、三塁のチャンスに山崎浩が2点タイムリーを放ち、一気に逆転。5回には大引,6回には山崎浩のタイムリーで着々と加点。阪神は7回、キュラソ星人の10号ソロ等で1点差と詰め寄るが、その裏から登板した渡辺が3連打で1点を失い、あえなくKOされると、3番手・江草も岡田に2点二塁打を浴びる始末。偽バファローズは8回にも塩崎の犠飛でダメ押しの1点を加え、逃げ切った。先発・金子は7回途中3失点で3勝目。阪神は今季ワーストの5連敗となった。

◆F2−3S◆
巨人との首位決戦を制し、勢いづく日本ハムだが、この日は館山の前に3回までパーフェクトと沈黙。しかし、4回、四球の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉のチーム初安打が6号2ランとなって、先制。古巣相手に5回まで無失点の好投を演じてきた藤井だったが、6回一死満塁のピンチで青木に犠飛を許すと、畠山を歩かせて満塁となった所で飯原に逆転2点タイムリーを浴びて、無念のKO。その裏、日本ハムは二死満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、高橋がショートゴロに倒れて、三者残塁。ヤクルトは8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで1点のリードを守りきった。館山は7回3安打2失点の好投で無傷の5連勝

5/22 田代◆L5−15YB◆
大矢監督の失脚により、図らずも、オバQ vs  ナベQ決戦となったこのカード。2−2で迎えた4回、横浜は細山田のスクイズ,石川のタイムリー二塁打等で3点を勝ち越し。西武はG.G.佐藤,中島の一発で1点差まで追い上げるが、横浜は6回、内川がタイムリーを浴びせて、涌井をKO。更に、代打・金城がタイムリー,ジョンソンが8号3ランを叩き込んで、この回、一挙5点を奪い、10点目。9回にも5点を追加し、試合を決定付けた。ハマのチンピラは6回5失点と不本意な内容だったが、打線の援護に助けられ、5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:39コメント(0)トラックバック(15) 

May 08, 2009

◆G10−4D◆
ゴーグルで照明を反射させて打者の目を眩ませる姑息で卑劣な投手に貶められると言う水島の呪いに苛まれ続けている先発・山井がこの日も乱調。初回、いきなり連続四球でピンチを作った挙げ句、ガッツにライトスタンドへ叩き込まれて、あっと言う間に3点を失い、この回限りで降板となる体たらく。2番手・寝損が3回に李に7号2ランを被弾すると、3番手・菊地も4,5回で3失点と、中継ぎ陣も精彩を欠き、点差は拡大する一方。中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコが一発を放つなど、4点差まで詰め寄ったものの、8回、6番手・高橋が4安打を集中されて、致命的な2点を失い、3連勝ならず。巨人は15安打10得点と打線爆発で3連勝。貯金は今季最多の10となった。先発のグライシンガーは6回4失点ながら、打線援護に恵まれ、4勝目。

◆YB2−0T◆
阪神先発・安藤,横浜先発・ハマのチンピラがいずれも5回まで散発2安打無失点と互いに譲らぬ好投を展開。迎えた6回、横浜は二死走者なしから内川が3試合連続となる6号ソロを叩き込み、ついに先制。7回の満塁のチャンスは逃したが、続く8回二死走者なしから村田がヒットで出ると、3連続四球による押し出しで貴重な2点目を追加。ハマのチンピラは二塁も踏ませない完璧な投球で今季初完投初完封を果たし、4勝目をマーク。阪神は僅か2安打と沈黙。しかも、うち1本は投手の安藤が打ったもので野手は僅かに関本の1安打に終わり、好投の安藤を見殺しにしてしまった。

5/8 オーティズ◆H4−3L
涌井の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、二死一、二塁から長谷川のタイムリーで均衡を破ると、続く5回には先頭の山崎の三塁打。本多,川崎と倒れたものの、森本がライト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。しかし、直後の6回、西武は2四死球で掴んだ一死一、二塁のチャンスに中島が3号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。点差を拡大させておきたい西武だったが、8回二死一、二塁,9回二死満塁のチャンスを悉く逸してしまい、1点差の儘、土壇場9回裏へ突入。西武は完投ペースの涌井をあえて下げて、抑えのグラマンにスイッチするが、これが裏目。先頭の小久保がライト前へ弾き返すと、一死後、オーティズがバックスクリーン左へ3号2ランを叩き込み、逆転サヨナラ勝ち。8,9回のピンチを凌いだ2番手・攝津アッパーがプロ初勝利を手にした。

◆M4−3E◆
序盤は点の取り合いとなったこの試合、初回に楽天が山崎武のタイムリー二塁打で先制すれば、その裏、ロッテは西岡が3号逆転2ラン。3回に楽天が草野の2号2ランで逆転すれば、その裏、ロッテは井口の犠飛ですかさず同点。3−3てき3−3で迎えた5回、ロッテは二死から西岡が四球を選ぶと、続く井口がタイムリー二塁打を放ち、西岡が勝ち越しのホームイン。先発・清水は7回まで3失点で切り抜けると、8回からはシコースキー−荻野と繋ぎ、楽天の反撃をかわした。ロッテは散発4安打ながらも4点を奪う、効率のいい攻めで競り勝ち。清水は5度目の先発にして、ようやく今季初勝利を掴んだ。

◆F10−1Bs◆
12点取られても完投させられると言うキツいお灸が効いたのか中山は毎回の様にピンチを背負いながらも4回まで無失点に抑える粘りの投球を展開。しかし、5回、田中,稲葉とタイムリーを浴びて、3点を失い、KO。畳み掛ける日本ハムは更に、小谷野,高橋とタイムリーを浴びせると、続く6回に4長短打で5点を奪い、大量10点のリード。偽バファローズは9回に鈴木のタイムリーで完封を免れるがやっとだった。日本ハム先発・ダルビッシュは7回を散発4安打無失点、三塁も踏ませぬ投球で4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(33) 

August 31, 2008

◆T1−6G◆
1,2回と得点圏に走者を進めながら、先制出来ずにいた巨人だが、3回、四球の鈴木尚を古城の犠打とガッツのライトフライで三塁へ進めると、寿司職人ラミレスが三遊間真っ二つのタイムリーを放ち、先制。1点を追う阪神は4回、一死から四球と2つの内野安打で満塁とすると、二死後、バルディリスが押し出し四球を選んで同点。1−1の儘、迎えた8回、巨人はこの回から代わった3番手・ウィリアムスに対して、ガッツ,寿司職人ラミレスと連打を浴びせると、一死後、代打・松田記者が歩いて満塁。ここで阿部が押し出し四球を選んで、ついに勝ち越し。更に、二死後、代打・大道が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回一挙4点。9回にも李のタイムリーで1点を加え、試合を決定付けた。

大道の代打起用がまたもや的中。3タテこそ失敗した巨人だが、何とか3連戦勝ち越しを果たし、逆転Vへ僅かに望みを繋いだ。阪神はクリーンアップトリオが内野安打1本と沈黙。先発・安藤は6回1失点と責任を果たし、2番手・アッチソンは三者三振の快投を見せたが、3番手・ウィリアムスがよももやの4失点と大誤算。せめて押し出し四球を与えた所で下ろせば良かったものを一体、何故続投させたのか、不可解である。

◆D7−3C
またまた借金生活突入の危機に陥った中日は初回、先頭の森野が二塁打で出ると、一死後、李が先制タイムリー。更に、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに27号2ランを放ち、この回、3点。2回には一死満塁からまたもT.ウッズがタイムリーを放ち、2点を追加。6回まで2安打と沈黙していた広島は7回、一死から嶋,シーボル,石原の3連打で1点を返すと、二死二、三塁となった所で代打に起用された求道者・前田が怒りの2点タイムリーを放ち、2点差。しかし、その裏、中日はまたもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目となる28号ソロを叩き込むと、続く8回には森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロをぶち込んでダメ押し、借金生活を免れた。

中日が川相不在を補填する苦肉の策・一発依存野球で広島を下し、辛くも広島に並ばれる事態を回避。先発・小林昭は7回途中まで3失点で凌いで、プロ初勝利を飾った。広島はまたもや求道者・前田をスタメンから外した事が大きく響き、3位浮上のチャンスをみすみす棒に振った。流石に、求道者・前田の状態を綿密にチェックしているブラウン監督だけあって、この日は打つと睨んだのか、タイムリーが出ても大局に影響しない4点ビハインドの場面で起用。だから、チームに勝利に繋がる場面で打てる状態にある求道者・前田をしっかり使ってくれと!

◆YB5−17S◆
ヤクルトは初回、四球と内野安打で一死一、三塁とした所で畠山が8号3ランを放り込み、3点を先制。3回にはヒットの福地が宮本の犠打,青木のセカンドゴロで三進すると、畠山のタイムリーで生還し、1点を追加。4点を追う横浜は3回に相川の6号ソロ,4回には村田の32号ソロと一発攻勢で応戦。しかし、直後の5回、ヤクルトは5長短打を集中して一気に6点を追加すると、この後も着々と加点し、圧勝を収めた。

ヤクルトが先発野手全員22安打17点の猛攻を見せ、快勝。特に、畠山は4安打5打点の大爆発。一時は内川に2分以上離された青木も内野安打2本を含む4安打の大当たりであっと言う間に1分差まで詰め寄った。横浜は7回までに放った4安打がいずれもソロアーチと言う淡泊な攻め。まぁ、それ以前に出る投手出る投手、悉く大炎上しているので問題外なのだが…。

◆H0−0L◆
2試合連続ドローで迎えた第3戦。西武が初回から一死満塁のチャンスをゲッツーで潰せば、その裏、ソフトバンクも二死満塁のチャンスに大村がサードゴロに倒れて、無得点。その後も、西武が2回二死一、二塁,3回二死二塁のチャンスを逃し、ソフトバンクも4回一死一、二塁,6回二死一、二塁のチャンスを潰す拙攻合戦。ソフトバンクは7回、先頭の吉川が二塁打で出ると、高谷の犠打が野選を誘い、無死一、三塁。しかし、本多,代打・本間と内野ゴロに仕留められると、二死二、三塁で一塁が空いた事で松中が敬遠気味に歩かれ、満塁となった所で小久保はセカンドへの凡フライに倒れて、またもや無得点。小久保は9回二死満塁のチャンスでもショートゴロに倒れてしまい、3戦連続の延長に突入した。延長に入ってからも12回まで西武に得点を許さず、負けはなくなったソフトバンクだが、結局、勝ち越す事が出来ず、3戦連続のドローとなってしまった。

9回で171球を投げた岸も、10回で143球を投げた和田も、打線が見殺し。特に、ソフトバンクは14残塁と大拙攻。2打席続けて満塁のチャンスを潰してしまった小久保のブレーキが痛かった。小久保は第1打席でも一死一、二塁のチャンスに凡退と怒濤のチャンスブレイク。松中は4度も出塁したが小久保の方が分がいいとばかりに歩かされまくった感があるだけに小久保には何とか意地を見せて欲しかった。それにしても、よもや3戦連続ドローとは…。西武にとっては1つも負けなかったのだから、万々歳だろうが、ソフトバンクは1つも勝てなかったと言うダメージだけが残る結果となった。

◆Bs5−1F
4位転落は免れたい日本ハムは初回から一死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、稲葉,小谷野と倒れて二者残塁。2回はゲッツーでチャンスを潰すと、3回も先頭打者を出しながら、後が続かないなど攻めあぐねていたが、4回、先頭の稲葉が14号ソロを叩き込み、ようやく待望の先制点。更に、二死一、二塁と追加点のチャンスを築くが、鶴岡がピッチャーゴロに倒れて1点止まり。先発のスーパーさぶ・多田野は毎回安打を浴びながらも耐えていたが、5回二死一、二塁のピンチで下山に同点タイムリーを浴びると、続くカブレラに3戦連発となる31号3ランを叩き込まれて、一気に3点のビハインド。続く6回には大引にタイムリーを許し、多田野はこの回限りで降板となった。土壇場9回、セーブのつかない場面ながらもマウンドに上がった守護神・加藤に対して、日本ハムは一死からスレッジ,ボッツと連打を浴びせるも、金子誠が最悪のショートゴロゲッツーに倒れて、4連敗となった。

日本ハムが逆転負けでついに4位転落。対偽バファローズは9連敗の体たらく。立ち上がりおぼつかなかった金子を攻めきれず、立ち直らせてしまったのが大きく響く格好となった。4月1日以来の5割復帰となった偽バファローズはこれで単独3位。金子は尻上がりに調子を上げ、5回以降はノーヒットの好投で9勝目。決勝アーチのカブレラはこの3連戦3発8打点の大当たりだった。

◆E2−4M◆
2回、ロッテがサブローの4号ソロで先制すれば、その裏、楽天も鉄平,嶋の連続二塁打ですかさず応戦。1−1の儘、迎えた6回、ロッテはオーティズの8号ソロで勝ち越し。更に、続く今江が二塁打を浴びせると、一死後、大松のタイムリーでこの回2点。その裏、楽天は連打と田中雅のエラーで無死満塁のチャンス。ここで草野が犠飛を打ち上げるが、鉄平,嶋と内野ゴロに打ち取られ、1点止まり。ロッテは8回にオーティズの2打席連続アーチで再び点差を2点に拡大。その裏から、シコースキー−荻野と繋いで、逃げ切った。

小林宏が7回2失点の好投で7月29日以来となる4勝目。打ってはオーティズが2打席連続アーチを叩き込み、ロッテは3連勝。楽天は3戦連続して相手を上回る安打数を放ちながら、拙攻三昧で悉く星を落とす有様で4連敗。5位ロッテ相手の痛い連敗でその差は5ゲームと広がり、いよいよ最下位独走体勢に入ってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:02コメント(0)トラックバック(59) 

March 23, 2008

◆H4−0E◆
大学BIG3の一角・大場がプロ初登板初先発。6回まで4安打無失点とオープン戦終盤に大炎上した不安を全く感じさせないナイスピッチング。7回に単打3本を集中されて満塁とされるも、落ち着きを失う事なく渡辺直を打ち取って、ピンチ脱出。しかし、肝心の味方打線も楽天先発・朝井の前にゼロ行進と、まるで開幕3戦連続サヨナラ勝ちを狙っているかの様な展開。しかし、試合が動いたのは一足早い8回裏。代打・田上,川崎の連打に鉄平のエラーが重なり、ついに待望の1点を先制。更に、ハマのスペランカーに2ラン,松田のタイムリー二塁打が飛び出して、この回、一挙4点。大場は9回も無難に抑えて、プロ初登板を無四球初完封で飾る最高のデビュー戦となった。

奇跡の3戦連続サヨナラ…とはいかなかったが、大場のプロ初登板初完封と言う最高の形での開幕3連勝とは言う事なしの展開だ。朝井も頑張っていたが、最後まで譲らぬ好投は流石に大学BIG3の評判は伊達ではなかった。ソフトバンクが最高のスタートダッシュを切ったと言う事は、楽天にとっては最悪のスタートだった。継投させれば失敗,続投させても失敗…では、ノムさんも手の打ちようがない。この儘、ズルズルといったりしないかと少々心配ではある。

◆M4−1F◆
永遠の暫定4番・サブローを4番どころか、スタメンからも落とし、前日は補欠だったオーティズを4番に起用すると言う相変わらず、訳の分からないバレンタイン采配だが、今回はたまたまこれが奏功。初回、二死からオーティズのヒット等でチャンスを作ると、大松が先制二塁打。更に、制球を乱したグリンから連続四球を選んで押し出しの1点を追加。4回には早川,オーティズのタイムリーで4点目。オーティズは第4打席でも三塁打を放ち、猛打賞の大活躍だったが、もう一方の助っ人・ズレータは3打席連続三振の大ブレーキだった。ドームでは2年越しの6連敗中と言う先発の渡辺俊は8回を投げて、高橋の一発による1失点のみ。9回、完投ペースの渡辺俊を下ろしてまで起用したのが、アブレイユでも伊藤でもなくシコースキーと言うまたまたバレンタインの謎の采配が炸裂。しかしシコースキーは高口にプロ初安打を許すなど、一死一、二塁のピンチを作ってあえなくKO。ここでもバレンタインはアブレイユでも伊藤でもなく、稲田が左だと言うそれだけの理由で左の高木を投入。これに対して、日本ハムはガンちゃんに「代打で起用されるなんて初めてではないか?」と言われてしまうくらい代打起用に仰天されてしまう人材・鶴岡を投入。開幕戦で2安打を放った事で期待された鶴岡だが、ショートゴロゲッツーと言う最悪の展開であえなく試合終了。3連覇を狙うシーズンの開幕カードは負け越しスタートとなった。高木は実に18年ぶりのセーブ。

相変わらず、バレンタイン采配は理解に苦しむのだが、ともあれ、渡辺俊の白星が消されなくて良かった。この展開でアブレイユも伊藤も使わないって、一体どういう時に使うつもりなのか? 年々小粒になるばかりの日本ハム打線も右の代打の1番手が鶴岡になってしまう辺り、何とも苦しい。そろそろスレッジに調子を上げてきて貰いたい所。不振なのではなく、単なる日本野球適合能力不足でない事を願うばかりだ。この日、二軍で一発を放ったトンガの早い昇格にも期待したい。

◆L1−2Bs◆
新助っ人・キニーが来日初先発。G.G.佐藤の3戦連続アーチで先制点を貰うと、4回まで1安打無失点。しかし、5回に日高に被弾し、追いつかれると、村松にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。オープン戦終盤に頭角を現してきた近藤は6回を1失点で切り抜けると、7回以降はリリーフを仰いで4年ぶりの白星を飾った。

偽バファローズは5回に3安打が集中したのが奏功したが、トータルで僅かに4安打。自慢の助っ人・クリーンアップは11タコ。この3連戦でも30打数2安打と沈黙しているが、それでも2つも勝てたのは大きいだろう。完全に投手陣の頑張りに救われている格好で、ロートル大砲掻き集め補強をかましたフロントが構想していたであろう戦い方とは真逆の展開になるとは皮肉なものだが、助っ人の調子が上がってきたら、偽バファローズは怖い存在になる予感が…………なきにしもあらず。

◆巨人2−9レッドソックス◆(オープン戦)
李のどん詰まりの当たりが野手のいない所にポトリと落ちる幸運なタイムリーで先制した巨人。グライシンガーが2回をきっちり抑えれば、内海はいきなりの無死一、二塁のピンチを三者連続三振の快投で切り抜けるなど、2回を5三振無失点の好投。しかし2点リードで迎えた6回にどれ程、快投を見せても、安直中古助っ人乱獲補強の所為で開幕二軍が確定している事でモチベーションの上がってこないバーンサイドがドルーにグランドスラムを叩き込まれて、一気に形勢逆転。その裏、二死走者なしの場面でレ軍は4年前に巨人に在籍していたコリーをワンポイントで起用。コリーは加藤を空振り三振に斬って取り、古巣相手にささやかな恩返し。7回にはこれまた元巨人の岡島がマウンドに登場。坂本がしぶとくヒットを放ったが、代打・大道のサードライナーで飛び出して、痛恨のゲッツー。8回からは山口が3失点、9回には豊田が2失点と打ち込まれ、惨敗に終わった。

◆阪神10−2アスレチックス◆(オープン戦)
福原が2発のアーチを浴びるなど、5回5失点。これは予想の範疇内だとしても、4番手・ウィリアムスが3安打4四球の大乱調で1回もたずに5失点KOとなったのは、岡田監督も顔面蒼白。藤川は2人の走者を出しながらも、アウト3つを全て三振で奪うなど、持ち味は発揮した。打線も単打7発の僅か2点に抑え込まれて、完敗を喫した。

◆D1−5S◆(オープン戦)
経歴が似ていると言うだけでグライシンガー級の期待をされ、実際にその期待に応えている新助っ人・リオスがまたまた好投。5回を投げて散発2安打で三塁も踏ませなかった。前日は11得点を奪った中日だが、6回に李のタイムリーで完封を免れるのが精一杯と川相不在の弊害を露呈し、前日の猛攻がフロックでしかなかった事を見せつけた。投げてはこれまで好調をキープしてきた朝倉,中田が打ち込まれるなど、目前に迫る開幕へ向けて不安は募る一方だ。

カリメロ◆YB−C◆(オープン戦)
ここまで順調に仕上げていたかに見えたカリメロがオープン戦最終登板で大乱調。2回に石原に2点二塁打,3回には4長短打を集中されて3失点。そして、6回にはここに来て、急激に調子を上げてきた緒方に被弾し、7回6失点の内容だった。一方、広島先発の新助っ人・ルイスは5回を無失点と万全の仕上がり。2番手の長谷川も4回を投げて、ファーマニアックに被弾しただけの1失点で切りぬけた。


ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:01コメント(0)トラックバック(39) 

October 14, 2007

◆D5−3T◆
たかだかアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチごときにペナンレースでの酷使三昧を払拭する程の集中力は高められない事を久保田がまざまざと見せつけて惨敗を喫し、モチベーションが上がって来ない阪神は新人王内定と見られる先発・上園が初回から制球を乱して、一死満塁のピンチを迎えると、中村紀にレフト前へ弾き返され、2点を献上。なおも一、二塁の場面で李に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ3ランを叩き込まれて、早くも大量5失点。対戦防御率1点台の中日先発・中田相手に絶望的なリードを奪われてしまった阪神は3回までノーヒットと沈黙していたが、4回、2本のヒットで二死一、三塁とすると、ジュビロ野口のレフト前タイムリーでようやく1点。中日は初回こそ大量点をあげたものの、2回以降は拙攻三昧で一向に得点を奪えない持病が発症しており、最早、追加点は期待出来ないと察知したのか、落合監督は5回1失点の中田を6回から早くも引っ込めて、先発要員の小笠原を2番手で投入。これに対して、阪神は7回、ジュビロ野口,関本の連打で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、代打・高橋光,鳥谷と打ち上げてしまうと、シャア少佐はサードゴロに倒れて、二者残塁。しかし、続く8回、3番手・岡本から先頭のシーツがヒットで出ると、キュラソ星人がセンターオーバーの二塁打。一塁から長駆激走して本塁へ突入したシーツは微妙なタイミングながら、谷繁のタッチを巧みにかわして、ホームイン。続くゼブラ今岡のセンターフライでキュラソ星人が三進した所で引っ張り出した守護神・岩瀬から代打の悠久の若虎・桧山がセンターへ犠飛を打ち上げて、2点差。何とか突き放したい中日はその裏、森野のヒット,T.ウッズの死球で無死一、二塁とするも、先制打を放った中村紀は空振り三振。代打の切り札・立浪もサードへの凡フライに倒れると、平田も空振り三振を喫して、二人の走者は釘付けとまたまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。しかし、最後は岩瀬が3人で締めて、辛くも逃げ切りに成功。連勝で勝ち越しを決めた中日は日本シリーズ開催阻止を懸けて、東京ドームへ乗り込む事となった。しかし、依然としてタイムリー欠乏症に冒されており、この儘では巨人相手に東京ドームで空中戦に挑まなくてはならないとあって落合監督も頭を抱えるばかりで、川相の来季現役復帰待望論はより一層強まっている

◆F1−8M◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦などと言うエキシビジョンマッチに負け越した所で長いシーズンを制覇した栄光が何ら霞む事はないが、万一、2位チームごときに負け越してしまった場合は日本シリーズを出場辞退する覚悟で臨んでいる日本ハムは第1ステージで2回もたずにKOされたロッテ先発・小林宏に対して、一死から田中賢がヒットで出ると、すかさず二盗。ここで稲葉がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。またズルズルと行ってしまうのかと心配された小林宏だったが、ここから青波の長瀬,高橋と連続三振に斬って取り、追加点を阻止。1点を追うロッテは直後の2回、シーズンの最終登板でヒルマン監督の史上最弱スタメンオーダーと余計な継投策に足を引っ張られて、10勝目を潰された事で落胆の色を隠せない武田勝に対して、先頭のサブローが四球を選ぶと、続く里崎がレフトスタンドへ2ランをぶち込んで、一気に逆転。続くオーティズもスタンドへ放り込むと、更に、二死一、二塁のチャンスに早川のタイムリーが飛び出して、武田勝はあえなくKO。3点ビハインドとなった日本ハムは3回、一死から劇団ひちょりが三塁打を浴びせるも、田中賢は空振り三振。続く稲葉もショートゴロに倒れて、劇団ひちょりは三塁に釘付け。続く4回には一死から高橋が四球を選ぶと、小林宏が右ふくらはぎの痙攣で降板するアクシデント。緊急登板となった2番手・高木だったが、代打・川島,小谷野を打ち取り、ピンチ脱出。ロッテは昨夜、中日が見せた川相不在と言う絶望的な状況を打破する為の苦肉の一発依存野球で何かを悟ったのか、5回にサブローが一発を放つと、8回には里崎がこの日2本目のアーチ、そして9回には早川がダメ押しのホームランと一発攻勢で着々と加点。その裏、小林雅がマウンドに上がったが、幾ら何でも7点差あってはコバマサ劇場が開演される事もなく、平穏無事に三者凡退で締めて、逃げ切りに成功。これでロッテは1勝1敗のタイに戻した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:16コメント(2)トラックバック(102) 

August 02, 2007

◆YB0−2G◆
「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた謎の新助っ人・マットホワイトに対して、巨人は昨日に続いてニックンが初回に先制アーチ。1点を貰った春風亭半ケツは2回一死二塁,4回二死二塁に続き、5回にも一死一、二塁と再三のピンチを背負いながら、あと1本を許さない粘りの投球。一方、マットホワイトも2回以降は二死までは走者を許さない安定した投球を展開。迎えた6回裏、横浜は先頭の野中がヒットで出ると、ここで何とメカゴジラが犠打を敢行。一塁が空いた事で村田が歩かされると、続く金城も粘って四球を選び、一死満塁の大チャンス。ここで吉村の打球がピッチャー前へ高く跳ね上がると、これを春風亭半ケツが素早く処理して、本塁へ送球。タッチプレーならば確実にセーフのタイミングだったが、フォースプレーだった為に、三塁走者・野中は間一髪アウトとなると、続く下窪は三振に倒れて、三者残塁。続く7回にも二死一、二塁のチャンスを掴むと、メカゴジラが一塁右へ火の出る様当たり。李が打球の勢いに弾いている間に激走し、執念のヘッドスライディングを見せたメカゴジラだが、素早くベースカバーに入った春風亭半ケツの足が僅かに早く、ここも無得点。8回には巨人2番手・豊田から二死三塁とするも、代打・鈴木なおのりが凡退と、どうしても1点が届かない。0−1の儘、迎えた土壇場9回、横浜4番手・木塚はよりにもよって第1打席で既にインケツパワーを使い果たしているニックンに四球を与えて、ただで出塁させてしまう大失態を犯し、失意のKO。5番手・那須野は続く李も歩かせると、阿部からは三振を奪ったものの、スタメンを外れていた代打・ガッツにセンター前へのタイムリーを浴び、痛恨の2点目を献上。最後は守護神・上原の前に3人で締められ、完封負け。春風亭半ケツは7回無失点でハーラー単独トップとなる12勝目を飾った。

◆C−D◆
台風接近の為、中止。

◆T6−5S◆
0−0で迎えた3回、阪神は四球の関本をボーグルソンが送った所で鳥谷が先制タイムリー二塁打。5回にはシャア少佐のタイムリー内野安打とキュラソ星人の犠飛で2点を追加。3点を追うヤクルトは6回、先頭の青木が二塁打を放つと、その後、2四死球で一死満塁のチャンス。ここでリグスが2号グランドスラムを叩き込み、一気に逆転に成功。しかし、その裏、阪神は二死満塁からシャア少佐が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、再逆転。こうなれば、あとはJFKに繋ぐだけ。久保田−ウィリアムスから、9回にバトンを受けた守護神・藤川は代わりばな、いきなりの連打で1点差とされると、なおも二死三塁のピンチ。ここで田中浩に対して、カウント2−1からハーフスイングの空振り三振を取るも、これを矢野が後逸。振り逃げで同点…と思われたが、田中浩は自分がスイングを取られていた事に気付かず、ただの暴投だと勘違いして、しばらく打席上で立ち尽くす大チョンボ。三塁走者・福川がホームに到達してから、ようやく事態に気付き、スタートを切ったが、時既に遅く、一塁でアウトとなり、福川は幻の同点ホームインとなった。

◆H−Bs◆
先週は西武ナインの搭乗予定飛行機のトラブルで中止となった福岡ドームでの試合だが、今度は台風が迫っている事で来場者の安全を考慮すべく、ドーム球場であるにも拘わらず、僅か7日の間に異なる理由で2度目の中止となった。

◆L2−3F◆
日本ハムは初回、劇団ひちょりの2号先頭打者アーチで1点を先制。ダルビッシュの前に4回まで2安打と沈黙していた西武だが、5回、一死一、二塁のチャンスを迎えると、福地がセンター前へタイムリーを放ち、同点。1−1で迎えた7回、日本ハムは一死一塁からジョーンズのタイムリー三塁打に続き、工藤にもタイムリーが飛び出し、2点を勝ち越し。土壇場9回、西武は守護神・MICHEALから中島のタイムリーで1点差にまで詰め寄ったが、反撃もそこまで。日本ハムを4本も上回る11安打を放ちながら、11残塁の拙攻が響いた。ソフトバンクの試合が中止となった為、日本ハムはこれで単独首位に浮上。先発・ダルビッシュは7回1失点で9勝目をあげた。

◆M12−1E◆
未だに白星のない悪の温床・楽天先発・一場だが、初回からフクーラ,オーティズにタイムリーを浴びて、3点を失うと、2回には早川のタイムリーで4点目を許し、あえなくKO。ロッテは更に、4回にも二死満塁からサブロー,オーティズの連続タイムリーで3点を加えると、6回にはまたもサブローのタイムリー二塁打,オーティズの2ランで3点を追加し、10点目。8回にもダメ押しの2点を加え、ここまで一発含む4安打5打点の大当たりで三塁打が出ればサイクルヒットのオーティズに回ったが、気負ってしまったか、セカンドフライに倒れて、サイクルならず。ロッテは15安打12点の猛攻で快勝。投げては先発・清水が憲史に一発を浴びただけの7回1失点で4勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(38) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ