オビスポ

November 05, 2010

11/5オビスポ 共に連覇を逃した巨人と日本ハムの間でオビスポ←→さすらいの賭博師・須永&紺田と言う1対2の交換トレードが成立した事が明らかになった。この2球団と言うと、一軍が苦戦している状況下、毎度の故障癖により選手会長のくせに二軍でくすぶっていると言う立場をわきまえずに大スキャンダルを起こしたあの男(&林)←→MICHEAL&工藤の交換トレードが思い出される。あの時はモラル面で大幅に改善されただけでなく、坂本が気がねなく一人立ち出来たと言う意味でも巨人の一方得だったが、今度は流石に、日本ハムの一方得なのではなかろうか。須永はさすらいの賭博師なだけに個人的には入団時から気にかけていた選手ではあるのだが、成績からすると、今オフ解雇されたとしても不思議ではなかったくらいで、巨人が欲しがる理由がどこにあるのかイマイチ分からない。高卒時のドラフトで相思相愛だったのに、日本ハムにかっさらわれた…と言う因縁はあるけれど、今更、それは関係ないだろう。左の中継ぎが欲しいのだとしても、先発ローテ候補に入りうるオビスポを出してまで…と言うと釈然としないものがある。オビスポと須永の1対1では流石に釣り合わないと言う事でくっついて来た感のある紺田も決して悪い選手ではないが、鈴木の残留が決まった矢先に、これ以上こういうタイプの左打ち外野手を増やしてどうするのかと…。亀井をサード転向させるから…では理由としては弱いだろう。このトレードでとにもかくにも残念なのは、オビスポが出ていってしまう事である。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、オビスポは期待の星だったのに…。今オフの助っ人陣大量粛正により、来季は外国人枠に縛られる事なく出番も増えるであろうと予想していたのだが、ここでオビスポを出すと言う事はもしかして、グライシンガーを残留させるつもりなのだろうか? 今後の伸びしろを考えても、オビスポを残した方がいい様な気がするのだが…。ともあれ、決まってしまったものは仕方ない訳で、オビスポには日本ハムで頑張って貰いたいものである。さすらいの賭博師・須永も高校時代からの念願だった巨人入りで化けてくれるといいのだが…。紺田は……、結局、工藤みたいな感じになるんじゃなかろうかね。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:10コメント(0)トラックバック(3) 

July 31, 2010

7/31オビスポ◆C0−5G◆
よもやの前田健撃破に成功し、勢い付く巨人は昨夜のヒーロー・江戸川を7番ファーストでスタメン起用,不振の松本をスタメンから外すなど、テコ入れを敢行。初回、松本に代わり、2番に起用された長野がレフト線へ二塁打を浴びせると、二死後、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ33号先制2ラン。2点を追う広島は1回一死二塁,2回二死一、二塁,3回一死二塁と立て続けに得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ない。すると巨人は4回、先頭の阿部が死球を食らうと、一死後、脇谷がライトスタンドへ4号2ラン。その裏、広島は二死から小窪のヒット,ガッツのエラーで一、二塁とするも、代打・天谷がセカンドゴロに終わり、二者残塁。続く5回には東出のヒット,梵の四球で無死一、二塁とするも、クリーンアップがあえなく凡退し、またも無得点。0−4の儘、迎えた8回、巨人は一死から四球で歩いた松本が牽制に引っかかる大チョンボ。しかし、ここで嫌なムードを断ち切るべく亀井がライトスタンドへ5号ソロを叩き込み、5点目を追加。広島は9回も先頭打者を出しながら、代打・ヒューバーがゲッツー。この後、東出がヒットを放つと言うチグハグな攻撃を展開。2併殺11残塁の拙攻が大きく響き、完封負けを喫した。巨人先発・オビスポは7回を無失点の好投で2勝目。7月4日の東野以来、実に27日ぶりに先発投手に白星がついた。

◆T5−5D◆
阪神は初回、いきなり鳥谷,平野が連続ヒット。マット・マートンは三振に倒れたものの、4番・新井が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。しかし、直後の2回、阪神先発・鶴はブランコ,ベンちゃんと連打を許し、一、三塁のピンチ。堂上剛をゲッツーに仕留める間に1点を返されるが、これでこの回は凌げるかと思いきや、谷繁に二塁打を浴び、堂上直を敬遠して、勝負に出た投手の中田賢に同点タイムリーを許す体たらく。続く3回には二死からベンちゃんを歩かせると、堂上剛に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3年ぶりの勝ち越し2ランを被弾。阪神はその裏、一死一、二塁のチャンスにブラゼル,キュラソ星人が連続三振。四回、二死二、三塁のチャンスには平野が凡退。5回一死一塁,6回一死一、二塁のチャンスも生かせずにいたが、7回二死からブラゼルが33号ソロを叩き込み、1点差。続く8回にはJ.マッケンジーのヒット,代打・関本の四球で一、二塁とした所で鳥谷がタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。なおも二、三塁と勝ち越しのチャンスだったが、平野のセカンドライナーで飛び出した鳥谷が戻れずにゲッツーを食らい、同点止まり。土壇場9回、中日はこの回から登板の久保田に対し、堂上直,大島のヒットで二死一、三塁とすると、森野がレフト前へ勝ち越しのタイムリー。これで決まったかと思いきや、その裏、守護神・岩瀬が一死から新井に二塁打を浴びると、二死後、代打・狩野,J.マッケンジーと連続死球で満塁のピンチ。ここで浅井に同点タイムリー内野安打を許し、延長に突入。5−5で迎えた12回、中日は無死満塁と絶好の勝ち越しチャンス。しかし、ベンちゃんが三振に倒れると、英智,谷繁と打ち上げて、3人の走者は釘付け。その裏、阪神は三者凡退に終わり、結局、12回規定ドローに終わった。

◆S1−7YB◆
0−0で迎えた5回、横浜は一死から吉村がレフトスタンドへ3号ソロを叩き込み、1点を先制。その裏、ヤクルトは先頭のホワイトセルが四球を選ぶと、二死後、宮本がタイムリー三塁打を放ち、ホワイトセルが同点のホームイン。追い付かれた横浜は直後の6回、二死走者なしからハーパーのヒット,村田の四球で一、二塁とした所でスレッジがライトスタンドへ20号3ランを叩き込み、勝ち越し。更に、カスティーヨ,吉村の連打の後、橋本が走者一掃のタイムリー三塁打。そして、投手の大家にまでタイムリーが飛び出し、この回一挙6点を獲得。自らのダメ押し打で気を良くした大家は以降、一人の走者も許さず、完投で3勝目をマークした

◆M5−14H◆
ソフトバンクは2回、エラーで貰ったチャンスに森本のタイムリーで先制。続く3回には一死一、三塁から小久保,ハマのスペランカー,松田と3連続タイムリーを浴びせて、ロッテ先発・吉見をKO。更に、二死後、長谷川が歩いた所で田上,川崎,本多とまたも3連続タイムリーが飛び出し、大量8点のビッグイニングを形成。5回には一死一、二塁から小久保のタイムリー,ハマのスペランカーの犠飛,松田のタイムリー内野安打で3点を加えると、続く6回にも根元のタイムリーエラー,城所のタイムリーで2点をあげ、試合を決定付けた。ロッテは9回に3点を返す粘りを見せたが、序盤の大量失点があまりにも痛かった。ソフトバンク先発・杉内は7回を自責点1の好投で同僚・和田に並ぶトップタイの13勝目を飾った

◆F9−7L◆
連敗を止め、巻き返しを図りたい西武だが、頼みのエース・涌井が大乱調。初回の一死二塁のピンチは辛くも切り抜けるが、続く2回にも連打を浴びて、無死一、二塁のピンチ。ここでトンガをゲッツーに仕留めるも、大野に今季初アーチとなる先制2ランを被弾。4回には高橋にタイムリー二塁打を浴びると、5回には劇団ひちょりにタイムリー,小谷野に9号2ランを被弾。更に、6回にもトンガに3号ソロを叩き込まれるなど、1つの三振も奪えずに失意の8失点KO。8−1と日本ハムのワンサイドゲームになると思われた矢先の7回、この回から代わった日本ハム2番手・高橋由伸が連打と四球でいきなり無死満塁のピンチを背負うと、一死後、片岡に押し出し四球を与えて、あえなくKO。更に、代わった宮西が代打・平尾に犠飛を許した後、栗山,中島,フェルナンデスと3連続タイムリーを浴びて、2点差と詰め寄られてしまう。その裏、小谷野の2打席連続10号ソロで突き放した日本ハムは9回から武田久を投入し、逃げ切り体勢。依然として昨年の安定感を取り戻せずにいる武田久は代わりばな片岡,代打・原と連打を浴びて、一、三塁のピンチを迎えると、栗山に犠飛を許したものの、中島をショートゴロゲッツーに打ち取り、辛くも逃げ切った。先発の武田勝は6回を1失点に抑え、8勝目

◆E5−8Bs◆
2回、偽バファローズは二死走者なしから北川がライトスタンドへ先制9号ソロ。4回には先頭のカブレラがヒットで出ると、ティー岡田が23号2ラン。更に、北川が歩くと、バルディリスがタイムリー二塁打。二死三塁となった所で坂口にもタイムリーが飛び出し、この回4点。毎回安打を放ちながら、攻めあぐねていた楽天は5回、草野,嶋と連打を浴びせると、一死後、聖沢がタイムリーを放ち、ようやく1点。なおも一、三塁のチャンスだったが、高須のゲッツーの間に1点を加えるのが精一杯。直後の6回、偽バファローズは一死二、三塁から荒金がレフトへ犠飛。続く7回には四球のカブレラを一塁に置いて、またもティー岡田がこの日2本目となる24号2ランを叩き込み、8点目。粘る楽天はその裏、内野ゴロの間に1点を返すと、続く8回には高須の四球,鉄平のヒットで一、二塁とした所で山崎が走者一掃のタイムリー二塁打。更に、一死後、ルイーズがヒットで繋いだが、草野がファーストゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で2点止まり。最後は岸田の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。偽バファローズ先発・小松は10安打浴びながらも、6回1/3を3失点で凌ぎ、5勝目を挙げた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(0)トラックバック(14) 

April 25, 2010

◆G8−2C◆
グライシンガーの離脱で開幕一軍の期待を懸けられながら調子が上がらず、ようやく今季初登板となったオビスポは初回、3人で打ち取る上々の滑り出し。その裏、ガッツの8号2ランで先制して貰うも、直後の回、坂本のエラーの後、末永,ルパン広瀬,小窪と3連打であっさり同点を許してしまう。追い付かれた巨人は3回、松本,ガッツ,寿司職人ラミレスの3連打で勝ち越し、広島先発・小松をKO。4回にはオビスポが自らを助ける来日初アーチを叩き込むと、5回には水島の呪いに苛まれている3番手・篠田から寿司職人ラミレス,亀井のタイムリー二塁打で2点を追加。7回にはここまで3打席3三振のマッスル千代の富士に2年ぶりとなる2ランが飛び出し、ダメ押し。最後は育成から這い上がってきたルーキー・星野がプロ入り初登板し、無難に締め括った。巨人はこれで5連勝。オビスポは打っては一発含む2安打,投げては7回を自責点1の活躍で今季初勝利。しかし、好調・松本が左太腿を痛めて途中退場。筋膜炎と診断され、登録抹消の可能性もあるとの事。控えに名だたる選手がズラリと揃っているとは言え、首位打者&盗塁王をひた走る松本の穴の戦線離脱は大きな痛手になりそうだ。

◆T5−8D◆
不振の選手が悪いと言うより、不振にも拘わらず、懲りもせず、何の手も打たずに使い続けていた落合監督が悪いのだが、今更になって、ブレーキの続いていたセサル,藤井らがようやく二軍落ちとなった中日は初回、新井のエラー,森野のヒットの後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7号3ランを叩き込み、先制。この後の二死満塁のチャンスは潰してしまったが、続く2回には森野のタイムリーで4点目。勢い付く中日は続く3回にも山内の犠飛で1点を加えると、4回にはベンちゃんのタイムリー,大島の2点三塁打で3点を追加。阪神は中盤以降、リリーフ陣が踏ん張りを見せ、鳥谷のグランドスラム等で3点差まで追い上げたが、序盤の失点が大きく響き、3タテならず。中日は一軍昇格即スタメンのルーキー・大島が3安打2打点の活躍を見せるなど、テコ入れが成功。先発の山内は7回途中まで自責点0に抑え、プロ初白星

◆YB5−3S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは一死からガイエルが8号ソロを放り込み、1点を先制。先発・村中は4者連続三振を奪うなど、快投を続けていたが、その裏、突然崩れ、スレッジのタイムリーで追い付かれると、二死一、二塁となった後、武山に走者一掃の勝ち越しタイムリー三塁打を浴びて、この回3失点。6回には吉村の犠飛等で2点を失い、この回限りでKO。4点を追うヤクルトは7回、森岡のタイムリーで1点を返すと、続く8回にはガイエルがこの日2本目となる9号ソロを叩き込み、2点差まで詰め寄るが、反撃もここまでだった。横浜先発のルーキー・加賀は5回を1失点で切り抜け、4度目の先発でついにプロ初白星を掴んだ

◆M5−3H◆
ロッテは初回、一死一、二塁から金が先制タイムリー。更に、二死後、サブローが歩いて満塁とするも、南はセカンドフライに倒れて、1点止まり。続く2回には里崎が2号ソロを叩き込み、1点を追加。3回二死満塁,4回二死一、二塁と立て続けにチャンスを潰してしまうが、5回、今江のタイムリーで3点目を追加。毎回安打を放ちながら、攻めあぐねていたソフトバンクは6回、先頭の本多がヒットで出ると、オーティズが7号2ランを叩き込み、1点差。その裏、大松のタイムリー二塁打で突き放されるも、直後の7回、二死から代打・松中,川崎,本多の3連打で再び1点差とし、なおも一、二塁のチャンスに前の打席で一発を放っているオーティズに繋いだが、サードゴロに倒れて、同点ならず。ロッテは8回に大松の2打席連続タイムリー二塁打でダメ押し。最後は小林宏が締め括った。先発・川越が右太腿裏を痛めて、打者5人で降板するアクシデントに見舞われたが、緊急登板となったルーキー・大谷は3回1/2を無失点の好リリーフを見せ、プロ初勝利を飾った

◆E4−3F◆
3回、楽天は嶋,牧田,聖沢の3連打で無死満塁とすると、渡辺直,高須と連続犠飛を打ち上げ、2点を先制。2点を追う日本ハムは4回二死から渡辺直のエラー,あの男のヒットの後、小谷野のタイムリーで1点差。6回には一死一、二塁からまたも小谷野がタイムリーを放ち、同点。更に、大野が歩いて満塁となった所で代打・今浪が押し出し四球を選んで、労せずして勝ち越し。しかし、その裏、二死満塁のチャンスを作り、日本ハム先発・武田勝をKO。代わった武田久に対して、嶋が2点タイムリー二塁打を浴びせて、一気に逆転。7回からは辛島−川岸と繋いで、1点差を守りき李、今季初の3連勝。先発・田中は6回降板と不本意な内容ながらも3勝目を手にした。

◆Bs1−3L◆
帆足,伊原の投げ合いで前半戦は両軍ゼロ行進。均衡が破れたのは6回。西武は一死からヒットで出た栗山を一塁に置いて、中村が6号2ランをぶち込んで、ついに先制。ここまで2安打と沈黙していた偽バファローズはその裏、ヒットの坂口を二塁に置いて、後藤がタイムリー二塁打を放ち、1点差。1−2の儘、迎えた土壇場9回、西武は死球とエラーでタナボタの1点を追加。最後は守護神・シコースキーが3人でピシャリと締めて、逃げ切りに成功。帆足は7回途中まで1失点に抑え、3勝目。今季初先発の伊原は打線の援護に恵まれず、粘投虚しくプロ初白星を逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:27コメント(0)トラックバック(32) 

November 03, 2009

11/3 小笠原◆G7−4F◆
東京ドームに舞台を移し、1勝1敗の五分で迎えた第3戦。ダルビッシュに使えるメドが立った事で何とか決着を札幌まで持ち込みたい日本ハムは初回、巨人先発・オビスポに対し、二死走者なしから稲葉がライトスタンドへ2戦連発となる先制アーチ。続く2回には一死から小谷野がソロアーチを叩き込み、2点目をゲット。しかし、その裏、巨人は日本ハム先発・糸数に対し、李,阿部と連続アーチをぶち込んで、あっさり追い付くと、続く3回には札幌では不振だったガッツにも一発が飛び出し、勝ち越しに成功。1点を追う日本ハムは5回、今季僅か3ホーマーの田中がライトスタンドへ放り込み、試合は振り出しに。追い付かれた巨人はその裏、二死走者なしから坂本が四球を選ぶと、松本がレフト前に弾き返して、一、二塁となった所でまたもガッツが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。7回から継投策に切り替えた巨人は2番手・越智が1回をきっちり抑え、8回から3番手・山口を投入。しかし、山口はいきなり先頭の田中に死球を食らわせると、牽制悪送球で二進を許す一人相撲。更に、代打・劇団ひちょりをショートゴロに打ち取りながら、坂本からの送球を李が落球する間に田中の生還を許す体たらく。続く稲葉が歩いて、無死一、二塁とチャンスが拡大し、一気に畳み掛けたい日本ハムだったが、ここで高橋が最悪のセカンドゴロゲッツーを食らうと、スレッジもセカンドゴロに終わり、同点ならず。ピンチを逃れた巨人はその裏、一死からガッツの四球,寿司職人ラミレスの内野安打で一、二塁。二死後、松田記者が歩いて、満塁となった所で阿部がライト前へタイムリーを放ち、ダメ押しの2点を追加。9回から登板の守護神・クルーンは簡単に二死を取ると、代打・稲田のピッチャーゴロを処理して、一塁へ悪送球する粗相を犯したものの、最後は代打・トンガを空振り三振に斬って取り、事なきを得た。これで巨人は2勝1敗と一歩リード。これで史上初となる日本シリーズ通算100勝目をマーク。日本ハムは4点を奪ったものの、僅か4安打で3本がソロアーチと淡泊な攻めに終わったのが痛かった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:04コメント(0)トラックバック(26) 

October 22, 2009

10/22 阿部◆G6−4D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
アジアシリーズ以上に儲からない事請け合いの日韓クラブチャンピオンシップに一体どんな旨味があるのか分からないが、とにかく出たくて仕方がないらしい中日は初回、巨人先発・オビスポに対し、先頭の井端が二塁打で出ると、一死後、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ先制2ラン。更に、この後、2四死球でチャンスを作ったが、藤井が打ち上げ、二者残塁。すると、その裏、巨人は中日先発・ウッチャンから先頭の坂本が二塁打。一死後、ガッツがタイムリーを放ち、1点差。更に、二死後、亀井もヒットで繋いだが、松田記者が倒れて、1点止まり。直後の2回、依然として制球の定まらないオビスポから、またも2四死球で一、二塁とした中日だが、先の打席で一発を放っている森野がライトフライに倒れて、またも二者残塁。3回にも四球の走者を出しながら、またも藤井が打ち上げ、無得点。中日が拙攻に喘いでいる隙に、巨人はその裏、一死から松本のヒット,ガッツの四球の後、寿司職人ラミレスがライト前へ同点タイムリー。続く4回には先頭の阿部がレフトスタンドへ勝ち越しアーチを掲げると、古城が一塁線へセーフティバントを仕掛け、執念のヘッドスライディングで出塁。続くオビスポのバントも内野安打となると、坂本が送って、二、三塁とした所で早くも登場した代打・大道が三塁線を破る走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、ウッチャンをKO。更に、5回には一死から古城,オビスポ,坂本の3連打で6点目。4点を追う中日は直後の6回、ベンちゃんのヒット,谷繁の四球で二死一、二塁とし、オビスポをKO。ここで代わった山口から代打の代打・平田がセカンドへの内野安打を浴びせるも、一気に本塁を狙った二塁走者・ベンちゃんが憤死し、無得点。しかし、8回、3番手・越智に対し、一死からベンちゃんがヒットで出ると、二死後、藤井が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ2ランを叩き込み、2点差。更に、谷繁が二塁打を浴びせて、早くもクルーンを引っ張り出したが、代打の切り札・立浪はファーストゴロに倒れて、2点止まり。土壇場9回、引き続きマウンドに上がったクルーンに対し、中日は一死から荒木がライト前に弾き返し、3,4番に繋いだが、森野,ブランコと連続三振に倒れて、万事休す。辛くも逃げ切った巨人はアドバンテージ分の1勝を取り戻した。

10/22 高橋◆F3−1E◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦出場権争奪戦)
悪夢の逆転負けで早くも追い詰められている楽天は先発・岩隈が3回まで無失点と上々の滑り出し。日本ハム先発・糸数に対して、3回まで4安打を浴びせながら、攻めあぐねていた楽天だが、4回、先頭の青波の長瀬がバックスクリーンへソロアーチを叩き込み、ついに1点を先制。しかし、その裏、日本ハムは先頭の稲葉が二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で小谷野がライト線へタイムリー二塁打を放ち、稲葉が同点のホームイン。1−1で迎えた7回、楽天は先頭の藤井がヒットで出ると、高須が送って、一死二塁。二死後、鉄平が敬遠されて、一、二塁となったが、山崎武がレフトフライに倒れて、勝ち越しならず。ピンチを逃れた日本ハムはその裏、一死から金子誠の二塁打,田中のヒット,稲葉の敬遠四球で二死満塁のチャンス。ここで高橋がレフト前へタイムリーを放ち、2点を勝ち越し。更に、スレッジが死球を食らって、再び満塁となったが、小谷野はセンターフライに終わり、三者残塁。直後の8回、楽天はこの回から代わった2番手・宮西に対し、連打と四球で無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ここで代わった3番手・金森の前に代打・憲史,藤井,高須とあえなく凡退し、三者残塁。土壇場9回、日本ハムは守護神・武田久を投入する逃げ切り体勢。楽天は一死から鉄平の死球,山崎武のヒットで一、二塁と一発が出れば、逆転のチャンスを作る粘りを見せたが、ここから青波の長瀬,草野と連続三振に斬って取られ、ゲームセット。日本ハムは連勝+アドバンテージで早くも王手をかけた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:11コメント(2)トラックバック(28) 

September 28, 2009

4/18 アルフォンゾ アルフォンゾとバーンサイドが近日中に帰国する事となり、今季限りで退団する運びとなる事が濃厚となった。アルフォンゾは痛めている左膝の手術を早期に行いたい意向である事、バーンサイドはアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦での戦力構想から外れている事が理由となった模様。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、二人共、応援の対象となっていただけに実に残念である。
 今季V3を達成した巨人は若手の台頭もあったが、助っ人陣の活躍が非常に大きかったのは言うまでもないだろう。しかし、寿司職人ラミレス,グライシンガー,ゴンザレスは揃いも揃ってヤクルトからのお古であり、クルーンも横浜からのお古(李もロッテからのお古だが、今季活躍しなかったので割愛)。直輸入助っ人で活躍したと言えるのは、オビスポただ一人だった。WBCオーストラリア代表の座を蹴ってまで、巨人での躍進を目指したバーンサイドだが、保険で獲った筈のゴンザレスの予想外の大ブレイクの影響で今季一度も登板機会が回ってくる事はなかった。果たして、使ってみた場合、どうだったのかは分からないが、結果を出しているオビスポですら外国人枠の壁に阻まれる状況とあっては、一軍昇格の道はかなり険しいのは否めない。もし、チャンスがあるなら、国内の他球団で頑張って貰いたい所だ。アルフォンゾはメジャーでの実績とオープン戦でまずますの成績を残した事から久々に当たりの野手が来たかと言う期待を抱かせたが、開幕当初の中途半端な併用策に振り回された所為か、故障の所為か、はたまた単なる適性不足か、しょっぱい結果に終わってしまった。寿司職人ラミレスが日本人扱い,李が不振とあって、野手の助っ人枠には余裕があったにも拘わらず、出番が貰えない有様とあっては、流石に首を切られてもやむなしと言う所だろう。
 さて、来季の巨人の助っ人陣容はどうなるのだろうか? このままでは来季も外国人枠の壁に苦しむ事になる事が必至のオビスポはシーズン中にも抱いた移籍志願の気持ちが再燃する可能性もある訳だが、高年俸のグライシンガーの首を斬って、オビスポを残すと言う展開もありうるか? もし、グライシンガーとオビスポのどちらかを斬らなければならない状況となるならば、直輸入のオビスポを残して欲しい所だが…。2年連続で不振に終わった李が解雇となる可能性は十分に考えられる訳だが、野手の新助っ人を獲ってくるのかどうか気になる所…。今季の助っ人野手は実質上、寿司職人ラミレスだけで乗り切ったものの、依然としてセカンドは固定出来ていない状況だし、亀井やマッスル千代の富士がファーストに回るのかどうかも微妙な事もあり、一応、新助っ人が食い込む余地はあるにはある。果たして、現有戦力の底上げを図るのか、更なる補強を図るのか。もし、新助っ人を獲ってくるなら、くれぐれも余所からのお古ではなく直輸入助っ人をお願いしたい。いい加減、野手の直輸入助っ人で当たりを見つけてくれと!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 05:31コメント(0)トラックバック(0) 

September 17, 2009

9/17 オビスポ◆G4−2T◆
対阪神の勝ち越しがなくなり、完全優勝を断たれたとは言え、何とか負け越しだけは阻止したい巨人は初回、死球の坂本を松本が送ると、ガッツがライト前へ先制タイムリー。二死後、亀井,松田記者と連打を浴びせて、この回、2点。グライシンガーの離脱により、外国人枠に空きが出来、51日ぶりの登板となったオビスポだったが、3回、一死からソニック,浅井と連打を浴びると、平野,鳥谷と連続四球を許して、押し出しで1点を献上。なおも満塁のピンチにキュラソ星人に犠飛を打ち上げられ、試合は振り出しに。しかし、その裏、巨人は先頭の寿司職人ラミレスがライトスタンドへ27号ソロを叩き込み、すかさず勝ち越し。中盤から立ち直ったオビスポは6回、振り逃げを含んで1イニング4者連続三振と言う史上13人目の離れ業を見せると、その裏、松田記者が8号ソロを放り込み、点差は2点と拡大。8回からは山口−クルーンと繋ぐ万全のリレーで逃げ切り、阪神との対戦成績を五分に戻した。これで巨人のマジックは1つ減って9。オビスポは7回2失点で4勝目

◆C1−4D◆
広島は初回、四球で歩いた末永が暴投で二進すると、栗原のタイムリーで先制のホームイン。以降も毎回安打を浴びながら、あと一本を許さない粘りの投球を続ける吉見を何とか援護したい中日だが、3,4回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰す体たらく。しかし、5回、一死満塁のチャンスに森野がセンター前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。二死後、ベンちゃんにも走者一掃のタイムリー三塁打が飛び出し、この回4点。1−4の儘、迎えた土壇場9回、中日は何故か守護神・岩瀬でなく浅尾がマウンドに上がったが、無難に3人で退け、3セーブ目。吉見は本来の調子ではないながらも、8回を1失点で切り抜け、ハーラー単独トップに躍り出る15勝目

◆YB3−7S◆
ようやく地獄の連敗を抜け出し、嫌な緊張感から解放されたヤクルトは初回、川島慶,青木,畠山の3連打で先制すると、更に、宮本の犠飛,石川の悪送球でこの回3点。一方、横浜はその裏、一死一、二塁のチャンスにジョンソン,メカゴジラと連続三振。続く2回には二死から連打を浴びせるも下園が凡退。3回には一死から内川が二塁打を浴びせるも、後続が倒れて、またも無得点。再三のピンチを切り抜けたヤクルトは4回、一死一塁から3連続四球で押し出しの4点目。7回には川島慶が12号ソロを叩き込み、ダメ押しの5点目。中盤以降も、次々と得点圏に走者を送り込みながら、悉く逸する拙攻三昧で残塁を量産し続けていた横浜は8回、連打で作ったチャンスに代打・内藤が5号3ランをぶち込んで、一気に2点差。しかし、土壇場9回、ヤクルトは一死満塁から代打・デントナのタイムリーでダメ押しの2点を追加。最後は昨日に続いてセーブのつかない状況で登板した林が3人でピシャリと締めて、3位阪神に0.5差と詰め寄った。先発のユウキは6回無失点の好投で4勝目

◆Bs3−2H◆
先発初白星を目指す大場は4回まで散発2安打無失点と上々の滑り出し。しかし、偽バファローズ先発・伊原は4回を四球1つ出しただけのノーヒットピッチングと大場を上回る好投。5回も先頭の小久保を歩かせたが、ハマのスペランカー,長谷川と打ち取り、二死。しかし、ここでオーティズに17号2ランを被弾し、2点を献上。7回、偽バファローズは先頭の下山が二塁打を浴びせると、二死後、代打・日高にタイムリーが飛び出し、1点差。何とか逃げ切りたいソフトバンクは9回から守護神・馬原を投入するが、代わりばな後藤に同点4号ソロを被弾し、延長に突入。勢い付く偽バファローズは続く10回、一死満塁のチャンスを作った所でまたも後藤が犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。10回からマウンドに上がり、三者三振の快投を見せた金子に11勝目がついた

◆F5−4E◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。まず初回に日本ハムが稲葉,糸井のタイムリーで2点を先制。2回に楽天が中島の今季初アーチで1点を返すも、その裏、日本ハムも高橋のタイムリーで1点を追加。しかし、直後の3回、楽天は無死満塁から内野ゴロとエラーで2点を返し、同点。3−3の儘、迎えた6回、日本ハムは劇団ひちょりのタイムリー二塁打で再び勝ち越すが、直後の7回、楽天は二死満塁から草野が押し出し四球を選び、再び同点。それも束の間、日本ハムはその裏、先頭の小谷野がレフトスタンドへ10号ソロを叩き込み、またまた勝ち越しに成功。土壇場9回、満を持して登板の守護神・武田久は一死から高須,青波の長瀬と連打を浴びて、一打同点のピンチを背負うも、ここで代打・憲史をセカンドゴロゲッツーに仕留めて、辛くも逃げ切り。日本ハムのマジックは2つ減って、14となった。一時は同点を許した3番手・建山に4勝目が転がり込んだ

◆M6−3L◆
0−0で迎えた3回、ロッテは西岡のヒット,フクーラの四球で一死一、二塁とすると、大松のタイムリーで1点を先制。更に、里崎が内野安打で繋いで満塁となった所で橋本将が犠飛を打ち上げ、この回2点。ロッテ先発・成瀬の前に4回まで0点に抑え込まれていた西武だが、5回、一死一、二塁のチャンスに片岡が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に同点。続く6回には一死からG.G.佐藤が21号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。しかし、その裏、ロッテは一死から連続四球で一、二塁とした所で早川が同点タイムリー二塁打を放つと、続くフクーラもタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。8回にはまたもフクーラがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの6点目。最後はシコースキーが締めて、逃げ切った。成瀬は6回1/3を3失点で2年ぶりの10勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:28コメント(0)トラックバック(25) 

July 22, 2009

◆YB2−6G◆
巨人が得意の一発攻勢で主導権を握った。まず初回にガッツが22号先制ソロを叩き込むと、続く2回に亀井の11号ソロ,阿部が12号ソロを叩き込み、2点を追加。3点を追う横浜は3回、ハマのチンピラが自ら二塁打を放って、反撃の狼煙を上げると、石川のヒットで一、三塁。一死後、内川が犠飛を打ち上げ、ようやく1点。3回以降一人の走者も出さず、完全に立ち直ったと思われたハマのチンピラだが、7回、山崎のエラーで足を引っ張られると、二死二塁となった所で古城にタイムリー三塁打を浴びて4点目を失い、この回で降板。巨人は続く8回にもガッツのこの日2本目となる23号2ランでダメ押し。横浜は9回にジョンソンに13号ソロが飛び出したが、焼け石に水だった。結果を出しているにも拘わらず外国人枠の都合上、二軍落ちの危機に瀕しているオビスポだが、来日初完投で無傷の3勝目をあげ、一軍残留をアピールした。

◆D3−2C◆
いい加減に対中日の連敗を阻止したい広島だが、この日も先発・大竹が初回から森野にタイムリー二塁打を浴びるなど、2点を献上する苦しい立ち上がり。2点を追う広島は4回、栗原,マクレーン,天谷の3連打で1点を返すと、一死後、石原のショートゴロの間にマクレーンが生還し、ようやく同点。中日は2回以降、再三再四チャンスを掴みながら、ゲッツー,盗塁死など、怒濤の拙攻三昧でゼロ行進を続けていたが、8回、二死走者なしから四球で歩いた藤井が二盗を決めると、小池が均衡を破る勝ち越しタイムリー。9回からは守護神・岩瀬が3人でピシャリと締めて、対広島11連勝。先発のあちゃくらさんは8回2失点で7勝目

7/22 館山◆T0−5S◆
未だに白星のない阪神先発・岩田に対し、ヤクルトは初回、ヒットの青木を田中が送ると、二死後、デントナのタイムリーで1点を先制。3回には先頭の田中が振り逃げで出ると、福地のヒットの後、またもデントナがタイムリー。更に、一死後、宮本にもタイムリーが飛び出し、この回2点。3回まで毎回チャンスを作りながら、あと一本が出ない阪神は4回にも先頭のキュラソ星人のヒットの後、ブラゼルが最悪のゲッツー。この後、連打と四球で満塁とするが、岩田を下げて投入した代打・林がファーストゴロに倒れて、三者残塁。すると、直後の5回、代打を出された岩田に代わる2番手・ジェンが飯原に2号ソロを被弾。ヤクルトは7回にまたまたデントナがタイムリーを放ち、貴重な5点目を追加。ヤクルト先発・館山は尻上がりに調子を上げ、11安打を浴びながらも、4年ぶりの完封を果たし、ハーラー単独トップの11勝目

◆H7−6E◆
リンデンの4号先頭打者アーチで先制されたソフトバンクだが、その裏、小久保のタイムリーですかさず追い付くと、続くハマのスペランカーに12号2ランが飛び出し、一気に勝ち越し。続く2回には本多のタイムリー,3回には長谷川の犠飛,4回には藤原の暴投で着々と加点。5点のリードを貰った先発・杉内だが、5回二死走者なしからリンデンを歩かせると、渡辺直に痛打された所で鉄平に5号3ランを被弾。続く6回には一死満塁のピンチを作って、あえなくKOとなると、代わった攝津アッパーも代打・中村真,リンデンと連続タイムリーを浴びて、試合は振り出しに。追い付かれたソフトバンクは7回、本多,松中のヒットで一死一、三塁とすると、小久保がライト前にタイムリーを浴びせ、再び勝ち越しに成功。8回からはファルケンボーグ,馬原と繋ぐ必勝リレーが決まり、1点差を守りきった。一時は同点に追い付かれた攝津アッパーに3勝目が転がり込んだ

◆F2−1M◆
日本ハム先発・ダルビッシュは5回まで3四球出しただけのノーヒットと言う快投を展開。一方、ロッテ先発・成瀬も走者を出しながら、4回まで無失点に抑えていたが、5回、先頭のスレッジに二塁打を浴びると、二死後、鶴岡にタイムリーを許し、ついに先制点を献上。ロッテは7回、一死からサブローが振り逃げで出ると、続く橋本がようやくチーム初安打を放ち、チャンスを広げるが、竹原,バーナムJr.と打ち取られ、二者残塁。日本ハムは8回二死から鶴岡に今季初アーチが飛び出し、貴重な2点目を追加。ロッテは9回二死からサブローの12号ソロで完封を免れたが、最後は橋本将がセカンドゴロに取られて、ゲームセット。ロッテ打線を僅か2安打に抑え込んだダルビッシュは3試合連続完投勝利でハーラートップタイとなる12勝目をマークした。

◆L2−4Bs◆
偽バファローズは初回、坂口,フェルナンデスのヒットで一、三塁とすると、カブレラが先制タイムリー。更に、北川もヒットで続き、満塁とチャンスを広げたが、下山,フェニックス一輝と連続三振に倒れて、1点止まり。2回以降、2併殺を食らうなど攻めあぐねていた偽バファローズだが、7回、先頭のフェニックス一輝が2号ソロを叩き込み、1点を追加。2点を追う西武はその裏、先頭の後藤が今季初アーチを放り込むと、続く8回には中村に31号ソロが飛び出し、同点。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、10回からマウンドに上がっていた4番手・小野寺に対し、偽バファローズは一死からカブレラ,北川と連打を浴びせると、下山が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、大久保が三者三振の快投で西武の反撃を断ちきった。2回をノーヒットで切り抜け、勝ち越し点を呼び込んだ加藤に4勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:50コメント(0)トラックバック(7) 

July 09, 2009

◆G2−0YB◆
育成選手としては史上初の先発勝利を手にし、勢い付くオビスポは4回まで1安打無失点の好投を展開。横浜先発・はーちゅんの前に沈黙していた巨人打線だったが、4回、一死からガッツが19号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。続く5回には二死満塁のチャンスを作るが、松本はピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。6回にも二死一、三塁とするも、李がショートフライを打ち上げて、またも追加点ならず。しかし、7回、先頭の脇谷が2号ソロを放り込み、貴重な2点目を追加。8回途中から山口を挟み、9回からは越智を投入し、逃げ切りを図るが、昨日もリリーフに失敗した越智がこの日もピリッとせず、二死満塁と一打同点の大ピンチ。しかし、代打・呉本を三振に斬って取り、辛くも完封リレーを達成。7回1/3を無失点で切り抜けたオビスポは2連勝となった。

◆S8−2D◆
中日先発・あちゃくらさんに対し、ヤクルトは初回、四球の青木を田中が送ると、福地,デントナと連打を浴びせて、先制。更に、二死後、宮本がタイムリー二塁打を放ち、この回2点。4回にブランコのタイムリー二塁打で1点を返されるが、5回、ガイエルが13号2ランを叩き込み、3点差。中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号ソロを放ち、追い上げるが、その裏、田中に3号ソロを浴び、再び点差は3点に拡大。更に、振り逃げと連続四球で満塁とした所で宮本の犠飛,相川のタイムリー二塁打でこの回一挙4点。不敗神話崩壊後、神通力が消えかけていた館山は2失点無四球完投でハーラー単独トップの9勝目を飾った。打線に粘りがない為、先発投手が崩壊するとジ・エンドな体質を改善するべく名手・川相の一刻も早い現役復帰が待たれる所だ

◆Bs2−15H◆
ソフトバンクは初回、四球,野選,四球とノーヒットで満塁とすると、松中のタイムリーで2点を先制。更に、一死後、ハマのスペランカーがタイムリーを放つと、長谷川が歩いた後、松田,田上と連続タイムリーが飛び出し、この回、大量6点を獲得。その裏、フェルナンデスの8号ソロで1点を返される賀、2回に野選で1点を加えると、3回には松田が5号ソロ,4回にはハマのスペランカーが9号2ランと一発攻勢で10点目。終盤にも5点を加えて、計18安打15点。先発のジャマーノは大量援護に気を緩ませる事なく、8回2失点の好投を見せ、開幕4連勝

7/9 福盛◆E8−3M◆
泥沼の連敗ロードが止まらない楽天はこの日も大苦戦。4回まで立て続けに得点圏に走者を背負うも、ここまで7残塁と言うロッテの拙攻に救われ、先制点は与えない。しかし、肝心の打線も2,5回と2度の満塁のチャンスを逃すなど、渡辺俊を捉えきれない。しかし、6回、二死からリンデンがヒットで出ると、中村紀がタイムリー二塁打を放ち、待望の先制点をゲット。続く7回にはヒットとエラーで作ったチャンスに鉄平が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、渡辺俊をKOすると、代わった内から山崎武が16号2ランを叩き込み、この回4点。8回にも鉄平の3点三塁打が飛び出して、ダメ押し。ロッテは9回に3点をあげ、完封を免れたものの、連勝は3でストップ。楽天は連敗をようやく8で止め、7月に入って初勝利。先発の川井は6回途中まで無失点と好投しながら、援護を貰えなかったが、亡命先から帰ってきた福盛が2回無失点で復帰初白星

◆L8−2F◆
2回に金子誠のタイムリーで先制された西武だが、その裏、一死からG.G.佐藤,佐藤,後藤の3連打で追い付くと、続く3回、一死三塁から中島が勝ち越しタイムリー。4回には一死から水田,銀仁朗,片岡,栗山と4連打を浴びせて、3点を追加。日本ハム先発・武田勝はここでKOとなった。4点を追う日本ハムは6回、先頭の高橋が三塁打を放つと、内野ゴロの間に生還し、2点目。しかし、その裏、西武は中村の29号ソロで突き放すと、7回には片岡がこの日4安打目となるタイムリー二塁打。8回にはG.G.佐藤の12号ソロでダメ押し。先発の涌井は8回を投げ、11三振を奪う力投でハーラートップタイに並ぶ10勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(15) 

July 02, 2009

7/2 オビスポ◆G4−1C◆
直輸入助っ人・オビスポが3年目にして、ついに来日初先発。初回は簡単に3人で仕留めたオビスポだが、続く2回、先頭の栗原に10号ソロを被弾し、先制点を献上。しかし、その裏、巨人はキャッチャーフライに打ち取られながら、バックネットに当たってから捕球したと言う疑惑の判定で打ち直しとなった亀井がヒットで出ると、二盗に成功した所で李が同点タイムリー。追い付かれた広島は3回、二死走者から立て続けに3人の走者を出して、満塁とするも、喜田がセンターフライに倒れて、勝ち越しならず。すると、その裏、巨人は一死一、三塁から寿司職人ラミレスのタイムリー等で2点を勝ち越し。6回には二死二塁から坂本がタイムリー二塁打を浴びせて、広島先発・ルイスをKO。3点を追う広島は7回、二死一、二塁とし、オビスポをKOすると、代わった豊田から栗原が四球を選んで、一発逆転のチャンス。しかし、喜田はライトへ打ち上げて、三者残塁。8回からは越智−山口がパーフェクトリレーを見せ、巨人が逃げ切った。オビスポは6回2/3を1失点の好投で来日初先発初白星。広島は同点劇を呼び込んだ2回の疑惑の判定が何とも悔やまれる事だろう。

◆D3−4T◆
やぶれかぶれの一発と、先発投手と岩瀬におんぶにだっことあって、連勝モードながら、一向に士気の上がらない中日。この日は初回からブランコのタイムリーで先制すると、同点とされて迎えた5回にはあちゃくらさん,井端,荒木の3連打で勝ち越し。更に、森野のセカンドゴロの間に1点を加えて、3点目。2点を追う阪神は7回、先頭のブラゼルが6号ソロを叩き込み、1点差。続く8回には4番手・浅尾を攻め立て、二死一、三塁から、またもブラゼルが走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、逆転に成功。土壇場9回、守護神・藤川が三者三振の快投を見せ、リードを守りきった。2番手の渡辺は今季初勝利。序盤こそ打線が繋がった中日だが、中盤以降、完全に沈黙する粘りのなさで川相不在の弊害を露呈し、連勝は8でストップした。

◆H5−6Bs◆
首位奪回を狙うソフトバンクは2回、死球の小久保を一塁に置いて、ハマのスペランカーが7号2ランを叩き込み、先制。3回にフェルナンデス,北川のタイムリーで追い付かれるも、その裏、松中のタイムリー二塁打ですかさず勝ち越し。4回に松田のタイムリーエラーでまたも追い付かれるが、その裏、今度は田上のタイムリーで三たび勝ち越しに成功。偽バファローズは7回、北川のタイムリー二塁打,大村の犠飛でついに逆転するが、ソフトバンクも負けじとその裏、オーティズが同点タイムリー。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回、偽バファローズは二死二塁から北川がタイムリーを浴びせて、ついに勝ち越し。最後は10回からマウンドに上がっていた加藤が締めて、3勝目。偽バファローズの連敗は3でストップした。

◆F6−3E◆
ハーラーダービートップを驀進中のダルビッシュに対し、楽天は2回、先頭の山崎武が痛打すると、来日初スタメンとなった謎の新助っ人・リンデンも初打席初安打で続き、一、二塁のチャンス。二死後、嶋がサードへのタイムリー内野安打を放ち、山崎武が先制のホームイン。しかし、その裏、日本ハムは糸井,小谷野,鶴岡の3連打であっさり2点を返して、逆転。楽天は3回無死一、二塁,4回無死二塁,5回二死一、二塁と再三チャンスを掴みながら、ダルビッシュの粘りの投球の前にあと一本が出ず、1点のビハインドが重くのしかかるばかり。しかし、8回、日本ハムのマウンドがダルビッシュから菊地にスイッチするや、一死一、三塁のチャンスを作って、平石が同点タイムリー二塁打。更に、3番手・林から代打・中村紀が犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。しかし、その裏、青山,有銘,ミチルと楽天リリーフ陣が4四死球の大乱調で押し出しを許し、同点。更に、二死満塁となった所で小谷野に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3点を勝ち越される有様。土壇場9回、抑えの武田久から無死一、二塁のチャンスを作ったものの、後続3人があえなく凡退し、この3連戦3連敗。日本ハム3番手の林に2勝目が転がり込んだ

◆L8−9M◆
初回、一死満塁と絶好のチャンスを逃したロッテだが、2回、エラーで貰ったチャンスに西岡が6号2ランを放り込み、2点を先取。5回には大松のタイムリーで3点目を追加。しかし、その裏、ここまでノーヒットピッチングを展開していた渡辺俊が連打と犠打で一死二、三塁のピンチを作ると、銀仁朗に3号3ランを被弾し、一気に試合は振り出しに。西武は続く6回にも先頭の中村が25号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。直後の7回、ロッテは大松の10号3ランで一気に逆転するが、それも束の間、その裏、西武は片岡のタイムリー,中島の12号2ランであっと言う間に再逆転。しかし、ロッテは8回、一死満塁から西岡が同点タイムリー。なおも満塁のチャンスに後続を断たれると、9回も一死満塁のチャンスを逃し、試合は延長へもつれ込んだ。ラストイニングとなった12回、ロッテは一死満塁から大松,井口の連続タイムリーで2点を勝ち越し。これで決まったかと思いきや、その裏、西武は一死から大崎が三塁打を浴びせると、平尾が歩いて、一、三塁となった所で代打・三浦がタイムリーを放ち、1点差。更に、続く片岡が歩いて満塁と、一打サヨナラの大チャンス。しかし、ここで代わった内の前に栗山は三振。続く中島もショートゴロに終わり、万事休す。5番手の川崎に今季初白星がついた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(14) 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ