October 26, 2010

名手・川相、巨人二軍監督就任決定! 5

10/25川相 中日の嫌がらせ政策により、不本意ながら退団を余儀なくされた名手・川相だが、古巣・巨人からの打診を受け、二軍監督として入閣する事が正式に決定。この日、開かれた就任会見で「来季から巨人の2軍監督を任された川相です。8年ぶりに巨人に帰ってきて、巨人のユニホームを着ることになって身が引き締まる思いです。二軍監督として精神的にも肉体的にも強い選手を育てたい」とコメントを残し、若大将・原監督も「巨人の中で実績等、全てにおいて尊敬される選手だった。二軍監督として巨人を前に進めるのは、チームとしても望んでいた事」と川相の手腕に大きな期待を寄せている様だ。当初、キムタクの後釜として、一軍内野守備走塁コーチの就任が濃厚と見られていたが、よもや二軍監督に就任するとは予想外の展開だ。今季の巨人は拙守とバント失敗が大きく響いて、V逸しているだけに、一軍の選手にこの辺りを徹底的に仕込まなければならない筈なのだが、このタイミングで招聘するのに、用意されたポストが何故、二軍監督なのか不思議だ。てっきり全試合ベースコーチャーとして、元気な姿を見る事が出来るかと思っていただけに、ちょっと残念ではあるが、前々任の吉村が現在は野手総合コーチになっているし、前任の岡崎が来季はヘッドコーチになる事を考えると、川相の将来的な一軍昇格の可能性は十二分に考えられるだろう。まぁ、若大将・原政権が続けばの話ではあるのだが…。ともあれ、二軍監督になった以上は、自身がそうだった様に、ドラフト下位から自分だけの武器を見つけて地道な努力で一軍に這い上がっていく様な選手を次々に育て上げて欲しいものである。

追記:「原監督がチームとして僕に(バント指導を)求めてきて頂けるなら指導していきたい」と、秋季キャンプ及び来年の春季キャンプでは一、二軍の垣根を越えて指導していく考えも示唆したとの事。これはあくまで川相自身の意向ではあるが、若大将・原監督も川相がいながら、それをお願いしない手はないだろう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 15:07コメント(2)トラックバック(1)2010 プロ野球 | 川相昌弘 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. なんで投手コーチは留任?  [ PC面白探検隊! ]   October 27, 2010 23:03
さて、巨人のシーズンは終わりましたが、ここで不可解なことが。それは、打撃コーチの篠塚さんが、コーチを退くことになりましたが。それよりも問題は、投手コーチだろ。なんで、何...

コメント一覧

1. Posted by ぶらっくえんじぇる   October 26, 2010 07:56
読売の記事では川相氏のコメントとして「ほとんどの選手は二軍からスタートする。野球の技術を高めるのが最終目的だが、人間として、社会人として必要なことも含めて、教えていきたい」とあるので、この人事は技術だけでなく人間的にも鍛え上げて川相イズムを浸透させることが主目的ではないかとも思います。
2. Posted by 主砲・原   October 26, 2010 15:22
>ぶらっくえんじぇるサン
お久しぶりてす。川相関連の事件が起きると
何だか懐かしい方々が集まってくれて嬉しい限りです。
まずは人間形成から始めると言う方針は中日二軍監督時代でも同様でしたよね。
確かに技術面は勿論の事、そういう点でも川相が格好の人材なのは間違いないでしょう。
今の若い人達は、そういう事を疎んじたりせずに、素直に吸収してくれるのかな?
と言う不安は少し抱いてしまったりもするのですが…。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ