November 06, 2010

怒濤のヘッポコバント合戦! 延長15回で決着つかず! 1

11/6西岡◆D2−2M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙っているロッテは、ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、既に、日本一を決めている中日先発のウッチャンに対して、初回、先頭の西岡がいきなり三塁線を破る二塁打で早くもチャンス到来。清田はキャッチャー小フライを打ち上げるヘッポコバントをかますも、井口のライトフライで西岡を三塁へ進めると、ここでサブローがセンター前に弾き返して、1点を先制。難敵・成瀬相手に早くもビハインドを背負う事となった中日だが、その裏、先頭の荒木がライト前に弾き返すと、スタメン復帰となった井端がきっちり送って、一死二塁。ここで森野が左中間を破るタイムリー二塁打を浴びせて、荒木が同点のホームイン。なおも勝ち越しのチャンスだったが、ベンちゃん,ブランコと打ち取られ、1点止まり。立ち直った両先発は2,3,4回とノーヒットに抑える好投を展開し、試合は膠着状態に…。1−1で迎えた5回、ロッテは先頭の里崎が三遊間へ痛打するも、これを荒木の超ファインプレーに阻まれて、一死。この後、岡田が久々にヒットの走者として出塁すると、成瀬が送って、一打勝ち越しの場面を作るが、西岡が三振に倒れて、無得点。その裏、中日も先頭の谷繁が初回の森野以来となるヒットで出ると、小池が送って、一死二塁とするが、英智,ウッチャンと倒れて、勝ち越しならず。しかし、続く6回、一死から17打数ノーヒットの井端がようやく初安打を放つと、二死後、ベンちゃんが歩いて、一、二塁となった所でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、ライトフェンスを直撃するタイムリー二塁打となり、勝ち越しに成功。1点を追うロッテは直後の7回、先頭の金がライト前へ弾き返すと、里崎が送って一死二塁。代打・ゼブラ今岡はライトへ打ち上げ、二死となった所で成瀬を下げて、代打・青野を投入するも、ショートゴロに終わり、同点ならず。その裏からマウンドに上がった2番手・内は小池,英智と連続三振。ここでウッチャンに代わる代打・ブーちゃんに二塁打を浴びるも、荒木をピッチャーゴロに仕留めて、ピンチ脱出。中日は8回から浅尾を投入する必勝リレーを展開するも、一死から清田に右中間へ二塁打を浴びるピンチ。ここで井口を空振り三振に斬って取り、続くサブローもカウント2−1と追い込みながら、センター前へタイムリーを許して、試合は振り出しに。土壇場9回、中日は3番手・伊藤に対し、一死から谷繁が四球を選ぶも、小池がスリーバントに失敗する体たらく。これにより名手・川相をむざむざ手放してしまった球団の愚かさを改めて痛感し、落胆の色を隠せない英智も空振り三振に倒れ、延長に突入した。迎えた10回、この回から代わった3番手・高橋に対し、ロッテは先頭の代打・細谷が四球で歩くも、続く西岡がピッチャー小フライを上げるヘッポコバントをかまし、飛び出した細谷は戻れずに最悪のゲッツー。続く清田も倒れて、結局、3人で攻撃終了となった。その裏、中日は4番手・薮田から先頭の大島がヒットで出るも、荒木がキャッチャー小フライを打ち上げるヘッポコバントを敢行。名手・川相を現役復帰させなかった球団の愚かさを改めて痛感しながらも井端が何とか送ると、暴投で大島が三塁まで進んだ後、森野が歩いて、一、三塁とチャンスを広げるが、ベンちゃんはどん詰まりのサードゴロに倒れ、二者残塁。ピンチを脱したロッテは11回、先頭の井口がライト前ヒットで出るも、続くサブローがピッチャー前に小フライを打ち上げるヘッポコバントを敢行。これを高橋にショートバウンドで処理されて、ゲッツーであっと言う間に二死。ここから今江が四球を選ぶと、代わった河原から金がレフト前に弾き返して、一、二塁とするも、里崎の左中間への大飛球はセンター・大島の好守に阻まれ、結局、無得点。その裏、中日は一死から谷繁が四球で歩くも、ピンチバンターとして起用された岩崎達がピッチャー前にまともに転がしてしまうヘッポコバントをかまし、谷繁は二塁で封殺。球団の愚行により、もう2度と名手・川相に頼れないと言う絶望的な状況に愕然とした代打・野本だったが、薮田が制球を乱したおかげで何とか四球を拾うと、ここで代わった古谷から大島も四球を選び、満塁のチャンス。しかし、6番手・小野の前に荒木はファースト正面のライナーに倒れて、三者残塁。迎えた12回、いよいよマウンドに上がった守護神・岩瀬は3人でピシャリと締める好投を展開すると、その裏、中日は先頭の井端がライト前ヒット。怒濤のバント失敗地獄に業を煮やし、川相不在ではバントを仕掛けても無駄とばかりに落合監督は強行策を指示するが、森野は最悪のセカンドゴロゲッツー。ここからベンちゃんが四球,ブランコが死球で出るも、谷繁がピッチャーゴロに倒れると言う相変わらずのチグハグな展開でサヨナラならず。続く13回、落合監督は王手をかけられ、後がない状況だと言うのに、1イニングだけで岩瀬を引っ込める相変わらずの不思議継投をかますも、代わった寝損が無難に抑えて事なきを得ると、その裏、二死から内野安打の大島が井口の悪送球で二塁へ進み、一打サヨナラのチャンス。しかし、荒木はセカンドゴロに終わり、またも無得点。続く14回、ロッテはようやく守護神・小林宏を投入。これに対し、中日は二死からヒットで出たベンちゃんが二盗を決めるも、ブランコはサードゴロに倒れて、またもサヨナラならず。ラストイニングとなった15回、12回以降走者を出せずにいるロッテはこの回も7番手・久本の前に三者凡退に終わり、この日の勝ちが消滅。その裏、中日は一死から代打・堂上剛がライト線へヒット。ここで野本はいきなり一塁線へ小フライを打ち上げるヘッポコバント。幸いにも捕球されずにファールとなったが、川相不在ではバントを仕掛けても無駄とばかりに落合監督は強行策に切り替えた挙げ句、結局、野本は空振り三振に倒れる体たらく。大島もファーストゴロに倒れ、規定により、ドローに終わった。5時間43分もかけて、15回まで突入なんてしたものだから、この試合を大熱戦などと好意的に煽り立てる人もいるだろう。随所に好プレーがあったのも確かだが、どちらかのチームに川相がいれば、とっくに決着がついていた訳で、とても手放しで賛辞する様な試合展開とは言えないのだ。まがりなりにもプロの試合で、こうも立て続けにヘッポコバントを見せられまくるとは、何とも苛々するばかり。打球を殺す以前に、転がす事すらままならないって、あまりにも酷過ぎるだろ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:59コメント(2)トラックバック(20)2010 プロ野球  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 日本シリーズ第6戦 拙攻三昧の延長戦  [ CW馬なりにて歩む ]   November 07, 2010 00:30
王手をかけられて名古屋に戻ってきたドラゴンズ。 手に汗握る好ゲームとはこのことをいうのでしょうが、シーズン中から見慣れた拙攻をこの大舞台でも炸裂させてしまい、残ったのは疲労感。 5時間43分の日...
2. 5時間43分死闘の果て、西村監督胴上げはあす以降持ち越し!  [ いすみマリーンズ ]   November 07, 2010 00:31
マリーンズ 100000010000000 2 ドラゴンズ 1000010000
3. 日本シリーズ第6戦は実に長い試合でした  [ TORACCHO'S ROOM E-Package ]   November 07, 2010 00:40
日本シリーズ第6戦は本当に長い試合でした。 シリーズ記録となる試合時間5時間43分、延長15回でも決着がつかずに引き分けになったんですが、12時近くまで声援を送った皆さん、帰りはどうしたんでしょうか? 1回に1点ずつ取り合い、6回にブランコ選手のタイムリ....
4. 日本シリーズ第6戦は延長15回引き分け  [ KINTYRE’SDIARY ]   November 07, 2010 00:53
両チーム延長戦をミスでものに出来ずチ  ー  ム 123456789101112131415計千葉ロッテ1000000100000002中日100001000 0000002【投手??...
中日ドラゴンズ2??2千葉ロッテ  ナゴヤドーム(18:11) □責任投手 □バッ
6. 延長15回の激闘 決着つかずドロー  [ FREE TIME ]   November 07, 2010 01:02
2010年日本シリーズ第6戦。 中日ドラゴンズvs千葉ロッテマリーンズの対戦は、舞台をナゴヤドームに戻してプレーボール。
7. 423 11/5:ものすごい重圧、すさまじい集中力  [ まりんずちゃん2010 ]   November 07, 2010 01:24
これが日本シリーズというものなんだろうか・・・ 今日の結果です。 ロッテ(3勝) 2−2 中日(2勝) 延長15回引き分け 観衆 38094人 試合時間 5時間43分(日本シリーズ最長試合時間) 今日は成田山へ行ってきました。目的はもちろんマリーンズの必勝...
8. 死闘の行方は…  [ What's On... ]   November 07, 2010 01:39
日本シリーズ第6戦が6日、ナゴヤドームで行われた。試合は今シリーズ2度目の延長戦に突入した。日本シリーズ最長となった5時間43分に及んだ試合は、延長15回2-2で引き分けに終わった。対戦成績は千葉ロッテマリーンズの3勝2敗1分となり、依然ロッテが日本シリーズ制覇に王手...
9. 日本シリーズ第6戦  [ あしたはきっとやってくるさ! ]   November 07, 2010 01:44
(2勝1分)中  日 △2??2△ 千葉ロッテ(3勝1分)
本当はナゴドのマウンドについてとか 書こうと思っていた事は山ほどあったのだが 今日はもう止めておく。 両チームの皆さん ファンの皆さん そして途中からCMとすっとばして放送したフジテレビ ただただ、御苦労はん! 日本プロ...
11. 明日へGO!延長戦はドラゴンズ式  [ けんちんの日記 ]   November 07, 2010 03:14
なげー試合w日本シリーズ最長試合という記録作れたといえば歴史的な試合だったんだろう。6回裏 ブランコのヒットで一塁ランナー和田もどってこれなかったかなぁ。しかし、あのあたり惜しかったなぁ。HRだったらこんなに長く試合なかったはずなのに。ヒット打ってチョー...
12. 5時間43分の死闘は引き分け  [ アリエナイザー日記 ]   November 07, 2010 07:00
(2勝1分)中  日 △2??2△ 千葉ロッテ(3勝1分) TEAM123456789101112131415R千葉ロッテ1000000100000002 中  日1000010000000002中日対千...
13. 日本シリーズ、延長15回の死闘  [ りゅうちゃんミストラル ]   November 07, 2010 09:37
日本シリーズ第6戦は延長15回、規定により引き分けとなった。試合時間は5時間43分とシリーズ最長。プロ野球「日本シリーズ」伝説価格:830円(税込、送料別)シリーズ最長試合...
14. シリーズ史上最長、延長15回両軍痛み分け  [ 続・今日も内角攻め! ]   November 07, 2010 09:58
日本シリーズ史上最長となる5時間43分にも及んだ激闘は、延長15回、2ー2の引き分けで中日、ロッテ両軍痛み分けに終わった。 中日・チェン、ロッテ・成瀬の両先発となった試合は、1回表にロッテは、西岡が三塁線を破る2塁打を放ち、続く清田が送りバント失敗、井口が右飛に...
15. 長い長い日本シリーズ第6戦はドロー  [ O塚政晴と愉快な仲間達 ]   November 07, 2010 10:56
いつまでやってんだっつーの。 ロッテが同点に追い付いた所で、テレビの前から動けなくなった。 おかげで、部屋が片付きました(笑)。 サブローありがとう。 中日 2(延長15回)2 ロッテ はい、試合は泥泥のドローでしたとさ。 ってかさ、なんで...
16. 延長15回引き分け(日本シリーズ第6戦)  [ スポネト ]   November 07, 2010 11:08
プロ野球の日本シリーズ第6戦は延長戦に入っても決着がつかず、日本シリーズ史上最長の延長15回、5時間43分、2-2で引き分けた。 中日 2-2 ロッテ
2010プロ野球日本シリーズ「中日ドラゴンズVS千葉ロッテマリーンズ」は、5試合終えてロッテが3勝2敗で5年ぶりの日本一に王手をかけました。千葉3連戦を終え、決戦の舞台は再びナゴヤドームに戻りました。第6戦でロッテが勝てば日本一、中日はホームでロッテの胴上げ...
18. “負けないチーム”の限界  [ ふ??たの珍道中☆ ]   November 07, 2010 17:15
負けを待つチームだと日本シリーズはキツイなあと思った試合でした。ドラゴンズ公式 
19. 引き分け  [ TEAM7??絶対西岡主義!??千葉ロッテ西岡剛応援計画 <先憂後楽> ]   November 07, 2010 19:54
初回、キャプテンが出ると、選手会長のタイムリーで先制。 裏、トイレ行っている間に同点とされる。 どっかの回、ワンピース60巻に集中していた間に勝ち越される。 8回、Go!清田が出ると、選手会長のタイムリーで同点。 バブルでGoを楽しみにしていた方にもハラハ...
20. 5時間40分を超える死闘  [ 青ざめた暁 ]   November 07, 2010 21:57
中日 2??2 ロッテ 今日は最初から見たかったんだけど息子の付き添いでDOSEの

コメント一覧

1. Posted by つらら   November 07, 2010 00:11
熱戦というよりグダグタな試合ですよねぇ…
2. Posted by スポーツ歩き   November 07, 2010 01:36
今日ほど「今まで川相の何を見てきたんだ!」と憤った夜はありません。。。。。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ