September 27, 2010

中日、狂気の人事! 名手・川相二軍監督、今季限りで退団へ! 1

名手・川相が今季限りで中日二軍監督の座を追われる事が明らかになった。主犯は不明だが、球団ないしは落合監督の陰謀により、4年前に余力をたっぷり残している状態で理不尽にも現役の座を追われた後、一軍内野守備走塁コーチに就任。一軍の現場に帯同しながら試合には出られないと言う理不尽な状況下、尚、止む事のない川相現役復帰待望論をシャットアウトすべく、今季から二軍監督に追いやられていた。将来の一軍監督就任への布石ではないか?と言うポジティブな見方もあったが、現実は真逆で、バッシングを避けるべく注目度の高い球界の至宝を目立たない様に退団させる為の4年がかりの三段方式だった模様。今季の中日は広島をも下回るリーグ5位の得点数で川相不在が故の繋がりも粘りもない打線の欠陥を大露呈川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したホームランと、壊滅的な得点力不足を補わんと投手陣が精魂尽き果てるまで力投を繰り広げた事により、辛うじて首位の座にはいるものの、将来的には不安を大きく抱えている状況。川相二軍監督によって、若手選手達が川相イズムを叩き込まれて成長する事で打開していくしかないと思われていた矢先のこの理不尽な契約解除により、中日は長きに渡って常勝球団を築けたかもしれないチャンスをむざむざ失ったと言っても過言ではないだろう。世間体を考えてか、球団側は川相に対して、球団職員としての残留を要請する可能性もあると見られているが、指導者としては勿論の事、ピンチバンターとしてなら今なお現役で十二分に通用するであろう世界トップクラスの技術を有する川相を球団職員に留めるなど、宝の持ち腐れ以外の何物でもない。中日の球団職員就任を受諾するくらいならば、今季V逸の可能性が高まってきた事でチーム再建の為に打診が来るかもしれない古巣・巨人への復帰を視野に入れて貰いたい所だが、果たして…!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:58コメント(4)トラックバック(1)川相昌弘 | 2010 プロ野球 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 川相二軍監督が今季限りでドラを退団  [ どらぐら日記 ]   September 30, 2010 00:01
川相2軍監督今季で退団、今後は充電(日刊スポーツ)   川相二軍監督 が今季限りで中日ドラゴンズを退団します。 事実上の解任といったところでしょうか。 2004年に選手としてドラに入団、2007年からは一軍のコーチに就任。 今年から二軍監督として頑張...

コメント一覧

1. Posted by 元・東京ドーム清掃係   September 28, 2010 19:22
5 お久しぶりです!

まさに狂気ですね!
もう信じられません。。。

やっぱりユニフォームを着た川相さんをみたいです。
日ハムのクライマックス出場をかけた試合速報をみようとして、こんなショッキングなニュースを知ることになるとは!!!

すぐこちらにアクセスしましたよ…
2. Posted by 中京グリフィンズ   September 29, 2010 16:53
お久しぶりです。中京グリフィンズです。
本日29日発売の中日スポーツにも、川相退団のニュースが大きく報じられていました。
川相さんのコメントに「無念」の文字がありましたので、やはり1年で退団することに対しての、川相さんもやりきれない思いがあったのではないのかと思います。
ところで、今週発売の週刊現代に川相さんの記事があったのに、この退団の報は少し解せませんね…
3. Posted by 中日2軍の台所   October 02, 2010 06:23
次は堂上照さんに・・・
4. Posted by 主砲・原   October 26, 2010 15:12
>元・東京ドーム清掃係さん
お久しぶりでございます。返信遅れてすみません。
中日を追われたのはショックですが、結果として、巨人二軍監督に就く事になったとあっては
これは喜ぶべき展開ですね。中日のフロントには死ぬ程、後悔して貰いたいものです。

>中京グリフィンズさん
コメント有難うございます。返信遅れてすみません。
週刊現代の記事は残念ながら見逃してしまったんですよね。
どんな内容だったのでしょうか?
赤坂氏(ですよね?)には今回の辞任に関する記事をまた書いて貰いたい所です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ