September 28, 2009 05:31

アルフォンゾ,バーンサイド、今季限りで退団へ! 1

4/18 アルフォンゾ アルフォンゾとバーンサイドが近日中に帰国する事となり、今季限りで退団する運びとなる事が濃厚となった。アルフォンゾは痛めている左膝の手術を早期に行いたい意向である事、バーンサイドはアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦での戦力構想から外れている事が理由となった模様。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、二人共、応援の対象となっていただけに実に残念である。
 今季V3を達成した巨人は若手の台頭もあったが、助っ人陣の活躍が非常に大きかったのは言うまでもないだろう。しかし、寿司職人ラミレス,グライシンガー,ゴンザレスは揃いも揃ってヤクルトからのお古であり、クルーンも横浜からのお古(李もロッテからのお古だが、今季活躍しなかったので割愛)。直輸入助っ人で活躍したと言えるのは、オビスポただ一人だった。WBCオーストラリア代表の座を蹴ってまで、巨人での躍進を目指したバーンサイドだが、保険で獲った筈のゴンザレスの予想外の大ブレイクの影響で今季一度も登板機会が回ってくる事はなかった。果たして、使ってみた場合、どうだったのかは分からないが、結果を出しているオビスポですら外国人枠の壁に阻まれる状況とあっては、一軍昇格の道はかなり険しいのは否めない。もし、チャンスがあるなら、国内の他球団で頑張って貰いたい所だ。アルフォンゾはメジャーでの実績とオープン戦でまずますの成績を残した事から久々に当たりの野手が来たかと言う期待を抱かせたが、開幕当初の中途半端な併用策に振り回された所為か、故障の所為か、はたまた単なる適性不足か、しょっぱい結果に終わってしまった。寿司職人ラミレスが日本人扱い,李が不振とあって、野手の助っ人枠には余裕があったにも拘わらず、出番が貰えない有様とあっては、流石に首を切られてもやむなしと言う所だろう。
 さて、来季の巨人の助っ人陣容はどうなるのだろうか? このままでは来季も外国人枠の壁に苦しむ事になる事が必至のオビスポはシーズン中にも抱いた移籍志願の気持ちが再燃する可能性もある訳だが、高年俸のグライシンガーの首を斬って、オビスポを残すと言う展開もありうるか? もし、グライシンガーとオビスポのどちらかを斬らなければならない状況となるならば、直輸入のオビスポを残して欲しい所だが…。2年連続で不振に終わった李が解雇となる可能性は十分に考えられる訳だが、野手の新助っ人を獲ってくるのかどうか気になる所…。今季の助っ人野手は実質上、寿司職人ラミレスだけで乗り切ったものの、依然としてセカンドは固定出来ていない状況だし、亀井やマッスル千代の富士がファーストに回るのかどうかも微妙な事もあり、一応、新助っ人が食い込む余地はあるにはある。果たして、現有戦力の底上げを図るのか、更なる補強を図るのか。もし、新助っ人を獲ってくるなら、くれぐれも余所からのお古ではなく直輸入助っ人をお願いしたい。いい加減、野手の直輸入助っ人で当たりを見つけてくれと!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ