February 02, 2009

「シャッフル」 3

シャッフル1【あらすじ】
愛する娘達と親子4人で幸せに暮らすリンダのもとに、ある日、夫・事務が自動車事故で死亡したと言う知らせが届く。ところが、その翌朝、死んだはずのジムが何事も無かったかのように目の前に現れ、唖然とする。しかし、その翌日には、ジムの葬儀の為に、喪服に身を包んだ大勢の人々が集まっていた。さらに、その日以来、全く身に覚えの無い”不可解な出来事”が次々と起こり始めるが、誰もまともに取り合ってくれない。”何かが絶対におかしい!”───そう思ったリンダは、カレンダーと照らし合わせながら、不可解な出来事を順番に並べてみると、曜日がバラバラに”シャッフル”された1週間がやってきているという”驚愕の事実”に気付く。やがて、ジムの死んだ日であり、全てが狂い始めるきっかけとなった、運命の”水曜日”がやってくる…。

 さして映画通な訳でもない私には、サンドラ・ブロックと言えば、未だに「スピード」の人…な認識しか持たず、今の彼女のネーム・バリューが日本でどれ程のものなのか、よく分からないのだが、上映前から妙にマイナーな空気が漂っていた「シャッフル」。実際、上映館も少ない上、上映回数まで少ないし、向こうでは2年近く前に上映された作品が今頃になって日本上陸と言うタイミングも微妙。とは言え、ネタ的にかなり気になっていた作品だったし、周囲の空気にやや不安感を覚えつつも、映画の日なら失敗してもいいかな…と行ってみた次第だ。

 作品の性質上、いつ何が起きたかに関して、些細な要素も見逃せないのではないか?と言う緊張感を強いられたのだが、見落として困る様な細かな伏線はなく、案外、気楽に見ていても大丈夫だったのかも…。割とシンプルなスリラーだったと言う印象だ。こういうタイプの作品だと、少ないヒントを辿りながら運命改変の為に奔走したヒロインの苦労が報われてハッピーエンドか、運命はどうやっても変わらないのだと言うバッドエンドのいずれかが予想されるのだが…(以下ネタバレあり)



シャッフル2今作はバッドエンド…。バッドとハッピーの境目は本当に紙一重だったが、結果的にはリンダが余計な事をしなければ…と言う最悪の展開となってしまった。だが、「運命は変えられない」理論により、リンダが何もしなかったらしなかったで、違う形で悲劇が起きていただけの事かもしれない。これをどう受け取るかで、この作品の印象は大分違うと思うのだが、エピローグを見るに、リンダは運命改変の為に奔走した事を後悔してはいない印象だった為、案外、後味は悪くなかった。あの流れならば、長女の顔の傷が一生残ってしまったり、リンダが保険金殺人の疑いをかけられてもおかしくないし、ジムの死を目の前で見てしまった上、それが自分の所為ともなれば、リンダは本当に精神が崩壊して、長々と精神病棟生活を強いられる…なんて悪夢の展開も十分にありえた筈なのだが、その辺りが全て快方に向かっていた事も悲劇感が薄まった。そういう意味では、リンダが精神病棟に拘束されるエピソードの存在意義が全く感じられなくなってしまった。あの土曜はジムの惨い遺体を見て半狂乱になった…で締め括っても何ら問題がなかった様な気がするのだが…。そもそも、長女は火曜にケガしてるのだから、ジムの死との因果関係なんかありえないのに(あと、長女、木曜では綺麗な顔してたよね? どういう事? これって、大チョンボ? それとも小さな運命改変が起こってる?)、いかにリンダが情緒不安定だったとは言え、母親はあまりにも勘繰り過ぎな上、警察や病院への手回しが整い過ぎ。あんな簡単に拘束されるまでに至らないだろ、普通…。あのくだりはとにかく違和感があり過ぎた。ハッピーエンドなら、山と谷のギャップを感じさせる為にも、少々理不尽でも、あれくらい不幸な目に遭うのもアリかもしれないが、あのエンディングなら、全くもって不要だった気がしてならない。
 さて、曜日のシャッフルに気付いて、色々と奔走した…かに見えるリンダではあるが、どうにも間が抜けていた感じで、気付いているなりの行動を殆ど出来ていない。今まで起きた事実を時系列を考えながら、書き込んでいく辺りで、色々期待したのだがなぁ。土曜にロス医師にされた仕打ちを考えたら、あんな形で相談しに行っちゃって大丈夫なのか?とか…。葬儀の日を先に延ばすとか言った程度の事だけでも、運命を狂わせる事に繋がりはしないのだろうかとか、やきもきする事しきり…。徹夜する事により、睡眠中のシャッフルを阻止したり出来ないのかな。とにもかくにもリンダは安易に寝過ぎである。特に、肝心のXデーに寝坊なんて、緊張感が足りなさ過ぎるよね。ジムが浮気しかけていた事を知った為に、ジムの死を止めるべきか否かと言う事に対して、葛藤が生まれて、二の足を踏んでしまったのも、対策が遅れた原因ではある。あのタイミングでジムの浮気未遂を知ってしまう事も運命を改変させない為のピースだったのかもしれない。それにしたって、死んだ場所が分かっていて、現場検証までしに行っているのだから、水曜にあそこだけは通らないでくれと言うチャンスは幾らでもあったと思うのだが、何で言わなかったかな〜。言ったけど、止められなかった…訳ではないのが、ちょっと釈然としない。起こしてくれと頼んだのに、起こしてくれなかった…と言うのはあったけど…。そもそも、運転中に電話したら、そりゃ危ないだろって…。
 結局、リンダにのみシャッフルが起きたのかは全く分からないままだった。神の仕業…ってのも、神父が言ってるだけで説得力があった訳ではないし、信仰を持て云々と言ったくだりも微妙〜な感じだったかなぁ。多分、作り手としては、最重要テーマなつもりな気がするけど、なくても全然問題ないシーンだったからして…。幾ら抗った所でジムの死が覆しようもない運命だったのだとすれば、シャッフルはただリンダを弄んだに過ぎず、リンダの奔走は無駄でしかなかったのだろうか。いや、シャッフルがあったからこそ、そして、そこで奔走したからこそ、ジムは家族への愛情を取り戻し、リンダもそれを確認する事が出来たのだ…、そう思わせる流れにはグッと来るものがあり、予定調和的ハッピーエンドを覆されながらも、不思議な満足感が得られた気がする。でも、火曜にあんな事があったのに、ジムが水曜にああいう心境になると言うのは、本当の時系列的には違和感あり。物語上の時系列では日曜→水曜の流れだから、しっくり来てる様に見えるけど…。まぁ、釈然としない部分は結構あるけれど、映画の日に見る分には一応、当たりと思える作品だったかな。

PS.一番ゾッとしたのは、ゴミ箱の蓋を開けたシーン。ショッキング過ぎる! 「SAW」のゴアシーンなんか目じゃない、リアルなおぞましさ!(笑)。あと、葬儀屋の迂闊っぷりが酷過ぎた。あの時、リンダは騒いでたものの、別に搬送の邪魔はしてなかったよね。

「シャッフル」公式サイト

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング

ritzberry at 22:56コメント(1)トラックバック(15)映画  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「シャッフル」  [ クマの巣 ]   February 02, 2009 12:24
「シャッフル」、観ました。 二人の娘と愛する夫と平凡に暮らすリンダの日常に異常さが忍び寄る。違和感と混乱に襲われながらもやがてリ...
2. 「シャッフル」 リンダ  [ しねまもなーく ]   February 02, 2009 21:32
1日は映画の日です! しかも日曜日です!すばらしい! 「シャッフル」を観に行きました。 一軒家で暮らすリンダ(サンドラ・ブロック)に出張中の夫が事故で亡くなったという事実が知らされる。
3. シャッフル/Premonition  [ いい加減社長の日記 ]   February 02, 2009 21:53
観たい映画が一気に公開される映画サービスデー。 1日に2本観ると、ポイントが1ポイント追加でもらえるということもあって、はしごをしようと思ったんだけど。 上映時間で調べると、9:45からの「シャッフル 」と12:30の「20世紀少年 第2章 最後の
4. 『シャッフル』・・・奇妙な仕掛けは悪くないが  [ SOARのパストラーレ♪ ]   February 02, 2009 23:51
さらっと観てしまうと面白みがなさそうな作品だが、このややこしい曜日のシャッフル現象を整理してみると脚本に隠された奇妙な仕掛けが見えてくる。
5. 『シャッフル』  [ 唐揚げ大好き! ]   February 03, 2009 05:06
  並び替えられた1週間――その謎を解けば、運命は変わる。    ■愛する娘達と親子4人で幸せに暮らすリンダのもとに、ある日、夫・ジムが自動車事故で死亡したという知らせが届く。ところが、その翌朝、死んだはずのジムが何事も無かったかのように目の前に現われ、
6. 映画「シャッフル」(2007年、米)  [ 富久亭日乗 ]   February 03, 2009 07:26
    ★★★★☆  Sandra Bullock 主演、平凡な主婦が 時間のねじれに巻き込まれるサスペンス。   原題は「Premonition」。     ◇  主婦Linda Hanson( Sandra Bullock )には 夫 Jim(Julian McMahon )と2人の幼い娘がいる。 ある日保安官が訪ねてきて、 夫が...
7. シャッフル  [ LOVE Cinemas 調布 ]   February 03, 2009 23:23
主演はサンドラ・ブロック。脚本『魔法にかけられて』でヒットを飛ばしたビル・ケリー、実は有名どころはこの位であとはキャストもスタッフも割りと地味目な作品。通勤途中の雑誌広告を見て行ってみようと思い立ち、丁度1000円デーなので久しぶりに新宿バルト9に出陣!...
8. シャッフル  [ Memoirs_of_dai ]   February 05, 2009 17:19
浮気は命取り 【Story】 二人の娘に恵まれ、郊外の一軒家で暮らすリンダ(サンドラ・ブロック)のもとに出張中の夫(ジュリアン・マクマホ??.
9. シャッフル  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   February 05, 2009 23:46
公式サイト。原題:Premonition(虫の知らせ)。メナン・ヤポ監督、サンドラ・ブロック、ジュリアン・マクマホン、ニア・ロング、ケイト・ネリガン、アンバー・ヴァレッタ、ピーター・ストーメア。「ブロークン」では全てがけたたましいガシャーーン!で始まったが、こっちは全....
10. [映画『シャッフル』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   February 06, 2009 14:42
☆この作品、ネット上でとても評判が悪かった。  でも、よくできた作品じゃあないですか!  つくづく、ネット上での批評の無責任を嘆かされた。    ◇  物語は、『レボリューショナリー・ロード』の如く、愛を誓い合った夫婦がマイホームを得て、そこで二人の娘に...
11. シャッフル  [ ダイターンクラッシュ!! ]   February 06, 2009 18:40
2月4日(水) 21:40?? 109シネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『シャッフル』公式サイト 時間を弄くる映画。時間を弄くる映画は、面白いものが多い。「メメント」(実は見ていない。)筆頭に、「バラフライ・エフェクト」、シネパト...
12. シャッフル  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   February 07, 2009 23:26
予知夢系サスペンスで、仕組まれた罠があるかと期待したが、不条理な現象を経て、ある種の夫婦愛に至る物語だった。リンダは夫の事故死を知るが、翌日には彼は普通に帰宅。それ以降の毎日の不可解な出来事を順番に並べると、曜日がシャッフルされていた驚愕の事実が判明する....
13. シャッフル  [ 心のままに映画の風景 ]   February 08, 2009 22:33
二人の娘に恵まれ、郊外の一軒家で暮らすリンダ(サンドラ・ブロック)のもとに、 出張中の夫ジム(ジュリアン・マクマホン)が交通事故で??.
14. 『シャッフル』(2007)  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   March 12, 2009 01:47
サンドラ・ブロック主演の『シャッフル』を観ましたー。 彼女の久々の主演作の印象がありますよねー、ここ最近はそんなに出演作多い感じではないのかな。 ******************** 『スピード』『イルマーレ』のサンドラ・ブロック主演で贈る異色サスペンス・スリラー。...
15. シャッフル  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   March 22, 2009 20:04
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:メナン・ヤポ 脚本:ビル・ケリー リンダは夫と二人の娘と暮らす平凡な主婦。ある日突然、出張中の夫ジムが自動車事故で死んだという報せが。ショックを受けるリンダだったが、翌朝目覚めると、そこには死んだはずのジムの姿が・・...

コメント一覧

1. Posted by 中京グリフィンズ   February 07, 2009 23:15
お久しぶりです。中京グリフィンズです。
ここの欄にコメントしていいかどうか迷いましたが、久しぶりに川相さんのネタを観たのでここに書き込ませてもらいます。
先日放送された吉本新喜劇で、川相さんをネタにしたギャグがありました。
ただ、川相さんが一線を退いてから一年以上経過した為か、阪神からみたら敵チームに所属していた為か、あるいは演者が下手だった為か、川相さんをネタにしたギャグはあまり受けが良くないようでした。

今年のキャンプ、中日スポーツでは川相さんの記事がいささか少ないので、川相さんが選手にどんな指導をしているのか、よくわかりません。
ただ、今年はチームが大きく変わる時期ですので、試合で生きた教材(川相さんのプレー)を見せるのが、若い選手を指導する上で一番いいと思うのですが…。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ