October 26, 2008 13:27

悪夢の続投! 広島、来季もブラウン暗黒政権! 1

 一時は交渉決裂寸前までいきかけたブラウン監督だが、結局、正式契約が成立してしまった。来季Aクラスなら再来年も続投との事だが、ブラウンの再来年の去就など、今はどうでもいい話だ。そんな事より、これで求道者・前田の選手生命が一気に縮まる事になったのは間違いないだろう。来季からの新球場で求道者・前田は一度として守備につかせて貰えない可能性がこの上なく高まってしまったと言っても過言ではない。つまり、全試合ベンチに幽閉され、どうでもいい場面で申し訳程度に代打で使われるくらいしか出番がないと言う事だ。来季の現役続行は明言したが、今の所、FA移籍に関しては微塵も口にしていない求道者・前田。だが、出来れば広島でやりたい為、ブラウン暗黒政権が崩壊する可能性に望みを託し、口を閉ざしていたと言う可能性は考えられないだろうか。ブラウンの続投が決まってしまった以上、最早、何も遠慮する事はない。今からでも、地元九州のソフトバンク(でなくても構わないが)へのFA移籍を表明してくれまいか! 年間150安打は普通に期待出来る男が、何故、年間50打席立たせて貰えるかどうかもアヤしい状況に追い込まれなければならないのだ!?

前田の美学―広島東洋カープ前田智徳
前田の美学―広島東洋カープ前田智徳
カープ猛者列伝 私家版
カープ猛者列伝 私家版

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 魁斬   October 26, 2008 23:55
前田ピンチですね(泣)

あの人は怪我に泣かされなければ今どんな成績を残していることか…。

僕が印象に残っている前田のヒットは…。
2000本安打と、2005年の4月下旬の巨人戦、後1人からの同点2ランですかね。(確か久保から打ったかな?)

あれから3年…。
時の流れは残酷ですね〜。
2. Posted by K.H   November 01, 2008 03:26
使う気も無いのに残して置くのは、
本人の為にもチームの為にもなりません。
秋山監督が同郷の後輩に目を掛けて
トレードを持ち掛けてくれるなら、
それが一番望ましい事ですが、
何ならオリックスでも最早構いません。
(そういえば、村松と大村の
出戻りトレードがありましたね…。)
例え何処に移籍したとしても、
此の儘カープに留まるよりは、
出番は確実に増えるでしょうから…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ