July 26, 2008 09:03

明かされた沢村の謎! 小森とタッグで怒濤の精神攻撃! / 今週の「MAJOR」 4

 田丸キャプテンから来なくていいと言われたにも拘わらず、練習試合の終了後、いたたまれずに顔を出した清水。しかし、バイトの所為で部活をサボったり、遅刻したりではレギュラーは任せられないし、やる気がないとナインの士気も下がる為、バイトをやめるか、両立させられない限りは今後も顔を出さなくていいと突き放されてしまう。帰宅後、W杯に行った際の旅費の借金も完済したと言うのに、更に、バイトを増やそうとしている事に疑問を抱く母親に、夏休みに再び渡米する為の旅費を稼ぐ事が目的である事を明かす清水。ソフトもあるのに、体を壊しかねないと心配する母親だが、清水はソフトを辞めるつもりだと口走ってしまう。それを耳にした父は部活を辞めてまで男の尻を追いかける様なチャラチャラした不純な行為の為に大学に行かせている訳ではないと、再渡米を猛反対。ただ吾郎に会いたいだけの清水は納得がいかず、父に反発したばかりか、ソフト部の退部届まで用意してしまう。部活の参加を拒否されている為、上の空でカフェのバイトをしていた清水だったが、そこへ清水がバイトをしている事を聞きつけた沢村が冷やかし半分で小森を連れだってやってきた。清水のバイト後、焼肉店で吾郎を肴に盛り上がる3人。清水がW杯の応援に行った事に関して、部活をサボってまで応援に駆けつけたら、吾郎に怒られてしまうと部活の方を優先した小森の話に、小森とは逆の選択を取ろうとしている清水は表情を曇らせる。また、てっきりユースでサッカーを続けていると思っていた沢村が膝の故障でサッカー断念を余儀なくされていた事が明らかになる。しかし、沢村はそんな状態になってしまったからこそ、子供の頃に一緒にプレーしていた吾郎が大舞台に立っている事を自分の事の様に嬉しいと感じ、夢中でスポーツに取り組める事は凄く幸せな事だと語る。そんな沢村の話にソフトを諦めようとしている清水は胸を痛めるのだった。

 ついに沢村の伏線が明らかに〜っ! 執拗に沢村の伏線に関して追究し続けていた当ブログだけに、満田氏がこの伏線をちゃんと覚えていてくれた事は素直に感動である。それにしても、よもや吾郎ではなく、清水復活の為の伏線だったとは予想外だった。いささか唐突感は否めない伏線回収ではあったが、話の繋がりを考えると、小森が渡米しなかった事も含めて、全てこの時の為に用意していたネタであったかの様に思える処理の仕方だった。実際の所、後付けで辻褄会わせたのか、元から計算して張った伏線だったのか、真相はどちらなのだろう? あの時、沢村が曖昧な返事をしただけの1コマをここまで気にし続けていた読者なんてそう多くはないだろうし(とは言え、「サンデー」発売日に「沢村 伏線」なんて検索ワードで来た人がいたりして、ちょっと嬉しい)、これ程、長い間放置され続けた事を考えると、伏線としての価値が高かった様には到底思えないのだが、とにもかくにも、この点だけで今週は大満足だ。このままソフトを辞めて吾郎を優先しても、吾郎が喜ぶ筈がないとか、続けたくても続けられない人間がいるにも拘わらず、五体満足なくせに男の為にソフトを諦めてしまっていいのか…とか、清水の事情を全く知らない小森と沢村の無自覚な怒濤の精神攻撃はかなり強力だった訳で、この流れだと、清水は吾郎が全く関与する事なく、ソフトに専念する道を選択する可能性も出てきたなぁ。それにしても、沢村はケガがなくてもJリーグ入りは微妙だったそうだが、それでも微妙なくらいには上手かったんなら大したもんだ。因みに、小森の大学もインカレに出るそうだが、小森がレギュラーなのか補欠なのかが不明。この辺りもかなり気になるんだがなぁ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 三沢   July 26, 2008 18:45
5 今週のサンデー読んで、満田氏がこのブログ見てるんじゃないかと思いました(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ