March 16, 2008

「鹿男あをによし」 5

 1〜3月期のドラマでは図抜けて面白いと思うのだが、視聴率はイマイチ奮わないらしい。あまり悪い評判は聞こえて来ないので、見た上で面白くないと言うよりは、見ていないから面白い事にも気付かない…と言う印象で、何だか勿体ない感じ。どうにもメディアでの扱いが地味で注目度が低過ぎる気が…。 もう来週で最終回なので、今更、勧めるのもどうかとも思う…(^^;)。伏線の張り方と消化の仕方が凄くきっちりしており、消化された時にかなりすっきりした気分になるドラマなので(消化する事を前提にしてない伏線を無駄に張りまくる作品なんてクソであるの事よ。打ち切りなら仕方ないが)、最終回だけ見た所で楽しみづらいであろう事は否めない。と言う事で気になる人は再放送なり、DVDなりで、最初っから見る事を是非ともお勧めしたい。多部未華子萌えな人は最終回だけでも見る価値はある…と思わんでもないが、そんな人はとっくに見てるよな。今回の「マイ鹿です、先生」のくだりは、かなりツボ。これも第一話での「マイ鹿」発言が生きてるなぁとグッと来る所。まぁ、多部未華子的には終始不機嫌そうな第一部と、協力的で色々な表情を見せる第二部とのギャップを堪能するのがいい感じなので、やはり、最初から見た方が絶対美味しいだろうと思う。それにしても、あんなに見苦しい児玉清が見られるとは衝撃的だ。あの児玉清が激しくガッツポーズをしたり、地団駄を踏んだり 、「嫌だ嫌だ!」なんて駄々こねた上に、猛ダッシュで逃げ出したり、妙に新鮮で何だか可愛いぞ…。実は児玉清萌えドラマなのか? 原作は未読なのだが、設定を聞く限り、藤原君を女性にしたドラマ版の変更はクリーンヒットだったかもね。

鹿男あをによし オリジナルサウンドトラック
鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版
鹿男あをによし

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 00:34コメント(0)トラックバック(0)TV  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ