February 24, 2008

右狙いで8割ヒット! 中村紀、神懸かりの打撃技術! / 今週の「ドカパロSS 超地獄変」 1

 代わりばなの初球でいきなり井端に死球を食らわせてしまった本領。続いて森野は勝負球はシンカーと睨み、シンカーが来る前に打つと決め、初球のスライダーに手を出すが、セカンドゴロに倒れて万事休す…と思いきや、人工芝だと言うのに、殿馬にして反応しきれない程、大きく跳ね上がるイレギュラーとなるツキに恵まれ、一、二塁と一打同点,一発で逆転の場面が出来上がる。ここで水島鎖国政策により存在を抹殺されているT.ウッズに代わり、4番に入っている中村紀が登場。山田は一発を狙われても、そうそう出るものではないが、右狙いをされたら、8割方ヒットに出来る技術があると警戒。そこで右狙いをさせない為に、インコースのストレートを要求。シンカーを投げたがっていた本領はこのリードに戸惑いを覚えながらも、山田を信じて投げ込むと、これを叩いた中村紀の大飛球は惜しくも左へ切れるファール。この球をファールにさせられれば、一発を狙いたくなる気持ちが強くなり、右狙いを捨てさせられると睨んでいた山田は本領の制球力に関心しながら、勝利を確信する。しかし、ここで突然、落合監督が中村紀を呼び、何やら指示。岩鬼は落合監督の指示は「ホームランを捨てて、ヒットで立浪に繋げ」と予想していたが、2球目のボール球のシンカーにピクリともしない中村紀を見た山田は「三振してもいいからシンカーは捨てろ」と言う指示だと読み、シンカーの連投で行く事を決意。しかし、3球目のシンカーを中村紀が捉える。果たして、打球の行方は!?

 いきなり開始1コマ目で井端が死球を食らう超展開! いや、こんな事が超展開に思えてしまうくらい、ここまでうんざりする試合運びな訳だが…。森野も意気込んだ割にあえなくセカンドゴロに倒れる体たらくで、結局、自力ではなく、単なるツキでチャンスを作らせて貰ったに過ぎないと言う中日打線の相変わらずな酷い扱いには泣けてくる(現実の森野は水島の呪いの影響により、春季キャンプ中に左手甲の骨挫傷に陥り、痛みが引くまで約3週間と開幕スタメンが微妙と言う診断を下されたらしく、同情せずにはいられない)。ところが、ここに来て、中村紀がとんでもない持ち上げられ方をされてしまったのには大笑い。「右狙いなら8割方ヒットに出来る技術」って、どんな天才だよ! 年間500打数として、400安打だよ! 殿馬や鈴木一朗でもシャッポ脱ぐわ! それだけの神懸かった技術がありながら、シーズン3割は一度だけ、通算打率.267しか残せないって、普段、どれだけワガママなバッティングしてるんだよ! 落合監督の指示は岩鬼の読みの方が正しい様な気配だが、相変わらず、読みが全てを支配する野球だな。力や技が読みを凌駕するとか、打ち損ない,投げ損ないと言った要素は何故にこうも無視されるのか…。山田のファールを打たせるリードはいつも投手の超制球力頼み。ピンポイントな要求に対して、決して投げ損なわない投手に救われてるよなぁ。3/13発売号から日本ハムとの開幕戦が始まり、トンガがシメられる事が明らかになっているので、もう残り2週。流石に、アジアシリーズ出場権争奪戦の翌週が開幕戦ではおかし過ぎるので、来週で決着か? 岩鬼の言う様に立浪に繋いでいる猶予はないとなると、右狙いで殿馬のファインプレーに阻止されるか、ライト前ヒットを放つが、山岡の好返球…と言うより山田の好ブロック扱いで井端が本塁憤死とか言う展開がありがちか…。逆転3ランで9回裏はあっさり岩瀬が3人で抑えたとか1ページで描かれてしまう様な端折った展開は勘弁願いたい。と言うか、ここで本領が打たれる様だと、まるで微笑を投げさせてりゃ良かったみたいな展開で、東京の投手は里中以外使い物にならないと言う印象になりかねない(飯島,池田は打たれてはいないけど)。それにしても、ここまでアジアシリーズ出場権争奪戦を引っ張っておいて、開幕戦は史実より早いのかよ…。明訓同窓会すら悠長にやってられないんだから、とてもじゃないが、里中とサチ子の結婚ネタなんてやってる暇はないな。シーズン中にやる訳がないので、また1年引き延ばされるのかと思うと、うんざりだが、ここで結婚話が保留になるとなれば、里中が故障を引きずっている可能性が高く、里中×サチ子の破局→岩鬼×サチ子が復活となる予感もないではない。ただ、岩鬼×夏子はんを破局に持っていく展開が難しい。夏子はんが突然事故死して、残された遙を引き取った上でサチ子と結婚…なんて嫌〜な展開になりはしないか心配だ。アニメオリジナル設定のごとく夏子はんがまたまた土門に惚れてしまい、岩鬼が捨てられるとか言った展開は…ないだろうな。まぁ、今は夏子はんの心配より、トンガと森野の心配が先決だな。あと、山井も…。

 ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 00:16コメント(2)トラックバック(0)2008 ドカベン  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 岸多   February 25, 2008 23:35
当方ドラゴンズファンなのですが、もしこれでドラゴンズが勝っても嬉しくないです。
つくづく思うのですが、どうして両軍がっぷり四つ、力を出し切っての決戦を描いて
くれないのかと。
ドラゴンズというチームの魅力をちゃんと描いてくれたなら、最後が結局山田のサヨナラ
ホームランでも納得はするものを。
2. Posted by 主砲・原   February 27, 2008 10:13
これだけシメ倒しておきながら、中村紀の逆転弾くらいで
帳尻なんか合わないですよね。
野手は迂闊この上なく、投手は卑劣この上ない…
何て魅力のないチームである事か…。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ